大村 優オオムラ ユウresearchmap個人ページ

更新日 : 2017/09/19

基本情報

プロフィール

所属部署名
医学研究院  生理系部門薬理学分野
職名助教 
学位
医学博士(北海道大学)
メールアドレス
ホームページURLhttp://kaken.nii.ac.jp/d/r/80597659.ja.html
科研費研究者番号

研究分野

内科系臨床医学 / 精神神経科学
研究分野を全て表示する
研究分野閉じる
内科系臨床医学 / 精神神経科学

職歴

2012年
北海道大学 医学(系)研究科(研究院)(助教)
職歴を全て表示する
職歴閉じる
2012年
北海道大学 医学(系)研究科(研究院)(助教)

研究活動

論文

Milnacipran affects mouse impulsive, aggressive, and depressive-like behaviors in a distinct dose-dependent manner.
Tsutsui-Kimura I, Ohmura Y, Yoshida T, Yoshioka M
Journal of pharmacological sciences 134(3) 181-189 2017年07月
The data set describing cognitive performance after varenicline administration in a 3-choice serial reaction time task in rats.
Ohmura Y, Sasamori H, Tsutsui-Kimura I, Izumi T, Yoshida T, Yoshioka M
Data in brief 11 507-509 2017年04月
Varenicline provokes impulsive action by stimulating α4β2 nicotinic acetylcholine receptors in the infralimbic cortex in a nicotine exposure status-dependent manner.
Ohmura Y, Sasamori H, Tsutsui-Kimura I, Izumi T, Yoshida T, Yoshioka M
Pharmacology, biochemistry, and behavior 154 1-10 2017年03月
Raphe serotonergic system modulating emotion - anxiety and fear memory.
Ohmura Y, Yoshioka M
Nihon yakurigaku zasshi. Folia pharmacologica Japonica 149(1) 27-33 2017年
Neuronal codes for the inhibitory control of impulsive actions in the rat infralimbic cortex.
Behavioural Brain Ressearch 296 361-372 2016年01月
Activation of Pyramidal Neurons in Mouse Medial Prefrontal Cortex Enhances Food-Seeking Behavior While Reducing Impulsivity in the Absence of an Effect on Food Intake.
Warthen DM, Lambeth PS, Ottolini M, Shi Y, Barker BS, Gaykema RP, Newmyer BA, Joy-Gaba J, Ohmura Y, Perez-Reyes E, Güler AD, Patel MK, Scott MM
Frontiers in behavioral neuroscience 10 63 2016年
Serotonin 5-HT7 Receptor in the Ventral Hippocampus Modulates the Retrieval of Fear Memory and Stress-Induced Defecation.
Ohmura Y, Yoshida T, Konno K, Minami M, Watanabe M, Yoshioka M
The international journal of neuropsychopharmacology / official scientific journal of the Collegium Internationale Neuropsychopharmacologicum (CINP) 2015年12月
Repeated fluvoxamine treatment recovers juvenile stress-induced morphological changes and depressive-like behavior in rats.
Lyttle K, Ohmura Y, Konno K, Yoshida T, Izumi T, Watanabe M, Yoshioka M.
Brain Research 1616 88-100 2015年08月
The role of serotonergic mechanism in the rat prefrontal cortex for controlling the micturition reflex: an in vivo microdialysis study.
Chiba H, Mitsui T, Kitta T, Ohmura Y, Moriya K, Kanno Y, Yoshioka M,Shinohara N.
Neurourology and Urodynamics 2015年07月
Milnacipran Remediates Impulsive Deficits in Rats with Lesions of the Ventromedial Prefrontal Cortex.
Tsutsui-Kimura I, Yoshida T, Ohmura Y, Izumi T, Yoshioka M
The international journal of neuropsychopharmacology / official scientific journal of the Collegium Internationale Neuropsychopharmacologicum (CINP) 2014年12月
論文を全て表示する
論文閉じる
Milnacipran affects mouse impulsive, aggressive, and depressive-like behaviors in a distinct dose-dependent manner.
Tsutsui-Kimura I, Ohmura Y, Yoshida T, Yoshioka M
Journal of pharmacological sciences 134(3) 181-189 2017年07月
The data set describing cognitive performance after varenicline administration in a 3-choice serial reaction time task in rats.
Ohmura Y, Sasamori H, Tsutsui-Kimura I, Izumi T, Yoshida T, Yoshioka M
Data in brief 11 507-509 2017年04月
Varenicline provokes impulsive action by stimulating α4β2 nicotinic acetylcholine receptors in the infralimbic cortex in a nicotine exposure status-dependent manner.
Ohmura Y, Sasamori H, Tsutsui-Kimura I, Izumi T, Yoshida T, Yoshioka M
Pharmacology, biochemistry, and behavior 154 1-10 2017年03月
Raphe serotonergic system modulating emotion - anxiety and fear memory.
Ohmura Y, Yoshioka M
Nihon yakurigaku zasshi. Folia pharmacologica Japonica 149(1) 27-33 2017年
Neuronal codes for the inhibitory control of impulsive actions in the rat infralimbic cortex.
Behavioural Brain Ressearch 296 361-372 2016年01月
Activation of Pyramidal Neurons in Mouse Medial Prefrontal Cortex Enhances Food-Seeking Behavior While Reducing Impulsivity in the Absence of an Effect on Food Intake.
Warthen DM, Lambeth PS, Ottolini M, Shi Y, Barker BS, Gaykema RP, Newmyer BA, Joy-Gaba J, Ohmura Y, Perez-Reyes E, Güler AD, Patel MK, Scott MM
Frontiers in behavioral neuroscience 10 63 2016年
Serotonin 5-HT7 Receptor in the Ventral Hippocampus Modulates the Retrieval of Fear Memory and Stress-Induced Defecation.
Ohmura Y, Yoshida T, Konno K, Minami M, Watanabe M, Yoshioka M
The international journal of neuropsychopharmacology / official scientific journal of the Collegium Internationale Neuropsychopharmacologicum (CINP) 2015年12月
Repeated fluvoxamine treatment recovers juvenile stress-induced morphological changes and depressive-like behavior in rats.
Lyttle K, Ohmura Y, Konno K, Yoshida T, Izumi T, Watanabe M, Yoshioka M.
Brain Research 1616 88-100 2015年08月
The role of serotonergic mechanism in the rat prefrontal cortex for controlling the micturition reflex: an in vivo microdialysis study.
Chiba H, Mitsui T, Kitta T, Ohmura Y, Moriya K, Kanno Y, Yoshioka M,Shinohara N.
Neurourology and Urodynamics 2015年07月
Milnacipran Remediates Impulsive Deficits in Rats with Lesions of the Ventromedial Prefrontal Cortex.
Tsutsui-Kimura I, Yoshida T, Ohmura Y, Izumi T, Yoshioka M
The international journal of neuropsychopharmacology / official scientific journal of the Collegium Internationale Neuropsychopharmacologicum (CINP) 2014年12月
Optogenetic activation of serotonergic neurons enhances anxiety-like behaviour in mice.
Ohmura Y, Tanaka KF, Tsunematsu T, Yamanaka A, Yoshioka M
The international journal of neuropsychopharmacology / official scientific journal of the Collegium Internationale Neuropsychopharmacologicum (CINP)  1-7 2014年05月
[Anti-impulsivity drugs and their mechanisms of action].
Ohmura Y, Tsutsui-Kimura I, Yoshioka M
Nihon shinkei seishin yakurigaku zasshi = Japanese journal of psychopharmacology 34 41-48 2014年04月
Tandospirone suppresses impulsive action by possible blockade of the 5-HT1A receptor.
Ohmura Y, Kumamoto H, Tsutsui-Kimura I, Minami M, Izumi T, Yoshida T, Yoshioka M
Journal of pharmacological sciences 122 84-92 2013年
Effects of serotonergic terminal lesion in the amygdala on conditioned fear and innate fear in rats.
Izumi T, Ohmura Y, Futami Y, Matsuzaki H, Kubo Y, Yoshida T, Yoshioka M
European journal of pharmacology 696(1-3) 89-95 2012年12月
Distinct neurochemical and functional properties of GAD67-containing 5-HT neurons in the rat dorsal raphe nucleus.
Shikanai H, Yoshida T, Konno K, Yamasaki M, Izumi T, Ohmura Y, Watanabe M, Yoshioka M
The Journal of neuroscience : the official journal of the Society for Neuroscience 32(41) 14415-14426 2012年10月
Anxiolytic effects of yokukansan, a traditional Japanese medicine, via serotonin 5-HT1A receptors on anxiety-related behaviors in rats experienced aversive stress.
Yamaguchi T, Tsujimatsu A, Kumamoto H, Izumi T, Ohmura Y, Yoshida T, Yoshioka M
Journal of ethnopharmacology 143(2) 533-539 2012年09月
Milnacipran enhances the control of impulsive action by activating D(1)-like receptors in the infralimbic cortex.
Tsutsui-Kimura I, Ohmura Y, Izumi T, Kumamoto H, Yamaguchi T, Yoshida T, Yoshioka M
Psychopharmacology 2012年08月
Lithium, but not valproic acid or carbamazepine, suppresses impulsive-like action in rats.
Ohmura Y, Tsutsui-Kimura I, Kumamoto H, Minami M, Izumi T, Yamaguchi T, Yoshida T, Yoshioka M
Psychopharmacology 219(2) 421-432 2012年01月
Impulsive behavior and nicotinic acetylcholine receptors.
Ohmura Y, Tsutsui-Kimura I, Yoshioka M
Journal of pharmacological sciences 118 413-422 2012年
Dopamine D1/5 and D2/3 agonists differentially attenuate somatic signs of nicotine withdrawal in rats.
Ohmura Y, Jutkiewicz EM, Zhang A, Domino EF
Pharmacology, biochemistry, and behavior 99(4) 552-556 2011年10月
Regulation of cerebral blood flow in the hippocampus by neuronal activation through the perforant path: relationship between hippocampal blood flow and neuronal plasticity.
Hamadate N, Yamaguchi T, Sugawara A, Tsujimatsu A, Izumi T, Yoshida T, Ohmura Y, Yoshioka M
Brain research 1415 1-7 2011年09月
L-DOPA attenuates nicotine withdrawal-induced behaviors in rats.
Ohmura Y, Jutkiewicz EM, Domino EF
Pharmacology, biochemistry, and behavior 98(4) 552-558 2011年06月
5-Hydroxytryptophan attenuates somatic signs of nicotine withdrawal.
Ohmura Y, Jutkiewicz EM, Yoshioka M, Domino EF
Journal of pharmacological sciences 117(2) 121-124 2011年
Endogenous acetylcholine modulates impulsive action via alpha4beta2 nicotinic acetylcholine receptors in rats.
Tsutsui-Kimura I, Ohmura Y, Izumi T, Yamaguchi T, Yoshida T, Yoshioka M
European journal of pharmacology 641(2-3) 148-153 2010年09月
Nicotine provokes impulsive-like action by stimulating alpha4beta2 nicotinic acetylcholine receptors in the infralimbic, but not in the prelimbic cortex.
Tsutsui-Kimura I, Ohmura Y, Izumi T, Yamaguchi T, Yoshida T, Yoshioka M
Psychopharmacology 209(4) 351-359 2010年05月
The serotonergic projection from the median raphe nucleus to the ventral hippocampus is involved in the retrieval of fear memory through the corticotropin-releasing factor type 2 receptor.
Ohmura Y, Izumi T, Yamaguchi T, Tsutsui-Kimura I, Yoshida T, Yoshioka M
Neuropsychopharmacology : official publication of the American College of Neuropsychopharmacology 35 1271-1278 2010年05月
Liposome-encapsulated hemoglobin ameliorates impairment of fear memory and hippocampal dysfunction after cerebral ischemia in rats.
Hamadate N, Yamaguchi T, Sugawara A, Togashi H, Izumi T, Yoshida T, Ohmura Y, Yoshioka M
Journal of pharmacological sciences 114(4) 409-419 2010年
The roles of corticotropin releasing factor (CRF) in responses to emotional stress: is CRF release a cause or result of fear/anxiety?
Ohmura Y, Yoshioka M
CNS & neurological disorders drug targets 8 459-469 2009年12月
5-選択反応時間課題 (5-choice serial reaction time task)/3- 選択反応時間課題 (3-choice serial reaction time task) による注意機能・衝動性の評価
大村 優, 木村 生, 吉岡 充弘
日本薬理学雑誌 134(3) 137-141 2009年09月
Assessment of attentional function and impulsivity using 5-choice serial reaction time task/3-choice serial reaction time task.
Ohmura Y, Tsutsui-Kimura I, Yoshioka M
Nihon yakurigaku zasshi. Folia pharmacologica Japonica 134(3) 137-141 2009年09月
The effects of serotonin and/or noradrenaline reuptake inhibitors on impulsive-like action assessed by the three-choice serial reaction time task: a simple and valid model of impulsive action using rats.
Tsutsui-Kimura I, Ohmura Y, Izumi T, Yamaguchi T, Yoshida T, Yoshioka M
Behavioural pharmacology 20 474-483 2009年09月
Corticotropin releasing factor enhances attentional function as assessed by the five-choice serial reaction time task in rats.
Ohmura Y, Yamaguchi T, Futami Y, Togashi H, Izumi T, Matsumoto M, Yoshida T, Yoshioka M
Behavioural brain research 198 429-433 2009年03月
Alcohol use and discounting of delayed and probabilistic gain and loss.
Takahashi T, Ohmura Y, Oono H, Radford M
Neuro endocrinology letters 30 749-752 2009年
Corticotropin releasing factor in the median raphe nucleus is involved in the retrieval of fear memory in rats.
Ohmura Y, Yamaguchi T, Izumi T, Matsumoto M, Yoshioka M
European journal of pharmacology 584 357-360 2008年04月
Three-month stability of delay and probability discounting measures.
Ohmura Y, Takahashi T, Kitamura N, Wehr P
Experimental and clinical psychopharmacology 14 318-328 2006年08月
Discounting delayed and probabilistic monetary gains and losses by smokers of cigarettes.
Ohmura Y, Takahashi T, Kitamura N
Psychopharmacology 182 508-515 2005年11月
Why do people reject unintended inequity? Responders' rejection in a truncated ultimatum game.
Ohmura Y, Yamagishi T
Psychological reports 96 533-541 2005年04月

受賞

2015年09月
日本神経精神薬理学会 若手優秀発表賞 光遺伝学による背側/正中縫線核セロトニン神経制御は不安、うつ、衝動性に部位依存的に影響を与える 
2013年03月
日本薬理学会 第86回日本薬理学会 年会優秀発表賞 光遺伝学によるセロトニン神経活動の操作と不安関連行動 
受賞を全て表示する
受賞閉じる
2015年09月
日本神経精神薬理学会 若手優秀発表賞 光遺伝学による背側/正中縫線核セロトニン神経制御は不安、うつ、衝動性に部位依存的に影響を与える 
2013年03月
日本薬理学会 第86回日本薬理学会 年会優秀発表賞 光遺伝学によるセロトニン神経活動の操作と不安関連行動 

教育活動

主要な担当授業

基本医学研究Ⅰ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : 神経薬理学、情動機能、精神疾患、動物モデル、実験計画法、統計解析
基本医学研究Ⅱ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : モノアミン作動性神経系、神経薬理学、情動機能、精神疾患、動物モデル、実験計画法、統計解析monoaminergic system, neuropharmacology, emotion, psychiatric disorders, animal models, experimental design, statistical analysis
基盤医学研究Ⅰ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 博士後期課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : 神経薬理学、情動機能、精神疾患、動物モデル、実験計画法、統計解析neuropharmacology, emotion, psychiatric disorders, model animals, experimental design, statistical analysis
基盤医学研究Ⅱ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 博士後期課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : モノアミン作動性神経系、神経薬理学、情動機能、精神疾患、動物モデル、実験計画法、統計解析monoaminergic system, neuropharmacology, emotion, psychiatric disorders, animal models, experimental design, statistical analysis
基礎情報伝達学
開講年度 : 2015年
課程区分 : 学士課程
開講学部 : 医学部
専門医学研究Ⅰ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : 神経薬理学、情動機能、精神疾患、動物モデル、実験計画法、統計解析
専門医学研究Ⅱ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : モノアミン作動性神経系、神経薬理学、情動機能、精神疾患、動物モデル、実験計画法、統計解析monoaminergic system, neuropharmacology, emotion, psychiatric disorders, animal models, experimental design, statistical analysis
専門基礎医学Ⅳ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : 薬理学 薬力学 薬物動態学 PharmacologyPharmacodynamicsPharmacokinetics
専門基礎医学Ⅳ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : 細胞内情報伝達経路、イオンチャネル、トランスポーター、受容体intracellular signal transduction, ion channels, transporters,receptors
専門基礎医学Ⅳ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : 薬物療法、薬力学、薬物動態学、副作用Pharmacotherapy, Pharmacodynamics, Pharmacokinetics, Side effects
最新年度を全て表示する
主要な担当授業閉じる
基本医学研究Ⅰ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : 神経薬理学、情動機能、精神疾患、動物モデル、実験計画法、統計解析
基本医学研究Ⅱ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : モノアミン作動性神経系、神経薬理学、情動機能、精神疾患、動物モデル、実験計画法、統計解析monoaminergic system, neuropharmacology, emotion, psychiatric disorders, animal models, experimental design, statistical analysis
基盤医学研究Ⅰ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 博士後期課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : 神経薬理学、情動機能、精神疾患、動物モデル、実験計画法、統計解析neuropharmacology, emotion, psychiatric disorders, model animals, experimental design, statistical analysis
基盤医学研究Ⅱ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 博士後期課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : モノアミン作動性神経系、神経薬理学、情動機能、精神疾患、動物モデル、実験計画法、統計解析monoaminergic system, neuropharmacology, emotion, psychiatric disorders, animal models, experimental design, statistical analysis
基礎情報伝達学
開講年度 : 2015年
課程区分 : 学士課程
開講学部 : 医学部
専門医学研究Ⅰ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : 神経薬理学、情動機能、精神疾患、動物モデル、実験計画法、統計解析
専門医学研究Ⅱ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : モノアミン作動性神経系、神経薬理学、情動機能、精神疾患、動物モデル、実験計画法、統計解析monoaminergic system, neuropharmacology, emotion, psychiatric disorders, animal models, experimental design, statistical analysis
専門基礎医学Ⅳ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : 薬理学 薬力学 薬物動態学 PharmacologyPharmacodynamicsPharmacokinetics
専門基礎医学Ⅳ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : 細胞内情報伝達経路、イオンチャネル、トランスポーター、受容体intracellular signal transduction, ion channels, transporters,receptors
専門基礎医学Ⅳ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : 薬物療法、薬力学、薬物動態学、副作用Pharmacotherapy, Pharmacodynamics, Pharmacokinetics, Side effects
薬理学
開講年度 : 2015年
課程区分 : 学士課程
開講学部 : 医学部
薬理学Ⅰ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 学士課程
開講学部 : 医学部
キーワード : 細胞内情報伝達経路、イオンチャネル、トランスポーター、受容体
薬理学Ⅱ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 学士課程
開講学部 : 医学部
キーワード : 薬理学 薬力学 薬物動態学
薬理学実習
開講年度 : 2015年
課程区分 : 学士課程
開講学部 : 医学部
キーワード : 薬物療法、薬力学、薬物動態学、副作用
前年度を全て表示する
主要な担当授業閉じる
基本医学研究Ⅰ
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : 神経薬理学、情動機能、精神疾患、動物モデル、実験計画法、統計解析
基本医学研究Ⅱ
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : モノアミン作動性神経系、神経薬理学、情動機能、精神疾患、動物モデル、実験計画法、統計解析monoaminergic system, neuropharmacology, emotion, psychiatric disorders, animal models, experimental design, statistical analysis
基盤医学研究Ⅰ
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 博士後期課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : 神経薬理学、情動機能、精神疾患、動物モデル、実験計画法、統計解析neuropharmacology, emotion, psychiatric disorders, model animals, experimental design, statistical analysis
基盤医学研究Ⅱ
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 博士後期課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : モノアミン作動性神経系、神経薬理学、情動機能、精神疾患、動物モデル、実験計画法、統計解析monoaminergic system, neuropharmacology, emotion, psychiatric disorders, animal models, experimental design, statistical analysis
基礎情報伝達学
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 学士課程
科目学部名 : 医学部
専門医学研究Ⅰ
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : 神経薬理学、情動機能、精神疾患、動物モデル、実験計画法、統計解析
専門医学研究Ⅱ
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : モノアミン作動性神経系、神経薬理学、情動機能、精神疾患、動物モデル、実験計画法、統計解析monoaminergic system, neuropharmacology, emotion, psychiatric disorders, animal models, experimental design, statistical analysis
専門基礎医学Ⅳ
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : 薬理学 Pharmacology薬力学 Pharmacodynamics薬物動態学 Pharmacokinetics
専門基礎医学Ⅳ
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : 細胞内情報伝達経路、イオンチャネル、トランスポーター、受容体intracellular signal transduction, ion channels, transporters,receptors
専門基礎医学Ⅳ
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : 薬物療法、薬力学、薬物動態学、副作用Pharmacotherapy, Pharmacodynamics, Pharmacokinetics, Side effects
薬理学
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 学士課程
科目学部名 : 医学部
薬理学Ⅰ
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 学士課程
科目学部名 : 医学部
キーワード : 細胞内情報伝達経路、イオンチャネル、トランスポーター、受容体
薬理学Ⅱ
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 学士課程
科目学部名 : 医学部
キーワード : 薬物療法、薬力学、薬物動態学、副作用
薬理学実習
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 学士課程
科目学部名 : 医学部
キーワード : 薬物療法、薬力学、薬物動態学、副作用
前々年度を全て表示する
主要な担当授業閉じる
基本医学研究Ⅰ
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : タンパク質、核酸、糖質、脂質、酵素
基本医学研究Ⅰ
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : 神経薬理学、情動機能、精神疾患、動物モデル、実験計画法、統計解析
基本医学研究Ⅱ
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : モノアミン作動性神経系、神経薬理学、情動機能、精神疾患、動物モデル、実験計画法、統計解析
基盤医学研究Ⅰ
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 博士後期課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : 神経薬理学、情動機能、精神疾患、動物モデル、実験計画法、統計解析
基盤医学研究Ⅱ
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 博士後期課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : モノアミン作動性神経系、神経薬理学、情動機能、精神疾患、動物モデル、実験計画法、統計解析
基礎情報伝達学
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 学士課程
科目学部名 : 医学部
専門医学研究Ⅰ
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : 神経薬理学、情動機能、精神疾患、動物モデル、実験計画法、統計解析
専門医学研究Ⅱ
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : モノアミン作動性神経系、神経薬理学、情動機能、精神疾患、動物モデル、実験計画法、統計解析
専門基礎医学Ⅳ
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : 細胞内情報伝達経路、イオンチャネル、トランスポーター、受容体
専門基礎医学Ⅳ
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : 薬物療法、薬力学、薬物動態学、副作用
薬理学
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 学士課程
科目学部名 : 医学部
薬理学Ⅰ
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 学士課程
科目学部名 : 医学部
キーワード : 細胞内情報伝達経路、イオンチャネル、トランスポーター、受容体
薬理学Ⅱ
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 学士課程
科目学部名 : 医学部
キーワード : 薬物療法、薬力学、薬物動態学、副作用
薬理学実習
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 学士課程
科目学部名 : 医学部
キーワード : 薬物療法、薬力学、薬物動態学、副作用

ページトップへ

  • HOMEに戻る
  • 前のページに戻る