木下 一郎キノシタ イチロウresearchmap個人ページ

更新日 : 2017/09/19

基本情報

プロフィール

所属部署名
医学研究院  内科系部門内科学分野
北海道大学病院
職名准教授 
学位
 医学博士(北海道大学)
メールアドレス
ホームページURL
科研費研究者番号

研究キーワード

呼吸器内科学, 腫瘍内科学

研究分野

内科系臨床医学 / 呼吸器内科学
研究分野を全て表示する
研究分野閉じる
内科系臨床医学 / 呼吸器内科学

職歴

2012年09月
-
現在
北海道大学(准教授)
2001年
- 北海道大学助手(医学部附属病院内科学第一講座) 助手
2004年
- 北海道大学助手(大学院医学研究科腫瘍内科学分野) 助手
2005年
- 北海道大学講師(大学院医学研究科腫瘍内科学分野) 講師
職歴を全て表示する
職歴閉じる
2012年09月
-
現在
北海道大学(准教授)
2001年
- 北海道大学助手(医学部附属病院内科学第一講座) 助手
2004年
- 北海道大学助手(大学院医学研究科腫瘍内科学分野) 助手
2005年
- 北海道大学講師(大学院医学研究科腫瘍内科学分野) 講師

学歴

-
1988年
北海道大学 医学部 医学科
学歴を全て表示する
学歴閉じる
-
1988年
北海道大学 医学部 医学科

所属学協会

アメリカ臨床腫瘍学会
日本内科学会
アジア太平洋呼吸器学会
日本肺癌学会
北海道癌治療研究会
北海道癌談話会
アメリカ癌学会
日本癌学会
日本癌治療学会
日本気管支学会
所属学協会を全て表示する
所属学協会閉じる
アメリカ臨床腫瘍学会
日本内科学会
アジア太平洋呼吸器学会
日本肺癌学会
北海道癌治療研究会
北海道癌談話会
アメリカ癌学会
日本癌学会
日本癌治療学会
日本気管支学会
日本呼吸器学会
日本臨床細胞学会
日本臨床腫瘍学会
日本分子標的治療学会
日本乳癌学会
世界肺癌学会

研究活動

論文

Feasibility and efficacy of induction docetaxel, cisplatin, and 5-fluorouracil chemotherapy combined with concurrent weekly cisplatin chemoradiotherapy for locally advanced head and neck squamous cell carcinoma.
Mizumachi T, Homma A, Kakizaki T, Sakashita T, Kano S, Hatakeyama H, Tsuchiya K, Yasuda K, Onimaru R, Shirato H, Taguchi J, Shimizu Y, Kinoshita I, Akita H, Fukuda S
International journal of clinical oncology 2014年07月
HPV-associated lung cancers: an international pooled analysis.
Ragin C, Obikoya-Malomo M, Kim S, Chen Z, Flores-Obando R, Gibbs D, Koriyama C, Aguayo F, Koshiol J, Caporaso NE, Carpagnano GE, Ciotti M, Dosaka-Akita H, Fukayama M, Goto A, Spandidos DA, Gorgoulis V, Heideman DA, van Boerdonk RA, Hiroshima K, Iwakawa R, Kastrinakis NG, Kinoshita I, Akiba S, Landi MT, Eugene Liu H, Wang JL, Mehra R, Khuri FR, Lim WT, Owonikoko TK, Ramalingam S, Sarchianaki E, Syrjanen K, Tsao MS, Sykes J, Hee SW, Yokota J, Zaravinos A, Taioli E
Carcinogenesis 35 1267-1275 2014年06月
Cancer stem-like cells derived from chemoresistant tumors have a unique capacity to prime tumorigenic myeloid cells.
Yamashina T, Baghdadi M, Yoneda A, Kinoshita I, Suzu S, Dosaka-Akita H, Jinushi M
Cancer research 74 2698-2709 2014年05月
CD133 expression: a potential prognostic marker for non-small cell lung cancers.
Mizugaki H, Sakakibara-Konishi J, Kikuchi J, Moriya J, Hatanaka KC, Kikuchi E, Kinoshita I, Oizumi S, Dosaka-Akita H, Matsuno Y, Nishimura M
International journal of clinical oncology 19 254-259 2014年04月
TIM-4 glycoprotein-mediated degradation of dying tumor cells by autophagy leads to reduced antigen presentation and increased immune tolerance.
Baghdadi M, Yoneda A, Yamashina T, Nagao H, Komohara Y, Nagai S, Akiba H, Foretz M, Yoshiyama H, Kinoshita I, Dosaka-Akita H, Takeya M, Viollet B, Yagita H, Jinushi M
Immunity 39 1070-1081 2013年12月
A Phase II Study of Amrubicin as a Third-Line or Fourth-Line Chemotherapy for Patients With Non-Small Cell Lung Cancer: Hokkaido Lung Cancer Clinical Study Group Trial (HOT) 0901.
Harada T, Oizumi S, Ito K, Takamura K, Kikuchi E, Kuda T, Sugawara S, Suzuki A, Maemondo M, Fujita Y, Kinoshita I, Inoue A, Hommura F, Katsuura Y, Dosaka-Akita H, Isobe H, Nishimura M, Hokkaido Lung Cancer Clinical Study Group
The oncologist 2013年02月
Updated overall survival results from a randomized phase III trial comparing gefitinib with carboplatin-paclitaxel for chemo-naïve non-small cell lung cancer with sensitive EGFR gene mutations (NEJ002).
Inoue A, Kobayashi K, Maemondo M, Sugawara S, Oizumi S, Isobe H, Gemma A, Harada M, Yoshizawa H, Kinoshita I, Fujita Y, Okinaga S, Hirano H, Yoshimori K, Harada T, Saijo Y, Hagiwara K, Morita S, Nukiwa T, North-East Japan Study Group
Annals of oncology : official journal of the European Society for Medical Oncology / ESMO 24 54-59 2013年01月
Epigenetic therapy with 3-deazaneplanocin A, an inhibitor of the histone methyltransferase EZH2, inhibits growth of non-small cell lung cancer cells.
Kikuchi J, Takashina T, Kinoshita I, Kikuchi E, Shimizu Y, Sakakibara-Konishi J, Oizumi S, Marquez VE, Nishimura M, Dosaka-Akita H
Lung cancer (Amsterdam, Netherlands) 78 138-143 2012年11月
Tumor-infiltrating DCs suppress nucleic acid-mediated innate immune responses through interactions between the receptor TIM-3 and the alarmin HMGB1.
Chiba S, Baghdadi M, Akiba H, Yoshiyama H, Kinoshita I, Dosaka-Akita H, Fujioka Y, Ohba Y, Gorman JV, Colgan JD, Hirashima M, Uede T, Takaoka A, Yagita H, Jinushi M
Nature immunology 13(9) 832-842 2012年09月
Expression of Bim, Noxa, and Puma in non-small cell lung cancer.
Sakakibara-Konishi J, Oizumi S, Kikuchi J, Kikuchi E, Mizugaki H, Kinoshita I, Dosaka-Akita H, Nishimura M
BMC cancer 12 286 2012年07月
論文を全て表示する
論文閉じる
Feasibility and efficacy of induction docetaxel, cisplatin, and 5-fluorouracil chemotherapy combined with concurrent weekly cisplatin chemoradiotherapy for locally advanced head and neck squamous cell carcinoma.
Mizumachi T, Homma A, Kakizaki T, Sakashita T, Kano S, Hatakeyama H, Tsuchiya K, Yasuda K, Onimaru R, Shirato H, Taguchi J, Shimizu Y, Kinoshita I, Akita H, Fukuda S
International journal of clinical oncology 2014年07月
HPV-associated lung cancers: an international pooled analysis.
Ragin C, Obikoya-Malomo M, Kim S, Chen Z, Flores-Obando R, Gibbs D, Koriyama C, Aguayo F, Koshiol J, Caporaso NE, Carpagnano GE, Ciotti M, Dosaka-Akita H, Fukayama M, Goto A, Spandidos DA, Gorgoulis V, Heideman DA, van Boerdonk RA, Hiroshima K, Iwakawa R, Kastrinakis NG, Kinoshita I, Akiba S, Landi MT, Eugene Liu H, Wang JL, Mehra R, Khuri FR, Lim WT, Owonikoko TK, Ramalingam S, Sarchianaki E, Syrjanen K, Tsao MS, Sykes J, Hee SW, Yokota J, Zaravinos A, Taioli E
Carcinogenesis 35 1267-1275 2014年06月
Cancer stem-like cells derived from chemoresistant tumors have a unique capacity to prime tumorigenic myeloid cells.
Yamashina T, Baghdadi M, Yoneda A, Kinoshita I, Suzu S, Dosaka-Akita H, Jinushi M
Cancer research 74 2698-2709 2014年05月
CD133 expression: a potential prognostic marker for non-small cell lung cancers.
Mizugaki H, Sakakibara-Konishi J, Kikuchi J, Moriya J, Hatanaka KC, Kikuchi E, Kinoshita I, Oizumi S, Dosaka-Akita H, Matsuno Y, Nishimura M
International journal of clinical oncology 19 254-259 2014年04月
TIM-4 glycoprotein-mediated degradation of dying tumor cells by autophagy leads to reduced antigen presentation and increased immune tolerance.
Baghdadi M, Yoneda A, Yamashina T, Nagao H, Komohara Y, Nagai S, Akiba H, Foretz M, Yoshiyama H, Kinoshita I, Dosaka-Akita H, Takeya M, Viollet B, Yagita H, Jinushi M
Immunity 39 1070-1081 2013年12月
A Phase II Study of Amrubicin as a Third-Line or Fourth-Line Chemotherapy for Patients With Non-Small Cell Lung Cancer: Hokkaido Lung Cancer Clinical Study Group Trial (HOT) 0901.
Harada T, Oizumi S, Ito K, Takamura K, Kikuchi E, Kuda T, Sugawara S, Suzuki A, Maemondo M, Fujita Y, Kinoshita I, Inoue A, Hommura F, Katsuura Y, Dosaka-Akita H, Isobe H, Nishimura M, Hokkaido Lung Cancer Clinical Study Group
The oncologist 2013年02月
Updated overall survival results from a randomized phase III trial comparing gefitinib with carboplatin-paclitaxel for chemo-naïve non-small cell lung cancer with sensitive EGFR gene mutations (NEJ002).
Inoue A, Kobayashi K, Maemondo M, Sugawara S, Oizumi S, Isobe H, Gemma A, Harada M, Yoshizawa H, Kinoshita I, Fujita Y, Okinaga S, Hirano H, Yoshimori K, Harada T, Saijo Y, Hagiwara K, Morita S, Nukiwa T, North-East Japan Study Group
Annals of oncology : official journal of the European Society for Medical Oncology / ESMO 24 54-59 2013年01月
Epigenetic therapy with 3-deazaneplanocin A, an inhibitor of the histone methyltransferase EZH2, inhibits growth of non-small cell lung cancer cells.
Kikuchi J, Takashina T, Kinoshita I, Kikuchi E, Shimizu Y, Sakakibara-Konishi J, Oizumi S, Marquez VE, Nishimura M, Dosaka-Akita H
Lung cancer (Amsterdam, Netherlands) 78 138-143 2012年11月
Tumor-infiltrating DCs suppress nucleic acid-mediated innate immune responses through interactions between the receptor TIM-3 and the alarmin HMGB1.
Chiba S, Baghdadi M, Akiba H, Yoshiyama H, Kinoshita I, Dosaka-Akita H, Fujioka Y, Ohba Y, Gorman JV, Colgan JD, Hirashima M, Uede T, Takaoka A, Yagita H, Jinushi M
Nature immunology 13(9) 832-842 2012年09月
Expression of Bim, Noxa, and Puma in non-small cell lung cancer.
Sakakibara-Konishi J, Oizumi S, Kikuchi J, Kikuchi E, Mizugaki H, Kinoshita I, Dosaka-Akita H, Nishimura M
BMC cancer 12 286 2012年07月
ATM-mediated DNA damage signals mediate immune escape through integrin-αvβ3-dependent mechanisms.
Jinushi M, Chiba S, Baghdadi M, Kinoshita I, Dosaka-Akita H, Ito K, Yoshiyama H, Yagita H, Uede T, Takaoka A
Cancer research 72(1) 56-65 2012年01月
Quality of life with gefitinib in patients with EGFR-mutated non-small cell lung cancer: quality of life analysis of North East Japan Study Group 002 Trial.
Oizumi S, Kobayashi K, Inoue A, Maemondo M, Sugawara S, Yoshizawa H, Isobe H, Harada M, Kinoshita I, Okinaga S, Kato T, Harada T, Gemma A, Saijo Y, Yokomizo Y, Morita S, Hagiwara K, Nukiwa T
The oncologist 17 863-870 2012年
Phase I study of concurrent real-time tumor-tracking thoracic radiation therapy with paclitaxel and carboplatin in locally advanced non-small cell lung cancer.
Sakakibara-Konishi J, Oizumi S, Kinoshita I, Shinagawa N, Kikuchi J, Kato M, Inoue T, Katoh N, Onimaru R, Shirato H, Dosaka-Akita H, Nishimura M
Lung cancer (Amsterdam, Netherlands) 74 248-252 2011年11月
18F-fluorothymidine PET/CT as an early predictor of tumor response to treatment with cetuximab in human lung cancer xenografts.
Takeuchi S, Zhao S, Kuge Y, Zhao Y, Nishijima K, Hatano T, Shimizu Y, Kinoshita I, Tamaki N, Dosaka-Akita H
Oncology reports 26 725-730 2011年09月
Tumor-associated macrophages regulate tumorigenicity and anticancer drug responses of cancer stem/initiating cells.
Jinushi M, Chiba S, Yoshiyama H, Masutomi K, Kinoshita I, Dosaka-Akita H, Yagita H, Takaoka A, Tahara H
Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America 108(30) 12425-12430 2011年07月
Minichromosome maintenance (MCM) protein 4 as a marker for proliferation and its clinical and clinicopathological significance in non-small cell lung cancer.
Kikuchi J, Kinoshita I, Shimizu Y, Kikuchi E, Takeda K, Aburatani H, Oizumi S, Konishi J, Kaga K, Matsuno Y, Birrer MJ, Nishimura M, Dosaka-Akita H
Lung cancer (Amsterdam, Netherlands) 72 229-237 2011年05月
A Case of High-Grade Neuroendocrine Carcinoma That Improved with Bevacizumab plus Modified FOLFOX6 as the Fourth-Line Chemotherapy.
Takeuchi S, Honma R, Taguchi J, Amano T, Shimizu Y, Kinoshita I, Kubota K, Matsuno Y, Dosaka-Akita H
Case reports in oncology 4 260-266 2011年05月
[Superior vena cava syndrome].
Taguchi J, Kinoshita I, Akita H
Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy 38 518-523 2011年04月
Phase II study of irinotecan plus S-1 combination for previously untreated advanced non-small cell lung cancer: Hokkaido lung cancer clinical study group trial (HOT) 0601.
AKIE Kenji, OIZUMI Satoshi, OGURA Shigeaki, SHINAGAWA Naofumi, KIKUCHI Eiki, FUKUMOTO Shinichi, HARADA Masao, KINOSHITA Ichiro, KOJIMA Tetsuya, HARADA Toshiyuki, FUJITA Yuka, OHSAKI Yoshinobu, DOSAKA‐AKITA Hirotoshi, ISOBE Hiroshi, NISHIMURA Masaharu
Oncology 81(2) 84-90 2011年
Expression of LGR5, an Intestinal Stem Cell Marker, During Each Stage of Colorectal Tumorigenesis.
Anticancer Research 31 263-270 2011年
Gefitinib or chemotherapy for non-small-cell lung cancer with mutated EGFR.
The New England Journal of Medicine 362 2380-2388 2010年
Distinctive expression of the polycomb group proteins Bmi1 polycomb ring finger oncogene and enhancer of zeste homolog 2 in nonsmall cell lung cancers and their clinical and clinicopathologic significance.
KIKUCHI Junko, KINOSHITA Ichiro, SHIMIZU Yasushi, KIKUCHI Eiki, KONISHI Jun, OIZUMI Satoshi, KAGA Kichizo, MATSUNO Yoshihiro, NISHIMURA Masaharu, DOSAKA−AKITA Hirotoshi
Cancer 116(12) 3015-3024 2010年
Phase II study of gefitinib readministration in patients with advanced non-small cell lung cancer and previous response to gefitinib.
Oncology 79 423-429 2010年
[Non-small-cell lung cancer].
Akita H, Kinoshita I
Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy 35 720-724 2008年05月
Clinicopathological significance of expression of p-c-Jun, TCF4 and beta-Catenin in colorectal tumors.
BMC Cancer 8 328 2008年
Simultaneous blockade of AP-1 and phosphatidylinositol 3-kinase pathway in non-small cell lung cancer cells.
British Journal of Cancer 99(12) 2013 2008年
Growth inhibition of non-small cell lung cancer cells by AP-1 blockade using a cJun dominant-negative mutant.
British Journal of Cancer 98(5) 915 2008年
Increase in soluble CD138 in bronchoalveolar lavage fluid of multicentric Castleman's disease.
Hasegawa M, Betsuyaku T, Yoshida N, Nasuhara Y, Kinoshita I, Ohta S, Itoh T, Park PW, Nishimura M
Respirology (Carlton, Vic.) 12 140-143 2007年01月
Clinical benefit of readministration of gefitinib for initial gefitinib-responders with non-small cell lung cancer.
BMC Cancer 7 51 2007年
High Incidence of Extracellular Matrix Metalloproteinase Inducer Expression in Non-Small Cell Lung Cancers. Association with Clinicopathological Parameters.
Oncology 72(3-4) 197 2007年
Reply: Appropriate prospective trials are warranted to determine differences between exon 19 deletions and L858R EGFR mutations in non-small cell lung cancer.
British Journal of Cancer 96(2) 400 2007年
Non-responsiveness to gefitinib in a patient with lung adenocarcinoma having rare EGFR mutations S768I and V769L.
Asahina H, Yamazaki K, Kinoshita I, Yokouchi H, Dosaka-Akita H, Nishimura M
Lung cancer (Amsterdam, Netherlands) 54 419-422 2006年12月
Epithelioid sarcoma presenting as pulmonary cysts with cancer antigen 125 expression.
Kikuchi E, Kinoshita I, Yamazaki K, Itoh T, Shimizu T, Shimizu H, Nishimura M
Respirology (Carlton, Vic.) 11 826-829 2006年11月
Establishment and characterization of amylase-producing lung adenocarcinoma cell line, IMEC-2.
Anticancer Research 26(4B) 2821 2006年
A phase II trial of gefitinib as first-line therapy for advanced non-small cell lung cancer with epidermal growth factor receptor mutations.
British Journal of Cancer 95(8) 998 2006年
Phase II study of carboplatin and weekly paclitaxel in advanced non-small cell lung cancer.
Anticancer Research 26(5B) 3767 2006年
Non-responsiveness to gefitinib in a patient with lung adenocarcinoma having rare EGFR mutations S768I and V769L.
Lung Cancer 54(3) 419 2006年
Susceptibility to oxygen desaturation during bronchoscopy in elderly patients with pulmonary fibrosis.
Shinagawa N, Yamazaki K, Kinoshita I, Ogura S, Nishimura M
Respiration; international review of thoracic diseases 73 90-94 2006年
E1AF/PEA3 activates the Rho/Rho-associated kinase pathway to increase the malignancy potential of non-small-cell lung cancer cells.
Hakuma N, Kinoshita I, Shimizu Y, Yamazaki K, Yoshida K, Nishimura M, Dosaka-Akita H
Cancer research 65 10776-10782 2005年12月
Cyclin A is a c-Jun target gene and is necessary for c-Jun-induced anchorage-independent growth in RAT1a cells.
Katabami M, Donninger H, Hommura F, Leaner VD, Kinoshita I, Chick JF, Birrer MJ
The Journal of biological chemistry 280(17) 16728-16738 2005年04月
Analysis of the response and toxicity to gefitinib of non-small cell lung cancer.
Konishi J, Yamazaki K, Kinoshita I, Isobe H, Ogura S, Sekine S, Ishida T, Takashima R, Nakadate M, Nishikawa S, Hattori T, Asahina H, Imura M, Kikuchi E, Kikuchi J, Shinagawa N, Yokouchi H, Munakata M, Dosaka-Akita H, Nishimura M
Anticancer research 25 435-441 2005年01月
E1AF/PEA3 activates the Rho/Rho-associated kinase pathway to increase the malignancy potential of non-small-cell lung cancer cells
Cancer Research 65 10776-10782 2005年
Cyclin A is a c-Jun target gene and is necessary for c-Jun-induced anchorage-independent growth in RAT1a cells
KATABAMI Motoo, DONNINGER Howard, HOMMURA Fumihiro, LEANER Virna D., KINOSHITA Ichiro, CHICK Jeffrey F.B., BIRRER Michael J.
Journal of Biological Chemistry 280(17) 16728-16738 2005年
Expression of N-acetylglucosaminyltransferase V in the development of human esophageal cancers: immunohistochemical data from carcinomas and nearby noncancerous lesions
Oncology 69 301-310 2005年
「気管支肺胞洗浄所見の変化を追跡したgefitinibによる間質性肺炎の1例」
『日本呼吸器学会雑誌』 43巻 466-70 2005年
Expression of N-acetylglucosaminyltransferase V in the development of human esophageal cancers: immunohistochemical data from carcinomas and nearby noncancerous lesions.
Ishibashi Y, Dosaka-Akita H, Miyoshi E, Shindoh M, Miyamoto M, Kinoshita I, Miyazaki H, Itoh T, Kondo S, Nishimura M, Taniguchi N
Oncology 69 301-310 2005年
Phase I trial of carboplatin and weekly paclitaxel in patients with advanced non-small-cell lung cancer.
Kikuchi J, Yamazaki K, Kinoshita I, Asahina H, Imura M, Kikuchi E, Konishi J, Shinagawa N, Oki H, Dosaka-Akita H, Nishimura M
Japanese journal of clinical oncology 34(9) 505-509 2004年09月
B7-H1 expression on non-small cell lung cancer cells and its relationship with tumor-infiltrating lymphocytes and their PD-1 expression.
Konishi J, Yamazaki K, Azuma M, Kinoshita I, Dosaka-Akita H, Nishimura M
Clinical cancer research : an official journal of the American Association for Cancer Research 10 5094-5100 2004年08月
Paraneoplastic cerebellar degeneration (PCD) associated with squamous cell carcinoma of the lung.
Konishi J, Yamazaki K, Chikai K, Nagashima K, Sakai K, Kinoshita I, Dosaka-Akita H, Nishimura M
Internal medicine (Tokyo, Japan) 43(7) 602-606 2004年07月
Retinoic acid inhibits interleukin-4-induced eotaxin production in a human bronchial epithelial cell line.
Takamura K, Nasuhara Y, Kobayashi M, Betsuyaku T, Tanino Y, Kinoshita I, Yamaguchi E, Matsukura S, Schleimer RP, Nishimura M
American journal of physiology. Lung cellular and molecular physiology 286 L777-85 2004年04月
[A case of paclitaxel-induced pneumonitis].
Taniguchi N, Shinagawa N, Kinoshita I, Nasuhara Y, Yamazaki K, Yamaguchi E, Akita H, Nishimura M
Nihon Kokyuki Gakkai zasshi = the journal of the Japanese Respiratory Society 42 158-163 2004年02月
Paraneoplastic cerebellar degeneration (PCD) associated with squamous cell carcinoma of the lung
Internal Medicine 43(7) 602-606 2004年
Endobronchial ultrasonography with guide-sheath for peripheral pulmonary lesions
European Respiratory Journal 24 533-537 2004年
Phase I trial of carboplatin and weekly paclitaxel in patients with advanced non-small-cell lung cancer
KIKUCHI J, YAMAZAKI K, KINOSHITA I, ASAHINA H, IMURA M, KIKUCHI E, KONISHI J, SHINAGAWA N, OKI H
Japanese Journal of Clinical Oncology 34(9) 505-509 2004年
Retinoic acid inhibits interleukin-4-induced eotaxin production in a human bronchial epithelial cell line
Am J Physiol Lung Cell Mol Physiol 286 L777 2004年
「パクリタキセル投与との関連が示唆された薬剤性肺炎の1例」
『日本呼吸器学会雑誌』 42 158-163 2004年
「Remitting Seronegative Symmetrical Synovitis With Pitting Edema(RS3PE)症候群に合併した肺扁平上皮癌の1例」
『肺癌』 44 61-66 2004年
CD4+ T cells in cancer stroma, not CD8+ T cells in cancer cell nests, are associated with favorable prognosis in human non-small cell lung cancers.
Wakabayashi O, Yamazaki K, Oizumi S, Hommura F, Kinoshita I, Ogura S, Dosaka-Akita H, Nishimura M
Cancer science 94(11) 1003-1009 2003年11月
Mediastinal lymph node staging by FDG-PET in patients with non-small cell lung cancer: analysis of false-positive FDG-PET findings.
Konishi J, Yamazaki K, Tsukamoto E, Tamaki N, Onodera Y, Otake T, Morikawa T, Kinoshita I, Dosaka-Akita H, Nishimura M
Respiration; international review of thoracic diseases 70 500-506 2003年09月
[A case of Mycobacterium avium pulmonary disease detected as multiple small nodular shadows and diagnosed by CT guided transbronchial biopsy with ultrathin bronchoscopy].
Watanabe K, Shimizu Y, Oizumi S, Shinagawa N, Kinoshita I, Yamazaki K, Onodera Y, Saito H, Yamaguchi E, Dosaka-Akita H, Nishimura M
Nihon Kokyuki Gakkai zasshi = the journal of the Japanese Respiratory Society 41 107-111 2003年02月
散在する小結節影を呈し極細径気管支鏡を用いたCTガイド下生検により診断されたMycobacterium avium肺感染症の1例
日本呼吸器学会雑誌 41 107-111 2003年
気道狭窄に対してArgon Plasma Coagulationの併用による気管支鏡下切除が奏効した腎細胞癌のEndobronchial Metastasisの1例
気管支学 25 114-117 2003年
CD4(+) T cells in cancer stroma, not CD8(+) T cells in cancer cell nests, are associated with favorable prognosis in human non-small cell lung cancers.
WAKABAYASHI O, YAMAZAKI K, OIZUMI S, HOMMURA F, KINOSHITA I, OGURA S, DOSAKA(AKITA) H, NISHIMURA M
Cancer Science 94(11) 1003-1009 2003年
Granulocyte-macrophage colony-stimulating factor gene-transduced tumor cells combined with tumor-derived gp96 inhibit tumor growth in mice.
Human Gene Therapy 14 715-728 2003年
Predictive value of expression of P53, Bcl-2 and lung resistance-related protein for response to chemotherapy in non-small cell lung cancers.
HARADA T, OGURA S, YAMAZAKI K, KINOSHITA I, ITOH T, ISOBE H, YAMASHIRO K, DOSAKA(AKITA) H, NISHIMURA M
Cancer Science 94(4) 394-399 2003年
Identification of cJun-responsive genes in Rat-1a cells using multiple techniques: increased expression of stathmin is necessary for cJun-mediated anchorage-independent growth.
Oncogene 22 2710-2722 2003年
AP-1 complexes containing cJun and JunB cause cellular transformation of Rat1a fibroblasts and share transcriptional targets.
Oncogene 22 5619-5629 2003年
Mediastinal lymph node staging by FDG-PET in patients with non-small cell lung cancer: analysis of false-positive FDG-PET findings.
Respiration 70 500-506 2003年
CL100 expression is down-regulated in advanced epithelial ovarian cancer and its re-expression decreases its malignant potential.
Manzano RG, Montuenga LM, Dayton M, Dent P, Kinoshita I, Vicent S, Gardner GJ, Nguyen P, Choi YH, Trepel J, Auersperg N, Birrer MJ
Oncogene 21 4435-4447 2002年06月
Increased expression of beta-catenin predicts better prognosis in nonsmall cell lung carcinomas.
Cancer 94 752 2002年
N-acetylgalactosaminyl transferase-3 is a potential new marker for non-small cell lung cancers.
British Journal of Cancer 87 751 2002年
CL100 expression is down-regulated in advanced epithelial ovarian cancer and its re-expression decreases its malignant potential
Oncogene 21 4435 2002年
Cyclin D1 expression in non-small-cell lung cancers: its association with altered p53 expression, cell proliferation and clinical outcome
MISHINA T, DOSAKA‐AKITA H, KINOSHITA I, HOMMURA F, MORIKAWA T, KATOH H, KAWAKAMI Y
British Journal of Cancer 80(8) 1289-1295 1999年
Predictive value of expression of p16INK4A, retinoblastoma and p53 proteins for the prognosis of non-small-cell lung cancers.
HOMMURA F, DOSAKA‐AKITA H, KINOSHITA I, MISHINA T, HIROUMI H, OGURA S, KATOH H, KAWAKAMI Y
British Journal of Cancer 81(4) 696-701 1999年
Frequent loss of gelsolin expression in non-small cell lung cancers of heavy smokers.
Cancer Research 58 322 1998年
Altered retinoblastoma protein expression in nonsmall cell lung cancer: its synergistic effects with altered ras and p53 protein status on prognosis
DOSAKA‐AKITA H, HU S‐X, FUJINO M, HARADA M, KINOSHITA I, XU H‐J, KUZUMAKI N, KAWAKAMI Y, BENEDICT W F
Cancer 79(7) 1329-1337 1997年
Altered p16INK4 and retinoblastoma protein status in non-small cell lung cancer: potential synergistic effect with altered p53 protein on proliferative activity.
Cancer Research 56 5557 1996年
Inhibition of proliferation by L-myc antisense DNA for the translational initiation site in human small cell lung cancer.
Cancer Research 55 1559-1564 1995年
Human papillomavirus type 18 DNA and E6-E7 mRNA are detected in squamous cell carcinoma and adenocarcinoma of the lung. Br J Cancer
British Journal of Cancer 71 344 1995年
Simultaneous use of the PCR-SSCP method and immunohistochemistry for increasing the detection efficacy of p53 abnormalities in human lung cancer.
American Journal of Clinical Pathology 104 319 1995年
Prognostic significance of p53 and ras p21 expression in nonsmall cell lung cancer.
FUJINO M, DOSAKA‐AKITA H, HARADA M, HIROUMI H, KINOSHITA I, AKIE K, KAWAKAMI Y
Cancer 76(12) 2457-2463 1995年
Abnormal p53 expression in human lung cancer is associated with histologic subtypes and patient smoking history.
American Journal of Clinical Pathology 102 660-664 1994年

書籍

入門腫瘍内科学
篠原出版新社 2009年
書籍を全て表示する
書籍閉じる
入門腫瘍内科学
篠原出版新社 2009年

作品等

スライドセミナー内科系:日本臨床細胞学会北海道支部会
2009年 
作品等を全て表示する
作品等閉じる
スライドセミナー内科系:日本臨床細胞学会北海道支部会
2009年 

受賞

2009年
Travel Award 
受賞を全て表示する
受賞閉じる
2009年
Travel Award 

競争的資金等の研究課題

非小細胞肺癌における癌幹細胞表面抗原阻害とヒストン修飾酵素阻害との併用療法の検討
文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間 : 2014年 - 2016年 代表者 : 木下 一郎
核内転写因子cJun阻害を利用した非小細胞肺癌の癌幹細胞を標的にした治療法の検討
文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間 : 2011年 - 2013年 代表者 : 木下 一郎
AP1阻害感受性の差を利用した肺癌治療の新たな分子標的の同定
文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間 : 2008年 - 2010年 代表者 : 木下 一郎
肺癌および随伴肺疾患における糖転移酵素の発現異常に関する研究
文部科学省:科学研究費補助金(萌芽研究)
研究期間 : 2006年 - 2007年 代表者 : 秋田 弘俊
肺癌の治療標的分子探索と診断マーカー・層別化マーカー開発に関する研究
文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間 : 2004年 - 2006年 代表者 : 秋田 弘俊
TAM-67を用いた転写因子AP1を標的とする肺癌の遺伝子治療に関する基礎的検討
文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間 : 2004年 - 2005年 代表者 : 木下 一郎
肺癌のAP-1を標的にした遺伝子治療に関する基礎的研究 転写因子E1AF/PEA3に関する研究 肺癌のEGFRの異常とGefitinib感受性
競争的資金等の研究課題を全て表示する
競争的資金等の研究課題閉じる
非小細胞肺癌における癌幹細胞表面抗原阻害とヒストン修飾酵素阻害との併用療法の検討
文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間 : 2014年 - 2016年 代表者 : 木下 一郎
核内転写因子cJun阻害を利用した非小細胞肺癌の癌幹細胞を標的にした治療法の検討
文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間 : 2011年 - 2013年 代表者 : 木下 一郎
AP1阻害感受性の差を利用した肺癌治療の新たな分子標的の同定
文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間 : 2008年 - 2010年 代表者 : 木下 一郎
肺癌および随伴肺疾患における糖転移酵素の発現異常に関する研究
文部科学省:科学研究費補助金(萌芽研究)
研究期間 : 2006年 - 2007年 代表者 : 秋田 弘俊
肺癌の治療標的分子探索と診断マーカー・層別化マーカー開発に関する研究
文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間 : 2004年 - 2006年 代表者 : 秋田 弘俊
TAM-67を用いた転写因子AP1を標的とする肺癌の遺伝子治療に関する基礎的検討
文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間 : 2004年 - 2005年 代表者 : 木下 一郎
肺癌のAP-1を標的にした遺伝子治療に関する基礎的研究 転写因子E1AF/PEA3に関する研究 肺癌のEGFRの異常とGefitinib感受性

教育活動

主要な担当授業

保健薬理学
開講年度 : 2015年
課程区分 : 学士課程
開講学部 : 医学部
キーワード : 疾病、病態生理、薬物療法、薬理作用
医学総論
開講年度 : 2015年
課程区分 : 博士後期課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : 癌、分子機構、分子診断、分子標的治療、薬物療法、腫瘍内科学、がんプロフェッショナル
医学総論
開講年度 : 2015年
課程区分 : 博士後期課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : 癌、薬物療法、分子標的治療、がんプロフェッショナル
医学総論
開講年度 : 2015年
課程区分 : 博士後期課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : 癌、薬物療法、分子標的治療、有害事象、支持療法、がんプロフェッショナル
医学総論
開講年度 : 2015年
課程区分 : 博士後期課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : 癌、薬物療法、分子標的治療、効果判定、毒性評価、がんプロフェッショナル
基本医学研究Ⅰ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : 癌、生命科学、診断、治療
基本医学研究Ⅱ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : 癌、生命科学、診断、治療
基本医学総論
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : 癌、分子機構、分子診断、分子標的治療、薬物療法、腫瘍内科学、がんプロフェッショナル
基盤医学研究Ⅰ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 博士後期課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : 癌、生命科学、診断、治療
基盤医学研究Ⅱ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 博士後期課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : 癌、生命科学、診断、治療
最新年度を全て表示する
主要な担当授業閉じる
保健薬理学
開講年度 : 2015年
課程区分 : 学士課程
開講学部 : 医学部
キーワード : 疾病、病態生理、薬物療法、薬理作用
医学総論
開講年度 : 2015年
課程区分 : 博士後期課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : 癌、分子機構、分子診断、分子標的治療、薬物療法、腫瘍内科学、がんプロフェッショナル
医学総論
開講年度 : 2015年
課程区分 : 博士後期課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : 癌、薬物療法、分子標的治療、がんプロフェッショナル
医学総論
開講年度 : 2015年
課程区分 : 博士後期課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : 癌、薬物療法、分子標的治療、有害事象、支持療法、がんプロフェッショナル
医学総論
開講年度 : 2015年
課程区分 : 博士後期課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : 癌、薬物療法、分子標的治療、効果判定、毒性評価、がんプロフェッショナル
基本医学研究Ⅰ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : 癌、生命科学、診断、治療
基本医学研究Ⅱ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : 癌、生命科学、診断、治療
基本医学総論
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : 癌、分子機構、分子診断、分子標的治療、薬物療法、腫瘍内科学、がんプロフェッショナル
基盤医学研究Ⅰ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 博士後期課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : 癌、生命科学、診断、治療
基盤医学研究Ⅱ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 博士後期課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : 癌、生命科学、診断、治療
専門医学研究Ⅰ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : 癌、生命科学、診断、治療
専門医学研究Ⅱ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : 癌、生命科学、診断、治療
臨床医学研究Ⅰ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 博士後期課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : 癌、薬物療法、分子標的治療、がんプロフェッショナル
臨床医学研究Ⅱ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 博士後期課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : 癌、薬物療法、分子標的治療、がんプロフェッショナル
前年度を全て表示する
主要な担当授業閉じる
保健薬理学
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 学士課程
科目学部名 : 医学部
キーワード : 疾病、病態生理、薬物療法、薬理作用
医学総論
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 博士後期課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : 癌、分子機構、分子診断、分子標的治療、薬物療法、腫瘍内科学、がんプロフェッショナル
医学総論
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 博士後期課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : 癌、薬物療法、分子標的治療、がんプロフェッショナル
医学総論
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 博士後期課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : 癌、薬物療法、分子標的治療、有害事象、支持療法、がんプロフェッショナル
医学総論
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 博士後期課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : 癌、薬物療法、分子標的治療、効果判定、毒性評価、がんプロフェッショナル
基本医学研究Ⅰ
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : 癌、生命科学、診断、治療
基本医学研究Ⅱ
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : 癌、生命科学、診断、治療
基本医学総論
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : 癌、分子機構、分子診断、分子標的治療、薬物療法、腫瘍内科学、がんプロフェッショナル
基盤医学研究Ⅰ
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 博士後期課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : 癌、生命科学、診断、治療
基盤医学研究Ⅱ
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 博士後期課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : 癌、生命科学、診断、治療
専門医学研究Ⅰ
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : 癌、生命科学、診断、治療
専門医学研究Ⅱ
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : 癌、生命科学、診断、治療
臨床医学研究Ⅰ
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 博士後期課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : 癌、薬物療法、分子標的治療、がんプロフェッショナル
臨床医学研究Ⅱ
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 博士後期課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : 癌、薬物療法、分子標的治療、がんプロフェッショナル
前々年度を全て表示する
主要な担当授業閉じる
保健薬理学
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 学士課程
科目学部名 : 医学部
キーワード : 疾病、病態生理、薬物療法、薬理作用
医学総論
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 博士後期課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : 癌、分子機構、分子診断、分子標的治療、薬物療法、腫瘍内科学、がんプロフェッショナル
医学総論
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 博士後期課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : 癌、薬物療法、分子標的治療、がんプロフェッショナル
医学総論
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 博士後期課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : 癌、薬物療法、分子標的治療、有害事象、支持療法、がんプロフェッショナル
医学総論
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 博士後期課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : 癌、薬物療法、分子標的治療、効果判定、毒性評価、がんプロフェッショナル
基本医学研究Ⅰ
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : 癌、生命科学、診断、治療
基本医学研究Ⅱ
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : 癌、生命科学、診断、治療
基本医学総論
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : 癌、分子機構、分子診断、分子標的治療、薬物療法、腫瘍内科学、がんプロフェッショナル
基盤医学研究Ⅰ
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 博士後期課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : 癌、生命科学、診断、治療
基盤医学研究Ⅱ
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 博士後期課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : 癌、生命科学、診断、治療
専門医学研究Ⅰ
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : 癌、生命科学、診断、治療
専門医学研究Ⅱ
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : 癌、生命科学、診断、治療
臨床医学研究Ⅰ
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 博士後期課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : 癌、薬物療法、分子標的治療、がんプロフェッショナル
臨床医学研究Ⅱ
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 博士後期課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : 癌、薬物療法、分子標的治療、がんプロフェッショナル

社会貢献

委員歴

2006年
-
2009年
日本臨床腫瘍学会 評議員
2004年
-
2005年
日本肺癌学会 ワークショップ事務局
2002年
日本肺癌学会 評議員
2004年
日本肺癌学会 選挙管理委員会
2004年
北海道癌治療研究会 事務局
2005年
北海道癌談話会 評議員
2010年
日本臨床腫瘍学会 評議員
2010年
日本臨床腫瘍学会 教育委員会教育企画部会委員
委員歴を全て表示する
委員歴閉じる
2006年
-
2009年
日本臨床腫瘍学会 評議員
2004年
-
2005年
日本肺癌学会 ワークショップ事務局
2002年
日本肺癌学会 評議員
2004年
日本肺癌学会 選挙管理委員会
2004年
北海道癌治療研究会 事務局
2005年
北海道癌談話会 評議員
2010年
日本臨床腫瘍学会 評議員
2010年
日本臨床腫瘍学会 教育委員会教育企画部会委員

ページトップへ