大場 雄介オオバ ユウスケresearchmap個人ページ

更新日 : 2017/09/19

基本情報

プロフィール

所属部署名
医学研究院  生理系部門生理学分野
アドミッションセンター
職名教授 
学位
医学博士(北海道大学)
メールアドレスyohbamed.hokudai.ac.jp
ホームページURLhttp://cp.med.hokudai.ac.jp
科研費研究者番号

研究キーワード

シグナル伝達, FRET, GFP, バイオイメージング, Ras, 細胞内情報伝達, イメージング, 環境適応, 生細胞, BiFC, 多分子複合体, G蛋白, 細胞, 分子, 細胞内・細胞間情報伝達

研究分野

基礎医学 / 生理学一般
生物科学 / 細胞生物学
基礎医学 / 実験病理学
研究分野を全て表示する
研究分野閉じる
基礎医学 / 生理学一般
生物科学 / 細胞生物学
基礎医学 / 実験病理学

職歴

2006年04月
-
2012年10月
北海道大学大学院医学研究科(准教授)
2004年03月
-
2006年03月
東京大学大学院医学系研究科(助手)
2001年12月
-
2005年03月
科学技術振興機構 さきがけ(研究員(兼任))
2001年01月
-
2004年03月
大阪大学微生物病研究所(助手)
1998年04月
-
2000年12月
国立国際医療センター研究所(流動研究員)
職歴を全て表示する
職歴閉じる
2006年04月
-
2012年10月
北海道大学大学院医学研究科(准教授)
2004年03月
-
2006年03月
東京大学大学院医学系研究科(助手)
2001年12月
-
2005年03月
科学技術振興機構 さきがけ(研究員(兼任))
2001年01月
-
2004年03月
大阪大学微生物病研究所(助手)
1998年04月
-
2000年12月
国立国際医療センター研究所(流動研究員)

学歴

1996年04月
-
2000年03月
北海道大学 大学院医学研究科 病理系専攻
-
1996年03月
北海道大学 医学部 医学科
学歴を全て表示する
学歴閉じる
1996年04月
-
2000年03月
北海道大学 大学院医学研究科 病理系専攻
-
1996年03月
北海道大学 医学部 医学科

所属学協会

日本生理学会
日本分子生物学会
日本癌学会
日本生化学会
日本細胞生物学会
所属学協会を全て表示する
所属学協会閉じる
日本生理学会
日本分子生物学会
日本癌学会
日本生化学会
日本細胞生物学会

研究活動

論文

Sustained elevation of Snail promotes Glial-Mesenchymal Transition (GMT) after irradiation in malignant glioma
Mahabir R, Tanino M, Aiman E, Wang L, Kimura T, Itoh T, Ohba Y, Nishihara H, Shirato H, Tsuda M, Tanaka S
Neuro-Oncology 6(5) 671-685 2014年05月
Histone Deacetylase Inhibitors Sensitize Lung Cancer Cells to Hyperthermia: Involvement of Ku70/SirT-1 in Thermo-Protection
Hassan MK, Watari H, Salah-Eldin AE, Sultan AS, Mohamed Z, Fujioka Y, Ohba Y, Sakuragi N
PLoS One 9(4) e94213 2014年04月
Lysosomal interaction of Akt with Phafin2: a critical step in the induction of autophagy.
Matsuda-Lennikov M, Suizu F, Hirata N, Hashimoto M, Kimura K, Nagamine T, Fujioka Y, Ohba Y, Iwanaga T, Noguchi M
PLoS One 9(1) e79795 2014年01月
Beneficial innate signaling interference for anti-bacterial responses by a TLR-mediated enhancement of the MKP-IRF3 axis
H. Negishi, K. Matsuki, N. Endo, H. Sarashina, S. Miki, A. Matsuda, K. Fukazawa, N. Taguchi-Atarashi, H. Ikushima, H. Yanai, J. Nishio, K. Honda, Y. Fujioka, Y. Ohba, T. Noda, S. Taniguchi, E. Nishida, Y. Zhang, H. Chi, R. A. Flavell, and T. Taniguchi
Proc. Natl. Acad. Sci. U.S.A. 110(49) 19884-19889 2013年12月
A Ca(2+)-dependent signalling circuit regulates influenza A virus internalization and infection
Y. Fujioka, M. Tsuda, A. Nanbo, T. Hattori, J. Sasaki, T. Sasaki, T. Miyazaki and Y. Ohba
Nat. Commun. 4 2763 2013年10月
All members of the EPI64 subfamily of TBC/RabGAPs also have GAP activities toward Ras
. Nagai, S. Yasuda, Y. Ohba, M. Fukuda, and T. Nakamura
J. Biochem. 153(5) 283-288 2013年05月
Inhibition of influenza A virus infection by Galectin-9
T. Hattori, J. Maruyama, Y. Fujioka, Y. Nakayama, Y. Ohba, T. Niki, T. Arikawa, T. Miyazaki, M. Hirashima, and H. Kida
Jpn. J. Vet. Res. 61(1&2) 5-18 2013年05月
Simultaneous inhibition of Src and Aurora kinases by SU6656 induces therapeutic synergy in human synovial sarcoma growth, invasion and angiogenesis in vivo.
Arai R, Tsuda M, Watanabe T, Ose T, Obuse C, Maenaka K, Minami A, Ohba Y
European journal of cancer (Oxford, England : 1990) 48(15) 2417-2430 2012年10月
Tumor-infiltrating DCs suppress nucleic acid-mediated innate immune responses through interactions between the receptor TIM-3 and the alarmin HMGB1.
Chiba S, Baghdadi M, Akiba H, Yoshiyama H, Kinoshita I, Dosaka-Akita H, Fujioka Y, Ohba Y, Gorman JV, Colgan JD, Hirashima M, Uede T, Takaoka A, Yagita H, Jinushi M
Nature immunology 13(9) 832-842 2012年09月
[Visualization of intracellular signaling and its application to assessment of response to molecular target drugs].
Ohba Y, Tsuda M
Seikagaku. The Journal of Japanese Biochemical Society 84 359-365 2012年05月
論文を全て表示する
論文閉じる
Sustained elevation of Snail promotes Glial-Mesenchymal Transition (GMT) after irradiation in malignant glioma
Mahabir R, Tanino M, Aiman E, Wang L, Kimura T, Itoh T, Ohba Y, Nishihara H, Shirato H, Tsuda M, Tanaka S
Neuro-Oncology 6(5) 671-685 2014年05月
Histone Deacetylase Inhibitors Sensitize Lung Cancer Cells to Hyperthermia: Involvement of Ku70/SirT-1 in Thermo-Protection
Hassan MK, Watari H, Salah-Eldin AE, Sultan AS, Mohamed Z, Fujioka Y, Ohba Y, Sakuragi N
PLoS One 9(4) e94213 2014年04月
Lysosomal interaction of Akt with Phafin2: a critical step in the induction of autophagy.
Matsuda-Lennikov M, Suizu F, Hirata N, Hashimoto M, Kimura K, Nagamine T, Fujioka Y, Ohba Y, Iwanaga T, Noguchi M
PLoS One 9(1) e79795 2014年01月
Beneficial innate signaling interference for anti-bacterial responses by a TLR-mediated enhancement of the MKP-IRF3 axis
H. Negishi, K. Matsuki, N. Endo, H. Sarashina, S. Miki, A. Matsuda, K. Fukazawa, N. Taguchi-Atarashi, H. Ikushima, H. Yanai, J. Nishio, K. Honda, Y. Fujioka, Y. Ohba, T. Noda, S. Taniguchi, E. Nishida, Y. Zhang, H. Chi, R. A. Flavell, and T. Taniguchi
Proc. Natl. Acad. Sci. U.S.A. 110(49) 19884-19889 2013年12月
A Ca(2+)-dependent signalling circuit regulates influenza A virus internalization and infection
Y. Fujioka, M. Tsuda, A. Nanbo, T. Hattori, J. Sasaki, T. Sasaki, T. Miyazaki and Y. Ohba
Nat. Commun. 4 2763 2013年10月
All members of the EPI64 subfamily of TBC/RabGAPs also have GAP activities toward Ras
. Nagai, S. Yasuda, Y. Ohba, M. Fukuda, and T. Nakamura
J. Biochem. 153(5) 283-288 2013年05月
Inhibition of influenza A virus infection by Galectin-9
T. Hattori, J. Maruyama, Y. Fujioka, Y. Nakayama, Y. Ohba, T. Niki, T. Arikawa, T. Miyazaki, M. Hirashima, and H. Kida
Jpn. J. Vet. Res. 61(1&2) 5-18 2013年05月
Simultaneous inhibition of Src and Aurora kinases by SU6656 induces therapeutic synergy in human synovial sarcoma growth, invasion and angiogenesis in vivo.
Arai R, Tsuda M, Watanabe T, Ose T, Obuse C, Maenaka K, Minami A, Ohba Y
European journal of cancer (Oxford, England : 1990) 48(15) 2417-2430 2012年10月
Tumor-infiltrating DCs suppress nucleic acid-mediated innate immune responses through interactions between the receptor TIM-3 and the alarmin HMGB1.
Chiba S, Baghdadi M, Akiba H, Yoshiyama H, Kinoshita I, Dosaka-Akita H, Fujioka Y, Ohba Y, Gorman JV, Colgan JD, Hirashima M, Uede T, Takaoka A, Yagita H, Jinushi M
Nature immunology 13(9) 832-842 2012年09月
[Visualization of intracellular signaling and its application to assessment of response to molecular target drugs].
Ohba Y, Tsuda M
Seikagaku. The Journal of Japanese Biochemical Society 84 359-365 2012年05月
DJ-1 associates with synaptic membranes.
Usami Y, Hatano T, Imai S, Kubo S, Sato S, Saiki S, Fujioka Y, Ohba Y, Sato F, Funayama M, Eguchi H, Shiba K, Ariga H, Shen J, Hattori N
Neurobiology of disease 43(3) 651-662 2011年09月
[Visualization of cellular signaling by fluorescent proteins].
Ohba Y, Tsuda M
Nihon yakurigaku zasshi. Folia pharmacologica Japonica 138(1) 13-17 2011年07月
RANKL expression specifically observed in vivo promotes epithelial mesenchymal transition and tumor progression.
Yamada T, Tsuda M, Takahashi T, Totsuka Y, Shindoh M, Ohba Y
The American journal of pathology 178 2845-2856 2011年06月
IRF3 regulates cardiac fibrosis but not hypertrophy in mice during angiotensin II-induced hypertension.
Tsushima K, Osawa T, Yanai H, Nakajima A, Takaoka A, Manabe I, Ohba Y, Imai Y, Taniguchi T, Nagai R
FASEB journal : official publication of the Federation of American Societies for Experimental Biology 25(5) 1531-1543 2011年05月
The Ras-PI3K signaling pathway is involved in clathrin-independent endocytosis and the internalization of influenza viruses.
Fujioka Y, Tsuda M, Hattori T, Sasaki J, Sasaki T, Miyazaki T, Ohba Y
PloS one 6 e16324 2011年01月
Induction of colonic regulatory T cells by indigenous Clostridium species.
Atarashi K, Tanoue T, Shima T, Imaoka A, Kuwahara T, Momose Y, Cheng G, Yamasaki S, Saito T, Ohba Y, Taniguchi T, Takeda K, Hori S, Ivanov II, Umesaki Y, Itoh K, Honda K
Science (New York, N.Y.) 331(6015) 337-341 2011年01月
ZAPS is a potent stimulator of RIG-I-mediated signaling for antiviral response
Nat. Immunol. 12(1) 37-44 2011年
DJ-1 associates with synaptic membranes
USAMI Yukiko, HATANO Taku, KUBO Shin‐ichiro, SATO Shigeto, SAIKI Shinji, FUNAYAMA Manabu, EGUCHI Hiroto, HATTORI Nobutaka, IMAI Satoshi, SATO Fumiaki, SHIBA Kaori, FUJIOKA Yoichiro, OHBA Yusuke, ARIGA Hiroyoshi, SHEN Jie
Neurobiol. Dis. 43(3) 651-662 2011年
Conversion of Helicobacter pylori CagA from senescence inducer to oncogenic driver through polarity-dependent regulation of p21.
Saito Y, Murata-Kamiya N, Hirayama T, Ohba Y, Hatakeyama M
The Journal of experimental medicine 207(10) 2157-2174 2010年09月
A novel FRET-based biosensor for the measurement of BCR-ABL activity and its response to drugs in living cells.
Mizutani T, Kondo T, Darmanin S, Tsuda M, Tanaka S, Tobiume M, Asaka M, Ohba Y
Clinical cancer research : an official journal of the American Association for Cancer Research 16(15) 3964-3975 2010年08月
A novel FRET-based biosensor for the measurement of BCR–ABL activity and its response to drugs in living cells
MIZUTANI Tatsuaki, KONDO Takeshi, DARMANIN Stephanie, TSUDA Masumi, TANAKA Shinya, TOBIUME Minoru, ASAKA Masahiro, OHBA Yusuke
Clin. Cancer Res. 16(15) 3964-3975 2010年
Conversion of Helicobacter pylori CagA from senescence inducer to oncogenic driver through polarity-dependent regulation of p21
SAITO Yasuhiro, SAITO Yasuhiro, MURATA‐KAMIYA Naoko, HIRAYAMA Toshiya, OHBA Yusuke, HATAKEYAMA Masanori
J. Exp. Med. 207(10) 2157-2174 2010年
Visualization of Ras-PI3K interaction in the endosome using BiFC.
Tsutsumi K, Fujioka Y, Tsuda M, Kawaguchi H, Ohba Y
Cellular signalling 21 1672-1679 2009年11月
Adaptor protein Crk induces Src-dependent activation of p38 MAPK in regulation of synovial sarcoma cell proliferation.
Watanabe T, Tsuda M, Tanaka S, Ohba Y, Kawaguchi H, Majima T, Sawa H, Minami A
Molecular cancer research : MCR 7(9) 1582-1592 2009年09月
Helicobacter pylori CagA causes mitotic impairment and induces chromosomal instability.
Umeda M, Murata-Kamiya N, Saito Y, Ohba Y, Takahashi M, Hatakeyama M
The Journal of biological chemistry 284(33) 22166-22172 2009年08月
Parkin stabilizes PINK1 through direct interaction.
Shiba K, Arai T, Sato S, Kubo S, Ohba Y, Mizuno Y, Hattori N
Biochemical and biophysical research communications 383(3) 331-335 2009年06月
Integral role of transcription factor 8 in the negative regulation of tumor angiogenesis.
Inuzuka T, Tsuda M, Tanaka S, Kawaguchi H, Higashi Y, Ohba Y
Cancer research 69(4) 1678-1684 2009年02月
Transcription factor 8 activates R-Ras to regulate angiogenesis.
Inuzuka T, Tsuda M, Kawaguchi H, Ohba Y
Biochemical and biophysical research communications 379(2) 510-513 2009年02月
Increased motility and invasiveness in tumor cells that survive 10 Gy irradiation.
Tsutsumi K, Tsuda M, Yazawa N, Nakamura H, Ishihara S, Haga H, Yasuda M, Yamazaki R, Shirato H, Kawaguchi H, Nishioka T, Ohba Y
Cell structure and function 34(2) 89-96 2009年
Integral role of transcription factor 8 in the negative regulation of tumor angiogenesis
INUZUKA Takayuki, TSUDA Masumi, TANAKA Shinya, KAWAGUCHI Hideaki, HIGASHI Yujiro, OHBA Yusuke
Cancer Res. 69(4) 1678-1684 2009年
Transcription factor 8 activates R-Ras to regulate angiogenesis.
INUZUKA Takayuki, TSUDA Masumi, KAWAGUCHI Hideaki, OHBA Yusuke
Biochem. Biophys. Res. Commun. 379(2) 510-513 2009年
Visualization of Ras-PI3K interaction in the endosome using BiFC
Cell. Signal. 21(11) 1672-1679 2009年
The adaptor protein Crk induces Src-dependent activation of p38 MAPK in regulation of synovial sarcoma cell proliferation
WATANABE Takuya, TSUDA Masumi, TANAKA Shinya, OHBA Yusuke, KAWAGUCHI Hideaki, MAJIMA Tokifumi, SAWA Hirofumi, MINAMI Akio
Mol. Cancer Res. 7(9) 1582-1592 2009年
Increased motility and invasiveness of tumor cells that survived 10 Gy irradiation
Cell Struct. Funct. 34(2) 89-96 2009年
Parkin stabilizes PINK1 through direct interaction
SHIBA Kahori, ARAI Takeo, SATO Shigeto, KUBO Shin−ichiro, OHBA Yusuke, MIZUNO Yoshikuni, HATTORI Nobutaka
Biochem. Biophys. Res. Commun. 383(3) 331-335 2009年
Helicobacter pylori CagA causes mitotic impairment and induces chromosomal instability
UMEDA Mayumi, MURATA‐KAMIYA Naoko, SAITO Yasuhiro, OHBA Yusuke, TAKAHASHI Masayuki, HATAKEYAMA Masanori, HATAKEYAMA Masanori
J. Biol. Chem. 284(33) 22166-22172 2009年
Clinicopathological significance of expression of p-c-Jun, TCF4 and beta-Catenin in colorectal tumors.
Takeda K, Kinoshita I, Shimizu Y, Ohba Y, Itoh T, Matsuno Y, Shichinohe T, Dosaka-Akita H
BMC cancer 8 328 2008年11月
PTHrP promotes malignancy of human oral cancer cell downstream of the EGFR signaling.
Yamada T, Tsuda M, Ohba Y, Kawaguchi H, Totsuka Y, Shindoh M
Biochemical and biophysical research communications 368(3) 575-581 2008年04月
Homeostatic erythropoiesis by the transcription factor IRF2 through attenuation of type I interferon signaling.
Mizutani T, Tsuji K, Ebihara Y, Taki S, Ohba Y, Taniguchi T, Honda K
Experimental hematology 36 255-264 2008年03月
PTHrP promotes malignancy of human oral cancer cell downstream of the EGFR signaling.
YAMADA Tamaki, YAMADA Tamaki, YAMADA Tamaki, TSUDA Masumi, OHBA Yusuke, KAWAGUCHI Hideaki, TOTSUKA Yasunori, SHINDOH Masanobu
Biochem. Biophys. Res. Commun. 368(3) 575-581 2008年
Homeostatic erythropoiesis by the transcription factor IRF2 through attenuation of type I interferon signaling.
Exp. Hematol. 36(3) 255-264 2008年
Clinicopathological significance of expression of p-c-Jun, TCF4 and β-Catenin in colorectal tumors.
BMC-Cancer 8 323 2008年
Spatiotemporal mobilization of Toll/IL-1 receptor domain-containing adaptor molecule-1 in response to dsRNA.
Funami K, Sasai M, Ohba Y, Oshiumi H, Seya T, Matsumoto M
Journal of immunology (Baltimore, Md. : 1950) 179 6867-6872 2007年11月
Oligodendrocyte lineage transcription factor 2 inhibits the motility of a human glial tumor cell line by activating RhoA.
Tabu K, Ohba Y, Suzuki T, Makino Y, Kimura T, Ohnishi A, Sakai M, Watanabe T, Tanaka S, Sawa H
Molecular cancer research : MCR 5(10) 1099-1109 2007年10月
Location of a possible miRNA processing site in SmD3/SmB nuclear bodies in Arabidopsis.
Fujioka Y, Utsumi M, Ohba Y, Watanabe Y
Plant & cell physiology 48(9) 1243-1253 2007年09月
DAI (DLM-1/ZBP1) is a cytosolic DNA sensor and an activator of innate immune response.
Takaoka A, Wang Z, Choi MK, Yanai H, Negishi H, Ban T, Lu Y, Miyagishi M, Kodama T, Honda K, Ohba Y, Taniguchi T
Nature 448(7152) 501-505 2007年07月
Differential Ras activation between caveolae/raft and non-raft microdomains.
Fukano T, Sawano A, Ohba Y, Matsuda M, Miyawaki A
Cell structure and function 32(1) 9-15 2007年
Spatiotemporal Mobilization of Toll/IL-1 Receptor Domain-Containing Adaptor Molecule-1 in Response to dsRNA.
J. Immunol. 179(10) 6867-6872 2007年
Location of possible miRNA processing site in SmD3/SmB nuclear bodies in Arabidopsis
Plant Cell Physiol.  in press 2007年
OLIG2 inhibits the motility of a human glial tumor cell line by activating RhoA
Mol. Cancer Res.  in press 2007年
Differential Ras activation between caveolae/raft and non-raft microdomains
Cell Struct. Funct. 32(1) 9-15 2007年
DAI (DLM1/ZBP1) is a cytosolic DNA sensor and an activator of innate immune response
TAKAOKA Akinori, TAKAOKA Akinori, WANG ZhiChao, CHOI Myoung Kwon, YANAI Hideyuki, NEGISHI Hideo, BAN Tatsuma, LU Yan, MIYAGISHI Makoto, KODAMA Tatsuhiko, HONDA Kenya, OHBA Yusuke, TANIGUCHI Tadatsugu
Nature 448(7152) 501-505 2007年
Differential contribution of Puma and Noxa in dual regulation of p53-mediated apoptotic pathways.
Shibue T, Suzuki S, Okamoto H, Yoshida H, Ohba Y, Takaoka A, Taniguchi T
The EMBO journal 25(20) 4952-4962 2006年10月
Evidence for licensing of IFN-gamma-induced IFN regulatory factor 1 transcription factor by MyD88 in Toll-like receptor-dependent gene induction program.
Negishi H, Fujita Y, Yanai H, Sakaguchi S, Ouyang X, Shinohara M, Takayanagi H, Ohba Y, Taniguchi T, Honda K
Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America 103(41) 15136-15141 2006年10月
Differential contribution of Puma and Noxa in dual regulation of p53-mediated apoptotic pathways
SHIBUE Tsukasa, SUZUKI Saori, OKAMOTO Hideaki, YOSHIDA Hiroki, OHBA Yusuke, TAKAOKA Akinori, TANIGUCHI Tadatsugu
EMBO J. 25(20) 4952-4962 2006年
Evidence for licensing of IFN-g-induced IFN regulatory factor 1 transcription factor by MyD88 in Toll-like receptor-dependent gene induction program
NEGISHI Hideo, FUJITA Yasuyuki, YANAI Hideyuki, SAKAGUCHI Shinya, OUYANG Xinshou, SHINOHARA Masahiro, TAKAYANAGI Hiroshi, OHBA Yusuke, TANIGUCHI Tadatsugu, HONDA Kenya
Proc. Natl. Acad. Sci. U.S.A. 103(41) 15136-15141 2006年
Negative regulation of Toll-like-receptor signaling by IRF-4.
Negishi H, Ohba Y, Yanai H, Takaoka A, Honma K, Yui K, Matsuyama T, Taniguchi T, Honda K
Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America 102(44) 15989-15994 2005年11月
Spatiotemporal regulation of MyD88-IRF-7 signalling for robust type-I interferon induction.
Honda K, Ohba Y, Yanai H, Negishi H, Mizutani T, Takaoka A, Taya C, Taniguchi T
Nature 434(7036) 1035-1040 2005年04月
IRF-7 is the master regulator of type-I interferon-dependent immune responses.
Honda K, Yanai H, Negishi H, Asagiri M, Sato M, Mizutani T, Shimada N, Ohba Y, Takaoka A, Yoshida N, Taniguchi T
Nature 434(7034) 772-777 2005年04月
Integral role of IRF-5 in the gene induction programme activated by Toll-like receptors.
Takaoka A, Yanai H, Kondo S, Duncan G, Negishi H, Mizutani T, Kano S, Honda K, Ohba Y, Mak TW, Taniguchi T
Nature 434(7030) 243-249 2005年03月
Negative regulation of Toll-like receptor signaling by IRF-4.
NEGISHI Hideo, OHBA Yusuke, YANAI Hideyuki, TAKAOKA Akinori, HONMA Kiri, YUI Katsuyuki, MATSUYAMA Toshifumi, TANIGUCHI Tadatsugu, HONDA Kenya
Natl. Acad. Sci. U.S.A. 102(44) 15989-15994 2005年
Spatiotemporal regulation of MyD88-IRF-7 signalling pathway for robust type-I interferon induction.
HONDA Kenya, OHBA Yusuke, YANAI Hideyuki, NEGISHI Hideo, MIZUTANI Tatsuaki, TAKAOKA Akinori, TAYA Choji, TANIGUCHI Tadatsugu
Nature 434(7036) 1035-1040 2005年
IRF-7 is the master regulator of type-1 interferon-dependent immune responses.
HONDA Kenya, YANAI Hideyuki, NEGISHI Hideo, ASAGIRI Masataka, SATO Mitsuharu, MIZUTANI Tatsuaki, SHIMADA Naoya, OHBA Yusuke, TAKAOKA Akinori
Nature 434(7034) 772-777 2005年
Integral role of IRF-5 in the gene induction programme activated by Toll-like receptors
TAKAOKA A, YANAI H, KONDO S, DUNCAN G, NEGISHI H, MIZUTANI T, KANO S, HONDA K, MAK T W
Nature 434(7030) 243-249 2005年
Role of a transductional-transcriptional processor complex involving MyD88 and IRF-7 in Toll-like receptor signaling.
Honda K, Yanai H, Mizutani T, Negishi H, Shimada N, Suzuki N, Ohba Y, Takaoka A, Yeh WC, Taniguchi T
Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America 101(43) 15416-15421 2004年10月
Cell type-specific regulation of RhoA activity during cytokinesis.
Yoshizaki H, Ohba Y, Parrini MC, Dulyaninova NG, Bresnick AR, Mochizuki N, Matsuda M
The Journal of biological chemistry 279(43) 44756-44762 2004年10月
STAT3 noncell-autonomously controls planar cell polarity during zebrafish convergence and extension.
Miyagi C, Yamashita S, Ohba Y, Yoshizaki H, Matsuda M, Hirano T
The Journal of cell biology 166(7) 975-981 2004年09月
RalA activation at nascent lamellipodia of epidermal growth factor-stimulated Cos7 cells and migrating Madin-Darby canine kidney cells.
Takaya A, Ohba Y, Kurokawa K, Matsuda M
Molecular biology of the cell 15 2549-2557 2004年06月
[Visualization of signal transduction of Ras].
Ohba Y, Matsuda M
Seikagaku. The Journal of Japanese Biochemical Society 76 16-28 2004年01月
Co-activation of Rac1 and Cdc42 at Lamellipodia and Membrane Ruffles Induced by Epidermal Growth Factor
Mol. Biol. Cell 15(3) 1003-1010 2004年
RalA Activation at Nascent Lamellipodia of EGF-stimulated Cos7 cells and Migrating MDCK Cells.
Mol. Biol. Cell 15(6) 2549-2557 2004年
Cell Type-specific Regulation of RhoA Activity during Cytokinesis.
YOSHIZAKI H, OHBA Y, PARRINI M‐C, DULYANINOVA N G, BRESNICK A R, MOCHIZUKI N, MATSUDA M
J. Biol. Chem. 279(43) 44756-44762 2004年
STAT3 noncell-autonomously controls planar cell polarity during zebrafish convergence and extension.
MIYAGI C, YAMASHITA S, OHBA Y, YOSHIZAKI H, MATSUDA M, HIRANO T
J. Cell Biol. 166(7) 975-981 2004年
Role of a transductional-transcriptional processor complex involving MyD88 and IRF-7 in Toll-like receptor signaling.
HONDA K, YANAI H, MIZUTANI T, NEGISHI H, SHIMADA N, SUZUKI N, OHBA Y, TAKAOKA A, YEH W‐C
Proc. Natl. Acad. Sci. U.S.A. 101(43) 15416-15421 2004年
Activity of Rho-family GTPases during cell division as visualized with FRET-based probes.
Yoshizaki H, Ohba Y, Kurokawa K, Itoh RE, Nakamura T, Mochizuki N, Nagashima K, Matsuda M
The Journal of cell biology 162(2) 223-232 2003年07月
Mechanism of the spatio-temporal regulation of Ras and Rap1.
Ohba Y, Kurokawa K, Matsuda M
The EMBO journal 22(4) 859-869 2003年02月
Mechanism of the spatio-temporal regulation of Ras and Rap1
OHBA Y, KUROKAWA K, MATSUDA M
EMBO J. 22(4) 859-869 2003年
Activity of Rho-family GTPases during cell division as visualized with FRET-based probes
YOSHIZAKI H, OHBA Y, KUROKAWA K, ITOH R E, NAKAMURA T, MOCHIZUKI N, NAGASHIMA K, MATSUDA M
J. Cell Biol. 162(2) 223-232 2003年
Novel function of Chat in controlling cell adhesion via Cas-Crk-C3G-pathway-mediated Rap1 activation.
Sakakibara A, Ohba Y, Kurokawa K, Matsuda M, Hattori S
Journal of cell science 115(24) 4915-4924 2002年12月
Activation of rac and cdc42 video imaged by fluorescent resonance energy transfer-based single-molecule probes in the membrane of living cells.
Itoh RE, Kurokawa K, Ohba Y, Yoshizaki H, Mochizuki N, Matsuda M
Molecular and cellular biology 22(18) 6582-6591 2002年09月
Activation of rac and cdc42 video imaged by fluorescent resonance energy transfer-based single-molecule probes in the membrane of living cells
ITOH R E, KUROKAWA K, OHBA Y, YOSHIZAKI H, MOCHIZUKI N, MATSUDA M
Mol. Cell. Biol. 22(18) 6582-6591 2002年
Novel function of Chat in controlling cell adhesion via Cas-Crk-C3G- pathway-mediated Rap1 activation
SAKAKIBARA A, OHBA Y, KUROKAWA K, MATSUDA M, HATTORI S
J. Cell Sci. 115(24) 4915-4924 2002年
Spatio-temporal images of growth-factor-induced activation of Ras and Rap1
MOCHIZUKI N, YAMASHITA S, KUROKAWA K, OHBA Y, NAGAI T, MIYAWAKI A, MATSUDA M
Nature 411(6841) 1065-1068 2001年
Requirement for C3G-dependent Rap1 activation for cell adhesion and embryogenesis
OHBA Y, IKUTA K, OGURA A, MOCHIZUKI N, NAGASHIMA K, MAYER B J, MAKI K, MIYAZAKI J, MATSUDA M
EMBO J. 20(13) 3333-3341 2001年
Regulatory proteins of R-Ras, TC21/R-Ras2, and M-Ras/R-Ras3
OHBA Y, MOCHIZUKI N, YAMASHITA S, CHAN A M, SCHRADER J W, HATTORI S, NAGASHIMA K, MATSUDA M
J. Biol. Chem. 275(26) 20020-20026 2000年
A pair of fluorescent resonance energy transfer-based probes for tyrosine phosphorylation of the CrkII adaptor protein in vivo.
J. Biol. Chem. 276(33) 6074-6083 2000年
Rap2 as a slowly responding molecular switch in the rap1 signaling cascade
OHBA Y, MOCHIZUKI N, MATSUO K, YAMASHITA S, HASHIMOTO Y, HAMAGUCHI M, KURATA T, NAGASHIMA K, MATSUDA M
Mol. Cell. Biol. 20(16) 6074-6083 2000年
CalDAG-GEFIII Activation of Ras, R-Ras and Rap1
YAMASHITA S, MOCHIZUKI N, OHBA Y, TOBIUME M, OKADA Y, SAWA H, NAGASHIMA K, MATSUDA M
J. Biol. Chem. 275(33) 25488-25493 2000年
Crk Activation of JNK via C3G and R-Ras
MOCHIZUKI N, OHBA Y, KOBAYASHI S, OTSUKA N, GRAYBIEL A M, TANAKA S, MATSUDA M
J. Biol. Chem. 275(17) 12667-12671 2000年
Eosinophilic inclusions in ependymoma represent microlumina: a light and electron microscopic study
Acta Neuropathol. 99(2) 214-218 2000年
Melanotic peritoneal sarcomatosis originating from clear cell sarcoma
OHBA Y, SUZUKI H, HIRAGA H, ITO T, SAWA H, NAGAI M, SATOH S, IWAKI H, NAGASHIMA K
Pathol. Int. 49(7) 653-657 2000年
Activation of the ERK/MAPK pathway by an isoform of rap1GAP associated with Gαi
MOCHIZUKI N, OHBA Y, KIYOKAWA E, KURATA T, MURAKAMI T, OZAKI T, KITABATAKE A, NAGASHIMA K, MATSUDA M
Nature 400(6747) 891-894 1999年

書籍

Oral Cancer
IN TECH 2012年
Bio Science 新用語ライブラリー免疫
羊土社 2000年
書籍を全て表示する
書籍閉じる
Oral Cancer
IN TECH 2012年
Bio Science 新用語ライブラリー免疫
羊土社 2000年

特許

BCR−ABLチロシンキナーゼ活性測定用試薬
大場 雄介, 近藤 健
特願2008-135973 2008年05月23日
インターフェロン−α及び/又はβ(IFN−α/β)の発現誘導を促進する補助剤のスクリーニングする方法
谷口 維紹, 本田 賢也, 大場 雄介
特願2005-101706 2005年03月31日
BCR-ABLチロシンキナーゼ活性測定試薬
ANTI-ANGIOGENIC AGENT
METHOD FOR SCREENING OF SUBSTANCE CAPABLE OF PREVENTING VIRUS INFECTION, AND AGENT FOR PREVENTING VIRUS INFECTION
AGENT FOR INHIBITING VIRAL INFECTION AND/OR TREATING INFECTIOUS DISEASE, AND METHOD FOR INHIBITING VIRAL INFECTION AND/OR TREATING INFECTIOUS DISEASE
特許を全て表示する
特許閉じる
BCR−ABLチロシンキナーゼ活性測定用試薬
大場 雄介, 近藤 健
特願2008-135973 2008年05月23日
インターフェロン−α及び/又はβ(IFN−α/β)の発現誘導を促進する補助剤のスクリーニングする方法
谷口 維紹, 本田 賢也, 大場 雄介
特願2005-101706 2005年03月31日
BCR-ABLチロシンキナーゼ活性測定試薬
ANTI-ANGIOGENIC AGENT
METHOD FOR SCREENING OF SUBSTANCE CAPABLE OF PREVENTING VIRUS INFECTION, AND AGENT FOR PREVENTING VIRUS INFECTION
AGENT FOR INHIBITING VIRAL INFECTION AND/OR TREATING INFECTIOUS DISEASE, AND METHOD FOR INHIBITING VIRAL INFECTION AND/OR TREATING INFECTIOUS DISEASE

受賞

2013年06月
ドイツ 科学・イノベーション フォーラム 東京・在日ドイツ商工会議所 ドイツ・イノベーション・アワード 「ゴットフリード・ワグネル賞 2013」 RETバイオセンサーによるCML分子標的薬治療効果予測法 
受賞を全て表示する
受賞閉じる
2013年06月
ドイツ 科学・イノベーション フォーラム 東京・在日ドイツ商工会議所 ドイツ・イノベーション・アワード 「ゴットフリード・ワグネル賞 2013」 RETバイオセンサーによるCML分子標的薬治療効果予測法 

競争的資金等の研究課題

宿主細胞内シグナル伝達に着目したウイル感染対策基盤
文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間 : 2011年 - 2012年 代表者 : 大場 雄介
微小環境の定量解析に資する培養・イメージングシステムの構築
文部科学省:科学研究費補助金(新学術領域研究(研究領域提案型))
研究期間 : 2011年 - 2012年 代表者 : 大場 雄介
分子標的薬による次世代テーラーメードがん治療の実現にむけた基盤技術
文部科学省:科学研究費補助金(挑戦的萌芽研究)
研究期間 : 2011年 - 2011年 代表者 : 大場 雄介
癌細胞の微小環境適応因子の探索
文部科学省:科学研究費補助金(挑戦的萌芽研究)
研究期間 : 2009年 - 2010年 代表者 : 大場 雄介
バイオイメージングによる上皮間葉・間葉上皮移行の分子基盤とダイナミクスの解明
文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間 : 2008年 - 2010年 代表者 : 大場 雄介
3分子複合体を生きた細胞で検出する技術の確立
文部科学省:科学研究費補助金(萌芽研究)
研究期間 : 2007年 - 2008年 代表者 : 大場 雄介
受容体サブタイプのモーダルシフトによるアンギオテンシン感受性調節機構の解明
文部科学省:科学研究費補助金(特定領域研究)
研究期間 : 2007年 - 2008年 代表者 : 大場 雄介
多次元バイオイメージングで解明するがんと免疫の時空間シグナルネットワーク
文部科学省:科学研究費補助金(若手研究(A))
研究期間 : 2005年 - 2007年 代表者 : 大場 雄介
Rasファミリー蛋白質Ralの活生化を生きた細胞内で観察し、その機能を解明する
文部科学省:科学研究費補助金(若手研究(B))
研究期間 : 2002年 - 2003年 代表者 : 大場 雄介
蛍光バイオイメージングを用いた細胞内情報伝達の時空間制御機構の解明
:科学研究費補助金
研究期間 : 2006年
競争的資金等の研究課題を全て表示する
競争的資金等の研究課題閉じる
宿主細胞内シグナル伝達に着目したウイル感染対策基盤
文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間 : 2011年 - 2012年 代表者 : 大場 雄介
微小環境の定量解析に資する培養・イメージングシステムの構築
文部科学省:科学研究費補助金(新学術領域研究(研究領域提案型))
研究期間 : 2011年 - 2012年 代表者 : 大場 雄介
分子標的薬による次世代テーラーメードがん治療の実現にむけた基盤技術
文部科学省:科学研究費補助金(挑戦的萌芽研究)
研究期間 : 2011年 - 2011年 代表者 : 大場 雄介
癌細胞の微小環境適応因子の探索
文部科学省:科学研究費補助金(挑戦的萌芽研究)
研究期間 : 2009年 - 2010年 代表者 : 大場 雄介
バイオイメージングによる上皮間葉・間葉上皮移行の分子基盤とダイナミクスの解明
文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間 : 2008年 - 2010年 代表者 : 大場 雄介
3分子複合体を生きた細胞で検出する技術の確立
文部科学省:科学研究費補助金(萌芽研究)
研究期間 : 2007年 - 2008年 代表者 : 大場 雄介
受容体サブタイプのモーダルシフトによるアンギオテンシン感受性調節機構の解明
文部科学省:科学研究費補助金(特定領域研究)
研究期間 : 2007年 - 2008年 代表者 : 大場 雄介
多次元バイオイメージングで解明するがんと免疫の時空間シグナルネットワーク
文部科学省:科学研究費補助金(若手研究(A))
研究期間 : 2005年 - 2007年 代表者 : 大場 雄介
Rasファミリー蛋白質Ralの活生化を生きた細胞内で観察し、その機能を解明する
文部科学省:科学研究費補助金(若手研究(B))
研究期間 : 2002年 - 2003年 代表者 : 大場 雄介
蛍光バイオイメージングを用いた細胞内情報伝達の時空間制御機構の解明
:科学研究費補助金
研究期間 : 2006年
腫瘍細胞ー微小環境相互作用の時空間ダイナミクス
:科学研究費補助金
研究期間 : 2008年
蛍光イメージング技術の臨床応用
:共同研究
研究期間 : 2010年

教育活動

主要な担当授業

医学総論
開講年度 : 2015年
課程区分 : 博士後期課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : 手術治療、腫瘍外科、生体侵襲
医学総論
開講年度 : 2015年
課程区分 : 博士後期課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : シグナル伝達、細胞生理、バイオイメージング、蛍光signal transduction, cell function, bioimaging, fluorescence
基本医学研究Ⅰ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : シグナル伝達、細胞機能、バイオイメージング、蛍光signal transduction, cell function, bioimaging, fluorescence
基本医学研究Ⅱ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : シグナル伝達、細胞機能、バイオイメージング、蛍光signal transduction, cell function, bioimaging, fluorescence
基本医学総論
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : シグナル伝達、細胞生理、バイオイメージング、蛍光signal transduction, cell function, bioimaging, fluorescence
基盤医学研究Ⅰ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 博士後期課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : シグナル伝達、細胞機能、バイオイメージング、蛍光signal transduction, cell function, bioimaging, fluorescence
基盤医学研究Ⅱ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 博士後期課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : シグナル伝達、細胞機能、バイオイメージング、蛍光signal transduction, cell function, bioimaging, fluorescence
専門医学研究Ⅰ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : シグナル伝達、細胞機能、バイオイメージング、蛍光signal transduction, cell function, bioimaging, fluorescence
専門医学研究Ⅱ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : シグナル伝達、細胞機能、バイオイメージング、蛍光signal transduction, cell function, bioimaging, fluorescence
専門基礎医学Ⅲ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 医学研究科
最新年度を全て表示する
主要な担当授業閉じる
医学総論
開講年度 : 2015年
課程区分 : 博士後期課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : 手術治療、腫瘍外科、生体侵襲
医学総論
開講年度 : 2015年
課程区分 : 博士後期課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : シグナル伝達、細胞生理、バイオイメージング、蛍光signal transduction, cell function, bioimaging, fluorescence
基本医学研究Ⅰ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : シグナル伝達、細胞機能、バイオイメージング、蛍光signal transduction, cell function, bioimaging, fluorescence
基本医学研究Ⅱ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : シグナル伝達、細胞機能、バイオイメージング、蛍光signal transduction, cell function, bioimaging, fluorescence
基本医学総論
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : シグナル伝達、細胞生理、バイオイメージング、蛍光signal transduction, cell function, bioimaging, fluorescence
基盤医学研究Ⅰ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 博士後期課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : シグナル伝達、細胞機能、バイオイメージング、蛍光signal transduction, cell function, bioimaging, fluorescence
基盤医学研究Ⅱ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 博士後期課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : シグナル伝達、細胞機能、バイオイメージング、蛍光signal transduction, cell function, bioimaging, fluorescence
専門医学研究Ⅰ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : シグナル伝達、細胞機能、バイオイメージング、蛍光signal transduction, cell function, bioimaging, fluorescence
専門医学研究Ⅱ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : シグナル伝達、細胞機能、バイオイメージング、蛍光signal transduction, cell function, bioimaging, fluorescence
専門基礎医学Ⅲ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 医学研究科
専門基礎医学Ⅲ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : 呼吸、循環、血液、体液・電解質調節、腎機能、内分泌、環境、代謝・消化吸収
生体情報制御学特論
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 生命科学院
キーワード : 情報伝達、神経精神疾患、消化管疾患
生理学Ⅰ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 学士課程
開講学部 : 医学部
キーワード : 呼吸、循環、血液、体液・電解質調節、腎機能、内分泌、環境、代謝・消化吸収
生理学Ⅰ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 学士課程
開講学部 : 医学部
生理学Ⅰ(内分泌,消化,血液)
開講年度 : 2015年
課程区分 : 学士課程
開講学部 : 医学部
生理学Ⅱ(呼吸・循環,腎臓,体液)
開講年度 : 2015年
課程区分 : 学士課程
開講学部 : 医学部
生理学実習
開講年度 : 2015年
課程区分 : 学士課程
開講学部 : 医学部
キーワード : 循環、血液、呼吸、筋電図、心電図、脳波
生理学実習
開講年度 : 2015年
課程区分 : 学士課程
開講学部 : 医学部
研究発表技法Ⅰ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 医学研究科
研究発表技法Ⅰ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 博士後期課程
開講学部 : 医学研究科
研究発表技法Ⅱ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 医学研究科
研究発表技法Ⅱ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 博士後期課程
開講学部 : 医学研究科
統合・病態演習
開講年度 : 2015年
課程区分 : 学士課程
開講学部 : 医学部
蛍光イメージング入門
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 大学院共通科目
キーワード : 蛍光バイオイメージング、蛍光顕微鏡、画像解析
前年度を全て表示する
主要な担当授業閉じる
医学総論
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 博士後期課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : シグナル伝達、細胞生理、バイオイメージング、蛍光signal transduction, cell function, bioimaging, fluorescence
医学総論
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 博士後期課程
科目学部名 : 医学研究科
基本医学研究Ⅰ
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : シグナル伝達、細胞機能、バイオイメージング、蛍光signal transduction, cell function, bioimaging, fluorescence
基本医学研究Ⅱ
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : シグナル伝達、細胞機能、バイオイメージング、蛍光signal transduction, cell function, bioimaging, fluorescence
基本医学総論
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : シグナル伝達、細胞生理、バイオイメージング、蛍光signal transduction, cell function, bioimaging, fluorescence
基盤医学研究Ⅰ
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 博士後期課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : シグナル伝達、細胞機能、バイオイメージング、蛍光signal transduction, cell function, bioimaging, fluorescence
基盤医学研究Ⅱ
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 博士後期課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : シグナル伝達、細胞機能、バイオイメージング、蛍光signal transduction, cell function, bioimaging, fluorescence
専門医学研究Ⅰ
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : シグナル伝達、細胞機能、バイオイメージング、蛍光signal transduction, cell function, bioimaging, fluorescence
専門医学研究Ⅱ
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : シグナル伝達、細胞機能、バイオイメージング、蛍光signal transduction, cell function, bioimaging, fluorescence
専門基礎医学Ⅲ
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : 呼吸、循環、血液、体液・電解質調節、腎機能、内分泌、環境、代謝・消化吸収
専門基礎医学Ⅲ
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : 循環、血液、呼吸、筋電図、心電図、脳波
生理学Ⅰ
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 学士課程
科目学部名 : 医学部
キーワード : 呼吸、循環、血液、体液・電解質調節、腎機能、内分泌、環境、代謝・消化吸収
生理学Ⅰ(内分泌,消化,血液)
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 学士課程
科目学部名 : 医学部
生理学Ⅱ(呼吸・循環,腎臓,体液)
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 学士課程
科目学部名 : 医学部
生理学実習
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 学士課程
科目学部名 : 医学部
キーワード : 循環、血液、呼吸、筋電図、心電図、脳波
研究発表技法Ⅰ
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 医学研究科
研究発表技法Ⅰ
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 博士後期課程
科目学部名 : 医学研究科
研究発表技法Ⅱ
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 医学研究科
研究発表技法Ⅱ
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 博士後期課程
科目学部名 : 医学研究科
統合・病態演習
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 学士課程
科目学部名 : 医学部
前々年度を全て表示する
主要な担当授業閉じる
医学総論
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 博士後期課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : シグナル伝達、細胞生理、バイオイメージング、蛍光
医学総論
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 博士後期課程
科目学部名 : 医学研究科
基本医学研究Ⅰ
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : シグナル伝達、細胞機能、バイオイメージング、蛍光
基本医学研究Ⅱ
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : シグナル伝達、細胞機能、バイオイメージング、蛍光
基本医学総論
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : シグナル伝達、細胞生理、バイオイメージング、蛍光
基盤医学研究Ⅰ
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 博士後期課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : シグナル伝達、細胞機能、バイオイメージング、蛍光
基盤医学研究Ⅱ
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 博士後期課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : シグナル伝達、細胞機能、バイオイメージング、蛍光
専門医学研究Ⅰ
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : シグナル伝達、細胞機能、バイオイメージング、蛍光
専門医学研究Ⅱ
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : シグナル伝達、細胞機能、バイオイメージング、蛍光
専門基礎医学Ⅲ
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : 呼吸、循環、血液、体液・電解質調節、腎機能、内分泌、環境、代謝・消化吸収
専門基礎医学Ⅲ
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : 循環、血液、呼吸、筋電図、心電図、脳波
生理学Ⅰ
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 学士課程
科目学部名 : 医学部
キーワード : 呼吸、循環、血液、体液・電解質調節、腎機能、内分泌、環境、代謝・消化吸収
生理学Ⅰ(内分泌,消化,血液)
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 学士課程
科目学部名 : 医学部
生理学Ⅱ(呼吸・循環,腎臓,体液)
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 学士課程
科目学部名 : 医学部
生理学実習
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 学士課程
科目学部名 : 医学部
キーワード : 循環、血液、呼吸、筋電図、心電図、脳波
研究発表技法Ⅰ
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 医学研究科
研究発表技法Ⅰ
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 博士後期課程
科目学部名 : 医学研究科
研究発表技法Ⅱ
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 医学研究科
研究発表技法Ⅱ
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 博士後期課程
科目学部名 : 医学研究科
統合・病態演習
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 学士課程
科目学部名 : 医学部

大学運営

学内役職歴

2017年04月
-
2017年10月
研究戦略室室員
2017年04月
-
2017年10月
総長補佐
学内役職歴を全て表示する
学内役職歴閉じる
2017年04月
-
2017年10月
研究戦略室室員
2017年04月
-
2017年10月
総長補佐

ページトップへ