安井 博宣ヤスイ ヒロノブresearchmap個人ページ

更新日 : 2017/11/17

基本情報

プロフィール

所属部署名
アイソトープ総合センター
職名准教授 
学位
博士(獣医学)(北海道大学)
メールアドレス
ホームページURLhttp://www.hokudai.ac.jp/radiois/
科研費研究者番号

研究キーワード

核医学, イメージング, 放射線生物学, 放射線腫瘍学, 低酸素

研究分野

内科系臨床医学 / 放射線科学
研究分野を全て表示する
研究分野閉じる
内科系臨床医学 / 放射線科学

職歴

2016年04月
-
現在
北海道大学(准教授)
2009年09月
-
2016年03月
北海道大学(助教)
2012年03月
-
2012年08月
米国国立癌研究所/米国国立衛生研究所(客員研究員)
2008年09月
-
2009年08月
米国国立癌研究所/米国国立衛生研究所(博士研究員)
2007年04月
-
2008年08月
日本学術振興会 (日本学術振興会特別研究員)
職歴を全て表示する
職歴閉じる
2016年04月
-
現在
北海道大学(准教授)
2009年09月
-
2016年03月
北海道大学(助教)
2012年03月
-
2012年08月
米国国立癌研究所/米国国立衛生研究所(客員研究員)
2008年09月
-
2009年08月
米国国立癌研究所/米国国立衛生研究所(博士研究員)
2007年04月
-
2008年08月
日本学術振興会 (日本学術振興会特別研究員)

学歴

2004年04月
-
2008年03月
北海道大学 獣医学研究科 獣医学専攻
1998年04月
-
2004年03月
北海道大学 獣医学部 獣医学科
1997年04月
-
1998年03月
大阪大学 理学部 物理学科
学歴を全て表示する
学歴閉じる
2004年04月
-
2008年03月
北海道大学 獣医学研究科 獣医学専攻
1998年04月
-
2004年03月
北海道大学 獣医学部 獣医学科
1997年04月
-
1998年03月
大阪大学 理学部 物理学科

所属学協会

Radiation Research Society
日本癌学会
国際癌治療増感研究協会
日本獣医学会
日本放射線影響学会
日本酸化ストレス学会
電子スピンサイエンス学会
所属学協会を全て表示する
所属学協会閉じる
Radiation Research Society
日本癌学会
国際癌治療増感研究協会
日本獣医学会
日本放射線影響学会
日本酸化ストレス学会
電子スピンサイエンス学会

研究活動

論文

Lipophilic triphenylphosphonium derivatives enhance radiation-induced cell killing via inhibition of mitochondrial energy metabolism in tumor cells.
Yasui H, Yamamoto K, Suzuki M, Sakai Y, Bo T, Nagane M, Nishimura E, Yamamori T, Yamasaki T, Yamada KI, Inanami O
Cancer letters 390 160-167 2017年01月
Feasibility of in vivo three-dimensional T 2* mapping using dicarboxy-PROXYL and CW-EPR-based single-point imaging.
Kubota H, Komarov DA, Yasui H, Matsumoto S, Inanami O, Kirilyuk IA, Khramtsov VV, Hirata H
Magnetic Resonance Materials in Physics, Biology and Medicine (MAGMA) 30(3) 291-298 2017年01月
Metabolic analysis of radioresistant medulloblastoma stem-like clones and potential therapeutic targets.
Sun L, Moritake T, Ito K, Matsumoto Y, Yasui H, Nakagawa H, Hirayama A, Inanami O, Tsuboi K
PloS one 12(4) e0176162 2017年
Analysis of the mechanism of radiation-induced upregulation of mitochondrial abundance in mouse fibroblasts.
Yamamori T, Sasagawa T, Ichii O, Hiyoshi M, Bo T, Yasui H, Kon Y, Inanami O
Journal of radiation research 58(3) 292-301 2016年12月
Dynamic PET evaluation of elevated FLT level after sorafenib treatment in mice bearing human renal cell carcinoma xenograft.
Ukon N, Zhao S, Yu W, Shimizu Y, Nishijima KI, Kubo N, Kitagawa Y, Tamaki N, Higashikawa K, Yasui H, Kuge Y
EJNMMI research 6(1) 90 2016年12月
A Nucleoside Anticancer Drug, 1-(3-C-Ethynyl-β-D-Ribo-Pentofuranosyl)Cytosine, Induces Depth-Dependent Enhancement of Tumor Cell Death in Spread-Out Bragg Peak (SOBP) of Proton Beam.
Maeda K, Yasui H, Yamamori T, Matsuura T, Takao S, Suzuki M, Matsuda A, Inanami O, Shirato H
PloS one 11(11) e0166848 2016年11月
Effect of MPS1 Inhibition on Genotoxic Stress Responses in Murine Tumour Cells.
Suzuki M, Yamamori T, Yasui H, Inanami O
Anticancer research 36(6) 2783-2792 2016年06月
Evaluation of the relative biological effectiveness of spot-scanning proton irradiation in vitro.
Maeda K, Yasui H, Matsuura T, Yamamori T, Suzuki M, Nagane M, Nam JM, Inanami O, Shirato H
Journal of radiation research 57(3) 307-311 2016年02月
Inhibition of the mitochondrial fission protein dynamin-related protein 1 (Drp1) impairs mitochondrial fission and mitotic catastrophe after x-irradiation.
Yamamori T, Ike S, Bo T, Sasagawa T, Sakai Y, Suzuki M, Yamamoto K, Nagane M, Yasui H, Inanami O
Molecular biology of the cell 26(25) 4607-4617 2015年12月
Roles of ROS and PKC-βII in ionizing radiation-induced eNOS activation in human vascular endothelial cells.
Sakata K, Kondo T, Mizuno N, Shoji M, Yasui H, Yamamori T, Inanami O, Yokoo H, Yoshimura N, Hattori Y
Vascular pharmacology 70 55-65 2015年07月
論文を全て表示する
論文閉じる
Lipophilic triphenylphosphonium derivatives enhance radiation-induced cell killing via inhibition of mitochondrial energy metabolism in tumor cells.
Yasui H, Yamamoto K, Suzuki M, Sakai Y, Bo T, Nagane M, Nishimura E, Yamamori T, Yamasaki T, Yamada KI, Inanami O
Cancer letters 390 160-167 2017年01月
Feasibility of in vivo three-dimensional T 2* mapping using dicarboxy-PROXYL and CW-EPR-based single-point imaging.
Kubota H, Komarov DA, Yasui H, Matsumoto S, Inanami O, Kirilyuk IA, Khramtsov VV, Hirata H
Magnetic Resonance Materials in Physics, Biology and Medicine (MAGMA) 30(3) 291-298 2017年01月
Metabolic analysis of radioresistant medulloblastoma stem-like clones and potential therapeutic targets.
Sun L, Moritake T, Ito K, Matsumoto Y, Yasui H, Nakagawa H, Hirayama A, Inanami O, Tsuboi K
PloS one 12(4) e0176162 2017年
Analysis of the mechanism of radiation-induced upregulation of mitochondrial abundance in mouse fibroblasts.
Yamamori T, Sasagawa T, Ichii O, Hiyoshi M, Bo T, Yasui H, Kon Y, Inanami O
Journal of radiation research 58(3) 292-301 2016年12月
Dynamic PET evaluation of elevated FLT level after sorafenib treatment in mice bearing human renal cell carcinoma xenograft.
Ukon N, Zhao S, Yu W, Shimizu Y, Nishijima KI, Kubo N, Kitagawa Y, Tamaki N, Higashikawa K, Yasui H, Kuge Y
EJNMMI research 6(1) 90 2016年12月
A Nucleoside Anticancer Drug, 1-(3-C-Ethynyl-β-D-Ribo-Pentofuranosyl)Cytosine, Induces Depth-Dependent Enhancement of Tumor Cell Death in Spread-Out Bragg Peak (SOBP) of Proton Beam.
Maeda K, Yasui H, Yamamori T, Matsuura T, Takao S, Suzuki M, Matsuda A, Inanami O, Shirato H
PloS one 11(11) e0166848 2016年11月
Effect of MPS1 Inhibition on Genotoxic Stress Responses in Murine Tumour Cells.
Suzuki M, Yamamori T, Yasui H, Inanami O
Anticancer research 36(6) 2783-2792 2016年06月
Evaluation of the relative biological effectiveness of spot-scanning proton irradiation in vitro.
Maeda K, Yasui H, Matsuura T, Yamamori T, Suzuki M, Nagane M, Nam JM, Inanami O, Shirato H
Journal of radiation research 57(3) 307-311 2016年02月
Inhibition of the mitochondrial fission protein dynamin-related protein 1 (Drp1) impairs mitochondrial fission and mitotic catastrophe after x-irradiation.
Yamamori T, Ike S, Bo T, Sasagawa T, Sakai Y, Suzuki M, Yamamoto K, Nagane M, Yasui H, Inanami O
Molecular biology of the cell 26(25) 4607-4617 2015年12月
Roles of ROS and PKC-βII in ionizing radiation-induced eNOS activation in human vascular endothelial cells.
Sakata K, Kondo T, Mizuno N, Shoji M, Yasui H, Yamamori T, Inanami O, Yokoo H, Yoshimura N, Hattori Y
Vascular pharmacology 70 55-65 2015年07月
Downregulation of the DNA repair enzyme apurinic/apyrimidinic endonuclease 1 stimulates transforming growth factor-β1 production and promotes actin rearrangement.
Sakai Y, Yamamori T, Yasui H, Inanami O
Biochemical and biophysical research communications 461(1) 35-41 2015年05月
Activation of eNOS in endothelial cells exposed to ionizing radiation involves components of the DNA damage response pathway.
Nagane M, Yasui H, Sakai Y, Yamamori T, Niwa K, Hattori Y, Kondo T, Inanami O
Biochemical and biophysical research communications 456(1) 541-546 2015年01月
3-Methyl pyruvate enhances radiosensitivity through increasing mitochondria-derived reactive oxygen species in tumor cell lines.
Nishida N, Yasui H, Nagane M, Yamamori T, Inanami O
Journal of radiation research 55 455-463 2014年05月
Radiosensitization of tumor cells through endoplasmic reticulum stress induced by PEGylated nanogel containing gold nanoparticles.
Yasui H, Takeuchi R, Nagane M, Meike S, Nakamura Y, Yamamori T, Ikenaka Y, Kon Y, Murotani H, Oishi M, Nagasaki Y, Inanami O
Cancer letters 347 151-158 2014年05月
In vivo tumour extracellular pH monitoring using electron paramagnetic resonance: the effect of X-ray irradiation.
Goodwin J, Yachi K, Nagane M, Yasui H, Miyake Y, Inanami O, Bobko AA, Khramtsov VV, Hirata H
NMR in biomedicine 27 453-458 2014年04月
ER stress suppresses DNA double-strand break repair and sensitizes tumor cells to ionizing radiation by stimulating proteasomal degradation of Rad51.
Yamamori T, Meike S, Nagane M, Yasui H, Inanami O
FEBS letters 587 3348-3353 2013年10月
Radiation-induced nitric oxide mitigates tumor hypoxia and radioresistance in a murine SCCVII tumor model.
Nagane M, Yasui H, Yamamori T, Zhao S, Kuge Y, Tamaki N, Kameya H, Nakamura H, Fujii H, Inanami O
Biochemical and Biophysical Research Communications 437(3) 420-425 2013年08月
EPR oxygen imaging and hyperpolarized (13) C MRI of pyruvate metabolism as noninvasive biomarkers of tumor treatment response to a glycolysis inhibitor 3-bromopyruvate.
Matsumoto S, Saito K, Yasui H, Morris HD, Munasinghe JP, Lizak M, Merkle H, Ardenkjaer-Larsen JH, Choudhuri R, Devasahayam N, Subramanian S, Koretsky AP, Mitchell JB, Krishna MC
Magnetic Resonance in Medicine 69(5) 1443-1450 2013年05月
The prospective application of a hypoxic radiosensitizer, doranidazole to rat intracranial glioblastoma with blood brain barrier disruption.
Yasui H, Asanuma T, Kino J, Yamamori T, Meike S, Nagane M, Kubota N, Kuwabara M, Inanami O
BMC Cancer 13 106 2013年03月
Vincristine enhances amoeboid-like motility via GEF-H1/RhoA/ROCK/Myosin light chain signaling in MKN45 cells.
Eitaki M, Yamamori T, Meike S, Yasui H, Inanami O
BMC Cancer 12 469 2012年10月
Ionizing radiation induces mitochondrial reactive oxygen species production accompanied by upregulation of mitochondrial electron transport chain function and mitochondrial content under control of the cell cycle checkpoint.
Yamamori T, Yasui H, Yamazumi M, Wada Y, Nakamura Y, Nakamura H, Inanami O
Free Radical Biology & Medicine 53(2) 260-270 2012年07月
Electron paramagnetic resonance imaging of tumor pO₂.
Krishna MC, Matsumoto S, Yasui H, Saito K, Devasahayam N, Subramanian S, Mitchell JB
Radiation research 177 376-386 2012年04月
Longitudinal Imaging Studies of Tumor Microenvironment in Mice Treated with the mTOR Inhibitor Rapamycin.
Saito K, Matsumoto S, Yasui H, Devasahayam N, Subramanian S, Munasinghe JP, Patel V, Gutkind JS, Mitchell JB, Krishna MC
PloS One 7 e49456 2012年
Antiangiogenic agent sunitinib transiently increases tumor oxygenation and suppresses cycling hypoxia.
Matsumoto S, Batra S, Saito K, Yasui H, Choudhuri R, Gadisetti C, Subramanian S, Devasahayam N, Munasinghe JP, Mitchell JB, Krishna MC
Cancer Research 71(20) 6350-6359 2011年10月
A nucleoside anticancer drug, 1-(3-C-ethynyl-β-D-ribo-pentofuranosyl)cytosine (TAS106), sensitizes cells to radiation by suppressing BRCA2 expression.
Meike S, Yamamori T, Yasui H, Eitaki M, Matsuda A, Morimatsu M, Fukushima M, Yamasaki Y, Inanami O
Molecular Cancer 10 92 2011年07月
8-Aminoadenosine enhances radiation-induced cell death in human lung carcinoma A549 cells.
Meike S, Yamamori T, Yasui H, Eitaki M, Matsuda A, Inanami O
Journal of Radiation Research 52(4) 456-463 2011年
Imaging cycling tumor hypoxia.
Matsumoto S, Yasui H, Mitchell JB, Krishna MC
Cancer Research 70(24) 10019-10023 2010年12月
Low-field magnetic resonance imaging to visualize chronic and cycling hypoxia in tumor-bearing mice.
Yasui H, Matsumoto S, Devasahayam N, Munasinghe JP, Choudhuri R, Saito K, Subramanian S, Mitchell JB, Krishna MC
Cancer Research 70(16) 6427-6436 2010年08月
Induction of neurite outgrowth by alpha-phenyl-N-tert-butylnitrone through nitric oxide release and Ras-ERK pathway in PC12 cells.
Yasui H, Ito N, Yamamori T, Nakamura H, Okano J, Asanuma T, Nakajima T, Kuwabara M, Inanami O
Free Radical Research 44(6) 645-654 2010年06月
A novel copper(II) coordination at His186 in full-length murine prion protein.
Watanabe Y, Hiraoka W, Igarashi M, Ito K, Shimoyama Y, Horiuchi M, Yamamori T, Yasui H, Kuwabara M, Inagaki F, Inanami O
Biochemical and Biophysical Research Communications 394(3) 522-528 2010年04月
Simultaneous imaging of tumor oxygenation and microvascular permeability using Overhauser enhanced MRI.
Matsumoto S, Yasui H, Batra S, Kinoshita Y, Bernardo M, Munasinghe JP, Utsumi H, Choudhuri R, Devasahayam N, Subramanian S, Mitchell JB, Krishna MC
Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America 106 17898-17903 2009年10月
Canine neutrophil dysfunction caused by downregulation of beta2-integrin expression without mutation.
Kobayashi S, Sato R, Abe Y, Inanami O, Yasui H, Omoe K, Yasuda J, Hankanga C, Oda S, Sasaki J
Veterinary Immunology and Immunopathology 130 187-196 2009年08月
Redox regulation in radiation-induced cytochrome c release from mitochondria of human lung carcinoma A549 cells.
Ogura A, Oowada S, Kon Y, Hirayama A, Yasui H, Meike S, Kobayashi S, Kuwabara M, Inanami O
Cancer Letters 277 64-71 2009年05月
Inhibition of HIF-1alpha by the anticancer drug TAS106 enhances X-ray-induced apoptosis in vitro and in vivo.
Yasui H, Ogura A, Asanuma T, Matsuda A, Kashiwakura I, Kuwabara M, Inanami O
British Journal of Cancer 99 1442-1452 2008年11月
Visualization of the protective ability of a free radical trapping compound against rat C6 and F98 gliomas with diffusion tensor fiber tractography.
Asanuma T, Doblas S, Tesiram YA, Saunders D, Cranford R, Yasui H, Inanami O, Smith N, Floyd RA, Kotake Y, Towner RA
Journal of Magnetic Resonance Imaging 28 574-587 2008年09月
A BOLD-fMRI study of cerebral activation induced by injection of algesic chemical substances into the anesthetized rat forepaw.
Asanuma T, Yasui H, Sato M, Inanami O, Kuwabara M
The Japanese Journal of Veterinary Research 56 99-107 2008年08月
X irradiation combined with TNF alpha-related apoptosis-inducing ligand (TRAIL) reduces hypoxic regions of human gastric adenocarcinoma xenografts in SCID mice.
Takahashi M, Yasui H, Ogura A, Asanuma T, Kubota N, Tsujitani M, Kuwabara M, Inanami O
Journal of Radiation Research 49(2) 153-161 2008年03月
Radiation-induced apoptosis of tumor cells is facilitated by inhibition of the interaction between Survivin and Smac/DIABLO.
Ogura A, Watanabe Y, Iizuka D, Yasui H, Amitani M, Kobayashi S, Kuwabara M, Inanami O
Cancer Letters 259 71-81 2008年01月
Enhancement of cell death by TNF alpha-related apoptosis-inducing ligand (TRAIL) in human lung carcinoma A549 cells exposed to x rays under hypoxia.
Takahashi M, Inanami O, Kubota N, Tsujitani M, Yasui H, Ogura A, Kuwabara M
Journal of Radiation Research 48(6) 461-468 2007年11月
A new amphiphilic derivative, N-{[4-(lactobionamido)methyl]benzylidene}-1,1-dimethyl-2-(octylsulfanyl)ethylamine N-oxide, has a protective effect against copper-induced fulminant hepatitis in Long-Evans Cinnamon rats at an extremely low concentration comp
Asanuma T, Yasui H, Inanami O, Waki K, Takahashi M, Iizuka D, Uemura T, Durand G, Polidori A, Kon Y, Pucci B, Kuwabara M
Chemistry & Biodiversity 4 2253-2267 2007年09月
Treatment combining X-irradiation and a ribonucleoside anticancer drug, TAS106, effectively suppresses the growth of tumor cells transplanted in mice.
Yasui H, Inanami O, Asanuma T, Iizuka D, Nakajima T, Kon Y, Matsuda A, Kuwabara M
International Journal of Radiation Oncology, Biology, Physics 68 218-228 2007年05月
Oral administration of Antioxidant Biofactor (AOBtrade mark) ameliorates ischemia/reperfusion- induced neuronal death in the gerbil.
Yasui H, Asanuma T, Watanabe Y, Waki K, Inanami O, Kuwabara M
BioFactors 29 113-121 2007年

書籍

放射線生物学
安井 博宣
近代出版 2015年03月
酸化ストレスの医学 改訂第二版
安井 博宣
 2014年09月
小動物の実践歯科学
安井 博宣
緑書房 2013年03月
酸化ストレスの医学 第一版
安井 博宣
診断と治療社 2008年
書籍を全て表示する
書籍閉じる
放射線生物学
安井 博宣
近代出版 2015年03月
酸化ストレスの医学 改訂第二版
安井 博宣
 2014年09月
小動物の実践歯科学
安井 博宣
緑書房 2013年03月
酸化ストレスの医学 第一版
安井 博宣
診断と治療社 2008年

受賞

2015年11月
電子スピンサイエンス学会 電子スピンサイエンス学会奨励賞 
2015年09月
日本放射線影響学会 放射線ワークショップ優秀発表賞 
2014年03月
Informa Healthcare Young Investigator Award 2014 
2012年02月
19th JSPS Core-to-Core Seminar Winter School Young Investigator Award 
2010年11月
第49回電子スピンサイエンス学会年会若手優秀発表賞 
受賞を全て表示する
受賞閉じる
2015年11月
電子スピンサイエンス学会 電子スピンサイエンス学会奨励賞 
2015年09月
日本放射線影響学会 放射線ワークショップ優秀発表賞 
2014年03月
Informa Healthcare Young Investigator Award 2014 
2012年02月
19th JSPS Core-to-Core Seminar Winter School Young Investigator Award 
2010年11月
第49回電子スピンサイエンス学会年会若手優秀発表賞 

競争的資金等の研究課題

固形腫瘍における転写調節因子Id蛋白質の発現と放射線応答に果たす役割の解明
文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間 : 2015年 - 2017年 代表者 : 安井 博宣
定量的がん研究のためのマルチパラメータ電子スピン共鳴イメージング法に関する研究
文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(A))
研究期間 : 2014年 - 2017年 代表者 : 平田 拓
放射線治療後のがん細胞転移に及ぼす間欠的低酸素の影響評価とその制御を目指した研究
文部科学省:科学研究費補助金(若手研究(B))
研究期間 : 2013年 - 2014年 代表者 : 安井 博宣
低酸素ダイナミクスに着目した悪性グリオーマの病態解明と効果的治療法の検討
文部科学省:科学研究費補助金(挑戦的萌芽研究)
研究期間 : 2012年 - 2013年 代表者 : 稲波 修
間欠的低酸素曝露によるがん細胞の放射線抵抗性獲得の分子メカニズムの解明
文部科学省:科学研究費補助金(若手研究(B))
研究期間 : 2011年 - 2012年 代表者 : 安井 博宣
競争的資金等の研究課題を全て表示する
競争的資金等の研究課題閉じる
固形腫瘍における転写調節因子Id蛋白質の発現と放射線応答に果たす役割の解明
文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間 : 2015年 - 2017年 代表者 : 安井 博宣
定量的がん研究のためのマルチパラメータ電子スピン共鳴イメージング法に関する研究
文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(A))
研究期間 : 2014年 - 2017年 代表者 : 平田 拓
放射線治療後のがん細胞転移に及ぼす間欠的低酸素の影響評価とその制御を目指した研究
文部科学省:科学研究費補助金(若手研究(B))
研究期間 : 2013年 - 2014年 代表者 : 安井 博宣
低酸素ダイナミクスに着目した悪性グリオーマの病態解明と効果的治療法の検討
文部科学省:科学研究費補助金(挑戦的萌芽研究)
研究期間 : 2012年 - 2013年 代表者 : 稲波 修
間欠的低酸素曝露によるがん細胞の放射線抵抗性獲得の分子メカニズムの解明
文部科学省:科学研究費補助金(若手研究(B))
研究期間 : 2011年 - 2012年 代表者 : 安井 博宣

教育活動

主要な担当授業

アカデミックイングリッシュ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 博士後期課程
開講学部 : 獣医学研究科
アカデミックイングリッシュ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 博士後期課程
開講学部 : 獣医学研究科
基礎放射線学実習
開講年度 : 2015年
課程区分 : 学士課程
開講学部 : 獣医学部
放射線獣医療・画像診断学実習
開講年度 : 2015年
課程区分 : 学士課程
開講学部 : 獣医学部
キーワード : 画像診断 X線 超音波 CT 造影検査 放射線防護
放射線生物学
開講年度 : 2015年
課程区分 : 学士課程
開講学部 : 獣医学部
キーワード : 放射線、放射性同位元素、放射線単位、線量測定、防護、生物影響、人体に及ぼす影響、放射線感受性、放射線防護関連法令
放射線生物学演習
開講年度 : 2015年
課程区分 : 学士課程
開講学部 : 獣医学部
キーワード : 放射線生物学、放射線の生物影響、放射線計測
放射線生物学演習
開講年度 : 2015年
課程区分 : 学士課程
開講学部 : 獣医学部
獣医科学基礎科目B 環境放射線生物学
開講年度 : 2015年
課程区分 : 博士後期課程
開講学部 : 獣医学研究科
環境獣医科学特論
開講年度 : 2015年
課程区分 : 博士後期課程
開講学部 : 獣医学研究科
最新年度を全て表示する
主要な担当授業閉じる
アカデミックイングリッシュ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 博士後期課程
開講学部 : 獣医学研究科
アカデミックイングリッシュ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 博士後期課程
開講学部 : 獣医学研究科
基礎放射線学実習
開講年度 : 2015年
課程区分 : 学士課程
開講学部 : 獣医学部
放射線獣医療・画像診断学実習
開講年度 : 2015年
課程区分 : 学士課程
開講学部 : 獣医学部
キーワード : 画像診断 X線 超音波 CT 造影検査 放射線防護
放射線生物学
開講年度 : 2015年
課程区分 : 学士課程
開講学部 : 獣医学部
キーワード : 放射線、放射性同位元素、放射線単位、線量測定、防護、生物影響、人体に及ぼす影響、放射線感受性、放射線防護関連法令
放射線生物学演習
開講年度 : 2015年
課程区分 : 学士課程
開講学部 : 獣医学部
キーワード : 放射線生物学、放射線の生物影響、放射線計測
放射線生物学演習
開講年度 : 2015年
課程区分 : 学士課程
開講学部 : 獣医学部
獣医科学基礎科目B 環境放射線生物学
開講年度 : 2015年
課程区分 : 博士後期課程
開講学部 : 獣医学研究科
環境獣医科学特論
開講年度 : 2015年
課程区分 : 博士後期課程
開講学部 : 獣医学研究科
前年度を全て表示する
主要な担当授業閉じる
基礎放射線学実習
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 学士課程
科目学部名 : 獣医学部
放射線獣医療・画像診断学実習
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 学士課程
科目学部名 : 獣医学部
キーワード : 画像診断 X線 超音波 CT 造影検査 放射線防護
放射線生物学
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 学士課程
科目学部名 : 獣医学部
キーワード : 放射線、放射性同位元素、放射線単位、線量測定、防護、生物影響、人体に及ぼす影響、放射線感受性、放射線防護関連法令
放射線生物学演習
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 学士課程
科目学部名 : 獣医学部
キーワード : 放射線、活性酸素・フリーラジカル、酸化ストレス、放射線治療、イメージング、原子力、環境放射能
放射線生物学演習
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 学士課程
科目学部名 : 獣医学部
キーワード : 放射線生物学、放射線の生物影響、放射線計測
獣医科学基礎科目B 環境放射線生物学
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 博士後期課程
科目学部名 : 獣医学研究科
環境獣医科学特論
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 博士後期課程
科目学部名 : 獣医学研究科
前々年度を全て表示する
主要な担当授業閉じる
基礎放射線学実習
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 学士課程
科目学部名 : 獣医学部
キーワード : 放射線、放射性同位体、X線発生装置、放射線の生物影響
放射線生物学
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 学士課程
科目学部名 : 獣医学部
キーワード : 放射線、放射性同位元素、放射線単位、線量測定、防護、生物影響、人体に及ぼす影響、放射線感受性、放射線防護関連法令
放射線生物学演習
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 学士課程
科目学部名 : 獣医学部
キーワード : 放射線、活性酸素・フリーラジカル、酸化ストレス、放射線治療、イメージング、原子力、環境放射能
放射線生物学演習
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 学士課程
科目学部名 : 獣医学部
キーワード : 放射線生物学、放射線の生物影響、放射性同位体
獣医科学基礎科目B 環境放射線生物学
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 博士後期課程
科目学部名 : 獣医学研究科
環境獣医科学特論
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 博士後期課程
科目学部名 : 獣医学研究科

社会貢献

委員歴

2015年04月
-
現在
電子スピンサイエンス学会 電子スピンサイエンス編集委員
2015年01月
-
現在
若手放射線生物学研究会 副運営委員
2013年01月
-
2013年12月
若手放射線生物学研究会 運営委員
委員歴を全て表示する
委員歴閉じる
2015年04月
-
現在
電子スピンサイエンス学会 電子スピンサイエンス編集委員
2015年01月
-
現在
若手放射線生物学研究会 副運営委員
2013年01月
-
2013年12月
若手放射線生物学研究会 運営委員

ページトップへ