中村 公則ナカムラ キミノリresearchmap個人ページ

更新日 : 2017/09/19

基本情報

プロフィール

所属部署名
先端生命科学研究院 生命機能科学研究部門 細胞生物科学分野
産学・地域協働推進機構
職名准教授 
学位
歯学博士(北海道医療大学)
メールアドレス
ホームページURLhttp://altair.sci.hokudai.ac.jp/infsig/
科研費研究者番号

研究キーワード

粘膜免疫, 自然免疫, 抗菌ペプチド, defensin, 消化管, パネト細胞, 幹細胞, 感染症, 炎症性腸疾患, 再生医療, 腸内環境

研究分野

歯学 / 形態系基礎歯科学
基礎医学 / 免疫学
研究分野を全て表示する
研究分野閉じる
歯学 / 形態系基礎歯科学
基礎医学 / 免疫学

職歴

2013年
-
現在
北海道大学大学院先端生命科学研究院 准教授
2011年
北海道大学大学院先端生命科学研究院 助教
2009年
北海道大学大学院先端生命科学研究院 特任助教
2005年
札幌医科大学医学部分子医学研究部門 講師
2004年
札幌医科大学医学部分子医学研究部門 助手
職歴を全て表示する
職歴閉じる
2013年
-
現在
北海道大学大学院先端生命科学研究院 准教授
2011年
北海道大学大学院先端生命科学研究院 助教
2009年
北海道大学大学院先端生命科学研究院 特任助教
2005年
札幌医科大学医学部分子医学研究部門 講師
2004年
札幌医科大学医学部分子医学研究部門 助手

学歴

2000年
北海道医療大学大学院歯学研究科修了(歯学博士)
1996年
北海道医療大学歯学部卒業
学歴を全て表示する
学歴閉じる
2000年
北海道医療大学大学院歯学研究科修了(歯学博士)
1996年
北海道医療大学歯学部卒業

所属学協会

日本分子生物学会
日本癌学会
日本消化器病学会
所属学協会を全て表示する
所属学協会閉じる
日本分子生物学会
日本癌学会
日本消化器病学会

研究活動

論文

Paneth cell α-defensins and enteric microbiota in health and disease.
Nakamura K, Sakuragi N, Takakuwa A, Ayabe T
Biosci Microbiota Food Health 2015年
Stiff substrates increase YAP-signaling-mediated matrix metalloproteinase-7 expression.
Nukuda A, Sasaki C, Ishihara S, Mizutani T, Nakamura K, Ayabe T, Kawabata K, Haga H
Oncogenesis 4 e165 2015年
Decreased Secretion of Paneth cell α-defensin in Graft-versus-host disease.
Eriguchi Y, Nakamura K, Hashimoto D, Shimoda S, Shimono N, Akashi K, Ayabe T, Teshima T
Transpl Infect Dis 17(5) 702-706 2015年
Efficient production of a correctly folded mouse α-defensin, cryptdin-4, by refolding during inclusion body solubilization.
Tomisawa S, Sato Y, Kamiya M, Kumaki Y, Kikukawa T, Kawano K, Demura M, Nakamura K, Ayabe T, Aizawa T
Protein Expr Purif 112 21-28 2015年
Pr1E11, a novel anti-TROP-2 antibody isolated by adenovirus-based antibody screening, recognizes a unique epitope.
Ikeda M, Yamaguchi M, Kato K, Nakamura K, Shiina S, Ichikawa-Ando T, Misaka H, Myojo K, Nakamura K, Sugimoto Y, Hamada H
Biochem Biophys Res Commun 458(4) 877-882 2015年
Bacterial cell wall components regulate adipokine secretion from visceral adipocytes.
Taira R, Yamaguchi S, Shimizu K, Nakamura K, Ayabe T, Taira T
J Clin Biochem Nutr 56(2) 149-154 2015年
Development of a sensitive screening method for selecting monoclonal antibodies to be internalized by cells.
Yamaguchi M, Nishii Y, Nakamura K, Aoki H, Hirai S, Uchida H, Sakuma Y, Hamada H
Biochem Biophys Res Commun 454(4) 600-603 2014年
A monoclonal antibody-based sandwich enzyme-linked immunosorbent assay for detection of secreted α-defensin.
Nakamura K, Sakuragi N, Ayabe T
Anal Biochem 443(2) 124-131 2013年
Reciprocal expression of enteric antimicrobial proteins in intestinal graft-versus-host disease.
Eriguchi Y, Uryu H, Nakamura K, Shimoji S, Takashima S, Iwasaki H, Miyamoto T, Shimono N, Hashimoto D, Akashi K, Ayabe T, Teshima T
Biol Blood Marrow Transplant 19(10) 1525-1529 2013年
Intracellular superoxide dismutase activity defines invasiveness of the murine T-lymphoma cell line L5187Y-ML25 in vitro and in vivo.
Tanaka M, Kuribayashi K, Kogawa K, Nakamura K, Watanabe N.
Leuk Res  37(1) 89-92 2013年
論文を全て表示する
論文閉じる
Paneth cell α-defensins and enteric microbiota in health and disease.
Nakamura K, Sakuragi N, Takakuwa A, Ayabe T
Biosci Microbiota Food Health 2015年
Stiff substrates increase YAP-signaling-mediated matrix metalloproteinase-7 expression.
Nukuda A, Sasaki C, Ishihara S, Mizutani T, Nakamura K, Ayabe T, Kawabata K, Haga H
Oncogenesis 4 e165 2015年
Decreased Secretion of Paneth cell α-defensin in Graft-versus-host disease.
Eriguchi Y, Nakamura K, Hashimoto D, Shimoda S, Shimono N, Akashi K, Ayabe T, Teshima T
Transpl Infect Dis 17(5) 702-706 2015年
Efficient production of a correctly folded mouse α-defensin, cryptdin-4, by refolding during inclusion body solubilization.
Tomisawa S, Sato Y, Kamiya M, Kumaki Y, Kikukawa T, Kawano K, Demura M, Nakamura K, Ayabe T, Aizawa T
Protein Expr Purif 112 21-28 2015年
Pr1E11, a novel anti-TROP-2 antibody isolated by adenovirus-based antibody screening, recognizes a unique epitope.
Ikeda M, Yamaguchi M, Kato K, Nakamura K, Shiina S, Ichikawa-Ando T, Misaka H, Myojo K, Nakamura K, Sugimoto Y, Hamada H
Biochem Biophys Res Commun 458(4) 877-882 2015年
Bacterial cell wall components regulate adipokine secretion from visceral adipocytes.
Taira R, Yamaguchi S, Shimizu K, Nakamura K, Ayabe T, Taira T
J Clin Biochem Nutr 56(2) 149-154 2015年
Development of a sensitive screening method for selecting monoclonal antibodies to be internalized by cells.
Yamaguchi M, Nishii Y, Nakamura K, Aoki H, Hirai S, Uchida H, Sakuma Y, Hamada H
Biochem Biophys Res Commun 454(4) 600-603 2014年
A monoclonal antibody-based sandwich enzyme-linked immunosorbent assay for detection of secreted α-defensin.
Nakamura K, Sakuragi N, Ayabe T
Anal Biochem 443(2) 124-131 2013年
Reciprocal expression of enteric antimicrobial proteins in intestinal graft-versus-host disease.
Eriguchi Y, Uryu H, Nakamura K, Shimoji S, Takashima S, Iwasaki H, Miyamoto T, Shimono N, Hashimoto D, Akashi K, Ayabe T, Teshima T
Biol Blood Marrow Transplant 19(10) 1525-1529 2013年
Intracellular superoxide dismutase activity defines invasiveness of the murine T-lymphoma cell line L5187Y-ML25 in vitro and in vivo.
Tanaka M, Kuribayashi K, Kogawa K, Nakamura K, Watanabe N.
Leuk Res  37(1) 89-92 2013年
Graft-versus-host disease disrupts intestinal microbial ecology by inhibiting Paneth cell production of α-defensins.
Eriguchi Y, Takashima S, Oka H, Shimoji S, Nakamura K, Uryu H, Shimoda S, Iwasaki H, Shimono N, Ayabe T, Akashi K, Teshima T
Blood 120(1) 223-231 2012年
Paneth cells and stem cells in the intestinal stem cell niche and their association with inflammatory bowel disease.
Nakamura K, Ayabe T
Inflammation Regeneration. 32(2) 53-60 2012年
Regulation of microbiota by antimicrobial peptides in the gut.
Masuda K, Nakamura K, Yoshioka S, Fukaya R, Sakai N, Ayabe T
Adv Otorhinolaryngol 72 97-99 2011年
EpCAM- and EGFR-targeted selective gene therapy for biliary cancers using Z33-fiber-modified adenovirus.
Kawashima R, Abei M, Fukuda K, Nakamura K, Murata T, Wakayama M, Seo E, Hasegawa N, Mizuguchi H, Obata Y, Hyodo I, Hamada H, Yokoyama KK.
Int J Cancer 129(5) 1244-1253 2011年
Neural cell adhesion molecule 2 as a target molecule for prostate and breast cancer gene therapy.
Takahashi S, Kato K, Nakamura K, Nakano R, Kubota K, Hamada H.
Cancer Sci 102(4) 808-814 2011年
Bactericidal activity of mouse α-defensin cryptdin-4 predominantly affects noncommensal bacteria.
Masuda K, Sakai N, Nakamura K, Yoshioka S, Ayabe T.
J Innate Immun 3(3) 315-326 2011年
Interleukin-2 gene transfer potentiates the alpha-galactosylceramide-stimulated antitumor effect by the induction of TRAIL in NKT and NK cells in mouse models of subcutaneous and metastatic carcinoma.
Nishihori Y, Kato K, Tanaka M, Okamoto T, Hagiwara S, Araki N, Kogawa K, Kuribayashi K, Nakamura K, Niitsu Y.
Cancer Biol Ther 8(18) 1763-1770 2009年
Targeting vectors for cancer gene therapy.
Nakamura K, Kato K, Tanaka T, Hamada H.
Front Biosci 1 332-340 2009年
Effect of transplantation of bone marrow-derived mesenchymal stem cells on mice infected with prions.
Song CH, Honmou O, Ohsawa N, Nakamura K, Hamada H, Furuoka H, Hasebe R, Horiuchi M.
J Virol 83(11) 5918-5927 2009年
Selective gene transfer into neurons via Na,K-ATPase beta1. Targeting gene transfer with monoclonal antibody and adenovirus vector.
Ishii K, Nakamura K, Kawaguchi S, Li R, Hirai S, Sakuragi N, Wada T, Kato K, Yamashita T, Hamada H.
J Gene Med 10(6) 597-609 2008年
Gene transfer of CD40-ligand to dendritic cells stimulates interferon-gamma production to induce growth arrest and apoptosis of tumor cells.
Tomihara K, Kato K, Masuta Y, Nakamura K, Uchida H, Sasaki K, Tanaka T, Huang J, Hiratsuka H, Hamada H.
Gene Ther 15(3) 203-213 2008年
Gene transfer of noncleavable cell surface mutants of human CD154 induces the immune response and diminishes systemic inflammatory reactions.
Masuta Y, Kato K, Tomihara K, Nakamura K, Sasaki K, Takahashi S, Hamada H.
J Immunother 30(7) 694-704 2007年
Exploration of target molecules for prostate cancer gene therapy.
Suzuki K, Nakamura K, Kato K, Hamada H, Tsukamoto T.
Prostate 67(11) 1163-1173 2007年
Wnt3/RhoA/ROCK signaling pathway is involved in adhesion-mediated drug resistance of multiple myeloma in an autocrine mechanism.
Kobune M, Chiba H, Kato J, Kato K, Nakamura K, Kawano Y, Takada K, Takimoto R, Takayama T, Hamada H, Niitsu Y.
Mol Cancer Ther 6(6) 1774-1784 2007年
Gene transfer of the CD40-ligand to human dendritic cells induces NK-mediated antitumor effects against human carcinoma cells.
Tomihara K, Kato K, Masuta Y, Nakamura K, Tanaka T, Hiratsuka H, Hamada H.
Int J Cancer 120(7) 1491-1498 2007年
Essential role of protein kinase C zeta in transducing a motility signal induced by superoxide and a chemotactic peptide, fMLP.
Kuribayashi K, Nakamura K, Tanaka M, Sato T, Kato J, Sasaki K, Takimoto R, Kogawa K, Terui T, Takayama T, Onuma T, Matsunaga T, Niitsu Y.
J Cell Biol 176(7) 1049-1060 2007年
Neuroprotection by PlGF gene-modified human mesenchymal stem cells after cerebral ischaemia.
Liu H, Honmou O, Harada K, Nakamura K, Houkin K, Hamada H, Kocsis JD.
Brain 129 2734-2745 2006年
Ex vivo expansion of G-CSF-mobilized peripheral blood CD133+ progenitor cells on coculture with human stromal cells.
Kawano Y, Kobune M, Chiba H, Nakamura K, Takimoto R, Takada K, Ito Y, Kato J, Hamada H, Niitsu Y.
Exp Hematol 34(2) 150-158 2006年
Mesenchymal stem cells that produce neurotrophic factors reduce ischemic damage in the rat middle cerebral artery occlusion model.
Kurozumi K, Nakamura K, Tamiya T, Kawano Y, Ishii K, Kobune M, Hirai S, Uchida H, Sasaki K, Ito Y, Kato K, Honmou O, Houkin K, Date I, Hamada H.
Mol Ther 11(1) 96-104 2005年
Bcl-xL gene transfer inhibits Bax translocation and prolongs cardiac cold preservation time in rats.
Huang J, Nakamura K, Ito Y, Uzuka T, Morikawa M, Hirai S, Tomihara K, Tanaka T, Masuta Y, Ishii K, Kato K, Hamada H.
Circulation 112(1) 76-83 2005年
Human mesenchymal stem cells xenografted directly to rat liver are differentiated into human hepatocytes without fusion.
Sato Y, Araki H, Kato J, Nakamura K, Kawano Y, Kobune M, Sato T, Miyanishi K, Takayama T, Takahashi M, Takimoto R, Iyama S, Matsunaga T, Ohtani S, Matsuura A, Hamada H, Niitsu Y.
Blood 106(2) 756-763 2005年
Expansion of CD34+ cells on telomerized human stromal cells without losing erythroid-differentiation potential in a serum-free condition.
Kobune M, Kawano Y, Kato J, Ito Y, Chiba H, Nakamura K, Fujimi A, Matsunaga T, Hamada H, Niitsu Y.
Int J Hematol 81(1) 18-25 2005年
BDNF gene-modified mesenchymal stem cells promote functional recovery and reduce infarct size in the rat middle cerebral artery occlusion model.
Kurozumi K, Nakamura K, Tamiya T, Kawano Y, Kobune M, Hirai S, Uchida H, Sasaki K, Ito Y, Kato K, Honmou O, Houkin K, Date I, Hamada H.
Mol Ther 9(2) 189-197 2004年
Anti-tumor effect of genetically engineered mesenchymal stem cells in a rat glioma model.
Nakamura K, Ito Y, Kawano Y, Kurozumi K, Kobune M, Tsuda H, Bizen A, Honmou O, Niitsu Y, Hamada H.
Gene Ther 11(14) 1155-1164 2004年
Indian hedgehog gene transfer augments hematopoietic support of human stromal cells including NOD/SCID-beta2m-/- repopulating cells.
Kobune M, Ito Y, Kawano Y, Sasaki K, Uchida H, Nakamura K, Dehari H, Chiba H, Takimoto R, Matsunaga T, Terui T, Kato J, Niitsu Y, Hamada H.
Blood 104(4) 1002-1009 2004年
Wnt3 modulates the characteristics and cobblestone area-supporting activity of human stromal cells.
Chiba H, Kobune M, Kato J, Kawano Y, Ito Y, Nakamura K, Asakura S, Hamada H, Niitsu Y.
Exp Hematol 32(12) 1194-1203 2004年
Pre-administration of angiopoietin-1 followed by VEGF induces functional and mature vascular formation in a rabbit ischemic model.
Yamauchi A, Ito Y, Morikawa M, Kobune M, Huang J, Sasaki K, Takahashi K, Nakamura K, Dehari H, Niitsu Y, Abe T, Hamada H.
J Gene Med 5(11) 994-1004 2003年
Myocardial injection of CA promoter-based plasmid mediates efficient transgene expression in rat heart.
Huang J, Ito Y, Kobune M, Sasaki K, Nakamura K, Dehari H, Takahashi K, Ikeda K, Uchida H, Kato K, Hamada H.
J Gene Med 5(10) 900-908 2003年
Adenoviral-delivered angiopoietin-1 reduces the infarction and attenuates the progression of cardiac dysfunction in the rat model of acute myocardial infarction.
Takahashi K, Ito Y, Morikawa M, Kobune M, Huang J, Tsukamoto M, Sasaki K, Nakamura K, Dehari H, Ikeda K, Uchida H, Hirai S, Abe T, Hamada H.
Mol Ther 8(4) 584-592 2003年
Inhibition of type I procollagen production by tRNAVal CTE-HSP47 ribozyme.
Hagiwara S, Nakamura K, Hamada H, Sasaki K, Ito Y, Kuribayashi K, Sato T, Sato Y, Takahashi M, Kogawa K, Kato J, Terui T, Takayama T, Matsunaga T, Taira K, Niitsu Y.
J Gene Med 5(9) 784-794 2003年
Telomerized human multipotent mesenchymal cells can differentiate into hematopoietic and cobblestone area-supporting cells.
Kobune M, Kawano Y, Ito Y, Chiba H, Nakamura K, Tsuda H, Sasaki K, Dehari H, Uchida H, Honmou O, Takahashi S, Bizen A, Takimoto R, Matsunaga T, Kato J, Kato K, Houkin K, Niitsu Y, Hamada H.
Exp Hematol 31(8) 715-722 2003年
Efficient BMP2 gene transfer and bone formation of mesenchymal stem cells by a fiber-mutant adenoviral vector.
Tsuda H, Wada T, Ito Y, Uchida H, Dehari H, Nakamura K, Sasaki K, Kobune M, Yamashita T, Hamada H.
Mol Ther 7(3) 354-365 2003年
Ex vivo expansion of human umbilical cord hematopoietic progenitor cells using a coculture system with human telomerase catalytic subunit (hTERT)-transfected human stromal cells.
Kawano Y, Kobune M, Yamaguchi M, Nakamura K, Ito Y, Sasaki K, Takahashi S, Nakamura T, Chiba H, Sato T, Matsunaga T, Azuma H, Ikebuchi K, Ikeda H, Kato J, Niitsu Y, Hamada H.
Blood 101(2) 532-540 2003年
Enhanced expression of type IV collagen-binding protein (p29) in Fyn-transfected murine fibrosarcoma cells.
Koike K, Kogawa K, Takayama T, Yoshizaki N, Muramatsu H, Nakamura K, Sakamaki S, Niitsu Y.
Jpn J Cancer Res 93(10) 1090-1099 2002年
Anti-metastatic gene therapy utilizing subcutaneous inoculation of EC-SOD gene transduced autologous fibroblast suppressed lung metastasis of Meth-A cells and 3LL cells in mice.
Tanaka M, Kogawa K, Nakamura K, Nishihori Y, Kuribayashi K, Hagiwara S, Muramatsu H, Sakamaki S, Niitsu Y.
Gene Ther 8(2) 149-156 2001年
Enhanced inhibition of experimental metastasis by the combination chemotherapy of Cu-Zn SOD and adriamycin.
Kogawa K, Muramatsu H, Tanaka M, Nishihori Y, Hagiwara S, Kuribayashi K, Nakamura K, Koike K, Sakamaki S, Niitsu Y.
Clin Exp Metastasis 17(3) 239-244 1999年
Suppression of intracellular Cu-Zn SOD results in enhanced motility and metastasis of Meth A sarcoma cells.
Tanaka M, Kogawa K, Nishihori Y, Kuribayashi K, Nakamura K, Muramatsu H, Koike K, Sakamaki S, Niitsu Y.
Int J Cancer 73(2) 187-192 1997年

書籍

臨床免疫・アレルギー科 Vol.64 No.1
腸上皮細胞の抗菌ペプチドによる自然免疫
科学評論社 2015年
分子消化器病 vol.10 No.1
抗菌ペプチドは腸内環境を制御できるか
先端医学社 2013年
臨床免疫・アレルギー科 Vol.57 No.1
腸内環境を制御するPaneth細胞αディフェンシン
科学評論社 2012年
実験医学 Vol.29 No.18
αディフェンシンによる腸内細菌制御
羊土社 2011年
IBD Research Vol.5 No.2
Paneth細胞とクローン病UPDATE
先端医学社 2011年
書籍を全て表示する
書籍閉じる
臨床免疫・アレルギー科 Vol.64 No.1
腸上皮細胞の抗菌ペプチドによる自然免疫
科学評論社 2015年
分子消化器病 vol.10 No.1
抗菌ペプチドは腸内環境を制御できるか
先端医学社 2013年
臨床免疫・アレルギー科 Vol.57 No.1
腸内環境を制御するPaneth細胞αディフェンシン
科学評論社 2012年
実験医学 Vol.29 No.18
αディフェンシンによる腸内細菌制御
羊土社 2011年
IBD Research Vol.5 No.2
Paneth細胞とクローン病UPDATE
先端医学社 2011年

講演・口頭発表等

αディフェンシンが規定する新しい腸内環境の可能性
中村 公則
第5回オルソオルガノジェネシス検討会 2015年08月 
αディフェンシンが規定する新しい腸内環境の可能性
中村 公則
北海道大学フード&メディカルイノベーション国際拠点開設記念 食と腸内環境 学術講演会「新しい腸内環境から考える健康」 2015年06月 
クローン病モデルマウスSAMP1/Yitの病態進行とα-defensinの分泌異常
中村 公則、櫻木 直也、綾部 時芳
第101回日本消化器病学会総会 2015年04月 
Paneth細胞α-defensinによる腸内細菌叢制御と疾患との関連の解明
中村 公則、櫻木 直也、綾部 時芳
2014年度 生理学研究所研究会 「粘膜免疫学と膜輸送生理学の融合」 2014年10月 
Deficiency of secreted cryptdin-4 detected in a mouse model of Crohn’s disease using a new sandwich ELISA.
Nakamura K, Kuroishi A, Kono M, Kobayashi M, Ayabe T.
Experimental Biology 2012 2012年04月 
講演・口頭発表等を全て表示する
講演・口頭発表等閉じる
αディフェンシンが規定する新しい腸内環境の可能性
中村 公則
第5回オルソオルガノジェネシス検討会 2015年08月 
αディフェンシンが規定する新しい腸内環境の可能性
中村 公則
北海道大学フード&メディカルイノベーション国際拠点開設記念 食と腸内環境 学術講演会「新しい腸内環境から考える健康」 2015年06月 
クローン病モデルマウスSAMP1/Yitの病態進行とα-defensinの分泌異常
中村 公則、櫻木 直也、綾部 時芳
第101回日本消化器病学会総会 2015年04月 
Paneth細胞α-defensinによる腸内細菌叢制御と疾患との関連の解明
中村 公則、櫻木 直也、綾部 時芳
2014年度 生理学研究所研究会 「粘膜免疫学と膜輸送生理学の融合」 2014年10月 
Deficiency of secreted cryptdin-4 detected in a mouse model of Crohn’s disease using a new sandwich ELISA.
Nakamura K, Kuroishi A, Kono M, Kobayashi M, Ayabe T.
Experimental Biology 2012 2012年04月 

特許

抗菌性ペプチドの分泌促進剤
腸管線維症処置剤
抗微生物物質産生・分泌促進剤
パネト細胞群の製造方法、パネト細胞の抗微生物物質の分泌を促進する対象のスクリーニング方法
特許を全て表示する
特許閉じる
抗菌性ペプチドの分泌促進剤
腸管線維症処置剤
抗微生物物質産生・分泌促進剤
パネト細胞群の製造方法、パネト細胞の抗微生物物質の分泌を促進する対象のスクリーニング方法

競争的資金等の研究課題

培養オルガノイド由来パネト細胞を用いた口腔細菌と腸管自然免疫のクロストーク解明
文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間 : 2014年 - 2016年 代表者 : 中村 公則
競争的資金等の研究課題を全て表示する
競争的資金等の研究課題閉じる
培養オルガノイド由来パネト細胞を用いた口腔細菌と腸管自然免疫のクロストーク解明
文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間 : 2014年 - 2016年 代表者 : 中村 公則

教育活動

主要な担当授業

実験生物科学
開講年度 : 2015年
課程区分 : 学士課程
開講学部 : 理学部
キーワード : 遺伝子解析法、タンパク質解析法、細胞解析法、個体解析法、顕微観察法
生体高分子学実験Ⅱ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 学士課程
開講学部 : 理学部
キーワード : 物理学実験,化学分析実験,有機合成実験,生化学実験, 分子生物学実験,細胞生物学実験、生物物理学実験
細胞構造科学Ⅲ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 学士課程
開講学部 : 理学部
キーワード : 細胞骨格、モータータンパク質、筋収縮、細胞周期、細胞分裂、染色体の複製・分配、紡錘体、がん、代謝、生合成、生体内酸化還元反応、光合成、オルガネラの起源
高分子機能学基礎実験
開講年度 : 2015年
課程区分 : 学士課程
開講学部 : 理学部
キーワード : 基礎実験手法、物理学実験、化学分析実験、有機合成実験、生化学実験、安全教育、法令
最新年度を全て表示する
主要な担当授業閉じる
実験生物科学
開講年度 : 2015年
課程区分 : 学士課程
開講学部 : 理学部
キーワード : 遺伝子解析法、タンパク質解析法、細胞解析法、個体解析法、顕微観察法
生体高分子学実験Ⅱ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 学士課程
開講学部 : 理学部
キーワード : 物理学実験,化学分析実験,有機合成実験,生化学実験, 分子生物学実験,細胞生物学実験、生物物理学実験
細胞構造科学Ⅲ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 学士課程
開講学部 : 理学部
キーワード : 細胞骨格、モータータンパク質、筋収縮、細胞周期、細胞分裂、染色体の複製・分配、紡錘体、がん、代謝、生合成、生体内酸化還元反応、光合成、オルガネラの起源
高分子機能学基礎実験
開講年度 : 2015年
課程区分 : 学士課程
開講学部 : 理学部
キーワード : 基礎実験手法、物理学実験、化学分析実験、有機合成実験、生化学実験、安全教育、法令
前年度を全て表示する
主要な担当授業閉じる
実験生物科学
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 学士課程
科目学部名 : 理学部
キーワード : 遺伝子解析法、タンパク質解析法、細胞解析法、個体解析法、顕微観察法
生体高分子学実験Ⅱ
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 学士課程
科目学部名 : 理学部
キーワード : 物理学実験,化学分析実験,有機合成実験,生化学実験, 分子生物学実験,細胞生物学実験、生物物理学実験
細胞構造科学Ⅲ
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 学士課程
科目学部名 : 理学部
キーワード : 細胞骨格、モータータンパク質、筋収縮、細胞周期、細胞分裂、染色体の複製・分配、紡錘体、がん、代謝、生合成、生体内酸化還元反応、光合成、オルガネラの起源
高分子機能学基礎実験
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 学士課程
科目学部名 : 理学部
キーワード : 基礎実験手法、物理学実験、化学分析実験、有機合成実験、生化学実験、安全教育、法令
前々年度を全て表示する
主要な担当授業閉じる
実験生物科学
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 学士課程
科目学部名 : 理学部
キーワード : 遺伝子解析法、タンパク質解析法、細胞解析法、個体解析法、顕微観察法
生体高分子学実験Ⅱ
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 学士課程
科目学部名 : 理学部
キーワード : 物理学実験,化学分析実験,有機合成実験,生化学実験, 分子生物学実験,細胞生物学実験、生物物理学実験
細胞構造科学Ⅲ
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 学士課程
科目学部名 : 理学部
キーワード : 細胞骨格、モータータンパク質、筋収縮、細胞周期、細胞分裂、染色体の複製・分配、紡錘体、がん、代謝、生合成、生体内酸化還元反応、光合成、オルガネラの起源
高分子機能学基礎実験
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 学士課程
科目学部名 : 理学部
キーワード : 基礎実験手法、物理学実験、化学分析実験、有機合成実験、生化学実験、安全教育、法令

その他

その他

内容 : 科学コミュニケーション 「消化管体験ツアー」

・「食と健康」に関する消化管の最新の研究成果を分かりやすく社会に伝える
アウトリーチ活動

2015年6月 北海道大学フード&メディカルイノベーション国際拠点「親子で楽しむ科学体験」にて開催
                                      (北海道札幌市)
2012年8月 子ども霞ヶ関見学デー(文部科学省)にて開催(東京都千代田区)
2012年8月 サイエンスパーク 札幌駅前通地下歩行空間にて開催(北海道札幌市)
2010年3月 科学であそぼ「おもしろ実験室」にて開催(北海道札幌市)
その他を全て表示する
その他閉じる
内容 : 科学コミュニケーション 「消化管体験ツアー」

・「食と健康」に関する消化管の最新の研究成果を分かりやすく社会に伝える
アウトリーチ活動

2015年6月 北海道大学フード&メディカルイノベーション国際拠点「親子で楽しむ科学体験」にて開催
                                      (北海道札幌市)
2012年8月 子ども霞ヶ関見学デー(文部科学省)にて開催(東京都千代田区)
2012年8月 サイエンスパーク 札幌駅前通地下歩行空間にて開催(北海道札幌市)
2010年3月 科学であそぼ「おもしろ実験室」にて開催(北海道札幌市)

ページトップへ