植村 滋ウエムラ シゲルresearchmap個人ページ

更新日 : 2018/09/14

基本情報

プロフィール

所属部署名
北方生物圏フィールド科学センター 森林圏ステーション 北管理部
職名特任准教授 
学位
博士(環境科学)(北海道大学)
メールアドレス
ホームページURL
科研費研究者番号

研究分野

環境学 / 環境動態解析
基礎生物学 / 生態・環境
研究分野を全て表示する
研究分野閉じる
環境学 / 環境動態解析
基礎生物学 / 生態・環境

学歴

-
1992年
北海道大学 環境科学研究科 環境保全学
-
1983年
神戸大学 教育学部 中学校教員養成課程
学歴を全て表示する
学歴閉じる
-
1992年
北海道大学 環境科学研究科 環境保全学
-
1983年
神戸大学 教育学部 中学校教員養成課程

所属学協会

日本生態学会
種生物学会
米国植物学会(Botanical Society of America)
植物地理分類学会
植生史研究会
進化植物学研究会
植生学会
野生生物保護学会
所属学協会を全て表示する
所属学協会閉じる
日本生態学会
種生物学会
米国植物学会(Botanical Society of America)
植物地理分類学会
植生史研究会
進化植物学研究会
植生学会
野生生物保護学会

研究活動

書籍

道指定天然記念物更別ヤチカンバ林の構造と保全の現状
北海道の湿原の変遷と現状の解析 1997年
北オホーツク海岸地域の湿原の現状と変遷
北海道の湿原の変遷と現状の解析 1997年
北海道の森と植物-針広混交林のフロラと生態-
北海道大学図書刊行会 1993年
書籍を全て表示する
書籍閉じる
道指定天然記念物更別ヤチカンバ林の構造と保全の現状
北海道の湿原の変遷と現状の解析 1997年
北オホーツク海岸地域の湿原の現状と変遷
北海道の湿原の変遷と現状の解析 1997年
北海道の森と植物-針広混交林のフロラと生態-
北海道大学図書刊行会 1993年

作品等

森林林床植物の葉の季節性
1990年 - 1992年 
上層木のフェノロジーから予測される林内の光環境の季節変化
1990年 - 1991年 
シベリアタイガはなぜカラマツ林か(英語)
1989年 
ザゼンソウはどのように種子を分散するのか
1991年 
ザゼンソウの花序発熱に関する研究
1992年 
ザゼンソウとネズミの相互作用に関する研究
1992年 
レナ川流域,森林-ツンドラ移行地帯の植生
1993年 
サハ共和国北部レナ川流域の樹木限界の植生
1993年 
簡単なシミュレーションによるザゼンソウの繁殖戦略解析
1994年 
北海道のシズゴケハンモックの形態を決定する要因
2000年 
作品等を全て表示する
作品等閉じる
森林林床植物の葉の季節性
1990年 - 1992年 
上層木のフェノロジーから予測される林内の光環境の季節変化
1990年 - 1991年 
シベリアタイガはなぜカラマツ林か(英語)
1989年 
ザゼンソウはどのように種子を分散するのか
1991年 
ザゼンソウの花序発熱に関する研究
1992年 
ザゼンソウとネズミの相互作用に関する研究
1992年 
レナ川流域,森林-ツンドラ移行地帯の植生
1993年 
サハ共和国北部レナ川流域の樹木限界の植生
1993年 
簡単なシミュレーションによるザゼンソウの繁殖戦略解析
1994年 
北海道のシズゴケハンモックの形態を決定する要因
2000年 
ササとの競争がカンバ林の水収支と成長に与える影響
2001年 

競争的資金等の研究課題

ザゼンソウ属植物の生活史戦略に関する研究
森林植物の種子分散と個体群構造
シベリア凍土地帯における植生調査に関する研究
競争的資金等の研究課題を全て表示する
競争的資金等の研究課題閉じる
ザゼンソウ属植物の生活史戦略に関する研究
森林植物の種子分散と個体群構造
シベリア凍土地帯における植生調査に関する研究

教育活動

主要な担当授業

森林圏科学特論Ⅱ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 環境科学院
キーワード : 生物間相互作用、多種共存、攪乱,フェノロジー、授粉生態、生産性、植食Biological interaction、species coexistence, disturbance, phenology, pollination ecology,productivity, herbivory
森林空間機能学
開講年度 : 2015年
課程区分 : 学士課程
開講学部 : 農学部
キーワード : 森林、環境保全機能、生物多様性保全、野生生物保全、土地利用、流域保全、森林利用
森林空間機能学演習
開講年度 : 2015年
課程区分 : 学士課程
開講学部 : 農学部
キーワード : 森林の種類と分布、森林空間、環境保全機能、森林保全、資料作成方法、発表方法、ディスカッション
最新年度を全て表示する
主要な担当授業閉じる
森林圏科学特論Ⅱ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 環境科学院
キーワード : 生物間相互作用、多種共存、攪乱,フェノロジー、授粉生態、生産性、植食Biological interaction、species coexistence, disturbance, phenology, pollination ecology,productivity, herbivory
森林空間機能学
開講年度 : 2015年
課程区分 : 学士課程
開講学部 : 農学部
キーワード : 森林、環境保全機能、生物多様性保全、野生生物保全、土地利用、流域保全、森林利用
森林空間機能学演習
開講年度 : 2015年
課程区分 : 学士課程
開講学部 : 農学部
キーワード : 森林の種類と分布、森林空間、環境保全機能、森林保全、資料作成方法、発表方法、ディスカッション
前年度を全て表示する
主要な担当授業閉じる
森林圏科学特論Ⅱ
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 環境科学院
キーワード : 生物間相互作用、多種共存、攪乱,フェノロジー、授粉生態、生産性、植食Biological interaction、species coexistence, disturbance, phenology, pollination ecology,productivity, herbivory
森林空間機能学
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 学士課程
科目学部名 : 農学部
キーワード : 森林、環境保全機能、生物多様性保全、野生生物保全、土地利用、流域保全、森林利用
森林空間機能学演習
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 学士課程
科目学部名 : 農学部
キーワード : 森林の種類と分布、森林空間、環境保全機能、森林保全、資料作成方法、発表方法、ディスカッション
前々年度を全て表示する
主要な担当授業閉じる
森林圏科学特論Ⅱ
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 環境科学院
キーワード : 生物間相互作用、多種共存、攪乱,フェノロジー、地理変異、生産性Biological interaction、species coexistence, disturbance, phenology, geographic variation,productivity
森林空間機能学
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 学士課程
科目学部名 : 農学部
キーワード : 森林、環境保全機能、生物多様性保全、野生生物保全、土地利用、流域保全、森林利用
森林空間機能学演習
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 学士課程
科目学部名 : 農学部
キーワード : 森林の種類と分布、森林空間、環境保全機能、森林保全、資料作成方法、発表方法、ディスカッション

ページトップへ