森松 組子モリマツ クミコresearchmap個人ページ

更新日 : 2017/09/19

基本情報

プロフィール

所属部署名
医学研究院  病理系部門微生物学免疫学分野
職名准教授 
学位
修士(獣医学)(北海道大学)
博士(獣医学)(北海道大学)
メールアドレス
ホームページURLhttp://www.ne.jp/asahi/med-hokkaido-univ/microbiology/bing_yuan_wei_sheng_wu_xue_fen_ye/Welcome.html
科研費研究者番号

研究キーワード

腎症候性出血熱, HFRS, ワクチン, 核蛋白, 実験動物, バキュロウイルス, 診断法, マウス, 抗原提示, 診断抗原, カイコ, エンベロープ蛋白, インテグリン, 感染モデル, 膜蛋白, 抗原性, エピトープ, 組換えバキュロウイルス, 組み換え抗原, 外皮蛋白, ペプチドワクチン, 細胞融合, モノクローナル抗体, 中和抗体, レセプター, 精製法, 感染防御, エンベロープ, ハンタウイルス, 人獣共通感染症, 齧歯類, 血清学

研究分野

社会医学 / 公衆衛生学・健康科学
畜産学・獣医学 / 基礎獣医学・基礎畜産学
境界農学 / 応用分子細胞生物学
実験動物学 / 実験動物学
畜産学・獣医学 / 応用獣医学
基礎医学 / ウイルス学
研究分野を全て表示する
研究分野閉じる
社会医学 / 公衆衛生学・健康科学
畜産学・獣医学 / 基礎獣医学・基礎畜産学
境界農学 / 応用分子細胞生物学
実験動物学 / 実験動物学
畜産学・獣医学 / 応用獣医学
基礎医学 / ウイルス学

職歴

1989年
-
1997年
北海道大学免疫科学研究所 教務職員
2011年
北海道大学 医学(系)研究科(研究院)(准教授)
職歴を全て表示する
職歴閉じる
1989年
-
1997年
北海道大学免疫科学研究所 教務職員
2011年
北海道大学 医学(系)研究科(研究院)(准教授)

学歴

-
1989年
北海道大学 獣医学研究科 形態機能学
学歴を全て表示する
学歴閉じる
-
1989年
北海道大学 獣医学研究科 形態機能学

所属学協会

日本ウイルス学会
日本実験動物学会
日本獣医学会
所属学協会を全て表示する
所属学協会閉じる
日本ウイルス学会
日本実験動物学会
日本獣医学会

研究活動

論文

Susceptibility of laboratory rats against genotypes 1, 3, 4, and rat hepatitis E viruses.
Li TC, Yoshizaki S, Ami Y, Suzaki Y, Yasuda SP, Yoshimatsu K, Arikawa J, Takeda N, Wakita T
Veterinary microbiology 163(1-2) 54-61 2013年04月
Epidemiology of Hantavirus Infection in Thousand Islands Regency of Jakarta, Indonesia.
Ibrahim IN, Shimizu K, Yoshimatsu K, Yunianto A, Salwati E, P Yasuda S, Koma T, Endo R, Arikawa J
The Journal of veterinary medical science / the Japanese Society of Veterinary Science 2013年03月
Cross-Reactivity of Secondary Antibodies against African Rodents and Application for Sero-Surveillance.
Nakamura I, Hang'ombe BM, Sawa H, Kobayashi S, Orba Y, Ishii A, Thomas Y, Isozumi R, Yoshimatsu K, Mweene AS, Takada A, Sugimoto C, Arikawa J
The Journal of veterinary medical science / the Japanese Society of Veterinary Science 2013年02月
Characterization of full genome of rat hepatitis E virus strain from Vietnam.
Li TC, Ami Y, Suzaki Y, Yasuda SP, Yoshimatsu K, Arikawa J, Takeda N, Takaji W
Emerging infectious diseases 19 115-118 2013年01月
Novel serological tools for detection of Thottapalayam virus, a Soricomorpha-borne hantavirus.
Schlegel M, Tegshduuren E, Yoshimatsu K, Petraityte R, Sasnauskas K, Hammerschmidt B, Friedrich R, Mertens M, Groschup MH, Arai S, Endo R, Shimizu K, Koma T, Yasuda S, Ishihara C, Ulrich RG, Arikawa J, Köllner B
Archives of virology 157(11) 2179-2187 2012年11月
Development of a serotyping enzyme-linked immunosorbent assay system based on recombinant truncated hantavirus nucleocapsid proteins for New World hantavirus infection.
Koma T, Yoshimatsu K, Taruishi M, Miyashita D, Endo R, Shimizu K, Yasuda SP, Amada T, Seto T, Murata R, Yoshida H, Kariwa H, Takashima I, Arikawa J
Journal of virological methods 185(1) 74-81 2012年10月
Isolation of Hokkaido virus, genus Hantavirus, using a newly established cell line derived from the kidney of the grey red-backed vole (Myodes rufocanus bedfordiae).
Sanada T, Seto T, Ozaki Y, Saasa N, Yoshimatsu K, Arikawa J, Yoshii K, Kariwa H
The Journal of general virology 93(10) 2237-2246 2012年10月
Development of a diagnostic method applicable to various serotypes of hantavirus infection in rodents.
Sanada T, Kariwa H, Saasa N, Yoshikawa K, Seto T, Morozov VG, Tkachenko EA, Ivanov LI, Yoshimatsu K, Arikawa J, Yoshii K, Takashima I
The Journal of veterinary medical science / the Japanese Society of Veterinary Science 74(9) 1237-1242 2012年09月
Studies on hantavirus infection in small mammals captured in southern and central highland area of Vietnam.
Luan VD, Yoshimatsu K, Endo R, Taruishi M, Huong VT, Dat DT, Tien PC, Shimizu K, Koma T, Yasuda SP, Nhi L, Huong VT, Arikawa J
The Journal of veterinary medical science / the Japanese Society of Veterinary Science 74(9) 1155-1162 2012年09月
Ecology of hantaviruses in Mexico: genetic identification of rodent host species and spillover infection.
Saasa N, Sánchez-Hernández C, de Lourdes Romero-Almaraz M, Guerrero-Ibarra E, Almazán-Catalán A, Yoshida H, Miyashita D, Ishizuka M, Sanada T, Seto T, Yoshii K, Ramos C, Yoshimatsu K, Arikawa J, Takashima I, Kariwa H
Virus research 168(1-2) 88-96 2012年09月
論文を全て表示する
論文閉じる
Susceptibility of laboratory rats against genotypes 1, 3, 4, and rat hepatitis E viruses.
Li TC, Yoshizaki S, Ami Y, Suzaki Y, Yasuda SP, Yoshimatsu K, Arikawa J, Takeda N, Wakita T
Veterinary microbiology 163(1-2) 54-61 2013年04月
Epidemiology of Hantavirus Infection in Thousand Islands Regency of Jakarta, Indonesia.
Ibrahim IN, Shimizu K, Yoshimatsu K, Yunianto A, Salwati E, P Yasuda S, Koma T, Endo R, Arikawa J
The Journal of veterinary medical science / the Japanese Society of Veterinary Science 2013年03月
Cross-Reactivity of Secondary Antibodies against African Rodents and Application for Sero-Surveillance.
Nakamura I, Hang'ombe BM, Sawa H, Kobayashi S, Orba Y, Ishii A, Thomas Y, Isozumi R, Yoshimatsu K, Mweene AS, Takada A, Sugimoto C, Arikawa J
The Journal of veterinary medical science / the Japanese Society of Veterinary Science 2013年02月
Characterization of full genome of rat hepatitis E virus strain from Vietnam.
Li TC, Ami Y, Suzaki Y, Yasuda SP, Yoshimatsu K, Arikawa J, Takeda N, Takaji W
Emerging infectious diseases 19 115-118 2013年01月
Novel serological tools for detection of Thottapalayam virus, a Soricomorpha-borne hantavirus.
Schlegel M, Tegshduuren E, Yoshimatsu K, Petraityte R, Sasnauskas K, Hammerschmidt B, Friedrich R, Mertens M, Groschup MH, Arai S, Endo R, Shimizu K, Koma T, Yasuda S, Ishihara C, Ulrich RG, Arikawa J, Köllner B
Archives of virology 157(11) 2179-2187 2012年11月
Development of a serotyping enzyme-linked immunosorbent assay system based on recombinant truncated hantavirus nucleocapsid proteins for New World hantavirus infection.
Koma T, Yoshimatsu K, Taruishi M, Miyashita D, Endo R, Shimizu K, Yasuda SP, Amada T, Seto T, Murata R, Yoshida H, Kariwa H, Takashima I, Arikawa J
Journal of virological methods 185(1) 74-81 2012年10月
Isolation of Hokkaido virus, genus Hantavirus, using a newly established cell line derived from the kidney of the grey red-backed vole (Myodes rufocanus bedfordiae).
Sanada T, Seto T, Ozaki Y, Saasa N, Yoshimatsu K, Arikawa J, Yoshii K, Kariwa H
The Journal of general virology 93(10) 2237-2246 2012年10月
Development of a diagnostic method applicable to various serotypes of hantavirus infection in rodents.
Sanada T, Kariwa H, Saasa N, Yoshikawa K, Seto T, Morozov VG, Tkachenko EA, Ivanov LI, Yoshimatsu K, Arikawa J, Yoshii K, Takashima I
The Journal of veterinary medical science / the Japanese Society of Veterinary Science 74(9) 1237-1242 2012年09月
Studies on hantavirus infection in small mammals captured in southern and central highland area of Vietnam.
Luan VD, Yoshimatsu K, Endo R, Taruishi M, Huong VT, Dat DT, Tien PC, Shimizu K, Koma T, Yasuda SP, Nhi L, Huong VT, Arikawa J
The Journal of veterinary medical science / the Japanese Society of Veterinary Science 74(9) 1155-1162 2012年09月
Ecology of hantaviruses in Mexico: genetic identification of rodent host species and spillover infection.
Saasa N, Sánchez-Hernández C, de Lourdes Romero-Almaraz M, Guerrero-Ibarra E, Almazán-Catalán A, Yoshida H, Miyashita D, Ishizuka M, Sanada T, Seto T, Yoshii K, Ramos C, Yoshimatsu K, Arikawa J, Takashima I, Kariwa H
Virus research 168(1-2) 88-96 2012年09月
The N-terminus of the Montano virus nucleocapsid protein possesses broadly cross-reactive conformation-dependent epitopes conserved in rodent-borne hantaviruses.
Saasa N, Yoshida H, Shimizu K, Sánchez-Hernández C, Romero-Almaraz Mde L, Koma T, Sanada T, Seto T, Yoshii K, Ramos C, Yoshimatsu K, Arikawa J, Takashima I, Kariwa H
Virology 428 48-57 2012年06月
Outbreak of leptospirosis after flood, the Philippines, 2009.
Amilasan AS, Ujiie M, Suzuki M, Salva E, Belo MC, Koizumi N, Yoshimatsu K, Schmidt WP, Marte S, Dimaano EM, Villarama JB, Ariyoshi K
Emerging infectious diseases 18 91-94 2012年01月
Serological evidence of Thailand virus-related hantavirus infection among leptospirosis suspected patients in Kandy, Sri Lanka. Japanese
Gamage, D. C., Yasuda, P. S., Nishio, S., Kularatne, S. A., Weerakoon, K., Rajapakse, J., Nwafor-Okoli, C., Lee, R. B., Obayasi, Y., Yoshimatsu, K., Arikawa, J., and Tamashiro, H.
Journal of Infectious Diseases  2011年
Different cross-reactivity of human and rodent sera to Tula virus and Puumala virus.
Tegshduuren, E., Yoshimatsu, K., Taruishi, M., Endo, R., Shimizu, K., Koma, T., Yasuda, S. P., Kariwa, H., Arikawa, J., and Ishihara, C.
Comp Immunol Microbiol Infect Dis  33(e67) e73 2010年
Truncated hantavirus nucleocapsid proteins for serotyping Sin Nombre, Andes, and Laguna Negra hantavirus infections in humans and rodents.
Koma, T., Yoshimatsu, K., Pini, N., Safronetz, D., Taruishi, M., Levis, S., Endo, R., Shimizu, K., Yasuda, S. P., Ebihara, H., Feldmann, H., Enria, D., and Arikawa, J.
J Clin Microbiol  48(1635) 1642 2010年
Hemorrhagic fever with renal syndrome, Vietnam.
Huong, V. T., Yoshimatsu, K., Luan, V. D., Tuan le, V., Nhi, L., Arikawa, J., and Nguyen, T. M.
Emerg Infect Dis 16(363) 365 2010年
Molecular epidemiological and serological studies of hantavirus infection in Northern Vietnam
Truong, T.-T., Yoshimatsu, K., Araki, K., Lee, B.-H., Nakamura, I., Endo, R., Shimizu, K., Yasuda, P. S., Koma, T., Taruishi, M., Okumura, M., Truong, U.-N., and Arikawa, J.
J Vet Med Sci  71(10) 1357-1363 2009年
Seroepidemiological study in a Puumala virus outbreak area in South-East Germany.
Mertens, M., Wolfel, R., Ullrich, K., Yoshimatsu, K., Blumhardt, J., Romer, I., Esser, J., Schmidt-Chanasit, J., Groschup, M. H., Dobler, G., Essbauer, S. S., and Ulrich, R. G.
Med Microbiol Immunol 198(83) 91 2009年
Epidemiological study of hantavirus infection in the Samara Region of European Russia.
Kariwa, H., Tkachenko, E. A., Morozov, V. G., Seto, T., Tanikawa, Y., Kolominov, S. I., Belov, S. N., Nakamura, I., Hashimoto, N., Balakiev, A. E., Dzagurnova, T. K., Daud, N. H., Miyashita, D., Medvedkina, O. A., Nakauchi, M., Ishizuka, M., Yoshii, K., Yoshimatsu, K., Arikawa, J., and Takashima, I.
J Vet Med Sci  71(12) 1569-1578 2009年
Hantavirus species in India: A retrospective study.
Chandy, S., Okumura, M., Yoshimatsu, K., Ulrich, R. G., John, G. T., Abraham, P., Arikawa, J., and Sridharan, G.
Indian J Med Res 27(348) 350 2009年
Lack of vertical transmission of Hantaan virus from persistently infected dam to progeny in laboratory mice
Taruishi, M., Yoshimatsu, K., Hatsuse, R., Okumura, M., Nakamura, I., and Arikawa, J.
Arch Virol 153(1605) 1609 2008年
Arch Virol
Nakamura, I., Yoshimatsu, K., Lee, B. H., Okumura, M., Taruishi, M., Araki, K., Kariwa, H., Takashima, I., and Arikawa, J.
Development of a serotyping ELISA system for Thailand virus infection. 153(1537) 1542 2008年
Seroepidemiological study on hantavirus infections in India.
Chandy, S., Yoshimatsu, K., Ulrich, R. G., Mertens, M., Okumura, M., Rajendran, P., John, G. T., Balraj, V., Muliyil, J., Mammen, J., Abraham, P., Arikawa, J., and Sridharan, G.
Trans R Soc Trop Med Hyg  102(7-) 74 2008年
Analysis of the immune response of Hantaan virus nucleocapsid protein-specific CD8+ T cells in mice
Taruishi, M., Yoshimatsu, K., Araki, K., Okumura, M., Nakamura, I., Kajino, K., and Arikawa, J..
Virology  365(2) 292-301 2007年
Development of serological assays for Thottapalayam virus, an insectivore-borne Hantavirus.
Okumura, M., Yoshimatsu, K., Kumperasart , S., Nakamura, I., Ogino, M., Taruishi, M., Sungdee, A., Pattamadilok, S., Ibrahim, I. N., Erlina, S., Agui, T., Yanagihara, R., and Arikawa, J.
Clin Vaccine Immunol 14(173) 181 2007年
Prevalence of antibody to hepatitis E virus among wild sika deer, Cervus nippon, in Japan.
Matsuura, Y., Suzuki, M., Yoshimatsu, K., Arikawa, J., Takashima, I., Yokoyama, M., Igota, H., Yamauchi, K., Ishida, S., Fukui, D., Bando, G., Kosuge, M., Tsunemitsu, H., Koshimoto, C., Sakae, K., Chikahira, M., Ogawa, S., Miyamura, T., Takeda, N., and Li, T. C.
Arch Virol 152(1375) 1381 2007年
Hantavirus infection in East Asia.
Kariwa, H., Yoshimatsu, K., and Arikawa, J.
Comp Immunol Microbiol Infect Dis 30(5-6) 341-356 2007年
A comparative epidemiological study of hantavirus infection in Japan and Far East Russia.
Kariwa, H., Lokugamage, K., Lokugamage, N., Miyamoto, H., Yoshii, K., Nakauchi, M., Yoshimatsu, K., Arikawa, J., Ivanov, L. I., Iwasaki, T., and Takashima, I. 2007.
Jpn J Vet Res 54(145) 161 2007年
Mode of infection of Hokkaido virus (Genus Hantavirus) among grey red-backed voles, Myodes rufocanus, in Hokkaido, Japan
Daud, N. H., Kariwa, H., Tanikawa, Y., Nakamura, I., Seto, T., Miyashita, D., Yoshii, K., Nakauchi, M., Yoshimatsu, K., Arikawa, J., and Takashima, I.
Microbiol Immunol 51(1081) 1090 2007年
Soochong virus: an antigenically and genetically distinct hantavirus isolated from Apodemus peninsulae in Korea.
Baek, L. J., Kariwa, H., Lokugamage, K., Yoshimatsu, K., Arikawa, J., Takashima, I., Kang, J. I., Moon, S. S., Chung, S. Y., Kim, E. J., Kang, H. J., Song, K. J., Klein, T. A., Yanagihara, R., and Song, J. W.
J Med Virol  78(290) 297 2006年
Geographical distribution of hantaviruses in Thailand and potential human health significance of Thailand virus.
1. Pattamadilok, S., Lee, B. H., Kumperasart, S., Yoshimatsu, K., Okumura, M., Nakamura, I., Araki, K., Khoprasert, Y., Dangsupa, P., Panlar, P., Jandrig, B., Kruger, D. H., Klempa, B., Jakel, T., Schmidt, J., Ulrich, R., Kariwa, H., and Arikawa, J.
Am J Trop Med Hyg  75(994) 1002 2006年
A pseudotype vesicular stomatitis virus containing Hantaan virus envelope glycoproteins G1 and G2 as an alternative to hantavirus vaccine in mice.
Lee, B. H., Yoshimatsu, K., Araki, K., Okumura, M., Nakamura, I., and Arikawa, J.
Vaccine  24(2928) 2934 2006年
A pilot study for serological evidence of hantavirus infection in human population in south India
Chandy, S., Mitra, S., Sathish, N., Vijayakumar, T. S., Abraham, O. C., Jesudason, M. V., Abraham, P., Yoshimatsu, K., Arikawa, J., and Sridharan, G
Indian J Med Res 122(211) 215 2005年
Nucleocapsid protein of cell culture-adaptedSeoulvirus strain 80-39: Analysis of its encoding sequence, expression in yeast and immuno-reactivity.(共著)
Virus Gene in press 2004年
Epitope analysis of monoclonal antibody E5/G6, which binds to a linear epitope in the nucleocapsid protein of hantaviruses.(共著)
Archives of Virology in press 2004年
Cell Fusion Activitiesof Hantaan Virus Envelope Glycoproteins.(共著)
Journal of Virology 78(19),10776-10782 2004年
Age-dependant hantavirus-specific CD8+ T-cell responces in mice infected with Hantaan virus.(共著)
Archives of Virology 149,1373-1382 2004年
A new model of Hantaan virus persistence in mice: the balance between HTNV infection and CD8+ T-cell responses.(共著)
Virology 322,318-327 2004年
Association of the nucleocapsid protein of the Seoul and Hantaan hantaviruses with small ubiquitin-like modifier-1-related molecules.(共著)
Virus Res 98(1),83-91 2003年
Development of an Efficient Method for Recovery of Puumala and Puumala-Related Viruses by Inoculation of Mongolian Gerbils."jointly worked"
The Journal of Veterinary Medical Science 65(11) ,1189-1194 2003年
Synthesis of Seoul virus RNA and structural proteins in cultured cells.(共著)
Archives of Virology 148(9) ,1671-1685 2003年
Detection of antibody for the serodiagnosis of hantavirus infection in different rodent species.(共著)
Arch Virol 148(10),1885-1897 2003年
Serological analysis of hemorrhagic fever with renal syndrome(HFRS) patients in Far Eastern Russia and identification of the causative hantavirus genotype.(共著)
Arch Virol 148,1543-1556 2003年
Hantavirus-Specific CD8+-T-Cell Responses in Newborn Mice Persistently Infected with Hantaan Virus.(共著)
Journal of Virology 77(15), 8408-8417 2003年
Enzyme-linked immunosorbent assay using recombinant antigens expressed in mammalian cells for serodiagnosis of tick-borne encephalitis.(共著)
Journal of Virological Methods 108(2),171-179 2003年
Establishment of an Enzyme-Linked Immunosorbent Assay for Detection of Hantavirus Antibody of Rats Using a Recombinant of Nucleocapsid Protein Expressed in Escherichia coli.(共著)
Exp. Anim. 52(1),25-30 2003年
Use of VSV pseudotypes bearing Hantaan or Seoul virus envelope protains in a rapid and safe neutralization test.(共著)
Clinical and diagnostic laboratory immunology. 10(1),154-160 2003年
The Multimerization of Hantavirus nucleocapsid protein depends on type-specific epitopes.(共著)
Journal of Virology J. Virol. 77(2),943-952 2003年
Association of the nucleocapsid protain (NP) of Hantaan virus (HTNV) with small ubiquitin-like modifier-1 (SOMO-1) conjugating enzyme 9(Ubc9).(共著)
Virology 305,288-297 2003年
Genetic Characterization of Hantaviruses Transmitted by the Korean Field Mouse (Apodemus peninsulae), Far East Russia.(共著)
Emerging Infections Diseases 8(8) 768-776 2002年
Epizootiological survey of hantavirus among rodent species in Ningxia Hui Autonomous Province, China."jointly worked"
Japanese Journal of Veterinary Research 49(2),105-114 2001年
Characterization of in vitro and in vivo antiviral activity of lactoferrin and ribavirin upon hantavirus.(共著)
MURPHY M E, KARIWA H, MIZUTANI T, TANABE H, YOSHIMATSU K, ARIKAWA J, TAKASHIMA I
Journal of Veterinary Medical Science 63(6) 637-645 2001年
Epidemiology and epizootiology of hantavirus infection in Japan."jointly worked"
Japanese Journal of Infectious Diseases 54(3), 95-102 2001年
Truncated Hantavirus Nucleocapsid Proteins for Serotyping Hantaan, seoul, and Dobrava Hantavirus Infections.(共著)
Journal of Clinical Microbiology 39(7),2397-2404 2001年
Mouse Mx2 protein inhibits Hantavirus but not Influenza virus replication.(共著)
Archives of Virology 146,41-49 2001年
In vitro antiviral activity of lactoferrin and ribavirin upon hantavirus.(共著)
MURPHY M E, KARIWA H, MIZUTANI T, YOSHIMATSU K, ARIKAWA J, TAKASHIMA I
Archives of Virology 145(8) 1571-1582 2000年
Genetic Diversity of Hantaviruses Isolated in China and Characterization of Novel Hantaviruses Isolated from Niviventer confucianus and Rattus rattus.(共著)
Virology 278,332-345 2000年
Pathogenicity of Hantaan Virus in Newborn Mice : Genetic Reassortant Study demonstrating that a Single Amino Acid Change in Glycoprotein G1 is related to Virulence.(共著)
Journal of Virology 74(19),9245-9255 2000年
Detection of hantaviral antibodies among patients with hepatitis of unknown etiology in Japan.(共著)
Microbiology and Immunology 44(5),357-362 2000年
A serosurvey of Borna disease virus infection in wild rats by a capture ELISA.(共著)
Journal of Veterinary Medical Science 61(2),113-117 1999年
Hantavirus infection of SD rats reared in domestic laboratory animal facilities.(共著)
Korean Journal of the laboratory Animal Science 15(1),49-52 1999年
N-acetylgalactosamine (GalNAc)-specific lectins mediate enhancement of Hantaan virus infection.(共著)
Archives of Virology 144(9),1765-1777 1999年
Genetic diversities of hantaviruses among radents in Hokkaido, Japan and Far East Russia.(共著)
Virus Research 59(2),219-228 1999年
Antigenic characterization of Hantaan and Seoul virus nucleocapsid proteins expressed by recombinant baculovirus. application of a truncated protein, lacking an antigenic region common to the two virus.(共著)
Journal of clinical Microbiology 36(9 ),2514-2521 1998年
Adjuvant activity of muramyl depeptide derivatives to enhance immunogenicity of a hantavirus-inactivated vaccine.(共著)
Vaccine 16,216-224 1998年
Characterization of Neutralizing Monoclonal antibody escape mutants of Hantaan virus 76-118.(共著)
Archives of Virology 143(1),73-83 1998年
Evaluation of serological diagnosis of Borna disease infection virus using recombinant proteins in experimentally infected rats.(共著)
Journal of Veterinary Medical Sciense 60(4),531-534 1998年
Urine-associated horizontal transmission of Seoul virus among rats.(共著)
Archives of Virology 143,365-374 1998年
Hantavirus infection in SCID mice.(共著)
Journal of Veterinary Medical Science 59(10),863-868 1997年
A case of tick-borne encephalitis in Japan and isolation of the virus.(共著)
Journal of Clinical Microbiology 35(8),1943-1947 1997年
Protective effect of mucosal administration of recombinant human macrophage colony-stimulating factor (rbM-CSF)on mucosal infection of Sendai virus in mice.(共著)
Vaccine 15,85-89 1997年
Modes of Seoul Virus infection-persistency in newborn rats and transiency in adult rats.(共著)
Archives of Virology 141(12),2327-2338 1996年
Effect of MDP-Lys(L18) as a mucosal immunoadjuvant on protection of mucosal infections by Sendai virus and rota-Virus.(共著)
Vaccine 14(6),485-491 1996年
Western blotting using recombinant Hantaan virus nudeocapsid protein expressed in silkworm as a serological confirmation of hantavirus infection in human sera.(共著)
Journal of Veterinary Medical Science 58,71-74 1996年
Characterization of the nucleocapsid protein of hantaan virus strain 76-118 using monoclonal antibodies.(共著)
Journal of General Virology 77,695-704 1996年
Effect of MDP-Lys(L18), a derivatives of MDP, on enhancing host resistance against Hantaan virus infection in newborn mice.(共著)
Vaccine 13(14),1300-1305 1995年
Evidence for the existence of Puumala-related virus Clethrionomys rufocanus in Hokkaido, Japan. (共著)
American Journal of Tropical Medicine and Hygene 53, 222-227 1995年
Effects of Muramyl dipeptide derivatives as adjuvants on the induction of antibody response to recombinant hepatitis B surface antigen.(共著)
Vaccine 13(1),77-82 1995年
Characterization of the mode of Hantaan virus infection in adult mice using a nested reverse transcriptase polymerase chain reaction : transient virus replication in adult mice.(共著)
Microbiology and Immunology 39(1),35-41 1995年
Production of recombinant hantavirus nucleocapsid protein expressed in silkworm larvae and its use as a diagnostic antigen in detecting antibodies in serum from infected rats.(共著)
Laboratory Animal Science 45(6),641-646 1995年
Effect of the synthetic lipid A-related compound, DT-5461, on resistance to Sendai virus infection in mice.(共著)
Immunopharmacology 28,153-161 1994年
Postnatal change of pig intestinal ganglioside bound by Escherichia coli with K99 fimbriae.(共著)
Journal of Biochemistry (Tokyo) 113(4),488-492 1993年
Application of a recombinant baculovirus expressing hantavirus nucleocapsid protein as a diagnostic autgenin IFA test : cross reactivates among 3 serotypes of hantavirus which causes hemmorrhagic fever with renal syndrome(HFRS).(共著)
Journal of Veterinary Medical Science 55(6),1047-1050 1993年
Protective immunity of Hantaan virus nucleocapsid and envelope protein studied using baculovirus-expressed proteins.(共著)
Archives of Virology 130,365-376 1993年
Comparison of Virulence between Seoul virus strain SR-11 and Hantaan virus strain 76-118 of hantaviruses in newborne mice.(共著)
Microbiology and Immunology 37(7),557-562 1993年
Anti-viral activity of sulfated chitin derivatives against Friend murine leukaemia and herpes simplex type-I virus.(共著)
Vaccine 11(6),670-674 1993年
Nucleocapsid protein of cell culture-adapted Seoul virus strain 80-39: analysis of its encoding sequence, expression in yeast and immuno-reactivity
Schmidt, J., Jandrig, B., Klempa, B., Yoshimatsu, K., Arikawa, J., Meisel, H., Niedrig, M., Pitra, C., Kruger, D. H., and Ulrich, R.
Virus Genes  30(37) 48
Acute febrile illness caused by hantavirus: serological and molecular evidence from India.
Chandy, S., Yoshimatsu, K., Boorugu, H. K., Chrispal, A., Thomas, K., Peedicyil, A., Abraham, P., Arikawa, J., and Sridharan, G.
Trans R Soc Trop Med Hyg 103:407-412.(407) 412

作品等

組換え可溶性外皮蛋白を用いたハンタウイルスワクチンおよび迅速診断キットの開発
2001年 - 2003年 
実験動物での腎症候性出血熱とハンタウイルス肺症候群の鑑別診断法に関する研究
1999年 - 2000年 
免疫カセットセオリーに基づくハンタウイルス核蛋白高度保存領域での感染防御免疫誘導
1997年 - 1998年 
細胞内抗体導入(スクレイプローディング)法でのハンタウイルス核蛋白の機能の解析
1995年 - 1995年 
組換えハンタウイルス核蛋白を用いたRNPトランスフェクション系の確立
1994年 - 1994年 
蚕バキュロウイルス発現ハンタウイルス核蛋白の精製法の確立と診断法への応用
1993年 - 1993年 
免疫不全マウス(SCID、ヌード)での腎症候性出血熱ウイルスによる腎症候性出血熱障害の解析
1992年 - 1992年 
実験マウスにおける組換え腎症候性出血熱ウイルス蛋白を用いた免疫応答の解析-パキュロウイルスベクター発現系の新しい応用
1991年 - 1991年 
自然免疫情報伝達系による生体防御と胎児発生の制御~新規NFкB抑制タンパク質ファミリー分子欠損マウスの解析を中心に
2003年 
作品等を全て表示する
作品等閉じる
組換え可溶性外皮蛋白を用いたハンタウイルスワクチンおよび迅速診断キットの開発
2001年 - 2003年 
実験動物での腎症候性出血熱とハンタウイルス肺症候群の鑑別診断法に関する研究
1999年 - 2000年 
免疫カセットセオリーに基づくハンタウイルス核蛋白高度保存領域での感染防御免疫誘導
1997年 - 1998年 
細胞内抗体導入(スクレイプローディング)法でのハンタウイルス核蛋白の機能の解析
1995年 - 1995年 
組換えハンタウイルス核蛋白を用いたRNPトランスフェクション系の確立
1994年 - 1994年 
蚕バキュロウイルス発現ハンタウイルス核蛋白の精製法の確立と診断法への応用
1993年 - 1993年 
免疫不全マウス(SCID、ヌード)での腎症候性出血熱ウイルスによる腎症候性出血熱障害の解析
1992年 - 1992年 
実験マウスにおける組換え腎症候性出血熱ウイルス蛋白を用いた免疫応答の解析-パキュロウイルスベクター発現系の新しい応用
1991年 - 1991年 
自然免疫情報伝達系による生体防御と胎児発生の制御~新規NFкB抑制タンパク質ファミリー分子欠損マウスの解析を中心に
2003年 

競争的資金等の研究課題

わが国とアメリカ大陸のウイルス性人獣共通感染症の流行阻止のための研究
文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間 : 2009年 - 2012年 代表者 : 苅和 宏明
東南アジア・南アジアにおける未診断熱性疾患の解析
文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間 : 2011年 - 2011年
齧歯類におけるハンタウイルス持続感染成立機構(感染免疫担当細胞の機能)の解析
文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間 : 2006年 - 2008年 代表者 : 有川 二郎
日本に侵入する危険性の高い北米産ウイルス性人獣共通感染症の疫学的研究
文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間 : 2004年 - 2007年 代表者 : 苅和 宏明
ハンタウイルス核蛋白およびエンベロープ蛋白の構造と機能に関する研究
:科学研究費補助金
研究期間 : 2001年 - 2007年
ハンタウイルスエンベロープ蛋白の標的細胞への吸着・侵入における挙動の解析
文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間 : 2005年 - 2006年
自然免疫情報伝達系による生体防御と胎子発生の制御
文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間 : 2003年 - 2005年 代表者 : 森松 正美
組換え可溶性外被蛋白を用いたハンタウイルスワクチンおよび迅速診断キットの開発
文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間 : 2001年 - 2003年
実験用小動物から微量部分採血された血清を用いた感染症血清診断法の確立に関する研究
文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間 : 1999年 - 2001年 代表者 : 有川 二郎
エピトープタグを利用した新規遺伝子ターゲティング法の開発と組換え動物作出への応用
文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間 : 1999年 - 2001年 代表者 : 森松 正美
競争的資金等の研究課題を全て表示する
競争的資金等の研究課題閉じる
わが国とアメリカ大陸のウイルス性人獣共通感染症の流行阻止のための研究
文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間 : 2009年 - 2012年 代表者 : 苅和 宏明
東南アジア・南アジアにおける未診断熱性疾患の解析
文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間 : 2011年 - 2011年
齧歯類におけるハンタウイルス持続感染成立機構(感染免疫担当細胞の機能)の解析
文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間 : 2006年 - 2008年 代表者 : 有川 二郎
日本に侵入する危険性の高い北米産ウイルス性人獣共通感染症の疫学的研究
文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間 : 2004年 - 2007年 代表者 : 苅和 宏明
ハンタウイルス核蛋白およびエンベロープ蛋白の構造と機能に関する研究
:科学研究費補助金
研究期間 : 2001年 - 2007年
ハンタウイルスエンベロープ蛋白の標的細胞への吸着・侵入における挙動の解析
文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間 : 2005年 - 2006年
自然免疫情報伝達系による生体防御と胎子発生の制御
文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間 : 2003年 - 2005年 代表者 : 森松 正美
組換え可溶性外被蛋白を用いたハンタウイルスワクチンおよび迅速診断キットの開発
文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間 : 2001年 - 2003年
実験用小動物から微量部分採血された血清を用いた感染症血清診断法の確立に関する研究
文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間 : 1999年 - 2001年 代表者 : 有川 二郎
エピトープタグを利用した新規遺伝子ターゲティング法の開発と組換え動物作出への応用
文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間 : 1999年 - 2001年 代表者 : 森松 正美
ハンタウイルスの病原性の分子生物学的解析
文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間 : 1999年 - 2000年 代表者 : 有川 二郎
実験動物での賢症候性出血熱とハンタウイルス肺症候群の鑑別診断法の確立に関する研究
文部科学省:科学研究費補助金(奨励研究(A))
研究期間 : 1999年 - 2000年
ハンタウイルスの中枢神経系及び免疫系組織における持続感染成立機構解析に関する研究
文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(A))
研究期間 : 1998年 - 2000年 代表者 : 有川 二郎
本邦と極東ロシアのげっ歯類におけるハンタウイルスの比較疫学的研究
文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間 : 1998年 - 1999年 代表者 : 苅和 宏明
免疫カセットセオリーに基づくハンタウイルス核蛋白高度保存領域での感染防御免疫誘導
文部科学省:科学研究費補助金(奨励研究(A))
研究期間 : 1997年 - 1998年 代表者 : 森松 組子
ハンタウイルス感染症(腎症候性出血熱、肺症候群)の予防と媒介げっ歯類に関する研究
文部科学省:科学研究費補助金(国際学術研究)
研究期間 : 1996年 - 1997年 代表者 : 有川 二郎
腎症候性出血熱ウイルス感染の血清診断法と検査システムの確立に関する研究
文部科学省:科学研究費補助金(試験研究(B), 基盤研究(A))
研究期間 : 1994年 - 1996年 代表者 : 有川 二郎
細胞内抗体導入(スクレイプロ-ディング)法でのハンタウイルス核蛋白の機能の解析
文部科学省:科学研究費補助金(奨励研究(A))
研究期間 : 1995年 - 1995年 代表者 : , 吉松 組子
腎症候性出血熱(HFRS)ワクチンの開発と治療法の確立に関する研究
文部科学省:科学研究費補助金(国際学術研究)
研究期間 : 1993年 - 1995年 代表者 : 有川 二郎
組換えハンタウイルス核蛋白を用いたRNPトランスフェクション系の確立
文部科学省:科学研究費補助金(奨励研究(A))
研究期間 : 1994年 - 1994年 代表者 : , 吉松 組子
蚕バキュロウイルス発現組換えハンタウイルス核蛋白の精製法の確立と診断法への応用
文部科学省:科学研究費補助金(奨励研究(A))
研究期間 : 1993年 - 1993年 代表者 : 森松 組子, 吉松 組子
遺伝子工学的および臨床生化学的手法での腎症候性出血熱疾患モデルマウスの病態の解析
文部科学省:科学研究費補助金(試験研究(B))
研究期間 : 1991年 - 1993年 代表者 : 有川 二郎
組み換えバキュロウイルスを用いた腎症候性出血熱ワクチンの開発に関する研究
文部科学省:科学研究費補助金(一般研究(C))
研究期間 : 1990年 - 1992年 代表者 : 有川 二郎
腎症候性出血熱ウイルス(ハンタウイルス)の病原性に関する研究
:科学研究費補助金
アジアのヒトおよび動物におけるハンタウイルスの血清疫学的および分子疫学的研究
:科学技術振興調整費による中核的研究拠点(COE)育成
研究期間 : 2006年

教育活動

主要な担当授業

医学総論
開講年度 : 2015年
課程区分 : 博士後期課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : ウイルス、病原性、感染症、人獣共通感染症、実験動物viruses, pathogenicity, infection, zoonotic infection, laboratory animal
基本医学研究Ⅰ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : ハンタウイルス、ウイルス、病原性、感染症、人獣共通感染症、実験動物hantavirus, viruses, pathogenicity, infection, zoonotic infection, laboratory animal
基本医学研究Ⅱ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : ハンタウイルス、ウイルス、病原性、感染症、人獣共通感染症、実験動物hantavirus, viruses, pathogenicity, infection, zoonotic infection, laboratory animal
基本医学総論
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : ハンタウイルス、ウイルス、病原性、感染症、人獣共通感染症、実験動物viruses, pathogenicity, infection, zoonotic infection, laboratoryf animal
基盤医学研究Ⅰ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 博士後期課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : ハンタウイルス、ウイルス、病原性、感染症、人獣共通感染症、実験動物hantavirus, viruses, pathogenicity, infection, zoonotic infection, laboratory animal
基盤医学研究Ⅱ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 博士後期課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : ハンタウイルス、ウイルス、病原性、感染症、人獣共通感染症、実験動物hantavirus, viruses, pathogenicity, infection, zoonotic infection, experimental animal
専門医学研究Ⅰ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : ハンタウイルス、ウイルス、病原性、感染症、人獣共通感染症、実験動物hantavirus, viruses, pathogenicity, infection, zoonotic infection, experimental animal
専門医学研究Ⅱ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : ハンタウイルス、ウイルス、病原性、感染症、人獣共通感染症、実験動物hantavirus, viruses, pathogenicity, infection, zoonotic infection, laboratory animal
専門基礎医学Ⅴ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : 細菌、ウイルス、グラム陽性菌、グラム陰性菌、抗酸性菌、感染症、ワクチン、プリオン、寄生虫、原虫、マイコプラズマ、クラミジア、スピロヘータ、真菌bacteria, virus, prion, fungi
専門基礎医学Ⅴ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : 細菌、ウイルス、グラム陽性菌、グラム陰性菌、抗酸性菌、感染症、ワクチン、プリオン、寄生虫、原虫、マイコプラズマ、クラミジア、スピロヘータ、真菌
最新年度を全て表示する
主要な担当授業閉じる
医学総論
開講年度 : 2015年
課程区分 : 博士後期課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : ウイルス、病原性、感染症、人獣共通感染症、実験動物viruses, pathogenicity, infection, zoonotic infection, laboratory animal
基本医学研究Ⅰ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : ハンタウイルス、ウイルス、病原性、感染症、人獣共通感染症、実験動物hantavirus, viruses, pathogenicity, infection, zoonotic infection, laboratory animal
基本医学研究Ⅱ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : ハンタウイルス、ウイルス、病原性、感染症、人獣共通感染症、実験動物hantavirus, viruses, pathogenicity, infection, zoonotic infection, laboratory animal
基本医学総論
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : ハンタウイルス、ウイルス、病原性、感染症、人獣共通感染症、実験動物viruses, pathogenicity, infection, zoonotic infection, laboratoryf animal
基盤医学研究Ⅰ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 博士後期課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : ハンタウイルス、ウイルス、病原性、感染症、人獣共通感染症、実験動物hantavirus, viruses, pathogenicity, infection, zoonotic infection, laboratory animal
基盤医学研究Ⅱ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 博士後期課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : ハンタウイルス、ウイルス、病原性、感染症、人獣共通感染症、実験動物hantavirus, viruses, pathogenicity, infection, zoonotic infection, experimental animal
専門医学研究Ⅰ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : ハンタウイルス、ウイルス、病原性、感染症、人獣共通感染症、実験動物hantavirus, viruses, pathogenicity, infection, zoonotic infection, experimental animal
専門医学研究Ⅱ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : ハンタウイルス、ウイルス、病原性、感染症、人獣共通感染症、実験動物hantavirus, viruses, pathogenicity, infection, zoonotic infection, laboratory animal
専門基礎医学Ⅴ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : 細菌、ウイルス、グラム陽性菌、グラム陰性菌、抗酸性菌、感染症、ワクチン、プリオン、寄生虫、原虫、マイコプラズマ、クラミジア、スピロヘータ、真菌bacteria, virus, prion, fungi
専門基礎医学Ⅴ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : 細菌、ウイルス、グラム陽性菌、グラム陰性菌、抗酸性菌、感染症、ワクチン、プリオン、寄生虫、原虫、マイコプラズマ、クラミジア、スピロヘータ、真菌
微生物・免疫学実習
開講年度 : 2015年
課程区分 : 学士課程
開講学部 : 医学部
キーワード : 細菌、ウイルス、無菌操作、グラム染色、抗酸菌染色、培養、細胞培養、定量、抗生物質、CPE、PCR、ELISA、IFA、蛍光抗体法、抗体、ブロッティング
微生物学
開講年度 : 2015年
課程区分 : 学士課程
開講学部 : 医学部
キーワード : 細菌、ウイルス、グラム陽性菌、グラム陰性菌、抗酸性菌、感染症、ワクチン、プリオン、寄生虫、原虫、マイコプラズマ、クラミジア、スピロヘータ、真菌
研究発表技法Ⅰ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 医学研究科
研究発表技法Ⅱ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 医学研究科
研究発表技法Ⅱ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 博士後期課程
開講学部 : 医学研究科
前年度を全て表示する
主要な担当授業閉じる
医学総論
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 博士後期課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : ウイルス、病原性、感染症、人獣共通感染症、実験動物
基本医学研究Ⅰ
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : ハンタウイルス、ウイルス、病原性、感染症、人獣共通感染症、実験動物
基本医学研究Ⅱ
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : ハンタウイルス、ウイルス、病原性、感染症、人獣共通感染症、実験動物
基本医学総論
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : ハンタウイルス、ウイルス、病原性、感染症、人獣共通感染症、実験動物
基盤医学研究Ⅰ
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 博士後期課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : ハンタウイルス、ウイルス、病原性、感染症、人獣共通感染症、実験動物
基盤医学研究Ⅱ
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 博士後期課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : ハンタウイルス、ウイルス、病原性、感染症、人獣共通感染症、実験動物
専門医学研究Ⅰ
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : ハンタウイルス、ウイルス、病原性、感染症、人獣共通感染症、実験動物
専門医学研究Ⅱ
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : ハンタウイルス、ウイルス、病原性、感染症、人獣共通感染症、実験動物
専門基礎医学Ⅴ
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : 細菌、ウイルス、グラム陽性菌、グラム陰性菌、抗酸性菌、感染症、ワクチン、プリオン、寄生虫、原虫、マイコプラズマ、クラミジア、スピロヘータ、真菌
微生物・免疫学実習
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 学士課程
科目学部名 : 医学部
キーワード : 細菌、ウイルス、無菌操作、グラム染色、抗酸菌染色、培養、細胞培養、定量、抗生物質、CPE、PCR、ELISA、IFA、蛍光抗体法、抗体、ブロッティング
微生物学
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 学士課程
科目学部名 : 医学部
キーワード : 細菌、ウイルス、グラム陽性菌、グラム陰性菌、抗酸性菌、感染症、ワクチン、プリオン、寄生虫、原虫、マイコプラズマ、クラミジア、スピロヘータ、真菌
研究発表技法Ⅰ
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 医学研究科
研究発表技法Ⅱ
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 医学研究科
研究発表技法Ⅱ
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 博士後期課程
科目学部名 : 医学研究科
前々年度を全て表示する
主要な担当授業閉じる
医学総論
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 博士後期課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : ウイルス、病原性、感染症、人獣共通感染症、実験動物
医学総論
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 博士後期課程
科目学部名 : 医学研究科
基本医学研究Ⅰ
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : ハンタウイルス、ウイルス、病原性、感染症、人獣共通感染症、実験動物
基本医学研究Ⅰ
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 医学研究科
基本医学研究Ⅱ
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : ハンタウイルス、ウイルス、病原性、感染症、人獣共通感染症、実験動物
基本医学総論
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : ハンタウイルス、ウイルス、病原性、感染症、人獣共通感染症、実験動物
基盤医学研究Ⅰ
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 博士後期課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : ハンタウイルス、ウイルス、病原性、感染症、人獣共通感染症、実験動物
基盤医学研究Ⅱ
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 博士後期課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : ハンタウイルス、ウイルス、病原性、感染症、人獣共通感染症、実験動物
専門医学研究Ⅰ
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : ハンタウイルス、ウイルス、病原性、感染症、人獣共通感染症、実験動物
専門医学研究Ⅱ
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : ハンタウイルス、ウイルス、病原性、感染症、人獣共通感染症、実験動物
専門基礎医学Ⅴ
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : 細菌、ウイルス、グラム陽性菌、グラム陰性菌、抗酸性菌、感染症、ワクチン、プリオン、寄生虫、原虫、マイコプラズマ、クラミジア、スピロヘータ、真菌
微生物・免疫学実習
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 学士課程
科目学部名 : 医学部
キーワード : 細菌、ウイルス、無菌操作、グラム染色、抗酸菌染色、培養、細胞培養、定量、抗生物質、CPE、PCR、ELISA、IFA、蛍光抗体法、抗体、ブロッティング
微生物学
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 学士課程
科目学部名 : 医学部
キーワード : 細菌、ウイルス、グラム陽性菌、グラム陰性菌、抗酸性菌、感染症、ワクチン、プリオン、寄生虫、原虫、マイコプラズマ、クラミジア、スピロヘータ、真菌

ページトップへ