研究者データベース

佐藤 千晴(サトウ チハル)
北海道大学病院 口腔系歯科
講師

基本情報

所属

  • 北海道大学病院 口腔系歯科

職名

  • 講師

学位

  • 歯学博士(北海道大学)

ホームページURL

J-Global ID

研究分野

  • ライフサイエンス / 外科系歯学

職歴

  • 2013年12月 北海道大学病院 講師

研究活動情報

論文

  • Takuya Asaka, Noritaka Ohga, Yutaka Yamazaki, Jun Sato, Chiharu Satoh, Yoshimasa Kitagawa
    CLINICAL ORAL INVESTIGATIONS 21 7 2165 - 2172 2017年09月 [査読有り][通常論文]
     
    The aim of the present study was to evaluate the effectiveness of platelet-rich fibrin (PRF) as a wound-healing accelerator in patients undergoing oral bisphosphonate therapy and requiring tooth extractions. A total of 102 patients were divided into a PRF group and control group. The patients received oral bisphosphonate therapy for osteoporosis for an average of 32 months. Blood was collected and PRF was introduced into the socket of the PRF group only. Monitoring of mucosal healing was conducted for 3 months in both groups, and radiographic evaluation in the sockets was performed in the PRF group. Delayed recovery was defined as exposed bone and vulnerable granulation tissue without epithelization after 4 weeks and resolving by 8 weeks. There were no intraoperative complications, and none of the patients exhibited onset of medication-related osteonecrosis of the jaw (MRONJ). Delayed recovery was observed in 9 out of 73 control patients (12%), whereas 29 PRF patients exhibited complete epithelialization of the socket within 1 month. The prevalence of delayed recovery was significantly higher in the control group than the PRF group (P < 0.05). Multivariate logistic regression analysis revealed that risk factors and use of PRF were independent significant factors to relate to delayed recovery (P = 0.02). Early epithelization was confirmed in all PRF patients. Thus, PRF may reduce the risk of delayed recovery in patients undergoing oral bisphosphonate therapy. PRF may be useful in preventing MRONJ in patients receiving oral bisphosphonate (BP).
  • Noritaka Ohga, Yutaka Yamazaki, Jun Sato, Takuya Asaka, Masahiro Morimoto, Hironobu Hata, Chiharu Satoh, Yoshimasa Kitagawa
    ARCHIVES OF ORAL BIOLOGY 71 129 - 133 2016年11月 [査読有り][通常論文]
     
    Objectives: Candida infections are frequently encountered fungal infections in the oral mucosa. This study aimed to evaluate the effect of eliminating Candida spp. on stimulated whole salivary flow rate (SWS) in patients with oral candidiasis. Subjects and methods: This study involved 66 patients with oral candidiasis. Fifty-two consecutive patients, successfully treated by antifungal therapy, were available to examine the effect of elimination of oral Candida spp. on SWS (success group); the 14 patients who tested positive for Candida after therapy were retrospectively included (control group). SWS were used to measure saliva production. Moreover, tongue pain and xerostomia were evaluated using visual analog score (VAS). Results: By eliminating oral Candida spp., SWS significantly increased in the success group after antifungal therapy [SWS: mean value 0.89 +/- 0.51 ml/min (median 0.82 ml/min: 0.15-2.14) to mean value 1.16 +/- 0.58 ml/min (median 1.05 ml/min: 0.2-2.93), P < 0.001]. Furthermore, VAS scores for subjective tongue pain and xerostomia were significantly decreased compared with those before therapy in the success group [xerostomia: mean value 52.5 +/- 28.8 (median 53: 9-100) to 24.2 +/- 1.6 (median 17: 0-70), tongue pain: mean value 52.6 +/- 27.2 (median 56: 1-93) to 15.3 +/- 18.0 (median 9: 0-62). P < 0.001]. There was no significant difference in SWS, subjective tongue pain, or xerostomia in the control group after antifungal therapy. [SWS: mean value 1.08 +/- 0.83 ml/min (median 0.69 ml/min: 0.2-2.7) to 0.98 +/- 0.59 ml/min (median 0.8 ml/min: 0.45-2.5), P= 0.65], [xerostomia: mean value 62.8 +/- 5.3 (median 62: 28-70) to 64.0 +/- 8.8 (median 64: 56-73), P=0.58, tongue pain: mean value 64.3 +/- 18.6 (median 67: 31-87) to 58.4 +/- 20.0 (median 8: 20-78), respectively; P = 0.24] Conclusion: Our study demonstrated that SWS may increase by eliminating oral Candida spp. in patients with oral candidiasis. (C) 2016 Published by Elsevier Ltd.
  • Yutaka Yamazaki, Itsuo Chiba, Makoto Ishikawa, Chiharu Satoh, Ken-ichi Notani, Yoichi Ohiro, Yasunori Totsuka, Shigeaki Mizuno, Yoshimasa Kitagawa
    ODONTOLOGY 96 1 32 - 37 2008年07月 [査読有り][通常論文]
     
    The purpose of the present study was to investigate the clinical usefulness of the detection of serum p53 antibodies (p53 Abs) in patients with oral squamous cell carcinoma (SCC). Preoperative values of p53 Abs were measured by enzyme-linked immunosorbent assay in 113 patients with primary oral SCC and seropositive patients were reevaluated postoperatively. The positivity rate of p53 Abs was 16%, and the 5-year survival rate of patients positive for p53 Abs was significantly lower than that of patients negative for p53 Abs (56.2% vs. 80.7%; P = 0.018). The preoperative presence of p53 Abs was found to be an independent prognostic factor in a multivariate analysis (P = 0.028, hazards ratio = 3.34), and its positivity was significantly related to secondary cervical lymph node metastases (P = 0.029). Six of nine patients who remained seropositive for p53 Abs through the disease course and the one with seropositive reversion from temporary negative status developed treatment failure. Therefore, the detection of p53 Abs in the serum of patients with SCC may be a useful prognostic marker.
  • Yutaka Yamazaki, Chiharu Satoh, Makoto Ishikawa, Ken-Ichi Notani, Katsuhiro Nomura, Yoshimasa Kitagawa
    ORAL SURGERY ORAL MEDICINE ORAL PATHOLOGY ORAL RADIOLOGY AND ENDODONTOLOGY 104 1 67 - 71 2007年07月 [査読有り][通常論文]
     
    We report a juvenile case of diffuse sclerosing osteomyelitis of the mandible that showed a favorable response to pamidronate, a bisphosphonate derivative. Although conventional treatments had been ineffective for 5 years, pamidronate administration brought about conspicuous improvement both clinically and radiographically. Severe adverse reaction was not found except for low-grade fever and lassitude on the day following administration. During the course of the treatment, however, nonsuppurative osteomyelitis of the right humerus also occurred, leading to the established diagnosis of chronic recurrent multifocal osteomyelitis. Pamidronate therapy was again performed successfully with near disappearance of clinical symptoms. Both bone- specific alkaline phosphatase (bone formation marker) and pyridinoline cross- linked carboxyterminal telopeptide of type I collagen (bone resorption marker) showed a marked decrease with pamidronate therapy, suggesting that pamidronate is useful for the treatment of chronic recurrent multifocal osteomyelitis with inhibitory effect on bone turnover.
  • Y Yamazaki, Chiba, I, A Hirai, C Satoh, N Sakakibara, K Notani, T Iizuka, Y Totsuka
    HEAD AND NECK-JOURNAL FOR THE SCIENCES AND SPECIALTIES OF THE HEAD AND NECK 27 8 676 - 681 2005年08月 [査読有り][通常論文]
     
    Background, The purpose of this study was to investigate the incidence and clinical significance of genetically diagnosed lymph node micrometastasis for patients with oral squamous cell carcinoma (SCC). Methods. A total of 495 lymph nodes obtained from 21 patients with primary oral SCCs that had p53 mutations were examined for corresponding p53 mutations in lymph nodes using mutant allele-specific amplification (MASA). Results. Among 476 histologically negative nodes, 44 were scored as positive for metastasis by MASA. All 19 histologically positive lymph nodes were genetically positive. Four of the 10 pN0 cases and nine of the 11 pN-positive cases had genetically positive micrometastases. Four patients who had five or more genetically positive lymph nodes located in three or more levels, three with disease staged as pNO or pN1, died of cancer. Conclusions. These results indicate that a high rate of micrometastasis in cervical lymph nodes of oral SCCs and patients with multiple or lower neck spread of micrometastases have a poor prognosis; they should be treated with postoperative adjuvant therapy. (c) 2005 Wiley Periodicals, Inc.

その他活動・業績

  • 特発性ならびに心因性味覚障害患者に対する新たな治療選択 ロフラゼプ酸エチルの効果
    坂田 健一郎, 山崎 裕, 浅香 卓哉, 大賀 則孝, 佐藤 淳, 佐藤 千晴, 榊原 典幸, 北川 善政 日本口腔科学会雑誌 66 (3) 256 -256 2017年09月 [査読無し][通常論文]
  • 多血小板フィブリンは経口ビスホスホネート製剤内服患者の抜歯窩治癒促進に寄与する
    浅香 卓哉, 大賀 則孝, 佐藤 淳, 佐藤 千晴, 山崎 裕, 北川 善政 日本口腔科学会雑誌 66 (2) 160 -160 2017年07月 [査読無し][通常論文]
  • 口腔癌のFMISO-PETで描出された低酸素領域と腫瘍血管密度(MVD)との関係
    大賀 則孝, 佐藤 淳, 浅香 卓哉, 宮腰 昌明, 佐藤 千晴, 進藤 正信, 北川 善政 日本口腔科学会雑誌 66 (2) 167 -168 2017年07月 [査読無し][通常論文]
  • Medically unexplained oral symptomへの口腔内科的アプローチ 当科における「Medically unexplained oral symptom」患者への対応
    佐藤 淳, 浅香 卓哉, 大賀 則孝, 佐藤 千晴, 佐藤 明, 北川 善政 日本口腔診断学会雑誌 30 (1) 97 -97 2017年02月 [査読無し][通常論文]
  • デノスマブ休薬により腐骨分離・上皮化に至ったMRONJの1例
    大賀 則孝, 佐藤 淳, 浅香 卓哉, 森本 昌弘, 佐藤 千晴, 山崎 裕, 北川 善政 日本口腔診断学会雑誌 30 (1) 102 -102 2017年02月 [査読無し][通常論文]
  • 角化嚢胞性歯原性腫瘍摘出術後、病的骨折部位に異常骨吸収を認めた1例
    宮腰 昌明, 大賀 則孝, 今待 賢治, 吉川 和人, 佐藤 千晴, 佐藤 明, 北川 善政 口腔顎顔面外傷 15 (1-2) 71 -71 2016年12月 [査読無し][通常論文]
  • Medically unexplained oral symptomへの口腔内科的アプローチ 当科における「Medically unexplained oral symptom」患者への対応
    佐藤 淳, 浅香 卓哉, 大賀 則孝, 佐藤 千晴, 佐藤 明, 北川 善政 日本口腔内科学会雑誌 22 (2) 113 -113 2016年12月 [査読無し][通常論文]
  • デノスマブ休薬により腐骨分離・上皮化に至ったMRONJの1例
    大賀 則孝, 佐藤 淳, 浅香 卓哉, 森本 昌弘, 佐藤 千晴, 山崎 裕, 北川 善政 日本口腔内科学会雑誌 22 (2) 118 -118 2016年12月 [査読無し][通常論文]
  • 歯科における局所麻酔薬アレルギーの頻度・原因などに関する検討 Review
    佐藤 淳, 大内 学, 浅香 卓哉, 大賀 則孝, 佐藤 千晴, 北川 善政 日本口腔科学会雑誌 65 (2) 166 -166 2016年07月 [査読無し][通常論文]
  • フローサイトメトリーによる唾液中の免疫細胞解析
    大賀 則孝, 加島 裕基, 佐藤 淳, 浅香 卓哉, 森本 真弘, 佐藤 千晴, 山崎 裕, 北川 善政 日本口腔科学会雑誌 65 (2) 193 -193 2016年07月 [査読無し][通常論文]
  • 早期に歯根内部吸収を生じた外傷性歯牙脱臼の1例(第2報) 7年間の経過観察
    水野 晴樹, 佐藤 淳, 北森 正吾, 大内 学, 浅香 卓哉, 佐藤 千晴, 大賀 則孝, 佐藤 明, 北川 善政 口腔顎顔面外傷 14 (1) 50 -50 2015年12月 [査読無し][通常論文]
  • 北海道大学口腔診断内科における掌蹠膿疱症患者の臨床統計学的検討
    森本 真弘, 浅香 卓哉, 鎌口 真由美, 山下 映美, 大内 学, 大賀 則孝, 佐藤 淳, 佐藤 千晴, 山崎 裕, 北川 善政 日本口腔内科学会雑誌 21 (2) 82 -82 2015年12月 [査読無し][通常論文]
  • 口腔の不随意運動でプチプチ音を発するオーラルジスキネジアと思われた1例
    佐藤 淳, 柳谷 美沙, 大内 学, 浅香 卓哉, 大賀 則孝, 佐藤 千晴, 北川 善政 日本口腔内科学会雑誌 21 (2) 93 -93 2015年12月 [査読無し][通常論文]
  • 重症心身障害児に生じた両側上顎骨正角化歯原性嚢胞の1例
    大内 学, 佐藤 淳, 佐藤 千晴, 鎌口 真由美, 進藤 正信, 北川 善政 日本口腔科学会雑誌 64 (2) 180 -181 2015年07月 [査読無し][通常論文]
  • フローサイトメトリーを用いたCBA法による唾液中のサイトカイン測定の試み 健常者における唾液と血液のサイトカイン濃度の測定
    大賀 則孝, 佐藤 淳, 浅香 卓哉, 宮腰 昌明, 元川 賢一郎, 秦 浩信, 佐藤 千晴, 山崎 裕, 北川 善政 日本口腔科学会雑誌 64 (2) 206 -206 2015年07月 [査読無し][通常論文]
  • 頬粘膜に生じた細菌に関連したと思われる白色病変の1例
    佐藤 淳, 大内 学, 浅香 卓哉, 吉川 和人, 大賀 則孝, 秦 浩信, 佐藤 千晴, 佐藤 明, 進藤 正信, 北川 善政 日本口腔診断学会雑誌 28 (1) 59 -59 2015年02月 [査読無し][通常論文]
  • 頬粘膜に生じた細菌に関連したと思われる白色病変の1例
    佐藤 淳, 大内 学, 浅香 卓哉, 吉川 和人, 大賀 則孝, 秦 浩信, 佐藤 千晴, 佐藤 明, 進藤 正信, 北川 善政 日本口腔内科学会雑誌 20 (2) 68 -68 2014年12月 [査読無し][通常論文]
  • 口腔領域における異物迷入の3例
    山下 映美, 佐藤 千晴, 大賀 則孝, 浅香 卓哉, 佐藤 明, 北川 善政 口腔顎顔面外傷 13 (1) 44 -44 2014年11月 [査読無し][通常論文]
  • 関節リウマチ治療経過中にメトトレキサート関連リンパ増殖性疾患とビスフォスフォネート関連顎骨骨壊死を併発した1例
    柳谷 美沙, 宮腰 昌明, 佐藤 淳, 秦 浩信, 佐藤 千晴, 山崎 裕, 北川 善政 日本口腔診断学会雑誌 27 (1) 102 -102 2014年02月 [査読無し][通常論文]
  • 関節リウマチ治療経過中にメトトレキサート関連リンパ増殖性疾患とビスフォスフォネート関連顎骨骨壊死を併発した1例
    柳谷 美沙, 宮腰 昌明, 佐藤 淳, 秦 浩信, 佐藤 千晴, 山崎 裕, 北川 善政 日本口腔内科学会雑誌 19 (2) 101 -101 2013年12月 [査読無し][通常論文]
  • 関節結節削除術を適応した多数の基礎疾患を有する両側習慣性顎関節脱臼の1例
    佐藤 淳, 佐藤 千晴, 北川 善政 日本顎関節学会雑誌 25 (Suppl.) 80 -80 2013年07月 [査読無し][通常論文]
  • 注射用ビスフォスフォネート製剤投与前における歯科受診の重要性
    小野寺 麻記子, 山崎 裕, 佐藤 淳, 佐藤 千晴, 黒嶋 雄志, 村井 知佳, 野谷 健一, 北川 善政 日本口腔科学会雑誌 62 (1) 51 -51 2013年01月 [査読無し][通常論文]
  • 当院における咀嚼筋腱・腱膜過形成症の臨床的検討
    松下 和裕, 井上 農夫男, 箕輪 和行, 山口 泰彦, 佐藤 千晴, 佐藤 淳, 大井 一浩, 戸塚 靖則, 鄭 漢忠 日本顎関節学会雑誌 24 (Suppl.) 91 -91 2012年07月 [査読無し][通常論文]
  • 北大病院口腔内科における味覚異常症例の治療成績
    水谷 篤史, 山崎 裕, 後藤 準, 佐藤 淳, 佐藤 千晴, 北川 善政 日本口腔科学会雑誌 60 (4) 358 -358 2011年09月 [査読無し][通常論文]
  • インプラント埋入を契機とした慢性疼痛から8年後にSAPHO症候群と診断された1例
    坪井 香奈子, 小野寺 麻記子, 阿部 貴洋, 山崎 裕, 佐藤 千晴, 野谷 健一, 北川 善政 日本口腔外科学会雑誌 57 (Suppl.) 287 -287 2011年09月 [査読無し][通常論文]
  • 膵癌の頭蓋内転移による舌下神経麻痺を認めた1例
    竹内 康人, 佐藤 千晴, 村田 翼, 佐藤 淳, 山崎 裕, 北川 善政 日本口腔科学会雑誌 60 (1) 64 -64 2011年01月 [査読無し][通常論文]
  • 耳下腺内に唾液貯留を疑う大きな嚢胞性病変を伴った若年型Sjoegren症候群の1例
    小野寺 麻記子, 野谷 健一, 佐藤 千晴, 北森 正吾, 太子 芳人, 箕輪 和行, 水越 孝典, 北川 善政 日本口腔診断学会雑誌 23 (2) 374 -374 2010年10月 [査読無し][通常論文]
  • 【口腔内科学的アプローチの現在】 顎関節症 最近の動向
    佐藤 千晴 歯科医療 24 (2) 59 -65 2010年04月 [査読無し][通常論文]
  • 佐藤 淳, 梅本 紘子, 金田 泰幸, 佐藤 明, 佐藤 千晴, 北川 善政 日本口腔科学会雜誌 59 (1) 56 -59 2010年01月10日 [査読無し][通常論文]
     
    症例は87歳男性で、感冒様症状を自覚し、点滴を受けていたが、右顎関節部の自発痛、腫脹を生じ、疼痛が徐々に増強し、開口障害、咀嚼障害を生じて摂食困難となった。右顎関節部に限局した腫脹・圧痛を認めたが耳症状、上顎洞症状、咽頭痛などの症状は認めなかった。口腔内では切歯間開口量は20mmで、開口時に右顎関節部に強度の疼痛を認めた。咬合時の下顎正中は上顎正中の左に4mm偏位し、右臼歯部は開咬を呈し咬合不全を認めたが歯痛、歯肉の腫脹は認めなかった。血液検査では白血球数、CRPが著明に上昇していた。パノラマX線では右下顎頭の骨変形、前方偏位を認め、シューラー氏変法X線でも右下顎頭の前方転位が認めたが開口時にも下顎頭滑走は認めなかった。CTでは右下顎頭の前下方偏位を認めたが外側翼突筋腫大、上顎洞炎の所見はなかった。右急性化膿性顎関節炎と診断し抗菌薬経静脈点滴投与、消炎鎮痛剤投与、栄養管理を開始し、顎関節腔洗浄療法により開口量が著明に増加した。
  • 顎関節滑膜性骨軟骨腫症に関する臨床的検討
    太子 芳仁, 佐藤 千晴, 寺田 典子, 佐藤 淳, 山崎 裕, 進藤 正信, 野谷 健一, 北川 善政 日本口腔外科学会雑誌 55 (Suppl.) 228 -228 2009年09月 [査読無し][通常論文]
  • 血行性感染の可能性が考えられた急性化膿性顎関節周囲炎の1例
    佐藤 淳, 佐藤 千晴, 北川 善政 日本顎関節学会雑誌 21 (Suppl.) 132 -132 2009年07月 [査読無し][通常論文]
  • 舌痛症に対するラフチジンの有効性と安全性の検討
    山崎 裕, 北森 正吾, 秦 浩信, 小野寺 麻記子, 佐藤 千晴, 北川 善政 日本口腔科学会雑誌 57 (4) 530 -530 2008年09月 [査読無し][通常論文]
  • 下関節腔に多量の遊離体を認めた顎関節滑膜性骨軟骨腫症の1例
    佐藤 淳, 佐藤 千晴, 北川 善政 日本顎関節学会雑誌 20 (Suppl.) 127 -127 2008年07月 [査読無し][通常論文]
  • 急性化膿性顎関節炎の1例
    佐藤 淳, 佐藤 千晴, 北川 善政 日本顎関節学会雑誌 20 (Suppl.) 144 -144 2008年07月 [査読無し][通常論文]
  • 口腔心身症に対するパロキセチンの効果
    北森 正吾, 山崎 裕, 村井 知佳, 小野寺 麻記子, 齋藤 正晃, 佐藤 千晴, 北川 善政 日本口腔外科学会雑誌 54 (1) 38 -38 2008年01月 [査読無し][通常論文]
  • 佐藤 千晴, 井上 農夫男, 山口 泰彦, 箕輪 和行, 園部 昌治, 飯塚 正, 金田 泰幸, 北川 善政 北海道歯学雑誌 28 (1) 83 -88 2007年06月15日 [査読無し][通常論文]
     
    患者は61歳の女性で、歯科治療時に開口障害を指摘され、2002年7月に当科を紹介受診した。開口量は29mmで、開口時に咬筋前縁部に硬い索状物を触知した。また、MRI画像上両側咬筋腱膜の過長が疑われ、咬筋内の筋層間の腱膜は中間腱を中心に肥厚を認めたことから、開口障害の主たる原因は咬筋腱膜の過形成と思われた。開口練習を開始したが開口量は31mmが限界であった。2003年5月に口腔内より両側咬筋腱膜の切除術を施行した。咬筋前縁部の外側寄りに白色、硬い索状の腱膜を認めた。上下方向に良く発達して伸びていたため、可及的に追求して切除した。さらに両側筋突起を切除した結果、開口量は50mmまで増加した。術後は早期より開口練習を再開し、開口量は45mmを保持している。咬筋腱膜の過形成による開口障害に対しては、外科的治療と継続的な開口練習が有効であると思われた。(著者抄録)
  • 頭頸部悪性腫瘍のFDG-PET診断 非扁平上皮癌症例について
    佐藤 千晴, 山崎 裕, 齊藤 正晃, 野谷 健一, 鄭 漢忠, 戸塚 靖則, 滝波 修一, 北川 善政 頭頸部癌 33 (2) 170 -170 2007年05月 [査読無し][通常論文]
  • 口腔癌患者における血清マーカーとしてのVEGFファミリーの有用性
    山崎 裕, 佐藤 明, 佐藤 千晴, 野谷 健一, 大廣 洋一, 小野 貢伸, 鄭 漢忠, 戸塚 靖則, 北川 善政 日本口腔科学会雑誌 56 (1) 201 -201 2007年01月 [査読無し][通常論文]
  • 由良 晋也, 戸塚 靖則, 大賀 則孝, 大井 一浩, 馬渕 亜希子, 由川 哲也, 出山 文子, 佐藤 千晴, 山口 智明, 阿部 一雄 日本口腔外科学会雑誌 52 (11) 582 -587 2006年11月20日 [査読無し][通常論文]
     
    To investigate the effect of enforced manipulation technique on arthrocentesis in patient with intracapsular adhesion of the temporomandibular joint, the clinica effectiveness of the procedure was compared on the basis of arthoscopic findings between an enforced manipulation group and a matched-pair contro group. Ten patients who underwent sufficient enforced manipulation during arthrocentesis comprised the enforced manipulationtion group, and 10 patients without manipulation comprised the control group.<BR>One month after the procedure, the range of maximum mouth opening increased by 3 to ...
  • 関節窩に骨吸収を認めた顎関節滑膜骨軟骨腫症の1例
    寺田 典子, 佐藤 千晴, 谷村 晶広, 山崎 裕, 進藤 正信, 野谷 健一, 北川 善政 日本口腔外科学会雑誌 52 (7) 430 -430 2006年07月 [査読無し][通常論文]
  • 咬筋腱膜の過形成が主たる原因と考えられた開口障害の1例
    佐藤 千晴, 井上 農夫男, 山口 泰彦, 箕輪 和行, 園部 昌治, 北川 善政 日本顎関節学会雑誌 18 (1) 95 -95 2006年04月 [査読無し][通常論文]
  • FDG-PETによる頭頸部扁平上皮癌頸部リンパ節転移の診断に関する研究 リンパ節個々の病理組織学的所見との比較
    齊藤 正晃, 山崎 裕, 佐藤 千晴, 佐藤 明, 野谷 健一, 北川 善政, 大廣 洋一, 鄭 漢忠, 戸塚 靖則 日本口腔科学会雑誌 54 (4) 513 -514 2005年09月 [査読無し][通常論文]
  • 両側多発性頸部リンパ節転移を生じたOncocytic carcinomaの1例
    喜屋武 麻記子, 山崎 裕, 豊田 晶子, 佐藤 千晴, 野谷 健一, 飯塚 正, 進藤 正信, 向後 隆男, 北川 善政 日本口腔外科学会雑誌 51 (Suppl.) 91 -91 2005年09月 [査読無し][通常論文]
  • 頭頸部領域のFDG-PET診断 扁平上皮癌以外の症例について
    阿部 貴洋, 山崎 裕, 齊藤 正晃, 佐藤 千晴, 野谷 健一, 大廣 洋一, 鄭 漢忠, 戸塚 靖則, 北川 善政 日本口腔外科学会雑誌 51 (Suppl.) 177 -177 2005年09月 [査読無し][通常論文]
  • パミドロネートが奏効した小児びまん性硬化性下顎骨骨髄炎の1例
    山崎 裕, 榊原 典幸, 佐藤 千晴, 石川 誠, 野谷 健一, 渡辺 政明, 野村 克弘, 北川 善政 日本口腔外科学会雑誌 51 (Suppl.) 222 -222 2005年09月 [査読無し][通常論文]
  • 仮骨延長法による再建を行った下顎頭骨軟骨腫の1例
    村田 翼, 佐藤 千晴, 山崎 裕, 進藤 正信, 向後 隆男, 野谷 健一 日本口腔外科学会雑誌 51 (8) 417 -417 2005年08月 [査読無し][通常論文]
  • 当科におけるインプラント治療の臨床的検討
    佐藤 千晴, 石川 誠, 水越 孝典, 守屋 信吾, 水野 貴行, 百合草 健圭志, 野谷 健一 日本口腔外科学会雑誌 51 (8) 418 -418 2005年08月 [査読無し][通常論文]
  • 顎関節クローズド・ロック症例に対する加圧関節洗浄療法の効果と関節病態との関係
    由良 晋也, 戸塚 靖則, 馬渕 亜希子, 出山 文子, 由川 哲也, 佐藤 千晴, 井上 農夫男 日本顎関節学会雑誌 17 (1) 95 -95 2005年04月 [査読無し][通常論文]
  • 術前化学療法が奏効した下顎骨骨肉腫の1例
    佐藤 千晴, 山崎 裕, 豊田 晶子, 齊藤 正晃, 石川 誠, 進藤 正信, 向後 隆男, 箕輪 和行, 野谷 健一, 北川 善政 日本口腔外科学会雑誌 50 (13) 873 -873 2004年12月 [査読無し][通常論文]
  • 口腔癌における腫瘍マーカーとしての血清p53抗体測定の意義
    山崎 裕, 千葉 逸朗, 榊原 典幸, 佐藤 千晴, 野谷 健一, 大廣 洋一, 小野 貢伸, 鄭 漢忠, 戸塚 靖則, 水野 重孝 頭頸部腫瘍 30 (2) 252 -252 2004年05月 [査読無し][通常論文]
  • MR所見とIL-10及びTGF-β濃度との関係
    馬渕 亜希子, 岡本 亨, 由川 哲也, 高師 則行, 戸塚 靖則, 越川 美乃, 梶井 貴史, 飯田 順一郎, 佐藤 千晴, 井上 農夫男, 由良 晋也 日本顎関節学会雑誌 16 (1) 67 -67 2004年04月 [査読無し][通常論文]
  • 顎関節局所麻酔後の開口域を基にした上関節腔内癒着の発現頻度
    由良 晋也, 戸塚 靖則, 馬渕 亜希子, 出山 文子, 由川 哲也, 高師 則行, 佐藤 千晴, 井上 農夫男 日本顎関節学会雑誌 16 (1) 92 -92 2004年04月 [査読無し][通常論文]
  • 由良 晋也, 戸塚 靖則, 馬渕 亜希子, 出山 文子, 由川 哲也, 高師 則行, 佐藤 千晴, 井上 農夫男 TMJ : journal of Japanese Society for Temporomandibular Joint = 日本顎関節学会雑誌 15 (3) 238 -244 2003年12月20日 [査読無し][通常論文]
     
    局所麻酔下に関節鏡視検査と関節洗浄療法を施行した片側性の顎関節クローズド・ロック症41例41関節を対象とし,開口域ならびに増加量と癒着の有無関係について解析した.癒着の有無は開口域と増加量に有意に影響した.開口域が39mm以上ないし増加重が11mm以上の症例には,癒着が存在する確率は0%であった.開口域が38mm以下の症例において癒着が存在する確率は80%,増加量が10mm以下の症例では75%であった.局所麻酔後の開口域と増加量測定は,パンピングや関節洗浄療法を施行する際に,癒着の有無を予測するための簡便で有効な方法であることが示唆された
  • 頭頸部癌術後に発症したMRSA肺炎に対するVCM投与時のTDMの有用性
    豊田 晶子, 山崎 裕, 佐藤 明, 杉浦 千尋, 佐藤 千晴, 榊原 典幸, 野谷 健一, 笠師 久美子, 原田 幸子, 和田 育男 日本口腔外科学会雑誌 49 (13) 801 -801 2003年12月 [査読無し][通常論文]
  • 口腔扁平上皮癌における微小リンパ節転移の遺伝子診断
    山崎 裕, 千葉 逸朗, 佐藤 千晴, 平井 敦子, 榊原 典幸, 野谷 健一, 戸塚 靖則, 飯塚 正, 向後 隆男 日本口腔外科学会雑誌 49 (13) 831 -832 2003年12月 [査読無し][通常論文]
  • 上顎に発生した小唾液腺由来の基底細胞腺癌の1例
    喜屋武 麻記子, 佐藤 千晴, 山崎 裕, 豊田 晶子, 野谷 健一, 飯塚 正, 向後 隆男 日本口腔外科学会雑誌 49 (13) 902 -902 2003年12月 [査読無し][通常論文]
  • 重度の開口障害をともなった慢性硬化性下顎骨骨髄炎の1例
    佐藤 千晴, 豊田 晶子, 山崎 裕, 野谷 健一, 進藤 正信, 井上 農夫男, 畔田 貢, 上野 尚雄 日本口腔外科学会雑誌 49 (13) 926 -926 2003年12月 [査読無し][通常論文]
  • 非復位性関節円板前方転位症例の臨床症状ならびに鏡視像に関する年齢群別検討
    馬渕 亜希子, 高師 則行, 由川 哲也, 戸塚 靖則, 佐藤 千晴, 井上 農夫男, 由良 晋也 日本口腔外科学会雑誌 49 (13) 935 -935 2003年12月 [査読無し][通常論文]
  • 嚥下機能の経時的変化を追った舌亜全摘の1症例
    豊田 晶子, 山崎 裕, 鄭 漢忠, 牧野 修治郎, 北田 秀昭, 佐藤 千晴, 上野 尚雄, 深澤 早由良, 野谷 健一, 福田 博 日本口腔科学会雑誌 52 (6) 358 -359 2003年11月 [査読無し][通常論文]
  • 舌癌術後に中心静脈カテーテル感染症からDICを発症した1例
    金田 泰幸, 山崎 裕, 佐藤 千晴, 邊見 亨, 榊原 典幸, 百合草 健圭志, 野谷 健一, 福田 博 日本口腔科学会雑誌 52 (6) 359 -360 2003年11月 [査読無し][通常論文]
  • 馬渕 亜希子, 由良 晋也, 大井 一浩, 堀向 弘眞, 出山 文子, 由川 哲也, 高師 則行, 佐藤 千晴, 井上 農夫男, 戸塚 靖則 TMJ : journal of Japanese Society for Temporomandibular Joint : 日本顎関節学会雑誌 15 (1) 13 -17 2003年04月20日 [査読無し][通常論文]
     
    顎変形がなくMR像にて片側ないし両側に非復位性関節円板前方転位が観察された顎関節症患者215名298関節を対象に,MRIにより円板変形と骨変化の有無を診断し,年齢群別に比較した.円板変形の出現率は,30〜39歳では平均83.3%,40〜49歳では平均87.0%,10〜19歳では平均59.5%及び20〜29歳では平均61.2%と30〜39歳及び40〜49歳ではその発現率は有意に高かった.非復位性関節円板前方転位において,性差或いは骨格形態とは無関係に年齢が円板変形と骨変化の発現に影響する因子となり得ることが明らかとなった
  • 顎関節滑液中タンパク濃度とMR像及び鏡視像との関係
    馬渕 亜希子, 由良 晋也, 出山 文子, 高師 則行, 戸塚 靖則, 越川 美乃, 梶井 貴史, 岡本 亨, 飯田 順一郎, 佐藤 千晴, 由川 哲也, 井上 農夫男 日本顎関節学会雑誌 15 (1) 126 -126 2003年04月 [査読無し][通常論文]
  • 術前動注併用放射線治療を行った進行舌癌の2例
    守屋 信吾, 佐藤 明, 大森 桂一, 山崎 裕, 佐藤 千晴, 西岡 健, 本間 明宏, 野谷 健一, 福田 博 日本口腔外科学会雑誌 49 (2) 139 -139 2003年02月 [査読無し][通常論文]
  • 下顎骨に発生した粘表皮癌の1例
    村西 京一郎, 牧野 修治郎, 北川 栄二, 佐藤 千晴, 近藤 圭司, 北田 秀明, 進藤 正信, 向後 隆男, 野谷 健一, 福田 博 日本口腔外科学会雑誌 49 (2) 141 -141 2003年02月 [査読無し][通常論文]
  • 下顎骨転移巣を初発症状とした肺小細胞癌の1例
    阿部 貴洋, 佐藤 明, 佐藤 千晴, 豊田 晶子, 野谷 健一, 福田 博, 進藤 正信, 向後 隆男 日本口腔外科学会雑誌 49 (2) 154 -154 2003年02月 [査読無し][通常論文]
  • 術後良好な嚥下機能を回復できた舌亜全摘の1症例
    山崎 裕, 鄭 漢忠, 泉山 ゆり, 前川 邦明, 北田 秀昭, 佐藤 千晴, 牧野 修治郎, 野谷 健一, 福田 博 日本摂食・嚥下リハビリテーション学会雑誌 6 (2) 294 -294 2002年12月 [査読無し][通常論文]
  • 由良 晋也, 戸塚 靖則, 大井 一浩, 馬渕 亜希子, 由川 哲也, 出山 文子, 大廣 洋一, 高師 則行, 佐藤 千晴, 井上 農夫男 日本口腔外科学会雑誌 48 (10) 515 -519 2002年10月20日 [査読無し][通常論文]
     
    To investigate the effect of distension and removal of adhesion in the upper joint space after lavage under sufficient hydraulic pressure during arthrocentesis, we measured changes in intra-articular pressure in the joint space and performed arthroscopic examinations during the procedure.<BR>Eight patients (8 joints) with closed lock of the temporomandibular joint who underwent arthrocentesis and arthroscopic examination were studied. Adhesion was observed in 5 joints on arthroscopic examination before irrigation; the remaining 3 joints had no adhesion. Changes in intra-articular pressure d...
  • クローズドロック症例に対する顎関節鏡視下剥離授動術の長期術後成績の検討
    佐藤 千晴, 山口 泰彦, 井上 農夫男, 由良 晋也, 佐藤 淳, 津山 昌嗣, 戸塚 靖則, 福田 博 日本顎関節学会雑誌 14 (1) 99 -99 2002年04月 [査読無し][通常論文]
  • 顎関節クローズドロック症例における癒着の有無と臨床所見及びMR像との関連について
    高師 則行, 由良 晋也, 馬渕 亜希子, 出川 文子, 由川 哲也, 佐藤 千晴, 井上 農夫男, 戸塚 靖則 日本顎関節学会雑誌 14 (1) 118 -118 2002年04月 [査読無し][通常論文]
  • 顎関節滑液中のマトリックスメタロプロテアーゼ活性と臨床ならびにMR像との関係
    由良 晋也, 戸塚 靖則, 馬渕 亜希子, 出山 文子, 由川 哲也, 高師 則行, 佐藤 千晴, 井上 農夫男 日本顎関節学会雑誌 14 (1) 105 -105 2002年04月 [査読無し][通常論文]
  • 佐藤 千晴, 進藤 正信, 野谷 健一, 福田 博 頭頚部腫瘍 28 (1) 308 -312 2002年03月25日 [査読無し][通常論文]
  • プロポフォールによる鎮静法とミダゾラムによる鎮静法の比較検討
    北川 栄二, 近藤 圭司, 佐藤 千晴 日本口腔科学会雑誌 51 (1) 92 -93 2002年01月 [査読無し][通常論文]
  • 関節突起に生じた骨軟骨腫の1例
    近藤 圭司, 北川 栄二, 佐藤 千晴, 野谷 健一, 福田 博, 進藤 正信 日本口腔外科学会雑誌 47 (12) 846 -846 2001年12月 [査読無し][通常論文]
  • 加圧関節洗浄療法における関節内圧の測定及び関節腔拡張効果に関する検討
    由良 晋也, 大廣 洋一, 馬渕 亜希子, 由川 哲也, 出山 文子, 高師 則行, 戸塚 靖則, 佐藤 千晴, 井上 農夫男 日本口腔外科学会雑誌 47 (13) 1083 -1083 2001年12月 [査読無し][通常論文]
  • 非復位性関節円板前方転位症例の開口量ならびにMR像に関する年齢群別検討
    馬渕 亜希子, 由良 晋也, 出山 文子, 由川 哲也, 大廣 洋一, 高師 則行, 佐藤 千晴, 井上 農夫男, 戸塚 靖則 日本口腔外科学会雑誌 47 (13) 1084 -1085 2001年12月 [査読無し][通常論文]
  • 山崎 裕, 千葉 逸朗, 平井 敦子, 佐藤 千晴, 榊原 典幸, 野谷 健一, 福田 博, 柏崎 晴彦, 鄭 漢忠, 戸塚 靖則 日本口腔外科学会雑誌 47 (7) 389 -399 2001年07月 [査読無し][通常論文]
     
    口腔扁平上皮癌124例におけるp53遺伝子の変異部位と変異様式を検索した.53例にp53遺伝子変異を認めた.変異はエクソン5〜8にほぼ均等に分布していた.変異様式では内因性癌と関連するCpG部位でのG:C→A:Tのトランジションが28%に認められ,外因性発癌と関連するG:C→T:Aのトランスバージョンは13%と少なかった.p53遺伝子変異と喫煙,飲酒との関連は認めなかった
  • フェンタニルとミダゾラムによる有病者に対する外来での管理法について
    北川 栄二, 佐藤 千晴, 村西 京一郎, 深沢 亨, 林 成憲 有病者歯科医療 9 (2) 129 -130 2001年05月 [査読無し][通常論文]
  • 高齢者の智歯に関する臨床的検討
    村西 京一郎, 北川 栄二, 佐藤 千晴, 深沢 亨, 林 成憲 有病者歯科医療 9 (2) 137 -138 2001年05月 [査読無し][通常論文]
  • MASA法を用いた口腔扁平上皮癌における微小頸部リンパ節転移の検出
    佐藤 千晴, 山崎 裕, 千葉 逸朗, 佐藤 明, 平井 敦子, 野谷 健一, 福田 博, 飯塚 正, 向後 隆男 頭頸部腫瘍 27 (2) 535 -535 2001年05月 [査読無し][通常論文]
  • 口腔癌における遺伝子学的手法による微小頸部リンパ節転移診断の試み
    佐藤 千晴, 山崎 裕, 千葉 逸朗, 佐藤 明, 平井 敦子, 金田 泰幸, 野谷 健一, 福田 博, 女澤 史恵, 飯塚 正 日本口腔外科学会雑誌 46 (13) 1012 -1013 2000年12月 [査読無し][通常論文]
  • 血管柄付き骨移植による下顎再建の検討 ミニプレート破折について
    北田 秀昭, 牧野 修治郎, 山下 知巳, 川口 泰, 榊原 典幸, 佐藤 千晴, 野谷 健一, 福田 博, 北川 栄二 日本口腔外科学会雑誌 46 (11) 732 -732 2000年11月 [査読無し][通常論文]
  • 診断,治療に苦慮した悪性リンパ腫の1例
    佐藤 千晴, 北川 栄二, 近藤 圭司, 榊原 典幸, 野谷 健一, 福田 博 日本口腔科学会雑誌 49 (5) 307 -307 2000年09月 [査読無し][通常論文]
  • 医療法人社団北斗病院歯科口腔外科における紹介患者の検討
    北川 栄二, 佐藤 千晴, 村西 京一郎, 深沢 亨, 林 成憲 北海道歯科医師会誌 (55) 103 -106 2000年02月 [査読無し][通常論文]
     
    1)紹介率(14.3%)は,経年的に増加傾向にあり,年代別では20歳代,30歳代が比較的高かった.2)紹介の理由は精査加療依頼が最も多く,ついで,抜歯依頼,手術依頼,有病者の治療依頼の順であった.3)入院,全身麻酔,静脈麻酔等の全身管理が必要な患者のうち約半数以上は紹介患者であった
  • 佐藤 淳, 由良 晋也, 佐藤 千晴, 小松 孝雪, 山口 泰彦, 門脇 繁, 畔田 貢, 戸塚 靖則, 福田 博 北海道歯学雑誌 20 (2) 186 -191 1999年12月15日 [査読無し][通常論文]
  • 顎関節クローズドロック例における3ヵ月間の保存療法の効果に影響する因子の検討
    佐藤 淳, 由良 晋也, 佐藤 千晴, 小松 孝雪, 山口 泰彦, 門脇 繁, 畔田 貢, 戸塚 靖則, 福田 博 北海道歯学雑誌 20 (2) 186 -191 1999年12月 [査読無し][通常論文]
     
    1)MRIによる円板形態の評価では奏効群では円板の軽度変形群が多く,非奏効群では高度変形群が多かった.2)奏効群ではOA(-)群が多く,非奏効群ではOA(+)群が多かった.3)ロジスティック回帰分析の結果では円板形態とOAの有無が保存療法の奏効・非奏効に対して有意に関連する因子であり,オッズ比はそれぞれ17.9,10.29であった
  • 血管柄付き腓骨による下顎再建を行った10例の臨床的検討
    北田 秀昭, 牧野 修治郎, 山下 知巳, 原田 浩之, 榊原 典幸, 佐藤 千晴, 野谷 健一, 福田 博, 林 信, 小野 貢伸 日本口腔外科学会雑誌 45 (13) 912 -913 1999年12月 [査読無し][通常論文]
  • 死の転帰をとった副鼻腔アスペルギルス症の1例
    佐藤 千晴, 北川 栄二, 飯塚 正, 進藤 正信, 向後 隆男, 野谷 健一, 福田 博 日本口腔科学会雑誌 48 (6) 663 -663 1999年11月 [査読無し][通常論文]
  • 医療法人社団北斗病院歯科口腔外科における過去3年間の病理組織検査結果の臨床統計的観察
    村西 京一郎, 佐藤 千晴, 林 成憲, 北川 栄二 北海道歯科医師会誌 (54) 173 -178 1999年02月 [査読無し][通常論文]
     
    1)過去3年間に病理組織検査を行った症例は245例であり,そのうちの重複例を除く症例は218例であった. 2)各疾患群別の内訳は,嚢胞性疾患群が最も多く108例であり,ついで腫瘍性疾患群46例,炎症性疾患群43例,その他の疾患群21例であった. 3)悪性腫瘍は15例であった. 4)疾患別で最も多かったのは,歯根嚢胞の60例,であった. 5)臨床診断と病理組織検査の結果に相違があった症例は,33例であった
  • 医療法人社団北斗病院歯科口腔外科における静脈麻酔の現況
    北川 栄二, 佐藤 千晴, 村西 京一郎, 林 成憲 北海道歯科医師会誌 (54) 237 -243 1999年02月 [査読無し][通常論文]
     
    静脈麻酔症例234例について検討した.年齢別では20歳代が最も多く,埋伏歯抜歯等の侵襲緩和のために静脈麻酔を選択した症例が最も多かった.また,日帰り症例が大半を占め,重篤な偶発症はなかった
  • 当科開設後2年6ヵ月間における口腔外科疾患患者の臨床的検討
    佐藤 千晴, 北川 栄二, 福田 博, 野谷 健一 日本口腔科学会雑誌 48 (1) 100 -100 1999年01月 [査読無し][通常論文]
  • 佐藤 千晴, 北川 栄二, 村西 京一郎, 林 成憲, 深沢 亨, 野谷 健一, 福田 博 北海道歯学雑誌 19 (2) 220 -226 1998年12月15日 [査読無し][通常論文]
     
    1)2年6ヵ月間の新患患者総数は3,801名で,このうち口腔外科疾患患者は1,375名であった.また口腔外科疾患患者の割合は増加傾向にあった. 2)口腔外科疾患患者における紹介率は31.0%であった. 3)疾患別分類では顎関節症が247名で最も多く,次いで炎症が225名,埋伏歯が211名の順であった. 4)何らかの全身疾患を合併する患者は450名であった.重複を含んだ疾患別分類では循環器疾患181名,脳神経疾患139名が高い割合で認められた
  • 佐藤 淳, 由良 晋也, 佐藤 千晴, 小林 隆, 戸塚 靖則, 山口 泰彦, 井上 農夫男, 福田 博 北海道歯学雑誌 19 (1) 45 -51 1998年06月15日 [査読無し][通常論文]
  • クローズドロック例における保存療法奏効例と外科療法へ移行した非奏効例の比較検討
    佐藤 淳, 由良 晋也, 佐藤 千晴 北海道歯学雑誌 19 (1) 45 -51 1998年06月 [査読無し][通常論文]
     
    開口障害を伴う有痛性のクローズドロック例において,3ヵ月間の保存療法が奏効した症例と奏効しないために外科療法を選択した症例を検討した. 1)初診時の顎機能障害の程度は奏効例と非奏効例では差はなかった. 2)患者の年齢は非奏効例が奏効例より高かった. 3)MRI所見では,非奏効例は奏効例に比較して高度の円板変形例が多かった. 4)X線所見では非奏効例に比較してOAの頻度が高かった.クローズドロック例に対する3ヵ月間の保存療法の効果を予測する因子として,患者の年齢,関節円板の形態,OAの有無の評価が有用である
  • 顎関節クローズドロック症例に対する関節鏡視下剥離授動術の術後評価 筋症状と予後の関連について
    佐藤 千晴 日本口腔科学会雑誌 46 (5) 767 -767 1997年12月 [査読無し][通常論文]
  • 樋田 京子, 由良 晋也, 穴沢 敏行, 佐藤 淳, 佐藤 千晴, 小林 隆, 井上 農夫男, 戸塚 靖則 TMJ : journal of Japanese Society for Temporomandibular Joint : 日本顎関節学会雑誌 9 (1) 130 -138 1997年06月20日 [査読無し][通常論文]
  • クローズドロック症例にする顎関節鏡視下剥離授動術ならびに関節腔洗浄療法の術後成績の検討
    佐藤 千晴 日本口腔外科学会雑誌 41 (13) 1141 -1142 1995年12月 [査読無し][通常論文]
  • 下顎骨再建におけるチタンメッシュトレイの使用経験
    佐藤 千晴 日本口腔外科学会雑誌 39 (13) 1385 -1386 1993年12月 [査読無し][通常論文]
  • マウス形質細胞腫S194と正常線維芽細胞との雑種細胞におけるc-myc,活性化c-Ha-ras癌遺伝子導入と再腫瘍化
    佐藤 千晴, 及川 恒之, 近藤 信夫 医学のあゆみ 154 (10) 655 -656 1990年09月 [査読無し][通常論文]
  • 腫瘍形質の抑制された雑種細胞への癌遺伝子導入による再トランスフォーメーション
    佐藤 千晴 日本癌学会総会記事 48回 111 -111 1989年10月 [査読無し][通常論文]

教育活動情報

主要な担当授業

  • 口腔病態学実習Ⅴ
    開講年度 : 2018年
    課程区分 : 博士後期課程
    開講学部 : 歯学研究科
    キーワード : 口腔診断内科学
  • 口腔病態学実習Ⅴ
    開講年度 : 2018年
    課程区分 : 博士後期課程
    開講学部 : 歯学院
    キーワード : 口腔診断内科学
  • 口腔診断学
    開講年度 : 2018年
    課程区分 : 博士後期課程
    開講学部 : 歯学研究科
    キーワード : 口腔診断学,歴史的考察,問題点,努力目標
  • 口腔診断学
    開講年度 : 2018年
    課程区分 : 博士後期課程
    開講学部 : 歯学院
    キーワード : 口腔診断学,歴史的考察,問題点,努力目標
  • 口腔診断法研究Ⅰ
    開講年度 : 2018年
    課程区分 : 博士後期課程
    開講学部 : 歯学研究科
    キーワード : 口腔内科学,口腔粘膜疾患,唾液腺疾患,Sjogren Syndrome
  • 口腔診断法研究Ⅰ
    開講年度 : 2018年
    課程区分 : 博士後期課程
    開講学部 : 歯学院
    キーワード : 口腔内科学,口腔粘膜疾患,唾液腺疾患,Sjogren Syndrome
  • 口腔内科学研究Ⅰ
    開講年度 : 2018年
    課程区分 : 博士後期課程
    開講学部 : 歯学研究科
    キーワード : Sjogren Syndrome ,疫学的調査,免疫学的研究,遺伝子学研究
  • 口腔内科学研究Ⅰ
    開講年度 : 2018年
    課程区分 : 博士後期課程
    開講学部 : 歯学院
    キーワード : Sjogren Syndrome ,疫学的調査,免疫学的研究,遺伝子学研究
  • 口腔病態学実習Ⅰ
    開講年度 : 2018年
    課程区分 : 博士後期課程
    開講学部 : 歯学研究科
    キーワード : 口腔診断内科学
  • 口腔病態学実習Ⅰ
    開講年度 : 2018年
    課程区分 : 博士後期課程
    開講学部 : 歯学院
    キーワード : 口腔診断内科学
  • 口腔病態学実習Ⅱ
    開講年度 : 2018年
    課程区分 : 博士後期課程
    開講学部 : 歯学研究科
    キーワード : 口腔診断内科学
  • 口腔病態学実習Ⅱ
    開講年度 : 2018年
    課程区分 : 博士後期課程
    開講学部 : 歯学院
    キーワード : 口腔診断内科学
  • 口腔病態学実習Ⅲ
    開講年度 : 2018年
    課程区分 : 博士後期課程
    開講学部 : 歯学研究科
    キーワード : 口腔診断内科学
  • 口腔病態学実習Ⅲ
    開講年度 : 2018年
    課程区分 : 博士後期課程
    開講学部 : 歯学院
    キーワード : 口腔診断内科学
  • 口腔病態学実習Ⅳ
    開講年度 : 2018年
    課程区分 : 博士後期課程
    開講学部 : 歯学研究科
    キーワード : 口腔診断内科学
  • 口腔病態学実習Ⅳ
    開講年度 : 2018年
    課程区分 : 博士後期課程
    開講学部 : 歯学院
    キーワード : 口腔診断内科学
  • 口腔診断法研究Ⅱ
    開講年度 : 2018年
    課程区分 : 博士後期課程
    開講学部 : 歯学研究科
    キーワード : 機能診断、PET、分子イメージング
  • 口腔診断法研究Ⅱ
    開講年度 : 2018年
    課程区分 : 博士後期課程
    開講学部 : 歯学院
    キーワード : 機能診断、PET、分子イメージング
  • 口腔内科学
    開講年度 : 2018年
    課程区分 : 博士後期課程
    開講学部 : 歯学研究科
    キーワード : 口腔内科学,口腔粘膜疾患,唾液腺疾患,Sjogren Syndrome
  • 口腔内科学
    開講年度 : 2018年
    課程区分 : 博士後期課程
    開講学部 : 歯学院
    キーワード : 口腔内科学,口腔粘膜疾患,唾液腺疾患,Sjogren Syndrome
  • 口腔内科学研究Ⅱ
    開講年度 : 2018年
    課程区分 : 博士後期課程
    開講学部 : 歯学研究科
    キーワード : 口腔粘膜疾患、疫学的調査、免疫学的研究、遺伝子学研究
  • 口腔内科学研究Ⅱ
    開講年度 : 2018年
    課程区分 : 博士後期課程
    開講学部 : 歯学院
    キーワード : 口腔粘膜疾患、疫学的調査、免疫学的研究、遺伝子学研究
  • 口腔診断内科学臨床実習Ⅰ
    開講年度 : 2018年
    課程区分 : 学士課程
    開講学部 : 歯学部
    キーワード : 口腔と全身、口腔内科学、口腔外科学、口腔診断学
  • 口腔診断内科学
    開講年度 : 2018年
    課程区分 : 学士課程
    開講学部 : 歯学部
    キーワード : 口腔内科学、口腔外科学、口腔診断学、口腔と全身、有病者、症候学
  • 口腔診断内科学臨床実習Ⅱ
    開講年度 : 2018年
    課程区分 : 学士課程
    開講学部 : 歯学部
    キーワード : 口腔と全身、口腔内科学、口腔診断学


Copyright © MEDIA FUSION Co.,Ltd. All rights reserved.