研究者データベース

山村 高淑(ヤマムラ タカヨシ)
観光学高等研究センター
教授

基本情報

所属

  • 観光学高等研究センター

職名

  • 教授

学位

  • 博士(工学)(東京大学)
  • 修士(環境科学)(筑波大学)

ORCID ID

Researcher ID

  • AAJ-6433-2020

J-Global ID

プロフィール

  • 人と人、過去と現在を結ぶ仕組みとしてのツーリズムに着目。特にアニメ等の現代文化(ポピュラーカルチャー)をきっかけとした人の流動が、地域の伝統文化の再生・再評価に果たす可能性について、内外のフィールドワークを通した研究を展開している。

    その一方で、文化遺産の保護・活用に関する研究にも長年従事。特に雲南省麗江における、世界遺産登録と観光地化が少数民族(納西族)文化に与える影響に関する研究で「第1回旅の文化研究奨励賞」受賞(2002年、旅の文化研究所)。

研究キーワード

  • ポップカルチャー   ポピュラーカルチャー   コンテンツツーリズム   メディア   少数民族   雲南   中国   アニメ   文化遺産   文化資源マネジメント   観光開発   Ethnic tourism   Yunnan   China   Heritage tourism   Cultural tourism planning   

研究分野

  • 人文・社会 / 観光学 / 文化観光開発論
  • 社会基盤(土木・建築・防災) / 建築計画、都市計画
  • 人文・社会 / 文化人類学、民俗学
  • 人文・社会 / 地域研究

職歴

  • 2013年04月 - 現在 北海道大学 観光学高等研究センター 教授
  • 2007年04月 - 2013年03月 北海道大学観光学高等研究センター 准教授
  • 2004年04月 - 2007年03月 京都嵯峨芸術大学芸術学部観光デザイン学科 助教授
  • 2002年04月 - 2004年03月 京都嵯峨芸術大学芸術学部観光デザイン学科 専任講師
  • 2002年 - Lecture, Department of Tourism Design,
  • 2001年 - Joint Researcher, National Ethnology Museum
  • 1996年04月 - 1998年04月 株式会社三和総合研究所地域開発部(大阪) 研究員
  • 1996年 - 1998年 Researcher/Analyst, Sanwa Research Institute
  • Kyoto-Saga University of Arts

学歴

  •         - 2002年   東京大学   工学系研究科   都市工学専攻
  •         - 2002年   東京大学

所属学協会

  • Travel and Tourism Research Association   AAS (Association for Asian Studies   日本建築学会   日本都市計画学会   American Anthropoligical Association   AAS (Association for Asian Studies)   CAUTHE (The Council for Australian University Tourism and Hospitality Education)   

研究活動情報

論文

  • Nelson Graburn, Takayoshi Yamamura
    JOURNAL OF TOURISM AND CULTURAL CHANGE 18 1 1 - 11 2020年01月 
    This introductory essay shows a brief overview of issues discussed by previous contents tourism studies to provide the basic theoretical framework on analyzing contents tourism phenomena in the age of transmedia, multi-use of contents. Contents Tourism is a Japanese word designating tourism which is stimulated by Popular Culture. Under the present circumstances, fan tourists, as well as contents businesses and local authorities/communities, are all expressing their creativity in the context of tourism and delivering their contents through a variety of media. These creative activities by each actor increasingly blur their previous relationships, resulting in the formation of relatively loosely-bound communities transcending affiliations and nationalities, sharing contents as a communication tool. In other words, the relationships between the host and guests are blurred and a community connected by contents and transcending previous differences has been formed. From this point of view, in this special issue, we will explore the development of contents tourism in Japan and its trans-cultural global influences, as well as comparable developments in other countries, focusing especially on the creativity of contents tourism and the growth of 'tribes' of fans.
  • Takayoshi Yamamura
    JOURNAL OF TOURISM AND CULTURAL CHANGE 18 1 12 - 26 2020年01月 
    Today, as information and communication technologies (ICTs) have become sophisticated and media have become diversified, phenomena such as interactions between electronic media space and real space are rapidly developing in a borderless manner. Characteristic phenomena in such a situation include cross-border consumption, dissolution, and restructuring of pop culture contents by 'creative fandoms' (fans who act creatively) such as mixed-media developments and fanfictions of the same contents. 'Contents tourism', the approach that does not focus on particular media but focuses on the contents themselves to grasp the tourism phenomenon, is increasingly important on that very point. In this paper, using this concept of creative fandom, first the Comiket and its voluntary culture will be explored, then, the Washimiya case will be re-examined from the point of view of creative fandom, and finally in section five, the case of Taiwan will be analysed in order to investigate the establishment of international creative fandom. In particular, two kinds of relationships, the ones between hosts and guests and the ones between creators and consumers, are focused on, and the facts are presented with the conclusion that creative fandoms cause the breakdown of the two borders to produce new styles of tourism and cross-cultural exchange.
  • Takayoshi Yamamura
    CONTENTS TOURISM AND POP CULTURE FANDOM: TRANSNATIONAL TOURIST EXPERIENCES 88 1 - 16 2020年
  • Takayoshi Yamamura
    CONTENTS TOURISM AND POP CULTURE FANDOM: TRANSNATIONAL TOURIST EXPERIENCES 88 62 - 81 2020年
  • Pop culture contents and historical heritage: case of heritage revitalization through ‘contents tourism’ in Shiroishi city
    YAMAMURA Takayoshi
    Contemporary Japan published online 2018年04月 [査読有り][通常論文]
  • Takayoshi Yamamura
    Journal of War and Culture Studies 12 1 1 - 16 2017年12月 [査読有り][通常論文]
     
    © 2017 Informa UK Limited, trading as Taylor & Francis Group This paper presents examples of collaboration between anime producers and the Japan Self-Defense Force. By situating the transitions within the context of the broader trends in collaboration between anime producers and locations (namely, the development of contents tourism), the key turning point in anime producer — JSDF collaboration is be identified and explained. Then, the reasons why in recent years JSDF has been actively collaborating with the production of pop culture contents in the realms of fantasy and fiction with an anime fanbase will be discussed. What is happening in Japan today is a fantasization (= contentsization) and consumption of the military, rather than a ‘drift to the right’ or resurgence of militarism. The pressures to produce military or ‘moe military’ anime are driven by the market rather than the military.
  • Takayoshi Yamamura
    Japan Forum 27 1 59 - 81 2015年01月02日 [査読有り][通常論文]
     
    Abstract: This article demonstrates how a local community succeeded in forming favourable relationships with fans and copyright holders in Washimiya, a town in which the anime television series Lucky star was set. Washimiya is now visited by fans from all across Japan as a so-called anime sacred site. Through interviews with fans, local people and the anime production company, participant observation and analysis of primary documents, the article outlines how the local community, fans and copyright holders formed relationships based on mutual consideration to the benefit of all. Mutual understanding and common goals emerged from their shared respect for the contents (Lucky star), a phenomenon that has received little attention in discussions about ‘contents tourism’. By viewing contents tourism not only as a licensing business or business between the host and the guest, but instead as communication between people in an actual space and time with contents at the centre of interactions, many important insights are gained into the potential for contents tourism.
  • Philip Seaton, Takayoshi Yamamura
    Japan Forum 27 1 1 - 11 2015年01月02日 [査読有り][通常論文]
     
    This introduction to the special issue on ‘Japanese Popular Culture and Contents Tourism’ places the four articles in theoretical and contextual perspective. Contents tourism is a theoretical concept that originated in Japan. Its closest counterpart in the English-language literature at present is film-induced tourism or media-induced tourism. Contents tourism is placed within the theoretical context of cultural tourism and the rationale for its focus on narratives, characters and other creative elements over media format (for example, cinema) is explained. The article then gives a brief chronological overview of how contents tourism has worked its way into the official language of government economic and tourism policy up to and including 2013.
  • Takayoshi Yamamura
    Tourism Analysis 20 3 327 - 332 2015年 [査読有り][通常論文]
     
    This research note examines the processes of tourism promotion and local cultural heritage revitalization using the video game/anime Sengoku BASARA, focusing on the case of Shiroishi city in Miyagi prefecture, Japan. Through interviews with people directly involved in the tourism sector and local media or online sources, the unfolding of the tourism boom is described. The article looks especially at the involvement of three groups-fans (tourists), local community, and the anime/game production company-and divides the processes of tourism development and promotion into five stages. Participatory events are flourishing through the efforts of local citizens and fans, who join together in appreciating the historical heritage of the local region. These findings suggest that a key to the successful use of game contents to promote historical tourism for the game/anime to be treated as an opportunity, and to have the fans of the game/ anime become fans of the local region. Such a process encourages local residents to feel pride towards the history. An important factor in achieving this is to connect the present-day contents depicted in the game/ anime with the authentic historical contents in the local region. Finally, the attractiveness as well as the depth of the local region must be shown to the fans. It must be presented to the local residents that the fans of the game/anime are not just admirers of the work, but that they are actually admiring the historical character of the local region and the history of the local region. These suggestions imply the possibility of a new form of tourism where new cultures can be created by revitalizing the local heritage.
  • 石川 美澄, 山村 高淑
    都市計画論文集 49 2 140 - 145 日本都市計画学会 2014年 [査読有り][通常論文]
     
    近年、国内の観光地や都市部においてゲストハウスやホステル等と称する素泊まりを基本とした比較的低廉な宿泊施設型ゲストハウスの開業が相次いでいる。こうした施設の一部は、その場所を旅行者に限らず、住民や通勤者も含めた多様な属性の人びとが集い、交流できる場所として経営している。宿泊機能と交流機能を併せ持つゲストハウスは、観光まちづくりや地域における交流人口も含めたコミュニケーションの場のあり方を検討する上で示唆に富む。しかし、国内のゲストハウスに関する基礎的な知見の整理は進んでいない。そこで本稿では、国内におけるゲストハウスの経営と利用の実態について整理するために質問紙調査を実施した。その結果、国内におけるゲストハウスは沖縄県や京都府に集中して立地している点、空き家や商業ビルを改修・改築して営業しているものが多くみられる点、主な利用者は若年層である点などがゲストハウスの特徴として示された。
  • Sue Beeton, Takayoshi Yamamura, Philip Seaton
    Mediating the Tourist Experience: From Brochures to Virtual Encounters 139 - 154 2013年12月 [査読無し][通常論文]
  • 石川 美澄, 山村 高淑
    生活學論叢 16 27 - 38 日本生活学会 2009年 [査読無し][通常論文]
     
    The purpose of this study is to clarify the relationships between resident status and resident interaction. The study will then consider the residents' viewpoints concerning their resident status and their ways to spend holidays. As a specific case in point, the study examines the Residence Type Guesthouse "Tokyo Guesthouse (Tentative)" located at Central Tokyo. As a result, the followings are found: 1) Over 80% of Tokyo Guesthouse residents are young workers. 2) Some of them pointed out that the merit of living in a residence type guesthouse is to be able to have the opportunity and space for a full conversation with other residents. 3) On the other hand, some of the residents try to prevent excessive interference with other residents. 4) Some of them often go out with other residents.
  • 藤木 庸介, 柏原 誉, 山村 高淑
    日本建築学会計画系論文集 = Transactions of AIJ. Journal of architecture, planning and environmental engineering 629 1499 - 1506 一般社団法人日本建築学会 2008年07月 [査読有り][通常論文]
     
    The objectives of this research are to understand the use of traditional houses, to identify the associated tourism impact from the standpoint of maintaining houses in the World Heritage Site, the Old Town of Lijiang, Yunnan Province, China. This is part of an investigation of the problems related to the rapid development of tourism and its pressures on the Old Town of Lijiang, focusing on the use of traditional houses.<br> The findings revealed that the following three points were influencing the transformation of the use of traditional houses.<br>1) The place transformation of each function, such as living, guest room, and etc. in the traditional houses.<br>2) The area transformation of each function, such as living, guest room, and etc. in the traditional houses.<br>3) The social transformation surrounding the traditional houses in the Old Town of Lijiang.
  • 藤木 庸介, 北山 めぐみ, 山村 高淑
    日本建築学会技術報告集 : journal of architecture and building science 14 27 265 - 269 一般社団法人日本建築学会 2008年06月 [査読無し][通常論文]
     
    The objectives of this research are to understand the actual status of traditional houses along the Tea Horse Road between Tibet and Yunnan province in China.<br>This report focuses on to understand the peculiarities of houses around between The Old Town of Lijiang and The Old Town of Dali. The results can be concluded as follows:<br>Most of peculiarities are recognized on the facade design of the houses. However, it is also recognized that an impact of tourism on the houses, particularly around The Old Town of Lijiang. The impact of tourism disperses its own architectural peculiarities.
  • 山村 高淑
    国際広報メディア・観光学ジャーナル 7 145 - 164 北海道大学大学院国際広報メディア・観光学院 = Graduate School of International Media, Communication, and Tourism Studies, Hokkaido University 2008年 [査読無し][通常論文]
     
    This paper is a survey of how the town of Washimiya became the "sacred place" for anime fans ever since fans from all around the country rushed to visit the town after it was used as a setting for the animation "Lucky Star", leading also to the town successfully holding two events for these fans. The following three points were discussed. 1)The process leading up to the town becoming a "sacred place". 2)The process leading up to the town welcoming tourists. 3)The roles of tourist related corporations outside the town. As a result, it was found that in each process the local commerce and industry association played a central role. It was also found that withthe town's commerce and industry association at the core, a local shrine, local shops, fans, and corporations from outside the region (copyright owners and a tourist agency) were able to build a relationship of mutual benefit as a backdrop to the current success.
  • 山村 高淑
    国立民族学博物館調査報告 61 11 - 54 国立民族学博物館 2006年03月 [査読有り][招待有り]
     
    本稿の目的は,これまでの途上国の観光開発に関する内外の議論を,地域開発論・計画論的観点から体系的に整理し,その論点・問題点を明確化することにある。具体的にはまず,これまでの途上国の観光開発に関する研究や議論が行われてきた時代的背景を大まかに捉え,時代区分の設定を試みた。続いて既往研究の論点を,観光開発がインパクトを与える対象毎に分類し,それらの議論の持つ意味と問題点について体系的に概観・整理した。そして最後に,文化遺産とツーリズムの関係性に関してどのような論点が形成されつつあるのか,今後の可能性について一定の方向性を提示することを試みた。その結果,今後最も重要となると考えられる論点として,持続可能な観光開発を実現することを挙げ,そのために必要な要件として,ホスト社会自身が,ホスト社会の営みに関係する全ての要素――すなわち文化遺産――を維持・継承すること,そしてそれと同時に,観光という文脈において文化遺産を再構築することで文化観光を適切に創出すること,を指摘した。さらにそのためには,地域の主体性が機能し,自律的な活動の展開が可能となる,ホスト社会に密着した形の,小さな規模の観光形態が求められることも併せて指摘している。The aim of this paper is to systematically organize the domestic and foreign discussion regarding tourism development in developing countries carried out over the last 40 years from the point of view of regional development and planning, and clarify these issues. In particular to begin with, the paper looks at the general background of this 40 year period in which research and discussion was carried out in regard to tourism development in these developing countries, and an attempt is made to establish this period into separate phases. Then, the contents of these previously made studies will be classified by subjects in which tourism development has made an impact. These are then reviewed and organized in regard to the problems and significance, which these discussions have. Then finally, the paper will attempt to offer one possible direction concerning what form continued future discussion will take regarding the relationship between cultural heritage and tourism. The result is that this increasingly important issue will bring about the realization of sustainable tourism development and as a necessary requirement the host community itself must maintain and continue to inherit all related elements of daily life in the host community, in other words, the cultural heritage. Then, at the same time, they must also create cultural tourism accordingly by the reconstruction of cultural heritage from the context of tourism. Furthermore, in order to do that, the paper also points out the fact that a small scale system of tourism will be necessary, which is closely related to the host community based on local identity and a movement of autonomous activities.文化遺産マネジメントとツーリズムの持続的関係構築に関する研究. 西山徳明編.
  • 北川 恵美, 山村 高淑
    紀要 31 70 - 77 京都嵯峨芸術大学 2006年 [査読無し][通常論文]
  • Conserving the Comprehensive Image of Natural Settings for World Heritage Sites: A Case of the Yulongxueshan Snow Mountain as the Landmark for the Old Town of Lijiang
    ZHANG. Tianxin, YAMAMURA. Takayoshi, FUJIKI. Yosuke
    Internet Proceedings:ACCESSION NO: 15017. (ISBN: 7-5062-7372-1). URL:http://www.international.icomos.org/xian2005/papers.htm.(Paper No.1-40) 2005年 [査読有り][通常論文]
  • Takayoshi Yamamura
    Indigenous Tourism: The Commodification and Management of Culture 181 - 199 2005年 [査読有り][通常論文]
  • 山村 高淑, 和 愛軍, 高橋 勇一, 張 天新
    京都嵯峨芸術大学紀要 30 68 - 73 京都嵯峨芸術大学 2005年 [査読無し][通常論文]
  • 山村 高淑, 張 天新
    京都嵯峨芸術大学紀要 29 21 - 35 京都嵯峨芸術大学 2004年03月03日 [査読無し][通常論文]
  • 山村 高淑, 張 天新
    紀要 29 21 - 35 京都嵯峨芸術大学 2004年 [査読無し][通常論文]
  • 山村 高淑
    国立民族学博物館調査報告 51 13 - 51 国立民族学博物館 2004年 [査読無し][通常論文]
  • 山村 高淑
    紀要 28 1 - 14 京都嵯峨芸術大学 2003年 [査読無し][通常論文]
  • 山村 高淑, 城所 哲夫, 大西 隆
    日本都市計画学会学術研究論文集36号 pp.257-252 0 247 - 252 日本都市計画学会 2001年10月 [査読有り][通常論文]
     
    In this paper, we examined the present state of commercial use of historical buildings in the old town of Lijiang, China, in order to investigate the problems of cultural-tourism development based on the World Heritage. In recent years, the uses of historical buildings built by the Naxis, the indigenous ethnic group of Lijiang, have drastically changed and now over 60% of shops are souvenir shops and restaurants for tourists. Furthermore, over 50% of the shopkeepers are temporary residents and a large majority of them rent rooms from indigenous owners. These findings suggest that the minority's residential location and their culture is rapidly changing as the tourism is developing. And they implicate that policy re-evaluation is essential for sustainable tourism-development.
  • 山村 高淑
    日本建築学会技術報告集 第12号, pp.191-194 1474 191 - 194 日本建築学会 2001年07月 [査読有り][通常論文]
     
    The purpose of this study is to clarify the process of social transformation in the historical city core in Lijiang, which is one of the World Heritages. The survey on residents and uses of the historical buildings were made and its results can be concluded as follows: In the process of tourism development, uses of the historical buildings built by indigenous Naxi-minority as residences have drastically changed and now over 50% of them are used for tourism industry. And 36% of the present residents of historical buildings are newcomers who came from outside of Lijiang.
  • 山村 高淑, 城所 哲夫, 大西 隆
    都市計画論文集 36 247 - 252 公益社団法人 日本都市計画学会 2001年 
    In this paper, we examined the present state of commercial use of historical buildings in the old town of Lijiang, China, in order to investigate the problems of cultural-tourism development based on the World Heritage. In recent years, the uses of historical buildings built by the Naxis, the indigenous ethnic group of Lijiang, have drastically changed and now over 60% of shops are souvenir shops and restaurants for tourists. Furthermore, over 50% of the shopkeepers are temporary residents and a large majority of them rent rooms from indigenous owners. These findings suggest that the minority's residential location and their culture is rapidly changing as the tourism is developing. And they implicate that policy re-evaluation is essential for sustainable tourism-development.
  • 山村 高淑, 土肥 博至
    都市計画. 別冊, 都市計画論文集 = City planning review. Special issue, Papers on city planning 32 0 361 - 366 日本都市計画学会 1997年10月 [査読有り][通常論文]
     
    This survey was carried out in Wuhan city, China, to understand how to use the public street in the residential area. As a result, it was found out that the public street is occupied by a lot of things and both residents and non-residents use this space. There is a relation between the use for the first floor of the architectures and the way of use of the street. These factors make some order of the use for the public space and it suggests the process of the formation of "gray-zone".

書籍

作品等

  • 科学研究費補助研究『文化遺産管理とツーリズムの持続可能な関係構築に関する研究~東アジア諸国と日本の比較による』(採択番号:15402009)
    2003年 -2005年
  • 「京都府美山町宝探しマップ作成事業」
    2002年 -2004年
  • 国立民族学博物館共同研究会「文化遺産管理とツーリズムに関する研究」
    2002年 -2004年
  • 「中国の歴史都市における観光地化のインパクトに関する研究」(日中共同研究)
    2003年
  • 「文化観光の可能性-開発途上国の経済成長と伝統文化保全のより良い関係性を探る-」東京大学総合研究博物館『学位記展』
    2002年07月
  • Survey on tourism development and urban area conservation in Lijiang, China
    1998年 -2002年
  • 移行期経済諸国における文化観光開発の実態調査(チェコ、スロバキア、ハンガリー、エストニア、ポーランド)
    2002年
  • 中国雲南省麗江における観光開発と市街地保存に関する調査
    1998年
  • 中国武漢市・大連市における歴史的市街地調査
    1994年 -1995年
  • Survey on historic area in Wuhan and Dalian
    1994年 -1995年

その他活動・業績

受賞

  • 2017年09月 公益社団法人日本観光振興協会 第65回日本観光ポスターコンクール オンライン投票部門
     第4位 
    受賞者: 世界遺産の里;南砺;五箇山;制作・プロデュース
  • 2017年 公益社団法人日本広告写真家協会 第45回公益社団法人日本広告写真家協会公募展APAアワード2017広告作品部門
     入選 
    受賞者: 世界文化遺産五箇山ポスター;制作;プロデュース
  • 2017年01月 北海道大学 平成28年度研究総長賞(奨励賞)
     
    受賞者: 山村 高淑
  • 2005年08月 4th Asia Pacific Forum for Graduate Student Research in Tourism Best Poster Award of the Year
     
    受賞者: Kohno, Junya;Takayoshi, Yamamura
  • 2002年04月 旅の文化研究所 第1回旅の文化研究奨励賞

共同研究・競争的資金等の研究課題

  • 「ハイジ現象」の国際的伝播とメディア横断的展開についての研究
    日本学術振興会:科学研究費助成事業 基盤研究(B)
    研究期間 : 2019年04月 -2024年03月 
    代表者 : 川島 隆, 伊藤 白, 山村 高淑, 大喜 祐太, 葉柳 和則, 中島 亜紀, 西尾 宇広, 新本 史斉
  • コンテンツツーリズムにおける「戦争」の消費と歴史理解に関する国際比較研究
    日本学術振興会:科学研究費助成事業 基盤研究(B)
    研究期間 : 2019年04月 -2022年03月 
    代表者 : 山村 高淑, P・A SEATON, 須川 亜紀子, 張 慶在, 藤木 庸介, vanderDoes Luli
  • アニメコンテンツをめぐる製作者・地域・ファンの関係の持続性に関する総合的研究
    日本学術振興会:科学研究費助成事業 基盤研究(C)
    研究期間 : 2018年04月 -2021年03月 
    代表者 : 大谷 尚之, 山村 高淑
     
    本研究は、研究分担者である山村が提唱した「アニメツーリズムのためのトライアングル・モデル」(アニメコンテンツにかかわる製作者・ファン・地域社会の三者間関係に着目してアニメツーリズムをとらえるモデル)を援用し、「アニメ聖地」の持続性について考察するものである。令和元年度の実績は次の通りである。 研究代表者である大谷は、埼玉県久喜市鷲宮における現地調査を基にした論考「地域における共生の場の生成-アニメ聖地・埼玉県鷲宮を事例として」(笠井賢紀・工藤保則編『共生の思想と作法』所収)を刊行した。アニメファンと地域社会との関係を「共生」という視点から考察した成果である。他に、愛媛国際映画祭におけるパネルディスカッション「ご当地アニメーション作品は観光・誘客に繋がるか」(2020年1月)や情報誌(『舞たうん』公益財団法人えひめ地域政策研究センター)の解説記事などにおいてその成果の一部を発表した。令和2年度には、宮城県白石市における現地調査を基にした研究成果を発表する予定である。 研究分担者である山村は、観光学に関する事典(白坂蕃・稲垣勉・小沢健市・古賀学・山下晋司編『観光の事典』朝倉書店)を分担執筆し、「クールジャパン」の項目を担当した。また、「第10回TOYAKOマンガ・アニメフェスタ」(2019年6月)において、本研究課題に関連する複数の研究会(「製作サイドから見た地方イベントの課題と可能性」「アニメ誌編集長から見た地域×アニメ作品コラボレーションの最新動向」)を開催すると共に、イベント参加者に対する聞き取り調査と行動調査を実施した。 最終年度は、これまでに実施した複数の事例研究を踏まえて討議を行い、報告書をまとめる予定である。
  • 日本学術振興会:科学研究費助成事業 基盤研究(B)
    研究期間 : 2017年04月 -2020年03月 
    代表者 : 山田 義裕, 岡本 亮輔, 清水 賢一郎, 金 ソンミン, 山村 高淑, 奈良 雅史, 山中 弘, 内田 純一, 門田 岳久
     
    本研究の研究成果は以下3点にまとめられる。第1はフィールド調査等による現在の観光とメディアの融合状況の実態把握である。ネット空間と現実空間、メディアと観光が融合している現在の状況について、東アジアの各地域でのフィールドワークを通じてその実態を把握した。第2はメディア言説(画像・映像・サウンドも含む)の観点から観光行動を調査し計量的および質的に分析した。第3は上記2つの調査を総合的に考察する際の枠組みについて、場所論や情報メディア論の観点から理論的考察を行った。
  • 日本学術振興会:科学研究費助成事業 基盤研究(C)
    研究期間 : 2016年04月 -2019年03月 
    代表者 : 山村 高淑
     
    本研究では、日本のアニメ作品が海外の観光地形成に影響を与える場合には大きく二つのパターンがあることを明らかにした。すなわち、第一に、クリエイターが実在の場所をモデル地として設定したり、実際にロケハンを実施したりすることが、結果として観光地形成につながる場合。第二に、作品とは全く関連しない場所において、作品関連のイベントが開催されたり、ファン自身が作品との結び付けを行ったりすることが、観光地形成につながる場合、である。そのうえで、これら2つのタイプの典型事例の実地調査を行うことで、アニメイメージや物語世界の受容実態、国際観光地化の経緯と実態を具体的に明らかにした。
  • 日本学術振興会:科学研究費助成事業 基盤研究(A)
    研究期間 : 2014年04月 -2019年03月 
    代表者 : P・A SEATON, 山村 高淑, 須川 亜紀子, 張 慶在, 妙木 忍, 山田 義裕, 西川 克之, シドル・リチャード マシュー, 岡本 健, ビートン スー
     
    本研究では、コンテンツツーリズムを「物語、キャラクター、ロケ地など、ポピュラーカルチャー作品を構成する創造的要素によって、全体的あるいは部分的に動機づけられた旅行行動(なお、ここでいうポピュラーカルチャー作品とは、映画、テレビドラマ、マンガ、アニメ、小説、ゲームなどを含む)」と定義したうえで、この定義に当てはまる国内外の事例を取り上げ、日本で開発された理論・方法論を応用することで分析を行った。その結果、日本のポップカルチャーが誘発する旅行行動のメカニズムを明らかにした。これら成果は、英文専門書2冊、英文学会誌特集2冊を含む計100点以上の業績として国内外で発表した。
  • コンテンツツーリズムを通した北海道の地域振興に関する比較研究
    日本学術振興会:科学研究費助成事業 特別研究員奨励費
    研究期間 : 2015年11月 -2018年03月 
    代表者 : 山村 高淑, SABRE CLOTHILDE
     
    本研究の目的は、北海道の地域振興、とりわけ外国人旅行者誘致において、コンテンツツーリズムがどのような可能性と課題を有しているのかを明らかにすることであり、そうした目的を達成するために、国内外の類似事例、先駆的事例の広範な情報収集・分析、コンテンツ製作関係者へのヒアリング調査を実施した。なお、これら調査においては、具体的に以下のような共通の視座を有しつつ実地調査(文化人類学的手法に基づく参与観察、エスノグラフィーの作成)、ヒアリング、アンケート等を実施した。すなわち、旅行目的地イメージの形成と消費のプロセス(tourism imaginaryの構築プロセス)を把握し、とりわけコンテンツ自体の越境や旅行者の国際的移動(外国人旅行者の動態)に着目することで、国際化するコンテンツツーリズムが地域に及ぼす影響を浮き彫りにする、という視座である。 その結果、コンテンツツーリズムの目的地として比較的長い期間人気を維持している場所・地域においては、共通する事象として、フィクションの物語世界の諸要素が場所と結びつくことによって、それまでにはなかった場所の意味がフィクションとしてではなく、あたかも事実であるかのように固定化されていくプロセスが確認された。そして外国人に対してこうしたコンテンツと場所との結びつきを理解してもらうためには、戦略的なブランド化とプロモーションが必要であることが明らかとなった。北海道の地域振興においても、こうしたプロセスが製作サイドと地域側の十分な協力関係のもと進行し、地域のブランドイメージとして定着した事例が、いわゆる成功事例として外国人旅行者や地域にも認識されていることが明らかとなった。
  • 日本学術振興会:科学研究費助成事業 基盤研究(C)
    研究期間 : 2012年04月 -2015年03月 
    代表者 : 山村 高淑, 張 天新, 張 慶在
     
    本研究は、文化遺産保護にコンテンツツーリズムが貢献可能か、検討を行ったものである。具体的には、複数の国内・海外事例を取り上げ、ポップカルチャー・コンテンツが、地域の文化遺産価値への感性的アクセスを高めるメカニズムについて分析を行った。 その結果、ポップカルチャー・コンテンツをきっかけとしつつも、来訪者の文化遺産に対する感性的なアクセスを高めていくためには、地域住民との現地での交流が極めて重要な役割を果たしていることが明らかとなった。そしてこうした交流の継続には、地域社会とコンテンツ製作者との協力体制、来訪者が地域の活動へ参加し創造性を発揮できる仕組み、が重要であることも指摘した。
  • 日本学術振興会:科学研究費助成事業 基盤研究(B)
    研究期間 : 2008年 -2010年 
    代表者 : 加藤 博文, 山村 高淑, 小野 有五, 佐藤 孝雄, 蓑島 栄紀, ハドソン マーク, 徐 光輝, 松田 功, 布施 和洋, 権平 拓也, フランク ゲーリャ, ワトキンス ジョー, エリック キャロル, ウドゥガード ウーラ, ニコラス ジョージ
     
    本研究の成果としては、世界遺産知床における考古学遺産を歴史文化資源として位置づけるための基盤を構築できた点にある。遺跡での体験発掘やワークショップを通じて、地域でエコツアーを企画する団体や地域コミュニティに対して遺跡の文化資源としての活用の事例を提示することができた。またアイヌ民族の歴史文化遺産としての考古遺跡を活用方法についても議論を深め、今後の保存活用の方向性を提案することができた。
  • 日本学術振興会:科学研究費助成事業 若手研究(B)
    研究期間 : 2008年 -2010年 
    代表者 : 山村 高淑
     
    本研究では、北海道においてアイヌ民族と和人が協働して観光振興を行っていく上での課題と可能性について検討することを目的として、先住民族観光に関する論点と課題の明確化、諸外国の先進事例の分析、先住民族観光の面から見た道内観光の問題点の抽出を行った。それらの結果を踏まえ、協働方式の提案を行うとともに、アイヌ文化の正しい理解と文化継承に資するためのヘリテイジトレイルならびにガイドシステムの開発を行った。
  • 中国の歴史的市街地・集落における持続可能な観光開発のあり方に関する研究
    日本学術振興会:科学研究費助成事業 基盤研究(B)
    研究期間 : 2004年 -2006年 
    代表者 : 山村 高淑, 藤木 庸介, 平田 隆行, 山口 しのぶ
     
    本研究では、麗江旧市街地を中心とした、中国の世界遺産都市における有形・無形の文化遺産に関する資料の整理を行い、デジタルデータとしてとりまとめるとともに、更にこのデータベースを活用し、以下の5点を明らかにした。 (1)歴史的建造物の利用実態の経年変化を分析することで、保護区域における空間的・社会的・文化的側面の変容実態を具体的に把握し、実際の観光開発に伴う地域空間の商業化とホスト社会へのインパクトを明らかにした。 (2)都市・集落の文化的景観を保全するという観点から、歴史的建造物以外の都市・集落空間構成要素を抽出し、その社会的・文化的価値について分析を行った。これによって各要素間の密接な文化的関連性を明らかにし、ひとつの文化的システムとして都市・集落空間が機能してきたことを提示した。またそうしたシステムが観光開発に伴い、どのような変容を迫られているのかについても明らかにした。 (3)世界遺産登録区域内に存在する、歴史的建造物を利用した商業店舗に着目し、地域の社会的・文化的環境を含めてこれを適切に保存するという観点から、地域の産業連環等にも注目しつつ、どのような問題点及び課題があるのか、実態把握を行った。 (4)以上の調査結果を踏まえたうえで、各事例におけるstakeholder問の関係性について整理を行い、地域社会が自律的に観光開発をコントロールするための要件について検討を行った。 (5)地域の既存の住民組織や、住民と地方行政との協力体制等を把握し、観光開発の目標・戦略・政策・計画プロセスにおいて、遺産・伝統文化・習慣・現在の文化的表現などがどのように位置づけられ表現されているか比較分析を行った。またこうしたプロセスを通して、観光開発による負のインパクトがどのように抑制されているか検証を行った。 これらの研究成果は、国際会議での口頭発表、英語・中国語論文集での発表、日本建築学会での発表等を通して、広く一般に公表を行なった。
  • 文化遺産管理とツーリズムの持続可能な関係構築に関する研究(中国内陸部を中心とした東~東南アジア地域を対象として)
    科学研究費補助金
    研究期間 : 2003年 -2005年
  • 東アジアにおける寺廟建造物壁画及び扉絵の復原模写と保存修復に関する研究
    日本学術振興会:科学研究費助成事業 基盤研究(B)
    研究期間 : 2003年 -2005年 
    代表者 : 箱崎 睦昌, 山村 高淑, 山内 章, 角南 聡一郎, 李 麗芳, 林 彦良, 林 潤一, 宇野 和幸, 内藤 正子, 米村 祥央
     
    本研究は台湾台南市に所在する三級古蹟道教寺廟興済宮を対象として、1.扉絵と壁画の技法画材調査。2.その成果としての模写制作。3.壁画の保存修復方法の研究。を行い、台湾における保存修復のモデルケースの構築を目的とした。そして此らは、京都嵯峨芸術大学と元興寺文化財研究所、台湾国立文化資産保存研究中心籌備處との共同研究として実施された。尚、申請計画では台湾東海大学の模写制作も企画したが、台湾側の諸事情により実施できなくなった。 1.技法画材調査としては豚血下地、桐油絵、瀝粉貼金、鏝絵の伝統技法を取り上げ、台湾、中国、韓国、日本における使用例を比較検討し、技術者・研究者による聞き取り、文献調査により得た知見の元に実験を重ね技法解明を図った。現在、東アジアにおける建造物彩色は化学塗料の使用が一般的となり、伝統技法が消えつつある。又この分野の研究も少なく、今度の研究報告は貴重なものと思う。 2.模写制作の興済宮扉絵は「古典技法の再現」とし、創建当初の清代を基準に、豚血下地、桐油絵、瀝粉貼金技法を用い、顔料の使用も時代性に配慮した。王家宗祠扉絵は「図像・彩色の復原」とし、各々基底材も同一素材を使用し復原模写を行った。鏝絵壁画は石膏の原形複製を使用し、水干絵具で復原模写を行った。これら模写制作は京都嵯峨芸術大学の学生により行われ、若手の研究者・技術者の育成を図った。 3.修復は彩絵のクリーニングと剥落止めを主体として、現状維持・保存を原則として処置が施された。台湾では、現状維持を原則として建造物彩色の保存修復を公に成果発表することは初めてで、その意義と修復の仕上がりについて大きな評価がなされた。これら施工は日本側研究者の指導の元、国立文化資産保存研究中心籌備處の若手技術者や学生によって行われた。以上が研究成果であるが、平成15・16年に講演会と模写作品の展示を行い、その成果を広く一般に公開した。
  • 文化遺産管理とツーリズムの持続可能な関係構築に関する研究
    日本学術振興会:科学研究費助成事業 基盤研究(B)
    研究期間 : 2003年 -2005年 
    代表者 : 西山 徳明, 石森 秀三, 吉兼 秀夫, 橋爪 紳也, 山村 高淑, 江面 嗣人
     
    (1)アジア・太平洋地域における事例には、文化遺産マネジメントの対象が物的な(有形不動産の)遺産に限定されている例が多く、アジア・太平洋の文化遺産を特徴づける無形遺産そのもの、あるいはそれらと有形遺産との関係が生み出している複合的な文化遺産の価値を捉え、ツーリズム開発の中でマネジメントしていくという視点が欠如していることが分かった。 (2)15年度(初年度)調査によって、文化遺産管理とツーリズムが顕著に関係している事例として抽出できたフィジー諸島共和国・旧首都レブカについては、三次にわたる調査を行い、都市の基礎情報(歴史、地図、地籍図等)の収集と、19世紀末から20世紀初頭にかけての建造物群の残存および保存状況を把握するとともに、早急に遺産管理計画の策定が求められている状況を確認した。また調査成果を分析・整理し、フィジー政府文化遺産局とフィジーナショナルトラストおよび日本の文化庁に参考資料および提案書として提出、その提案に基づき、今後の日本の伝統的建造物群保存地区制度の技術移転の可能性について検討し、政府間および九州大学の調査協力関係を確立した。 (3)日本のツーリズム関連政策や制度および文化遺産を生かしたまちづくり等の具体事例に見る文化遺産管理とツーリズムの関係構築手法については、太宰府市、萩市、白川村、竹富島について事例調査を実施し、文化遺産の抽出とそのデータベースおよびリスト化の手法、およびフィールドミュージアム理論を用いたまちづくり手法を、文化遺産マネジメントとツーリズムの持続可能な関係構築モデルとして開発した。
  • 文化的安全保障としての文化観光のあり方に関する研究
    研究期間 : 1998年
  • Study on cultural tourism policy, planning and management as national security
    研究期間 : 1998年
  • メディアコンテンツを資源としたツーリズムのあり方に関する研究

教育活動情報

主要な担当授業

  • コンテンツツーリズム論演習
    開講年度 : 2021年
    課程区分 : 修士課程
    開講学部 : 国際広報メディア・観光学院
    キーワード : コンテンツ・ツーリズム、文化資源、文化の多様性、文化交流、メディア、ポピュラーカルチャー、サブカルチャー、聖地巡礼
  • コンテンツツーリズム論演習【履修証明プログラム】
    開講年度 : 2021年
    課程区分 : 修士課程
    開講学部 : 国際広報メディア・観光学院
    キーワード : コンテンツ・ツーリズム、文化資源、文化の多様性、文化交流、メディア、ポピュラーカルチャー、サブカルチャー、聖地巡礼
  • ヘリテージツーリズム論演習
    開講年度 : 2021年
    課程区分 : 修士課程
    開講学部 : 国際広報メディア・観光学院
    キーワード : フィールドワーク、文化遺産、CRM(文化資源マネジメント)、北海道、先住民文化、歴史、観光資源、Heritage tourism(ヘリテージ・ツーリズム)、山田秀三
  • メディア文化と観光
    開講年度 : 2021年
    課程区分 : 修士課程
    開講学部 : 国際広報メディア・観光学院
    キーワード : メディア文化、観光、観光のまなざし、語り、自己と他者、音楽、観光空間、メディア表象、場所性、展示とインタープリテーション、ツーリストアート、場所と体験のメディア化
  • 人間と文化
    開講年度 : 2021年
    課程区分 : 学士課程
    開講学部 : 全学教育
    キーワード : 観光創造、コンテンツ・ツーリズム、無形遺産、エコツーリズム、エコミュージアム、世界遺産、地域マネジメント、地域イノベーション、地域ブランディング、TDR=東京ディズニーリゾート、テーマパーク、地域主体の世界遺産マネジメント、遺産創造、ユネスコ、イコモス、大学による国際協力、観光開発国際協力、技術協力プロジェクト、CBT=コミュニティ・ベースド・ツーリズム、青年海外協力隊、文化資源マネジメント、防災復興ツーリズム

大学運営

学内役職歴

  • 2019年4月1日 - 2021年3月31日 観光学高等研究センター長
  • 2021年4月1日 - 2023年3月31日 観光学高等研究センター長

委員歴

  • 2021年04月 - 現在   一般社団法人大槌町観光交流協会コンテンツビジネス戦略事業部会   特別顧問
  • 2018年04月 - 現在   間野山研究学会   会長
  • 2018年04月 - 現在   間野山研究学会   理事
  • 2017年10月 - 現在   AAA (American Anthropological Association)   正会員
  • 2016年12月 - 2018年11月   TTRA Apac   理事


Copyright © MEDIA FUSION Co.,Ltd. All rights reserved.