研究者データベース

坂田 健一郎(サカタ ケンイチロウ)
北海道大学病院 口腔系歯科
助教

基本情報

所属

  • 北海道大学病院 口腔系歯科

職名

  • 助教

学位

  • 歯学博士(Hokkaido University)

科研費研究者番号

  • 10826051

J-Global ID

研究キーワード

  • 漢方   口腔機能水   歯科心身   口腔外科   口腔内科   

研究分野

  • ライフサイエンス / 外科系歯学 / 口腔内科・口腔外科

学歴

  • 2011年04月 - 2015年03月   北海道大学歯学研究院
  •         - 2008年03月   昭和大学歯学部 卒

研究活動情報

論文

  • Ken-Ichiro Sakata, Kojiro Maeda, Nozomi Sakurai, Shanshang Liang, Seitaro Nakazawa, Kazuyoshi Yanagihara, Takanori Kubo, Hironori Yoshiyama, Yoshimasa Kitagawa, Jun-Ichi Hamada, Hisashi Iizasa
    Anticancer research 40 3 1307 - 1314 2020年03月 [査読有り][通常論文]
     
    BACKGROUND/AIM: Malignant pleural mesothelioma (MPM) is an intractable cancer, and causes of its malignant transformation are not well known. Adenosine deaminase acting on RNA (ADAR) is an RNA-editing enzyme that converts adenosine into inosine in double-stranded RNAs potentially involved in malignant development. MATERIALS AND METHODS: To examine the role of ADAR1 and ADAR2 in MPM, small interfering RNAs (siRNAs) against ADAR1 or ADAR2 were used. RESULTS: Transfection of siRNA against ADAR2 suppressed proliferation, motility, and invasiveness of MPM cells expressing both ADAR1 and ADAR2; however, siRNA against ADAR1 did not affect these cellular activities. Overexpression of ADAR2, that was incapable of binding to RNA, suppressed growth, motility, and invasion of MPM cells. However, overexpression of ADAR2 that had no enzyme activity did not alter the malignant properties of MPM cells. CONCLUSION: Enhancement of the malignant characteristics of cultured MPM cells via ADAR2 was independent of RNA-editing activity.
  • 当科で経験した75歳以上における埋伏歯抜歯症例の検討
    坂田健一郎, 榊原典幸, 水野貴行, 加藤卓, 日笠紘志, 佐藤千晴, 北川善政
    Hosp Dent. in press 2019年 [査読有り][通常論文]
  • Dominant-negative p53 mutant R248Q increases the motile and invasive activities of oral squamous cell carcinoma cells.
    eitaro Nakazawa, Ken-ichiro Sakata, Shanshan Liang, Kazuhito Yoshikawa
    Biomedical Research 40 1 37 - 49 2019年 [査読有り][通常論文]
  • Determination of immune cells in saliva by flow cytometry
    Hattori M, Ohga N, Hata H, Hato H, Iori T, Okada M, Sakata K, Asaka T, Sato J, Kitagawa Y
    oral Science in Japan 29 - 31 2018年 [査読無し][通常論文]
  • Ken-ichiro Sakata, Yutaka Yamazaki, Takeshi Kuroshima, Noritaka Ohga, Chiharu Satoh, Noriyuki Sakakibara, Yoshimasa Kitagawa
    Journal of Oral and Maxillofacial Surgery, Medicine, and Pathology 29 5 472 - 477 2017年09月01日 [査読有り][通常論文]
     
    Subcutaneous panniculitis-like T-cell lymphoma (SPTL) was first reported as T-cell lymphoma resembling panniculitis. Many of the lesions are observed in the upper and lower extremities and trunk, whereas occurrence in the facial area is extremely rare. Our patient was a 19-year-old male who reported of some swelling in the left facial area 5 months prior to the initial examination. Originally misdiagnosed as a scar caused by accidental biting the buccal mucosa when first presenting at the Department of Dermatology of a local hospital, the patient was eventually referred to our department upon request for resection. Upon initial examination, a high degree of diffuse swelling extending from the left cheek to the eye socket was observed. Intraoral observation showed no pathological findings or tooth infections. MRI showed an unclear boundary in the subcutaneous fat layer of the left buccal region. Clinical and image findings with a cheek biopsy confirmed a diagnosis of Weber–Christian disease. The pathological diagnosis was SPTL. Chemotherapy resulted in disappearance of the swelling. The patient has remained relapse-free for 5 years.
  • SAKATA KENICHIRO
    Traditional & Kampo Medicine 4 121 - 123 2017年 [査読有り][通常論文]
  • Sakata KI, Yamazaki Y, Ohga N, Sato J, Asaka T, Yoshikawa K, Nakazawa S, Sato C, Nakamura Y, Kitagawa Y
    Tradit Kampo Med 3 2 120 - 122 2016年 [査読有り][通常論文]
  • Noritaka Ohga, Yutaka Yamazaki, Jun Sato, Hironobu Hata, Tsubasa Murata, Kenichiro Sakata, Takeshi Inoue, Yoshimasa Kitagawa
    Journal of Oral and Maxillofacial Surgery, Medicine, and Pathology 27 3 402 - 406 2015年05月01日 [査読有り][通常論文]
     
    Objective: To evaluate gradual dose escalation and tolerability of paroxetine in patients with burning mouth syndrome (BMS). Methods: This 12-week, open-label, non-comparative, prospective study involved 43 subjects with depressive condition. The initial dosage of paroxetine was 10 mg/day, but was raised to 20 mg/day and 30 mg/day if efficacy was not sufficient. Pain was assessed using the visual analog scale (VAS) at baseline and at weeks 2, 4, 8, and 12 of the study treatment. Results: The mean VAS score at each time point was significantly lower than at baseline (P< 0.0001, paired t-test) after paroxetine treatment. The effects of paroxetine were dose-dependent. The cumulative improvement rates for daily doses of 10mg, 20mg, and 30mg were 37.2%, 67.4%, and 74.4%, respectively. The cumulative proportion of responders was significantly higher for patients with maximal daily doses of 20mg and 30mg than in patients receiving 10mg/day (P< 0.01, χ< sup> 2< /sup> test). Adverse events were observed in 26 of 49 (53%) patients evaluated for safety, with most adverse events appearing when patients were taking 10mg/day. The incidence of adverse events did not show a time- or dose-dependent increase, except for constipation. No serious safety issues were noted. Conclusions: Dose escalation of paroxetine may be useful in treating patients with BMS and depressive conditions.
  • 舌痛症に対する立効散の有用性に関する検討
    坂田健一郎, 山崎 裕, 大賀則孝, 佐藤 淳, 水谷篤史, 播磨美樹, 中澤誠太朗, 北川善政
    痛みと漢方 24 78 - 82 2014年 [査読有り][通常論文]
  • 口腔外から再建用プレート固定を行った無歯顎の外傷性両側下顎骨体部骨折の1例(症例報告)
    浅香 卓哉, 秦 浩信, 宮腰 昌明, 坂田 健一郎, 佐藤 明, 北川 善政
    13 1 1 - 5 2014年 [査読有り][通常論文]
  • 舌痛症に対する立効散の有用性に関する検討(原著論文)
    坂田 健一郎, 山崎 裕, 大賀 則考, 佐藤 淳, 水谷 篤史, 播磨 美樹, 中澤 誠多朗, 北川 善政
    24 78 - 81 2014年 [査読有り][通常論文]
  • 山崎 裕, 坂田 健一郎, 佐藤 淳, 大内 学, 秦 浩信, 水谷 篤史, 北川 善政
    口腔科学会雑誌 62 4 247 - 253 2013年 [査読有り][通常論文]
  • 義歯に定着したカンジダに対する3室ダブルイン型電解機能水(高還元水、高酸化水)の除菌効果(原著論文)
    坂田 健一郎, 山崎 裕, 大内 学, 亀崎 良助, 佐藤 嘉晃, 後藤 まりえ, 久本 芽璃, 飯田 順一郎, 横山 敦郎, 北川 善政
    北海道歯学雑誌 34 1 11 - 17 2013年 [査読有り][通常論文]
  • 坂田 健一郎, 清水 史明, 加藤 愛子, 上原 幸, 松田 佳歩, 高橋 喜浩, 藤原 作平
    臨床皮膚科 67 9 685 - 688 2013年 [査読有り][通常論文]
  • 味覚異常の自覚症状と血清亜鉛値の関連についての研究(原著論文)
    坂田 健一郎, 山崎 裕, 佐藤 淳, 秦 浩信, 水谷 篤史, 大内 学, 北川 善政
    口腔内科学会雑誌 18 2 39 - 43 2012年 [査読有り][通常論文]

書籍

  • 医薬品副作用学(第3版)下巻-薬剤の安全使用アップデート-」Ⅵ 臓器・系統別副作用各論-重大副作用を中心に-16.感覚器(3)味覚障害
    北川善政, 坂田健一郎 
    日本臨牀増刊 2019年

講演・口頭発表等

  • 味覚障害に対する亜鉛補充療法  [通常講演]
    坂田健一郎
    国際亜鉛学会 2019年
  • 味覚障害に対する亜鉛補充療法の効果検討  [通常講演]
    坂田健一郎
    亜鉛治療研究会 2019年
  • 顎骨骨髄炎に対する治療前後の核医学的評価  [通常講演]
    坂田健一郎
    米国核医学会 2019年
  • 肝疾患と亜鉛補療法  [通常講演]
    坂田健一郎
    室蘭市医師会学術講演 2018年 公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等
  • 舌痛症に対する立効散の効果と安全性の検討  [通常講演]
    坂田健一郎
    日本歯科東洋医学会 2018年
  • 感染を生じた幼児の先天性口角瘻の1例  [通常講演]
    坂田健一郎
    口腔外科学会 2018年
  • 味覚障害患者に対し亜鉛補充療法は有効か?  [通常講演]
    坂田健一郎
    口腔内科学会 2017年
  • 特発性ならびに心因性味覚障害患者に対する新たな治療選択-ロフラゼプ酸エチルの効果-  [通常講演]
    坂田健一郎
    口腔科学会 北日本地方会 2017年
  • 当科で経験した75歳以上における全身麻酔下埋伏歯抜歯症例の検討  [通常講演]
    坂田健一郎
    口腔外科学会 北日本地方会 2017年
  • 75歳以上高齢者における埋伏歯抜歯症例の臨床的検討  [通常講演]
    坂田健一郎
    北海道病院歯科医会 臨床検討会 2017年
  • 舌痛症に対する新たな治療選択 –立効散の試み-  [通常講演]
    坂田健一郎
    2016年 口頭発表(一般)
  • RNA編集酵素ADAR2の発現抑制は悪性中皮腫細胞の悪性度を低下させる  [通常講演]
    坂田健一郎
    2015年
  • RNA編集酵素ADAR2の発現抑制は悪性中皮腫細胞の増殖・運動・浸潤性を低下させる。  [通常講演]
    坂田健一郎
    2014年 口頭発表(一般)
  • Clinical efficacy of Japanese traditional medicine for patients with glossodynia .  [通常講演]
    坂田健一郎
    米国口腔内科学会 2014年 ポスター発表
  • RNA編集酵素ADAR2の発現抑制は悪性中皮腫細胞の悪性度を低下させる。  [通常講演]
    坂田健一郎
    北海道歯学会 秋季学術大会 2014年
  • A to I RNA-editing enzyme, ADAR2, regulates cell proliferation, motility and invasion in human mesothelioma cells  [通常講演]
    坂田健一郎
    2014年
  • RNA編集酵素ADAR2の発現抑制は悪性胸膜中皮腫細胞の悪性度を低下させる  [通常講演]
    坂田健一郎
    北海道癌談話会・腫 瘍 系 分 科 会 2014年 ポスター発表
  • 舌痛症に対する漢方薬の効果  [招待講演]
    坂田健一郎
    北海道漢方医学研究会 2014年 口頭発表(一般)
  • 特発性ならびに心因性味覚障害患者に対するロフラゼブ酸エチルの効果  [通常講演]
    坂田健一郎
    歯科心身学会総会 2014年
  • 舌痛症に対する立効散の効果  [招待講演]
    坂田健一郎
    疼痛漢方研究会 2014年
  • 舌痛症に対する漢方薬の効果  [通常講演]
    坂田健一郎
    北海道漢方医学研究会 2013年
  • 舌痛症に対する塩酸パロキセチン錠の効果と安全性に関する研究  [通常講演]
    坂田健一郎
    歯科心身学会総会 2013年
  • 舌痛症に対する立効散の効果  [通常講演]
    坂田健一郎
    疼痛漢方研究会 2013年
  • 舌痛症に対する立効散の有用性に関する検討  [通常講演]
    坂田健一郎
    口腔外科学会北日本地方会 2013年
  • 血清亜鉛値は必ずしも、味覚障害を反映しない  [通常講演]
    坂田健一郎
    口腔科学会総会 2013年
  • 義歯に定着したカンジダ菌に対する3室型電解機能水(高還元水、高酸化水)の除菌効果  [通常講演]
    坂田健一郎
    口腔機能水学会総会 2013年
  • 頬部の皮下に発症した脂肪組織炎様T細胞リンパ腫の1例  [通常講演]
    坂田健一郎
    口腔内科学会総会 2012年
  • 味覚障害患者に対するロフラゼプ酸エチルの効果  [通常講演]
    坂田健一郎
    2012年
  • すべての味覚障害患者に対し亜鉛製剤の補充は有効か?  [通常講演]
    坂田健一郎
    口腔科学会総会 2012年
  • 血清亜鉛値は味覚異常患者において重要か?  [通常講演]
    坂田健一郎
    口腔粘膜学会総会 2011年09月
  • 無歯顎患者に生じた外歯瘻の2例  [通常講演]
    坂田健一郎
    西皮膚科学会大分地方会 2011年
  • 下顎骨骨髄炎と臨床診断された原発性骨内扁平上皮癌の1例  [通常講演]
    坂田健一郎
    口腔科学会九州地方会 2010年
  • 味覚障害に対する亜鉛補充療法の効果  [通常講演]
    坂田健一郎
    口腔科学会

その他活動・業績

  • 高度僧帽弁閉鎖不全症を伴う抗リン脂質抗体症候群患者の下顎埋伏智歯抜歯術の1例
    村井 知佳, 坂田 健一郎, 吉川 和人, 佐藤 淳, 佐藤 明, 北川 善政 日本口腔外科学会雑誌 66 (1) 8 -14 2020年01月 [査読無し][通常論文]
  • 浅香 卓哉, 坂田 健一郎, 竹川 英輝, 羽藤 裕之, 鎌口 真由美, 大賀 則孝, 佐藤 淳, 山崎 裕, 北川 善政 日本口腔外科学会雑誌 65 (8) 500 -506 2019年08月 [査読無し][通常論文]
     
    2012年1月〜2018年4月に立効散含嗽療法を1日3回1ヵ月間継続した舌痛症90例(男7例、女83例、年齢中央値67歳)を対象として、治療効果と安全性を後ろ向きに調査した。投与開始および単独投与終了時のVisual Analogue Scale(VAS)の改善率が100%であった治癒群は10例、99〜50%改善した改善群は44例、49〜1%改善した軽快群は12例、不変群22例、悪化群2例であり、奏効率は60%であった。投与開始時のVASは、奏効群は84であったのに対し、非奏効群は51で有意差を認めた。90例全例で副作用は認めなかったが、研究期間中に立効散含嗽療法を実施し解析対象から除外した131例のうち1例で含嗽開始と同時に多発性口内炎を発症し、薬剤との関連が疑われた。
  • 味覚障害に対する東洋医学的アプローチ 補中益気湯が奏効した3症例
    庵 敬, 坂田 健一郎, 浅香 卓哉, 佐藤 淳, 北川 善政 The Quintessence 38 (7) 1511 -1516 2019年07月 [査読無し][通常論文]
     
    症例1は40歳代男性で、口の中に何もないにもかかわらず苦味を感じる自発性異常味覚を自覚した。血液検査・カンジダ培養検査はいずれも正常であり、原因として疲労による体力低下や免疫力低下などの全身的要因が考えられた。補中益気湯7.5g/日分3の投与を開始したところ、2週間後頃から徐々に症状の改善を自覚した。症例2は60歳代男性で、初診の1ヵ月半ほど前に近医皮膚科にて中毒疹のため入院加療を受け、中毒疹の発症と同時に味覚消失を自覚した。補中益気湯7.5g/日分3の投与を開始したところ、2週間後頃より若干の症状改善を自覚し、3ヵ月後にはVAS 50/100に改善した。症例3は60歳代男性で、右耳下腺癌術後照射における口腔ケアで当科受診中であった。照射開始後8ヵ月経過頃より自発性異常味覚(酸味)を自覚した。補中益気湯7.5g/日分3の投与を開始したところ、投与開始後1ヵ月でVAS 50/100に改善した。
  • 坂田 健一郎, 榊原 典幸, 水野 貴行, 加藤 卓己, 日笠 紘志, 北川 善政 日本口腔外科学会雑誌 65 (7) 474 -478 2019年07月 [査読無し][通常論文]
     
    症例は1歳7ヵ月の男児で、初診の3週間前に患児の母が左頬部の腫脹に気づき、近医小児科を受診したところ、左頬部腫瘤の精査依頼で当科受診となった。左頬部嚢胞の疑いにて、外来にて1ヵ月ごとの定期観察を行い、初診より6ヵ月後(2歳1ヵ月)にCT検査を行った。左頬筋の外側に径約11mm大の嚢胞性病変を認め、類皮嚢胞を疑い成長を待って摘出する方針とした。その後、2歳4ヵ月時に39.5℃の発熱および左頬部の嚢胞性病変を中心に発赤、び漫性の腫脹および頬部膿瘍を認めた。口腔憩室から左頬部の嚢胞性病変への感染を疑い、消炎後の2歳7ヵ月時に全身麻酔下に摘出した。頬部皮膚側の瘻孔部を紡錘形に切除し、瘻管を追求すると左同角と連続し口角瘻であることが確認された。口角痩は唇交連の外側にあり直径約1mmで、瘻管および頬部瘻孔を含め摘出し創部は縫縮した。術後1年6ヵ月が経過しているが、特に異常を認めず経過良好である。
  • 森本 真弘, 浅香 卓哉, 鎌口 真由美, 山下 映美, 坂田 健一郎, 大内 学, 大賀 則孝, 佐藤 淳, 佐藤 千晴, 北川 善政 日本口腔外科学会雑誌 65 (7) 447 -454 2019年07月 [査読無し][通常論文]
     
    当科を受診した掌蹠膿疱症患者において、慢性歯性感染病巣、金属アレルギーの有無、口腔内保有金属の状態などについて検討した。2010年7月〜2014年5月に皮膚科または近医内科で掌蹠膿疱症と臨床的に診断され当科を受診し、当院または他院で金属パッチテストを実施した29例(男性5例、女性24例、中央値58歳)を対象とした。パッチテスト陽性は22例(75.9%)、陰性は7例(24.1%)であった。全29例中14例(48.3%)が口腔内に陽性金属ありと判断された。保有陽性金属の種類はパラジウム(9例)、亜鉛(5例)、コバルト(1例)、金(1例)、ニッケル(1例)の順であった。また、臨床所見およびX線所見にて慢性歯性感染病巣を認めた症例は25例であり、このうち辺縁性歯周炎は23例、根尖性歯周炎16例、智歯周囲炎2例、上顎洞炎1例であった。口腔内の陽性金属保有も慢性歯性感染病巣も認められない症例は29例中3例のみであった。
  • 北川 善政, 坂田 健一郎 日本臨床 77 (増刊4 医薬品副作用学(下)) 538 -545 2019年07月 [査読無し][通常論文]
  • 味覚障害に対する東洋医学的アプローチ 補中益気湯が奏効した3症例
    庵 敬, 坂田 健一郎, 浅香 卓哉, 佐藤 淳, 北川 善政 The Quintessence 38 (7) 1511 -1516 2019年07月 [査読無し][通常論文]
  • 掌蹠膿疱症と歯科金属アレルギーおよび歯性病巣感染との関連についての検討
    森本 真弘, 浅香 卓哉, 鎌口 真由美, 山下 映美, 坂田 健一郎, 大内 学, 大賀 則孝, 佐藤 淳, 佐藤 千晴, 北川 善政 日本口腔外科学会雑誌 65 (7) 447 -454 2019年07月 [査読無し][通常論文]
  • 感染を生じた幼児の先天性口角瘻の1例
    坂田 健一郎, 榊原 典幸, 水野 貴行, 加藤 卓己, 日笠 紘志, 北川 善政 日本口腔外科学会雑誌 65 (7) 474 -478 2019年07月 [査読無し][通常論文]
  • 味覚障害に対する亜鉛補充療法の効果
    坂田 健一郎, 山崎 裕, 佐藤 淳, 浅香 卓哉, 山下 映美, 大賀 則孝 日本口腔科学会雑誌 68 (2) 183 -184 2019年07月 [査読無し][通常論文]
  • 口腔内異常感症に対する半夏厚朴湯の効果
    武田 遼, 坂田 健一郎, 浅香 卓哉, 佐藤 淳, 佐藤 明, 大賀 則孝, 羽藤 裕之, 庵 敬, 北川 善政 痛みと漢方 29 103 -107 2019年05月 [査読無し][通常論文]
     
    当科では口腔内異常感症に対する第一選択薬として抗うつ薬や抗不安薬を使用し、これらの薬剤が奏効しない場合や副作用で中止した場合は、咽喉頭異常感症への効果が報告される半夏厚朴湯を投与している。今回、口腔内異常感症に対する半夏厚朴湯の効果を検討した。対象は2012年〜2018年で口腔内異常感症と診断した患者で、半夏厚朴湯(TJ-16(7.5g、分3/日)28日間以上、単独投与した26例とした。改善の評価方法はカルテ記載等を元にCGIスコアにより8段階に分類した。全体の改善率を算出後、精神疾患、合併症別、男女比、年齢、病悩期間、前治療の各項目別でも改善率を解析した。改善率は23%と低いものの、口腔内異常感症と咽喉頭異常感症を併発した7例では4例で改善を認めた。改善群では病悩期間が有意に短かった(p<0.05)。咽喉頭異常感症を併発する口腔内異常感症に対して、半夏厚朴湯は有効な治療法になり得ると考えられた。(著者抄録)
  • 浅香 卓哉, 坂田 健一郎, 羽藤 裕之, 大賀 則孝, 佐藤 淳, 北川 善政 歯科薬物療法 38 (2) 179 -179 2019年03月 [査読無し][通常論文]
  • 山下 映美, 佐藤 淳, 浅香 卓哉, 坂田 健一郎, 北川 善政 北海道歯学雑誌 39 (2) 122 -130 2019年03月 [査読無し][通常論文]
     
    【緒言】高齢者が健康に生活してQOLを保つために豊かな食生活は不可欠であるが、味覚異常を訴える高齢者は増加傾向にあり、それにより食べる楽しみが失われ、健康状態にまで影響を及ぼす可能性がある。著者らが所属する北海道大学病院歯科診療センター口腔内科に味覚異常を主訴に来院する患者も増加している。今回、当科を受診した味覚障害患者の背景因子、原因、診断と治療効果を明らかにする目的で検討した。【対象と方法】2010年7月から2017年3月に味覚異常を主訴に当科を受診した271例を自覚症状、背景因子、原因、検査所見、治療法、治療効果について後方視的に検討した。【結果と考察】対象271名の性別は男性71例、女性200例で、年齢は19歳から94歳(平均65.5歳)であった。主な自覚症状は味覚減退116例(43%)、自発性異常味覚91例(34%)であった。主な原因は心因性97例(36%)、口腔疾患58例(21%)、特発性54例(20%)であった。自発性異常味覚では41例(45%)の原因が心因性で、他と比較して心因性の割合が有意に高かった(P<0.05;χ2=4.5)。治療法は236例(87%)に薬物療法が行われ、236例中181例(77%)で改善を認めた。主な使用薬剤はロフラゼプ酸エチル(110例、41%)、漢方(106例、39%)であった。改善率はロフラゼプ酸エチル77%、漢方56%であった。病悩期間に関しては6ヵ月未満の症例の改善率は80%である一方で、6ヵ月以上の症例は71%であり、有意差は認めなかった(P=0.09、χ2=2.2)。【結論】当科を受診した味覚障害患者の原因は心因性、口腔疾患、特発性が全体の77%を占めていた。治療は多くの症例で薬物療法が行われ、ロフラゼプ酸エチルの改善率が高かった。治療法の選択については慎重な原因鑑別が重要であると考えられた。(著者抄録)
  • 味覚障害患者における臨床的特徴と治療成績に関する検討
    山下 映美, 佐藤 淳, 浅香 卓哉, 坂田 健一郎, 北川 善政 北海道歯学雑誌 39 (2) 160 -160 2019年03月 [査読無し][通常論文]
  • 当科における自発性異常味覚91例についての臨床的検討
    山下 映美, 佐藤 淳, 浅香 卓哉, 坂田 健一郎, 土屋 恵李佳, 宮腰 昌明, 佐藤 千晴, 山崎 裕, 北川 善政 日本口腔診断学会雑誌 32 (1) 81 -82 2019年02月 [査読無し][通常論文]
  • 森本 真弘, 佐藤 淳, 坂田 健一郎, 浅香 卓哉, 大賀 則孝, 北川 善政 日本口腔内科学会雑誌 24 (2) 36 -40 2018年12月 [査読無し][通常論文]
     
    von Willebrand病(vWD)は、出血時間の延長を呈する疾患である。今回著者らは、重症vWD患者に対して同時に3本の智歯の抜去を行ったので報告する。患者は36歳女性で、主訴は右側下顎智歯部の痛みであった。術前にヒト血液凝固第VIII因子を補充し、智歯3本を一括で抜歯した。手術は出血傾向を認めず終了し、創部は良好に治癒した。vWDの出血管理について、歯科医師は慎重に治療方針を決定する必要がある。(著者抄録)
  • 当科における自発性異常味覚91例についての臨床的検討
    山下 映美, 佐藤 淳, 浅香 卓哉, 坂田 健一郎, 土屋 恵李佳, 宮腰 昌明, 佐藤 千晴, 山崎 裕, 北川 善政 日本口腔内科学会雑誌 24 (2) 69 -70 2018年12月 [査読無し][通常論文]
  • 舌痛症に対する立効散の効果と安全性の検討
    坂田 健一郎, 浅香 卓哉, 武田 遼, 北川 善政 日本歯科東洋医学会学術大会 36回 32 -32 2018年10月 [査読無し][通常論文]
  • 口腔内異常感症に対する半夏厚朴湯の効果
    武田 遼, 坂田 健一郎, 浅香 卓哉, 北川 善政 日本歯科東洋医学会学術大会 36回 33 -33 2018年10月 [査読無し][通常論文]
  • 味覚障害患者に対し亜鉛補充療法は有効か?
    坂田 健一郎, 山崎 裕, 浅香 卓哉, 佐藤 淳, 山下 映美, 水野 貴行, 加藤 卓己, 榊原 典幸, 北川 善政 日本口腔診断学会雑誌 31 (1) 107 -107 2018年02月 [査読無し][通常論文]
  • 当院口腔管理センターにおける歯科衛生士の役割
    小嶋 愛美, 加藤 卓己, 水野 貴行, 坂田 健一郎, 日笠 紘志, 鈴木 健一郎, 榊原 典幸 日本口腔診断学会雑誌 31 (1) 113 -113 2018年02月 [査読無し][通常論文]
  • 当院における周術期口腔機能管理の現状と効果分析
    加藤 卓己, 榊原 典幸, 水野 貴行, 坂田 健一郎, 日笠 紘志, 鈴木 健一郎 日本口腔診断学会雑誌 31 (1) 132 -132 2018年02月 [査読無し][通常論文]
  • 味覚障害患者に対し亜鉛補充療法は有効か?
    坂田 健一郎, 山崎 裕, 浅香 卓哉, 佐藤 淳, 山下 映美, 水野 貴行, 加藤 卓己, 榊原 典幸, 北川 善政 日本口腔内科学会雑誌 23 (2) 151 -151 2017年12月 [査読無し][通常論文]
  • 当院口腔管理センターにおける歯科衛生士の役割
    小嶋 愛美, 加藤 卓己, 水野 貴行, 坂田 健一郎, 日笠 紘志, 鈴木 健一郎, 榊原 典幸 日本口腔内科学会雑誌 23 (2) 157 -157 2017年12月 [査読無し][通常論文]
  • 当院における周術期口腔機能管理の現状と効果分析
    加藤 卓己, 榊原 典幸, 水野 貴行, 坂田 健一郎, 日笠 紘志, 鈴木 健一郎 日本口腔内科学会雑誌 23 (2) 176 -176 2017年12月 [査読無し][通常論文]
  • 当科における70歳以上の下顎骨骨折症例の臨床的検討
    水野 貴行, 榊原 典幸, 加藤 卓己, 坂田 健一郎, 日笠 紘志 口腔顎顔面外傷 16 (2) 79 -79 2017年10月 [査読無し][通常論文]
  • 小児下顎骨複線骨折に対して観血的整復固定術を施行した一例
    日笠 紘志, 加藤 卓己, 水野 貴行, 坂田 健一郎, 榊原 典幸 口腔顎顔面外傷 16 (2) 90 -90 2017年10月 [査読無し][通常論文]
  • 特発性ならびに心因性味覚障害患者に対する新たな治療選択 ロフラゼプ酸エチルの効果
    坂田 健一郎, 山崎 裕, 浅香 卓哉, 大賀 則孝, 佐藤 淳, 佐藤 千晴, 榊原 典幸, 北川 善政 日本口腔科学会雑誌 66 (3) 256 -256 2017年09月 [査読無し][通常論文]
  • 当科における過去10年間の下顎骨骨折症例の臨床的検討
    水野 貴行, 榊原 典幸, 加藤 卓己, 坂田 健一郎, 日笠 紘志 口腔顎顔面外傷 15 (1-2) 63 -63 2016年12月 [査読無し][通常論文]
  • 舌痛症に対する立効散含嗽の補助療法としての有効性
    中澤 誠多朗, 坂田 健一郎, 横山 亜矢子, 岡田 和隆, 北川 善政, 山崎 裕 痛みと漢方 26 157 -162 2016年05月 [査読無し][通常論文]
     
    舌痛症は、舌に表在性の痛みあるいは異常感を訴えるが、それに見合うだけの局所あるいは全身性の病変が認められないものとして定義される。我々は以前の研究で、立効散内服が舌痛症患者に有用であると報告した。今回の研究では舌痛症の表在性の疼痛ならびに日内変動を示すという特徴に着目し、疼痛時の立効散含嗽が舌痛症患者に対して有効であるかを検討した。当科外来で舌痛症と診断された29例を舌痛症群とし、舌痛のない15例の対照群とでそれぞれに立効散1包(2.5g)を含嗽させた。その結果、舌痛症群では立効散含嗽後の痺れの持続時間が、対照群に比べて有意に延長していた。舌痛症群では立効散含嗽により93%で舌痛の軽減を自覚し、舌痛軽減の持続時間は痺れの持続時間より有意に延長していた。舌痛症群の約半数で立効散含嗽の継続を希望され、その71%で舌痛の改善ないし消失を認めた。以上より立効散含嗽療法は舌痛症患者に対する補助療法となり得ると考えられた。(著者抄録)
  • 舌痛症の補助療法としての立効散含嗽の試み
    中澤 誠多朗, 近藤 美弥子, 坂田 健一郎, 北川 善政, 山崎 裕 日本歯科心身医学会雑誌 30 (2) 76 -77 2015年12月 [査読無し][通常論文]
  • RNA編集酵素ADAR2は、ヒト悪性中皮腫においてoncomiRのプロセッシングと悪性化を制御する
    飯笹 久, 坂田 健一郎, 前田 浩次郎, 柳原 五吉, 久保 貴紀, 吉山 裕規, 程 久美子, 浜田 淳一 日本癌学会総会記事 74回 P -1138 2015年10月 [査読無し][通常論文]
  • 低酸素環境下で増強するヒト悪性胸膜中皮腫細胞の運動・浸潤能におけるHIF1およびMUC1の役割
    項 慧慧, Gordarzi Houman, 飯笹 久, 坂田 健一郎, 樋田 泰浩, 柳原 五吉, 久保 貴紀, 中川 宏治, 小林 正伸, 入村 達郎, 浜田 淳一 日本癌学会総会記事 74回 P -1192 2015年10月 [査読無し][通常論文]
  • RNA編集酵素ADAR2の発現抑制は悪性中皮腫細胞の悪性度を低下させる
    坂田 健一郎, 吉川 和人, 榊原 典幸, 北川 善政 日本口腔科学会雑誌 64 (2) 150 -150 2015年07月 [査読無し][通常論文]
  • RNA編集酵素ADAR2の発現抑制は悪性中皮腫細胞の悪性度を低下させる
    坂田 健一郎, 前田 浩次郎, 桜井 希, 中澤 誠多朗, 項 慧慧, 梁 珊珊, 吉山 裕規, 柳原 五吉, 久保 貴紀, 川内 秀之, 浜田 淳一, 飯笹 久, 北川 善政 北海道歯学雑誌 35 (2) 189 -189 2015年03月 [査読無し][通常論文]
  • 心因性と特発性の味覚障害患者に対するロフラゼプ酸エチルの効果
    坂田 健一郎, 山崎 裕, 大賀 則孝, 浅香 卓哉, 近藤 美弥子, 中澤 誠多朗, 村井 知佳, 北川 善政 日本歯科心身医学会雑誌 29 (2) 60 -64 2014年12月 [査読無し][通常論文]
     
    心因性と特発性の味覚障害患者に対するロフラゼプ酸エチル(EL)の効果について検討した。心因性と特発性の味覚障害と診断した36例(有効性解析対象31例)を対象とした。味覚障害の改善は19例に認め、改善率は61%であった。不変症例は12例で悪化症例は認めなかった。味覚障害の原因別では、心因性67%、特発性54%で有意差はなかった。対象31例は全て血清亜鉛値が64μg/dL以上と正常であった。安全性解析対象36例中、5例(眠気4例、蕁麻疹1例)が早期脱落したが、EL投与中止により副作用症状は早期に改善した。有効解析対象31例では、8例(眠気7例、ふらつき1例)に有害事象を認めたが、症状がいずれも軽微なため投与継続可能能であった。副作用のため減量し投与を継続した症例は2例であった。全体の副作用の発生率は36%、投与中止率は14%であった。
  • 特発性ならびに心因性味覚障害患者に対するロフラゼブ酸エチルの効果 味覚障害患者に対するロフラゼブ酸エチルの効果
    坂田 健一郎, 山崎 裕, 北川 善政 日本歯科心身医学会雑誌 29 (2) 95 -96 2014年12月 [査読無し][通常論文]
  • 口腔外から再建用プレート固定を行った無歯顎の外傷性両側下顎骨体部骨折の1例
    浅香 卓哉, 秦 浩信, 宮腰 昌明, 坂田 健一郎, 佐藤 明, 北川 善政 口腔顎顔面外傷 13 (1) 1 -5 2014年11月 [査読無し][通常論文]
     
    症例は75歳男性で、転倒して下顎を強打し、疼痛および開口障害が生じた。X線で萎縮した無歯顎の両側下顎骨体部に骨折を認め、左側では小骨片の変位がみられた。手術適応と考えたが、口内法によるミニプレート固定では義歯の支持域を避けての強固な固定を得ることは困難と判断し、口腔外から固定を行う方針とした。下顎下縁の切開により骨折部を明示し、骨片を徒手整復した後、厚さ2mmの再建用6穴チタンプレート2枚およびロッキングスクリュー12本を用いてmonocorticalに固定を行った。さらに義歯支持域の歯槽頂を避けて、厚さ1mmのミニプレートおよび5mmのスクリュー8本で追加固定した。術後左側顔面神経下顎縁枝領域に軽度の麻痺を認めたが、7日目には消失し、総義歯装着も可能であった。10ヵ月経過して骨片間の良好な骨癒合を認め、プレートやスクリューの脱落などもない。
  • RNA編集酵素ADAR2は悪性胸膜中皮腫細胞の増殖・運動・浸潤性を制御する(A to I RNA-editing enzyme, ADAR2, regulates cell proliferation, motility and invasion in human mesothelioma cells)
    坂田 健一郎, 前田 浩次郎, 桜井 希, 梁 珊珊, 中澤 誠多朗, 吉山 裕規, 柳原 五吉, 久保 貴紀, 北川 善政, 川内 秀之, 浜田 淳一, 飯笹 久 日本癌学会総会記事 73回 J -2091 2014年09月 [査読無し][通常論文]
  • 坂田健一郎, 山崎裕, 佐藤淳, 秦浩信, 水谷篤史, 北川善政 日本口腔科学会雑誌 63 (1) 132 -132 2014年01月10日 [査読無し][通常論文]
  • 坂田 健一郎, 山崎 裕, 大内 学, 亀崎 良助, 佐藤 嘉晃, 後藤 まりえ, 久本 芽璃, 飯田 順一郎, 横山 敦郎, 北川 善政 北海道歯学雑誌 34 (1) 11 -17 2013年09月15日 [査読無し][通常論文]
     
    カンジダ性の義歯性口内炎では,義歯がカンジダの温床になるため,義歯に対する適切な管理をしなければ再燃を繰り返すことが知られている.現在までにさまざまな義歯に対して管理が行われてきたが,十分な効果と安全性が得られる方法はない.そこで今回,3室ダブルイン型電解システムにより精製される,高還元水と高酸化水を用いた義歯洗浄が,カンジダの除菌に有用であるかを検討した.上顎義歯性口内炎を有する患者の上顎義歯粘膜面からカンジダ培養検査を施行し,カンジダ陽性が確認された30例を対象とした.方法は,高還元水を用いた5分間の超音波洗浄後に,高酸化水でも5分間同様の処置を行った.洗浄後にカンジダのコロニーの消失を認めた義歯は33%(10/30),また明らかな菌数の減少が80%(24/30)の義歯に認められた.3室型電解機能水は生体に対する安全性も確立されており,この機能水による義歯洗浄は,カンジダの除菌に有用であると考えられた.
  • 山崎 裕, 坂田 健一郎, 佐藤 淳 日本口腔科学会雑誌 62 (4) 247 -253 2013年09月 [査読無し][通常論文]
  • 坂田 健一郎, 清水 史明, 加藤 愛子 臨床皮膚科 67 (9) 685 -688 2013年08月 [査読無し][通常論文]
  • 義歯に定着したカンジダ菌に対する3室型電解機能水(高酸性水、高還元水)の除菌効果
    坂田 健一郎, 山崎 裕, 大内 学, 北川 善政 日本口腔機能水学会誌 14 (1) 50 -51 2013年03月 [査読無し][通常論文]
  • 頬部の皮下組織に発症した脂肪組織炎様T細胞リンパ腫の1例
    坂田 健一郎, 山崎 裕, 黒嶋 雄志, 佐藤 淳, 秦 浩信, 北川 善政 日本口腔診断学会雑誌 26 (1) 110 -110 2013年02月 [査読無し][通常論文]
  • 北海道大学病院口腔内科における味覚異常患者210例の臨床的検討
    山崎 裕, 坂田 健一郎, 佐藤 淳, 大内 学, 秦 浩信, 水谷 篤史, 北川 善政 日本口腔診断学会雑誌 26 (1) 125 -125 2013年02月 [査読無し][通常論文]
  • 坂田健一郎, 山崎裕, 佐藤淳, 秦浩信, 水谷篤史, 北川善政 日本口腔科学会雑誌 62 (1) 55 -55 2013年01月10日 [査読無し][通常論文]
  • 山崎 裕, 坂田 健一郎, 佐藤 淳, 大内 学, 秦 浩信, 水谷 篤史, 北川 善政 口腔科 62 (4) 247 -253 2013年 [査読無し][通常論文]
     
    We performed a retrospective study to elucidate the clinical characteristics of taste disorders in patients attending our dental clinic. Subjects comprised 210 outpatients (54 men, 156 women, mean age 65) that reported taste disorders within the past 4.5 years. Hypogeusia and ageusia were the most common conditions (42%), followed by phantogeusia (39%). The main causes of taste disorders among our patients included idiopathic taste disturbance (27%), oral diseases (26%) and psychogenic taste disturbance (25%). Oral diseases involved oral candidiasis (57%) and oral dryness (25%). Treatment mainly consisted of drug therapy; patients with idiopathic and psychogenic taste disturbance were treated with ethyl loflazepate, and patients with zinc deficiency were treated with polaprezinc. The overall improvement rate of symptoms was 61%. Patients with oral disease showed good response (90% improvement rate) to therapy.<br>Since this study showed that taste disorders in several patients were caused by various oral diseases, dentists should be aware that oral diseases such as oral candidiasis and oral dryness can lead to taste disorders, most of which respond well to dental management.
  • 山崎裕, 坂田健一郎, 佐藤淳, 大内学, 秦浩信, 水谷篤史, 北川善政 日本口腔診断学会総会プログラム・抄録集 25th (2) 87 -108 2012年12月 [査読無し][通常論文]
  • 坂田 健一郎, 山崎 裕, 佐藤 淳, 秦 浩信, 水谷 篤史, 大内 学, 北川 善政 日本口腔内科学会雑誌 18 (2) 39 -43 2012年 [査読無し][通常論文]
     
    味覚障害の主因は亜鉛欠乏とされ,治療は主に亜鉛製剤の補充療法が行われている。しかし,実際の臨床において亜鉛製剤の補充で効果がない症例を経験することが多い。また,我々の過去の報告では心因性と同様にカンジダ症,口腔乾燥症,舌炎などが味覚障害を引き起こすことがわかってきた。そこで今回,当科外来の味覚異常を訴えた患者で,実際に血清亜鉛値が低下しているか否かを検索するために,味覚異常を主訴に当科を受診した患者(n=144:味覚異常群)と,年齢と性別が一致した他疾患患者(n=159:対照群)の血清亜鉛値,亜鉛/銅 < 0.7を比較検討した。血清亜鉛値のカットオフ値を4段階に設定した(60μg/dl未満,64μg/dl未満,70μg/dl未満,80μg/dl未満)。血清亜鉛値の平均値,中央値,最高値,最低値は,味覚異常群で,74.4,72.0,155,45.0μg/dl,対照群で,74.2,73.7,156,49.0μg/dlと両群間に差は認めなかった。血清亜鉛値のカットオフ値を60μg/dl未満に設定した時のみ,60μg/dl未満を示した症例は対照群と比較して味覚異常群で有意に多かった(味覚異常群14%,対照群6%)。亜鉛/銅 < 0.7に含まれる割合は,味覚異常群64%,対照群61%と両群間に有意差は認めなかった。本研究では血清亜鉛値が高度に低下している場合以外は,味覚異常の自覚症状と血清亜鉛値の関連は認めなかった。以上から,血清亜鉛値は味覚異常を訴える患者すべてを対象とすると必ずしも反映しないことがわかった。
  • 無歯顎患者に生じた外歯瘻の2例
    藤原 作平, 石川 一志, 甲斐 宜貴, 竹尾 直子, 波多野 豊, 岡本 修, 坂田 健一郎, 高橋 喜浩, 清水 史明, 加藤 愛子, 上原 幸, 松田 佳歩 西日本皮膚科 73 (6) 630 -630 2011年12月 [査読無し][通常論文]
  • 血清亜鉛値は味覚異常患者において重要か
    坂田 健一郎, 山崎 裕, 佐藤 淳, 秦 浩信, 水谷 篤史, 北川 善政 日本口腔粘膜学会雑誌 17 (2) 68 -68 2011年12月 [査読無し][通常論文]
  • 下顎骨骨髄炎と臨床診断された原発性骨内扁平上皮癌の1例
    坂田 健一郎, 山形 純平, 藤澤 寛子, 神崎 夕貴, 河野 辰行, 手島 理絵, 池田 麻美, 板井 健, 野中 智美, 高橋 喜浩, 河野 憲司 日本口腔科学会雑誌 60 (3) 313 -313 2011年07月 [査読無し][通常論文]
  • 口腔癌切除後にnasolabial flapを用いた再建症例の検討
    田代 舞, 高橋 喜浩, 高橋 陽夫, 山口 健司, 藤澤 寛子, 神崎 夕貴, 河野 辰行, 阿部 史佳, 坂田 健一郎, 河野 憲司 日本口腔科学会雑誌 60 (1) 149 -149 2011年01月 [査読無し][通常論文]
  • 当科における過去10年間の歯性感染症による入院症例の検討
    山形 純平, 高橋 喜浩, 江口 美香, 神崎 夕貴, 田代 舞, 河野 辰行, 田嶋 理江, 手島 理絵, 阿部 史佳, 後藤 麻美, 坂田 健一郎, 川村 和弘, 高橋 陽夫, 藤澤 寛子, 河野 憲司 日本口腔外科学会雑誌 56 (Suppl.) 102 -102 2010年09月 [査読無し][通常論文]

受賞

  • 2019年08月 第19回亜鉛治療研究会 優秀演題賞
     味覚障害に対する亜鉛補充療法の効果検討 
    受賞者: 坂田健一郎
  • 2008年03月 昭和大学 昭和歯科医学生賞
     
    受賞者: 坂田健一郎

共同研究・競争的資金等の研究課題

  • 口腔がん悪性化におけるRNA編集酵素ADAR1の意義解明(研究活動スタート支援)18H06269
    日本学術振興会:
    研究期間 : 2018年 -2019年 
    代表者 : 坂田健一郎


Copyright © MEDIA FUSION Co.,Ltd. All rights reserved.