佐藤 勝彦サトウ カツヒコresearchmap個人ページ

更新日 : 2018/05/03

基本情報

プロフィール

所属部署名
電子科学研究所
国際連携研究教育局
職名准教授 
学位
博士(理学)(京都大学)
メールアドレスkatsuhiko_satoes.hokudai.ac.jp
ホームページURLhttps://kaken.nii.ac.jp/d/r/90513622.ja.html
科研費研究者番号

研究キーワード

ミクロ相分離, 相転移, メンスケール, 高分子, 粗視化モデル, 自己無撞着場理論, ソフトマター, 動力学

研究分野

物理学 / 生物物理・化学物理・ソフトマターの物理
研究分野を全て表示する
研究分野閉じる
物理学 / 生物物理・化学物理・ソフトマターの物理

職歴

2014年
独立行政法人理化学研究所(研究員)
職歴を全て表示する
職歴閉じる
2014年
独立行政法人理化学研究所(研究員)

研究活動

論文

Direction-dependent contraction forces on cell boundaries induce collective migration of epithelial cells within their sheet.
Sato K
Development, growth & differentiation 59(5) 317-328 2017年06月
Current reinforcement model reproduces center-in-center vein trajectory of Physarum polycephalum.
Akita D, Schenz D, Kuroda S, Sato K, Ueda KI, Nakagaki T
Development, growth & differentiation 59(5) 465-470 2017年06月
Model simulation of the SPOC wave in a bundle of striated myofibrils
佐藤勝彦
Biophysics and Physicobiology 13 217-226 2016年08月
左右非対称の細胞の配置換えが方向性のある細胞集団運動を導く
佐藤勝彦
Nature Communications 6 10074 2015年12月
局所大域結合振動子の位相方程式に現れる振動パターン
佐藤勝彦
Physical Review E 92 042922 2015年10月
細胞の斜めの極性が上皮細胞シートの中での細胞の一方向運動を誘起する
佐藤勝彦
Physical Review Letters 115 188102 2015年10月
筋肉に現れる局所大域結合振動
佐藤勝彦
Physical Review Letters 111 108104 2013年09月
論文を全て表示する
論文閉じる
Direction-dependent contraction forces on cell boundaries induce collective migration of epithelial cells within their sheet.
Sato K
Development, growth & differentiation 59(5) 317-328 2017年06月
Current reinforcement model reproduces center-in-center vein trajectory of Physarum polycephalum.
Akita D, Schenz D, Kuroda S, Sato K, Ueda KI, Nakagaki T
Development, growth & differentiation 59(5) 465-470 2017年06月
Model simulation of the SPOC wave in a bundle of striated myofibrils
佐藤勝彦
Biophysics and Physicobiology 13 217-226 2016年08月
左右非対称の細胞の配置換えが方向性のある細胞集団運動を導く
佐藤勝彦
Nature Communications 6 10074 2015年12月
局所大域結合振動子の位相方程式に現れる振動パターン
佐藤勝彦
Physical Review E 92 042922 2015年10月
細胞の斜めの極性が上皮細胞シートの中での細胞の一方向運動を誘起する
佐藤勝彦
Physical Review Letters 115 188102 2015年10月
筋肉に現れる局所大域結合振動
佐藤勝彦
Physical Review Letters 111 108104 2013年09月

ページトップへ