小林 真コバヤシ マコトresearchmap個人ページ

更新日 : 2018/07/03

基本情報

プロフィール

所属部署名
北方生物圏フィールド科学センター 森林圏ステーション 天塩研究林
職名准教授 
学位
博士 (農学)(北海道大学)
メールアドレスmakotofsc.hokudai.ac.jp
ホームページURL
科研費研究者番号

研究キーワード

北方林, ツンドラ, 樹木生理生態学, 土壌 , 気候変動, 生物地球化学

研究分野

森林圏科学 / 森林科学
研究分野を全て表示する
研究分野閉じる
森林圏科学 / 森林科学

職歴

2013年07月
-
現在
北海道大学(助教)
2012年04月
-
2013年06月
日本学術振興会(横浜国立大学)(特別研究員(PD))
2010年06月
-
2012年03月
ウメオ大学 (スウェーデン)(博士研究員)
2010年04月
-
2010年05月
北海道大学(博士研究員)
2007年04月
-
2010年03月
日本学術振興会(特別研究員(DC1))
2007年04月
-
2010年03月
北海道大学(博士後期課程)
職歴を全て表示する
職歴閉じる
2013年07月
-
現在
北海道大学(助教)
2012年04月
-
2013年06月
日本学術振興会(横浜国立大学)(特別研究員(PD))
2010年06月
-
2012年03月
ウメオ大学 (スウェーデン)(博士研究員)
2010年04月
-
2010年05月
北海道大学(博士研究員)
2007年04月
-
2010年03月
日本学術振興会(特別研究員(DC1))
2007年04月
-
2010年03月
北海道大学(博士後期課程)

研究活動

論文

Winter warming effects on tundra shrub performance are species-specific and dependent on spring conditions.
Krab, EJ., Rönnefarth, J., Becher, M., Blume-Werry, G., Keuper, F., Klaminder, J., Kreyling, J., Makoto, K., Milbau, A., Dorrepaal, E.
Journal of Ecology 2018年
Fire-derived charcoal might promote fine root decomposition in boreal forests.
Bryanin, S.V., Abramova, E., Makoto, K.
Soil Biology & Biochemistry. 2018年
Interactive effects of charcoal and earthworm activity increase bioavailable phosphorus in sub-boreal forest soils.
Pingree, M.R.A., Makoto, K., DeLuca, T.H.
Biology and Fertility of Soils 53(8) 873-884 2017年08月
Does an earthworm species acclimatize and/or adapt to soil calcium conditions? The consequence of soil nitrogen mineralization in forest soil.
Ecological Researach 32(4) 603-610 2017年05月
Environmental DNA enables detection of terrestrial mammalsfrom forest pond water
Ushio, M., Fukuda, H., Inoue, T., Makoto, K., Kishida, O., Sato, K., Murata, K., Nikaido, M., Sado, T., Sato, Y., Takeshita, M., Iwasaki, W., Yamanaka, H., Kondoh, M., Miya, M.
Molecular Ecology Resources. 2017年
論文を全て表示する
論文閉じる
Winter warming effects on tundra shrub performance are species-specific and dependent on spring conditions.
Krab, EJ., Rönnefarth, J., Becher, M., Blume-Werry, G., Keuper, F., Klaminder, J., Kreyling, J., Makoto, K., Milbau, A., Dorrepaal, E.
Journal of Ecology 2018年
Fire-derived charcoal might promote fine root decomposition in boreal forests.
Bryanin, S.V., Abramova, E., Makoto, K.
Soil Biology & Biochemistry. 2018年
Interactive effects of charcoal and earthworm activity increase bioavailable phosphorus in sub-boreal forest soils.
Pingree, M.R.A., Makoto, K., DeLuca, T.H.
Biology and Fertility of Soils 53(8) 873-884 2017年08月
Does an earthworm species acclimatize and/or adapt to soil calcium conditions? The consequence of soil nitrogen mineralization in forest soil.
Ecological Researach 32(4) 603-610 2017年05月
Environmental DNA enables detection of terrestrial mammalsfrom forest pond water
Ushio, M., Fukuda, H., Inoue, T., Makoto, K., Kishida, O., Sato, K., Murata, K., Nikaido, M., Sado, T., Sato, Y., Takeshita, M., Iwasaki, W., Yamanaka, H., Kondoh, M., Miya, M.
Molecular Ecology Resources. 2017年

受賞

2016年11月
信州森の環境研究センター 信州フィールド科学賞 
2011年03月
日本森林学会 学生奨励賞 
受賞を全て表示する
受賞閉じる
2016年11月
信州森の環境研究センター 信州フィールド科学賞 
2011年03月
日本森林学会 学生奨励賞 

教育活動

主要な担当授業

森林圏科学特論Ⅳ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 環境科学院
キーワード : 地域資源、地域資源管理、森林管理、森林資源の多様な利用、リモートセンシングregional resources, regional resource management, forest management, diverse use of forest resources, remote-censing
最新年度を全て表示する
主要な担当授業閉じる
森林圏科学特論Ⅳ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 環境科学院
キーワード : 地域資源、地域資源管理、森林管理、森林資源の多様な利用、リモートセンシングregional resources, regional resource management, forest management, diverse use of forest resources, remote-censing
前年度を全て表示する
主要な担当授業閉じる
森林圏科学特論Ⅳ
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 環境科学院
キーワード : 地域資源、地域資源管理、森林管理、森林資源の多様な利用、リモートセンシングregional resources, regional resource management, forest management, diverse use of forest resources, remote-censing
環境と人間
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 学士課程
科目学部名 : 全学教育
キーワード : 生態系保全、持続的生物生産、生物多様性、物質循環、人間環境共生系

ページトップへ

  • HOMEに戻る
  • 前のページに戻る