芳賀 永ハガ ヒサシresearchmap個人ページ

更新日 : 2018/05/03

基本情報

プロフィール

所属部署名
先端生命科学研究院 先端融合科学研究部門 細胞ダイナミクス科学分野
国際連携研究教育局
電子科学研究所 附属社会創造数学研究センター
職名教授 
学位
博士(理学)(北海道大学)
理学修士(北海道大学)
メールアドレス
ホームページURLhttp://altair.sci.hokudai.ac.jp/g3/members/haga_hisashi/
科研費研究者番号

研究キーワード

走査型プローブ顕微鏡, 上皮細胞, コラーゲンゲル, 細胞運動, 集団運動, 細胞培養, 結合組織, 組織形成, 接着構造, ゲル基質, メカノセンス, 細胞, 放射線治療, Radiotherapy, 粘弾性, カンチレバー, 放射線, 力学的メモリー効果, 表面粘性, 表面剛性, 細胞形態, TGFB-1, リン酸化, radiation, irradiation, 放射線感受性, 生物物理学, 細胞生物学

研究分野

内科系臨床医学 / 放射線科学
物理学 / 生物物理・化学物理
情報学 / 生体生命情報学
生物科学 / 生物物理学
生物科学 / 細胞生物学
研究分野を全て表示する
研究分野閉じる
内科系臨床医学 / 放射線科学
物理学 / 生物物理・化学物理
情報学 / 生体生命情報学
生物科学 / 生物物理学
生物科学 / 細胞生物学

職歴

2013年05月
-
現在
北海道大学(教授)
2010年
-
2013年
- 北海道大学 大学院先端生命科学研究院 准教授 准教授
2007年
-
2010年
 北海道大学 大学院理学院生命理学専攻 准教授 准教授
2006年
-
2007年
 北海道大学 大学院理学院生命理学専攻 助教授 助教授
2002年
-
2006年
 北海道大学 大学院理学研究科生物科学専攻 助教授 助教授
1997年
-
2002年
 北海道大学 大学院理学研究科物理学専攻 助手 助手
1995年
-
1997年
 米国マサチューセッツ工科大学 化学科 博士研究員 研究員
1994年
-
1995年
 日本学術振興会 特別研究員 日本学術振興会特別研究員
1992年
-
1995年
 北海道大学 教養部 非常勤講師 講師
職歴を全て表示する
職歴閉じる
2013年05月
-
現在
北海道大学(教授)
2010年
-
2013年
- 北海道大学 大学院先端生命科学研究院 准教授 准教授
2007年
-
2010年
 北海道大学 大学院理学院生命理学専攻 准教授 准教授
2006年
-
2007年
 北海道大学 大学院理学院生命理学専攻 助教授 助教授
2002年
-
2006年
 北海道大学 大学院理学研究科生物科学専攻 助教授 助教授
1997年
-
2002年
 北海道大学 大学院理学研究科物理学専攻 助手 助手
1995年
-
1997年
 米国マサチューセッツ工科大学 化学科 博士研究員 研究員
1994年
-
1995年
 日本学術振興会 特別研究員 日本学術振興会特別研究員
1992年
-
1995年
 北海道大学 教養部 非常勤講師 講師

学歴

-
1995年
北海道大学 理学研究科 物理学専攻
-
1992年
北海道大学 理学研究科 物理学専攻
-
1989年
北海道大学 理学部 物理学科
学歴を全て表示する
学歴閉じる
-
1995年
北海道大学 理学研究科 物理学専攻
-
1992年
北海道大学 理学研究科 物理学専攻
-
1989年
北海道大学 理学部 物理学科

所属学協会

日本メカノバイオロジー学会
日本癌学会
米国細胞生物学会(ASCB)
日本生物物理学会
日本細胞生物学会
所属学協会を全て表示する
所属学協会閉じる
日本メカノバイオロジー学会
日本癌学会
米国細胞生物学会(ASCB)
日本生物物理学会
日本細胞生物学会

研究活動

論文

Conformational Mathematical Model of Collective Cell Migrations Based on Cell Polarity
Akiyama M, Sushida T, Ishida S, and Haga H
Development, Growth & Differentiation 59(5) 471-490 2017年07月
Conformational plasticity of JRAB/MICAL-L2 provides ‘law and order’ in collective cell migration
Sakane A, Yoshizawa S, Nishimura M, Tsuchiya Y, Matsushita N, Miyake K, Horikawa K, Imoto I, Mizuguchi C, Saito H, Ueno T, Matsushita S, Haga H, Deguchi S, Mizuguchi K, Yokota H, Sasaki T
Molecular Biology of the Cell 27(20) 3095-3108 2016年08月
Role of ATF5 in the Invasive Potential of Diverse Human Cancer Cell Lines
Nukuda A, Endoh H, Yasuda M, Mizutani T, Kawabata K, Haga H
Biochemical and Biophysical Research Communications 474(3) 509-514 2016年04月
Receptor activator of NF-κB ligand induces cell adhesion and integrin α2 expression via NF-κB in head and neck cancers
Yamada T, Tsuda M, Wagatsuma T, Fujioka Y, Fujioka M, Aya O. Satoh, Horiuchi K, Nishide S, Nanbo A, Totsuka Y, Haga H, Tanaka S, Shindoh M, Ohba Y
Scientific reports 6(56878) 1-16 2016年03月
Data Set for Comparison of Cellular Dynamics between Human AAVS1 Locus-modified and Wild-type Cells
Mizutani T, Haga H, Kawabata K
Data in Brief 6 793-798 2016年03月
Stiff Substrates Increase YAP-Signaling-Mediated Matrix Metalloproteinase-7 Expression
Nukuda A, Sasaki C, Ishihara S, Mizutani T, Nakamura K, T, Kawabata K, Haga H
Oncogenesis 4 2015年09月
Three-dimensional morphogenesis of MDCK cells induced by cellular contractile forces on a viscous substrate
Imai M, Furusawa K, Mizutani T, Kawabata K, Haga H
Scientific Reports 5 2015年09月
Transgene Integration into the Human AAVS1 Locus Enhances Myosin II-Dependent Contractile Force by Reducing Expression of Myosin Binding Subunit 85
Mizutani T, Li R, Haga H, Kawabata K
Biochemical and Biophysical Research Communications 465(2) 270-274 2015年08月
Filamin B enhances the invasiveness of cancer cells into 3D collagen matrices
Iguchi Y, Ishihara S, Uchida Y, Tajima K, Mizutani T, Kawabata K, Haga H
Cell Structure and Function 40(2) 67 2015年04月
Compressive Stress Induces Dephosphorylation of the Myosin Regulatory Light Chain via RhoA Phosphorylation by the Adenylyl Cyclase/Protein Kinase A Signaling Pathway
Takemoto K, Ishihara S, Mizutani T, Kawabata K, Haga H
PloS one 10(3) e0117937 2015年03月
論文を全て表示する
論文閉じる
Conformational Mathematical Model of Collective Cell Migrations Based on Cell Polarity
Akiyama M, Sushida T, Ishida S, and Haga H
Development, Growth & Differentiation 59(5) 471-490 2017年07月
Conformational plasticity of JRAB/MICAL-L2 provides ‘law and order’ in collective cell migration
Sakane A, Yoshizawa S, Nishimura M, Tsuchiya Y, Matsushita N, Miyake K, Horikawa K, Imoto I, Mizuguchi C, Saito H, Ueno T, Matsushita S, Haga H, Deguchi S, Mizuguchi K, Yokota H, Sasaki T
Molecular Biology of the Cell 27(20) 3095-3108 2016年08月
Role of ATF5 in the Invasive Potential of Diverse Human Cancer Cell Lines
Nukuda A, Endoh H, Yasuda M, Mizutani T, Kawabata K, Haga H
Biochemical and Biophysical Research Communications 474(3) 509-514 2016年04月
Receptor activator of NF-κB ligand induces cell adhesion and integrin α2 expression via NF-κB in head and neck cancers
Yamada T, Tsuda M, Wagatsuma T, Fujioka Y, Fujioka M, Aya O. Satoh, Horiuchi K, Nishide S, Nanbo A, Totsuka Y, Haga H, Tanaka S, Shindoh M, Ohba Y
Scientific reports 6(56878) 1-16 2016年03月
Data Set for Comparison of Cellular Dynamics between Human AAVS1 Locus-modified and Wild-type Cells
Mizutani T, Haga H, Kawabata K
Data in Brief 6 793-798 2016年03月
Stiff Substrates Increase YAP-Signaling-Mediated Matrix Metalloproteinase-7 Expression
Nukuda A, Sasaki C, Ishihara S, Mizutani T, Nakamura K, T, Kawabata K, Haga H
Oncogenesis 4 2015年09月
Three-dimensional morphogenesis of MDCK cells induced by cellular contractile forces on a viscous substrate
Imai M, Furusawa K, Mizutani T, Kawabata K, Haga H
Scientific Reports 5 2015年09月
Transgene Integration into the Human AAVS1 Locus Enhances Myosin II-Dependent Contractile Force by Reducing Expression of Myosin Binding Subunit 85
Mizutani T, Li R, Haga H, Kawabata K
Biochemical and Biophysical Research Communications 465(2) 270-274 2015年08月
Filamin B enhances the invasiveness of cancer cells into 3D collagen matrices
Iguchi Y, Ishihara S, Uchida Y, Tajima K, Mizutani T, Kawabata K, Haga H
Cell Structure and Function 40(2) 67 2015年04月
Compressive Stress Induces Dephosphorylation of the Myosin Regulatory Light Chain via RhoA Phosphorylation by the Adenylyl Cyclase/Protein Kinase A Signaling Pathway
Takemoto K, Ishihara S, Mizutani T, Kawabata K, Haga H
PloS one 10(3) e0117937 2015年03月
Leader cells regulate collective cell migration via Rac activation in the downstream signaling of integrin β1 and PI3K.
Yamaguchi N, Mizutani T, Kawabata K, Haga H
Scientific reports 5 2015年01月
Activating transcription factor 5 enhances radioresistance and malignancy in cancer cells.
Ishihara S, Yasuda M, Ishizu A, Ishikawa M, Shirato H, Haga H
Oncotarget 6(7) 4602-4614 2015年01月
An improved method for western blotting when extracting proteins from mammalian cells cultured on a collagen gel under serum-free conditions.
Ishihara S, Mizutani T, Kawabata K, Haga H
Cytotechnology 68(1) 25-32 2014年07月
Modulation of extracellular conditions prevents the multilayering of the simple epithelium.
Mizutani T, Takeda K, Haga H, Todo M, Kawabata K
Histochemistry and cell biology 141(5) 473-481 2014年05月
TRIM27/MRTF-B-dependent integrin β1 expression defines leading cells in cancer cell collectives.
Kato T, Enomoto A, Watanabe T, Haga H, Ishida S, Kondo Y, Furukawa K, Urano T, Mii S, Weng L, Ishida-Takagishi M, Asai M, Asai N, Kaibuchi K, Murakumo Y, Takahashi M
Cell reports 7(4) 1156-1167 2014年05月
Epithelial sheet folding induces lumen formation by Madin-Darby canine kidney cells in a collagen gel.
Ishida S, Tanaka R, Yamaguchi N, Ogata G, Mizutani T, Kawabata K, Haga H
PloS one 9(8) 2014年
Coating extracellular matrix proteins on a (3-aminopropyl)triethoxysilane-treated glass substrate for improved cell culture.
Masuda HT, Ishihara S, Harada I, Mizutani T, Ishikawa M, Kawabata K, Haga H
BioTechniques 56(4) 2014年
Substrate stiffness regulates temporary NF-κB activation via actomyosin contractions.
Ishihara S, Yasuda M, Harada I, Mizutani T, Kawabata K, Haga H
Experimental cell research 319(19) 2916-2927 2013年11月
Irradiation-tolerant lung cancer cells acquire invasive ability dependent on dephosphorylation of the myosin regulatory light chain.
Ishihara S, Yasuda M, Nishioka T, Mizutani T, Kawabata K, Shirato H, Haga H
FEBS letters 587(6) 732-736 2013年02月
Lung cancer cells that survive ionizing radiation show increased integrin α2β1- and EGFR-dependent invasiveness.
Li X, Ishihara S, Yasuda M, Nishioka T, Mizutani T, Ishikawa M, Kawabata K, Shirato H, Haga H
PloS one 8(8) 2013年
Interruption of glycosphingolipid synthesis enhances osteoarthritis development in mice.
Seito N, Yamashita T, Tsukuda Y, Matsui Y, Urita A, Onodera T, Mizutani T, Haga H, Fujitani N, Shinohara Y, Minami A, Iwasaki N
Arthritis and rheumatism 64(8) 2579-2588 2012年08月
Active fluctuation in the cortical cytoskeleton observed by high-speed live-cell scanning probe microscopy.
Tamura K, Mizutani T, Haga H, Kawabata K
Acta biomaterialia 7(10) 3766-3772 2011年10月
Radiation-induced cancer cell repopulation: a possible mechanism implied by experiments using transplantable mouse-derived sarcoma cell line.
Nishioka T, Yasuda M, Takeshima T, Haga H, Miyai Y, Shibata K, Yamazaki R, Shirato H, Teduka M, Date H
Cell structure and function 36(1) 13-20 2011年
Nano-mechanical properties of living cells expressing constitutively active RhoA effectors.
Tamura K, Mizutani T, Haga H, Kawabata K
Biochemical and biophysical research communications 403(3-4) 363-367 2010年12月
Intermediate structure between chromatin fibers and chromosome revealed by mechanical stretching and SPM measurement.
Ikeda K, Mizutani T, Hoshi O, Ushiki T, Haga H, Kawabata K
Biochemical and biophysical research communications 400(1) 181-186 2010年09月
Intermediate structure between chromatin fibers and chromosome revealed by mechanical stretching and SPM measurement.
Ikeda K, Mizutani T, Hoshi O, Ushiki T, Haga H, Kawabata K
Biochemical and biophysical research communications 400(1) 181-186 2010年09月
Integrin beta1-dependent invasive migration of irradiation-tolerant human lung adenocarcinoma cells in 3D collagen matrix.
Ishihara S, Haga H, Yasuda M, Mizutani T, Kawabata K, Shirato H, Nishioka T
Biochemical and biophysical research communications 396(3) 651-655 2010年06月
Integrin beta1-dependent invasive migration of irradiation-tolerant human lung adenocarcinoma cells in 3D collagen matrix.
Ishihara S, Haga H, Yasuda M, Mizutani T, Kawabata K, Shirato H, Nishioka T
Biochemical and biophysical research communications 396(3) 651-655 2010年06月
Dynamics of leading lamellae of living fibroblasts visualized by high-speed scanning probe microscopy.
Tamura K, Mizutani T, Haga H, Kawabata K
Histochemistry and cell biology 133(1) 59-67 2010年01月
Regulation of cellular contractile force in response to mechanical stretch by diphosphorylation of myosin regulatory light chain via RhoA signaling cascade.
Mizutani T, Kawabata K, Koyama Y, Takahashi M, Haga H
Cell motility and the cytoskeleton 66(7) 389-397 2009年07月
Increased motility and invasiveness in tumor cells that survive 10 Gy irradiation.
Tsutsumi K, Tsuda M, Yazawa N, Nakamura H, Ishihara S, Haga H, Yasuda M, Yamazaki R, Shirato H, Kawaguchi H, Nishioka T, Ohba Y
Cell structure and function 34(2) 89-96 2009年
Mechanical response of single myoblasts to various stretching patterns visualized by scanning probe microscopy.
Mitsui W, Tamura K, Mizutani T, Haga H, Kawabata K
Archives of histology and cytology 72(4/5) 227-234 2009年
Wide range scanning probe microscopy for probing mechanical effects on cellular function.
Mizutani T, Haga H, Kato K, Kawabata K
Archives of histology and cytology 72(4/5) 235-243 2009年
Novel function of transcription factor ATF5: blockade of p53-dependent apoptosis induced by ionizing irradiation.
Nishioka T, Miyai Y, Haga H, Kawabata K, Shirato H, Homma A, Shibata K, Yasuda M
Cell structure and function 34(1) 17-22 2009年
Matrixmetalloproteinases: up-regulated in subclones that survived 10-Gy irradiation.
Nishioka T, Yasuda M, Tsutsumi K, Haga H, Shirato H
Radiation medicine 25(8) 430-431 2007年10月
Development of a device to stretch tissue-like materials and to measure their mechanical properties by scanning probe microscopy.
Mizutani T, Haga H, Kawabata K
Acta biomaterialia 3(4) 485-493 2007年07月
Diphosphorylation of the myosin regulatory light chain enhances the tension acting on stress fibers in fibroblasts.
Mizutani T, Haga H, Koyama Y, Takahashi M, Kawabata K
Journal of cellular physiology 209(3) 726-731 2006年12月
Collective movement of epithelial cells on a collagen gel substrate.
Haga H, Irahara C, Kobayashi R, Nakagaki T, Kawabata K
Biophysical journal 88(3) 2250-2256 2005年03月
Cellular stiffness response to external deformation: tensional homeostasis in a single fibroblast.
Mizutani T, Haga H, Kawabata K
Cell motility and the cytoskeleton 59(4) 242-248 2004年12月
Contribution of cellular contractility to spatial and temporal variations in cellular stiffness.
Nagayama M, Haga H, Takahashi M, Saitoh T, Kawabata K
Experimental cell research 300(2) 396-405 2004年11月
Microdomain structure of agar gels observed by mechanical-scanning probe microscopy.
Nitta T, Endo Y, Haga H, Kawabata K
Journal of electron microscopy 52(3) 277-281 2003年

書籍

Chromosome Nanoscience and Technology
TAYLOR & FRANCIS GROUP 2007年
書籍を全て表示する
書籍閉じる
Chromosome Nanoscience and Technology
TAYLOR & FRANCIS GROUP 2007年

競争的資金等の研究課題

細胞外基質の硬さに誘引される転写調節因子ATF5の活性と浸潤能亢進の機序
文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間 : 2014年 - 2016年 代表者 : 芳賀 永
ゲル基質の軟らかさと粘性を利用した上皮シートの3次元組織構築
文部科学省:科学研究費補助金(新学術領域研究(研究領域提案型))
研究期間 : 2014年 - 2015年 代表者 : 芳賀 永
多数の細胞の力と運動がもたらす管腔構造形成のロジック
文部科学省:科学研究費補助金(新学術領域研究(研究領域提案型))
研究期間 : 2013年 - 2014年 代表者 : 芳賀 永
動体追跡医科学研究
文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(A))
研究期間 : 2009年 - 2012年 代表者 : 白土 博樹
基質の軟らかさによって誘引される細胞の協調的集団運動に関する研究
文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間 : 2009年 - 2011年 代表者 : 芳賀 永
力学的応答測定を利用した極微小タンパク質結晶の判別・評価法の開発
文部科学省:科学研究費補助金(挑戦的萌芽研究)
研究期間 : 2009年 - 2010年 代表者 : 田中 勲
放射線照射を生き延びた癌細胞に秘められた謎:癌根絶への多角的アプローチ
文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間 : 2008年 - 2010年 代表者 : 西岡 健
細胞コロニー内の細胞に個別に蓄積される力学的記憶の解明
文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間 : 2006年 - 2008年 代表者 : 川端 和重
放射線治療中に生ずる高度増殖浸潤能クローンの封じ込め
文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間 : 2006年 - 2007年 代表者 : 西岡 健
細胞システムにおける「力学平衡」モデルの実証
文部科学省:科学研究費補助金(萌芽研究)
研究期間 : 2003年 - 2004年 代表者 : 川端 和重
競争的資金等の研究課題を全て表示する
競争的資金等の研究課題閉じる
細胞外基質の硬さに誘引される転写調節因子ATF5の活性と浸潤能亢進の機序
文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間 : 2014年 - 2016年 代表者 : 芳賀 永
ゲル基質の軟らかさと粘性を利用した上皮シートの3次元組織構築
文部科学省:科学研究費補助金(新学術領域研究(研究領域提案型))
研究期間 : 2014年 - 2015年 代表者 : 芳賀 永
多数の細胞の力と運動がもたらす管腔構造形成のロジック
文部科学省:科学研究費補助金(新学術領域研究(研究領域提案型))
研究期間 : 2013年 - 2014年 代表者 : 芳賀 永
動体追跡医科学研究
文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(A))
研究期間 : 2009年 - 2012年 代表者 : 白土 博樹
基質の軟らかさによって誘引される細胞の協調的集団運動に関する研究
文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間 : 2009年 - 2011年 代表者 : 芳賀 永
力学的応答測定を利用した極微小タンパク質結晶の判別・評価法の開発
文部科学省:科学研究費補助金(挑戦的萌芽研究)
研究期間 : 2009年 - 2010年 代表者 : 田中 勲
放射線照射を生き延びた癌細胞に秘められた謎:癌根絶への多角的アプローチ
文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間 : 2008年 - 2010年 代表者 : 西岡 健
細胞コロニー内の細胞に個別に蓄積される力学的記憶の解明
文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間 : 2006年 - 2008年 代表者 : 川端 和重
放射線治療中に生ずる高度増殖浸潤能クローンの封じ込め
文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間 : 2006年 - 2007年 代表者 : 西岡 健
細胞システムにおける「力学平衡」モデルの実証
文部科学省:科学研究費補助金(萌芽研究)
研究期間 : 2003年 - 2004年 代表者 : 川端 和重
ナノ力学プローブ顕微鏡による結合組織の形成過程における力学的制御機構の解明
文部科学省:科学研究費補助金(若手研究(B))
研究期間 : 2002年 - 2004年 代表者 : 芳賀 永
生きた動物細胞の粘弾性分布の走査型プローブ顕微鏡による定量的評価法の開発
文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間 : 2002年 - 2003年 代表者 : 平井 義彦
生細胞の組織形成過程における力学的制御機構の解明
研究期間 : 1996年

教育活動

主要な担当授業

少人数討論型育成プログラム
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 理工系大学院
キーワード : ブレインストーミング、KJ法、アンチプロブレム、SWOT分析、プレゼンテーション
少人数討論型育成プログラム
開講年度 : 2015年
課程区分 : 博士後期課程
開講学部 : 生命科学院
キーワード : ブレインストーミング、KJ法、アンチプロブレム、SWOT分析、プレゼンテーション
新渡戸スクールⅣ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 大学院共通科目
キーワード : 能力更新力、組織形成力、社会還元力、専門職倫理、問題発見、課題解決、社会的価値、社会変革、プロジェクトマネジメント
新渡戸スクールⅣ-e
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 大学院共通科目
生命物理化学
開講年度 : 2015年
課程区分 : 学士課程
開講学部 : 理学部
キーワード : 量子力学、原子の構造
生命融合科学概論
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 生命科学院
キーワード : 生命融合科学、生命情報分子科学、生命物質科学、細胞機能科学、生命機能制御科学
生命融合科学概論
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 理工系大学院
キーワード : 生命融合科学、生命情報分子科学、生命物質科学、細胞機能科学、生命機能制御科学
生物系の物理学演習
開講年度 : 2015年
課程区分 : 学士課程
開講学部 : 理学部
キーワード : 統計力学
生物系の統計力学
開講年度 : 2015年
課程区分 : 学士課程
開講学部 : 理学部
キーワード : 統計力学
生物系の量子力学
開講年度 : 2015年
課程区分 : 学士課程
開講学部 : 理学部
キーワード : 量子力学、原子の構造
最新年度を全て表示する
主要な担当授業閉じる
少人数討論型育成プログラム
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 理工系大学院
キーワード : ブレインストーミング、KJ法、アンチプロブレム、SWOT分析、プレゼンテーション
少人数討論型育成プログラム
開講年度 : 2015年
課程区分 : 博士後期課程
開講学部 : 生命科学院
キーワード : ブレインストーミング、KJ法、アンチプロブレム、SWOT分析、プレゼンテーション
新渡戸スクールⅣ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 大学院共通科目
キーワード : 能力更新力、組織形成力、社会還元力、専門職倫理、問題発見、課題解決、社会的価値、社会変革、プロジェクトマネジメント
新渡戸スクールⅣ-e
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 大学院共通科目
生命物理化学
開講年度 : 2015年
課程区分 : 学士課程
開講学部 : 理学部
キーワード : 量子力学、原子の構造
生命融合科学概論
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 生命科学院
キーワード : 生命融合科学、生命情報分子科学、生命物質科学、細胞機能科学、生命機能制御科学
生命融合科学概論
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 理工系大学院
キーワード : 生命融合科学、生命情報分子科学、生命物質科学、細胞機能科学、生命機能制御科学
生物系の物理学演習
開講年度 : 2015年
課程区分 : 学士課程
開講学部 : 理学部
キーワード : 統計力学
生物系の統計力学
開講年度 : 2015年
課程区分 : 学士課程
開講学部 : 理学部
キーワード : 統計力学
生物系の量子力学
開講年度 : 2015年
課程区分 : 学士課程
開講学部 : 理学部
キーワード : 量子力学、原子の構造
細胞機能科学特論
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 生命科学院
キーワード : 細胞運動、分子生物学、細胞生物学、科学方法論
前年度を全て表示する
主要な担当授業閉じる
少人数討論型育成プログラム
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 博士後期課程
科目学部名 : 生命科学院
キーワード : ブレインストーミング、KJ法、アンチプロブレム、SWOT分析、プレゼンテーション【Key Words】Brainstorming, KJ-method, Anti-Problem, SWOT Analysis, Presentation
生命物理化学
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 学士課程
科目学部名 : 理学部
キーワード : quantum mechanics、atomic structure
生命融合科学概論
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 生命科学院
キーワード : 生命融合科学、生命情報分子科学、生命物質科学、細胞機能科学、生命機能制御科学【Key Words】Transdisciplinary Life Science, Bioinformation and Molecular Sciences, Biomaterials Science, Functional Cellular Sciences, Functional and Regulatory Life Sciences
生命融合科学概論
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 理工系大学院
キーワード : 生命融合科学、生命情報分子科学、生命物質科学、細胞機能科学、生命機能制御科学【Key Words】Transdisciplinary Life Science, Bioinformation and Molecular Sciences, Biomaterials Science, Functional Cellular Sciences, Functional and Regulatory Life Sciences
生物系の物理学演習
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 学士課程
科目学部名 : 理学部
キーワード : statistical physics
生物系の統計力学
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 学士課程
科目学部名 : 理学部
キーワード : statistical physics
生物系の量子力学
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 学士課程
科目学部名 : 理学部
キーワード : quantum mechanics、atomic structure
細胞機能科学特論
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 生命科学院
キーワード : 細胞運動、分子生物学、細胞生物学、科学方法論【Key Words】 Cell movement, Molecular and cellular biology, Methodology of science
前々年度を全て表示する
主要な担当授業閉じる
実験生物科学
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 学士課程
科目学部名 : 理学部
キーワード : 遺伝子解析法、タンパク質解析法、細胞解析法、個体解析法、顕微観察法
少人数討論型育成プログラム
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 博士後期課程
科目学部名 : 生命科学院
キーワード : ブレインストーミング、KJ法、アンチプロブレム、SWOT分析、プレゼンテーション【Key Words】Brainstorming, KJ-method, Anti-Problem, SWOT Analysis, Presentation
環境と人間
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 学士課程
科目学部名 : 全学教育
キーワード : 生命科学、物質、生物、化学、物理、数学、融合科学、細胞、遺伝子、タンパク質、生体高分子
生体高分子学実験Ⅱ
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 学士課程
科目学部名 : 理学部
キーワード : 物理学実験,化学分析実験,有機合成実験,生化学実験, 分子生物学実験,細胞生物学実験、生物物理学実験
生命物理化学
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 学士課程
科目学部名 : 理学部
キーワード : quantum mechanics、atomic structure
生命融合科学概論
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 生命科学院
キーワード : 生命融合科学、生命情報分子科学、生命物質科学、細胞機能科学、生命機能制御科学【Key Words】Transdisciplinary Life Science, Bioinformation and Molecular Sciences, Biomaterials Science, Functional Cellular Sciences, Functional and Regulatory Life Sciences
生命融合科学概論
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 理工系大学院
キーワード : 生命融合科学、生命情報分子科学、生命物質科学、細胞機能科学、生命機能制御科学【Key Words】Transdisciplinary Life Science, Bioinformation and Molecular Sciences, Biomaterials Science, Functional Cellular Sciences, Functional and Regulatory Life Sciences
生物系の物理学演習
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 学士課程
科目学部名 : 理学部
キーワード : statistical physics
生物系の統計力学
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 学士課程
科目学部名 : 理学部
キーワード : statistical physics
生物系の量子力学
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 学士課程
科目学部名 : 理学部
キーワード : quantum mechanics、atomic structure
細胞機能科学特論
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 生命科学院
キーワード : 細胞運動、分子生物学、細胞生物学、科学方法論【Key Words】 Cell movement, Molecular and cellular biology, Methodology of science
高分子機能学基礎実験
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 学士課程
科目学部名 : 理学部
キーワード : 基礎実験手法、物理学実験、化学分析実験、有機合成実験、生化学実験、安全教育、法令

社会貢献

委員歴

2016年
-
現在
日本メカノバイオロジー学会 会長
2010年
日本細胞生物学会 評議員
委員歴を全て表示する
委員歴閉じる
2016年
-
現在
日本メカノバイオロジー学会 会長
2010年
日本細胞生物学会 評議員

ページトップへ