古川 洋志フルカワ ヒロシresearchmap個人ページ

更新日 : 2017/09/19

基本情報

プロフィール

所属部署名
医学研究院  
北海道大学病院
職名准教授 
学位
医学博士(北海道大学)
メールアドレス
ホームページURLhttp://kaken.nii.ac.jp/d/r/00399924.ja.html
科研費研究者番号

研究キーワード

悪性黒色腫, 皮膚癌, リンパ管内皮細胞, リンパ節, anglogenesis, 癌転移, 悪性黒色種, イメージング, 不死化, vascular network, 再生医学, granulation tissue, wound, endothelial progenitor cell, リンパ行性転移, tissue engineering, リンパ管マーカー, peicyte progenitor, LEC, ヒアルロン酸, ドラッグデリバリーシステム, 神経端側縫合, 神経二重支配, ケロイド, 転移, 顔面神経麻痺, ケロイド線維芽細胞, Prostaglandin E2 (PGE2), PKA, 免疫細胞

研究分野

外科系臨床医学 / 形成外科学
研究分野を全て表示する
研究分野閉じる
外科系臨床医学 / 形成外科学

職歴

2014年12月
-
現在
北海道大学病院(診療教授)
2014年10月
-
現在
北海道大学 大学院医学研究科(准教授)
2010年06月
-
2014年11月
北海道大学病院(診療准教授)
2008年07月
-
2014年09月
北海道大学 大学院医学研究科(講師)
2007年04月
-
2008年06月
北海道大学 大学院医学研究科(助教)
2006年04月
-
2007年03月
北海道大学 大学院医学研究科(助手)
2003年05月
-
2004年10月
米国テキサス大学 M.D. Andersonがんセンター (Post doctoral fellow)
職歴を全て表示する
職歴閉じる
2014年12月
-
現在
北海道大学病院(診療教授)
2014年10月
-
現在
北海道大学 大学院医学研究科(准教授)
2010年06月
-
2014年11月
北海道大学病院(診療准教授)
2008年07月
-
2014年09月
北海道大学 大学院医学研究科(講師)
2007年04月
-
2008年06月
北海道大学 大学院医学研究科(助教)
2006年04月
-
2007年03月
北海道大学 大学院医学研究科(助手)
2003年05月
-
2004年10月
米国テキサス大学 M.D. Andersonがんセンター (Post doctoral fellow)

研究活動

論文

Successful conservative management of a large congenital scalp and skull defect.
Maeda T, Oyama A, Funayama E, Furukawa H, Cho K, Yamamoto Y
The Journal of craniofacial surgery 26(3) e275-7 2015年05月
Dynamic change of myogenin in denervated rat mimetic muscle.
Warabi T, Furukawa H, Shichinohe R, Hayashi T, Yamamoto Y
Facial plastic surgery : FPS 31(2) 152-159 2015年04月
Prevention of Lymphedematous Change in the Mouse Hindlimb by Nonvascularized Lymph Node Transplantation.
Shioya R, Furukawa H, Murao N, Hayashi T, Oyama A, Funayama E, Yamamoto Y, Saito N
Annals of plastic surgery 2015年02月
Surgical management of extensive peristomal pyoderma gangrenosum associated with colon cancer.
Ishikawa K, Minamimoto T, Mizuki T, Furukawa H
Journal of wound, ostomy, and continence nursing : official publication of The Wound, Ostomy and Continence Nurses Society / WOCN 42(1) 102-105 2015年01月
Important points for primary cleft palate repair for speech derived from speech outcome after three different types of palatoplasty.
Funayama E, Yamamoto Y, Nishizawa N, Mikoya T, Okamoto T, Imai S, Murao N, Furukawa H, Hayashi T, Oyama A
International journal of pediatric otorhinolaryngology 78(12) 2127-2131 2014年12月
Combination of Tessier clefts 3 and 4: case report of a rare anomaly with 12 years' follow-up.
Maeda T, Oyama A, Okamoto T, Funayama E, Furukawa H, Hayashi T, Murao N, Sato Y, Yamamoto Y
Journal of cranio-maxillo-facial surgery : official publication of the European Association for Cranio-Maxillo-Facial Surgery 42(8) 1985-1989 2014年12月
Early and long-term morbidity after minimally invasive total laryngo-pharyngo-esophagectomy with gastric pull-up reconstruction via thoracoscopy, laparoscopy and cervical incision.
Homma A, Nakamaru Y, Hatakeyama H, Mizumachi T, Kano S, Furusawa J, Sakashita T, Shichinohe T, Ebihara Y, Hirano S, Furukawa H, Hayashi T, Yamamoto Y, Fukuda S
European archives of oto-rhino-laryngology : official journal of the European Federation of Oto-Rhino-Laryngological Societies (EUFOS) : affiliated with the German Society for Oto-Rhino-Laryngology - Head and Neck Surgery 2014年12月
Effectiveness of intraoperative indocyanine-green fluorescence angiography during inguinal lymph node dissection for skin cancer to prevent postoperative wound dehiscence.
Furukawa H, Hayashi T, Oyama A, Funayama E, Murao N, Yamao T, Yamamoto Y
Surgery today 2014年07月
Treg-enriched CD4+ T cells attenuate collagen synthesis in keloid fibroblasts.
Murao N, Seino K, Hayashi T, Ikeda M, Funayama E, Furukawa H, Yamamoto Y, Oyama A
Experimental dermatology 23(4) 266-271 2014年04月
An analysis of cheek reconstruction after tumor excision in patients with melanoma.
Hayashi T, Furukawa H, Oyama A, Funayama E, Saito A, Yamamoto Y
The Journal of craniofacial surgery 25(2) e98-101 2014年
論文を全て表示する
論文閉じる
Successful conservative management of a large congenital scalp and skull defect.
Maeda T, Oyama A, Funayama E, Furukawa H, Cho K, Yamamoto Y
The Journal of craniofacial surgery 26(3) e275-7 2015年05月
Dynamic change of myogenin in denervated rat mimetic muscle.
Warabi T, Furukawa H, Shichinohe R, Hayashi T, Yamamoto Y
Facial plastic surgery : FPS 31(2) 152-159 2015年04月
Prevention of Lymphedematous Change in the Mouse Hindlimb by Nonvascularized Lymph Node Transplantation.
Shioya R, Furukawa H, Murao N, Hayashi T, Oyama A, Funayama E, Yamamoto Y, Saito N
Annals of plastic surgery 2015年02月
Surgical management of extensive peristomal pyoderma gangrenosum associated with colon cancer.
Ishikawa K, Minamimoto T, Mizuki T, Furukawa H
Journal of wound, ostomy, and continence nursing : official publication of The Wound, Ostomy and Continence Nurses Society / WOCN 42(1) 102-105 2015年01月
Important points for primary cleft palate repair for speech derived from speech outcome after three different types of palatoplasty.
Funayama E, Yamamoto Y, Nishizawa N, Mikoya T, Okamoto T, Imai S, Murao N, Furukawa H, Hayashi T, Oyama A
International journal of pediatric otorhinolaryngology 78(12) 2127-2131 2014年12月
Combination of Tessier clefts 3 and 4: case report of a rare anomaly with 12 years' follow-up.
Maeda T, Oyama A, Okamoto T, Funayama E, Furukawa H, Hayashi T, Murao N, Sato Y, Yamamoto Y
Journal of cranio-maxillo-facial surgery : official publication of the European Association for Cranio-Maxillo-Facial Surgery 42(8) 1985-1989 2014年12月
Early and long-term morbidity after minimally invasive total laryngo-pharyngo-esophagectomy with gastric pull-up reconstruction via thoracoscopy, laparoscopy and cervical incision.
Homma A, Nakamaru Y, Hatakeyama H, Mizumachi T, Kano S, Furusawa J, Sakashita T, Shichinohe T, Ebihara Y, Hirano S, Furukawa H, Hayashi T, Yamamoto Y, Fukuda S
European archives of oto-rhino-laryngology : official journal of the European Federation of Oto-Rhino-Laryngological Societies (EUFOS) : affiliated with the German Society for Oto-Rhino-Laryngology - Head and Neck Surgery 2014年12月
Effectiveness of intraoperative indocyanine-green fluorescence angiography during inguinal lymph node dissection for skin cancer to prevent postoperative wound dehiscence.
Furukawa H, Hayashi T, Oyama A, Funayama E, Murao N, Yamao T, Yamamoto Y
Surgery today 2014年07月
Treg-enriched CD4+ T cells attenuate collagen synthesis in keloid fibroblasts.
Murao N, Seino K, Hayashi T, Ikeda M, Funayama E, Furukawa H, Yamamoto Y, Oyama A
Experimental dermatology 23(4) 266-271 2014年04月
An analysis of cheek reconstruction after tumor excision in patients with melanoma.
Hayashi T, Furukawa H, Oyama A, Funayama E, Saito A, Yamamoto Y
The Journal of craniofacial surgery 25(2) e98-101 2014年
Incisional surgical site infection after elective open surgery for colorectal cancer.
Ishikawa K, Kusumi T, Hosokawa M, Nishida Y, Sumikawa S, Furukawa H
International journal of surgical oncology 2014 419712 2014年
Controlled release of granulocyte colony-stimulating factor enhances osteoconductive and biodegradable properties of Beta-tricalcium phosphate in a rat calvarial defect model.
Minagawa T, Tabata Y, Oyama A, Furukawa H, Yamao T, Yamamoto Y
International journal of biomaterials 2014 134521 2014年
Pathophysiological characteristics of melanoma in-transit metastasis in a lymphedema mouse model.
Oashi K, Furukawa H, Nishihara H, Ozaki M, Oyama A, Funayama E, Hayashi T, Kuge Y, Yamamoto Y
The Journal of investigative dermatology 133(2) 537-544 2013年02月
Preliminary Experience With Intraoperative Near-infrared Fluorescence Imaging in Percutaneous Sclerotherapy of Soft-Tissue Venous Malformations.
Ishikawa K, Sasaki S, Furukawa H, Nagao M, Iwasaki D, Saito N, Yamamoto Y
Dermatologic surgery : official publication for American Society for Dermatologic Surgery [et al.] 39(6) 907-912 2013年02月
A new aspect of metastasis in cutaneous cancer: two cases of presacral squamous cell carcinoma with metastases to internal iliac nodes.
Oashi K, Hayashi T, Furukawa H, Tsutsumida A, Kimura C, Oyamatsu H, Oyama A, Funayama E, Saito A, Yamamoto Y
Annals of plastic surgery 70(1) 79-81 2013年01月
Dominant lymph drainage in the upper extremity and upper trunk region: evaluation of lymph drainage in patients with skin melanomas.
Hayashi T, Furukawa H, Oyama A, Funayama E, Saito A, Yamamoto Y
International journal of clinical oncology 2012年12月
Minor-Form/Microform Cleft Lip Repair: The Importance of Identification and Utilization of Cupid Bow Peak on the Lateral Lip.
Oyama A, Funayama E, Furukawa H, Hayashi T, Saito A, Yamamoto Y
Annals of plastic surgery 2012年12月
A new model of acquired lymphedema in the mouse hind limb: a preliminary report.
Oashi K, Furukawa H, Oyama A, Funayama E, Hayashi T, Saito A, Yamamoto Y
Annals of plastic surgery 69(5) 565-568 2012年11月
早期診断が可能であった卵巣外腹膜漿液性乳頭腺癌の治療経験
前田拓, 櫻井圭祐, 古川洋志, 大芦孝平, 村中徹人, 高橋達郎
Skin Cancer 27(2) 152-157 2012年10月
Vascularised fat flaps lose 44% of their weight 24 weeks after transplantation.
Oashi K, Furukawa H, Akita S, Nakashima M, Matsuda K, Oyama A, Funayama E, Hayashi T, Hirano A, Yamamoto Y
Journal of plastic, reconstructive & aesthetic surgery : JPRAS 65(10) 1403-1409 2012年10月
眼窩内静脈奇形の2例―硬化療法の適応例と非適応例―
長尾宗朝, 古川洋志, 佐々木了, 坂本泰輔, 山本有平
日本形成外科学会会誌 32(8) 566-570 2012年08月
眼窩内静脈奇形の2例 : 硬化療法の適応例と非適応例
長尾 宗朝, 古川 洋志, 佐々木 了, 坂本 泰輔, 山本 有平
日形会誌 : 日本形成外科学会会誌 = Journal of Japan Society of Plastic and Reconstructive Surgery 32(8) 566-570 2012年08月
Dominant lymph drainage in the facial region: evaluation of lymph nodes of facial melanoma patients.
Hayashi T, Furukawa H, Oyama A, Funayama E, Saito A, Yamamoto Y
International journal of clinical oncology 17(4) 330-335 2012年08月
上肢の静脈奇形に対する硬化療法~治療効果を阻害する要因の検討~
長尾宗朝, 佐々木了, 古川洋志, 齋藤典子, 山本有平
日本形成外科学会会誌 32(7) 463-468 2012年07月
上肢の静脈奇形に対する硬化療法 : 治療効果を阻害する要因の検討
長尾 宗朝, 佐々木 了, 古川 洋志, 齋藤 典子, 山本 有平
日形会誌 : 日本形成外科学会会誌 = Journal of Japan Society of Plastic and Reconstructive Surgery 32(7) 463-468 2012年07月
A new uniform protocol of combined corticosteroid injections and ointment application reduces recurrence rates after surgical keloid/hypertrophic scar excision.
Hayashi T, Furukawa H, Oyama A, Funayama E, Saito A, Murao N, Yamamoto Y
Dermatologic surgery : official publication for American Society for Dermatologic Surgery [et al.] 38(6) 893-897 2012年06月
Direction of innervation after interpositional nerve graft between facial and hypoglossal nerves in individuals with or without facial palsy: a rat model for treating incomplete facial palsy.
Shichinohe R, Furukawa H, Sekido M, Saito A, Hayashi T, Funayama E, Oyama A, Yamamoto Y
Journal of plastic, reconstructive & aesthetic surgery : JPRAS 65(6) 763-770 2012年06月
当教室における顔面神経再建時の神経端側縫合術と,ラットを用いた表情筋の神経二重支配の検証
古川洋志, 七戸龍司, 蕨雄大, 林利彦, 山本有平
頭けい部癌 38(2) 198 2012年05月
cervicomalar flapの皮切デザインによるSLNB/頸部郭清術と再建:Oncoplastic Skin Surgery腫瘍切除と再建
林利彦, 古川洋志, 大芦孝平, 塩谷隆太, 池田正起, 村尾尚規, 山本有平
頭けい部癌 38(2) 155 2012年05月
Sentinel lymph node biopsy using real-time fluorescence navigation with indocyanine green in cutaneous head and neck/lip mucosa melanomas.
Hayashi T, Furukawa H, Oyama A, Funayama E, Saito A, Yamao T, Yamamoto Y
Head & neck 34(5) 758-761 2012年05月
Reconstruction of periorbital defects following malignant tumour excision: a report of 50 cases.
Saito A, Saito N, Furukawa H, Hayashi T, Oyama A, Funayama E, Minakawa H, Yamamoto Y
Journal of plastic, reconstructive & aesthetic surgery : JPRAS 65(5) 665-670 2012年05月
Effectiveness of muscle coverage to manage osteomyelitis of very late onset in the irradiated chest wall.
Funayama E, Minakawa H, Otani H, Oyama A, Furukawa H, Hayashi T, Saito N, Saito A, Yamamoto Y
Surgery today 42 306-311 2012年02月
静脈うっ滞性潰瘍から発生し下肢切断を要した有棘細胞癌の治療経験
山尾 健, 古川 洋志, 林 利彦, 小浦場 祥夫, 本田 耕一, 山本 有平
Skin Cancer 27(1) 64-66 2012年
Intraoperative color Doppler sonography in the elevation of anterolateral thigh flap.
Saito A, Furukawa H, Hayashi T, Oyama A, Funayama E, Yamamoto Y
Microsurgery 31 582-583 2011年10月
北海道大学における整容・美容外科診療-大学病院の果たす役割
舟山 恵美, 山本 有平, 小山 明彦, 古川 洋志, 林 利彦
日形会誌 : 日本形成外科学会会誌 = Journal of Japan Society of Plastic and Reconstructive Surgery 31(9) 619-627 2011年09月
Preliminary report of preoperative assessment of anterolateral thigh flap perforators using real-time virtual sonography system.
Saito A, Furukawa H, Hayashi T, Oyama A, Funayama E, Yamamoto Y
Microsurgery 31 499-501 2011年09月
Ethanol sclerotherapy with 'injection and aspiration technique' for giant lymphatic malformation in adult cases.
Furukawa H, Sasaki S, Oyama A, Hayashi T, Funayama E, Saito N, Yamamoto Y
Journal of plastic, reconstructive & aesthetic surgery : JPRAS 64(6) 809-811 2011年06月
悪性黒色腫におけるICG蛍光法によるセンチネルリンパ節生検
桑原 広昌, 古川 洋志, 北村 孝, 川副 尚志, 前田 拓
Skin cancer : official organ of the Japanese Society for Skin Cancer = 皮膚悪性腫瘍研究会機関誌 26(1) 55-58 2011年05月
Microsurgical lymphaticovenous implantation targeting dermal lymphatic backflow using indocyanine green fluorescence lymphography in the treatment of postmastectomy lymphedema.
Furukawa H, Osawa M, Saito A, Hayashi T, Funayama E, Oyama A, Sekido M, Yamamoto Y
Plastic and reconstructive surgery 127(5) 1804-1811 2011年05月
小耳症手術において自然な形態を得るための要点 (特集 小耳症--私の手術法)
小山 明彦, 古川 洋志, 舟山 恵美
形成外科 54(3) 243-250 2011年03月
How do the type and location of a vascular malformation influence growth in Klippel-Trénaunay syndrome?
Funayama E, Sasaki S, Oyama A, Furukawa H, Hayashi T, Yamamoto Y
Plastic and reconstructive surgery 127(1) 340-346 2011年01月
A new modified technique for removing epidermal cysts using a trepan in one stage with a smaller postoperative scar and no recurrence.
Funayama E, Oyama A, Furukawa H, Hayashi T, Sugino M, Yamamoto Y
Dermatologic surgery : official publication for American Society for Dermatologic Surgery [et al.] 36(12) 2050-2052 2010年12月
A false-negative sentinel lymph node in the parotid gland of a melanoma patient: a new algorithm for SLN biopsy in the parotid gland.
Hayashi T, Furukawa H, Tsutsumida A, Yoshida T
International journal of clinical oncology 15(5) 504-507 2010年10月
切除不能な皮膚悪性腫瘍に対する Mohs ペーストの使用経験
桑原 広昌, 古川 洋志, 池田 正起, 北村 孝, 塩谷 隆太, 菊地 慶介
Skin cancer : official organ of the Japanese Society for Skin Cancer = 皮膚悪性腫瘍研究会機関誌 25(1) 61-64 2010年05月
頭蓋内に進展した頭部MPNSTの治療経験 : 頭蓋形成術と遊離広背筋皮弁による一期再建
大芦 孝平, 古川 洋志, 齋藤 亮, 岩井 里子, 澤村 豊, 久保田 佳奈子, 山本 有平
Skin cancer : official organ of the Japanese Society for Skin Cancer = 皮膚悪性腫瘍研究会機関誌 25(1) 75-80 2010年05月
血管奇形に対する3%ポリドカノール・フォーム硬化療法の経験
齋藤 典子, 佐々木 了, 古川 洋志, 石山 誠一郎, 山本 有平
日形会誌 : 日本形成外科学会会誌 = Journal of Japan Society of Plastic and Reconstructive Surgery 30(4) 149-154 2010年04月
遊離組織を用いた頭頚部二次再建症例の検討
関堂 充, 古川 洋志, 小山 明彦, 大澤 昌之, 斎藤 亮, 佐々木 了, 山本 有平
日本頭蓋顎顔面外科学会誌 = Journal of the Japan Society of Cranio-Maxillo-Facial Surgery 26(1) 29-37 2010年03月
顔面神経を一旦切離してアプローチした, 側頭筋から頬部に浸潤した脂肪肉腫の治療経験
古川 洋志, 堤田 新, 齋藤 亮, 石山 誠一郎, 櫻井 圭祐, 関堂 充, 山本 有平, 山田 洋介, 久保田 佳奈子
日本マイクロサージャリー学会会誌 = Journal of Japanese Society of Reconstructive Microsurgery 23(1) 75-79 2010年03月
Aesthetic correction of postoperative pectoral deformity after minimally invasive funnel chest repair.
Furukawa H, Sasaki S, Yamamoto Y
Plastic and reconstructive surgery 125(3) 125e-7e 2010年03月
ネットワーク型再建による耳下腺癌切除後の顔面神経即時再建
古川 洋志, 齋藤 亮, 林 利彦, 山本 有平, 本間 明宏, 福田 諭, 古田 康, 関堂 充
頭頸部癌 = Head and neck cancer 35(3) 217-222 2009年10月
S-1を用いた皮膚悪性腫瘍術後補助化学療法の pilot feasibility study
堤田 新, 山本 明史, 古川 洋志, 林 利彦, 吉田 哲也, 皆川 知広, 山本 有平
Skin cancer : official organ of the Japanese Society for Skin Cancer = 皮膚悪性腫瘍研究会機関誌 24(2) 301-304 2009年10月
四肢・体幹部動静脈奇形の治療戦略 (特集 血管奇形の治療戦略)
古川 洋志, 山本 有平
形成外科 52(10) 1193-1199 2009年10月
Merkel cell carcinoma of the face: an analysis of 16 cases in the Japanese.
Saito A, Tsutsumida A, Furukawa H, Saito N, Mol W, Sekido M, Sasaki S, Oashi K, Kimura C, Yamamoto Y
Journal of plastic, reconstructive & aesthetic surgery : JPRAS 62 1272-1276 2009年10月
Laminin-421 produced by lymphatic endothelial cells induces chemotaxis for human melanoma cells.
Saito N, Hamada J, Furukawa H, Tsutsumida A, Oyama A, Funayama E, Saito A, Tsuji T, Tada M, Moriuchi T, Yamamoto Y
Pigment cell & melanoma research 22(5) 601-610 2009年10月
下顎部 Infantile fibrosarcoma の治療経験
齋藤 亮, 佐々木 了, 古川 洋志, 堤田 新, 山本 有平
日形会誌 : 日本形成外科学会会誌 = Journal of Japan Society of Plastic and Reconstructive Surgery 29(7) 425-428 2009年07月
腹腔内血管を移植床血管とした遊離皮弁移植 (特集 腹腔・骨盤腔内におけるマイクロサージャリー手技の応用)
関堂 充, 本間 豊大, 古川 洋志
形成外科 52(7) 805-811 2009年07月
頭頚部悪性軟部腫瘍の切除範囲に関する検討
齋藤 典子, 堤田 新, 古川 洋志, 齋藤 亮, 山本 有平
日形会誌 : 日本形成外科学会会誌 = Journal of Japan Society of Plastic and Reconstructive Surgery 29(4) 221-225 2009年04月
Efficacy of polidocanol sclerotherapy for capillary malformation with masked venous malformation.
Saito N, Sasaki S, Sekido M, Furukawa H, William M, Yamamoto Y
Dermatologic surgery : official publication for American Society for Dermatologic Surgery [et al.] 35 161-164 2009年01月
Use of the arcade vessels after disruption of the vascular pedicle of pedicled jejunum transfer for a recurrent esophageal cancer patient.
Saito A, Furukawa H, Yamamoto Y, Sekido M, Sichinohe T, Kondo S
Microsurgery 29 499-501 2009年
センチネルリンパ節生検の動向 : オーストラリアと日本の比較
堤田 新, 古川 洋志, 山本 有平
日本皮膚科学会雑誌 118(13) 2698-2699 2008年12月
チームサージャリーにおけるマイクロサージャリーの貢献 : 保険点数, 術者, 手術時間の観点から
関堂 充, 古川 洋志, 佐々木 了, 齋藤 亮, 大澤 昌之, 山本 有平
日本マイクロサージャリー学会会誌 = Journal of Japanese Society of Reconstructive Microsurgery 21(4) 424-429 2008年12月
進行性顔面半側萎縮症(ロンバーグ病)に対する遊離皮弁移植法--術後の修正術について (特集 顔面非対称の治療戦略)
関堂 充, 小山 明彦, 古川 洋志
形成外科 51(11) 1291-1297 2008年11月
Sebaceous carcinoma of the eyelids: a review of 21 cases.
Saito A, Tsutsumida A, Furukawa H, Saito N, Yamamoto Y
Journal of plastic, reconstructive & aesthetic surgery : JPRAS 61 1328-1331 2008年11月
PAX4 has the potential to function as a tumor suppressor in human melanoma.
Hata S, Hamada J, Maeda K, Murai T, Tada M, Furukawa H, Tsutsumida A, Saito A, Yamamoto Y, Moriuchi T
International journal of oncology 33 1065-1071 2008年11月
ラットの顔面神経-舌下神経の端側縫合モデル作成 : 病的共同運動と神経二重支配の関係
古川 洋志, 七戸 龍司, 齋藤 亮, 関堂 充, 山本 有平
日本マイクロサージャリー学会会誌 = Journal of Japanese Society of Reconstructive Microsurgery 21(3) 256-263 2008年09月
Simvastatin inhibits growth via apoptosis and the induction of cell cycle arrest in human melanoma cells.
Saito A, Saito N, Mol W, Furukawa H, Tsutsumida A, Oyama A, Sekido M, Sasaki S, Yamamoto Y
Melanoma research 18 85-94 2008年04月
皮膚メラノーマに対するセンチネルリンパ節生検 : 中期的予後解析
堤田 新, 古川 洋志, 堀内 勝己, 山本 有平
日形会誌 : 日本形成外科学会会誌 = Journal of Japan Society of Plastic and Reconstructive Surgery 28(3) 125-130 2008年03月
[Squamous cell carcinoma of the lower lip, completely responding to concurrent chemoradiotherapy with S-1].
Saito N, Tsutsumida A, Saito A, Furukawa H, Suzuki K, Nishioka T, Yamamoto Y
Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy 35 495-497 2008年03月
下顎縁枝麻痺に対する double fascia graft 法と中枢性腫瘍切除後/virus 性不全麻痺の再建
山本 有平, 古川 洋志
Facial nerve research 27(0) 199-202 2008年01月
Low-grade myxofibrosarcoma of the cheek
齋藤 亮, 堤田 新, 古川 洋志, 坂本 泰輔, 齋藤 典子, 山本 有平, 木村 鉄宣
Skin Cancer 23(1) 22-26 2008年
Double innervation occurs in the facial mimetic muscles after facial-hypoglossal end-to-side neural repair: rat model for neural supercharge concept.
Furukawa H, Saito A, Mol W, Sekido M, Sasaki S, Yamamoto Y
Journal of plastic, reconstructive & aesthetic surgery : JPRAS 61 257-264 2008年
Evaluation of the sclerotherapeutic efficacy of ethanol, polidocanol, and OK-432 using an in vitro model.
Mol W, Furukawa H, Sasaki S, Tomaru U, Hayashi T, Saito A, Nagao M, Saito N, Hata S, Yamamoto Y
Dermatologic surgery : official publication for American Society for Dermatologic Surgery [et al.] 33 1452-1459 2007年12月
リンパ行性転移と皮下転移を来した未分化多形性肉腫
齋藤 典子, 堤田 新, 古川 洋志, 南本 俊之, 山本 有平
Skin cancer : official organ of the Japanese Society for Skin Cancer = 皮膚悪性腫瘍研究会機関誌 22(2) 140-144 2007年11月
頬・口腔・頚部巨大リンパ管奇形の治療経験
長尾 宗朝, 佐々木 了, 古川 洋志, 内山 英祐, 山本 有平
日形会誌 : 日本形成外科学会会誌 = Journal of Japan Society of Plastic and Reconstructive Surgery 27(11) 779-782 2007年11月
無水エタノール硬化療法による側頸嚢胞の治療経験
齋藤 典子, 佐々木 了, 関堂 充, 古川 洋志, 長尾 宗朝, 山本 有平
日本頭蓋顎顔面外科学会誌 = Journal of the Japan Society of Cranio-Maxillo-Facial Surgery 23(3) 256-260 2007年09月
Sentinel node biopsy versus elective lymph node dissection in patients with cutaneous melanoma in a Japanese population.
Tsutsumida A, Furukawa H, Yamamoto Y, Horiuchi K, Yoshida T, Minakawa H, Fujii S, Murao N, Kuwahara H, Minamimoto T, Fujioka H, Sakamoto T, Honma T
International journal of clinical oncology 12(4) 245-249 2007年08月
Low incidence of nonsentinel node-positivity after complete lymph node dissection in melanoma patients with positive sentinel nodes.
Tsutsumida A, Furukawa H, Yamamoto Y, Horiuchi K, Yoshida T, Fujii S
International journal of clinical oncology 12(3) 242-243 2007年06月
Prediction of metastases in melanoma patients with positive sentinel node: histological and molecular approach.
Tsutsumida A, Furukawa H, Hata S, Saito A, Yamamoto Y
The Journal of dermatology 34(1) 31-36 2007年01月
Melanoma of thumb: retrospective study for amputation levels, surgical margin and reconstruction.
Furukawa H, Tsutsumida A, Yamamoto Y, Sasaki S, Sekido M, Fujimori H, Sugihara T
Journal of plastic, reconstructive & aesthetic surgery : JPRAS 60(1) 24-31 2007年
Modification of thoracoscopy in pectus excavatum: insertion of both thoracoscope and introducer through a single incision to maximise visualisation.
Furukawa H, Sasaki S, William M, Sekido M, Tsutsumida A, Oyama A, Yamamoto Y
Scandinavian journal of plastic and reconstructive surgery and hand surgery / Nordisk plastikkirurgisk forening [and] Nordisk klubb for handkirurgi 41(4) 189-192 2007年
悪性軟部腫瘍の治療経験 : FNCLCC Grading System と AJCC Staging System を用いた検討
齋藤 典子, 堤田 新, 古川 洋志, 伊藤 智雄, 山本 有平
Skin cancer : official organ of the Japanese Society for Skin Cancer = 皮膚悪性腫瘍研究会機関誌 21(2) 220-225 2006年10月
頭頸部領域における形成外科再建手技 : 基本手技における工夫と2次修正について
関堂 充, 古川 洋志, 林 利彦, 山本 有平, 南本 俊之
頭頸部癌/ 日本頭頸部癌学会 32(3) 241-246 2006年10月
皮膚悪性腫瘍・軟部肉腫に対する外来化学療法
堤田 新, 古川 洋志, 山本 有平
日本皮膚科学会雑誌 = THE JAPANESE JOURNAL OF DERMATOLOGY 116(3) 297-301 2006年03月
メラノーマの鼠径リンパ節微小転移例におけるリンパ節郭清範囲の検討 : センチネルリンパ節転移陽性例の郭清はどこまですべきか?
堤田 新, 山本 有平, 古川 洋志, 杉原 平樹, 吉田 哲憲
Skin cancer : official organ of the Japanese Society for Skin Cancer = 皮膚悪性腫瘍研究会機関誌 20(3) 264-267 2006年02月
Bilateral dermal thymus of neck in branchio-oculo-facial syndrome.
Hiroshi Furukawa, Satoru Sasaki, Eisuke Uchiyama, Kunihiro Kawashima, Yuhei Yamamoto
Journal of plastic, reconstructive & aesthetic surgery : JPRAS 59(12) 1385-1387 2006年
各種遊離組織移植を用いた足底荷重部再建の経験
関堂 充, 古川 洋志, 山本 有平, 杉原 平樹, 野平 久仁彦
日形会誌 : 日本形成外科学会会誌 = Journal of Japan Society of Plastic and Reconstructive Surgery 25(11) 715-723 2005年11月
血管付加吻合法を用いた咽喉食道再建の経験
関堂 充, 山本 有平, 皆川 英彦, 佐々木 了, 古川 洋志, 杉原 平樹, 野平 久仁彦, 矢島 和宜, 新冨 芳尚, 奥芝 俊一, 加藤 絋之, 細川 正夫
日本マイクロサージャリー学会会誌 = Journal of Japanese Society of Reconstructive Microsurgery 18(4) 370-375 2005年11月
Treatment strategy for cutaneous malignant melanoma.
Tsutsumida A, Furukawa H, Yamamoto Y, Sugihara T
International journal of clinical oncology 10(5) 311-317 2005年10月
当科における Sentinel Node Biopsy : 北海道大学形成外科37例の経験
堤田 新, 山本 有平, 古川 洋志, 杉原 平樹
日形会誌 : 日本形成外科学会会誌 = Journal of Japan Society of Plastic and Reconstructive Surgery 25(3) 175-180 2005年03月
Change of weight-bearing pattern before and after plantar reconstruction with free anterolateral thigh flap.
Sekido M, Yamamoto Y, Furukawa H, Sugihara T
Microsurgery 24(4) 289-292 2004年
Use of the "supercharge" technique in esophageal and pharyngeal reconstruction to augment microvascular blood flow.
Sekido M, Yamamoto Y, Minakawa H, Sasaki S, Furukawa H, Sugihara T, Nohira K, Yajima K, Shintomi Y, Okushiba S, Kato H, Hosokawa M
Surgery 134(3) 420-424 2003年09月
Second free jejunal transfer in complicated pharyngoesophageal reconstructions.
Furukawa H, Yamamoto Y, Sasaki S, Sekido M, Takeuchi A, Sugihara T, Fukuda S, Okushiba S
Journal of reconstructive microsurgery 19(2) 93-98 2003年02月
Follow-up study of upper limb lymphedema patients treated by microsurgical lymphaticovenous implantation (MLVI) combined with compression therapy.
Yamamoto Y, Horiuchi K, Sasaki S, Sekido M, Furukawa H, Oyama A, Yajima K, Sugihara T
Microsurgery 23(1) 21-26 2003年
Alternative approach using the combined technique of nerve crossover and cross-nerve grafting for reanimation of facial palsy.
Yamamoto Y, Sasaki S, Sekido M, Yokoyama T, Tsutsumida A, Furukawa H, Sawamura Y, Sugihara T
Microsurgery 23(3) 251-256 2003年
Squamous cell carcinoma in chronic lymphedema: case report and review of the literature.
Furukawa H, Yamamoto Y, Minakawa H, Sugihara T
Dermatologic surgery : official publication for American Society for Dermatologic Surgery [et al.] 28(10) 951-953 2002年10月
悪性黒色腫におけるゲルソリン短縮体の発現と腫瘍浸潤度との関連
古川 洋志
北海道醫學雜誌 = Acta medica Hokkaidonensia 76(3) 143-150 2001年05月
肋軟骨弁付き腹直筋皮弁による上顎再建 : One buttress : zygomaticomaxillary buttress 再建について
山本 有平, 関堂 充, 古川 洋志, 杉原 平樹, 福田 諭, 古田 康, 八木 克憲, 永橋 立望, 本間 明宏, 犬山 征夫
頭頚部腫瘍 26(3) 436-440 2000年11月
大殿筋皮弁・筋脂肪弁を用いた脊索腫切除後の即時再建
古川 洋志, 山本 有平, CHODON Thinle, 杉原 平樹
日形会誌 : 日本形成外科学会会誌 = Journal of Japan Society of Plastic and Reconstructive Surgery 20(9) 545-550 2000年09月
肋軟骨弁付き腹直筋皮弁による上顎再建 -One buttress:zygomaticomaxillary buttress再建について-
山本 有平, 皆川 英彦, 川嶋 邦裕, 関堂 充, 古川 洋志, 杉原 平樹, 福田 諭, 古田 康, 八木 克憲, 永橋 立望, 本間 明宏, 犬山 征夫
頭頚部腫瘍 26(2) 2000年05月
Gluteus maximus adipomuscular turnover or sliding flap in the surgical treatment of extensive sacral chordomas.
Furukawa H, Yamamoto Y, Igawa HH, Sugihara T
Plastic and reconstructive surgery 105(3) 1013-1016 2000年03月
頭頸部再建における形成再建手技の進歩
山本 有平, 佐々木 了, 関堂 充, 古川 洋志, 杉原 平樹, 福田 諭, 古田 康, 八木 克憲, 永橋 立望, 本間 明宏, 犬山 征夫, 奥芝 俊一, 吉田 哲憲, 野平 久仁彦, 渡邉 昭仁, 山下 徹郎
頭頚部腫瘍 25(3) 471-475 1999年11月
9. 腹部外科手術におけるmicrovascular surgery (<特集>形成外科・最近のトピックス)
山本 有平, 佐々木 了, 古川 洋志, 井川 浩晴, 奥芝 俊一, 大野 耕一, 古川 博之, 岸田 明博, 大村 孝志, 野村 克, 野平 久仁彦
日本外科学会雑誌 100(9) 557-561 1999年09月
頭頸部再建における内頸静脈端側吻合の有用性
古川 洋志, 山本 有平, 桑原 広昌, 関堂 充, 小山 奈緒子, 佐々木 了, 井川 浩晴, 皆川 英彦, 杉原 平樹
日本マイクロサージャリー学会会誌 = Journal of Japanese Society of Reconstructive Microsurgery 12(3) 211-216 1999年09月
2次手術を要した再建外科不良症例の検討
山本 有平, 皆川 英彦, 佐々木 了, 坂村 律生, 関堂 充, 桑原 広昌, 古川 洋志, 杉原 平樹, 野平 久仁彦, 新冨 芳尚, 吉田 哲憲
日本マイクロサージャリー学会会誌 = Journal of Japanese Society of Reconstructive Microsurgery 12(1) 16-21 1999年03月
Clinical application of expanded free flaps based on primary or secondary vascularization.
Furukawa H, Yamamoto Y, Kimura C, Igawa HH, Sugihara T
Plastic and reconstructive surgery 102(5) 1532-1536 1998年10月
二つ折り遊離前腕皮弁を用いた, 放射線照射, 喉頭全摘後に生じた難治性頸部皮膚瘻の治療経験
古川 洋志, 山本 有平, 杉原 平樹, 古田 康, 福田 諭, 犬山 征夫
日本マイクロサージャリー学会会誌 = Journal of Japanese Society of Reconstructive Microsurgery 10(1) 27-32 1997年03月
函館中央病院における熱傷の治療 : 特に小児ストーブ熱傷に関して
南本 俊之, 吉田 哲憲, 木村 中, 古川 洋志
熱傷 21(1) 18-27 1995年03月
Amelantic malignant melanoma. A case of amelanotic malignant melanoma arose in the haired scalp.
木村 中, 小山 明彦, 小浦場 祥夫, 吉田 哲憲, 古川 洋志, 古屋 和彦
Skin Cancer 10(3) 385-390 1995年

競争的資金等の研究課題

郭清術後のリンパ組織再構築術~悪性黒色腫予後の改善を目指して!
文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間 : 2015年 - 2017年 代表者 : 古川 洋志
筋肉内静脈網を利用したNeurotization~培養シュワン細胞の血管内遊走
文部科学省:科学研究費補助金(挑戦的萌芽研究)
研究期間 : 2014年 - 2015年 代表者 : 古川 洋志
皮膚線条はケロイドの対極の病態である!~膠原線維とエストロゲンの知られざる関係
文部科学省:科学研究費補助金(挑戦的萌芽研究)
研究期間 : 2012年 - 2012年 代表者 : 古川 洋志
ケロイド線維芽細胞の起源を探る-ケモカインに誘導されるfibrocyte-
文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間 : 2010年 - 2012年 代表者 : 舟山 恵美
運動神経信号付加は本当に起こっているのか?~顔面表情筋mRNA発現変化を捉える~
文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間 : 2010年 - 2012年 代表者 : 山本 有平
光イメージングによる癌転移機構解明‐メラノーマがリンパから血流に入る瞬間を捉える
文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間 : 2010年 - 2012年 代表者 : 古川 洋志
メラノーマとリンパ管のinteraction-転移促進因子は産生されるのか?-
文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間 : 2008年 - 2010年 代表者 : 堤田 新, 小山 明彦
浸潤型ケロイド細胞は存在するのか!-効率的なケロイド治療を目指して-
文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間 : 2008年 - 2010年 代表者 : 佐々木 了, 林 利彦
癌のリンパ行性転移の撲滅を目指して~リンパ系ドラッグデリバリーシステムの開発~
文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間 : 2007年 - 2009年 代表者 : 古川 洋志
創傷由来の血管内皮前駆細胞・周皮前駆細胞を用いた動脈・静脈への分化誘導
文部科学省:科学研究費補助金(萌芽研究)
研究期間 : 2008年 - 2008年 代表者 : 古川 洋志
競争的資金等の研究課題を全て表示する
競争的資金等の研究課題閉じる
郭清術後のリンパ組織再構築術~悪性黒色腫予後の改善を目指して!
文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間 : 2015年 - 2017年 代表者 : 古川 洋志
筋肉内静脈網を利用したNeurotization~培養シュワン細胞の血管内遊走
文部科学省:科学研究費補助金(挑戦的萌芽研究)
研究期間 : 2014年 - 2015年 代表者 : 古川 洋志
皮膚線条はケロイドの対極の病態である!~膠原線維とエストロゲンの知られざる関係
文部科学省:科学研究費補助金(挑戦的萌芽研究)
研究期間 : 2012年 - 2012年 代表者 : 古川 洋志
ケロイド線維芽細胞の起源を探る-ケモカインに誘導されるfibrocyte-
文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間 : 2010年 - 2012年 代表者 : 舟山 恵美
運動神経信号付加は本当に起こっているのか?~顔面表情筋mRNA発現変化を捉える~
文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間 : 2010年 - 2012年 代表者 : 山本 有平
光イメージングによる癌転移機構解明‐メラノーマがリンパから血流に入る瞬間を捉える
文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間 : 2010年 - 2012年 代表者 : 古川 洋志
メラノーマとリンパ管のinteraction-転移促進因子は産生されるのか?-
文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間 : 2008年 - 2010年 代表者 : 堤田 新, 小山 明彦
浸潤型ケロイド細胞は存在するのか!-効率的なケロイド治療を目指して-
文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間 : 2008年 - 2010年 代表者 : 佐々木 了, 林 利彦
癌のリンパ行性転移の撲滅を目指して~リンパ系ドラッグデリバリーシステムの開発~
文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間 : 2007年 - 2009年 代表者 : 古川 洋志
創傷由来の血管内皮前駆細胞・周皮前駆細胞を用いた動脈・静脈への分化誘導
文部科学省:科学研究費補助金(萌芽研究)
研究期間 : 2008年 - 2008年 代表者 : 古川 洋志
カーボンナノホーンをキャリアとする創傷に対するドラッグデリバリーシステムの開発
文部科学省:科学研究費補助金(萌芽研究)
研究期間 : 2007年 - 2008年 代表者 : 関堂 充
Neural-superchargeによる顔面神経不全麻痺の外科的治療法開発
文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間 : 2007年 - 2008年 代表者 : 関堂 充
形態形成遺伝子導入による悪性黒色腫の新たな治療法の開発に向けて
文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間 : 2006年 - 2008年 代表者 : 山本 有平
リンパ管内皮細胞を標的とした再生治療 〜不死化細胞樹立と機能するリンパ網の作成〜
文部科学省:科学研究費補助金(萌芽研究)
研究期間 : 2006年 - 2007年 代表者 : 古川 洋志
各種神経疾患に対する支配神経信号の増幅を目指したネットワーク型神経再建法の開発
文部科学省:科学研究費補助金(萌芽研究)
研究期間 : 2006年 - 2006年 代表者 : 関堂 充
新しいケロイド治療薬としてのcAMP製剤の可能性
文部科学省:科学研究費補助金(萌芽研究)
研究期間 : 2005年 - 2006年 代表者 : 川嶋 邦裕, 山本 有平
進行期悪性黒色腫に対する治療の個別化を目指して-抗癌剤耐性関連遺伝子の発現解析-
文部科学省:科学研究費補助金(萌芽研究)
研究期間 : 2004年 - 2005年 代表者 : 関堂 充
ケロイド治療の新戦略〜RNA抑制遺伝子導入表皮角化細胞からのアプローチ
文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間 : 2004年 - 2005年 代表者 : 杉原 平樹, 堤田 新
形態形成遺伝子の発現パターン解析による悪性黒色腫の新しい診断・治療戦略
文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間 : 2004年 - 2005年 代表者 : 山本 有平

教育活動

主要な担当授業

医学総論
開講年度 : 2015年
課程区分 : 博士後期課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : 形成外科,再建外科,美容外科
基本医学研究Ⅰ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : 形成外科,再建外科,美容外科
基本医学研究Ⅱ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : 形成外科,再建外科,美容外科
基本医学総論
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : 形成外科,再建外科,美容外科
基盤医学研究Ⅰ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 博士後期課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : 形成外科,再建外科,美容外科
基盤医学研究Ⅱ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 博士後期課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : 形成外科,再建外科,美容外科
専門医学研究Ⅰ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : 形成外科,再建外科,美容外科
専門医学研究Ⅱ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : 形成外科,再建外科,美容外科
臨床医学研究Ⅰ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 博士後期課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : 形成外科,再建外科,美容外科
臨床医学研究Ⅱ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 博士後期課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : 形成外科,再建外科,美容外科
最新年度を全て表示する
主要な担当授業閉じる
医学総論
開講年度 : 2015年
課程区分 : 博士後期課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : 形成外科,再建外科,美容外科
基本医学研究Ⅰ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : 形成外科,再建外科,美容外科
基本医学研究Ⅱ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : 形成外科,再建外科,美容外科
基本医学総論
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : 形成外科,再建外科,美容外科
基盤医学研究Ⅰ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 博士後期課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : 形成外科,再建外科,美容外科
基盤医学研究Ⅱ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 博士後期課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : 形成外科,再建外科,美容外科
専門医学研究Ⅰ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : 形成外科,再建外科,美容外科
専門医学研究Ⅱ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : 形成外科,再建外科,美容外科
臨床医学研究Ⅰ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 博士後期課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : 形成外科,再建外科,美容外科
臨床医学研究Ⅱ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 博士後期課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : 形成外科,再建外科,美容外科
前年度を全て表示する
主要な担当授業閉じる
医学総論
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 博士後期課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : 形成外科,再建外科,美容外科
基本医学研究Ⅰ
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : 形成外科,再建外科,美容外科
基本医学研究Ⅱ
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : 形成外科,再建外科,美容外科
基本医学総論
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : 形成外科,再建外科,美容外科
基盤医学研究Ⅰ
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 博士後期課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : 形成外科,再建外科,美容外科
基盤医学研究Ⅱ
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 博士後期課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : 形成外科,再建外科,美容外科
専門医学研究Ⅰ
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : 形成外科,再建外科,美容外科
専門医学研究Ⅱ
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : 形成外科,再建外科,美容外科
臨床医学研究Ⅰ
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 博士後期課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : 形成外科,再建外科,美容外科
臨床医学研究Ⅱ
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 博士後期課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : 形成外科,再建外科,美容外科
臨床医学研究法Ⅲ
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 博士後期課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : 形成外科,再建外科,美容外科
前々年度を全て表示する
主要な担当授業閉じる
医学総論
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 博士後期課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : 形成外科,再建外科,美容外科
基本医学研究Ⅰ
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : 形成外科,再建外科,美容外科
基本医学研究Ⅱ
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : 形成外科,再建外科,美容外科
基本医学総論
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : 形成外科,再建外科,美容外科
基盤医学研究Ⅰ
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 博士後期課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : 形成外科,再建外科,美容外科
基盤医学研究Ⅱ
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 博士後期課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : 形成外科,再建外科,美容外科
専門医学研究Ⅰ
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : 形成外科,再建外科,美容外科
専門医学研究Ⅱ
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : 形成外科,再建外科,美容外科
臨床医学研究Ⅰ
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 博士後期課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : 形成外科,再建外科,美容外科
臨床医学研究Ⅱ
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 博士後期課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : 形成外科,再建外科,美容外科
臨床医学研究法Ⅲ
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 博士後期課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : 臨床医教育、医療技術指導、研修医、教育技術

ページトップへ