研究者データベース

大野 栄三(オオノ エイゾウ)
教育学研究院 教育学部門 教育学部門教育基礎論分野
教授

基本情報

所属

  • 教育学研究院 教育学部門 教育学部門教育基礎論分野

職名

  • 教授

学位

  • 博士(理学)(1989年 関西学院大学)
  • 修士(理学)(1984年 関西学院大学)
  • 学士(理学)(1982年 関西学院大学)

J-Global ID

プロフィール

  • 自然科学教育を中心に研究しています。教授過程の基本構造を明らかにするため、(1)教育内容、教材、授業プランの研究開発、(2)授業を研究するための方法(分析方法、評価方法)の検討を行っています。近年は、遠隔授業を対象にした研究にも興味を持っています。

研究キーワード

  • 物理教育   理科教育   カリキュラム論   教授学   教育方法学   

研究分野

  • 人文・社会 / 教科教育学、初等中等教育学
  • 人文・社会 / 科学教育
  • 人文・社会 / 教育学

職歴

  • 2009年 - 現在 北海道大学大学院教育学研究院 教授
  • 2007年 - 2009年 北海道大学大学院教育学研究院 准教授
  • 2000年 - 2007年 北海道大学大学院教育学研究科 助教授
  • 1995年 - 2000年 北海道大学教育学部 助教授
  • 1987年 - 1995年 シャープ株式会社技術本部 中央研究所

所属学協会

  • American Association of Physics Teachers   日本教師教育学会   日本物理学会   CIEC(コンピュータ利用教育学会)   日本物理教育学会   日本カリキュラム学会   日本教育方法学会   日本教育学会   GIREP   

研究活動情報

論文

書籍

  • 日本教育方法学会編 (担当:分担執筆範囲:ウィズ・コロナ禍の理科授業から考えるポスト・コロナ禍の教育)
    図書文化 2021年10月 (ISBN: 9784810017564) 165 92-105
  • Jouni Viiri, Jarkko Kilpelainen, Martina Kelule, Eizo Ohno, Jarkko Hautala (担当:分担執筆範囲:Eye-Movement Study of Mechanics Problem Solving Using Multimodal Options)
    Springer 2020年 (ISBN: 9783030511814) viii, 247 p. 145-154
  • 中等教育の課題に教育方法はどう取り組むか
    日本教育方法学会編 (担当:分担執筆範囲:2 探究を重視した理科授業を具体化するために)
    図書文化 2019年10月 (ISBN: 9784810097375) 151 23-35
  • 現代カリキュラム研究の動向と展望
    日本カリキュラム学会編 (担当:分担執筆範囲:第I部 第5章 教科とカリキュラム)
    教育出版 2019年05月 (ISBN: 9784316804514) 402 34-41
  • 学習集団研究の現在 Vol. 2 『学習集団づくりが描く「学びの地図」』
    深澤広明, 吉田成章 (担当:分担執筆範囲:理科の授業における認識形成と集団指導)
    渓水社 2018年03月 (ISBN: 9784863274334) 161 148-156
  • 教育方法46「学習指導要領の改訂に関する教育方法学的検討」:「資質・能力」の形成と「教科の本質」をめぐって
    日本教育方法学会編 (担当:分担執筆範囲:「資質・能力」の形成と「教科の本質」:理科)
    図書文化 2017年10月 (ISBN: 9784810076974) 176
  • 教科教育学シリーズ『理科教育』
    三石初雄, 西史 (担当:分担執筆範囲:電磁気の視点から考える物理学習)
    一藝社 2016年09月 (ISBN: 9784863590823) 253 99-108
  • 教育のグローパル化と道徳の「特別の教科」化
    日本教育方法学会編 (担当:分担執筆範囲:グローバル化は教育方法に何をもたらすのか)
    図書文化 2015年10月
  • 教育方法学研究ハンドブック
    日本教育方法学会 (担当:共編者(共編著者))
    学文社 2014年10月 (ISBN: 9784762024719) 444
  • 今を生きる 2 教育と文化
    (担当:分担執筆範囲:第10章 日本カリキュラム学会 復興教育への連携事業)
    東北大学出版会 2012年09月
  • Lesson Study in Japan
    National Association for the, Study of, Educational Methods (担当:分担執筆範囲:Education for Sciences)
    渓水社 2011年
  • 教職への道しるべ
    姉崎洋一, 大野栄三, 近藤健一郎 (担当:共編者(共編著者))
    八千代出版 2010年10月
  • 日本の授業研究:Lesson Study in Japan、上巻 授業研究の歴史と教師教育
    日本教育方法学会 (担当:分担執筆)
    学文社 2009年
  • 中学理科こばなし 下
    (担当:共著)
    星の環会 2006年
  • 中学理科こばなし 上
    (担当:共著)
    星の環会 2006年
  • 『学習意欲を高める授業』
    図書文化 2006年
  • 新しい理科の教科書 小学4年
    (担当:共編者(共編著者))
    文一総合出版 2004年
  • 授業づくりのための理科教育法
    (担当:共著)
    東京書籍 2004年
  • 新しい科学の教科書1
    (担当:共著)
    文一総合出版 2003年
  • 新しい科学の教科書3
    (担当:共著)
    文一総合出版 2003年
  • 地球環境のためにできること5 地球温暖化とわたしたちの暮らし
    (担当:単著)
    フレーベル館 2002年

講演・口頭発表等

  • Eizo Ohno
    The 15th Asia Pacific Physics Conference 2022年08月 口頭発表(招待・特別)
  • 大野 栄三
    日本物理学会 第77回年次大会 2022年03月 口頭発表(一般)
  • Eizo OHNO
    3rd World Conference on Physics Education, Hanoi, Vietnam 2021年12月 ポスター発表
  • 大野 栄三
    日本教育方法学会第57回大会 2021年09月 口頭発表(一般)
  • AIは医師育成に有用か?: Word2vecを用いたAI news teachingシステムの 外科プロフェッショナリズム教育への応用  [通常講演]
    村上 壮一, 副島 昌太, 濱邉 英彦, 石川 幸司, 大野 栄三, 平野 聡
    第15回 医療系eラーニング全国交流会 2020年12月 口頭発表(一般)
  • 大野 栄三
    World Conference on Science Literacy 2019 2019年10月 口頭発表(招待・特別) 北京、中国 China Association for Science and Technology
  • 大野 栄三
    日本物理学会2019年秋季大会 2019年09月 口頭発表(一般)
  • 大野 栄三
    第5回新潟大学レッスンスタディとアクティブラーニングのシンポジウム兼ワークショップ 2019年03月 口頭発表(招待・特別)
  • 大野 栄三
    日本物理学会2018年秋季大会 2018年09月 口頭発表(一般)
  • Jouni VIIRI, Jasmin KILPELÄINEN, Martina KEKULE, Eizo OHNO, Jarkko HAUTALA
    GIREP-MPTL 2018 2018年07月 口頭発表(一般)
  • 大野 栄三
    日本物理学会第73回年次大会 2018年03月 口頭発表(一般) 東京理科大学 野田キャンパス 日本物理学会
  • 大野栄三, Roman Rosiek, Miroslawa Sajka, 下條暁司, 岩田みちる
    日本物理教育学会第34回物理教育研究大会 2017年08月 口頭発表(一般)
  • Statistical analysis of eye movement data during problem solving in Force Concept Inventory  [通常講演]
    大野 栄三
    GIREP-ICPE-EPEC 2017 2017年07月 口頭発表(一般) Dublin City University, Dublin, Ireland
  • 物理教科書と授業プランがもつ半順序構造とその特質 II  [通常講演]
    大野 栄三
    日本物理学会 第72回年次大会 2017年03月 口頭発表(一般) 大阪大学
  • 公開シンポジウム「次期学習指導要領を問う ー「コンピテンシー」と「教科の本質」を中心にー」  [招待講演]
    大野 栄三
    日本教育方法学会 第52回大会 2016年10月 シンポジウム・ワークショップパネル(指名)
  • 物理教科書と授業プランがもつ半順序構造とその特質  [通常講演]
    大野 栄三
    日本物理学会 秋季大会 2016年09月 口頭発表(一般) 金沢大学 日本物理学会
  • Examining the Effects of Displaying Clicker Voting Results on High School Students’ Conceptual Learning Outcomes: A Comparative Study between Taiwan and Japan  [通常講演]
    Yu-Ta Chien, Eizo Ohno, Yu-Hsien Lee, Kohsuke Nomura, Chun-Yen Chang
    2016 International Conference of East-Asian Association for Science Education (EASE) 2016年08月 ポスター発表 Tokyo University of Science, Tokyo, Japan East-Asian Association for Science Education
  • Eye-movement Analysis while Solving Force Concept Inventory: A Comparative Study between Japan and Poland  [通常講演]
    Eizo Ohno, Roman Rosiek, Miroslawa Sajka, Atsushi Shimojo, Michiru Iwata
    2016 International Conference of East-Asian Association for Science Education (EASE) 2016年08月 口頭発表(一般) 東京理科大学、東京、日本 East-Asian Association for Science Education
  • Force Concept Inventory解答時の視線運動解析の国際比較  [通常講演]
    大野栄三, Roman Rosiek, Miroslawa Sajka, 下條暁司, 岩田みちる
    第33回物理教育研究大会 2016年08月 口頭発表(一般) 新潟大学教育学部 日本物理教育学会
  • Partially Ordered Structure in Physics Textbooks and Lesson Plans: Its Mathematical Representation and Application  [通常講演]
    大野 栄三
    The 2nd World Conference on Physics Education 2016年07月 口頭発表(一般) University of Sao PAULO, Brazil
  • 高校の理数教育は"inactive learning"か  [招待講演]
    大野 栄三
    日本教育方法学会第19回研究集会 2016年06月 シンポジウム・ワークショップパネル(指名) 大阪教育大学天王寺キャンパス 日本教育方法学会
  • 授業プランと物理教科書記述の分有関係構造の比較研究  [通常講演]
    大野 栄三
    日本物理学会第71回年次大会 2016年03月 口頭発表(一般)
  • Web ベースのレスポンスシステム CloudClassRoom を活用した授業研究  [通常講演]
    Yu-Ta Chien, Chun-Yen Chang, 大野栄三
    PCカンファレンス北海道2015 2015年11月 口頭発表(一般)
  • Force Concept Inventory解答過程の視線計測技術を使った分析  [通常講演]
    大野栄三, 下條暁司, 岩田みちる
    日本物理教育学会第32回物理教育研究大会 2015年08月 口頭発表(一般)
  • A Qualitative Study on Eye-tracking Analysis of Physics Problem Solving  [通常講演]
    大野 栄三, 下條暁司, 岩田みちる
    The 3rd International Conference for Science Educators and Teachers 2015年07月 口頭発表(一般)
  • Investigating How Students Use Voting Results Aggregated by Clickers to Participate in Peer Discussion  [通常講演]
    Yu-Ta Chien, Chun-Yen Chang, Yu-Hsien Lee, Tsung-Yen Li, Eizo Ohno
    The 3rd International Conference for Science Educators and Teachers 2015年07月 ポスター発表
  • Methodological investigation of physics textbook analysis based on triadic model of the signs  [通常講演]
    大野 栄三
    GIREP & EPEC 2015 2015年07月 ポスター発表
  • Analysis of problem solving processes in physics based on eye-movement data  [通常講演]
    大野栄三, 下條暁司, 岩田みちる
    GIREP & EPEC 2015 2015年07月 口頭発表(一般)
  • 教科書記述の記号論的解釈に基づく物理教科書の分析  [通常講演]
    大野 栄三
    日本物理学会第70回年次大会 2015年03月 口頭発表(一般)
  • Methodological Investigation of Physics Textbook Analysis Focused on Information  [通常講演]
    大野 栄三
    2014 Second IHPST Asian Regional Conference 2014年12月 口頭発表(一般)
  • Analysis of Physics Textbooks Based on the Triadic Model of Descriptions  [通常講演]
    大野 栄三
    NTNU-HU-SNU Joint Symposium on Science Education & the 17th HU-SNU Joint Symposium Satellite Session 2014年12月 口頭発表(一般)
  • 教科の知識内容と実験・観察活動の関係に着目した理科教科書分析: 理論的フレームワークと教科書比較事例の紹介  [通常講演]
    大野 栄三
    日本教育方法学会第50回記念大会 2014年10月 口頭発表(一般)
  • 大野 栄三
    GIREP-MPTL 2014 2014年07月 ポスター発表 パレルモ大学 イタリア
  • 研究大学が担う教師教育  [招待講演]
    大野 栄三
    教師教育学領域開設記念シンポジウム「教師教育における研究大学の役割と課題」 2014年02月 シンポジウム・ワークショップパネル(指名) 名古屋大学教育学部大講堂 名古屋大学大学院教育発達科学研究科
  • 教えるという教師の役割  [招待講演]
    大野 栄三
    大阪府教育センター研究フォーラム 2013年12月 公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等
  • Didactic transform and content knowledge representation  [通常講演]
    大野 栄三
    SNU-HU-NTNU Joint Symposium & Synergies Symposium 2013年12月 口頭発表(一般) ソウル大学 ソウル大学、北海道大学
  • 教育内容構成へのチャンネル理論の応用  [通常講演]
    大野 栄三
    日本教育方法学会 第49回大会 2013年10月 口頭発表(一般) 埼玉大学 日本教育方法学会
  • 情報の流れに着目した物理教育内容の構造とカリキュラム  [通常講演]
    大野 栄三
    日本物理学会 2013年秋季大会 2013年09月 口頭発表(一般) 徳島大学 常三島キャンパス 日本物理学会
  • 大野 栄三
    International Conference on Physics Education, ICPE 2013 2013年08月 ポスター発表 Don Giovanni Conference Centre, Prague, Czech Republic
  • 大野 栄三
    The 12th Asia Pacific Physics Conference of AAPPS 2013年07月 口頭発表(一般) 幕張メッセ、千葉 日本物理学会、応用物理学会
  • 教授学の科学化と教科専門  [通常講演]
    大野 栄三
    日本教科学学会準備大会 2013年03月 シンポジウム・ワークショップパネル(指名)
  • 講義「原子力発電と理科教育」の実践報告:2010年度から2012年度の講義を終えて  [通常講演]
    大野 栄三
    日本物理学会第68回年次大会 2013年03月 口頭発表(一般)
  • Coherent Structure of Science Classroom Discourse and Teachers' Perceptions  [通常講演]
    大野 栄三
    HU-SNU-NTNU joint symposium: Professional Development of Science Teachers in Asia 2012年12月 口頭発表(一般) 北海道大学 北海道大学、ソウル大学
  • 大野 栄三
    The World Conference on Physics Education 2012年07月 ポスター発表 イスタンブール、トルコ共和国
  • Understanding teachers’ perceptions and pedagogical knowledge for introducing scientific argumentation to science classes: A tentative result from the Korean and Japanese case studies  [通常講演]
    Junehee Yoo, Heui Baik Kim, Youngdal Cho, Eizo Ohno, Kazuyuki Asakawa, Jee Young Park, Seyoung Hwang, Dong Wook Lee, Enu Hee Lim, Sun Mi Yun
    The World Conference on Physics Education 2012年07月 シンポジウム・ワークショップパネル(公募)
  • 大野 栄三
    NTNU-HU-SNU joint symposium on Science Education: Broadening Horizons through Asian Dialogues 2011年11月 口頭発表(一般)
  • 理科授業における談話の分析枠組---動的意味論を使った解釈の試み  [通常講演]
    大野栄三
    日本教育方法学会 2011年10月
  • Analytic frameworks for studying science classroom discourse with dynamic semantic approach  [通常講演]
    大野 栄三
    GIREP-EPEC 2011 2011年08月 ポスター発表
  • Using Microtribology to Teach Friction  [通常講演]
    Yashuhiro Kudo, Eizo Ohno
    GIREP-EPEC 2011 2011年08月 ポスター発表 フィンランド
  • 物理領域の授業における談話の構造  [通常講演]
    大野栄三
    日本物理教育学会 2011年08月
  • Linguistic Analysis of Science Lessons and Improving Instructions  [通常講演]
    Eizo Ohno
    Joint Seminar in The 13th Hokkaido University-Seoul National University Joint Symposium 2010年11月 口頭発表(一般) 日本
  • 教員養成の現状と課題  [招待講演]
    大野栄三
    日本物理学会2010年秋季大会 2010年09月 シンポジウム・ワークショップパネル(指名)
  • Preliminary Study on Linguistic Approach to Analysis of Science Lessons  [通常講演]
    Eizo Ohno
    The 12th Seoul National University-Hokkaido University Joint Symposium: The Comparative Study of Science Education in Japan and Korea 2009年11月 口頭発表(一般) 韓国
  • 新しい高等学校学習指導要領・理科で何をなすべきか  [招待講演]
    大野栄三
    ジョイント・シンポジウム第20回記念 物理教育シンポジウム 2009年10月 シンポジウム・ワークショップパネル(指名)
  • 農業高校における研究授業を軸とした大学院教育プログラムの開発  [通常講演]
    大野栄三
    日本教育方法学会第44回大会 2008年10月
  • 教師コミュニティにおけるネットワークを介した共同作業の分析  [通常講演]
    大野栄三
    2007PCカンファレンス 2007年08月
  • なぜ学力調査を行うのか─自然科学教育研究の立場から─  [通常講演]
    日本カリキュラム学会第18回大会 2007年
  • 教師コミュニティにおけるネットワークを介した共同作業の分析  [通常講演]
    2007ddPCカンファレンス 2007年 ポスター発表
  • Case study of Computer-supported network embedded within science teacher community of practice  [通常講演]
    Eizo Ohno
    International Conference on Physics Education 2006 2006年08月 日本
  • オンライン実践コミュニティのネットワーク分析と教師教育プログラムの研究  [通常講演]
    2006PCカンファレンス 2006年
  • Case study of Computer-supported network embedded within science teacher community of practice  [通常講演]
    International Conference on Physics Education 2006 2006年
  • 「授業において『わかる』とは何か─学力の形成を問い直す」  [通常講演]
    大野栄三
    日本教育方法学会(研究集会) 2005年01月
  • 理科学力調査の問題分析─協調の原理の視点から─  [通常講演]
    日本教育方法学会(第41回大会シンポジウム) 2005年
  • 「今学校で!! 初等・中等教育における科学教育の現状と課題」  [招待講演]
    大野栄三
    応用物理学会(第4回教育シンポジウム) 2004年10月 シンポジウム・ワークショップパネル(指名)
  • 「理科教育における学力問題を中心に」  [招待講演]
    大野栄三
    日本教育学会第63回大会共催公開シンポジウム─“学力向上”について問う─ 2004年08月 シンポジウム・ワークショップパネル(指名)
  • 理科教育における学力問題を中心に  [通常講演]
    日本教育学会第63回大会共催公開シンポジウム─“学力向上”について問う─ 2004年
  • 今学校で!! 初等・中等教育における科学教育の現状と課題  [通常講演]
    応用物理学会(第4回教育シンポジウム) 2004年

その他活動・業績

  • PDCAサイクルは回っているか
    大野 栄三 理科教室 65 (7) 90 -91 2022年07月 [査読無し][招待有り]
  • 国立大学法人はどこに向かっているのか
    大野 栄三 理科教室 65 (3) 94 -95 2022年03月 [査読無し][招待有り]
  • コロナ禍に起きたラーニング・ロス
    大野 栄三 理科教室 64 (11) 94 -95 2021年11月 [査読無し][招待有り]
  • ディスタンスとオートノミー
    大野 栄三 理科教室 64 (7) 92 -93 2021年07月 [査読無し][招待有り]
  • Society 5.0と教育政策の方向性
    大野 栄三 理科教室 62 (3) 94 -95 2021年03月 [招待有り]
  • オンライン授業とユネスコの学習権宣言
    大野 栄三 理科教室 63 (11) 94 -95 2020年11月 [招待有り]
  • エビデンスと教育
    大野 栄三 理科教室 63 (7) 94 -95 2020年07月 [招待有り]
  • 教育の都市伝説と大学入試改革
    大野 栄三 理科教室 63 (3) 94 -95 2020年03月 [招待有り]
  • ICT環境の整備:働き方改革になるのか
    大野 栄三 理科教室 62 (11) 94 -95 2019年11月 [査読無し][招待有り]
  • 情報教育とプログラミング教育
    大野 栄三 理科教室 62 (2) 94 -95 2019年02月 [査読無し][招待有り]
  • オープンサイエンスと学校教育
    大野 栄三 理科教室 61 (10) 94 -95 2018年10月 [査読無し][招待有り]
  • 大学入学共通テストの試行調査問題
    大野 栄三 理科教室 61 (6) 90 -91 2018年06月 [査読無し][招待有り]
  • 海外の動向 GIREPとGIREP-MPTL 2014
    大野 栄三 物理教育 62 (4) 252 -253 2014年12月 [査読有り][通常論文]
  • 大野 栄三 大学の物理教育 20 (3) 133 -134 2014年11月 [査読有り][通常論文]
  • 理科の学力と授業での評価
    大野 栄三 理科教室 57 (6) 64 -68 2014年06月 [査読無し][招待有り]
  • 教授学の科学化と教科専門
    大野 栄三 北海道大学教職課程年報 (4) 29 -34 2014年03月 [査読無し][通常論文]
  • 基幹・研究・重点大学における教員養成教育の高度化と専門基礎教育ー大学間協定校交流事業の報告よりー
    大野 栄三 北海道大学教職課程年報 (4) 23 -28 2014年03月 [査読無し][通常論文]
  • 巻頭言エッセイ「教えろ、支援しろ」
    大野 栄三 理科教室 57 (2) 1 -1 2014年02月 [査読無し][招待有り]
  • 大野 栄三 大学の物理教育 19 (2) 83 -84 2013年07月 [査読無し][通常論文]
  • 高等教育とESD
    大野 栄三 教育学研究 79 (3) 310 -311 2012年09月 [査読無し][招待有り]
  • 子どもの質問、生徒の不満---放射線教育と高校理科教育から
    大野 栄三 理科教室 54 (10) 102 -103 2011年10月 [査読無し][招待有り]
  • 梅津 徹郎, 近藤 健一郎, 大野 栄三, 浅川 和幸, 駒川 智子, 佐藤 公治 北海道大学教職課程年報 1 3 -22 2011年03月10日
  • 大同団結できるか? -教員の資質能力向上-
    大野 栄三 理科教室 54 (2) 102 -103 2011年02月 [査読無し][招待有り]
  • テレビゲームの普及と全国学力調査
    大野 栄三 理科教室 52 (11) 104 -105 2010年11月 [査読無し][通常論文]
  • 教育をより良くするのは人─デジタル教科書の動向─
    大野 栄三 理科教室 53 (11) 102 -103 2010年11月 [査読無し][招待有り]
  • 教員の資質能力は向上するか?
    大野 栄三 理科教室 53 (9) 102 -103 2010年09月 [査読無し][招待有り]
  • 事業仕分けと理科支援員等配置事業
    大野 栄三 理科教室 53 (7) 102 -103 2010年07月 [査読無し][招待有り]
  • 真価が問われる国際理解教育
    大野 栄三 理科教室 53 (4) 102 -103 2010年04月 [査読無し][招待有り]
  • 6年制教員養成の波紋
    大野 栄三 理科教室 53 (3) 104 -105 2010年03月 [査読無し][招待有り]
  • 光の学習:いくつかの疑問
    大野 栄三 理科教室 53 (2) 6 -11 2010年02月 [査読無し][招待有り]
  • 就職状況と理科教育の目的
    大野 栄三 理科教室 52 (11) 104 -105 2009年11月 [査読無し][招待有り]
  • 持続可能な社会をつくるための教育
    大野 栄三 理科教室 51 (10) 104 -105 2009年10月 [査読無し][招待有り]
  • 学ぼうとする意志はありますか?
    大野栄三 理科教室 51 (8) 103 -104 2009年08月 [査読無し][招待有り]
  • 「すべての」という言葉の重み
    大野 栄三 理科教室 52 (7) 104 -105 2009年07月 [査読無し][招待有り]
  • 科学リテラシーをどこで培うのか?--高等学校学習指導要領--
    大野 栄三 理科教室 52 (5) 102 -103 2009年05月 [査読無し][招待有り]
  • データは4月につくられる--全国的な学力調査の結果公開--
    大野 栄三 理科教室 52 (3) 104 -105 2009年03月 [査読無し][招待有り]
  • 学校教員統計調査の概要から
    大野 栄三 理科教室 52 (1) 104 -105 2009年01月 [査読無し][招待有り]
  • 大野 栄三 北海道大学大学院教育学研究院紀要 (108) 141 -149 2009年 [査読無し][通常論文]
  • 学力論議と新学習指導要領
    大野 栄三 理科教室 51 (10) 102 -103 2008年10月 [査読無し][招待有り]
  • 小学校・中学校学習指導要領改訂案を読んで
    大野栄三 理科教室 51 (6) 104 -105 2008年06月 [査読無し][招待有り]
  • 大野 栄三 日本物理學會誌 63 (5) 384 -386 2008年05月05日
  • どこまで続く、学力調査
    大野栄三 理科教室 51 (4) 104 -105 2008年04月 [査読無し][招待有り]
  • ワークショップ:物理教員の養成課程
    大野 栄三 物理教育 4 -21 2008年03月 [査読無し][通常論文]
  • 物理教師教育プログラムにおけるグローバルな関心とローカルな指導力
    大野 栄三 物理教育 51 (2) 104 2008年02月01日 [査読無し][通常論文]
  • 本当の「ゆとり」を求めて -学力調査と中教審『審議のまとめ』-
    大野 栄三 理科教室 51 (2) 106 2008年02月 [査読無し][招待有り]
  • Analysis of Activities in Online Communities of Practice formed in an Educational Study Group
    Eizo Ohno (106) 21 -36 2008年 [査読無し][通常論文]
  • 発展途上国における物理教師の専門的向上
    大野 栄三 物理教育 55 (4) 331 -333 2007年12月 [査読無し][招待有り]
  • 肝心なことはどうなっているのか 教員免許更新制と検定教科書
    大野 栄三 理科教室 55 (4) 346 2007年12月 [査読無し][招待有り]
  • 税金で実施された模擬テスト 学力調査が問いかける学校の真価
    大野 栄三 理科教室 50 (11) 104 2007年11月 [査読無し][招待有り]
  • 答えられない問いかけ なぜ学習指導要領では軽視されてきたのか
    大野 栄三 理科教室 50 (9) 104 2007年09月 [査読無し][招待有り]
  • 「リカちゃん」と呼ばないで 男女共同参画推進と理科教育
    大野 栄三 理科教室 55 (3) 244 -247 2007年09月 [査読無し][招待有り]
  • All the president's men 教育再生会議第一次報告から
    大野 栄三 理科教室 50 (7) 106 2007年07月 [査読無し][招待有り]
  • 教育に活かすことができるでしょうか 全国的な学力・学習状況調査
    大野 栄三 理科教室 50 (6) 6 2007年06月 [査読無し][招待有り]
  • 教育における第一義 教育基本法(1947年施行)
    大野 栄三 理科教室 50 (5) 106 2007年05月 [査読無し][招待有り]
  • 大野 栄三 発達・学習支援ネットワーク研究 7 309 -327 2007年03月15日
  • 学力低下論議の喧騒の中で古くからの課題を考える
    大野 栄三 『理科教室』 50 (3) 102 2007年03月 [査読無し][招待有り]
  • 大野 栄三 理科教室:The journal of science education 49 (11) 102 -103 2006年11月
  • 大野 栄三 理科教室:The journal of science education 49 (9) 102 -103 2006年09月
  • 大野 栄三 教育學研究 72 (1) 128 -129 2005年03月30日
  • 「永遠の論点?学力ってなんだ---私の定義はこうだ」
    大野 栄三 『楽しい理科授業』 60 (6) 471 2005年 [査読無し][招待有り]
  • 「指導要領の内容配列はおかしい?」
    大野 栄三 『楽しい理科授業』 8 -15 2005年 [査読無し][招待有り]
  • 菊池 秀夫, 村上 廣行, 大野 栄三 日本教育学会大會研究発表要項 63 295 -296 2004年08月25日
  • 並木 雅俊, 江尻 有郷, 小林 昭三, 田中 忠芳, 松浦 執, 大野 栄三, 佐藤 実, 種村 雅子, 赤羽 明, 塚本 栄世, 鈴木 康夫, 波田野 彰, 村田 隆紀 日本物理学会講演概要集 59 (1) 409 -409 2004年03月03日
  • 松浦 執, 大野 栄三, 江尻 有郷, 並木 雅俊 日本物理学会講演概要集 59 (1) 408 -408 2004年03月03日
  • 江尻 有郷, 並木 雅俊, 小林 昭三, 田中 忠芳, 松浦 執, 大野 栄三, 佐藤 実, 種村 雅子, 赤羽 明, 塚本 栄世, 鈴木 康夫, 波田野 彰, 村田 隆紀 日本物理学会講演概要集 59 (1) 408 -408 2004年03月03日
  • 大野 栄三 教育学研究 70 (3) 314 -324 2003年09月 
    This paper is about school education for fostering scientific literacy. Scientific literacy is one of the most important abilities for average people in order to make their own, rational decisions about how they are going to run their lives. school education, especially compulsory education is the first and probably the last opportunity for many citizens in Japan to receive organized science education. The concept of scientific literacy is examined in action using cartoon and joke. Scientific literacy can be defined as the multi-faceted concept which is related to not merely the science disciplines, but also politics, economics, sociology, philosophy and so on. The school science curricula in Japan mainly consist of teaching the body of science knowledge. The other aspects of scientific literacy have been treated in the curricula as mere additional contents. Teaching the body of science knowledge in Japan is highly regulated with the national education standard and the authorized school textbooks. In every revision of the science education standard since the 1970s, the educational contents have been steadily reduced. As a result of such reduction, some fundamental science concepts have disappeared from the school textbooks, especially in the field of compulsory education. This serious situation means that teaching science at many average public schools can not assure many future citizens of their scientific literacy. The intellectual foundation of science education is strongly connected to our historical, philosophical and sociological view of the nature of science. The national science education standards are infused with just such elements implicitly and explicitly. In this paper, the deflected view of the nature of science described on the published guidebook for the national science education standard in Japan is considered by illustrating what happened to the drafts of the national science education standard for grades K-12 in the U. S. Teachers have the important role in enhancing scientific literacy at school. There are many optional subjects in the high school science curriculum in Japan. The high school curriculum tends to provide only fragmentary treatment of some fundamentally important educational contents. Such fragmentary science education in high school threatens scientific literacy of many future school teachers. Similar difficulties have already been pointed out in 1957 on the governmental report. Universities and colleges of teacher education and training must deal with this situation. The general education curriculum for teacher education and training is discussed in this paper.
  • 大野 栄三 日本物理学会講演概要集 58 (2) 325 -325 2003年08月15日
  • 左巻 健男, 大野 栄三 理科の教育 = Science education monthly 52 (4) 223 -225 2003年04月15日
  • 大野 栄三, 左巻 健男 現代教育科学 46 (2) 83 -87 2003年02月
  • 大野 栄三, 左巻 健男 現代教育科学 46 (1) 83 -87 2003年01月
  • 「理科教育の効用と教える側の目的論」
    大野 栄三, 左巻健男 『現代教育科学』 No.557 83 -87 2003年 [査読無し][招待有り]
  • 「検定外中学校理科教科書への道・1」
    大野 栄三, 左巻健男 『現代教育科学』 No.445 34 2003年 [査読無し][招待有り]
  • 「植物の世界がわかるとは?」
    大野 栄三, 左巻健男 『現代教育科学』 46 (1) 20 -23 2003年 [査読無し][招待有り]
  • 「教科書観---どこが争点だったか」
    大野 栄三 『楽しい理科授業』 No.558 83 -87 2003年 [査読無し][招待有り]
  • 「これからの自然科学教育と自主編成─私が描きたい2枚の絵─」
    大野 栄三 『理科教室』 No.556 83 -87 2003年 [査読無し][招待有り]
  • 「未来に向けた科学教育カリキュラムづくり」
    大野 栄三, 左巻健男 『現代教育科学』 No.448 6 2003年 [査読無し][招待有り]
  • 「本当の"基礎・基本"でカリキュラムを組むために・1」
    大野 栄三, 左巻健男 『現代教育科学』 No.437 14 -16 2003年 [査読無し][招待有り]
  • 大野 栄三, 左巻 健男 現代教育科学 45 (7) 83 -87 2002年07月
  • 「大学が求める科学のproficienciesと入学試験」
    大野 栄三 『大学の物理教育』 No.549 83 -87 2002年 [査読無し][通常論文]
  • 「談話室 理科教員養成の危機」
    大野 栄三 『日本物理学会誌』 50 297 -298 2002年 [査読無し][通常論文]
  • 大野 栄三, 左巻健男 『現代教育科学』 No.551 (6) 83 -87 2002年 [査読無し][通常論文]
  • 「理科カリキュラムを考える」
    大野 栄三 『物理教育』 No.550 83 -87 2002年 [査読無し][通常論文]
  • 「理科教科書は冒険しているか」
    大野 栄三, 左巻健男 『現代教育科学』 No.555 83 -87 2002年 [査読無し][通常論文]
  • 「オープンソースとしての自主編成を見直す」
    大野 栄三 『現代教育科学』 50 265 -273 2002年 [査読無し][通常論文]
  • 「ファッショナブルな科学観と理科教育」
    大野 栄三, 左巻健男 『現代教育科学』 No.548 83 -87 2002年 [査読無し][通常論文]
  • 「日本物理学会第57回年次大会シンポジウム「高校と大学の接続改善の取組み」」
    大野 栄三 『物理教育』 No.433 34 -35 2002年 [査読無し][通常論文]
  • 大野 栄三, 左巻健男 『現代教育科学』 No.547 (5) 83 -87 2002年 [査読無し][通常論文]
  • 「MLでする授業研究・どんなことが可能か」
    大野 栄三 『楽しい理科授業』 Vol.45 (No.11) p.91 2002年 [査読無し][通常論文]
  • 大野 栄三, 左巻健男 『現代教育科学』 No.553 (4) 83 -87 2002年 [査読無し][招待有り]
  • 「環境を守るための自然エネルギー読本」
    大野 栄三 『理科教室』No.575 No.554 83 -87 2002年 [査読無し][招待有り]
  • 「検定外中学校理科教科書への道・2」
    大野 栄三, 左巻健男 『現代教育科学』 No.552 83 -87 2002年 [査読無し][招待有り]
  • 大野 栄三 大学の物理教育 2001 (3) 22 -23 2001年11月15日
  • 大野 栄三 日本物理學會誌 56 (10) 778 -779 2001年10月05日
  • 大野 栄三 大学の物理教育 (2001) 62 -62 2001年07月15日
  • 大野 栄三, 並木 雅俊 日本物理学会講演概要集 55 (2) 311 -311 2000年09月10日
  • 並木 雅俊, 大野 栄三 日本物理学会講演概要集 55 (1) 316 -316 2000年03月10日
  • 並木 雅俊, 大野 栄三 日本物理学会講演概要集 54 (1) 849 -849 1999年03月15日
  • 大野 栄三, 並木 雅俊 日本物理学会講演概要集 54 (1) 849 -849 1999年03月15日
  • 大野 栄三, 並木 雅俊 日本物理学会講演概要集 53 (2) 991 -991 1998年09月05日
  • 大野 栄三 日本物理学会講演概要集 52 (1) 886 -886 1997年03月17日

共同研究・競争的資金等の研究課題

  • 日本学術振興会:科学研究費助成金 基盤研究(B)
    研究期間 : 2019年04月 -2024年03月 
    代表者 : 的場 正美
  • 日本学術振興会:科学研究費助成事業 基盤研究(C)
    研究期間 : 2017年04月 -2020年03月 
    代表者 : 大野 栄三
  • 日本型授業研究の独自性とその再文脈化に関する開発研究
    日本学術振興会:科学研究費助成事業 基盤研究(B)
    研究期間 : 2014年 -2018年 
    代表者 : 的場 正美
  • 理科教育における授業分析・解釈と教育内容構造との関係究明及び記述理論の統合
    日本学術振興会:科学研究費助成金 基盤研究(C)
    研究期間 : 2014年04月 -2017年03月 
    代表者 : 大野 栄三
  • 動的意味論を利用した理科授業分析のフレームワーク
    日本学術振興会:科学研究費助成金 挑戦的萌芽研究
    研究期間 : 2012年04月 -2014年03月 
    代表者 : 大野 栄三
  • フォーマル及びインフォーマルな教育環境における理科教員養成の日韓比較研究
    日本学術振興会:二国間交流事業 共同研究・セミナー
    研究期間 : 2010年09月 
    代表者 : 大野 栄三
  • 初任者教員の資質能力の向上を促すための教職課程改善の方途
    文部科学省:平成21年度 教員の資質能力追跡調査事業
    研究期間 : 2009年09月 -2010年03月 
    代表者 : 梅津徹郎
  • 日本学術振興会:科学研究費助成事業 基盤研究(B)
    研究期間 : 2007年 -2009年 
    代表者 : 三石 初雄, 大野 栄三, 田中 実, 栗原 秀幸, 堀 哲夫, 坂井 俊樹, 河原 尚武, 福地 昭輝, 坂井 俊樹, 河原 尚武, 堀 哲夫, 田中 実
     
    本研究は、初等・中等学校における算数・数学、理科の「カリキュラム開発と評価」に関する実証的・比較研究である。研究では、(1)「理科に関する意識調査」(小・中学および高校生対象)を基に現状分析を精査し、(2)PISAに関する欧米での議論を念頭に置き、東アジア地域における数学・科学教育カリキュラムの開発と評価に関して授業実践検討を進め、(3)ヨーロッパ地域並びに東アジア地域の学校教育カリキュラムとその実際を事例的に検討した。
  • 発達・学習支援ネットワークのデザインに関する総合的研究
    日本学術振興会:科学研究費補助金 基盤研究(A)
    研究期間 : 2003年 -2006年 
    代表者 : 鈴木 敏正
  • 働く場と接続された科学教育カリキュラムの研究開発
    日本学術振興会:科学研究費助成事業・基盤研究(C)
    研究期間 : 2001年 -2002年 
    代表者 : 大野 栄三
  • 教科書に見る科学教育の基礎・基本―日本の公教育成立・形成期に限定して―
    日本学術振興会:科学研究費助成事業 基盤研究(C)
    研究期間 : 2001年 -2002年 
    代表者 : 須田 勝彦, 岡野 勉, 大竹 政美, 大野 栄三
     
    本研究は、日本の公教育の成立・形成期(国定教科書成立以前)における数学(算術)、自然科学関係の教科書を検討し、その中で「基礎・基本」がどのように構想されていたのかを明らかにし、今日の教育課程・教育内容編成の問題に有効な指針として生かし得る視点を抽出することを目的とした。 数学教育では分数の概念に焦点をあて、次のような知見を得た。(1)分数指導は、初期においては複数学年にわたる指導内容の分配(分断)がなく、導入から乗除まで一貫した連続指導を進める構成であり、形成期に様々な形での分散方式への移行がなされた。この過程の検討は、現行カリキュラムにおける根拠のない分散への批判的検討の素材として重要である。(2)分数の定義に関して、現行と同様の等分割と整数倍によるものばかりではなく、指導の早期にその定義と併せて、商の表現としての分数という定義も導入し、両者の同等性を説明する試みも少なくない。後者は現在の分数指導過程の構成に生かし得る。(3)演算の指導に関して、整数の乗法との連続性・同一性を懇切に説明する教科書も多い。演算の遂行方法の指導に偏りがちな指導方法への批判の視点として重要である。 自然科学関係では、近年の中学校・高校における物理分野の教育内容編成の問題点を検討し、明治期中学校物理教科書から読み取れる教育内容編成のあり方と比較した。現在の中学校学習指導要領理科とほぼ同様の教育内容の編成が明治期の中学校物理教科書の一部でも採用されている。しかし、詳細に見ると音の学習の位置づけにちがいがあり、明治期教科書における系統性の方が豊かな音の学習を展開できる可能性がある。 さらに読本教科書においても、科学教育の一環を担いうるテーマが多く登場しており、それを位置づけうる教科を越えた理論的カテゴリーの構築の重要性が示された。
  • 教科書における科学教材の研究-日本の公教育成立・形成期に限定して-
    日本学術振興会:科学研究費助成事業 基盤研究(C)
    研究期間 : 1996年 -1997年 
    代表者 : 須田 勝彦, 大竹 政美, 大野 栄三
     
    本研究の結果は相互に関連した次の3つの論文に集約される。第1は須田勝彦「明治初期算術教科書の自然数指導」である。この論文では序章において本研究全体の目的にふれながら,2章以下では明治初期における初等数学教科書(主に塚本明毅,永峰秀樹,中条澄清など)における自然数指導に限定して,教育の目的論,教育内容・教材構成論を検討した。そこでは数学教育が諸科学との関連のもとで構想されていたこと,最初に可能な限り一般的な数範囲を提示しようとしたこと,アルゴリズム形成への周到な配慮がなされていたこと,理論的・法則的認識が重視されていたことなど,今日の数学教育が立ち帰って検討すべき価値のある試みが析出された。 第2は大野栄三「明治期物理教科書における力概念の取り扱い」である。力学教育では,昔も今も,基本概念である「力」そのものが何であるのかという疑問に答えることよりも,「力」が作用した結果どうなるかを教育することに重点が置かれてきた。本論文では,このような力学教育における重心の偏りを改善するため,明治期物理教科書に見られる「力」の実在論的取り扱いを現代物理学の視点から捉え直すことについて論じた。 第3は大竹政美「師範学校編『小學読本』における科学教材の分析の試み-『科学に関する識字能力』の観点から」である。これは,その形成が現在もなお「理科と国語の接合点」で問題となっている,科学研究の成果を書いた文章を理解する能力=科学に関する識字能力(リテラシー)の形成について,『小學読本』の究理学的教材に焦点をあてて検討したものである。科学に関する識字能力は記述的な「報告」と,「説明」という二つの「ジャンル」(テクスト組織の全体的パターン)に限定した。

教育活動情報

主要な担当授業

  • 学校教育特論
    開講年度 : 2021年
    課程区分 : 修士課程
    開講学部 : 教育学院
    キーワード : 教育方法学 教授学 教育内容 教材研究 教材解釈 教授過程 授業展開 カリキュラム
  • 教育学研究法
    開講年度 : 2021年
    課程区分 : 修士課程
    開講学部 : 教育学院
    キーワード : リサーチクエスチョン、研究法、調査法、実験、論文執筆、課題設定、文献リサーチ、量的調査、研究対象と研究者、研究倫理、学会発表
  • 卒業論文
    開講年度 : 2021年
    課程区分 : 学士課程
    開講学部 : 教育学部
    キーワード : 教授学 教育方法学 授業実践 教育内容 教材 教授過程 カリキュラム 授業プラン
  • 専門演習
    開講年度 : 2021年
    課程区分 : 学士課程
    開講学部 : 教育学部
    キーワード : 教授学/教育方法学、授業、認識・学習・教授、教育内容、教材、授業の設計
  • 専門演習
    開講年度 : 2021年
    課程区分 : 学士課程
    開講学部 : 教育学部
    キーワード : 教授学/教育方法学、認識・学習・教授、教育内容、教材、認識形成・発展
  • 専門演習
    開講年度 : 2021年
    課程区分 : 学士課程
    開講学部 : 教育学部
    キーワード : 教授学/教育方法学、授業、認識・学習・教授、教育内容、教材、授業のデザイン
  • 教科教育法(理科Ⅲ)
    開講年度 : 2021年
    課程区分 : 学士課程
    開講学部 : 教育学部
    キーワード : 理科教育 物理教育 化学教育 生物教育 地学教育 教育内容 教材 アクティブ・ラーニング 主体的な学び 対話的な学び
  • 教育基礎論調査実習
    開講年度 : 2021年
    課程区分 : 学士課程
    開講学部 : 教育学部
    キーワード : 教授学、実験授業、授業、教育課程、教科、教育内容、教材
  • 教育基礎論講義
    開講年度 : 2021年
    課程区分 : 学士課程
    開講学部 : 教育学部
    キーワード : 教育方法学 教科教育 問題解決学習 探究 教育内容の現代化 教材 古典的教授学 経験主義 新教育 プラグマティズム 行動主義 構成主義 認識論
  • 教育方法論
    開講年度 : 2021年
    課程区分 : 学士課程
    開講学部 : 教育学部
    キーワード : 教育方法学 教科教育 生活単元 問題解決学習 教育内容の現代化 教科内容 教材 教材解釈 教材研究 教授過程 生活綴方 水道方式 仮設実験授業
  • 教育方法論Ⅰ
    開講年度 : 2021年
    課程区分 : 学士課程
    開講学部 : 教育学部
    キーワード : 教育方法学 教科教育 生活単元 問題解決学習 教育内容の現代化 教科内容 教材 教材解釈 教材研究 教授過程 生活綴方 水道方式 仮設実験授業
  • 国際交流Ⅰ
    開講年度 : 2021年
    課程区分 : 学士課程
    開講学部 : 国際本部
    キーワード : Child Poverty, ESD, Development, Diversity, Higher Education, Secondary School, School Problems, Sustainability

大学運営

委員歴

  • 2022年02月 - 現在   北海道教育学会   理事
  • 2020年04月 - 現在   北海道教育委員会   北海道スーパーサイエンスハイスクール運営指導委員(北海道函館中部高等学校)
  • 2017年12月 - 現在   北海道教育委員会   北海道教育推進会議委員
  • 2017年06月 - 現在   市立札幌開成中等教育学校スーパーサイエンスハイスクール運営指導委員会   運営指導委員
  • 2012年10月 - 現在   日本教育方法学会   常任理事
  • 2011年08月 - 現在   北海道大学出版会   非常勤企画委員
  • 2003年02月 - 2020年02月   北海道教育学会   理事   北海道教育学会
  • 2013年06月 - 2019年05月   日本物理教育学会   北海道支部長
  • 2013年06月 - 2019年05月   日本物理教育学会   理事
  • 2017年04月 - 2019年03月   日本物理学会   領域委員会委員
  • 2005年 - 2019年03月   日本物理学会   『大学の物理教育』編集委員会委員
  • 2017年06月 - 2018年03月   北海道教育委員会   北海道教員育成協議会委員
  • 2012年04月 - 2017年03月   札幌市教育委員会   北海道札幌開成高等学校スーパーサイエンスハイスクール運営指導委員会委員
  • 2008年 - 2017年   日本カリキュラム学会   理事   日本カリキュラム学会
  • 2011年07月 - 2013年06月   札幌市   札幌市環境教育基本方針推進委員会
  • 2011年05月 - 2013年05月   北海道大学生活協同組合   非常勤副理事長
  • 2011年04月 - 2013年03月   北海道立教育研究所   理科人材コンソーシアム会議委員
  • 2011年08月 - 2012年03月   国立大学法人東京学芸大学教員養成カリキュラム開発研究センター   共同研究員
  • 2010年04月 - 2012年03月   日本物理教育学会   評議員   日本物理教育学会
  • 2008年 - 2012年   日本物理教育学会   北海道支部理事   日本物理教育学会
  • 2010年 - 2011年   日本教育方法学会   会計監査委員   日本教育方法学会


Copyright © MEDIA FUSION Co.,Ltd. All rights reserved.