研究者データベース

川端 康弘(カワバタ ヤスヒロ)
文学研究院 人間科学部門 心理学分野
教授

基本情報

所属

  • 文学研究院 人間科学部門 心理学分野

職名

  • 教授

学位

  • 博士(行動科学)(北海道大学)

ホームページURL

J-Global ID

研究キーワード

  • 色覚   感性評価   熟達化   可塑性   学習   適応   感覚   認知   感情   知覚   記憶   知識   順応   

研究分野

  • 情報通信 / 感性情報学
  • 人文・社会 / 認知科学
  • 人文・社会 / 実験心理学

職歴

  • 2010年04月 - 現在 北海道大学 大学院文学研究科・文学部 教授
  • 2004年11月 - 現在 北海道大学 脳科学研究教育センター 基幹教員
  • 1999年04月 - 2010年03月 北海道大学 大学院文学研究科・文学部 准教授(助教授)
  • 1996年04月 - 1999年03月 立命館大学 文学部 助教授
  • 1993年11月 - 1996年03月 北海道大学 文学部 助手
  • 1991年04月 - 1993年03月 日本学術振興会 研究員

学歴

  •         - 1993年   北海道大学   文学研究科   行動科学専攻博士後期課程
  •         - 1988年   北海道大学   文学研究科   行動科学専攻修士課程

所属学協会

  • 北海道心理学会   国際心理物理学会   日本認知心理学会   日本認知科学会   日本照明学会   日本視覚学会   日本基礎心理学会   国際色彩学会   日本色彩学会   日本心理学会   

研究活動情報

論文

  • Akira Toyomura, Tetsunoshin Fujii, Kazuyo Nakabayashi, David R. R. Smith, Jun Toyama, Yasuhiro Kawabata
    Acoustical Science and Technology 41 6 841 - 844 2020年11月01日 [査読有り][通常論文]
     
    This study has shown that speakers assume that they are vocalizing to a listener at or close to the speakers’ own preference level, but in reality speakers are vocalizing at a level higher than what the speakers assume they are. If one’s own voice could be assumed to be part of the ‘body image’, our findings would suggest that self-model of own voice (the ‘voice sound’) speakers have is not necessarily accurate in terms of volume. However, this voice sound is perceptually accurate in that it accounts for the natural physics of sound propagation upon the voice image. This suggests that the voice sound, as part of the body image and as an extended part or object (‘embodiment’) of that body image, is tied to the perception of the receiver as well as the transmitter. The discrepancy found in this study may reduce if participants make a longer speech including messages. This speculation requires additional study.
  • 川端 美穂, 川端 康弘, 佐々木 三公子, 高橋 文代, 笠井 有利子
    日本色彩学会誌 44 4 163 - 174 2020年08月 [査読有り][通常論文]
     
    The total error score (TES) of time-limited 100 hue test is used. The experiment is conducted by dividing 280 university students aged 18 to 22 into two groups of 120 seconds and 90 seconds. In normal color vision, there is a greater individual difference in the 90 second condition than in the 120 second condition. Our results found a wide range of abilities in participants, from those with very good color discrimination (TES = 0) to those with performance close to the ability of anomalous trichromat (TES = 184). The 90-second condition shows a more typical normal distribution, and the 120 second condition shows a floor effect at TES = 0. Our results showed that those involved in artistic club activities or lessons for more than 3 years are below the average TES. Individual differences in color discrimination seem to be influenced by experience and learning about colors in everyday life. In this article, we discuss that the neural plasticity of high-level vision might mediate these performances. Keywords: color discrimination, 100 hue test, speed-accuracy tradeoff, normal color vision, individual differences, artistic club activities, experience
  • Fumiyo Takahashi, Yasuhiro Kawabata
    Color Research and Application 43 2 247 - 257 2018年04月01日 [査読有り][通常論文]
     
    Color sensations are tied not only to other sensations, but also emotions. There have been many studies on this. One study regarding architectural color showed that colors were associated with mental status for example, red relates to arousal, excitation, and stimulus. The purpose of the present study is to investigate how colors are evoked by emotions. The emotions were described both by emotional words and by schematic faces. Since facial expressions are accompanied by facial color, facial expressions should relate more closely to facial color than emotional words. Therefore, we used numerous color samples for our experiments to show discrimination sensitivity to stimuli in subtle differences of color. Some associations between colors and emotions were found, and the tendencies of associations were different among emotions. Anger, joy, surprise, sadness, and no emotion were connected to particular colors. The distribution of color responses in sadness was spread among bluish colors. The emotional tendencies, among anger, joy, surprise, and sadness, were similar in the two conditions of our experiment. However, in the schematic face condition, the color responses for all emotions were increased in the skin-colored samples. Thus, the context of the face elicited the color responses.
  • 佐々木三公子, 川端康弘
    日本色彩学会誌 42 1 27 - 36 2018年02月 [査読有り][通常論文]
     
    This paper presents the results of a study on changes in memory for object color. In ex1, we presented object images painted with the color near the boundary between the two categories to participants. Objects in 2 conditions have a typical color known in general, and objects in another condition have low color typicality. The result found that color memory may change in the direction towards the typical color of each object with high color typicality when two object images of the same color are presented. On the other hand, no significant differences found for objects with atypical colors. In ex2, the participants were required to classify a set of color patches into several color categories. The patches were composed of the same colors used in ex1. When the color categories classified by the patch were different from the typical colors of the objects, color memory changed more in the direction of the typical color than that of the focal color of the category. These results suggest that knowledge about typical colors of objects may affect color recognition and memory. Keywords: color recognition, typical color, categorical color perception
  • Does face color facilitate to judge the facial expression?
    Takahashi, F, Kawabata, Y
    Fechner Day 2017 (edited by K. Ueda et al., proceedings of the Annual Meeting of the International Society for Psychophysics) 33 193 - 198 2017年10月 [査読有り][通常論文]
  • 金聖愛, 川端康弘
    日本色彩学会誌 41 4 143‐153  2017年07月 [査読有り][通常論文]
     
    This study investigated the relation between two-color combination preferences and left-right color position within the combinations. It also measured the reaction time for its examination and eye movement among students aged between 20 and 30 years. In this study, we found that in the opposite color combination, light tone was more preferred than vivid, dark tones; moreover, the ratings for blue-yellow pairs were higher than red-green in the same tone of component colors. Regarding the left-right position within color pairs, warm-to-cool pairs were significantly preferred over cool-to-warm even though same colors were used in both. We found that in this case, people pay more attention to the right components than the left in spite of the distance between the components of these color-pairs. Moreover, the reaction time became shorter as the color preference increased. Keywords: Preference, Color combinations, Warm color, Cool color, Reaction time, Eye tracking
  • 松本久美子, 川等恒治, 今井良, 斎藤直人, 佐々木三公子, 川端康弘
    木材学会誌 62 3 67 - 72 2016年05月 [査読有り][通常論文]
     
    針葉樹内装材の見た目の好ましさについて,節の面積率ならびに使用場所の及ぼす影響を検討した。節の面積率は,0,0.46,0.86,1.32%の4水準とした。使用場所については,前報で検討した住宅の居間に加えて,飲食店,ホテル,ホール,学校を設定した。前報で住宅は,面積率0~0.86%までは,その増加とともに好ましさは緩やかに低減し,1.32%になると大きく低下する傾向を示した。飲食店,ホテル,ホールでは,0~0.86%までは住宅と同様に低下したが,1.32%では住宅よりも評価回答の平均値は高かった。学校は,これらの場所とは異なり,節の面積率が増加しても回答の平均値はほぼ横ばいを示し,明確な傾向は見られなかった。分散分析より,節の面積率と使用場所の交互作用にp=0.001で有意差が見られたことから,針葉樹内装材の好ましさには,節の面積率とともに,使用場所が影響を及ぼすことが示唆された。
  • 松本久美子, 川等恒治, 斎藤直人, 佐々木三公子, 川端康弘
    木材学会誌 62 2 42 - 48 2016年03月 [査読有り][通常論文]
     
    節の量が内装材の見た目の好ましさに及ぼす影響について,トドマツ腰壁材を用いて心理評価を実施した。評価には,人の選択や評価は,対象物のみではなく,対象物が用いられる状況や場所にも強く依存するという,認知心理学の知見を取り入れた。本研究では,節の面積率を因子とし,0~1.32%の範囲で4水準に設定した。また,腰壁材が使われる状況を明確にするため,住宅の居間を評価のシーンとして設定し,タイプの違う4種類の居間の画像を用いた。節の面積率については,その増加とともに好ましさは低減したが,面積率0.86%のまでは半数を超える被験者が,「好き」「やや好き」という肯定的な評価をした。分散分析の結果から,節の面積率には有意差が確認されたが,居間の違いについては,主効果,交互作用とも有意差は見られなかった。結果より,被験者は個々の居間の印象よりも,居間という状況に沿った評価を優先させることが推察された。
  • Influence of the typical color in object memory task.
    Sasaki M, Kawabata Y
    Proceedings of the Midterm Meeting of the International Colour Association. 750 - 754 2015年05月 [査読有り][通常論文]
  • 佐々木三公子, 川端康弘, 川端美穂
    日本画像学会誌 53 5 448 - 452 2014年09月 [査読有り][招待有り]
     
    公共空間に設置されているサインの「見やすさ」の要因については,以前から図と地の分離,配色間の輝度差など視認性の評価を中心に検討されてきたが,公共空間というシーンの中では,「見つけやすい」だけではなく,「読みやすい」,「分かりやすい」といった要素についても調査する必要がある.またシーンや物体の認知には,知覚的な側面以外にも,特定の色との連想度の強さといった既知の情報からのトップダウン処理も影響を与えている.ここでは人間の認知機能や視覚特性にも焦点を当て,公共サインのデジタル化に伴う新たな「見やすさ」の観点を検討した.
  • 健常な色覚における色識別力の個人差と熟練の過程
    川端康弘, 川端美穂
    立命館文学 635 52 - 63 2014年03月 [査読無し][招待有り]
  • 感情語と図式顔の表情における色と感情の関連
    高橋文代, 川端康弘
    開発技報 15 9 - 15 2013年10月 [査読無し][通常論文]
  • 感情語から連想される色と表情色の関係
    高橋文代, 川端康弘
    Technical Report, (Department of Psychology, Hokkaido Uiversity) 71 1 - 16 2013年02月 [査読無し][通常論文]
  • 幼児における色再認と物体の典型色に関する知識の影響
    川端美穂, 佐々木三公子, 川端康弘
    Technical Report, (Department of Psychology, Hokkaido Uiversity) 70 1 - 18 2012年08月 [査読無し][通常論文]
  • Midori Shibata, Akira Toyomura, Hiroki Motoyama, Hiroaki Itoh, Yasuhiro Kawabata, Jun-ichi Abe
    BRAIN AND LANGUAGE 121 3 254 - 260 2012年06月 [査読有り][通常論文]
     
    Since Aristotle, people have believed that metaphors and similes express the same type of figurative meaning, despite the fact that they are expressed with different sentence patterns. In contrast, recent psycholinguistic models have suggested that metaphors and similes may promote different comprehension processes. In this study, we investigated the neural substrates involved in the comprehension of metaphor and simile using functional magnetic resonance imaging (fMRI) to evaluate whether simile comprehension differs from metaphor comprehension or not. In the metaphor and simile sentence conditions, higher activation was seen in the left inferior frontal gyrus. This result suggests that the activation in both metaphor and simile conditions indicates similar patterns in the left frontal region. The results also suggest that similes elicit higher levels of activation in the medial frontal region which might be related to inference processes, whereas metaphors elicit more right-sided prefrontal activation which might be related to figurative language comprehension. (C) 2012 Elsevier Inc. All rights reserved.
  • Haruyuki Kojima, Yasuhiro Kawabata
    VISION RESEARCH 53 1 21 - 29 2012年01月 [査読有り][通常論文]
     
    Luminance and color information are considered to be processed in parallel systems. The integration of information from these two separate systems is crucial for the visual system to produce a coherent percept. To investigate how luminance and color lights are perceived in time, we measured the perceived duration of light stimuli with and without colors in a paradigm involving simultaneous perception with presentation of two successive stimulus frames. Luminance contrast and color contrast of the stimuli were set with a chromatic substitution technique. In Experiment 1, the perceived duration of both chromatic stimuli and achromatic stimuli increased as the luminance contrast decreased. Experiment 2 tested if the duration of the percept was influenced by color contrast which was defined by colorimetric purity of the stimuli, when luminance contrast was set as low as practically possible. The result showed that the duration of the percept decreased with increasing color contrast of the stimuli. Moreover, Experiment 3 demonstrated that the trend of perceived duration was consistent with the four primary colors, provided that the effective color contrast of stimulus was corrected based on the contrast sensitivity to the color. These experiments indicate that, with a high luminance contrast level, perceived duration of a stimulus is predominantly defined by luminance contrast, whereas in low luminance contrast conditions, the duration depends on the color contrast. The perceived duration of color stimuli showed an "inverse color contrast effect", similar to the well-known "inverse intensity effect" for luminance stimuli. The similarities and the differences between the two systems, as well as their priorities in processing temporal information of visual stimuli are further discussed. (C) 2011 Elsevier Ltd. All rights reserved.
  • Takahashi F, Kawabata Y
    Proceedings of the 34th Annual Meeting of the Cognitive Science Society, CogSci 2012, Sapporo, Japan, August 1-4, 2012 cognitivesciencesociety.org 2012年 [査読有り][通常論文]
  • 川端康弘, 川端美穂, 笠井有利子
    日本画像学会誌 50 6 522 - 528 一般社団法人 日本画像学会 2011年09月 [査読有り][招待有り]
     
    シーンの再認,シーンのgist (本質的情報),物体やシーンの変化発見や変化見落としといった高次視覚で扱われる現象の認知モデルにおいては,伝統的に無彩色の輝度情報の役割が強調され,色情報の貢献はあまり考慮されてこなかった.しかし最近,行動学的研究,ニューロイメージング研究,心理学的研究といった認知科学の諸分野で,対象物の表面色やシーン全体の配色が,認知に影響を及ぼすことが示されている.この論文では,どのような条件下で色が高次視覚の働きに影響するかを扱った研究を紹介して,この働きを媒介するであろう神経基盤についても言及する.また色の知覚や再認において見られる個人差は,高次視覚の可塑性の高さに起因するのかもしれない.色と認知の関係性は,高次視覚のモデルの中でもう少し焦点をあてて扱うべきだろう.
  • 笠井有利子, 川端康弘
    心理学研究 81 6 610 - 618 公益社団法人 日本心理学会 2011年 [査読有り][通常論文]
     
    Visual scenes in daily life involve much variable information. This study examined how three types of variable information (viewing field, brightness, and chromaticity of flood-light illumination) would be retained in memory by varying the level of the information. In Experiment 1, discrimination performance between the test scene and its variation was measured using the constant stimuli method. The results showed worse performance with longer retention time, with no difference related to the type of variation. In Experiment 2, the stimulus variations were made four times greater. In a recognition memory task, participants discriminated between the test scene, its variation, and a new distracter. The results showed that discrimination between the test scene and its variation was worse, but the distracters were easily discriminated. Variations in the viewing field had the most detrimental effect on discrimination performance. These results suggest that the retention of variable information is affected by the frequency of daily experience.
  • シーン内の物体色の記憶と知覚的誘目性の関連
    笠井有利子, 川端康弘
    Technical Report, (Department of Psychology, Hokkaido Uiversity) 65 1 - 22 2011年 [査読無し][通常論文]
  • 笠井有利子, 川端康弘
    電子情報通信学会技術研究報告. HIP, ヒューマン情報処理 109 83 111 - 116 一般社団法人電子情報通信学会 2009年06月 [査読無し][通常論文]
  • Association between facial colors and emotions by means of words and face icons.
    Takahashi, F, Kawabata, Y
    Proceedings of the Annual Meeting of the International Society for Psychophysics (Fechner Day 2009) 25 471 - 476 2009年 [査読有り][通常論文]
  • Akira Toyomura, Tetsunoshin Fujii, Yasuhiro Kawabata
    Acoustical Science and Technology 30 6 439 - 441 2009年 [査読有り][通常論文]
     
    A study was conducted to estimate the subjectively perceived level of an individual's own vocalization as a sound pressure level, using an artificial ear. The participants in the study were required to vocalize toward some distances to assume a typical communication scene. Ten normal speaking adults aged between 23-46 years participated in the study to conduct the required investigations. All participants reported having normal hearing without any record of neurological injury or disease or vocal pathology. Each participant was tested while seated on a chair in a soundproof room and each of their voice was recorded through a microphone. voice was recorded through a microphone a sound-level meter with a microphone-to-mouth distance of 40 cm, set in front of the participant 40 degrees to the left. Each participant was first instructed to say 'ohayo' three times in a normal manner after practice and the sound pressure level was measured for each vocalization.
  • The effects of presentation size and chromatic contrasts to natural scene memory.
    Fujii T, Kawabata Y
    Proceedings of the 6th lnternational Conference of Cognitive Science 23 658 - 661 2008年06月 [査読有り][通常論文]
  • The effects of diagnostic color in natural scene recognition
    Fujii, T, Kawabata, Y
    Proceedings of the Annual Meeting of the International Society for Psychophysics (Fechner Day 2007) 23 257 - 260 2007年11月 [査読有り][通常論文]
  • A passive perceptual learning task for primal color modifies difference threshold of middle tone colors
    Kawabata, Y, Nishikawa, R, Kawabata, M
    Proceedings of the Annual Meeting of the International Society for Psychophysics (Fechner Day 2007) 23 327 - 330 2007年10月 [査読有り][通常論文]
  • 藤井哲之進, 川端康弘
    電子情報通信学会技術研究報告. HIP, ヒューマン情報処理 107 117 79 - 84 一般社団法人電子情報通信学会 2007年06月 [査読無し][通常論文]
  • 笠井有利子, 川端康弘
    電子情報通信学会技術研究報告. HIP, ヒューマン情報処理 107 117 73 - 78 一般社団法人電子情報通信学会 2007年06月 [査読無し][通常論文]
  • 「創作ミュージカル活動」の人間力育成効果 ― 学生への質問紙調査による検討 ―
    川端美穂, 川端康弘
    Technical Report, (Department of Psychology, Hokkaido Uiversity) 43 1 - 11 2007年 [査読無し][通常論文]
  • ビジュアルシーンを把握する能力は向上するか - デッサン熟達者の情景再認記憶 -
    川端康弘; 川端美穂
    Technical Report, (Department of Psychology, Hokkaido Uiversity) 41 1 - 12 2006年 [査読無し][通常論文]
  • The effects of chromatic and luminance contrast to recognition memory for natural scenes
    Kawabata Y, Kawabata M
    Technical report (Department of psychology, Hokkaido University) 36 1 - 15 2005年 [査読無し][通常論文]
  • 中高学年児童の対人認知枠組みにおける 友人とそうでない子の分化 ― Grid techniqueによる検討 ―
    川端美穂, 川端康弘
    Technical Report, (Department of Psychology, Hokkaido Uiversity) 27 1 - 12 2003年 [査読無し][通常論文]
  • 中高学年児童が学級のメンバーに対して使用した内的特性概念の分化
    川端美穂, 川端康弘
    Technical Report, (Department of Psychology, Hokkaido Uiversity) 29 1 - 10 2003年 [査読無し][通常論文]
  • 川端康弘
    立命館教育科学研究 11 85 - 95 立命館大学 1997年12月 [査読有り][招待有り]
  • 空間統合と色順応システム
    川端康弘
    立命館文学 551 263 - 283 1997年01月 [査読有り][招待有り]
  • Spatial integration in human vision and chromatic adaptation processes
    Yasuhiro Kawabata
    Technical report (Department of psychology, Hokkaido University) 1 1 - 16 1996年 [査読無し][通常論文]
  • Yasuhiro Kawabata
    Color Research and Application 19 5 341 - 350 1994年10月 [査読有り][通常論文]
     
    The critical area of spatial integration was examined in dichromatic vision (protanope and deuteranope) by means of chromatic thresholds at equiluminance. The results showed that the critical area became smaller as the chromatic saturation of the background field was increased. Here, the chromatic saturation was defined by the colorimetric purity of the background field, multiplied by the saturation coefficient (Cs) of each dominant wavelength. For the 470-nm field condition, the trend of dichromatic data was similar to that of the previous data with normal subjects. For the 590-nm condition, however, the decrease of integration area was less than that of the normal. This discrepancy can be attributed to the difference of saturation coefficients between normals and dichromats. (C) 1994 John Wiley & Sons, Inc.
  • Yasuhiro Kawabata
    Vision Research 34 3 303 - 310 1994年02月 [査読有り][通常論文]
     
    The present study showed that the spatial integration area was expanded even if the background energy was increased, provided that the background consisted of the two colors which were opponent to each other (red/green). This expansion was not found for the subjects with dichromatic color vision even though the same condition was utilized. It was suggested that polarization and its release (the change of adaptation level) of the chromatically-opponent red/green system were involved in control of spatial integration area.
  • Yasuhiro Kawabata
    Vision Research 34 8 1007 - 1018 1994年 [査読有り][通常論文]
     
    The present study showed that at equiluminance the critical duration of temporal integration became shorter as the chromatic saturation of an adaptation field was increased. These results suggest that the chromatic coding system (which is assumed to posses poorer temporal resolution or larger temporal integration time than the luminance coding system) can change its temporal integrating organization with its own adaptation level, independently of the luminance system. © 1994.
  • Yasuhiro Kawabata
    Color Research and Application 18 6 390 - 398 1993年12月 [査読有り][通常論文]
     
    The present study showed that (1) the critical area of spatial integration was larger for equiluminous chromatic stimuli than for luminance stimuli, and that (2) the critical area became smaller as the chromatic saturation of the adaptation field was increased. The latter suggests that the chromatic coding systems, which are assumed to posses poorer spatial resolution or larger spatial integration than the luminance system, could change their spatial integrating organization independently of the luminance system which could also change its own spatial organization. (C) 1993 John Wiley & Sons, Inc.
  • 色システムの変性した視覚 -赤/緑型先天的色覚異常の視覚特性-
    川端康弘
    寺岡隆・中川正宣・細田聡(編)「行動理論における最近の動向(Ⅱ)」 Hokkaido Behavioral Science Report, Series P (Supplement). 63 1 - 16 1993年 [査読無し][通常論文]
  • Chromatic and Achromatic form discrimination.
    Julia T. Sakuma, Yasuhiro Kawabata, Thomas S. Aiba
    Hokkaido Behavioral Science Report, Series P, 24. 24 1 - 9 1993年 [査読無し][通常論文]
  • 高次中枢内における機能的な処理の分離: 色処理システムを中心として
    川端康弘
    寺岡隆・中川正宣・細田聡(編)「行動理論における最近の動向(?)」 Hokkaido Behavioral Science Report, Series P (Supplement). 59 3 - 12 1992年 [査読無し][通常論文]
  • 視覚系の分光感度と検出過程: シミュレーション
    川端康弘
    阿部純一(編)「基礎心理学実験入門:感覚・知覚編(上)」, Hokkaido Behavioral Science Report, Series T (Supplement). 17 1 - 10 1991年 [査読無し][通常論文]
  • 色感覚と明るさ感覚の相互作用: 心理物理学的測定
    川端康弘
    阿部純一(編)「基礎心理学実験入門:感覚・知覚編(上)」, Hokkaido Behavioral Science Report, Series T (Supplement). 17 11 - 24 1991年 [査読無し][通常論文]
  • Yasuhiro Kawabata
    Color Research and Application 15 3 156 - 166 1990年06月 [査読有り][通常論文]
     
    The critical durations for temporal integration were examined in dichromatic and anomalous‐trichromatic eyes by means of incremental thresholds that were measured for a bichromatically mixed red/green or blue/yellow test‐light of varied durations, superimposed upon an achromatic background of different intensities. Our previous study with the color‐normals showed that the critical duration was markedly shortened when the red and green components in the test light were balanced in intensity. No such dependency upon the red‐green mixing ratio was manifested in the present study with the color defectives. Moreover, those for the monochromatic red and green test light under the 1000‐td background were shorter for the color defectives than for the normals, although for the bichromatic test light they were more or less equivalent in the two groups. These results were interpreted as due to the absence in the color defectives of the R/G opponent color system. With respect to the results for the bichromatic test light composed of blue and yellow components the color defectives (protanopes) did not appear to be much different from the normals. Copyright © 1990 Wiley Periodicals, Inc., A Wiley Company
  • Yasuhiro Kawabata, Thomas S. Aiba
    Color Research and Application 15 1 7 - 22 1990年02月 [査読有り][通常論文]
     
    In the present study, the critical durations for temporal integration at theshold were obtained for bichromatically mixed (red/green and yellow/blue) test lights presented against darkness and achromatic backgrounds of different intensities. Critical durations crucially depended on the mixing ratio of the red and green components: it was shortest when red and green components were balanced in intensity canceling chromaticness of both components, and longer for red and green monochromatic lights. This trend was pronounced with backgrounds of higher intensities but was not obvious with dim backgrounds. The results of yellow/blue condition showed that critical durations were shorter when yellow component was dominant, as well as when yellow and blue components were balanced in intensity canceling chromaticness of both components, but when blue monochromatic light was dominant, it was longer than in other mixture conditions and changed less with the elevation of the background intensity. The results were interpreted as demonstraing the red/green and yellow/blue opponet-color mechanism's participation.
  • Yasuhiro Kawabata, Thomas S. Aiba
    COLOR VISION DEFICIENCIES 61 - 65 1990年 [査読有り][通常論文]
  • 視覚系の時間加重特性と色・明るさシステム
    川端康弘
    北海道心理学研究 11 35 - 42 1989年05月 [査読有り][通常論文]
  • 明るさの時間加重とBroca-Sulzer現象
    川端康弘
    寺岡隆・中川正宣・川端康弘(編)「行動科学における言語Cの応用(Ⅱ)」, Hokkaido Behavioral Science Report, Series T (Supplement). 16 7 - 18 1989年 [査読無し][通常論文]
  • 入射光の検出における視覚系の出力のシミュレーション
    川端康弘
    寺岡隆・中川正宣・邑本俊亮(編)「行動科学における言語Cの応用(Ⅰ)」, Hokkaido Behavioral Science Report, Series T (Supplement). 14 13 - 19 1988年 [査読無し][通常論文]
  • Color-opponent characteristics of sub-additivity and temporal integration revealed with bichromatic test.
    Yasuhiro Kawabata, Masami Funakawa, Thomas S. Aiba, Muneo Mitsuboshi
    Hokkaido Behavioral Science Report, Series P. 19 1 - 26 1987年 [査読無し][通常論文]
  • Muneo Mitsuboshi, Yasuhiro Kawabata, Thomas S.Aiba
    Vision Research 27 7 1197 - 1206 1987年 [査読有り][通常論文]
     
    The critical durations for temporal integration at threshold were obtained for lights of various wavelengths, presented both against darkness and against achromatic or chromatic backgrounds of different luminances. The critical duration (τc) was defined by a point of intersection of the two lines with the slopes of zero and unity in a log I·τ-τ plot, fitted by means of an algorithm implemented by computer program. τc was short for the lights of middle wavelengths, longer for the lights at the ends of the spectrum, and became shorter as the background luminance increased. τc, also depended on the background wavelength, generally showing color-opponent characteristics when the difference was taken between τc's for the chromatic background and those for the achromatic one. The results were interpreted as the manifestation of chromatically-opponent system activities in temporal integration.
  • Muneo Mitsuboshi, Masami Funakawa, Yasuhiro Kawabata, Thomas S. Aiba
    Vision Research 27 7 1187 - 1195 1987年 [査読有り][通常論文]
     
    The present study demonstrated that the temporal integration time (t.i.t.) could be prolonged even if the background energy was increased, provided that the background consisted of the colors opponent to each other. This was found, more or less, irrespective of the test stimulus size. These results suggest that the t.i.t. is not determined solely at receptor sites in the visual system, but that the chromatically-opponent systems are heavily involved. Mechanisms based upon a two-sites adaptation with one detection pathway model were briefly discussed.
  • 行列演算
    岸本淳司, 高木厚子, 川端康弘, 島田毅, 松井孝雄, 細田聡, 高橋雅治
    寺岡隆・瀧川哲夫・中川正宣・舟川政美(編)「行動科学における数学サブルーチン・パッケージ(PC-FORTRAN用)」, Hokkaido Behavioral Science Report, Series T (Supplement). 13 37 - 53 1987年 [査読無し][通常論文]
  • 川端康弘, 三星宗雄
    テレビジョン学会技術報告 9 19 13 - 18 一般社団法人映像情報メディア学会 1985年09月 [査読有り][通常論文]

書籍

  • 意匠性を高める顔料技術
    笠井有利子, 川端康弘 (担当:分担執筆範囲:4章1節 色認知能力の個人差)
    サイエンス&テクノロジー 2021年05月 363 13
  • Psychology Applications & Developments IV: Advances in Psychology and Psychological Trends Series (Edited by Pracana, C. and Wang, M.)
    Jin,S, Kawabata, Y (担当:分担執筆範囲:The relationship between color preference and reaction time)
    InScience Press 2018年12月 (ISBN: 9789895431205) 301 119-129
  • 基礎心理学実験法ハンドブック
    川端康弘 (担当:分担執筆範囲:視覚刺激呈示装置―マックスウェル視光学系)
    朝倉書店 2018年06月 56-57
  • 空間に遊ぶ-人文科学の空間論-
    川端康弘 (担当:分担執筆範囲:空間の認知と色彩)
    北海道大学出版会 2016年06月 (ISBN: 9784832933958) 261 195-217
  • 基礎心理学
    川端康弘 (担当:分担執筆範囲:知覚)
    培風館 2012年05月 295 37-52
  • 認知心理学
    川端康弘 (担当:分担執筆範囲:私たちは世界をどのように見ているのか?ー視覚と視環境ー)
    ミネルヴァ書房 2010年11月 251 1-22
  • 認知科学の展開
    川端康弘 (担当:分担執筆範囲:感覚-物理世界を心の中に表現する-)
    放送大学教育振興会 2008年03月 326 101-115
  • 心を測る
    川端康弘 (担当:分担執筆範囲:感覚)
    八千代出版 2005年04月 234 1-20
  • 視覚情報処理ハンドブック
    川端康弘 (担当:分担執筆範囲:色覚の時空間周波数特性)
    朝倉書店 2000年
  • Color97, International Colour Association (ed.)
    Kawabata, Y, Kojima, H (担当:分担執筆範囲:Visible persistence with chromatic and achromatic stimuli.)
    International Colour Association 1997年
  • 光と人間の生活ハンドブック
    川端康弘 (担当:分担執筆範囲:光と色)
    朝倉書店 1995年
  • Color vision deficiencies
    Kawabata, Y, Aiba, T.S (担当:分担執筆範囲:Temporal integration properties of color-defective vision measured for bichromatically mixed lights.)
    Kugler & Ghedini Publications 1990年

講演・口頭発表等

  • 中・低彩度領域を中心とした色カテゴリー調査ーWebページを用いたオンライン調査の試みー  [通常講演]
    佐々木三公子, 松本久美子, 高橋文代, 金聖愛, 川端康弘
    日本色彩学会第52回全国大会 ’21 2021年06月 口頭発表(一般)
  • 塗り絵の色選択と図柄が及ぼす気分や体調への影響ーオンラインライブ環境による遠隔実験を用いて  [通常講演]
    昆野照美, 川端康弘
    日本色彩学会第52回全国大会 ’21 2021年06月 口頭発表(一般)
  • 新型コロナ感染拡大状況下における大学生の色嗜好性への影響  [通常講演]
    高橋文代, 佐々木三公子, 川端康弘
    北海道心理学会第67回大会(北海道教育大学札幌校) 2020年11月
  • 色彩の好みが物体の好感度に与える影響
    賀心怡, 川端康弘
    北海道心理学会第67回大会(北海道教育大学札幌校) 2020年11月
  • 関心が色の知覚に及ぼす影響-木材を例として-  [通常講演]
    松本久美子, 川端康弘, 佐々木三公子
    北海道心理学会第67回大会(北海道教育大学札幌校) 2020年11月
  • 体調が衣服の色相選択に及ぼす影響  [通常講演]
    昆野照美, 柿山浩一郎, 川端康弘
    北海道心理学会第67回大会(北海道教育大学札幌校) 2020年11月
  • 色彩エキスパートによる青色の癒し評価とその特徴  [通常講演]
    菊谷敬子, 川端康弘
    北海道心理学会第67回大会(北海道教育大学札幌校) 2020年11月
  • 人間の文字認識における背景色の影響―視線の動きを中心にして―  [通常講演]
    李林曦, 川端康弘
    北海道心理学会第67回大会(北海道教育大学札幌校) 2020年11月
  • 人間の文字認知における配色の影響 -視線の動きを中心にして-  [通常講演]
    李林曦, 川端康弘
    日本心理学会第84回大会(東洋大学・Web開催) 2020年09月 ポスター発表
  • 図式顔における顔色が読み取る感情の強さへ及ぼす影響  [通常講演]
    高橋文代, 川端康弘
    日本心理学会第84回大会(東洋大学・Web開催) 2020年09月 ポスター発表
  • ニュース場面における視覚的メディア情報の認知における色彩の効果  [通常講演]
    李弓, 川端康弘
    日本感性工学会第22回大会 2020年09月
  • 赤色の癒し評価における効果と特徴  [通常講演]
    菊谷敬子, 川端康弘
    日本色彩学会第51回全国大会 カラーポッド[京都]’20 2020年6月28日 2020年06月
  • 日本人大学生における木材の色認識と分類に関する調査  [通常講演]
    佐々木三公子, 松本久美子, 川端康弘
    日本色彩学会第51回全国大会 カラーポッド[京都]’20 2020年06月
  • 色相選択とアクティビティの調査研究  [通常講演]
    昆野照美, 柿山浩一郎, 川端康弘
    日本色彩学会第51回全国大会 カラーポッド[京都]’20 2020年06月
  • 癒し評価における色彩の効果  [通常講演]
    菊谷敬子, 川端康弘
    北海道心理学会第66回大会(旭川医科大学・北海道教育大学旭川校) 2019年10月 ポスター発表
  • 情景の印象に及ぼす色彩の効果  [通常講演]
    長内清春, 川端康弘
    北海道心理学会第66回大会(旭川医科大学・北海道教育大学旭川校) 2019年10月 ポスター発表
  • 図式顔における表情の典型色が及ぼす表情判断への影響  [通常講演]
    高橋文代, 川端康弘
    北海道心理学会第66回大会(旭川医科大学・北海道教育大学旭川校) 2019年10月 ポスター発表
  • 照明光の色による顔の印象変化についての研究  [通常講演]
    劉悦, 川端康弘
    北海道心理学会第66回大会(旭川医科大学・北海道教育大学旭川校) 2019年10月 ポスター発表
  • ニュース用語における色とメディアの情報認知に関する検討  [通常講演]
    李弓, 川端康弘
    北海道心理学会第66回大会(旭川医科大学・北海道教育大学旭川校) 2019年10月 ポスター発表
  • The effects of lip colour on the recognition of facial expressions.  [通常講演]
    Zuo, Y, Kawabata, Y
    the 21th Japan Society of Kansei Engineering Conference, Tokyo, Japan. 2019年09月 口頭発表(一般)
  • 感情語と色彩の関連について  [通常講演]
    張誉騰, 高橋文代, 川端康弘
    日本感性工学会第21回大会(芝浦工業大学豊洲キャンパス) 2019年09月
  • 表情判断における顔色の効果の男女差  [通常講演]
    高橋文代, 川端康弘
    日本心理学会第83回大会(立命館大学OIC) 2019年09月 ポスター発表
  • 色のカテゴリー分類傾向と異文化比較  [通常講演]
    鄭瑜, 川端康弘, 高橋文代
    日本感性工学会第21回大会(芝浦工業大学豊洲キャンパス) 2019年09月 ポスター発表
  • 100 hue Testの繰り返し学習による色識別能力の向上と個人差(第2報) 職人等家具産業従事者と公設試験研究機関職員との比較  [通常講演]
    松本久美子, 川端康弘, 川等恒治, 佐々木三公子, 高橋文代, 菊谷敬子, 長内清春
    日本感性工学会第21回大会(芝浦工業大学豊洲キャンパス) 2019年09月 ポスター発表
  • 食材配色における「味イメージ」の文化的相違  [通常講演]
    今井裕子, 川端康弘
    日本心理学会第83回大会(立命館大学OIC) 2019年09月 ポスター発表
  • 色彩からの連想に基づくポジティブ感情の喚起  [通常講演]
    菊谷敬子, 前原吾朗, 川端康弘
    日本色彩学会第50回全国大会(東京工芸大学) 2019年06月 ポスター発表
  • 表情の典型色が及ぼす表情認知への影響  [通常講演]
    高橋文代, 川端康弘
    日本色彩学会第50回全国大会(東京工芸大学) 2019年06月 ポスター発表
  • 感情語と図式顔表情から連想される色  [通常講演]
    高橋文代, 川端康弘
    北海道心理学会第65回大会(札幌国際大学) 2018年10月 ポスター発表
  • 食材の配色における「美味しさ感」の文化的相違  [通常講演]
    今井裕子, 川端康弘
    日本心理学会大会第82回大会(東北大学) 2018年09月 ポスター発表
  • 空間上の二色配色の好ましさとその反応時間  [通常講演]
    金聖愛, 川端康弘
    日本心理学会大会第82回大会(東北大学) 2018年09月 ポスター発表
  • 室内居住環境の視的快適性に与える配色の影響  [通常講演]
    孫至善, 川端康弘
    日本感性工学会第20回大会(東京大学) 2018年09月 ポスター発表
  • 周囲の有彩色照明の状況が気分に及ぼす影響  [通常講演]
    鄭佼爾, 川端康弘
    日本感性工学会第20回大会(東京大学) 2018年09月 ポスター発表
  • Does facecolor facilitate to judge the facial expression?  [通常講演]
    Takahashi, F, Kawabata, Y
    the 33th Annual Meeting of the International Society for Psychophysics 2017年10月 ポスター発表
  • 100hue Testの繰り返し 学習による色識別能力の向上と個人差  [通常講演]
    松本久美子, 川等恒治, 佐々木三公子, 川端康弘
    日本感性工学会第19回大会(筑波大学) 2017年09月 ポスター発表
  • 佐々木三公子, 川端康弘
    日本心理学会大会第81回大会(久留米大学) 2017年09月
  • The study for relation between color preference and its reaction time.  [通常講演]
    Jin, S, Kawabata, Y
    International Psychological Applications Conference and Trends (InPACT2017) 2017年04月 ポスター発表
  • 松本久美子, 川等恒治, 平林靖, 佐藤真由美, 佐々木三公子, 川端康弘, 鈴木正樹
    日本木材学会大会研究発表要旨集(完全版)(CD-ROM) 2017年02月
  • Color effects in the schematic face of anger and sadness.  [通常講演]
    Takahashi, F, Kawabata, Y
    The 31th International Congress of Psychology 2016年07月 ポスター発表
  • Retrieving information relating to concrete items: nature or artifact cues promote retrieval of information about nature items.  [通常講演]
    Teranishi, Y, Kawabata, Y
    The 31th International Congress of Psychology 2016年07月 ポスター発表
  • Investigating color preference and harmony of two-colour combinations through eye tracking.  [通常講演]
    Jin, S, Kawabata, Y
    The 31th International Congress of Psychology 2016年07月 ポスター発表
  • Color usefulness in an object color memory task.  [通常講演]
    Sasaki, M, Kawabata, Y
    The 31th International Congress of Psychology 2016年07月 ポスター発表
  • 寺西祐二, 川端 康弘
    日本認知心理学会発表論文集 2016年06月 ポスター発表 
    記憶の検索において、検索対象と検索されるアイテムが強く関連しているほど検索確率や検索速度の成績が良くなることは多くの研究から知られている。中でも流暢性課題では、検索初期に比べ検索中期以降では検索にかかる時間が増加することや、ワーキングメモリ(WM)能力が高い個人は低い個人に比べて回答数が多くなることなどが知られている。本研究は、参加者は検索初期に無意図的な検索を行うことに着目し、検索初期の回答量とワーキングメモリ(WM)課題・時間ごとの検索数・既存の知識量との関係性を調べた。検索初期にすらすらと検索された回答の量はWM成績(r=0.24)・開始より3分までの回答数(r=0.41)・6分経過より9分経過までの回答数(r=0.32)とそれぞれ正の相関を示した。意外な結果として、既存の知識量はr=-0.27の負の相関を示し、検索可能な情報が多い人ほど初期の検索数が少ないことが示された。結果の一般性に関して、異なる参加者集団を対象として検討する必要がある。
  • 皇甫宇虹, 川端康弘
    北海道心理学会第62回大会(北海道医療大学) 2015年11月 ポスター発表
  • 画像の記憶における色情報の寄与,  [通常講演]
    長内清春, 川端康弘
    北海道心理学会第62回大会(北海道医療大学) 2015年11月 ポスター発表
  • 物体の典型色が色記憶や色カテゴリー判断に与える影響,  [通常講演]
    佐々木三公子, 川端康弘
    北海道心理学会第62回大会(北海道医療大学) 2015年11月 ポスター発表
  • 記憶検索において使用頻度の高い項目  [通常講演]
    寺西祐二
    日本心理学会第79回大会(名古屋大学) 2015年09月 ポスター発表
  • 事物や空間における二色配色の調和感  [通常講演]
    金聖愛, 川端康弘
    日本心理学会第79回大会(名古屋大学) 2015年09月 ポスター発表
  • 高橋文代, 川端康弘
    日本心理学会第79回大会(名古屋大学) 2015年09月 ポスター発表
  • Face color affects identification of facial expression.  [通常講演]
    Takahashi, F, Kawabata, Y
    the 31th Annual Meeting of the International Society for Psychophysics, Fechner Day 2015, Quebec, Canada. 2015年08月 ポスター発表
  • 寺西祐二, 川端康弘
    日本認知心理学会第13回大会(東京大学) 2015年07月 ポスター発表 
    先に提示した情報によって関連する情報の検索が促進されることが知られている。意味ネットワークモデル(Collins & Loftus, 1975)では関係する表象をリンクで結び、活性化が伝わることによりその現象を説明している。その後の研究により、文脈を与えることで関連する情報の記憶が促進されることが示された。ここから、意味ネットワーク上での記憶配置は文脈に関連した構造になっていると推測される。本研究では自由放出法を用いて特定の単語を異なる文脈で提示し、回答される項目に文脈による違いが生じるかを検討した。本研究で用いた文脈は、対象もつ機能を遂行する(F)・遂行できない(D)・機能に言及しない物(U)を用いた。結果として、文脈Fにおいてのみ単語の違いが示されなかった。また、「リンゴ」では文脈Fは文脈D,Uよりも有意に少ない項目しか回答されなかった。このことは、検索システムにおいて対象の機能が重要な手がかりになっていることを示唆していると思われる。
  • 高橋文代, 川端康弘
    基礎心理学研究 2015年03月
  • 表情認知における顔色の影響  [通常講演]
    高橋文代, 川端康弘
    日本基礎心理学会第33回大会(首都大学東京) 2014年12月 ポスター発表
  • 衣食住におけるストレスを軽減する配色に関する研究  [通常講演]
    袁東, 川端康弘
    日本基礎心理学会第33回大会(首都大学東京) 2014年12月 ポスター発表
  • 色彩認知と熟達  [通常講演]
    川端康弘
    第12回北海道大学脳科学研究教育センターシンポジウム 「認知のダイナミクス」 ~認知システムの動態を探る~ 2014年12月 シンポジウム・ワークショップパネル(指名)
  • 心理学は脳活動データとどのように向き合うべきだろうか?  [通常講演]
    小川健二, 池上将永, 川端康弘, 佐山公一
    北海道心理学会第61回大会シンポジウム(小樽商科大学) 2014年11月 シンポジウム・ワークショップパネル(公募)
  • 単語記憶課題における典型色の影響  [通常講演]
    佐々木三公子, 王妤, 川端康弘, 川端美穂
    日本心理学会第78回大会(同志社大学) 2014年09月 ポスター発表
  • 居住空間における壁面の色に関する印象評価:その2  [通常講演]
    崔紫薇, 川端康弘
    日本心理学会第78回大会(同志社大学) 2014年09月 ポスター発表
  • 日常的事物や空間における二色配色の調和に関する心理学的研究  [通常講演]
    金聖愛, 川端康弘
    日本感性工学会第16回大会(中央大学) 2014年09月 ポスター発表
  • 単語記憶課題における典型色の影響  [通常講演]
    佐々木三公子, 王妤, 川端美穂, 川端康弘
    日本心理学会大会発表論文集 2014年08月
  • 高橋文代, 川端康弘
    日本心理学会大会発表論文集 2014年08月 口頭発表(一般)
  • 松本久美子, 今井良, 川等恒治, 斎藤直人, 佐々木三公子, 川端康弘
    日本木材学会大会研究発表要旨集(完全版)(CD-ROM) 2014年03月
  • 異文化間の食べ物の色に関する識別力の差異  [通常講演]
    王臣卓, 川端康弘
    北海道心理学会第60回大会(北海道大学) 2013年09月 ポスター発表
  • 居住空間における壁面の色に関する印象評価(その1)  [通常講演]
    崔紫薇, 川端康弘
    北海道心理学会第60回大会(北海道大学) 2013年09月 ポスター発表
  • 表情認知に及ぼす色の効果  [通常講演]
    高橋文代, 川端康弘
    日本心理学会第77回大会(北海道医療大学) 2013年09月 ポスター発表
  • 色識別に及ぼす色の好嫌と学習の影響  [通常講演]
    李茜, 川端康弘
    日本心理学会第77回大会(北海道医療大学) 2013年09月 ポスター発表
  • 日常場面における配色の効果-テキストの背景色と課題内容の関連性-  [通常講演]
    王妤, 川端美穂, 川端康弘
    日本心理学会第77回大会(北海道医療大学) 2013年09月 ポスター発表
  • 食物に対するおいしさ感に及ぼす色の影響  [通常講演]
    王臣卓, 川端康弘
    日本心理学会第77回大会(北海道医療大学) 2013年09月 ポスター発表
  • 状況要因が後悔に与える影響  [通常講演]
    田島有里絵, 川端康弘
    日本心理学会第77回大会(北海道医療大学) 2013年09月 ポスター発表
  • 温度の評価に及ぼす背景色の効果  [通常講演]
    余夢, 川端康弘
    日本心理学会第77回大会(北海道医療大学) 2013年08月 口頭発表(一般)
  • 表情認知に及ぼす色の効果  [通常講演]
    高橋文代, 川端康弘
    日本心理学会大会発表論文集 2013年08月
  • 松本久美子, 川等恒治, 今井良, 斎藤直人, 佐々木三公子, 川端康弘
    日本木材学会大会研究発表要旨集(完全版)(CD-ROM) 2013年
  • 周亮, 川端康弘
    北海道心理学会第59回大会(北海道教育大学函館校) 2012年09月 ポスター発表
  • 王臣卓, 川端康弘
    北海道心理学会第59回大会(北海道教育大学函館校) 2012年09月 ポスター発表
  • 日常的な物体の色と色票における好みの関係  [通常講演]
    小林麻子, 川端康弘
    日本心理学会第76回大会(専修大学) 2012年09月 ポスター発表
  • 意志決定場面における後悔とコーピングタイプ  [通常講演]
    田島有里絵, 川端康弘, 瀧川哲夫
    日本心理学会第76回大会(専修大学) 2012年09月 ポスター発表
  • 佐々木 三公子, 松本 久美子, 川等 恒治, 川端 康弘
    日本色彩学会誌 2012年05月
  • Color Affects Face Perception in Schematic Faces  [通常講演]
    Takahashi, F, Kawabata, Y
    the 34th Annual Conference of the Cognitive Science Society. 2012年04月 ポスター発表
  • 物体色の変化がシーン全体の印象に与える影響  [通常講演]
    笠井有利子, 川端康弘
    日本心理学会第75回大会(日本大学) 2011年09月 ポスター発表
  • 表情の同定に及ぼす色の効果 ―顔パーツの形状変化に対する表情認知閾―  [通常講演]
    高橋文代, 川端康弘
    日本心理学会第75回大会(日本大学) 2011年09月 ポスター発表
  • 感情把握時における顔色の記憶の効果  [通常講演]
    藤井哲之進, 川端康弘
    日本心理学会第75回大会(日本大学) 2011年09月 ポスター発表
  • 表情の同定に及ぼす色の効果 顔パーツの形状変化に対する表情認知閾  [通常講演]
    高橋文代, 川端康弘
    日本心理学会大会発表論文集 2011年08月
  • 景観の印象評価に関する認知心理学的研究  [通常講演]
    中谷葵, 川端康弘
    北海道心理学会・東北心理学会第11回合同大会(北翔大学) 2011年07月 ポスター発表
  • 日常的な対象物と配色の好みの関係について  [通常講演]
    小林麻子, 川端康弘
    北海道心理学会・東北心理学会第11回合同大会(北翔大学) 2011年07月 ポスター発表
  • 藤井哲之進, 川端康弘
    北海道心理学会・東北心理学会第11回合同大会(北翔大学) 2011年07月 ポスター発表
  • シーン内の物体色の認知と誘目性の関連 -変化検出課題中の視線移動-  [通常講演]
    笠井有利子, 川端康弘
    北海道心理学会第57回大会(札幌国際大学) 2010年10月 ポスター発表
  • 感情を付与したときの顔色分布の変化  [通常講演]
    藤井哲之進, 高橋文代, 川端康弘
    日本心理学会第74回大会大会(大阪大学) 2010年09月 ポスター発表
  • 表情認知に及ぼす色の促進/抑制効果 ―怒りの赤―  [通常講演]
    高橋文代, 藤井哲之進, 川端康弘
    日本心理学会第74回大会大会(大阪大学) 2010年09月 ポスター発表
  • 感情から連想される顔色と表情認知の関係  [通常講演]
    藤井哲之進, 高橋文代, 川端康弘
    日本心理学会第73回大会大会(立命館大学) 2009年09月 ポスター発表
  • 感情から連想される色と表情色の関係  [通常講演]
    高橋文代, 藤井哲之進, 川端康弘
    日本心理学会第73回大会大会(立命館大学) 2009年09月 ポスター発表
  • ビジュアルシーン内の対象物の色の記憶と誘目性  [通常講演]
    笠井有利子, 川端康弘
    日本認知心理学会第7回大会 2009年06月 ポスター発表
  • Effects of variable information in perception and recognition for indoor scenes.  [通常講演]
    笠井有利子, 川端康弘
    The 29th International Congress of Psychology 2008年07月 ポスター発表
  • The effects of presentation size and color to natural scene recognition.  [通常講演]
    藤井哲之進, 川端康弘
    The 29th International Congress of Psychology 2008年07月 ポスター発表
  • Infant typical-color knowledge for natural objects modifies chromaticity selections in recognition task.  [通常講演]
    川端美穂, 佐々木三公子, 笠井有利子, 藤井哲之進, 川端康弘
    The 29th International Congress of Psychology 2008年07月 ポスター発表
  • Difference threshold modification of middle tone hues under unique hue perceptual learning task.  [通常講演]
    川端康弘, 西川林太郎, 川端美穂
    The 29th International Congress of Psychology 2008年07月 ポスター発表
  • こころの環境適応 拡張された視知覚系の可塑性  [通常講演]
    川端 康弘, 小島 治幸, 田中 靖人, 友永 雅己, 三浦 佳世
    日本心理学会大会発表論文集 2008年07月
  • 藤井哲之進, 川端康弘
    北海道心理学研究 2008年05月
  • 川端康弘, 川端美穂
    北海道心理学研究 2007年08月
  • 藤井哲之進, 川端康弘
    北海道心理学研究 2007年08月
  • 笠井有利子, 川端康弘
    北海道心理学研究 2006年09月
  • 笠井 有利子, 川端 康弘
    日本認知心理学会発表論文集 2006年
  • 方位と空間周波数に選択的な色システム -色と輝度の交互作用-  [通常講演]
    滝山直樹, 川端康弘
    日本心理学会第69回大会 2005年09月 ポスター発表
  • 色識別能力と個人差 -性差と色の好悪の関係-  [通常講演]
    西川林太郎, 川端康弘
    日本心理学会第69回大会 2005年09月 ポスター発表
  • 室内空間の変化に対する認知の精度 -輝度・色の変化-  [通常講演]
    笠井有利子, 川端康弘
    日本心理学会第69回大会 2005年09月 ポスター発表
  • ビジュアルシーンを再認する能力の比較-美術専攻大学生と一般大学生の場合-  [通常講演]
    川端康弘, 川端美穂
    日本心理学会第69回大会 2005年09月 ポスター発表
  • 川端 康弘, 川端 美穂
    日本認知心理学会発表論文集 2005年
  • 西川 林太郎, 川端 康弘
    日本認知心理学会発表論文集 2005年
  • 笠井 有利子, 川端 康弘
    日本認知心理学会発表論文集 2005年
  • 川端康弘
    日本機械学会年次大会講演論文集 2004年09月
  • 滝山直樹, 川端康弘
    日本心理学会大会発表論文集 2004年08月
  • Trait-construct differentiation and sense of interpersonal adaptation,  [通常講演]
    Kawabata, M, Kawabata, Y
    The 28th International Congress of Psychology 2004年04月 ポスター発表
  • Orientation and spatial frequency specific adaptation in human color vision,  [通常講演]
    Kawabata, Y
    The 28th International Congress of Psychology 2004年04月 ポスター発表
  • 視覚認知機能に関わる色処理システムの役割とそのメカニズム  [通常講演]
    日本機械学会2004年度年次大会講演資料集 2004年
  • 表示スケールの違いが情景の再認記憶に及ぼす影響  [通常講演]
    藤井哲之進, 川端康弘
    北海道心理学会第50回大会 2003年11月 口頭発表(一般)
  • 藤井哲之進, 川端康弘
    日本心理学会大会発表論文集 2003年08月
  • 川端康弘
    日本心理学会大会発表論文集 2003年08月
  • 川端康弘
    日本心理学会大会発表論文集 2002年08月
  • 川端康弘
    日本心理学会大会発表論文集 2001年10月
  • 川端康弘
    日本心理学会大会発表論文集 2001年10月 口頭発表(招待・特別)
  • 空間周波数選択的順応と色コントラスト感度  [通常講演]
    川端康弘
    東北・北海道心理学会第9回合同大会 2001年10月 口頭発表(一般)
  • Spatial contrast sensitivity with chromatic stimuli.  [通常講演]
    Kawabata, Y
    The XXVI International Congress of Psychology, Stockholm, Sweden. 2000年08月 ポスター発表
  • 川端康弘
    日本心理学会大会発表論文集 2000年 ポスター発表
  • 色の空間的CSFに及ぼす平均色度の効果  [通常講演]
    川端康弘
    日本心理学会第62回大会(東京) 1998年09月
  • 「高所における視環境と色処理特性の異なる視覚システム」ワークショップ「光環境と人間の生活」  [通常講演]
    川端康弘
    日本心理学会第61回大会(関西学院大学) 1997年09月
  • Visible persistence with chromatic and achromatic stimuli,  [通常講演]
    Kawabata, Y, Kojima, H
    The 8th Congress of the International Colour Association, Kyoto, Japan. 1997年08月 口頭発表(一般)
  • 時空間統合特性と順応機構  [通常講演]
    川端康弘
    北海道・東北心理学会第8回合同大会(新潟大学), 北海道心理学研究, 19, 26. 1996年10月 口頭発表(一般)
  • 色のCSFにおよぼす平均色度の効果(その2)  [通常講演]
    川端康弘
    日本心理学会第60回大会(立教大学)発表論文集, 523. 1996年09月 口頭発表(一般)
  • 色のCSFにおよぼす平均色度の効果  [通常講演]
    川端康弘
    北海道心理学会第42回大会(札幌医科大学), 北海道心理学研究, 18, 52-53. 1995年11月 口頭発表(一般)
  • 色のCSFに及ぼす平均輝度の効果  [通常講演]
    川端康弘, 新城正志
    日本心理学会第59回大会(琉球大学)発表論文集, 527. 1995年09月 口頭発表(一般)
  • 色の視的持続に及ぼす色コントラストの効果  [通常講演]
    小島治幸, 川端康弘
    北海道心理学会第41回大会(北海道教育大学旭川校), 北海道心理学研究, 17, 22. 1994年11月 口頭発表(一般)
  • 対比効果による色の恒常性とその限界  [通常講演]
    新城正志, 川端康弘, 相場覚
    北海道心理学会第41回大会(北海道教育大学旭川校), 北海道心理学研究, 17, 24. 1994年11月 口頭発表(一般)
  • 単色光を用いた空間統合の研究  [通常講演]
    川端康弘
    日本心理学会第58回大会(日本大学)発表論文集, 538. 1994年09月 口頭発表(一般)
  • 等輝度条件下における視的持続の研究  [通常講演]
    小島治幸, 川端康弘
    日本心理学会第58回大会(日本大学)発表論文集, 539. 1994年09月 口頭発表(一般)
  • 等輝度事態における2色型視覚の空間統合特性  [通常講演]
    川端康弘, 相場覚
    北海道心理学会第40回大会(北海道教育大学札幌校), 北海道心理学研究, 16, 6. 1993年11月 口頭発表(一般)
  • 等輝度事態における視的持続の研究  [通常講演]
    小島治幸, 川端康弘, 相場覚
    北海道心理学会第40回大会(北海道教育大学札幌校), 北海道心理学研究, 16, 5. 1993年11月 口頭発表(一般)
  • 色彩刺激の時間統合特性  [通常講演]
    川端康弘
    日本心理学会第57回大会(早稲田大学)発表論文集, 387 1993年09月 口頭発表(一般)
  • 2色型視覚の空間加重特性Ⅰ  [通常講演]
    川端康弘
    , 北海道心理学会第39回大会(北海道教育大学函館校), 北海道心理学研究, 15, 9-10. 1992年11月 口頭発表(一般)
  • 2色成分からなる背景光を用いた空間加重特性の研究  [通常講演]
    川端康弘
    日本心理学会第56回大会(同志社大学)発表論文集, 712. 1992年09月 口頭発表(一般)
  • 順応による色メカニズムの感度低下と空間加重特性の変化  [通常講演]
    川端康弘
    北海道心理学会第38回大会(北海道教育大学函館校), 北海道心理学会・東北心理学会第7回合同大会(北海道大学), 北海道心理学研究, 14, 13-14. 1991年10月 口頭発表(一般)
  • Temporal Integration properties of color-defective vision measured by the critical duration for bichromatically mixed lights.  [通常講演]
    Yasuhiro Kawabata, Thomas S. Aiba
    The Symposium of the International Research Group on Color Vision Deficiencies, Tokyo Japan. 1990年12月 口頭発表(一般)
  • Iso-luminance条件下における空間加重の研究  [通常講演]
    川端康弘
    北海道心理学会第37回大会(北星学園大学), 北海道心理学研究, 13, 5-6. 1990年11月 口頭発表(一般)
  • 色彩刺激の空間加重特性  [通常講演]
    川端康弘
    日本心理学会第54回大会(東京都立大学)発表論文集, 495. 1990年09月 口頭発表(一般)
  • 心理物理的スケーリングによる視的明るさに関する実験(その2)  [通常講演]
    伊藤美由紀, 川端康弘, 相場覚
    日本心理学会第54回大会(東京都立大学)発表論文集, 492. 1990年09月 口頭発表(一般)
  • Iso-luminance条件下での空間加重特性  [通常講演]
    川端康弘
    日本視覚学会1990年度夏季大会(京都厚生年金休暇センター), Vision, 2(2), 99-100. 1990年08月 口頭発表(一般)
  • 心理物理的スケーリングによる視的明るさに関する一実験  [通常講演]
    伊藤美由紀, 川端康弘, 相場覚
    北海道心理学会第36回大会(旭川医科大学), 北海道心理学研究, 12, 3. 1989年11月 口頭発表(一般)
  • 視覚系の時間加重特性と空間的輪郭線マスキング  [通常講演]
    川端康弘
    北海道心理学会第36回大会(旭川医科大学), 北海道心理学研究, 12, 4. 1989年11月 口頭発表(一般)
  • 時間的統合に及ぼす時空間的contour maskingの効果  [通常講演]
    川端康弘
    日本心理学会第53回大会(筑波大学)発表論文集, 577. 1989年09月 口頭発表(一般)
  • 視的明るさの心理物理的関数における屈曲点  [通常講演]
    相場覚, 川端康弘
    日本心理学会第53回大会(筑波大学)発表論文集, 570. 1989年09月 口頭発表(一般)
  • 分光感度曲線に及ぼす順応背景光の諸要因  [通常講演]
    川端康弘
    北海道心理学会第35回大会(札幌医科大学), 北海道心理学研究, 11, 23. 1988年11月 口頭発表(一般)
  • 青-黄テスト混合手法による時間加重の研究  [通常講演]
    川端康弘
    日本心理学会第52回大会(広島大学)発表論文集, 595. 1988年09月 口頭発表(一般)
  • 川端 康弘
    日本基礎心理学会第6回大会(甲南女子大学)発表論文集, 14. 1987年10月 口頭発表(一般)
  • Protanopeの時間加重特性に関する研究  [通常講演]
    川端康弘, 相場覚
    北海道心理学会・東北心理学会第6回合同大会(弘前大学), 北海道心理学研究, 10, 13. 1987年10月 口頭発表(一般)
  • 2成分からなるテスト光を用いた時間加重の研究  [通常講演]
    川端康弘
    日本心理学会第51回大会(東京大学)発表論文集, 181. 1987年09月 口頭発表(一般)
  • 反対色の非加算性に関する実験的研究: テスト光の非加算性に及ぼす持続時間と背景の効果  [通常講演]
    川端康弘
    北海道心理学会第33回大会(岩見沢市民会館), 北海道心理学研究, 9, 10. 1986年11月 口頭発表(一般)
  • Broca-Sulzer現象に及ぼす色の効果  [通常講演]
    川端康弘
    北海道心理学会第32回大会(札幌市教育文化会館), 北海道心理学研究, 8, 3. 1985年11月 口頭発表(一般)

その他活動・業績

共同研究・競争的資金等の研究課題

  • 視覚イメージおよび視知覚処理を抑制する機能とその脳内機序の解明
    日本学術振興会:科学研究費助成事業 基盤研究(C)
    研究期間 : 2020年04月 -2023年03月 
    代表者 : 本山 宏希, 川端 康弘, 成本 忠正
  • 日常の経験と学習による色の知覚認知における熟達化と精緻化の過程
    日本学術振興会:科学研究費助成事業 基盤研究(B)
    研究期間 : 2019年04月 -2023年03月 
    代表者 : 川端 康弘, 松本 久美子, 佐々木 三公子
  • 感性機能側性化と視覚系機能分化との関連
    日本学術振興会:科学研究費助成事業 基盤研究(B)
    研究期間 : 2017年04月 -2021年03月 
    代表者 : 小島 治幸, 川端 康弘, 吉澤 達也
     
    平成30年度はまず,皮質レベルにおける視覚機能側性化を行動的に評価するために,方位刺激に対する感度の大脳半球差の有無を検討した。そのために年度当初は輝度コントラストならびに色度コントラストによる格子縞刺激の作成を行なった。そして,視覚Magno系の処理機能を評価するためには輝度コントラストを,Parvo系処理機能を評価するためには色度コントラストを用いて刺激検出閾の測定を行なった。その結果,輝度コントラスト感度に左右視野差は見られなかった。色度コントラストによる格子縞の作成にはminimun-flicker法およびminimum-motion法を用いて輝度コントラストを最小にする等輝度条件を求め,その左右視野差を検討した。その結果, flickerでは左右視野差は見られなかったが,motionでの等輝度感度は,左視野での方が運動を感じなくなるために高輝度を要する結果を得た。しかし,この等輝度条件の結果はParvo系反応の感度を表していると考えられる一方で,矩形波刺激を用いたこの古典的方法による等輝度条件計測では,Magno系による過渡的(transient)反応が混在している可能性が考えられた。 先の計測の問題を解消するために,年度後半は矩形波刺激ではなくガボール刺激を用いて等輝度条件を求め,その感度の左右視野差を更に詳しく調べた。先ずガボール関数状の刺激を複数の観察者に対して呈示し,各自の等輝度の色度コントラスト刺激条件を求めた。そして次にそれぞれの等輝度条件における色度コントラスト刺激を作成し,そのフリッカー検出閾と運動検出閾を左右視野において計測し比較検討した。計測の結果,刺激に対する感度の傾向/特性は観察者によって大きく異なるものの,一貫して色度コントラスト感度は左右視野によって大きく異なることが明らかになった。
  • 経験による色彩認知の熟達と高次視覚野における可塑性との関連
    文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(C))
    研究期間 : 2016年04月 -2019年 
    代表者 : 川端 康弘
  • 日本学術振興会:科学研究費助成事業 若手研究(B)
    研究期間 : 2012年04月 -2016年03月 
    代表者 : 本山 宏希, 菱谷 晋介, 川端 康弘, 今井 史
     
    本研究は,心的イメージの生成を抑制する機能,および,イメージ生成中に外界から入力された視知覚情報の処理を抑制する機能の実在性について検証した。 実験の結果,まず,左後帯状回がイメージ生成の抑制に関与することが示された。この結果は,報告者の先行研究と一致するものであり,イメージ生成を抑制する機能が心内に実在することを支持する結果であった。次いで,行動実験により,イメージ生成中には視知覚情報処理が低下することが示された。すなわち,イメージ生成中に視知覚情報処理が抑制する機能が心内に実在することを示唆する結果と考えられる。しかしながら,現段階では,後者の機能を担う脳部位の特定には至らなかった。
  • 文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(C))
    研究期間 : 2012年 -2014年 
    代表者 : 川端 康弘
  • 文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(B))
    研究期間 : 2010年 -2012年 
    代表者 : 吉澤 達也, 田中 靖人, 河原 哲夫, 小島 治幸, 川端 康弘, 内川 惠二
  • 文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(C))
    研究期間 : 2003年 -2005年 
    代表者 : 川端 康弘
  • 文部科学省:科学研究費補助金(奨励研究(A))
    研究期間 : 1999年 -2000年 
    代表者 : 川端 康弘
  • 文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(C))
    研究期間 : 1998年 -2000年 
    代表者 : 松田 隆夫, 川端 康弘, 蘆田 宏
  • 文部科学省:科学研究費補助金(奨励研究(A))
    研究期間 : 1997年 -1998年 
    代表者 : 川端 康弘
  • 文部科学省:科学研究費補助金(重点領域研究)
    研究期間 : 1997年 -1997年 
    代表者 : 高木 和子, 川端 康弘, 土田 宣明
  • 文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(A))
    研究期間 : 1996年 -1997年 
    代表者 : 阿部 純一, 川端 康弘, 懸田 孝一, 高橋 雅冶, 田山 忠行, 菱谷 晋介
  • 文部科学省:科学研究費補助金(一般研究(B), 基盤研究(B))
    研究期間 : 1995年 -1997年 
    代表者 : 阿部 純一, 川端 康弘, 邑本 俊亮, 懸田 孝一
  • 文部科学省:科学研究費補助金(奨励研究(A))
    研究期間 : 1996年 -1996年 
    代表者 : 川端 康弘
  • 文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(B))
    研究期間 : 1995年 -1996年 
    代表者 : 川端 康弘
  • 文部科学省:科学研究費補助金(奨励研究(A))
    研究期間 : 1995年 -1995年 
    代表者 : 川端 康弘
  • 文部科学省:科学研究費補助金(奨励研究(A))
    研究期間 : 1994年 -1994年 
    代表者 : 川端 康弘

教育活動情報

主要な担当授業

  • 博士論文指導特殊演習
    開講年度 : 2019年
    課程区分 : 博士後期課程
    開講学部 : 文学研究科
  • 大学院共通授業科目(教育プログラム):脳科学入門
    開講年度 : 2019年
    課程区分 : 修士課程
    開講学部 : 大学院共通科目
    キーワード : cognitive neuroscience (brain science), cognitive psychology, development, human neuroimaging
  • 博士論文指導特殊演習Ⅰ
    開講年度 : 2019年
    課程区分 : 博士後期課程
    開講学部 : 文学院
  • 大学院共通授業科目(教育プログラム):脳科学研究の展開
    開講年度 : 2019年
    課程区分 : 修士課程
    開講学部 : 大学院共通科目
    キーワード : 脳科学,生命科学,方法論,脳機能計測
  • 修士論文
    開講年度 : 2019年
    課程区分 : 修士課程
    開講学部 : 文学研究科
  • 知覚情報論特別演習
    開講年度 : 2019年
    課程区分 : 修士課程
    開講学部 : 文学研究科
    キーワード : 認知、環境、色彩、順応、適応、視覚、聴覚
  • 修士論文・特定課題指導特殊演習
    開講年度 : 2019年
    課程区分 : 修士課程
    開講学部 : 文学研究科
  • 知覚情報論特別演習
    開講年度 : 2019年
    課程区分 : 修士課程
    開講学部 : 文学院
    キーワード : 認知、環境、色彩、順応、適応、視覚、聴覚
  • 卒業論文
    開講年度 : 2019年
    課程区分 : 学士課程
    開講学部 : 文学部
  • 知識構造論特別演習
    開講年度 : 2019年
    課程区分 : 修士課程
    開講学部 : 文学研究科
    キーワード : 認知、環境、色彩、熟練、洗練、障害、順応、適応、視覚、聴覚、知性、知識
  • 修士論文・特定課題指導特殊演習
    開講年度 : 2019年
    課程区分 : 修士課程
    開講学部 : 文学院
  • 知識構造論特別演習
    開講年度 : 2019年
    課程区分 : 修士課程
    開講学部 : 文学院
    キーワード : 認知、環境、色彩、熟練、洗練、障害、順応、適応、視覚、聴覚、知性、知識
  • 心理学特殊講義
    開講年度 : 2019年
    課程区分 : 修士課程
    開講学部 : 文学研究科
    キーワード : 認知心理学、(比較)認知科学、脳科学、音楽(発達)心理学
  • 心理学特殊講義
    開講年度 : 2019年
    課程区分 : 修士課程
    開講学部 : 文学院
    キーワード : 認知心理学、(比較)認知科学、脳科学、音楽(発達)心理学
  • 総合社会情報論
    開講年度 : 2019年
    課程区分 : 修士課程
    開講学部 : 文学院
    キーワード : 史料,メディア・リテラシー,メッセージ,ノイズ,情報構造論,視覚,知性,認知脳科学,応用脳科学
  • 心理学特殊演習
    開講年度 : 2019年
    課程区分 : 学士課程
    開講学部 : 文学部
    キーワード : 実験心理学,認知心理学,発達心理学,認知科学
  • 社会・制度モジュール特殊科目B
    開講年度 : 2019年
    課程区分 : 学士課程
    開講学部 : 現代日本学プログラム課程
    キーワード : 実験心理学,認知心理学,発達心理学,認知科学
  • 心理学実験実習
    開講年度 : 2019年
    課程区分 : 学士課程
    開講学部 : 文学部
    キーワード : 心理学、実験実習
  • 基礎心理学
    開講年度 : 2019年
    課程区分 : 学士課程
    開講学部 : 文学部
    キーワード : 感覚,知覚,高次視覚,認知,記憶,イメージ,認知神経科学,意識/無意識,学習,動物行動,音楽認知,発達,感情,パーソナリティ,社会行動
  • 心理学実験
    開講年度 : 2019年
    課程区分 : 学士課程
    開講学部 : 全学教育
    キーワード : 心理学、実験実習
  • 心理学演習
    開講年度 : 2019年
    課程区分 : 学士課程
    開講学部 : 文学部
    キーワード : 心理学、知覚、記憶、言語、学習、思考、個人差、神経科学
  • 社会・制度モジュール特殊科目B
    開講年度 : 2019年
    課程区分 : 学士課程
    開講学部 : 現代日本学プログラム課程
    キーワード : 心理学、知覚、記憶、言語、学習、思考、個人差、神経科学

大学運営

委員歴

  • 2019年06月 - 現在   日本心理学会   理事
  • 2013年10月 - 現在   北海道心理学会   理事
  • 2005年04月 - 現在   日本心理学会   代議員
  • 2010年04月 - 2018年03月   日本基礎心理学会   理事


Copyright © MEDIA FUSION Co.,Ltd. All rights reserved.