及川 司オイカワ ツカサresearchmap個人ページ

更新日 : 2017/09/19

基本情報

プロフィール

所属部署名
医学研究院  
職名講師 
学位
博士 (薬学)(東京大学)
メールアドレスoikawa_tsukasa07.alumni.u-tokyo.ac.jp
ホームページURL
科研費研究者番号

研究キーワード

浸潤, 破骨細胞, がん細胞, 細胞融合, 細胞極性, イノシトールリン脂質, がん, 細胞生物学

研究分野

基礎医学 / 病態医化学
基礎医学 / 医化学一般
研究分野を全て表示する
研究分野閉じる
基礎医学 / 病態医化学
基礎医学 / 医化学一般

職歴

2013年08月
-
現在
北海道大学大学院医学研究科(特任講師)
2009年01月
-
2013年07月
慶應義塾大学医学部(特任講師)
2007年04月
-
2008年12月
神戸大学大学院医学研究科
北海道大学(講師)
職歴を全て表示する
職歴閉じる
2013年08月
-
現在
北海道大学大学院医学研究科(特任講師)
2009年01月
-
2013年07月
慶應義塾大学医学部(特任講師)
2007年04月
-
2008年12月
神戸大学大学院医学研究科
北海道大学(講師)

学歴

2002年04月
-
2007年03月
東京大学 大学院薬学系研究科
1998年04月
-
2002年03月
東京大学 薬学部
学歴を全て表示する
学歴閉じる
2002年04月
-
2007年03月
東京大学 大学院薬学系研究科
1998年04月
-
2002年03月
東京大学 薬学部

研究活動

論文

A novel phthalimide derivative, TC11, has preclinical effects on high-risk myeloma cells and osteoclasts.
Matsushita M, Ozaki Y, Hasegawa Y, Terada F, Tabata N, Shiheido H, Yanagawa H, Oikawa T, Matsuo K, Du W, Yamada T, Hozumi M, Ichikawa D, Hattori Y
PloS one 10(1) e0116135 2015年
Regulation of osteoclasts by membrane-derived lipid mediators.
Oikawa T, Kuroda Y, Matsuo K
Cellular and molecular life sciences : CMLS 70 3341-3353 2013年09月
Acquired expression of NFATc1 downregulates E-cadherin and promotes cancer cell invasion.
Oikawa T, Nakamura A, Onishi N, Yamada T, Matsuo K, Saya H
Cancer research 73 5100-5109 2013年08月
IRSp53 mediates podosome formation via VASP in NIH-Src cells.
Oikawa T, Okamura H, Dietrich F, Senju Y, Takenawa T, Suetsugu S
PloS one 8 e60528 2013年
Possible role of IRTKS in Tks5-driven osteoclast fusion.
Oikawa T, Matsuo K
Communicative & integrative biology 5 511-515 2012年09月
Tks5-dependent formation of circumferential podosomes/invadopodia mediates cell-cell fusion.
Oikawa T, Oyama M, Kozuka-Hata H, Uehara S, Udagawa N, Saya H, Matsuo K
The Journal of cell biology 197 553-568 2012年05月
Membrane lipids in invadopodia and podosomes: key structures for cancer invasion and metastasis.
Yamaguchi H, Oikawa T
Oncotarget 1 320-328 2010年09月
PtdIns(3,4)P2 instigates focal adhesions to generate podosomes.
Oikawa T, Takenawa T
Cell adhesion & migration 3 195-197 2009年04月
Sequential signals toward podosome formation in NIH-src cells.
Oikawa T, Itoh T, Takenawa T
The Journal of cell biology 182 157-169 2008年07月
Rac-WAVE-mediated actin reorganization is required for organization and maintenance of cell-cell adhesion.
Yamazaki D, Oikawa T, Takenawa T
Journal of cell science 120 86-100 2007年01月
論文を全て表示する
論文閉じる
A novel phthalimide derivative, TC11, has preclinical effects on high-risk myeloma cells and osteoclasts.
Matsushita M, Ozaki Y, Hasegawa Y, Terada F, Tabata N, Shiheido H, Yanagawa H, Oikawa T, Matsuo K, Du W, Yamada T, Hozumi M, Ichikawa D, Hattori Y
PloS one 10(1) e0116135 2015年
Regulation of osteoclasts by membrane-derived lipid mediators.
Oikawa T, Kuroda Y, Matsuo K
Cellular and molecular life sciences : CMLS 70 3341-3353 2013年09月
Acquired expression of NFATc1 downregulates E-cadherin and promotes cancer cell invasion.
Oikawa T, Nakamura A, Onishi N, Yamada T, Matsuo K, Saya H
Cancer research 73 5100-5109 2013年08月
IRSp53 mediates podosome formation via VASP in NIH-Src cells.
Oikawa T, Okamura H, Dietrich F, Senju Y, Takenawa T, Suetsugu S
PloS one 8 e60528 2013年
Possible role of IRTKS in Tks5-driven osteoclast fusion.
Oikawa T, Matsuo K
Communicative & integrative biology 5 511-515 2012年09月
Tks5-dependent formation of circumferential podosomes/invadopodia mediates cell-cell fusion.
Oikawa T, Oyama M, Kozuka-Hata H, Uehara S, Udagawa N, Saya H, Matsuo K
The Journal of cell biology 197 553-568 2012年05月
Membrane lipids in invadopodia and podosomes: key structures for cancer invasion and metastasis.
Yamaguchi H, Oikawa T
Oncotarget 1 320-328 2010年09月
PtdIns(3,4)P2 instigates focal adhesions to generate podosomes.
Oikawa T, Takenawa T
Cell adhesion & migration 3 195-197 2009年04月
Sequential signals toward podosome formation in NIH-src cells.
Oikawa T, Itoh T, Takenawa T
The Journal of cell biology 182 157-169 2008年07月
Rac-WAVE-mediated actin reorganization is required for organization and maintenance of cell-cell adhesion.
Yamazaki D, Oikawa T, Takenawa T
Journal of cell science 120 86-100 2007年01月
The RAC binding domain/IRSp53-MIM homology domain of IRSp53 induces RAC-dependent membrane deformation.
Suetsugu S, Murayama K, Sakamoto A, Hanawa-Suetsugu K, Seto A, Oikawa T, Mishima C, Shirouzu M, Takenawa T, Yokoyama S
The Journal of biological chemistry 281 35347-35358 2006年11月
Optimization of WAVE2 complex-induced actin polymerization by membrane-bound IRSp53, PIP(3), and Rac.
Suetsugu S, Kurisu S, Oikawa T, Yamazaki D, Oda A, Takenawa T
The Journal of cell biology 173 571-585 2006年05月
Coordination between the actin cytoskeleton and membrane deformation by a novel membrane tubulation domain of PCH proteins is involved in endocytosis.
Tsujita K, Suetsugu S, Sasaki N, Furutani M, Oikawa T, Takenawa T
The Journal of cell biology 172 269-279 2006年01月
PtdIns(3,4,5)P3 binding is necessary for WAVE2-induced formation of lamellipodia.
Oikawa T, Yamaguchi H, Itoh T, Kato M, Ijuin T, Yamazaki D, Suetsugu S, Takenawa T
Nature cell biology 6 420-426 2004年05月

競争的資金等の研究課題

細胞極性可視化トランスジェニックマウスを用いた生体内細胞融合の解析
文部科学省:科学研究費補助金(挑戦的萌芽研究)
研究期間 : 2011年 - 2013年 代表者 : 及川 司
細胞融合メカニズムから迫る、ポドソーム形成の新たな意義
文部科学省:科学研究費補助金(若手研究(A))
研究期間 : 2011年 - 2013年 代表者 : 及川 司
膜脂質変化から始まる浸潤突起形成のメカニズムを解く
文部科学省:科学研究費補助金(若手研究(B))
研究期間 : 2008年 - 2009年 代表者 : 及川 司
競争的資金等の研究課題を全て表示する
競争的資金等の研究課題閉じる
細胞極性可視化トランスジェニックマウスを用いた生体内細胞融合の解析
文部科学省:科学研究費補助金(挑戦的萌芽研究)
研究期間 : 2011年 - 2013年 代表者 : 及川 司
細胞融合メカニズムから迫る、ポドソーム形成の新たな意義
文部科学省:科学研究費補助金(若手研究(A))
研究期間 : 2011年 - 2013年 代表者 : 及川 司
膜脂質変化から始まる浸潤突起形成のメカニズムを解く
文部科学省:科学研究費補助金(若手研究(B))
研究期間 : 2008年 - 2009年 代表者 : 及川 司

教育活動

主要な担当授業

医学総論
開講年度 : 2015年
課程区分 : 博士後期課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : シグナル伝達、EMT、細胞内トラフィック、癌、浸潤転移、モデルマウス
基本医学研究Ⅰ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : シグナル伝達、EMT、細胞内トラフィック、癌、浸潤転移、モデルマウス
基本医学研究Ⅱ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : シグナル伝達、EMT、細胞内トラフィック、癌、浸潤転移、モデルマウス
基本医学総論
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : シグナル伝達、EMT、細胞内トラフィック、癌、浸潤転移、モデルマウス
基盤医学研究Ⅰ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 博士後期課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : シグナル伝達、EMT、細胞内トラフィック、癌、浸潤転移、モデルマウス
基盤医学研究Ⅱ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 博士後期課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : シグナル伝達、EMT、細胞内トラフィック、癌、浸潤転移、モデルマウス
専門医学研究Ⅰ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : シグナル伝達、EMT、細胞内トラフィック、癌、浸潤転移、モデルマウス
専門医学研究Ⅱ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : シグナル伝達、EMT、細胞内トラフィック、癌、浸潤転移、モデルマウス
専門基礎医学Ⅱ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : シグナル伝達、EMT、細胞内トラフィック、癌、浸潤転移、モデルマウス
生化学Ⅱ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 学士課程
開講学部 : 医学部
キーワード : 分子生物学、細胞生物学
最新年度を全て表示する
主要な担当授業閉じる
医学総論
開講年度 : 2015年
課程区分 : 博士後期課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : シグナル伝達、EMT、細胞内トラフィック、癌、浸潤転移、モデルマウス
基本医学研究Ⅰ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : シグナル伝達、EMT、細胞内トラフィック、癌、浸潤転移、モデルマウス
基本医学研究Ⅱ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : シグナル伝達、EMT、細胞内トラフィック、癌、浸潤転移、モデルマウス
基本医学総論
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : シグナル伝達、EMT、細胞内トラフィック、癌、浸潤転移、モデルマウス
基盤医学研究Ⅰ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 博士後期課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : シグナル伝達、EMT、細胞内トラフィック、癌、浸潤転移、モデルマウス
基盤医学研究Ⅱ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 博士後期課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : シグナル伝達、EMT、細胞内トラフィック、癌、浸潤転移、モデルマウス
専門医学研究Ⅰ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : シグナル伝達、EMT、細胞内トラフィック、癌、浸潤転移、モデルマウス
専門医学研究Ⅱ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : シグナル伝達、EMT、細胞内トラフィック、癌、浸潤転移、モデルマウス
専門基礎医学Ⅱ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : シグナル伝達、EMT、細胞内トラフィック、癌、浸潤転移、モデルマウス
生化学Ⅱ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 学士課程
開講学部 : 医学部
キーワード : 分子生物学、細胞生物学

ページトップへ