研究者データベース

樋口 麻里(ヒグチ マリ)
文学研究院 人間科学部門 社会学分野
准教授

基本情報

所属

  • 文学研究院 人間科学部門 社会学分野

職名

  • 准教授

学位

  • 博士(人間科学)(大阪大学)

ホームページURL

J-Global ID

研究キーワード

  • 脆弱性   社会的排除   福祉社会学   ケア   社会調査法   家族社会学   

研究分野

  • 人文・社会 / 社会学

研究活動情報

論文

  • 何が精神障がい者に対する寛容な社会意識を高めるのか――国際比較研究からみる日本の特徴
    樋口麻里
    自殺予防と危機介入 42 2 3 - 8 2022年09月 [査読無し][招待有り]
  • 二重負担を受容する有配偶女性の意識の規定要因――全国調査SSP2015 を用いた資源の影響の検証
    樋口麻里
    北海道大学文学研究院紀要 160 97 - 119 2020年 [査読無し][通常論文]
  • 自殺対策における予防教育への支援者のニーズ――『SOSの出し方教育』の在り方に関する一考察
    樋口麻里, 森山花鈴
    社会と倫理 33 85 - 101 2018年11月 [査読無し][招待有り]
  • 樋口麻里
    年報人間科学 39 29 - 43 2018年03月 [査読無し][通常論文]
  • 樋口麻里
    年報人間科学 38 193 - 210 大阪大学大学院人間科学研究科 社会学・人間学・人類学研究室 2017年03月 [査読無し][通常論文]
     
    社会学 : 研究ノート質的データ分析支援ソフトウエア(CAQDAS: Computer-Assisted Qualitative Data Analysis Software)を、有効に利用するには、各ソフトウエアがどのような分析を行うために開発されたのかを理解する必要がある。そこで本稿では、主要なソフトウエアであるAtlas.ti7とNVivo11を取り上げ、それぞれの機能の特徴から、各ソフトウエアの背景にある分析方法に対する考え方を探った。その結果、次のことが示唆された。Atlas.tiは、データに即した抽象度の低いコードを作成し、それらを関連づけながら概念を構築する機能を特徴としていた。これは、データの文脈に根差した分析を重視する、グラウンデッド・セオリー・アプローチの方法に適合的であった。一方、NVivo は、ミックスド・メソッド・アプローチといった、より多様な方法への対応を志向していた。これは、コーディングの機能に、概念構築とデータの分類という二つの異なる機能が備わっていることから考えられる。この機能は、量的データを含む大量のデータを分類して、データ全体の特徴を把握することに適していた。Behind the functionalities of analytical software, there is a methodological philosophy as to how analysis should be done. It is essential to understand such philosophies of each CAQDAS (Computer-Assisted Qualitative Data Analysis Software) in order to use them appropriately for qualitative data analysis. For this reason, this paper explores the functionalities of Atlas.ti7 and NVivo11 to elucidate their philosophical differences. The Atlas.ti can easily handle codes with low abstraction, which enables users to consider the relationship between codes and to construct concepts or theories grounded on data. The NVivo aims to respond to various methods. It emphasizes extracting the characteristics of large amounts of data by examining the data diversely with applying two functions of coding: constructing concepts and classifying the data.
  • 樋口麻里
    Osaka Human Sciences 2 21 - 42 Graduate School of Human Sciences 2016年03月 [査読有り][通常論文]
     
    Despite the gradual spreading of use of QDA software in quantitative surveys, there have been few reports that indicate conformance with methodology. Therefore this study used Atlas.ti from the methodological standpoint of M-GTA, and analyzed recovery process of persons with schizophrenia on the basis of participant observation data. The outcome of this has shown, as a factor to direct the recovery of persons with schizophrenia, the importance of mingling with "healthy people" who do not have a peer's perspective.
  • 樋口麻里
    大阪大学大学院人間科学研究科紀要 42 163 - 187 大阪大学大学院人間科学研究科 2016年02月 [査読無し][通常論文]
  • Mari Higuchi
    Asian Social Science 11 22 187 - 202 2015年09月01日 [査読有り][通常論文]
     
    This paper explores the factors influencing social acceptance toward persons with schizophrenia by examining the effects of perceived dangerousness, having knowledge, and social instability and investigates these conditions in a cross-cultural comparison of Japan and Vietnam. Social distance scales and random sample survey questionnaires based on vignettes were used to reconstruct social acceptance in Japan (n = 488) and Ho Chi Minh City in Vietnam (n = 185). Structural equation modeling was applied to explore the relation between social acceptance, perceived dangerousness, beliefs in Western psychiatric treatments, contact with people with schizophrenia, and cohorts having grown up during the Vietnam War. In both countries, contact reduced the perceived dangerousness of persons with schizophrenia and increased their social acceptance. Beliefs in Western psychiatric treatments informed by education-based knowledge, however, intensified perceived dangerousness in Japan, but increased social acceptance in Vietnam. The effects of education-based knowledge emerge differently according to each society’s mental health system history. The Vietnamese cohort born during the Vietnam War showed greater social acceptance than others, while no effects were observed in Japanese cohorts. Social instability seems to change social values and negative social attitudes related to schizophrenia.
  • 樋口麻里
    社会と調査 11 11 85 - 100 社会調査協会 ; 2008- 2013年09月 [査読有り][通常論文]

書籍

講演・口頭発表等

  • 山中浩司, 樋口麻里, 野島那津子
    第94回日本社会学会大会 2021年11月 口頭発表(一般)
  • 樋口麻里
    第45回日本自殺予防学会総会 2021年09月 シンポジウム・ワークショップパネル(指名)
  • 樋口麻里, 夏苅郁子, 辻本耐
    第47回日本保健医療社会学会大会 2021年05月 口頭発表(一般)
  • 辻本耐, 森山花鈴, 樋口麻里
    日本健康心理学会第33回大会 2020年11月 ポスター発表
  • The Influence of Knowledge on the Social Acceptance of People with Schizophrenia: Characteristics of a Society with a History of Psychiatric Institutionalization  [通常講演]
    樋口麻里
    International Comparison and Collaboration in Medical Sociology: Research Initiatives, Challenges, and Future Prospects 2019年08月 シンポジウム・ワークショップパネル(指名)
  • 自殺対策における『SOSの出し方教育』に関する一考察  [通常講演]
    森山花鈴, 樋口麻里
    第42回日本自殺予防学会総会 2018年09月 口頭発表(一般)
  • 自殺のサインの変遷過程――家族・支援者の解釈に注目して  [通常講演]
    樋口麻里, 森山花鈴
    第91回日本社会学会大会 2018年09月 口頭発表(一般)
  • Rethinking Community Support for People with Mental Health Problems: An Introduction to the Practice of “Trialogue” in France  [通常講演]
    樋口麻里
    19th ISA World Congress of Sociology 2018年07月 口頭発表(一般)
  • On the social liminality of rare disease patients  [通常講演]
    山中浩司, 野島那津子, 樋口麻里
    The 49th BSA Medical Sociology Group Annual Conference 2017年09月 口頭発表(一般)
  • ケアの互酬性における脆弱性の機能――フランスのアソシアシオンによるケア実践の事例から  [通常講演]
    樋口麻里
    第89回日本社会学会大会 2016年10月 口頭発表(一般)
  • Signifiant without Signifie :Diagnostic Language and Illness Experience in Rare Disease Patients  [通常講演]
    山中浩司, 野島那津子, 樋口麻里
    3rd ISA Forum of Sociology 2016年07月 口頭発表(一般)
  • Interaction Effect of Social Values and Genetic Causal Aspect of the Mental Disorder on Family’s Care-giving Motivation in Japan and France  [通常講演]
    樋口麻里
    Rencontres Internationales. Partager la science, partager les valeurs le challenge de la diversité / International meeting. Sharing science, sharing values the challenge of diversity, Toulouse 2015年12月 ポスター発表
  • なぜ精神障がいをもつ子へのケアを引き受けるのか――親のケア行為とその動機の日仏比較  [通常講演]
    樋口麻里
    第25回日本家族社会学会大会 2015年09月 口頭発表(一般)
  • 希少疾患と社会的困難――当事者への聞き取り調査から  [通常講演]
    山中浩司, 野島那津子, 樋口麻里
    第41回日本保健医療社会学会大会 2015年05月 口頭発表(一般)
  • Social Values and Attitudes Toward Biogenetic Explanation of A Mental Disorder in Japan and France: The Perspectives of the Individuals, Their Families and Psychiatrists  [通常講演]
    樋口麻里, 真柄希里穂
    21st World Congress on Social Psychiatry 2013年07月 ポスター発表
  • How Families of Person with Schizophrenia React to The Biogenetic Explanation of the Illness in Japan  [通常講演]
    樋口麻里
    1st European Congress for Social Psychiatry 2012年07月 ポスター発表
  • 統合失調症の遺伝的素因に関する情報への意識と態度―当事者・家族・医師の相違  [通常講演]
    真柄希里穂, 樋口麻里
    第31回日本社会精神医学会 2012年03月 口頭発表(一般)
  • Recognition of Schizophrenic Patients and Social Attitudes Toward Them: A Cross Cultural Study in Vietnam and Japan  [通常講演]
    Masanori ISOBE, Ai MIURA, Mari HIGUCHI, Masaharu UEMOTO
    3rd World Congress of Cultural Psychiatry 2012年03月 口頭発表(一般)
  • 統合失調症者との共生に対する人々の意識――日越調査の国際比較分析から  [通常講演]
    樋口麻里, 三浦藍, 松葉祥一, 瀧尻明子, 川口貞親, 植本雅治
    第37回日本保健医療社会学会大会 2011年05月 口頭発表(一般)
  • 統合失調症者のアイデンティティ再構築過程――安住の地の発見と新しい人生としての出発  [通常講演]
    樋口麻里
    第61回関西社会学会大会 2010年05月 口頭発表(一般)

その他活動・業績

受賞

  • 2014年11月 一般社団法人社会調査協会 第4回社会調査協会賞(『社会と調査』賞)
     (論文)「統合失調者の回復過程とその分岐点における居場所―Atlas.tiを利用したグラウンデッド・セオリー・アプローチによる試み」『社会と調査』11号、2013年:85-100頁. 
    受賞者: 樋口麻里

共同研究・競争的資金等の研究課題

教育活動情報

主要な担当授業

  • 社会学理論特別演習
    開講年度 : 2021年
    課程区分 : 修士課程
    開講学部 : 文学院
    キーワード : 社会学理論、社会学的方法論、応用研究
  • 社会変動論特別演習
    開講年度 : 2021年
    課程区分 : 修士課程
    開講学部 : 文学研究科
    キーワード : 社会構造、東アジア
  • 社会変動論特別演習
    開講年度 : 2021年
    課程区分 : 修士課程
    開講学部 : 文学院
    キーワード : 社会構造、東アジア
  • 社会システム科学概論
    開講年度 : 2021年
    課程区分 : 学士課程
    開講学部 : 文学部
    キーワード : 社会学、社会学理論
  • 社会学概論
    開講年度 : 2021年
    課程区分 : 学士課程
    開講学部 : 文学部
    キーワード : 社会学、社会学理論
  • 社会構造論
    開講年度 : 2021年
    課程区分 : 学士課程
    開講学部 : 文学部
    キーワード : 社会学、現代の社会学理論、東アジア
  • 社会の認識
    開講年度 : 2021年
    課程区分 : 学士課程
    開講学部 : 全学教育
    キーワード : 近代家族、性別役割分業、ケア、ワーク・ライフ・バランス
  • 社会・制度モジュール特殊科目B
    開講年度 : 2021年
    課程区分 : 学士課程
    開講学部 : 現代日本学プログラム課程
    キーワード : ケア、依存、自律、不平等、家族、正義、ジェンダー、フェミニズム
  • 社会・制度モジュール特殊科目B
    開講年度 : 2021年
    課程区分 : 学士課程
    開講学部 : 現代日本学プログラム課程
    キーワード : 質的研究法、聞き取り調査、ライフヒストリー、参与観察
  • 社会学演習
    開講年度 : 2021年
    課程区分 : 学士課程
    開講学部 : 文学部
    キーワード : ケア、依存、自律、不平等、家族、正義、ジェンダー、フェミニズム
  • 社会学特殊演習
    開講年度 : 2021年
    課程区分 : 学士課程
    開講学部 : 文学部
    キーワード : 卒業論文作成
  • 社会学研究法
    開講年度 : 2021年
    課程区分 : 学士課程
    開講学部 : 文学部
    キーワード : 質的研究法、聞き取り調査、ライフヒストリー、参与観察
  • 社会の認識
    開講年度 : 2021年
    課程区分 : 学士課程
    開講学部 : 全学教育
    キーワード : 社会学、現代社会論、社会問題、社会変動
  • 社会調査法実習
    開講年度 : 2021年
    課程区分 : 学士課程
    開講学部 : 文学部
    キーワード : 社会調査, データ分析, 統計的分析


Copyright © MEDIA FUSION Co.,Ltd. All rights reserved.