小林 真コバヤシ マコトresearchmap個人ページ

更新日 : 2018/11/02

基本情報

プロフィール

所属部署名
北方生物圏フィールド科学センター 森林圏ステーション 天塩研究林
職名准教授 
学位
博士 (農学)(北海道大学)
メールアドレスmakotofsc.hokudai.ac.jp
ホームページURLhttps://makoto-plant-soil.weebly.com/
科研費研究者番号

研究キーワード

撹乱, 北方林, 樹木生理生態学, 土壌-植物系 , 気候変動, 生物地球化学

研究分野

環境学 / 環境影響評価
森林圏科学 / 森林科学
研究分野を全て表示する
研究分野閉じる
環境学 / 環境影響評価
森林圏科学 / 森林科学

職歴

2018年04月
-
現在
北海道大学(准教授)
2013年07月
-
2018年03月
北海道大学(助教)
2012年04月
-
2013年06月
日本学術振興会(横浜国立大学)(特別研究員(PD))
2010年06月
-
2012年03月
ウメオ大学 (スウェーデン)(博士研究員)
2010年04月
-
2010年05月
北海道大学(博士研究員)
2007年04月
-
2010年03月
日本学術振興会(特別研究員(DC1))
2007年04月
-
2010年03月
北海道大学(博士後期課程)
職歴を全て表示する
職歴閉じる
2018年04月
-
現在
北海道大学(准教授)
2013年07月
-
2018年03月
北海道大学(助教)
2012年04月
-
2013年06月
日本学術振興会(横浜国立大学)(特別研究員(PD))
2010年06月
-
2012年03月
ウメオ大学 (スウェーデン)(博士研究員)
2010年04月
-
2010年05月
北海道大学(博士研究員)
2007年04月
-
2010年03月
日本学術振興会(特別研究員(DC1))
2007年04月
-
2010年03月
北海道大学(博士後期課程)

学歴

2005年04月
-
2010年03月
北海道大学 農学研究院 環境資源学専攻
2000年04月
-
2005年03月
北海道大学 農学部 森林科学科
学歴を全て表示する
学歴閉じる
2005年04月
-
2010年03月
北海道大学 農学研究院 環境資源学専攻
2000年04月
-
2005年03月
北海道大学 農学部 森林科学科

所属学協会

日本土壌動物学会
日本生態学会
日本森林学会
所属学協会を全て表示する
所属学協会閉じる
日本土壌動物学会
日本生態学会
日本森林学会

研究活動

論文

Where and when does dispersal limitation matters in primary succession?
Makoto, K., Wilson, S.D.
Journal of Ecology (in press) 2018年12月
Warming increased feeding of a root-chewing insect at soil surface and enhanced its damage on a grass.
​Tsunoda, T., Makoto, K., Suzuki, J.I., Kaneko, N.
Soil Biology and Biochemistry (in press) 2018年09月
Winter warming effects on tundra shrub performance are species-specific and dependent on spring conditions.
Krab, EJ., Rönnefarth, J., Becher, M., Blume-Werry, G., Keuper, F., Klaminder, J., Kreyling, J., Makoto, K., Milbau, A., Dorrepaal, E.
Journal of Ecology 106(2) 599-612 2018年03月
Fire-derived charcoal might promote fine root decomposition in boreal forests.
Bryanin, S.V., Abramova, E., Makoto, K.
Soil Biology and Biochemistry. 116 1-3 2018年01月
Interactive effects of charcoal and earthworm activity increase bioavailable phosphorus in sub-boreal forest soils.
Pingree, M.R.A., Makoto, K., DeLuca, T.H.
Biology and Fertility of Soils 53(8) 873-884 2017年08月
Fire-derived charcoal affects fine root vitality in a post-fire Gmelin larch forest: field evidence
Bryanin Semyon V., Makoto Kobayashi
PLANT AND SOIL 416(1-2) 409-418 2017年07月
Does an earthworm species acclimatize and/or adapt to soil calcium conditions? The consequence of soil nitrogen mineralization in forest soil.
Ecological Researach 32(4) 603-610 2017年05月
Disentangling relationships between plant diversity and decomposition processes under forest restoration
Fujii Saori, Mori Akira S., Koide Dai, Makoto Kobayashi, Matsuoka Shunsuke, Osono Takashi, Isbell Forest
JOURNAL OF APPLIED ECOLOGY 54(1) 80-90 2017年02月
Environmental DNA enables detection of terrestrial mammalsfrom forest pond water
Ushio, M., Fukuda, H., Inoue, T., Makoto, K., Kishida, O., Sato, K., Murata, K., Nikaido, M., Sado, T., Sato, Y., Takeshita, M., Iwasaki, W., Yamanaka, H., Kondoh, M., Miya, M.
Molecular Ecology Resources. 2017年
土壌動物をめぐる生態学的研究の最近の進歩
長谷川元洋・藤井佐織・金田哲・池田紘士・菱拓雄・兵藤不二夫・小林真
日本生態学会誌 67 95-118 2017年
論文を全て表示する
論文閉じる
Where and when does dispersal limitation matters in primary succession?
Makoto, K., Wilson, S.D.
Journal of Ecology (in press) 2018年12月
Warming increased feeding of a root-chewing insect at soil surface and enhanced its damage on a grass.
​Tsunoda, T., Makoto, K., Suzuki, J.I., Kaneko, N.
Soil Biology and Biochemistry (in press) 2018年09月
Winter warming effects on tundra shrub performance are species-specific and dependent on spring conditions.
Krab, EJ., Rönnefarth, J., Becher, M., Blume-Werry, G., Keuper, F., Klaminder, J., Kreyling, J., Makoto, K., Milbau, A., Dorrepaal, E.
Journal of Ecology 106(2) 599-612 2018年03月
Fire-derived charcoal might promote fine root decomposition in boreal forests.
Bryanin, S.V., Abramova, E., Makoto, K.
Soil Biology and Biochemistry. 116 1-3 2018年01月
Interactive effects of charcoal and earthworm activity increase bioavailable phosphorus in sub-boreal forest soils.
Pingree, M.R.A., Makoto, K., DeLuca, T.H.
Biology and Fertility of Soils 53(8) 873-884 2017年08月
Fire-derived charcoal affects fine root vitality in a post-fire Gmelin larch forest: field evidence
Bryanin Semyon V., Makoto Kobayashi
PLANT AND SOIL 416(1-2) 409-418 2017年07月
Does an earthworm species acclimatize and/or adapt to soil calcium conditions? The consequence of soil nitrogen mineralization in forest soil.
Ecological Researach 32(4) 603-610 2017年05月
Disentangling relationships between plant diversity and decomposition processes under forest restoration
Fujii Saori, Mori Akira S., Koide Dai, Makoto Kobayashi, Matsuoka Shunsuke, Osono Takashi, Isbell Forest
JOURNAL OF APPLIED ECOLOGY 54(1) 80-90 2017年02月
Environmental DNA enables detection of terrestrial mammalsfrom forest pond water
Ushio, M., Fukuda, H., Inoue, T., Makoto, K., Kishida, O., Sato, K., Murata, K., Nikaido, M., Sado, T., Sato, Y., Takeshita, M., Iwasaki, W., Yamanaka, H., Kondoh, M., Miya, M.
Molecular Ecology Resources. 2017年
土壌動物をめぐる生態学的研究の最近の進歩
長谷川元洋・藤井佐織・金田哲・池田紘士・菱拓雄・兵藤不二夫・小林真
日本生態学会誌 67 95-118 2017年
Leaf flushing and shedding, bud and flower production, and stem elongation in tall birch trees subjected to increases in aboveground temperature
Nakamura Masahiro, Makoto Kobayashi, Tanaka Motonobu, Inoue Taiki, Son Yowhan, Hiura Tsutom
TREES-STRUCTURE AND FUNCTION 30(5) 1535-1541 2016年10月
Differences in soil type drive the intraspecific variation in the responses of an earthworm species and, consequently, tree growth to warming
Makoto Kobayashi, Minamiya Yukio, Kaneko Nobuhiro
PLANT AND SOIL 404(1-2) 209-218 2016年07月
New Multicentury Evidence for Dispersal Limitation during Primary Succession
Makoto K., Wilson Scott D.
AMERICAN NATURALIST 187(6) 804-811 2016年06月
Dwarf pine invasion in an alpine tundra of discontinuous permafrost area: effects on fine root and soil carbon dynamics
Makoto Kobayashi, Bryanin S. V., Lisovsky V. V., Kushida K., Wada N.
TREES-STRUCTURE AND FUNCTION 30(2) 431-439 2016年04月
Low multifunctional redundancy of soil fungal diversity at multiple scales
Mori Akira S., Isbell Forest, Fujii Saori, Makoto Kobayashi, Matsuoka Shunsuke, Osono Takashi
ECOLOGY LETTERS 19(3) 249-259 2016年03月
初冬期に北海道北部の河川水中で発見された大量の陸棲ミミズ: 一斉移動への示唆.
小林真・南谷幸雄・竹内史郎・奥田篤志・金子信博
Edaphologia 97 37-40 2015年
High-throughput sequencing shows inconsistent results with a microscope-based analysis of the soil prokaryotic community
Ushio Masayuki, Makoto Kobayashi, Klaminder Jonatan, Takasu Hiroyuki, Nakano Shin-ichi
SOIL BIOLOGY & BIOCHEMISTRY 76 53-56 2014年09月
Tips for the next phase of winter climate-change study in plant-soil systems
Makoto Kobayashi
ECOLOGICAL RESEARCH 29(4) 511-515 2014年07月
Winter climate change, plant traits and nutrient and carbon cycling in cold biomes
Cornelissen Johannes H. C., Makoto Kobayashi
ECOLOGICAL RESEARCH 29(4) 517-527 2014年07月
Winter climate change in plant-soil systems: summary of recent findings and future perspectives
Makoto Kobayashi, Kajimoto Takuya, Koyama Lina, Kudo Gaku, Shibata Hideaki, Yanai Yosuke, Cornelissen J. H. C.
ECOLOGICAL RESEARCH 29(4) 593-606 2014年07月
Change the menu? Species-dependent feeding responses of millipedes to climate warming and the consequences for plant-soil nitrogen dynamics
Makoto Kobayashi, Arai Miwa, Kaneko Nobuhiro
SOIL BIOLOGY & BIOCHEMISTRY 72 19-25 2014年05月
High nitrogen deposition may enhance growth of a new hybrid larch F-1 growing at two phosphorus levels
Mao QiaoZhi, Watanabe Makoto, Makoto Kobayashi, Kita Kazuhito, Koike Takayoshi
LANDSCAPE AND ECOLOGICAL ENGINEERING 10(1) 1-8 2014年01月
High-resolution multispectral satellite image and a postfire ground survey reveal prefire beetle damage on snags in Southern Alaska
Makoto Kobayashi, Tani Hiroshi, Kamata Naoto
SCANDINAVIAN JOURNAL OF FOREST RESEARCH 28(6) 581-585 2013年09月
CARD-FISH analysis of prokaryotic community composition and abundance along small-scale vegetation gradients in a dry arctic tundra ecosystem
Ushio Masayuki, Makoto Kobayashi, Klaminder Jonatan, Nakano Shin-ichi
SOIL BIOLOGY & BIOCHEMISTRY 64 147-154 2013年09月
Physical mixing between humus and mineral matter found in cryoturbated soils increases short-term heterotrophic respiration rates
Klaminder J., Giesler R., Makoto K.
SOIL BIOLOGY & BIOCHEMISTRY 57 922-924 2013年02月
The influence of non-sorted circles on species diversity of vascular plants, bryophytes and lichens in Sub-Arctic Tundra
Makoto K., Klaminder J.
POLAR BIOLOGY 35(11) 1659-1667 2012年11月
Contribution of charcoal to short-term nutrient dynamics after surface fire in the humus layer of a dwarf bamboo-dominated forest
Makoto K., Shibata H., Kim Y. S., Satomura T., Takagi K., Nomura M., Satoh F., Koike T.
BIOLOGY AND FERTILITY OF SOILS 48(5) 569-577 2012年07月
Photosynthetic nitrogen- and water-use efficiency of acacia and eucalypt seedlings as afforestation species
Novriyanti E., Watanabe M., Makoto K., Takeda T., Hashidoko Y., Koike T.
PHOTOSYNTHETICA 50(2) 273-281 2012年06月
Bark-beetle-attacked trees produced more charcoal than unattacked trees during a forest fire on the Kenai Peninsula, Southern Alaska
Makoto K., Kamata N., Kamibayashi N., Koike T., Tani H.
SCANDINAVIAN JOURNAL OF FOREST RESEARCH 27(1) 30-35 2012年
Effects of fire-derived charcoal on soil properties and seedling regeneration in a recently burned Larix gmelinii/Pinus sylvestris forest
Makoto Kobayashi, Hirobe Muneto, DeLuca Thomas H., Bryanin Semyon V., Procopchuk Valentina F., Koike Takayoshi
JOURNAL OF SOILS AND SEDIMENTS 11(8) 1317-1322 2011年12月
Greenhouse gas emissions after a prescribed fire in white birch-dwarf bamboo stands in northern Japan, focusing on the role of charcoal
Kim Yong Suk, Makoto Kobayashi, Takakai Fumiaki, Shibata Hideaki, Satomura Takami, Takagi Kentaro, Hatano Ryusuke, Koike Takayoshi
EUROPEAN JOURNAL OF FOREST RESEARCH 130(6) 1031-1044 2011年11月
The growth of Larix gmelinii seedlings as affected by charcoal produced at two different temperatures
Makoto Kobayashi, Choi Dongsu, Hashidoko Yasuyuki, Koike Takayoshi
BIOLOGY AND FERTILITY OF SOILS 47(4) 467-472 2011年05月
木炭・竹炭を用いた土壌中からの放射性セシウムの除去の可能性
小林真
大気環境学会誌 46(4) 217-223 2011年
Root-shoot communication of the seedlings of Japanese larch and a hybrid species grown in different soil-temperature regimes
Qu L. Y., Kitaoka S., Makoto K., Kuromaru M., Osaki M., Sasa K., Utsugi H., Koike T.
LANDSCAPE AND ECOLOGICAL ENGINEERING 5(2) 115-123 2009年07月
Seed germination and seedling physiology of Larix kaempferi and Pinus densiflora in seedbeds with charcoal and elevated CO2
Choi Dongsu, Makoto Kobayashi, Quoreshi Ali M., Qu Laiye
LANDSCAPE AND ECOLOGICAL ENGINEERING 5(2) 107-113 2009年07月
Nutrient dynamics and carbon partitioning in larch seedlings (Larix kaempferi) regenerated on serpentine soil in northern Japan
Kayama Masazumi, Makoto Kobayashi, Nomura Mutsumi, Satoh Fuyuki, Koike Takayoshi
LANDSCAPE AND ECOLOGICAL ENGINEERING 5(2) 125-135 2009年07月
Estimation of carbon storage, carbon inputs, and soil CO2 efflux of alder plantations on granite soil in central Korea: comparison with Japanese larch plantation
Kim Yong-Suk, Yi Myong-Jong, Lee Yoon-Young, Kobayashi Makoto, Son Yowhan
LANDSCAPE AND ECOLOGICAL ENGINEERING 5(2) 157-166 2009年07月
Growth characteristics of Sakhalin spruce (Picea glehnii) planted on the northern Japanese hillsides exposed to strong winds
Kayama Masazumi, Makoto Kobayashi, Nomura Mutsumi, Sasa Kaichiro, Koike Takayoshi
TREES-STRUCTURE AND FUNCTION 23(1) 145-157 2009年02月
Effects of nitrogen supply on photosynthetic and anatomical changes in current-year needles of Pinus koraiensis seedlings grown under two irradiances
Makoto K., Koike T.
PHOTOSYNTHETICA 45(1) 99-104 2007年

書籍

生態系生態学(第2版)
小林真
森北出版株式会社.  2018年08月
生物学者、地球を行く
小林真、工藤岳
文一総合出版 2018年03月
北海道の森林
小林真
北海道新聞出版部 2011年12月
Permafrost Ecosystems: Siberian Larch Forests
Qu, L., Makoto, K., Choi, D.S., Quoreshi, A.M., Koike T.
Springer 2010年
北の森づくりQ&A
小林真
北方林業会 2009年
書籍を全て表示する
書籍閉じる
生態系生態学(第2版)
小林真
森北出版株式会社.  2018年08月
生物学者、地球を行く
小林真、工藤岳
文一総合出版 2018年03月
北海道の森林
小林真
北海道新聞出版部 2011年12月
Permafrost Ecosystems: Siberian Larch Forests
Qu, L., Makoto, K., Choi, D.S., Quoreshi, A.M., Koike T.
Springer 2010年
北の森づくりQ&A
小林真
北方林業会 2009年

受賞

2018年03月
日本生態学会 宮地賞 
2018年03月
日本森林学会 奨励賞 
2016年11月
信州山の環境研究センター 信州フィールド科学賞 
2011年03月
日本森林学会 学生奨励賞 
受賞を全て表示する
受賞閉じる
2018年03月
日本生態学会 宮地賞 
2018年03月
日本森林学会 奨励賞 
2016年11月
信州山の環境研究センター 信州フィールド科学賞 
2011年03月
日本森林学会 学生奨励賞 

競争的資金等の研究課題

寒冷環境における樹木の地上部—地下部の物質の伝達
文部科学省:科学研究費補助金 挑戦的萌芽研究
研究期間 : 2016年04月 - 2018年03月 代表者 : 高木健太郎
雪解けの早まりが土壌動物を介して樹木に及ぼす影響
文部科学省:科学研究費補助金 (若手B)
研究期間 : 2015年04月 - 2017年03月 代表者 : 小林真
緯度の異なるN2O放出ホットスポットでの窒素循環要因の探査と環境修復生物資源調査
文部科学省:科学研究費補助金 (基盤研究B, 海外学術)
研究期間 : 2014年04月 - 2017年03月 代表者 : 橋床泰之
雪解けの早まりが森林の純一次生産および生物多様性に及ぼす影響の包括的解明
旭硝子財団:学術助成金 近藤記念グラント
研究期間 : 2014年04月 - 2017年03月 代表者 : 小林真
ミミズの腸内細菌活性に注目した土壌改良指針の提案
栗林育英財団助成金:助成金
研究期間 : 2016年 - 2017年 代表者 : 小林真
水生生物がアミノ酸を飲む -見落とされていた窒素循環プロセスの解明-
文部科学省:科学研究費補助金 挑戦的萌芽研究
研究期間 : 2014年04月 - 2015年03月 代表者 : 岸田治
窒素を介した樹木-土壌のつながりが温度上昇によって受ける影響
文部科学省:特別研究員研究奨励陽(PD)
研究期間 : 2012年04月 - 2014年06月 代表者 : 小林真
森林火災が森林土壌の炭素動態へ及ぼす影響
日本林業技術協会:学術研究奨励金
研究期間 : 2009年04月 - 2010年03月 代表者 : 里村多香美
変動環境下における炭-微生物関係を利用した緑化技術の高度化に関する研究
文部科学省:特別研究員奨励費 (DC1)
研究期間 : 2007年04月 - 2010年03月 代表者 : 小林真
The differential influence of nutrient availability along two arctic successional gradients
Umeå University, Climate Impact Research Center:CIRC platform
研究期間 : 2017年07月 代表者 : 小林真
競争的資金等の研究課題を全て表示する
競争的資金等の研究課題閉じる
寒冷環境における樹木の地上部—地下部の物質の伝達
文部科学省:科学研究費補助金 挑戦的萌芽研究
研究期間 : 2016年04月 - 2018年03月 代表者 : 高木健太郎
雪解けの早まりが土壌動物を介して樹木に及ぼす影響
文部科学省:科学研究費補助金 (若手B)
研究期間 : 2015年04月 - 2017年03月 代表者 : 小林真
緯度の異なるN2O放出ホットスポットでの窒素循環要因の探査と環境修復生物資源調査
文部科学省:科学研究費補助金 (基盤研究B, 海外学術)
研究期間 : 2014年04月 - 2017年03月 代表者 : 橋床泰之
雪解けの早まりが森林の純一次生産および生物多様性に及ぼす影響の包括的解明
旭硝子財団:学術助成金 近藤記念グラント
研究期間 : 2014年04月 - 2017年03月 代表者 : 小林真
ミミズの腸内細菌活性に注目した土壌改良指針の提案
栗林育英財団助成金:助成金
研究期間 : 2016年 - 2017年 代表者 : 小林真
水生生物がアミノ酸を飲む -見落とされていた窒素循環プロセスの解明-
文部科学省:科学研究費補助金 挑戦的萌芽研究
研究期間 : 2014年04月 - 2015年03月 代表者 : 岸田治
窒素を介した樹木-土壌のつながりが温度上昇によって受ける影響
文部科学省:特別研究員研究奨励陽(PD)
研究期間 : 2012年04月 - 2014年06月 代表者 : 小林真
森林火災が森林土壌の炭素動態へ及ぼす影響
日本林業技術協会:学術研究奨励金
研究期間 : 2009年04月 - 2010年03月 代表者 : 里村多香美
変動環境下における炭-微生物関係を利用した緑化技術の高度化に関する研究
文部科学省:特別研究員奨励費 (DC1)
研究期間 : 2007年04月 - 2010年03月 代表者 : 小林真
The differential influence of nutrient availability along two arctic successional gradients
Umeå University, Climate Impact Research Center:CIRC platform
研究期間 : 2017年07月 代表者 : 小林真
極東ロシア高山生態系における地球温暖化の影響評価とモニタリング
平和島財団:研究助成金
研究期間 : 2012年 代表者 : 和田直也
山火事の発生が炭の生成を通じて北方林の物質循環へ与える影響の解明
アサヒビール学術振興財団:研究助成金
研究期間 : 2010年 代表者 : 小林真

教育活動

主要な担当授業

森林圏科学特論Ⅳ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 環境科学院
キーワード : 地域資源、地域資源管理、森林管理、森林資源の多様な利用、リモートセンシングregional resources, regional resource management, forest management, diverse use of forest resources, remote-censing
最新年度を全て表示する
主要な担当授業閉じる
森林圏科学特論Ⅳ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 環境科学院
キーワード : 地域資源、地域資源管理、森林管理、森林資源の多様な利用、リモートセンシングregional resources, regional resource management, forest management, diverse use of forest resources, remote-censing
前年度を全て表示する
主要な担当授業閉じる
森林圏科学特論Ⅳ
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 環境科学院
キーワード : 地域資源、地域資源管理、森林管理、森林資源の多様な利用、リモートセンシングregional resources, regional resource management, forest management, diverse use of forest resources, remote-censing
環境と人間
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 学士課程
科目学部名 : 全学教育
キーワード : 生態系保全、持続的生物生産、生物多様性、物質循環、人間環境共生系

社会貢献

委員歴

2018年04月
-
現在
Edaphologia誌 Editorial board
2016年04月
-
現在
Ecological Research誌 Editorial board
2017年01月
-
2018年03月
日本生態学会 大会実行員
2016年04月
-
2017年03月
Journal of Forest Research誌 Editorial board
委員歴を全て表示する
委員歴閉じる
2018年04月
-
現在
Edaphologia誌 Editorial board
2016年04月
-
現在
Ecological Research誌 Editorial board
2017年01月
-
2018年03月
日本生態学会 大会実行員
2016年04月
-
2017年03月
Journal of Forest Research誌 Editorial board

ページトップへ