小野寺 康仁オノデラ ヤスヒトresearchmap個人ページ

更新日 : 2017/09/19

基本情報

プロフィール

所属部署名
医学研究院  
職名講師 
学位
修士(生命科学)(京都大学)
博士(生命科学)(京都大学)
メールアドレス
ホームページURLhttp://kaken.nii.ac.jp/d/r/90435561.ja.html
科研費研究者番号

研究キーワード

乳癌, 糖代謝, Warburg効果, 3次元培養, シグナル伝達

職歴

2014年10月
-
現在
北海道大学 医学(系)研究科(研究院)(講師)
2009年10月
-
2014年09月
北海道大学 医学(系)研究科(研究院)(助教)
2007年10月
-
2009年09月
ローレンスバークレー国立研究所(博士研究員)
2006年04月
-
2007年09月
大阪バイオサイエンス研究所(特別研究員)
職歴を全て表示する
職歴閉じる
2014年10月
-
現在
北海道大学 医学(系)研究科(研究院)(講師)
2009年10月
-
2014年09月
北海道大学 医学(系)研究科(研究院)(助教)
2007年10月
-
2009年09月
ローレンスバークレー国立研究所(博士研究員)
2006年04月
-
2007年09月
大阪バイオサイエンス研究所(特別研究員)

研究活動

論文

Increased sugar uptake promotes oncogenesis via EPAC/RAP1 and O-GlcNAc pathways.
Onodera Y, Nam JM, Bissell MJ
The Journal of clinical investigation 124 367-384 2014年01月
Intracellular trafficking of integrins in cancer cells.
Onodera Y, Nam JM, Sabe H
Pharmacology & therapeutics 140 1-9 2013年10月
Co-Overexpression of GEP100 and AMAP1 Proteins Correlates with Rapid Local Recurrence after Breast Conservative Therapy.
Kinoshita R, Nam JM, Ito YM, Hatanaka KC, Hashimoto A, Handa H, Otsuka Y, Hashimoto S, Onodera Y, Hosoda M, Onodera S, Shimizu S, Tanaka S, Shirato H, Tanino M, Sabe H
PloS one 8 e76791 2013年10月
Beta1-integrin via NF-kappaB signaling is essential for acquisition of invasiveness in a model of radiation treated in situ breast cancer.
Nam JM, Ahmed KM, Costes S, Zhang H, Onodera Y, Olshen AB, Hatanaka KC, Kinoshita R, Ishikawa M, Sabe H, Shirato H, Park CC
Breast cancer research : BCR 15 R60 2013年07月
['Molecular biology' of breast cancer].
Onodera Y
Nihon rinsho. Japanese journal of clinical medicine 70 Suppl 7 61-65 2012年09月
Rab5c promotes AMAP1-PRKD2 complex formation to enhance β1 integrin recycling in EGF-induced cancer invasion.
Onodera Y, Nam JM, Hashimoto A, Norman JC, Shirato H, Hashimoto S, Sabe H
The Journal of cell biology 197(7) 983-996 2012年06月
Breast cancer cells in three-dimensional culture display an enhanced radioresponse after coordinate targeting of integrin alpha5beta1 and fibronectin.
Nam JM, Onodera Y, Bissell MJ, Park CC
Cancer research 70(13) 5238-5248 2010年07月
The EGFR-GEP100-Arf6-AMAP1 signaling pathway specific to breast cancer invasion and metastasis.
Sabe H, Hashimoto S, Morishige M, Ogawa E, Hashimoto A, Nam JM, Miura K, Yano H, Onodera Y
Traffic (Copenhagen, Denmark) 10(8) 982-993 2009年08月
Fbx8 makes Arf6 refractory to function via ubiquitination.
Yano H, Kobayashi I, Onodera Y, Luton F, Franco M, Mazaki Y, Hashimoto S, Iwai K, Ronai Z, Sabe H
Molecular biology of the cell 19 822-832 2008年03月
[Breast neoplasms: invasion and metastasis].
Onodera Y, Nam JM
Nihon rinsho. Japanese journal of clinical medicine 65 Suppl 6 33-38 2007年06月
論文を全て表示する
論文閉じる
Increased sugar uptake promotes oncogenesis via EPAC/RAP1 and O-GlcNAc pathways.
Onodera Y, Nam JM, Bissell MJ
The Journal of clinical investigation 124 367-384 2014年01月
Intracellular trafficking of integrins in cancer cells.
Onodera Y, Nam JM, Sabe H
Pharmacology & therapeutics 140 1-9 2013年10月
Co-Overexpression of GEP100 and AMAP1 Proteins Correlates with Rapid Local Recurrence after Breast Conservative Therapy.
Kinoshita R, Nam JM, Ito YM, Hatanaka KC, Hashimoto A, Handa H, Otsuka Y, Hashimoto S, Onodera Y, Hosoda M, Onodera S, Shimizu S, Tanaka S, Shirato H, Tanino M, Sabe H
PloS one 8 e76791 2013年10月
Beta1-integrin via NF-kappaB signaling is essential for acquisition of invasiveness in a model of radiation treated in situ breast cancer.
Nam JM, Ahmed KM, Costes S, Zhang H, Onodera Y, Olshen AB, Hatanaka KC, Kinoshita R, Ishikawa M, Sabe H, Shirato H, Park CC
Breast cancer research : BCR 15 R60 2013年07月
['Molecular biology' of breast cancer].
Onodera Y
Nihon rinsho. Japanese journal of clinical medicine 70 Suppl 7 61-65 2012年09月
Rab5c promotes AMAP1-PRKD2 complex formation to enhance β1 integrin recycling in EGF-induced cancer invasion.
Onodera Y, Nam JM, Hashimoto A, Norman JC, Shirato H, Hashimoto S, Sabe H
The Journal of cell biology 197(7) 983-996 2012年06月
Breast cancer cells in three-dimensional culture display an enhanced radioresponse after coordinate targeting of integrin alpha5beta1 and fibronectin.
Nam JM, Onodera Y, Bissell MJ, Park CC
Cancer research 70(13) 5238-5248 2010年07月
The EGFR-GEP100-Arf6-AMAP1 signaling pathway specific to breast cancer invasion and metastasis.
Sabe H, Hashimoto S, Morishige M, Ogawa E, Hashimoto A, Nam JM, Miura K, Yano H, Onodera Y
Traffic (Copenhagen, Denmark) 10(8) 982-993 2009年08月
Fbx8 makes Arf6 refractory to function via ubiquitination.
Yano H, Kobayashi I, Onodera Y, Luton F, Franco M, Mazaki Y, Hashimoto S, Iwai K, Ronai Z, Sabe H
Molecular biology of the cell 19 822-832 2008年03月
[Breast neoplasms: invasion and metastasis].
Onodera Y, Nam JM
Nihon rinsho. Japanese journal of clinical medicine 65 Suppl 6 33-38 2007年06月
CIN85, a Cbl-interacting protein, is a component of AMAP1-mediated breast cancer invasion machinery.
Nam JM, Onodera Y, Mazaki Y, Miyoshi H, Hashimoto S, Sabe H
The EMBO journal 26(3) 647-656 2007年02月
ArfGAP family proteins in cell adhesion, migration and tumor invasion.
Sabe H, Onodera Y, Mazaki Y, Hashimoto S
Current opinion in cell biology 18 558-564 2006年10月
[Breast cancer invasiveness: how does it emerge?].
Hashimoto S, Onodera Y
Tanpakushitsu kakusan koso. Protein, nucleic acid, enzyme 51 803-810 2006年05月
Expression of AMAP1, an ArfGAP, provides novel targets to inhibit breast cancer invasive activities.
Onodera Y, Hashimoto S, Hashimoto A, Morishige M, Mazaki Y, Yamada A, Ogawa E, Adachi M, Sakurai T, Manabe T, Wada H, Matsuura N, Sabe H
The EMBO journal 24(5) 963-973 2005年03月
Assays and properties of the ArfGAPs, AMAP1 and AMAP2, in Arf6 function.
Hashimoto S, Hashimoto A, Yamada A, Onodera Y, Sabe H
Methods in enzymology 404 216-231 2005年
Requirement for Arf6 in breast cancer invasive activities.
Hashimoto S, Onodera Y, Hashimoto A, Tanaka M, Hamaguchi M, Yamada A, Sabe H
Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America 101 6647-6652 2004年04月
Interaction of POB1, a downstream molecule of small G protein Ral, with PAG2, a paxillin-binding protein, is involved in cell migration.
Oshiro T, Koyama S, Sugiyama S, Kondo A, Onodera Y, Asahara T, Sabe H, Kikuchi A
The Journal of biological chemistry 277 38618-38626 2002年10月

競争的資金等の研究課題

代謝の時空間的協調を介した細胞と微小環境の相互作用制御メカニズム
文部科学省:科学研究費補助金(挑戦的萌芽研究)
研究期間 : 2013年 - 2015年 代表者 : 小野寺 康仁
癌細胞の糖代謝亢進による細胞内シグナル伝達制御の分子メカニズム
文部科学省:科学研究費補助金(若手研究(B))
研究期間 : 2010年 - 2011年 代表者 : 小野寺 康仁
競争的資金等の研究課題を全て表示する
競争的資金等の研究課題閉じる
代謝の時空間的協調を介した細胞と微小環境の相互作用制御メカニズム
文部科学省:科学研究費補助金(挑戦的萌芽研究)
研究期間 : 2013年 - 2015年 代表者 : 小野寺 康仁
癌細胞の糖代謝亢進による細胞内シグナル伝達制御の分子メカニズム
文部科学省:科学研究費補助金(若手研究(B))
研究期間 : 2010年 - 2011年 代表者 : 小野寺 康仁

教育活動

主要な担当授業

医学総論
開講年度 : 2015年
課程区分 : 博士後期課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : シグナル伝達、EMT、細胞内トラフィック、癌、浸潤転移、モデルマウス
基本医学研究Ⅰ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : シグナル伝達、EMT、細胞内トラフィック、癌、浸潤転移、モデルマウス
基本医学研究Ⅱ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : シグナル伝達、EMT、細胞内トラフィック、癌、浸潤転移、モデルマウス
基本医学総論
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : シグナル伝達、EMT、細胞内トラフィック、癌、浸潤転移、モデルマウス
基盤医学研究Ⅰ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 博士後期課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : シグナル伝達、EMT、細胞内トラフィック、癌、浸潤転移、モデルマウス
基盤医学研究Ⅱ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 博士後期課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : シグナル伝達、EMT、細胞内トラフィック、癌、浸潤転移、モデルマウス
専門医学研究Ⅰ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : シグナル伝達、EMT、細胞内トラフィック、癌、浸潤転移、モデルマウス
専門医学研究Ⅱ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : シグナル伝達、EMT、細胞内トラフィック、癌、浸潤転移、モデルマウス
専門基礎医学Ⅱ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : シグナル伝達、EMT、細胞内トラフィック、癌、浸潤転移、モデルマウス
生化学Ⅱ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 学士課程
開講学部 : 医学部
キーワード : 分子生物学、細胞生物学
最新年度を全て表示する
主要な担当授業閉じる
医学総論
開講年度 : 2015年
課程区分 : 博士後期課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : シグナル伝達、EMT、細胞内トラフィック、癌、浸潤転移、モデルマウス
基本医学研究Ⅰ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : シグナル伝達、EMT、細胞内トラフィック、癌、浸潤転移、モデルマウス
基本医学研究Ⅱ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : シグナル伝達、EMT、細胞内トラフィック、癌、浸潤転移、モデルマウス
基本医学総論
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : シグナル伝達、EMT、細胞内トラフィック、癌、浸潤転移、モデルマウス
基盤医学研究Ⅰ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 博士後期課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : シグナル伝達、EMT、細胞内トラフィック、癌、浸潤転移、モデルマウス
基盤医学研究Ⅱ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 博士後期課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : シグナル伝達、EMT、細胞内トラフィック、癌、浸潤転移、モデルマウス
専門医学研究Ⅰ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : シグナル伝達、EMT、細胞内トラフィック、癌、浸潤転移、モデルマウス
専門医学研究Ⅱ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : シグナル伝達、EMT、細胞内トラフィック、癌、浸潤転移、モデルマウス
専門基礎医学Ⅱ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : シグナル伝達、EMT、細胞内トラフィック、癌、浸潤転移、モデルマウス
生化学Ⅱ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 学士課程
開講学部 : 医学部
キーワード : 分子生物学、細胞生物学
前年度を全て表示する
主要な担当授業閉じる
医学総論
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 博士後期課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : シグナル伝達、EMT、細胞内トラフィック、癌、浸潤転移、モデルマウス
基本医学研究Ⅰ
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : シグナル伝達、EMT、細胞内トラフィック、癌、浸潤転移、モデルマウス
基本医学研究Ⅱ
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : シグナル伝達、EMT、細胞内トラフィック、癌、浸潤転移、モデルマウス
基本医学総論
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : シグナル伝達、EMT、細胞内トラフィック、癌、浸潤転移、モデルマウス
基盤医学研究Ⅰ
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 博士後期課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : シグナル伝達、EMT、細胞内トラフィック、癌、浸潤転移、モデルマウス
基盤医学研究Ⅱ
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 博士後期課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : シグナル伝達、EMT、細胞内トラフィック、癌、浸潤転移、モデルマウス
専門医学研究Ⅰ
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : シグナル伝達、EMT、細胞内トラフィック、癌、浸潤転移、モデルマウス
専門医学研究Ⅱ
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : シグナル伝達、EMT、細胞内トラフィック、癌、浸潤転移、モデルマウス
専門基礎医学Ⅱ
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : シグナル伝達、EMT、細胞内トラフィック、癌、浸潤転移、モデルマウス
生化学Ⅱ
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 学士課程
科目学部名 : 医学部
キーワード : 分子生物学、細胞生物学
前々年度を全て表示する
主要な担当授業閉じる
医学総論
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 博士後期課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : シグナル伝達、EMT, 細胞内トラフィック、癌、浸潤転移、モデルマウス
基本医学研究Ⅰ
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : シグナル伝達、EMT, 細胞内トラフィック、癌、浸潤転移、モデルマウス
基本医学研究Ⅱ
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : シグナル伝達、EMT, 細胞内トラフィック、癌、浸潤転移、モデルマウス
基本医学総論
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : シグナル伝達、EMT、細胞内トラフィック、癌、浸潤転移、モデルマウス
基盤医学研究Ⅰ
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 博士後期課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : シグナル伝達、EMT, 細胞内トラフィック、癌、浸潤転移、モデルマウス
基盤医学研究Ⅱ
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 博士後期課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : シグナル伝達、EMT, 細胞内トラフィック、癌、浸潤転移、モデルマウス
専門医学研究Ⅰ
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : シグナル伝達、EMT, 細胞内トラフィック、癌、浸潤転移、モデルマウス
専門医学研究Ⅱ
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : シグナル伝達、EMT, 細胞内トラフィック、癌、浸潤転移、モデルマウス

ページトップへ