研究者データベース

厚井 高志(コウイ タカシ)
広域複合災害研究センター
准教授

基本情報

所属

  • 広域複合災害研究センター

職名

  • 准教授

学位

  • 博士(農学)(2009年03月 東京大学)

ホームページURL

科研費研究者番号

  • 40845294

ORCID ID

J-Global ID

研究キーワード

  • 土砂動態   土砂生産   土砂災害   地震   火山   地形   地質   リモートセンシング   流域管理   流木   渓流生態系   防災意識   避難行動   

研究分野

  • 社会基盤(土木・建築・防災) / 防災工学
  • ライフサイエンス / 森林科学 / 砂防学

職歴

  • 2021年04月 - 現在 北海道大学 広域複合災害研究センター 副センター長
  • 2019年04月 - 現在 北海道大学 広域複合災害研究センター 准教授
  • 2021年10月 - 2022年03月 岩手大学 農学部 非常勤講師
  • 2020年10月 - 2021年03月 岩手大学 農学部 非常勤講師
  • 2012年04月 - 2019年03月 (一財)砂防・地すべり技術センター
  • 2009年04月 - 2012年03月 (財)砂防・地すべり技術センター

学歴

  • 2005年04月 - 2009年03月   東京大学   大学院農学生命科学研究科   森林科学専攻 博士課程
  • 2003年04月 - 2005年03月   東京大学   大学院農学生命科学研究科   森林科学専攻 修士課程
  • 1999年04月 - 2003年03月   宇都宮大学   農学部   森林科学科

所属学協会

  • 応用生態工学会   日本地球惑星科学連合   砂防学会   日本自然災害学会   American Geophysical Union   

研究活動情報

論文

  • Toshiyuki KON, Ching-Ying TSOU, Takashi KOI, Yusuke YAMAMOTO, Naoto KOIWA, Ryu NODA, Michiya IRASAWA, Kiyokazu KATO, Hiroshi TSUSHIMA, Hiroshi MORI, Hideya IWATA, Tatsuya SATO, Hajime IKEDA, Yushi KUDO, Motoshiko KOBAYASHI, Kenichi ARAI, Chie KUROIWA, Yuki KOGA, Takeaki ISHIKAWA, Misa TSUSHIMA, Eiji NAGANO, Jun MIURA, Haruka SAITO, Reona KAWAKAMI
    International Journal of Erosion Control Engineering 15 2 22 - 30 2022年08月12日
  • Flavio Furukawa, Junko Morimoto, Nobuhiko Yoshimura, Takashi Koi, Hideaki Shibata, Masami Kaneko
    Remote Sensing 14 3170 3170 - 3170 2022年07月 [査読有り]
     
    Disturbances in forest ecosystems are expected to increase by the end of the twenty-first century. An understanding of these disturbed areas is critical to defining management measures to improve forest resilience. While some studies emphasize the importance of quick salvage logging, others emphasize the importance of the deadwood for biodiversity. Unmanned aerial vehicle (UAV) remote sensing is playing an important role to acquire information in these areas through the structure-from-motion (SfM) photogrammetry process. However, the technique faces challenges due to the fundamental principle of SfM photogrammetry as a passive optical method. In this study, we investigated a UAV video-based technology called full motion video (FMV) to identify fallen and snapped trees in a windthrow area. We compared the performance of FMV and an orthomosaic, created by the SfM photogrammetry process, to manually identify fallen and snapped trees, using a ground survey as a reference. The results showed that FMV was able to identify both types of damaged trees due to the ability of video to deliver better context awareness compared to the orthomosaic, although providing lower position accuracy. In addition to its processing being simpler, FMV technology showed great potential to support the interpretation of conventional UAV remote sensing analysis and ground surveys, providing forest managers with fast and reliable information about damaged trees in windthrow areas.
  • Takashi Koi, Norifumi Hotta, Yasutaka Tanaka, Shin'ya Katsura
    Frontiers in Earth Science 9 2022年03月 [査読有り]
     
    The earthquake that occurred on 6 September 2018, in the eastern part of the Iburi region of Hokkaido, Japan (the Hokkaido Eastern Iburi Earthquake) caused thousands of shallow landslides in mountain areas. In areas where many landslides occurred, the trees on the slope became large woody debris (LWD) and were supplied to the catchment. Understanding the properties of LWD during the earthquake and its subsequent movement after the earthquake are important to manage the produced LWD and implement disaster prevention measures. This study evaluates the risk of future LWD disasters based on the sequence of LWD generation, its spatial distribution, and LWD relocation linked to temporal fluctuations in rainfall events. The study site is the upper Habiu River catchment (0.37 km2), where multiple shallow earthquake-related landslides occurred. Orthophotos and elevation data acquired before and after the earthquake were used to detect the properties of LWD. To evaluate the risk of an LWD disaster, we examined the correspondence between the hydraulic quantities, including the precipitation for 2 years after the earthquake and the water depth. It was estimated that approximately 7,000 LWD pieces (9,119 m3 km−2) were produced during the earthquake. Orthophoto interpretations indicate that over 80% of the LWD produced at the time of the landslide moved from the slope to the channel accompanied by the landslide debris; some of that then flowed down, accumulated, and formed logjams. In the river channel approximately two years after the earthquake, the destruction of logjams and the clear and drastic movement of LWD could not be confirmed. In this catchment, the uneven LWD distribution and the formation of logjams were fixed almost immediately after the landslide at the time of the earthquake; these characteristics are important when considering future actions. The water depth evaluation based on the difference in the excess return period indicate that the degree of risk differs depending on the deposition location in the channel. This suggests that not all LWD in the catchment are dangerous and that a risk assessment focusing on the LWD location can be effective. This study also makes it possible to determine high priority areas for LWD treatment.
  • 2021年8月豪雨による青森県下北半島北部における土砂災害
    鄒青穎, 金俊之, 厚井高志, 山本佑介, 小岩直人, 野田龍, 井良沢道也, 加藤清和, 對馬博, 森洋, 岩田英也, 佐藤達也, 池田一, 工藤唯志, 小林基比古, 荒井健一, 黒岩知恵, 古賀勇輝, 石川丈瑛, 對馬美紗, 長野英次, 三浦順, 齋藤はるか, 川上礼央奈
    砂防学会誌 74 6 41 - 51 2022年03月 [査読有り]
  • Takashi Koi, Yasuhiro Fujisawa, Nobuo Anyoji
    In: Guzzetti F., Mihalić Arbanas S., Reichenbach P., Sassa K., Bobrowsky P.T., Takara K. (eds) Understanding and Reducing Landslide Disaster Risk. WLF 2020. ICL Contribution to Landslide Disaster Risk Reduction. Springer, Cham. 359 - 364 2021年 [査読有り]
  • Toshiya Aoki, Shin’ya Katsura, Takahiko Yoshino, Takashi Koi, Yasutaka Tanaka, Takashi Yamada
    In: Vilímek V., Wang F., Strom A., Sassa K., Bobrowsky P.T., Takara K. (eds) Understanding and Reducing Landslide Disaster Risk. WLF 2020. ICL Contribution to Landslide Disaster Risk Reduction. Springer, Cham. 81 - 86 2021年 [査読有り]
  • 厚真川支流域(上流域)からの流出観測
    古市剛久, 水垣滋, 小山内信智, 村上泰啓, 山田孝, 厚井高志
    北海道河川財団研究所紀要 31 198 - 207 2020年 [査読無し]
  • 平成29年7月九州北部豪雨における土砂移動現象の時空間分布の推定と避難実態
    厚井高志, 長井義樹, 菊井稔宏, 小林拓也, 大野宏之, 城ヶ崎正人, 野呂智之, 水野秀明, 田中淳
    砂防学会誌 73 3 54 - 59 2020年 [査読有り][通常論文]
  • Michiya IRASAWA, Takashi KOI, Ching-Ying TSOU, Nobuaki KATO, Shinjiro MATSUO, Mizuho ARAI, Masahiro KAIBORI, Takashi YAMADA, Mio KASAI, Taeko WAKAHARA, Daisuke HIGAKI, Hajime IKEDA, Yoshiharu ISHIKAWA, Kenichi ARAI, Shinji HIROSE, Tatsuya SATO, Hideki KAWATABATA, Manabu KOUBU, Satoshi NIWA, Kazuhiro SUGAWARA, Hiroyuki MATSUSAKA, Nobuyuki TADA
    International Journal of Erosion Control Engineering 13 2 48 - 55 2020年 [査読有り][通常論文]
  • 井良沢道也, 松尾新二朗, 新井瑞穂, 海堀正博, 鄒青穎, 山田孝, 笠井美青, 厚井高志, 加藤誠章, 若原妙子, 檜垣大助, 池田一, 石川芳治, 荒井健一, 広瀬伸二, 佐藤達也, 川端秀樹, 講武学, 丹羽諭, 菅原和宏, 松坂裕之, 多田信之, 金俊之
    砂防学会誌 72 6 42 - 53 2020年 [査読有り][通常論文]
  • 2011年新燃岳噴火による降灰があった山地森林流域からの土砂流出
    厚井高志, 江頭勲, 鈴木拓郎, 安養寺信夫
    砂防学会誌 70 6 24 - 33 2018年 [査読有り][通常論文]
  • The overview of the Yabakei landslide occurred on April 11th 2018 in Nakatsu city, Oita prefecture, Japan
    T. Kubota, T. Jitousono, Y. Nagai, O. Shimizu, H. Mizuno, Y. Nomura, Y. Suzuki, T. Yamakoshi, T. Koi, H. Ohishi, Y. Hirakawa
    International Journal of Erosion Control Engineering 11 2 36 - 37 2018年 [査読有り][通常論文]
  • ALOS-2画像による2016年熊本地震発生後の土砂移動状況の把握
    厚井高志, 加藤誠章, 嶋丈示
    日本地すべり学会誌 55 4 172 - 177 2018年 [査読有り][通常論文]
  • 2018年4月11日大分県中津市耶馬溪町で発生した斜面崩壊
    久保田哲也, 地頭薗隆, 長井義樹, 清水収, 水野秀明, 野村康裕, 鈴木大和, 山越隆雄, 厚井高志, 大石博之, 平川奏之
    砂防学会誌 71 2 34 - 41 2018年 [査読有り][通常論文]
  • 火山地域における土砂流出に関する研究-群馬県吾妻川流域を対象として-
    厚井高志, 藤沢康弘, 小林拓也, 菊井稔宏
    砂防技術研究所報 22 - 25 2017年
  • 厚井高志, 加藤誠章, 吉川和男, 板野友和, 三五大輔, 草野駿一, 嶋丈示
    砂防学会誌 69 3 43 - 48 公益社団法人 砂防学会 2016年 [査読有り][通常論文]
     

    Detection of volcanic phenomena associated with the eruption of Mt. Merapi in 2010 was examined through several analytical methods using ALOS images. The eruption triggered various phenomena as follows: pre- and post-volcanic deformation, widespread tephra fall, pyroclastic and debris flows, and induced sediment disasters around the volcano. The areas affected by each phenomenon could be extracted using ALOS images, and adequate analytical methods for each phenomenon were determined. In some cases, it was difficult to distinguish a particular area affected by multiple phenomena using only ALOS images. When various phenomena occurred for short periods after eruption, it was necessary to use not only ALOS images but also information on volcanic-eruption processes to extract the location of affected areas. These results suggest that satellite images provide useful information about phenomena associated with eruption, practically independent from weather conditions and magnitude of volcanic eruptions.

  • Sediment discharge from mountain catchment in volcanic area, Japan
    T. Koi, T. Kobayashi, T. Suzuki, Y. Fujisawa, T. Kikui, T. Uchida
    Extended Abstracts of 13th Congress INTERPRAEVENT 2016 "Living with natural risks" 122 - 123 2016年 [査読有り][通常論文]
  • PiSAR-L2画像を用いた伊豆大島長沢の崩壊跡地の抽出
    嶋丈示, 加藤誠章, 厚井高志
    砂防技術研究所報 38 - 41 2015年 [査読無し]
  • ALOS/PALSARによる立谷沢川上流域における土砂移動箇所の抽出
    加藤誠章, 嶋丈示, 安田勇次, 垣本毅, 厚井高志
    砂防技術研究所報 50 - 53 2015年
  • 砂防事業における無人化施工に関する研究
    田村毅, 枦木敏仁, 前寺雅紀, 厚井高志
    砂防技術研究所報 42 - 45 2015年 [査読無し]
  • 藤沢康弘, 枦木敏仁, 厚井高志, 小林哲夫
    月間地球 37 4 113 - 118 海洋出版 2015年 [査読無し][通常論文]
  • 砂防現場における汎用デジタルカメラを用いた簡易計測に関する研究
    厚井高志, 加藤誠章, 三上幸三, 池田暁彦, 道畑亮一
    砂防技術研究所報 37 - 40 2013年 [査読無し]
  • 防災への衛星観測画像の利用に関する研究
    加藤誠章, 三上幸三, 池田暁彦, 厚井高志
    砂防技術研究所報 86 - 90 2013年 [査読無し]
  • 厚井高志, 藤沢康弘, 藤田浩司, 安養寺信夫, 瀧口茂隆, 杉山光徳
    砂防学会誌 65 6 37 - 45 砂防学会 2013年 [査読有り][通常論文]
  • 長期ダム堆砂データを用いた山地森林流域における土砂生産・流出に関する研究
    厚井高志
    東京大学 2009年03月 [査読無し][通常論文]
  • Takashi Koi, Norifumi Hotta, Ituro Ishigaki, Norimasa Matuzaki, Yoshimi Uchiyama, Masakazu Suzuki
    GEOMORPHOLOGY 101 4 692 - 702 2008年11月 [査読有り][通常論文]
     
    To determine for how long a landslide affects sediment discharge, the sediment yields of 15 check-dam basins were compared with the time series of landslide distributions in a mountain basin in the Tanzawa region, central Japan. The distribution of sediment yield was quantitatively estimated from deposition in the sediment pools of check dams. The relationship between the landslide history and sediment discharge in the Nakagawa River basin was examined for an approximately 80-year period. Two major landslide events occurred during this period: the 1923 Kanto Earthquake and the 1972 disaster caused by heavy rainfall. The resulting trend in sediment discharge of the whole basin, estimated using reservoir sedimentation in the Miho Dam at its base, was nearly constant, with high sediment discharge (2897 m(3) km(-2) yr(-1)) in the intervening quarter-century, despite the recovery of vegetation on landslide areas in this period. Comparisons of the landslide distributions resulting from the two disasters, the sediment yields of check-dam basins, and the sediment discharge of the whole basin indicate that recent sediment discharge contains landslide debris that was originated by the Kanto Earthquake that occurred over 80 years ago. Thus, to understand high sediment discharge, it is essential to investigate not only the current basin condition and recent events, but also the landslide history of the basin for at least the previous 100 years. (C) 2008 Elsevier B.V. All rights reserved.
  • 厚井高志, 堀田紀文, 鈴木雅一
    丹沢大山総合調査学術報告書 425 - 431 2007年 [査読無し][通常論文]
  • Sediment yield and vegetation recovery in a mountanious region with repeated heavy precipitation -A case study in the Omaru River basin, Miyazaki, Japan-
    T. Koi, N. Hotta, M. Suzuki
    Proceedings of the INTERPRAEVENT “Disaster Mitigation of Debris Flows, Slope Failures and Landslides” 1 321 - 330 2006年 [査読有り][通常論文]
  • 厚井高志, 堀田紀文, 鈴木雅一
    砂防学会誌 58 3 15 - 24 2005年 [査読有り][通常論文]

講演・口頭発表等

  • 厚真川水系ハビウ川上流域における2018年北海道胆振東部地震後の土砂移動  [通常講演]
    厚井高志, 北村明希子, 桂真也
    鵡川・沙流川流域土砂動態現地勉強会(第12回) 2022年08月 口頭発表(一般)
  • 1973年北海道小谷石で発生した豪雨災害後の流域土砂動態
    厚井高志, 田中健貴
    日本地球惑星科学連合2022年大会 2022年05月 ポスター発表
  • 北海道胆振東部地震による崩壊裸地斜面からの地震後生産土砂量の空間分布と時間変化
    北村明希子, 厚井高志, 桂真也
    砂防学会研究発表会 2022年05月 ポスター発表
  • 浸透流解析に基づく平成30年北海道胆振東部地震による斜面崩壊の発生危険条件の検討
    青木稔弥, 桂真也, 厚井高志, 山田孝
    砂防学会研究発表会 2022年05月 ポスター発表
  • 寒冷地暴露試験におけるソイルセメントの温度に関する一考察
    小林瑞穂, 秋山祥克, 松村和樹, 宮木康二, 酒巻克之, 山田孝, 厚井高志, 橘木貞則
    砂防学会研究発表会 2022年05月 口頭発表(一般)
  • 令和3年8月青森県下北北部豪雨災害の実態(流木被害)
    金俊之, 鄒青穎, 井良沢道也, 小岩直人, 厚井高志, 野田龍
    砂防学会研究発表会 2022年05月 口頭発表(一般)
  • 寡雨地域における豪雨に起因する土砂災害:令和3年8月青森県下北北部豪雨災害の実態
    鄒青穎, 金俊之, 井良沢道也, 小岩直人, 厚井高志
    砂防学会研究発表会 2022年05月 口頭発表(一般)
  • 気候変動と広域複合災害  [招待講演]
    厚井高志
    第3回北海道気候変動適応会議 2022年03月 その他
  • 森林の変化と山地災害  [招待講演]
    厚井高志
    令和3年度治山技術者中堅職員特別研修 2022年03月 公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等
  • 2021年8月青森県下北北部災害時の小赤川流域における土砂・流木移動(速報)
    厚井高志
    令和3年度(公社)砂防学会北海道支部研究発表会 2021年11月 口頭発表(一般)
  • 火山噴火後に発生する土石流と警戒避難  [招待講演]
    厚井高志
    第6回火山防災協議会に参画する火山専門家等の連携会議(内閣府) 2021年11月 その他
  • Rainfall-Induced Lahar Occurrences Shortly After Eruptions and Its Initiation Processes in Japan  [通常講演]
    Takashi Koi, Yasuhiro Fujisawa, Nobuo Anyoji
    5th World Landslide Forum 2021年11月 口頭発表(一般)
  • 広域複合化する近年の山地災害と防災を考える  [招待講演]
    厚井高志
    令和3年度北海道建設部技術職員専門(中堅職員)研修 2021年11月 公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等
  • Pressure Head Dynamics on a Natural Slope in Eastern Iburi Struck by the 2018 Hokkaido Earthquake  [通常講演]
    Toshiya Aoki, Shin’ya Katsura, Takahiko Yoshino, Takashi Koi, Yasutaka Tanaka, Takashi Yamada
    5th World Landslide Forum 2021年11月 口頭発表(一般)
  • 冬の北海道の広域複合災害を考える
    厚井高志, 稲津將, 萩原亨, 桑島正樹, 野崎直人, 井上雄太, 岡田成幸
    令和3年度防災シンポジウム「冬の北海道の広域複合災害」 2021年09月 シンポジウム・ワークショップパネル(指名)
  • 地震発生後の土砂移動~崩壊地から流域スケールまで
    厚井高志
    鵡川・沙流川流域土砂動態現地勉強会(第11回) 2021年08月 公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等
  • 気候変動下における山地災害の特徴 ~北海道大学広域複合災害研究センターの目指すもの  [招待講演]
    厚井高志
    第8回防災・減災セミナー~迫りくる千島海溝型超巨大地震への備えと防災・減災対策~ 2021年07月 公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等
  • 厚井高志, 田中健貴, 桂真也, 堀田紀文
    日本地球惑星科学連合2021年大会 2021年06月 ポスター発表
  • 2019年台風19号における住民の避難の実態~宮古市白浜地区および釜石市佐須地 区を対象として~
    石戸みさと, 青木佳音, 井良沢道也, 熊谷誠, 厚井高志, 金俊之
    砂防学会研究発表会 2021年05月 ポスター発表
  • 気候変動および大規模地震による近年の土砂災害とその対応  [招待講演]
    厚井高志
    令和2年度建設事業専門研修会(函館) 2021年01月 公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等
  • 気候変動および大規模地震による近年の土砂災害とその対応  [招待講演]
    厚井高志
    令和2年度建設事業専門研修会(室蘭) 2021年01月 公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等
  • 台風19号による岩手県内の土砂災害に対する避難の実態
    石戸みさと, 青木佳音, 熊谷誠, 井良沢道也, 厚井高志, 金俊之
    東北地域災害科学研究集会 2020年12月 口頭発表(一般)
  • Interdecadal-timescale storage and reactivate of landslide-derived sediment of fluvial systems in Hokkaido, Japan
    Takashi Koi, Yasutaka Tanaka
    American Geophysical Union (AGU) Fall Meeting 2020年12月 ポスター発表
  • 地震に起因する土砂移動と土砂災害
    厚井高志
    令和2年度防災・日本再生シンポジウム「海溝型地震による広域複合災害の想定と効果的な減災対策・避難を考える」 2020年11月 公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等
  • キラウエア2018年噴火時の防災対応とわが国の溶岩流対策の方向性
    厚井高志, 権田豊
    令和2年度(公社)砂防学会北海道支部研究発表会 2020年11月 口頭発表(一般)
  • アメリカ・ハワイ州における溶岩流対策に係る土砂管理手法の運用実態等に関する調査
    権田豊, 厚井高志, 丹羽俊一, 樫野誠, 山本望, 吉本充宏, 藤田英輔, 藤平大, 新堀賢志, 金野誠
    砂防学会研究発表会 2020年07月
  • 平成30年北海道胆振東部地震により崩壊が多発したテフラ堆積斜面の降雨浸透特性  [通常講演]
    青木稔弥, 桂真也, 山田孝, 厚井高志, 田中健貴
    砂防学会研究発表会 2020年07月
  • Sediment dynamics after the 1973 landslide event in mountain watersheds of Hokkaido, Japan  [通常講演]
    T. Koi, Y. Tanaka
    JpGU - AGU Joint Meeting 2020 2020年07月
  • 気候変動下における近年の土砂災害の特徴と対応  [招待講演]
    厚井高志
    令和元年度建設事業専門研修会(小樽) 2020年02月 公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等
  • 気候変動下における近年の土砂災害の特徴と対応  [招待講演]
    厚井高志
    令和元年度建設事業専門研修会(函館) 2020年02月 公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等
  • 気候変動下における近年の土砂災害の特徴と対応  [招待講演]
    厚井高志
    令和元年度建設事業専門研修会(室蘭) 2020年02月
  • 火山噴火後に発生する土石流と降雨の関係  [招待講演]
    厚井高志
    アトサヌプリ火山防災協議会 2020年01月
  • わが国の社会状況・国土の変化に見る土砂災害の特徴  [招待講演]
    厚井高志
    令和元年度建設部技術職員(中堅職員)研修 2019年12月 公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等
  • 近年の土砂災害の実態とその対策  [招待講演]
    厚井高志
    土砂災害を考える防災講演会 2019年10月 公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等
  • 変質する山地災害  [招待講演]
    厚井高志
    第52回時計台サロン 2019年10月 公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等
  • 火山地域における流域土砂動態把握の試み  [通常講演]
    厚井高志
    鵡川・沙流川流域土砂動態現地勉強会及び合同調査(第10回) 2019年08月 口頭発表(一般)
  • 降灰後の土石流発生に関わる火山灰特性(軽石の堆積密度)について
    小尾亮, 藤沢康弘, 厚井高志, 池田暁彦, 堤宏徳, 山本陽子
    砂防学会研究発表会 2019年05月 口頭発表(一般)
  • 住民アンケート調査に基づく平成29年7月九州豪雨における土砂移動の時空間変化把握の試み  [通常講演]
    厚井高志, 長井義樹, 菊井稔宏, 小林拓也, 城ヶ崎正人, 野呂智之, 水野秀明, 田中淳
    砂防学会研究発表会 2019年05月 ポスター発表
  • 住民アンケート調査に基づく平成29年7月九州北部豪雨災害の土砂移動把握と避難実態  [通常講演]
    厚井高志
    砂防学会北海道支部研究発表会 2019年05月 口頭発表(一般)
  • “流域の履歴”に着目した山地域の土砂生産と土砂流出の長期把握  [招待講演]
    厚井高志
    筑波大学山岳科学センター公開セミナー 2018年06月 口頭発表(招待・特別)
  • 火山噴出物の特性および降雨特性に着目した土石流発生形態に関する一考察  [通常講演]
    藤沢康弘, 厚井高志, 安養寺信夫, 山本陽子, 山田將喜, 堤宏徳, 松村悦由, 城ヶ崎正人
    砂防学会研究発表会 2018年05月 口頭発表(一般)
  • 火山噴火後後に土石流を引き起こす降雨量の変化に関する考察  [通常講演]
    厚井高志, 藤沢康弘, 安養寺信夫, 松村悦由, 大城久尚, 城ヶ崎正人, 山田將喜, 山本陽子, 堤宏徳
    砂防学会研究発表会 2018年05月 ポスター発表
  • 簡易浸透能調査手法を用いた火山灰層厚と粒径が浸透能へ与える影響の把握  [通常講演]
    近藤玲次, 藤沢康弘, 厚井高志, 枦木敏仁
    砂防学会研究発表会 2017年05月 ポスター発表
  • 桜島火山における降灰特性を考慮した土石流流量と土砂変動について  [通常講演]
    江頭勲, 枦木敏仁, 厚井高志, 藤沢康弘, 野田信幸, 細山田美佐貴
    砂防学会研究発表会 2017年05月 ポスター発表
  • 降灰を想定した人工試料による降雨浸透実験  [通常講演]
    小野秀史, 安養寺信夫, 藤沢康弘, 厚井高志, 近藤玲次, 堤宏徳, 平野礼
    砂防学会研究発表会 2017年05月 口頭発表(一般)
  • ALOS2画像による2016年熊本地震発生後の土砂移動状況の把握  [通常講演]
    厚井高志, 加藤誠章, 嶋丈示
    砂防学会研究発表会 2017年05月 ポスター発表
  • Sediment discharge from mountain catchment in volcanic area, Japan  [通常講演]
    T. Koi, T. Kobayashi, T. Suzuki, Y. Fujisawa, T. Kikui, T. Uchida
    13th congress Interpraevent “Living with natural risks” 2016年06月 ポスター発表
  • 桜島火山における降灰特性と土石流発生形態について
    藤沢康弘, 枦木敏仁, 酒井敦章, 厚井高志, 江頭勲, 野田信幸
    砂防学会研究発表会 2016年05月 口頭発表(一般)
  • 簡易浸透能調査手法を用いた火山灰の層厚による浸透能変化の把握  [通常講演]
    近藤玲次, 厚井高志, 藤沢康弘, 枦木敏仁
    砂防学会研究発表会 2016年05月 ポスター発表
  • 伊豆大島における崩壊斜面への適合性を考慮した初期導入樹種の選定方法  [通常講演]
    小林拓也, 厚井高志, 今城貴弘, 皆木美宜, 嶋丈示
    砂防学会研究発表会 2016年05月 ポスター発表
  • 降雨と土砂移動の応答関係に着目した山地流域における土砂動態の把握
    厚井高志, 小林拓也, 藤沢康弘, 菊井稔宏, 鈴木拓郎, 内田太郎
    砂防学会研究発表会 2016年05月 ポスター発表
  • 火山噴火前後の土砂流出状況について  [通常講演]
    江頭勲, 前寺雅紀, 厚井高志, 鈴木拓郎, 安養寺信夫, 下村慎一郎
    砂防学会研究発表会 2015年05月 ポスター発表
  • 火山灰の粒径が浸透能に及ぼす影響  [通常講演]
    細川清隆, 藤沢康弘, 厚井高志, 近藤玲次, 枦木敏仁
    砂防学会研究発表会 2015年05月 口頭発表(一般)
  • 伊豆大島における平成25年台風26号に伴う土砂災害の地形的特徴  [通常講演]
    今城貴弘, 嶋丈示, 厚井高志, 小林拓也, 皆木美宜
    砂防学会研究発表会 2015年05月 口頭発表(一般)
  • 降灰の影響を受けた浸透能調査手法の検討  [通常講演]
    近藤玲次, 厚井高志, 藤沢康弘, 細川清隆, 枦木敏仁
    砂防学会研究発表会 2015年05月 ポスター発表
  • ハイドロフォンによる流砂観測に基づく土砂移動特性の支配要因に関する考察  [通常講演]
    小林拓也, 厚井高志, 藤沢康弘, 菊井稔宏, 鈴木拓郎, 内田太郎
    砂防学会研究発表会 2015年05月 口頭発表(一般)
  • Observation of effect of sediment production events on bed load dynamics using acoustic sensor  [通常講演]
    T. Suzuki, T. Koi, T. Uchida, T. Kanno
    ICCE/IAHS 2014 Symposium “Sediment Dynamics: From the Summit to the Sea” 2014年12月 ポスター発表
  • Differences of sediment response to heavy rainfall events between two mountain catchment in Japan  [通常講演]
    T. Koi, T. Suzuki, T. Uchida, T. Kanno
    ICCE/IAHS 2014 Symposium “Sediment Dynamics: From the Summit to the Sea” 2014年12月 ポスター発表
  • ALOS/PALSARによる立谷沢川上流域における土砂移動箇所の抽出  [通常講演]
    加藤誠章, 嶋丈示, 安田勇次, 垣本毅, 厚井高志, 齊藤信哉, 浅野目和明
    砂防学会研究発表会 2014年05月 ポスター発表
  • 十勝岳の過去の噴火特徴を踏まえた緊急調査に基づく雨量基準の設定の考え方  [通常講演]
    藤沢康弘, 枦木敏仁, 厚井高志, 細川清隆, 西村義
    砂防学会研究発表会 2014年05月 ポスター発表
  • 迅速な降灰による降雨浸透阻害評価の課題整理  [通常講演]
    近藤玲次, 厚井高志, 藤田浩司, 藤沢康弘, 細川清隆, 安養寺信夫, 枦木敏仁
    砂防学会研究発表会 2014年05月 ポスター発表
  • ALOS画像を用いた噴火活動に伴う現象の抽出手法の適用性  [通常講演]
    厚井高志, 加藤誠章, 嶋丈示, 吉川和男, 板野友和, 三五大輔, 草野駿一
    砂防学会研究発表会 2014年05月 ポスター発表
  • 降雨流出・土砂流出に影響する火山噴出物の特性-2011年新燃岳噴火の事例-  [招待講演]
    厚井高志
    平成25年度砂防学会講習会 2013年11月 公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等
  • より減災効果の高い計画への移行を考慮した緊急ハード対策の施工計画  [通常講演]
    細川清隆, 西村義, 幸田学, 枦木敏仁, 厚井高志, 高橋健太
    砂防学会研究発表会 2013年05月 口頭発表(一般)
  • 降灰による降雨浸透阻害評価のための基礎資料作成  [通常講演]
    近藤玲次, 藤田浩司, 厚井高志, 安養寺信夫, 枦木敏仁
    砂防学会研究発表会 2013年05月 ポスター発表
  • 火山噴火時における無人化施工による緊急対策工事実施上の課題と限界  [通常講演]
    厚井高志, 枦木敏弘, 高橋健太, 藤沢康弘
    砂防学会研究発表会 2013年05月 ポスター発表
  • 新燃岳噴火対応を受けた霧島火山緊急減災砂防計画の評価  [通常講演]
    植弘隆, 杉山光徳, 安養寺信夫, 厚井高志, 前寺雅紀
    砂防学会研究発表会 2012年05月 ポスター発表
  • 火山噴出物の特性と噴火に発生する土石流との関係  [通常講演]
    藤沢康弘, 瀧口茂隆, 古長久典, 熊谷隆則, 松永邦彦, 安養寺信夫, 藤田浩司, 厚井高志
    砂防学会研究発表会 2012年05月 口頭発表(一般)
  • 噴火様式の相違と噴火後に発生する土石流との関係  [通常講演]
    藤田浩司, 厚井高志, 藤沢康弘, 安養寺信夫, 瀧口茂隆, 古長久典, 熊谷隆則, 松永邦彦
    砂防学会研究発表会 2012年05月 口頭発表(一般)
  • 砂防現場における汎用デジタルカメラを用いた簡易計測に関する検討  [通常講演]
    厚井高志, 加藤誠章, 三上幸三, 池田暁彦, 道畑亮一, 八重沢学, 原崇司, 島田和彦
    砂防学会研究発表会 2012年05月 ポスター発表
  • 十勝岳における火山噴火緊急減災対策の実施タイミングの検討  [通常講演]
    厚井高志, 枦木敏仁, 鈴木雄介, 植弘隆
    砂防学会研究発表会 2011年05月 ポスター発表
  • 過去に大規模な崩壊が発生した流域における土砂流出の長期変動の比較  [通常講演]
    堀田紀文, 厚井高志
    日本地球惑星科学連合2010年大会 2010年05月 ポスター発表
  • 桜島の土石流流出特性を反映した土石流流出解析  [通常講演]
    酒井敦章, 安養寺信夫, 枦木敏仁, 厚井高志, 鶴本慎治郎, 武士俊也
    砂防学会研究発表会 2010年05月 口頭発表(一般)
  • 噴火から約15年が経過した地域における火山防災意識の実態把握  [通常講演]
    厚井高志, 溝口裕也, 秦耕二, 伊藤英之
    砂防学会研究発表会 2010年05月 ポスター発表
  • Interdecadal trends of sediment discharge in mountain watersheds in Japan  [通常講演]
    T. Koi, N. Hotta, M. Suzuki
    European Geosciences Union (EGU) General Assembly 2010 2010年05月 ポスター発表
  • 土砂流出の長期変動に着目した山地森林流域における土砂動態の把握  [通常講演]
    厚井高志, 堀田紀文, 鈴木雅一
    砂防学会研究発表会 2009年05月 ポスター発表
  • 長期ダム堆砂データを用いた山地森林流域における土砂生産・流出の把握  [招待講演]
    厚井高志
    平成20年度日本地すべり学会若手ワークショップ研究集会「中山間地における自然環境と人間の生活」 2008年07月 公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等
  • 長期ダム堆砂データを用いた土砂流出の流域間比較  [通常講演]
    厚井高志, 堀田紀文, 鈴木雅一
    砂防学会研究発表会 2008年03月 ポスター発表
  • 六甲山系内の堰堤堆砂地における植生の経年変化  [通常講演]
    石川芳治, 白木克繁, 厚井高志, 三好岩夫
    砂防学会研究発表会 2007年05月 ポスター発表
  • 複数回の豪雨イベントがあった流域における崩壊履歴と土砂移動に関する研究-宮崎県渡川ダム上流域を対象として-  [通常講演]
    厚井高志, 堀田紀文, 鈴木雅一
    砂防学会研究発表会 2007年05月 ポスター発表
  • Sediment Delivery in terms of Long-Term Reservoir Sedimentation and Landslide History caused by Heavy Rainfall Events -A Case Study of the Dogawa River Basin, Miyazaki, Japan-  [通常講演]
    T. Koi, N. Hotta, M. Suzuki
    American Geophysical Union (AGU) Fall Meeting 2006年12月 ポスター発表
  • Sediment Yield and Vegetation Recovery in a Mountainous Region with Repeated Heavy Precipitation -A case study in the Omaru River basin, Miyazaki, Japan-  [通常講演]
    T. Koi, N. Hotta, M. Suzuki
    Interpraevent International Symposium 2006年09月 ポスター発表
  • 六甲山系内の堰堤堆砂地における森林面積率の変化,砂防学会研究発表会  [通常講演]
    石川芳治, 厚井高志, 三好岩夫
    砂防学会研究発表会 2006年05月 口頭発表(一般)
  • 堰堤満砂期間を用いた土砂生産の流域内分布と土砂生産要因に関する検討-神奈川県丹沢山地三保ダム上流を対象として-  [通常講演]
    厚井高志, 堀田紀文, 南波陽平, 鈴木雅一, 蛭間敦子, 松崎紀雅, 石垣逸朗, 内山佳美
    砂防学会研究発表会 2006年05月 ポスター発表
  • 砂防堰堤堆砂地への植生侵入に関わる指針の検討  [招待講演]
    厚井高志
    平成17年度砂防学会採択ワークショップ「砂防・治山堰堤堆砂地への植生侵入の実態把握とその管理手法の検討」 2005年11月 公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等
  • 砂防堰堤堆砂地に侵入した植生の消失と再侵入-最上川水系における航空写真を用いた事例調査-  [通常講演]
    厚井高志, 堀田紀文, 鈴木雅一
    砂防学会研究発表会 2005年05月 口頭発表(一般)
  • 砂防堰堤施工後の堆砂地植生侵入状況-最上川流域における航空写真による侵入経過の事例調査  [通常講演]
    厚井高志, 鈴木雅一
    砂防学会研究発表会 2004年05月 ポスター発表

その他活動・業績

共同研究・競争的資金等の研究課題

  • 災害レガシーの実用化にむけた基礎研究-北海道胆振東部地震後の生態系サービス再生-
    日本学術振興会:科学研究費助成事業(科研費)基盤研究(B)
    研究期間 : 2022年 -2025年 
    代表者 : 森本淳子
  • 山地森林流域における防災および流域環境形成に着目した流木管理手法の提案
    日本学術振興会:科学研究費助成事業 挑戦的研究(萌芽)
    研究期間 : 2022年 -2024年 
    代表者 : 厚井 高志
  • 土砂災害の外力と境界条件に基づく脆弱性評価を用いた山地林のゾーニング手法の開発
    日本学術振興会:科学研究費助成事業(科研費)基盤研究(B)
    研究期間 : 2022年 -2024年 
    代表者 : 堀田紀文
  • 北海道の厳寒期での緊急減災施設施工を可能とする寒冷地用砂防ソイルセメント工法の開発
    国土交通省水管理・国土保全局:河川砂防技術研究開発公募 地域課題分野(砂防)
    研究期間 : 2022年 -2024年 
    代表者 : 山田孝
  • 大規模表層崩壊を引き起こす外力・境界条件に着目した地域特殊性評価手法の開発
    日本学術振興会:科学研究費助成事業(科研費)基盤研究(B)
    研究期間 : 2021年 -2023年 
    代表者 : 厚井高志
  • 有珠山次期噴火時の土砂災害シナリオ作成と効果的な減災技術手法についての総合研究
    公益社団法人砂防学会:公募研究会
    研究期間 : 2021年 -2023年 
    代表者 : 山田孝
  • 大規模地震により荒廃した流域からの水・土砂流出特性の解析
    公益財団法人河川財団:
    研究期間 : 2020年 -2023年 
    代表者 : 桂真也
  • 北海道胆振東部地震により大面積で発生した崩壊斜面からの土砂生産に関する調査
    日本自然災害学会:災害調査補助
    研究期間 : 2021年 -2022年 
    代表者 : 厚井高志
  • 中長期時間スケールを対象とした流域貯留土砂の移動実態とその把握手法の検討
    日本学術振興会:科学研究費助成事業(科研費)研究活動スタート支援
    研究期間 : 2019年 -2021年 
    代表者 : 厚井 高志
  • 日本学術振興会:科学研究費助成事業(科研費)基盤研究(A)
    研究期間 : 2018年 -2020年 
    代表者 : 小山内信智
  • 北海道における継続的な土砂移動現象の分析に基づく将来の災害シナリオと適応策の検討
    公益社団法人砂防学会:公募研究会
    研究期間 : 2019年 
    代表者 : 厚井高志
  • 北海道胆振東部地震における厚真川流域の土砂災害に関する分野横断型調査研究
    一般財団法人北海道河川財団:
    研究期間 : 2019年 
    代表者 : 今日出人
  • 砂防・治山堰堤堆砂地への植生侵入の実態把握とその管理手法の検討
    (公社)砂防学会:平成17年度砂防学会ワークショップ(若手研究助成)
    研究期間 : 2005年 
    代表者 : 厚井 高志
  • 山形県最上川流域における砂防堰堤堆砂地への植生侵入の実態把握
    (財)林業土木施設研究所:平成16年度若手研究助成
    研究期間 : 2004年 
    代表者 : 厚井 高志

教育活動情報

主要な担当授業

  • 大学院共通授業科目(一般科目):自然科学・応用科学
    開講年度 : 2021年
    課程区分 : 修士課程
    開講学部 : 大学院共通科目
    キーワード : 自然災害、防災・減災対策、危機管理、行政実務
  • 大学院共通授業科目(一般科目):複合領域
    開講年度 : 2021年
    課程区分 : 修士課程
    開講学部 : 大学院共通科目
    キーワード : 風水害、雪害、土砂災害、火山災害、地震・津波災害、総合政策

大学運営

学内役職歴

  • 2021年4月1日 - 2022年3月31日 広域複合災害研究センター副センター長

委員歴

  • 2022年07月 - 現在   令和5年度(公社)砂防学会研究発表会「北海道大会」実行委員会   委員
  • 2022年04月 - 現在   富士山噴火降灰後土石流可能性マップ検討会(国土交通省)   学識者
  • 2022年03月 - 現在   北海道気候変動適応推進会議(北海道)   構成員
  • 2021年10月 - 現在   土砂災害に関するシンポジウム(土木学会西部支部)   実行委員
  • 2020年05月 - 現在   公共事業評価専門委員会(北海道)   委員
  • 2020年05月 - 現在   北海道政策評価委員会(北海道)   委員
  • 2020年04月 - 現在   (公社)砂防学会北海道支部   幹事
  • 2019年12月 - 現在   復興デザイン会議   委員
  • 2019年09月 - 現在   雌阿寒岳火山防災協議会   学識経験者
  • 2019年08月 - 現在   アトサヌプリ火山防災協議会   学識経験者
  • 2016年06月 - 現在   (公社)砂防学会   砂防学会誌編集委員
  • 2019年07月 - 2021年03月   アトサヌプリ火山噴火緊急減災対策砂防計画検討委員会(北海道)   委員長
  • 2019年09月 - 2020年03月   (公社)砂防学会北海道支部シンポジウム企画委員会   委員
  • 2016年04月 - 2019年03月   (公社)砂防学会   関東支部幹事

メディア報道

  • <災害に備える・専門家の見方>④地震の土砂災害、緩斜面でも
    報道 : 2022年09月06日
    番組・新聞雑誌 : 北海道新聞どうしん電子版
    https://www.hokkaido-np.co.jp/article/726871/ インターネットメディア
  • 大規模地震時の流木発生と地震後の移動実態を解明~気候変動下の防災減災と渓流生態系保全とを考慮した流域管理手法の高度化に期待~
    報道 : 2022年04月19日
    発行元・放送局 : 北海道大学
    番組・新聞雑誌 : プレスリリース
    https://www.hokudai.ac.jp/news/2022/04/post-1026.html その他
  • 豪雪下の複合災害にどう備えるのか?―北海道からの問題提起
    報道 : 2021年12月20日
    番組・新聞雑誌 : 防災ニッポン+(読売新聞)
    https://www.bosai.yomiuri.co.jp/biz/article/4569 インターネットメディア


Copyright © MEDIA FUSION Co.,Ltd. All rights reserved.