堀之内 孝広ホリノウチ タカヒロresearchmap個人ページ

更新日 : 2017/09/19

基本情報

プロフィール

所属部署名
医学研究院  生理系部門薬理学分野
職名講師 
学位
修士(薬学)(東邦大学)
博士(薬学)(東邦大学)
メールアドレス
ホームページURLhttp://saibo-yakuri.med.hokudai.ac.jp/
科研費研究者番号

研究キーワード

Gタンパク質共役型受容体, 細胞内シグナリング, 自律神経系, 肺高血圧, 平滑筋

研究分野

基礎医学 / 薬理学一般
薬学 / 生物系薬学
境界医学 / 応用薬理学
研究分野を全て表示する
研究分野閉じる
基礎医学 / 薬理学一般
薬学 / 生物系薬学
境界医学 / 応用薬理学

職歴

2010年10月
-
現在
北海道大学大学院 医学研究科 細胞薬理学分野(講師)
2007年04月
-
2010年09月
北海道大学大学院 医学研究科 細胞薬理学分野(助教)
2006年02月
-
2007年03月
北海道大学大学院 医学研究科 細胞薬理学分野(助手)
1998年02月
-
2006年01月
東邦大学 薬学部 薬理学教室(助手)
2005年01月
-
2006年01月
Monash大学 医学部 分子薬理学教室(客員研究員)
2003年12月
-
2004年11月
福井大学 医学部 医学科 生命情報医科学講座 薬理学領域(協力研究員)
職歴を全て表示する
職歴閉じる
2010年10月
-
現在
北海道大学大学院 医学研究科 細胞薬理学分野(講師)
2007年04月
-
2010年09月
北海道大学大学院 医学研究科 細胞薬理学分野(助教)
2006年02月
-
2007年03月
北海道大学大学院 医学研究科 細胞薬理学分野(助手)
1998年02月
-
2006年01月
東邦大学 薬学部 薬理学教室(助手)
2005年01月
-
2006年01月
Monash大学 医学部 分子薬理学教室(客員研究員)
2003年12月
-
2004年11月
福井大学 医学部 医学科 生命情報医科学講座 薬理学領域(協力研究員)

学歴

1993年04月
-
1995年03月
東邦大学大学院 薬学研究科 薬理学
1989年04月
-
1993年03月
東邦大学 薬学部 薬学
学歴を全て表示する
学歴閉じる
1993年04月
-
1995年03月
東邦大学大学院 薬学研究科 薬理学
1989年04月
-
1993年03月
東邦大学 薬学部 薬学

所属学協会

イギリス薬理学会
国際心臓研究学会
社団法人 日本薬理学会
社団法人 日本薬学会
日本眼薬理学会
日本平滑筋学会
日本循環薬理学会
所属学協会を全て表示する
所属学協会閉じる
イギリス薬理学会
国際心臓研究学会
社団法人 日本薬理学会
社団法人 日本薬学会
日本眼薬理学会
日本平滑筋学会
日本循環薬理学会

研究活動

論文

Endothelin-1 activates extracellular signal-regulated kinases 1/2 via transactivation of platelet-derived growth factor receptor in rat L6 myoblasts.
Harada, T., Horinouchi, T., Higa, T., Hoshi, A., Higashi, T., Terada, K., Mai, Y., Nepal, P., Horiguchi, M., Hatate, C., Miwa, S.
Life Sci. 104 24-31 2014年
Endothelin receptor signaling: new insight into its regulatory mechanisms.
堀之内 孝広
J. Pharmacol. Sci. 123 85-101 2013年
Identification of stable cytotoxic factors in the gas phase extract of cigarette smoke and pharmacological characterization of their cytotoxicity.
Noya, Y., Seki, K., Asano, H., Mai, Y., Horinouchi, T., Higashi, T., Terada, K., Hatate, C., Hoshi, A., Nepal, P., Horiguchi, M., Kuge, Y., Miwa, S.
Toxicology 314 1-10 2013年
Gタンパク質共役型受容体を介した持続性Ca2+流入の活性化機構:エンドセリンA型受容体を中心に.
堀之内孝広,三輪聡一
日本薬理学雑誌 134 8-12 2009年
New insights into beta-adrenoceptors in smooth muscle: distribution of receptor subtypes and molecular mechanisms triggering muscle relaxation.
Tanaka, Y., Horinouchi, T., Koike, K.
Clin. Exp. Pharmacol. Physiol. 32 503-514 2005年
Tissue segment binding method ---- a powerful tool for pharmacome analysis of native receptors.
Muramatsu, I., Tanaka, T., Suzuki, S., Hiraizumi-Hiraoka, Y., Anisuzzaman, ASMd., Yamamoto, H., Horinouchi, T., Morishima, S.
J. Pharmacol. Sci. 98 331-339 2005年
cAMP-independent mechanism is significantly involved in β2-adrenoceptor-mediated tracheal relaxation.
European Journal of Pharmacology Vol. 492, P65-P70 2004年
β1-Adrenoceptor-mediated relaxation with isoprenaline and the role of MaxiK channels in guinea-pig esophageal smooth muscle.
Journal of Smooth Muscle Research Vol. 40, P43-P52 2004年
Cholinesterase阻害薬distigmine bromideの膀胱及び尿道に対する作用.
応用薬理 Vol. 64, P45-P52 2003年
Phospholipase C inhibitors suppress spontaneous mechanical activity of guinea pig urinary bladder smooth muscle.
Biological and Pharmaceutical Bulletin, Vol. 26, P1192-P1194 2003年
論文を全て表示する
論文閉じる
Endothelin-1 activates extracellular signal-regulated kinases 1/2 via transactivation of platelet-derived growth factor receptor in rat L6 myoblasts.
Harada, T., Horinouchi, T., Higa, T., Hoshi, A., Higashi, T., Terada, K., Mai, Y., Nepal, P., Horiguchi, M., Hatate, C., Miwa, S.
Life Sci. 104 24-31 2014年
Endothelin receptor signaling: new insight into its regulatory mechanisms.
堀之内 孝広
J. Pharmacol. Sci. 123 85-101 2013年
Identification of stable cytotoxic factors in the gas phase extract of cigarette smoke and pharmacological characterization of their cytotoxicity.
Noya, Y., Seki, K., Asano, H., Mai, Y., Horinouchi, T., Higashi, T., Terada, K., Hatate, C., Hoshi, A., Nepal, P., Horiguchi, M., Kuge, Y., Miwa, S.
Toxicology 314 1-10 2013年
Gタンパク質共役型受容体を介した持続性Ca2+流入の活性化機構:エンドセリンA型受容体を中心に.
堀之内孝広,三輪聡一
日本薬理学雑誌 134 8-12 2009年
New insights into beta-adrenoceptors in smooth muscle: distribution of receptor subtypes and molecular mechanisms triggering muscle relaxation.
Tanaka, Y., Horinouchi, T., Koike, K.
Clin. Exp. Pharmacol. Physiol. 32 503-514 2005年
Tissue segment binding method ---- a powerful tool for pharmacome analysis of native receptors.
Muramatsu, I., Tanaka, T., Suzuki, S., Hiraizumi-Hiraoka, Y., Anisuzzaman, ASMd., Yamamoto, H., Horinouchi, T., Morishima, S.
J. Pharmacol. Sci. 98 331-339 2005年
cAMP-independent mechanism is significantly involved in β2-adrenoceptor-mediated tracheal relaxation.
European Journal of Pharmacology Vol. 492, P65-P70 2004年
β1-Adrenoceptor-mediated relaxation with isoprenaline and the role of MaxiK channels in guinea-pig esophageal smooth muscle.
Journal of Smooth Muscle Research Vol. 40, P43-P52 2004年
Cholinesterase阻害薬distigmine bromideの膀胱及び尿道に対する作用.
応用薬理 Vol. 64, P45-P52 2003年
Phospholipase C inhibitors suppress spontaneous mechanical activity of guinea pig urinary bladder smooth muscle.
Biological and Pharmaceutical Bulletin, Vol. 26, P1192-P1194 2003年
Evidence for the significant role for Gs-triggered mechanism unrelated to the activation of adenylyl cyclase in cyclic AMP-independent relaxant response of tracheal smooth muscle from the guinea-pig.
Naunyn-Schmiedeberg’s Archives of Pharmacology Vol. 368, P437-P441 2003年
Pharmacological evidence that tetraethylammonium-sensitive, Iberiotoxin- insensitive K+ channels function as a negative-feedback element for sympathetic neurotransmission via suppression of ω-conotoxin-GVIA-insensitive Ca2+ channe・・・
Naunyn-Schmiedeberg’s Archives of Pharmacology Vol. 367, P35-P42 2003年
The β3-adrenoceptor-mediated relaxation induced by dopamine in guinea pig taenia caucum.
Journal of Smooth Muscle Research Vol. 39, P39-P45 2003年
Function of β1-adrenoceptors and mRNA expression of β1- and β2-adrenoceptors in guinea-pig esophagus.
European Journal of Pharmacology Vol. 473, P79-P82 2003年
Evidence for the primary role for 4-aminopyridine-sensitive Kv channels in β3-adrenoceptor-mediated, cyclic AMP- independent relaxations of guinea-pig gastrointestinal smooth muscles.
Naunyn-Schmiedeberg’s Archives of Pharmacology Vol. 367, P193-P203 2003年
MaxiK channel mediates β2-adrenoceptor-activated relaxation to isoprenaline through cAMP-dependent and -independent mechanisms in guinea-pig tracheal smooth muscle.
Journal of Smooth Muscle Research Vol. 39, P205-P219 2003年
Pharmacological characterization and novel signaling pathways of beta3-adrenoceptors in guinea pig gastric fundus.
Horinouchi, T., Koike, K.
Curr. Top. Pharmacol. 6 1-24 2002年
ウサギ瞳孔括約筋におけるβ-アドレナリン受容体の立体選択性に関する研究.
新しい眼科 Vol. 19, P99-P105 2002年
Evidence that action potential generation is not the exclusive determinant to trigger spontaneous myogenic contraction of guinea-pig urinary bladder smooth muscle.
Acta Physiologica Scandinavica Vol. 176, P57-P63 2002年
2-Aminoethoxydiphenyl borate causes dissociation between membrane electrical and mechanical activity in guinea-pig urinary bladder smooth muscle.
Naunyn-Schmiedeberg’s Archives of Pharmacology Vol. 266, P282-P285 2002年
Partial agonistic activity of labetalol, the arylethanolamine, on β3-adrenoceptors in the guinea pig gastric fundus.
Autonomic and Autacoid Pharmacology Vol. 22, P29-P35 2002年
Cyclic AMP-independent relaxation mediated by β3-adrenoceptors on guinea pig gastrointestine.
European Journal of Pharmacology Vol. 442, P137-P146 2002年
Pharmacological characterization and novel signaling pathways of β3-adrenoceptors in guinea pig gastric fundus.
Current Topics in Pharmacology Vol. 6, P1-P24 2002年
Functional contribution of voltage-dependent and Ca2+-activated K+ (BKCa) channels to the relaxation of guinea-pig aorta in response to natriuretic peptides.
Journal of Smooth Muscle Research Vol. 38, P117-P129 2002年
Nitric oxide (NO) primarily accounts for endothelium-dependent component of β-adrenoceptor-activated smooth muscle relaxation of mouse aorta in response to isoprenaline.
Journal of Smooth Muscle Research Vol. 38, P87-P99 2002年
Pharmacological characterization of α1-adrenoceptor in mouse iliac artery.
European Journal of Pharmacology Vol. 456, P77-P79 2002年
The β2- and β3-adrenoceptor-mediated relaxation induced by fenoterol in guinea pig taenia caucum.
Journal of Smooth Muscle Research Vol. 38, P145-P151 2002年
MaxiK channel-mediated relaxation of guinea-pig aorta following stimulation of IP receptor with beraprost via cyclic AMP-dependent and -independent mechanisms.
Naunyn-Schmiedeberg’s Archives of Pharmacology Vol. 364, P538-P550 2001年
Structure-activity relationship studies of (±)-terbutaline and (±)-fenoterol on β3-adrenoceptors in the guinea pig gastric fundus.
Journal of Smooth Muscle Research Vol. 37, P105-P112 2001年
(±)-Pindolol acts as a partial agonist at atypical β-adrenoceptors in the guinea pig duodenum.
The Japanese Journal of Pharmacology Vol. 85, P35-P40 2001年
Partial agonistic properties of (±)-pindolol at atypical β-adrenoceptors in the guinea pig gastric fundus.
Pharmacology Vol. 63, P197-P202 2001年
Effect of SR59230A on atypical β-adrenoceptor mediating relaxation in the guinea pig gastric fundus.
Pharmacology Vol. 62, P98-P102 2001年
Further characterization of β3-adrenoceptors in the guinea pig gastric fundus: Stereoselectivity, β-adrenoceptor alkylating and structure-activity relationship.
Canadian Journal of Physiology and Pharmacology Vol. 79, P985-P995 2001年
Agonistic activity of SR59230A at atypical β-adrenoceptors in guinea pig gastric fundus and duodenum.
European Journal of Pharmacology Vol. 416, P165-P168 2001年
Functional properties of atypical β-adrenoceptors on the guinea pig duodenum.
European Journal of Pharmacology Vol. 416, P153-P163 2001年
The β3-adrenoceptor-mediated relaxation induced by epinephrine in guinea pig taenia caecum.
Journal of Smooth Muscle Research Vol. 36, P93-P99 2000年
Further evidence that (±)-carteolol-induced relaxation is mediated by β2-adrenoceptors but not by β3-adrenoceptors in the guinea pig taenia caecum.
Journal of Smooth Muscle Research Vol. 36, P145-P153 2000年
Functional identification of β3-adrenoceptors in the guinea pig ileum using the non-selective β-adrenoceptor antagonist (±)-bupranolol.
Journal of Autonomic Pharmacology Vol. 20, P253-P258 2000年
Partial agonistic effects of carteolol on atypical β-adrenoceptors in the guinea pig gastric fundus.
The Japanese Journal of Pharmacology Vol. 84, P287-P292 2000年
Partial agonist activity of carteolol on atypical β-adrenoceptors in the guinea pig duodenum.
European Journal of Pharmacology Vol. 403, P133-P138 2000年
Pharmacological analysis of atypical β-adrenoceptors in the guinea pig gastric fundus using the β3-adrenoceptor antagonist bupranolol.
Pharmacology Vol. 59, P290-P297 1999年
Effect of bupranolol for BRL37344 and noradrenaline-induced relaxations mediating atypical β/β3-adrenoceptor in rat oesophageal muscularis mucosae.
General Pharmacology Vol. 33, P173-P178 1999年
Characterization of atypical β-adrenoceptors in the guinea pig duodenum.
European Journal of Pharmacology Vol. 376, P61-P66 1999年
The β2- and β3-adrenoceptor-mediated relaxation induced by isoprenaline and salbutamol in guinea pig taenia caecum.
Journal of Smooth Muscle Research Vol. 33, P99-P106  1997年
Signal transduction pathway involved in β3-adrenoceptor-mediated relaxation in guinea pig taenia caecum.
The Japanese Journal of Pharmacology Vol. 68, P41-P46  1995年
Possible mechanisms of β-adrenoceptor-mediated relaxation induced by noradrenaline in guinea pig taenia caecum.
European Journal of Pharmacology Vol. 279, P159-P163  1995年
Effect of bupranolol on CGP 12177-induced relaxation and cAMP accumulation in the guinea pig taenia caecum.
General Pharmacology Vol. 26, P1791-P1794 1995年
Involvement of β3-adrenoceptor in the relaxation response in guinea pig taenia caecum.
The Japanese Journal of Pharmacology  Vol. 66, P213-P220 1994年
Comparison of interactions of R(+)- and S(-)-isomers of β-adrenergic partial agonists, befunolol and carteolol, with high affinity site of β-adrenoceptors in the microsomal fractions from guinea-pig ciliary body, right atria and trachea.
General Pharmacology Vol. 25, P1477-P1481 1994年

講演・口頭発表等

肺高血圧症治療薬の現状と今後の展望-作用機序と創薬を中心に-
堀之内 孝広
第5回東京肺高血圧症研究会 2014年06月 
ユビキチン化によるエンドセリン受容体の細胞内トラフィッキング制御
三輪聡一,寺田晃士,東恒仁,Nepal Prabha,堀之内孝広
第87回日本薬理学会年会 2014年03月 
エンドセリン受容体シグナルソーム形成からみた治療戦略
堀之内孝広,寺田晃士,東恒仁,星暁壮,三輪聡一
第87回日本薬理学会年会 2014年03月 
循環動態改善薬の最前線-基礎から臨床応用へ-
堀之内 孝広
第32回日本小児循環動態研究会学術集会 2012年11月 
講演・口頭発表等を全て表示する
講演・口頭発表等閉じる
肺高血圧症治療薬の現状と今後の展望-作用機序と創薬を中心に-
堀之内 孝広
第5回東京肺高血圧症研究会 2014年06月 
ユビキチン化によるエンドセリン受容体の細胞内トラフィッキング制御
三輪聡一,寺田晃士,東恒仁,Nepal Prabha,堀之内孝広
第87回日本薬理学会年会 2014年03月 
エンドセリン受容体シグナルソーム形成からみた治療戦略
堀之内孝広,寺田晃士,東恒仁,星暁壮,三輪聡一
第87回日本薬理学会年会 2014年03月 
循環動態改善薬の最前線-基礎から臨床応用へ-
堀之内 孝広
第32回日本小児循環動態研究会学術集会 2012年11月 

受賞

2008年06月
アクテリオン ファーマシューティカルズ ジャパン 第3回 アクテリオン アカデミア プライズ エンドセリン系由来の循環器疾患に関与するイオン輸送システムの機能制御機構とその病態生理的意義の解明 
受賞を全て表示する
受賞閉じる
2008年06月
アクテリオン ファーマシューティカルズ ジャパン 第3回 アクテリオン アカデミア プライズ エンドセリン系由来の循環器疾患に関与するイオン輸送システムの機能制御機構とその病態生理的意義の解明 

教育活動

主要な担当授業

医学研究法Ⅱ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 博士後期課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : 薬理学 心血管系 PharmacologyCardiovascular system
医学研究法Ⅳ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 博士後期課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : 薬理学 心血管系 PharmacologyCardiovascular system
医学総論
開講年度 : 2015年
課程区分 : 博士後期課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : 薬理学 薬物副作用 PharmacologyAdverse effects of drugs
基本医学研究Ⅰ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : 薬理学 心血管系 薬物受容体 PharmacologyCardiovascular systemDrug receptors
基本医学研究Ⅱ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : 薬理学 心血管系 Gタンパク質共役型受容体 受容体動態 PharmacologyCardiovascular systemG-protein-coupled receptorsReceptor trafficking
基本医学研究法Ⅱ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : 薬理学 心血管系 PharmacologyCardiovascular system
基本医学総論
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : 薬理学 薬物副作用PharmacologyAdverse effects of drugs
基盤医学研究Ⅰ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 博士後期課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : 薬理学 心血管系 薬物受容体 PharmacologyCardiovascular systemDrug receptors
基盤医学研究Ⅱ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 博士後期課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : 薬理学 心血管系 Gタンパク質共役型受容体 受容体動態 PharmacologyCardiovascular systemG-protein-coupled receptorsReceptor trafficking
基礎情報伝達学
開講年度 : 2015年
課程区分 : 学士課程
開講学部 : 医学部
最新年度を全て表示する
主要な担当授業閉じる
医学研究法Ⅱ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 博士後期課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : 薬理学 心血管系 PharmacologyCardiovascular system
医学研究法Ⅳ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 博士後期課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : 薬理学 心血管系 PharmacologyCardiovascular system
医学総論
開講年度 : 2015年
課程区分 : 博士後期課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : 薬理学 薬物副作用 PharmacologyAdverse effects of drugs
基本医学研究Ⅰ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : 薬理学 心血管系 薬物受容体 PharmacologyCardiovascular systemDrug receptors
基本医学研究Ⅱ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : 薬理学 心血管系 Gタンパク質共役型受容体 受容体動態 PharmacologyCardiovascular systemG-protein-coupled receptorsReceptor trafficking
基本医学研究法Ⅱ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : 薬理学 心血管系 PharmacologyCardiovascular system
基本医学総論
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : 薬理学 薬物副作用PharmacologyAdverse effects of drugs
基盤医学研究Ⅰ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 博士後期課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : 薬理学 心血管系 薬物受容体 PharmacologyCardiovascular systemDrug receptors
基盤医学研究Ⅱ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 博士後期課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : 薬理学 心血管系 Gタンパク質共役型受容体 受容体動態 PharmacologyCardiovascular systemG-protein-coupled receptorsReceptor trafficking
基礎情報伝達学
開講年度 : 2015年
課程区分 : 学士課程
開講学部 : 医学部
専門医学研究Ⅰ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : 薬理学心血管系 薬物受容体PharmacologyCardiovascular systemDrug receptors
専門医学研究Ⅱ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : 薬理学 心血管系 Gタンパク質共役型受容体 受容体動態 PharmacologyCardiovascular systemG-protein-coupled receptorsReceptor trafficking
専門基礎医学Ⅳ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : 薬理学 薬力学 薬物動態学 PharmacologyPharmacodynamicsPharmacokinetics
専門基礎医学Ⅳ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : 細胞内情報伝達経路、イオンチャネル、トランスポーター、受容体intracellular signal transduction, ion channels, transporters,receptors
専門基礎医学Ⅳ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : 薬物療法、薬力学、薬物動態学、副作用Pharmacotherapy, Pharmacodynamics, Pharmacokinetics, Side effects
薬理学
開講年度 : 2015年
課程区分 : 学士課程
開講学部 : 医学部
薬理学Ⅰ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 学士課程
開講学部 : 医学部
キーワード : 細胞内情報伝達経路、イオンチャネル、トランスポーター、受容体
薬理学Ⅱ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 学士課程
開講学部 : 医学部
キーワード : 薬理学 薬力学 薬物動態学
薬理学実習
開講年度 : 2015年
課程区分 : 学士課程
開講学部 : 医学部
キーワード : 薬物療法、薬力学、薬物動態学、副作用
前年度を全て表示する
主要な担当授業閉じる
医学研究法Ⅱ
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 博士後期課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : 薬理学 Pharmacology心血管系 Cardiovascular system
医学研究法Ⅳ
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 博士後期課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : 薬理学 Pharmacology心血管系 Cardiovascular system
医学総論
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 博士後期課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : 薬理学 Pharmacology薬物副作用 Adverse effects of drugs
基本医学研究Ⅰ
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : 薬理学 Pharmacology心血管系 Cardiovascular system薬物受容体 Drug receptors
基本医学研究Ⅱ
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : 薬理学 Pharmacology心血管系 Cardiovascular systemGタンパク質共役型受容体 G-protein-coupled receptors受容体動態 Receptor trafficking
基本医学研究法Ⅱ
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : 薬理学 Pharmacology心血管系 Cardiovascular system
基本医学研究法Ⅳ
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : 薬理学 Pharmacology心血管系 Cardiovascular system
基本医学総論
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : 薬理学 Pharmacology薬物副作用 Adverse effects of drugs
基盤医学研究Ⅰ
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 博士後期課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : 薬理学 Pharmacology心血管系 Cardiovascular system薬物受容体 Drug receptors
基盤医学研究Ⅱ
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 博士後期課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : 薬理学 Pharmacology心血管系 Cardiovascular systemGタンパク質共役型受容体 G-protein-coupled receptors受容体動態 Receptor trafficking
基礎情報伝達学
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 学士課程
科目学部名 : 医学部
専門医学研究Ⅰ
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : 薬理学 Pharmacology心血管系 Cardiovascular system薬物受容体 Drug receptors
専門医学研究Ⅱ
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : 薬理学 Pharmacology心血管系 Cardiovascular systemGタンパク質共役型受容体 G-protein-coupled receptors受容体動態 Receptor trafficking
専門基礎医学Ⅳ
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : 薬理学 Pharmacology薬力学 Pharmacodynamics薬物動態学 Pharmacokinetics
専門基礎医学Ⅳ
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : 細胞内情報伝達経路、イオンチャネル、トランスポーター、受容体intracellular signal transduction, ion channels, transporters,receptors
専門基礎医学Ⅳ
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : 薬物療法、薬力学、薬物動態学、副作用Pharmacotherapy, Pharmacodynamics, Pharmacokinetics, Side effects
薬理学
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 学士課程
科目学部名 : 医学部
薬理学Ⅰ
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 学士課程
科目学部名 : 医学部
キーワード : 細胞内情報伝達経路、イオンチャネル、トランスポーター、受容体
薬理学Ⅱ
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 学士課程
科目学部名 : 医学部
キーワード : 薬物療法、薬力学、薬物動態学、副作用
薬理学実習
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 学士課程
科目学部名 : 医学部
キーワード : 薬物療法、薬力学、薬物動態学、副作用
前々年度を全て表示する
主要な担当授業閉じる
医学研究法Ⅱ
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 博士後期課程
科目学部名 : 医学研究科
医学研究法Ⅳ
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 博士後期課程
科目学部名 : 医学研究科
医学総論
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 博士後期課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : ・心血管系・自律神経系・プロスタノイド・アンギオテンシン・エンドセリン
医学総論
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 博士後期課程
科目学部名 : 医学研究科
基本医学研究Ⅰ
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : タンパク質、核酸、糖質、脂質、酵素
基本医学研究Ⅰ
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : 循環器薬理、Ca2+チャネル、シグナル伝達
基本医学研究Ⅱ
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : 循環器薬理、Ca2+チャネル、シグナル伝達
基本医学研究法Ⅱ
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 医学研究科
基本医学研究法Ⅳ
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 医学研究科
基本医学総論
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : 心血管系
基盤医学研究Ⅰ
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 博士後期課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : 循環器薬理、Ca2+チャネル、シグナル伝達
基盤医学研究Ⅱ
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 博士後期課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : 循環器薬理、Ca2+チャネル、シグナル伝達
基礎情報伝達学
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 学士課程
科目学部名 : 医学部
専門医学研究Ⅰ
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : ・Molecular Biology of the Cell・プレゼンテーション方法・データの解釈
専門医学研究Ⅱ
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : ・心血管系・クローニング・血管収縮測定法・細胞内Ca測定法
専門基礎医学Ⅳ
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : 薬物療法、薬力学、薬物動態学、副作用
専門基礎医学Ⅳ
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : 細胞内情報伝達経路、イオンチャネル、トランスポーター、受容体
薬理学
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 学士課程
科目学部名 : 医学部
薬理学Ⅰ
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 学士課程
科目学部名 : 医学部
キーワード : 細胞内情報伝達経路、イオンチャネル、トランスポーター、受容体
薬理学Ⅱ
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 学士課程
科目学部名 : 医学部
キーワード : 薬物療法、薬力学、薬物動態学、副作用
薬理学実習
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 学士課程
科目学部名 : 医学部
キーワード : 薬物療法、薬力学、薬物動態学、副作用

ページトップへ