有川 二郎アリカワ ジロウresearchmap個人ページ

更新日 : 2017/09/19

基本情報

プロフィール

所属部署名
医学研究院  病理系部門微生物学免疫学分野
職名特任教授 
学位
獣医学博士(北海道大学)
メールアドレス
ホームページURL
科研費研究者番号

研究キーワード

ハンタウイルス, 腎症候性出血熱, 実験動物, 人獣共通感染症, HFRS, げっ歯類, ウイルス感染症, 動物実験, ワクチン, 疫学, PCR, ウイルス感染, 病原性, マクロファージ, 血清診断, ELISA, バキュロウイルス, 遺伝子再集合, ガイドライン, センダイウイルス, 単クローン性抗体, 感染増強, Scidマウス, 自然宿主, アジュバント, 評価システム, ハンタウイルス肺症候群, Hantavirus, MDP, 免疫抑制, 実験動物学, ウイルス学, 人畜共通感染症

研究分野

社会医学 / 公衆衛生学・健康科学
基礎医学 / 免疫学
実験動物学 / 実験動物学
基礎医学 / ウイルス学
畜産学・獣医学 / 応用獣医学
研究分野を全て表示する
研究分野閉じる
社会医学 / 公衆衛生学・健康科学
基礎医学 / 免疫学
実験動物学 / 実験動物学
基礎医学 / ウイルス学
畜産学・獣医学 / 応用獣医学

職歴

2013年09月
-
現在
北海道大学(施設長)
2007年04月
-
現在
北海道大学(教授)
2003年08月
-
2007年07月
北海道大学(施設長)
2001年04月
-
2007年03月
北海道大学(教授)
2001年04月
-
2001年07月
北海道大学(施設長)
1995年08月
-
2001年03月
北海道大学(施設長)
1995年01月
-
2001年03月
北海道大学(教授)
1990年01月
-
1994年12月
北海道大学(助教授)
1981年04月
-
1989年12月
北海道大学(助手)
職歴を全て表示する
職歴閉じる
2013年09月
-
現在
北海道大学(施設長)
2007年04月
-
現在
北海道大学(教授)
2003年08月
-
2007年07月
北海道大学(施設長)
2001年04月
-
2007年03月
北海道大学(教授)
2001年04月
-
2001年07月
北海道大学(施設長)
1995年08月
-
2001年03月
北海道大学(施設長)
1995年01月
-
2001年03月
北海道大学(教授)
1990年01月
-
1994年12月
北海道大学(助教授)
1981年04月
-
1989年12月
北海道大学(助手)

所属学協会

日本バイオセーフティ学会
日本獣医学会
日本ウイルス学会
日本実験動物学会
日本実験動物医学会
米国微生物学会
所属学協会を全て表示する
所属学協会閉じる
日本バイオセーフティ学会
日本獣医学会
日本ウイルス学会
日本実験動物学会
日本実験動物医学会
米国微生物学会

研究活動

論文

Clinical and Epidemiological Characteristics of Scrub Typhus and Murine Typhus among Hospitalized Patients with Acute Undifferentiated Fever in Northern Vietnam.
Hamaguchi S, Cuong NC, Tra DT, Doan YH, Shimizu K, Tuan NQ, Yoshida LM, Mai le Q, Duc-Anh D, Ando S, Arikawa J, Parry CM, Ariyoshi K, Thuy PT
The American journal of tropical medicine and hygiene 92(5) 972-978 2015年05月
いま注目のウイルス感染症 ハンタウイルス肺症候群―その発見から今日まで
吉松組子, 有川二郎
医学のあゆみ 253(1) 63-67 2015年04月
First evidence of Seoul hantavirus in the wild rat population in the Netherlands.
Verner-Carlsson J, Lõhmus M, Sundström K, Strand TM, Verkerk M, Reusken C, Yoshimatsu K, Arikawa J, van de Goot F, Lundkvist Å
Infection ecology & epidemiology 5 27215 2015年02月
北海道大学における動物実験実施者等の実験動物への感作状況
吉村彩, 武藏学, 金子壮朗, 大西俊介, 折戸智恵子, 川原由佳子, 橋野聡, 森松正美, 今野哲, 有川二郎, 石井哲也, 澤村正也, 上田一郎
アレルギー 63(8) 1132-1139 2014年09月
Distinct genetic characteristics of Sri Lankan Rattus and Bandicota (Murinae, Rodentia) inferred from mitochondrial and nuclear markers.
Yasuda SP, Gamage CD, Koizumi N, Nishio S, Isozumi R, Shimizu K, Koma T, Amada T, Suzuki H, Yoshimatsu K, Arikawa J
Genes & genetic systems 89(2) 71-80 2014年09月
Antigenic Properties of N Protein of Hantavirus.
Yoshimatsu K, Arikawa J
Viruses 6 3097-3109 2014年08月
Neutrophil Depletion Suppresses Pulmonary Vascular Hyperpermeability and Occurrence of Pulmonary Edema Caused by Hantavirus Infection in C.B-17 SCID Mice.
Koma T, Yoshimatsu K, Nagata N, Sato Y, Shimizu K, Yasuda SP, Amada T, Nishio S, Hasegawa H, Arikawa J
Journal of virology 88 7178-7188 2014年07月
Serological diagnosis with recombinant N antigen for hantavirus infection.
Yoshimatsu K, Arikawa J
Virus research 187 77-83 2014年07月
Development of an immunochromatography strip test based on truncated nucleocapsid antigens of three representative hantaviruses.
Amada T, Yoshimatsu K, Koma T, Shimizu K, Gamage CD, Shiokawa K, Nishio S, Ahlm C, Arikawa J
Virology journal 11 87 2014年05月
Role of nucleocapsid protein of hantaviruses in intracellular traffic of viral glycoproteins.
Shimizu K, Yoshimatsu K, Koma T, Yasuda SP, Arikawa J
Virus research 178 349-356 2013年12月
論文を全て表示する
論文閉じる
Clinical and Epidemiological Characteristics of Scrub Typhus and Murine Typhus among Hospitalized Patients with Acute Undifferentiated Fever in Northern Vietnam.
Hamaguchi S, Cuong NC, Tra DT, Doan YH, Shimizu K, Tuan NQ, Yoshida LM, Mai le Q, Duc-Anh D, Ando S, Arikawa J, Parry CM, Ariyoshi K, Thuy PT
The American journal of tropical medicine and hygiene 92(5) 972-978 2015年05月
いま注目のウイルス感染症 ハンタウイルス肺症候群―その発見から今日まで
吉松組子, 有川二郎
医学のあゆみ 253(1) 63-67 2015年04月
First evidence of Seoul hantavirus in the wild rat population in the Netherlands.
Verner-Carlsson J, Lõhmus M, Sundström K, Strand TM, Verkerk M, Reusken C, Yoshimatsu K, Arikawa J, van de Goot F, Lundkvist Å
Infection ecology & epidemiology 5 27215 2015年02月
北海道大学における動物実験実施者等の実験動物への感作状況
吉村彩, 武藏学, 金子壮朗, 大西俊介, 折戸智恵子, 川原由佳子, 橋野聡, 森松正美, 今野哲, 有川二郎, 石井哲也, 澤村正也, 上田一郎
アレルギー 63(8) 1132-1139 2014年09月
Distinct genetic characteristics of Sri Lankan Rattus and Bandicota (Murinae, Rodentia) inferred from mitochondrial and nuclear markers.
Yasuda SP, Gamage CD, Koizumi N, Nishio S, Isozumi R, Shimizu K, Koma T, Amada T, Suzuki H, Yoshimatsu K, Arikawa J
Genes & genetic systems 89(2) 71-80 2014年09月
Antigenic Properties of N Protein of Hantavirus.
Yoshimatsu K, Arikawa J
Viruses 6 3097-3109 2014年08月
Neutrophil Depletion Suppresses Pulmonary Vascular Hyperpermeability and Occurrence of Pulmonary Edema Caused by Hantavirus Infection in C.B-17 SCID Mice.
Koma T, Yoshimatsu K, Nagata N, Sato Y, Shimizu K, Yasuda SP, Amada T, Nishio S, Hasegawa H, Arikawa J
Journal of virology 88 7178-7188 2014年07月
Serological diagnosis with recombinant N antigen for hantavirus infection.
Yoshimatsu K, Arikawa J
Virus research 187 77-83 2014年07月
Development of an immunochromatography strip test based on truncated nucleocapsid antigens of three representative hantaviruses.
Amada T, Yoshimatsu K, Koma T, Shimizu K, Gamage CD, Shiokawa K, Nishio S, Ahlm C, Arikawa J
Virology journal 11 87 2014年05月
Role of nucleocapsid protein of hantaviruses in intracellular traffic of viral glycoproteins.
Shimizu K, Yoshimatsu K, Koma T, Yasuda SP, Arikawa J
Virus research 178 349-356 2013年12月
Rapid, whole blood diagnostic test for detecting anti-hantavirus antibody in rats.
Amada T, Yoshimatsu K, Yasuda SP, Shimizu K, Koma T, Hayashimoto N, Gamage CD, Nishio S, Takakura A, Arikawa J
Journal of virological methods 193(1) 42-49 2013年10月
ケージ内微生物の変動は ケージ内の湿度およびアンモニアの変動と相関する
土佐紀子、吉松組子、畠山鎮次、有川二郎
実験動物と環境 21(2) 87-98 2013年10月
A survey of rodent-borne pathogens carried by wild Rattus spp. in Northern Vietnam
Koma T, Yoshimatsu K, Yasuda SP, Li T, Amada T, Shimizu K, Isozumi R, Mai LT, Hoa NT, Nguyen V, Yamashiro T, Hasebe F, Arikawa J
Epidemiol Infect  141(9) 1876-1884 2013年09月
Epidemiology of Hantavirus Infection in Thousand Islands Regency of Jakarta, Indonesia.
Ibrahim IN, Shimizu K, Yoshimatsu K, Yunianto A, Salwati E, P Yasuda S, Koma T, Endo R, Arikawa J
The Journal of veterinary medical science / the Japanese Society of Veterinary Science 75(8) 1003-1008 2013年09月
感染症症候群(第2版)上 病原体別感染症編 IV ウイルス感染症 RNAウイルス感染症 ハンタウイルス感染症:腎症候性出血熱,ハンタウイルス肺症候群
有川二郎
日本臨床  491-494 2013年07月
Cross-Reactivity of Secondary Antibodies against African Rodents and Application for Sero-Surveillance.
Nakamura I, Hang'ombe BM, Sawa H, Kobayashi S, Orba Y, Ishii A, Thomas Y, Isozumi R, Yoshimatsu K, Mweene AS, Takada A, Sugimoto C, Arikawa J
The Journal of veterinary medical science / the Japanese Society of Veterinary Science 75(6) 819-825 2013年07月
Susceptibility of laboratory rats against genotypes 1, 3, 4, and rat hepatitis E viruses.
Li TC, Yoshizaki S, Ami Y, Suzaki Y, Yasuda SP, Yoshimatsu K, Arikawa J, Takeda N, Wakita T
Veterinary microbiology 163(1-2) 54-61 2013年04月
日本のげっ歯類におけるハンタウイルス感染の血清疫学調査とエゾヤチネズミが保有するHokkaidoウイルスの分離
苅和宏明, 尾崎由佳, 真田崇弘, 池中良徳, 石塚真由美, 坪田敏男, 好井健太朗, 吉松組子, 有川二郎, 高島郁夫
獣医畜産新報 166(4) 262-264 2013年04月
動物実験従事者の動物アレルギー
吉村彩, 武藏学, 金子壮朗, 大西俊介, 折戸智恵子, 川原由佳子, 森松正美, 今野哲, 有川二郎
Campus Health 50(1) 316 2013年03月
Characterization of full genome of rat hepatitis e virus strain from Vietnam.
Li TC, Ami Y, Suzaki Y, Yasuda SP, Yoshimatsu K, Arikawa J, Takeda N, Takaji W
Emerging infectious diseases 19 115-118 2013年01月
実験動物感染症の現状 - ハンタウイルス感染症.
有川 二郎
実験動物ニュース 62(1) 13-16 2013年01月
Negative Strand RNA Virusのウイルス学 7.ブニヤウイルスとその生態
吉松組子, 有川二郎
ウイルス 62(2) 239-250 2012年12月
Novel serological tools for detection of Thottapalayam virus, a Soricomorpha-borne hantavirus.
Schlegel M, Tegshduuren E, Yoshimatsu K, Petraityte R, Sasnauskas K, Hammerschmidt B, Friedrich R, Mertens M, Groschup MH, Arai S, Endo R, Shimizu K, Koma T, Yasuda S, Ishihara C, Ulrich RG, Arikawa J, Köllner B
Archives of virology 157(11) 2179-2187 2012年11月
Development of a serotyping enzyme-linked immunosorbent assay system based on recombinant truncated hantavirus nucleocapsid proteins for New World hantavirus infection.
Koma T, Yoshimatsu K, Taruishi M, Miyashita D, Endo R, Shimizu K, Yasuda SP, Amada T, Seto T, Murata R, Yoshida H, Kariwa H, Takashima I, Arikawa J
Journal of virological methods 185(1) 74-81 2012年10月
Isolation of Hokkaido virus, genus Hantavirus, using a newly established cell line derived from the kidney of the grey red-backed vole (Myodes rufocanus bedfordiae).
Sanada T, Seto T, Ozaki Y, Saasa N, Yoshimatsu K, Arikawa J, Yoshii K, Kariwa H
The Journal of general virology 93(10) 2237-2246 2012年10月
Development of a diagnostic method applicable to various serotypes of hantavirus infection in rodents.
Sanada T, Kariwa H, Saasa N, Yoshikawa K, Seto T, Morozov VG, Tkachenko EA, Ivanov LI, Yoshimatsu K, Arikawa J, Yoshii K, Takashima I
The Journal of veterinary medical science / the Japanese Society of Veterinary Science 74(9) 1237-1242 2012年09月
Studies on hantavirus infection in small mammals captured in southern and central highland area of Vietnam.
Luan VD, Yoshimatsu K, Endo R, Taruishi M, Huong VT, Dat DT, Tien PC, Shimizu K, Koma T, Yasuda SP, Nhi L, Huong VT, Arikawa J
The Journal of veterinary medical science / the Japanese Society of Veterinary Science 74(9) 1155-1162 2012年09月
Ecology of hantaviruses in Mexico: genetic identification of rodent host species and spillover infection.
Saasa N, Sánchez-Hernández C, de Lourdes Romero-Almaraz M, Guerrero-Ibarra E, Almazán-Catalán A, Yoshida H, Miyashita D, Ishizuka M, Sanada T, Seto T, Yoshii K, Ramos C, Yoshimatsu K, Arikawa J, Takashima I, Kariwa H
Virus research 168(1-2) 88-96 2012年09月
bla(NDM-1)-positive Klebsiella pneumoniae from environment, Vietnam.
Isozumi R, Yoshimatsu K, Yamashiro T, Hasebe F, Nguyen BM, Ngo TC, Yasuda SP, Koma T, Shimizu K, Arikawa J
Emerging infectious diseases 18 1383-1385 2012年08月
The N-terminus of the Montano virus nucleocapsid protein possesses broadly cross-reactive conformation-dependent epitopes conserved in rodent-borne hantaviruses.
Saasa N, Yoshida H, Shimizu K, Sánchez-Hernández C, Romero-Almaraz Mde L, Koma T, Sanada T, Seto T, Yoshii K, Ramos C, Yoshimatsu K, Arikawa J, Takashima I, Kariwa H
Virology 428 48-57 2012年06月
マウスの被毛異常または床敷湿潤が発生した後の環境エンリッチメントの効果
土佐紀子, 吉松組子, 有川二郎
実験動物と環境 (39) 1-7 2012年04月
Isolation and characterization of hantaviruses in Far East Russia and etiology of hemorrhagic fever with renal syndrome in the region.
Kariwa H, Yoshikawa K, Tanikawa Y, Seto T, Sanada T, Saasa N, Ivanov LI, Slonova R, Zakharycheva TA, Nakamura I, Yoshimatsu K, Arikawa J, Yoshii K, Takashima I
The American journal of tropical medicine and hygiene 86(3) 545-553 2012年03月
各種病態にみられる腎障害 感染症 腎症候性出血熱
有川二郎
日本臨床 別冊 新領域別症候群シリーズ (18) 701-705 2012年03月
Application of truncated nucleocapsid protein (N) for serotyping ELISA of murinae-associated hantavirus infection in rats.
Yasuda SP, Yoshimatsu K, Koma T, Shimizu K, Endo R, Isozumi R, Arikawa J
The Journal of veterinary medical science / the Japanese Society of Veterinary Science 74(2) 215-219 2012年02月
Genetic diversity of hantaviruses in Mexico: identification of three novel hantaviruses from Neotominae rodents.
Kariwa H, Yoshida H, Sánchez-Hernández C, Romero-Almaraz Mde L, Almazán-Catalán JA, Ramos C, Miyashita D, Seto T, Takano A, Totani M, Murata R, Saasa N, Ishizuka M, Sanada T, Yoshii K, Yoshimatsu K, Arikawa J, Takashima I
Virus research 163 486-494 2012年02月
Characterization of self-assembled virus-like particles of rat hepatitis E virus generated by recombinant baculoviruses.
Li TC, Yoshimatsu K, Yasuda SP, Arikawa J, Koma T, Kataoka M, Ami Y, Suzaki Y, Mai le TQ, Hoa NT, Yamashiro T, Hasebe F, Takeda N, Wakita T
The Journal of general virology 92(12) 2830-2837 2011年12月
人獣共通感染症の克服に向けて ハンタウイルス感染症
有川二郎
最新医学 66(12) 2661-2667 2011年12月
Effect of environmental enrichment after the occurrence of wet bedding created by mice and abnormal fur in mice.
Tosa N, Yoshimatsu K, Arikawa J
J Am Assoc Lab Anim Sci 50(5) 779-780 2011年09月
Puumala virus infection in Syrian hamsters (Mesocricetus auratus) resembling hantavirus infection in natural rodent hosts.
Sanada T, Kariwa H, Nagata N, Tanikawa Y, Seto T, Yoshimatsu K, Arikawa J, Yoshii K, Takashima I
Virus research 160(1-2) 108-119 2011年09月
The nucleoprotein and matrix protein segments of H5N1 influenza viruses are responsible for dominance in embryonated eggs.
Shimizu K, Li C, Muramoto Y, Yamada S, Arikawa J, Chen H, Kawaoka Y
The Journal of general virology 92(7) 1645-1649 2011年07月
Valine 1532 of human BRC repeat 4 plays an important role in the interaction between BRCA2 and RAD51.
Ochiai K, Yoshikawa Y, Yoshimatsu K, Oonuma T, Tomioka Y, Takeda E, Arikawa J, Mominoki K, Omi T, Hashizume K, Morimatsu M
FEBS letters 585(12) 1771-1777 2011年06月
An efficient in vivo method for the isolation of Puumala virus in Syrian hamsters and the characterization of the isolates from Russia.
Seto T, Tkachenko EA, Morozov VG, Tanikawa Y, Kolominov SI, Belov SN, Nakamura I, Hashimoto N, Kon Y, Balakiev AE, Dzagurnova TK, Medvedkina OA, Nakauchi M, Ishizuka M, Yoshii K, Yoshimatsu K, Ivanov LV, Arikawa J, Takashima I, Kariwa H
Journal of virological methods 173(1) 17-23 2011年04月
Serological evidence of Thailand virus-related hantavirus infection among suspected leptospirosis patients in Kandy, Sri Lanka.
Gamage CD, Yasuda SP, Nishio S, Kularatne SA, Weerakoon K, Rajapakse J, Nwafor-Okoli C, Lee RB, Obayashi Y, Yoshimatsu K, Arikawa J, Tamashiro H
Japanese journal of infectious diseases 64 72-75 2011年
Different cross-reactivity of human and rodent sera to Tula virus and Puumala virus.
Tegshduuren E, Yoshimatsu K, Taruishi M, Endo R, Shimizu K, Koma T, Yasuda SP, Kariwa H, Arikawa J, Ishihara C
Comparative immunology, microbiology and infectious diseases 33 e67-73 2010年12月
Symposium III report: Current status of veterinary vaccines.
Arikawa J
Vaccine 28 8034-8035 2010年11月
免疫学的検査 E.感染症関連検査(抗原および抗体を含む)ウイルス感染症 ハンタウイルス
有川 二郎
日本臨床 68(増刊号6) 335-338 2010年06月
Truncated hantavirus nucleocapsid proteins for serotyping Sin Nombre, Andes, and Laguna Negra hantavirus infections in humans and rodents.
Koma T, Yoshimatsu K, Pini N, Safronetz D, Taruishi M, Levis S, Endo R, Shimizu K, Yasuda SP, Ebihara H, Feldmann H, Enria D, Arikawa J
Journal of clinical microbiology 48 1635-1642 2010年05月
種の壁を越えるウイルス感染症―EpidemiologyとEpizootiology ハンタウイルス
有川二郎
臨床と微生物 37(2) 117-123 2010年03月
Hemorrhagic fever with renal syndrome, Vietnam.
Huong VT, Yoshimatsu K, Luan VD, Tuan le V, Nhi L, Arikawa J, Nguyen TM
Emerging infectious diseases 16 363-365 2010年02月
Extensive host sharing of central European Tula virus.
Schmidt-Chanasit J, Essbauer S, Petraityte R, Yoshimatsu K, Tackmann K, Conraths FJ, Sasnauskas K, Arikawa J, Thomas A, Pfeffer M, Scharninghausen JJ, Splettstoesser W, Wenk M, Heckel G, Ulrich RG
Journal of virology 84(1) 459-474 2010年01月
Epidemiological study of hantavirus infection in the Samara Region of European Russia.
Kariwa H, Tkachenko EA, Morozov VG, Seto T, Tanikawa Y, Kolominov SI, Belov SN, Nakamura I, Hashimoto N, Balakiev AE, Dzagurnova TK, Daud NH, Miyashita D, Medvedkina OA, Nakauchi M, Ishizuka M, Yoshii K, Yoshimatsu K, Arikawa J, Takashima I
The Journal of veterinary medical science / the Japanese Society of Veterinary Science 71(12) 1569-1578 2009年12月
実験動物の感染症 腎症候性出血熱(HFRS)―ラット由来のハンタウイルス感染症
有川二郎
アニテックス 22(1) 37-41 2009年12月
Hantavirus species in India: a retrospective study.
Chandy S, Okumura M, Yoshimatsu K, Ulrich RG, John GT, Abraham P, Arikawa J, Sridharan G
Indian journal of medical microbiology 27 348-350 2009年10月
Molecular epidemiological and serological studies of hantavirus infection in northern Vietnam.
Truong TT, Yoshimatsu K, Araki K, Lee BH, Nakamura I, Endo R, Shimizu K, Yasuda SP, Koma T, Taruishi M, Okumura M, Truong UN, Arikawa J
The Journal of veterinary medical science / the Japanese Society of Veterinary Science 71(10) 1357-1363 2009年10月
Acute febrile illness caused by hantavirus: serological and molecular evidence from India.
Chandy S, Yoshimatsu K, Boorugu HK, Chrispal A, Thomas K, Peedicayil A, Abraham P, Arikawa J, Sridharan G
Transactions of the Royal Society of Tropical Medicine and Hygiene 103 407-412 2009年04月
Genetic and antigenic analyses of a Puumala virus isolate as a potential vaccine strain.
Abu Daude NH, Kariwa H, Tkachenko E, Dzagurnova T, Medvedkina O, Tkachenko P, Ishizuka M, Seto T, Miyashita D, Sanada T, Nakauchi M, Yoshii K, Maeda A, Yoshimatsu K, Arikawa J, Takashima I
The Japanese journal of veterinary research 56 151-165 2008年11月
VII.感染症―51 腎症候性出血熱
有川二郎
小児内科 40(増刊号) 1222-1225 2008年11月
Molecular phylogeny of a newfound hantavirus in the Japanese shrew mole (Urotrichus talpoides).
Arai S, Ohdachi SD, Asakawa M, Kang HJ, Mocz G, Arikawa J, Okabe N, Yanagihara R
Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America 105(42) 16296-16301 2008年10月
輸入感染症の可能性がある希少感染症 6.ハンタウイルス肺症候群(HPS)
有川二郎
化学療法の領域 24(11) 1629-1634 2008年10月
Serological evidence for hepatitis e virus infection in laboratory monkeys and pigs in animal facilities in Japan.
Yamamoto H, Li TC, Koshimoto C, Ito K, Kita M, Miyashita N, Arikawa J, Yagami K, Asano M, Tezuka H, Suzuki N, Kurosawa T, Shibahara T, Furuya M, Mohri S, Sato H, Ohsawa K, Ibuki K, Takeda N
Experimental animals / Japanese Association for Laboratory Animal Science 57(4) 367-376 2008年07月
Seroepidemiological study on hantavirus infections in India.
Chandy S, Yoshimatsu K, Ulrich RG, Mertens M, Okumura M, Rajendran P, John GT, Balraj V, Muliyil J, Mammen J, Abraham P, Arikawa J, Sridharan G
Transactions of the Royal Society of Tropical Medicine and Hygiene 102 70-74 2008年01月
Development of a serotyping ELISA system for Thailand virus infection.
Nakamura I, Yoshimatsu K, Lee BH, Okumura M, Taruishi M, Araki K, Kariwa H, Takashima I, Arikawa J
Archives of virology 153 1537-1542 2008年
Lack of vertical transmission of Hantaan virus from persistently infected dam to progeny in laboratory mice.
Taruishi M, Yoshimatsu K, Hatsuse R, Okumura M, Nakamura I, Arikawa J
Archives of virology 153 1605-1609 2008年
ミニ解説“話題のウイルス”No.28 ハンタウイルス
有川二郎
Drug Deliv Syst 22(6) 660-662 2007年11月
Hantavirus Infection - typical rodent-borne viral zoonosis.
Arikawa J, Yoshimatsu K, Truong UT, Troung UN
Trop Med Health 35(2) 55-59 2007年09月
Analysis of the immune response of Hantaan virus nucleocapsid protein-specific CD8+ T cells in mice.
Taruishi M, Yoshimatsu K, Araki K, Okumura M, Nakamura I, Kajino K, Arikawa J
Virology 365(2) 292-301 2007年09月
Hantavirus infection in East Asia.
Kariwa H, Yoshimatsu K, Arikawa J
Comparative immunology, microbiology and infectious diseases 30(5-6) 341-356 2007年09月
感染症学各論 II.感染症法分類―発症・病態・診断・治療―四類感染症 ハンタウイルス肺症候群
有川二郎
日本臨床 65(Suppl 3) 126-130 2007年03月
感染症学各論 II.感染症法分類―発症・病態・診断・治療―四類感染症 腎症候性出血熱
有川二郎
日本臨床 65(Suppl 3) 112-116 2007年03月
A comparative epidemiological study of hantavirus infection in Japan and Far East Russia.
Kariwa H, Lokugamage K, Lokugamage N, Miyamoto H, Yoshii K, Nakauchi M, Yoshimatsu K, Arikawa J, Ivanov LI, Iwasaki T, Takashima I
The Japanese journal of veterinary research 54 145-161 2007年02月
Development of serological assays for Thottapalayam virus, an insectivore-borne Hantavirus.
Okumura M, Yoshimatsu K, Kumperasart S, Nakamura I, Ogino M, Taruishi M, Sungdee A, Pattamadilok S, Ibrahim IN, Erlina S, Agui T, Yanagihara R, Arikawa J
Clinical and vaccine immunology : CVI 14 173-181 2007年02月
ウイルス感染症 ハンタウイルス肺症候群
有川二郎
分子呼吸器病 11(1) 37-41 2007年01月
Prevalence of antibody to hepatitis E virus among wild sika deer, Cervus nippon, in Japan.
Matsuura Y, Suzuki M, Yoshimatsu K, Arikawa J, Takashima I, Yokoyama M, Igota H, Yamauchi K, Ishida S, Fukui D, Bando G, Kosuge M, Tsunemitsu H, Koshimoto C, Sakae K, Chikahira M, Ogawa S, Miyamura T, Takeda N, Li TC
Archives of virology 152 1375-1381 2007年
Mode of infection of Hokkaido virus (Genus Hantavirus) among grey red-backed voles, Myodes rufocanus, in Hokkaido, Japan.
Daud NH, Kariwa H, Tanikawa Y, Nakamura I, Seto T, Miyashita D, Yoshii K, Nakauchi M, Yoshimatsu K, Arikawa J, Takashima I
Microbiology and immunology 51 1081-1090 2007年
Geographical distribution of hantaviruses in Thailand and potential human health significance of Thailand virus.
Pattamadilok S, Lee BH, Kumperasart S, Yoshimatsu K, Okumura M, Nakamura I, Araki K, Khoprasert Y, Dangsupa P, Panlar P, Jandrig B, Krüger DH, Klempa B, Jäkel T, Schmidt J, Ulrich R, Kariwa H, Arikawa J
The American journal of tropical medicine and hygiene 75 994-1002 2006年11月
注目される人獣共通感染症―ウイルス性人獣共通感染症 5. ハンタウイルス感染症(HFRS,HPS)
有川二郎
化学療法の領域 22(7) 1104-1110 2006年06月
人畜共通呼吸器感染症 ハンタウイルス肺症候群(hantavirus pulmonary syndrome:HPS)
有川二郎
日本呼吸器学会雑誌 44 30 2006年06月
A pseudotype vesicular stomatitis virus containing Hantaan virus envelope glycoproteins G1 and G2 as an alternative to hantavirus vaccine in mice.
Lee BH, Yoshimatsu K, Araki K, Okumura M, Nakamura I, Arikawa J
Vaccine 24 2928-2934 2006年04月
Soochong virus: an antigenically and genetically distinct hantavirus isolated from Apodemus peninsulae in Korea.
Baek LJ, Kariwa H, Lokugamage K, Yoshimatsu K, Arikawa J, Takashima I, Kang JI, Moon SS, Chung SY, Kim EJ, Kang HJ, Song KJ, Klein TA, Yanagihara R, Song JW
Journal of medical virology 78 290-297 2006年02月
実験動物由来感染症 ハンタウイルス感染症
有川二郎
日本臨床 63(12) 2196-2201 2005年12月
新しい臨床ウイルス学 III. 各論 ハンタウイルス感染症(HFRS,HPS)
有川二郎
小児科診療 68(11) 2149-2154 2005年11月
A pilot study for serological evidence of hantavirus infection in human population in south India.
Chandy S, Mitra S, Sathish N, Vijayakumar TS, Abraham OC, Jesudason MV, Abraham P, Yoshimatsu K, Arikawa J, Sridharan G
The Indian journal of medical research 122 211-215 2005年09月
免疫学的検査 F.ウイルス感染症関連検査(抗原および抗体を含む)ハンタウイルス
有川二郎
日本臨床 63(増刊号7) 318-320 2005年07月
これだけは知っておきたい国際感染症 各論 いま,国内にない感染症 ハンタウイルス感染症
有川二郎
モダンフィジシャン 25(5) 543-547 2005年05月
人と動物の共通感染症の最前線 2 東アジアの人とげっ歯類におけるハンタウイルス感染の疫学的研究
有川二郎, 吉松組子, KUMPERASART Sanit, THANG Truong Thua, 荒木幸一, LEE Byoung‐Hee, KRUGER Detlev H., 苅和宏明, 高島郁夫
獣医畜産新報 (1005) 326-328 2005年04月
Nucleocapsid protein of cell culture-adapted Seoul virus strain 80-39: analysis of its encoding sequence, expression in yeast and immuno-reactivity.
Schmidt J, Jandrig B, Klempa B, Yoshimatsu K, Arikawa J, Meisel H, Niedrig M, Pitra C, Krüger DH, Ulrich R
Virus genes 30 37-48 2005年01月
四類感染症 腎症候性出血熱
有川二郎
日本医師会雑誌 132(12) 130-131,384 2004年12月
四類感染症 ハンタウイルス肺症候群
有川二郎
日本医師会雑誌 132(12) 152-153,385 2004年12月
Epitope analysis of monoclonal antibody E5/G6, which binds to a linear epitope in the nucleocapsid protein of hantaviruses.
Okumura M, Yoshimatsu K, Araki K, Lee BH, Asano A, Agui T, Arikawa J
Archives of virology 149 2427-2434 2004年12月
ウイルス病新時代 動物からヒトへの感染症の現況と対策 ハンタウイルス感染症
有川二郎
月刊臨床と研究 81(10) 1589-1594 2004年10月
Cell fusion activities of Hantaan virus envelope glycoproteins.
Ogino M, Yoshimatsu K, Ebihara H, Araki K, Lee BH, Okumura M, Arikawa J
Journal of virology 78(19) 10776-10782 2004年10月
Age-dependent hantavirus-specific CD8(+) T-cell responses in mice infected with Hantaan virus.
Araki K, Yoshimatsu K, Lee BH, Okumura M, Kariwa H, Takashima I, Arikawa J
Archives of virology 149 1373-1382 2004年07月
特集 知っておきたい呼吸器感染症 - ハンタウイルス肺症候群
有川 二郎
呼吸器科 6(1) 46-50 2004年07月
Genetic and antigenic characterization of the Amur virus associated with hemorrhagic fever with renal syndrome.
Lokugamage K, Kariwa H, Lokugamage N, Miyamoto H, Iwasa M, Hagiya T, Araki K, Tachi A, Mizutani T, Yoshimatsu K, Arikawa J, Takashima I
Virus research 101 127-134 2004年05月
A new model of Hantaan virus persistence in mice: the balance between HTNV infection and CD8(+) T-cell responses.
Araki K, Yoshimatsu K, Lee BH, Kariwa H, Takashima I, Arikawa J
Virology 322(2) 318-327 2004年05月
Comparison of virulence of various hantaviruses related to hemorrhagic fever with renal syndrome in newborn mouse model.
Lokugamage K, Kariwa H, Lokugamage N, Iwasa M, Hagiya T, Araki K, Tachi A, Mizutani T, Yoshimatsu K, Arikawa J, Iwasaki T, Takashima I
The Japanese journal of veterinary research 51 143-149 2004年02月
世界をゆるがす新興・再興感染症 - ハンタウィルス感染症
有川 二郎
アニムス 9(1) 25-29 2004年01月
Epizootiological and epidemiological study of hantavirus infection in Japan.
Lokugamage N, Kariwa H, Lokugamage K, Iwasa MA, Hagiya T, Yoshii K, Tachi A, Ando S, Fukushima H, Tsuchiya K, Iwasaki T, Araki K, Yoshimatsu K, Arikawa J, Mizutani T, Osawa K, Sato H, Takashima I
Microbiology and immunology 48 843-851 2004年
Association of the nucleocapsid protein of the Seoul and Hantaan hantaviruses with small ubiquitin-like modifier-1-related molecules.
Lee BH, Yoshimatsu K, Maeda A, Ochiai K, Morimatsu M, Araki K, Ogino M, Morikawa S, Arikawa J
Virus research 98 83-91 2003年12月
Development of an efficient method for recovery of Puumala and Puumala-related viruses by inoculation of Mongolian gerbils.
Lokugamage N, Kariwa H, Lokugamage K, Hagiya T, Miyamoto H, Iwasa MA, Araki K, Yoshimatsu K, Arikawa J, Mizutani T, Takashima I
The Journal of veterinary medical science / the Japanese Society of Veterinary Science 65(11) 1189-1194 2003年11月
話題の感染症 5.ハンタウイルス感染症
有川二郎
臨床医 29(10) 1793-1796 2003年10月
Detection of antibody for the serodiagnosis of hantavirus infection in different rodent species.
Lee BH, Yoshimatsu K, Araki K, Ogino M, Okumura M, Tsuchiya K, Kariwa H, Arikawa J
Archives of virology 148 1885-1897 2003年10月
Synthesis of Seoul virus RNA and structural proteins in cultured cells.
Kariwa H, Tanabe H, Mizutani T, Kon Y, Lokugamage K, Lokugamage N, Iwasa MA, Hagiya T, Araki K, Yoshimatsu K, Arikawa J, Takashima I
Archives of virology 148 1671-1685 2003年09月
Hantavirus-specific CD8(+)-T-cell responses in newborn mice persistently infected with Hantaan virus.
Araki K, Yoshimatsu K, Lee BH, Kariwa H, Takashima I, Arikawa J
Journal of virology 77(15) 8408-8417 2003年08月
Serological analysis of hemorrhagic fever with renal syndrome (HFRS) patients in Far Eastern Russia and identification of the causative hantavirus genotype.
Miyamoto H, Kariwa H, Araki K, Lokugamage K, Hayasaka D, Cui BZ, Lokugamage N, Ivanov LI, Mizutani T, Iwasa MA, Yoshimatsu K, Arikawa J, Takashima I
Archives of virology 148 1543-1556 2003年08月
人獣共通感染症 ハンタウイルス肺症候群・腎症候性出血熱
有川二郎
臨床と微生物 30(4) 366-370 2003年07月
ウイルス病の克服に向けた展望 2. げっ歯類媒介性人獣共通感染症としてのハンタウイルス感染症対策
有川二郎
ウイルス 53(1) 63-69 2003年06月
理解して実践する 感染症診療・投薬ガイド 第II部 疾患各論 IV.4類感染症(全数把握) 28.ハンタウイルス肺症候群
有川二郎
綜合臨床 52 1150-1156 2003年03月
理解して実践する 感染症診療・投薬ガイド 第II部 疾患各論 IV.4類感染症(全数把握) 17.腎症候性出血熱
有川二郎
綜合臨床 52 1084-1090 2003年03月
Enzyme-linked immunosorbent assay using recombinant antigens expressed in mammalian cells for serodiagnosis of tick-borne encephalitis.
Yoshii K, Hayasaka D, Goto A, Obara M, Araki K, Yoshimatsu K, Arikawa J, Ivanov L, Mizutani T, Kariwa H, Takashima I
Journal of virological methods 108 171-179 2003年03月
Abnormal expression of the novel epidermal enzyme, glucosylceramide deacylase, and the accumulation of its enzymatic reaction product, glucosylsphingosine, in the skin of patients with atopic dermatitis.
Ishibashi M, Arikawa J, Okamoto R, Kawashima M, Takagi Y, Ohguchi K, Imokawa G
Laboratory investigation; a journal of technical methods and pathology 83 397-408 2003年03月
第2部 ゲノム時代の感染症学 II. 感染症の遺伝子学 ウイルスの遺伝子学 マイナス1本鎖RNAウイルス ブニヤウイルス科 ハンタウイルス
有川二郎
日本臨床 61(増刊号3) 533-538 2003年03月
II グローバル時代の感染症学 ウイルス感染症 国内にはない感染症 ハンタウイルス肺症候群
有川二郎
日本臨床 61(増刊号2) 306-310 2003年02月
The multimerization of hantavirus nucleocapsid protein depends on type-specific epitopes.
Yoshimatsu K, Lee BH, Araki K, Morimatsu M, Ogino M, Ebihara H, Arikawa J
Journal of virology 77(2) 943-952 2003年01月
Use of vesicular stomatitis virus pseudotypes bearing hantaan or seoul virus envelope proteins in a rapid and safe neutralization test.
Ogino M, Ebihara H, Lee BH, Araki K, Lundkvist A, Kawaoka Y, Yoshimatsu K, Arikawa J
Clinical and diagnostic laboratory immunology 10 154-160 2003年01月
The intracellular association of the nucleocapsid protein (NP) of hantaan virus (HTNV) with small ubiquitin-like modifier-1 (SUMO-1) conjugating enzyme 9 (Ubc9).
Maeda A, Lee BH, Yoshimatsu K, Saijo M, Kurane I, Arikawa J, Morikawa S
Virology 305(2) 288-297 2003年01月
Establishment of an enzyme-linked immunosorbent assay for detection of hantavirus antibody of rats using a recombinant of nucleocapsid protein expressed in Escherichia coli.
Takakura A, Goto K, Itoh T, Yoshimatsu K, Takashima I, Arikawa J
Experimental animals / Japanese Association for Laboratory Animal Science 52(1) 25-30 2003年01月
輸入感染症 II 各論 腎症候性出血熱,ハンタウイルス肺症候群
有川二郎
小児科診療 65(12) 2091-2094 2002年12月
Protective effect of a lignan-containing flaxseed extract against CCl(4)-induced hepatic injury.
Endoh D, Okui T, Ozawa S, Yamato O, Kon Y, Arikawa J, Hayashi M
The Journal of veterinary medical science / the Japanese Society of Veterinary Science 64(9) 761-765 2002年09月
Genetic characterization of hantaviruses transmitted by the Korean field mouse (Apodemus peninsulae), Far East Russia.
Lokugamage K, Kariwa H, Hayasaka D, Cui BZ, Iwasaki T, Lokugamage N, Ivanov LI, Volkov VI, Demenev VA, Slonova R, Kompanets G, Kushnaryova T, Kurata T, Maeda K, Araki K, Mizutani T, Yoshimatsu K, Arikawa J, Takashima I
Emerging infectious diseases 8 768-776 2002年08月
High sensitivity of thymocytes of LEC strain rats to induction of apoptosis by X-irradiation.
Hayashi M, Nagata A, Endoh D, Arikawa J, Okui T
The Journal of veterinary medical science / the Japanese Society of Veterinary Science 64(7) 597-601 2002年07月
Hepatic iron accumulation is not directly associated with induction of DNA strand breaks in the liver cells of Long-Evans Cinnamon (LEC) rats.
Hayashi M, Kuge T, Endoh D, Nakayama K, Arikawa J, Takazawa A, Okui T
Experimental animals / Japanese Association for Laboratory Animal Science 51(1) 43-48 2002年01月
腎症候性出血熱とハンタウイルス肺症候群 — げっ歯類が媒介するウイルス性人獣共通感染症.
有川 二郎
ウイルス感染症セミナー (4) 1-5 2002年
No significant differences were observed in the amounts of DNA strand breaks produced by copper between male and female liver cells of long-evans cinnamon (LEC) strain rats.
Hayashi M, Kuge T, Endoh D, Nakayama K, Arikawa J, Takazawa A, Okui T
The Journal of veterinary medical science / the Japanese Society of Veterinary Science 63(10) 1109-1113 2001年10月
Microbiological contamination in genetically modified animals and proposals for a microbiological test standard for national universities in Japan.
Yamamoto H, Sato H, Yagami K, Arikawa J, Furuya M, Kurosawa T, Mannen K, Matsubayashi K, Nishimune Y, Shibahara T, Ueda T, Itoh T
Experimental animals / Japanese Association for Laboratory Animal Science 50(5) 397-407 2001年10月
Epizootiological survey of hantavirus among rodent species in Ningxia Hui Autonomous Province, China.
Kariwa H, Zhong CB, Araki K, Yoshimatsu K, Lokugamage K, Lokugamage N, Murphy ME, Mizutani T, Arikawa J, Fukushima H, Xiong H, Jiehua C, Takashima I
The Japanese journal of veterinary research 49 105-114 2001年08月
Truncated hantavirus nucleocapsid proteins for serotyping Hantaan, Seoul, and Dobrava hantavirus infections.
Araki K, Yoshimatsu K, Ogino M, Ebihara H, Lundkvist A, Kariwa H, Takashima I, Arikawa J
Journal of clinical microbiology 39 2397-2404 2001年07月
Characterization of in vitro and in vivo antiviral activity of lactoferrin and ribavirin upon hantavirus.
Murphy ME, Kariwa H, Mizutani T, Tanabe H, Yoshimatsu K, Arikawa J, Takashima I
The Journal of veterinary medical science / the Japanese Society of Veterinary Science 63(6) 637-645 2001年06月
Epidemiology and epizootiology of hantavirus infection in Japan.
Arikawa J, Yoshimatsu K, Kariwa H
Japanese journal of infectious diseases 54 95-102 2001年06月
新興呼吸器感染症 ハンタウイルス肺症候群
有川二郎
分子呼吸器病 5(3) 224-231 2001年05月
目で見る感染症 (97) 腎症候性出血熱
有川二郎
化学療法の領域 17(5) 853-857 2001年05月
Mouse Mx2 protein inhibits hantavirus but not influenza virus replication.
Jin HK, Yoshimatsu K, Takada A, Ogino M, Asano A, Arikawa J, Watanabe T
Archives of virology 146(1) 41-49 2001年
Genetic diversity of hantaviruses isolated in china and characterization of novel hantaviruses isolated from Niviventer confucianus and Rattus rattus.
Wang H, Yoshimatsu K, Ebihara H, Ogino M, Araki K, Kariwa H, Wang Z, Luo Z, Li D, Hang C, Arikawa J
Virology 278(2) 332-345 2000年12月
Emerging viral diseases.
Nichol ST, Arikawa J, Kawaoka Y
Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America 97 12411-12412 2000年11月
Pathogenicity of Hantaan virus in newborn mice: genetic reassortant study demonstrating that a single amino acid change in glycoprotein G1 is related to virulence.
Ebihara H, Yoshimatsu K, Ogino M, Araki K, Ami Y, Kariwa H, Takashima I, Li D, Arikawa J
Journal of virology 74(19) 9245-9255 2000年10月
Hepatic copper accumulation induces DNA strand breaks in the liver cells of Long-Evans Cinnamon strain rats.
Hayashi M, Kuge T, Endoh D, Nakayama K, Arikawa J, Takazawa A, Okui T
Biochemical and biophysical research communications 276(1) 174-178 2000年09月
Detection of hantaviral antibodies among patients with hepatitis of unknown etiology in Japan.
Kariwa H, Yoshimatsu K, Araki K, Chayama K, Kumada H, Ogino M, Ebihara H, Murphy ME, Mizutani T, Takashima I, Arikawa J
Microbiology and immunology 44 357-362 2000年
In vitro antiviral activity of lactoferrin and ribavirin upon hantavirus.
Murphy ME, Kariwa H, Mizutani T, Yoshimatsu K, Arikawa J, Takashima I
Archives of virology 145(8) 1571-1582 2000年
我が国の人と動物でのハンタウイルス感染の現状について.
有川 二郎
WORLD FOCUS (5) 1999年12月
感染症の診断・治療ガイドライン 4類感染症 ハンタウイルス肺症候群
有川二郎
日本医師会雑誌 122(10) 162-163 1999年11月
感染症の診断・治療ガイドライン 4類感染症 腎症候性出血熱
有川二郎
日本医師会雑誌 122(10) 128-129 1999年11月
Resistance to pseudorabies virus infection in transgenic mice expressing the chimeric transgene that represses the immediate-early gene transcription.
Ono E, Tasaki T, Kobayashi T, Taharaguchi S, Nikami H, Miyoshi I, Kasai N, Arikawa J, Kida H, Shimizu Y
Virology 262(1) 72-78 1999年09月
感染症とその治療 新しい視点から 後篇 ウイルス・寄生虫感染症 ウイルス感染症 ハンタウイルス肺症候群
有川二郎
最新医学 54 1483-1491 1999年06月
動物由来感染症としてのハンタウイルス感染症 腎症候性出血熱とハンタウイルス肺症候群
有川二郎
日本獣医師会雑誌 52(4) 225-229 1999年04月
Hantavirus infection of SD rats reared in domestic laboratory animal facilities.
Lee BH, Lee BJ, Nam SY, Yoon SK, Lee YS, Yoshimatsu K, Arikawa J, Park JH
Korean J of the Lab Anim Sci 15(1) 49-52 1999年04月
A serosurvey of Borna disease virus infection in wild rats by a capture ELISA.
Tsujimura K, Mizutani T, Kariwa H, Yoshimatsu K, Ogino M, Morii Y, Inagaki H, Arikawa J, Takashima I
The Journal of veterinary medical science / the Japanese Society of Veterinary Science 61(2) 113-117 1999年02月
Genetic diversities of hantaviruses among rodents in Hokkaido, Japan and Far East Russia.
Kariwa H, Yoshimatsu K, Sawabe J, Yokota E, Arikawa J, Takashima I, Fukushima H, Lundkvist A, Shubin FN, Isachkova LM, Slonova RA, Leonova GN, Hashimoto N
Virus research 59(2) 219-228 1999年02月
N-acetylgalactosamine (GalNAc)-specific lectins mediate enhancement of Hantaan virus infection.
Ogino M, Yoshimatsu K, Ebihara H, Arikawa J
Archives of virology 144(9) 1765-1777 1999年
ハンタウイルスによる肺疾患.
有川 二郎
Circles 1(2) 14-17 1999年
ダニ脳炎の疫学調査とワクチンによる予防法の確立に関する研究
高島郁夫, 有川二郎, 苅和宏明, 根占哲也
北海道の研究開発 1998 95-100 1998年12月
Antigenic characterization of Hantaan and Seoul virus nucleocapsid proteins expressed by recombinant baculovirus: application of a truncated protein, lacking an antigenic region common to the two viruses, as a serotyping antigen.
Morii M, Yoshimatsu K, Arikawa J, Zhou G, Kariwa H, Takashima I
Journal of clinical microbiology 36 2514-2521 1998年09月
Prevalence of herpes B virus antibody in nonhuman primates reared at the National University of Japan.
Sato H, Arikawa J, Furuya M, Kitoh J, Mannen K, Nishimune Y, Ohsawa K, Serikawa T, Shibahara T, Watanabe Y, Yagami K, Yamamoto H, Yoshikawa Y
Experimental animals / Japanese Association for Laboratory Animal Science 47(3) 199-202 1998年07月
感染症シリーズ ハンタウイルス感染症
有川二郎
医療 52(6) 381-385 1998年06月
人獣共通ウイルスの謎に迫るー(2).
有川 二郎
薬の知識 49(6) 162 1998年06月
人獣共通ウイルスの謎に迫るー(1).
有川 二郎
薬の知識 49(5) 132 1998年05月
Evaluation of serological diagnosis of Borna disease virus infection using recombinant proteins in experimentally infected rats.
Ogino M, Yoshimatsu K, Tsujimura K, Mizutani T, Arikawa J, Takashima I
The Journal of veterinary medical science / the Japanese Society of Veterinary Science 60(4) 531-534 1998年04月
新型及び再出現感染症(原標題は英語) ハンタウイルス感染症
有川二郎
Pharma Med 16(3) 61-66 1998年03月
Adjuvant activity of muramyl dipeptide derivatives to enhance immunogenicity of a hantavirus-inactivated vaccine.
Yoo YC, Yoshimatsu K, Koike Y, Hatsuse R, Yamanishi K, Tanishita O, Arikawa J, Azuma I
Vaccine 16 216-224 1998年01月
Characterization of neutralizing monoclonal antibody escape mutants of Hantaan virus 76118.
Kikuchi M, Yoshimatsu K, Arikawa J, Yoshida R, Yoo YC, Isegawa Y, Yamanishi K, Tono-oka S, Azuma I
Archives of virology 143(1) 73-83 1998年
Urine-associated horizontal transmission of Seoul virus among rats.
Kariwa H, Fujiki M, Yoshimatsu K, Arikawa J, Takashima I, Hashimoto N
Archives of virology 143(2) 365-374 1998年
Inhibition of Borna disease virus replication by ribavirin in persistently infected cells.
Mizutani T, Inagaki H, Araki K, Kariwa H, Arikawa J, Takashima I
Archives of virology 143(10) 2039-2044 1998年
Hantavirus infection in SCID mice.
Yoshimatsu K, Arikawa J, Ohbora S, Itakura C
The Journal of veterinary medical science / the Japanese Society of Veterinary Science 59(10) 863-868 1997年10月
A case of tick-borne encephalitis in Japan and isolation of the the virus.
Takashima I, Morita K, Chiba M, Hayasaka D, Sato T, Takezawa C, Igarashi A, Kariwa H, Yoshimatsu K, Arikawa J, Hashimoto N
Journal of clinical microbiology 35 1943-1947 1997年08月
ウイルス性出血熱 ハンタウイルス感染症
有川二郎
Bio Clin 12(8) 520-524 1997年07月
小児疾患研究におけるモデル動物 尿路結石症(自然発症ラット)
小山内努, 笠井憲雪, 平棟孝志, 有川二郎
小児外科 29(2) 244-249 1997年02月
現代社会を揺るがす感染症〈ウイルス編〉 ハンタウイルス感染症
有川二郎
科学 67(2) 139-142 1997年02月
臨床 ハンタウイルス肺症候群
有川二郎
呼吸 16(1) 28-33 1997年01月
Protective effect of mucosal administration of recombinant human macrophage colony-stimulating factor (rhM-CSF) on mucosal infection of Sendai virus in mice.
Matsuzawa K, Yoo YC, Fukushima A, Yoshimatsu K, Arikawa J, Azuma I
Vaccine 15 85-89 1997年01月
Progressive effect of alpha-phenyl-N-tert-butyl nitrone (PBN) on rat embryo development in vitro.
Yamashita T, Yamazaki H, Kon Y, Watanabe T, Arikawa J, Miyoshi I, Kasai N, Kuwabara M
Free radical biology & medicine 23 1073-1077 1997年
ハンタウイルス感染症
有川 二郎
ウイルス 46(2) 119-129 1996年12月
ハンタウイルス感染症.
有川 二郎
Today's Therapy 20(3) 79-80 1996年09月
Characterization of the nucleocapsid protein of Hantaan virus strain 76-118 using monoclonal antibodies.
Yoshimatsu K, Arikawa J, Tamura M, Yoshida R, Lundkvist A, Niklasson B, Kariwa H, Azuma I
The Journal of general virology 77(4) 695-704 1996年04月
Effect of MDP-Lys(L18) as a mucosal immunoadjuvant on protection of mucosal infections by Sendai virus and rotavirus.
Fukushima A, Yoo YC, Yoshimatsu K, Matsuzawa K, Tamura M, Tono-oka S, Taniguchi K, Urasawa S, Arikawa J, Azuma I
Vaccine 14 485-491 1996年04月
Western blotting using recombinant Hantaan virus nucleocapsid protein expressed in silkworm as a serological confirmation of hantavirus infection in human sera.
Yoshimatsu K, Arikawa J, Li H, Kariwa H, Hashimoto N, Suzuki N
The Journal of veterinary medical science / the Japanese Society of Veterinary Science 58(1) 71-74 1996年01月
Modes of Seoul virus infections: persistency in newborn rats and transiency in adult rats.
Kariwa H, Kimura M, Yoshizumi S, Arikawa J, Yoshimatsu K, Takashima I, Hashimoto N
Archives of virology 141(12) 2327-2338 1996年
ハンタウイルス感染症(腎症候性出血熱およびハンタウイルス肺症候群)研究の現状.
有川 二郎
日本実験動物技術者協会東北支部会報 27 15-19 1996年
Production of recombinant hantavirus nucleocapsid protein expressed in silkworm larvae and its use as a diagnostic antigen in detecting antibodies in serum from infected rats.
Yoshimatsu K, Arikawa J, Yoshida R, Li H, Yoo YC, Kariwa H, Hashimoto N, Kakinuma M, Nobunaga T, Azuma I
Laboratory animal science 45 641-646 1995年12月
Effect of MDP-Lys(L18), a derivative of MDP, on enhancing host resistance against Hantaan virus infection in newborn mice.
Yoo YC, Yoshimatsu K, Hatsuse R, Tamura M, Yoshida R, Tono-oka S, Arikawa J, Azuma I
Vaccine 13 1300-1305 1995年10月
Evidence for the existence of Puumula-related virus among Clethrionomys rufocanus in Hokkaido, Japan.
Kariwa H, Yoshizumi S, Arikawa J, Yoshimatsu K, Takahashi K, Takashima I, Hashimoto N
The American journal of tropical medicine and hygiene 53 222-227 1995年09月
ハンタウイルス感染症 わが国の野生げっ歯類におけるハンタウイルス感染の疫学的研究と血清診断
有川二郎
臨床とウイルス 23(1) 12-18 1995年03月
A sulfated chitin, SCM-chitin III, inhibits the clearance of human erythrocytes from the blood circulation in erythrocyte-transfused SCID mice.
Ishihara C, Shimakawa S, Tsuji M, Arikawa J, Tokura S
Immunopharmacology 29(1) 65-71 1995年02月
Effects of muramyl dipeptide derivatives as adjuvants on the induction of antibody response to recombinant hepatitis B surface antigen.
Tamura M, Yoo YC, Yoshimatsu K, Yoshida R, Oka T, Ohkuma K, Arikawa J, Azuma I
Vaccine 13 77-82 1995年01月
Characterization of the mode of Hantaan virus infection in adult mice using a nested reverse transcriptase polymerase chain reaction: transient virus replication in adult mice.
Kariwa H, Kamimura M, Arikawa J, Yoshimatsu K, Takashima I, Hashimoto N
Microbiology and immunology 39 35-41 1995年
ハンタウイルス感染症の病原性の解析.
有川 二郎
アニテックス 7(2) 100-104 1995年
Transfusion with xenogeneic erythrocytes into SCID mice and their clearance from the circulation.
Ishihara C, Tsuji M, Hagiwara K, Hioki K, Arikawa J, Azuma I
The Journal of veterinary medical science / the Japanese Society of Veterinary Science 56(6) 1149-1154 1994年12月
Enhancement of infectivity of hantavirus in cell culture by centrifugation.
Kariwa H, Arikawa J, Takashima I, Isegawa Y, Yamanishi K, Hashimoto N
Journal of virological methods 49(2) 235-244 1994年09月
Effect of the synthetic lipid A-related compound, DT-5461, on resistance to Sendai virus infection in mice.
Yoshida R, Sato K, Yoo YC, Yoshimatsu K, Tamura M, Ishihara C, Arikawa J, Azuma I
Immunopharmacology 28(2) 153-161 1994年09月
Comparison of nucleotide sequences of M genome segments among Seoul virus strains isolated from eastern Asia.
Kariwa H, Isegawa Y, Arikawa J, Takashima I, Ueda S, Yamanishi K, Hashimoto N
Virus research 33(1) 27-38 1994年07月
腎症候性出血熱わが国の野生げっ歯類におけるハンタウイルス感染の疫学的研究と血清診断
有川二郎
臨床とウイルス 22(2) S22 1994年05月
Epizootiological studies of hantavirus infection among urban rats in Hokkaido, Japan: evidences for the persistent infection from the sero-epizootiological surveys and antigenic characterizations of hantavirus isolates.
Arikawa J, Ito M, Yao JS, Kariwa H, Takashima I, Hashimoto N
The Journal of veterinary medical science / the Japanese Society of Veterinary Science 56(1) 27-32 1994年02月
Application of a recombinant baculovirus expressing hantavirus nucleocapsid protein as a diagnostic antigen in IFA test: cross reactivities among 3 serotypes of hantavirus which causes hemorrhagic fever with renal syndrome (HFRS).
Yoshimatsu K, Arikawa J, Kariwa H
The Journal of veterinary medical science / the Japanese Society of Veterinary Science 55(6) 1047-1050 1993年12月
Comparison of virulence between Seoul virus strain SR-11 and Hantaan virus strain 76-118 of hantaviruses in newborn mice.
Yoo YC, Yoshimatsu K, Yoshida R, Tamura M, Azuma I, Arikawa J
Microbiology and immunology 37 557-562 1993年
Anti-viral activity of sulfated chitin derivatives against Friend murine leukaemia and herpes simplex type-1 viruses.
Ishihara C, Yoshimatsu K, Tsuji M, Arikawa J, Saiki I, Tokura S, Azuma I
Vaccine 11 670-674 1993年
Protective immunity of Hantaan virus nucleocapsid and envelope protein studied using baculovirus-expressed proteins.
Yoshimatsu K, Yoo YC, Yoshida R, Ishihara C, Azuma I, Arikawa J
Archives of virology 130(3/4) 365-376 1993年
腎症候性出血熱(HFRS);最近の話題 免疫学的・診断学的立場から.
有川 二郎
アニテックス 5 277-281 1993年
Sarcoma-180細胞によるマウス腹水誘導の基礎的条件の検討.
室田宏之、尾関祐一、吉松組子、伊勢光雄、有川二郎
実験動物技術者協会北海道支部会誌 17 6-8 1993年
A strategy for making synthetic peptide vaccines.
Ogasawara K, Naruse H, Itoh Y, Gotohda T, Arikawa J, Kida H, Good RA, Onoé K
Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America 89(19) 8995-8999 1992年10月
Effect of neutralizing monoclonal antibodies on Hantaan virus infection of the macrophage P388D1 cell line.
Yao JS, Arikawa J, Kariwa H, Yoshimatsu K, Takashima I, Hashimoto N
The Japanese journal of veterinary research 40 87-97 1992年09月
Natural Echinococcus multilocularis infection in a Norway rat, Rattus norvegicus, in southern Hokkaido, Japan.
Okamoto M, Fujita O, Arikawa J, Kurosawa T, Oku Y, Kamiya M
International journal for parasitology 22 681-684 1992年08月
Development and application of protein G antibody assay for the detection of antibody to hantavirus.
Kariwa H, Arikawa J, Takashima I, Hashimoto N
Journal of virological methods 37(3) 345-354 1992年06月
Stimulation of host-defense mechanism with synthetic adjuvants and recombinant cytokines against viral infection in mice.
Azuma I, Ishihara C, Iida J, Yoo YC, Yoshimatsu K, Arikawa J
Advances in experimental medicine and biology 319 253-263 1992年
Antibody-dependent enhancement of hantavirus infection in macrophage cell lines.
Yao JS, Kariwa H, Takashima I, Yoshimatsu K, Arikawa J, Hashimoto N
Archives of virology 122 107-118 1992年
Protective role of antigenic sites on the envelope protein of Hantaan virus defined by monoclonal antibodies.
Arikawa J, Yao JS, Yoshimatsu K, Takashima I, Hashimoto N
Archives of virology 126 271-281 1992年
Isolation of C-reactive protein from cat serum.
Watanabe A, Morimatsu M, Yoshimatsu K, Yamamoto S, Terao A, Tsukazaki K, Saito M, Naiki M
J Small Anim Pract 33 71-77 1992年
Renal lesions in rats infected with Rattus serotype hantavirus (SR-11 strain).
Kobayashi K, Itakura C, Arikawa J, Hashimoto N
Zentralblatt fur Veterinarmedizin. Reihe B. Journal of veterinary medicine. Series B 38 657-664 1991年11月
Pathological studies on central nervous tissues of rats infected with Rattus serotype hantavirus (SR-11 strain).
Mori F, Kobayashi K, Itakura C, Arikawa J, Hashimoto N
Zentralblatt fur Veterinarmedizin. Reihe B. Journal of veterinary medicine. Series B 38 665-672 1991年11月
マウスほ育仔数と育成成績との関係について
尾関祐一, 室田宏之, 伊勢光雄, 吉松組子, 有川二郎, 本間義幸, 石原智明
実験動物技術 26(1) 25-29 1991年06月
ドブネズミにおける腎症候性出血熱ウイルス感染の疫学的研究
苅和宏明, 有川二郎, よう健勝, 高島郁夫, 橋本信夫
北海道獣医師会雑誌 35(3) 69-74 1991年03月
Susceptibility of laboratory and wild rodents to Rattus or Apodemus-type hantaviruses.
Kawamura K, Zhang XK, Arikawa J, Takashima I, Dempo K, Hashimoto N
Acta virologica 35 54-63 1991年01月
特集・獣医学の研究動向―公衆衛生学分野から アビンジービオチンELISAによるコアラクラミジア感染症の血清診断法の開発
水野聡子, 有川二郎, 高島郁夫, 橋本信夫
臨床獣医 8(7) 48-49 1990年07月
特集・獣医学の研究動向―公衆衛生学分野から ネズミトゲダニによる腎症候性出血熱ウイルス(ハンタウイルス)の媒介性に関する研究
橋本信夫, よう健勝, 有川二郎, 高島郁夫
臨床獣医 8(7) 51-52 1990年07月
Coding properties of the S and the M genome segments of Sapporo rat virus: comparison to other causative agents of hemorrhagic fever with renal syndrome.
Arikawa J, Lapenotiere HF, Iacono-Connors L, Wang ML, Schmaljohn CS
Virology 176(1) 114-125 1990年05月
本邦で初めてみられたドブネズミRattus norvegicusにおける多包虫の自然感染例について
岡本宗裕, 藤田修, 奥祐三郎, 神谷正男, 有川二郎
寄生虫学雑誌 39(Suppl) 136 1990年04月
Characterization of Hantaan virus envelope glycoprotein antigenic determinants defined by monoclonal antibodies.
Arikawa J, Schmaljohn AL, Dalrymple JM, Schmaljohn CS
The Journal of general virology 70 ( Pt 3) 615-624 1989年03月
Conservation of antigenic properties and sequences encoding the envelope proteins of prototype Hantaan virus and two virus isolates from Korean haemorrhagic fever patients.
Schmaljohn CS, Arikawa J, Hasty SE, Rasmussen L, Lee HW, Lee PW, Dalrymple JM
The Journal of general virology 69 ( Pt 8) 1949-1955 1988年08月
Monoclonal antibodies to Chlamydia psittaci: characteristics and antigenic analysis.
Seki C, Takashima I, Arikawa J, Hashimoto N
Nihon juigaku zasshi. The Japanese journal of veterinary science 50(2) 383-393 1988年04月
Enzyme-linked immunosorbent assay for detection of antibody against hemorrhagic fever with renal syndrome virus in sera from experimentally infected rats.
Maeda T, Arikawa J, Takashima I, Hashimoto N
The Japanese journal of veterinary research 35 215-219 1987年07月
腎症候性出血熱
有川二郎、橋本信夫
ウイルス 36(2) 233-251 1986年12月
じん症候性出血熱のAvidin‐Biotin peroxidase complex法による診断
伝法公まろ, 永井浩, 今村正克, 森道夫, 浦沢正三, 有川二郎, 高島郁夫, 橋本信夫
病理と臨床 4(4) 445-446 1986年04月
Epidemiological Studies of Haemorrhagic Fever with Renal Syndrome (HFRS) Virus Infection among Urban Rats in Hokkaido, Japan.
Arikawa J, Takashima I, Hashimoto N
JE & HFRS Bulletin 1 65-66 1986年
Epidemiological studies of hemorrhagic fever with renal syndrome (HFRS) related virus infection among urban rats in Hokkaido, Japan.
Arikawa J, Takashima I, Hashimoto N, Takahashi K, Yagi K, Hattori K
Archives of virology 88 231-240 1986年
Monoclonal antibodies against Chlamydia psittaci.
Toyofuku H, Takashima I, Arikawa J, Hashimoto N
Microbiology and immunology 30 945-955 1986年
Epidemiological study of hemorrhagic fever with renal syndrome related virus infection among urban rats in two islands in Tokyo Bay, Japan.
Arikawa J, Takashima I, Hashimoto N, Morita C, Sugiyama K, Matsuura Y, Shiga S, Kitamura T
Acta virologica 29 66-72 1985年01月
Cell fusion by haemorrhagic fever with renal syndrome (HFRS) viruses and its application for titration of virus infectivity and neutralizing antibody.
Arikawa J, Takashima I, Hashimoto N
Archives of virology 86 303-313 1985年
Biotin-labeled protein-A enzyme-linked immunosorbent assay for the detection of Japanese encephalitis antibody in sera from humans, swine and several animal species.
Chang HC, Takashima I, Arikawa J, Hashimoto N
Journal of virological methods 9 143-151 1984年10月
Biotin-labeled antigen sandwich enzyme-linked immunosorbent assay (BLA-S-ELISA) for the detection of Japanese encephalitis antibody in human and a variety of animal sera.
Chang HC, Takashima I, Arikawa J, Hashimoto N
Journal of immunological methods 72 401-409 1984年09月
Rattus属ネズミにおけるHFRSの血清学的診断法(IFA, ELISA, IAHAおよびCFによる).
有川二郎、卯野由美子、前田俊郎、高島郁夫、橋本信夫
モダンメディア別冊 30(7) 400-408 1984年07月
Labeled avidin-biotin enzyme-linked immunosorbent assay (LAB-ELISA) for detection of Japanese encephalitis antibody in swine sera.
Chang HC, Ohkubo Y, Takashima I, Arikawa J, Hashimoto N
The Japanese journal of veterinary research 32 59-71 1984年04月
Isolation and serological survey of chlamydiosis in feral pigeons and crows in Hokkaido.
Chiba N, Arikawa J, Takashima I, Hashimoto N
Nihon juigaku zasshi. The Japanese journal of veterinary science 46(2) 243-245 1984年04月
Antigenic analysis of flaviviruses with monoclonal antibodies against Negishi virus.
Furuta I, Takashima I, Arikawa J, Hashimoto N
Microbiology and immunology 28 1023-1030 1984年
Preparation of complement fixation antigen of Chlamydia psittaci grown in tissue culture by treatment with beta-propiolactone.
Chiba N, Takashima I, Arikawa J, Hashimoto N
Microbiology and immunology 28 1273-1281 1984年
一動物実験施設におけるじん症候性出血熱流行の血清疫学的考察
有川二郎, 高島郁夫, 橋本信夫, 浦沢正三, 林たか義, 前川静枝, 伝法公まろ, 永井浩, 遠藤実
医学のあゆみ 126(4) 236-238 1983年07月
Isolation of virus causing hemorrhagic fever with renal syndrome (HFRS) through a cell culture system.
Kitamura T, Morita C, Komatsu T, Sugiyama K, Arikawa J, Shiga S, Takeda H, Akao Y, Imaizumi K, Oya A, Hashimoto N, Urasawa S
Japanese journal of medical science & biology 36 17-25 1983年02月
Getah virus in Aedes vexans nipponii and Culex tritaeniorhynchus: vector susceptibility and ability to transmit.
Takashima I, Hashimoto N, Arikawa J, Matsumoto K
Archives of virology 76 299-305 1983年
Antigenic and genetic characterization of H1 influenza viruses isolated from feral ducks and swine in Japan.
Arikawa J, Yamane N, Totsukawa K, Odagiri T, Ishida N
Archives of virology 78 19-27 1983年
The follow-up study of swine and Hong Kong influenza virus infection among Japanese hogs.
Arikawa J, Yamane N, Totsukawa K, Ishida N
The Tohoku journal of experimental medicine 136(4) 353-358 1982年04月
Characterization of avian paramyxoviruses isolated from feral ducks in northern Japan: the presence of three distinct viruses in nature.
Yamane N, Arikawa J, Odagiri T, Ishida N
Microbiology and immunology 26 557-568 1982年
Antibody responses after repeated influenza A virus immunizations among schoolchildren in Japan.
Yamane N, Hiratsuka M, Arikawa J, Odagiri T, Ishida N
The Journal of hygiene 87 383-392 1981年12月
Serological evidence of natural recombinant influenza virus (Hsw1N2) infection among pigs in Japan.
Arikawa J, Yamane N, Ishida N
Acta virologica 25 225-229 1981年07月
Reversed single-radial-immunodiffusion test: the method for the assay of the antibody to influenza A nucleoprotein.
Yamane N, Odagiri T, Arikawa J, Ishida N
The Tohoku journal of experimental medicine 133(3) 245-255 1981年03月
1977年から1979年にかけ宮城県下でみられたインフルエンザウイルスの流行動態.
小田切孝人、有川二郎、石田名香雄、山根誠久
臨床とウイルス 8(1) 39-42 1980年04月
インフルエンザウイルスワクチン接種後の各種ウイルス構成タンパクに対する抗体変動—1978年ワクチン接種の成績からー.
山根誠久、小田切孝人、有川二郎、石田名香雄
臨床とウイルス 7(4) 447-454 1979年12月
Serological evidence of H1 influenza virus infection among Japanese hogs.
Arikawa J, Yamane N, Odagiri T, Ishida N
Acta virologica 23 508-511 1979年11月
Isolation and characterization of influenza A viruses from wild ducks in northern Japan: appearance of HSW1 antigens in the Japanese duck population.
Yamane N, Odagiri T, Arikawa J, Ishida N
Acta virologica 23 375-384 1979年09月
Anti-nucleoprotein antibody response in influenza A infection.
Sukeno N, Otsuki Y, Konno J, Yamane N, Odagiri T, Arikawa J, Ishida N
The Tohoku journal of experimental medicine 128(3) 241-249 1979年07月
Annual examination of influenza virus infection among pigs in Miyagi prefecture, Japan: the appearance of Hsw1N1 virus.
Yamane N, Arikawa J, Odagiri T, Ishida N
Acta virologica 23 240-248 1979年05月
Effect of specific immunity to viral neuraminidase on subsequent influenza virus infection in man.
Yamane N, Odagiri T, Arikawa J, Kumasaka M, Ishida N
Microbiology and immunology 23 565-567 1979年
1977〜78年宮城県におけるA型インフルエンザウイルスの流行.
山根誠久、有川二郎、小田切孝人、石田名香雄、助野典義、熊坂満朗
臨床とウイルス 6(4) 392-398 1978年12月
Distribution of antibodies against swine and Hong Kong influenza viruses among pigs in 1977.
Yamane N, Arikawa J, Odagiri T, Kumasaka M, Ishida N
The Tohoku journal of experimental medicine 126(2) 199-200 1978年10月
Isolation of orthomyxoviruses from migrating and domestic ducks in northern Japan in 1976--1977.
Yamane N, Odagiri T, Arikawa J, Morita M, Sukeno N, Ishida N
Japanese journal of medical science & biology 31 407-415 1978年10月
Isolation of three different influenza A viruses from an individual after probable double infection with H3N2 and H1N1 viruses.
Yamane N, Arikawa J, Odagiri T, Sukeno N, Ishida N
Japanese journal of medical science & biology 31 431-434 1978年10月
Single Radial Immunodiffusion法によるインフルエンザウイルスの核蛋白抗体の定量(第一報).
助野典義、葛岡勝悦、今野二郎、山根誠久、小田切孝人、有川二郎、石田名香雄
臨床とウイルス 5(3) 314-319 1977年08月

書籍

ハンタウイルス感染マウス開発 -腎内でケモカイン増加-
清水健太、有川二郎
北海道医療新聞 2014年(平成26年)9月26日 2014年09月
獣医学教育モデル・コア・カリキュラム準拠 実験動物学
久和茂 編
朝倉書店 2013年04月 ISBN : 978-4-254-46031-5
感染症事典
感染症編集委員会編
オーム社 2012年01月 ISBN : 978-4274211355
新臨床内科学 第9版
高久史麿、尾形悦郎、黒川清、矢崎義雄 監修
医学書院 2009年02月 ISBN : 978-4260003056
医科ウイルス学 改訂第3版 
高田賢蔵 編集
南江堂 2009年02月 ISBN : 978-4-524-24022-7
バイオセーフティの事典―病原微生物とハザード対策の実際
バイオメディカルサイエンス研究会 編
医学評論社 2008年12月 ISBN : 978-4872119039
獣医感染症カラーアトラス 第2版
見上彪 監修
文永堂出版 2006年06月 ISBN : 978-4830032035
動物の感染症 第2版
小沼操・菊池直哉・杉本千尋・明石博臣・澤田拓士・宝達勉 編
近代出版 2006年05月 ISBN : 9784874021231
獣医公衆衛生学 第3版
高島郁夫・熊谷進 編
文永堂出版 2004年11月 ISBN : 9784830031984
感染症
竹田美文・木村哲 編
朝倉書店 2004年09月 ISBN : 978-4-254-32204-0
書籍を全て表示する
書籍閉じる
ハンタウイルス感染マウス開発 -腎内でケモカイン増加-
清水健太、有川二郎
北海道医療新聞 2014年(平成26年)9月26日 2014年09月
獣医学教育モデル・コア・カリキュラム準拠 実験動物学
久和茂 編
朝倉書店 2013年04月 ISBN : 978-4-254-46031-5
感染症事典
感染症編集委員会編
オーム社 2012年01月 ISBN : 978-4274211355
新臨床内科学 第9版
高久史麿、尾形悦郎、黒川清、矢崎義雄 監修
医学書院 2009年02月 ISBN : 978-4260003056
医科ウイルス学 改訂第3版 
高田賢蔵 編集
南江堂 2009年02月 ISBN : 978-4-524-24022-7
バイオセーフティの事典―病原微生物とハザード対策の実際
バイオメディカルサイエンス研究会 編
医学評論社 2008年12月 ISBN : 978-4872119039
獣医感染症カラーアトラス 第2版
見上彪 監修
文永堂出版 2006年06月 ISBN : 978-4830032035
動物の感染症 第2版
小沼操・菊池直哉・杉本千尋・明石博臣・澤田拓士・宝達勉 編
近代出版 2006年05月 ISBN : 9784874021231
獣医公衆衛生学 第3版
高島郁夫・熊谷進 編
文永堂出版 2004年11月 ISBN : 9784830031984
感染症
竹田美文・木村哲 編
朝倉書店 2004年09月 ISBN : 978-4-254-32204-0
人獣共通感染症
木村 哲・喜田 宏 編
医薬ジャーナル社 2004年08月 ISBN : 9784753220946
からだの科学増刊 新興再興感染症:SARSの教訓
岡部 信彦 編
日本評論社 2004年04月
動物の感染症 Infectious Diseases of Animals
清水悠紀臣、明石博臣、小沼操、管野康則、澤田拓士、辻本元、山本孝史 編
近代出版 2002年03月 ISBN : 4-87402-074-7
実験動物感染病の対応マニュアル
前島一淑監修, 有川二郎・浦野徹・柴原壽行・高鳥浩介編
(株)アドスリー 2000年06月 ISBN : 978-4900659285
エマージングディジーズ
竹田美文・五十嵐章・小島莊明 編
近代出版 1999年04月 ISBN : 978-4-87402-038-8
獣医感染症カラーアトラス
見上彪・丸山務
文永堂出版 1999年01月 ISBN : 4830031638
KEY WORD 1997-'98 感染症
清水喜八郎・小林宏行・千葉峻三 編
先端医学社 1996年12月 ISBN : 4-915892-43-3
獣医伝染病学
清水悠紀臣 編
近代出版 1995年10月 ISBN : 978-4874024980
図解・実験動物技術集
日本実験動物技術者協会関西支部図解実験動物技術集委員会 編
アドスリー 1992年07月 ISBN : 4-931283-01-2
獣医学 (1987)
伊沢 久夫, 清水悠紀臣
近代出版 1987年04月 ISBN : 978-4874026151

講演・口頭発表等

Antigenic properties of hantavirus nucleocapsid (N) protein and its application to antigen for immunochromatographic (ICG) test.
Yoshimatsu K, Shimizu K, Tsuda Y, Arikawa J
The 16th Negative Strand Virus Meeting (NSV2015) 2015年06月 
Characterization of Hokkaido virus, Genus Hantavirus and generation of the reassortant virus with Puumala virus.
Kariwa H, TSanada T, Iwasaki R, Yoshimatsu K, Arikawa J, Yoshii K, Takashima I
48th Joint Working Conference on Viral Diseases Panels, US-Japan Cooperative Medical Science Program 2015年01月 
Epidemiological study of rat hepatitis E virus infection in wild rodents in Vietnam.
Obana S, Shimizu K, Yoshimatsu K, Hasebe F, Hotta K, Isozumi R, Hoa NT, Mai LQ, Yamashiro T, Arikawa J
17th International Conference on Emerging Infectious Diseases (EID) in the Pacific Rim 2015年01月 
Analysis of intracellular localization of virus proteins of severe fever with thrombocytopenia syndrome virus.
Ito R, Tsuda Y, Nishio S, Shimizu K, Yoshimatsu K, Arikawa J
US-Japan Cooperative Medical Science Program, 17th International Conference on Emerging Infectious Diseases (EID) in the Pacific Rim 2015年01月 
腎症候性出血熱マウスモデルにおけるサイトカインおよび血管新生関連因子の発現動態の解析
清水 健太、吉松 組子、有川 二郎
第62回日本ウイルス学会学術集会 2014年11月 
レプトスピラ感染野生ラットの血清学的診断法開発 -大腸菌と酵母発現系による組換え病原性レプトスピラ共通抗原(LipL32抗原)応用性の比較-
塩川愛絵、Chandika Gamage、小泉信夫、清水健太、津田祥美、迫田義博、 吉松組子、有川二郎
第157回日本獣医学会学術集会 2014年09月 
Leptospirosis carrier status among free-roaming goats in central province of Sri Lanka.
Perara NN, Gamage CD, Gamage T, Shiokawa K, Nakajima C, Yoshimatsu K, Koizumi N, Suzuki Y, Arikawa J
One Health International Conference – 2014 2014年09月 
Endorsement of the existence of hantavirus infection and circulation of Thailand virus like virus in Kandy, Sri Lanka.
Gamage CD, Yoshimatsu K, Varatharajan V, Rajapakse RPVJ, Kularathne SAM, Nwafor-Okoli C, Koma T, Amada T, Shimizu K, Obayashi Y, Tamashiro H, Arikawa J
One Health International Conference – 2014 2014年09月 
Hantavirus infection – rodent borne zoonosis.
ARIKAWA J.
One Health International Conference – 2014 2014年09月 
Seroepidemiological and biological studies on SFTSV.
Nishio S, Tsuda Y, Ito R. Shimizu K, Yoshimatsu K, Arikawa J
The 10th China-Japan International Conference of Virology 2014年08月 
講演・口頭発表等を全て表示する
講演・口頭発表等閉じる
Antigenic properties of hantavirus nucleocapsid (N) protein and its application to antigen for immunochromatographic (ICG) test.
Yoshimatsu K, Shimizu K, Tsuda Y, Arikawa J
The 16th Negative Strand Virus Meeting (NSV2015) 2015年06月 
Characterization of Hokkaido virus, Genus Hantavirus and generation of the reassortant virus with Puumala virus.
Kariwa H, TSanada T, Iwasaki R, Yoshimatsu K, Arikawa J, Yoshii K, Takashima I
48th Joint Working Conference on Viral Diseases Panels, US-Japan Cooperative Medical Science Program 2015年01月 
Epidemiological study of rat hepatitis E virus infection in wild rodents in Vietnam.
Obana S, Shimizu K, Yoshimatsu K, Hasebe F, Hotta K, Isozumi R, Hoa NT, Mai LQ, Yamashiro T, Arikawa J
17th International Conference on Emerging Infectious Diseases (EID) in the Pacific Rim 2015年01月 
Analysis of intracellular localization of virus proteins of severe fever with thrombocytopenia syndrome virus.
Ito R, Tsuda Y, Nishio S, Shimizu K, Yoshimatsu K, Arikawa J
US-Japan Cooperative Medical Science Program, 17th International Conference on Emerging Infectious Diseases (EID) in the Pacific Rim 2015年01月 
腎症候性出血熱マウスモデルにおけるサイトカインおよび血管新生関連因子の発現動態の解析
清水 健太、吉松 組子、有川 二郎
第62回日本ウイルス学会学術集会 2014年11月 
レプトスピラ感染野生ラットの血清学的診断法開発 -大腸菌と酵母発現系による組換え病原性レプトスピラ共通抗原(LipL32抗原)応用性の比較-
塩川愛絵、Chandika Gamage、小泉信夫、清水健太、津田祥美、迫田義博、 吉松組子、有川二郎
第157回日本獣医学会学術集会 2014年09月 
Leptospirosis carrier status among free-roaming goats in central province of Sri Lanka.
Perara NN, Gamage CD, Gamage T, Shiokawa K, Nakajima C, Yoshimatsu K, Koizumi N, Suzuki Y, Arikawa J
One Health International Conference – 2014 2014年09月 
Endorsement of the existence of hantavirus infection and circulation of Thailand virus like virus in Kandy, Sri Lanka.
Gamage CD, Yoshimatsu K, Varatharajan V, Rajapakse RPVJ, Kularathne SAM, Nwafor-Okoli C, Koma T, Amada T, Shimizu K, Obayashi Y, Tamashiro H, Arikawa J
One Health International Conference – 2014 2014年09月 
Hantavirus infection – rodent borne zoonosis.
ARIKAWA J.
One Health International Conference – 2014 2014年09月 
Seroepidemiological and biological studies on SFTSV.
Nishio S, Tsuda Y, Ito R. Shimizu K, Yoshimatsu K, Arikawa J
The 10th China-Japan International Conference of Virology 2014年08月 
Development of a mouse model of hemorrhagic fever with renal syndrome.
Shimizu K, Yoshimatsu K, Koma T, Arikawa J
International Union of Microbiological Societies Congresses 2014 2014年07月 
腎症候性出血熱マウスモデルの開発
清水健太、吉松組子、駒貴明、有川二郎
第11回北海道実験動物研究会学術集会 2014年07月 
組換え抗原発現系の違いによる野生ラットレプトスピラ感染診断時バックグラウンド反応軽減について—大腸菌と酵母菌発現組換え病原性レプトスピラ共通抗原(LipL32抗原)の比較—
塩川愛絵、Chandika Gamage、小泉信夫、迫田義博、清水健太、津田祥美、吉松組子、有川二郎
第11回北海道実験動物研究会学術集会 2014年07月 
ハンタウイルスの自然宿主におけるウイルス感染様式 ソウルウイルスとその宿主であるドブネズミ(Rattus norvegicus)の自然感染集団を用いた研究.
吉松組子、安田俊平、清水健太、津田祥美、駒貴明、有川二郎
日本ウイルス学会北海道支部第48回夏季シンポジウム 2014年07月 
ハンタウイルス感染マウスモデルの開発.
清水健太、吉松組子、駒貴明、有川二郎
第79回インターフェロンサイトカイン学会 2014年06月 
ソウル型ハンタウイルスの自然宿主(ドブネズミ:Rattus norvegicus)におけるウイルス感染様式.
吉松組子、安田俊平、清水健太、津田祥美、駒貴明、有川二郎
第79回インターフェロンサイトカイン学会 2014年06月 
Persistence of Seoul virus infection in rodent reservoir (Rattus norvegicus).
Yoshimatsu K, Yasuda SP, Shimizu K, Koma T, Amada T, Isozumi R, Arikawa J
7th European Meeting on Viral Zoonoses 2014年05月 
マウスを用いた腎症候性出血熱の疾患モデルの開発.
清水健太、吉松組子、駒貴明、有川二郎
日本実験動物科学技術さっぽろ2014 2014年05月 
Epidemiological evaluation of zoonotic potential of newly discovered rat hepatitis E virus.
Shimizu K, Yoshimatsu K, Hamaguchi S, Chi CN, Isozumi R, Hotta K, Hasebe F, Yamashiro T, Hoa NT, Mai le TQ, Yoshida LM, Ariyoshi K, Arikawa J
Asian-African Research Forum on Emerging and Reemerging Infections 2014 (AARF2014) 2014年01月 
ラットE型肝炎ウイルスは人獣共通感染症の病原体か?
清水健太、濱口杉大、Cuong Ngo Chi、李天成、吉松組子、津田祥美、塩川愛絵、西尾佐奈恵、吉田レイミント、有吉紅也、有川二郎
第61回日本ウイルス学会学術集会 2013年11月 
Application of recombinant LigA and LipL32 to the lateral flow immunoassay for the detection of pathogenic Leptospira spp. specific IgG in rodent sera
Shiokawa K, Gamage CD, Koizumi N, Nishio S, Koarashi Y, Tsuda Y, Shimizu K, Yoshimatsu K, Arikawa J
8th Scientific Meeting of International Leptospirosis Society 2013年10月 
The impact of two recombinant antigens base ELISA assay to diagnose leptospirosis
Gamage CD, Shiokawa K, Koizumi N, Kularatne SA, Rajapakse JR, Nwafor-Okoli C, Yoshimatsu K, Arikawa J
8th Scientific Meeting of International Leptospirosis Society 2013年10月 
実験用ラットを感染源とする腎症候性出血熱(HFRS)の実験室型流行から学ぶこと
有川二郎
第13回日本バイオセーフティ学会総会・学術集会 2013年09月 
組換え抗原を利用したげっ歯類のレプトスピラ症迅速簡易診断法の開発
塩川愛絵、Chandika D. Gamage、小泉信夫、吉松組子、津田祥美、清水健太、有川二郎
第10回北海道実験動物研究会学術集会 2013年07月 
ハムスターモデルを用いたエボラウイルスとアンデスウイルスに対する2価ワクチンの評価試験
津田祥美、有川二郎
第10回北海道実験動物研究会学術集会 2013年07月 
Isolation and Characterization of Hokkaido Virus, Genus Hantavirus.
Sanada T, Ozaki Y, Seto T, Nakao M, Saasa N, Yoshimatsu K, Arikawa J, Yoshii K, Takashima I, Kariwa H
15th International Negative Strand Virus Meeting 2013年06月 
Status of immunity against Seoul virus among wild rats (Rattus norvegicus): implications for persistence of Seoul virus.
Shimizu S, Yasuda SP, Yoshimatsu K, Koma T, Hoa NT, Mai le TQ, Hasebe F, Yamashiro T, Arikawa J
15th International Negative Strand Virus Meeting 2013年06月 
Role of Neutrophils in the Induction of Pulmonary Edema during Hantavirus Infection in C.B-17Scid Mice.
Arikawa J, Koma T, Yoshimatsu K, Nagata N, Sato Y, Shimizu K, Amada T, Nishio S, Hasegawa H
15th International Negative Strand Virus Meeting 2013年06月 
Isolation and Characterization of Hokkaido Virus, Genus Hantavirus.
Sanada T, Ozaki Y, Seto T, Nakao M, Saasa N, Yoshimatsu K, Arikawa J, Yoshii K, Takashima I, Kariwa H
IX International Conference on HFRS HPS & Hantaviruses 2013年06月 
Role of Neutrophils in the Induction of Pulmonary Edema during Hantavirus Infection in C.B-17Scid Mice.
Yoshimatsu K, Koma T, Nagata N, Sato Y, Shimizu K, Amada T, Nishio S, Hasegawa H, Arkawa J
IX International Conference on HFRS HPS & Hantaviruses 2013年06月 
Development of an Immunochromatography Strip Test for Detecting Anti-hantavirus Antibody in Rodent and Human Sera by Using an N-terminal Common Antigenic Site of Hantavirus N protein.
Arikawa J, Amada T, Yoshimatsu K, Hayashimoto N, Koma T, Shimizu K, Gamage CD, Shiokawa K, Nishio S, Ahlm C, Takakura A
IX International Conference on HFRS HPS & Hantaviruses 2013年06月 
Prevalence of hantavirus, leptospira and rat hepatitis E virus infection in urban rats captured in Hai Phong Port and Hanoi City, Vietnam.
Arikawa J
15th International Conference on Emerging Infectious Diseases in the Pacific Rim 2013年03月 
肺水腫を呈すハンタウイルス感染SCIDマウスに於ける好中球の役割.
駒 貴明、永田 典代、吉松 組子、佐藤 由子、清水 健太、天田 貴子、西尾 佐奈恵、長谷川 秀樹、有川 二郎
第60回日本ウイルス学会学術集会 2012年11月 
新たに分離されたHokkaidoウイルスの性状解析.
真田 崇弘、尾崎 由佳、瀬戸 隆弘、中尾 桃子、Saasa Ngonda、吉松 組子、有川 二郎、好井 健太朗、苅和 宏明
第60回日本ウイルス学会学術集会 2012年11月 
The N-terminus of the Montano hantavirus nucleocapsid protein possesses broadly cross-reactive conformation-dependent epitopes.
Saasa Ngonda、吉田 喜香、清水 健太、Sanchez-Hernandez Cornelio、Romero-Almaraz Maria de Lourdes、駒 貴明、真田 崇弘、瀬戸 隆弘、好井 健太朗、Ramos Celso、吉松 組子、有川 二郎、高島 郁夫、苅和 宏明
第60回日本ウイルス学会学術集会 2012年11月 
イムノクロマト法による抗ハンタウイルス抗体の迅速抗体検出法の開発.
天田 貴子、吉松 組子、安田 俊平、清水 健太、駒 貴明、林元 展人、高倉 彰、有川 二郎
第60回日本ウイルス学会学術集会 2012年11月 
腎症候性出血熱の動物モデルの開発と病態発現機構の解析.
清水 健太、吉松 組子、駒 貴明、天田 貴子、西尾 佐奈恵、有川 二郎
第60回日本ウイルス学会学術集会 2012年11月 
ラットE型肝炎ウイルス様粒子の作製および粒子形成に必須な領域の同定.
李 天成、片岡 紀代、網 康至、須崎 百合子、安田 俊平、吉松 組子、有川 二郎、武田 直和、脇田 隆字
第60回日本ウイルス学会学術集会 2012年11月 
動物実験従事者の動物アレルギー.
吉村彩、武藏学、金子壮朗、大西俊介、折戸智恵子、川原由佳子、森松正美、今野哲、有川二郎
第50回全国大学保健管理研究集会 2012年10月 
Rapid and whole blood diagnostic test for detecting anti-hantavirus antibody in human and rodent.
Amada T, Yoshimatsu K, Yasuda SP, Koma T, Shimizu K, Nishio S, Hayashimoto N, Takakura A, Arikawa J
The 5th Asian Federation of Laboratory Animal Science Associations Congress 2012年10月 
Development of immunochromatographic test for the detection of HFRS and HPS Hantavirus antibody in the human and rodent serum.
Amada T, Hayashimoto N, Yoshimatsu K, Yasuda S, Shimizu K, Koma T, Isozumi R, Takakura A, Arikawa J
XVIII International Congress for Tropical Medicine and Malaria 2012年09月 
ベトナムのラットおよびヒトにおけるラットE型肝炎ウイルスの感染状況の調査.
清水健太、李天成、安田俊平、吉松組子、駒貴明、長谷部太、山城哲、Hoa Nguyen Thuy、Mai Le Thi Quynh、有川二郎
第154回日本獣医学会学術集会 2012年09月 
新たに分離されたHokkaidoウイルスの性状解析.
真田崇弘、尾崎由佳、瀬戸隆弘、中尾桃子、Saasa Ngonda、吉松組子、有川二郎、好井健太朗、苅和宏明
第154回日本獣医学会学術集会 2012年09月 
エゾヤチネズミ(Myodes rufocanus bedfordiae)の腎臓由来細胞株の樹立とHokkaidoウイルス分離への応用.
真田崇弘、瀬戸隆弘、尾崎由佳、Saasa Ngonda、吉松組子、有川二郎、好井健太朗、苅和宏明
日本ウイルス学会北海道支部 第46回夏季シンポジウム「神経向性ウイルス研究の最前線」 2012年07月 
Development of Immunochromatographic Rapid Test for the Detection of IgG Antibodies Specific to HFRS and HPS Hantaviruses in Human and Rodent Serum.
Amada T, Hayashimoto N, Yoshimatsu K, Yasuda S, Shimizu K, Koma T, Isozumi R, Takakura A, Arikawa J
Mini-symposium on Emerging and Re-emerging Viral Diseases in Asia, 46th Joint Working Conference on Viral Diseases, The Japan-United States Cooperative Medical Science Program 2012年06月 
Isolation and characterization of hantaviruses from wild rodents and epidemiology of hemorrhagic fever with renal syndrome in Russia.
Kariwa H, Seto T, Yoshikawa K, Tkachenko EA, Morozov VG, Ivanov LI, Slonova R, Zakharycheva TA, Tanikawa Y, Sanada T, Ngonda S, Nakamura I, Yoshimatsu K, Arikawa J, Yoshii K, Takashima I
The 9th Japan-China International Conference of Virology 2012年06月 
Development of immunochromatographic test strips for the detection of HFRS and HPS hantavirus antibody in the human and rodent serum.
Amada T, Yoshimatsu K, Yasuda SP, Koma T, Shimizu K, Isozumi R, Hayashimoto N, Takakura A, Arikawa J
The 9th Japan-China International Conference of Virology 2012年06月 
Persistence of Seoul virus in natural host (Rattus norvegicus).
Yoshimatsu K, Yasuda SP, Shimizu K, Koma T, Amada T, Yamashiro T, Hasebe F, Hoa NT, Mai le TQ, Arikawa J
The 9th Japan-China International Conference of Virology 2012年06月 
Antigenicity and infectivity of rat hepatitis E viruses.
Li TC, Yoshimatsu K, Yasuda SP, Arikawa J, Kataoka M, Ami Y, Suzaki Y, Ishii K, Takeda N, Wakita T
The 9th Japan-China International Conference of Virology 2012年06月 
Epidemiology of rat hepatitis E virus infection in human and rodents in Vietnam.
Shimizu K, Li TC, Yasuda SP, Yoshimatsu K, Koma T, Hasebe F, Yamashiro T, Hoa NT, Mai le TQ, Ariyoshi K, Arikawa J
The 9th Japan-China International Conference of Virology 2012年06月 
イムノクロマト法によるラットとヒト血清のハンタウイルス抗体迅速検出法の開発.
有川二郎、天田貴子、林元展人、吉松組子、安田俊平、清水健太、駒貴明、五十棲理恵、高倉彰
日本実験動物科学・技術 九州2012 2012年05月 
イムノクロマト法による抗ハンタウイルス抗体の迅速抗体検出法の開発.
天田貴子、吉松組子、安田俊平、清水健太、駒貴明、五十棲理恵、林元展人、高倉彰、有川二郎
第153回日本獣医学会学術集会 2012年03月 
腎症候性出血熱の動物モデルの開発.
清水健太、吉松組子、駒貴明、伊勢川裕二、安田俊平、天田貴子、五十棲理恵、有川二郎
第153回日本獣医学会学術集会 2012年03月 
Prevalence of hantavirus, leptospira and hepatitis E virus infection in urban rats captured in Hai Phong Port and Hanoi City, Vietnam in 2010.
Takaaki Koma, Kumiko Yoshimatsu, Shumpei P. Yasuda, Tiancheng Li, Takako Amada, Kenta Shimizu, Rie Isozumi, Le Thi Quynh Mai, Nguyen Thuy Hoa, Tetsu Yamashiro, Futoshi Hasebe, Jiro Arikawa
Asian-African Research Forum on Emerging and Reemerging Infections 2012 2012年01月 
Prevalence of Hantavirus Infection among Humans and Animals in Vietnam.
ARIKAWA Jiro
The Scientific Conference: “Pasteur Institute in Ho Chi Minh City- 120 Years for Control and Prevention of Communicable Diseases” 2011年11月 
ハンタウイルスGlycoproteinの細胞内動態に及ぼすNucleocapsid proteinの影響
清水健太,吉松組子,駒貴明,安田俊平,有川二郎
第58回日本ウイルス学会学術集会 2011年11月 
Truncated hantavirus nucleocapsid proteins as useful diagnostic antigen for serotyping old and new world hantavirus infections in humans and rodents.
Jiro Arikawa, Kumiko Yoshimatsu and Hiroaki Kariwa
6th European Meeting on Viral Zoonoses 2011年10月 
ハンタウイルス糖蛋白質の細胞内輸送に関与するウイルス蛋白質とその機能領域
清水健太、吉松組子、駒貴明、安田俊平、有川二郎
第152回日本獣医学会学術集会 2011年09月 
Role of hantavirus nucleocapsid protein in intracellular traffic of glycoproteins.
Shimizu K, Yoshimatsu K, Koma T, Yasuda SP, Arikawa J
XV International Congress of Virology 2011年09月 
Development of the method for monitoring cytotoxic T lymphocyte (CTL) responses to hantavirus in laboratory rats.
Yasuda SP, Yoshimatsu K, Endo R, Shimizu K, Koma T, Isozumi R, Arikawa J
XV International Congress of Virology 2011年09月 
Analysis of pulmonary edema in hantavirus- infected SCID mouse.
Koma T, Yoshimatsu K, Shimizu K, Yasuda SP, Isozumi R, Arikawa J
XV International Congress of Virology 2011年09月 
Sero-surveillance of hantavirus in rodents captured in Zambia, in 2010.
Nakamura I, Hang'ombe BM, Sawa H, Takada A, Yoshimatsu K, Arikawa J, Sugimoto C
XV International Congress of Virology 2011年09月 
Characterization of virus-like particles of rat hepatitis E virus generated by recombinant baculovirus.
Tiancheng Li, Kumiko Yoshimatsu, Shumpei P Yasuda, Jiro Arikawa, Michiyo Kataoka, Yasushi Ami, Yuriko Suzaki, Takaji Wakita
XV International Congress of Virology 2011年09月 
Epizootiological investigation of hantavirus infection in Japan and genetic variation of Hokkaido virus in Myodes rufocanus.
Yuka Ozaki, Takahiro Sanada, Takahiro Seto, Kyle Taylor, Leonid I Ivanov, Kentaro Yoshii, Toshio Tsubota, Yoshinori Ikenaka, Mayumi Ishizuka, Jiro Arikawa, Hiroaki Kariwa
XV International Congress of Virology 2011年09月 
The identification of the rodent reservoir of Montano virus, a novel hantavirus in Mexico.
Ngonda Saasa, Cornelio Sanchez-Hernandez, Maria de Lourdes Romero-Almaraz, Haruka Yoshida, Takahiro Sanada, Takahiro Seto1, Kentaro Yoshii, Kumiko Yoshimatsu, Jiro Arikawa, Ikuo Takashima, Hiroaki Kariwa
XV International Congress of Virology 2011年09月 
Seroprevalence of anti-Leptospira antibodies among patients with acute febrile illness with renal dysfunction In spite of negative result with several laboratorial Leptospira tests in Thailand.
Isozumi R, Yoshimatsu K, Pattamadilok S, Kumperasart S, Arikawa J
XIII International Congress of Bacteriology and Applied Microbiology 2011年09月 
イムノクロマト法によるハンタウイルス感染ラットの迅速抗体検出の開発に関する研究
天田貴子、駒貴明、安田俊平、清水健太、五十棲理恵、高倉彰、吉松組子、有川二郎
北海道実験動物研究会・日本実験動物技術者協会北海道支部 合同学術集会 2011 2011年07月 
Truncated Hantavirus Nucleocapsid Proteins for Serotyping Old and New World Hantavirus Infections in Humans and Rodents.
Arikawa J, Yoshimatsu K, Kariwa H
45th Joint Working Conference on Immunology and Viral Diseases, US-Japan Cooperative Medical Science Program 2011年06月 
Puumalaウイルスを感染させたシリアンハムスター(Mesocricetus auratus)の感染動態の解析
真田崇弘,苅和宏明,永田典代,谷川洋一,Nur Hardy Abu Daud,瀬戸隆弘,吉松組子,有川二郎,好井健太郎,高島郁夫
第58回日本ウイルス学会学術集会 2010年11月 
ハンタウイルス持続感染メカニズム解明のための実験感染ラットを用いた細胞性免疫測定系の確立
安田俊平,吉松組子,遠藤理香,清水健太,駒貴明,有川二郎
第58回日本ウイルス学会学術集会 2010年11月 
メキシコの野生げっ歯類が保有するハンタウイルスの抗原性解析
吉田喜香,苅和宏明,真田崇弘,Saasa Ngonda,瀬戸隆弘,吉松組子,有川二郎,好井健太郎,高島郁夫
第58回日本ウイルス学会学術集会 2010年11月 
免疫不全マウスを用いたハンタウイルス感染症病態モデルの検討
駒貴明,吉松組子,永田典代,清水健太,安田俊平,有川二郎
第58回日本ウイルス学会学術集会 2010年11月 
ハンタウイルスNucleocapsid proteinはGlycoprotein Gcのシスゴルジへの局在を促進する
清水健太、吉松組子、駒貴明、遠藤理香、安田俊平、Erdenesaikhan Tegshduuren、有川二郎
第150回日本獣医学会学術集会 2010年09月 
メキシコ由来のハンタウイルスに対するモノクローナル抗体の作出と各種ハンタウイルスに対する反応性の検討
吉田喜香,苅和宏明,真田崇弘,Ngonda Saasa,瀬戸隆弘,吉松組子,有川二郎,好井健太郎,高島郁夫
第150回日本獣医学会学術集会 2010年09月 
Puumalaウイルスを感染させたシリアンハムスター(Mesocricetus auratus)の感染動態の解析
真田崇弘、苅和宏明、谷川洋一、Abu Daud Nur Hardy、瀬戸隆弘、永田典代、吉松組子、有川二郎、好井健太郎、高島郁夫
第150回日本獣医学会学術集会 2010年09月 
Hantavirus nucleocapsid protein promotes cis-Golgi targeting of glycoprotein Gc.
Shimizu K, Yoshimatsu K, Koma T, Endo R, Yasuda S, Arikawa J
XIV International conference on Negative Strand Viruses 2010年06月 
Studies on secretion of GP of Hantaan virus.
Yoshimatsu K, Shimizu K, Arikawa J
XIV International conference on Negative Strand Viruses 2010年06月 
Truncated Hantavirus nucleocapsid proteins for serotyping antigen.
Koma T, Yoshimatsu K, Pini N, Safronetz D, Taruishi M, Levis S, Endo R, Shimizu K, Yasuda S, Ebihara H, Feldmann H, Enria D, Arikawa J
XIV International conference on Negative Strand Viruses 2010年06月 
Hantavirus infection as a rodent-borne zoonoses. How we learn from nature.
Arikawa J
VIII International conference on HFRS, HPS & Hantaviruses 2010年05月 
Isolation of amur and Hantaan viruses from wild rodents and the epidemiology of hemorrhagic fever with renal syndrome in far east Russia.
Kariwa H, Yoshikawa K, Tanikawa Y, Seto T, Sanada T, Ngonda S, Ivanov LI, Slonova R, Zakharycheva TZ, Yoshimatsu K, Arikawa J, Yoshii K, Takashima I
VIII International conference on HFRS, HPS & Hantaviruses 2010年05月 
Prevalence of Hantaviruses in Humans and Rodents in Southeast and South Asia.
Yoshimatsu K, Shimizu K, Yasuda S, Endo R, Koma T, Ibrahim IN, Perwitasari D, Yunianto A, Pattamadilok S, Kumperasart S, Luan VD, Huong VTQ, Chandy S, Sridharan G, Ninh T,Kularante S, Rajapakse J, Gamage C, Tamashiro H and Arikawa J
VIII International conference on HFRS, HPS & Hantaviruses 2010年05月 
Development of serotyping ELISAs for new world hantavirus infection.
Koma T, Yoshimatsu K, Pini N, Safronetz D, Taruishi M, Levis S, Endo R, Shimizu K, Yasuda SP, Ebihara H, Feldmann H, Enria D and Arikawa J
VIII International conference on HFRS, HPS & Hantaviruses 2010年05月 
Establishment and evaluation of universal consensus primers for the detection of hantaviruses from all known genetic lineages.
Endo R, Yoshimatsu K, Koma T, Taruishi M, Shimizu K, Yasuda S, Tegshduuren E, Safronetz D, Ebihara H, Feldmann H and Arikawa J
VIII International conference on HFRS, HPS & Hantaviruses 2010年05月 
Bio-Ecological study on hantaviruses infection among rodents, insectivores and human in thousand islands district and serang district of Indonesia.
Ibrahim IN, Yoshimatsu K, Perwitasari D, Ariati Y, Shimizu K, Yunianto A, Yasuda S, Arikawa J
VIII International conference on HFRS, HPS & Hantaviruses 2010年05月 
A family cluster of thottapalayam virus or a closely related hantavirus infection in northern Thailand.
Shimakawa Y, Assawasanti K, Pattamadilok S, Ariyoshi K, Yoshimatsu K, Arikawa J
VIII International conference on HFRS, HPS & Hantaviruses 2010年05月 
Development of diagnostic methods applicable to various hantavirus infections.
Sanada T, Kariwa H, Tanikawa Y, Seto T, Miyashita D, Ngnda S, Yoshikawa K, Sanchez-Hernandez C, Romero-Almaraz MdL, Ramos C. Ivanov LI, Yoshimatsu K, Arikawa J, Yoshii K, Takashima I
VIII International conference on HFRS, HPS & Hantaviruses 2010年05月 
Novel tools for hantavirus diagnostics in shrews.
Schlegel M, Hammerschmidt B, Yoshimatsu K, Groschup MH, Arikawa J, Friedrich R, Petraitye R, Sasnauskas K, Heidemanns K, Siniza S, Giere P, Ulrich RG, Koellner B
VIII International conference on HFRS, HPS & Hantaviruses 2010年05月 
Comparison of the pathogenesis of Seoul virus infection in experimentally infected laboratory rats and naturally infected wild rats.
Yasuda SP, Endo R,Shimizu K, Koma T, Tegshduuren E, Luan VD, Yoshimatsu K, Huong VTQ, Arikawa J
VIII International conference on HFRS, HPS & Hantaviruses 2010年05月 
Epidemiology and epizootiology of hantavirus infection in East Asian.
Arikawa J
The 4th Nagasaki Symposium on Tropical and Emerging Infectious Diseases 2009年11月 
ハンタウイルスの生態学
有川二郎
第57回日本ウイルス学会学術集会 2009年10月 
Genetically distinct hantavirus in the Asian lesser white-toothed shrew on Jeju island, Korea.
新井 智、田原研司、Oh Hong-Shik、高田伸弘、Song Jin-Won、Kang hae Ji、N. Bennett Shannon、 多屋馨子、有川二郎、岡部信彦、Yanagihara Richard
第57回日本ウイルス学会学術集会 2009年10月 
極東ロシアの野鼠からのハンタウイルスの分離と人におけるウイルス感染状況の調査
吉川佳佑、苅和宏明、瀬戸隆弘、真田崇弘、好井健太朗、吉松組子、有川二郎、高島郁夫
第57回日本ウイルス学会学術集会 2009年10月 
メキシコの野生げっ歯類が保有するハンタウイルスの遺伝子解析
吉田喜香、苅和宏明、Ramos Celso、Hernandez Cornelio S.、Almaraz Maria L. R.、高野絢子、戸谷理詩、宮下大輔、Ngonda Saasa、瀬戸隆弘、真田崇弘、吉川佳佑、好井健太朗、吉松組子、有川二郎、高島郁夫
第57回日本ウイルス学会学術集会 2009年10月 
トガリネズミ目(旧食虫目)由来ハンタウイルスThottapalayamウイルス(TPMV)核蛋白の単クローン抗体を用いた抗原領域の解析
エルテネサイハンテグシドーレン、清水健太、吉松組子、遠藤理香、駒貴明、安田俊平、有川二郎、石原智明
第57回日本ウイルス学会学術集会 2009年10月 
ハンタウイルス自然感染ラットと実験感染ラットにおける病態の比較
安田俊平、吉松組子、遠藤理香、清水健太、駒貴明、Erdenesaikhan Tegshduuren、垂石みどり、有川二郎
第57回日本ウイルス学会学術集会 2009年10月 
新世界ハンタウイルス感染の血清型鑑別ELISA法の確立
駒貴明、吉松組子、垂石みどり、遠藤理香、清水健太、安田俊平、エルテネサイハンテグシドーレン、海老原秀喜、Cornelio S. Hernandez、Maria L. R. Almaraz、Celso Ramos、宮下大輔、瀬戸隆弘、苅和宏明、高島郁夫、Delia Enria、有川二郎
第57回日本ウイルス学会学術集会 2009年10月 
汎用PCRプライマーを用いたハンタウイルス遺伝子検出スクリーニング法の確立
遠藤理香、吉松組子、駒貴明、清水健太、安田俊平、Erdenesaihan Tegshduuren、垂石みどり、海老原秀喜、宮下大輔、瀬戸隆弘、Cornelio S. Hernandez、Maria L. R. Almaraz、Celso Ramos、苅和宏明、高島郁夫、有川二郎
第57回日本ウイルス学会学術集会 2009年10月 
インドネシアのげっ歯類におけるハンタウイルス感染症の疫学
清水健太、イブラハムイマヌリサ、吉松組子、遠藤理香、安田俊平、駒貴明、エルテネサイハンテグシドーレン、有川二郎
第57回日本ウイルス学会学術集会 2009年10月 
Development of Serotyping ELISA System for New World Hantavirus Infection.
Koma T, Yoshimatsu K, Endo R, Shimizu K, Yasuda SP, Ebihara H, Feldman H, Levis S, Enria DA, Kariwa H,Takashima I, Arikawa J
The 1st International Young Researcher Seminar in Zoonosis Control 2009 2009年08月 
Epidemiology of Hantavirus infection in Indonesia.
Shimizu K, Ibrahim IN, Yoshimatsu K, Yasuda SP, Endo R, Koma T, Arikawa J
The 1st International Young Researcher Seminar in Zoonosis Control 2009 2009年08月 
Hantavirus genome quantification in experimentally infected laboratory rats and naturally infected wild rats (Rattus norvegicus).
Yasuda SP, Endo R, Shimizu K, Koma T, Tegshduuren E, Luan VD, Yoshimatsu K, Huong VT, Arikawa J
10th International Mammalogical Congress (IMC-10) 2009年08月 
Development of diagnostic methods applicable to various serotypes of hanatavorus infections.
Kariwa H, Sanada T, Seto T, Tanikawa Y, Yoshii K, Yoshimatsu K, Arikawa J, Takashima I
The 43rd Joint Working Conference on Viral Diseases, US-Japan Cooperative Medical Science Program 2009年07月 
ハンタウイルス自然感染ラットと実験感染ラットにおける病態の比較
安田俊平、吉松組子、遠藤理香、清水健太、駒貴明、Erdenesaikhan Tegshduuren、垂石みどり、Vu Dinh Luan、Vu Thi Que Huong、有川二郎
北海道実験動物研究会(HALAS)平成21年度総会・第6回学術集会 2009年07月 
複数のハンタウイルス血清型に対応可能な診断法の開発
真田崇弘、苅和宏明、瀬戸隆弘、谷川洋一、宮下大輔、吉松組子、有川二郎、好井健太朗、高島郁夫
日本ウイルス学会北海道支部会第43回夏季シンポジウム 2009年07月 
新世界ハンタウイルス感染の血清型鑑別ELISA法の確立
駒貴明、吉松組子、垂石みどり、遠藤理香、清水健太、安田俊平、エルデネサイハンテグシドーレン、海老原秀喜、Cornelio S. Hernandez、Maria L. R. Almaraz、Celso Ramos、宮下大輔、瀬戸隆弘、苅和宏明、高島郁夫、Delia A. Enria、有川二郎
日本ウイルス学会北海道支部会第43回夏季シンポジウム 2009年07月 
Newfound Hantavirus Sequences in the Japanese Shrew Mole (Urotrichus talpoides).
新井智、大館智志、浅川満彦、有川二郎、Mocz Gabor、岡部信彦、Yanagihara Richard
第56回日本ウイルス学会学術集会 2008年10月 
多種類のハンタウイルス血清型の検出が可能な抗原検出法の開発
真田崇弘、苅和宏明、瀬戸隆弘、谷川洋一、宮下大輔、吉松組子、有川二郎、 好井健太朗、高島郁夫
第56回日本ウイルス学会学術集会 2008年10月 
ハンタウイルス持続感染マウスにおけるCD8T細胞応答の解析
吉松組子、垂石みどり、有川二郎
第56回日本ウイルス学会学術集会 2008年10月 
Genetic and antigenic characterization of Puumala virus strain DTK/Ufa-97 isolated from a patient of hemorrhagic fever with renal syndrome.
Nur Hardy Abu Daud、苅和宏明、石塚万里子、瀬戸隆弘、宮下大輔、真田崇弘、中内美名、好井健太朗、前田秋彦、吉松組子、有川二郎、Evgeniy Tkachenko、高島郁夫
第56回日本ウイルス学会学術集会 2008年10月 
モノクローナル抗体を用いた食中目由来ハンタウイルスThottapalayamウイルスの抗原性の解析
エルデネサイハンテグシドーレン、吉松組子、有川二郎、石原智明
第56回日本ウイルス学会学術集会 2008年10月 
新世界ハンタウイルス感染の血清型鑑別診断法の確立
駒貴明、吉松組子、垂石みどり、遠藤理香、海老原秀喜、有川二郎
第56回日本ウイルス学会学術集会 2008年10月 
モノクローナル抗体を用いた食中目由来ハンタウイルスThottapalayamウイルスの抗原性の解析
Tegshduuren Erdenensaikhan、吉松組子、有川二郎、石原智明
第146回日本獣医学会学術集会 2008年09月 
多種類のハンタウイルス血清型の検出が可能な抗原検出法の開発
真田崇弘、苅和宏明、瀬戸隆弘、谷川洋一、宮下大輔、吉松組子、有川二郎、 好井健太朗、高島郁夫
第146回日本獣医学会学術集会 2008年09月 
Seroepidemiology of human bocavirus infection in Japan.
Endo R, Ishiguro N, Shirkoohi R, Teramoto S, Ariga T, Yoshimatsu K, Arikawa J
XIV International Congress of Virology 2008年08月 
Epidemiological Investigation of Hantavirus Infection in Mexico.
Kariwa H, Miyashita D, Hernandez C, Romero-Almaraz M, Ramos C, Seto T, Murata R, Bin Abu Daud N, Ishizuka M, Nakauchi M, Yoshii K, Yoshimatsu K, Arikawa J, Takashima I
XIV International Congress of Virology 2008年08月 
Seewis virus, a genetically distinct hantavirus in the Eurasian common shrew (Sorex Araneus).
Okumura M, Yoshimatsu K, Kumperasart S, Nakamura I, Taruishi M, Sungdee A, Pattamadilok S, Yanagihara R, Arikawa J
XIV International Congress of Virology 2008年08月 
Analysis of the hantavirus-specific CD8+ T cell response in mice.
Yoshimatsu K, Taruishi M, Arikawa J
The 7th Japan-China International Conference of Virology 2008年06月 
Epidemiological Investigation of Hantavirus Infection in Mexico.
Kariwa H, Miyashita D, Hernandez C, Romero-Almaraz M, Ramos C, Seto T, Murata R, Bin Abu Daud N, Ishizuka M, Nakauchi M, Yoshii K, Yoshimatsu K, Arikawa J, Takashima I
42nd Joint working conference on viral diseases, US-Japan cooperative medical science program 2008年05月 
マウスの異常行動における環境エンリッチメントの効果
土佐紀子、吉松組子、有川二郎
日本実験動物科学技術2008 2008年05月 
マウスのハンタウイルスに対する細胞性免疫応答の解析
吉松組子、垂石みどり、有川二郎
日本実験動物科学技術2008 2008年05月 
ハンタウイルスエンベロープ糖タンパクG2の細胞外ドメインに関する研究
吉松組子、垂石みどり、有川二郎
第55回日本ウイルス学会学術集会 2007年10月 
ハンタウイルス持続感染モデルマウスにおけるウイルス特異的T細胞の解析
垂石みどり、吉松組子、エルデネサイハン テグシドーレン、有川二郎
第55回日本ウイルス学会学術集会 2007年10月 
ホンドハタネズミ (Microtus montebelli)のPuumala型ハンタウイルスおよびTula型ハンタウイルスに対する感受性に関する研究
エルデネサイハン テグシドーレン、吉松組子、垂石みどり、有川二郎、石原智明
第55回日本ウイルス学会学術集会 2007年10月 
ロシアのボルガ川流域におけるハンタウイルス感染症の疫学的研究
瀬戸隆弘、苅和宏明、谷川洋一、吉松組子、中村一郎、宮下大輔、中内美名、好井健太朗、有川二郎、高島郁夫
第55回日本ウイルス学会学術集会 2007年10月 
メキシコの野生げっ歯類におけるハンタウイルス感染症の疫学調査
宮下大輔、苅和宏明、瀬戸隆弘、好井健太朗、吉松組子、有川二郎、高島郁夫
第55回日本ウイルス学会学術集会 2007年10月 
Epidemiological Study of Hantavirus Infections in Volga-Side Federal Region, Russia.
Kariwa H, Seto T, Tanikawa Y, Nakamura I, Hashimoto N, Daud NH, Nakauchi M, Miyashita D, Tkachenko EA, Ivanov LI, Yoshimatsu K, Arikawa J, Takashima I
41st Annual Meeting of the US-Japan Cooperative Medical Science 2007年07月 
Epidemiology and Epizootiology of Hantavirus Infection in East Asian Countries.
Arikawa J, Yoshimatsu K, Kariwa H
VII International Conference on HFRS, HPS and Hantavirus 2007年06月 
Studies on structure and function of N and GP of 
Hantaan virus
Yoshimatsu K, Taruishi M, Kariwa H, Arikawa J
VII International Conference on HFRS, HPS and Hantavirus 2007年06月 
Animals models for Puumala virus infection using several rodent species of laboratory animal.
Kariwa H, Tanikawa Y, Daud NH, Lokugamage N, Lokugamage K, Seto T, Miyashita D, Yoshimatsu K, Arikawa J, Yoshii K, Nakauchi M, Takashima I
VII International Conference on HFRS, HPS and Hantavirus 2007年06月 
Pathological and immunological analysis of the experimental model mice of the Hantaan virus infection.
有川 二郎
Taruishi M, Yoshimatsu K, Araki K, Okumura M, Nakamura I, Kajino K, Arikawa J  2007年06月 
Studies of Thottapalayam Virus : a Hantavirus Isolated from Shrew.
Okumura M, Yoshimatsu K, Kumperasart S, Nakamura I, Ogino M, Taruishi M, Sungdee A, Pattamadilok S, Ibrahim IN, Erlina S, Agui T, Yanagihara R, Arikawa J
VII International Conference on HFRS, HPS and Hantavirus 2007年06月 
国動協および公私動協傘下の動物実験施設において動物実験に用いられたサルおよびブタのHEV感染調査
山本博、李天成、伊藤薫、越本知大、宮下信和泉、有川二郎、八神健一、他13名
第54回日本実験動物学会総会 2007年05月 
腎症候性出血熱 (HFRS) とハンタウイルス肺症候群 (HPS) −げっ歯類媒介性の人獣共通感染症
有川二郎
第54回日本実験動物学会総会 2007年05月 
Serology and molecular epidemiology of hantavirus infection in Vietnam
Ninh TU, Yoshimatsu K, Thang TT, Arikawa J
JSPS Core University Program 4th International Seminar on Emerging and Re-Emerging Infectious Diseases 2006年12月 
日本に生息するシカのE型肝炎ウイルス抗体保有状況調査
松浦友紀子、李天成、吉松組子、有川二郎、恒光裕、高島郁夫、鈴木正嗣、宮村達男、武田直和
第54回日本ウイルス学会学術集会 2006年11月 
Tula型ハンタウイルス鑑別診断系の作成とPUU型との抗原性比較
奥村恵、吉松組子、垂石みどり、中村一郎、有川二郎
第54回日本ウイルス学会学術集会 2006年11月 
ハンタウイルス持続感染モデルマウスにおけるウイルス特異的T細胞の解析
垂石みどり、吉松組子、荒木幸一、奥村恵、中村一郎、梶野喜一、有川二郎
第54回日本ウイルス学会学術集会 2006年11月 
クマネズミ (Rattus rattus) 由来ハンタウイルス
吉松組子、奥村恵、垂石みどり、中村一郎、有川二郎
第54回日本ウイルス学会学術集会 2006年11月 
Prevention and Control of Hantavirus Infection (Hemorrhagic Fever with Renal Syndrome: HFRS, Epidemic Hemorrhagic Fever: EHF) among Laboratory Rodents in Japan
Arikawa J
2nd International Forum on Laboratory Animal Science and Technology (IFLAST) 2006年10月 
Serological Evidence for Hepatitis E Virus Infection in Laboratory Monkeys and Pigs in Japan
Yamamoto H, Li TC, Ito K, Koshimoto C, Miyashita N, Arikawa J, Yagami K, Sano M, Tezuka H, Suzuki N, Kurosawa T, Shibahara T, Furuya M, Mohri S, Sato H, Ohsawa K, Ibuki K, Lee SI, Kita M, Takeda N
The Second Congress of AFLAS in 2006 2006年08月 
Development of ELISA system for Seroyping of Thailand-type Hantavirus infection
Nakamura I, Yoshimatsu K, Okamura M, Taruishi M, Kariwa H, Takashima I, Arikawa J
The Second Congress of AFLAS in 2006 2006年08月 
Establishment of Animal Model for Puumala Virus Infection in Syrian Hamsters
Kariwa H, Tanikawa Y, Nur Hardy AD, Yoshii K, Yoshimatsu K, Arikawa J, Takashima I
40th Joint Working Conference on Viral Diseases, Japan-United States Cooperative Medical Science Program 2006年07月 
Prevalence of Hantavirus Antibody in Humans and Rodents in Southeast Asia
Yoshimatsu K, Okamura M, Nakamura I, Taruishi M, Pattamadilok S, Kumpersart S, Chandy S, Sridharan G, Ibrahim IN, Erlina S, Ninh T, Arikawa J
40th Joint Working Conference on Viral Diseases, Japan-United States Cooperative Medical Science Program 2006年07月 
Studies on Thottapalayam virus: a member of hantavirus isolated from shrew
Okumura M, Yoshimatsu K, Ogino M, Nakamura I, Taruishi M, Kumperasart S, Pattamadilok S, Sungdee A, Ibrahim IN, Erlina S, Arikawa J
XIII International Conference on Negative Strand Viruses 2006年06月 
Late expression of hantavirus-specific CD8+ T cell causes persistent virus infection in mice
Taruishi M, Yoshimatsu K, Araki K, Okumura M, Nakamura I, Arikawa J
XIII International Conference on Negative Strand Viruses 2006年06月 
ハンタウイルス肺症候群(hantavirus pulmonary syndrome : HPS)
有川二郎
第46回日本呼吸器学会学術講演会 2006年06月 
タイランド型ハンタウイルス感染症の血清診断系の開発
中村一郎、吉松組子、奥村恵、垂石みどり、苅和宏明、高島郁夫、有川二郎
第53回日本ウイルス学会学術集会 2005年11月 
Thottapalayam型ハンタウイルスの血清診断法の確立
奥村恵、吉松組子、荻野倫子、中村一郎、垂石みどり、有川二郎
第53回日本ウイルス学会学術集会 2005年11月 
ゴールデンハムスター(Mesocricetus auratus)におけるPuumala型ハンタウイルスの感染様式の解析
苅和宏明、谷川洋一、好井健太朗、吉松組子、有川二郎、高島郁夫
第53回日本ウイルス学会学術集会 2005年11月 
ハンタウイルスエンベロープ糖蛋白の分泌の解析
吉松組子、垂石みどり、奥村恵、有川二郎
第53回日本ウイルス学会学術集会 2005年11月 
Prevalence of antibodies to the hepatitis e virus in wild sika deer in Japan
Matsuura Y, Yoshimatsu K, Suzuki M, Yokoyama M, Igota H, Arikawa J
The 1st Scientific Meeting of the Asian Zoo & Wildlife Medicine 2005年10月 
食虫類由来ハンタウイルス(トッタパラヤンウイルス)のスンクスにおける感受性の検討
中村一郎、吉松組子、奥村恵、Yanagihara Richard、苅和宏明、高島郁夫、有川二郎
第140回日本獣医学会学術集会 2005年09月 
ゴールデンハムスター(Mesocricetus auratus)におけるPuumala型ハンタウイルスの感染様式の解析
谷川洋一、苅和宏明、Nur Hardy bin Abu Daud, Nandadeva Lokugamage, Kumari Lokugamage、舘 敦史、好井健太郎、吉松組子、有川二郎、高島郁夫
第140回日本獣医学会学術集会 2005年09月 
スリランカ津波被災地ならびにその近郊に生息する野生げっ歯類の病理学的検査
木村享史、澤洋文、片倉賢、中村一郎、有川二郎、松本芳嗣、R. P. V. Jayanthe Rajapakse、高島郁夫、梅村孝司
第140回日本獣医学会学術集会 2005年09月 
Rattus and its close allies as hosts and vectors for viral diseases
Yoshimatsu K, Arikawa J, Kariwa H
IX International Mammalogical Congress 2005年07月 
Puumala Virus Infecton in Different Species of Experimental Rodents
Kariwa H, Tanikawa Y, Lokugamage N, Lokugamage K, Daud NH, Yoshimatsu K, Arikawa J, Takashima I
39th Joint Working Conference on Viral Diseases, The US-Japan Cooperative Medical Science Program 2005年07月 
Genetic and Antigenic Characterization of Hantavirus Isolates in Amur and Far East Genotype
Kariwa H, Lokugamage K, Lokugamage N, Miyamoto H, Iwasa M, Hagiya T, Araki K, Tachi A, Mizutani T, Yoshimatsu K, Arikawa J, Takashima I
XIII International Congress of Virology 2005年07月 
Serological detection and antigenic and genetic characterization of Thailand virus genus Hantavirus in humans and rodents in Thailand
Pattamadilok S, Lee BH, Kumperasart S, Yoshimatsu K, Okumura M, Nakamura I, Araki K, Khoprasert Y, Dangsupa P, Panlar P, Jandrig B, Kr_ger DH, Klempa B, J_kel T, Schmidt J, Ulrich R, Kariwa H, Arikawa J
XIII International Congress of Virology 2005年07月 
野生げっ歯類からのハンタウイルス抗原検出用ELISAの開発
谷川洋一、苅和宏明、萩谷友洋、Nandadeva Lokugamage, Kumari Lokugamage、舘敦史、好井健太郎、吉松組子、有川二郎、高島郁夫
第139回日本獣医学会学術集会 2005年03月 

特許

ハンタウィルス抗原蛋白質およびモノクローナル抗体
吉松 組子, 有川 二郎, 橋本 信夫, 三谷 勝男
特願平7-132460 1995年05月30日
特許を全て表示する
特許閉じる
ハンタウィルス抗原蛋白質およびモノクローナル抗体
吉松 組子, 有川 二郎, 橋本 信夫, 三谷 勝男
特願平7-132460 1995年05月30日

受賞

2010年
Joel Dalrymple Award 
受賞を全て表示する
受賞閉じる
2010年
Joel Dalrymple Award 

競争的資金等の研究課題

実験動物由来人獣共通感染症および主要感染症モニタリング用多項目イムノクロマト法
文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間 : 2015年 - 2017年 代表者 : 有川 二郎
野生鳥獣類に由来するウイルス性人獣共通感染症の診断法開発と比較疫学的研究
文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間 : 2013年 - 2016年 代表者 : 苅和 宏明
レプトスピラ症の血清学的診断法の開発と疫学動態の解析
文部科学省:科学研究費補助金(若手研究(B))
研究期間 : 2011年 - 2013年 代表者 : 五十棲 理恵
東南アジア・南アジアにおける未診断熱性疾患の解析
文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間 : 2011年 - 2013年 代表者 : 森松 組子(吉松組子)
ヒトボカウイルス感染症の疾患スペクトラム及び病態の解明に関する研究
文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間 : 2010年 - 2012年 代表者 : 石黒 信久
わが国とアメリカ大陸のウイルス性人獣共通感染症の流行阻止のための研究
文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間 : 2009年 - 2012年 代表者 : 苅和 宏明
マイクロビーズ法によるマウス・ラット感染症の微量検査法の開発
文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(A))
研究期間 : 2007年 - 2009年 代表者 : 八神 健一
齧歯類におけるハンタウイルス持続感染成立機構(感染免疫担当細胞の機能)の解析
文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間 : 2006年 - 2008年 代表者 : 有川 二郎
日本と北ユーラシアのウイルス性人獣共通感染症の比較疫学的研究
文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(A))
研究期間 : 2005年 - 2008年 代表者 : 高島 郁夫
日本に侵入する危険性の高い北米産ウイルス性人獣共通感染症の疫学的研究
文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間 : 2004年 - 2007年 代表者 : 苅和 宏明
競争的資金等の研究課題を全て表示する
競争的資金等の研究課題閉じる
実験動物由来人獣共通感染症および主要感染症モニタリング用多項目イムノクロマト法
文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間 : 2015年 - 2017年 代表者 : 有川 二郎
野生鳥獣類に由来するウイルス性人獣共通感染症の診断法開発と比較疫学的研究
文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間 : 2013年 - 2016年 代表者 : 苅和 宏明
レプトスピラ症の血清学的診断法の開発と疫学動態の解析
文部科学省:科学研究費補助金(若手研究(B))
研究期間 : 2011年 - 2013年 代表者 : 五十棲 理恵
東南アジア・南アジアにおける未診断熱性疾患の解析
文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間 : 2011年 - 2013年 代表者 : 森松 組子(吉松組子)
ヒトボカウイルス感染症の疾患スペクトラム及び病態の解明に関する研究
文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間 : 2010年 - 2012年 代表者 : 石黒 信久
わが国とアメリカ大陸のウイルス性人獣共通感染症の流行阻止のための研究
文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間 : 2009年 - 2012年 代表者 : 苅和 宏明
マイクロビーズ法によるマウス・ラット感染症の微量検査法の開発
文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(A))
研究期間 : 2007年 - 2009年 代表者 : 八神 健一
齧歯類におけるハンタウイルス持続感染成立機構(感染免疫担当細胞の機能)の解析
文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間 : 2006年 - 2008年 代表者 : 有川 二郎
日本と北ユーラシアのウイルス性人獣共通感染症の比較疫学的研究
文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(A))
研究期間 : 2005年 - 2008年 代表者 : 高島 郁夫
日本に侵入する危険性の高い北米産ウイルス性人獣共通感染症の疫学的研究
文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間 : 2004年 - 2007年 代表者 : 苅和 宏明
大学等における動物実験の評価システムの検討
文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間 : 2006年 - 2006年 代表者 : 有川 二郎
野生のニホンジカは人あるいは他の動物種の感染源になり得るか?
文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間 : 2004年 - 2006年 代表者 : 鈴木 正嗣
ペプチドチップを用いた実験動物感染症抗原エピトープの解析
文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間 : 2003年 - 2005年 代表者 : 安居院 高志
わが国のげっ歯類を病原巣動物とするウイルス性人獣共通感染症の疫学的研究
文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間 : 2001年 - 2003年 代表者 : 苅和 宏明
日本と極東ロシアの野生げっ歯類を病原巣動物とする人獣共通感染症の比較疫学的研究
文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間 : 2001年 - 2003年 代表者 : 苅和 宏明
組換え可溶性外被蛋白を用いたハンタウイルスワクチンおよび迅速診断キットの開発
文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間 : 2001年 - 2003年
実験用小動物から微量部分採血された血清を用いた感染症血清診断法の確立に関する研究
文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間 : 1999年 - 2001年 代表者 : 有川 二郎
実験動物由来微生物の病原性評価および感染動物実験における安全度分類
文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間 : 2000年 - 2000年 代表者 : 八神 健一
ハンタウイルスの病原性の分子生物学的解析
文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間 : 1999年 - 2000年 代表者 : 有川 二郎
ハンタウイルスの中枢神経系及び免疫系組織における持続感染成立機構解析に関する研究
文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(A))
研究期間 : 1998年 - 2000年 代表者 : 有川 二郎
Bウイルスのマカカ属サル種間における進化学的・生態学的比較調査研究
文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間 : 1999年 - 1999年 代表者 : 佐藤 浩
本邦と極東ロシアのげっ歯類におけるハンタウイルスの比較疫学的研究
文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間 : 1998年 - 1999年 代表者 : 苅和 宏明
腎症候性出血熱ウイルス抗体検査システムならびに汚染対応策の検討
文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間 : 1998年 - 1999年 代表者 : 前島 一淑
動物実験施設における実験動物由来動物実験用リソースの微生物汚染状況調査と対応策
文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間 : 1998年 - 1998年 代表者 : 佐藤 浩
MRI三次元立体画像再構成法に基づく小動物疾患臓器のビジュアリゼーション
文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間 : 1997年 - 1998年 代表者 : 桑原 幹典
サルヘルペスウイルスBの検査法並びに診断法の確立に関する研究
文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間 : 1997年 - 1998年 代表者 : 佐藤 浩
実験動物の海外感染病の検査ならびに防圧方法に関する研究
文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(A))
研究期間 : 1996年 - 1998年 代表者 : 前島 一淑
野生げっ歯類を病原巣とする人畜共通伝染病の診断法、予防法および疫学に関する研究
文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(A))
研究期間 : 1996年 - 1998年 代表者 : 高島 郁夫
動物実験用研究資材の施設間相互分与時における微生物学的検査項目内容調査と対応策
文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間 : 1997年 - 1997年 代表者 : 佐藤 浩
ハンタウイルス感染症(腎症候性出血熱、肺症候群)の予防と媒介げっ歯類に関する研究
文部科学省:科学研究費補助金(国際学術研究)
研究期間 : 1996年 - 1997年 代表者 : 有川 二郎
施設飼育実験用霊長類及びヒトにおける高度危険Bウイスル感染の実態調査と対応策
文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間 : 1996年 - 1996年 代表者 : 佐藤 浩
免疫アジュバントの経口、経鼻投与による幼若個体の非特異的ウイルス感染防御能の増強
文部科学省:科学研究費補助金(一般研究(B), 基盤研究(B))
研究期間 : 1994年 - 1996年 代表者 : 有川 二郎
腎症候性出血熱ウイルス感染の血清診断法と検査システムの確立に関する研究
文部科学省:科学研究費補助金(試験研究(B), 基盤研究(A))
研究期間 : 1994年 - 1996年 代表者 : 有川 二郎
映像通信システムによる実験動物教育・研究のネットワーク化
文部科学省:科学研究費補助金(総合研究(B))
研究期間 : 1995年 - 1995年 代表者 : 浦野 徹
動物実験における腎症候群出血熱(HFRS)の制圧と予防対策の研究
文部科学省:科学研究費補助金(総合研究(A))
研究期間 : 1993年 - 1995年 代表者 : 西宗 義武
腎症候性出血熱(HFRS)ワクチンの開発と治療法の確立に関する研究
文部科学省:科学研究費補助金(国際学術研究)
研究期間 : 1993年 - 1995年 代表者 : 有川 二郎
免疫アジュバントを用いるヒトウイルスワクチンの免疫力増強
文部科学省:科学研究費補助金(総合研究(A))
研究期間 : 1992年 - 1994年 代表者 : 東 市郎
遺伝子工学的および臨床生化学的手法での腎症候性出血熱疾患モデルマウスの病態の解析
文部科学省:科学研究費補助金(試験研究(B))
研究期間 : 1991年 - 1993年 代表者 : 有川 二郎
組み換えバキュロウイルスを用いた腎症候性出血熱ワクチンの開発に関する研究
文部科学省:科学研究費補助金(一般研究(C))
研究期間 : 1990年 - 1992年 代表者 : 有川 二郎
ウイルス感染症における病原性を規定するメカニズムの解明

教育活動

主要な担当授業

医倫理学
開講年度 : 2015年
課程区分 : 博士後期課程
開講学部 : 医学研究科
医倫理学序論
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 医学研究科
医学研究概論
開講年度 : 2015年
課程区分 : 博士後期課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : 動物実験、図書館、電子ジャーナル、共同利用施設、RI実験Animal experiments, library, electric journals, common facilities, radioisotopic experiments
医学総論
開講年度 : 2015年
課程区分 : 博士後期課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : ウイルス、病原性、感染症、人獣共通感染症、実験動物viruses, pathogenicity, infection, zoonotic infection, laboratory animal
基本医学研究Ⅰ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : ハンタウイルス、ウイルス、病原性、感染症、人獣共通感染症、実験動物hantavirus, viruses, pathogenicity, infection, zoonotic infection, laboratory animal
基本医学研究Ⅱ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : ハンタウイルス、ウイルス、病原性、感染症、人獣共通感染症、実験動物hantavirus, viruses, pathogenicity, infection, zoonotic infection, laboratory animal
基本医学研究概論
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : 動物実験、図書館、電子ジャーナル、共同利用施設、RI実験Animal experiments, library, electric journals, common facilities, radioisotopic experiments
基本医学総論
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : ハンタウイルス、ウイルス、病原性、感染症、人獣共通感染症、実験動物viruses, pathogenicity, infection, zoonotic infection, laboratoryf animal
基本微生物学
開講年度 : 2015年
課程区分 : 学士課程
開講学部 : 医学部
基盤医学研究Ⅰ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 博士後期課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : ハンタウイルス、ウイルス、病原性、感染症、人獣共通感染症、実験動物hantavirus, viruses, pathogenicity, infection, zoonotic infection, laboratory animal
最新年度を全て表示する
主要な担当授業閉じる
医倫理学
開講年度 : 2015年
課程区分 : 博士後期課程
開講学部 : 医学研究科
医倫理学序論
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 医学研究科
医学研究概論
開講年度 : 2015年
課程区分 : 博士後期課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : 動物実験、図書館、電子ジャーナル、共同利用施設、RI実験Animal experiments, library, electric journals, common facilities, radioisotopic experiments
医学総論
開講年度 : 2015年
課程区分 : 博士後期課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : ウイルス、病原性、感染症、人獣共通感染症、実験動物viruses, pathogenicity, infection, zoonotic infection, laboratory animal
基本医学研究Ⅰ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : ハンタウイルス、ウイルス、病原性、感染症、人獣共通感染症、実験動物hantavirus, viruses, pathogenicity, infection, zoonotic infection, laboratory animal
基本医学研究Ⅱ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : ハンタウイルス、ウイルス、病原性、感染症、人獣共通感染症、実験動物hantavirus, viruses, pathogenicity, infection, zoonotic infection, laboratory animal
基本医学研究概論
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : 動物実験、図書館、電子ジャーナル、共同利用施設、RI実験Animal experiments, library, electric journals, common facilities, radioisotopic experiments
基本医学総論
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : ハンタウイルス、ウイルス、病原性、感染症、人獣共通感染症、実験動物viruses, pathogenicity, infection, zoonotic infection, laboratoryf animal
基本微生物学
開講年度 : 2015年
課程区分 : 学士課程
開講学部 : 医学部
基盤医学研究Ⅰ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 博士後期課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : ハンタウイルス、ウイルス、病原性、感染症、人獣共通感染症、実験動物hantavirus, viruses, pathogenicity, infection, zoonotic infection, laboratory animal
基盤医学研究Ⅱ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 博士後期課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : ハンタウイルス、ウイルス、病原性、感染症、人獣共通感染症、実験動物hantavirus, viruses, pathogenicity, infection, zoonotic infection, experimental animal
専門医学研究Ⅰ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : ハンタウイルス、ウイルス、病原性、感染症、人獣共通感染症、実験動物hantavirus, viruses, pathogenicity, infection, zoonotic infection, experimental animal
専門医学研究Ⅱ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : ハンタウイルス、ウイルス、病原性、感染症、人獣共通感染症、実験動物hantavirus, viruses, pathogenicity, infection, zoonotic infection, laboratory animal
専門基礎医学Ⅴ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : 細菌、ウイルス、グラム陽性菌、グラム陰性菌、抗酸性菌、感染症、ワクチン、プリオン、寄生虫、原虫、マイコプラズマ、クラミジア、スピロヘータ、真菌bacteria, virus, prion, fungi
専門基礎医学Ⅴ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : 細菌、ウイルス、グラム陽性菌、グラム陰性菌、抗酸性菌、感染症、ワクチン、プリオン、寄生虫、原虫、マイコプラズマ、クラミジア、スピロヘータ、真菌
微生物・免疫学実習
開講年度 : 2015年
課程区分 : 学士課程
開講学部 : 医学部
キーワード : 細菌、ウイルス、無菌操作、グラム染色、抗酸菌染色、培養、細胞培養、定量、抗生物質、CPE、PCR、ELISA、IFA、蛍光抗体法、抗体、ブロッティング
微生物学
開講年度 : 2015年
課程区分 : 学士課程
開講学部 : 医学部
キーワード : 細菌、ウイルス、グラム陽性菌、グラム陰性菌、抗酸性菌、感染症、ワクチン、プリオン、寄生虫、原虫、マイコプラズマ、クラミジア、スピロヘータ、真菌
微生物学実習
開講年度 : 2015年
課程区分 : 学士課程
開講学部 : 医学部
環境と人間
開講年度 : 2015年
課程区分 : 学士課程
開講学部 : 全学教育
キーワード : インフルエンザ、エイズ、結核、エボラ出血熱、免疫
研究発表技法Ⅰ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 医学研究科
研究発表技法Ⅰ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 博士後期課程
開講学部 : 医学研究科
研究発表技法Ⅱ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 医学研究科
研究発表技法Ⅱ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 博士後期課程
開講学部 : 医学研究科
社会と健康Ⅰ(概論・倫理学科目)
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 大学院共通科目
キーワード : 医学・生物学、留学生、英語biomedical science, foreign students, English
前年度を全て表示する
主要な担当授業閉じる
人獣共通感染症の生態とその制御
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 大学院共通科目
キーワード : 人獣共通感染症 ウイルス 細菌 原虫 寄生虫 公衆衛生 疫学
医倫理学
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 博士後期課程
科目学部名 : 医学研究科
医倫理学序論
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 医学研究科
医学研究概論
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 博士後期課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : 動物実験、図書館、電子ジャーナル、共同利用施設、RI実験Animal experiments, library, electric journals, common facilities, radioisotopic experiments
医学総論
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 博士後期課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : ウイルス、病原性、感染症、人獣共通感染症、実験動物
基本医学研究Ⅰ
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : ハンタウイルス、ウイルス、病原性、感染症、人獣共通感染症、実験動物
基本医学研究Ⅱ
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : ハンタウイルス、ウイルス、病原性、感染症、人獣共通感染症、実験動物
基本医学研究概論
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : 動物実験、図書館、電子ジャーナル、共同利用施設、RI実験Animal experiments, library, electric journals, common facilities, radioisotopic experiments
基本医学総論
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : ハンタウイルス、ウイルス、病原性、感染症、人獣共通感染症、実験動物
基本微生物学
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 学士課程
科目学部名 : 医学部
基盤医学研究Ⅰ
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 博士後期課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : ハンタウイルス、ウイルス、病原性、感染症、人獣共通感染症、実験動物
基盤医学研究Ⅱ
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 博士後期課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : ハンタウイルス、ウイルス、病原性、感染症、人獣共通感染症、実験動物
専門医学研究Ⅰ
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : ハンタウイルス、ウイルス、病原性、感染症、人獣共通感染症、実験動物
専門医学研究Ⅱ
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : ハンタウイルス、ウイルス、病原性、感染症、人獣共通感染症、実験動物
専門基礎医学Ⅴ
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : 細菌、ウイルス、グラム陽性菌、グラム陰性菌、抗酸性菌、感染症、ワクチン、プリオン、寄生虫、原虫、マイコプラズマ、クラミジア、スピロヘータ、真菌
微生物・免疫学実習
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 学士課程
科目学部名 : 医学部
キーワード : 細菌、ウイルス、無菌操作、グラム染色、抗酸菌染色、培養、細胞培養、定量、抗生物質、CPE、PCR、ELISA、IFA、蛍光抗体法、抗体、ブロッティング
微生物学
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 学士課程
科目学部名 : 医学部
キーワード : 細菌、ウイルス、グラム陽性菌、グラム陰性菌、抗酸性菌、感染症、ワクチン、プリオン、寄生虫、原虫、マイコプラズマ、クラミジア、スピロヘータ、真菌
微生物学実習
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 学士課程
科目学部名 : 医学部
環境と人間
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 学士課程
科目学部名 : 全学教育
キーワード : インフルエンザ、エイズ、結核、エボラ出血熱、免疫
研究発表技法Ⅰ
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 医学研究科
研究発表技法Ⅰ
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 博士後期課程
科目学部名 : 医学研究科
研究発表技法Ⅱ
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 医学研究科
研究発表技法Ⅱ
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 博士後期課程
科目学部名 : 医学研究科
社会と健康Ⅰ(概論・倫理学科目)
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 大学院共通科目
キーワード : 医学・生物学、留学生、英語biomedical science, foreign students, English
前々年度を全て表示する
主要な担当授業閉じる
人獣共通感染症の生態とその制御
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 大学院共通科目
キーワード : 人獣共通感染症 ウイルス 細菌 原虫 寄生虫 公衆衛生 疫学
医倫理学
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 博士後期課程
科目学部名 : 医学研究科
医倫理学序論
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 医学研究科
医学史
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 学士課程
科目学部名 : 医学部
医学研究概論
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 博士後期課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : 動物実験、図書館、電子ジャーナル、共同利用施設、RI実験
医学総論
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 博士後期課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : ウイルス、病原性、感染症、人獣共通感染症、実験動物
医学総論
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 博士後期課程
科目学部名 : 医学研究科
基本医学研究Ⅰ
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : ハンタウイルス、ウイルス、病原性、感染症、人獣共通感染症、実験動物
基本医学研究Ⅰ
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 医学研究科
基本医学研究Ⅱ
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : ハンタウイルス、ウイルス、病原性、感染症、人獣共通感染症、実験動物
基本医学研究概論
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : 動物実験、図書館、電子ジャーナル、共同利用施設、RI実験
基本医学総論
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : ハンタウイルス、ウイルス、病原性、感染症、人獣共通感染症、実験動物
基本微生物学
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 学士課程
科目学部名 : 医学部
基盤医学研究Ⅰ
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 博士後期課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : ハンタウイルス、ウイルス、病原性、感染症、人獣共通感染症、実験動物
基盤医学研究Ⅱ
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 博士後期課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : ハンタウイルス、ウイルス、病原性、感染症、人獣共通感染症、実験動物
専門医学研究Ⅰ
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : ハンタウイルス、ウイルス、病原性、感染症、人獣共通感染症、実験動物
専門医学研究Ⅱ
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : ハンタウイルス、ウイルス、病原性、感染症、人獣共通感染症、実験動物
専門基礎医学Ⅴ
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : 細菌、ウイルス、グラム陽性菌、グラム陰性菌、抗酸性菌、感染症、ワクチン、プリオン、寄生虫、原虫、マイコプラズマ、クラミジア、スピロヘータ、真菌
微生物・免疫学実習
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 学士課程
科目学部名 : 医学部
キーワード : 細菌、ウイルス、無菌操作、グラム染色、抗酸菌染色、培養、細胞培養、定量、抗生物質、CPE、PCR、ELISA、IFA、蛍光抗体法、抗体、ブロッティング
微生物学
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 学士課程
科目学部名 : 医学部
キーワード : 細菌、ウイルス、グラム陽性菌、グラム陰性菌、抗酸性菌、感染症、ワクチン、プリオン、寄生虫、原虫、マイコプラズマ、クラミジア、スピロヘータ、真菌
微生物学実習
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 学士課程
科目学部名 : 医学部
研究発表技法Ⅰ
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 医学研究科
研究発表技法Ⅰ
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 博士後期課程
科目学部名 : 医学研究科
研究発表技法Ⅱ
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 医学研究科
研究発表技法Ⅱ
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 博士後期課程
科目学部名 : 医学研究科
社会と健康Ⅰ(概論・倫理学科目)
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 大学院共通科目
キーワード : 医学、保健学、歯学、薬学、獣医学、微生物学、生物学、留学生、英語

大学運営

学内役職歴

2015年04月
-
2017年03月
大学院医学研究科附属動物実験施設長
2013年09月
-
2015年03月
大学院医学研究科附属動物実験施設長
2005年08月
-
2007年07月
大学院医学研究科附属動物実験施設長
2003年08月
-
2005年07月
北海道大学大学院医学研究科附属動物実験施設長
1999年08月
-
2001年03月
北海道大学医学部附属動物実験施設長
学内役職歴を全て表示する
学内役職歴閉じる
2015年04月
-
2017年03月
大学院医学研究科附属動物実験施設長
2013年09月
-
2015年03月
大学院医学研究科附属動物実験施設長
2005年08月
-
2007年07月
大学院医学研究科附属動物実験施設長
2003年08月
-
2005年07月
北海道大学大学院医学研究科附属動物実験施設長
1999年08月
-
2001年03月
北海道大学医学部附属動物実験施設長

社会貢献

委員歴

2011年
-
2015年
日本ウイルス学会 理事
委員歴を全て表示する
委員歴閉じる
2011年
-
2015年
日本ウイルス学会 理事

社会貢献

微生物と人獣共通感染症
期間 : 2013年10月12日
役割 : 講師
種別 : セミナー・ワークショップ
主催者・発行元 : 北海道大学アドミッションセンター
イベント・番組・新聞雑誌名 : 北大セミナーin北見2013
社会貢献を全て表示する
社会貢献閉じる
微生物と人獣共通感染症
期間 : 2013年10月12日
役割 : 講師
種別 : セミナー・ワークショップ
主催者・発行元 : 北海道大学アドミッションセンター
イベント・番組・新聞雑誌名 : 北大セミナーin北見2013

ページトップへ