田中 真樹タナカ マサキresearchmap個人ページ

更新日 : 2017/09/19

基本情報

プロフィール

所属部署名
医学研究院  生理系部門生理学分野
社会科学実験研究センター
脳科学研究教育センター
職名教授 
学位
医学博士(北海道大学)
メールアドレス
ホームページURLhttp://niseiri.med.hokudai.ac.jp/
科研費研究者番号

研究キーワード

包括脳ネットワーク・研究集会委員会, 包括脳ネットワーク, 統合脳・脳の高次機能学, 眼球運動, 神経活動, 霊長類, 運動性視床, 神経生理学, 運動発現, 機能脱落, タイミング, 背側視床, 前頭連合野, 選択的注意, 大脳皮質

研究分野

神経科学 / 神経・筋肉生理学
研究分野を全て表示する
研究分野閉じる
神経科学 / 神経・筋肉生理学

職歴

2010年11月
-
現在
北海道大学 医学研究科 神経生理学分野(教授)
2001年09月
-
2010年10月
北海道大学 医学研究科(助手・講師・助教授・准教授)
2006年10月
-
2010年03月
JSTさきがけ研究者(兼任)
1998年09月
-
2001年08月
米国ハワードヒューズ医学研究所(UCSF)(Research Associate)
職歴を全て表示する
職歴閉じる
2010年11月
-
現在
北海道大学 医学研究科 神経生理学分野(教授)
2001年09月
-
2010年10月
北海道大学 医学研究科(助手・講師・助教授・准教授)
2006年10月
-
2010年03月
JSTさきがけ研究者(兼任)
1998年09月
-
2001年08月
米国ハワードヒューズ医学研究所(UCSF)(Research Associate)

学歴

-
1998年03月
北海道大学大学院 修了
-
1994年03月
北海道大学医学部 卒業
-
1988年03月
甲陽学院高校 卒業
学歴を全て表示する
学歴閉じる
-
1998年03月
北海道大学大学院 修了
-
1994年03月
北海道大学医学部 卒業
-
1988年03月
甲陽学院高校 卒業

所属学協会

日本神経科学学会
日本生理学会
北米神経科学学会
Society for Neural Control of Movement
所属学協会を全て表示する
所属学協会閉じる
日本神経科学学会
日本生理学会
北米神経科学学会
Society for Neural Control of Movement

研究活動

論文

Predictive and tempo-flexible synchronization to a visual metronome in monkeys.
Takeya R, Kameda M, Patel AD, Tanaka M
Scientific reports 7(1) 6127 2017年07月
Cerebellar roles in self-timing for sub- and supra-second intervals.
Ohmae S, Kunimatsu J, Tanaka M
The Journal of neuroscience : the official journal of the Society for Neuroscience 37(13) 3511-3522 2017年02月
Facilitation of temporal prediction by electrical stimulation to the primate cerebellar nuclei.
Uematsu A, Ohmae S, Tanaka M
Neuroscience 346 190-196 2017年01月
Correlation between pupil size and subjective passage of time in non-human primates.
Suzuki TW, Kunimatsu J, Tanaka M
The Journal of neuroscience : the official journal of the Society for Neuroscience 36(44) 11331-11337 2016年11月
Striatal dopamine modulates timing of self-initiated saccades.
Kunimatsu J, Tanaka M
Neuroscience 337 131-142 2016年09月
Implications of Lateral Cerebellum in Proactive Control of Saccades.
Kunimatsu J, Suzuki TW, Tanaka M
The Journal of neuroscience : the official journal of the Society for Neuroscience 36(26) 7066-7074 2016年06月
Two different mechanisms for the detection of stimulus omission.
Ohmae S, Tanaka M
Scientific reports 6 20615 2016年02月
Application of radiosurgical techniques to produce a primate model of brain lesions.
Kunimatsu J, Miyamoto N, Ishikawa M, Shirato H, Tanaka M
Frontiers in systems neuroscience 9 67 2015年04月
Two Types of Neurons in the Primate Globus Pallidus External Segment Play Distinct Roles in Antisaccade Generation.
Yoshida A, Tanaka M
Cerebral cortex (New York, N.Y. : 1991) 2015年01月
Differential Neuronal Representation of Spatial Attention Dependent on Relative Target Locations during Multiple Object Tracking.
Matsushima A, Tanaka M
The Journal of neuroscience : the official journal of the Society for Neuroscience 34 9963-9969 2014年07月
論文を全て表示する
論文閉じる
Predictive and tempo-flexible synchronization to a visual metronome in monkeys.
Takeya R, Kameda M, Patel AD, Tanaka M
Scientific reports 7(1) 6127 2017年07月
Cerebellar roles in self-timing for sub- and supra-second intervals.
Ohmae S, Kunimatsu J, Tanaka M
The Journal of neuroscience : the official journal of the Society for Neuroscience 37(13) 3511-3522 2017年02月
Facilitation of temporal prediction by electrical stimulation to the primate cerebellar nuclei.
Uematsu A, Ohmae S, Tanaka M
Neuroscience 346 190-196 2017年01月
Correlation between pupil size and subjective passage of time in non-human primates.
Suzuki TW, Kunimatsu J, Tanaka M
The Journal of neuroscience : the official journal of the Society for Neuroscience 36(44) 11331-11337 2016年11月
Striatal dopamine modulates timing of self-initiated saccades.
Kunimatsu J, Tanaka M
Neuroscience 337 131-142 2016年09月
Implications of Lateral Cerebellum in Proactive Control of Saccades.
Kunimatsu J, Suzuki TW, Tanaka M
The Journal of neuroscience : the official journal of the Society for Neuroscience 36(26) 7066-7074 2016年06月
Two different mechanisms for the detection of stimulus omission.
Ohmae S, Tanaka M
Scientific reports 6 20615 2016年02月
Application of radiosurgical techniques to produce a primate model of brain lesions.
Kunimatsu J, Miyamoto N, Ishikawa M, Shirato H, Tanaka M
Frontiers in systems neuroscience 9 67 2015年04月
Two Types of Neurons in the Primate Globus Pallidus External Segment Play Distinct Roles in Antisaccade Generation.
Yoshida A, Tanaka M
Cerebral cortex (New York, N.Y. : 1991) 2015年01月
Differential Neuronal Representation of Spatial Attention Dependent on Relative Target Locations during Multiple Object Tracking.
Matsushima A, Tanaka M
The Journal of neuroscience : the official journal of the Society for Neuroscience 34 9963-9969 2014年07月
Different Neuronal Computations of Spatial Working Memory for Multiple Locations within versus across Visual Hemifields.
Matsushima A, Tanaka M
The Journal of neuroscience : the official journal of the Society for Neuroscience 34 5621-5626 2014年04月
Temporally specific sensory signals for the detection of stimulus omission in the primate deep cerebellar nuclei.
Ohmae S, Uematsu A, Tanaka M
The Journal of neuroscience : the official journal of the Society for Neuroscience 33 15432-15441 2013年09月
Retrospective and prospective information coding by different neurons in the prefrontal cortex.
Matsushima A, Tanaka M
Neuroreport 24(2) 73-78 2013年01月
Manipulation of Object Choice by Electrical Microstimulation in Macaque Frontal Eye Fields.
Matsushima A, Tanaka M
Cerebral cortex (New York, N.Y. : 1991) 2013年01月
Alteration of the timing of self-initiated but not reactive saccades by electrical stimulation in the supplementary eye field.
Kunimatsu J, Tanaka M
The European journal of neuroscience 36(9) 3258-3268 2012年11月
Neuronal Correlates of Multiple Top-Down Signals during Covert Tracking of Moving Objects in Macaque Prefrontal Cortex.
Matsushima A, Tanaka M
Journal of cognitive neuroscience 24 2043-2056 2012年10月
Contribution of the central thalamus to the generation of volitional saccades.
Tanaka M, Kunimatsu J
The European journal of neuroscience 33(11) 2046-2057 2011年06月
Roles of the primate motor thalamus in the generation of antisaccades.
Kunimatsu J, Tanaka M
The Journal of neuroscience : the official journal of the Society for Neuroscience 30(14) 5108-5117 2010年04月
Neuronal activity in the primate globus pallidus during smooth pursuit eye movements.
Yoshida A, Tanaka M
Neuroreport 20 121-125 2009年01月
Enhanced modulation of neuronal activity during antisaccades in the primate globus pallidus.
Yoshida A, Tanaka M
Cerebral cortex (New York, N.Y. : 1991) 19 206 2009年01月
Cognitive signals in the primate motor thalamus predict saccade timing.
Tanaka M
The Journal of neuroscience : the official journal of the Society for Neuroscience 27 12109-12118 2007年10月
Spatiotemporal properties of eye position signals in the primate central thalamus.
Tanaka M
Cerebral cortex (New York, N.Y. : 1991) 17(7) 1504-1515 2007年07月
Inactivation of the central thalamus delays self-timed saccades.
Tanaka M
Nature neuroscience 9(1) 20-22 2006年01月
Effects of eye position on estimates of eye displacement for spatial updating.
Tanaka M
Neuroreport 16 1261-1265 2005年08月
Involvement of the central thalamus in the control of smooth pursuit eye movements.
Tanaka M
The Journal of neuroscience : the official journal of the Society for Neuroscience 25 5866-5876 2005年06月
Contribution of signals downstream from adaptation to saccade programming.
Tanaka M
Journal of neurophysiology 90 2080-2086 2003年09月
Role of arcuate frontal cortex of monkeys in smooth pursuit eye movements. I. Basic response properties to retinal image motion and position.
Tanaka M, Lisberger SG
Journal of neurophysiology 87 2684-2699 2002年06月
Role of arcuate frontal cortex of monkeys in smooth pursuit eye movements. II. Relation to vector averaging pursuit.
Tanaka M, Lisberger SG
Journal of neurophysiology 87 2700-2714 2002年06月
Enhancement of multiple components of pursuit eye movement by microstimulation in the arcuate frontal pursuit area in monkeys.
Tanaka M, Lisberger SG
Journal of neurophysiology 87 802-818 2002年02月
Regulation of the gain of visually guided smooth-pursuit eye movements by frontal cortex.
Tanaka M, Lisberger SG
Nature 409(6817) 191-194 2001年01月
Context-dependent smooth eye movements evoked by stationary visual stimuli in trained monkeys.
Tanaka M, Lisberger SG
Journal of neurophysiology 84 1748-1762 2000年10月
Neuronal responses related to smooth pursuit eye movements in the periarcuate cortical area of monkeys.
Tanaka M, Fukushima K
Journal of neurophysiology 80 28-47 1998年07月
Latency of saccades during smooth-pursuit eye movement in man. Directional asymmetries.
Tanaka M, Yoshida T, Fukushima K
Experimental brain research. Experimentelle Hirnforschung. Experimentation cerebrale 121 92-98 1998年07月
Slow eye movement evoked by sudden appearance of a stationary visual stimulus observed in a step-ramp smooth pursuit task in monkey.
Tanaka M, Fukushima K
Neuroscience research 29(1) 93-98 1997年09月
Adaptive changes in human smooth pursuit eye movement.
Fukushima K, Tanaka M, Suzuki Y, Fukushima J, Yoshida T
Neuroscience research 25(4) 391-398 1996年08月

書籍

脳神経外科医が知っておくべきニューロサイエンスの知識 (脳神経外科診療プラクティス)
文光堂 2015年10月 ISBN : 483062406X
Annual Review神経〈2015〉
中外医学社 2015年01月 ISBN : 4498228154
誠信 心理学辞典[新版]
誠信書房 2014年09月 ISBN : 4414305071
カンデル神経科学
メディカルサイエンスインターナショナル 2014年04月 ISBN : 4895927717
ブレインサイエンス・レビュー2014
クバプロ 2014年02月 ISBN : 4878051361
The Oxford Handbook of Eye Movements (Oxford Library of Psychology)
Simon Liversedge, Iain Gilchrist, Stefan Everling
OUP Oxford 2011年08月
イラストレクチャー認知神経科学―心理学と脳科学が解くこころの仕組み―
村上郁也
オーム社 2010年02月 ISBN : 4274208222
実験医学 (Vol.24No.15(2006増刊)) (実験医学増刊 Vol. 24-15)
羊土社 2006年09月 ISBN : 4758102732
書籍を全て表示する
書籍閉じる
脳神経外科医が知っておくべきニューロサイエンスの知識 (脳神経外科診療プラクティス)
文光堂 2015年10月 ISBN : 483062406X
Annual Review神経〈2015〉
中外医学社 2015年01月 ISBN : 4498228154
誠信 心理学辞典[新版]
誠信書房 2014年09月 ISBN : 4414305071
カンデル神経科学
メディカルサイエンスインターナショナル 2014年04月 ISBN : 4895927717
ブレインサイエンス・レビュー2014
クバプロ 2014年02月 ISBN : 4878051361
The Oxford Handbook of Eye Movements (Oxford Library of Psychology)
Simon Liversedge, Iain Gilchrist, Stefan Everling
OUP Oxford 2011年08月
イラストレクチャー認知神経科学―心理学と脳科学が解くこころの仕組み―
村上郁也
オーム社 2010年02月 ISBN : 4274208222
実験医学 (Vol.24No.15(2006増刊)) (実験医学増刊 Vol. 24-15)
羊土社 2006年09月 ISBN : 4758102732

受賞

2016年
平成27年度 北海道大学教育総長賞(奨励賞) 
2008年
平成20年度 文部科学大臣表彰若手科学者賞 
2006年
平成18年度 日本神経科学学会奨励賞 
2005年
平成17年度 フラテ研究奨励賞 
受賞を全て表示する
受賞閉じる
2016年
平成27年度 北海道大学教育総長賞(奨励賞) 
2008年
平成20年度 文部科学大臣表彰若手科学者賞 
2006年
平成18年度 日本神経科学学会奨励賞 
2005年
平成17年度 フラテ研究奨励賞 

教育活動

主要な担当授業

医学研究法Ⅱ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 博士後期課程
開講学部 : 医学研究科
医学研究法Ⅲ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 博士後期課程
開講学部 : 医学研究科
医学総論
開講年度 : 2015年
課程区分 : 博士後期課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : 神経科学、神経生理学、神経回路、感覚、運動、脳、シミュレーションneuroscience, neurophysiology, neural circuit, sensory system, motor system, brain, simulation
基本医学研究Ⅰ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 医学研究科
基本医学研究Ⅱ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 医学研究科
基本医学研究法Ⅱ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 医学研究科
基本医学総論
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : 神経科学、神経生理学、神経回路、感覚、運動、脳、シミュレーション
基盤医学研究Ⅰ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 博士後期課程
開講学部 : 医学研究科
基盤医学研究Ⅱ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 博士後期課程
開講学部 : 医学研究科
専門医学研究Ⅰ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 医学研究科
最新年度を全て表示する
主要な担当授業閉じる
医学研究法Ⅱ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 博士後期課程
開講学部 : 医学研究科
医学研究法Ⅲ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 博士後期課程
開講学部 : 医学研究科
医学総論
開講年度 : 2015年
課程区分 : 博士後期課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : 神経科学、神経生理学、神経回路、感覚、運動、脳、シミュレーションneuroscience, neurophysiology, neural circuit, sensory system, motor system, brain, simulation
基本医学研究Ⅰ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 医学研究科
基本医学研究Ⅱ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 医学研究科
基本医学研究法Ⅱ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 医学研究科
基本医学総論
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : 神経科学、神経生理学、神経回路、感覚、運動、脳、シミュレーション
基盤医学研究Ⅰ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 博士後期課程
開講学部 : 医学研究科
基盤医学研究Ⅱ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 博士後期課程
開講学部 : 医学研究科
専門医学研究Ⅰ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 医学研究科
専門医学研究Ⅱ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 医学研究科
専門基礎医学Ⅲ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 医学研究科
生理学Ⅱ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 学士課程
開講学部 : 医学部
キーワード : 神経生理、筋肉生理、脳神経科学
生理学Ⅱ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 学士課程
開講学部 : 医学部
生理学Ⅲ(神経生理)
開講年度 : 2015年
課程区分 : 学士課程
開講学部 : 医学部
生理学実習
開講年度 : 2015年
課程区分 : 学士課程
開講学部 : 医学部
キーワード : 循環、血液、呼吸、筋電図、心電図、脳波
生理学実習
開講年度 : 2015年
課程区分 : 学士課程
開講学部 : 医学部
研究発表技法Ⅰ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 医学研究科
研究発表技法Ⅰ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 博士後期課程
開講学部 : 医学研究科
研究発表技法Ⅱ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 医学研究科
研究発表技法Ⅱ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 博士後期課程
開講学部 : 医学研究科
脳科学入門Ⅲ:脳機能システム
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 大学院共通科目
脳科学研究の展開Ⅰ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 大学院共通科目
キーワード :  神経回路、生命科学、方法論
脳科学研究の展開Ⅰ 実習
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 大学院共通科目
キーワード :  神経回路、生命科学、方法論
脳科学研究の展開Ⅳ-a 演習
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 大学院共通科目
キーワード : 先端的脳研究、国際性、発表演習
脳科学研究の展開Ⅳ-b 演習
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 大学院共通科目
キーワード : 先端的脳研究、国際性、発表演習
選択実習Ⅰ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 学士課程
開講学部 : 医学部
選択実習Ⅱ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 学士課程
開講学部 : 医学部
前年度を全て表示する
主要な担当授業閉じる
医学研究法Ⅱ
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 博士後期課程
科目学部名 : 医学研究科
医学研究法Ⅲ
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 博士後期課程
科目学部名 : 医学研究科
医学研究法Ⅲ
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 博士後期課程
科目学部名 : 医学研究科
医学総論
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 博士後期課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : 神経科学、神経生理学、神経回路、感覚、運動、脳、シミュレーション
基本医学研究Ⅰ
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 医学研究科
基本医学研究Ⅱ
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 医学研究科
基本医学研究法Ⅱ
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 医学研究科
基本医学研究法Ⅲ
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 医学研究科
基本医学研究法Ⅲ
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 医学研究科
基本医学総論
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : 神経科学、神経生理学、神経回路、感覚、運動、脳、シミュレーション
基盤医学研究Ⅰ
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 博士後期課程
科目学部名 : 医学研究科
基盤医学研究Ⅱ
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 博士後期課程
科目学部名 : 医学研究科
専門医学研究Ⅰ
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 医学研究科
専門医学研究Ⅱ
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 医学研究科
専門基礎医学Ⅲ
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : 循環、血液、呼吸、筋電図、心電図、脳波
専門基礎医学Ⅲ
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 医学研究科
生理学Ⅱ
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 学士課程
科目学部名 : 医学部
キーワード : 神経生理、筋肉生理、脳神経科学
生理学Ⅲ(神経生理)
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 学士課程
科目学部名 : 医学部
生理学実習
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 学士課程
科目学部名 : 医学部
キーワード : 循環、血液、呼吸、筋電図、心電図、脳波
研究発表技法Ⅰ
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 医学研究科
研究発表技法Ⅰ
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 博士後期課程
科目学部名 : 医学研究科
研究発表技法Ⅱ
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 医学研究科
研究発表技法Ⅱ
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 博士後期課程
科目学部名 : 医学研究科
脳科学入門Ⅲ:脳機能システム
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 大学院共通科目
脳科学研究の展開Ⅰ
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 大学院共通科目
キーワード :  神経回路、生命科学、方法論
脳科学研究の展開Ⅳ
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 大学院共通科目
キーワード : 先端的脳研究、国際性、発表演習
選択実習Ⅰ
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 学士課程
科目学部名 : 医学部
選択実習Ⅱ
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 学士課程
科目学部名 : 医学部
前々年度を全て表示する
主要な担当授業閉じる
医学研究法Ⅱ
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 博士後期課程
科目学部名 : 医学研究科
医学研究法Ⅲ
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 博士後期課程
科目学部名 : 医学研究科
医学総論
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 博士後期課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : 神経科学、神経生理学、神経回路、感覚、運動、脳、シミュレーション
医学総論
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 博士後期課程
科目学部名 : 医学研究科
基本医学研究Ⅰ
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 医学研究科
基本医学研究Ⅱ
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 医学研究科
基本医学研究法Ⅱ
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 医学研究科
基本医学研究法Ⅲ
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 医学研究科
基本医学総論
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : 神経科学、神経生理学、神経回路、感覚、運動、脳、シミュレーション
基盤医学研究Ⅰ
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 博士後期課程
科目学部名 : 医学研究科
基盤医学研究Ⅱ
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 博士後期課程
科目学部名 : 医学研究科
専門医学研究Ⅰ
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 医学研究科
専門医学研究Ⅱ
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 医学研究科
専門基礎医学Ⅲ
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : 循環、血液、呼吸、筋電図、心電図、脳波
専門基礎医学Ⅲ
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : 神経生理、筋肉生理、脳神経科学
生理学Ⅱ
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 学士課程
科目学部名 : 医学部
キーワード : 神経生理、筋肉生理、脳神経科学
生理学Ⅲ(神経生理)
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 学士課程
科目学部名 : 医学部
生理学実習
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 学士課程
科目学部名 : 医学部
キーワード : 循環、血液、呼吸、筋電図、心電図、脳波
研究発表技法Ⅰ
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 医学研究科
研究発表技法Ⅰ
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 博士後期課程
科目学部名 : 医学研究科
研究発表技法Ⅱ
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 医学研究科
研究発表技法Ⅱ
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 博士後期課程
科目学部名 : 医学研究科
脳科学入門Ⅲ:脳機能システム
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 大学院共通科目
脳科学研究の展開Ⅳ
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 大学院共通科目
キーワード : 先端的脳研究、国際性、発表演習

大学運営

学内役職歴

2015年07月
-
2017年06月
評価室室員
2013年07月
-
2015年06月
評価室室員
2011年07月
-
2013年06月
評価室室員
2011年04月
-
2013年03月
研究戦略室室員
学内役職歴を全て表示する
学内役職歴閉じる
2015年07月
-
2017年06月
評価室室員
2013年07月
-
2015年06月
評価室室員
2011年07月
-
2013年06月
評価室室員
2011年04月
-
2013年03月
研究戦略室室員

ページトップへ