研究者データベース

和田 博美(ワダ ヒロミ)
文学研究院 人間科学部門 心理学分野
特任教授

基本情報

所属

  • 文学研究院 人間科学部門 心理学分野

職名

  • 特任教授

学位

  • 学術博士(北海道大学)

ホームページURL

J-Global ID

研究分野

  • 環境・農学 / 化学物質影響 / 環境ホルモン

所属学協会

  • 日本心理学会   日本動物心理学会   日本行動科学学会   北海道心理学会   環境ホルモン学会   Japanese Associates of Behavioral Sciences   

研究活動情報

論文

  • 出生前エタノール曝露が青年期ラットのプレイファイティング中の超音波発声に及ぼす影響
    シャハリアール, モハモッド アシック, 和田博美
    神経毒性学 79 25 - 39 2020年04月 [査読有り][通常論文]
  • デカブロモジフェニルエーテル(BDE-209)が成獣雄ラットの闘争行動における超音波コミュニケーションに及ぼす影響
    キ イメイ, 和田 博美
    有機ハロゲン化合物 80 209 - 212 2018年 [査読有り][通常論文]
  • 出生前のエタノール曝露がラット乳児の超音波発声の音響学的特徴に及ぼす影響
    シャハリアール, モフードアシク, 和田 博美
    神経毒性学 69 29 - 36 2018年 [査読有り][通常論文]
  • デカブロモジフェニルエーテル(BDE-209)がラットの交尾行動中の超音波コミュニケーションに及ぼす影響
    和田 博美, キ イメイ
    有機ハロゲン化合物 80 602 - 606 2018年 [査読有り][通常論文]
  • 和田 博美
    神経毒性学 59 175 - 182 2017年03月 [査読有り][通常論文]
     
    Perinatal hypothyroidism causes serious damage to auditory functions that are essential for vocalization development. In rat pups, perinatal hypothyroidism potentially affects the development of ultrasonic vocalization (USV) as a result of hearing deficits. This study examined the effect of perinatal hypothyroidism on the development of USVs in rat pups. Twelve pregnant rats were divided into three groups and treated with the anti-thyroid drug methimazole (MMI) via drinking water, from gestational day 15 to postnatal day (PND) 21. The MMI concentration (w/v) was 0% (control group), 0.01% (low-dose group), or 0.015% (high-dose group). After birth, the pups were individually separated from the dam and littermates on PNDs 5, 10, 15, and 20, and their USVs were recorded for 5 min. On PNDs 5 and 10, compared with the control group, the low- and high-dose groups exhibited reductions of both frequency modulated and downward USVs. On PND 15, however, the low- and high-dose groups displayed increases in number, duration, and amplitude of USVs compared with those in the control group. Lower body weights were observed for the low- and high-dose groups than for the control group. Total thyroxine concentrations in plasma were dose-dependently reduced. The onset of auditory functions appeared on PNDs 11-14. Thus, the rat pups were unable to hear externally produced USVs before PND 11. USVs emitted on PNDs 5 and 10 might have been spontaneous and independent of the pups' own or littermate-emitted USVs. The developmental retardation of vocalization-related organs or muscles might underlie the acoustic alterations of USVs on PNDs 5 and 10. The greater number, duration, and amplitude of USVs on PND 15, after which the hearing onset occurred, suggested that the elevation of auditory thresholds occurred as a result of hearing deficits in the low- and high-dose groups. Perinatal hypothyroidism appears to have caused acoustic alterations in the USV development. (C) 2016 Elsevier B.V. All rights reserved.
  • デカブロモジフェニルエーテル(BDE-209)とラット乳仔の超音波発声
    和田 博美, キ イメイ
    有機ハロゲン化合物 79 68 - 71 2017年 [査読有り][通常論文]
  • 甲状腺ホルモン不全とラット乳仔の超音波発声発達
    和田 博美
    有機ハロゲン化合物 77 324 - 328 2015年 [査読有り][通常論文]
  • 和田 博美, 湯本祥子, 磯 博行
    神経毒性学と奇形学 37 18 - 22 2013年05月 [査読有り][通常論文]
     
    We examined the effect of perinatal hypothyroidism on auditory function in rats using a prepulse inhibition paradigm. Pregnant rats were treated with the antithyroid drug methimazole (1-methyl-2-mercaptoimidazole) from gestational day 15 to postnatal day 21 via drinking water at concentrations (w/v) of 0 (control), 0.002 (low dose), or 0.02% (high dose). Rats from methimazole-treated mothers were tested at ages 1, 6, and 12 months using techniques to examine prepulse inhibition and startle response. The startle stimulus consisted of 40 ms of white noise at 115 dB, whereas the prepulse, which preceded the startle stimulus by 30 ms, consisted of 20 ms of white noise at 75, 85, or 95 dB. When the prepulse intensity was 75 or 85 dB, the high-dose group showed decreased prepulse inhibition percentages compared with the control and low-dose groups. The reduced percentages of prepulse inhibition did not return to control levels over the 12-month study period. In contrast, no differences in prepulse inhibition were observed among the three dose groups when prepulse intensity was 95 dB. Moreover, the high-dose group displayed excessive reaction to auditory startle stimuli compared with the other groups. Reductions in plasma free thyroxine and body weight gain were observed in the high-dose group. We conclude that perinatal hypothyroidism results in irreversible damage to auditory function in rats. (C) 2013 Elsevier Inc. All rights reserved.
  • 和田 博美
    生理学と行動 112 90 - 95 2013年03月 [査読有り][通常論文]
     
    Thyroid hormones (THs) are essential for proper brain development in mammals. TH insufficiency during early development causes structural and functional abnormalities in brain leading to cognitive dysfunction. The specific effects of developmental hypothyroidism on attention have not been well characterized in animal models. The present study was conducted to characterize the effects of developmental hypothyroidism on attention in rats, and tested the hypothesis that the hypothyroidism has adverse impacts on attention by means of a visual signal detection task. Pregnant rats were exposed to the anti-thyroid drug, methimazole (0.02% w/v) via drinking water from gestational day 15 through postnatal day (PND) 21 to induce maternal and neonatal hypothyroidism. Male offspring served as subjects for the task started on PND 90. A light stimulus (500 ms, 250 ms or 50 ms) was presented in signal trials and not in blank trials. The offspring were required to discriminate these signal events, and subsequently press the correct lever. The correct response for signal and non-signal events was considered as hit and correct rejection, respectively. The hypothyroid offspring exhibited a decreased hit response for short signals (250 ms and 50 ms) which requires the higher attentional demand. The total number of lever responses during inter-trial interval (ITI) was also increased in the hypothyroid group. The number of lever responses was negatively correlated with a hit response at 50 ms, not at 250 ms. These results suggest that developmental hypothyroidism disrupts signal detection performance via impairment of visual attention and the altered lever response behavior. (C) 2013 Elsevier Inc. All rights reserved.
  • 周産期の甲状腺ホルモン不全がラット乳仔の超音波発声に及ぼす影響
    和田 博美
    有機ハロゲン化合物 75 610 - 613 2013年 [査読有り][通常論文]
  • 周産期の甲状腺ホルモン低下症がラットの異動的注意に及ぼす影響
    和田 博美, 瀬戸 友紀奈
    有機ハロゲン化合物 74 1385 - 1388 2012年 [査読有り][通常論文]
  • 周産期甲状腺ホルモン阻害による認知発達への影響ー注意機能をめぐってー
    和田 博美, 瀬戸 友紀奈
    精神神経学雑誌 114 8 949 - 956 2012年 [査読有り][招待有り]
  • 周産期甲状腺ホルモン低下症ラットはモリス水迷路の空間学習において長期間にわたる障害を示す
    和田 博美, 佐藤 琢哉
    有機ハロゲン化合物 73 1476 - 1479 2011年 [査読有り][通常論文]
  • 長谷川 征史, 黄田 育弘, 和田 博美
    神経科学レター 479 3 240 - 244 2010年08月 [査読有り][通常論文]
     
    The thyroid hormone is essential for the proper development of the central nervous system (CNS). Hormone deficiency during CNS development causes neurological abnormalities in the brain. The hippocampus is one of the brain regions vulnerable to hormone deficiency, and the volume of dentate gyrus (DG) and cornu ammonis (CA) are reduced by transient hypothyroidism during CNS development. However, it remains unclear whether transient hypothyroidism specifically reduces the whole hippocampal volume. In the present study, we used magnetic resonance imaging (MRI) to examine the effects of perinatal hypothyroidism on the ratio of hippocampal volume to brain volume as well as brain and hippocampal volumes overall. Perinatal hypothyroidism was induced by adding the anti-thyroid drug, methimazole, to the drinking water of pregnant dams from gestational day 15 to postnatal day 21. The MRI experiment was conducted when the rats were between 7 and 11 months old. The results showed reductions of the hippocampal and brain volume of the treated group. However, the ratio of hippocampal volume to brain volume was comparable between the control and treated groups. These results indicate that perinatal hypothyroidism minimizes the brain as a whole, but does not minimize the hippocampus in particular. (C) 2010 Elsevier Ireland Ltd. All rights reserved.
  • 甲状腺ホルモン阻害ラットの認知行動障害の解析
    長谷川 征史, 米崎 久美子, 湯本 祥子, 和田 博美
    行動科学 48 2 165 - 171 2010年 [査読有り][招待有り]

書籍

  • 再ーくりかえす世界
    和田 博美 (担当:共著範囲:甦れ脳細胞! ―運動の効果とニューロジェネシス―)
    北海道大学出版会 2020年
  • 発達科学ハンドブック 第8巻 脳の発達科学
    和田 博美 (担当:分担執筆範囲:アルコールと薬物の影響)
    新曜社,東京 2015年
  • 健康であること:学際的な展望から
    ウエイ リン ライ, 桜井 義秀, 和田 博美 (担当:共編者(共編著者)範囲:Effects of perinatal hypothyroidism on cognitive and learning behavior: Experimental studies in animals)
    梓出版 2010年

講演・口頭発表等

  • 胎児期にエタノールに曝露されたラットの青年期プレイファイティングにおける超音波発声の音響学的特徴  [通常講演]
    シャハリアール, モフモッド アシック, 和田 博美
    第17回国際神経毒性学会 2019年10月 ポスター発表
  • 胎児期にエタノールに曝露されたラット乳仔の超音波発声に見られる音響楽的特徴  [通常講演]
    シャハリアール, モフッド アシック, 和田 博美
    アルコールと薬物に関する国際会議 2018年10月 口頭発表(一般)
  • 青年期ラットのプレイファイティングにおける超音波コミュニケーションに及ぼすデカブロモヂフェニールエーテル (BDE-209) の影響  [通常講演]
    キ インミン, 和田 博美
    第17回国際神経毒性学会 2018年10月 ポスター発表
  • デカブロモジフェニルエーテル(BDE-209)が成獣雄ラットの闘争行動中の超音波発声に及ぼす影響  [通常講演]
    キ インミン, 和田 博美
    ダイオキシン2018 2018年08月 口頭発表(一般)
  • デカブロモジフェニルエーテル(BDE-209)がラットの交尾行動中の超音波発声に及ぼす影響  [通常講演]
    和田 博美, キ イメイ
    ダイオキシン2018 2018年08月 ポスター発表
  • 乳仔期ラットの聴覚遮断と超音波発声の発達  [通常講演]
    和田 博美
    日本心理学会 2017年09月 ポスター発表
  • 乳仔期ラットの聴覚遮断と離乳後の超音波発声  [通常講演]
    和田 博美
    日本動物心理学会 2017年08月 ポスター発表
  • Decabromodiphenyl ether (BDE-209) and ultrasonic vocalization in rat pups  [通常講演]
    Wada H, Qi I
    Dioxin 2017 2017年08月 ポスター発表
  • Effects of hearing isolation on the development of ultrasonic vocalization in rat pups  [通常講演]
    Wada H
    Joint Meeting Neurotoxicity Society and International Neurotoxicology Association 2017年05月 ポスター発表
  • Differential effects of maternal separation periods on anxiety-like behavior in rats  [通常講演]
    Kawamura Y, Wada H
    International Congress of Psychology 2016年07月 ポスター発表
  • Effects of familiar and unfamiliar olfactory stimuli on ultrasonic vocalization in rat pups  [通常講演]
    Wada H, Shimura M
    International Congress of Psychology 2016年07月 口頭発表(一般)
  • ラットにおける周産期の甲状腺ホルモン阻害と超音波発声の発達  [招待講演]
    和田 博美
    第6回 PCB講演会 2015年12月 公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等
  • Thyroid hormone deficiency and development of ultrasonic vocalization responses in rat pups  [通常講演]
    WADA Hiromi
    Dioxin 2015 2015年08月 ポスター発表
  • Perinatal hypothyroidism and ultrasonic vocalization in rat pups  [通常講演]
    Wada H
    International Neurotoxicology Association 2015年06月 ポスター発表
  • Effects of neonatal maternal-separation on body weights, anxiety-like behavior, and ultrasonic vocalizations in rats  [通常講演]
    Kawamura Y, Wada H
    International Society for Comparative Psychology 2014年09月 口頭発表(一般)
  • Effects of perinatal thyroid hormone deficiency on selective and sustained attention in rats  [通常講演]
    Wada H, Seto Y
    International Society for Comparative Psychology 2014年09月 口頭発表(一般)
  • Perinatal thyroid hormone deficiency and ultrasonic vocalization in neonatal and juvenile rats  [通常講演]
    Wada H
    International Child Neurology Congress 2014年05月 ポスター発表
  • 周産期の甲状腺ホルモン阻害が乳児期ラットの超音波発声に及ぼす影響  [通常講演]
    和田博美
    環境ホルモン学会第16回発表会 2013年12月 口頭発表(一般)
  • Effects of perinatal thyroid hormone deficiency on ultrasonic vocalization in rat pups  [通常講演]
    Wada H
    Dioxin 2013 2013年08月 ポスター発表
  • Repeated maternal-separation and ultrasonic vocalization of rat pups  [通常講演]
    Wada H
    International Neurotoxicology Association 2013年06月 ポスター発表
  • ターゲット検出法の改良による注意能力の多機能試験法の開発と発達神経毒性への応用-選択的注意、持続的注意、移動的注意、及び分割的注意の試験法  [招待講演]
    和田博美, 瀬戸友紀奈
    第2回日化協新LRI研究報告会 2013年 その他
  • Effects of perinatal hypothyroidism on shift attention in rats  [通常講演]
    Wada H, Seto Y
    Dioxin2012 2012年08月 ポスター発表
  • Effects of perinatal hypothyroidism on selective and sustained attention in rats  [通常講演]
    WADA Hiromi
    30th International Congress of Psychology 2012年07月 口頭発表(一般)
  • Effects of perinatal hypothyroidism on divided attention in rats  [通常講演]
    Wada H, Seto Y
    Scientific Committee on Neurotoxicology and Psychophysiology 2012年03月 口頭発表(一般)
  • ターゲット検出法の改良による選択的注意および持続的注意の試験法開発  [招待講演]
    和田博美
    第1回日化協新LRI研究報告会 2012年 その他
  • 周産期甲状腺ホルモン阻害による認知発達への影響-注意機能をめぐって  [招待講演]
    和田 博美
    日本精神神経学会 2012年 シンポジウム・ワークショップパネル(指名)
  • 周産期甲状腺ホルモン阻害ラットの注意能力―選択的注意と持続的注意―  [通常講演]
    和田 博美
    環境ホルモン学会第14回発表会 2011年12月 口頭発表(一般)
  • Perinatal hypothyroid rats exhibit long-lasting impairments in spatial learning in the Morris water maze  [通常講演]
    Wada, H, Satoh T
    Dioxin 2011 2011年08月 ポスター発表
  • Developmental hypothyroidism disrupts performance of a signal detection task in rats  [通常講演]
    Hasegawa, M, Wada, H
    2011 Annual Meeting of the Society of Toxicology 2011年03月 ポスター発表

その他活動・業績

受賞

  • 2018年10月 アルコールと薬物に関する国際会議 最優秀発表賞
     胎児期にエタノールに曝露されたラット乳仔の超音波発声の音響学的特徴 
    受賞者: シャハリアール;モフモッド アシック;和田 博美

共同研究・競争的資金等の研究課題

  • ラットの超音波発声の音響学的変異を利用した生物汚染のモニタリング法
    日本学術振興会:科学研究費補助金
    研究期間 : 2016年04月 -2018年03月 
    代表者 : 和田 博美
  • ネズミの超音波コミュニケーションに着目した言語獲得過程の動物モデル構築
    公益財団法人 三菱財団:三菱財団人文科学助成
    研究期間 : 2016年10月 -2017年09月 
    代表者 : 和田 博美

教育活動情報

主要な担当授業

  • 博士論文指導特殊演習
    開講年度 : 2019年
    課程区分 : 博士後期課程
    開講学部 : 文学研究科
  • 大学院共通授業科目(教育プログラム):脳科学入門
    開講年度 : 2019年
    課程区分 : 修士課程
    開講学部 : 大学院共通科目
    キーワード : cognitive neuroscience (brain science), cognitive psychology, development, human neuroimaging
  • 博士論文指導特殊演習Ⅰ
    開講年度 : 2019年
    課程区分 : 博士後期課程
    開講学部 : 文学院
  • 心理学特殊講義
    開講年度 : 2019年
    課程区分 : 修士課程
    開講学部 : 文学研究科
    キーワード : 認知心理学、(比較)認知科学、脳科学、音楽(発達)心理学
  • 修士論文
    開講年度 : 2019年
    課程区分 : 修士課程
    開講学部 : 文学研究科
  • 心理学特殊講義
    開講年度 : 2019年
    課程区分 : 修士課程
    開講学部 : 文学院
    キーワード : 認知心理学、(比較)認知科学、脳科学、音楽(発達)心理学
  • 修士論文・特定課題指導特殊演習
    開講年度 : 2019年
    課程区分 : 修士課程
    開講学部 : 文学研究科
  • 大学院共通授業科目(教育プログラム):脳科学研究の展開
    開講年度 : 2019年
    課程区分 : 修士課程
    開講学部 : 大学院共通科目
    キーワード : 脳科学、講演、セミナー
  • 卒業論文
    開講年度 : 2019年
    課程区分 : 学士課程
    開講学部 : 文学部
  • 行動理論特別演習
    開講年度 : 2019年
    課程区分 : 修士課程
    開講学部 : 文学研究科
    キーワード : 中枢神経系、動機づけ、言語、注意、学習、記憶、精神障害
  • 修士論文・特定課題指導特殊演習
    開講年度 : 2019年
    課程区分 : 修士課程
    開講学部 : 文学院
  • 行動理論特別演習
    開講年度 : 2019年
    課程区分 : 修士課程
    開講学部 : 文学研究科
    キーワード : 感覚、知覚、認知、学習、思考、発達、人格
  • 行動理論特別演習
    開講年度 : 2019年
    課程区分 : 修士課程
    開講学部 : 文学院
    キーワード : 中枢神経系、動機づけ、言語、注意、学習、記憶、精神障害
  • 行動理論特別演習
    開講年度 : 2019年
    課程区分 : 修士課程
    開講学部 : 文学院
    キーワード : 感覚、知覚、認知、学習、思考、発達、人格
  • 研究倫理・論文指導特殊講義
    開講年度 : 2019年
    課程区分 : 修士課程
    開講学部 : 文学院
    キーワード : 研究倫理、論文指導、実験研究、文献研究、フィールド研究
  • 心理学特殊演習
    開講年度 : 2019年
    課程区分 : 学士課程
    開講学部 : 文学部
    キーワード : 実験心理学,認知心理学,発達心理学,認知科学
  • 社会・制度モジュール特殊科目B
    開講年度 : 2019年
    課程区分 : 学士課程
    開講学部 : 現代日本学プログラム課程
    キーワード : 実験心理学,認知心理学,発達心理学,認知科学
  • 心理学実験実習
    開講年度 : 2019年
    課程区分 : 学士課程
    開講学部 : 文学部
    キーワード : 心理学、実験実習
  • 基礎心理学
    開講年度 : 2019年
    課程区分 : 学士課程
    開講学部 : 文学部
    キーワード : 感覚,知覚,高次視覚,認知,記憶,イメージ,認知神経科学,意識/無意識,学習,動物行動,音楽認知,発達,感情,パーソナリティ,社会行動

大学運営

学内役職歴

  • 2013年4月1日 - 2015年3月31日 教育改革室室員


Copyright © MEDIA FUSION Co.,Ltd. All rights reserved.