研究者データベース

池田 聡(イケダ サトシ)
北海道大学病院 脳・神経・感覚器科
准教授

基本情報

所属

  • 北海道大学病院 脳・神経・感覚器科

職名

  • 准教授

学位

  • 博士(医学)(鹿児島大学)

J-Global ID

研究キーワード

  • リハビリテーション   Rehabilitation   

研究分野

  • ライフサイエンス / 整形外科学
  • ライフサイエンス / リハビリテーション科学
  • ライフサイエンス / 医療薬学
  • ライフサイエンス / 生理学
  • ライフサイエンス / 神経科学一般
  • ライフサイエンス / 神経科学一般

職歴

  • 2008年04月 - 2014年04月 鹿児島大学医学部歯学部附属病院 リハビリテーション部 部長 診療准教授
  • 2007年04月 - 2008年03月 鹿児島大学大学院医歯学総合研究科 運動機能修復学講座機能再建医学 講師
  • 2001年 - 2002年 Research Associate, Faculty on Medicne,
  • 1990年 - 2001年 Medical Doctor, Kagoshima University Hospital
  • 鹿児島大学

学歴

  •         - 1998年   鹿児島大学   医学研究科   内科系 リハビリテーション医学
  •         - 1998年   鹿児島大学
  •         - 1990年   鹿児島大学   医学部   医学科
  •         - 1990年   鹿児島大学

所属学協会

  • 日本脊髄障害医学界   日本内科学会   日本臨床神経生理学会   国際リハビリテーション医学会   日本リハビリテーション医学会   Haoab Neducak Society of Spinal Cord Lesion   Japanese Society of Internal Medicine   Japanese Society of clinical neurophysiology   International Society of Physical and Rehabilitation Medicine   Japanese Association of Rehabilitation Medicine   

研究活動情報

作品等

  • 神経因性膀胱に関する新しい自律*の臨床的および実験的研究
    2000年 -2002年
  • Clinical and Experiential Study of No Autonomic Agents for Neurogenic Blodder
    2000年 -2002年
  • 神経・筋のリハビリテーション効果発現機序の分子生物学的研究
    1998年 -2000年
  • Molecularbiological Study of the effect of Neuro-Muscular Rehabilitation
    1998年 -2000年

その他活動・業績

  • Archives of Physical Medicine and Rehabilitation 85, 166-7 2004年 [査読無し][通常論文]
  • Archives of Physical Medicine and Rehabilitation 85 166 -7 2004年 [査読無し][通常論文]
  • S Ikeda, A Yoshida, S Matayoshi, N Tanaka ARCHIVES OF PHYSICAL MEDICINE AND REHABILITATION 84 (3) 419 -423 2003年03月 [査読無し][通常論文]
     
    Objective: To investigate what effect repetitive stretch has on gene transcription in muscle tissues removed from rats. Design: Case-control study. Setting: University laboratory. Animals: Eight female 8-week-old Wistar rats. Interventions: Rat anterior tibial and soleus muscles were removed and repetitively stretched about 20% of the muscle length by using the Magnus method in Krebs-Ringer solution. Stretch-relax cycles 15 times per minute were continued for 2 hours in 1 group and 4 hours in another group. Contralateral muscles removed from the same rat were incubated without stretch as the control. Main Outcome Measures: After repetitive stretch, total ribonucleic acid (RNA) was extracted from the muscles and Northern blotting was carried out using c-fos and myogenin oligonucleotide as probes. Results: Repetitive stretch during 2 hours significantly increased the expression of c-fos messenger RNA (mRNA) in both the tibialis anterior and soleus muscles. Increased expression of myogenin mRNA in both muscles was observed with repetitive stretch for 4 hours. Because of the initial increase of immediate early gene c-fos mRNA and the subsequent increase of myogenic transcription factor myogenin mRNA, it appears that repetitive muscle stretch induces sequential progression of gene transcription toward muscle hypertrophy. Conclusions: Mechanical repetitive stretch for a few hours would be one of the stimulating factors for muscle growth and should be available for muscle training in clinical rehabilitation.
  • Home-hased Cardiuc Rehabilitation
    Journal of Japanese Academy of Home Care Physicians 4 41 -46 2003年 [査読無し][通常論文]
  • 在宅心臓リハビリテーション
    日本在宅医学会雑誌 4 41 -46 2003年 [査読無し][通常論文]
  • Home-hased Cardiuc Rehabilitation
    Journal of Japanese Academy of Home Care Physicians 4 41 -46 2003年 [査読無し][通常論文]
  • Repetitive stretch induces c-fos and Myogenic nRNA within several hours in rat removed skeltal muscle
    Archives of Physical Medicine and Rehabilitaion 84 41 -423 2003年 [査読無し][通常論文]
  • 心不全とリハビリテーション
    診断と治療 90 suppl, 195-203 2002年 [査読無し][通常論文]
  • 総合リハビリテーション 30, 1065-1068 2002年 [査読無し][通常論文]
  • Cardiac failure and rehabilitation
    Deagnosis and Treatment 90 suppl, 195-203 2002年 [査読無し][通常論文]
  • Muscle exercise and stretching from the view point of molecular biology
    Sogo Rehabilitation 30, 1065-1068 2002年 [査読無し][通常論文]
  • 分子生物学のリハビリテーション医学への応用
    Journal of Clinical Rehabilitation 10, 334-337 2001年 [査読無し][通常論文]
  • Application of Molecular biology for Rehabilitaiton Medicine
    Journal of Clinical Rehabilitation 10, 334-337 2001年 [査読無し][通常論文]
  • Brain Research 792, 164-167 1998年 [査読無し][通常論文]
  • Brain Research 792, 164-167 1998年 [査読無し][通常論文]

受賞

  • 2002年 第14回日本リハビリテーション医学専門医会 最優秀学術研究賞
  • 2002年 President Award of Japanese Academic Physiatrist Association
  • 2002年 Best Poster of Academy's myogenical pain special interest group
  • 2001年 リハビリテーション医学 アジアニューミレニアムシンポジウム 学術賞
  • 2001年 Award of New Millenuim Asian Symposium on Rehabilitation Medicine
  • 2000年 アメリカリハビリテーション医学 筋痛部門最優秀ポスター賞
  • 2000年 President Award of Japanese Academic Physiatrist Associator
  • 第12回日本リハビリテーション医学専門医会 最優秀学術研究賞

共同研究・競争的資金等の研究課題

  • リハビクテーションアプローチの筋肉増強に与える効果についての研究―転写因子、成長因子発現の分子生物学的解析
    科学研究費補助金
    研究期間 : 2005年 -2007年
  • Reorganization of Central Nervous System
    研究期間 : 2001年 -2004年
  • 中枢神経の機能再構築
    研究期間 : 2001年
  • Molecular Biolgical Mechanism of Muscle Exercise
    Grant-in-Aid for Scientific Research
    研究期間 : 1998年 -2000年
  • 筋力増強の分子生物学的メカニズム
    科学研究費補助金
    研究期間 : 1998年
  • 脳の機能回復
  • Functional Recovery of Brain

教育活動情報

主要な担当授業

  • 基本医学研究
    開講年度 : 2021年
    課程区分 : 修士課程
    開講学部 : 医学院
    キーワード : 運動障害,高次脳機能障害,神経可塑性,リハビリテーションアプローチ movement disorders, higher brain dysfunction, neural plasticity, rehabilitation approach
  • 基本医学総論
    開講年度 : 2021年
    課程区分 : 修士課程
    開講学部 : 医学院
    キーワード : 運動障害,高次脳機能障害,神経可塑性 movement disorders, higher brain dysfunction, neural plasticity
  • 医学総論
    開講年度 : 2021年
    課程区分 : 博士後期課程
    開講学部 : 医学院
    キーワード : 運動障害,高次脳機能障害,神経可塑性
  • 基盤医学研究
    開講年度 : 2021年
    課程区分 : 博士後期課程
    開講学部 : 医学院
    キーワード : 運動障害,高次脳機能障害,神経可塑性,リハビリテーションアプローチ
  • 臨床医学研究
    開講年度 : 2021年
    課程区分 : 博士後期課程
    開講学部 : 医学院
    キーワード : 運動障害,高次脳機能障害,神経可塑性,リハビリテーションアプローチ
  • リハビリテーション医学
    開講年度 : 2021年
    課程区分 : 学士課程
    開講学部 : 医学部
    キーワード : リハビリテーション医学,廃用症候群,脳卒中,脳外傷,神経筋疾患,脊髄損傷,骨関節疾患,切断,補装具,小児疾患,内部障害


Copyright © MEDIA FUSION Co.,Ltd. All rights reserved.