佐藤 康治サトウ ヤスハルresearchmap個人ページ

更新日 : 2018/11/02

基本情報

プロフィール

所属部署名
工学研究院 応用化学部門 生物工学分野
職名助教 
学位
博士(工学)(北海道大学)
メールアドレス
ホームページURL
科研費研究者番号

研究キーワード

バイオテクノロジー, バイオリアクター, 生体材料, 環境材料, 酵素, 高分子合成, 酵素反応, スキャフォールド, サイトカイン, クリック反応, 細胞シート工学, 細胞接着, 鮭皮コラーゲン, 細胞走化性因子, 歯プレセメント質, ポリヒドロキシアルカン酸, コラーゲン, バイオポリマー, 細胞増殖因子, 組織再生, 再生医療, 歯セメント質

研究分野

農芸化学 / 応用生物化学
農芸化学 / 応用微生物学
プロセス工学 / 生物機能・バイオプロセス
生物分子科学 / 生物分子科学
環境学 / 環境技術・環境材料
人間医工学 / 医用生体工学・生体材料学
研究分野を全て表示する
研究分野閉じる
農芸化学 / 応用生物化学
農芸化学 / 応用微生物学
プロセス工学 / 生物機能・バイオプロセス
生物分子科学 / 生物分子科学
環境学 / 環境技術・環境材料
人間医工学 / 医用生体工学・生体材料学

職歴

2012年
北海道大学 工学(系)研究科(研究院)(助教)
2007年
- 北海道大学助教(工学研究科分子化学専攻) 助教
職歴を全て表示する
職歴閉じる
2012年
北海道大学 工学(系)研究科(研究院)(助教)
2007年
- 北海道大学助教(工学研究科分子化学専攻) 助教

所属学協会

日本生物工学会
高分子学会
日本分子生物学会
日本農芸化学会
所属学協会を全て表示する
所属学協会閉じる
日本生物工学会
高分子学会
日本分子生物学会
日本農芸化学会

研究活動

論文

Ergothioneine production with Aspergillus oryzae.
Takusagawa S, Satoh Y, Ohtsu I, Dairi T
Bioscience, biotechnology, and biochemistry  1-4 2018年10月
Heterologous and High Production of Ergothioneine in Escherichia coli.
Osawa R, Kamide T, Satoh Y, Kawano Y, Ohtsu I, Dairi T
Journal of agricultural and food chemistry 66(5) 1191-1196 2018年02月
N-Phenylacetylation and Nonribosomal Peptide Synthetases with Substrate Promiscuity for Biosynthesis of Heptapeptide Variants, JBIR-78 and JBIR-95.
Takeda K, Kemmoku K, Satoh Y, Ogasawara Y, Shin-Ya K, Dairi T
ACS chemical biology 2017年05月
A Glycopeptidyl-Glutamate Epimerase for Bacterial Peptidoglycan Biosynthesis.
Feng R, Satoh Y, Ogasawara Y, Yoshimura T, Dairi T
Journal of the American Chemical Society 139(12) 4243-4245 2017年03月
In vitro synthesis of polyhydroxyalkanoates using thermostable acetyl-CoA synthetase, CoA transferase, and PHA synthase from thermotorelant bacteria.
Tajima K, Han X, Hashimoto Y, Satoh Y, Satoh T, Taguchi S
Journal of bioscience and bioengineering 122(6) 660-665 2016年12月
Enhanced production of polyunsaturated fatty acids by enzyme engineering of tandem acyl carrier proteins.
Hayashi S, Satoh Y, Ujihara T, Takata Y, Dairi T
Scientific reports 6 35441 2016年10月
Advanced functionalization of polyhydroxyalkanoate via the UV-initiated thiol-ene click reaction.
Tajima K, Iwamoto K, Satoh Y, Sakai R, Satoh T, Dairi T
Applied microbiology and biotechnology 100(10) 4375-4383 2016年05月
Exploring Peptide Ligase Orthologs in Actinobacteria-Discovery of Pseudopeptide Natural Products, Ketomemicins.
Ogasawara Y, Kawata J, Noike M, Satoh Y, Furihata K, Dairi T
ACS chemical biology 11(6) 1686-1692 2016年04月
Ergothioneine protects Streptomyces coelicolor A3(2) from oxidative stresses.
Nakajima S, Satoh Y, Yanashima K, Matsui T, Dairi T
Journal of bioscience and bioengineering 120(3) 294-298 2015年09月
A peptide ligase and the ribosome cooperate to synthesize the peptide pheganomycin.
Noike M, Matsui T, Ooya K, Sasaki I, Ohtaki S, Hamano Y, Maruyama C, Ishikawa J, Satoh Y, Ito H, Morita H, Dairi T
Nature chemical biology 11(1) 71-76 2015年01月
論文を全て表示する
論文閉じる
Ergothioneine production with Aspergillus oryzae.
Takusagawa S, Satoh Y, Ohtsu I, Dairi T
Bioscience, biotechnology, and biochemistry  1-4 2018年10月
Heterologous and High Production of Ergothioneine in Escherichia coli.
Osawa R, Kamide T, Satoh Y, Kawano Y, Ohtsu I, Dairi T
Journal of agricultural and food chemistry 66(5) 1191-1196 2018年02月
N-Phenylacetylation and Nonribosomal Peptide Synthetases with Substrate Promiscuity for Biosynthesis of Heptapeptide Variants, JBIR-78 and JBIR-95.
Takeda K, Kemmoku K, Satoh Y, Ogasawara Y, Shin-Ya K, Dairi T
ACS chemical biology 2017年05月
A Glycopeptidyl-Glutamate Epimerase for Bacterial Peptidoglycan Biosynthesis.
Feng R, Satoh Y, Ogasawara Y, Yoshimura T, Dairi T
Journal of the American Chemical Society 139(12) 4243-4245 2017年03月
In vitro synthesis of polyhydroxyalkanoates using thermostable acetyl-CoA synthetase, CoA transferase, and PHA synthase from thermotorelant bacteria.
Tajima K, Han X, Hashimoto Y, Satoh Y, Satoh T, Taguchi S
Journal of bioscience and bioengineering 122(6) 660-665 2016年12月
Enhanced production of polyunsaturated fatty acids by enzyme engineering of tandem acyl carrier proteins.
Hayashi S, Satoh Y, Ujihara T, Takata Y, Dairi T
Scientific reports 6 35441 2016年10月
Advanced functionalization of polyhydroxyalkanoate via the UV-initiated thiol-ene click reaction.
Tajima K, Iwamoto K, Satoh Y, Sakai R, Satoh T, Dairi T
Applied microbiology and biotechnology 100(10) 4375-4383 2016年05月
Exploring Peptide Ligase Orthologs in Actinobacteria-Discovery of Pseudopeptide Natural Products, Ketomemicins.
Ogasawara Y, Kawata J, Noike M, Satoh Y, Furihata K, Dairi T
ACS chemical biology 11(6) 1686-1692 2016年04月
Ergothioneine protects Streptomyces coelicolor A3(2) from oxidative stresses.
Nakajima S, Satoh Y, Yanashima K, Matsui T, Dairi T
Journal of bioscience and bioengineering 120(3) 294-298 2015年09月
A peptide ligase and the ribosome cooperate to synthesize the peptide pheganomycin.
Noike M, Matsui T, Ooya K, Sasaki I, Ohtaki S, Hamano Y, Maruyama C, Ishikawa J, Satoh Y, Ito H, Morita H, Dairi T
Nature chemical biology 11(1) 71-76 2015年01月
Polyhydroxyalkanoate production by a novel bacterium Massilia sp. UMI-21 isolated from seaweed, and molecular cloning of its polyhydroxyalkanoate synthase gene.
Han X, Satoh Y, Kuriki Y, Seino T, Fujita S, Suda T, Kobayashi T, Tajima K
Journal of bioscience and bioengineering 118(5) 514-519 2014年11月
New gene responsible for para-aminobenzoate biosynthesis.
Satoh Y, Kuratsu M, Kobayashi D, Dairi T
Journal of bioscience and bioengineering 2013年08月
Cellulose complementing factor (Ccp) is a new member of the cellulose synthase complex (terminal complex) in Acetobacter xylinum.
Sunagawa N, Fujiwara T, Yoda T, Kawano S, Satoh Y, Yao M, Tajima K, Dairi T
Journal of bioscience and bioengineering 115 607-612 2013年06月
Cellulose production by Enterobacter sp. CJF-002 and identification of genes for cellulose biosynthesis
SUNAGAWA Naoki, TAJIMA Kenji, HOSODA Mariko, KAWANO Shin, KOSE Ryota, SATOH Yasuharu, YAO Min, DAIRI Tohru
Cellul 19(6) 1989-2001 2012年12月
Engineering of l-tyrosine oxidation in Escherichia coli and microbial production of hydroxytyrosol.
Satoh Y, Tajima K, Munekata M, Keasling JD, Lee TS
Metabolic engineering 14(6) 603-610 2012年11月
In vitro synthesis of polyhydroxyalkanoate (PHA) incorporating lactate (LA) with a block sequence by using a newly engineered thermostable PHA synthase from Pseudomonas sp. SG4502 with acquired LA-polymerizing activity.
Tajima K, Han X, Satoh Y, Ishii A, Araki Y, Munekata M, Taguchi S
Applied microbiology and biotechnology 94 365-376 2012年04月
Engineering of a tyrosol-producing pathway, utilizing simple sugar and the central metabolic tyrosine, in Escherichia coli.
Satoh Y, Tajima K, Munekata M, Keasling JD, Lee TS
Journal of agricultural and food chemistry 60 979-984 2012年02月
Chemo-enzymatic synthesis of polyhydroxyalkanoate (PHA) incorporating 2-hydroxybutyrate by wild-type class I PHA synthase from Ralstonia eutropha.
Han X, Satoh Y, Satoh T, Matsumoto K, Kakuchi T, Taguchi S, Dairi T, Munekata M, Tajima K
Applied microbiology and biotechnology 92(3) 509-517 2011年11月
Isolation of a thermotolerant bacterium producing medium-chain-length polyhydroxyalkanoate.
Satoh Y, Tajima K, Nakamoto S, Xuerong H, Matsushima T, Ohshima T, Kawano S, Erata T, Dairi T, Munekata M
Journal of applied microbiology 111(4) 811-817 2011年10月
Unusual change in molecular weight of polyhydroxyalkanoate (PHA) during cultivation of PHA-accumulating Escherichia coli
AGUS Jumiarti, KAHAR Prihardi, HYAKUTAKE Manami, TOMIZAWA Satoshi, ABE Hideki, TSUGE Takeharu, SATOH Yasuharu, TAJIMA Kenji
Polym Degradation Stab 95(12) 2250-2254 2010年12月
Structure of bacterial cellulose synthase subunit D octamer with four inner passageways.
Hu SQ, Gao YG, Tajima K, Sunagawa N, Zhou Y, Kawano S, Fujiwara T, Yoda T, Shimura D, Satoh Y, Munekata M, Tanaka I, Yao M
Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America 107(42) 17957-17961 2010年10月
Development of a New Conversion Process Consisting of Hydrothermal Treatment and Catalytic Reaction Using ZrO2-FeOX Catalyst to Convert Fermentation Residue into Useful Chemicals
FUNAI Satoshi, SATOH Yumi, SATOH Yasuharu, TAJIMA Kenji, TAGO Teruoki, MASUDA Takao
Top Catal 53(7/10) 654-658 2010年06月
Chemo-enzymatic synthesis of polyhydroxyalkanoate by an improved two-phase reaction system (TPRS).
Han X, Satoh Y, Tajima K, Matsushima T, Munekata M
Journal of bioscience and bioengineering 108(6) 517-523 2009年12月
Kinetic Analysis of Engineered Polyhydroxyalkanoate Synthases with Broad Substrate Specificity
MATSUMOTO Ken’ichiro, MATSUMOTO Ken’ichiro, SHOZUI Fumi, SATOH Yasuharu, TAJIMA Kenji, MUNEKATA Masanobu, TAGUCHI Seiichi
Polym J 41(3) 237-240 2009年
A microbial factory for lactate-based polyesters using a lactate-polymerizing enzyme.
Taguchi S, Yamada M, Matsumoto K, Tajima K, Satoh Y, Munekata M, Ohno K, Kohda K, Shimamura T, Kambe H, Obata S
Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America 105(45) 17323-17327 2008年11月
Regulation of endoglucanase gene (cmcax) expression in Acetobacter xylinum.
Kawano S, Tajima K, Kono H, Numata Y, Yamashita H, Satoh Y, Munekata M
Journal of bioscience and bioengineering 106(1) 88-94 2008年07月
Purification, crystallization and preliminary X-ray studies of AxCesD required for efficient cellulose biosynthesis in Acetobacter xylinum.
Hu S, Gao Y, Tajima K, Yao M, Yoda T, Shimura D, Satoh Y, Kawano S, Tanaka I, Munekata M
Protein and peptide letters 15 115-117 2008年
In vitro growth and differentiated activities of human periodontal ligament fibroblasts cultured on salmon collagen gel.
Nagai N, Mori K, Satoh Y, Takahashi N, Yunoki S, Tajima K, Munekata M
Journal of biomedical materials research. Part A 82 395-402 2007年08月
Structural characterization of the Acetobacter xylinum endo-beta-1,4-glucanase CMCax required for cellulose biosynthesis.
Yasutake Y, Kawano S, Tajima K, Yao M, Satoh Y, Munekata M, Tanaka I
Proteins 64 1069-1077 2006年09月
Activities of MC3T3-E1 cells cultured on gamma-irradiated salmon atelocollagen scaffold.
Nagai N, Anzawa T, Satoh Y, Suzuki T, Tajima K, Munekata M
Journal of bioscience and bioengineering 101(6) 511-514 2006年06月
Enzymatic synthesis of poly(3-hydroxybutyrate-co-4-hydroxybutyrate) with CoA recycling using polyhydroxyalkanoate synthase and acyl-CoA synthetase.
Satoh Y, Murakami F, Tajima K, Munekata M
Journal of bioscience and bioengineering 99(5) 508-511 2005年05月
Crystallization and preliminary crystallographic analysis of the cellulose biosynthesis-related protein CMCax from Acetobacter xylinum.
Kawano S, Yasutake Y, Tajima K, Satoh Y, Yao M, Tanaka I, Munekata M
Acta crystallographica. Section F, Structural biology and crystallization communications 61 252-254 2005年02月
A method of cell-sheet preparation using collagenase digestion of salmon atelocollagen fibrillar gel.
Nagai N, Yunoki S, Satoh Y, Tajima K, Munekata M
Journal of bioscience and bioengineering 98(6) 493-496 2004年
Synthesis of Poly(3-hydroxybutyrate)by Immobilized Poly(3-hydroxybutyrate)Synthase
TAJIMA Kenji, TANNAI Hatsumi, SATOH Yasuharu, MUNEKATA Masanobu
Polymer journal 35(4) 407-410 2003年04月
Isolation and characterization of Bacillus sp. INT005 accumulating polyhydroxyalkanoate (PHA) from gas field soil.
Tajima K, Igari T, Nishimura D, Nakamura M, Satoh Y, Munekata M
Journal of bioscience and bioengineering 95(1) 77-81 2003年
Enzyme-catalyzed poly(3-hydroxybutyrate) synthesis from acetate with CoA recycling and NADPH regeneration in Vitro.
Satoh Y, Tajima K, Tannai H, Munekata M
Journal of bioscience and bioengineering 95(4) 335-341 2003年
Polyhydroxyalkanoate synthase from Bacillus sp. INT005 is composed of PhaC and PhaR.
Satoh Y, Minamoto N, Tajima K, Munekata M
Journal of bioscience and bioengineering 94(4) 343-350 2002年
A Novel ATP Regeneration System Using Polyphosphate-AMP Phosphotransferase and Polyphosphate Kinase
KAMEDA ATSUSHI, SHIBA TOSHIKAZU, KAWAZOE YUMI, SATOH YASUHARU, IHARA YOSHIHARU, MUNEKATA MASANOBU, ISHIGE KAZUYA, NOGUCHI TOSHITADA
Journal of bioscience and bioengineering 91(6) 557-563 2001年06月
Contracted Gaussian-type basis functions revisited. III. Atoms K through Kr
Toshikatsu Koga, Hiroshi Tatewaki, Hisashi Matsuyama, Yasuharu Satoh
Theoretical Chemistry Accounts 102 105-111 1999年06月

特許

多価不飽和脂肪酸ポリケチドシンターゼ及びその利用
大利 徹, 佐藤 康治, 林 祥平, 氏原 哲朗
特願2016-078016 2016年04月08日
HOST CELLS AND METHODS FOR OXIDIZING AROMATIC AMINO ACIDS
佐藤 康治
特願US2012/031025  2012年03月28日
共重合樹脂組成物、成形品、及び共重合樹脂組成物の製造方法
山中 康生, 原田 忠克, ▲柳▼沼 秀和, 棟方 正信, 田島 健次, 佐藤 康治, 松島 得雄
特願2010-052398 2010年03月09日
共重合樹脂組成物、成形品、及び共重合樹脂組成物の製造方法
山中 康生, 原田 忠克, ▲柳▼沼 秀和, 棟方 正信, 田島 健次, 佐藤 康治, 松島 得雄
特願2010-052398 2010年03月09日
組み換え微生物を用いた共重合ポリエステルの製造方法
田口 精一, 田島 健次, 佐藤 康治, 松本 謙一郎, 山田 美和, 小畑 充生, 神戸 浩美, 幸田 勝典, 大野 克博, 嶋村 隆
JP2009058092 2009年04月23日
組み換え微生物を用いた共重合ポリエステルの製造方法
田口 精一, 田島 健次, 佐藤 康治, 松本 謙一郎, 山田 美和, 小畑 充生, 神戸 浩美, 幸田 勝典, 大野 克博, 嶋村 隆
特願2010-509222 2009年04月23日
樹脂組成物及びこれを用いた成形品
▲柳▼沼 秀和, 原田 忠克, 山中 康生, 棟方 正信, 田島 健次, 佐藤 康治, 松島 得雄
特願2009-049427 2009年03月03日
樹脂組成物及びこれを用いた成形品
▲柳▼沼 秀和, 原田 忠克, 山中 康生, 棟方 正信, 田島 健次, 佐藤 康治, 松島 得雄
特願2009-049427 2009年03月03日
樹脂組成物の成形方法及び成形品
▲柳▼沼 秀和, 原田 忠克, 山中 康生, 棟方 正信, 田島 健次, 佐藤 康治, 松島 得雄
特願2008-320153 2008年12月16日
熱可塑性樹脂の成形方法及び成形品
原田 忠克, 山中 康生, ▲柳▼沼 秀和, 棟方 正信, 田島 健次, 佐藤 康治, 松島 得雄
特願2008-320154 2008年12月16日
特許を全て表示する
特許閉じる
多価不飽和脂肪酸ポリケチドシンターゼ及びその利用
大利 徹, 佐藤 康治, 林 祥平, 氏原 哲朗
特願2016-078016 2016年04月08日
HOST CELLS AND METHODS FOR OXIDIZING AROMATIC AMINO ACIDS
佐藤 康治
特願US2012/031025  2012年03月28日
共重合樹脂組成物、成形品、及び共重合樹脂組成物の製造方法
山中 康生, 原田 忠克, ▲柳▼沼 秀和, 棟方 正信, 田島 健次, 佐藤 康治, 松島 得雄
特願2010-052398 2010年03月09日
共重合樹脂組成物、成形品、及び共重合樹脂組成物の製造方法
山中 康生, 原田 忠克, ▲柳▼沼 秀和, 棟方 正信, 田島 健次, 佐藤 康治, 松島 得雄
特願2010-052398 2010年03月09日
組み換え微生物を用いた共重合ポリエステルの製造方法
田口 精一, 田島 健次, 佐藤 康治, 松本 謙一郎, 山田 美和, 小畑 充生, 神戸 浩美, 幸田 勝典, 大野 克博, 嶋村 隆
JP2009058092 2009年04月23日
組み換え微生物を用いた共重合ポリエステルの製造方法
田口 精一, 田島 健次, 佐藤 康治, 松本 謙一郎, 山田 美和, 小畑 充生, 神戸 浩美, 幸田 勝典, 大野 克博, 嶋村 隆
特願2010-509222 2009年04月23日
樹脂組成物及びこれを用いた成形品
▲柳▼沼 秀和, 原田 忠克, 山中 康生, 棟方 正信, 田島 健次, 佐藤 康治, 松島 得雄
特願2009-049427 2009年03月03日
樹脂組成物及びこれを用いた成形品
▲柳▼沼 秀和, 原田 忠克, 山中 康生, 棟方 正信, 田島 健次, 佐藤 康治, 松島 得雄
特願2009-049427 2009年03月03日
樹脂組成物の成形方法及び成形品
▲柳▼沼 秀和, 原田 忠克, 山中 康生, 棟方 正信, 田島 健次, 佐藤 康治, 松島 得雄
特願2008-320153 2008年12月16日
熱可塑性樹脂の成形方法及び成形品
原田 忠克, 山中 康生, ▲柳▼沼 秀和, 棟方 正信, 田島 健次, 佐藤 康治, 松島 得雄
特願2008-320154 2008年12月16日
樹脂組成物及びこれを用いた成形品
山中 康生, 原田 忠克, ▲柳▼沼 秀和, 棟方 正信, 田島 健次, 佐藤 康治, 松島 得雄
特願2008-320155 2008年12月16日
熱可塑性樹脂の成形方法及び成形品
原田 忠克, 山中 康生, ▲柳▼沼 秀和, 棟方 正信, 田島 健次, 佐藤 康治, 松島 得雄
特願2008-320154 2008年12月16日
樹脂組成物及びこれを用いた成形品
山中 康生, 原田 忠克, ▲柳▼沼 秀和, 棟方 正信, 田島 健次, 佐藤 康治, 松島 得雄
特願2008-320155 2008年12月16日
樹脂組成物の成形方法及び成形品
▲柳▼沼 秀和, 原田 忠克, 山中 康生, 棟方 正信, 田島 健次, 佐藤 康治, 松島 得雄
特願2008-320153 2008年12月16日
医療用粘着剤樹脂組成物及び医療用テープ
小山 直之, 小島 靖, 林田 茂, 佐藤 康治, 田島 健次, 棟方 正信, 松島 得雄
特願2008-180798 2008年07月10日
ポリヒドロキシアルカノエート生成能を有する新規微生物、ポリヒドロキシアルカノエート重合酵素、およびこれをコードする遺伝子
佐藤 康治, 田島 健次, 棟方 正信, 松島 得雄
特願2008-180132 2008年07月10日
高分子化合物の製造方法
田島 健次, 佐藤 康治, 棟方 正信, 田口 精一, 松島 得雄
特願2008-113203 2008年04月23日
ポリヒドロキシアルカノエートおよびポリヒドロキシアルカノエートの製造方法
佐藤 康治, 田島 健次, 棟方 正信, 松島 得雄
特願2008-012454 2008年01月23日
ポリヒドロキシアルカノエートの製造方法
佐藤 康治, 田島 健次, 棟方 正信, 松島 得雄
特願2008-012454 2008年01月23日
3−ケト−アシルCoAリダクターゼ及びそれをコードする遺伝子
田島 健次, 棟方 正信, 佐藤 康治
特願2006-312873 2006年11月20日
3-ケト・アシルCoAリダクターゼ及びそれをコードする遺伝子
田島 健次, 棟方 正信, 佐藤 康治
特願2006-312873 2006年11月20日
ラクトン構造を有する物質を原料とするポリヒドロキシアルカン酸の製造方法およびポリヒドロキシアルカン酸
田島 健次, 佐藤 敏文, 佐藤 康治, 棟方 正信
特願2006-130855 2006年05月09日
中温付近でポリエステル産生能を有する細菌、ポリエステル重合酵素及びそれをコードする遺伝子
田島 健次, 棟方 正信, 佐藤 康治
特願2001-144111 2001年05月15日

受賞

2018年03月
日本農芸化学会 日本農芸化学会2018年度大会トピックス賞 
2017年03月
日本農芸化学会 日本農芸化学会2017年度大会トピックス賞 
2015年10月
日本生物工学会 日本生物工学会 2015年度(第23回)論文賞 
2008年
高分子研究奨励賞 
受賞を全て表示する
受賞閉じる
2018年03月
日本農芸化学会 日本農芸化学会2018年度大会トピックス賞 
2017年03月
日本農芸化学会 日本農芸化学会2017年度大会トピックス賞 
2015年10月
日本生物工学会 日本生物工学会 2015年度(第23回)論文賞 
2008年
高分子研究奨励賞 

競争的資金等の研究課題

微生物に見出された新規な葉酸生合成関連酵素の反応機構解明および物質生産への応用
公益財団法人 加藤記念バイオサイエンス振興財団
研究期間 : 2015年04月 - 2017年03月 代表者 : 佐藤 康治
微生物ゲノム情報を活用した新規葉酸生合成経路の探索とその全容解明
文部科学省:科学研究費補助金(若手研究(B))
研究期間 : 2012年 - 2013年 代表者 : 佐藤 康治
生物工学的手法によるバイオポリマーの精密構造制御と化学修飾による機能化
文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間 : 2009年 - 2010年 代表者 : 田島 健次
無細胞バイオポリエステル合成を可能とするモノマー供給酵素の開発
文部科学省:科学研究費補助金(若手研究(B))
研究期間 : 2009年 - 2010年 代表者 : 佐藤 康治
酵素触媒重合法による新規バイオポリエステルの合成と医療材料への応用
文部科学省:科学研究費補助金(若手研究(B))
研究期間 : 2006年 - 2007年 代表者 : 佐藤 康治
歯プレセメント質の歯周組織自己再生促進効果を利用した歯周院治療薬の開発
文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(A))
研究期間 : 2002年 - 2005年 代表者 : 棟方 正信
競争的資金等の研究課題を全て表示する
競争的資金等の研究課題閉じる
微生物に見出された新規な葉酸生合成関連酵素の反応機構解明および物質生産への応用
公益財団法人 加藤記念バイオサイエンス振興財団
研究期間 : 2015年04月 - 2017年03月 代表者 : 佐藤 康治
微生物ゲノム情報を活用した新規葉酸生合成経路の探索とその全容解明
文部科学省:科学研究費補助金(若手研究(B))
研究期間 : 2012年 - 2013年 代表者 : 佐藤 康治
生物工学的手法によるバイオポリマーの精密構造制御と化学修飾による機能化
文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間 : 2009年 - 2010年 代表者 : 田島 健次
無細胞バイオポリエステル合成を可能とするモノマー供給酵素の開発
文部科学省:科学研究費補助金(若手研究(B))
研究期間 : 2009年 - 2010年 代表者 : 佐藤 康治
酵素触媒重合法による新規バイオポリエステルの合成と医療材料への応用
文部科学省:科学研究費補助金(若手研究(B))
研究期間 : 2006年 - 2007年 代表者 : 佐藤 康治
歯プレセメント質の歯周組織自己再生促進効果を利用した歯周院治療薬の開発
文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(A))
研究期間 : 2002年 - 2005年 代表者 : 棟方 正信

教育活動

主要な担当授業

応用化学学生実験Ⅲ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 学士課程
開講学部 : 工学部
キーワード : 微生物の培養,微生物の観察,遺伝子工学,形質転換,大量発現,タンパク質精製
最新年度を全て表示する
主要な担当授業閉じる
応用化学学生実験Ⅲ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 学士課程
開講学部 : 工学部
キーワード : 微生物の培養,微生物の観察,遺伝子工学,形質転換,大量発現,タンパク質精製
前年度を全て表示する
主要な担当授業閉じる
応用化学学生実験Ⅲ
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 学士課程
科目学部名 : 工学部
キーワード : 微生物の培養,微生物の観察,遺伝子工学,形質転換,大量発現,タンパク質精製
前々年度を全て表示する
主要な担当授業閉じる
応用化学学生実験Ⅲ
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 学士課程
科目学部名 : 工学部
キーワード : 微生物の培養,微生物の観察,遺伝子工学,形質転換,大量発現,タンパク質精製

ページトップへ