研究者データベース

細井 浩貴(ホソイ ヒロタカ)
創成研究機構 ナノテクノロジー連携研究推進室
学術研究員

基本情報

所属

  • 創成研究機構 ナノテクノロジー連携研究推進室

職名

  • 学術研究員

ホームページURL

J-Global ID

研究キーワード

  • 走査プローブ顕微鏡   表面・界面物性   磁性   ナノ磁性   スビンエレクトロニクス   表面磁性   マイクロ・ナノデバイス   スピンエレクトロニクス   カンチレバ   ナノ材料   磁気記録   スピン操作   

研究分野

  • ナノテク・材料 / ナノ構造物理
  • ナノテク・材料 / ナノ構造化学
  • ナノテク・材料 / 薄膜、表面界面物性

職歴

  • 2007年 - 2008年 北海道大学 大学院・情報科学研究科 特任助教

研究活動情報

その他活動・業績

  • 細井 浩貴, 末岡 和久, 武笠 幸一 セラミックス 38 (10) 795 -798 2003年10月01日 [査読無し][通常論文]
  • 細井 浩貴, 末岡 和久, 武笠 幸一 まてりあ : 日本金属学会会報 41 (12) 862 -863 2002年12月20日 [査読無し][通常論文]
  • 細井 浩貴, 末岡 和久, 早川 和延, 武笠 幸一 表面科学 : hyomen kagaku = Journal of the Surface Science Society of Japan 23 (3) 158 -165 2002年03月10日 [査読無し][通常論文]
  • 細井 浩貴, 末岡 和久, 中村 浩次, 早川 和延, 武笠 幸一 日本応用磁気学会誌 25 (10) 1507 -1515 2001年10月01日 [査読無し][通常論文]
     
    Many kinds of scanning probe microscope have been proposed for imaging surface magnetic structures. Magnetic force microscope (MFM) is widely used for imaging magnetic structure. However, its spatial resolution is limited to a few tens of nanometers because the magnetic dipole interaction detected by MFM is long-range. Theoretical calculations predict that shortrange magnetic interactions such as the exchange interaction could enable non-contact atomic force microscope (NC-AFM) to image magnetic moments on an atomic scale. Recently, it was demonstrated that spinpolarized scanning tunneling ...


Copyright © MEDIA FUSION Co.,Ltd. All rights reserved.