大熊 毅オオクマ タケシresearchmap個人ページ

更新日 : 2018/02/15

基本情報

プロフィール

所属部署名
工学研究院 応用化学部門 有機工業化学分野
職名教授 
学位
理学博士(名古屋大学)
理学修士(慶應義塾大学)
メールアドレスohkumaeng.hokudai.ac.jp
ホームページURLhttp://os-cp.eng.hokudai.ac.jp/os/Welcome.html
科研費研究者番号

研究キーワード

デュアル触媒作用, アリルアルコール, 不斉シアノ化, 複合金属触媒, 不飽和ケトン, 不飽和カルボニル化合物, 不斉異性化, Box配位子, 銅錯体, パラジウムナノ粒子, 光環化反応, 速度論分割, 不斉水素化, 光学活性アルコール, ルテニウム錯体, ケトン, エナンチオ選択性, DPEN, DAIPEN, 反応機構, XylBINAP, 生理活性物質, 触媒活性, 単純ケトン類, BINAP, ルテニウム錯体触媒, TolBINAP, DMAPEN, 1,4-ジアミン, シアノヒドリン, アルコール, カルボニル選択性, 1-テトラロン, PICA, 触媒的不斉合成, IPHAN, 金属錯体触媒, LiCl, アルデヒド, ヘテロ原子置換ケトン, 有機金属化学, 合成有機化学

研究分野

複合化学 / 機能物質化学
複合化学 / 合成化学
基礎化学 / 有機化学
研究分野を全て表示する
研究分野閉じる
複合化学 / 機能物質化学
複合化学 / 合成化学
基礎化学 / 有機化学

職歴

2013年04月
-
現在
北海道大学(大学院工学研究院 フロンティア化学教育研究センター)(センター長(兼任))
2009年
-
現在
北海道大学 (大学院工学研究院 有機プロセス工学区部門)(教授)
2016年04月
-
2018年03月
北海道大学(学院長)
2012年06月
-
2013年03月
北海道大学(大学院工学研究院 フロンティア化学教育研究センター)(副センター長(兼任))
2005年
-
2009年
 同大学教授(大学院工学研究科 有機プロセス工学専攻) 教授
2004年
-
2005年
 北海道大学教授 (大学院工学研究科 分子化学専攻) 教授
2002年
-
2004年
 同大学助教授 (物質科学国際研究センター 有機物質合成研究分野) 助教授
1996年
-
2002年
 名古屋大学助教授 (大学院理学研究科 物質理学専攻) 助教授
1992年
-
1996年
 野依分子触媒プロジェクト研究員 (新技術事業団 (現 科学技術振興機構)) 研究員
1991年
-
1992年
 博士研究員 (米国スタンフォード大学) 研究員
職歴を全て表示する
職歴閉じる
2013年04月
-
現在
北海道大学(大学院工学研究院 フロンティア化学教育研究センター)(センター長(兼任))
2009年
-
現在
北海道大学 (大学院工学研究院 有機プロセス工学区部門)(教授)
2016年04月
-
2018年03月
北海道大学(学院長)
2012年06月
-
2013年03月
北海道大学(大学院工学研究院 フロンティア化学教育研究センター)(副センター長(兼任))
2005年
-
2009年
 同大学教授(大学院工学研究科 有機プロセス工学専攻) 教授
2004年
-
2005年
 北海道大学教授 (大学院工学研究科 分子化学専攻) 教授
2002年
-
2004年
 同大学助教授 (物質科学国際研究センター 有機物質合成研究分野) 助教授
1996年
-
2002年
 名古屋大学助教授 (大学院理学研究科 物質理学専攻) 助教授
1992年
-
1996年
 野依分子触媒プロジェクト研究員 (新技術事業団 (現 科学技術振興機構)) 研究員
1991年
-
1992年
 博士研究員 (米国スタンフォード大学) 研究員
1988年
-
1990年
 特別研究員 (日本学術振興会) 研究員

学歴

-
1991年
名古屋大学 理学研究科 博士課程後期課程
-
1987年
慶應義塾大学 理工学研究科
-
1985年
慶應義塾大学 理工学部 化学科
学歴を全て表示する
学歴閉じる
-
1991年
名古屋大学 理学研究科 博士課程後期課程
-
1987年
慶應義塾大学 理工学研究科
-
1985年
慶應義塾大学 理工学部 化学科

所属学協会

アメリカ化学会
日本化学会
有機合成化学協会
所属学協会を全て表示する
所属学協会閉じる
アメリカ化学会
日本化学会
有機合成化学協会

研究活動

論文

キラルテクノロジー:不斉水素化反応
大熊 毅
化学工学 81(12) 666-669 2017年12月
基礎講座:有機合成化学 (2) あの身近な化合物はこうやってつくられた
新井則義,大熊 毅
現代化学 (12) 18-23 2017年12月
Chemoselective Control in the Asymmetric Hydrogenation of γ- and δ-Keto Esters into Hydroxy Esters or Diols
N. Arai, T. Namba, K. Kawaguchi, Y. Matsumoto, T. Ohkuma
Angewandte Chemie International Edition  published-on web 2017年12月
基礎講座:有機合成化学 (1) 有機化学物のつくりかた事始め
新井則義,大熊 毅
現代化学 (11) 17-21 2017年11月
Photochemically Promoted Aza-Diels–Alder-Type Reaction: High Catalytic Activity of the Cr(III)/Bipyridine Complex Enhanced by Visible Light Irradiation
N. Arai, T. Ohkuma
The Journal of Organic Chemistry 82 7628-7636 2017年06月
Double Asymmetric Hydrogenation of Linear β,β-Disubstituted α,β-Unsaturated Ketones into γ-Substituted Secondary Alcohols Using a Dual Catalytic System
N. Arai, H. Satoh, R. Komatsu, T. Ohkuma
Chemistry A European Journal 23 8806-8809 2017年05月
Special Issue Dedicted to Professor Ryoji Noyori on the 15th Anniversary of His Nobel Prize in Chemistry: Introductory Remarks
Takeshi Ohkuma
The Chemical Record 16(6) 2428-2429 2016年12月
Advancement in Catalytic Asymmetric Hydrogenation of Ketones and Imines, and Development of Asymmetric Isomerization of Allylic Alcohols
T. Ohkuma, N. Arai
The Chemical Record 16(6) 2801-2819 2016年08月
Efficient Chemoselective Hydrogenation of Organic Azides Catalyzed by Palladium Nanoparticles with Alkyne-derived Homogeneous Supports
N. Arai, N. Onodera, T. Ohkuma
Tetrahedron Letters 57(37) 4183-4186 2016年08月
光による分子活性化を利用した含ヘテロ多環系骨格構築手法の開発
新井則義, 大熊 毅
有機合成化学協会誌 74(4) 360-371 2016年04月
論文を全て表示する
論文閉じる
キラルテクノロジー:不斉水素化反応
大熊 毅
化学工学 81(12) 666-669 2017年12月
基礎講座:有機合成化学 (2) あの身近な化合物はこうやってつくられた
新井則義,大熊 毅
現代化学 (12) 18-23 2017年12月
Chemoselective Control in the Asymmetric Hydrogenation of γ- and δ-Keto Esters into Hydroxy Esters or Diols
N. Arai, T. Namba, K. Kawaguchi, Y. Matsumoto, T. Ohkuma
Angewandte Chemie International Edition  published-on web 2017年12月
基礎講座:有機合成化学 (1) 有機化学物のつくりかた事始め
新井則義,大熊 毅
現代化学 (11) 17-21 2017年11月
Photochemically Promoted Aza-Diels–Alder-Type Reaction: High Catalytic Activity of the Cr(III)/Bipyridine Complex Enhanced by Visible Light Irradiation
N. Arai, T. Ohkuma
The Journal of Organic Chemistry 82 7628-7636 2017年06月
Double Asymmetric Hydrogenation of Linear β,β-Disubstituted α,β-Unsaturated Ketones into γ-Substituted Secondary Alcohols Using a Dual Catalytic System
N. Arai, H. Satoh, R. Komatsu, T. Ohkuma
Chemistry A European Journal 23 8806-8809 2017年05月
Special Issue Dedicted to Professor Ryoji Noyori on the 15th Anniversary of His Nobel Prize in Chemistry: Introductory Remarks
Takeshi Ohkuma
The Chemical Record 16(6) 2428-2429 2016年12月
Advancement in Catalytic Asymmetric Hydrogenation of Ketones and Imines, and Development of Asymmetric Isomerization of Allylic Alcohols
T. Ohkuma, N. Arai
The Chemical Record 16(6) 2801-2819 2016年08月
Efficient Chemoselective Hydrogenation of Organic Azides Catalyzed by Palladium Nanoparticles with Alkyne-derived Homogeneous Supports
N. Arai, N. Onodera, T. Ohkuma
Tetrahedron Letters 57(37) 4183-4186 2016年08月
光による分子活性化を利用した含ヘテロ多環系骨格構築手法の開発
新井則義, 大熊 毅
有機合成化学協会誌 74(4) 360-371 2016年04月
Catalytic Asymmetric Cyanation Reactions
N. Kurono, T. Ohkuma
ACS Catalysis 6(2) 989-1023 2015年12月
Hydrogenation of Nitroarenes with Palladium Nanoparticles Stabilized by Alkyne Derivatives in Homogeneous Phase
N. Arai, N. Onodera, A. Dekita, J. Hori, T. Ohkuma
Tetrahedron Letters 56 3913-3915 2015年05月
ケトン類およびイミン類の環境調和型不斉水素化触媒の開発と応用
大熊 毅
ファルマシア 51(4) 295-299 2015年04月
Novel Intramolecular Cyclization-Skeletal Reorganization of 2-Arylthiazoles under Photoirradiation
N. Arai, M. Mizota, T. Ohkuma
Heterocycles 90(1) 607-616 2015年04月
Stereoselective Preparation of Spiro[4.4] Cyclic Compounds by the Photochemical Activation of Oxazoles
N. Arai, M. Mizota, T. Ohkuma
Organic Letters 17(1) 86-89 2014年12月
Asymmetric Conjugate Hydrocyanation of α,β-Unsaturated N-Acylpyrroles with the Ru(phgly)2(binap)–CH3OLi Catalyst System.
Y. Sakaguchi, N. Kurono, K. Yamauchi, T. Ohkuma
Organic Letters 16(3) 808-811 2014年01月
Asymmetric Hydrogenation of Quinoxalines, Benzoxazines, and a Benzothiazine Catalyzed by Chiral Ruthenabicyclic Complexes.
N. Arai, Y. Saruwatari, K. Isobe, T. Ohkuma
Advanced Synthesis and Catalysis 355 2769-2774 2013年10月
Asymmetric Hydrogenation of Alkynyl Ketones with the η6-Arene/TsDPEN–Ruthenium(II) Catalyst.
N. Arai, H. Satoh, N. Utsumi, K. Murata, K. Tsutsumi, T. Ohkuma
Organic Letters 15(12) 3030-3033 2013年06月
Enantioselective Isomerization of Primary Allylic Alcohols into Chiral Aldehydes with the tol-binap/dbapen/Ruthenium(II) Catalyst.
N. Arai, K. Sato, K. Azuma, T. Ohkuma
Angewandte Chemie International Edition 52(29) 7500-7504 2013年06月
Synthesis of 8-Oxoberbines and Related Benzolactams by Pd(OAc)2-Catalyzed Direct Aromatic Carbonylation.
M. Miyazawa, T. Tokuhashi, A. Horibata, T. Nakamura, Y. Onozaki, N. Kurono, H. Senboku, M. Tokuda, T. Ohkuma, K. Orito
Journal of Heterocyclic Chemistry 50 E48-E54 2013年04月
Preparation of Diastereomerically Pure and Mixed (S)-PhGly/BIPHEP/Ru(II) Complexes and Their Catalytic Behavior with Li2CO3 in Asymmetric Cyanosilylation of Benzaldehyde.
N. Kurono, T. Katayama, T. Ohkuma
Bulletin of the Chemical Society of Japan 86(5) 577-582 2013年03月
ルテナビシクロ錯体触媒を用いたキノキサリン類の不斉水素化反応
新井則義, 猿渡佑, 磯部孝太郎, 大熊毅
万有生命科学振興国際交流財団札幌シンポジウム 24th 45 2012年07月
Enantioselective Cyanosilylation of Ketones with Amino Acid/BINAP/Ruthenium(II)-Lithium Phenoxide Catalyst Systems.
Uemura M, Kurono N, Sakai Y, Ohkuma T
Advanced Synthesis and Catalysis 354(10) 2023-2030 2012年07月
Asymmetric Cyanation with the Chiral Ru–Li Combined Catalysts.
Takeshi Ohkuma, Nobuhito Kurono
Synlett 23(13) 1865-1881 2012年07月
Asymmetric Hydrogenation of N-Arylimines Catalyzed by the Xyl-Skewphos/DPEN–Ruthenium(II) Complex.
Arai N, Utsumi N, Matsumoto Y, Murata K, Tsutsumi K, Ohkuma, T
Advanced Synthesis and Catalysis 354 2089-2095 2012年07月
Synthesis of a 3-Arylisoquinoline Alkajoid, Decumbenine B.
Kumazawa E, Tokuhashi T, Horibata A, Kurono N, Senboku H, Tokuda M, Ohkuma T, Orito K
European Journal of Organic Chemistry  4622-4633 2012年07月
Design of molecular catalysts for achievement of high turnover number in homogeneous hydrogenation.
Arai N, Ohkuma T
Chemical record (New York, N.Y.) 12(2) 284-289 2012年04月
新規なルテナビシクロ錯体触媒(RUCY)によるケトン類の高速かつ高選択的不斉水素化反応
松村和彦, 新井則義, 堀清人, 齊藤隆夫, 佐用昇, 大熊毅
日本化学会講演予稿集 92nd(2) 342 2012年03月
α‐アリールチオフェン類の新規分子内光環化反応
新井則義, 田中皓一郎, 大熊毅
日本化学会講演予稿集 92nd(4) 1243 2012年03月
ルテニウム錯体触媒によるN‐アリールイミン類の不斉水素化反応
内海典之, 新井則義, 松本祐樹, 村田邦彦, 堤邦彦, 大熊毅
日本化学会講演予稿集 92nd(4) 1463 2012年03月
飽和複素環ケトン類の不斉水素化:触媒制御によるジアステレオ選択
明石真也, 新井則義, 井上勉, 大熊毅
日本化学会講演予稿集 92nd(4) 1463 2012年03月
ルテニウム/リチウム複合錯体触媒を用いるアルジミン類の不斉ヒドロシアノ化反応
植村真人, 黒野暢仁, 大熊毅
日本化学会講演予稿集 92nd(4) 1381 2012年03月
Novel intramolecular photocyclization of α-arylthiophene derivatives.
Arai N, Tanaka K, Ohkuma T
Organic letters 14 1488-1491 2012年03月
Enantioselective hydrocyanation of N-protected aldimines.
Uemura M, Kurono N, Ohkuma T
Organic letters 14 882-885 2012年02月
Kinetic resolution of racemic α-tert-alkyl-α-hydroxy esters by enantiomer-selective carbamoylation.
Kurono N, Ohtsuga K, Wakabayashi M, Kondo T, Ooka H, Ohkuma T
The Journal of organic chemistry 76(24) 10312-10318 2011年12月
ルテニウム錯体/C6H5OLi触媒系を用いるα,β‐不飽和ケトン類の不斉共役シアノ化反応
坂口祐亮, 新居紀之, 黒野暢仁, 大熊毅
万有生命科学振興国際交流財団札幌シンポジウム 23rd 54 2011年07月
ルテニウム錯体/C6H5OLi触媒系を用いるα,β‐不飽和ケトン類の不斉共役シアノ化反応
坂口祐亮, 新居紀之, 黒野暢仁, 大熊毅
日本化学会北海道支部夏季研究発表会講演要旨集 2011 15 2011年07月
Chiral ruthenabicyclic complexes: precatalysts for rapid, enantioselective, and wide-scope hydrogenation of ketones.
Matsumura K, Arai N, Hori K, Saito T, Sayo N, Ohkuma T
Journal of the American Chemical Society 133(28) 10696-10699 2011年07月
Asymmetric hydrocyanation of α,β-unsaturated ketones into β-cyano ketones with the [Ru(phgly)2(binap)]/C6H5OLi catalyst system.
Kurono N, Nii N, Sakaguchi Y, Uemura M, Ohkuma T
Angewandte Chemie (International ed. in English) 50(24) 5541-5544 2011年06月
BINAP/IPHAN‐Ru(II)錯体触媒によるビシクロケトン類の不斉水素化反応
新井則義, 明石真也, 杉崎聡, 大岡浩仁, 井上勉, 大熊毅
日本化学会講演予稿集 91st(4) 1256 2011年03月
ルテニウム錯体/C6H5OLi触媒系を用いるα,β‐不飽和ケトン類の不斉共役シアノ化反応
坂口祐亮, 新居紀之, 黒野暢仁, 大熊毅
日本化学会講演予稿集 91st(4) 1286 2011年03月
Cu(I)触媒による逆電子要請分子内イミニウムエン反応を用いた4‐アミノ‐3‐メチレンクロマン類の簡便合成
新井則義, 大熊毅
日本化学会講演予稿集 91st(4) 1203 2011年03月
ルテニウム‐リチウム複合錯体を用いるアルデヒド類の不斉ヒドロシアノ化反応
黒野暢仁, 吉川達也, 山崎幹緒, 大熊毅
日本化学会講演予稿集 91st(4) 1286 2011年03月
Enantioselective hydrocyanation of aldehydes catalyzed by [Li{Ru(phgly)2(binap)}]X (X = Cl, Br).
Kurono N, Yoshikawa T, Yamasaki M, Ohkuma T
Organic letters 13(5) 1254-1257 2011年03月
Kinetic Resolution of Racemic α-tert-Alkyl-α-hydroxy Esters by Enantiomer-Selective Carbamoylation
KURONO Nobuhito, OHTSUGA Kentaro, WAKABAYASHI Masanori, KONDO Tadahiro, OOKA Hirohito, OHKUMA Takeshi
The Journal of Organic Chemistry 76(24) 10312-10318 2011年
Catalyst-Controlled Diastereoselection in the Hydrogenation of Heterocycloalkyl Ketones
AKASHI Masaya, ARAI Noriyoshi, INOUE Tsutomu, OHKUMA Takeshi
Advanced Synthesis & Catalysis 353(11/12) 1955-1960 2011年
Chiral Ruthenabicyclic Complexes: Precatalysts for Rapid, Enantioselective, and Wide-Scope Hydrogenation of Ketones
MATSUMURA Kazuhiko, MATSUMURA Kazuhiko, ARAI Noriyoshi, HORI Kiyoto, SAITO Takao, SAYO Noboru, OHKUMA Takeshi
Journal of the American Chemical Society 133(28) 10696-10699 2011年
Asymmetric Hydrocyanation of α,β-Unsaturated Ketones into β-Cyano Ketones with the [Ru(phgly)2(binap)]/C6H5OLi Catalyst System
KURONO Nobuhito, NII Noriyuki, SAKAGUCHI Yusuke, UEMURA Masato, OHKUMA Takeshi
Angewandte Chemie, International Edition 50(24) 5541-5544 2011年
Enantioselective Hydrocyanation of Aldehydes Catalyzed by [Li{Ru(phgly)2(binap)}]X (X = Cl, Br)
KURONO Nobuhito, YOSHIKAWA Tatsuya, YAMASAKI Mikio, OHKUMA Takeshi
Organic Letters 13(5) 1254-1257 2011年
Intramolecular Iminium Ene Reaction with Cu(I) Catalysts: Facile Formation of 4-Amino-3-methylenechromans from O-Propargyl Salicylaldehydes and Dialkylamines
ARAI Noriyoshi, OHKUMA Takeshi
Tetrahedron 67(9) 1617-1622 2011年
Asymmetric hydrogenation of bicyclic ketones catalyzed by BINAP/IPHAN-Ru(II) complex.
Arai N, Akashi M, Sugizaki S, Ooka H, Inoue T, Ohkuma T
Organic letters 12(15) 3380-3383 2010年08月
フランと単純アルケンとの分子内光環化反応
新井則義, 田中皓一朗, 大熊毅
万有生命科学振興国際交流財団札幌シンポジウム 22nd 51 2010年07月
Chiral eta(6)-arene/N-tosylethylenediamine-ruthenium(II) complexes: solution behavior and catalytic activity for asymmetric hydrogenation.
Sandoval CA, Bie F, Matsuoka A, Yamaguchi Y, Naka H, Li Y, Kato K, Utsumi N, Tsutsumi K, Ohkuma T, Murata K, Noyori R
Chemistry, an Asian journal 5(4) 806-816 2010年04月
Xylskewphos/PICA‐ルテニウム錯体を触媒に用いる実用的な3‐キヌクリジノンの不斉水素化反応
堤邦彦, 大熊毅, 片山武昭, 内海典之, 村田邦彦, 新井則義, 黒野暢仁
日本化学会講演予稿集 90th(4) 1221 2010年03月
Ru(phgly)2(binap)錯体を用いるα‐ケトエステル類の不斉シアノシリル化反応
黒野暢仁, 植村真人, 大熊毅
日本化学会講演予稿集 90th(4) 1221 2010年03月
フランと単純アルケンとの光増感分子内環化反応
新井則義, 田中皓一朗, 大熊毅
日本化学会講演予稿集 90th(4) 1281 2010年03月
パラジウムナノ粒子‐テトラブチルアンモニウムボロヒドリド触媒系によるアルキン類の高活性かつ高選択的な部分水素化反応
堀順一, 村田邦彦, 菅井俊樹, 篠原久典, 野依良治, 新井則義, 黒野暢仁, 大熊毅
日本化学会講演予稿集 90th(4) 1350 2010年03月
MsDPEN‐Cp*イリジウム錯体触媒を用いる芳香族複素環状ケトン類の不斉水素化反応
内海典之, 大熊毅, 堤邦彦, 渡辺正人, 村田邦彦, 新井則義, 黒野暢仁
日本化学会講演予稿集 90th(4) 1215 2010年03月
Asymmetric Hydrogenation of Bicyclic Ketones Catalyzed by BINAP/IPHAN–Ru(II) Complex
ARAI Noriyoshi, AKASHI Masaya, SUGIZAKI Satoshi, OOKA Hirohito, OOKA Hirohito, INOUE Tsutomu, OHKUMA Takeshi
Organic Letters 12(15) 3380-3383 2010年
η6-Arene/N-Tosylethylenediamine–Ruthenium(II) Complzes: Solution Behavior and Catalytic Activity for Asymmetric Hydrogenation
Chemistry An Asian Journal 5(4/5) 806-816 2010年
Asymmetric Hydrogenation of Ketones; Tactics to Achieve High Reactivity, Enantioselectivity, and Wide Scope
Proceedings of the Japan Academy, Series B 86(3) 202-219 2010年
Asymmetric Cyanosilylation of α-Keto Esters Catalyzed by the [Ru(phgly)2(binap)]–C6H5OLi System
KURONO Nobuhito, UEMURA Masato, OHKUMA Takeshi
European Journal of Organic Chemistry 2010(8) 1455-1459 2010年
Photosensitized Intramolecular Cyclization of Furan and Non-activated Alkene: Pathway Switching by the Substituent on the Furan Ring
ARAI Noriyoshi, TANAKA Koichiro, OHKUMA Takeshi
Tetrahedron Letters 51(9) 1273-1275 2010年
Asymmetric hydrogenation of ketones: tactics to achieve high reactivity, enantioselectivity, and wide scope.
Ohkuma T
Proceedings of the Japan Academy. Series B, Physical and biological sciences 86(3) 202-219 2010年
Ru錯体触媒によるケトン類の不斉水素化反応
大熊 毅
觸媒 = Catalyst 51(8) 577-582 2009年12月
未来を拓く金属錯体 Ru錯体触媒によるケトン類の不斉水素化反応
大熊毅
触媒 51(8) 577-582 2009年12月
BINAP/DMAPEN—Ru(II)錯体触媒を用いるカルコン類の不斉水素化反応
新井則義, 東慶太, 新居紀之, 大熊毅
万有生命科学振興国際交流財団札幌シンポジウム 21st 45 2009年07月
銅触媒によるラセミ体α‐ヒドロキシエステル類の速度論分割の研究
黒野暢仁, 大津賀健太郎, 若林真徳, 近藤忠弘, 大岡浩仁, 大熊毅
日本化学会北海道支部夏季研究発表会講演要旨集 2009 8 2009年06月
フランと単純アルケンとの光増感Diels‐Alder反応の開発研究
新井則義, 田中皓一朗, 大熊毅
日本化学会北海道支部夏季研究発表会講演要旨集 2009 20 2009年06月
ルテニウム錯体を用いるアルデヒド類の不斉シアノシリル化反応
植村真人, 新井健太, 黒野暢仁, 大熊毅
万有生命科学振興国際交流財団福岡シンポジウム 19th 40 2009年05月
Ru錯体触媒によるケトン類の不斉水素化反応
触媒 51(8) 577-582 2009年
Highly Active and Selective Semihydrogenation of Alkynes with the Palladium Nanoparticles-Tetrabutylammonium Borohydride Catalyst System
HORI Junichi, MURATA Kunihiko, SUGAI Toshiki, SHINOHARA Hisanori, NOYORI Ryoji, ARAI Noriyoshi, KURONO Nobuhito, OHKUMA Takeshi
Advanced Synthesis & Catalysis 351(18) 3143-3149 2009年
Asymmetric Hydrogenation of Aromatic Heterocyclic Ketones Catalyzed by the MsDPEN–Cp*Ir(III) Complex
UTSUMI Noriyuki, TSUTSUMI Kunihiko, WATANABE Masahiko, MURATA Kunihiko, ARAI Noriyoshi, KURONO Nobuhito, OHKUMA Takeshi
HETEROCYCLES 80(1) 141-147 2009年
Practical Asymmetric Hydrogenation of 3-Quinuclidinone Catalyzed by the XylSkewphos/PICA–Ruthenium(II) Complex.
TSUTSUMI Kunihiko, KATAYAMA Takeaki, UTSUMI Noriyuki, MURATA Kunihiko, ARAI Noriyoshi, KURONO Nobuhito, OHKUMA Takeshi
Organic Process Research & Development 13(3) 625-628 2009年
不飽和化合物の不斉還元—目的に応じた反応と試薬の選び方—
大熊毅
有機合成化学講習会テキスト 2009 61-71 2009年
Asymmetric hydrogenation of aromatic ketones catalyzed by the TolBINAP/DMAPEN-ruthenium(II) complex: a significant effect of N-substituents of chiral 1,2-diamine ligands on enantioselectivity.
Ooka H, Arai N, Azuma K, Kurono N, Ohkuma T
The Journal of organic chemistry 73(22) 9084-9093 2008年11月
Enantiomer-selective carbamoylation of racemic alpha-hydroxy gamma-lactones with chiral Cu(II) Catalysts: an example of a highly active Lewis acid catalyzed reaction.
Kurono N, Kondo T, Wakabayashi M, Ooka H, Inoue T, Tachikawa H, Ohkuma T
Chemistry, an Asian journal 3 1289-1297 2008年09月
銅触媒によるα‐ヒドロキシラクトン類のエナンチオマー選択的カーバメート化反応
若林真徳, 近藤忠弘, 大岡浩仁, 田地川浩人, 黒野暢仁, 大熊毅
日本化学会北海道支部研究発表会講演要旨集 2008 34 2008年07月
ルテニウム錯体を用いるアルデヒド類の不斉シアノシリル化反応
植村真人, 新井健太, 黒野暢仁, 大熊毅
日本化学会北海道支部研究発表会講演要旨集 2008 33 2008年07月
ルテニウム錯体を用いるアルデヒド類の不斉シアノシリル化反応
植村真人, 新井健太, 黒野暢仁, 大熊毅
万有生命科学振興国際交流財団札幌シンポジウム 20th 56 2008年07月
MsDPEN‐Cp*イリジウム錯体触媒を用いるα‐ヒドロキシケトン類の不斉水素化反応
大熊毅, 内海典之, 渡辺正人, 堤邦彦, 新井則義, 村田邦彦
日本化学会講演予稿集 88th(2) 1158 2008年03月
銅触媒によるラセミ体α‐ヒドロキシエステル類の速度論分割の研究
近藤忠弘, 大岡浩仁, 黒野暢仁, 大熊毅
日本化学会講演予稿集 88th(2) 1269 2008年03月
ルテニウム錯体を用いるアルデヒド類の不斉シアノシリル化反応
黒野暢仁, 新井健太, 植村真人, 大熊毅
日本化学会講演予稿集 88th(2) 1264 2008年03月
TolBINAP/ジアミン‐ルテニウム(II)錯体を用いるアシルシラン類の触媒的不斉水素化反応
新井則義, 鈴木賢, 杉崎聡, 反町尋子, 大熊毅
日本化学会講演予稿集 88th(2) 1108 2008年03月
TolBINAP/ジアミン‐ルテニウム(II)錯体を用いるカルコン類の触媒的不斉水素化
新井則義, 東慶太, 新居紀之, 大熊毅
日本化学会講演予稿集 88th(2) 1107 2008年03月
銅触媒によるα‐ヒドロキシラクトン類のエナンチオマー選択的カーバメート化反応
若林真徳, 近藤忠弘, 大岡浩仁, 田地川浩人, 黒野暢仁, 大熊毅
日本化学会講演予稿集 88th(2) 1268 2008年03月
Asymmetric Hydrogenation of Aromatic Ketones Catalyzed by the TolBINAP/DMAPEN–Ruthenium(II) Complex: A Significant Effect of N-Substituents of Chiral 1,2-Diamine Ligands on Enantioselectivity
OOKA Hirohito, ARAI Noriyoshi, AZUMA Keita, KURONO Nobuhito, OHKUMA Takeshi
The Journal of Organic Chemistry 73(22) 9084-9093 2008年
Highly Enantioselective Hydrogenation of Aryl Vinyl Ketones to Allylic Alcohols Catalyzed by the Tol-Binap/Dmapen Ruthenium(II) Complex
ARAI Noriyoshi, AZUMA Keita, NII Noriyuki, OHKUMA Takeshi
Angewandte Chemie, International Edition 47(39) 7457-7460 2008年
[Ru(phgly)2(binap)]–Li2CO3: A Highly Active, Robust, and Enantioselective Catalyst for Cyanosilylation of Aldehydes
KURONO Nobuhito, ARAI Kenta, UEMURA Masato, OHKUMA Takeshi
Angewandte Chemie, International Edition 47(35) 6643-6646 2008年
Enantiomer-Selective Carbamoylation of Racemic α-Hydroxy γ-Lactones with Chiral Cu(II) Catalysis: An Example of A Highly Active Lewis-Acid Catalyzed Reaction
Chemistry-An Asian Journal 3(8-9) 1289-1297 2008年
Asymmetric Hydrogenation of Aromatic, Aliphatic, and α,β-Unsaturated Acyl Silanes Catalyzed by Tol-binap/Pica Ruthenium(II) Complexes: Practical Synthesis of Optically Active α-Hydroxysilanes
ARAI Noriyoshi, SUZUKI Ken, SUGIZAKI Satoshi, SORIMACHI Hiroko, OHKUMA Takeshi
Angewandte Chemie, International Edition 47(9) 1770-1773 2008年
TolBINAP/ジアミン‐ルテニウム(II)錯体を用いるカルコン類の触媒的不斉水素化
新井則義, 東慶太, 新居紀之, 大熊毅
有機合成シンポジウム講演要旨集 94th 98-99 2008年
分子集合体型錯体触媒を用いるケトン類およびイミン類の不斉水素化 平成18‐19年度
大熊毅
分子集合体型錯体触媒を用いるケトン類およびイミン類の不斉水素化 平成18−19年度 No.18350046  241P 2008年
Asymmetric hydrogenation of aromatic, aliphatic, and alpha,beta-unsaturated acyl silanes catalyzed by Tol-binap/Pica ruthenium(II) complexes: practical synthesis of optically active alpha-hydroxysilanes.
Arai N, Suzuki K, Sugizaki S, Sorimachi H, Ohkuma T
Angewandte Chemie (International ed. in English) 47(9) 1770-1773 2008年
[Ru(phgly)2(binap)]/Li2CO3: a highly active, robust, and enantioselective catalyst for the cyanosilylation of aldehydes.
Kurono N, Arai K, Uemura M, Ohkuma T
Angewandte Chemie (International ed. in English) 47(35) 6643-6646 2008年
Highly enantioselective hydrogenation of aryl vinyl ketones to allylic alcohols catalyzed by the tol-binap/dmapen ruthenium(II) complex.
Arai N, Azuma K, Nii N, Ohkuma T
Angewandte Chemie (International ed. in English) 47(39) 7457-7460 2008年
On the synthesis of protopine alkaloids.
Wada Y, Kaga H, Uchiito S, Kumazawa E, Tomiki M, Onozaki Y, Kurono N, Tokuda M, Ohkuma T, Orito K
The Journal of organic chemistry 72(19) 7301-7306 2007年09月
α位分枝芳香族ケトン類の不斉水素化
新井則義, 大岡浩仁, 大岡浩仁, 東慶太, 薮内俊夫, 井上勉, 大熊毅
万有生命科学振興国際交流財団札幌シンポジウム 19th 38 2007年07月
水素結合を活用したキラル有機触媒
黒野暢仁, 大熊毅
化学 62(6) 66-67 2007年06月
Asymmetric hydrogenation of alpha-hydroxy ketones catalyzed by MsDPEN-Cp*Ir(III) complex.
Ohkuma T, Utsumi N, Watanabe M, Tsutsumi K, Arai N, Murata K
Organic letters 9(13) 2565-2567 2007年06月
α位分枝芳香族ケトン類の不斉水素化
新井則義, 大岡浩仁, 東慶太, 薮内俊夫, 井上勉, 大熊毅
日本化学会講演予稿集 87th(2) 1002 2007年03月
光学活性ルテニウム錯体触媒によるα‐クロロアセトフェノン類の不斉水素化反応
堤邦彦, 大熊毅, 内海典之, 新井則義, 野依良治, 村田邦彦
日本化学会講演予稿集 87th(2) 1002 2007年03月
η6‐アレーン/TsDPEN‐ルテニウム錯体触媒を用いるケトン類の不斉水素化:光学活性4‐クロマノールの合成
内海典之, 大熊毅, 堤邦彦, 村田邦彦, SANDOVAL C. A., 野依良治, 野依良治
日本化学会講演予稿集 87th(2) 1002 2007年03月
General asymmetric hydrogenation of alpha-branched aromatic ketones catalyzed by TolBINAP/DMAPEN-ruthenium(II) complex.
Arai N, Ooka H, Azuma K, Yabuuchi T, Kurono N, Inoue T, Ohkuma T
Organic letters 9(5) 939-941 2007年03月
Asymmetric hydrogenation of alpha-chloro aromatic ketones catalyzed by eta6-arene/TsDPEN-ruthenium(II) complexes.
Ohkuma T, Tsutsumi K, Utsumi N, Arai N, Noyori R, Murata K
Organic letters 9(2) 255-257 2007年01月
Asymmetric Hydrogenation of α-Chloro Aromatic Ketones Catalyzed by η6-Arene/TsDPEN-Ruthenium(II) Complexes
OHKUMA Takeshi, TSUTSUMI Kunihiko, UTSUMI Noriyuki, ARAI Noriyoshi, NOYORI Ryoji, MURATA Kunihiko
Organic Letters 9(2) 255-257 2007年
General Asymmetric Hydrogenation of alpha-Branched Aromatic Ketones Catalyzed by TolBINAP/DMAPEN-Ruthenium(II) Complex
ARAI Noriyoshi, OOKA Hirohito, OOKA Hirohito, AZUMA Keita, YABUUCHI Toshio, KURONO Nobuhito, INOUE Tsutomu, OHKUMA Takeshi
Organic Letters 9(5) 939-941 2007年
Tailor-made Catalysts for Asymmetric Hydrogenation of Ketones
OHKUMA Takeshi
Journal of Synthetic Organic Chemistry Japan 65(11) 1070-1080 2007年
On the Synthesis of Protopine Alkaloids
WADA Yasuhiro, KAGA Harumi, UCHIITO Shiho, KUMAZAWA Eri, TOMIKI Miho, ONOZAKI Yu, KURONO Nobuhito, TOKUDA Masao, OHKUMA Takeshi, ORITO Kazuhiko
The Journal of Organic Chemistry 72(19) 7301-7306 2007年
Synthesis of a 3-Arylisoquinoline Alkajoid, Decumbenine B
WADA Yasuhiro, NISHIDA Naoto, KURONO Nobuhito, OHKUMA Takashi, ORITO Kazuhiko
Europian Journal of Organic Chemistry 2007(26) 4320-4327 2007年
Asymmetric Hydrogenation of α-Hydroxy Ketones Catalyzed by MsDPEN–Cp*Ir(III) Complex
OHKUMA Takeshi, UTSUMI Noriyuki, WATANABE Masahito, TSUTSUMI Kunihiko, ARAI Noriyoshi, MURATA Kunihiko
Organic Letters 9(13) 2565-2567 2007年
The hydrogenation/transfer hydrogenation network: asymmetric hydrogenation of ketones with chiral eta6-arene/N-Tosylethylenediamine-ruthenium(II) catalysts.
Ohkuma T, Utsumi N, Tsutsumi K, Murata K, Sandoval C, Noyori R
Journal of the American Chemical Society 128(27) 8724-8725 2006年07月
Mechanism of asymmetric hydrogenation of acetophenone catalyzed by chiral eta(6)-arene-N-tosylethylenediamine-ruthenium(II) complexes.
Sandoval CA, Ohkuma T, Utsumi N, Tsutsumi K, Murata K, Noyori R
Chemistry, an Asian journal 1 102-110 2006年07月
Solution structures and behavior of trans-RuH(eta(1)-BH(4)) (binap)(1,2-diamine) complexes.
Sandoval CA, Yamaguchi Y, Ohkuma T, Kato K, Noyori R
Magnetic resonance in chemistry : MRC 44 66-75 2006年01月
Solution Structure and Behavior of trans-RuH(η1-BH4)(binap)(1,2-diamine) Complexes
Magnetic Resonance in Chemistry 44 66-75 2006年
The Hydrogenation/Transfer Hydrogenation Network: Asymmetric Hydrogenation of Ketones with Chiral η6-Arene/N-Tosylethylenediamine-Ruthenium(II) Catalysts
OHKUMA Takeshi, UTSUMI Noriyuki, TSUTSUMI Kunihiko, MURATA Kunihiko, SANDOVAL Christian, NOYORI Ryoji
Journal of the American Chemical Society 128(27) 8724-8725 2006年
Mechanism of Asymmetric Hydrogenation of Acetophenone Catalyzed by Chiral η6-Arene-N-Tosylethylenediamine-Ruthenium(II) Complexes
Chemistry-An Asian Journal (1-2) 102-110 2006年
Cyanosilylation of Hetero-Substituted Ketones Catalyzed by LiCl
Letters in Organic Chemistry 3 275-277 2006年
Lithium chloride: an active and simple catalyst for cyanosilylation of aldehydes and ketones.
Kurono N, Yamaguchi M, Suzuki K, Ohkuma T
The Journal of organic chemistry 70(16) 6530-6532 2005年08月
Asymmetric hydrogenation of tert-alkyl ketones.
Ohkuma T, Sandoval CA, Srinivasan R, Lin Q, Wei Y, Muñiz K, Noyori R
Journal of the American Chemical Society 127(23) 8288-8289 2005年06月
Metal-ligand bifunctional catalysis for asymmetric hydrogenation.
Noyori R, Sandoval CA, Muñiz K, Ohkuma T
Philosophical transactions. Series A, Mathematical, physical, and engineering sciences 363(1829) 901-912 2005年04月
一重項酸素を用いた環拡大反応によるdibenz[c,g]azecine環の構築
和田康弘, 富木美保, 徳田昌生, 大熊毅, 折登一彦
日本化学会講演予稿集 85th(2) 937 2005年03月
ジベンヅインドリジン環合成における閉環反応
和田康弘, 西田直人, 徳田昌生, 大熊毅, 折登一彦
日本化学会講演予稿集 85th(2) 937 2005年03月
Metal-Ligand Bifunctional Catalysis for Asymmetric Hydrogenation
NOYORI Ryoji, SANDOVAL Christian A., MUNIZ Kilian, OHKUMA Takeshi
Philosophical Transactions of the Royal Society A 363(1829) 901-912 2005年
Lithium Chloride: An Active and Simple Catalyst for Cyanosilylation of Aldehydes and Ketones
KURONO Nobuhito, YAMAGUCHI Masayo, SUZUKI Ken, OHKUMA Takeshi
The Journal of Organic Chemistry 70(16) 6530-6532 2005年
Asymmetric Hydrogenation of tert-Alkyl Ketones
OHKUMA Takeshi, SANDOVAL Christian A., SANDOVAL Christian A., SRINIVASAN Rajagopal, LIN Quinghong, WEI Yinmao, MUNIZ Kilian, NOYORI Ryoji
Journal of the American Chemical Society 127(23) 8288-8289 2005年
Pd(OAc)2を用いる芳香族化合物の直接カルボニル化.ベンゾ[c]フェナントリジンアルカロイドの合成
熊沢江梨, 徳橋隆志, 堀端顕義, 大熊毅, 徳田昌生, 折登一彦
複素環化学討論会講演要旨集 34th 229-230 2004年11月
アミニルラジカルを用いた立体選択的および効率的環化反応
三上純也, 長谷川輝, 黒野暢仁, 大熊毅, 折登一彦, 徳田昌生
複素環化学討論会講演要旨集 34th 231-232 2004年11月
BINAP/1,4-diamine-ruthenium(II) complexes for efficient asymmetric hydrogenation of 1-tetralones and analogues.
Ohkuma T, Hattori T, Ooka H, Inoue T, Noyori R
Organic letters 6(16) 2681-2683 2004年08月
Toward efficient asymmetric hydrogenation: architectural and functional engineering of chiral molecular catalysts.
Noyori R, Kitamura M, Ohkuma T
Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America 101(15) 5356-5362 2004年04月
Toward Efficient Asymmetric Hydrogenation: Architectural and Functional Engineering of Chiral Molecular Catalysts
NOYORI R, KITAMURA M, OHKUMA T
Proceedings of the National Academy of Science of the United States of America 101(15) 5356-5362 2004年
Asymmetric Hydrogenation of 2-Arylated Cycloalkanones through Dynamic Kinetic Resolution
Synlett (8) 1383-1386 2004年
BINAP/1,4-Diamine-Ruthenium(II) Complexes for Efficient Asymmetric Hydrogenation of 1-Tetralones and Analogues
OHKUMA T, HATTORI T, OOKA H, INOUE T, NOYORI R
Organic Letters 6(16) 2681-2683 2004年
未解明生物現象を司る鍵化学物質 生理機能を有する光学活性アルコール類の合成
大熊毅
未解明生物現象を司る鍵化学物質 平成11−14年度 No.11175101  260-263 2004年
CFTAエステルのNMR測定によるキラルアルコール類の絶対配置決定法
藤沢英仁, 藤原朋也, 竹内義雄, 大熊毅, 野依良治
フッ素化学討論会講演要旨集 27th 24-25 2003年11月
Mechanism of asymmetric hydrogenation of ketones catalyzed by BINAP/1,2-diamine-rutheniumII complexes.
Sandoval CA, Ohkuma T, Muñiz K, Noyori R
Journal of the American Chemical Society 125 13490 2003年11月
Mechanism of Asymmetyric Hydrogenation of Ketones Catalyzed by BINAP/1,2-Diamine-Ruthenium(II) Complexes
SANDOVAL C A, OHKUMA T, MUNIZ K, NOYORI R
Journal of the American Chemical Society 125(44) 13490-13503 2003年
trans-RuH(eta1-BH4)(binap)(1,2-diamine): a catalyst for asymmetric hydrogenation of simple ketones under base-free conditions.
Ohkuma T, Koizumi M, Muñiz K, Hilt G, Kabuto C, Noyori R
Journal of the American Chemical Society 124(23) 6508-6509 2002年06月
有機金属化学の新展開 ケトン類の高速かつ高立体選択的水素化反応
大熊毅
化学工業 52(12) 951-957 2001年12月
ケトン類の高速かつ高立体選択的水素化反応 (特集 有機金属化学の新展開)
大熊 毅
化学工業 52(12) 951-957 2001年12月
ケトン類の高速かつ高立体選択的水素化反応
大熊毅
日本化学会講演予稿集 80th 34 2001年09月
単純ケトン類の水素化触媒の開拓 : ユニークな触媒はユニークな発想から生まれる
大熊 毅
有機合成化学協会誌 : JOURNAL OF Synthetic Organic Chemistry JAPAN 59(5) 446-447 2001年05月
単純ケトン類の水素化触媒の開拓 ユニークな触媒はユニークな発想から生まれる
大熊毅
有機合成化学協会誌 59(5) 446-447 2001年05月
複素環を有するケトン類の一般的不斉水素化
大熊毅, 小泉昌稔, 吉田誠, 野依良治
日本化学会講演予稿集 79th(2) 1201 2001年03月
光学活性ルテニウム錯体触媒を用いるアミノおよびアルコキシケトン類の不斉水素化
大熊毅, 石井大, 武野泰士, 野依良治
日本化学会講演予稿集 79th(2) 1201 2001年03月
光学活性ルテニウム錯体触媒を用いるα‐エチルスチレン類の不斉水素化
FORMAN G S, 大熊毅, HEMS W P, 野依良治
日本化学会講演予稿集 79th(2) 1201 2001年03月
Asymmetric Catalysis by Architectural and Functional Molecular Engineering: Practical Chemo- and Stereoselective Hydrogenation of Ketones.
Noyori R, Ohkuma T
Angewandte Chemie (International ed. in English) 40(1) 40-73 2001年01月
trans‐RuCl2(xylbinap)(daipen)を用いるベンゾフェノン類のエナンチオ選択的水素化
大熊毅, 小泉昌稔, 池平秀行, 横沢亨, 野依良治
日本化学会講演予稿集 78th(2) 1043 2000年03月
単純ケトン類の不斉水素化反応
大熊毅
日本化学会講演予稿集 77th 155 1999年09月
単純ケトン類の高速かつ高立体選択的水素化反応
大熊 毅
有機合成化学協会誌 57(8) 667-676 1999年08月
単純ケトン類の水素化反応 高活性と高立体選択性をめざして
大熊毅
万有製薬株式会社札幌シンポジウム要旨集 11th 1-6 1999年07月
最も回転効率の高い分子触媒
大熊毅
別冊化学 1999 111-115 1999年05月
trans‐RuCl2(xylbinap)(1,2‐diamine)を触媒前駆体に用いるα,β‐不飽和ケトン類の不斉水素化
大熊毅, 小泉昌稔, DOUCET H, PHAM T, 小沢征巳, 村田邦彦, 片山栄治, 横沢亨, 野依良治
日本化学会講演予稿集 76th(2) 899 1999年03月
trans‐RuCl2(xylbinap)(1,2‐diamine)を用いる芳香族ケトン類の高選択的不斉水素化
大熊毅, 小泉昌稔, DOUCET H, PHAM T, 小沢征巳, 村田邦彦, 片山栄治, 横沢亨, 野依良治
日本化学会講演予稿集 76th(2) 898 1999年03月
単純ケトン類の立体選択的水素化反応
大熊毅
日本化学会講演予稿集 76th(2) 969 1999年03月
単純ケトン類の立体選択的水素化反応
大熊 毅
ファルマシア 34(11) 1095-1099 1998年11月
環境にやさしい化学 単純ケトン類の立体選択的水素化反応
大熊毅
ファルマシア 34(11) 1095-1099 1998年11月
trans‐RuCl2(1,2‐diamine)(phosphine)2およびtrans‐RuCl2(1,2‐diamine)(diphosphine)の合成
HENRI D, 大熊毅, 村田邦彦, 小沢征巳, 横沢亨, 片山栄治, 碇屋隆雄, 野依良治
日本化学会講演予稿集 74th(2) 1071 1998年03月
ベンゾフェノン類の水素化によるベンズヒドロール類の実用的合成
大熊毅, 池平秀行, 碇屋隆雄, 野依良治
日本化学会講演予稿集 74th(2) 1072 1998年03月
1,2‐ジアミン‐ホスフィン‐ルテニウム(II)錯体を用いるケトン類の立体選択的水素化
HENRI D, 大熊毅, 村田邦彦, 小沢征巳, 横沢亨, 片山栄治, 碇屋隆雄, 野依良治
日本化学会講演予稿集 74th(2) 1072 1998年03月
ラセミ体ルテニウム(II)錯体のエナンチオ選択的活性化に基づくケトン類の不斉水素化
大熊毅, HENRI D, PHAM T, 野依良治
日本化学会講演予稿集 74th(2) 1071 1998年03月
環状α,β‐不飽和ケトン類の官能基および立体選択的水素化反応
大熊毅, 池平秀行, 碇屋隆雄, 野依良治
日本化学会講演予稿集 72nd(2) 809 1997年03月
白檀様香気を有するtrans‐3‐イソカンフィルシクロヘキサノールの立体選択的合成
江村誠, 原田睦, 豊田高明, 山崎哲郎, 大熊毅, 碇屋隆雄, 野依良治
日本化学会講演予稿集 72nd(2) 970 1997年03月
単純ケトン類の不斉水素化反応
大熊 毅, 野依 良治
有機合成化学協会誌 54(7) 553-563 1996年07月
カチオン性錯体,アニオン性錯体,中性錯体
大熊 毅
有機合成化学協会誌 54(7) 1996年07月
ルテニウム触媒系を用いるケトン類のジアステレオ選択的水素化反応
大熊毅, 大岡浩仁, 碇屋隆雄, 野依良治
日本化学会講演予稿集 70th(2) 1310 1996年03月
不飽和アルデヒドおよびケトン類のカルボニル選択的水素化反応
大熊毅, 大岡浩仁, 碇屋隆雄, 野依良治
日本化学会講演予稿集 70th(2) 1309 1996年03月
ケトン類の実用的不斉水素化反応
大熊毅
日本化学会中国四国支部岡山地区化学講演会講演要旨集 1995 1,2,3,4 1995年11月
ケトン類の実用的不斉水素化反応
大熊毅, 大岡浩仁, 橋口昌平, 碇屋隆雄, 野依良治
日本化学会講演予稿集 69th(2) 1149 1995年03月
混合配位子をもつルテニウム触媒によるケトン類の高速水素化反応
大熊毅, 大岡浩仁, 橋口昌平, 碇屋隆雄, 野依良治
日本化学会講演予稿集 69th(2) 1149 1995年03月
ケトン類の実用的不斉水素化触媒の開発 (新技術事業団S)
大熊毅
創造科学技術推進事業 1994 創造科学技術研究報告会(東京) 第4部講演要旨集  85-89 1994年
不斉水素化に有効なBINAP‐Ru(II)錯体触媒の簡易合成
北村雅人, 徳永信, 大熊毅, 野依良治
日本化学会講演予稿集 62nd(2) 611 1991年09月
4位置換γ‐ラクトン類のエナンチオ選択的合成
大熊毅, 北村雅人, 野依良治
日本化学会講演予稿集 61st(2) 1485 1991年03月
74 官能基を有するケトン類の触媒的不斉水素化(口頭発表の部)
北村 雅人, 大熊 毅, 西 剛秀, 高谷 秀正, 野依 良治
天然有機化合物討論会講演要旨集 0(30) 572-579 1988年09月
1,3-ジオ-ル類の立体選択的合成 (1988年の化学-7-)
大熊 毅, 野依 良治
化学 43(7) p480-481 1988年07月
1,3‐ジオール類の立体選択的合成
大熊毅, 野依良治
化学 43(7) 480-481 1988年07月
Synthesis of 8-Oxoberbines and Related Benzolactams by Pd(OAc)2-Catalyzed Direct Aromatic Carbonylation
M. Miyazawa, T. Tokuhashi, A. Horibata, T. Nakamura, Y. Onozaki, N. Kurono, H. Senboku, M. Tokuda, T. Ohkuma, and K. Orito

書籍

有機合成実験法ハンドブック 第2版 (有機合成化学協会編)
新井則義, 大熊 毅
丸善 2015年
Comprehensive Chirality, Vol. 5
Ohkuma T, Arai N
Elsevier 2012年
Privileged Chiral Ligands and Catalysts
Ohkuma T, Kurono N
Wiley-VCH 2011年
Science of Synthesis: Stereoselective Synthesis 2
Arai N, Ohkuma T
Thieme 2010年
Modern Reduction Methods
Arai N, Ohkuma T
Wiley-VCH 2008年
分子集合体型錯体触媒を用いるケトン類およびイミン類の不斉水素化
大熊 毅
[北海道大学大学院工学研究科] 2008年
New Frontiers in Asymmetric Catalysis
Ohkuma T, Kitamura M, Noyori R
John Wiley & Sons, Inc. 2007年
The Handbook of Homogeneous Hydrogenation
Ohkuma T, Noyori R
Wiley-VCH Verlag GmbH & Co. KGaA 2007年
実力養成化学スクール キラル化学
丸善 2005年
ケトン類の不斉水素化機構の解明
大熊 毅
[北海道大学大学院工学研究科] 2005年
書籍を全て表示する
書籍閉じる
有機合成実験法ハンドブック 第2版 (有機合成化学協会編)
新井則義, 大熊 毅
丸善 2015年
Comprehensive Chirality, Vol. 5
Ohkuma T, Arai N
Elsevier 2012年
Privileged Chiral Ligands and Catalysts
Ohkuma T, Kurono N
Wiley-VCH 2011年
Science of Synthesis: Stereoselective Synthesis 2
Arai N, Ohkuma T
Thieme 2010年
Modern Reduction Methods
Arai N, Ohkuma T
Wiley-VCH 2008年
分子集合体型錯体触媒を用いるケトン類およびイミン類の不斉水素化
大熊 毅
[北海道大学大学院工学研究科] 2008年
New Frontiers in Asymmetric Catalysis
Ohkuma T, Kitamura M, Noyori R
John Wiley & Sons, Inc. 2007年
The Handbook of Homogeneous Hydrogenation
Ohkuma T, Noyori R
Wiley-VCH Verlag GmbH & Co. KGaA 2007年
実力養成化学スクール キラル化学
丸善 2005年
ケトン類の不斉水素化機構の解明
大熊 毅
[北海道大学大学院工学研究科] 2005年
化学便覧 基礎編II 第5版
丸善 2004年
実験化学講座 第5版 第19巻 有機化合物の合成VII 
丸善 2004年
有機合成のための触媒反応103
東京化学同人 2004年
Comprehensive Asymmetric Catalysis-Supplement 2
Springer 2004年
Transition Metals for Organic Synthesis, 2nd Ed
Wiley-VCH 2004年
有機合成のための触媒反応103
東京化学同人 2004年
有機合成のための触媒反応103
東京化学同人 2004年
Comprehensive Asymmetric Catalysis-Supplement 1
Springer 2003年
Comprehensive Asymmetric Catalysis-Supplement 1
Springer 2003年
Comprehensive Asymmetric Catalysis-Supplement 1
Springer 2003年
Handbook of Reagints for Organic Synthesis: Chiral Reagents for Asymmetric Synthesis
John Wiley & Sons, Inc. 2003年
ケトン類およびオレフィン類の不斉水素化
大熊 毅
[出版者不明] 2003年
ケトン類のエナンチオ選択的水素化反応
大熊 毅
[出版者不明] 2001年

講演・口頭発表等

Asymmetric Hydrogenation and Isomerization Catalyzed byChiral Ruthenium Complexes
大熊 毅
The 5th International Symposium on AMBITIOOUS LEASR'S PROGRAM 2017年11月 
Asymmetric Hydrogenation and Isomerization with Chiral Ru(II) Catalysts
大熊 毅
5th UK-Japanese Symposium on Asymmetric Catalysis 2016年03月 
Enantioselective Cyanation Catalyzed by Ru Complex/Li Compound Combined Systems
大熊 毅
The 6th Japanese-Sino Symposium on Organic Chemistry for Young Scientists 2015年07月 
Asymmetric Hydrogenation and Isomerization Catalyzed by Ruthenium(II) Complexes
OHKUMA Takeshi
8th Singapore International Chemistry Conference 2014 2014年12月 
Enantioselective Hydrogenation and Isomerization with Chiral Ruthenium(II) Catalysts
OHKUMA Takeshi
The 9th International Conference on Cutting-Edge Organic Chemistry in Asia 2014年12月 
ルテニウム錯体触媒を用いる不斉水素化反応の開発
大熊 毅
日産化学学術講演会 2014年11月 
分子サイズのロボット=分子触媒による不斉水素化反応
大熊 毅
タワーホール船堀(東京都江戸川区) 2014年10月 
Preface/Opening Remarks
大熊 毅
Frontier Chemistry Center The 3rd International Symposium "Challenges at the Frontier of Chemical Sciences"" 2014年06月 
Preface/Opening Remarks
大熊 毅
Frontier Chemistry Center The 2nd International Symposium "Advanced Material Science" 2013年12月 
医薬原料「光学活性アルコール類」の工業的合成ーNEDO成功事例紹介ー
大熊 毅
イノベーション・ジャパン2013 2013年08月 
講演・口頭発表等を全て表示する
講演・口頭発表等閉じる
Asymmetric Hydrogenation and Isomerization Catalyzed byChiral Ruthenium Complexes
大熊 毅
The 5th International Symposium on AMBITIOOUS LEASR'S PROGRAM 2017年11月 
Asymmetric Hydrogenation and Isomerization with Chiral Ru(II) Catalysts
大熊 毅
5th UK-Japanese Symposium on Asymmetric Catalysis 2016年03月 
Enantioselective Cyanation Catalyzed by Ru Complex/Li Compound Combined Systems
大熊 毅
The 6th Japanese-Sino Symposium on Organic Chemistry for Young Scientists 2015年07月 
Asymmetric Hydrogenation and Isomerization Catalyzed by Ruthenium(II) Complexes
OHKUMA Takeshi
8th Singapore International Chemistry Conference 2014 2014年12月 
Enantioselective Hydrogenation and Isomerization with Chiral Ruthenium(II) Catalysts
OHKUMA Takeshi
The 9th International Conference on Cutting-Edge Organic Chemistry in Asia 2014年12月 
ルテニウム錯体触媒を用いる不斉水素化反応の開発
大熊 毅
日産化学学術講演会 2014年11月 
分子サイズのロボット=分子触媒による不斉水素化反応
大熊 毅
タワーホール船堀(東京都江戸川区) 2014年10月 
Preface/Opening Remarks
大熊 毅
Frontier Chemistry Center The 3rd International Symposium "Challenges at the Frontier of Chemical Sciences"" 2014年06月 
Preface/Opening Remarks
大熊 毅
Frontier Chemistry Center The 2nd International Symposium "Advanced Material Science" 2013年12月 
医薬原料「光学活性アルコール類」の工業的合成ーNEDO成功事例紹介ー
大熊 毅
イノベーション・ジャパン2013 2013年08月 
キラル銅触媒によるα-ヒドロキシエステル類の速度論分割
大熊 毅
JST推薦シーズ 新技術説明会 2013年03月 
Preface/Opening Remarks
大熊 毅
Frontier Chemistry Center The 1st International Symposium "Next Generation of Molecular Chemistry" 2013年02月 
Asymmetric Hydrogenation for Practical Synthesis of Chiral Molecules
大熊 毅
The 4th Symposium on Academic Exchange and Collaborative Research between MRC-ETHZ and FoE-HU (Coorganized by Frontier Chemistry Center of FoE-HU) 2013年02月 
Asymmetric Hydrogenation of Ketones and Imines Catalyzed by Ru(II) Complexes
大熊 毅
2012 Hokkaido University & Peking University Joint Symposium on Organic and Organometallic Chemistry 2012年07月 
Asymmetric Cyanation Catalyzed by Ru-Li Combined Systems
大熊 毅
The 5th GCOE International Symposium/The 1st International Symposium of Graduate School of Chemical Sciences and Engineering 2012年02月 
Ru-Li複合錯体触媒を用いる不斉シアノ化反応
大熊 毅
大阪大学基礎工学研究科学術講演会 2011年12月 
Asymmetric Cyanosilylation of Aldehydes and α-Keto Esters with the Chiral Ru–Li Combined Catalysts
大熊 毅
Joint Pre-Symposium on Organometallic Chemistry 2010年07月 
Asymmetric Cyanosilylation of Aldehydes and α-Keto Esters Catalyzed by the Chiral Ru–Li Combined Systems
大熊 毅
22nd International Symposium on Chirality 2010 2010年07月 
Asymmetric Hydrogenation of Ketones Catalyzed by Chiral Ru(II) Complexes
大熊 毅
BIT's 1st Annual World Congress of Catalytic Asymmetric Synthesis-2010 2010年05月 
医薬品合成鍵中間体「光学活性アミノアルコール類」の高効率合成
大熊 毅
ファーマ i ジャパン 2009年07月 
不飽和化合物の不斉還元
大熊 毅
有機合成化学講習会 2009年06月 
Asymmetric Cyanosilylation of Aldehydes with the Chiral Ru–Li Catalyst System
大熊 毅
The 4th Hokkaido University–Nanjing University Joint Symposium 2008年12月 
Asymmetric Cyanosilylation of Aldehydes with Chiral Ruthenium Catalysts
大熊 毅
Taiwan-Japan International Symposium on Organic Chemistry and Molecular Science 2008年04月 
Tailor-made触媒を用いるケトン類の不斉水素化
大熊 毅
近畿化学協会有機金属部会平成19年度第3回例会 2007年11月 
Tailor-made触媒によるケトン類の不斉水素化
大熊 毅
2007年度 大塚有機合成シンポジウム 2007年10月 
Asymmetric Hydrogenation of Ketones Catalyzed by Tailor-made Ruthenium(II) Complexes
大熊 毅
2nd International Conference on Cutting-Edge Organic Chemistry in Asia 2007年09月 
Asymmetric Hydrogenation of Ketones Catalyzed by Tailot-made Ru complexes
大熊 毅
The 16th Symposium on Optically Active Compounds 2006年10月 
Asymmetric Hydrogenation of tert-Alkyl Ketones and 1-Tetralones
大熊 毅
The 2005 International Chemical Congress of Pacific Basin Societies 2005年12月 
Asymmetric Hydrogenation of Ketones -Design of Chiral Catalysts-
大熊 毅
The 15th International Symposium on Fine Chemistry and Functional Polymer (FCFPXIV-2005) & IUPAC 1st International Symposium on Novel Materials and Synthesis (NM-1) 2005年10月 
ルテニウム錯体触媒を用いるケトン類の不斉水素化
大熊 毅
第45回オーロラセミナー第2回規則性多孔体研究会合同セミナー 2005年07月 
ケトン類の不斉水素化ー分子世界の左と右ー
大熊 毅
慶應義塾大学理工学部同窓会研究・教育奨励基金による特別講演会 2005年06月 
ケトン類の不斉水素化ー分子触媒を用いるアプローチー
大熊 毅
第1回生体触媒化学若手講演会 2005年03月 
単純ケトン類の水素化-触媒設計の指針-
大熊 毅
第15回北海道大学触媒化学研究センター研究討論会 2004年11月 
Asymmetric Hydrogenation of Simple Ketones Catalyzed by Ruthenium Complexes
大熊 毅
The 14th International Symposium on Fine Chemistry and Functional Polymer (FCFP XIV-2004) 2004年08月 
新規ルテニウムヒドリド錯体触媒を用いるケトン類の不斉水素化
大熊 毅
第37回有機金属若手の会 夏の学校 2004年07月 
ルテニウム錯体触媒を用いるケトン類の不斉水素化
大熊 毅
北海道大学大学院工学研究科 学術講演会 2004年03月 
ケトン類の不斉水素化-基礎研究と社会との接点-
大熊 毅
日本化学会創立125周年記念 第15回名古屋コンファレンス「産官学連携と化学」 2003年12月 
高効率分子触媒反応の開拓
大熊 毅
21世紀COE形成プログラム「分子機能の解明と創造」:第1回成果報告会 2003年06月 

作品等

「不斉還元」, 日本化学会
2004年 - 2006年 
不斉シアノ化触媒市販開始(日本曹達・関東化学)カタログ作成「—不斉シアノ化触媒—Catalyst for Asymmetric Hydrocyanaiton Asymmetric Cyanosilylation」
大熊 毅 その他 2017年 
北海道大学研究シーズ集Vol. 4 (2017) 掲載「均一系パラジウムナノ粒子触媒による水素化反応 —シスアルケンとアミン類の選択的合成—」 ナノテク・材料分野 p100
大熊 毅 その他 2017年 
The Chemical Recordの”Special Issue Dedicted to Professor Ryoji Noyori on the 15th Anniversary of His Nobel Prize in Chemistry”でGuest Editorを務めた
大熊 毅 その他 2016年12月 
北海道大学研究シーズ集Vol. 3 (2016) 掲載「アリルアルコール類の不斉異性化反応 —光学活性β-置換アルデヒド類の高純度合成法—」 ナノテク・材料分野 p99
大熊 毅 その他 2016年 
北海道大学研究シーズ集Vol. 2 (2015) 掲載「カルボニル化合物、イミン類の不斉シアノ化反応 —ルテニウム・リチウム複合錯体触媒による多様な光学活性シアン化物の合成—」
大熊 毅 その他 2015年06月 
CSJ Journal Selects Vol. 2 掲載“Preparation of Diastereomerically Pure and Mixed (S)-PhGly/BIPHEP/Ru(II) Complexes and Their Catalytic Behavior with Li2O3 in Asymmetric Cyanosilylation of Benzaldehyde” Asymmetric Catalysis 分野 p5
大熊 毅 その他 2015年 
シンポジウムオーガナイザー"Frontier Chemistry Center The 3rd International Symposium" "Challenges at the Frontier of Chemical Sciences"
大熊 毅 その他 2014年06月 
北海道大学研究シーズ集2014掲載「ケトン類・イミン類の不斉水素化反応 —ルテニウム錯体触媒による光学活性アルコール類・アミン類の実用的合成法—」
大熊 毅 その他 2014年05月 
シンポジウムオーガナイザー "Frontier Chemistry Center The 2nd International Symposium" "Advanced Materials Science"
大熊 毅 その他 2013年12月 
作品等を全て表示する
作品等閉じる
「不斉還元」, 日本化学会
2004年 - 2006年 
不斉シアノ化触媒市販開始(日本曹達・関東化学)カタログ作成「—不斉シアノ化触媒—Catalyst for Asymmetric Hydrocyanaiton Asymmetric Cyanosilylation」
大熊 毅 その他 2017年 
北海道大学研究シーズ集Vol. 4 (2017) 掲載「均一系パラジウムナノ粒子触媒による水素化反応 —シスアルケンとアミン類の選択的合成—」 ナノテク・材料分野 p100
大熊 毅 その他 2017年 
The Chemical Recordの”Special Issue Dedicted to Professor Ryoji Noyori on the 15th Anniversary of His Nobel Prize in Chemistry”でGuest Editorを務めた
大熊 毅 その他 2016年12月 
北海道大学研究シーズ集Vol. 3 (2016) 掲載「アリルアルコール類の不斉異性化反応 —光学活性β-置換アルデヒド類の高純度合成法—」 ナノテク・材料分野 p99
大熊 毅 その他 2016年 
北海道大学研究シーズ集Vol. 2 (2015) 掲載「カルボニル化合物、イミン類の不斉シアノ化反応 —ルテニウム・リチウム複合錯体触媒による多様な光学活性シアン化物の合成—」
大熊 毅 その他 2015年06月 
CSJ Journal Selects Vol. 2 掲載“Preparation of Diastereomerically Pure and Mixed (S)-PhGly/BIPHEP/Ru(II) Complexes and Their Catalytic Behavior with Li2O3 in Asymmetric Cyanosilylation of Benzaldehyde” Asymmetric Catalysis 分野 p5
大熊 毅 その他 2015年 
シンポジウムオーガナイザー"Frontier Chemistry Center The 3rd International Symposium" "Challenges at the Frontier of Chemical Sciences"
大熊 毅 その他 2014年06月 
北海道大学研究シーズ集2014掲載「ケトン類・イミン類の不斉水素化反応 —ルテニウム錯体触媒による光学活性アルコール類・アミン類の実用的合成法—」
大熊 毅 その他 2014年05月 
シンポジウムオーガナイザー "Frontier Chemistry Center The 2nd International Symposium" "Advanced Materials Science"
大熊 毅 その他 2013年12月 
新聞記事掲載「みんなでサイエンス 同じ分子に異なる性質? 作り分けの技術を開発」「北海道新聞」
大熊 毅 その他 2013年12月 
学術雑誌に記事掲載 Editer’s Eye「光学活性アルデヒドの効率的な合成触媒を開発」「ファルマシア」
大熊 毅 その他 2013年12月 
新聞記事掲載「受託製造ビジネス拡大 独自の触媒と配位子活用」「化学工業日報」
大熊 毅 その他 2013年11月 
新聞記事掲載「アルデヒド、1回で合成 北海道大 新触媒で純度99%超」「日経産業新聞」
大熊 毅 その他 2013年07月 
発表論文が雑誌内表紙にハイライトされる
大熊 毅 その他 2013年06月 
シンポジウムオーガナイザー"Frontier Chemistry Center The 1st International Symposium" "Next Generation of Molecular Chemistry"
大熊 毅 その他 2013年02月 
シンポジウムオーガナイザー"2012 Hokkaido University & Peking University Joint Symposium on Organic and Organometallic Chemistry"
大熊 毅 その他 2012年07月 
シンポジウムオーガナイザー「北海道大学グローバルCOEシンポジウム 第17回精密合成化学セミナー ジョイントシンポジウム」「分子変換と機能開発の新基軸」
大熊 毅 その他 2011年10月 
シンポジウムオーガナイザー「第23回万有札幌シンポジウム」「有機化学の深化と多様化」
大熊 毅 その他 2011年07月 
新聞記事掲載「超高速の不斉水素化触媒」「化学工業日報」
その他 2011年06月 
シンポジウムオーガナイザー「第16回精密合成化学セミナー」
大熊 毅 その他 2011年01月 
シンポジウムオーガナイザー「精密合成化学セミナー」「有機合成化学の新基軸」
大熊 毅 その他 2009年01月 
シンポジウムオーガナイザー「北海道大学グローバルCOEシンポジウム」「触媒的不斉合成の最先端」
大熊 毅 その他 2008年10月 
北海道大学大学院工学研究科公開講座「応用理工学研究の最先端〜豊かな生活を 目指して〜」「分子の世界の右手と左手」
その他 2007年10月 
日本化学会・ディビジョンレポート執筆
2007年 
イノベーション・ジャパン2007-大学見本市
2007年 
夢・化学−21「北海道大学化学系への二日間体験入学」
2007年 
新聞記事掲載
2007年 
新聞記事掲載
2007年 
新聞記事掲載
2005年 
「Chirality in the Molecular World」
2004年 

特許

アリルイソシアニド類の製造方法
大熊 毅, 百合野大雅
特願2017-35319 2017年02月27日
光学活性3−置換クロマン−4−オール化合物の製造方法
大熊 毅,新井則義,井上 勉,大岡浩仁,東 慶太
特願2013-177329 2013年08月28日
光学活性2級アルコールの製造方法
片山武昭,堤 邦彦,村田邦彦,大熊 毅, 新井則義
特願2013-156036 2013年07月26日
光学活性2級アルコールの製造方法
片山武昭,堤 邦彦,村田邦彦,大熊 毅, 新井則義
特願2013-156016 2013年07月26日
光学活性第三級アルコール誘導体の製造方法
大熊 毅, 上宮暢仁,大岡浩仁
特願2013-045569 2013年03月07日
光学活性第三級アルコール誘導体の製造方法
大熊 毅, 上宮暢仁,大岡浩仁
特願2013-45569 2013年03月07日
芳香族アミン化合物の製造方法
大熊 毅, 新井則義, 堤 邦彦
特願2013-45958 2013年03月07日
光学活性アルデヒドの製造方法
大熊 毅, 新井則義, 松村和彦
特願2013-044065 2013年03月06日
光学活性アミン化合物の製造方法
大熊 毅, 新井則義, 内海典之, 村田邦彦, 堤 邦彦
特願2013-017845 2013年01月31日
光学活性アミンの製造方法
大熊 毅, 新井則義, 松村和彦
特願2012-197246 2012年09月07日
特許を全て表示する
特許閉じる
アリルイソシアニド類の製造方法
大熊 毅, 百合野大雅
特願2017-35319 2017年02月27日
光学活性3−置換クロマン−4−オール化合物の製造方法
大熊 毅,新井則義,井上 勉,大岡浩仁,東 慶太
特願2013-177329 2013年08月28日
光学活性2級アルコールの製造方法
片山武昭,堤 邦彦,村田邦彦,大熊 毅, 新井則義
特願2013-156036 2013年07月26日
光学活性2級アルコールの製造方法
片山武昭,堤 邦彦,村田邦彦,大熊 毅, 新井則義
特願2013-156016 2013年07月26日
光学活性第三級アルコール誘導体の製造方法
大熊 毅, 上宮暢仁,大岡浩仁
特願2013-045569 2013年03月07日
光学活性第三級アルコール誘導体の製造方法
大熊 毅, 上宮暢仁,大岡浩仁
特願2013-45569 2013年03月07日
芳香族アミン化合物の製造方法
大熊 毅, 新井則義, 堤 邦彦
特願2013-45958 2013年03月07日
光学活性アルデヒドの製造方法
大熊 毅, 新井則義, 松村和彦
特願2013-044065 2013年03月06日
光学活性アミン化合物の製造方法
大熊 毅, 新井則義, 内海典之, 村田邦彦, 堤 邦彦
特願2013-017845 2013年01月31日
光学活性アミンの製造方法
大熊 毅, 新井則義, 松村和彦
特願2012-197246 2012年09月07日
光学活性アミン化合物の製造方法
大熊 毅, 新井則義, 内海典之, 村田邦彦, 堤 邦彦
特願2012-19742 2012年02月01日
ルテニウムヒドリド錯体
大熊 毅, 小泉 昌稔, キリアン・ムニツ, 野依 良治
特願2011-281984 2011年12月22日
ジアステレオ選択的にアルコール化合物を製造する方法
明石真也, 井上 勉, 大熊 毅, 新井則義
PCT/JP2011/078812 2011年12月13日
光学活性アルコール化合物の製造方法
明石真也, 井上 勉, 大熊 毅, 新井則義
PCT/JP2011/078816 2011年12月13日
水素化促進剤、水素化触媒及びアルケン化合物の製法
堀 順一, 村田 邦彦, 黒野 暢仁, 大熊 毅, 野依 良治
特願2011-243193 2011年11月07日
光学活性アミノニトリル化合物およびその製造方法
大熊 毅, 黒野暢仁, 植村真人, 森 浩幸
特願2011-221938 2011年10月06日
光学活性アルコール化合物の製造方法
明石真也, 井上 勉, 大熊 毅, 新井則義
特願2011-92511 2011年04月18日
光学活性アルコールの製法
野依 良治, 大熊 毅, 堤 邦彦, 内海 典之, 村田 邦彦
特願2010-167292 2010年07月26日
光学活性β—ケトニトリル化合物およびその製造方法
大熊 毅, 黒野暢仁,森浩幸
特願2010-26762 2010年02月09日
光学活性β−ケトニトリル化合物およびその製造方法
大熊 毅, 黒野 暢仁, 森 浩幸
特願2010-026762 2010年02月09日
光学活性シアノヒドリン化合物類およびその製造方法
大熊 毅, 黒野 暢仁, 植村 真人, 森 浩幸
特願2009-258736 2009年11月12日
光学活性3−キヌクリジノール誘導体の製造方法
大熊 毅, 新井 則義, 明石 真也, 大岡 浩仁, 井上 勉
JP2008065746 2008年09月02日
シアノ化触媒及びそれを用いた光学活性シアノヒドリン化合物類の製造方法
大熊 毅, 黒野暢仁
特願2008-513849 2008年02月14日
シアノ化触媒及びそれを用いた光学活性シアンヒドリン化合物類の製造方法
大熊 毅, 黒野 暢仁
JP2008052913 2008年02月14日
光学活性3−キヌクリジノール誘導体の製造方法
大熊 毅, 新井則義, 明石真也, 大岡浩仁, 井上 勉
特願2008-32311 2008年02月13日
光学活性アルコール化合物合成用触媒
碇屋 隆雄, 池平 秀行, 村田 邦彦, 清藤 信夫, 大岡 浩仁, 橋口 昌平, 大熊 毅, 野依 良治
特願2007-165566 2007年06月22日
触媒組成物
碇屋 隆雄, 池平 秀行, 村田 邦彦, 清藤 信夫, 大岡 浩仁, 橋口 昌平, 大熊 毅, 野依 良治
特願2007-165566 2007年06月22日
光学活性α−ヒドロキシシラン類の製造方法及び新規な光学活性α−ヒドロキシシラン類化合物
大熊 毅, 新井 則義, 鈴木 賢
特願2007-032105 2007年02月13日
光学活性キヌクリジノールの製造方法
大熊 毅, 新井則義, 明石真也, 大岡浩仁, 井上 勉
特願2007-230973 2007年
β,β—ビスへテロ置換光学活性アルコールの製造方法
大熊 毅, 新井 則義, 井上 勉, 大岡 浩仁
特願2006-209433 2006年08月01日
スルホナート触媒及びそれを利用したアルコール化合物の製法
内海 典之, 村田 邦彦, 堤 邦彦, 片山 武昭, 渡辺 正人, 大熊 毅, 野依 良治
JP2006304750 2006年03月10日
ルテニウム錯体及びこれを用いるtert−アルキルアルコールの製造方法
大熊 毅, クリスチャン アンブロシオ サンドバル, 野依 良治
JP2005019497 2005年10月24日
スルホナート触媒及びそれを利用したアルコール化合物の製法
内海 典之,  村田 邦彦,  堤 邦彦,  片山 武昭,  大熊 毅, 野依 良治
PCT/JP2005/011679 2005年06月20日
水素化触媒及びそれを利用したアルコール化合物の製法
内海 典之,  村田邦彦,  堤 邦彦,  片山 武昭,  大熊 毅, 野依 良治
PCT/JP2005/011674 2005年06月20日
光学活性キヌクリジノール類の製造方法
野依 良治, 大熊 毅, 堤 邦彦, 内海 典之, 村田 邦彦, 片山 武昭
JP2005006048 2005年03月30日
水素化促進剤、水素化触媒及びアルケン化合物の製法
堀 順一, 村田 邦彦, 黒野 暢仁, 大熊 毅, 野依 良治
JP2005006694 2005年03月30日
シリルシアノ化触媒及びシアノヒドリンシリルエーテル化合物の製法
大熊 毅, 黒野 暢仁
特願2005-036430 2005年02月14日
光学活性アルコールの製法
野依 良治, 大熊 毅, 堤 邦彦, 内海 典之, 村田 邦彦
JP2004004422 2004年03月29日
ルテニウムヒドリド錯体、アルコール化合物の製造方法およびラセミ体カルボニル化合物の分割方法
堤 邦彦, 村田 邦彦, 内海 典之, 大熊 毅, 野依 良治
特願2003-027409 2003年02月04日
水素化触媒及びアルケン化合物の製造方法
大熊 毅, 吉田 誠, 野依 良治
特願2002-034427 2002年02月12日
ルテニウム錯体及びアルコール化合物の製造方法
大熊 毅, 武野 泰士, 野依 良治
JP2002000946 2002年02月06日
ルテニウムヒドリド錯体、アルコール化合物の製造方法およびラセミ体カルボニル化合物の分割方法
大熊 毅, 小泉 昌稔, キリアン・ムニツ, 野依 良治
特願2001-301852 2001年09月28日
窒素あるいは酸素官能基を有する光学活性第二級アルコール類の製造法
中野 誠志, 野依 良治, 大熊 毅, 石井 大
JP2001000797 2001年02月05日
アルコール類の製造法
池平 秀行, 村田 邦彦, 片山 栄治, 小沢 征巳, 横澤 亨, 大熊 毅, 碇屋 隆雄, 野依 良治
特願平10-358034 1998年12月16日
光学活性な1−(4−イソブチルフェニル)ブタン−1−オールの製造方法
寺島 幸司, 大熊 毅, 野依 良治
特願平10-202798 1998年07月01日
光学活性アルコール類の製造方法
池平 秀行, 村田 邦彦, 碇屋 隆雄, 大熊 毅, 野依 良治
特願平9-359655 1997年12月26日
アルコール類の製造方法
池平 秀行, 村田 邦彦, 碇屋 隆雄, 大熊 毅, 野依 良治
特願平9-359656 1997年12月26日
ルテニウム錯体を触媒とするアルコール化合物の製造方法
碇屋 隆雄, 池平 秀行, 村田 邦彦, 清藤 信夫, 大岡 浩仁, 橋口 昌平, 大熊 毅, 野依 良治
特願平9-359654 1997年12月26日
ルテニウム錯体とこれを触媒とするアルコール化合物 の製造方法
碇屋 隆雄, 池平 秀行, 村田 邦彦, 清藤 信夫, 大岡 浩仁, 橋口 昌平, 大熊 毅, 野依 良治
特願平9-359654 1997年12月26日
光学活性アルコール化合物の製造方法
野依 良治, 三上 幸一, 大熊 毅, 寺田 眞浩, ヘンリ ドゥセ, ファム ティ マイ ジャン カソリーヌ, 是永 敏伸, 伊藤 雅通, 佐用 昇
特願平9-241119 1997年09月05日
アルコール類の製造方法
池平 秀行, 碇屋 隆雄, 大熊 毅, 野依 良治
特願平9-079538 1997年03月31日
光学活性アルコール類の製造方法
池平 秀行, 碇屋 隆雄, 大熊 毅, 野依 良治
特願平9-079539 1997年03月31日
トランス−3−イソカンフィルシクロヘキサノールの製造法
江村 誠, 豊田 高明, 清藤 信夫, 原田 睦, 野依 良治, 碇屋 隆雄, 大熊 毅
特願平8-050309 1996年03月07日
シス−4−t−ブチルシクロヘキサノールの製造法
江村 誠, 豊田 高明, 清藤 信夫, 野依 良治, 碇屋 隆雄, 大熊 毅
特願平8-050310 1996年03月07日
アルコール類の製造方法
碇屋 隆雄, 大岡 浩仁, 橋口 昌平, 大熊 毅, 清藤 信夫, 野依 良治
特願平7-316560 1995年12月05日
光学活性アルコール類の製造方法
碇屋 隆雄, 大岡 浩仁, 橋口 昌平, 大熊 毅, 清藤 信夫, 野依 良治
特願平7-316559 1995年12月05日
シリルエーテル類の製造法
大熊 毅, 橋口 昌平, 碇屋 隆雄, 野依 良治
特願平5-245801 1993年09月30日
光学活性γ―ブチロラクトン誘導体の製造方法
野依 良治, 北村 雅人, 大熊 毅, 佐用 昇, 雲林 秀徳
特願平2-228957 1990年08月30日
4―アミノ―3―ヒドロキシカルボン酸類の立体選択的合成法
野依 良治, 北村 雅人, 大熊 毅, 森沢 靖弘, 西 剛秀
特願平1-060543 1989年03月13日
光学活性アルコールおよびその誘導体の製造方法
野依 良治, 北村 雅人, 大熊 毅, 雲林 秀徳
特願昭63-037032 1988年02月19日
スルホナート触媒及びそれを利用したアルコール化合物の製法
シリルシアノ化触媒及び光学活性シアノヒドリンシリルエーテル化合物の製法
光学活性キヌクリジノールの製造方法
スルホナート触媒及びそれを利用したアルコール化合物の製法
ルテニウム錯体及びこれを用いるtert-アルキルアルコールの製造方法
水素化触媒及びそれを利用したアルコール化合物の製法
水素化触媒及びアルケン化合物の製造方法
光学活性シアノヒドリン化合物類およびその製造方法
シリルシアノ化触媒及びシアノヒドリンシリルエーテル化合物の製法
水素化促進剤、水素化触媒及びアルケン化合物の製法
光学活性キヌクリジノール類の製造方法
光学活性アルコールの製法

受賞

2018年03月
日本化学会 第35回学術賞 二種類の配位子を持つルテニウム錯体を活用した不斉触媒反応の開発 
2014年12月
University of Malaya Asian Core Program Lectureship Award 
2007年06月
International Scientist of the Year 2007 
2007年03月
第3回日本学術振興会賞 
2005年06月
慶應義塾大学同窓会 研究教育奨励基金による表彰者 
2000年02月
有機合成化学協会 エヌ・イー ケムキャット研究企画賞 
1998年02月
有機合成化学奨励賞 
受賞を全て表示する
受賞閉じる
2018年03月
日本化学会 第35回学術賞 二種類の配位子を持つルテニウム錯体を活用した不斉触媒反応の開発 
2014年12月
University of Malaya Asian Core Program Lectureship Award 
2007年06月
International Scientist of the Year 2007 
2007年03月
第3回日本学術振興会賞 
2005年06月
慶應義塾大学同窓会 研究教育奨励基金による表彰者 
2000年02月
有機合成化学協会 エヌ・イー ケムキャット研究企画賞 
1998年02月
有機合成化学奨励賞 

競争的資金等の研究課題

特異な配位子効果に基づく高機能金属錯体触媒の開拓
日本学術振興会:科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間 : 2015年 - 2017年 代表者 : 大熊 毅
次世代型クロスカップリング反応が拓く分子構築イノベーション
文部科学省:文部科学省特別経費 大学の特性を生かした学術研究機能の充実
研究期間 : 2012年04月 - 2016年03月 代表者 : 大熊 毅
物質変換と機能創出に関わる化学を担う若手研究者海外派遣プログラム
日本学術振興会:若手研究者戦略的海外派遣事業費補助金(頭脳循環を加速する若手研究者戦略的海外派遣プログラム)
研究期間 : 2012年10月 - 2015年03月 代表者 : 大熊 毅
ルテニウム錯体触媒を駆使した不斉シアノ化反応と水素化反応の開拓
文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間 : 2012年 - 2014年 代表者 : 大熊 毅
医薬合成重要原料「光学活性プロパルギルアルコール類」の高純度合成
科学技術振興機構:研究成果最適展開支援プログラム(A-STEP)(フィージビリティスタディ(探索タイプ))
研究期間 : 2012年11月 - 2013年10月 代表者 : 大熊 毅
重要医薬原料「光学活性α-ヒドロキシラクトン類・エステル類」の高純度合成
科学技術振興機構:研究成果最適展開支援プログラム(A-STEP)(フィージビリティスタディ(探索タイプ))
研究期間 : 2011年08月 - 2012年03月 代表者 : 大熊 毅
医薬等合成原料アルケン類の高効率合成法の開発
科学技術振興機構:研究成果最適展開支援プログラム(A-STEP)(フィージビリティスタディ(探索タイプ))
研究期間 : 2010年10月 - 2011年03月 代表者 : 大熊 毅
逐次構築型触媒を用いる不斉合成反応の開拓
文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間 : 2009年 - 2011年 代表者 : 大熊 毅
医薬合成重要中間体「光学活性シアン化物」の高純度合成法の開発
科学技術振興機構:平成21年度シーズ発掘試験(発展型)
研究期間 : 2009年08月 - 2010年03月 代表者 : 大熊 毅
医薬合成鍵中間体「光学活性アミノアルコール類」の高効率合成
科学技術振興機構:産学共同シーズイノベーション化事業 顕在化ステージ
研究期間 : 2008年12月 - 2009年11月 代表者 : 大熊 毅
競争的資金等の研究課題を全て表示する
競争的資金等の研究課題閉じる
特異な配位子効果に基づく高機能金属錯体触媒の開拓
日本学術振興会:科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間 : 2015年 - 2017年 代表者 : 大熊 毅
次世代型クロスカップリング反応が拓く分子構築イノベーション
文部科学省:文部科学省特別経費 大学の特性を生かした学術研究機能の充実
研究期間 : 2012年04月 - 2016年03月 代表者 : 大熊 毅
物質変換と機能創出に関わる化学を担う若手研究者海外派遣プログラム
日本学術振興会:若手研究者戦略的海外派遣事業費補助金(頭脳循環を加速する若手研究者戦略的海外派遣プログラム)
研究期間 : 2012年10月 - 2015年03月 代表者 : 大熊 毅
ルテニウム錯体触媒を駆使した不斉シアノ化反応と水素化反応の開拓
文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間 : 2012年 - 2014年 代表者 : 大熊 毅
医薬合成重要原料「光学活性プロパルギルアルコール類」の高純度合成
科学技術振興機構:研究成果最適展開支援プログラム(A-STEP)(フィージビリティスタディ(探索タイプ))
研究期間 : 2012年11月 - 2013年10月 代表者 : 大熊 毅
重要医薬原料「光学活性α-ヒドロキシラクトン類・エステル類」の高純度合成
科学技術振興機構:研究成果最適展開支援プログラム(A-STEP)(フィージビリティスタディ(探索タイプ))
研究期間 : 2011年08月 - 2012年03月 代表者 : 大熊 毅
医薬等合成原料アルケン類の高効率合成法の開発
科学技術振興機構:研究成果最適展開支援プログラム(A-STEP)(フィージビリティスタディ(探索タイプ))
研究期間 : 2010年10月 - 2011年03月 代表者 : 大熊 毅
逐次構築型触媒を用いる不斉合成反応の開拓
文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間 : 2009年 - 2011年 代表者 : 大熊 毅
医薬合成重要中間体「光学活性シアン化物」の高純度合成法の開発
科学技術振興機構:平成21年度シーズ発掘試験(発展型)
研究期間 : 2009年08月 - 2010年03月 代表者 : 大熊 毅
医薬合成鍵中間体「光学活性アミノアルコール類」の高効率合成
科学技術振興機構:産学共同シーズイノベーション化事業 顕在化ステージ
研究期間 : 2008年12月 - 2009年11月 代表者 : 大熊 毅
医薬合成原料光学活性シアノヒドリンの高純度合成法の開発
科学技術振興機構:平成20年度シーズ発掘試験(発掘型)
研究期間 : 2008年07月 - 2009年03月 代表者 : 大熊 毅
分子集合体型錯体触媒を用いるケトン類およびイミン類の不斉水素化
文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間 : 2006年 - 2007年 代表者 : 大熊 毅
光学活性アルコール類の合成法の開発
新エネルギー・産業技術総合開発機構:大学発事業創出研究開発事業
研究期間 : 2004年 - 2006年 代表者 : 大熊 毅
グリーン化学に向けた高機能触媒の開拓-精密分子触媒の開拓-
文部科学省:科学研究費補助金(学術創成研究費)
研究期間 : 2002年 - 2006年 代表者 : 野依 良治
ケトン類の不斉水素化機構の解明
文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間 : 2003年 - 2004年 代表者 : 大熊 毅
新規水素化触媒の開発
新エネルギー・産業技術総合開発機構:産業技術実用化開発事業
研究期間 : 2002年 - 2004年 代表者 : 大熊 毅
生理機能を有する光学活性アルコール類の合成
文部科学省:科学研究費補助金(特定領域研究(A), 特定領域研究)
研究期間 : 2001年 - 2002年 代表者 : 大熊 毅
ケトン類およびオレフィン類の不斉水素化
文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間 : 2001年 - 2002年 代表者 : 大熊 毅
ケトン類のエナンチオ選択的水素化反応
文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間 : 1999年 - 2000年 代表者 : 大熊 毅
金属ナノ粒子を用いる立体選択的水素化反応の開発
:基礎科学研究
研究期間 : 2004年
分子触媒を用いる不斉合成反応の開発
:基礎科学研究
研究期間 : 1994年

教育活動

主要な担当授業

基礎有機化学
開講年度 : 2015年
課程区分 : 学士課程
開講学部 : 工学部
キーワード : 有機化学、電子配置、立体化学、化学反応、官能基、分子軌道
有機化学Ⅲ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 学士課程
開講学部 : 工学部
キーワード : カルボニル化合物、求核付加反応、α-置換反応、縮合反応
有機化学Ⅳ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 学士課程
開講学部 : 工学部
キーワード : 有機化学、アミン、複素環、ペリ環状反応
有機反応・構造論
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 総合化学院
キーワード : 分子軌道,化学結合,反応中間体,立体化学,分子認識,分子集合体,ペリ環状反応,Woodward-Hoffmann則,環化付加反応,電子環状反応,シグマトロピー転位,グループ移動反応
有機反応論特論
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 総合化学院
最新年度を全て表示する
主要な担当授業閉じる
基礎有機化学
開講年度 : 2015年
課程区分 : 学士課程
開講学部 : 工学部
キーワード : 有機化学、電子配置、立体化学、化学反応、官能基、分子軌道
有機化学Ⅲ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 学士課程
開講学部 : 工学部
キーワード : カルボニル化合物、求核付加反応、α-置換反応、縮合反応
有機化学Ⅳ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 学士課程
開講学部 : 工学部
キーワード : 有機化学、アミン、複素環、ペリ環状反応
有機反応・構造論
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 総合化学院
キーワード : 分子軌道,化学結合,反応中間体,立体化学,分子認識,分子集合体,ペリ環状反応,Woodward-Hoffmann則,環化付加反応,電子環状反応,シグマトロピー転位,グループ移動反応
有機反応論特論
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 総合化学院
前年度を全て表示する
主要な担当授業閉じる
Organic Chemistry of Reaction Mechanism and Molecular Structure
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 総合化学院
キーワード : Molecular Orbital, Chemical Bonding, Reactive Intermediates, Stereochemistry, Molecular Recognition, Pericyclic reactions, The Woodward-Hoffmann rules, Cycloaddition reactions, Electrocyclic reactions, Sigmatropic rearrangements, Group transfer reactions
基礎有機化学
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 学士課程
科目学部名 : 工学部
キーワード : 有機化学、電子配置、立体化学、化学反応、官能基、分子軌道
有機化学Ⅲ
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 学士課程
科目学部名 : 工学部
キーワード : カルボニル化合物、求核付加反応、α-置換反応、縮合反応
有機化学Ⅳ
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 学士課程
科目学部名 : 工学部
キーワード : 有機化学、アミン、複素環、ペリ環状反応
有機反応・構造論
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 総合化学院
キーワード : 分子軌道,化学結合,反応中間体,立体化学,分子認識,分子集合体,ペリ環状反応,Woodward-Hoffmann則,環化付加反応,電子環状反応,シグマトロピー転位,グループ移動反応
有機反応論特論
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 総合化学院
前々年度を全て表示する
主要な担当授業閉じる
Advanced Organic Reaction Mechanism
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 総合化学院
キーワード : Pericyclic reactions, The Woodward-Hoffmann rules, Cycloaddition reactions, Electrocyclic reactions, Sigmatropic rearrangements, Group transfer reactions
基礎有機化学
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 学士課程
科目学部名 : 工学部
キーワード : 有機化学、電子配置、立体化学、化学反応、官能基、分子軌道
有機化学Ⅲ
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 学士課程
科目学部名 : 工学部
キーワード : カルボニル化合物、求核付加反応、α-置換反応、縮合反応
有機化学Ⅳ
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 学士課程
科目学部名 : 工学部
キーワード : 有機化学、アミン、複素環、ペリ環状反応
有機反応論特論
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 総合化学院
キーワード : ペリ環状反応,Woodward-Hoffmann則,環化付加反応,電子環状反応,シグマトロピー転位,グループ移動反応
環境と人間
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 学士課程
科目学部名 : 全学教育
キーワード : 先端の化学,ナノテクノロジー,機能性材料,バイオテクノロジー,環境

大学運営

学内役職歴

2016年04月
-
2018年03月
教育研究評議会評議員
2016年04月
-
2018年03月
大学院総合化学院長
学内役職歴を全て表示する
学内役職歴閉じる
2016年04月
-
2018年03月
教育研究評議会評議員
2016年04月
-
2018年03月
大学院総合化学院長

社会貢献

委員歴

2018年04月
-
現在
有機合成化学協会 代議員
2010年
-
現在
万有札幌シンポジウム 組織委員
2007年04月
-
現在
高分解能核磁気共鳴装置研究室 責任者
2017年05月
-
2019年05月
日本化学会 本部理事
2017年04月
-
2019年03月
有機合成化学協会 北海道支部副支部長
2015年10月
-
2018年09月
北海道大学触媒科学研究所 評価委員会委員
2017年04月
-
2018年03月
有機合成化学区協会 支部推薦委員会委員
2007年04月
-
2018年03月
有機合成化学協会 北海道支部 常任幹事
2014年04月
-
2015年03月
北海道大学触媒化学研究センター 協議委員会委員
2010年04月
-
2011年03月
北海道大学大学院工学研究院 有機プロセス工学部門長
委員歴を全て表示する
委員歴閉じる
2018年04月
-
現在
有機合成化学協会 代議員
2010年
-
現在
万有札幌シンポジウム 組織委員
2007年04月
-
現在
高分解能核磁気共鳴装置研究室 責任者
2017年05月
-
2019年05月
日本化学会 本部理事
2017年04月
-
2019年03月
有機合成化学協会 北海道支部副支部長
2015年10月
-
2018年09月
北海道大学触媒科学研究所 評価委員会委員
2017年04月
-
2018年03月
有機合成化学区協会 支部推薦委員会委員
2007年04月
-
2018年03月
有機合成化学協会 北海道支部 常任幹事
2014年04月
-
2015年03月
北海道大学触媒化学研究センター 協議委員会委員
2010年04月
-
2011年03月
北海道大学大学院工学研究院 有機プロセス工学部門長
2007年
-
2010年
日本化学会 北海道支部 環境安全担当幹事
2006年04月
-
2007年03月
北海道大学大学院工学研究科 有機プロセス工学専攻長
2006年04月
-
2007年03月
北海道大学工学部 応用化学コース長
2006年04月
-
2007年03月
北海道大学工学部 応用理工系学科長

ページトップへ