早川 峰司ハヤカワ ミネジresearchmap個人ページ

更新日 : 2017/10/21

基本情報

プロフィール

所属部署名
医学研究院  外科系部門侵襲制御医学分野
北海道大学病院
職名講師 
学位
医学博士(北海道大学)
メールアドレス
ホームページURLhttp://kaken.nii.ac.jp/d/r/10374282.ja.html
科研費研究者番号

研究分野

外科系臨床医学 / 麻酔・蘇生学
外科系臨床医学 / 救急医学
研究分野を全て表示する
研究分野閉じる
外科系臨床医学 / 麻酔・蘇生学
外科系臨床医学 / 救急医学

職歴

2011年
北海道大学 大学病院(助教)
職歴を全て表示する
職歴閉じる
2011年
北海道大学 大学病院(助教)

所属学協会

日本救急医学会
日本麻酔科学会
日本集中治療医学会
日本血栓止血学会
日本外傷学会
所属学協会を全て表示する
所属学協会閉じる
日本救急医学会
日本麻酔科学会
日本集中治療医学会
日本血栓止血学会
日本外傷学会

研究活動

論文

A low TAFI activity and insufficient activation of fibrinolysis by both plasmin and neutrophil elastase promote organ dysfunction in disseminated intravascular coagulation associated with sepsis.
Hayakawa M, Sawamura A, Gando S, Jesmin S, Naito S, Ieko M
Thrombosis research 130(6) 906-913 2012年12月
Synbiotic therapy reduces the pathological gram-negative rods caused by an increased acetic acid concentration in the gut.
Hayakawa M, Asahara T, Ishitani T, Okamura A, Nomoto K, Gando S
Digestive diseases and sciences 57(10) 2642-2649 2012年10月
Disseminated intravascular coagulation (DIC) at an early phase of trauma continuously proceeds to DIC at a late phase of trauma.
Murakami H, Gando S, Hayakawa M, Sawamura A, Sugano M, Kubota N, Uegaki S, Jesmin S
Clinical and applied thrombosis/hemostasis : official journal of the International Academy of Clinical and Applied Thrombosis/Hemostasis 18 364-369 2012年07月
Pharmacokinetics and pharmacodynamics of recombinant soluble thrombomodulin in disseminated intravascular coagulation patients with renal impairment.
Hayakawa M, Yamamoto H, Honma T, Mukai N, Higashiyama A, Sugano M, Kubota N, Uegaki S, Sawamura A, Gando S
Shock (Augusta, Ga.) 37 569-573 2012年06月
Dramatic changes of the gut flora immediately after severe and sudden insults.
Hayakawa M, Asahara T, Henzan N, Murakami H, Yamamoto H, Mukai N, Minami Y, Sugano M, Kubota N, Uegaki S, Kamoshida H, Sawamura A, Nomoto K, Gando S
Digestive diseases and sciences 56(8) 2361-2365 2011年08月
Trauma, shock, and disseminated intravascular coagulation: lessons from the classical literature.
Gando S, Sawamura A, Hayakawa M
Annals of surgery 254(1) 10-19 2011年07月
Imbalance between macrophage migration inhibitory factor and cortisol induces multiple organ dysfunction in patients with blunt trauma.
Hayakawa M, Katabami K, Wada T, Minami Y, Sugano M, Shimojima H, Kubota N, Uegaki S, Sawamura A, Gando S
Inflammation 34(3) 193-197 2011年06月
Disseminated intravascular coagulation at an early phase of trauma is associated with consumption coagulopathy and excessive fibrinolysis both by plasmin and neutrophil elastase.
Hayakawa M, Sawamura A, Gando S, Kubota N, Uegaki S, Shimojima H, Sugano M, Ieko M
Surgery 149(2) 221-230 2011年02月
Invasive group A streptococcal infection in pregnancy.
Yamada T, Yamada T, Yamamura MK, Katabami K, Hayakawa M, Tomaru U, Shimada S, Morikawa M, Seki T, Ariga S, Ishikawa K, Ikebe T, Gando S, Minakami H
The Journal of infection 60 417-424 2010年06月
Susceptibility-weighted imaging of cerebral fat embolism.
Zaitsu Y, Terae S, Kudo K, Tha KK, Hayakawa M, Fujima N, Yoshida D, Tsukahara A, Shirato H
Journal of computer assisted tomography 34(1) 107-112 2010年01月
論文を全て表示する
論文閉じる
A low TAFI activity and insufficient activation of fibrinolysis by both plasmin and neutrophil elastase promote organ dysfunction in disseminated intravascular coagulation associated with sepsis.
Hayakawa M, Sawamura A, Gando S, Jesmin S, Naito S, Ieko M
Thrombosis research 130(6) 906-913 2012年12月
Synbiotic therapy reduces the pathological gram-negative rods caused by an increased acetic acid concentration in the gut.
Hayakawa M, Asahara T, Ishitani T, Okamura A, Nomoto K, Gando S
Digestive diseases and sciences 57(10) 2642-2649 2012年10月
Disseminated intravascular coagulation (DIC) at an early phase of trauma continuously proceeds to DIC at a late phase of trauma.
Murakami H, Gando S, Hayakawa M, Sawamura A, Sugano M, Kubota N, Uegaki S, Jesmin S
Clinical and applied thrombosis/hemostasis : official journal of the International Academy of Clinical and Applied Thrombosis/Hemostasis 18 364-369 2012年07月
Pharmacokinetics and pharmacodynamics of recombinant soluble thrombomodulin in disseminated intravascular coagulation patients with renal impairment.
Hayakawa M, Yamamoto H, Honma T, Mukai N, Higashiyama A, Sugano M, Kubota N, Uegaki S, Sawamura A, Gando S
Shock (Augusta, Ga.) 37 569-573 2012年06月
Dramatic changes of the gut flora immediately after severe and sudden insults.
Hayakawa M, Asahara T, Henzan N, Murakami H, Yamamoto H, Mukai N, Minami Y, Sugano M, Kubota N, Uegaki S, Kamoshida H, Sawamura A, Nomoto K, Gando S
Digestive diseases and sciences 56(8) 2361-2365 2011年08月
Trauma, shock, and disseminated intravascular coagulation: lessons from the classical literature.
Gando S, Sawamura A, Hayakawa M
Annals of surgery 254(1) 10-19 2011年07月
Imbalance between macrophage migration inhibitory factor and cortisol induces multiple organ dysfunction in patients with blunt trauma.
Hayakawa M, Katabami K, Wada T, Minami Y, Sugano M, Shimojima H, Kubota N, Uegaki S, Sawamura A, Gando S
Inflammation 34(3) 193-197 2011年06月
Disseminated intravascular coagulation at an early phase of trauma is associated with consumption coagulopathy and excessive fibrinolysis both by plasmin and neutrophil elastase.
Hayakawa M, Sawamura A, Gando S, Kubota N, Uegaki S, Shimojima H, Sugano M, Ieko M
Surgery 149(2) 221-230 2011年02月
Invasive group A streptococcal infection in pregnancy.
Yamada T, Yamada T, Yamamura MK, Katabami K, Hayakawa M, Tomaru U, Shimada S, Morikawa M, Seki T, Ariga S, Ishikawa K, Ikebe T, Gando S, Minakami H
The Journal of infection 60 417-424 2010年06月
Susceptibility-weighted imaging of cerebral fat embolism.
Zaitsu Y, Terae S, Kudo K, Tha KK, Hayakawa M, Fujima N, Yoshida D, Tsukahara A, Shirato H
Journal of computer assisted tomography 34(1) 107-112 2010年01月

受賞

日本救急医学会  科学論文賞  最優秀論文賞 
受賞を全て表示する
受賞閉じる
日本救急医学会  科学論文賞  最優秀論文賞 

競争的資金等の研究課題

救急現場における胸骨圧迫の有効性に関する研究 
財団法人 救急振興財団:救急救命の高度化の推進に関する調査研究事業
研究期間 : 2012年04月 - 2012年03月 代表者 : 札幌市消防局
外傷直後の凝固障害の病態解明とその制御に関する研究
文部科学省:科学研究費補助金(若手研究(B))
研究期間 : 2011年 - 2011年 代表者 : 早川 峰司
救急救命士の再教育における効果的なシミュレーション教育プログラムの検討/開発
財団法人 救急振興財団:救急に関する調査研究事業助成
研究期間 : 2009年04月 - 2010年03月 代表者 : 早川峰司
CHDF施行中の患者に対する抗菌薬投与法
財団法人 臨床薬理研究振興財団 :研究奨励金
研究期間 : 2007年04月 - 2009年03月 代表者 : 早川峰司
札幌市における包括的指示下の除細動が神経学的予後に与える影響に関する研究
財団法人 救急振興財団:救急振興財団 救急に関する調査研究事業助成
研究期間 : 2006年04月 - 2007年03月 代表者 : 早川峰司
競争的資金等の研究課題を全て表示する
競争的資金等の研究課題閉じる
救急現場における胸骨圧迫の有効性に関する研究 
財団法人 救急振興財団:救急救命の高度化の推進に関する調査研究事業
研究期間 : 2012年04月 - 2012年03月 代表者 : 札幌市消防局
外傷直後の凝固障害の病態解明とその制御に関する研究
文部科学省:科学研究費補助金(若手研究(B))
研究期間 : 2011年 - 2011年 代表者 : 早川 峰司
救急救命士の再教育における効果的なシミュレーション教育プログラムの検討/開発
財団法人 救急振興財団:救急に関する調査研究事業助成
研究期間 : 2009年04月 - 2010年03月 代表者 : 早川峰司
CHDF施行中の患者に対する抗菌薬投与法
財団法人 臨床薬理研究振興財団 :研究奨励金
研究期間 : 2007年04月 - 2009年03月 代表者 : 早川峰司
札幌市における包括的指示下の除細動が神経学的予後に与える影響に関する研究
財団法人 救急振興財団:救急振興財団 救急に関する調査研究事業助成
研究期間 : 2006年04月 - 2007年03月 代表者 : 早川峰司

教育活動

主要な担当授業

前年度を全て表示する
主要な担当授業閉じる
外科学Ⅰ
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 学士課程
科目学部名 : 歯学部

ページトップへ