矢部 一郎ヤベ イチロウresearchmap個人ページ

更新日 : 2017/09/19

基本情報

プロフィール

所属部署名
医学研究院  専門医学系部門神経病態学分野
北海道大学病院
職名准教授 
学位
博士(北海道大学)
メールアドレス
ホームページURLhttp://neurology.med.hokudai.ac.jp/~neuro-w/
科研費研究者番号

研究キーワード

神経内科, 遺伝学, ミトコンドリア, 神経変性, 運動失調

研究分野

内科系臨床医学 / 神経内科学
研究分野を全て表示する
研究分野閉じる
内科系臨床医学 / 神経内科学

職歴

2012年04月
-
現在
北海道大学病院臨床遺伝子診療部(部長)
2011年07月
-
現在
北海道大学病院神経内科(診療教授)
2008年04月
-
現在
北海道大学大学院医学研究科神経病態学講座神経内科学分野(准教授)
2007年04月
-
2008年03月
北海道大学大学院医学研究科脳科学専攻神経病態学講座神経内科学分野(准教授)
2006年11月
-
2007年03月
北海道大学大学院医学研究科脳科学専攻神経病態学講座神経内科学分野(助教授)
2005年10月
-
2006年10月
北海道大学大学院医学研究科脳科学専攻神経病態学講座神経内科学分野(講師)
2003年10月
-
2005年09月
北海道大学大学院医学研究科脳科学専攻神経病態学講座神経内科学分野(助手)
2002年04月
-
2003年09月
北海道大学医学部附属病院神経内科(医員)
職歴を全て表示する
職歴閉じる
2012年04月
-
現在
北海道大学病院臨床遺伝子診療部(部長)
2011年07月
-
現在
北海道大学病院神経内科(診療教授)
2008年04月
-
現在
北海道大学大学院医学研究科神経病態学講座神経内科学分野(准教授)
2007年04月
-
2008年03月
北海道大学大学院医学研究科脳科学専攻神経病態学講座神経内科学分野(准教授)
2006年11月
-
2007年03月
北海道大学大学院医学研究科脳科学専攻神経病態学講座神経内科学分野(助教授)
2005年10月
-
2006年10月
北海道大学大学院医学研究科脳科学専攻神経病態学講座神経内科学分野(講師)
2003年10月
-
2005年09月
北海道大学大学院医学研究科脳科学専攻神経病態学講座神経内科学分野(助手)
2002年04月
-
2003年09月
北海道大学医学部附属病院神経内科(医員)

学歴

1998年04月
-
2002年03月
北海道大学大学院 医学研究科
1985年04月
-
1991年03月
北海道大学 医学部
学歴を全て表示する
学歴閉じる
1998年04月
-
2002年03月
北海道大学大学院 医学研究科
1985年04月
-
1991年03月
北海道大学 医学部

所属学協会

Movement Disorder Society
American Academy of Neurology
日本神経学会
日本神経治療学会
日本人類遺伝学会
日本内科学会
日本頭痛学会
日本脳卒中学会
日本神経感染症学会
日本末梢神経学会
所属学協会を全て表示する
所属学協会閉じる
Movement Disorder Society
American Academy of Neurology
日本神経学会
日本神経治療学会
日本人類遺伝学会
日本内科学会
日本頭痛学会
日本脳卒中学会
日本神経感染症学会
日本末梢神経学会
日本臨床神経生理学会
日本認知症学会
日本脊髄障害学会
日本てんかん学会

研究活動

論文

Identification of anti-Sez6l2 antibody in a patient with cerebellar ataxia and retinopathy
Yaguchi, H., Yabe, I. (co-first author), Takahashi, H., Okumura, F., Takeuchi, A., Horiuchi, K., Kano, T., Kanda, A., Saito, W.
J Neurol 261 224-226 2014年
Effects of Extracranial-Intracranial Bypass for Patients With Hemorrhagic Moyamoya Disease: Results of the Japan Adult Moyamoya Trial.
Miyamoto, S., Yoshimoto, T., Hashimoto, N., Okada, Y., Tsuji, I., Tominaga, T., Nakagawara, J., Takahashi, J., the JAM Trial Investigators
Results of the Japan Adult Moyamoya Trial. 45 1415-1421 2014年
脊髄小脳変性症の治療の進歩 2012
矢部 一郎
神経治療学 30 411-415 2013年
Mutations of COQ2 in familial and sporadic multiple system atrophy
The Multiple System Atrophy Research Network; Mitsui, J, Matsukawa, T, Ishiura, H, Fukuda, Y, Ichikawa, Y, Date, H, Ahsan, B, Nakahara, Y, Momose, Y, Takahashi, Y, Iwata, A, Goto, J, Yamamoto, Y, Komata, M, Shirahige, K, Hara, K, Kakita, A, Yamada M, Takahashi, H, Onodera, O, Nishizawa, M, Takashima, H, Kuwano, R, Watanabe, H, Ito, M, Sobue, G, Soma, H, Yabe, I, Sasaki, H, Aoki, M, Ishikawa, K, Mizusawa, H, Kanai, K, Hattori, T, Kuwabara, S, Arai, K, Koyano, S, Kuroiwa, Y, Hasegawa, K, Yuasa, T, Yasui, K, Nakashima, K, Ito, H, Izumi, Y, Kaji, R, TKato, T, Kusunoki, S, Osaki, Y, Horiuchi, M, Kondo, T, Murayama, S, Hattori, Ñ, Yamamoto, M, Murata, M, Satake, W, Toda, T, Dürr, A, Brice, A, Filla, A, Klockgether, T, Wüllner, U, Nicholson, G, Gilman, S, Shults, C, W, Tanner, C, M, Kukull, W, A, Lee, V, M-Y, Masliah, E, Low, P, A, Sandroni, P, Trojanowski, J, Q, Ozelius, L, Foroud, T, Tsuji, S.
New Eng J Med 369 233-244 2013年
Efficacy of intravenous cyclophosphamide therapy for neuromyelitis optica spectrum disorder
Yaguchi, H., Sakushima, K., Takahashi, I., Nishimura, H., Yashima-Yamada, M., Nakamura, M., Tsuzaka, K., Maruo, Y., Takahashi, H., Yabe, I., Sasaki, H.
Internal Medicine 52 969-972 2013年
DNAJB6 myopathy in an Asian cohort and cytoplasmic/nuclear inclusions.
Sato, T., Hayashi, Y., Oya, Y., Kondo, T., Sugie, K., Kaneda, T., Houzen, H., Yabe, I., Sasaki, H., Noguchi, S., Nonaka, I., Ozawa, M., Nishino, I.
Neuromusclular Disord 23 269-276 2013年
Brain regions associated with cognitive impairment in patients with Parkinson's disease - quantitative analysis of cerebral blood flow using I-123 iodoamphetamine SPECT
Hattori, N., Yabe, I., Hirata, K., Shiga, T., Sakushima, K., Tsuji-Akimoto, S., Sasaki, H., Tamaki, N.
Clin Nucl Med 38 315-320 2013年
Differences in surgical treatment techniques used by neurosurgeons and orthopedists for syringomyelia caused by Chiari I malformation in Japan.
Sakushima, K., Hida, K., Yabe, I., Tsuboi, S., Uehara, R., Sasaki, H.
J Neurosurg – spine 18 588-892 2013年
Plasma matrix metalloproteinase-3 correlates with the clinical severity in men with multiple system atrophy.
Sasaki, H., Matsushima, M., Hama, Y., Nakamura, M., Sakushima, K., Yabe, I., Oba, K., Tanji, K., Mori, F., Wakabayashi, K., Kakita, A., Takahasi, H., Utsumi, J.
Neuology Clin Neurosci 1 69-77 2013年
染色体構造多型—多系統萎縮症でのアプローチ
矢部 一郎、佐々木 秀直
臨床神経学 53 1333-1335 2013年
論文を全て表示する
論文閉じる
Identification of anti-Sez6l2 antibody in a patient with cerebellar ataxia and retinopathy
Yaguchi, H., Yabe, I. (co-first author), Takahashi, H., Okumura, F., Takeuchi, A., Horiuchi, K., Kano, T., Kanda, A., Saito, W.
J Neurol 261 224-226 2014年
Effects of Extracranial-Intracranial Bypass for Patients With Hemorrhagic Moyamoya Disease: Results of the Japan Adult Moyamoya Trial.
Miyamoto, S., Yoshimoto, T., Hashimoto, N., Okada, Y., Tsuji, I., Tominaga, T., Nakagawara, J., Takahashi, J., the JAM Trial Investigators
Results of the Japan Adult Moyamoya Trial. 45 1415-1421 2014年
脊髄小脳変性症の治療の進歩 2012
矢部 一郎
神経治療学 30 411-415 2013年
Mutations of COQ2 in familial and sporadic multiple system atrophy
The Multiple System Atrophy Research Network; Mitsui, J, Matsukawa, T, Ishiura, H, Fukuda, Y, Ichikawa, Y, Date, H, Ahsan, B, Nakahara, Y, Momose, Y, Takahashi, Y, Iwata, A, Goto, J, Yamamoto, Y, Komata, M, Shirahige, K, Hara, K, Kakita, A, Yamada M, Takahashi, H, Onodera, O, Nishizawa, M, Takashima, H, Kuwano, R, Watanabe, H, Ito, M, Sobue, G, Soma, H, Yabe, I, Sasaki, H, Aoki, M, Ishikawa, K, Mizusawa, H, Kanai, K, Hattori, T, Kuwabara, S, Arai, K, Koyano, S, Kuroiwa, Y, Hasegawa, K, Yuasa, T, Yasui, K, Nakashima, K, Ito, H, Izumi, Y, Kaji, R, TKato, T, Kusunoki, S, Osaki, Y, Horiuchi, M, Kondo, T, Murayama, S, Hattori, Ñ, Yamamoto, M, Murata, M, Satake, W, Toda, T, Dürr, A, Brice, A, Filla, A, Klockgether, T, Wüllner, U, Nicholson, G, Gilman, S, Shults, C, W, Tanner, C, M, Kukull, W, A, Lee, V, M-Y, Masliah, E, Low, P, A, Sandroni, P, Trojanowski, J, Q, Ozelius, L, Foroud, T, Tsuji, S.
New Eng J Med 369 233-244 2013年
Efficacy of intravenous cyclophosphamide therapy for neuromyelitis optica spectrum disorder
Yaguchi, H., Sakushima, K., Takahashi, I., Nishimura, H., Yashima-Yamada, M., Nakamura, M., Tsuzaka, K., Maruo, Y., Takahashi, H., Yabe, I., Sasaki, H.
Internal Medicine 52 969-972 2013年
DNAJB6 myopathy in an Asian cohort and cytoplasmic/nuclear inclusions.
Sato, T., Hayashi, Y., Oya, Y., Kondo, T., Sugie, K., Kaneda, T., Houzen, H., Yabe, I., Sasaki, H., Noguchi, S., Nonaka, I., Ozawa, M., Nishino, I.
Neuromusclular Disord 23 269-276 2013年
Brain regions associated with cognitive impairment in patients with Parkinson's disease - quantitative analysis of cerebral blood flow using I-123 iodoamphetamine SPECT
Hattori, N., Yabe, I., Hirata, K., Shiga, T., Sakushima, K., Tsuji-Akimoto, S., Sasaki, H., Tamaki, N.
Clin Nucl Med 38 315-320 2013年
Differences in surgical treatment techniques used by neurosurgeons and orthopedists for syringomyelia caused by Chiari I malformation in Japan.
Sakushima, K., Hida, K., Yabe, I., Tsuboi, S., Uehara, R., Sasaki, H.
J Neurosurg – spine 18 588-892 2013年
Plasma matrix metalloproteinase-3 correlates with the clinical severity in men with multiple system atrophy.
Sasaki, H., Matsushima, M., Hama, Y., Nakamura, M., Sakushima, K., Yabe, I., Oba, K., Tanji, K., Mori, F., Wakabayashi, K., Kakita, A., Takahasi, H., Utsumi, J.
Neuology Clin Neurosci 1 69-77 2013年
染色体構造多型—多系統萎縮症でのアプローチ
矢部 一郎、佐々木 秀直
臨床神経学 53 1333-1335 2013年
3D neuromelanin-sensitive magnetic resonance imaging with semi-automated volume measurement of the substantia nigra pars compacta for diagnosis of Parkinson’s disease.
Ogisu, K., Kudo, K., Sasaki, M., Sakushima, K., Yabe, I., Sasaki, H., Terae, S., Nakanishi, M., Shirato, H.
Neuroradiolgy 55 719-724 2013年
Neuromelanin MRI in a family with mitochondrial parkinsonism harboring a Y955C mutation in POLG1.
Mukai, M., Sugaya, K., Yabe, I., Goto, Y., Yokoichi, F., Miyamoto, K., Cai, H., Sasaki, H., Matsubara, S.
P Parkinsonism Relat Disord 19 821-824 2013年
在宅人工呼吸器使用患者の緊急時支援体制とヒヤリハット事例対策
太田緑, 國枝保幸, 矢部一郎, 佐々木秀直
月刊難病と在宅ケア 18(8) 59-61 2012年11月
神経疾患治療の進歩2011年 脊髄小脳変性症の治療の進歩
矢部一郎, 佐々木秀直
神経治療学 29(4) 395-400 2012年07月
再注目される感染性髄膜炎の古典的髄液診断マーカー
佐久嶋 研, 矢部 一郎, 佐々木 秀直
臨床神経学 52(1) 6-11 2012年01月
Hyperintense putaminal rim at 1.5 T: prevalence in normal subjects and distinguishing features from multiple system atrophy.
Tha KK, Terae S, Tsukahara A, Soma H, Morita R, Yabe I, Ito YM, Sasaki H, Shirato H.
BMC Neurology 12 39-39 2012年
Clinical, pathological, and genetic mutation analysis of sporadic inclusion body myositis in Japanese patients.
Cai, H., Yabe, I.(corresponding author), Sato, K., Kano, T., Nakamura, M., Houzen, H., Sasaki, H.
J Neurol 259(9) 1913-1922 2012年
Writing errors in ALS related to loss of neuronal integrity in the anterior cingulate gyrus.
Yabe, I., Tsuji-Akimoto, S., Shiga, T., Hamada, S., Hirata, K., Otsuki, M., Kuge, Y., Tamaki, N., Sasaki, H.
J Neurol Sci 315 55-59 2012年
Painless Legs and Moving Toes Due to Parasagittal Meningioma.
Yabe, I., Kano, T., Sakushima, K., Terasaka, S., Sasaki, H.
Mov Disord 27 586-587 2012年
Nationwide survey on the epidemiology of syringomyelia in Japan.
Sakushima, K., Tsuboi, S., Yabe, I., Hida, K., Terae, S., Uehara, R., Nakano, I., Sasaki, H.
J Neurol Sci 313(1-2) 147-152 2012年
慢性炎症性脱髄性多発神経炎に対するシクロスポリンAの至適用量設定に関するトラフ値、血中濃度下面積測定の有用性
廣谷真、竹内朗子、白井慎一、堀内一宏、高橋育子、松島理明、加納崇裕、矢部一郎、松本昭久、佐々木秀直
末梢神経 28 231-232 2012年
Neck Rigidity as a Physical Manifestation of Higher Brain Hypo-function/Dysfunction.
Sudo, K., Mito, Y., Tajima, Y., Matsumoto, A., Yabe, I., Otsuki, M., Tashiro, K.
In Vivo 25 821-824 2011年
Copy Number Loss of Src Homology 2 Domain Containing Transforming Protein-2 (SHC2) Gene: Discordant loss in monozygotic twins and frequent loss in patients with Multiple System Atrophy.
Sasaki, H., Emi, M., Iijima, H., Ito, N., Sato, H., Yabe, I., Kato, T., Utsumi. J., Matsubara, E.
Molecular Brain 4 24-24 2011年
Clinical Features of Spinal Cord Sarcoidosis: Analysis of 17 Neurosarcoidosis Patients.
Sakushima, K., Yabe, I., Nakano, F., Yoshida, K., Tajima, T., Houzen, H., Maruo, Y., Sasaki, H.
J Neurol 258(12) 2163-2167 2011年
Genetic analysis of two Japanese families with progressive external ophthalmoplegia and parkinsonism.
Sato, K., Yabe, I.(corresponding author), Yaguchi, H., Nakano, F., Kunieda, Y., Saitoh, S., Sasaki, H.
J Neurol 258(7) 1327-1332 2011年
FDG-PET SUV can distinguish between spinal sarcoidosis and myelopathy with canal stenosis.
Yabe, I.(co-first author), Sakushima, K., Shiga, T., Yashima, M., Tsuji-Akimoto, S., Terae, S., Sasaki, H.
J Neurol 258(2) 227-230 2011年
Estimation of skeletal muscle energy metabolism in Machado-Joseph disease using 31P-MR spectroscopy.
Yabe, I., Tha, K.K., Yokota, T., Sato, K., Soma, H., Takei, A., Okita, K., Terae, S., Sasaki, H.
Mov Disord 26 165-168 2011年
甲状腺疾患に伴う神経障害. 内科医のためのminimum requirement
矢部 一郎
Medicina 48 1360-1363 2011年
常染色体優性遺伝性痙性対麻痺の臨床
矢部一郎、佐々木秀直
神経内科 74 119-126 2011年
脊髄小脳変性症のすべて-遺伝性痙性対麻痺
矢部一郎
難病と在宅ケア 17 46-48 2011年
Spinocerebellar ataxia (SCA)脊髄小脳失調症14型
矢部一郎, 佐々木秀直
月刊神経内科 72(2) 179-184 2010年02月
Effect of leuprorelin in patients with spinal and bulbar muscular atrophy (SBMA): a multicentre, randomized, double-blind, placebo-controlled, phase III trial.
Katsuno, M., Banno, H., Suzuki, K., Takeuchi, Y., Kawashima, M., Yabe, I., Sasaki, H., Aoki, M., Morita, M., Nakano, I., Kanai, K., Ito, S., Ishikawa, K., Mizusawa, H., Yamamoto, T., Tsuji, S., Hasegawa, K., Shimohata, T., Nishizawa, M., Miyajima, H., Kanda, F., Watanabe, Y., Nakashima, K., Tsujino, A., Yamashita, T., Uchino, M., Fujimoto, Y., Tanaka, F., Sobue, G.,for the Japan SBMA Intervention Trial for TAP-144-SR (JASMITT) study group
Lancet Neurol 9 875-884 2010年
Writing errors as a result of frontal dysfunction in Japanese patients with amyotrophic lateral sclerosis.
Tsuji-Akimoto, S., Hamada, S., Yabe, I., Tamura, I., Otsuki, M., Kobashi, S., Sasaki, H.
J Neurol 257(12) 2071-2077 2010年
Progressive anterior operculum syndrome due to FTLD-TDP: a clinico-pathological investigation.
Otsuki M, Nakagawa Y, Mori F, Tobioka H, Yoshida H, Tatezawa Y, Tanigawa T, Takahashi I, Yabe I, Sasaki H, Wakabayashi K.
J Neurol 257(7) 1148-1153 2010年
Decreased IL-10 production mediated by Toll-like receptor 9 in B cells in multiple sclerosis.
Hirotani, M., Niino, M., Fukazawa, T., Kikuchi, S., Yabe, I., Hamada, S., Tajima, Y., Sasaki, H.
J Neuroimmunol 221(1-2) 95-100 2010年
MERRF/MELAS overlap syndrome: A double pathogenic mutation in mitochondrial tRNA genes.
Yabe, I.(co-first author & corresponding author), Nakamura, M., Sudo, A., Hosoki, K., Yaguchi, H., Saitoh, S., Sasaki, H.
J Med Genet 47(10) 659-664 2010年
Autosomal dominant cerebellar ataxia without pathogenic PPP2R2B mutation maps to SCA12 locus.
Sato, K., Yabe, I., Fukuda, Y., Soma, H., Nakahara, Y., Tsuji, S., Sasaki, H.
Arch Neurol 67 1257-1262 2010年
Absence seizures with myoclonic seizures as an early manifestation of dentato-rubro-pallido-luysian atrophy (DRPLA): a follow-up clinical course of twelve years.
Sudo K, Hata D, Yokoyama N, Kawashima J, Yabe I, Tajima Y, Matsumoto A, Tashiro K.
Acta Neurol Belg 110 84-88 2010年
Microstructural white matter abnormalities of multiple system atrophy: in vivo topographic illustration by using diffusion-tensor MR imaging.
Tha, K.K., Terae, S., Yabe, I., Miyamoto, T., Soma, H., Zaitsu, Y., Fujima, N., Sasaki, H., Shirato, H.
Radiology 255(2) 563-569 2010年
Dissociation between the severity of cerebrospinal fluid hypovolemia and MRI findings.
Matsushima, M., Yabe, I.(corresponding author), Nishimura, H., Sakushima, K., Akimoto, S., Niino, M., Sasaki, H.
J Neurol 257(4) 665-666 2010年
Entacapone, a catechol-O-methyltransferase inhibitor, improves the motor activity and dopamine content of basal ganglia in a rat model of Parkinson's disease induced by Japanese encephalitis virus.
Hamaue, N., Ogata, A., Terado, M., Tsuchida, S., Yabe, I., Sasaki, H., Hirafuji, M., Togashi, H., Aoki, T.
Brain Res 1309 110-115 2010年
新しい小脳性運動失調の重症度評価スケールScale for the Assessment and Rating of Ataxia(SARA)日本語版の信頼性に関する検討
佐藤和則, 矢部一郎, 相馬広幸, 安井建一, 伊藤瑞規, 下畑享良, 小野寺理, 中島健二, 祖父江元, 西澤正豊, 佐々木秀直
Brain Nerve 61(5) 591-595 2009年05月
Symptomatic narcolepsy in patients with neuromyelitis optica and multiple sclerosis: new neurochemical and immunological implications.
Kanbayashi T, Shimohata T, Nakashima I, Yaguchi H, Yabe I, Nishizawa M, Shimizu T, Nishino S.
Arch Neurol 66 1563-1566 2009年
Enzyme replacement therapy with agalsidase alfa in patients with Fabry's disease: an analysis of registry data.
Mehta A, Beck M, Elliott P, Giugliani R, Linhart A, Sunder-Plassmann G, Schiffmann R, Barbey F, Ries M, Clarke J; the Fabry Outcome Survey investigators.
Lancet 374 1986-1996 2009年
Clinical characterization and successful treatment of 6 patients with Churg-Strauss syndrome-associated neuropathy.
Yabe, I.( co-first author and corresponding author), Nakamura, M., Yaguchi, H., Kishimoto, R., Mito, Y., Fujiki, N., Houzen, H., Tsuji-Akimoto, S., Niino, M., Ssasaki, H.
Clin Neurol Neurosurg 111 683-687 2009年
Cystatin C in Cerebrospinal Fluid as a Biomarker of ALS.
Tsuji-Akimoto, S., Yabe, I., Niino, M., Kikuchi, S., Sasaki, H.
Neurosci Lett 452 52-55 2009年
血液ガス分析装置による髄液乳酸及び糖の迅速測定の信頼性
佐久嶋 研、新野正明、秋本幸子、矢部一郎、佐々木秀直
臨床神経学 49(5) 275-277 2009年
An autopsy case of Sjögren's syndrome with acute encephalomyelopathy.
Yaguchi, H., Houzen, H., Kikuchi, K., Hata, D., Ura, S., Takeda, T., Yabe, I. (corresponding author), Sasaki, H.
Intern Med 47(19) 1675-1680 2008年
Downbeat positioning nystagmus is a common clinical feature despite variable phenotypes in an FHM1 family.
Yabe, I., Kitagawa, M., Suzuki, Y., Fujiwara, K., Wada, T., Tsubuku, T., Takeichi, N., Sakushima, K., Soma, H., Tsuji, S., Niino, M., Saitoh, S. Sasaki, H.
J Neurol 255 1541-1544 2008年
Associations between Multiple System Atrophy and Polymorphisms of SLC1A4, SQSTM1, and EIF4EBP1 Genes.
Yabe, I. (co-first author ), Soma, H., Takei, A., Fujiki, N., Yanagihara, T., Sasaki, H.
Mov Disord 23 1161-1167 2008年
Secretion of DJ-1 into the serum of patients with Parkinson’s disease.
Maita, S., Tsuji, S., Yabe, I., Hamada, S., Ogata, A., Maita, H., Iguchi-Ariga, S.M.M., Sasaki, H., Ariga H.
Neurosci Lett 431 86-89 2008年
Baló’s concentric sclerosis-like lesion in the brainstem of a multiple sclerosis patient.
Yabe, I. ( co-first author), Kishimoto, R., Niino, M., Sato, K., Tsuji, S., Kikuchi, S., Sasaki, H.
J Neurol 255 760-761 2008年
Usefulness of the Scale for Assessment and Rating of Ataxia (SARA).
Yabe, I., Matsushima, M., Soma, H., Basri, R., Sasaki, H.
J Neurol Sci 266 164-166 2008年
甲状腺機能正常な“橋本病”に伴う進行性小脳性運動失調症の臨床的検討〜小脳性運動失調における橋本病の自己抗体の関わりについて〜
矢部一郎、佐藤和則、相馬広幸、佐々木秀直
臨床神経学 48(9) 640-645 2008年
神経内科疾患と高次脳機能の障害-脊髄小脳変性症(MSAを除く)
矢部 一郎,佐々木秀直
老年精神医学雑誌 19 856-862 2008年
Spectrum and prevalence of autosomal dominant spinocerebellar ataxia in Hokkaido, the northern island of Japan: a study of 113 Japanese families.
Yabe, I. (co-first author and corresponding author), Basri, R., Soma, H., Sasaki, H.
J Hum Genet 52(10) 848-855 2007年
X-linked Charcot-Marie-Tooth disease (CMTX) in a severely affected female patient with scattered lesions in cerebral white matter.
Yabe, I. (co-first author and corresponding author), Basri, R., Soma, H., Matsushima, M., Tsuji, S., Sasaki, H.
Intern Med 46(13) 1023-1027 2007年
免疫性ニューロパチーの臨床像に関する検討
廣谷真、辻幸子、新野正明、矢部一郎、佐々木秀直
末梢神経 18 286-289 2007年
MSA-C is the predominant clinical phenotype of MSA in Japan: Analysis of 142 patients with probable MSA.
Yabe, I., Soma, H., Takei, A., Fujiki, N., Yanagihara, T., Sasaki, H.
J Neurol Sci 249 115-121 2006年
Four mutations of the spastin gene in Japanese families with spastic paraplegia.
Yabe, I. (co-first author), Basri, R., Soma, H., Takei, A., Nishimura, H., Machino, Y., Kokubo, Y., Kosugi, M., Okada, R., Yukitake, M., Tachibana, H., Kuroda, Y., Kuzuhara, S., Sasaki, H.
J Hum Genet 51(8) 711-715 2006年
Brain activation during detrusor overactivity in patients with Parkinson’s disease: a positron emission tomography study.
Kitta, T., Kakizaki, H., Furuno, T., Moriya, K., Tanaka, H., Shiga, T., Tamaki, N., Yabe, I., Sasaki, H., Nonomura, K.
J Urol 175 994-998 2006年
Brain SPECT analysis by 3D-SSP and phenotype of Parkinson's disease.
Mito, Y., Yoshida, K., Yabe, I., Makino, K., Kikuchi, S., Tashiro, K., Sasaki, H.
J Neurol Sci 241 67-72 2006年
HLA-DPB1*0501 is not uniquely associated with opticospinal multiple sclerosis in Japanese patients. Important role of DPB1*0301.
Fukazawa, T., Kikuchi, S., Miyagishi, R., Miyazaki, Y., Yabe, I., Hamada, T., Sasaki, H.
Mult Scler 12 19-23 2006年
Brain SPECT analysis by 3D-SSP and clinical features of Parkinson's disease.
Mito, Y., Yoshida, K., Yabe, I., Makino, K., Tashiro, K., Kikuchi, S., Sasaki, H.
Hokkaido J Med Sci 81 15-23 2006年
Heredity in multiple system atrophy.
Yabe, I.( co-first author and corresponding author), Soma, H., Takei, A., Fujiki, N., Yanagihara, T., Sasaki, H.
J Neurol Sci 240 107-110 2006年
Lambert-Eaton筋無力症候群3例に対する3,4-diaminopyridine治療経験
矢部一郎、佐藤和則、宮崎雄生、辻 幸子、佐々木秀直
神経治療学 23 433-438 2006年
常染色体優性遺伝性脊髄小脳変性症-SCA14の分子遺伝学、病態機序
矢部 一郎,佐々木秀直
神経進歩 50 347-353 2006年
改訂脊髄小脳変性症のすべて-最近の薬物療法
矢部 一郎
難病と在宅ケア 12 61-64 2006年
Proteasome inhibition induces selective motor neuron death in organotypic slice cultures.
Tsuji, S., Kikuchi, S., Shinpo, K., Tashiro, J., Kishimoto, R., Yabe, I., Yamagishi, S., Takeuchi, M., Sasaki, H.
J Neurosci Res 82 443-451 2005年
TNF-related apoptosis inducing ligand (TRAIL) gene polymorphism in Japanese patients with multiple sclerosis.
Kikuchi, S., Miyagishi, R., Fukazawa, T., Yabe, I., Miyazaki, Y., Sasaki, H.
J Neuroimmunol 167 170-174 2005年
Treatment of cerebellar ataxia with 5-HT1A agonist.
Takei, A., Hamada, T., Yabe, I., Sasaki, H.
Cerebellum 4 211-215 2005年
Brain 3D-SSP SPECT Analysis in dementia with Lewy bodies, Parkinson’s disease with and without dementia, and Alzheimer’s disease.
Mito, Y., Yoshida, K., Yabe, I., Makino, K., Hirotani, M., Tahsiro, K., Kikuchi, S., Sasaki, H.
Clin Neurol Neurosurg 107 396-403 2005年
CSF pleocytosis and expansion of spinal lesions in Japanese Multiple sclerosis with special reference to the new diagnostic criteria.
Fukazawa, T., Kikuchi, S., Miyagishi, R., Miyazaki, Y., Fukaura, H., Yabe, I., Hamada, T., Tashiro, K., Sasaki, H.
J Neurol 252 824-829 2005年
The clinical and genetic spectrum of spinocerebellar ataxia 14.
Chen, D.H., Cimino, P.J., Ranum, L.P.W. , Zoghbi, H.Y., Yabe, I., Schut, L., Margolis, R.L., Lipe, H.P., Feleke, A., Matsushita M., Wolff, J., Morgan, C., Lau, D., Fernandez, M., Sasaki, H., Raskind, W.H. and Bird, T.D.
Neurology 64 1258-1260 2005年
CTLA-4 gene polymorphism is not associated with conventional multiple sclerosis in Japanese.
Fukazawa, T., Kikuchi, S., Miyagishi, R., Niino, M., Yabe, I., Hamada, T., Sasaki, H.
J Neuroimmunol 159 225-229 2005年
Serum melatonin levels and insomnia in patients with Machado-Joseph disease.
Takei, A., Fukazawa, T., Hamada, T., Sohma, H., Yabe, I., Sasaki, H., Okawa, M.
Sleep and Biological Rhythms 2 209-214 2004年
No association between FMR1 premutations and multiple system atrophy.
Yabe, I., Soma, H., Takei, A., Fujiki, N., Sasaki, H.
J Neurol 251 1411-1412 2004年
Attack-related severity: a key factor in understanding the spectrum of idiopathic inflammatory demyelinating disorders.
Fukazawa, T., Kikuchi, S., Niino, M., Yabe, I., Miyagishi, R., Fukaura, H., Hamada, T., Tashiro, K., Sasaki H.
J Neurol Sci 255 71-78 2004年
Effects of Tandospirone on "5-HT1A Receptor-Associated Symptoms" in Patients with Machado-Josephe Disease: An Open-Label Study.
Takei, A., Fukazawa, T., Hamada, T., Sohma, H., Yabe, I., Sasaki, H., Tashiro, K.
Clin Neuropharmacol 27 9-13 2004年
Post-encephalitic parkinsonism: clinical features and experimental model.
Ogata, A., Hamaue, N., Minami, M., Yabe, I., Kikuchi, S., Sasaki, H., Tashiro, K.
Biogenic Amines. 18 339-347 2004年
内科診療最前線2005-この1年の動向を踏まえて-中枢神経疾患
矢部 一郎,相馬広幸,宮崎雄生,辻 幸子,緒方昭彦,佐々木秀直
内科 60 1077-1084 2004年
片頭痛発作を伴う優性遺伝性小脳皮質萎縮症
相馬広幸、矢部一郎、武井麻子、佐々木秀直
神経内科 60 483-486 2004年
Spinocerebellar ataxia type 14 caused by a mutation in Protein Kinase C Gamma.
Yabe, I., Sasaki, H., Chen, D. H., Raskind, W. H., Bird, T. D., Yamashita, I., Tsuji, S., Kikuchi, S., Tashiro, K.
Arch Neurol 60 1749-1751 2003年
C-C chemokine receptor 2 gene polymorphism in Japanese patients with multiple sclerosis.
Miyagishi, R., Niino, M., Fukazawa, T., Yabe, I., Kikuchi, S., Tashiro, K.
J Neuroimmunol 145 135-138 2003年
'Drug holiday' effects of tandospirone in a patient with Machado-Joseph disease.
Takei, A., Fukazawa, T., Hamada, T., Yabe, I., Tashiro, K.
Psychiatry Clin Neurosci 57(6) 607-608 2003年
GNE mutations causing distal myopathy with rimmed vacuoles with inflammation.
Yabe, I., Higashi, T., Kikuchi, S., Sasaki, H., Fukazawa, T., Yoshida, K., Tashiro, K.
Neurology 61 384-386 2003年
Polymorphisms of apolipoprotein E and Japanese patients with multiple sclerosis.
Niino, M., Kikuchi, S., Fukazawa, T., Yabe, I., Tashiro, K.
Mult Scler 9 382-386 2003年
Genetic polymorphisms of osteopontin in association with multiple sclerosis in Japanese patients.
Niino, M., Kikuchi, S., Fukazawa, T., Yabe, I., Tashiro, K.
J Neuroimmunol 136 125-129 2003年
Multiphasic demyelinating disorder with acute transverse myelitis in Japanese.
Fukazawa, T., Kikuchi, S., Niino, M., Yabe, I., Hamada, T., Tashiro, K.
J Neurol 250 624-626 2003年
Positional vertigo and macroscopic downbeat positioning nystagmus in spinocerebellar ataxia type 6 (SCA6).
Yabe, I., Sasaki, H., Takeichi, N., Takei, A., Hamada, T., Fukushima, K., Tashiro, K.
J Neurol 50 440-443 2003年
Caveolin-3 gene mutation in Japanese with rippling muscle disease.
Yabe, I., Kawashima, A., Kikuchi, S., Higashi, T., Fukazawa, T., Hamada, T., Sasaki, H., Tashiro, K.
Acta Neurol Scand 108 47-51 2003年
HLA-related subpopulations of MS in Japanese with and without oligoclonal IgG bands.
Kikuchi, S., Fukazawa, T., Niino, M., Yabe, I., Miyagishi, R., Hamada, T., Hashimoto, SA., Tashiro, K.
Neurology 60 647-651 2003年
Effect of proteasome inhibitor on cultured mesencephalic dopaminergic neurons.
Kikuchi, S., Shinpo, K., Tsuji, S., Takeuchi, M., Yamagishi, S., Makita, Z., Niino, M., Yabe, I., Tashiro, K.
Brain Res 964 228-236 2003年
Brefeldin A-induced neurotoxicity in cultured spinal cord neurons.
Kikuchi, S., Shinpo, K., Tsuji, S., Yabe, I., Niino, M., Tashiro, K.
J Neurosci Res 71 591-599 2003年
The hereditary spinocerebellar ataxias in Japan.
Sasaki, H., Yabe, I., Tashiro, K.
Cytogenetics and Genome research 100 198-205 2003年
Spinocerebellar ataxia type 14
矢部 一郎,佐々木秀直
神経内科 60 493-496 2003年
Spinocerebellar ataxia type 6 (SCA6)の臨床像についての再考
矢部 一郎,佐々木秀直,田代邦雄
脳神経 55 299-306 2003年
フリードライヒ病
矢部 一郎,佐々木秀直
総合リハビリテーション 31(5) 445-450 2003年
純粋型遺伝性痙性対麻痺-非SPG4について-
矢部 一郎
神経内科 58 244-249 2003年
脊髄小脳変性症の臨床像と鑑別診断
佐々木秀直,矢部 一郎,田代邦雄
日本医事新報 4119 16-24 2003年
多発性硬化症の疾患感受性遺伝子
深沢俊之、菊地誠志、新野正明、矢部一郎、宮岸隆司、深浦彦彰、濱田毅
日本臨床 61 1311-1316 2003年
An examination of the association between β2 adrenergic receptor polymorphisms and meltiple sclerosis.
Niino, M., Kikuchi, S., Miyagishi, R., Fukazawa, T., Yabe, I., Tashiro, K.
Mult Scler 8 475-478 2002年
An assessment of the association between IL-2 gene polymorphisms and Japanese patients with multiple sclerosis.
Kikuchi, S., Niino, M., Fukazawa, T., Yabe, I., Tashiro, K.
J Neurol Sci 205 47-50 2002年
An examination of the Apo-1/Fas promoter Mva I polymorphism in Japanese patients with multiple sclerosis.
Niino, M., Kikuchi, S., Fukazawa, T., Miyagishi, R., Yabe, I., Tashiro, K.
BMC Neurol 2 1-5 2002年
Estrogen receptor gene polymorphism and multiple sclerosis in Japanese patients: interaction with HLA-DRB1*1501 and disease modulation.
Kikuchi, S., Fukazawa, T., Niino, M., Yabe, I., Miyagishi, R., Hamada, T., Tashiro, K.
J Neuroimmunol 128 77-81 2002年
No association of vitamin D-binding protein gene polymorphisms in Japanese patients with MS.
Niino, M., Kikuchi, S., Fukazawa, T., Yabe, I., Tashiro, K.
J Neuroimmunol 127 177-179 2002年
Spastin gene mutation in Japanese with hereditary spastic paraplegia.
Yabe, I., Sasaki, H., Tashiro, K., Matsuura, T., Takegami. T., Satoh, T.
J Med Genet 39 e46-e46 2002年
Effect of geranylgeranylaceton on cellular damage induced by proteasome inhibition in cultured spinal neurons.
Kikuchi, S., Shinpo, K., Takeuchi, M., Tsuji, S., Yabe, I., Niino, M., Tashiro, K.
J Neurosci Res 69 373-381 2002年
Late onset ataxia phenotype in dentatorubro-pallidoluysian atrophy (DRPLA).
Yabe, I., Sasaki, H., Kikuchi, S., Nonaka, M., Moriwaka, F., Tashiro, K.
J Neurol 249 432-436 2002年
Beneficial effects of tandospirone on ataxia of a patient with Machado-Joseph disease.
Takei, A., Honma, S., Kawashima, A., Yabe, I., Fukazawa, T., Hamada, K., Hamada, T., Tashiro, K.
Psychiatry Clin Neurosci 56(2) 181-185 2002年
Familial syringomyelia. The first Japanese case and review of the literatures.
Yabe, I., Kikuchi, S., Tahsiro, K.
Clin Neurol Neurosurg. 105 69-71 2002年
ミオキミアを伴わない発作性小脳失調症
矢部 一郎,佐々木秀直
神経症候群Ⅵ 37(pt 6) 322-325 2002年
ミオキミアを伴う発作性小脳失調症
佐々木秀直,矢部 一郎
神経症候群Ⅵ 37(pt 6) 318-321 2002年
Heat shock protein 70 gene polymorphism in Japanese patients with multiple sclerosis.
Niino, M., Kikuchi, S., Fukazawa, T., Yabe, I., Sasaki, H., Tashiro, K.
Tissue Antigens 58 93-96 2001年
Twenty CAG repeats are sufficient to cause a SCA6 phenotype.
Komeichi, K., Sasaki, H., Yabe, I., Yamashita, I., Kikuchi, S., Tashiro, K.
J Med Genet 38 e38-e38 2001年
Genetic polymorphisms of IL-1beta and IL-1 receptor antagonist in association with multiple sclerosis in Japanese patients.
Niino, M., Kikuchi, S., Fukazawa, T., Yabe, I., Sasaki, H., Tashiro, K.
J Neuroimmunol 118 295-299 2001年
Clinical trial of acetazolamide in SCA6, with assessment using the Ataxia Rating Scale and body stabilometry.
Yabe, I., Sasaki, H., Yamashita, I., Takei, A., Tashiro, K.
Acta Neurol Scand 104 44-47 2001年
Predisposing chromosome of spinocerebellar ataxia type 6 (SCA6) in Japanese.
Yabe, I., Sasaki, H., Yamashita, I., Takei, A., Suzuki, Y., Kida, H., Takiyama, Y., Nishizawa, M., Hokezu, Y., Nagamatsu, K., Oda, T., Ohnishi, A., Inoue, I., Hata, A., Tashiro, K.
J Med Genet 38 328-333 2001年
セレジストと脊髄小脳変性症
矢部 一郎,田代邦雄
臨床成人病 31 1479-1481 2001年
脊髄小脳変性症
矢部 一郎,佐々木秀直,田代邦雄
日本臨床統計集(2) 改訂第四版 59(sup18) 475-482 2001年
Estrogen receptor gene polymorphism in Japanese patients with multiple sclerosis.
Niino, M., Kikuchi, S., Fukazawa, T., Yabe, I., Tashiro, K.
J Neurol Sci 179 70-75 2000年
Vitamin D receptor gene polymorphism in multiple sclerosis and the association with HLA class II alleles.
Niino, M., Fukazawa, T., Yabe, I., Kikuchi, S., Sasaki, H., Tashiro, K.
J Neurol Sci 177 65-71 2000年
A novel locus for dominant cerebellar ataxia (SCA14) maps to a 10.2-cM interval flanked by D19S206 and D19S605 on chromosome 19q13.4-qter.
Yamashita, I., Sasaki, H., Yabe, I., Fukazawa, T., Nogoshi, S., Komeichi, K., Takada, A., Shiraishi, K., Takiyama , Y., Nishizawa, M., Kaneko, J., Tanaka, H., Tsuji, S., Tashiro, K.
Ann Neurol 48 156-163 2000年
Incidence of idiopathic intracranial hypertension in Hokkaido, the northernmost island of Japan.
Yabe, I., Moriwaka, F., Notoya, A., Ohtaki, M., Tashiro, K.
J Neurol 47 474-475 2000年
Recessively inherited spastic paraplegia associated with ataxia, congenital cataracts, thin corpus callosum and axonal neuropathy.
Yamashita, I., Sasaki, H., Yabe, I., Kikuchi, S., Chin, S., Fukazawa, T., Okumura, H., Tashiro, K.
Acta Neurol Scand 102 65-69 2000年
Genomic HLA profiles of MS in Hokkaido, Japan: important role of DPB1*0501 allele.
Fukazawa, T., Kikuchi, S., Sasaki, H., Yabe, I., Miyagishi, R., Hamada, T., Tashiro, K.
J Neurol 247 175-178 2000年
Prevalence of triplet repeat expansion in ataxia patients from Hokkaido, the northernmost island of Japan.
Sasaki, H., Yabe, I., Yamashita, I., Tashiro, K.
J Neurol Sci 175 45-51 2000年
Dissociation of smooth pursuit and vestibulo-ocular reflex cancellation in SCA-6.
Takeichi, N., Fukushima, K., Sasaki, H., Yabe, I., Tashiro, K., Inuyama, Y.
Neurology. 54 860-866 2000年
北海道における遺伝性脊髄小脳変性症の特異性
矢部一郎,佐々木秀直,田代邦雄
神経内科 53 91-98 2000年
多発性硬化症におけるエストロゲン受容体遺伝子多型についての検討
新野正明,菊地誠志,深澤俊行,矢部一郎,佐々木秀直,田代邦雄
神経免疫学 8 34-35 2000年
脊髄小脳変性症の電気生理学的検討
武井麻子, 矢部一郎, 深澤俊行, 濱田 毅, 佐々木秀直, 田代邦雄
神経内科 52 301-308 2000年
脊髄小脳変性症の遺伝子診断-ポリグルタミン病を中心に-
矢部 一郎,佐々木秀直,田代邦雄
臨床成人病 30 291-295 2000年
Vocal cord abductor paralysis in spinocerebellar ataxia type 1.
Shiojiri, T., Tsunemi, T., Matsunaga, T., Sasaki, H., Yabe, I., Tashiro, K., Nishizawa, N., Takamoto, K., Yokota, T., Mizusawa, H.
J Neurol Neurosurg Psychiatry 67 695-695 1999年
CTLA-4 gene polymorphism may modulate disease in Japanese multiple sclerosis patients.
Fukazawa, T., Yanagawa, T., Kikuchi, S., Yabe, I., Sasaki, H., Hamada, T., Miyasaka, K., Gomi, K., Tashiro, K.
J Neurol Sci 171 49-55 1999年
Mosaicism of unstable CAG repeats in the brain of spinocerebellar ataxia type 2.
Matsuura, T., Sasaki, H., Yabe, I., Hamada, K., Hamada, T., Shitara, M., Tashiro, K.
J Neurol 246 835-839 1999年
Association of vitamin D receptor gene polymorphism with multiple sclerosis in Japanese.
Fukazawa, T., Yabe, I., Kikuchi, S., Sasaki, H., Hamada, T., Miyasaka, K., Tashiro, K.
J Neurol Sci 166 47-52 1999年
日本における多発性硬化症(MS)の臨床的、免疫学的多様性:視神経—脊髄型MS、急性横断性脊髄症を呈するMSの特異性と通常型MSの多様性
深澤俊行,菊地誠志,新野正明,矢部一郎,柳川達生,五味清英,濱田 毅,田代邦雄
Neuroimmunology 7 181-187 1999年
Spinocerebellar ataxia type6 (SCA6)におけるアセタゾラミドの治療効果
矢部一郎,佐々木秀直,山下 功,武井麻子,深澤俊行,濱田 毅,田代邦雄
臨床神経学 39 793-799 1999年
SCA6 mutation analysis in a large cohort of the Japanese patients with late-onset pure cerebellar ataxia.
Yabe, I., Sasaki, H., Matsuura, T., Takada, A., Wakisaka, A., Suzuki ,Y., Fukazawa, T., Hamada, T., Oda, T., Ohnishi, A., Tashiro, K.
J Neurol Sci 159 89-95 1998年
Spinocerebellar ataxia type6 (SCA6)の初期症状ならびに神経症候の推移に関する検討
矢部一郎,佐々木秀直,山下 功,武井麻子,深澤俊行,濱田毅,田代邦雄
臨床神経学 38 489-494 1998年
SCA7
矢部 一郎,佐々木秀直,田代邦雄
神経内科 49 243-248 1998年
遺伝性脊髄小脳変性症
矢部 一郎,佐々木秀直,田代邦雄
老年期痴呆 12 73-85 1998年
特発性頭蓋内圧亢進症
矢部 一郎,田代邦雄
神経内科 48 14-19 1998年
Syringomyelia as a cause of body hypertrophy.
Sudo, K., Owada, Y., Yabe, I., Kikuchi, S., Tashiro, K.
Lancet 347(9015) 1593-1595 1996年
Reliability of the Japanese version of the Berg Balance Scale.
Matsushima, M., Yabe, I., Uwatoko, H., Shirai, S., Hirotani, M., Sasaki, H.
Internal Medicine
日常生活における性分化の診かた
田島敏弘、柴田有花、山田崇弘、矢部一郎
小児内科
脊髄小脳変性症の治療の進歩 2013
矢部 一郎、佐々木 秀直
神経治療学
運動失調症の定量的評価法;正確な効果判定のために
矢部 一郎、佐々木 秀直
神経治療学

書籍

今日の治療指針 2015年版
矢部 一郎
医学書院 2014年
神経症候群Ⅱ-その他の神経疾患を含めて- 第2版
矢部 一郎
日本臨床社 2014年
日本臨床 2013年12月 別冊 神経症候群Ⅰ 第2版
矢部 一郎、佐々木 秀直
日本臨床社 2013年
日本医師会雑誌 第142巻・特別号(2)生涯教育シリーズ85 神経・精神疾患診療マニュアル
矢部 一郎、佐々木 秀直
南山堂 2013年
今日の診断指針 第7版
矢部 一郎
医学書院 2013年
神経症候群Ⅱ—その他の神経疾患を含めて— 第2版
矢部 一郎
日本臨床社 2013年
脊椎・脊髄疾患の外科.第2版
矢部 一郎
三輪書店 2013年
改訂第3版 EBMに基づく脳神経疾患の基本治療
矢部 一郎、佐々木 秀直
メジカルビュー社 2010年
EBM 神経疾患の治療 2009-2010
矢部 一郎、佐々木 秀直
中外医学社 2009年
新臨床内科学 第9版
矢部 一郎
医学書院 2009年
書籍を全て表示する
書籍閉じる
今日の治療指針 2015年版
矢部 一郎
医学書院 2014年
神経症候群Ⅱ-その他の神経疾患を含めて- 第2版
矢部 一郎
日本臨床社 2014年
日本臨床 2013年12月 別冊 神経症候群Ⅰ 第2版
矢部 一郎、佐々木 秀直
日本臨床社 2013年
日本医師会雑誌 第142巻・特別号(2)生涯教育シリーズ85 神経・精神疾患診療マニュアル
矢部 一郎、佐々木 秀直
南山堂 2013年
今日の診断指針 第7版
矢部 一郎
医学書院 2013年
神経症候群Ⅱ—その他の神経疾患を含めて— 第2版
矢部 一郎
日本臨床社 2013年
脊椎・脊髄疾患の外科.第2版
矢部 一郎
三輪書店 2013年
改訂第3版 EBMに基づく脳神経疾患の基本治療
矢部 一郎、佐々木 秀直
メジカルビュー社 2010年
EBM 神経疾患の治療 2009-2010
矢部 一郎、佐々木 秀直
中外医学社 2009年
新臨床内科学 第9版
矢部 一郎
医学書院 2009年
Research Advances in Spinocerebellar Degeneration and Spastic Paraplegia
矢部 一郎、佐々木 秀直
Research Signpost 2008年
整形外科学大系22巻「末梢神経疾患、筋疾患、循環障害」
矢部 一郎、佐々木 秀直
中山書店 2007年
EBM 神経疾患の治療 2007-2008
矢部一郎、佐々木秀直
中外医学社 2007年
脊椎・脊髄疾患の外科
矢部一郎
三輪書店 2006年
改訂第二版 EBMに基づく脳神経疾患の基本治療
矢部一郎、佐々木秀直
メジカルビュー社 2006年
医学大辞典
矢部 一郎
医学書院 2003年
EBMに基づく脳神経疾患の基本治療
矢部 一郎
メジカルビュー社 2001年

講演・口頭発表等

ドパミン誘発性精神症状を呈するパーキンソン病に対して、ゾニサミドが有効であった1例
矢部一郎
第20回北海道パーキンソン病研究会 2014年06月 
Comparison of different symptom assessment scales for multiple system atrophy -second report-.
Matsushima, M., Yabe, I., Oba, K., Sakushima, K., Mito, Y., Takei, A., Houzen, H., Tsuzaka, K., Yoshida, K., Maruo, Y., Sasaki, H.
18th International Congress of Parkinson’s Disease and Movement Disorders 2014年06月 
病初期からMIBG心筋シンチグラフィで集積低下を認め、進行性核上性麻痺と類似した経過を辿った皮質基底核変性症の1剖検例.
白井慎一、加藤容崇、西原広史、木村太一、谷野美智恵、宮崎将也、中野史人、矢部一郎、田中伸哉、佐々木秀直
第55回日本神経病理学会総会学術研究会 2014年05月 
多系統萎縮症における症状評価スケールの比較 第2報
松島理明,矢部一郎,佐久嶋研,大庭幸治,水戸泰紀,武井麻子,保前英希,津坂和文,吉田一人,丸尾泰則,佐々木秀直
第55回日本神経学会学術大会 2014年05月 
進行性核上性麻痺類似の臨床症状を呈する遺伝性神経疾患家系の遺伝子解析研究
矢部一郎,白井慎一,高橋育子,中野史人,佐藤和則,廣谷真,加納崇裕,國枝保幸,佐々木秀直
第55回日本神経学会学術大会 2014年05月 
パーキンソン病の無動に対するcaffeineとistradefyllineの比較
北川まゆみ,矢部一郎,加納崇裕,佐々木秀直
第55回日本神経学会学術大会 2014年05月 
Comparison Of Different Symptom Assessment Scales For Multiple System Atrophy In 1 Year.
Matsushima, M., Yabe, I., Oba, K., Sakushima, K., Mito, Y., Takei, A., Houzen, H., Tsuzaka, K., Yoshida, K., Maruo, Y., Sasaki, H.
the 14th Asian and Oceanian Congress of Neurology 2014年03月 
北海道における多系統萎縮症の疫学的実態:HoRC-MSAプロジェクト
佐久嶋研,西本尚樹,野島正寛,松島理明,矢部一郎,佐藤典宏,森満,佐々木秀直
第55回日本神経学会学術大会 2014年00月 
治療が奏功した急性一酸化炭素中毒症間欠型3例の臨床的検討
佐藤智香,水戸泰紀,矢口裕章,田島康敬,矢部一郎,佐々木秀直
第55回日本神経学会学術大会 2014年00月 
VBMおよびTBSSを用いた脊髄小脳変性症6型(SCA 6)の評価
吉田篤司、藤間憲幸、Khin Khin Tha、濱口裕行、田中真樹、矢部一郎、佐々木秀直、白戸博樹、工藤興亮
第43回日本神経放射線学会 2014年00月 
講演・口頭発表等を全て表示する
講演・口頭発表等閉じる
ドパミン誘発性精神症状を呈するパーキンソン病に対して、ゾニサミドが有効であった1例
矢部一郎
第20回北海道パーキンソン病研究会 2014年06月 
Comparison of different symptom assessment scales for multiple system atrophy -second report-.
Matsushima, M., Yabe, I., Oba, K., Sakushima, K., Mito, Y., Takei, A., Houzen, H., Tsuzaka, K., Yoshida, K., Maruo, Y., Sasaki, H.
18th International Congress of Parkinson’s Disease and Movement Disorders 2014年06月 
病初期からMIBG心筋シンチグラフィで集積低下を認め、進行性核上性麻痺と類似した経過を辿った皮質基底核変性症の1剖検例.
白井慎一、加藤容崇、西原広史、木村太一、谷野美智恵、宮崎将也、中野史人、矢部一郎、田中伸哉、佐々木秀直
第55回日本神経病理学会総会学術研究会 2014年05月 
多系統萎縮症における症状評価スケールの比較 第2報
松島理明,矢部一郎,佐久嶋研,大庭幸治,水戸泰紀,武井麻子,保前英希,津坂和文,吉田一人,丸尾泰則,佐々木秀直
第55回日本神経学会学術大会 2014年05月 
進行性核上性麻痺類似の臨床症状を呈する遺伝性神経疾患家系の遺伝子解析研究
矢部一郎,白井慎一,高橋育子,中野史人,佐藤和則,廣谷真,加納崇裕,國枝保幸,佐々木秀直
第55回日本神経学会学術大会 2014年05月 
パーキンソン病の無動に対するcaffeineとistradefyllineの比較
北川まゆみ,矢部一郎,加納崇裕,佐々木秀直
第55回日本神経学会学術大会 2014年05月 
Comparison Of Different Symptom Assessment Scales For Multiple System Atrophy In 1 Year.
Matsushima, M., Yabe, I., Oba, K., Sakushima, K., Mito, Y., Takei, A., Houzen, H., Tsuzaka, K., Yoshida, K., Maruo, Y., Sasaki, H.
the 14th Asian and Oceanian Congress of Neurology 2014年03月 
北海道における多系統萎縮症の疫学的実態:HoRC-MSAプロジェクト
佐久嶋研,西本尚樹,野島正寛,松島理明,矢部一郎,佐藤典宏,森満,佐々木秀直
第55回日本神経学会学術大会 2014年00月 
治療が奏功した急性一酸化炭素中毒症間欠型3例の臨床的検討
佐藤智香,水戸泰紀,矢口裕章,田島康敬,矢部一郎,佐々木秀直
第55回日本神経学会学術大会 2014年00月 
VBMおよびTBSSを用いた脊髄小脳変性症6型(SCA 6)の評価
吉田篤司、藤間憲幸、Khin Khin Tha、濱口裕行、田中真樹、矢部一郎、佐々木秀直、白戸博樹、工藤興亮
第43回日本神経放射線学会 2014年00月 
運動失調の新しい定量的評価法:正確な効果判定のために
矢部 一郎
第31回日本神経治療学会総会 2013年11月 
頭痛と認知症〜ありふれた神経症状をどう対応するか
矢部 一郎
プリミティブケアセミナー 2013年09月 
Contribution of the cerebellum to perceptual prediction
Matsushima, A., Ito, S., Yoshida, A., Kurkin, S., Yabe, I., Sasaki, H., Tanaka, M.
Neuro2013 2013年06月 
Comparison of different symptom assessment scales for multiple system atrophy
Matsushima, M., Yabe, I., Sakushima, K., Oba, K., Mito, Y., Takei, A., Houzen, H., Tsuzaka, K., Yoshida, K., Maruo, Y., Sasaki, H.
17th International Congress of Parkinson’s Disease and Movement Disorders 2013年06月 
1H-MRS and 31P-MRS findings in Machado-Joseph disease.
Yabe, I., Tha, K.,K., Hamaguchi, H., Sakushima, K., Kano, T., Terae, S., Sasaki, H.
17th International Congress of Parkinson’s Disease and Movement Disorders 2013年06月 
染色体構造変化:多系統萎縮症でのアプローチ
矢部 一郎
第54回日本神経学会学術大会 2013年06月 
Pathology of frontotemporal dementia with LGMD caused by DNAJB6 mutation
Yabe, I., Tanino, M., Yaguchi, H., Takiyama, A., Cai, H., Kanno, H., Hayashi, Y., Tanaka, S., Sasaki, H.
The 65th Annual Meeting, American Academy of Neurology 2013年03月 
SCOPA-AUT日本語版の信頼性の検討
白井慎一,廣谷真,加納崇裕,南尚哉,中道一生,西條政幸,畑中佳奈子,志賀哲,矢部一郎,佐々木秀直
第18回日本神経感染症学会総会 2013年00月 
多発性脳神経ニューロパチーを伴った混合性クリオグロブリン血症による末梢神経障害の1例
加納崇裕,上床尚,白井慎一,松島理明,西村洋昭,矢口裕章,廣谷真,矢部一郎,中馬誠,佐々木秀直
第24回日本末梢神経学会学術集会 2013年00月 
知覚的予測における小脳の役割
松嶋藻乃,伊藤さやか,吉田篤司,Sergey Kurkin,矢部一郎,佐々木秀直,田中真樹
第36回日本神経科学大会-Neuro2013 2013年00月 
多系統萎縮症における症状評価スケールの比較(中間報告)
松島理明,矢部一郎,佐久嶋研,大庭幸治,水戸泰紀,武井麻子,保前英希,津坂和文,吉田一人,丸尾泰則,佐々木秀直
第54回日本神経学会学術大会 2013年00月 
DNAJB6遺伝子変異によるLGMDに伴った前頭側頭型認知症の病理学的検討
矢部一郎,谷野美智枝,矢口裕章,瀧山晃弘,蔡 華英,林由起子,田中伸哉,佐々木秀直
第54回日本神経学会学術大会 2013年00月 
多系統萎縮症におけるMMP-3,MMO-9,TIMP-1の検討(第二報)
佐々木秀直,松島理明,矢部一郎,浜 結香,中村雅一,佐久嶋研,大庭幸治,丹治邦和,森 文秋,若林孝一,柿田明美,高橋 均,内海 潤
第54回日本神経学会学術大会 2013年00月 
神経Behcet病の臨床像および画像所見の検討.
上床 尚,佐久嶋研,加納崇裕,白井慎一,廣谷 真,矢部一郎,佐々木秀直
第54回日本神経学会学術大会 2013年00月 
中枢神経原発血管炎5例の臨床像の検討
白井慎一,矢口裕章,上床 尚,佐久嶋研,廣谷 真,加納崇裕,矢部一郎,田中伸哉,佐々木秀直
第54回日本神経学会学術大会 2013年00月 
多発性硬化症に対するFingolimod導入症例の検討
廣谷 真,白井慎一,上床 尚,矢口裕章,加納崇裕,矢部一郎,佐々木秀直
第54回日本神経学会学術大会 2013年00月 
亜急性小脳失調症における自己抗体の検討.
矢口裕章,高橋秀尚,奥村文彦,加納崇裕,竹内朗子,堀内一宏,廣谷 真,矢部一郎,畠山鎮次,佐々木秀直
第24回日本神経免疫学会学術集会 2012年00月 
慢性炎症性脱髄性多発神経炎に対するシクロスポリンAの至適容量設定に関するトラフ値、血中濃度下面積測定の有用性.
廣谷 真,竹内朗子,白井慎一,堀内一宏,高橋育子,松島理明,加納崇裕,矢部一郎,松本昭久,佐々木秀直
第23回日本末梢神経学会学術集会 2012年00月 
バイオインフォマティクスから臨床検証へ:中枢神経疾患(多系統萎縮症)における血中病態マーカーとしてのMMP3とTIMP1の臨床的有用性.
内海 潤,矢部一郎,佐久嶋 研,浜 結香,高橋育子,佐藤和則,松島理明,稲垣冬彦,佐々木秀直
日本プロテオーム学会2012年大会 2012年00月 
一卵性双生児で片方に非罹者を有する多系統萎縮症の2例.
矢部一郎,緒方昭彦,佐々木秀直
第53回日本神経学会学術大会 2012年00月 
リュープロレリン酢酸塩の球脊髄性筋委縮症患者に対する第3相長期継続投与試験(JASMITT-07OP試験).
鈴木啓介,勝野雅央,坂野晴彦,須賀徳明,橋詰 淳,矢部一郎,青木正志,中野今治,金井数明,水澤英洋,山本知孝,長谷川一子,西澤正豊,宮嶋裕明,苅田典生,中島健二,辻野 彰,内野 誠,田中章景,祖父江 元
第53回日本神経学会学術大会 2012年00月 
封入体筋炎における遺伝子解析研究.
蔡 華英,矢部一郎,佐藤和則,加納崇裕,中村雅一,保前英希,佐々木秀直
第53回日本神経学会学術大会 2012年00月 
高齢発症重症筋無力症(MG)に対する治療の検討.
南 尚哉,田代 淳,新野正明,藤木直人,土井静樹,菊地誠志,佐々木秀直
第53回日本神経学会学術大会 2012年00月 
新規mtND6遺伝子変異によると考えられたstroke like episodeを呈するミトコンドリア病の1家系.
高橋育子,佐藤和則,蔡 華英,松島理明,矢部一郎,保前英希,佐々木秀直
第53回日本神経学会学術大会 2012年00月 
抗SSA抗体陽性の炎症性中枢神経病変患者における臨床病型検討.
矢口裕章,佐久嶋 研,中村雅一,廣谷 真,加納崇裕,矢部一郎,佐々木秀直
第53回日本神経学会学術大会 2012年00月 
慢性炎症性脱髄性多発神経炎に伴う中枢神経症状の臨床像に関する検討
廣谷 真,佐久嶋 研,田代 淳,加納崇裕,矢部一郎,佐々木秀直
第53回日本神経学会学術大会 2012年00月 
筋萎縮性側索硬化症および進行性核上性麻痺における注意機能についての検討.
伊藤さやか,佐々木秀直,矢部一郎,秋本幸子,大槻美佳
第53回日本神経学会学術大会 2012年00月 
パーキンソン病における排尿障害と転倒の関連について.
佐久嶋 研,山崎 新,林野泰明,福原俊一,矢部一郎,佐々木秀直
第53回日本神経学会学術大会 2012年00月 
Frontotemporal dementia with limb-girdle muscular dystrophy caused by a DNAJB6 mutation (LGMD1D); a new entity?
2012年00月 
中枢神経intravascular lymphomaの2例
白井慎一、高橋育子、松島理明、加納崇裕、矢部一郎、佐々木秀直
第29回日本神経治療学会総会 2011年11月 
髄腔内バクロフェン静注療法が奏効した3症例.
加納崇裕、白井慎一、大原 宰、竹内朗子、堀内一宏、秋本幸子、矢部一郎、佐々木秀直、青山 剛、宝金清博
第29回日本神経治療学会総会 2011年11月 
Cryptococcus gattiiによるクリプトコッカス症の1例
堀内一宏、山田萌美、加納崇裕、金子幸弘、秋本幸子、秋沢宏次、梅山 隆、大野秀明、矢部一郎、宮崎義継、佐々木秀直
第16回日本神経感染症学会 2011年11月 
単純血漿交換及び免疫グロブリン大量静注療法が奏効したエンテロウイルス71による重症脳幹脳炎の1例
浦 茂久、河端 聡、黒島研美、吉田一人、中野史人、矢部一郎、佐々木秀直
第16回日本神経感染症学会 2011年11月 
運動失調症のバイオマーカー・サロゲートマーカー
矢部 一郎
厚生労働科学研究費補助金 難治性疾患克服研究事業 運動失調症の病態解明と治療法開発に関する研究班 平成23年度ワークショップ 2011年09月 
脊髄小脳変性症とめまい
矢部 一郎
日本平衡めまい医学会 夏期セミナー 2011年07月 
Effect of leuprorelin in patients with spinal and bulbar muscular atrophy (SBMA): a multicentre, randomized, double-blind, placebo-controlled, phase III trial.
2011年04月 
大量シクロフォスファミド間歇静注療法が奏効した中枢神経原発性血管炎の1例
矢口裕章, 中村雅一, 佐久嶋 研, 加納崇裕, 秋本幸子, 阿部剛典, 矢部一郎, 佐々木秀直
第36回日本脳卒中学会総会 2011年03月 
痙攣発作を主症状とするリウマチ性髄膜脳炎の1例.
矢口裕章、白井慎一、堀内一宏、加納崇裕、矢部一郎、佐々木秀直
第45回てんかん学会総会 2011年00月 
血管炎症候群に伴う末梢神経障害に対してシクロフォスファミド大量静注療法を行った3例
堀内一宏、大原 宰、白井慎一、竹内朗子、佐藤和則、加納崇裕、矢部一郎、佐々木秀直
第22回日本末梢神経学会学術集会 2011年00月 
血栓性微小血管障害症により神経・筋障害を呈した5症例の臨床的検討.
浦 茂久,中野史人,黒島研美,吉田一人,矢部一郎,佐々木秀直
第52回日本神経学会学術大会 2011年00月 
進行性外眼筋麻痺を伴ったパーキンソニズムの遺伝子解析.
佐藤和則,矢口裕章,加納崇裕,矢部一郎,佐々木秀直,國枝保幸
第52回日本神経学会学術大会 2011年00月 
進行性非流暢性失語:臨床症候による分類の試み
大槻美佳,中川賀嗣,緒方昭彦,保前英希,矢部一郎,西澤正豊,佐々木秀直
第52回日本神経学会学術大会 2011年00月 
一卵性双生児CNV解析による多系統萎縮症のゲノムコピー数異常の同定.
佐々木秀直,矢部一郎,加藤丈夫,江見 充,飯島 寛,伊東紀子,佐藤秀則
第52回日本神経学会学術大会 2011年00月 
封入体筋炎における遺伝子解析研究-第1報.
蔡 華英,矢部一郎,佐藤和則,佐々木秀直,保前英希
第52回日本神経学会学術大会 2011年00月 
脊髄空洞症の第二次全国調査
佐久嶋 研,矢部一郎,佐々木秀直,平井 聡,上原里程,中野今治
第52回日本神経学会学術大会 2011年00月 
血清抗aquaporin-4抗体陰性の特発性脊髄炎の臨床像についての検討.
中村雅一,佐久嶋 研,矢口裕章,廣谷 真,佐藤和則,加納崇裕,矢部一郎,佐々木秀直
第52回日本神経学会学術大会 2011年00月 
SLEもしくはシェーグレン症候群に伴ったNMO関連疾患に対するIVCY療法の治療効果.
矢口裕章,佐久嶋 研,高橋育子,西村洋昭,中村雅一,山田萌美,津坂和文,丸尾泰則,矢部一郎,佐々木秀直
第52回日本神経学会学術大会 2011年00月 
特定疾患臨床調査個人票を用いた脊髄小脳変性症6型の自然史調査.
安井建一,矢部一郎,佐々木秀直,新井公人,金井数明,桑原 聡,吉田邦広,伊藤瑞規,祖父江 元,児矢野 繁,小野寺 理,西澤正豊,中島健二
第52回日本神経学会学術大会 2011年00月 
ALSにおける11C-フルマゼニル(FMZ)-PET所見
矢部一郎,秋本幸子,大槻美佳,志賀 哲,玉木長良,佐々木秀直
第52回日本神経学会学術大会 2011年00月 
Quantitative CBF Correlated with Dementia and Visual Hallucination in Parkinson's Disease.
2010年06月 
Chrug-Strauss症候群に伴う末梢神経障害〜自験6症例による検討〜
矢部 一郎
北海道医師会認定 生涯教育講演会 2010年05月 
脊髄サルコイドーシス診断におけるFDG-PET SUVの有用性.
佐久嶋研、矢部一郎、佐々木秀直、志賀哲
第45回日本脊髄障害医学会 2010年00月 
大脳白質病変を伴う片頭痛の5症例.
黒島研美, 中野史人, 浦 茂久, 吉田一人, 矢部一郎, 佐々木秀直
第38回日本頭痛学会総会 2010年00月 
髄液抗酸菌染色と遺伝子解析で同定できたノカルジア脳膿瘍の1例
中野史人, 大原 宰, 浦 茂久, 黒島研美, 吉田一人, 矢部一郎, 佐々木秀直
第15回日本神経感染症学会学術集会 2010年00月 
難治性の経過に対してINH髄注療法を行った結核性髄膜炎の2例
高橋育子, 八島萌美, 松島理明, 大原 宰, 佐藤和則, 秋本幸子, 矢部一郎, 佐々木秀直
第15回日本神経感染症学会学術集会 2010年00月 
免疫グロブリン大量静注療法とシクロスポリンの併用が奏効した慢性炎症性脱髄性多発神経炎の1例
松島理明, 秋本幸子, 松本昭久, 矢部一郎, 田島康敬, 佐々木秀直
第21回日本末梢神経学会総会 2010年00月 
神経サルコイドーシス11例における臨床像及び治療経過の検討
佐久嶋研,矢部一郎,佐々木秀直
第28回日本神経治療学会総会 2010年00月 
Primary diffuse leptomeningeal gliomatosis (PDLG)の1剖検例
中野史人,秋本幸子,石津明洋,西村洋昭,澤村豊,新野正明,矢部一郎,笠原正典,田中伸哉,佐々木秀直
第51回日本神経病理学会総会学術研究会 2010年00月 
脊髄空洞症の第一次全国調査
佐久嶋 研,矢部一郎,佐々木秀直,上原里程,中村好一,中野今治
第51回日本神経学会総会 2010年00月 
進行性非流暢性失語:臨床症候と予後,病理所見
大槻美佳,中川賀嗣,緒方昭彦,保前英希,高橋育子,矢部一郎,西澤正豊,佐々木秀直, 吉田秀明,飛岡弘敏,森 文秋,若林孝一
第51回日本神経学会総会 2010年00月 
筋委縮性側索硬化症における書字障害の検討
秋本幸子,濱田晋輔,大槻美佳,田村 至,矢部一郎,濱田 毅,佐々木秀直
第51回日本神経学会総会 2010年00月 
抗SS-A抗体陽性患者における中枢神経疾患の臨床的特徴の検討
矢口裕章,新野正明,佐久嶋研,津坂和文,保前英希,武井麻子,矢部一郎,佐々木秀直
第51回日本神経学会総会 2010年00月 
MSA疾患感受性候補遺伝子の関連解析
相馬広幸,佐藤和則,矢部一郎,佐々木秀直
第51回日本神経学会総会 2010年00月 
ポリグルタミン病の筋エネルギー代謝
矢部一郎,佐藤和則,相馬広幸,Tha Khin Khin,寺江 聡,沖田孝一,佐々木秀直
第51回日本神経学会総会 2010年00月 
SCA12遺伝子座に連鎖しているがPPP2R2Bの変異を認めないADCAの1家系
佐藤和則,矢部一郎,相馬広幸,佐々木秀直,福田陽子,三井 純,中原康雄,辻 省次
第51回日本神経学会総会 2010年00月 
rt-PA静注療法で良好な転帰を辿った未成年女性の心原生脳塞栓の1例
白井慎一,水戸泰紀,矢部一郎,佐々木秀直
Stroke2010(第35回日本脳卒中学会総会, 第39回日本脳卒中の外科学会, 第26回スパズム・シンポジウム) 2010年00月 
Writing errors in Japanese ALS
2009年12月 
11C-FMZ PET study in ALS.
2009年10月 
SCA14
矢部 一郎、佐々木秀直
厚生労働科学研究費補助金 難治性疾患克服研究事業 運動失調症の病態解明と治療法開発に関する研究班 平成21年度夏のワークショップ 2009年08月 
Progressive Foix- Chavaney- Marie syndrome: Clinico- pathological investigation
2009年06月 
運動失調の新しい評価スケールSARAについて
矢部 一郎
北海道神経内科学術講演会 2009年02月 
抗SS-A抗体とMRI異常を伴った自己免疫性中枢神経疾患の臨床的特徴
矢口裕章,新野正明,佐久嶋 研,津坂和文,保前英希,武井麻子,矢部一郎,佐々木秀直
第22回日本神経免疫学会学術集会 2009年00月 
臨床症状と脳MRI所見が解離した脳脊髄液減少症.
松島理明、西村洋昭、佐久嶋研、秋本幸子、新野正明、矢部一郎、佐々木秀直
第37回日本頭痛学会総会 2009年00月 
HIV陰性患者に認められたトキソプラズマ脳炎の1例
堀内一宏、岸本利一郎、近藤 健、田島康敬、山田秀人、矢部一郎、佐々木秀直
第14回日本神経感染症学会 2009年00月 
SCA12遺伝子座に連鎖しているがPPP2R2B遺伝子変異を認めない優性遺伝性脊髄小脳変性症の1家系
佐藤和則、矢部一郎、福田陽子、相馬広幸、中原康雄、辻 省次、佐々木秀直
第54回日本人類遺伝学会総会 2009年00月 
北大病院神経内科における遺伝カウンセリングの現状
矢部一郎、佐藤和則、相馬広幸、佐々木秀直
第54回日本人類遺伝学会総会 2009年00月 
北大病院神経内科における遺伝カウンセリングの現状
矢部一郎、佐藤和則、相馬広幸、佐々木秀直
第9回臨床遺伝研究会 2009年00月 
Fabry病3例における酵素補充療法の治療経験
矢部一郎、堀内一宏、秋本幸子、新野正明、佐々木秀直
第27回日本神経治療学会総会 2009年00月 
IgG-κ型M蛋白産生髄外形質細胞腫に伴う末梢神経障害の1例
矢部一郎、中野史人、松島理明、堀内一宏、矢口裕章、加納崇裕、秋本幸子、新野正明、佐々木秀直、丸山 覚、橋本晃佳
第27回日本神経治療学会総会 2009年00月 
筋萎縮性側索硬化症の高次脳機能クリーニング
秋本幸子、濱田晋輔、大槻美佳、矢部一郎、田村 至、濱田 毅、佐々木秀直
第50回日本神経学会総会 2009年00月 
VSRADを用いたPD,DLB,AD,PDの脳MRI画像解析
水戸泰紀、佐久嶋 研、矢部一郎、佐々木秀直
第50回日本神経学会総会 2009年00月 
ポリグルタミン病の筋エネルギー代謝
矢部一郎、タキンキン、寺江 聡、沖田孝一、佐々木秀直
第50回日本神経学会総会 2009年00月 
日本語版SARAを用いた多系統萎縮症の経時的評価
佐藤和則、相馬広幸、矢部一郎、佐々木秀直
第50回日本神経学会総会 2009年00月 
本邦の優性遺伝性痙性対麻痺における大欠失に敗因するSPG4の比率の検討
相馬広幸、佐藤和則、武井麻子、矢部一郎、松浦 徹、佐々木秀直
第50回日本神経学会総会 2009年00月 
脊髄小脳失調症6型の多施設共同自然史調査
安井建一、矢部一郎、佐々木秀直、吉田邦広、金井数明、服部孝道、新井公人、伊藤瑞規、祖父江元、児矢野 繁、小野寺 理、西澤正豊、中島健二
第50回日本神経学会総会 2009年00月 
血液ガス分析装置による髄液乳酸及び糖の迅速測定の有用性
佐久嶋研、新野正明、秋本幸子、矢部一郎、佐々木秀直
第50回日本神経学会総会 2009年00月 
2つのミトコンドリアDNA変異(T8356CとA3243G)を認めたミトコンドリア病の1家系
中村雅一、矢部一郎、佐々木秀直、須藤 章、細木華奈、斉藤伸治
第50回日本神経学会総会 2009年00月 
治療経過を追えた家族性片麻痺性片頭痛Ⅰ型の1例
鈴木正宣、武市紀人、藤原圭志、津布久 崇、福田 諭、矢部一郎、佐々木秀直
第67回日本めまい平衡医学会総会 2008年10月 
Skeletal muscle energy metabolism in Machado-Joseph disease
2008年06月 
Slowly Progressive Foix- Chavany- Marie Syndrome
2008年06月 
Churg-Strauss症候群に伴う末梢神経障害の臨床的特徴と治療経過
中村雅一、矢口裕章、岸本利一郎、辻 幸子、藤木直人、水戸泰紀、保前英希、矢部一郎、佐々木秀直
第19回日本末梢神経学会総会 2008年00月 
頭蓋内から頭蓋外への進展を認めた放線菌症の1例
濱田晋輔、田代 淳、佐藤和則、廣谷 真、秋本幸子、新野正明、澤村 豊、矢部一郎、佐々木秀直
第13回日本神経感染症学会 2008年00月 
脳MRIにて両側対称性に大脳皮質および視床,脳幹病変を認めた麻疹後脳炎
秋本幸子、和田 剛、澤村 淳、新野正明、矢部一郎、丸藤 哲、佐々木秀直
第13回日本神経感染症学会 2008年00月 
Slowly Progressive Foix- Chavany- Marie syndromeと進行性非流暢性失語の症候
大槻美佳、中川賀嗣、緒方昭彦、保前英希、矢部一郎、佐々木秀直
第32回日本神経心理学会総会 2008年00月 
脊髄小脳変性症の小脳性運動失調に対するtandospironeの有効性の病型別検討
武井麻子、中野史人、濱田晋輔、本間早苗、濱田啓子、濱田 毅、レハナ バスリ、相馬広幸、矢部一郎、佐々木秀直、田代邦雄
第26回日本神経治療学会総会 2008年00月 
肺小細胞癌に合併した感覚失調性ポリニューロパチーの3例
西村洋昭、佐久嶋 研、相馬広幸、岸本利一郎、辻 幸子、新野正明、矢部一郎、丸尾泰則、佐々木秀直
第26回日本神経治療学会総会 2008年00月 
Sjogren症候群に伴う脊髄炎の臨床像に関する検討—特発性急性横断性脊髄炎との比較
廣谷 真、新野正明、辻 幸子、矢部一郎、佐々木秀直
第26回日本神経治療学会総会 2008年00月 
筋萎縮性側索硬化症患者における髄液シスタチンCの検討
辻 幸子、矢部一郎、菊地誠志、佐々木秀直
第49回日本神経学会総会 2008年00月 
組織診断を得たtumefactive demyelination症例の検討
高橋育子、西村洋昭、佐久嶋 研、辻 幸子、新野正明、矢部一郎、佐々木秀直
第49回日本神経学会総会 2008年00月 
日本語版Scale for the Assessment and Rating of Ataxia (SARA)の信頼性
佐藤和則、矢部一郎、相馬広幸、安井建一、中島健二、伊藤瑞規、祖父江 元、下畑享良、小野寺 理、西澤正豊、佐々木秀直
第49回日本神経学会総会 2008年00月 
神経サルコイドーシスにおける髄液ACE値と疾患活動性の相関
佐久嶋 研、新野正明、辻 幸子、矢部一郎、佐々木秀直
第49回日本神経学会総会 2008年00月 
特発性急性横断性脊髄炎の臨床像に関する検討
廣谷 真、新野正明、矢部一郎、辻 幸子、佐々木秀直
第49回日本神経学会総会 2008年00月 
多系統萎縮症疾患感受性候補遺伝子の関連解析
相馬広幸、矢部一郎、バスリレハナ、武井麻子、藤木直人、柳原哲郎、佐々木秀直
第49回日本神経学会総会 2008年00月 
脊髄小脳変性症6型の自然史—多施設共同後ろ向き研究
安井建一、矢部一郎、佐々木秀直、新井公人、金井数明、服部孝道、吉田邦広、磯崎英治、小野寺 理、西澤正豊、中島健二
第49回日本神経学会総会 2008年00月 
パーキンソン病および類縁疾患のMIBG心筋シンチグラフィー
田代淳、矢部一郎、佐々木秀直、志賀 哲、玉木長良
第49回日本神経学会総会 2008年00月 
ポリグルタミン病における筋エネルギー代謝測定—第2報
矢部一郎、Tha Khin Khin、寺江 聡、沖田孝一、佐々木秀直
第49回日本神経学会総会 2008年00月 
Supratentorial white matter abnormalities in multiple system atrophy: diffusion tensor imaging observation
2008年00月 
Associations between Multiple System Atrophy and Polymorphisms of SLC1A4, SQSTM1, and EIF4EBP1 Genes
2007年12月 
Usefulness of the scale for assessment and rating of ataxia (SARA)
2007年06月 
遺伝性痙性対麻痺
矢部 一郎
第48回日本神経学会総会 2007年05月 
第一子の先天性副腎過形成(21OHD)診断後に十分な遺伝カウンセリングが行われなかった為、第二子妊娠時に胎児治療とそれを前提とした出生前診断を行う機会を逸した症例に対する遺伝カウンセリング
山田崇弘,山田 俊,山田秀人,田島敏広,武市紀人、澤村大輔、齋藤伸治、矢部一郎、水上尚典、佐々木秀直
第31回日本遺伝カウンセリング学会 2007年05月 
第一子の先天性副腎過形成(21OHD)診断後に十分な遺伝カウンセリングが行われなかった為、第二子妊娠時に胎児治療とそれを前提とした出生前診断を行う機会を逸した症例に対する遺伝カウンセリング
山田崇弘,山田 俊,山田秀人,田島敏広,武市紀人、澤村大輔、齋藤伸治、矢部一郎、水上尚典、佐々木秀直
第6回東北出生前医学研究会 2007年03月 
家族性片麻痺性片頭痛1型の1家系〜臨床症状は多様であるにも関わらず、頭位変換下向き眼振は共通する症候である
矢部 一郎
第13回北海道頭痛勉強会 2007年00月 
多彩な臨床像を呈した家族性片麻痺性片頭痛1型の1家系
矢部一郎、相馬広幸、辻 幸子、新野正明、鈴木八潮、和田敬仁、斉藤伸治、北川まゆみ、佐々木秀直
第35回日本頭痛学会総会 2007年00月 
クロイツフェルト・ヤコブ病自験5例における臨床像の検討
加納崇裕、濱田晋輔、佐藤和則、廣谷 真、相馬広幸、辻 幸子、新野正明、矢部一郎、津坂和文、佐々木秀直
第12回日本神経感染症学会 2007年00月 
免疫性ニューロパチーの臨床像に関する検討
廣谷 真、辻 幸子、新野正明、矢部一郎、佐々木秀直
第18回日本末梢神経学会総会 2007年00月 
慢性期にステロイド加療が著効したopsoclonus-polymyoclonia syndromeの1例
濱田晋輔、西村洋昭、山下 功、本間早苗、武井麻子、濱田啓子、濱田 毅、辻 幸子、矢部一郎、佐々木秀直
第25回日本神経治療学会総会 2007年00月 
神経疾患における静脈血栓塞栓症の発症リスクに関する検討
廣谷 真、中村雅一、矢口裕章、松島理明、辻 幸子、新野正明、矢部一郎、佐々木秀直
第25回日本神経治療学会総会 2007年00月 
ウイルス性肝炎を合併した多発筋炎/皮膚筋炎の治療法の検討
佐藤和則、大寺 慶、松島理明、中村雅一、辻 幸子、新野正明、矢部一郎、佐々木秀直
第25回日本神経治療学会総会 2007年00月 
多系統萎縮症疾患感受性遺伝子の関連解析
相馬広幸、矢部一郎、レハナ バスリ、武井麻子、藤木直人、柳原哲郎、佐々木秀直
第48回日本神経学会総会 2007年00月 
Churg-Strauss症候群6例における臨床像の検討
中村雅一、矢口裕章、岸本利一郎、辻 幸子、藤木直人、水戸泰紀、保前英希、矢部一郎、佐々木秀直
第48回日本神経学会総会 2007年00月 
ポリグルタミン病における筋エネルギー代謝測定の試み
矢部一郎、Tha Khin Khin、寺江 聡、沖田孝一、佐々木秀直
第48回日本神経学会総会 2007年00月 
Scale for the assessment and rating of ataxia (SARA)の有用性の検討
松島理明、相馬広幸、矢部一郎、佐々木秀直
第48回日本神経学会総会 2007年00月 
生検にて診断しステロイド大量療法にて軽快したrheumatoid meningitisの一例
矢口裕章、松島理明、佐久嶋 研、中村雅一、辻 幸子、新野正明、矢部一郎、佐々木秀直
第19回日本神経免疫学会学術集会 2007年00月 
C型慢性肝炎に対するinterferon-α治療中にCIDPの合併を認めた一例.
廣谷 真、中野 仁、浦 茂久、吉田一人、新野正明、矢部一郎、佐々木秀直
第19回日本神経免疫学会学術集会 2007年00月 
脊髄小脳変性症〜最近の進歩
矢部 一郎
第60回国立病院総合医学会 2006年09月 
脊髄小脳変性症〜疾患理解のための基礎知識と最近の進歩
矢部 一郎
第4回日本神経疾患医療・福祉従事者学会 2006年09月 
Age-related alterations of cerebral white matter: Analysis of normalized diffusion tensor images of subjects grouped in narrow age ranges.
2006年05月 
遺伝性脊髄小脳変性症の最近の知見
矢部 一郎
北海道医師会認定生涯教育講座 2006年03月 
遺伝性痙性対麻痺及び原因不明の孤発性痙性対麻痺におけるspastin遺伝子解析
相馬広幸、レハナ・バスリ、矢部一郎、佐々木秀直、武井麻子、立花久大、西村裕之、小久保康昌、町野由佳、葛原茂樹、小杉雅史,岡田竜一郎、雪竹 基弘、黒田 康夫
第51回日本人類遺伝学会総会 2006年00月 
真菌感染による眼窩先端症候群
矢部一郎、濱田晋輔、加納崇裕、西村洋昭、廣谷 真、岸本利一郎、辻 幸子、菊地誠志、澤村 豊、佐々木秀直
第11回日本神経感染症学会 2006年00月 
脳MRI検査にて経時的変化を捉えることができたSSPEの1例
濱田晋輔、矢部一郎、佐藤和則、廣谷 真、寺江 聡、緒方昭彦、深澤俊行、菊地誠志、佐々木秀直
第11回日本神経感染症学会 2006年00月 
10年余りfollowした若年性ミオクロニーてんかん例の診断と治療に関する1経験
須藤和昌、田島康敬、松本昭久、矢部一郎、佐々木秀直
第40回日本てんかん学会 2006年00月 
呼吸不全をきたした移植片対宿主病多発性ニューロパチー
矢部一郎、加納崇裕、中野史人、矢口裕章、岸本利一郎、辻幸子、菊地誠志、佐々木秀直
第17回日本末梢神経学会 2006年00月 
視床下部病変によりhypersomniaを呈した単純ヘルペス脳炎の1例
矢口裕章、中野史人、加納崇裕、辻 幸子、矢部一郎、菊地誠志、佐々木秀直
第24回日本神経治療学会 2006年00月 
結核性リンパ節炎を伴い、結核菌との関連が疑われたradiculomyelopathyの1例
加納崇裕、中野史人、矢口裕章、辻 幸子、矢部一郎、菊地誠志、佐々木秀直
第24回日本神経治療学会 2006年00月 
:Lambert-Eaton筋無力症候群3例に対する3,4-diaminopyridine治療経験
矢部一郎、佐藤和則、宮崎雄生、辻 幸子、佐々木秀直
第24回日本神経治療学会 2006年00月 
多系統萎縮症に伴うCamptocormiaに対するprotirelin tartrateの有効性の検討
武井麻子、西村洋昭、山下 功、本間早苗、濱田啓子、濱田 毅、相馬広幸、矢部一郎、佐々木秀直
第47回日本神経学会総会 2006年00月 
遺伝性痙性対麻痺および原因不明の孤発性痙性対麻痺におけるspastin遺伝子解析
レハナ・バスリ、矢部一郎、相馬広幸、佐々木秀直、武井麻子、立花久大、西村裕之、小久保康昌、町野由佳、葛原茂樹、小杉雅史
第47回日本神経学会総会 2006年00月 
脊髄小脳変性症-overview-
矢部 一郎
第11回青函神経疾患フォーラム 2005年11月 
パーキンソン病患者におけるPositron Emission Tomography (PET)の検討—排尿筋過活動持続中の脳賦活部位についてー
橘田岳也、柿崎秀宏、佐野 洋、古野剛史、三井貴彦、守屋仁彦、田中 博、志賀 哲、玉木長良、矢部一郎、佐々木秀直、野々村克也
第12回日本排尿機能学会 2005年10月 
脊髄小脳変性症-overview-
矢部 一郎
第24回ニセコカンファレンス 2005年08月 
脳MRIにて脳梁膨大部と基底核に異常信号を認めた結核性髄膜脳炎
矢部一郎,廣谷真,西村洋昭,中村雅一,濱田晋輔,緒方昭彦,菊地誠志,佐々木秀直
2005年00月 
Prednisoloneと3,4-diaminopyridineが奏功した非腫瘍性Lambert-Eaton Myasthenic Syndrome(LEMS)の1例
佐藤和則,水戸泰紀,吉田一人,岸本利一郎,宮崎雄生,矢部一郎,緒方昭彦,菊地誠志,佐々木秀直,木村政勝
第23回日本神経治療学会総会 2005年00月 
眼窩先端症候群を呈した脳aspergillus症
濱田晋輔,加納崇裕,佐藤和則,岸本利一郎,畑 大,矢部一郎,緒方昭彦,菊地誠志,澤村 豊,加藤智雄,佐々木秀直
第23回日本神経治療学会総会 2005年00月 
橋本病に伴った皮質性小脳萎縮症の2例
矢部一郎,柳原哲郎,佐々木秀直
第23回日本神経治療学会総会 2005年00月 
脊髄小脳変性症の小脳性運動失調に対するtandospironeの有効性の検討
武井麻子,浦 茂久,本間早苗,深澤俊行,濱田啓子,濱田 毅,相馬広幸,矢部一郎,佐々木秀直
第46回日本神経学会総会 2005年00月 
多系統萎縮症の臨床経過
相馬広幸,矢部一郎,武井麻子,藤木直人,柳原哲郎,松本昭久,佐々木秀直
第46回日本神経学会総会 2005年00月 
遺伝性脊髄小脳変性症におけるphospholipase Cβ4 (PLCB4) の遺伝子解析
矢部一郎,相馬広幸,佐々木秀直
第46回日本神経学会総会 2005年00月 
Brain activation during detrusor overactivity in patients with Parkinson disease: A positron emission tomography study
2005年00月 
Brain activation during detrusor overactivity in patients with Parkinson’s disease: A positron emission tomography study
2005年00月 
免疫吸着療法が著効し,重度の意識障害を呈したBickerstaff型脳幹脳炎の1例
岸本利一郎,佐藤和則,宮崎雄生,矢部一郎,緒方昭彦,菊地誠志,佐々木秀直,船越 徹
第22回日本神経治療学会総会 2004年00月 
Lamivudine療法とステロイド療法中にreversible posterior leukoencephalopathy syndromeを発症した1例
佐藤和則,岸本利一郎,矢部一郎,緒方昭彦,菊地誠志,佐々木秀直,東山 寛,佐野 洋,上垣慎二
第22回日本神経治療学会総会 2004年00月 
免疫グロブリン大量静注療法後に末梢性顔面神経麻痺をきたしたFisher症候群の1例
宮崎雄生,相馬広幸,田代 淳,辻 幸子,矢部一郎,緒方昭彦,菊地誠志,田代邦雄,佐々木秀直
第22回日本神経治療学会総会 2004年00月 
孤発性形質細胞腫摘出術により著明な改善を呈したCrow-Fukase症候群の1例
相馬広幸,矢口裕章,宮崎雄生,田代 淳,矢部一郎,佐々木秀直,相本康晴,熊野弘毅,小池隆夫,小谷善久
第22回日本神経治療学会総会 2004年00月 
Thalidomideによる形質細胞腫治療中に出現した末梢神経障害
深浦彦彰,矢部一郎,佐々木秀直
第22回日本神経治療学会総会 2004年00月 
北海道における多系統萎縮症家族歴の調査
相馬広幸,矢部一郎,武井麻子,藤木直人,佐々木秀直
第45回日本神経学会総会 2004年00月 
特発性炎症性脱髄疾患(IIDD)の三次元的概念理解:attack-related severityの重要性
深澤俊行,宮崎雄生,矢部一郎,深浦彦彰,佐々木秀直,宮岸隆司,菊地誠志,佐々木秀直
第45回日本神経学会総会 2004年00月 
脊髄小脳変性症14型(SCA14)における原因遺伝子の同定
矢部一郎,山下 功,辻 省次,田代邦雄,佐々木秀直
第45回日本神経学会総会 2004年00月 
脊髄小脳変性症の最近の進歩
矢部 一郎
日本神経学会北海道地区生涯教育講演会 2004年00月 
Clinical features of multiple system atrophy in Japan – MSA-C is the most common manifestation of MSA in Japan
2004年00月 
ステロイド反応性コンドロイチン硫酸欠損筋症の1例
矢部一郎,東 琢哉,丸尾泰則,田代邦雄
第21回日本神経治療学会総会 2003年00月 
日本人多発性硬化症におけるβ2 adorenergic receptor遺伝子多型解析
新野正明,宮岸隆司,菊地誠志,深澤俊行,矢部一郎,深浦彦彰,田代 淳,田代邦雄
第44回日本神経学会総会 2003年00月 
脊髄小脳変性症のtandospirone長期治療におけるdrug holiday効果
武井麻子,川島 淳,本間早苗,深澤俊行,濱田啓子,濱田 毅,矢部一郎,田代邦雄
第44回日本神経学会総会 2003年00月 
SCA6における頭位変換眼振
矢部一郎,佐々木秀直,武市紀人,武井麻子,濱田 毅,福島菊郎,田代邦雄
第44回日本神経学会総会 2003年00月 
劣性遺伝性脊髄小脳変性症の1家系
1. 相馬広幸,矢部一郎,丸尾泰則,佐々木秀直
厚生労働省精神・神経疾患研究委託費(15 指—3)「政策医療ネットワークを基盤にした神経疾患の総合的研究」厚生労働省特定疾病対策研究事業「運動失調に関する調査及び病態機序に関する研究班」夏の合同ワークショップ 2003年00月 
片頭痛発作を伴う優性遺伝性小脳皮質萎縮症の1家系
矢部一郎,相馬広幸,武井麻子,佐々木秀直
厚生労働省精神・神経疾患研究委託費(15 指—3)「政策医療ネットワークを基盤にした神経疾患の総合的研究」厚生労働省特定疾病対策研究事業「運動失調に関する調査及び病態機序に関する研究班」 夏の合同ワークショップ 2003年00月 
不随意運動を伴う遺伝性脊髄小脳変性症—SCA14について
矢部一郎,相馬広幸,佐々木秀直
厚生労働省精神・神経疾患研究委託費(15 指—3)「政策医療ネットワークを基盤にした神経疾患の総合的研究」厚生労働省特定疾病対策研究事業「運動失調に関する調査及び病態機序に関する研究班」 夏の合同ワークショップ 2003年00月 
Prevalence of SCA14 and spectrum of PKCγ mutations in a large panel of ataxia patients
2003年00月 
Spinocerebellar ataxia type 14 is caused by a mutation in Protein Kinase C Gamma
2003年00月 
ラット培養中脳ニューロンに対するプロテアソーム阻害剤の作用
辻 幸子,菊地誠志,新保和賢,矢部一郎,新野正明,田代邦雄
第43回日本神経学会総会 2002年00月 
SCA6における眼球,頭部運動を用いた視線運動の検討
武市紀人,福島菊郎,佐々木秀直,矢部一郎,田代邦雄,津布久 崇,福田 諭
第43回日本神経学会総会 2002年00月 
SCA6患者における空間速度認知と予測の検討
津布久 崇,福島菊郎,武市紀人,佐々木秀直,矢部一郎,田代邦雄,福田 諭
第43回日本神経学会総会 2002年00月 
ラット培養脊髄ニューロンにおけるNO神経毒性に対するPGE1の保護作用
菊地誠志,新保和賢,辻 幸子,矢部一郎,新野正明,田代邦雄
第43回日本神経学会総会 2002年00月 
ラット培養脊髄ニューロンに対するプロテアソーム阻害剤の作用
新保和賢,菊地誠志,辻 幸子,矢部一郎,新野正明,田代邦雄
第43回日本神経学会総会 2002年00月 
本邦MSにはDR15に相関しOCB陽性の群とDR4に相関しOCB陰性の二群がある
深澤俊行,菊地誠志,宮岸隆司,新野正明,矢部一郎,濱田 毅,田代邦雄
第43回日本神経学会総会 2002年00月 
SCA14における起因遺伝子の検索
矢部一郎,佐々木秀直,山下 功,高田明生,田代邦雄
第43回日本神経学会総会 2002年00月 
Positional Vertigo and Macroscopic Down-beating Positioning Nystagmus in Spinocerebellar Ataxia Type 6 (SCA6)
2002年00月 
長崎県島原地方における遺伝性小脳皮質萎縮症の臨床的検討.
貴田秀樹, 植木幸二, 石川和彦, 泉川欽一, 長郷国彦, 森 正孝, 佐々木秀直, 矢部一郎, 津留光芳, 庄司紘史
第42回日本神経学会 2001年00月 
本邦の家族性痙性対麻痺におけるspastinの遺伝子解析
矢部一郎,佐々木秀直,山下 功,松浦徹,佐藤友治,武上俊彦,田代邦雄
第42回日本神経学会総会 2001年00月 
Spinocerebellar ataxia type 14 (SCA14)遺伝子座の決定.
山下 功, 矢部一郎, 佐々木秀直, 田代邦雄, 田中 一, 辻 省次, 高田明生, 濱田 毅, 白石一也
日本人類遺伝学会第45回大会 2000年00月 
多発性硬化症(MS)患者におけるエストロゲン受容体(ERG)多型についての検討.
新野正明, 菊地誠志, 矢部一郎, 佐々木秀直, 田代邦雄, 深沢俊行
第41回日本神経学会総会 2000年00月 
SNPsを用いたSCA6の創始者効果の検討
矢部一郎,佐々木秀直,山下 功,田代邦雄,深澤俊行,鈴木義広,滝山嘉久,西澤正豊,法化図陽一,永松啓爾,貴田秀樹,織田辰郎,大西晃生,井ノ上逸朗,羽田明
第41回日本神経学会総会 2000年00月 
A Novel Locus for Dominant Ataxia Maps to Chromosome 19q13.4-qter.
2000年00月 
Spinocerebellar ataxia type 6 (SCA6)における滑動性眼球運動と前庭動眼反射抑制課題の視線運動異常.
武市紀人, 犬山征夫, 佐々木秀直, 矢部一郎, 田代邦雄, 福島菊郎
第58回平衡神経学会 1999年00月 
Spinocerebellar ataxia type 6 (SCA6)における病理学的眼球運動の解析.
武市紀人, 犬山征夫, 佐々木秀直, 矢部一郎, 福島菊郎
第100回日本耳鼻咽喉科学会総会 1999年00月 
SCA6におけるアセタゾラミドの治療効果の検討
矢部一郎,佐々木秀直,山下 功,田代邦雄,武井麻子,深澤俊行,濱田 毅
第40回日本神経学会総会 1999年00月 
SCA6におけるアセタゾラミドの治療効果の検討
矢部 一郎
第5回新潟神経内科シンポジウム 1999年00月 
Prevalence of expanded triplet-repeat in spinocerebellar ataxia patients in Hokkaido the northernmost island of Japan.
1999年00月 
A distinct form of dominantly inherited late-onset pure cerebellar ataxia associated with maternal anticipation and intermittent axial tremor.
1999年00月 
Founder effect, ancestral haplotype, and predisposing chromosome of spinocerebellar ataxia type 6 in the Japanese population
1999年00月 
Dissociation in the control of gaze tracking during smooth pursuit and VOR cancellation in spinocerebellar ataxia type 6.
1999年00月 
Dissociation in the control of smooth pursuit and VOR suppression in spinocerebellar ataxia type 6.
1999年00月 
H-MRS finding in patients with spinocerebellar ataxia.
1999年00月 
Spinocerebellar ataxia type 6(SCA6)の創始者効果--CACNL1A4 遺伝子内single nucleotide 多型の検討--
矢部一郎,佐々木秀直,山下 功,田代邦雄,脇坂明美
第43回日本人類遺伝学会総会 1998年00月 
北海道のSCA6家系における遺伝子解析と臨床像
矢部一郎,山下 功,松浦 徹,佐々木秀直,田代邦雄,高田明生,脇坂明美,濱田 毅
第39回日本神経学会総会 1998年00月 
SCA2 1家系の中枢神経内体細胞モザイクと病理所見.
松浦 徹, 佐々木秀直, 矢部一郎, 田代邦雄, 濱田幸治,濱田 毅, 設楽雅代
第39回日本神経学会総会 1998年00月 
北海道における遺伝性運動失調症の疾患構成.
山下 功, 矢部一郎, 松浦 徹, 佐々木秀直, 田代邦雄, 脇坂明美, 濱田 毅
第39回日本神経学会総会 1998年00月 
本邦のSCA6の遺伝子異常と連鎖不平衡解析
矢部一郎,松浦 徹,佐々木秀直,田代邦雄,高田明生,脇坂明美,深澤俊行,濱田 毅
第42回日本人類遺伝学会総会 1997年00月 
SCA2の臨床的多様性に関する検討.
佐々木秀直, 矢部一郎, 田代邦雄, 脇坂明美, 濱田 毅, 岩淵 潔, 三瓶一弘, 辻 省次
第38回日本神経学会総会 1997年00月 
小脳性運動失調,錐体路障害,外眼筋麻痺を呈する優性遺伝性運動失調症
矢部一郎,佐々木秀直,松浦 徹,田代邦雄,高田明生,脇坂明美,濱田 毅
第38回日本神経学会総会 1997年00月 
優性遺伝性小脳皮質変性症の遺伝子異常-SCA6 mutationについて-
1. 矢部一郎,松浦 徹,佐々木秀直,田代邦雄,高田明生,脇坂明美,濱田 毅
第3回日本生化学会春季シンポジウム「神経細胞の生と死」 1997年00月 
Incidence of Idiopathic intracranial Hypertension in Hokkaido,Japan
1997年00月 
Analysis of SCA6 Mutation in Late-onset pure cerebellar ataxia in the Japanese
1997年00月 
北海道における良性頭蓋内圧亢進症の疫学調査
矢部一郎,森若文雄,田代邦雄
第37回日本神経学会総会 1996年00月 
小脳炎と白質脳症を伴ったクリプトコッカス髄膜脳炎の1例
矢部一郎,安藤志穂里,大和田芳子,森若文雄,田代邦雄,濱田 毅
第13回日本神経治療学会総会 1995年00月 
脊髄空洞症の母子例
1. 矢部一郎,大和田芳子,安藤志穂里,須藤和昌,森若文雄,田代邦雄,岩崎喜信,阿部 弘
第36回日本神経学会総会 1995年00月 

特許

神経変性疾患の検出方法
佐々木秀直、矢部一郎
特願2012-003608
神経変性疾患の検出方法
佐々木秀直、矢部一郎
特願2011-034802
疾患関連マイクロRNAとその利用
佐々木秀直、矢部一郎、内海 潤
特願2011-290031
特許を全て表示する
特許閉じる
神経変性疾患の検出方法
佐々木秀直、矢部一郎
特願2012-003608
神経変性疾患の検出方法
佐々木秀直、矢部一郎
特願2011-034802
疾患関連マイクロRNAとその利用
佐々木秀直、矢部一郎、内海 潤
特願2011-290031

受賞

2013年06月
北海道大学医学部 平成24年度北海道大学医学部優秀教員賞 
受賞を全て表示する
受賞閉じる
2013年06月
北海道大学医学部 平成24年度北海道大学医学部優秀教員賞 

競争的資金等の研究課題

治験の実施に関する研究(サリドマイド)
:治験推進研究事業研究費(日本医師会治験促進センター)
研究期間 : 2010年 - 2014年 代表者 : 矢部 一郎
スモンに関する調査研究班
:厚生労働科学研究費補助金(難治性疾患克服研究事業)
研究期間 : 2011年 - 2013年
遺伝性脊髄小脳変性症における病態機序の解明と新規生化学的指標の同定
日本学術振興会:科学研究補助金 基盤C
研究期間 : 2009年 - 2011年 代表者 : 矢部 一郎
スモンに関する調査研究班
:厚生労働科学研究費補助金(難治性疾患克服研究事業)
研究期間 : 2008年 - 2010年
スモンに関する調査研究班
:厚生労働科学研究費補助金(難治性疾患克服研究事業)
研究期間 : 2005年 - 2007年
ミトコンドリア病におけるヒトmtDNAの相同組み替えおよびmtDNA修復遺伝子の解析
寿原記念研究財団:平成23年度第26回寿原記念研究財団研究助成金
代表者 : 矢部 一郎
脊髄小脳変性症の病態機序
上原記念生命科学財団:平成19年度上原記念生命科学財団 研究助成金
代表者 : 矢部 一郎
新しい小脳性運動失調の評価スケール
伊藤医薬学術交流財団:平成19年度伊藤医薬学術交流財団 海外留学研究等の助成金
代表者 : 矢部 一郎
脊髄小脳変性症の発症における情報伝達系の関与
かなえ医薬振興財団:第35回かなえ医薬振興財団研究助成金
代表者 : 矢部 一郎
脊髄小脳変性症の発症における情報伝達系の関与
ノーステック財団:平成17年度「研究開発助成事業」基盤的研究開発育成事業(若手研究補助金)
代表者 : 矢部 一郎
競争的資金等の研究課題を全て表示する
競争的資金等の研究課題閉じる
治験の実施に関する研究(サリドマイド)
:治験推進研究事業研究費(日本医師会治験促進センター)
研究期間 : 2010年 - 2014年 代表者 : 矢部 一郎
スモンに関する調査研究班
:厚生労働科学研究費補助金(難治性疾患克服研究事業)
研究期間 : 2011年 - 2013年
遺伝性脊髄小脳変性症における病態機序の解明と新規生化学的指標の同定
日本学術振興会:科学研究補助金 基盤C
研究期間 : 2009年 - 2011年 代表者 : 矢部 一郎
スモンに関する調査研究班
:厚生労働科学研究費補助金(難治性疾患克服研究事業)
研究期間 : 2008年 - 2010年
スモンに関する調査研究班
:厚生労働科学研究費補助金(難治性疾患克服研究事業)
研究期間 : 2005年 - 2007年
ミトコンドリア病におけるヒトmtDNAの相同組み替えおよびmtDNA修復遺伝子の解析
寿原記念研究財団:平成23年度第26回寿原記念研究財団研究助成金
代表者 : 矢部 一郎
脊髄小脳変性症の病態機序
上原記念生命科学財団:平成19年度上原記念生命科学財団 研究助成金
代表者 : 矢部 一郎
新しい小脳性運動失調の評価スケール
伊藤医薬学術交流財団:平成19年度伊藤医薬学術交流財団 海外留学研究等の助成金
代表者 : 矢部 一郎
脊髄小脳変性症の発症における情報伝達系の関与
かなえ医薬振興財団:第35回かなえ医薬振興財団研究助成金
代表者 : 矢部 一郎
脊髄小脳変性症の発症における情報伝達系の関与
ノーステック財団:平成17年度「研究開発助成事業」基盤的研究開発育成事業(若手研究補助金)
代表者 : 矢部 一郎
Clinical features of multiple system atrophy in Japan – MSA-C is the most common manifestation in Japan
日本学術振興会:2. 平成16年度国際学会等派遣事業
代表者 : 矢部 一郎
遺伝性脊髄小脳変性症におけるprotein kinase C機能の解明
秋山記念生命科学振興財団:1. 平成16年度秋山記念生命科学研究助成
代表者 : 矢部 一郎
遺伝性脊髄小脳変性症におけるprotein kinase C機能の解明
日本学術振興会:平成16年度科学研究補助金 若手B
代表者 : 矢部 一郎
遺伝性脊髄小脳変性症におけるprotein kinase C機能の解明
北海道大学医学部同窓会:第1回フラテ奨励賞
代表者 : 矢部 一郎
脊髄小脳変性症14型の原因遺伝子の同定
American Neurological Association:第128回米国神経学会Travel Fellowship Award
代表者 : 矢部 一郎
脊髄小脳変性症6型の分子遺伝学的研究
高桑栄松奨学基金選考委員会:第20回高桑栄松奨学基金奨励賞
代表者 : 矢部 一郎

教育活動

主要な担当授業

医学総論
開講年度 : 2015年
課程区分 : 博士後期課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : 神経変性疾患、免疫性神経疾患、分子生物学、免疫組織化学Neurodegenerative Disorder, Neuroimmunological Disorder, Molecular Biology, Immunohistochemistry
基本医学研究Ⅰ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : 臨床神経学、神経科学Clinicalneurology, Neuroscience
基本医学研究Ⅱ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : 臨床神経学、神経科学Clinicalneurology, Neuroscience
基本医学総論
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : 神経変性疾患、免疫性神経疾患、分子生物学、免疫組織化学Neurodegenerative Disorder, Neuroimmunological Disorder, Molecular Biology, Immunohistochemistry
基盤医学研究Ⅰ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 博士後期課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : 臨床神経学、神経科学、神経変性疾患、免疫性神経疾患Clinical Neurology, Neuroscience, Neurodegenerative Disorder, Neuroimmunological Disorder
基盤医学研究Ⅱ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 博士後期課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : 臨床神経学、神経科学、神経変性疾患、免疫性神経疾患Clinical Neurology, Neuroscience, Neurodegenerative Disorder, Neuroimmunological Disorder
専門医学研究Ⅰ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : 臨床神経学、神経科学Clinicalneurology, Neuroscience
専門医学研究Ⅱ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : 臨床神経学、神経科学Clinical Neurology, Neuroscience
研究発表技法Ⅰ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 医学研究科
研究発表技法Ⅰ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 博士後期課程
開講学部 : 医学研究科
最新年度を全て表示する
主要な担当授業閉じる
医学総論
開講年度 : 2015年
課程区分 : 博士後期課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : 神経変性疾患、免疫性神経疾患、分子生物学、免疫組織化学Neurodegenerative Disorder, Neuroimmunological Disorder, Molecular Biology, Immunohistochemistry
基本医学研究Ⅰ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : 臨床神経学、神経科学Clinicalneurology, Neuroscience
基本医学研究Ⅱ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : 臨床神経学、神経科学Clinicalneurology, Neuroscience
基本医学総論
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : 神経変性疾患、免疫性神経疾患、分子生物学、免疫組織化学Neurodegenerative Disorder, Neuroimmunological Disorder, Molecular Biology, Immunohistochemistry
基盤医学研究Ⅰ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 博士後期課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : 臨床神経学、神経科学、神経変性疾患、免疫性神経疾患Clinical Neurology, Neuroscience, Neurodegenerative Disorder, Neuroimmunological Disorder
基盤医学研究Ⅱ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 博士後期課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : 臨床神経学、神経科学、神経変性疾患、免疫性神経疾患Clinical Neurology, Neuroscience, Neurodegenerative Disorder, Neuroimmunological Disorder
専門医学研究Ⅰ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : 臨床神経学、神経科学Clinicalneurology, Neuroscience
専門医学研究Ⅱ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : 臨床神経学、神経科学Clinical Neurology, Neuroscience
研究発表技法Ⅰ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 医学研究科
研究発表技法Ⅰ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 博士後期課程
開講学部 : 医学研究科
研究発表技法Ⅱ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 医学研究科
研究発表技法Ⅱ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 博士後期課程
開講学部 : 医学研究科
神経障害学Ⅱ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 学士課程
開講学部 : 医学部
キーワード : 脳神経障害、運動障害、感覚障害、協調運動障害、錐体外路系障害、構音障害
神経障害学Ⅲ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 学士課程
開講学部 : 医学部
キーワード : 脳血管障害、外傷、脳外科的治療、内科疾患等による神経症状、排尿障害、頭痛、てんかん、認知症性疾患、神経所見
臨床医学研究Ⅰ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 博士後期課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : 臨床神経学、神経科学、神経変性疾患、免疫性神経疾患Clinical Neurology, Neuroscience, Neurodegenerative Disorder, Neuroimmunological Disorder
臨床医学研究Ⅱ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 博士後期課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : 臨床神経学、神経科学、神経変性疾患、免疫性神経疾患Clinical Neurology, Neuroscience, Neurodegenerative Disorder, Neuroimmunological Disorder
前年度を全て表示する
主要な担当授業閉じる
医学総論
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 博士後期課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : 神経変性疾患、免疫性神経疾患、分子生物学、免疫組織化学Neurodegenerative Disorder, Neuroimmunological Disorder, Molecular Biology, Immunohistochemistry
医学総論
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 博士後期課程
科目学部名 : 医学研究科
基本医学研究Ⅰ
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : 臨床神経学、神経科学Clinicalneurology, Neuroscience
基本医学研究Ⅰ
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 医学研究科
基本医学研究Ⅱ
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : 臨床神経学、神経科学Clinicalneurology, Neuroscience
基本医学総論
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : 神経変性疾患、免疫性神経疾患、分子生物学、免疫組織化学Neurodegenerative Disorder, Neuroimmunological Disorder, Molecular Biology, Immunohistochemistry
基盤医学研究Ⅰ
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 博士後期課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : 臨床神経学、神経科学、神経変性疾患、免疫性神経疾患Clinical Neurology, Neuroscience, Neurodegenerative Disorder, Neuroimmunological Disorder
基盤医学研究Ⅰ
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 博士後期課程
科目学部名 : 医学研究科
基盤医学研究Ⅱ
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 博士後期課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : 臨床神経学、神経科学、神経変性疾患、免疫性神経疾患Clinical Neurology, Neuroscience, Neurodegenerative Disorder, Neuroimmunological Disorder
専門医学研究Ⅰ
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : 臨床神経学、神経科学Clinicalneurology, Neuroscience
専門医学研究Ⅱ
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : 臨床神経学、神経科学Clinical Neurology, Neuroscience
研究発表技法Ⅰ
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 医学研究科
研究発表技法Ⅰ
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 博士後期課程
科目学部名 : 医学研究科
研究発表技法Ⅱ
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 医学研究科
研究発表技法Ⅱ
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 博士後期課程
科目学部名 : 医学研究科
神経障害学Ⅱ
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 学士課程
科目学部名 : 医学部
キーワード : 脳神経障害、運動障害、感覚障害、協調運動障害、錐体外路系障害、構音障害
神経障害学Ⅲ
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 学士課程
科目学部名 : 医学部
キーワード : 脳血管障害、外傷、脳外科的治療、内科疾患等による神経症状、排尿障害、頭痛、てんかん、認知症性疾患、神経所見
臨床医学研究Ⅰ
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 博士後期課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : 臨床神経学、神経科学、神経変性疾患、免疫性神経疾患Clinical Neurology, Neuroscience, Neurodegenerative Disorder, Neuroimmunological Disorder
臨床医学研究Ⅰ
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 博士後期課程
科目学部名 : 医学研究科
臨床医学研究Ⅱ
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 博士後期課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : 臨床神経学、神経科学、神経変性疾患、免疫性神経疾患Clinical Neurology, Neuroscience, Neurodegenerative Disorder, Neuroimmunological Disorder
前々年度を全て表示する
主要な担当授業閉じる
医学総論
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 博士後期課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : 神経変性疾患、免疫性神経疾患、分子生物学、免疫組織化学
基本医学研究Ⅰ
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : 臨床神経学、神経科学
基本医学研究Ⅱ
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : 臨床神経学、神経科学
基本医学総論
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : 神経変性疾患、免疫性神経疾患、分子生物学、免疫組織化学
基盤医学研究Ⅰ
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 博士後期課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : 臨床神経学、神経科学、神経変性疾患、免疫性神経疾患
基盤医学研究Ⅱ
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 博士後期課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : 臨床神経学、神経科学、神経変性疾患、免疫性神経疾患
専門医学研究Ⅰ
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : 臨床神経学、神経科学
専門医学研究Ⅱ
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : 臨床神経学、神経科学
研究発表技法Ⅰ
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 医学研究科
研究発表技法Ⅰ
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 博士後期課程
科目学部名 : 医学研究科
研究発表技法Ⅱ
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 医学研究科
研究発表技法Ⅱ
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 博士後期課程
科目学部名 : 医学研究科
神経障害学Ⅱ
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 学士課程
科目学部名 : 医学部
キーワード : 脳神経障害、運動障害、感覚障害、協調運動障害、錐体外路系障害、構音障害
神経障害学Ⅲ
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 学士課程
科目学部名 : 医学部
キーワード : 脳血管障害、外傷、脳外科的治療、内科疾患等による神経症状、排尿障害、頭痛、てんかん、認知症性疾患、神経所見
臨床医学研究Ⅰ
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 博士後期課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : 臨床神経学、神経科学、神経変性疾患、免疫性神経疾患
臨床医学研究Ⅱ
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 博士後期課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : 臨床神経学、神経科学、神経変性疾患、免疫性神経疾患

社会貢献

社会貢献

認知症について
期間 : 2013年10月04日
役割 : 講師
種別 : 講演会
イベント・番組・新聞雑誌名 : 第1回小樽地区認知症講演会
頭痛と認知症〜ありふれた神経症状にどう対応するか
期間 : 2013年09月06日
役割 : 講師
イベント・番組・新聞雑誌名 : 第11回プリミティブケア研究会
パーキンソン病について
期間 : 2012年10月13日
役割 : 講師
種別 : 講演会
イベント・番組・新聞雑誌名 : 宗谷地域リハビリテーション広域支援センター第7回講演会
球脊髄性筋萎縮症の概要と最近の進歩について
期間 : 2012年02月12日
役割 : 講師
イベント・番組・新聞雑誌名 : 2011年度第4回札幌市難病医療相談会
筋萎縮性側索硬化症〜療養体制構築における倫理的諸問題
期間 : 2010年12月03日
役割 : 講師
種別 : その他
主催者・発行元 : 苫小牧市立病院
イベント・番組・新聞雑誌名 : 第1回苫小牧市立病院臨床倫理研修会
神経難病の基礎知識
期間 : 2010年07月10日
役割 : 講師
種別 : 講演会
イベント・番組・新聞雑誌名 : 神経難病学習会
運動失調の新しい評価スケールSARAについて
期間 : 2009年02月27日
役割 : 講師
種別 : 講演会
イベント・番組・新聞雑誌名 : 北海道神経内科学術講演会
脊髄小脳変性症〜疾患理解のための基礎知識と最近の進歩
期間 : 2007年09月16日
役割 : 講師
種別 : 講演会
イベント・番組・新聞雑誌名 : 難病連北見支部 医療講演会
パーキンソン病の診断と治療
期間 : 2007年09月08日
役割 : 講師
種別 : 講演会
イベント・番組・新聞雑誌名 : 宗谷地域リハビリテーション広域支援センター第2回講演会
パーキンソン病の診断と治療〜市立稚内病院神経内科外来の現状紹介を兼ねて〜
期間 : 2007年08月29日
役割 : 講師
種別 : 講演会
イベント・番組・新聞雑誌名 : 学術講演会
社会貢献を全て表示する
社会貢献閉じる
認知症について
期間 : 2013年10月04日
役割 : 講師
種別 : 講演会
イベント・番組・新聞雑誌名 : 第1回小樽地区認知症講演会
頭痛と認知症〜ありふれた神経症状にどう対応するか
期間 : 2013年09月06日
役割 : 講師
イベント・番組・新聞雑誌名 : 第11回プリミティブケア研究会
パーキンソン病について
期間 : 2012年10月13日
役割 : 講師
種別 : 講演会
イベント・番組・新聞雑誌名 : 宗谷地域リハビリテーション広域支援センター第7回講演会
球脊髄性筋萎縮症の概要と最近の進歩について
期間 : 2012年02月12日
役割 : 講師
イベント・番組・新聞雑誌名 : 2011年度第4回札幌市難病医療相談会
筋萎縮性側索硬化症〜療養体制構築における倫理的諸問題
期間 : 2010年12月03日
役割 : 講師
種別 : その他
主催者・発行元 : 苫小牧市立病院
イベント・番組・新聞雑誌名 : 第1回苫小牧市立病院臨床倫理研修会
神経難病の基礎知識
期間 : 2010年07月10日
役割 : 講師
種別 : 講演会
イベント・番組・新聞雑誌名 : 神経難病学習会
運動失調の新しい評価スケールSARAについて
期間 : 2009年02月27日
役割 : 講師
種別 : 講演会
イベント・番組・新聞雑誌名 : 北海道神経内科学術講演会
脊髄小脳変性症〜疾患理解のための基礎知識と最近の進歩
期間 : 2007年09月16日
役割 : 講師
種別 : 講演会
イベント・番組・新聞雑誌名 : 難病連北見支部 医療講演会
パーキンソン病の診断と治療
期間 : 2007年09月08日
役割 : 講師
種別 : 講演会
イベント・番組・新聞雑誌名 : 宗谷地域リハビリテーション広域支援センター第2回講演会
パーキンソン病の診断と治療〜市立稚内病院神経内科外来の現状紹介を兼ねて〜
期間 : 2007年08月29日
役割 : 講師
種別 : 講演会
イベント・番組・新聞雑誌名 : 学術講演会
神経内科診療の実際
期間 : 2006年11月30日
役割 : 講師
イベント・番組・新聞雑誌名 : 第80回一内オッフェン会
難病療養支援について
期間 : 2006年06月23日
役割 : 講師
イベント・番組・新聞雑誌名 : 北海道 在宅療養支援計画策定・評価事業
脊髄小脳変性症〜疾患理解のための基礎知識と最近の進歩
期間 : 2005年10月29日
役割 : 講師
種別 : その他
イベント・番組・新聞雑誌名 : 2005年度北海道スモン記念神経内科患者対策基金 第18回難病研究報告と在宅医療,ケアを考える会
脊髄小脳変性症の治療と付き合い方について〜病気を知って上手につきあうために
期間 : 2005年09月22日
役割 : 講師
脊髄小脳変性症
期間 : 2004年11月06日
役割 : 講師
種別 : 対話型集会・市民会議
イベント・番組・新聞雑誌名 : 2004年度第4回札幌市難病医療相談会
神経難病について
期間 : 2004年09月10日
役割 : 講師
種別 : 対話型集会・市民会議
イベント・番組・新聞雑誌名 : 宗谷地区神経難病医療相談会
脊髄小脳変性症
期間 : 2004年09月02日
役割 : 講師
種別 : セミナー・ワークショップ
イベント・番組・新聞雑誌名 : 第17回 道南神経内科セミナー
ALSについて
期間 : 2003年08月28日
役割 : 講師
種別 : その他
主催者・発行元 : 勤医協宗谷医院
イベント・番組・新聞雑誌名 : 勤医協宗谷医院看護研修会
パーキンソン病について
期間 : 2003年05月22日
役割 : 講師
種別 : その他
主催者・発行元 : 市立稚内病院
イベント・番組・新聞雑誌名 : 市立稚内病院研修会
脊髄小脳変性症—その臨床像と最近の知見
期間 : 2003年04月20日
役割 : 講師
主催者・発行元 : 北海道脊髄小脳変性症友の会主催
脊髄小脳変性症について
期間 : 2000年07月22日
役割 : 講師
種別 : 講演会
主催者・発行元 : 北海道難病連北見支部主催

ページトップへ