相沢 智康アイザワ トモヤスresearchmap個人ページ

更新日 : 2018/01/23

基本情報

プロフィール

所属部署名
先端生命科学研究院 先端融合科学研究部門 生命分子科学分野
国際連携研究教育局
職名准教授 
学位
博士(理学)(北海道大学)
修士(理学)(北海道大学)
メールアドレス
ホームページURLhttp://altair.sci.hokudai.ac.jp/g5/
科研費研究者番号

研究キーワード

蛋白質科学, 構造生物学, 蛋白質工学, 核磁気共鳴, 抗菌ペプチド

研究分野

生物科学 / 生物物理学
生物科学 / 構造生物化学
複合化学 / 生体関連化学
農芸化学 / 食品科学
研究分野を全て表示する
研究分野閉じる
生物科学 / 生物物理学
生物科学 / 構造生物化学
複合化学 / 生体関連化学
農芸化学 / 食品科学

職歴

2006年
-
2007年
 北海道大学(大学院先端生命科学研究院) 助手
2001年
-
2006年
 北海道大学(大学院理学研究科生物科学専攻) 助手
2001年
 生物系特定産業技術研究推進機構(富山医科薬科大学) 研究員
2007年
 北海道大学(大学院先端生命科学研究院) 助教授
2007年
- 北海道大学(大学院先端生命科学研究院) 准教授
職歴を全て表示する
職歴閉じる
2006年
-
2007年
 北海道大学(大学院先端生命科学研究院) 助手
2001年
-
2006年
 北海道大学(大学院理学研究科生物科学専攻) 助手
2001年
 生物系特定産業技術研究推進機構(富山医科薬科大学) 研究員
2007年
 北海道大学(大学院先端生命科学研究院) 助教授
2007年
- 北海道大学(大学院先端生命科学研究院) 准教授

学歴

-
2001年
北海道大学 理学研究科 生物科学専攻
-
1998年
北海道大学 理学研究科 生物科学専攻
-
1996年
北海道大学 理学部 高分子学科
学歴を全て表示する
学歴閉じる
-
2001年
北海道大学 理学研究科 生物科学専攻
-
1998年
北海道大学 理学研究科 生物科学専攻
-
1996年
北海道大学 理学部 高分子学科

所属学協会

日本生物物理学会
日本蛋白質科学会
日本核磁気共鳴学会
日本ペプチド学会
日本生化学会
日本農芸化学会
所属学協会を全て表示する
所属学協会閉じる
日本生物物理学会
日本蛋白質科学会
日本核磁気共鳴学会
日本ペプチド学会
日本生化学会
日本農芸化学会

研究活動

論文

Enhanced expression of cysteine-rich antimicrobial peptide snakin-1 in Escherichia coli using an aggregation-prone protein coexpression system.
Kuddus MR, Yamano M, Rumi F, Kikukawa T, Demura M, Aizawa T
Biotechnology progress 2017年05月
Photochemical characterization of actinorhodopsin and its functional existence in the natural host.
Nakamura S, Kikukawa T, Tamogami J, Kamiya M, Aizawa T, Hahn MW, Ihara K, Kamo N, Demura M
Biochimica et biophysica acta 1857(12) 1900-1908 2016年12月
Overexpression of Antimicrobial, Anticancer, and Transmembrane Peptides in Escherichia coli through a Calmodulin-Peptide Fusion System.
Ishida H, Nguyen LT, Gopal R, Aizawa T, Vogel HJ
Journal of the American Chemical Society 138(35) 11318-11326 2016年09月
Expression, purification and characterization of the recombinant cysteine-rich antimicrobial peptide snakin-1 in Pichia pastoris.
Kuddus MR, Rumi F, Tsutsumi M, Takahashi R, Yamano M, Kamiya M, Kikukawa T, Demura M, Aizawa T
Protein expression and purification 122 15-22 2016年06月
Lipopolysaccharide-bound structure of the antimicrobial peptide cecropin P1 determined by nuclear magnetic resonance spectroscopy.
Baek MH, Kamiya M, Kushibiki T, Nakazumi T, Tomisawa S, Abe C, Kumaki Y, Kikukawa T, Demura M, Kawano K, Aizawa T
Journal of peptide science : an official publication of the European Peptide Society 22(4) 214-221 2016年04月
Structure determination of uniformly (13)C, (15)N labeled protein using qualitative distance restraints from MAS solid-state (13)C-NMR observed paramagnetic relaxation enhancement.
Tamaki H, Egawa A, Kido K, Kameda T, Kamiya M, Kikukawa T, Aizawa T, Fujiwara T, Demura M
Journal of biomolecular NMR 64(1) 87-101 2016年01月
In vivo fluorescence correlation spectroscopy analyses of FMBP-1, a silkworm transcription factor.
Tsutsumi M, Muto H, Myoba S, Kimoto M, Kitamura A, Kamiya M, Kikukawa T, Takiya S, Demura M, Kawano K, Kinjo M, Aizawa T
FEBS open bio 6(2) 106-125 2016年01月
Efficient production of a correctly folded mouse α-defensin, cryptdin-4, by refolding during inclusion body solubilization.
Tomisawa S, Sato Y, Kamiya M, Kumaki Y, Kikukawa T, Kawano K, Demura M, Nakamura K, Ayabe T, Aizawa T
Protein expression and purification 112 21-28 2015年08月
Probing the Cl--pumping photocycle of pharaonis halorhodopsin: Examinations with bacterioruberin, an intrinsic dye, and membrane potential-induced modulation of the photocycle.
Kikukawa T, Kusakabe C, Kokubo A, Tsukamoto T, Kamiya M, Aizawa T, Ihara K, Kamo N, Demura M
Biochimica et biophysica acta 1847(8) 748-758 2015年08月
抗菌ペプチド利用の最前線 抗菌ペプチドをプローブとして利用した微生物検出法の開発
相沢智康, 米北太郎, 北條江里
Bio Ind 32(3) 42-48 2015年03月
論文を全て表示する
論文閉じる
Enhanced expression of cysteine-rich antimicrobial peptide snakin-1 in Escherichia coli using an aggregation-prone protein coexpression system.
Kuddus MR, Yamano M, Rumi F, Kikukawa T, Demura M, Aizawa T
Biotechnology progress 2017年05月
Photochemical characterization of actinorhodopsin and its functional existence in the natural host.
Nakamura S, Kikukawa T, Tamogami J, Kamiya M, Aizawa T, Hahn MW, Ihara K, Kamo N, Demura M
Biochimica et biophysica acta 1857(12) 1900-1908 2016年12月
Overexpression of Antimicrobial, Anticancer, and Transmembrane Peptides in Escherichia coli through a Calmodulin-Peptide Fusion System.
Ishida H, Nguyen LT, Gopal R, Aizawa T, Vogel HJ
Journal of the American Chemical Society 138(35) 11318-11326 2016年09月
Expression, purification and characterization of the recombinant cysteine-rich antimicrobial peptide snakin-1 in Pichia pastoris.
Kuddus MR, Rumi F, Tsutsumi M, Takahashi R, Yamano M, Kamiya M, Kikukawa T, Demura M, Aizawa T
Protein expression and purification 122 15-22 2016年06月
Lipopolysaccharide-bound structure of the antimicrobial peptide cecropin P1 determined by nuclear magnetic resonance spectroscopy.
Baek MH, Kamiya M, Kushibiki T, Nakazumi T, Tomisawa S, Abe C, Kumaki Y, Kikukawa T, Demura M, Kawano K, Aizawa T
Journal of peptide science : an official publication of the European Peptide Society 22(4) 214-221 2016年04月
Structure determination of uniformly (13)C, (15)N labeled protein using qualitative distance restraints from MAS solid-state (13)C-NMR observed paramagnetic relaxation enhancement.
Tamaki H, Egawa A, Kido K, Kameda T, Kamiya M, Kikukawa T, Aizawa T, Fujiwara T, Demura M
Journal of biomolecular NMR 64(1) 87-101 2016年01月
In vivo fluorescence correlation spectroscopy analyses of FMBP-1, a silkworm transcription factor.
Tsutsumi M, Muto H, Myoba S, Kimoto M, Kitamura A, Kamiya M, Kikukawa T, Takiya S, Demura M, Kawano K, Kinjo M, Aizawa T
FEBS open bio 6(2) 106-125 2016年01月
Efficient production of a correctly folded mouse α-defensin, cryptdin-4, by refolding during inclusion body solubilization.
Tomisawa S, Sato Y, Kamiya M, Kumaki Y, Kikukawa T, Kawano K, Demura M, Nakamura K, Ayabe T, Aizawa T
Protein expression and purification 112 21-28 2015年08月
Probing the Cl--pumping photocycle of pharaonis halorhodopsin: Examinations with bacterioruberin, an intrinsic dye, and membrane potential-induced modulation of the photocycle.
Kikukawa T, Kusakabe C, Kokubo A, Tsukamoto T, Kamiya M, Aizawa T, Ihara K, Kamo N, Demura M
Biochimica et biophysica acta 1847(8) 748-758 2015年08月
抗菌ペプチド利用の最前線 抗菌ペプチドをプローブとして利用した微生物検出法の開発
相沢智康, 米北太郎, 北條江里
Bio Ind 32(3) 42-48 2015年03月
Proteins causing membrane fouling in membrane bioreactors.
Miyoshi T, Nagai Y, Aizawa T, Kimura K, Watanabe Y
Water science and technology : a journal of the International Association on Water Pollution Research 72(6) 844-849 2015年
Interaction between tachyplesin I, an antimicrobial peptide derived from horseshoe crab, and lipopolysaccharide.
Kushibiki T, Kamiya M, Aizawa T, Kumaki Y, Kikukawa T, Mizuguchi M, Demura M, Kawabata S, Kawano K
Biochimica et biophysica acta 1844 527-534 2014年03月
Role of Thr218 in the light-driven anion pump halorhodopsin from Natronomonas pharaonis.
Shibasaki K, Shigemura H, Kikukawa T, Kamiya M, Aizawa T, Kawano K, Kamo N, Demura M
Biochemistry 52 9257-9268 2013年12月
Overexpression of an antimicrobial peptide derived from C. elegans using an aggregation-prone protein coexpression system.
Tomisawa S, Hojo E, Umetsu Y, Ohki S, Kato Y, Miyazawa M, Mizuguchi M, Kamiya M, Kumaki Y, Kikukawa T, Kawano K, Demura M, Aizawa T
AMB Express 3 45 2013年08月
タンパク質生産と溶解性制御 共発現による封入体化発現法を用いた組換えペプチド生産
相沢智康
Bio Ind 30(7) 35-40 2013年07月
Development of a novel multiplex lateral flow assay using an antimicrobial peptide for the detection of Shiga toxin-producing Escherichia coli.
Yonekita T, Ohtsuki R, Hojo E, Morishita N, Matsumoto T, Aizawa T, Morimatsu F
Journal of microbiological methods 93(3) 251-256 2013年06月
Molecular mechanisms of the cytotoxicity of human α-lactalbumin made lethal to tumor cells (HAMLET) and other protein-oleic acid complexes.
Nakamura T, Aizawa T, Kariya R, Okada S, Demura M, Kawano K, Makabe K, Kuwajima K
The Journal of biological chemistry 288 14408-14416 2013年05月
Role of S-palmitoylation on IFITM5 for the interaction with FKBP11 in osteoblast cells.
Tsukamoto T, Li X, Morita H, Minowa T, Aizawa T, Hanagata N, Demura M
PloS one 8 e75831 2013年
鱗翅目昆虫で働く生体防御タンパク質の構造生物学
相沢 智康, 出村 誠, 河野 敬一
蚕糸・昆虫バイオテック = Sanshi-konchu biotec 81(2) 115-123 2012年08月
Structural characterization of a trapped folding intermediate of pyrrolidone carboxyl peptidase from a hyperthermophile.
Mizuguchi M, Takeuchi M, Ohki S, Nabeshima Y, Kouno T, Aizawa T, Demura M, Kawano K, Yutani K
Biochemistry 51(31) 6089-6096 2012年08月
Homotrimer formation and dissociation of pharaonis halorhodopsin in detergent system.
Tsukamoto T, Sasaki T, Fujimoto KJ, Kikukawa T, Kamiya M, Aizawa T, Kawano K, Kamo N, Demura M
Biophysical journal 102(12) 2906-2915 2012年06月
ラット頭頂骨骨膜下におけるrhBMP-2添加多孔性キトサン/ハイドロキシアパタイト複合体による骨形成
原田 尚樹, 柏崎 晴彦, 赤澤 敏之, 村田 勝, 相沢 智康, 出村 誠, 田中 順三, 飯塚 正, 井上 農夫男
北海道歯学雑誌 32(2) 166-176 2012年03月
Expression of salinarum halorhodopsin in Escherichia coli cells: solubilization in the presence of retinal yields the natural state.
Yamashita Y, Kikukawa T, Tsukamoto T, Kamiya M, Aizawa T, Kawano K, Miyauchi S, Kamo N, Demura M
Biochimica et biophysica acta 1808 2905-2912 2011年12月
The Structure of Physarum polycephalum hemagglutinin I suggests a minimal carbohydrate recognition domain of legume lectin fold.
Kouno T, Watanabe N, Sakai N, Nakamura T, Nabeshima Y, Morita M, Mizuguchi M, Aizawa T, Demura M, Imanaka T, Tanaka I, Kawano K
Journal of molecular biology 405(2) 560-569 2011年01月
Development of an injectable chitosan/marine collagen composite gel.
Wang W, Itoh S, Aizawa T, Okawa A, Sakai K, Ohkuma T, Demura M
Biomedical materials (Bristol, England) 5 065009 2010年12月
STPR, a 23-amino acid tandem repeat domain, found in the human function-unknown protein ZNF821.
Nonaka Y, Muto H, Aizawa T, Okabe E, Myoba S, Yokoyama T, Saito S, Tatami F, Kumaki Y, Kamiya M, Kikukawa T, Mizuguchi M, Takiya S, Kinjo M, Demura M, Kawano K
Biochemistry 49(38) 8367-8375 2010年09月
Polyglutamine tract-binding protein-1 binds to U5-15kD via a continuous 23-residue segment of the C-terminal domain.
Takahashi M, Mizuguchi M, Shinoda H, Aizawa T, Demura M, Okazawa H, Kawano K
Biochimica et biophysica acta 1804 1500-1507 2010年07月
Structure-activity relationship of a novel pentapeptide with cancer cell growth-inhibitory activity.
Kamiya M, Oyauchi K, Sato Y, Yokoyama T, Wang M, Aizawa T, Kumaki Y, Mizuguchi M, Imai K, Demura M, Suzuki K, Kawano K
Journal of peptide science : an official publication of the European Peptide Society 16(5) 242-248 2010年05月
Effect of chloride binding on the thermal trimer-monomer conversion of halorhodopsin in the solubilized system.
Sasaki T, Aizawa T, Kamiya M, Kikukawa T, Kawano K, Kamo N, Demura M
Biochemistry 48(51) 12089-12095 2009年12月
C-terminal elongation of growth-blocking peptide enhances its biological activity and micelle binding affinity.
Umetsu Y, Aizawa T, Muto K, Yamamoto H, Kamiya M, Kumaki Y, Mizuguchi M, Demura M, Hayakawa Y, Kawano K
The Journal of biological chemistry 284(43) 29625-29634 2009年10月
DNA-binding property of the novel DNA-binding domain STPR in FMBP-1 of the silkworm Bombyx mori.
Takiya S, Saito S, Yokoyama T, Matsumoto D, Aizawa T, Kamiya M, Demura M, Kawano K
Journal of biochemistry 146(1) 103-111 2009年07月
Polyglutamine tract binding protein-1 is an intrinsically unstructured protein.
Takahashi M, Mizuguchi M, Shinoda H, Aizawa T, Demura M, Okazawa H, Kawano K
Biochimica et biophysica acta 1794 936-943 2009年06月
A novel peptide mediates aggregation and migration of hemocytes from an insect.
Nakatogawa S, Oda Y, Kamiya M, Kamijima T, Aizawa T, Clark KD, Demura M, Kawano K, Strand MR, Hayakawa Y
Current biology : CB 19 779-785 2009年05月
X-ray crystallography and structural stability of digestive lysozyme from cow stomach.
Nonaka Y, Akieda D, Aizawa T, Watanabe N, Kamiya M, Kumaki Y, Mizuguchi M, Kikukawa T, Demura M, Kawano K
The FEBS journal 276(8) 2192-2200 2009年04月
Role of Arg123 in light-driven anion pump mechanisms of pharaonis halorhodopsin.
Kubo M, Kikukawa T, Miyauchi S, Seki A, Kamiya M, Aizawa T, Kawano K, Kamo N, Demura M
Photochemistry and photobiology 85(2) 547-555 2009年03月
Halorhodopsin from natronomonas pharaonis forms a trimer even in the presence of a detergent, dodecyl-beta-D-maltoside.
Sasaki T, Kubo M, Kikukawa T, Kamiya M, Aizawa T, Kawano K, Kamo N, Demura M
Photochemistry and photobiology 85(1) 130-136 2009年01月
Heat-treatment method for producing fatty acid-bound alpha-lactalbumin that induces tumor cell death.
Kamijima T, Ohmura A, Sato T, Akimoto K, Itabashi M, Mizuguchi M, Kamiya M, Kikukawa T, Aizawa T, Takahashi M, Kawano K, Demura M
Biochemical and biophysical research communications 376(1) 211-214 2008年11月
The structure of S100A11 fragment explains a local structural change induced by phosphorylation.
Kouno T, Mizuguchi M, Sakaguchi M, Makino E, Mori Y, Shinoda H, Aizawa T, Demura M, Huh NH, Kawano K
Journal of peptide science : an official publication of the European Peptide Society 14(10) 1129-1138 2008年10月
Structural properties of the DNA-bound form of a novel tandem repeat DNA-binding domain, STPR.
Saito S, Yokoyama T, Aizawa T, Kawaguchi K, Yamaki T, Matsumoto D, Kamijima T, Kamiya M, Kumaki Y, Mizuguchi M, Takiya S, Demura M, Kawano K
Proteins 72 414-426 2008年07月
Spontaneous asparaginyl deamidation of canine milk lysozyme under mild conditions.
Nonaka Y, Aizawa T, Akieda D, Yasui M, Watanabe M, Watanabe N, Tanaka I, Kamiya M, Mizuguchi M, Demura M, Kawano K
Proteins 72 313-322 2008年07月
Enhanced nerve regeneration through a bilayered chitosan tube: the effect of introduction of glycine spacer into the CYIGSR sequence.
Wang W, Itoh S, Matsuda A, Aizawa T, Demura M, Ichinose S, Shinomiya K, Tanaka J
Journal of biomedical materials research. Part A 85 919-928 2008年06月
Crystal structure of Cel44A, a glycoside hydrolase family 44 endoglucanase from Clostridium thermocellum.
Kitago Y, Karita S, Watanabe N, Kamiya M, Aizawa T, Sakka K, Tanaka I
The Journal of biological chemistry 282(49) 35703-35711 2007年12月
The structure of a novel insect peptide explains its Ca2+ channel blocking and antifungal activities.
Kouno T, Mizuguchi M, Tanaka H, Yang P, Mori Y, Shinoda H, Unoki K, Aizawa T, Demura M, Suzuki K, Kawano K
Biochemistry 46(48) 13733-13741 2007年12月
Equilibrium and kinetics of the folding and unfolding of canine milk lysozyme.
Nakatani H, Maki K, Saeki K, Aizawa T, Demura M, Kawano K, Tomoda S, Kuwajima K
Biochemistry 46(17) 5238-5251 2007年05月
The solution structure of horseshoe crab antimicrobial peptide tachystatin B with an inhibitory cystine-knot motif.
Fujitani N, Kouno T, Nakahara T, Takaya K, Osaki T, Kawabata S, Mizuguchi M, Aizawa T, Demura M, Nishimura S, Kawano K
Journal of peptide science : an official publication of the European Peptide Society 13(4) 269-279 2007年04月
Destabilization of transthyretin by pathogenic mutations in the DE loop.
Takeuchi M, Mizuguchi M, Kouno T, Shinohara Y, Aizawa T, Demura M, Mori Y, Shinoda H, Kawano K
Proteins 66 716-725 2007年02月
Structural approach to a novel tandem repeat DNA-binding domain, STPR, by CD and NMR.
Saito S, Aizawa T, Kawaguchi K, Yamaki T, Matsumoto D, Kamiya M, Kumaki Y, Mizuguchi M, Takiya S, Demura M, Kawano K
Biochemistry 46(7) 1703-1713 2007年02月
Differential scanning calorimetry of a metalloprotein under controlled metal-ion activity.
Yasui M, Miyahara T, Aizawa T, Demura M, Nitta K
The protein journal 25 475-482 2006年12月
A novel N14Y mutation in Connexin26 in keratitis-ichthyosis-deafness syndrome: analyses of altered gap junctional communication and molecular structure of N terminus of mutated Connexin26.
Arita K, Akiyama M, Aizawa T, Umetsu Y, Segawa I, Goto M, Sawamura D, Demura M, Kawano K, Shimizu H
The American journal of pathology 169 416-423 2006年08月
Preparation and observation of fresh-frozen sections of the green fluorescent protein transgenic mouse head.
Tada M, Shinohara Y, Kato I, Hiraga K, Aizawa T, Demura M, Mori Y, Shinoda H, Mizuguchi M, Kawano K
Acta histochemica et cytochemica 39(2) 31-34 2006年04月
N-terminal mutational analysis of the interaction between growth-blocking peptide (GBP) and receptor of insect immune cells.
Watanabe S, Tada M, Aizawa T, Yoshida M, Sugaya T, Taguchi M, Kouno T, Nakamura T, Mizuguchi M, Demura M, Hayakawa Y, Kawano K
Protein and peptide letters 13 815-822 2006年
Effects of the stabilization of the molten globule state on the folding mechanism of alpha-lactalbumin: a study of a chimera of bovine and human alpha-lactalbumin.
Mizuguchi M, Matsuura A, Nabeshima Y, Masaki K, Watanabe M, Aizawa T, Demura M, Nitta K, Mori Y, Shinoda H, Kawano K
Proteins 61 356-365 2005年11月
Disassembling and bleaching of chloride-free pharaonis halorhodopsin by octyl-beta-glucoside.
Kubo M, Sato M, Aizawa T, Kojima C, Kamo N, Mizuguchi M, Kawano K, Demura M
Biochemistry 44(39) 12923-12931 2005年10月
Peptide mimics of epidermal growth factor (EGF) with antagonistic activity.
Nakamura T, Takasugi H, Aizawa T, Yoshida M, Mizuguchi M, Mori Y, Shinoda H, Hayakawa Y, Kawano K
Journal of biotechnology 116(3) 211-219 2005年03月
Interaction of dopamine and acetylcholine with an amphiphilic resorcinarene receptor in aqueous micelle system.
Demura M, Yoshida T, Hirokawa T, Kumaki Y, Aizawa T, Nitta K, Bitter I, Tóth K
Bioorganic & medicinal chemistry letters 15(5) 1367-1370 2005年03月
Role of putative anion-binding sites in cytoplasmic and extracellular channels of Natronomonas pharaonis halorhodopsin.
Sato M, Kubo M, Aizawa T, Kamo N, Kikukawa T, Nitta K, Demura M
Biochemistry 44(12) 4775-4784 2005年03月
The Gly-Gly linker region of the insect cytokine growth-blocking peptide is essential for activity.
Yoshida M, Aizawa T, Nakamura T, Shitara K, Hayakawa Y, Matsubara K, Miura K, Kouno T, Clark KD, Strand MR, Mizuguchi M, Demura M, Nitta K, Kawano K
The Journal of biological chemistry 279(49) 51331-51337 2004年12月
Effect of hydrostatic pressure on conformational changes of canine milk lysozyme between the native, molten globule, and unfolded states.
Watanabe M, Aizawa T, Demura M, Nitta K
Biochimica et biophysica acta 1702 129-136 2004年11月
Volumetric behavior of the molten globule state of canine milk lysozyme.
Watanabe M, Kobashigawa Y, Aizawa T, Demura M, Nitta K
Protein and peptide letters 11 325-330 2004年08月
A non-native alpha-helix is formed in the beta-sheet region of the molten globule state of canine milk lysozyme.
Watanabe M, Kobashigawa Y, Aizawa T, Demura M, Nitta K
The protein journal 23 335-342 2004年07月
Solution structure of epiregulin and the effect of its C-terminal domain for receptor binding affinity.
Sato K, Nakamura T, Mizuguchi M, Miura K, Tada M, Aizawa T, Gomi T, Miyamoto K, Kawano K
FEBS letters 553(3) 232-238 2003年10月
Roles of aromatic residues in the structure and biological activity of the small cytokine, growth-blocking peptide (GBP).
Tada M, Aizawa T, Shinohara Y, Matsubara K, Miura K, Yoshida M, Shitara K, Kouno T, Mizuguchi M, Nitta K, Hayakawa Y, Kawano K
The Journal of biological chemistry 278(12) 10778-10783 2003年03月
Structure determination and conformational change induced by tyrosine phosphorylation of the N-terminal domain of the alpha-chain of pig gastric H+/K+-ATPase.
Fujitani N, Kanagawa M, Aizawa T, Ohkubo T, Kaya S, Demura M, Kawano K, Nishimura S, Taniguchi K, Nitta K
Biochemical and biophysical research communications 300(1) 223-229 2003年01月
Solution structure of paralytic peptide of silkworm, Bombyx mori.
Miura K, Kamimura M, Aizawa T, Kiuchi M, Hayakawa Y, Mizuguchi M, Kawano K
Peptides 23 2111-2116 2002年12月
Structural analysis of an insect lysozyme exhibiting catalytic efficiency at low temperatures.
Matsuura A, Yao M, Aizawa T, Koganesawa N, Masaki K, Miyazawa M, Demura M, Tanaka I, Kawano K, Nitta K
Biochemistry 41(40) 12086-12092 2002年10月
Production and characterization of recombinant tachycitin, the Cys-rich chitin-binding protein.
Suetake T, Aizawa T, Koganesawa N, Osaki T, Kobashigawa Y, Demura M, Kawabata S, Kawano K, Tsuda S, Nitta K
Protein engineering 15 763-769 2002年09月
Expression and purification of a small cytokine growth-blocking peptide from armyworm Pseudaletia separata by an optimized fermentation method using the methylotrophic yeast Pichia pastoris.
Koganesawa N, Aizawa T, Shimojo H, Miura K, Ohnishi A, Demura M, Hayakawa Y, Nitta K, Kawano K
Protein expression and purification 25(3) 416-425 2002年08月
Structure and activity of insect cytokine GBP which stimulates the EGF receptor.
Aizawa T, Hayakawa Y, Nitta K, Kawano K
Molecules and cells 14 1-8 2002年08月
Solution structure of betacellulin, a new member of EGF-family ligands.
Miura K, Doura H, Aizawa T, Tada H, Seno M, Yamada H, Kawano K
Biochemical and biophysical research communications 294(5) 1040-1046 2002年06月
abf-1 and abf-2, ASABF-type antimicrobial peptide genes in Caenorhabditis elegans.
Kato Y, Aizawa T, Hoshino H, Kawano K, Nitta K, Zhang H
The Biochemical journal 361(2) 221-230 2002年01月
Construction of an expression system of insect lysozyme lacking thermal stability: the effect of selection of signal sequence on level of expression in the Pichia pastoris expression system.
Koganesawa N, Aizawa T, Masaki K, Matsuura A, Nimori T, Bando H, Kawano K, Nitta K
Protein engineering 14 705-710 2001年09月
Structure and activity of the insect cytokine growth-blocking peptide. Essential regions for mitogenic and hemocyte-stimulating activities are separate.
Aizawa T, Hayakawa Y, Ohnishi A, Fujitani N, Clark KD, Strand MR, Miura K, Koganesawa N, Kumaki Y, Demura M, Nitta K, Kawano K
The Journal of biological chemistry 276(34) 31813-31818 2001年08月
Thermal stability and enzymatic activity of a smaller lysozyme from silk moth (Bombyx mori).
Masaki K, Aizawa T, Koganesawa N, Nimori T, Bando H, Kawano K, Nitta K
Journal of protein chemistry 20(2) 107-113 2001年02月
In vitro antimicrobial properties of recombinant ASABF, an antimicrobial peptide isolated from the nematode Ascaris suum.
Zhang H, Yoshida S, Aizawa T, Murakami R, Suzuki M, Koganezawa N, Matsuura A, Miyazawa M, Kawano K, Nitta K, Kato Y
Antimicrobial agents and chemotherapy 44(10) 2701-2705 2000年10月
重水素交換を用いた蛋白質の固体吸着部位の固定
河野 敬一, 相沢 智康
生物物理 39(2) 109-112 1999年03月
Solution structure of an insect growth factor, growth-blocking peptide.
Aizawa T, Fujitani N, Hayakawa Y, Ohnishi A, Ohkubo T, Kumaki Y, Kawano K, Hikichi K, Nitta K
The Journal of biological chemistry 274(4) 1887-1890 1999年01月
Adsorption of human lysozyme onto hydroxyapatite. Identification of its adsorbing site using site-directed mutagenesis.
Aizawa T, Koganesawa N, Kamakura A, Masaki K, Matsuura A, Nagadome H, Terada Y, Kawano K, Nitta K
FEBS letters 422(2) 175-178 1998年01月

特許

抗菌ペプチドを用いた微生物の検出方法及び検出用キット
大槻 隆司, 北條 江里, 米北 太郎, 森下 直樹, 松本 貴之, 森松 文毅, 相沢 智康
特願2013-004091 2013年01月11日
組み換え蛋白質の製造方法
相沢 智康, 神谷 昌克, 北條 江里, 出村 誠, 河野 敬一
特願2007-201532 2007年08月02日
神経再生チューブ及びその製造方法
大熊 恒雄, 石川 和裕, 境 勝義, 田中 順三, 出村 誠, 相沢 智康, 伊藤 聰一郎, 吉川 毅, 三田村 智行, 金野 克美, 大市 貴志, 田中 勝
特願2007-040106 2007年02月20日
神経再生チューブ及びその製造方法
大熊 恒雄, 石川 和裕, 境 勝義, 田中 順三, 出村 誠, 相沢 智康, 伊藤 聰一郎, 吉川 毅, 三田村 智行, 金野 克美, 大市 貴志, 田中 勝
特願2007-040106 2007年02月20日
ラクトアルブミン変性物の製造方法
出村 誠, 秋元 薫, 相沢 智康, 河野 敬一
JP2007051546 2007年01月31日
NMRシグナルの帰属方法
相沢 智康, 出村 誠, 河野 敬一
特願2006-076979 2006年03月20日
安定同位体元素を有するポリペプチド混合物の合成方法
相沢 智康, 出村 誠, 河野 敬一
特願2006-076958 2006年03月20日
毛乳頭細胞を活性化するためのサイトカイン
早川 洋一, 相沢 智康, 河野 敬一, 多田 雅人
特願2004-226985 2004年08月03日
毛乳頭細胞を活性化するためのサイトカイン
早川 洋一, 相沢 智康, 河野 敬一, 多田 雅人
特願2004-226985 2004年08月03日
特許を全て表示する
特許閉じる
抗菌ペプチドを用いた微生物の検出方法及び検出用キット
大槻 隆司, 北條 江里, 米北 太郎, 森下 直樹, 松本 貴之, 森松 文毅, 相沢 智康
特願2013-004091 2013年01月11日
組み換え蛋白質の製造方法
相沢 智康, 神谷 昌克, 北條 江里, 出村 誠, 河野 敬一
特願2007-201532 2007年08月02日
神経再生チューブ及びその製造方法
大熊 恒雄, 石川 和裕, 境 勝義, 田中 順三, 出村 誠, 相沢 智康, 伊藤 聰一郎, 吉川 毅, 三田村 智行, 金野 克美, 大市 貴志, 田中 勝
特願2007-040106 2007年02月20日
神経再生チューブ及びその製造方法
大熊 恒雄, 石川 和裕, 境 勝義, 田中 順三, 出村 誠, 相沢 智康, 伊藤 聰一郎, 吉川 毅, 三田村 智行, 金野 克美, 大市 貴志, 田中 勝
特願2007-040106 2007年02月20日
ラクトアルブミン変性物の製造方法
出村 誠, 秋元 薫, 相沢 智康, 河野 敬一
JP2007051546 2007年01月31日
NMRシグナルの帰属方法
相沢 智康, 出村 誠, 河野 敬一
特願2006-076979 2006年03月20日
安定同位体元素を有するポリペプチド混合物の合成方法
相沢 智康, 出村 誠, 河野 敬一
特願2006-076958 2006年03月20日
毛乳頭細胞を活性化するためのサイトカイン
早川 洋一, 相沢 智康, 河野 敬一, 多田 雅人
特願2004-226985 2004年08月03日
毛乳頭細胞を活性化するためのサイトカイン
早川 洋一, 相沢 智康, 河野 敬一, 多田 雅人
特願2004-226985 2004年08月03日

競争的資金等の研究課題

抗菌ペプチドの膜中での構造変化と相互作用の解析
文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間 : 2014年 - 2016年 代表者 : 相沢 智康
タンデムリピートを持つ新規天然変性DNA結合ドメインの揺らぎと分子認識機構の解明
文部科学省:科学研究費補助金(新学術領域研究(研究領域提案型))
研究期間 : 2011年 - 2012年 代表者 : 相沢 智康
多機能サイトカインGBPの生体防御における役割の分子レベルでの解明
文部科学省:科学研究費補助金(若手研究(B))
研究期間 : 2007年 - 2008年 代表者 : 相沢 智康
無脊椎動物由来自然免疫関連タンパク質の分子レベルでの異物認識と応答機構の解析
文部科学省:科学研究費補助金(特定領域研究)
研究期間 : 2004年 - 2005年 代表者 : 相沢 智康
無脊椎動物由来生体防御タンパク質の分子レベルでの異物認識機構の解析
文部科学省:科学研究費補助金(特定領域研究)
研究期間 : 2003年 - 2003年 代表者 : 相沢 智康
多機能サイトカインGBPの受容体動作機構の解析
文部科学省:科学研究費補助金(若手研究(B))
研究期間 : 2002年 - 2003年 代表者 : 相沢 智康
NMR法と遺伝子工学を用いたタンパク質の立体構造と機能の関係の解明
競争的資金等の研究課題を全て表示する
競争的資金等の研究課題閉じる
抗菌ペプチドの膜中での構造変化と相互作用の解析
文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間 : 2014年 - 2016年 代表者 : 相沢 智康
タンデムリピートを持つ新規天然変性DNA結合ドメインの揺らぎと分子認識機構の解明
文部科学省:科学研究費補助金(新学術領域研究(研究領域提案型))
研究期間 : 2011年 - 2012年 代表者 : 相沢 智康
多機能サイトカインGBPの生体防御における役割の分子レベルでの解明
文部科学省:科学研究費補助金(若手研究(B))
研究期間 : 2007年 - 2008年 代表者 : 相沢 智康
無脊椎動物由来自然免疫関連タンパク質の分子レベルでの異物認識と応答機構の解析
文部科学省:科学研究費補助金(特定領域研究)
研究期間 : 2004年 - 2005年 代表者 : 相沢 智康
無脊椎動物由来生体防御タンパク質の分子レベルでの異物認識機構の解析
文部科学省:科学研究費補助金(特定領域研究)
研究期間 : 2003年 - 2003年 代表者 : 相沢 智康
多機能サイトカインGBPの受容体動作機構の解析
文部科学省:科学研究費補助金(若手研究(B))
研究期間 : 2002年 - 2003年 代表者 : 相沢 智康
NMR法と遺伝子工学を用いたタンパク質の立体構造と機能の関係の解明

教育活動

主要な担当授業

分子遺伝科学Ⅰ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 学士課程
開講学部 : 理学部
キーワード : DNA、RNA、タンパク質、染色体、クロマチン、核、エピジェネティクス、複製、分配、転写、翻訳、分子遺伝学、分子生物学、細胞生物学、生化学
分子遺伝科学Ⅱ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 学士課程
開講学部 : 理学部
キーワード : 遺伝子発現、転写調節因子、エピジェネティックス、DNA複製、DNA修復、相同組換え、トランスポゾン、ウイルス、遺伝子重複、系統樹、相同遺伝子、点変異、ヒトゲノム
分析化学概論
開講年度 : 2015年
課程区分 : 学士課程
開講学部 : 理学部
キーワード : 分析化学、機器分析、NMR
国際研究集会企画プログラム
開講年度 : 2015年
課程区分 : 博士後期課程
開講学部 : 生命科学院
キーワード : 研究集会、国際交流
実験生物科学
開講年度 : 2015年
課程区分 : 学士課程
開講学部 : 理学部
キーワード : 遺伝子解析法、タンパク質解析法、細胞解析法、個体解析法、顕微観察法
生体高分子学実験Ⅰ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 学士課程
開講学部 : 理学部
キーワード : 物理学実験,化学分析実験,有機合成実験,生化学実験, 分子生物学実験,細胞生物学実験、生物物理学実験
生命情報分子科学特論
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 生命科学院
キーワード : タンパク質構造、フォールディング、NMR、細胞膜、タンパク質科学、バイオマテリアル、機能性ポリマー、構造生物学、酵素、抗体、膜タンパク質、創薬
生命融合科学概論
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 生命科学院
キーワード : 生命融合科学、生命情報分子科学、生命物質科学、細胞機能科学、生命機能制御科学
生命融合科学概論
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 理工系大学院
キーワード : 生命融合科学、生命情報分子科学、生命物質科学、細胞機能科学、生命機能制御科学
生物系の分析化学
開講年度 : 2015年
課程区分 : 学士課程
開講学部 : 理学部
キーワード : 分析化学、機器分析、NMR
最新年度を全て表示する
主要な担当授業閉じる
分子遺伝科学Ⅰ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 学士課程
開講学部 : 理学部
キーワード : DNA、RNA、タンパク質、染色体、クロマチン、核、エピジェネティクス、複製、分配、転写、翻訳、分子遺伝学、分子生物学、細胞生物学、生化学
分子遺伝科学Ⅱ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 学士課程
開講学部 : 理学部
キーワード : 遺伝子発現、転写調節因子、エピジェネティックス、DNA複製、DNA修復、相同組換え、トランスポゾン、ウイルス、遺伝子重複、系統樹、相同遺伝子、点変異、ヒトゲノム
分析化学概論
開講年度 : 2015年
課程区分 : 学士課程
開講学部 : 理学部
キーワード : 分析化学、機器分析、NMR
国際研究集会企画プログラム
開講年度 : 2015年
課程区分 : 博士後期課程
開講学部 : 生命科学院
キーワード : 研究集会、国際交流
実験生物科学
開講年度 : 2015年
課程区分 : 学士課程
開講学部 : 理学部
キーワード : 遺伝子解析法、タンパク質解析法、細胞解析法、個体解析法、顕微観察法
生体高分子学実験Ⅰ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 学士課程
開講学部 : 理学部
キーワード : 物理学実験,化学分析実験,有機合成実験,生化学実験, 分子生物学実験,細胞生物学実験、生物物理学実験
生命情報分子科学特論
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 生命科学院
キーワード : タンパク質構造、フォールディング、NMR、細胞膜、タンパク質科学、バイオマテリアル、機能性ポリマー、構造生物学、酵素、抗体、膜タンパク質、創薬
生命融合科学概論
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 生命科学院
キーワード : 生命融合科学、生命情報分子科学、生命物質科学、細胞機能科学、生命機能制御科学
生命融合科学概論
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 理工系大学院
キーワード : 生命融合科学、生命情報分子科学、生命物質科学、細胞機能科学、生命機能制御科学
生物系の分析化学
開講年度 : 2015年
課程区分 : 学士課程
開講学部 : 理学部
キーワード : 分析化学、機器分析、NMR
高分子機能学基礎実験
開講年度 : 2015年
課程区分 : 学士課程
開講学部 : 理学部
キーワード : 基礎実験手法、物理学実験、化学分析実験、有機合成実験、生化学実験、安全教育、法令
前年度を全て表示する
主要な担当授業閉じる
分子遺伝科学Ⅰ
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 学士課程
科目学部名 : 理学部
キーワード : DNA、RNA、タンパク質、染色体、クロマチン、核、エピジェネティクス、複製、分配、転写、翻訳、分子遺伝学、分子生物学、細胞生物学、生化学
分子遺伝科学Ⅱ
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 学士課程
科目学部名 : 理学部
キーワード : 遺伝子発現、転写調節因子、エピジェネティックス、DNA複製、DNA修復、相同組換え、トランスポゾン、ウイルス、遺伝子重複、系統樹、相同遺伝子、点変異、ヒトゲノム
分析化学概論
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 学士課程
科目学部名 : 理学部
キーワード : 分析化学、機器分析、NMR
国際研究集会企画プログラム
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 博士後期課程
科目学部名 : 生命科学院
キーワード : 研究集会、国際交流scientific meeting, international communication
実験生物科学
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 学士課程
科目学部名 : 理学部
キーワード : 遺伝子解析法、タンパク質解析法、細胞解析法、個体解析法、顕微観察法
生体高分子学実験Ⅰ
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 学士課程
科目学部名 : 理学部
キーワード : 物理学実験,化学分析実験,有機合成実験,生化学実験, 分子生物学実験,細胞生物学実験,生物物理学実験
生命情報分子科学特論
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 生命科学院
キーワード : タンパク質構造、フォールディング、NMR、細胞膜、タンパク質科学、バイオマテリアル、機能性ポリマー、構造生物学、酵素、抗体、膜タンパク質、創薬【Key Words】protein structure, folding, NMR, plasma membrane, protein science, biomaterials, functional polymers, structural biology, enzyme, antibody, membrane proteins, drug discovery
生命融合科学概論
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 生命科学院
キーワード : 生命融合科学、生命情報分子科学、生命物質科学、細胞機能科学、生命機能制御科学【Key Words】Transdisciplinary Life Science, Bioinformation and Molecular Sciences, Biomaterials Science, Functional Cellular Sciences, Functional and Regulatory Life Sciences
生命融合科学概論
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 理工系大学院
キーワード : 生命融合科学、生命情報分子科学、生命物質科学、細胞機能科学、生命機能制御科学【Key Words】Transdisciplinary Life Science, Bioinformation and Molecular Sciences, Biomaterials Science, Functional Cellular Sciences, Functional and Regulatory Life Sciences
生物系の分析化学
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 学士課程
科目学部名 : 理学部
キーワード : 分析化学、機器分析、NMR
高分子機能学基礎実験
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 学士課程
科目学部名 : 理学部
キーワード : 基礎実験手法、物理学実験、化学分析実験、有機合成実験、生化学実験、安全教育、法令
前々年度を全て表示する
主要な担当授業閉じる
分子遺伝科学Ⅰ
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 学士課程
科目学部名 : 理学部
キーワード : DNA、RNA、タンパク質、染色体、クロマチン、核、エピジェネティクス、複製、分配、転写、翻訳、分子遺伝学、分子生物学、細胞生物学、生化学
分子遺伝科学Ⅱ
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 学士課程
科目学部名 : 理学部
キーワード : 遺伝子発現、転写調節因子、エピジェネティックス、DNA複製、DNA修復、相同組換え、トランスポゾン、ウイルス、遺伝子重複、系統樹、相同遺伝子、点変異、ヒトゲノム
分析化学概論
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 学士課程
科目学部名 : 理学部
キーワード : 分析化学、機器分析、NMR
国際研究集会企画プログラム
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 博士後期課程
科目学部名 : 生命科学院
キーワード : 研究集会、国際交流scientific meeting, international communication
実験生物科学
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 学士課程
科目学部名 : 理学部
キーワード : 遺伝子解析法、タンパク質解析法、細胞解析法、個体解析法、顕微観察法
環境と人間
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 学士課程
科目学部名 : 全学教育
キーワード : 生命科学、物質、生物、化学、物理、数学、融合科学、細胞、遺伝子、タンパク質、生体高分子
生体高分子学実験Ⅱ
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 学士課程
科目学部名 : 理学部
キーワード : 物理学実験,化学分析実験,有機合成実験,生化学実験, 分子生物学実験,細胞生物学実験、生物物理学実験
生命情報分子科学特論
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 生命科学院
キーワード : タンパク質構造、フォールディング、NMR、細胞膜、タンパク質科学、バイオマテリアル、機能性ポリマー、構造生物学、酵素、抗体、膜タンパク質、創薬【Key Words】Protein structure, Folding, NMR, Plasma membrane, Protein Science, Biomaterials, Functional polymers, Structural biology, Enzyme, Antibody, Membrane proteins, Drug discovery
生命融合科学概論
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 生命科学院
キーワード : 生命融合科学、生命情報分子科学、生命物質科学、細胞機能科学、生命機能制御科学【Key Words】Transdisciplinary Life Science, Bioinformation and Molecular Sciences, Biomaterials Science, Functional Cellular Sciences, Functional and Regulatory Life Sciences
生命融合科学概論
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 理工系大学院
キーワード : 生命融合科学、生命情報分子科学、生命物質科学、細胞機能科学、生命機能制御科学【Key Words】Transdisciplinary Life Science, Bioinformation and Molecular Sciences, Biomaterials Science, Functional Cellular Sciences, Functional and Regulatory Life Sciences
生物系の分析化学
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 学士課程
科目学部名 : 理学部
キーワード : 分析化学、機器分析、NMR
高分子機能学基礎実験
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 学士課程
科目学部名 : 理学部
キーワード : 基礎実験手法、物理学実験、化学分析実験、有機合成実験、生化学実験、安全教育、法令

社会貢献

委員歴

2017年
-
2018年
日本生物物理学会 代議員
2010年
-
2012年
日本生物物理学会 ホームページ編集委員長
2009年
-
2011年
日本生物物理学会 学会委員
2009年
-
2011年
日本生物物理学会 運営委員
2007年
-
2010年
日本生物物理学会 ホームページ編集委員
2007年
-
2009年
日本生物物理学会 運営委員
2007年
-
2009年
日本生物物理学会 学会委員
2005年
-
2006年
日本生物物理学会 生物物理編集地区委員
委員歴を全て表示する
委員歴閉じる
2017年
-
2018年
日本生物物理学会 代議員
2010年
-
2012年
日本生物物理学会 ホームページ編集委員長
2009年
-
2011年
日本生物物理学会 学会委員
2009年
-
2011年
日本生物物理学会 運営委員
2007年
-
2010年
日本生物物理学会 ホームページ編集委員
2007年
-
2009年
日本生物物理学会 運営委員
2007年
-
2009年
日本生物物理学会 学会委員
2005年
-
2006年
日本生物物理学会 生物物理編集地区委員

ページトップへ