北村 朗キタムラ アキラresearchmap個人ページ

更新日 : 2017/09/19

基本情報

プロフィール

所属部署名
先端生命科学研究院 生命機能科学研究部門 細胞機能科学分野
職名助教 
学位
博士(理学)(京都大学)
メールアドレス
ホームページURL
科研費研究者番号

研究キーワード

ポリグルタミン病, 筋萎縮性側索硬化症, タンパク質恒常性, 生細胞イメージング, 蛍光相関分光法, FRAP, 蛍光共鳴エネルギー移動, 神経変性疾患, 分子シャペロン, タンパク質フォールディング, タンパク質凝集体

研究分野

生物科学 / 細胞生物学
生物科学 / 生物物理学
生物科学 / 分子生物学
生物科学 / 機能生物化学
研究分野を全て表示する
研究分野閉じる
生物科学 / 細胞生物学
生物科学 / 生物物理学
生物科学 / 分子生物学
生物科学 / 機能生物化学

職歴

2010年04月
-
現在
北海道大学 大学院先端生命科学研究院(助教)
2017年
-
現在
JSPS(国際共同研究加速基金研究者)
2008年
-
2010年
北海道大学 大学院 先端生命科学研究院 細胞機能科学分野(日本学術振興会特別研究員PD)
2006年
-
2008年
京都大学再生医科学研究所 細胞機能調節学分野(日本学術振興会特別研究員 (DC2))
2005年
-
2008年
京都大学再生医科学研究所 細胞機能調節学分野(大学院生(博士課程))
職歴を全て表示する
職歴閉じる
2010年04月
-
現在
北海道大学 大学院先端生命科学研究院(助教)
2017年
-
現在
JSPS(国際共同研究加速基金研究者)
2008年
-
2010年
北海道大学 大学院 先端生命科学研究院 細胞機能科学分野(日本学術振興会特別研究員PD)
2006年
-
2008年
京都大学再生医科学研究所 細胞機能調節学分野(日本学術振興会特別研究員 (DC2))
2005年
-
2008年
京都大学再生医科学研究所 細胞機能調節学分野(大学院生(博士課程))

学歴

-
2008年
京都大学 大学院理学研究科 生物科学専攻 博士課程修了
-
2005年
京都大学 大学院理学研究科 生物科学専攻 修士課程修了
-
2003年
京都大学 工学部 工業化学科
学歴を全て表示する
学歴閉じる
-
2008年
京都大学 大学院理学研究科 生物科学専攻 博士課程修了
-
2005年
京都大学 大学院理学研究科 生物科学専攻 修士課程修了
-
2003年
京都大学 工学部 工業化学科

所属学協会

日本細胞生物学会
日本生物物理学会
日本分子生物学会
日本RNA学会
所属学協会を全て表示する
所属学協会閉じる
日本細胞生物学会
日本生物物理学会
日本分子生物学会
日本RNA学会

研究活動

論文

Different aggregation states of a nuclear localization signal-tagged 25-kDa C-terminal fragment of TAR RNA/DNA-binding protein 43 kDa
Akira Kitamura, Sachiko Yuno, Hideki Muto, Masataka Kinjo
Genes to Cells 22 521-534 2017年06月
Development of new fusion proteins for visualizing amyloid-beta oligomers in vivo.
Ochiishi T., Doi M., Yamasaki K., Hirose K., Kitamura A., Urabe T., Hattori N., Kinjo M., Ebihara T., Shimura H.
Scientific Reports 6 22712-22712 2016年03月
Dependence of fluorescent protein brightness on protein concentration in solution and enhancement of it.
Morikawa T. J., Fujita H., Kitamura A., Horio T., Yamamoto J., Kinjo M., Sasaki A., Machiyama H., Yoshizawa K., Ichimura T., Imada K., Nagai T., Watanabe T. M.
Scientific Reports 6 22342-22342 2016年02月
Interaction of RNA with a C-terminal fragment of the amyotrophic lateral sclerosis-associated TDP43 reduces cytotoxicity.
Akira Kitamura, Yusaku Nakayama, Ai Shibasaki, Ayami Taki, Sachiko Yuno, Kayo Takeda, Masao Yahara, Naoki Tanabe, Masataka Kinjo
Scientific Reports 6 19230-19230 2016年01月
Efficient and dynamic nuclear localization of green fluorescent protein via RNA binding.
Akira Kitamura, Yusaku Nakayama, Masataka Kinjo
Biochem. Biophys. Res. Commun. 463 401-406 2015年06月
Conformational analysis of misfolded protein aggregation by FRET and live-cell imaging techniques.
Akira Kitamura, Kazuhiro Nagata, Masataka Kinjo
International Journal of Molecular Science 16 6076-6092 2015年03月
蛍光相関分光法とFRETを用いた細胞内タンパク質品質管理機構の解析
北村 朗
バイオイメージング 23(1) 12-17 2014年06月
Moyamoya disease-associated protein mysterin/RNF213 is a novel AAA+ ATPase, which dynamically changes its oligomeric state.
Morito D., Nishikawa K., Hoseki J., Kitamura A., Kotani Y., Kiso K., Kinjo M., Fujiyoshi Y., Nagata K.
Scientific Reports 4 4442 2014年03月
Dysregulation of the proteasome increases the toxicity of ALS-linked mutant SOD1.
Kitamura A., Inada N., Kubota H., Matsumoto G., Kinjo M., Morimoto R.I., Nagata K.
Genes to Cells 19 209-224 2014年03月
Prefoldin prevents aggregation of alpha-synuclein.
Takano M., Tashiro E., Kitamura A., Maita H., Iguchi-Ariga M.M.S., Kinjo M., Ariga H.
Brain Research 1542 186-194 2014年
論文を全て表示する
論文閉じる
Different aggregation states of a nuclear localization signal-tagged 25-kDa C-terminal fragment of TAR RNA/DNA-binding protein 43 kDa
Akira Kitamura, Sachiko Yuno, Hideki Muto, Masataka Kinjo
Genes to Cells 22 521-534 2017年06月
Development of new fusion proteins for visualizing amyloid-beta oligomers in vivo.
Ochiishi T., Doi M., Yamasaki K., Hirose K., Kitamura A., Urabe T., Hattori N., Kinjo M., Ebihara T., Shimura H.
Scientific Reports 6 22712-22712 2016年03月
Dependence of fluorescent protein brightness on protein concentration in solution and enhancement of it.
Morikawa T. J., Fujita H., Kitamura A., Horio T., Yamamoto J., Kinjo M., Sasaki A., Machiyama H., Yoshizawa K., Ichimura T., Imada K., Nagai T., Watanabe T. M.
Scientific Reports 6 22342-22342 2016年02月
Interaction of RNA with a C-terminal fragment of the amyotrophic lateral sclerosis-associated TDP43 reduces cytotoxicity.
Akira Kitamura, Yusaku Nakayama, Ai Shibasaki, Ayami Taki, Sachiko Yuno, Kayo Takeda, Masao Yahara, Naoki Tanabe, Masataka Kinjo
Scientific Reports 6 19230-19230 2016年01月
Efficient and dynamic nuclear localization of green fluorescent protein via RNA binding.
Akira Kitamura, Yusaku Nakayama, Masataka Kinjo
Biochem. Biophys. Res. Commun. 463 401-406 2015年06月
Conformational analysis of misfolded protein aggregation by FRET and live-cell imaging techniques.
Akira Kitamura, Kazuhiro Nagata, Masataka Kinjo
International Journal of Molecular Science 16 6076-6092 2015年03月
蛍光相関分光法とFRETを用いた細胞内タンパク質品質管理機構の解析
北村 朗
バイオイメージング 23(1) 12-17 2014年06月
Moyamoya disease-associated protein mysterin/RNF213 is a novel AAA+ ATPase, which dynamically changes its oligomeric state.
Morito D., Nishikawa K., Hoseki J., Kitamura A., Kotani Y., Kiso K., Kinjo M., Fujiyoshi Y., Nagata K.
Scientific Reports 4 4442 2014年03月
Dysregulation of the proteasome increases the toxicity of ALS-linked mutant SOD1.
Kitamura A., Inada N., Kubota H., Matsumoto G., Kinjo M., Morimoto R.I., Nagata K.
Genes to Cells 19 209-224 2014年03月
Prefoldin prevents aggregation of alpha-synuclein.
Takano M., Tashiro E., Kitamura A., Maita H., Iguchi-Ariga M.M.S., Kinjo M., Ariga H.
Brain Research 1542 186-194 2014年
The interaction of Hsp104 with yeast prion Sup35 as analyzed by fluorescence cross-correlation spectroscopy.
Ohta S., Kawai-Noma S., Kitamura A., Pack C.G., Kinjo M., Taguchi H.
Biochemical and Biophysical Research Communications 442 28-32 2013年12月
Nonmuscle myosin II folds into a 10S form via two portions of tail for dynamic subcellular localization.
Kiboku T, Katoh T, Nakamura A, Kitamura A, Kinjo M, Murakami Y, Takahashi M
Genes to Cells 18(2) 90-109 2013年02月
Prefoldin protects neuronal cells from polyglutamine toxicity by preventing aggregation formation.
Tashiro E., Zako T., Muto H., Ito Y., Sorgjerd K., Terada N., Miyazawa M., Kitamura A., Kitaura H., Kubota H., Maeda M., Momoi T.,Iguchi-Ariga M.M.S., Kinjo M., Ariga H.
Journal of Biological Chemistry 288 19958-19972 2013年
Atg9 vesicles are an important membrane source during early steps of autophagosome formation.
Yamamoto H, Kakuta S, Watanabe TM, Kitamura A, Sekito T, Kondo-Kakuta C, Ichikawa R, Kinjo M, Ohsumi Y
The Journal of cell biology 198(2) 219-233 2012年07月
Direct association of unfolded proteins with mammalian ER stress sensor, IRE1β.
Oikawa D, Kitamura A, Kinjo M, Iwawaki T
PloS one 7 e51290 2012年
Analyzing the aggregation of polyglutamine-expansion proteins and its modulation by molecular chaperones.
Kubota H, Kitamura A, Nagata K
Methods (San Diego, Calif.) 53(3) 267-274 2011年03月
Amyloid oligomers: dynamics and toxicity in the cytosol and nucleus.
Kitamura A, Kubota H
The FEBS journal 277(6) 1369-1379 2010年03月
Autophagic elimination of misfolded procollagen aggregates in the endoplasmic reticulum as a means of cell protection.
Ishida Y., Yamamoto A., Kitamura A., Lamandé S.R., Yoshimori T., Bateman J.F., Kubota H., and Nagata K.
Molecular Biology of the Cell 20 2744-2754 2009年
MKKS is a centrosome-shuttling protein degraded by disease-causing mutations via CHIP-mediated ubiquitination
Hirayama S, Yamazaki Y, Kitamura A., Oda Y, Morito D, Okawa K, Kimura H, Cyr DM, Kubota H, Nagata K.
Molecular Biology of the Cell 19 899-911 2008年
Type I collagen in Hsp47-null cells is aggregated in endoplasmic reticulum and deficient in N-propeptide processing and fibrillogenesis
Ishida Y., Kubota H., Yamamoto A., Kitamura A., Bächinger H.P., Nagata K.
Molecular Biology of the Cell 17 2346-2355 2006年
Cytosolic chaperonin prevents polyglutamine toxicity with altering the aggregation state.
Kitamura A., Kubota H., Pack C.G., Matsumoto G., Hirayama S., Takahashi Y., Kimura H., Kinjo M., Morimoto R.I., Nagata K.
Nature Cell Biology 8(10) 1163-1170 2006年

書籍

新・生細胞蛍光イメージング
北村 朗
共立出版 2015年11月
書籍を全て表示する
書籍閉じる
新・生細胞蛍光イメージング
北村 朗
共立出版 2015年11月

講演・口頭発表等

Basics and application of fluorescence correlation spectroscopy
北村 朗
4th AIST International Imaging Workshop 2017年01月 
FRAP/FCSを用いた分子動態解析を用いた神経変性疾患原因研究の最前線
北村 朗
第39回 日本分子生物学会年会 2016年12月 
FCS and FCCS in living cells
北村 朗
Course Functional Fluorescence Microscopy Imaging (fFMI) in Biomedical Research 2016年11月 
蛍光イメージング手法を用いたALS関連TDP43凝集形成機構の解析
北村 朗
第7回 ALSフォーラム 2016年07月 
Basics and application of fluorescence correlation spectroscopy
北村 朗
3rd AIST International Imaging Workshop 2016年01月 
蛍光相関分光法とFRETを用いた細胞内タンパク質品質管理機構の解析
北村 朗
第55回日本植物生理学会年会 2014年03月 
神経変性疾患に おける細胞内タンパク質恒常性
北村 朗
「医と食の融合によるビジネス創出を目指して」 北大R&BPセミナー 2013年11月 
生細胞内FRET可視化法-フリーソフトウェアImageJを用いた画像演算実習-
北村 朗
第五回「光塾」 2013年09月 
画像相関分光解析実習―点と点の相関性から何がわかるのか?―
佐々木章・北村 朗
第四回「光塾」 2012年08月 
生命科学画像解析における数学の基礎
北村 朗
第三回「光塾」 2011年10月 
講演・口頭発表等を全て表示する
講演・口頭発表等閉じる
Basics and application of fluorescence correlation spectroscopy
北村 朗
4th AIST International Imaging Workshop 2017年01月 
FRAP/FCSを用いた分子動態解析を用いた神経変性疾患原因研究の最前線
北村 朗
第39回 日本分子生物学会年会 2016年12月 
FCS and FCCS in living cells
北村 朗
Course Functional Fluorescence Microscopy Imaging (fFMI) in Biomedical Research 2016年11月 
蛍光イメージング手法を用いたALS関連TDP43凝集形成機構の解析
北村 朗
第7回 ALSフォーラム 2016年07月 
Basics and application of fluorescence correlation spectroscopy
北村 朗
3rd AIST International Imaging Workshop 2016年01月 
蛍光相関分光法とFRETを用いた細胞内タンパク質品質管理機構の解析
北村 朗
第55回日本植物生理学会年会 2014年03月 
神経変性疾患に おける細胞内タンパク質恒常性
北村 朗
「医と食の融合によるビジネス創出を目指して」 北大R&BPセミナー 2013年11月 
生細胞内FRET可視化法-フリーソフトウェアImageJを用いた画像演算実習-
北村 朗
第五回「光塾」 2013年09月 
画像相関分光解析実習―点と点の相関性から何がわかるのか?―
佐々木章・北村 朗
第四回「光塾」 2012年08月 
生命科学画像解析における数学の基礎
北村 朗
第三回「光塾」 2011年10月 
細胞内分子運動の解析-基礎から応用まで熱風のアシスト-
北村 朗
第二回「光塾」 2010年12月 
画像解析プラティカ -ImageJ tipsからフリーウェアを用いた数値解析処理まで-
北村 朗
第一回「光塾」 2009年08月 

競争的資金等の研究課題

タンパク質恒常性による運動機能および寿命制御機構の解明
JSPS:国際共同研究強化
研究期間 : 2017年04月 - 2019年03月 代表者 : 北村 朗
TDP43に潜在する非古典的核内輸送シグナル配列の同定と, 細胞質における神経細胞毒性低減機構の解明
一般社団法人 日本ALS協会:ALS基金
研究期間 : 2016年06月 - 2017年03月 代表者 : 北村 朗
ALSのRNA治療に向けたTDP43のプリオン様構造転移および凝集形成を抑制するRNA分子の同定
三井住友信託銀行公益信託:「生命の彩」ALS研究助成基金
研究期間 : 2016年05月 - 2017年03月 代表者 : 北村 朗
ミスフォールドタンパク質細胞内封入体の統一的命名理論の構築
日本学術振興会:学術研究助成基金助成金 基盤研究(C)
研究期間 : 2014年04月 - 2017年03月 代表者 : 北村 朗
細胞内化学反応解析のための超高速光計測システムの開発
科学技術振興機構:先端計測分析技術・機器開発プログラム
研究期間 : 2013年10月 - 2017年03月 代表者 : 平岡 泰
ALS関連タンパク質凝集体によるRNAメタボリズム変調と神経細胞死機構解析
日本学術振興会:学術研究助成基金助成金 若手研究(B)
研究期間 : 2011年04月 - 2015年03月 代表者 : 北村 朗
多点時空間相関解析法による細胞内分子複合体研究
文部科学省:科研費補助金 基盤研究(S)
研究期間 : 2009年05月 - 2014年03月 代表者 : 金城 政孝
相関分光法を用いた凝集体タンパク質の品質評価の確立
文部科学省:科研費補助金 特定領域研究
研究期間 : 2007年 - 2011年 代表者 : 金城 政孝
競争的資金等の研究課題を全て表示する
競争的資金等の研究課題閉じる
タンパク質恒常性による運動機能および寿命制御機構の解明
JSPS:国際共同研究強化
研究期間 : 2017年04月 - 2019年03月 代表者 : 北村 朗
TDP43に潜在する非古典的核内輸送シグナル配列の同定と, 細胞質における神経細胞毒性低減機構の解明
一般社団法人 日本ALS協会:ALS基金
研究期間 : 2016年06月 - 2017年03月 代表者 : 北村 朗
ALSのRNA治療に向けたTDP43のプリオン様構造転移および凝集形成を抑制するRNA分子の同定
三井住友信託銀行公益信託:「生命の彩」ALS研究助成基金
研究期間 : 2016年05月 - 2017年03月 代表者 : 北村 朗
ミスフォールドタンパク質細胞内封入体の統一的命名理論の構築
日本学術振興会:学術研究助成基金助成金 基盤研究(C)
研究期間 : 2014年04月 - 2017年03月 代表者 : 北村 朗
細胞内化学反応解析のための超高速光計測システムの開発
科学技術振興機構:先端計測分析技術・機器開発プログラム
研究期間 : 2013年10月 - 2017年03月 代表者 : 平岡 泰
ALS関連タンパク質凝集体によるRNAメタボリズム変調と神経細胞死機構解析
日本学術振興会:学術研究助成基金助成金 若手研究(B)
研究期間 : 2011年04月 - 2015年03月 代表者 : 北村 朗
多点時空間相関解析法による細胞内分子複合体研究
文部科学省:科研費補助金 基盤研究(S)
研究期間 : 2009年05月 - 2014年03月 代表者 : 金城 政孝
相関分光法を用いた凝集体タンパク質の品質評価の確立
文部科学省:科研費補助金 特定領域研究
研究期間 : 2007年 - 2011年 代表者 : 金城 政孝

教育活動

主要な担当授業

実験生物科学
開講年度 : 2015年
課程区分 : 学士課程
開講学部 : 理学部
キーワード : 遺伝子解析法、タンパク質解析法、細胞解析法、個体解析法、顕微観察法
生体高分子学実験Ⅱ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 学士課程
開講学部 : 理学部
キーワード : 物理学実験,化学分析実験,有機合成実験,生化学実験, 分子生物学実験,細胞生物学実験、生物物理学実験
細胞構造科学Ⅲ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 学士課程
開講学部 : 理学部
キーワード : 細胞骨格、モータータンパク質、筋収縮、細胞周期、細胞分裂、染色体の複製・分配、紡錘体、がん、代謝、生合成、生体内酸化還元反応、光合成、オルガネラの起源
脳科学研究の展開Ⅱ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 大学院共通科目
高分子機能学基礎実験
開講年度 : 2015年
課程区分 : 学士課程
開講学部 : 理学部
キーワード : 基礎実験手法、物理学実験、化学分析実験、有機合成実験、生化学実験、安全教育、法令
最新年度を全て表示する
主要な担当授業閉じる
実験生物科学
開講年度 : 2015年
課程区分 : 学士課程
開講学部 : 理学部
キーワード : 遺伝子解析法、タンパク質解析法、細胞解析法、個体解析法、顕微観察法
生体高分子学実験Ⅱ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 学士課程
開講学部 : 理学部
キーワード : 物理学実験,化学分析実験,有機合成実験,生化学実験, 分子生物学実験,細胞生物学実験、生物物理学実験
細胞構造科学Ⅲ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 学士課程
開講学部 : 理学部
キーワード : 細胞骨格、モータータンパク質、筋収縮、細胞周期、細胞分裂、染色体の複製・分配、紡錘体、がん、代謝、生合成、生体内酸化還元反応、光合成、オルガネラの起源
脳科学研究の展開Ⅱ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 大学院共通科目
高分子機能学基礎実験
開講年度 : 2015年
課程区分 : 学士課程
開講学部 : 理学部
キーワード : 基礎実験手法、物理学実験、化学分析実験、有機合成実験、生化学実験、安全教育、法令
前年度を全て表示する
主要な担当授業閉じる
実験生物科学
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 学士課程
科目学部名 : 理学部
キーワード : 遺伝子解析法、タンパク質解析法、細胞解析法、個体解析法、顕微観察法
生体高分子学実験Ⅱ
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 学士課程
科目学部名 : 理学部
キーワード : 物理学実験,化学分析実験,有機合成実験,生化学実験, 分子生物学実験,細胞生物学実験、生物物理学実験
細胞構造科学Ⅲ
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 学士課程
科目学部名 : 理学部
キーワード : 細胞骨格、モータータンパク質、筋収縮、細胞周期、細胞分裂、染色体の複製・分配、紡錘体、がん、代謝、生合成、生体内酸化還元反応、光合成、オルガネラの起源
脳科学研究の展開Ⅱ
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 大学院共通科目
高分子機能学基礎実験
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 学士課程
科目学部名 : 理学部
キーワード : 基礎実験手法、物理学実験、化学分析実験、有機合成実験、生化学実験、安全教育、法令
前々年度を全て表示する
主要な担当授業閉じる
実験生物科学
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 学士課程
科目学部名 : 理学部
キーワード : 遺伝子解析法、タンパク質解析法、細胞解析法、個体解析法、顕微観察法
環境と人間
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 学士課程
科目学部名 : 全学教育
キーワード : 生命科学、物質、生物、化学、物理、数学、融合科学、細胞、遺伝子、タンパク質、生体高分子
生体高分子学実験Ⅱ
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 学士課程
科目学部名 : 理学部
キーワード : 物理学実験,化学分析実験,有機合成実験,生化学実験, 分子生物学実験,細胞生物学実験、生物物理学実験
細胞構造科学Ⅲ
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 学士課程
科目学部名 : 理学部
キーワード : 細胞骨格、モータータンパク質、筋収縮、細胞周期、細胞分裂、染色体の複製・分配、紡錘体、がん、代謝、生合成、生体内酸化還元反応、光合成、オルガネラの起源
高分子機能学基礎実験
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 学士課程
科目学部名 : 理学部
キーワード : 基礎実験手法、物理学実験、化学分析実験、有機合成実験、生化学実験、安全教育、法令

社会貢献

委員歴

2012年04月
-
2015年03月
日本生物物理学会 分野別専門委員(タンパク質の品質管理)
2014年
-
2014年
日本生物物理学会第52回年会 実行委員
委員歴を全て表示する
委員歴閉じる
2012年04月
-
2015年03月
日本生物物理学会 分野別専門委員(タンパク質の品質管理)
2014年
-
2014年
日本生物物理学会第52回年会 実行委員

ページトップへ