NAM JIN-MINナム ジンミンresearchmap個人ページ

更新日 : 2017/11/17

基本情報

プロフィール

所属部署名
国際連携研究教育局 量子医理工学グローバルステーション
職名講師 
学位
修士(工学)(京都大学)
博士(生命科学)(京都大学)
メールアドレス
ホームページURL
科研費研究者番号

研究キーワード

放射線, 癌浸潤, 細胞接着

研究分野

内科系臨床医学 / 放射線科学
生物科学 / 構造生物化学
研究分野を全て表示する
研究分野閉じる
内科系臨床医学 / 放射線科学
生物科学 / 構造生物化学

職歴

2017年04月
-
現在
北海道大学医学研究院/医理工学院/GI-CoRE(講師)
2016年11月
-
2017年03月
北海道大学医学研究科/GI-CoRE(講師)
2015年04月
-
2016年11月
北海道大学医学研究科/GI-CoRE(助教)
2010年05月
-
2015年03月
北海道大学医学研究科(特任助教)
2008年02月
-
2010年05月
米国ローレンスバークレー国立研究所(博士研究員)
2007年09月
-
2008年01月
日本学術振興会(外国人特別研究員)
2007年04月
-
2007年08月
大阪バイオサイエンス研究所(博士研究員)
職歴を全て表示する
職歴閉じる
2017年04月
-
現在
北海道大学医学研究院/医理工学院/GI-CoRE(講師)
2016年11月
-
2017年03月
北海道大学医学研究科/GI-CoRE(講師)
2015年04月
-
2016年11月
北海道大学医学研究科/GI-CoRE(助教)
2010年05月
-
2015年03月
北海道大学医学研究科(特任助教)
2008年02月
-
2010年05月
米国ローレンスバークレー国立研究所(博士研究員)
2007年09月
-
2008年01月
日本学術振興会(外国人特別研究員)
2007年04月
-
2007年08月
大阪バイオサイエンス研究所(博士研究員)

学歴

2002年04月
-
2007年03月
京都大学 生命科学研究科
1999年04月
-
2002年03月
京都大学 工学研究科 合成・生物化学専攻
1995年03月
-
1999年02月
Sogang University 理学部 化学科
学歴を全て表示する
学歴閉じる
2002年04月
-
2007年03月
京都大学 生命科学研究科
1999年04月
-
2002年03月
京都大学 工学研究科 合成・生物化学専攻
1995年03月
-
1999年02月
Sogang University 理学部 化学科

所属学協会

日本癌学会
日本分子生物学会
日本生化学会
所属学協会を全て表示する
所属学協会閉じる
日本癌学会
日本分子生物学会
日本生化学会

研究活動

論文

Cell competition with normal epithelial cells promotes apical extrusion of transformed cells through metabolic changes.
Kon S, Ishibashi K, Katoh H, Kitamoto S, Shirai T, Tanaka S, Kajita M, Ishikawa S, Yamauchi H, Yako Y, Kamasaki T, Matsumoto T, Watanabe H, Egami R, Sasaki A, Nishikawa A, Kameda I, Maruyama T, Narumi R, Morita T, Sasaki Y, Enoki R, Honma S, Imamura H, Oshima M, Soga T, Miyazaki JI, Duchen MR, Nam JM, Onodera Y, Yoshioka S, Kikuta J, Ishii M, Imajo M, Nishida E, Fujioka Y, Ohba Y, Sato T, Fujita Y
Nature cell biology 19(5) 530-541 2017年05月
Nik-related kinase regulates trophoblast proliferation and placental development by modulating AKT phosphorylation.
Morioka Y, Nam JM, Ohashi T
PloS one 12(2) e0171503 2017年
High expression of EPB41L5, an integral component of the Arf6-driven mesenchymal program, correlates with poor prognosis of squamous cell carcinoma of the tongue.
Otsuka Y, Sato H, Oikawa T, Onodera Y, Nam JM, Hashimoto A, Fukunaga K, Hatanaka KC, Hatanaka Y, Matsuno Y, Fukuda S, Sabe H
Cell communication and signaling : CCS 14(1) 28 2016年11月
Evaluation of the relative biological effectiveness of spot-scanning proton irradiation in vitro.
Maeda K, Yasui H, Matsuura T, Yamamori T, Suzuki M, Nagane M, Nam JM, Inanami O, Shirato H
Journal of radiation research 57(3) 307-311 2016年06月
P53- and mevalonate pathway-driven malignancies require Arf6 for metastasis and drug resistance.
Hashimoto A, Oikawa T, Hashimoto S, Sugino H, Yoshikawa A, Otsuka Y, Handa H, Onodera Y, Nam JM, Oneyama C, Okada M, Fukuda M, Sabe H
The Journal of cell biology 213(1) 81-95 2016年04月
Increased sugar uptake promotes oncogenesis via EPAC/RAP1 and O-GlcNAc pathways.
Onodera Y, Nam JM, Bissell MJ
The Journal of clinical investigation 124(1) 367-384 2014年01月
Intracellular trafficking of integrins in cancer cells.
Onodera Y, Nam JM, Sabe H
Pharmacology & therapeutics 140(1) 1-9 2013年10月
Co-overexpression of GEP100 and AMAP1 proteins correlates with rapid local recurrence after breast conservative therapy.
Kinoshita R, Nam JM, Ito YM, Hatanaka KC, Hashimoto A, Handa H, Otsuka Y, Hashimoto S, Onodera Y, Hosoda M, Onodera S, Shimizu S, Tanaka S, Shirato H, Tanino M, Sabe H
PloS one 8(10) e76791 2013年
β1-Integrin via NF-κB signaling is essential for acquisition of invasiveness in a model of radiation treated in situ breast cancer.
Nam JM, Ahmed KM, Costes S, Zhang H, Onodera Y, Olshen AB, Hatanaka KC, Kinoshita R, Ishikawa M, Sabe H, Shirato H, Park CC
Breast cancer research : BCR 15(4) R60 2013年
Rab5c promotes AMAP1-PRKD2 complex formation to enhance β1 integrin recycling in EGF-induced cancer invasion.
Onodera Y, Nam JM, Hashimoto A, Norman JC, Shirato H, Hashimoto S, Sabe H
The Journal of cell biology 197(7) 983-996 2012年06月
論文を全て表示する
論文閉じる
Cell competition with normal epithelial cells promotes apical extrusion of transformed cells through metabolic changes.
Kon S, Ishibashi K, Katoh H, Kitamoto S, Shirai T, Tanaka S, Kajita M, Ishikawa S, Yamauchi H, Yako Y, Kamasaki T, Matsumoto T, Watanabe H, Egami R, Sasaki A, Nishikawa A, Kameda I, Maruyama T, Narumi R, Morita T, Sasaki Y, Enoki R, Honma S, Imamura H, Oshima M, Soga T, Miyazaki JI, Duchen MR, Nam JM, Onodera Y, Yoshioka S, Kikuta J, Ishii M, Imajo M, Nishida E, Fujioka Y, Ohba Y, Sato T, Fujita Y
Nature cell biology 19(5) 530-541 2017年05月
Nik-related kinase regulates trophoblast proliferation and placental development by modulating AKT phosphorylation.
Morioka Y, Nam JM, Ohashi T
PloS one 12(2) e0171503 2017年
High expression of EPB41L5, an integral component of the Arf6-driven mesenchymal program, correlates with poor prognosis of squamous cell carcinoma of the tongue.
Otsuka Y, Sato H, Oikawa T, Onodera Y, Nam JM, Hashimoto A, Fukunaga K, Hatanaka KC, Hatanaka Y, Matsuno Y, Fukuda S, Sabe H
Cell communication and signaling : CCS 14(1) 28 2016年11月
Evaluation of the relative biological effectiveness of spot-scanning proton irradiation in vitro.
Maeda K, Yasui H, Matsuura T, Yamamori T, Suzuki M, Nagane M, Nam JM, Inanami O, Shirato H
Journal of radiation research 57(3) 307-311 2016年06月
P53- and mevalonate pathway-driven malignancies require Arf6 for metastasis and drug resistance.
Hashimoto A, Oikawa T, Hashimoto S, Sugino H, Yoshikawa A, Otsuka Y, Handa H, Onodera Y, Nam JM, Oneyama C, Okada M, Fukuda M, Sabe H
The Journal of cell biology 213(1) 81-95 2016年04月
Increased sugar uptake promotes oncogenesis via EPAC/RAP1 and O-GlcNAc pathways.
Onodera Y, Nam JM, Bissell MJ
The Journal of clinical investigation 124(1) 367-384 2014年01月
Intracellular trafficking of integrins in cancer cells.
Onodera Y, Nam JM, Sabe H
Pharmacology & therapeutics 140(1) 1-9 2013年10月
Co-overexpression of GEP100 and AMAP1 proteins correlates with rapid local recurrence after breast conservative therapy.
Kinoshita R, Nam JM, Ito YM, Hatanaka KC, Hashimoto A, Handa H, Otsuka Y, Hashimoto S, Onodera Y, Hosoda M, Onodera S, Shimizu S, Tanaka S, Shirato H, Tanino M, Sabe H
PloS one 8(10) e76791 2013年
β1-Integrin via NF-κB signaling is essential for acquisition of invasiveness in a model of radiation treated in situ breast cancer.
Nam JM, Ahmed KM, Costes S, Zhang H, Onodera Y, Olshen AB, Hatanaka KC, Kinoshita R, Ishikawa M, Sabe H, Shirato H, Park CC
Breast cancer research : BCR 15(4) R60 2013年
Rab5c promotes AMAP1-PRKD2 complex formation to enhance β1 integrin recycling in EGF-induced cancer invasion.
Onodera Y, Nam JM, Hashimoto A, Norman JC, Shirato H, Hashimoto S, Sabe H
The Journal of cell biology 197(7) 983-996 2012年06月
Breast cancer cells in three-dimensional culture display an enhanced radioresponse after coordinate targeting of integrin alpha5beta1 and fibronectin.
Nam JM, Onodera Y, Bissell MJ, Park CC
Cancer research 70(13) 5238-5248 2010年07月
beta1 integrin targeting to enhance radiation therapy.
Nam JM, Chung Y, Hsu HC, Park CC
International journal of radiation biology 85(11) 923-928 2009年11月
The EGFR-GEP100-Arf6-AMAP1 signaling pathway specific to breast cancer invasion and metastasis.
Sabe H, Hashimoto S, Morishige M, Ogawa E, Hashimoto A, Nam JM, Miura K, Yano H, Onodera Y
Traffic (Copenhagen, Denmark) 10(8) 982-993 2009年08月
EphA2 engages Git1 to suppress Arf6 activity modulating epithelial cell-cell contacts.
Miura K, Nam JM, Kojima C, Mochizuki N, Sabe H
Molecular biology of the cell 20(7) 1949-1959 2009年04月
[Breast neoplasms: invasion and metastasis].
Onodera Y, Nam JM
Nihon rinsho. Japanese journal of clinical medicine 65 Suppl 6 33-38 2007年06月
CIN85, a Cbl-interacting protein, is a component of AMAP1-mediated breast cancer invasion machinery.
Nam JM, Onodera Y, Mazaki Y, Miyoshi H, Hashimoto S, Sabe H
The EMBO journal 26(3) 647-656 2007年02月
Neutrophil direction sensing and superoxide production linked by the GTPase-activating protein GIT2.
Mazaki Y, Hashimoto S, Tsujimura T, Morishige M, Hashimoto A, Aritake K, Yamada A, Nam JM, Kiyonari H, Nakao K, Sabe H
Nature immunology 7(7) 724-731 2006年07月
Construction of engineered yeast with the ability of binding to cellulose
Nam JM, Fujita Y, Arai T, Kondo A, Morikawa Y, Okada H, Ueda M, Tanaka A
J Mol Cat B: Enzymatic 17(17) 197-202 2002年

競争的資金等の研究課題

放射線による細胞外微小環境の変化と浸潤癌再発を抑制するためのターゲット分子の探索
文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間 : 2016年04月 - 2019年03月 代表者 : Nam Jin-Min
放射線影響による正常・乳癌細胞相互作用における分子メカニズムの多面性の解明
文部科学省:科学研究費補助金(若手研究(B))
研究期間 : 2013年03月 - 2016年03月 代表者 : Nam Jin-Min
放射線の影響による浸潤能亢進の分子機序の解明
文部科学省:科学研究費補助金(若手研究(B))
研究期間 : 2011年04月 - 2013年03月 代表者 : Nam Jin‐Min
競争的資金等の研究課題を全て表示する
競争的資金等の研究課題閉じる
放射線による細胞外微小環境の変化と浸潤癌再発を抑制するためのターゲット分子の探索
文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間 : 2016年04月 - 2019年03月 代表者 : Nam Jin-Min
放射線影響による正常・乳癌細胞相互作用における分子メカニズムの多面性の解明
文部科学省:科学研究費補助金(若手研究(B))
研究期間 : 2013年03月 - 2016年03月 代表者 : Nam Jin-Min
放射線の影響による浸潤能亢進の分子機序の解明
文部科学省:科学研究費補助金(若手研究(B))
研究期間 : 2011年04月 - 2013年03月 代表者 : Nam Jin‐Min

ページトップへ