研究者データベース

後藤 允(ゴトウ マコト)
経済学研究院 会計情報部門 会計情報分野
准教授

基本情報

所属

  • 経済学研究院 会計情報部門 会計情報分野

職名

  • 准教授

学位

  • 博士(工学)(早稲田大学)

ホームページURL

J-Global ID

研究キーワード

  • 確率制御   リアルオプション   コーポレートファイナンス   M&A   設備投資   ゲーム理論   

研究分野

  • 社会基盤(土木・建築・防災) / 安全工学
  • 社会基盤(土木・建築・防災) / 社会システム工学

学歴

  • 2001年04月 - 2006年03月   早稲田大学   大学院理工学研究科   経営システム工学専攻
  • 1997年04月 - 2001年03月   早稲田大学   理工学部   経営システム工学科

所属学協会

  • 日本オペレーションズ・リサーチ学会   日本リアルオプション学会   

研究活動情報

論文

  • Makoto Goto, Katsumasa Nishide, Ryuta Takashima
    JOURNAL OF BANKING & FINANCE 81 207 - 220 2017年08月 [査読有り][通常論文]
     
    We study an investment problem in which two asymmetric firms face competition and the regime characterizing the economic condition follows a Markov switching process. We derive the value functions and investment thresholds of the leader and follower. The option value of regime uncertainty is found to be quite important for the investment decision of firms. We also show the relationship between the equity risk premium and the economic cycle that has not been done in previous studies, which proxy economic conditions by the level of demand or other state variables. (C) 2016 Elsevier B.V. All rights reserved.
  • SUZUKI Hiroto, GOTO Makoto, OHNO Takahiro
    International Journal of Real Options and Strategy 3 1 - 12 2015年12月 [査読有り][通常論文]
  • Makoto Goto, Teruyoshi Suzuki
    Review of Financial Economics 27 16 - 27 2015年11月01日 [査読有り][通常論文]
     
    We propose a pricing model for corporate securities issued by a levered firm with the possibility of debt renegotiation, where the firm's earnings follow a geometric Brownian motion with stochastic collaterals. While equity holders can default the firm when the earnings become insufficient, they may liquidate it by repaying the face value of debt when the value of collaterals becomes sufficiently high. Unlike the existing models, the bivariate structure enables us to distinguish strategic default, liquidity default and ordinary liquidation, which makes the contribution of strategic debt service to credit spreads lower than that obtained in the previous models.
  • 鈴木広人, 後藤 允, 大野高裕
    日本経営工学会論文誌 66 287 - 299 2015年10月 [査読有り][通常論文]
  • GOTO Makoto, TAKASHIMA Ryuta
    International Journal of Real Options and Strategy 1 17 - 27 2013年07月 [査読有り][通常論文]
  • Makoto Goto, Ken-ichi Tatsumi
    RECENT ADVANCES IN FINANCIAL ENGINEERING 2011 73 - 96 2012年 [査読有り][通常論文]
     
    This paper applies the theory of real options and impulse control to information security investment and derives properties of an optimal investment rule. It also incorporates adjustment costs incurred whenever the level of the investment changes. We observe among others that if firm has opportunity of multiple investments, it behaves so cautiously that the timing is earlier and to invest more. Both adjustment costs and volatility of threat make interval of the investment longer, while vulnerability leads to shorter interval and therefore frequent investment.
  • 宮口直也, 後藤 允, 大野高裕
    リアルオプション研究 4 61 - 76 2011年02月 [査読有り][通常論文]
  • GOTO Makoto, TAKASHIMA Ryuta, TSUJIMURA, Motoh
    Journal of Applied Operational Research 2 22 - 32 2010年05月 [査読有り][通常論文]
  • 宮口直也, 後藤 允, 大野高裕
    リアルオプション研究 3 77 - 93 2010年02月 [査読有り][通常論文]
  • TAKASHIMA Ryuta, GOTO Makoto, TSUJIMURA Motoh
    Asia-Pacific Journal of Operational Research 27 1 - 16 2010年02月 [査読有り][通常論文]
  • Ken-ichi Tatsumi, Makoto Goto
    ECONOMICS OF INFORMATION SECURITY AND PRIVACY 211 - + 2010年 [査読有り][通常論文]
     
    This chapter applies real options analytic framework to firms' investment activity in information security technology and then a dynamic analysis of information security investment is explored by extending Gordon-Loeb (2002). The current research provides how firms have to respond to immediate or remote threat numerically. It shows that although positive drift of threat causes both larger and later investment expenditure, negative drift causes immediate investment and lower investment expenditure. The efficiency of vulnerability reduction technology encourages firms to invest earlier and induces cost reduction. To know the form of vulnerability is important because the effect of high vulnerability on timing and amount of the investment expenditure is mixed.
  • A Real Options Model of Debt Ratio in Leveraged Buyouts
    GOTO Makoto, TAKASHIMA Ryuta, TSUJIMURA Motoh
    日本リアルオプション学会2009年研究発表大会 2009年12月 [査読無し][通常論文]
  • 高嶋隆太, 宮口直也, 後藤 允
    リアルオプション研究 1 1 - 17 2008年08月 [査読有り][通常論文]
  • Ryuta Takashima, Makoto Goto, Hiroshi Kimura, Haruki Madarame
    ENERGY ECONOMICS 30 4 1809 - 1830 2008年07月 [査読有り][通常論文]
     
    The present paper analyzes the entry strategies into the electricity market of two firms that have power plants under price uncertainty and competition. We consider the symmetric and asymmetric two firms, which have either a thermal power plant or a nuclear power plant. The differences between the thermal power plant and the nuclear power plant, such as the cost structure and operational flexibility are modeled. The threshold values of market entry are calculated for each firm with either the thermal power plant or the nuclear power plant as the leader or the follower. We show the dependence of cost structures on entry thresholds of the leader and the follower into the electricity market. For various market and cost conditions, the diagrams of the leader are also shown. (C) 2007 Elsevier B.V. All rights reserved.
  • Entry and Exit Decisions under Uncertainty in a Symmetric Duopoly
    GOTO Makoto, TAKASHIMA Ryuta, TSUJIMURA Motoh
    12th Annual International Real Options Conference 2008年07月 [査読無し][通常論文]
  • 不確実性下における代替的な環境政策の選択
    後藤 允, 高嶋隆太, 辻村元男
    ジャフィー・ジャーナル:非流動性資産の価格付けとリアルオプション 24 - 51 2008年03月 [査読有り][招待有り]
  • 小川竜一, 鈴木広人, 後藤 允, 田畑智章, 大野高裕
    日本経営システム学会誌 23 69 - 74 2007年07月 [査読有り][通常論文]
  • Optimal Capacity Expansion and Contraction with Fixed and Quadratic Adjustment Costs
    GOTO Makoto, TAKASHIMA Ryuta, TSUJIMURA Motoh
    Proceedings of the Sapporo Symposium on Financial Engineering and Its Applications 7 - 20 2006年12月 [査読無し][通常論文]
  • HONDA Hideki, GOTO Makoto, OHNO Takahiro
    Operations Research Proceedings 2005 519 - 524 2006年07月 [査読有り][通常論文]
  • GOTO Makoto, OHNO Takahiro
    Operations Research Proceedings 2005 513 - 518 2006年07月 [査読有り][通常論文]
  • 後藤 允, 大野高裕
    日本経営工学会論文誌 56 274 - 283 2005年10月 [査読有り][通常論文]
  • 後藤 允, 田畑 智章, 大野 高裕
    日本経営工学会論文誌 56 1 1 - 11 公益社団法人 日本経営工学会 2005年 [査読有り][通常論文]
     
    本論文では,競争状態における不確実性下の投資意思決定を取り扱う.従来のNPV法では意思決定の柔軟性が考慮されておらず,投資プロジェクトの価値を過小評価してしまう傾向にある.リアルオプション・アプローチはこの欠点を補完できる手法として,注目されているが,金融市場と同じく意思決定主体を単一としている.しかし,実際の場面においては競争相手の意思決定が多大な影響を及ぼすことは確実であり,これを評価することが不可欠となってくる.競争相手の意思決定(戦略)を考慮し,自らの行動を最適化するには,ゲーム理論が有効なツールである.したがって,リアルオプション評価にゲーム理論を適用することで,競争による価値の低下をモデル化していく.特に,従来研究の中でもGrenadierを参考にし,複占状態にある不動産市場を例にとる.従来研究においては対称的な2主体をモデル化しているが,本研究においては非対称なモデルへの拡張を試みる.

書籍

  • 投資戦略の数理モデル:リアルオプションの基礎と理論
    後藤允 (範囲:単著)
    朝倉書店 2020年07月
  • ファイナンス理論入門:金融工学へのプロローグ
    木島正明, 鈴木輝好, 後藤 允 (担当:共著)
    朝倉書店 2012年03月
  • 金融工学ハンドブック
    木島正明監訳 (担当:分担執筆範囲:第4章)
    朝倉書店 2009年06月
  • リアルオプションと経営戦略
    日本リアルオプション学会編 (担当:分担執筆範囲:第7章)
    シグマベイスキャピタル 2006年11月

講演・口頭発表等

  • Policy Decisions and Social Welfare in Renewable Portfolio Standards  [通常講演]
    GOTO Makoto, TAKASHIMA Ryuta
    INFORMS Annual Meeting 2018, Phoenix 2018年11月 口頭発表(一般)
  • Real Options in Renewable Portfolio Standards  [通常講演]
    GOTO Makoto, TAKASHIMA Ryuta
    21st Conference of the International Federation of Operational Research Societies, Quebec City 2017年07月 口頭発表(一般)
  • Environmental Regulation and Entry-Exit Decisions  [通常講演]
    後藤 允
    20th Annual International Real Options Conference, Oslo 2016年06月 口頭発表(一般)
  • On the Impulse Control Problem with Outside Jumps  [通常講演]
    GOTO Makoto
    5th International IMS-FIPS Workshop, New Brunswick 2015年06月 口頭発表(一般)
  • On the Impulse Control Problem with Outside Jumps  [通常講演]
    GOTO Makoto
    INFORMS Annual Meeting 2014, San Francisco 2014年11月 口頭発表(一般)
  • On the Impulse Control Problem with Outside Jumps  [通常講演]
    GOTO Makoto
    17th Annual International Real Options Conference, Tokyo 2013年07月 口頭発表(一般)
  • Irreversible Investments under Competition with Markov Switching Regime  [通常講演]
    GOTO Makoto, NISHIDE Katsumasa, TAKASHIMA Ryuta
    16th Annual International Real Options Conference, London 2012年06月 口頭発表(一般)
  • Irreversible Investments under Competition with Markov Switching Regime  [通常講演]
    GOTO Makoto, NISHIDE Katsumasa, TAKASHIMA Ryuta
    Workshop on Probability and Statistics in Finance 2012, Berkeley 2012年05月 口頭発表(一般)
  • Irreversible Investments under Competition with Markov Switching Regime  [通常講演]
    GOTO Makoto, NISHIDE Katsumasa, TAKASHIMA Ryuta
    Winter Workshop on Finance 2012, Sapporo 2012年02月 口頭発表(一般)
  • Irreversible Investments under Competition with Markov Switching Regime  [通常講演]
    GOTO Makoto, NISHIDE Katsumasa, TAKASHIMA Ryuta
    Quantitative Methods in Finance 2011, Sydney 2011年12月 口頭発表(一般)
  • Irreversible Investments under Competition with Markov Switching Regime  [通常講演]
    GOTO Makoto, NISHIDE Katsumasa, TAKASHIMA Ryuta
    International Workshop on Finance 2011, Kyoto 2011年08月 口頭発表(一般)
  • Optimal Default and Liquidation with Tangible Assets and Debt Renegotiation  [通常講演]
    GOTO Makoto, KIJIMA Masaaki, SUZUKI Teruyoshi
    15th Annual International Real Options Conference, Turku 2011年06月 口頭発表(一般)
  • Optimal Default and Liquidation with Tangible Assets and Debt Renegotiation  [通常講演]
    GOTO Makoto, KIJIMA Masaaki, SUZUKI Teruyoshi
    16th Joint Seminar of Yonsei University and Hokkaido University, Seoul 2010年09月 口頭発表(一般)
  • Option to Acquire, LBOs and Debt Ratio in a Growing Industry  [通常講演]
    GOTO Makoto
    14th Annual International Real Options Conference, Rome 2010年06月 口頭発表(一般)
  • A Real Options Game: Investment on the Project with Operational Options and Fixed Costs  [通常講演]
    GOTO Makoto, TAKASHIMA Ryuta, TSUJIMURA Motoh
    3rd European Conference on Operational Research, Bonn 2009年07月 口頭発表(一般)
  • Investment, Capacity Choice and Outsourcing under Uncertainty  [通常講演]
    GOTO Makoto, TAKASHIMA Ryuta
    13th Annual International Real Options Conference, Minho/Santiago 2009年06月 口頭発表(一般)
  • Investment, Capacity Choice and Outsourcing under Uncertainty  [通常講演]
    GOTO Makoto, TAKASHIMA Ryuta
    2009 Daiwa Young Researchers’ Workshop on Finance, Kyoto 2009年03月 口頭発表(一般)
  • Entry and Exit Decisions under Uncertainty in a Symmetric Duopoly  [通常講演]
    GOTO Makoto, TAKASHIMA Ryuta, TSUJIMURA Motoh, OHNO Takahiro
    12th Annual International Real Options Conference, Rio de Janeiro 2008年07月 口頭発表(一般)
  • Entry and Exit Decisions under Uncertainty in a Duopoly  [通常講演]
    GOTO Makoto, TAKASHIMA Ryuta, TSUJIMURA Motoh, OHNO Takahiro
    11th Annual International Real Options Conference, Berkeley 2007年06月 口頭発表(一般)
  • Entry into the New Market: Uncertainty, Competition and Operating Flexibility  [通常講演]
    GOTO Makoto, TAKASHIMA Ryuta, OHNO Takahiro
    11th International Conference on Operational Research, Croatian Operational Research Society, Pula 2006年09月 口頭発表(一般)
  • Exit in Duopoly under Uncertainty and Incomplete Information  [通常講演]
    GOTO Makoto, OHNO Takahiro
    Operations Research 2005, Gesellschaft für Operations Research, Bremen 2005年09月 口頭発表(一般)
  • Optimal Corporate Activities under Uncertainty and Competition  [通常講演]
    GOTO Makoto
    8th Pacific-Asia Conference on Information Systems, Doctoral Consortium, Shanghai 2004年07月 口頭発表(一般)
  • Abandonment Options in Duopolistic Markets  [通常講演]
    GOTO Makoto, TABATA Tomoaki, NAMATAME Takashi
    INFORMS Annual Meeting 2003, Atlanta 2003年10月 口頭発表(一般)
  • The Application of Game Theory to The Real Options Approach  [通常講演]
    GOTO Makoto, TABATA Tomoaki, NAMATAME Takashi, OHNO Takahiro
    4th Asia-Pacific Conference on Industrial Engineering and Management Systems, Taipei 2002年12月 口頭発表(一般)

共同研究・競争的資金等の研究課題

  • 平面インパルス制御を用いた環境投資問題への確率的アプローチ(国際共同研究強化)
    日本学術振興会:国際共同研究加速基金(国際共同研究強化)
    研究期間 : 2017年04月 -2020年03月 
    代表者 : 後藤 允
  • 平面インパルス制御を用いた設備投資問題への確率的アプローチ
    日本学術振興会:科学研究費補助金 若手研究(B)
    研究期間 : 2015年04月 -2019年03月 
    代表者 : 後藤 允
  • マイクロファイナンスにおける日本と途上国のリスク分析
    公益財団法人石井記念証券研究振興財団:研究助成
    研究期間 : 2016年04月 -2017年09月 
    代表者 : 後藤 允
  • 負債の連続発行・連鎖倒産リスクを考慮した最適資本構成の分析
    公益財団法人石井記念証券研究振興財団:研究助成
    研究期間 : 2014年04月 -2016年03月 
    代表者 : 後藤 允
  • 環境政策におけるリアルオプション問題に対する確率制御アプローチ
    日本学術振興会:海外特別研究員
    研究期間 : 2012年04月 -2014年03月 
    代表者 : 後藤 允
  • 金融システム破綻の経済損失とそのリスクに関する統一的定量化モデルの開発
    日本学術振興会:科学研究費補助金 基盤研究(B) (一般)
    研究期間 : 2011年04月 -2014年03月 
    代表者 : 鈴木輝好
  • OR指向ファイナンスにおける意思決定支援モデルの開発
    日本学術振興会:科学研究費補助金 基盤研究(A) (一般)
    研究期間 : 2008年04月 -2013年03月 
    代表者 : 木村俊一

教育活動情報

主要な担当授業

  • 論文
    開講年度 : 2020年
    課程区分 : 修士課程
    開講学部 : 経済学院
  • リアルオプション特論A
    開講年度 : 2020年
    課程区分 : 修士課程
    開講学部 : 経済学院
    キーワード : リアルオプション,設備投資,研究開発投資,資金調達
  • 現代経済経営演習Ⅰ
    開講年度 : 2020年
    課程区分 : 修士課程
    開講学部 : 経済学院
  • リアルオプション特論B
    開講年度 : 2020年
    課程区分 : 修士課程
    開講学部 : 経済学院
    キーワード : リアルオプション,設備投資,最適停止問題
  • 現代経済経営演習Ⅱ
    開講年度 : 2020年
    課程区分 : 修士課程
    開講学部 : 経済学院
  • 英語演習
    開講年度 : 2020年
    課程区分 : 学士課程
    開講学部 : 全学教育
    キーワード : 金融市場,金利,現在価値,リスク,株式,負債,派生証券,ポートフォリオ
  • 現代経済経営演習
    開講年度 : 2020年
    課程区分 : 博士後期課程
    開講学部 : 経済学研究科
  • ファイナンス理論
    開講年度 : 2020年
    課程区分 : 学士課程
    開講学部 : 経済学部
    キーワード : ポートフォリオ,デリバティブズ,オプション,企業ファイナンス,リアルオプション,リスク管理
  • 現代経済経営演習
    開講年度 : 2020年
    課程区分 : 博士後期課程
    開講学部 : 経済学院
  • 現代日本制度ⅠD
    開講年度 : 2020年
    課程区分 : 学士課程
    開講学部 : 現代日本学プログラム課程
    キーワード : ポートフォリオ,デリバティブズ,オプション,企業ファイナンス,リアルオプション,リスク管理
  • 卒業論文
    開講年度 : 2020年
    課程区分 : 学士課程
    開講学部 : 経済学部
  • 経営情報Ⅰ
    開講年度 : 2020年
    課程区分 : 専門職大学院
    開講学部 : 経済学院
    キーワード : リアルオプション,設備投資,研究開発投資,資金調達
  • 演習Ⅰ(2単位)
    開講年度 : 2020年
    課程区分 : 学士課程
    開講学部 : 経済学部
  • 経営情報Ⅱ
    開講年度 : 2020年
    課程区分 : 専門職大学院
    開講学部 : 経済学院
    キーワード : リアルオプション,設備投資,最適停止問題
  • 演習Ⅱ(2単位)
    開講年度 : 2020年
    課程区分 : 学士課程
    開講学部 : 経済学部
  • 情報システム実習
    開講年度 : 2020年
    課程区分 : 専門職大学院
    開講学部 : 経済学院
    キーワード : 金融デリバティブズ,投資意思決定,統計学
  • 演習Ⅲ(2単位)
    開講年度 : 2020年
    課程区分 : 学士課程
    開講学部 : 経済学部
  • 演習Ⅳ(2単位)
    開講年度 : 2020年
    課程区分 : 学士課程
    開講学部 : 経済学部
  • 演習Ⅴ(2単位)
    開講年度 : 2020年
    課程区分 : 学士課程
    開講学部 : 経済学部
  • 演習Ⅵ(2単位)
    開講年度 : 2020年
    課程区分 : 学士課程
    開講学部 : 経済学部
  • 演習Ⅶ(2単位)
    開講年度 : 2020年
    課程区分 : 学士課程
    開講学部 : 経済学部
  • 演習Ⅷ(2単位)
    開講年度 : 2020年
    課程区分 : 学士課程
    開講学部 : 経済学部

大学運営

委員歴

  • 2009年04月 - 現在   日本リアルオプション学会   評議員
  • 2009年04月 - 現在   日本リアルオプション学会   論文誌担当理事
  • 2016年05月 - 2020年04月   日本オペレーションズ・リサーチ学会   論文誌編集委員


Copyright © MEDIA FUSION Co.,Ltd. All rights reserved.