畠山 鎮次ハタケヤマ シゲツグresearchmap個人ページ

更新日 : 2017/09/19

基本情報

プロフィール

所属部署名
医学研究院  生理系部門生化学分野
アイソトープ総合センター
職名教授 
学位
博士(医学)
メールアドレス
ホームページURLhttp://www.hucc.hokudai.ac.jp/~d20505/
科研費研究者番号
  • ユビキチン化を中心としたタンパク質翻訳後修飾を研究しております。ユビキチン化は分解システムとしてだけではなく、酵素の活性化制御などの多くの重要な役割を果たしています。また、がん、免疫学、神経科学を含め多くの領域の研究で、ユビキチン化が注目されております。

研究キーワード

TRIMタンパク質, ユビキチン, ユビキチンリガーゼ, プロテアソーム, タンパク質分解, U-ボックス, SCF複合体, NF-κB, リン酸化

研究分野

生物科学 / 分子生物学
基礎医学 / 病態医化学
基礎医学 / 医化学一般
基礎医学 / 実験病理学
基礎医学 / 免疫学
生物科学 / 細胞生物学
研究分野を全て表示する
研究分野閉じる
生物科学 / 分子生物学
基礎医学 / 病態医化学
基礎医学 / 医化学一般
基礎医学 / 実験病理学
基礎医学 / 免疫学
生物科学 / 細胞生物学

職歴

2011年04月
-
現在
北海道大学(センター長)
2017年04月
-
現在
北海道大学(副研究院長・副学院長)
2017年04月
-
現在
北海道大学(教授)
2014年04月
-
2017年03月
北海道大学(総長補佐)
2007年04月
-
2017年03月
北海道大学(教授)
2013年04月
-
2014年03月
北海道大学(役員補佐)
2011年09月
-
2013年08月
北海道大学(施設長)
2004年07月
-
2007年03月
北海道大学(教授)
2000年11月
-
2004年06月
九州大学 生体防御医学研究所(助教授)
1997年03月
-
2000年10月
九州大学 生体防御医学研究所(助手)
職歴を全て表示する
職歴閉じる
2011年04月
-
現在
北海道大学(センター長)
2017年04月
-
現在
北海道大学(副研究院長・副学院長)
2017年04月
-
現在
北海道大学(教授)
2014年04月
-
2017年03月
北海道大学(総長補佐)
2007年04月
-
2017年03月
北海道大学(教授)
2013年04月
-
2014年03月
北海道大学(役員補佐)
2011年09月
-
2013年08月
北海道大学(施設長)
2004年07月
-
2007年03月
北海道大学(教授)
2000年11月
-
2004年06月
九州大学 生体防御医学研究所(助教授)
1997年03月
-
2000年10月
九州大学 生体防御医学研究所(助手)
1995年06月
-
1997年02月
米国国立がん研究所(日本学術振興会NIH派遣研究者)
1994年04月
-
1995年05月
ワシントン大学医学部(博士研究員)

学歴

1990年04月
-
1994年03月
北海道大学 大学院医学研究科 博士課程
1984年04月
-
1990年03月
北海道大学 医学部 医学科
学歴を全て表示する
学歴閉じる
1990年04月
-
1994年03月
北海道大学 大学院医学研究科 博士課程
1984年04月
-
1990年03月
北海道大学 医学部 医学科

所属学協会

日本癌学会
日本分子生物学会
日本生化学会
所属学協会を全て表示する
所属学協会閉じる
日本癌学会
日本分子生物学会
日本生化学会

研究活動

論文

TRIM Family Proteins: Roles in Autophagy, Immunity, and Carcinogenesis
Hatakeyama S
Trends in biochemical sciences 2017年01月
TRIM proteins and diseases
Masashi Watanabe, Shigetsugu Hatakeyama
Journal of Biochemistry 2017年01月
A leukemogenic kinase, FIP1L1-PDGFRA, and a SUMO E3 ligase, PIAS1, form a positive crosstalk via their enzymatic activities.
Ibata M, Iwasaki J, Fujioka Y, Nakagawa K, Darmanin S, Onozawa M, Hashimoto D, Ohba Y, Hatakeyama S, Teshima T, Kondo T
Cancer science 2016年12月
The novel heart-specific RING finger protein 207 is involved in energy metabolism in cardiomyocytes.
Mizushima W, Takahashi H, Watanabe M, Kinugawa S, Matsushima S, Takada S, Yokota T, Furihata T, Matsumoto J, Tsuda M, Chiba I, Nagashima S, Yanagi S, Matsumoto M, Nakayama KI, Tsutsui H, Hatakeyama S
Journal of molecular and cellular cardiology 2016年09月
p53 represses the transcription of snRNA genes by preventing the formation of little elongation complex.
Anwar D, Takahashi H, Watanabe M, Suzuki M, Fukuda S, Hatakeyama S
Biochimica et biophysica acta 1859(8) 975-982 2016年08月
Regulation of intestinal homeostasis by the ulcerative colitis-associated gene RNF186.
Fujimoto K, Kinoshita M, Tanaka H, Okuzaki D, Shimada Y, Kayama H, Okumura R, Furuta Y, Narazaki M, Tamura A, Hatakeyama S, Ikawa M, Tsuchiya K, Watanabe M, Kumanogoh A, Tsukita S, Takeda K
Mucosal immunology 2016年07月
Role of apolipoprotein B100 and oxidized low-density lipoprotein in the monocyte tissue factor induction mediated by anti-β2 glycoprotein I antibodies.
Otomo K, Amengual O, Fujieda Y, Nakagawa H, Kato M, Oku K, Horita T, Yasuda S, Matsumoto M, Nakayama KI, Hatakeyama S, Koike T, Atsumi T
Lupus 2016年03月
Early evidence for the role of TRIM29 in multiple cancer models.
Hatakeyama S
Expert opinion on therapeutic targets  1-4 2016年02月
Ribophorin II is involved in the tissue factor expression mediated by phosphatidylserine-dependent antiprothrombin antibody on monocytes.
Fujieda Y, Amengual O, Matsumoto M, Kuroki K, Takahashi H, Kono M, Kurita T, Otomo K, Kato M, Oku K, Bohgaki T, Horita T, Yasuda S, Maenaka K, Hatakeyama S, Nakayama KI, Atsumi T
Rheumatology (Oxford, England) 2016年02月
TRIM39 negatively regulates the NFκB-mediated signaling pathway through stabilization of Cactin.
Suzuki M, Watanabe M, Nakamaru Y, Takagi D, Takahashi H, Fukuda S, Hatakeyama S
Cellular and molecular life sciences : CMLS 2015年09月
論文を全て表示する
論文閉じる
TRIM Family Proteins: Roles in Autophagy, Immunity, and Carcinogenesis
Hatakeyama S
Trends in biochemical sciences 2017年01月
TRIM proteins and diseases
Masashi Watanabe, Shigetsugu Hatakeyama
Journal of Biochemistry 2017年01月
A leukemogenic kinase, FIP1L1-PDGFRA, and a SUMO E3 ligase, PIAS1, form a positive crosstalk via their enzymatic activities.
Ibata M, Iwasaki J, Fujioka Y, Nakagawa K, Darmanin S, Onozawa M, Hashimoto D, Ohba Y, Hatakeyama S, Teshima T, Kondo T
Cancer science 2016年12月
The novel heart-specific RING finger protein 207 is involved in energy metabolism in cardiomyocytes.
Mizushima W, Takahashi H, Watanabe M, Kinugawa S, Matsushima S, Takada S, Yokota T, Furihata T, Matsumoto J, Tsuda M, Chiba I, Nagashima S, Yanagi S, Matsumoto M, Nakayama KI, Tsutsui H, Hatakeyama S
Journal of molecular and cellular cardiology 2016年09月
p53 represses the transcription of snRNA genes by preventing the formation of little elongation complex.
Anwar D, Takahashi H, Watanabe M, Suzuki M, Fukuda S, Hatakeyama S
Biochimica et biophysica acta 1859(8) 975-982 2016年08月
Regulation of intestinal homeostasis by the ulcerative colitis-associated gene RNF186.
Fujimoto K, Kinoshita M, Tanaka H, Okuzaki D, Shimada Y, Kayama H, Okumura R, Furuta Y, Narazaki M, Tamura A, Hatakeyama S, Ikawa M, Tsuchiya K, Watanabe M, Kumanogoh A, Tsukita S, Takeda K
Mucosal immunology 2016年07月
Role of apolipoprotein B100 and oxidized low-density lipoprotein in the monocyte tissue factor induction mediated by anti-β2 glycoprotein I antibodies.
Otomo K, Amengual O, Fujieda Y, Nakagawa H, Kato M, Oku K, Horita T, Yasuda S, Matsumoto M, Nakayama KI, Hatakeyama S, Koike T, Atsumi T
Lupus 2016年03月
Early evidence for the role of TRIM29 in multiple cancer models.
Hatakeyama S
Expert opinion on therapeutic targets  1-4 2016年02月
Ribophorin II is involved in the tissue factor expression mediated by phosphatidylserine-dependent antiprothrombin antibody on monocytes.
Fujieda Y, Amengual O, Matsumoto M, Kuroki K, Takahashi H, Kono M, Kurita T, Otomo K, Kato M, Oku K, Bohgaki T, Horita T, Yasuda S, Maenaka K, Hatakeyama S, Nakayama KI, Atsumi T
Rheumatology (Oxford, England) 2016年02月
TRIM39 negatively regulates the NFκB-mediated signaling pathway through stabilization of Cactin.
Suzuki M, Watanabe M, Nakamaru Y, Takagi D, Takahashi H, Fukuda S, Hatakeyama S
Cellular and molecular life sciences : CMLS 2015年09月
TRIM29 regulates the p63-mediated pathway in cervical cancer cells.
Masuda Y, Takahashi H, Hatakeyama S
Biochimica et biophysica acta 1853(10 Pt A) 2296-2305 2015年06月
TRIM29 regulates the assembly of DNA repair proteins into damaged chromatin
Masuda, Y., Takahashi, H., Sato, S., Tomonori-Sato, C., Saraf, A., Washburn, M.P., Florens, L., Conaway, R.C., Conaway, J.W. and Hatakeyama, S.
Nature Communications 6 7299 2015年06月
Molecular Role of RNF43 in Canonical and Noncanonical Wnt Signaling.
Tsukiyama T, Fukui A, Terai S, Fujioka Y, Shinada K, Takahashi H, Yamaguchi TP, Ohba Y, Hatakeyama S
Molecular and cellular biology 35(11) 2007-2023 2015年06月
The E3 ubiquitin ligase TRIM23 regulates adipocyte differentiation via stabilization of the adipogenic activator PPARγ.
Watanabe M, Takahashi H, Saeki Y, Ozaki T, Itoh S, Suzuki M, Mizushima W, Tanaka K, Hatakeyama S
eLife 4 e05615 2015年04月
Siglec-15 is a potential therapeutic target for postmenopausal osteoporosis.
Kameda Y, Takahata M, Mikuni S, Shimizu T, Hamano H, Angata T, Hatakeyama S, Kinjo M, Iwasaki N
Bone 71 217-226 2015年02月
MED26 regulates the transcription of snRNA genes through the recruitment of little elongation complex.
Takahashi H, Takigawa I, Watanabe M, Anwar D, Shibata M, Tomomori-Sato C, Sato S, Ranjan A, Seidel CW, Tsukiyama T, Mizushima W, Hayashi M, Ohkawa Y, Conaway JW, Conaway RC, Hatakeyama S
Nature communications 6 5941 2015年01月
Oxidative Stress Regulates IL-4 Gene Expression in Mast Cells through the Reduction of Histone Deacetylase.
Nakamaru Y, Takagi D, Homma A, Hatakeyama S, Fukuda S
Otolaryngology--head and neck surgery : official journal of American Academy of Otolaryngology-Head and Neck Surgery 152 48-52 2015年01月
The inflammatory cytokine IL-1β is involved in bladder remodeling after bladder outlet obstruction in mice.
Kanno Y, Mitsui T, Kitta T, Moriya K, Tsukiyama T, Hatakeyama S, Nonomura K
Neurourology and urodynamics 2015年01月
Pathology of frontotemporal dementia with limb girdle muscular dystrophy caused by a DNAJB6 mutation.
Yabe I, Tanino M, Yaguchi H, Takiyama A, Cai H, Kanno H, Takahashi I, Hayashi YK, Watanabe M, Takahashi H, Hatakeyama S, Tanaka S, Sasaki H
Clinical neurology and neurosurgery 127 10-12 2014年12月
TRIM29 as a novel prostate basal cell marker for diagnosis of prostate cancer.
Kanno Y, Watanabe M, Kimura T, Nonomura K, Tanaka S, Hatakeyama S
Acta histochemica 116 708-712 2014年06月
TRIM29 suppresses TWIST1 and invasive breast cancer behavior.
Ai L, Kim WJ, Alpay M, Tang M, Pardo CE, Hatakeyama S, May WS, Kladde MP, Heldermon CD, Siegel EM, Brown KD
Cancer research 2014年06月
The TRIM-FLMN protein TRIM45 directly interacts with RACK1 and negatively regulates PKC-mediated signaling pathway.
Sato T, Takahashi H, Hatakeyama S, Iguchi A, Ariga T
Oncogene 2014年03月
Identification of anti-Sez6l2 antibody in a patient with cerebellar ataxia and retinopathy.
Yaguchi H, Yabe I, Takahashi H, Okumura F, Takeuchi A, Horiuchi K, Kano T, Kanda A, Saito W, Matsumoto M, Nakayama KI, Hatakeyama S, Sasaki H
Journal of neurology 261 224-226 2014年01月
Siglec-15 regulates osteoclast differentiation by modulating RANKL-induced phosphatidylinositol 3-kinase/Akt and Erk pathways in association with signaling adaptor DAP12.
Kameda Y, Takahata M, Komatsu M, Mikuni S, Hatakeyama S, Shimizu T, Angata T, Kinjo M, Minami A, Iwasaki N
Journal of bone and mineral research : the official journal of the American Society for Bone and Mineral Research 2013年05月
14-3-3 proteins sequester a pool of soluble TRIM32 ubiquitin ligase to repress autoubiquitination and cytoplasmic body formation.
Ichimura T, Taoka M, Shoji I, Kato H, Sato T, Hatakeyama S, Isobe T, Hachiya N
Journal of cell science 126(9) 2014-2026 2013年02月
Activation of double-stranded RNA-activated protein kinase (PKR) by interferon stimulated gene 15 (ISG15) modification down-regulates protein translation.
Okumura F, Okumura AJ, Uematsu K, Hatakeyama S, Zhang DE, Kamura T
The Journal of biological chemistry 2012年12月
[New findings of ubiquitin-proteasome system from yeast to higher organisms].
Yamaguchi J, Hatakeyama S
Seikagaku. The Journal of Japanese Biochemical Society 84 407-408 2012年06月
TRIM59 interacts with ECSIT and negatively regulates NF-κB and IRF-3/7-mediated signal pathways.
Kondo T, Watanabe M, Hatakeyama S
Biochemical and biophysical research communications 422 501-507 2012年06月
TRIM45 negatively regulates NF-κB-mediated transcription and suppresses cell proliferation.
Shibata M, Sato T, Nukiwa R, Ariga T, Hatakeyama S
Biochemical and biophysical research communications 423 104-109 2012年06月
TRIM6 interacts with c-Myc and maintains pluripotency of mouse embryonal stem cells.
Sato T, Okumura F, Ariga T, Hatakeyama S
Journal of cell science 2012年02月
Ymer acts as a multifunctional regulator in NF-κB and Fas signaling pathways.
Tsukiyama T, Matsuda-Tsukiyama M, Bohgaki M, Terai S, Tanaka S, Hatakeyama S
Molecular medicine (Cambridge, Mass.) 2012年02月
TRIM67 negatively regulates Ras activity through degradation of 80K-H and induces neuritogenesis.
Yaguchi H, Okumura F, Takahashi H, Kano T, Kameda H, Uchigashima M, Tanaka S, Watanabe M, Sasaki H, Hatakeyama S
The Journal of biological chemistry 2012年02月
TRIM32 promotes retinoic acid receptor α-mediated differentiation in human promyelogenous leukemic cell line HL60.
Sato T, Okumura F, Iguchi A, Ariga T, Hatakeyama S
Biochemical and biophysical research communications 417(1) 594-600 2012年01月
TRIM8 regulates Nanog via Hsp90β-mediated nuclear translocation of STAT3 in embryonic stem cells.
Okumura F, Okumura AJ, Matsumoto M, Nakayama KI, Hatakeyama S
Biochimica et biophysica acta 1813 1784-1792 2011年10月
TRIM proteins and cancer.
Hatakeyama S
Nature reviews. Cancer 11 792-804 2011年10月
TRIM32 promotes neural differentiation through retinoic acid receptor-mediated transcription.
Sato T, Okumura F, Kano S, Kondo T, Ariga T, Hatakeyama S
Journal of cell science 124(20) 3492-3502 2011年10月
TRIM40 promotes neddylation of IKKγ and is downregulated in gastrointestinal cancers.
Noguchi K, Okumura F, Takahashi N, Kataoka A, Kamiyama T, Todo S, Hatakeyama S
Carcinogenesis 32(7) 995-1004 2011年07月
MDA-9/syntenin interacts with ubiquitin via a novel ubiquitin-binding motif.
Okumura F, Yoshida K, Liang F, Hatakeyama S
Molecular and cellular biochemistry 352(1-2) 163-172 2011年06月
TRIM29 negatively regulates p53 via inhibition of Tip60.
Sho T, Tsukiyama T, Sato T, Kondo T, Cheng J, Saku T, Asaka M, Hatakeyama S
Biochimica et biophysica acta 1813 1245-1253 2011年06月
Expression of recombinant sea urchin cellulase SnEG54 using mammalian cell lines.
Okumura F, Kameda H, Ojima T, Hatakeyama S
Biochemical and biophysical research communications 395(3) 352-355 2010年04月
Direct binding of TRAF2 and TRAF6 to TICAM-1/TRIF adaptor participates in activation of the Toll-like receptor 3/4 pathway.
Sasai M, Tatematsu M, Oshiumi H, Funami K, Matsumoto M, Hatakeyama S, Seya T
Molecular immunology 47(6) 1283-1291 2010年03月
TRIM24 mediates ligand-dependent activation of androgen receptor and is repressed by a bromodomain-containing protein, BRD7, in prostate cancer cells.
Kikuchi M, Okumura F, Tsukiyama T, Watanabe M, Miyajima N, Tanaka J, Imamura M, Hatakeyama S
Biochimica et biophysica acta 1793 1828-1836 2009年12月
The E3 ligase TTC3 facilitates ubiquitination and degradation of phosphorylated Akt.
Suizu F, Hiramuki Y, Okumura F, Matsuda M, Okumura AJ, Hirata N, Narita M, Kohno T, Yokota J, Bohgaki M, Obuse C, Hatakeyama S, Obata T, Noguchi M
Developmental cell 17(6) 800-810 2009年12月
ZNRF1 interacts with tubulin and regulates cell morphogenesis.
Yoshida K, Watanabe M, Hatakeyama S
Biochemical and biophysical research communications 389(3) 506-511 2009年11月
TRIM31 interacts with p52(Shc) and inhibits Src-induced anchorage-independent growth.
Watanabe M, Tsukiyama T, Hatakeyama S
Biochemical and biophysical research communications 388(2) 422-427 2009年10月
Plasma gelsolin facilitates interaction between beta(2) glycoprotein I and alpha5beta1 integrin.
Bohgaki M, Matsumoto M, Atsumi T, Kondo T, Yasuda S, Horita T, Nakayama KI, Okumura F, Hatakeyama S, Koike T
Journal of cellular and molecular medicine 2009年10月
Ubiquitin-conjugating enzyme UBE2Q2 suppresses cell proliferation and is down-regulated in recurrent head and neck cancer.
Maeda H, Miyajima N, Kano S, Tsukiyama T, Okumura F, Fukuda S, Hatakeyama S
Molecular cancer research : MCR 7(9) 1553-1562 2009年09月
Large-scale proteomic analysis of tyrosine-phosphorylation induced by T-cell receptor or B-cell receptor activation reveals new signaling pathways.
Matsumoto M, Oyamada K, Takahashi H, Sato T, Hatakeyama S, Nakayama KI
Proteomics 9 3549-3563 2009年07月
Human synovial sarcoma proto-oncogene Syt is essential for early embryonic development through the regulation of cell migration.
Kimura T, Sakai M, Tabu K, Wang L, Tsunematsu R, Tsuda M, Sawa H, Nagashima K, Nishihara H, Hatakeyama S, Nakayama K, Ladanyi M, Tanaka S, Nakayama KI
Laboratory investigation; a journal of technical methods and pathology 89(6) 645-656 2009年06月
TRIM36 interacts with the kinetochore protein CENP-H and delays cell cycle progression.
Miyajima N, Maruyama S, Nonomura K, Hatakeyama S
Biochemical and biophysical research communications 381(3) 383-387 2009年04月
Riplet/RNF135, a RING finger protein, ubiquitinates RIG-I to promote interferon-beta induction during the early phase of viral infection.
Oshiumi H, Matsumoto M, Hatakeyama S, Seya T
The Journal of biological chemistry 284(2) 807-817 2009年01月
Inhibition of NF-kappaB signaling via tyrosine phosphorylation of Ymer.
Kameda H, Watanabe M, Bohgaki M, Tsukiyama T, Hatakeyama S
Biochemical and biophysical research communications 378(4) 744-749 2009年01月
Tripartite motif protein 32 facilitates cell growth and migration via degradation of Abl-interactor 2.
Kano S, Miyajima N, Fukuda S, Hatakeyama S
Cancer research 68 5572-5580 2008年07月
TRIM68 regulates ligand-dependent transcription of androgen receptor in prostate cancer cells.
Miyajima N, Maruyama S, Bohgaki M, Kano S, Shigemura M, Shinohara N, Nonomura K, Hatakeyama S
Cancer research 68 3486-3494 2008年05月
Involvement of Ymer in suppression of NF-kappaB activation by regulated interaction with lysine-63-linked polyubiquitin chain.
Bohgaki M, Tsukiyama T, Nakajima A, Maruyama S, Watanabe M, Koike T, Hatakeyama S
Biochimica et biophysica acta 1783 826-837 2008年05月
Ro52 functionally interacts with IgG1 and regulates its quality control via the ERAD system.
Takahata M, Bohgaki M, Tsukiyama T, Kondo T, Asaka M, Hatakeyama S
Molecular immunology 45 2045-2054 2008年04月
Ubiquitylation of epsilon-COP by PIRH2 and regulation of the secretion of PSA.
Maruyama S, Miyajima N, Bohgaki M, Tsukiyama T, Shigemura M, Nonomura K, Hatakeyama S
Molecular and cellular biochemistry 307(1-2) 73-82 2008年01月
Involvement of Rabring7 in EGF receptor degradation as an E3 ligase.
Sakane A, Hatakeyama S, Sasaki T
Biochemical and biophysical research communications 357(4) 1058-1064 2007年06月
Ligand-dependent transcription of estrogen receptor alpha is mediated by the ubiquitin ligase EFP.
Nakajima A, Maruyama S, Bohgaki M, Miyajima N, Tsukiyama T, Sakuragi N, Hatakeyama S
Biochemical and biophysical research communications 357(1) 245-251 2007年05月
Establishment of a newly improved detection system for NF-kappaB activity.
Matsuda M, Tsukiyama T, Bohgaki M, Nonomura K, Hatakeyama S
Immunology letters 109 175-181 2007年04月
APS-mediated ubiquitination of the insulin receptor enhances its internalization, but does not induce its degradation.
Kishi K, Mawatari K, Sakai-Wakamatsu K, Yuasa T, Wang M, Ogura-Sawa M, Nakaya Y, Hatakeyama S, Ebina Y
Endocrine journal 54(1) 77-88 2007年02月
Protection of vincristine-induced neuropathy by WldS expression and the independence of the activity of Nmnat1.
Watanabe M, Tsukiyama T, Hatakeyama S
Neuroscience letters 411 228-232 2007年01月
[Neurodegenerative diseases regulated by ubiquitin-proteasome system]
Hatakeyama S
Rinsho shinkeigaku = Clinical neurology 46 890-892 2006年11月
Degradation of Tob1 mediated by SCFSkp2-dependent ubiquitination.
Hiramatsu Y, Kitagawa K, Suzuki T, Uchida C, Hattori T, Kikuchi H, Oda T, Hatakeyama S, Nakayama KI, Yamamoto T, Konno H, Kitagawa M
Cancer research 66 8477-8483 2006年09月
Elmo1 inhibits ubiquitylation of Dock180.
Makino Y, Tsuda M, Ichihara S, Watanabe T, Sakai M, Sawa H, Nagashima K, Hatakeyama S, Tanaka S
Journal of cell science 119(5) 923-932 2006年03月
Ubiquitylation and degradation of serum-inducible kinase by hVPS18, a RING-H2 type ubiquitin ligase.
Yogosawa S, Hatakeyama S, Nakayama KI, Miyoshi H, Kohsaka S, Akazawa C
The Journal of biological chemistry 280(50) 41619-41627 2005年12月
Mammalian E4 is required for cardiac development and maintenance of the nervous system.
Kaneko-Oshikawa C, Nakagawa T, Yamada M, Yoshikawa H, Matsumoto M, Yada M, Hatakeyama S, Nakayama K, Nakayama KI
Molecular and cellular biology 25(24) 10953-10964 2005年12月
Large-scale analysis of the human ubiquitin-related proteome.
Matsumoto M, Hatakeyama S, Oyamada K, Oda Y, Nishimura T, Nakayama KI
Proteomics 5 4145-4151 2005年11月
Targeted destruction of c-Myc by an engineered ubiquitin ligase suppresses cell transformation and tumor formation.
Hatakeyama S, Watanabe M, Fujii Y, Nakayama KI
Cancer research 65 7874-7879 2005年09月
Cell surface expression of CD147/EMMPRIN is regulated by cyclophilin 60.
Pushkarsky T, Yurchenko V, Vanpouille C, Brichacek B, Vaisman I, Hatakeyama S, Nakayama KI, Sherry B, Bukrinsky MI
The Journal of biological chemistry 280(30) 27866-27871 2005年07月
[Neurodegenerative diseases regulated by ubiquitin-proteasome system]
Hatakeyama S
Seikagaku. The Journal of Japanese Biochemical Society 77 389-399 2005年05月
Noncovalent SUMO-1 binding activity of thymine DNA glycosylase (TDG) is required for its SUMO-1 modification and colocalization with the promyelocytic leukemia protein.
Takahashi H, Hatakeyama S, Saitoh H, Nakayama KI
The Journal of biological chemistry 280(7) 5611-5621 2005年02月
Mapping of ubiquitination sites on target proteins.
Hatakeyama S, Matsumoto M, Nakayama KI
Methods in enzymology 399 277-286 2005年
Functional regulation of FEZ1 by the U-box-type ubiquitin ligase E4B contributes to neuritogenesis.
Okumura F, Hatakeyama S, Matsumoto M, Kamura T, Nakayama KI
The Journal of biological chemistry 279(51) 53533-53543 2004年12月
Cytoplasmic ubiquitin ligase KPC regulates proteolysis of p27(Kip1) at G1 phase.
Kamura T, Hara T, Matsumoto M, Ishida N, Okumura F, Hatakeyama S, Yoshida M, Nakayama K, Nakayama KI
Nature cell biology 6(12) 1229-1235 2004年12月
Small ubiquitin-like modifier 1 (SUMO-1) modification of the synergy control motif of Ad4 binding protein/steroidogenic factor 1 (Ad4BP/SF-1) regulates synergistic transcription between Ad4BP/SF-1 and Sox9.
Komatsu T, Mizusaki H, Mukai T, Ogawa H, Baba D, Shirakawa M, Hatakeyama S, Nakayama KI, Yamamoto H, Kikuchi A, Morohashi K
Molecular endocrinology (Baltimore, Md.) 18 2451-2462 2004年10月
U-box protein carboxyl terminus of Hsc70-interacting protein (CHIP) mediates poly-ubiquitylation preferentially on four-repeat Tau and is involved in neurodegeneration of tauopathy.
Hatakeyama S, Matsumoto M, Kamura T, Murayama M, Chui DH, Planel E, Takahashi R, Nakayama KI, Takashima A
Journal of neurochemistry 91(2) 299-307 2004年10月
Subcellular expression of autoimmune regulator is organized in a spatiotemporal manner.
Akiyoshi H, Hatakeyama S, Pitkänen J, Mouri Y, Doucas V, Kudoh J, Tsurugaya K, Uchida D, Matsushima A, Oshikawa K, Nakayama KI, Shimizu N, Peterson P, Matsumoto M
The Journal of biological chemistry 279(32) 33984-33991 2004年08月
CHIP promotes proteasomal degradation of familial ALS-linked mutant SOD1 by ubiquitinating Hsp/Hsc70.
Urushitani M, Kurisu J, Tateno M, Hatakeyama S, Nakayama K, Kato S, Takahashi R
Journal of neurochemistry 90(1) 231-244 2004年07月
Interaction of U-box-type ubiquitin-protein ligases (E3s) with molecular chaperones.
Hatakeyama S, Matsumoto M, Yada M, Nakayama KI
Genes to cells : devoted to molecular & cellular mechanisms 9(6) 533-548 2004年06月
Phosphorylation-dependent degradation of c-Myc is mediated by the F-box protein Fbw7.
Yada M, Hatakeyama S, Kamura T, Nishiyama M, Tsunematsu R, Imaki H, Ishida N, Okumura F, Nakayama K, Nakayama KI
The EMBO journal 23(10) 2116-2125 2004年05月
Skp2-mediated degradation of p27 regulates progression into mitosis.
Nakayama K, Nagahama H, Minamishima YA, Miyake S, Ishida N, Hatakeyama S, Kitagawa M, Iemura S, Natsume T, Nakayama KI
Developmental cell 6 661-672 2004年05月
Mouse Fbw7/Sel-10/Cdc4 is required for notch degradation during vascular development.
Tsunematsu R, Nakayama K, Oike Y, Nishiyama M, Ishida N, Hatakeyama S, Bessho Y, Kageyama R, Suda T, Nakayama KI
The Journal of biological chemistry 279(10) 9417-9423 2004年03月
Molecular clearance of ataxin-3 is regulated by a mammalian E4.
Matsumoto M, Yada M, Hatakeyama S, Ishimoto H, Tanimura T, Tsuji S, Kakizuka A, Kitagawa M, Nakayama KI
The EMBO journal 23(3) 659-669 2004年02月
AIRE functions as an E3 ubiquitin ligase.
Uchida D, Hatakeyama S, Matsushima A, Han H, Ishido S, Hotta H, Kudoh J, Shimizu N, Doucas V, Nakayama KI, Kuroda N, Matsumoto M
The Journal of experimental medicine 199 167-172 2004年01月
Degradation of p57Kip2 mediated by SCFSkp2-dependent ubiquitylation.
Kamura T, Hara T, Kotoshiba S, Yada M, Ishida N, Imaki H, Hatakeyama S, Nakayama K, Nakayama KI
Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America 100(18) 10231-10236 2003年09月
Impaired degradation of inhibitory subunit of NF-kappa B (I kappa B) and beta-catenin as a result of targeted disruption of the beta-TrCP1 gene.
Nakayama K, Hatakeyama S, Maruyama S, Kikuchi A, Onoé K, Good RA, Nakayama KI
Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America 100(15) 8752-8757 2003年07月
Ubiquitylation as a quality control system for intracellular proteins.
Hatakeyama S, Nakayama KI
Journal of biochemistry 134 1-8 2003年07月
Preferential interaction of TIP120A with Cul1 that is not modified by NEDD8 and not associated with Skp1.
Oshikawa K, Matsumoto M, Yada M, Kamura T, Hatakeyama S, Nakayama KI
Biochemical and biophysical research communications 303(4) 1209-1216 2003年04月
U-box proteins as a new family of ubiquitin ligases.
Hatakeyama S, Nakayama KI
Biochemical and biophysical research communications 302(4) 635-645 2003年03月
Characterization of the mouse gene for the U-box-type ubiquitin ligase UFD2a.
Kaneko C, Hatakeyama S, Matsumoto M, Yada M, Nakayama K, Nakayama KI
Biochemical and biophysical research communications 300(2) 297-304 2003年01月
Formation of Mallory body-like inclusions and cell death induced by deregulated expression of keratin 18.
Nakamichi I, Hatakeyama S, Nakayama KI
Molecular biology of the cell 13 3441-3451 2002年10月
CHIP is associated with Parkin, a gene responsible for familial Parkinson's disease, and enhances its ubiquitin ligase activity.
Imai Y, Soda M, Hatakeyama S, Akagi T, Hashikawa T, Nakayama KI, Takahashi R
Molecular cell 10 55-67 2002年07月
Increased proliferation of B cells and auto-immunity in mice lacking protein kinase Cdelta.
Miyamoto A, Nakayama K, Imaki H, Hirose S, Jiang Y, Abe M, Tsukiyama T, Nagahama H, Ohno S, Hatakeyama S, Nakayama KI
Nature 416(6883) 865-869 2002年04月
Identification of developmentally expressed proteins that functionally interact with Nedd4 ubiquitin ligase.
Murillas R, Simms KS, Hatakeyama S, Weissman AM, Kuehn MR
The Journal of biological chemistry 277(4) 2897-2907 2002年01月

書籍

Advances in Medicine and Biology. Volume 120
渡部 昌、畠山 鎮次
Nova Science Publishers 2017年
次世代がん戦略研究 がん基盤生物学 −革新的シーズ育成に向けて−
畠山 鎮次
南山堂 2013年10月
標準生化学
畠山 鎮次
医学書院 2012年08月
PSA and Prostate Cancer
畠山 鎮次
Nova Science Publishers 2010年
Handbook of Prostate Cancer Cell Research: Growth, Signalling and Survival
畠山 鎮次
Nova Science Publishers 2009年
The Frontiers in Medical Sciences「神経変性疾患のサイエンス」
畠山 鎮次
 2007年12月
Ubiquitin-proteasome system (Methods in Enzymology)
畠山 鎮次
Academic press 2005年
書籍を全て表示する
書籍閉じる
Advances in Medicine and Biology. Volume 120
渡部 昌、畠山 鎮次
Nova Science Publishers 2017年
次世代がん戦略研究 がん基盤生物学 −革新的シーズ育成に向けて−
畠山 鎮次
南山堂 2013年10月
標準生化学
畠山 鎮次
医学書院 2012年08月
PSA and Prostate Cancer
畠山 鎮次
Nova Science Publishers 2010年
Handbook of Prostate Cancer Cell Research: Growth, Signalling and Survival
畠山 鎮次
Nova Science Publishers 2009年
The Frontiers in Medical Sciences「神経変性疾患のサイエンス」
畠山 鎮次
 2007年12月
Ubiquitin-proteasome system (Methods in Enzymology)
畠山 鎮次
Academic press 2005年

講演・口頭発表等

TRIMファミリータンパク質による細胞機能制御
畠山 鎮次
GU Cancer Forum 2017 2017年07月 
TRIMファミリータンパク質が関与する疾患
畠山 鎮次
第24回分子皮膚科学フォーラム 2017年04月 
代謝とがんにおけるTRIMファミリータンパク質の機能
畠山 鎮次
International Symposium for New Aspects of the Ubiquitin Research 2016年12月 
ユビキチンを中核とした翻訳後修飾による多様な生体調節メカニズム
畠山 鎮次
第39回日本分子生物学会年会 2016年12月 
TRIMファミリーユビキチンリガーゼによる生体制御機構
畠山 鎮次
日本生化学会 2015年12月 
TRIMタンパク質の多彩な機能
畠山 鎮次
日本生化学会大会 2013年09月 
Regulation of cellular functions by TRIM proteins
畠山 鎮次
The 35th Naito Conference 2013年07月 
免疫と癌を制御するTRIM型ユビキチンリガーゼ
畠山 鎮次
第40回日本臨床免疫学会 2012年09月 
TRIM proteins in inflammation and carcinogenesis
畠山 鎮次
2nd international symposium: Infection-related cancers 2012年05月 
癌化を制御するTRIMファミリーユビキチンリガーゼ
畠山 鎮次
第21回泌尿器科分子・細胞研究会 2012年02月 
講演・口頭発表等を全て表示する
講演・口頭発表等閉じる
TRIMファミリータンパク質による細胞機能制御
畠山 鎮次
GU Cancer Forum 2017 2017年07月 
TRIMファミリータンパク質が関与する疾患
畠山 鎮次
第24回分子皮膚科学フォーラム 2017年04月 
代謝とがんにおけるTRIMファミリータンパク質の機能
畠山 鎮次
International Symposium for New Aspects of the Ubiquitin Research 2016年12月 
ユビキチンを中核とした翻訳後修飾による多様な生体調節メカニズム
畠山 鎮次
第39回日本分子生物学会年会 2016年12月 
TRIMファミリーユビキチンリガーゼによる生体制御機構
畠山 鎮次
日本生化学会 2015年12月 
TRIMタンパク質の多彩な機能
畠山 鎮次
日本生化学会大会 2013年09月 
Regulation of cellular functions by TRIM proteins
畠山 鎮次
The 35th Naito Conference 2013年07月 
免疫と癌を制御するTRIM型ユビキチンリガーゼ
畠山 鎮次
第40回日本臨床免疫学会 2012年09月 
TRIM proteins in inflammation and carcinogenesis
畠山 鎮次
2nd international symposium: Infection-related cancers 2012年05月 
癌化を制御するTRIMファミリーユビキチンリガーゼ
畠山 鎮次
第21回泌尿器科分子・細胞研究会 2012年02月 
TRIM proteins and cancers
畠山 鎮次
第69回日本癌学会学術総会 2010年09月 
ユビキチンシステム関連酵素の多様性と機能
畠山 鎮次
第10回日本蛋白質科学会年会 2010年06月 
Ubiquitination of ε-COP by PIRH2 and regulation of the secretion of PSA
畠山 鎮次
International Symposium on Membrane Traffic 2007年11月 
細胞内適応制御系としてのユビキチン-プロテアソームシステム
畠山 鎮次
第47回日本適応医学会総会 2007年06月 
神経変性疾患に関与するユビキチンリガーゼ
畠山 鎮次
第47回日本神経学会総会 2006年05月 
ユビキチンリガーゼエンジニアリングによるがん治療
畠山 鎮次
第3回日本癌学会カンファレンス(動物モデルによる新時代のがん研究 発症機構から治療まで 2006年03月 
ユビキチン化による細胞機能制御 –細胞内シグナル・転写・細胞周期・癌-
畠山 鎮次
第33回細胞情報伝達系北海道研究会 2005年11月 
ホルモン受容体の制御系としてのユビキチンリガーゼ群
畠山 鎮次
第64回日本癌学会学術集会 2005年09月 
炎症反応に関与するユビキチン化とリン酸化
畠山 鎮次
第42回日本臨床分子医学会学術集会 2005年07月 

特許

前立腺基底細胞の検出方法
畠山 鎮次、田中 伸哉
特願PCT/JP2013/083915 2013年12月18日
特許を全て表示する
特許閉じる
前立腺基底細胞の検出方法
畠山 鎮次、田中 伸哉
特願PCT/JP2013/083915 2013年12月18日

受賞

2014年06月
日本リウマチ財団 三浦記念リウマチ学術研究賞 リウマチ性疾患における免疫細胞活性化を制御するユビキチン化システムの解明 
2012年11月
公益信託・日本白血病研究基金研究助成事業 一般研究賞 ユビキチン依存性分化制御による白血病治療への展開基盤 
受賞を全て表示する
受賞閉じる
2014年06月
日本リウマチ財団 三浦記念リウマチ学術研究賞 リウマチ性疾患における免疫細胞活性化を制御するユビキチン化システムの解明 
2012年11月
公益信託・日本白血病研究基金研究助成事業 一般研究賞 ユビキチン依存性分化制御による白血病治療への展開基盤 

競争的資金等の研究課題

TRIMファミリータンパク質によるシグナル伝達制御
文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間 : 2015年 - 2017年 代表者 : 畠山 鎮次
カイコ個体内遺伝子導入による実験モデル生物の開発
文部科学省:科学研究費補助金(挑戦的萌芽研究)
研究期間 : 2013年 - 2014年 代表者 : 畠山 鎮次
細胞の増殖分化に関与するTRIM型ユビキチンリガーゼの網羅的解析
文部科学省:科学研究費補助金 (基盤研究(B))
研究期間 : 2012年 - 2014年 代表者 : 畠山 鎮次
ゲノム解析およびプロテオーム解析による頭頸部癌診断・治療の新展開
文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間 : 2010年 - 2012年 代表者 : 福田 諭
カイコ個体内遺伝子発現システムによる疾患モデルの確立
文部科学省:科学研究費補助金(挑戦的萌芽研究)
研究期間 : 2011年 - 2011年 代表者 : 畠山 鎮次
TRIM型ユビキチンリガーゼ介在性癌化制御の網羅的解析
文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間 : 2009年 - 2011年 代表者 : 畠山 鎮次
ユビキチンリガーゼの多様性の解析
文部科学省:科学研究費補助金(特定領域研究)
研究期間 : 2006年 - 2010年 代表者 : 嘉村 巧
プロテオーム解析による頭頸部癌診断・治療の新しい展開
文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間 : 2007年 - 2009年 代表者 : 福田 諭
ハイブリッド型ユビキチン化酵素による神経変性疾患の治療
文部科学省:科学研究費補助金(萌芽研究)
研究期間 : 2006年 - 2007年 代表者 : 畠山 鎮次
TRIMファミリーユビキチンリガーゼの網羅的解析
文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間 : 2006年 - 2007年 代表者 : 畠山 鎮次
競争的資金等の研究課題を全て表示する
競争的資金等の研究課題閉じる
TRIMファミリータンパク質によるシグナル伝達制御
文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間 : 2015年 - 2017年 代表者 : 畠山 鎮次
カイコ個体内遺伝子導入による実験モデル生物の開発
文部科学省:科学研究費補助金(挑戦的萌芽研究)
研究期間 : 2013年 - 2014年 代表者 : 畠山 鎮次
細胞の増殖分化に関与するTRIM型ユビキチンリガーゼの網羅的解析
文部科学省:科学研究費補助金 (基盤研究(B))
研究期間 : 2012年 - 2014年 代表者 : 畠山 鎮次
ゲノム解析およびプロテオーム解析による頭頸部癌診断・治療の新展開
文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間 : 2010年 - 2012年 代表者 : 福田 諭
カイコ個体内遺伝子発現システムによる疾患モデルの確立
文部科学省:科学研究費補助金(挑戦的萌芽研究)
研究期間 : 2011年 - 2011年 代表者 : 畠山 鎮次
TRIM型ユビキチンリガーゼ介在性癌化制御の網羅的解析
文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間 : 2009年 - 2011年 代表者 : 畠山 鎮次
ユビキチンリガーゼの多様性の解析
文部科学省:科学研究費補助金(特定領域研究)
研究期間 : 2006年 - 2010年 代表者 : 嘉村 巧
プロテオーム解析による頭頸部癌診断・治療の新しい展開
文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間 : 2007年 - 2009年 代表者 : 福田 諭
ハイブリッド型ユビキチン化酵素による神経変性疾患の治療
文部科学省:科学研究費補助金(萌芽研究)
研究期間 : 2006年 - 2007年 代表者 : 畠山 鎮次
TRIMファミリーユビキチンリガーゼの網羅的解析
文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間 : 2006年 - 2007年 代表者 : 畠山 鎮次
Pirh2ユビキチンリガーゼによる膜輸送制御
文部科学省:科学研究費補助金(特定領域研究)
研究期間 : 2006年 - 2007年 代表者 : 畠山 鎮次
U-ボックスタンパク質による神経変性疾患関連タンパク質の分解制御
文部科学省:科学研究費補助金(特定領域研究)
研究期間 : 2006年 - 2007年 代表者 : 畠山 鎮次
性ホルモン受容体のユビキチン化介在性分解による癌細胞増殖制御機構
文部科学省:科学研究費補助金(特定領域研究)
研究期間 : 2006年 - 2007年 代表者 : 畠山 鎮次
分子シャペロン関連ユビキチンリガーゼによる異常構造タンパク質の分解制御
文部科学省:科学研究費補助金(特定領域研究)
研究期間 : 2005年 - 2006年 代表者 : 畠山 鎮次
U-ボックスタンパク質による神経変性疾患関連タンパク質の分解制御
文部科学省:科学研究費補助金(特定領域研究)
研究期間 : 2005年 - 2005年 代表者 : 畠山 鎮次
性ホルモン受容体のユヒキチン化介在性分解による癌細胞増殖制御機構
文部科学省:科学研究費補助金(特定領域研究)
研究期間 : 2005年 - 2005年 代表者 : 畠山 鎮次
細胞周期制御因子Kipファミリーの分解制御機構の解析
文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間 : 2004年 - 2005年 代表者 : 嘉村 巧
細胞内タンパク質の特異的分解制御による癌に対する遺伝子治療法の確立
文部科学省:科学研究費補助金(萌芽研究)
研究期間 : 2004年 - 2005年 代表者 : 畠山 鎮次
抗原認識受容体シグナル関連分子の網羅的解析
文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間 : 2004年 - 2005年 代表者 : 畠山 鎮次
人工ハイブリット型ユビキチン連結酵素による癌治療法の開発
文部科学省:科学研究費補助金(特定領域研究)
研究期間 : 2004年 - 2004年 代表者 : 嘉村 巧
異常タンパク質蓄積による神経変性疾患発症の分子機構の解明
文部科学省:科学研究費補助金(特定領域研究)
研究期間 : 2004年 - 2004年 代表者 : 嘉村 巧
CD4サイレンシングの分子機構とリンパ球分化過程におけるRunxの役割の解明
文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間 : 2003年 - 2004年 代表者 : 谷内 一郎
発生工学プロテオミクスを用いたPKC-δシグナル伝達系の解明
文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間 : 2003年 - 2004年 代表者 : 中山 敬一
プロテアソームへのユビキチン化基質のターゲッテング機構の解析
文部科学省:科学研究費補助金(特定領域研究)
研究期間 : 2003年 - 2004年 代表者 : 嘉村 巧
細胞増殖抑制分子p27の分解機構の研究
文部科学省:科学研究費補助金(特定領域研究(C), 特定領域研究)
研究期間 : 2000年 - 2004年 代表者 : 中山 敬一
シグナル伝達を調節するSCFリガーゼ
文部科学省:科学研究費補助金(特定領域研究(B), 特定領域研究)
研究期間 : 2000年 - 2004年 代表者 : 小南 欽一郎, 畠山 鎮次
人工ハイブリット型ユビキチン連結酵素による癌治療法の開発
文部科学省:科学研究費補助金(特定領域研究)
研究期間 : 2003年 - 2003年 代表者 : 嘉村 巧
組織特異的Runx不活性化による発がんモデルマウスの作製と発がんの分子機構の解明
文部科学省:科学研究費補助金(特定領域研究)
研究期間 : 2003年 - 2003年 代表者 : 谷内 一郎
異常タンパク質蓄積による神経変性疾患発症の分子機構の解明
文部科学省:科学研究費補助金(特定領域研究)
研究期間 : 2003年 - 2003年 代表者 : 嘉村 巧
マウスGemininの発生工学的手法を用いた機能解析
文部科学省:科学研究費補助金(特定領域研究)
研究期間 : 2002年 - 2003年 代表者 : 中山 啓子
プロテアソームへのユビキチン化基質のターゲッテング機構の解析
文部科学省:科学研究費補助金(特定領域研究)
研究期間 : 2002年 - 2002年 代表者 : 嘉村 巧
人工ハイブリット型ユビキチン連結酵素による癌治療法の開発
文部科学省:科学研究費補助金(特定領域研究)
研究期間 : 2002年 - 2002年 代表者 : 嘉村 巧
細胞内蛋白の特異的分解制御による癌治療法の確立 -人工受容体を有するユビキチンリガーゼの作製と応用-
文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間 : 2001年 - 2002年 代表者 : 中山 敬一
ポリグルタミン病における異常タンパク質の新規クリアランスシステムの研究
文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間 : 2001年 - 2002年 代表者 : 中山 敬一
異常蛋白質の特異的分解機構を応用した神経変性疾患に対する遺伝子治療法の開発
文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間 : 2001年 - 2002年 代表者 : 畠山 鎮次
神経変性疾患における細胞内封入体のユビキチン介在性分解系の解析と臨床応用
文部科学省:科学研究費補助金(特定領域研究(C))
研究期間 : 2001年 - 2001年 代表者 : 畠山 鎮次
ノックアウトマウスを用いたユビキチンリガーゼの機能解析
文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間 : 2000年 - 2001年 代表者 : 中山 啓子
ユビキチン化酵素複合体の同定及び細胞生物学的解析
文部科学省:科学研究費補助金(奨励研究(A))
研究期間 : 2000年 - 2001年 代表者 : 畠山 鎮次
神経変性疾患における封入体物質のユビキチン化に関わる因子の単離同定と解析
文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間 : 1999年 - 2000年 代表者 : 中山 敬一
細胞周期制御因子の分解機構の解明とノックアウトマウスを用いた発がん研究
文部科学省:科学研究費補助金(特定領域研究(A))
研究期間 : 1999年 - 1999年 代表者 : 中山 啓子
細胞周期調節分子の分解制御に関する研究-マウスSCF複合体の遺伝子クローニングと解析-
文部科学省:科学研究費補助金(特定領域研究(A))
研究期間 : 1999年 - 1999年 代表者 : 畠山 鎮次
癌治療を目指したCDK阻害蛋白質p27Kip1の分解抑制の研究
文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間 : 1998年 - 1999年 代表者 : 北川 雅敏
哺乳動物のS期形成促進因子の同定と発生工学的手法を用いた機能解析
文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間 : 1998年 - 1999年 代表者 : 北川 雅敏
Yeast three-hybrid法によるp53分解に関与する分子の研究
文部科学省:科学研究費補助金(奨励研究(A))
研究期間 : 1998年 - 1999年 代表者 : 畠山 鎮次
サイクリン依存性キナーゼ阻害分子の分解機構の解明
文部科学省:科学研究費補助金(特定領域研究(A))
研究期間 : 1998年 - 1998年 代表者 : 中山 啓子
細胞周期調節分子の分解制御に関する研究 - Yeast three-hybrid法の確立と応用 -
文部科学省:科学研究費補助金(特定領域研究(A))
研究期間 : 1998年 - 1998年 代表者 : 畠山 鎮次
PKCδノックアウトマウス作成による細胞死(アポトーシス)シグナル伝達系の研究
文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間 : 1997年 - 1998年 代表者 : 中山 敬一

教育活動

主要な担当授業

医学研究法Ⅰ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 博士後期課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : タンパク質、糖質、脂質、核酸protein, carbohydrate, lipid, nucleic acid
医学研究法Ⅱ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 博士後期課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : タンパク質、糖質、脂質、核酸protein, carbohydrate, lipid, nucleic acid
医学総論
開講年度 : 2015年
課程区分 : 博士後期課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : タンパク質、シグナル伝達、癌、細胞周期、転写、発生工学protein, signal transduction, cancer, cell cycle, transcription, developmental engineering
基本医学研究Ⅰ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : タンパク質、糖質、脂質、核酸protein, carbohydrate, lipid, nucleic acid
基本医学研究Ⅱ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : タンパク質、糖質、脂質、核酸protein, carbohydrate, lipid, nucleic acid
基本医学研究法Ⅰ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : タンパク質、糖質、脂質、核酸protein, carbohydrate, lipid, nucleic acid
基本医学総論
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : タンパク質、シグナル伝達、癌、細胞周期、転写、発生工学protein, signal transduction, cancer, cell cycle, transcription, developmental engineering
基盤医学研究Ⅰ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 博士後期課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : タンパク質、糖質、脂質、核酸protein, carbohydrate, lipid, nucleic acid
基盤医学研究Ⅱ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 博士後期課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : タンパク質、糖質、脂質、核酸protein, carbohydrate, lipid, nucleic acid
専門医学研究Ⅰ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : タンパク質、糖質、脂質、核酸protein, carbohydrate, lipid, nucleic acid
最新年度を全て表示する
主要な担当授業閉じる
医学研究法Ⅰ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 博士後期課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : タンパク質、糖質、脂質、核酸protein, carbohydrate, lipid, nucleic acid
医学研究法Ⅱ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 博士後期課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : タンパク質、糖質、脂質、核酸protein, carbohydrate, lipid, nucleic acid
医学総論
開講年度 : 2015年
課程区分 : 博士後期課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : タンパク質、シグナル伝達、癌、細胞周期、転写、発生工学protein, signal transduction, cancer, cell cycle, transcription, developmental engineering
基本医学研究Ⅰ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : タンパク質、糖質、脂質、核酸protein, carbohydrate, lipid, nucleic acid
基本医学研究Ⅱ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : タンパク質、糖質、脂質、核酸protein, carbohydrate, lipid, nucleic acid
基本医学研究法Ⅰ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : タンパク質、糖質、脂質、核酸protein, carbohydrate, lipid, nucleic acid
基本医学総論
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : タンパク質、シグナル伝達、癌、細胞周期、転写、発生工学protein, signal transduction, cancer, cell cycle, transcription, developmental engineering
基盤医学研究Ⅰ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 博士後期課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : タンパク質、糖質、脂質、核酸protein, carbohydrate, lipid, nucleic acid
基盤医学研究Ⅱ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 博士後期課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : タンパク質、糖質、脂質、核酸protein, carbohydrate, lipid, nucleic acid
専門医学研究Ⅰ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : タンパク質、糖質、脂質、核酸protein, carbohydrate, lipid, nucleic acid
専門医学研究Ⅱ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : タンパク質、糖質、脂質、核酸protein, carbohydrate, lipid, nucleic acid
専門基礎医学Ⅱ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : タンパク質、核酸、糖質、脂質、酵素Protein, nucleic acid, carbohydrate, lipid, enzyme
生化学Ⅰ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 学士課程
開講学部 : 医学部
キーワード : タンパク質、核酸、糖質、脂質、酵素
生化学実習
開講年度 : 2015年
課程区分 : 学士課程
開講学部 : 医学部
キーワード : タンパク質、核酸、糖質、脂質、酵素
研究発表技法Ⅰ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 医学研究科
研究発表技法Ⅰ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 博士後期課程
開講学部 : 医学研究科
研究発表技法Ⅱ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 医学研究科
研究発表技法Ⅱ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 博士後期課程
開講学部 : 医学研究科
社会と健康Ⅰ(概論・倫理学科目)
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 大学院共通科目
キーワード : 医学・生物学、留学生、英語biomedical science, foreign students, English
遺伝学
開講年度 : 2015年
課程区分 : 学士課程
開講学部 : 医学部
キーワード : 遺伝、メンデルの法則、DNA、ゲノム、染色体、集団遺伝学、システム生物学、バイオインフォマティクス
前年度を全て表示する
主要な担当授業閉じる
医学研究法Ⅰ
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 博士後期課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : タンパク質、核酸
医学研究法Ⅱ
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 博士後期課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : タンパク質、核酸
医学総論
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 博士後期課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : タンパク質、シグナル伝達、癌、細胞周期、転写、発生工学
基本医学研究Ⅰ
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : タンパク質、糖質、脂質、核酸
基本医学研究Ⅱ
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : タンパク質、糖質、脂質、核酸
基本医学研究法Ⅰ
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : タンパク質、糖質、脂質、核酸
基本医学研究法Ⅱ
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : タンパク質、糖質、脂質、核酸
基本医学総論
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : タンパク質、シグナル伝達、癌、細胞周期、転写、発生工学
基盤医学研究Ⅰ
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 博士後期課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : タンパク質、糖質、脂質、核酸
基盤医学研究Ⅱ
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 博士後期課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : タンパク質、糖質、脂質、核酸
専門医学研究Ⅰ
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : タンパク質、糖質、脂質、核酸
専門医学研究Ⅱ
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : タンパク質、糖質、脂質、核酸
専門基礎医学Ⅱ
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : タンパク質、核酸、糖質、脂質、酵素
生化学Ⅰ
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 学士課程
科目学部名 : 医学部
キーワード : タンパク質、核酸、糖質、脂質、酵素
生化学Ⅰ
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 学士課程
科目学部名 : 医学部
生化学実習
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 学士課程
科目学部名 : 医学部
キーワード : タンパク質、核酸、糖質、脂質、酵素
研究発表技法Ⅰ
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 医学研究科
研究発表技法Ⅰ
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 博士後期課程
科目学部名 : 医学研究科
研究発表技法Ⅱ
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 医学研究科
研究発表技法Ⅱ
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 博士後期課程
科目学部名 : 医学研究科
社会と健康Ⅰ(概論・倫理学科目)
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 大学院共通科目
キーワード : 医学・生物学、留学生、英語biomedical science, foreign students, English
遺伝学
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 学士課程
科目学部名 : 医学部
キーワード : 遺伝、メンデルの法則、DNA、ゲノム、染色体、集団遺伝学、システム生物学、バイオインフォマティクス
遺伝学
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 学士課程
科目学部名 : 医学部
前々年度を全て表示する
主要な担当授業閉じる
医学概論
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 学士課程
科目学部名 : 医学部
キーワード : 医療、死生観、医倫理、医療行政、地域医療、基礎医学研究
医学研究法Ⅰ
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 博士後期課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : タンパク質、核酸
医学研究法Ⅱ
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 博士後期課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : タンパク質、核酸
医学総論
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 博士後期課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : タンパク質、シグナル伝達、癌、細胞周期、転写、発生工学
医学総論
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 博士後期課程
科目学部名 : 医学研究科
基本医学研究Ⅰ
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 医学研究科
基本医学研究Ⅰ
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : タンパク質、糖質、脂質、核酸
基本医学研究Ⅱ
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : タンパク質、糖質、脂質、核酸
基本医学研究法Ⅰ
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : タンパク質、糖質、脂質、核酸
基本医学研究法Ⅱ
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : タンパク質、糖質、脂質、核酸
基本医学総論
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : タンパク質、シグナル伝達、癌、細胞周期、転写、発生工学
基盤医学研究Ⅰ
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 博士後期課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : タンパク質、糖質、脂質、核酸
基盤医学研究Ⅱ
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 博士後期課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : タンパク質、糖質、脂質、核酸
専門医学研究Ⅰ
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : タンパク質、糖質、脂質、核酸
専門医学研究Ⅱ
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : タンパク質、糖質、脂質、核酸
専門基礎医学Ⅱ
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : タンパク質、核酸、糖質、脂質、酵素
生化学Ⅰ
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 学士課程
科目学部名 : 医学部
キーワード : タンパク質、核酸、糖質、脂質、酵素
生化学実習
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 学士課程
科目学部名 : 医学部
キーワード : タンパク質、核酸、糖質、脂質、酵素
研究発表技法Ⅰ
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 医学研究科
研究発表技法Ⅰ
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 博士後期課程
科目学部名 : 医学研究科
研究発表技法Ⅱ
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 医学研究科
研究発表技法Ⅱ
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 博士後期課程
科目学部名 : 医学研究科
社会と健康Ⅰ(概論・倫理学科目)
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 大学院共通科目
キーワード : 医学、保健学、歯学、薬学、獣医学、微生物学、生物学、留学生、英語
細胞生物学
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 学士課程
科目学部名 : 医学部
キーワード : 細胞、細胞内小器官、細胞接着、細胞骨格、細胞内代謝、細胞周期、細胞工学
遺伝学
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 学士課程
科目学部名 : 医学部
キーワード : 遺伝、メンデルの法則、DNA、ゲノム、染色体、集団遺伝学、システム生物学、バイオインフォマティクス

大学運営

学内役職歴

2017年04月
-
2019年03月
アイソトープ総合センター長
2017年04月
-
2019年03月
大学院医学研究院副研究院長
2017年04月
-
2019年03月
大学院医学院副学院長
2013年04月
-
2017年03月
研究戦略室室員
2015年04月
-
2017年03月
総長補佐
2015年04月
-
2017年03月
アイソトープ総合センター長
2013年04月
-
2015年03月
アイソトープ総合センター長
2014年04月
-
2015年03月
総長補佐
2013年04月
-
2014年03月
役員補佐
2011年09月
-
2013年08月
大学院医学研究科附属動物実験施設長
学内役職歴を全て表示する
学内役職歴閉じる
2017年04月
-
2019年03月
アイソトープ総合センター長
2017年04月
-
2019年03月
大学院医学研究院副研究院長
2017年04月
-
2019年03月
大学院医学院副学院長
2013年04月
-
2017年03月
研究戦略室室員
2015年04月
-
2017年03月
総長補佐
2015年04月
-
2017年03月
アイソトープ総合センター長
2013年04月
-
2015年03月
アイソトープ総合センター長
2014年04月
-
2015年03月
総長補佐
2013年04月
-
2014年03月
役員補佐
2011年09月
-
2013年08月
大学院医学研究科附属動物実験施設長
2011年04月
-
2013年03月
アイソトープ総合センター長

社会貢献

委員歴

2013年04月
-
現在
北海道医学会 評議員、編集幹事
2012年04月
-
現在
公益財団法人 東洋紡バイオテクノロジー研究財団 評議員
2011年04月
-
現在
北海道地区大学等放射線施設協議会 会長
2004年07月
-
現在
日本生化学会 評議員
委員歴を全て表示する
委員歴閉じる
2013年04月
-
現在
北海道医学会 評議員、編集幹事
2012年04月
-
現在
公益財団法人 東洋紡バイオテクノロジー研究財団 評議員
2011年04月
-
現在
北海道地区大学等放射線施設協議会 会長
2004年07月
-
現在
日本生化学会 評議員

社会貢献

北大セミナーin旭川「がんの原因はどんなことなの?」
期間 : 2016年09月11日 - 2016年09月11日
役割 : 講師
種別 : 出前授業
主催者・発行元 : 北海道大学
立命館慶祥中学校 中学3年生キャリア教育 北海道大学キャンパスツアー「ヒトの遺伝子の異常によって起きる病気」
期間 : 2015年11月18日
役割 : 講師, 企画
種別 : 出前授業
主催者・発行元 : 立命館慶祥中学校
地域別サイエンスセミナーIN留萌:「がんの原因を探る」
期間 : 2014年09月20日
役割 : 講師
種別 : 出前授業
主催者・発行元 : 北海道留萌高等学校
北大セミナーin 旭川「ヒトのからだの化学成分とがんの原因」
期間 : 2014年07月21日
役割 : 講師
種別 : 出前授業
主催者・発行元 : 北海道大学
「がん」はどうしてできるの -遺伝子とタンパク質の研究から-
期間 : 2014年05月27日
役割 : 講師
主催者・発行元 : 北海学園札幌高等学校「進路ガイダンス」
人が病気にかかると体の中で何が起きるのだろうか(札幌市立中央中学校)
期間 : 2013年06月25日
役割 : 講師
種別 : 出前授業
主催者・発行元 : JST「サイエンス・パートナーシップ・プログラム」事業
高校生メディカル講座(地域医療を支える人づくりプロジェクト事業)『医学部に入学後、何をして何になるのか?』
期間 : 2010年07月11日
役割 : 講師
種別 : 講演会
主催者・発行元 : 北海道教育委員会
高校生メディカル講座(地域医療を支える人づくりプロジェクト事業)『生化学・分子生物学の基礎』
期間 : 2010年07月11日
役割 : 講師
種別 : 出前授業
主催者・発行元 : 北海道教育委員会
職業セミナー「医系希望の後輩たちへ」
期間 : 2009年10月15日
役割 : 講師
種別 : 出前授業
主催者・発行元 : 北海道旭川東高等学校
職業セミナー「医系希望の後輩たちへ」
期間 : 2008年10月16日
役割 : 講師
種別 : 出前授業
主催者・発行元 : 北海道旭川東高等学校
社会貢献を全て表示する
社会貢献閉じる
北大セミナーin旭川「がんの原因はどんなことなの?」
期間 : 2016年09月11日 - 2016年09月11日
役割 : 講師
種別 : 出前授業
主催者・発行元 : 北海道大学
立命館慶祥中学校 中学3年生キャリア教育 北海道大学キャンパスツアー「ヒトの遺伝子の異常によって起きる病気」
期間 : 2015年11月18日
役割 : 講師, 企画
種別 : 出前授業
主催者・発行元 : 立命館慶祥中学校
地域別サイエンスセミナーIN留萌:「がんの原因を探る」
期間 : 2014年09月20日
役割 : 講師
種別 : 出前授業
主催者・発行元 : 北海道留萌高等学校
北大セミナーin 旭川「ヒトのからだの化学成分とがんの原因」
期間 : 2014年07月21日
役割 : 講師
種別 : 出前授業
主催者・発行元 : 北海道大学
「がん」はどうしてできるの -遺伝子とタンパク質の研究から-
期間 : 2014年05月27日
役割 : 講師
主催者・発行元 : 北海学園札幌高等学校「進路ガイダンス」
人が病気にかかると体の中で何が起きるのだろうか(札幌市立中央中学校)
期間 : 2013年06月25日
役割 : 講師
種別 : 出前授業
主催者・発行元 : JST「サイエンス・パートナーシップ・プログラム」事業
高校生メディカル講座(地域医療を支える人づくりプロジェクト事業)『医学部に入学後、何をして何になるのか?』
期間 : 2010年07月11日
役割 : 講師
種別 : 講演会
主催者・発行元 : 北海道教育委員会
高校生メディカル講座(地域医療を支える人づくりプロジェクト事業)『生化学・分子生物学の基礎』
期間 : 2010年07月11日
役割 : 講師
種別 : 出前授業
主催者・発行元 : 北海道教育委員会
職業セミナー「医系希望の後輩たちへ」
期間 : 2009年10月15日
役割 : 講師
種別 : 出前授業
主催者・発行元 : 北海道旭川東高等学校
職業セミナー「医系希望の後輩たちへ」
期間 : 2008年10月16日
役割 : 講師
種別 : 出前授業
主催者・発行元 : 北海道旭川東高等学校
北大セミナーin 旭川「北大医学部の教育システムと医学研究の進歩」
期間 : 2006年07月17日
役割 : 講師
種別 : 出前授業
主催者・発行元 : 北海道大学

ページトップへ