研究者データベース

菅谷 勉(スガヤ ツトム)
歯学研究院 口腔医学部門 口腔健康科学分野
教授

基本情報

所属

  • 歯学研究院 口腔医学部門 口腔健康科学分野

職名

  • 教授

学位

  • 博士(歯学)(北海道大学)

J-Global ID

研究キーワード

  • 歯内療法   歯周病予防   歯周外科   歯内療法学   Endodontics   Prevention of Periodontal Disease   Periodontal surgery   

研究分野

  • ライフサイエンス / 保存治療系歯学
  • ライフサイエンス / 保存治療系歯学

所属学協会

  • 日本接着歯学会   日本バイオマテリアル学会   日本歯内療法学会   日本外傷歯学会   日本臨床歯周病学会   日本歯科理工学会   日本再生歯学会   日本再生医療学会   日本歯科保存学会   日本歯周病学会   

研究活動情報

論文

  • Tomokazu Furihata, Hirofumi Miyaji, Erika Nishida, Akihito Kato, Saori Miyata, Kanako Shitomi, Kayoko Mayumi, Yukimi Kanemoto, Tsutomu Sugaya, Tsukasa Akasaka
    Journal of biomedical materials research. Part B, Applied biomaterials 108 7 3033 - 3044 2020年10月 [査読有り][通常論文]
     
    Recombinant human collagen peptide, developed based on human collagen type I, contains an arginyl-glycyl-aspartic acid (RGD)-rich motif to enhance cell behavior and is anticipated as a xeno-free polymer material for use in tissue engineering. We fabricated granules containing recombinant human collagen peptide (RCP) applied with beta-tricalcium phosphate fine particles (RCP/β-TCP) as bone filling scaffold material and assessed the bone forming ability of RCP/β-TCP. Recombinant peptide was thermal crosslinked and freeze-dried to prepare RCP. An aqueous dispersion of β-TCP fine particles was added to RCP to obtain RCP/β-TCP. Subsequently, RCP/β-TCP were characterized using scanning electron microscopy (SEM), energy dispersive X-ray spectrometry (EDX), and cell culture assessments. Furthermore, RCP/β-TCP were implanted into rat cranial bone defects for radiographic and histological evaluations. In SEM and EDX analyses of RCP/β-TCP, β-TCP particles dose-dependently covered the surface of RCP. Cell culture tests showed that RCP/β-TCP remarkably promoted proliferation and mRNA expression of various genes, such as integrin β1 and osteogenic markers, of osteoblastic MC3T3-E1 cells. Histomorphometric assessment at 4 weeks showed that RCP/β-TCP significantly promoted new skull bone formation compared to RCP (p < 0.05) and control (no application) (p < 0.01). Accordingly, these findings suggest RCP/β-TCP possess bone forming capability and would be beneficial for bone tissue engineering therapy.
  • Kanako Shitomi, Hirofumi Miyaji, Saori Miyata, Tsutomu Sugaya, Natsumi Ushijima, Tsukasa Akasaka, Hideya Kawasaki
    Photodiagnosis and photodynamic therapy 30 101647 - 101647 2020年06月 [査読有り][通常論文]
     
    Antimicrobial photodynamic therapy (a-PDT) is a promising anti-infective technique for generation of singlet oxygen (1O2) to target dental disease. However, conventional organic photosensitizers have problems for clinical use in terms of cytotoxicity, quenching of a-PDT activity by self-dimerization, and the lack of long-term antibacterial effect. We herein propose silver nanoclusters/rose bengal nanocomposite (AgNCs/RB) as a novel photosensitizer with two primary antibacterial effects: (1) 1O2 generation by irradiated RB and (2) Ag+ ion release from AgNCs. AgNCs/RB irradiated with white light-emitting diode (LED) for a short irradiation time of 1 min significantly decreased the bacterial turbidity of Streptococcus mutans, Porphyromonas gingivalis and Aggregatibacter actinomycetemcomitans (P < 0.05). In SEM, TEM and LIVE/DEAD staining images, photoexcited AgNCs/RB reduced S. mutans colonization, destroyed the cell membrane, and increased the number of dead cells. The antibacterial efficiency of photoexcited AgNCs/RB was greater than that of AgNCs or RB alone (P < 0.05), suggesting a synergistic effect of 1O2 and Ag+ ions from photoexcited AgNCs/RB. By contrast, photoexcited AgNCs/RB did not affect WST-8 and LDH activities and morphology of NIH3T3 mammalian cells, indicating low cytotoxicity. Interestingly, the antibacterial activity of AgNCs/RB on S. mutans was maintained even after the cessation of LED irradiation, indicating a long-term antibacterial effect due to released Ag+ ions. The present AgNCs/RB photosensitizers provide effective synergistic antibacterial effects for dental a-PDT via 1O2 and Ag+ ions coupled with low cytotoxicity.
  • Human dentin applied with silver nanoclusters exhibited the antibacterial activity on Streptococcus mutansin applied with silver nanoclusters exhibited the antibacterial activity on Streptococcus mutans
    K Shitomi, H Miyaji, S Miyata, E Nishida, K Mayumi, T Sugaya, H Kawasaki
    Nano Biomed 11 1 121 - 28 2019年08月 [査読有り][通常論文]
  • Shitomi Kanako, Miyaji Hirofumi, Miyata Saori, Nishida Erika, Mayumi Kayoko, Sugaya Tsutomu, Kawasaki Hideya
    Nano Biomedicine 11 1 21 - 28 2019年06月 [査読有り][通常論文]
     
    虫歯の病原菌であるStreptococcus mutansに対して審美的(象牙質変色予防)作用と抗菌的作用を持つ成分として、直径2nm未満の銀ナノクラスター(AgNC)を調製した。このAgNCはS.mutansの濁度と生存性を顕著に減少させるだけでなく、LIVE/DEAD染色法にて殺菌効果が認められた。このAgNCをヒト象牙質に適用すると、フッ化ジアミン銀を適用した場合と比べて象牙質の変色は認められず、AgNC-処理象牙質はS.mutansによるコロニー形成に対する阻害効果を示した。これらの結果から、AgNCは抗菌的・審美的基質として、歯科療法で有望と考えられた。
  • Effects of transforming growth factor-β1 and bone morphogenetic protein-2 on bone formation using a bioabsorbable scaffold at palatal sites in rats
    J Oral Tissue Engin 2019年 [査読有り][通常論文]
  • Taichi Tenkumo, Juan Ramón Vanegas Sáenz, Keisuke Nakamura, Yoshinaka Shimizu, Viktoriya Sokolova, Matthias Epple, Yuya Kamano, Hiroshi Egusa, Tsutomu Sugaya, Keiichi Sasaki
    Materials science & engineering. C, Materials for biological applications 92 172 - 183 2018年11月01日 [査読有り][通常論文]
     
    In the combination of scaffolds immersed in growth factor solutions, the release of growth factors mainly depends on scaffold degradation. However, the release of bone morphogenetic protein (BMP)-2 at an appropriate concentration during the stage of tissue regeneration would enhance bone regeneration. To achieve this condition, the present study was performed to investigate the effects of scaffolds combined with gene transfection using non-viral vectors. Nanohydroxyapatite-collagen (nHAC) scaffolds cross-linked with 1-ethyl-3-(3-dimethylaminopropyl) carbodiimide hydrochloride (EDC) or ascorbic acid/copper chloride, and a collagen scaffold (Terdermis®) were prepared, loaded with BMP-2-encoding plasmid DNA-functionalized calcium phosphate nanoparticles (CaP), naked plasmid DNA, or BMP-2 solution, and implanted in rats. The yield of released BMP-2 and its releasing period, respectively, were larger and longer from the scaffolds loaded with CaP than from those incubated with BMP-2 solution. In addition, the alkaline phosphatase activity induced by the CaP-loaded scaffolds was higher. Histological analysis showed that released BMP-2 could be observed on the macrophages or multinuclear giant cells surrounding the nHAC fragments or collagen fibres. TRAP-positive or OCN-positive sites were observed in all groups and a mineralization area was observed in the Terdermis®/CaP sample. The present study demonstrates that gene transfection by scaffold loaded with CaP gene transfer vectors induces a larger yield of BMP-2 for a longer period than by scaffolds loaded with BMP-2 solution or naked plasmid.
  • 下地 伸司, 竹生 寛恵, 大嶌 理紗, 川浪 雅光, 菅谷 勉
    日本歯科保存学雑誌 61 5 282 - 291 (NPO)日本歯科保存学会 2018年10月 [査読無し][通常論文]
     
    目的:歯科治療に対して恐怖心や不安感を有している患者は多く、それらを軽減させることは、安心・安全な歯科治療を行うために重要である。そのための簡便な精神鎮静法の一つとしてアロマテラピーがあるが、歯科領域ではまだ十分には検討されていない。本研究の目的は、健全な若年成人に対して歯周ポケット検査および超音波スケーラーを用いたスケーリングを行った際のアロマテラピーの効果について、著者らが開発したモニターシステムを用いて自律神経活動の変化によって音楽鎮静法と比較することにより評価することである。対象と方法:15名(26.1±1.1歳)の健全な若年成人ボランティアを対象とした。同一被験者に対して精神鎮静法を行わない非精神鎮静群、アロマテラピーを行うアロマテラピー群、音楽鎮静法を行う音楽鎮静群、アロマテラピーと音楽鎮静法の両方を行う併用群の4群を設けた。4群を行う順序は、中央割付法でランダム化して決定した。最初に、質問票(DAS)を用いて歯科治療に対する恐怖心を評価した。次に非精神鎮静群では、処置前座位(3分間)、処置前仰臥位(3分間)、歯周ポケット検査(3分間)、スケーリング(5分間)および処置後仰臥位(3分間)を順に行った際の血圧、心拍数および自律神経活動について、本モニターシステムを用いて評価した。その他の3群では、それぞれの精神鎮静法を施行して3分間後に同様の評価を行った。また、処置前後の不安感についてVASによる評価を行った。自律神経活動は、心電図のR-R間隔を高周波成分(HF)と低周波成分(LF)に周波数解析することで、交感神経活動(LF/HF)を評価した。統計学的分析は、Friedman testおよびWilcoxon signed-rank testを用いて行った(p<0.05)。結果:血圧、心拍数およびVASは、各段階でほとんど変化がなく、有意な差は認められなかった。LF/HFは、非精神鎮静群で処置時に処置前よりも有意に低い値を示すことが多かった。また、ほかの3群で処置前座位時および仰臥位時に非精神鎮静群よりも有意に低い値を示した。結論:健全な若年成人では、アロマテラピーを行った際は、行わなかった際と比較して歯周ポケット検査および超音波スケーラーを用いたスケーリング前の座位時および仰臥位時において交感神経活動が低下する。その程度は音楽鎮静法と同程度だったが、併用することでさらに低下することはなかった。(著者抄録)
  • Nagao Keishi, Miyaji Hirofumi, Nishida Erika, Akasaka Tsukasa, Miyata Saori, Shitomi Kanako, Mayumi Kayoko, Kato Akihito, Sugaya Tsutomu
    Journal of Oral Hygiene & Health 6 1 231 - 231 OMICS International 2018年01月10日 [査読有り][通常論文]
  • Reika Makita, Tsukasa Akasaka, Seiichi Tamagawa, Yasuhiro Yoshida, Saori Miyata, Hirofumi Miyaji, Tsutomu Sugaya
    Beilstein journal of nanotechnology 9 1735 - 1754 2018年 [査読有り][通常論文]
     
    Background: Collagen is a basic component of the periodontium and plays an important role in the function of the periodontal unit. Therefore, coating with collagen/gelatin has been applied to enable dental implants to positively interact with peri-implant tissues. Although the micro/nanoscale topography is an important property of the surface of dental implants, smaller collagen/gelatin surface patterns have not been sufficiently developed. Furthermore, only few reports on the behavior of cells on gelatin surfaces with different patterns and sizes exist. In this study, we developed micro/nanometer-scaled gelatin surfaces using genipin crosslinking, with the aim of understanding the use of patterning in surface modification of dental implants. Results: Grooves, holes, and pillars, with widths or diameters of 2 µm, 1 µm, or 500 nm were fabricated using a combination of molding and genipin crosslinking of gelatin. The stability of the different gelatin patterns could be controlled by the degree of genipin crosslinking. The gelatin patterns at 20 mM concentration of genipin and 41% crosslinking maintained a stable, patterned shape for at least 14 days in a cell culture medium. A cell morphology study showed that the cells on groves were aligned along the direction of the grooves. In contrast, the cells on pillars and holes exhibited randomly elongated filopodia. The vinculin spots of the cells were observed on the top of ridges and pillars or the upper surface of holes. The results of a cell attachment assay showed that the number of surface-attached cells increased with increasing patterning of the gelatin surface. Unlike the cell attachment assay, the results of a cell proliferation assay showed that Saos-2 cells prefer grooves with diameters of approximately 2 µm and 1 µm and pillars with diameters of 1 µm and heights of 500 nm. The number of cells on pillars with heights of 2 µm was larger than those of the other gelatin surface patterns tested. Conclusion: These data support that a detailed design of the gelatin surface pattern can control both cell attachment and proliferation of Saos-2 cells. Thus, gelatin surfaces patterned using genipin crosslinking are now an available option for biocompatible material patterning.
  • Kohei Kawamoto, Hirofumi Miyaji, Erika Nishida, Saori Miyata, Akihito Kato, Akito Tateyama, Tomokazu Furihata, Kanako Shitomi, Toshihiko Iwanaga, Tsutomu Sugaya
    International journal of nanomedicine 13 2365 - 2376 2018年 [査読有り][通常論文]
     
    Introduction: The 3-dimensional scaffold plays a key role in volume and quality of repair tissue in periodontal tissue engineering therapy. We fabricated a novel 3D collagen scaffold containing carbon-based 2-dimensional layered material, named graphene oxide (GO). The aim of this study was to characterize and assess GO scaffold for periodontal tissue healing of class II furcation defects in dog. Materials and methods: GO scaffolds were prepared by coating the surface of a 3D collagen sponge scaffold with GO dispersion. Scaffolds were characterized using cytotoxicity and tissue reactivity tests. In addition, GO scaffold was implanted into dog class II furcation defects and periodontal healing was investigated at 4 weeks postsurgery. Results: GO scaffold exhibited low cytotoxicity and enhanced cellular ingrowth behavior and rat bone forming ability. In addition, GO scaffold stimulated healing of dog class II furcation defects. Periodontal attachment formation, including alveolar bone, periodontal ligament-like tissue, and cementum-like tissue, was significantly increased by GO scaffold implantation, compared with untreated scaffold. Conclusion: The results suggest that GO scaffold is biocompatible and possesses excellent bone and periodontal tissue formation ability. Therefore, GO scaffold would be beneficial for periodontal tissue engineering therapy.
  • Tateyama Akito, Kato Akihito, Miyaji Hirofumi, Nishida Erika, Iwasaki Yasuhiko, Fujii Syuji, Kawamoto Kohei, Shitomi Kanako, Furihata Tomokazu, Mayumi Kayoko, Sugaya Tsutomu
    Nano Biomed 9 2 69 - 76 2017年12月 [査読有り][通常論文]
     
    骨移植材の分解性と操作性を改善するため、α型リン酸トリカルシウム(α-TCP)骨ペーストを基にした水-オイル懸濁液を調製した。親油性の抗高脂血症薬であるシンバスタチン(SIM)には骨形成促進作用が認められているため、SIM含有α-TCP骨ペーストを用いてラットの頭蓋骨欠損に対する骨形成効果を評価した。骨ペーストは固化後に多孔性構造とヒドロキシアパタイトの生成を示すので、頭蓋骨欠損部への移植後にX線画像解析と組織学的検査を行った。骨ペーストのSIM含有量は0、0.01、0.1および1mgとし、無SIMの対照骨ペーストと比較した。その結果、骨ペースト移植後に新たな骨形成が認められ、特に0.1mg SIM群では対照群に比べて骨体積が有意に促進され、術後4週では骨欠損部に骨ペースト残渣は見られなかった。以上より、SIM含有α-TCP骨ペーストは分解性であり、骨組織工学にとって有用であることが示唆された。
  • Miyata Saori, Miyaji Hirofumi, Kawasaki Hideya, Nishida Erika, Shitomi Kanako, Akasaka Tsukasa, Tanaka Saori, Iizuka Tadashi, Sugaya Tsutomu
    Biology, Engineering and Medicine 2 4 1 - 4 Open Access Text 2017年10月 [査読有り][通常論文]
  • Shusuke Murakami, Hirofumi Miyaji, Erika Nishida, Kohei Kawamoto, Saori Miyata, Hiroko Takita, Tsukasa Akasaka, Bunshi Fugetsu, Toshihiko Iwanaga, Hiromi Hongo, Norio Amizuka, Tsutomu Sugaya, Masamitsu Kawanami
    Dental materials journal 36 5 573 - 583 2017年09月26日 [査読有り][通常論文]
     
    Three-dimensional collagen scaffolds coated with beta-tricalcium phosphate (β-TCP) nanoparticles reportedly exhibit good bioactivity and biodegradability. Dose effects of β-TCP nanoparticles on biocompatibility and bone forming ability were then examined. Collagen scaffold was applied with 1, 5, 10, and 25 wt% β-TCP nanoparticle dispersion and designated TCP1, TCP5, TCP10, and TCP25, respectively. Compressive strength, calcium ion release and enzyme resistance of scaffolds with β-TCP nanoparticles applied increased with β-TCP dose. TCP5 showed excellent cell-ingrowth behavior in rat subcutaneous tissue. When TCP10 was applied, osteoblastic cell proliferation and rat cranial bone augmentation were greater than for any other scaffold. The bone area of TCP10 was 7.7-fold greater than that of non-treated scaffold. In contrast, TCP25 consistently exhibited adverse biological effects. These results suggest that the application dose of β-TCP nanoparticles affects the scaffold bioproperties; consequently, the bone conductive ability of TCP10 was remarkable.
  • Tsutomu Sugaya, Mahito Tomita, Youji Motoki, Khurshiduz Zaman, Hirofumi Miyaji, Masamitsu Kawanami
    Odontology 105 2 202 - 207 2017年04月 [査読有り][通常論文]
     
    The aim of this study was to determine whether sealing of fracture gap using adhesive resin through the root canal can prevent inflammation of periodontal tissue, and resealing the incompletely sealed fracture gap from outside can resolve such inflammation in experimentally created vertical root fractures. Vertical root fractures were created in incisor of beagles. In the experimental group, the fracture gap was sealed through the root canal with adhesive resin. After 5 weeks, sites with the clinical attachment level ≥4 mm were further divided randomly into the poor-replanting group and the poor-untreated group. In the poor-replanting group, the tooth was extracted and replanted after resealing the fracture gap with adhesive resin from the outer surface. Sites with clinical attachment level ≤3 mm after 5 weeks were considered as the satisfactory group. The poor-untreated group and the satisfactory group were subjected to no further treatment. The clinical attachment level was evaluated at baseline and after 2, 5, and 9 weeks. After 9 weeks, histological measurements were made to determine the length of the epithelial downgrowth and the area of alveolar bone resorption. The clinical attachment level and the area of bone resorption were significantly smaller in the poor-replanting group and the satisfactory group than in the poor-untreated group (p < 0.05). The results indicate the possibility that periodontal inflammation along the fracture line can be prevented and improved if the fracture gap is sealed.
  • Yoshiaki Nomura, Toshiya Morozumi, Taneaki Nakagawa, Tsutomu Sugaya, Masamitsu Kawanami, Fumihiko Suzuki, Keiso Takahashi, Yuzo Abe, Soh Sato, Asako Makino-Oi, Atsushi Saito, Satomi Takano, Masato Minabe, Yohei Nakayama, Yorimasa Ogata, Hiroaki Kobayashi, Yuichi Izumi, Naoyuki Sugano, Koichi Ito, Satoshi Sekino, Yukihiro Numabe, Chie Fukaya, Nobuo Yoshinari, Mitsuo Fukuda, Toshihide Noguchi, Tomoo Kono, Makoto Umeda, Osamu Fujise, Fusanori Nishimura, Atsutoshi Yoshimura, Yoshitaka Hara, Toshiaki Nakamura, Kazuyuki Noguchi, Erika Kakuta, Nobuhiro Hanada, Shogo Takashiba, Yasuharu Amitani, Hiromasa Yoshie
    PloS one 12 12 e0188670  2017年 [査読有り][通常論文]
     
    Periodontal disease is assessed and its progression is determined via observations on a site-by-site basis. Periodontal data are complex and structured in multiple levels; thus, applying a summary statistical approach (i.e., the mean) for site-level evaluations results in loss of information. Previous studies have shown the availability of mixed effects modeling. However, clinically beneficial information on the progression of periodontal disease during the follow-up period is not available. We conducted a multicenter prospective cohort study. Using mixed effects modeling, we analyzed 18,834 sites distributed on 3,139 teeth in 124 patients, and data were collected 5 times over a 24-month follow-up period. The change in the clinical attachment level (CAL) was used as the outcome variable. The CAL at baseline was an important determinant of the CAL changes, which varied widely according to the tooth surface. The salivary levels of periodontal pathogens, such as Porphyromonas gingivalis and Aggregatibacter actinomycetemcomitans, were affected by CAL progression. "Linear"- and "burst"-type patterns of CAL progression occurred simultaneously within the same patient. More than half of the teeth that presented burst-type progression sites also presented linear-type progression sites, and most of the progressions were of the linear type. Maxillary premolars and anterior teeth tended to show burst-type progression. The parameters identified in this study may guide practitioners in determining the type and extent of treatment needed at the site and patient levels. In addition, these results show that prior hypotheses concerning "burst" and "linear" theories are not valid.
  • Saori Miyata, Hirofumi Miyaji, Hideya Kawasaki, Masaki Yamamoto, Erika Nishida, Hiroko Takita, Tsukasa Akasaka, Natsumi Ushijima, Toshihiko Iwanaga, Tsutomu Sugaya
    INTERNATIONAL JOURNAL OF NANOMEDICINE 12 2703 - 2716 2017年 [査読有り][通常論文]
     
    Antimicrobial photodynamic therapy (aPDT) has beneficial effects in dental treatment. We applied captopril-protected gold (Au-25(Capt)(18)) clusters as a novel photosensitizer for aPDT. Photoexcited Au clusters under light irradiation generated singlet oxygen (O-1(2)). Accordingly, the antimicrobial and cytotoxic effects of Au-25(Capt)(18) clusters under dental blue light-emitting diode (LED) irradiation were evaluated. O-1(2) generation of Au-25(Capt)(18) clusters under blue LED irradiation (420-460 nm) was detected by a methotrexate (MTX) probe. The antimicrobial effects of photoexcited Au clusters (0, 5, 50, and 500 mu g/mL) on oral bacterial cells, such as Streptococcus mutans, Aggregatibacter actinomycetemcomitans, and Porphyromonas gingivalis, were assessed by morphological observations and bacterial growth experiments. Cytotoxicity testing of Au clusters and blue LED irradiation was then performed against NIH3T3 and MC3T3-E1 cells. In addition, the biological performance of Au clusters (500 mu g/mL) was compared to an organic dye photosensitizer, methylene blue (MB; 10 and 100 mu g/mL). We confirmed the O-1(2) generation ability of Au-25(Capt)(18) clusters through the fluorescence spectra of oxidized MTX. Successful application of photoexcited Au clusters to aPDT was demonstrated by dose-dependent decreases in the turbidity of oral bacterial cells. Morphological observation revealed that application of Au clusters stimulated destruction of bacterial cell walls and inhibited biofilm formation. Aggregation of Au clusters around bacterial cells was fluorescently observed. However, photoexcited Au clusters did not negatively affect the adhesion, spreading, and proliferation of mammalian cells, particularly at lower doses. In addition, application of Au clusters demonstrated significantly better cytocompatibility compared to MB. We found that a combination of Au-25(Capt)(18) clusters and blue LED irradiation exhibited good antimicrobial effects through O-1(2) generation and biosafe characteristics, which is desirable for aPDT in dentistry.
  • Saori Miyata, Hirofumi Miyaji, Hideya Kawasaki, Masaki Yamamoto, Erika Nishida, Hiroko Takita, Tsukasa Akasaka, Natsumi Ushijima, Toshihiko Iwanaga, Tsutomu Sugaya
    International journal of nanomedicine 12 2703 - 2716 2017年 [査読有り][通常論文]
     
    Antimicrobial photodynamic therapy (aPDT) has beneficial effects in dental treatment. We applied captopril-protected gold (Au25(Capt)18) clusters as a novel photosensitizer for aPDT. Photoexcited Au clusters under light irradiation generated singlet oxygen (1O2). Accordingly, the antimicrobial and cytotoxic effects of Au25(Capt)18 clusters under dental blue light-emitting diode (LED) irradiation were evaluated. 1O2 generation of Au25(Capt)18 clusters under blue LED irradiation (420-460 nm) was detected by a methotrexate (MTX) probe. The antimicrobial effects of photoexcited Au clusters (0, 5, 50, and 500 μg/mL) on oral bacterial cells, such as Streptococcus mutans, Aggregatibacter actinomycetemcomitans, and Porphyromonas gingivalis, were assessed by morphological observations and bacterial growth experiments. Cytotoxicity testing of Au clusters and blue LED irradiation was then performed against NIH3T3 and MC3T3-E1 cells. In addition, the biological performance of Au clusters (500 μg/mL) was compared to an organic dye photosensitizer, methylene blue (MB; 10 and 100 μg/mL). We confirmed the 1O2 generation ability of Au25(Capt)18 clusters through the fluorescence spectra of oxidized MTX. Successful application of photoexcited Au clusters to aPDT was demonstrated by dose-dependent decreases in the turbidity of oral bacterial cells. Morphological observation revealed that application of Au clusters stimulated destruction of bacterial cell walls and inhibited biofilm formation. Aggregation of Au clusters around bacterial cells was fluorescently observed. However, photoexcited Au clusters did not negatively affect the adhesion, spreading, and proliferation of mammalian cells, particularly at lower doses. In addition, application of Au clusters demonstrated significantly better cytocompatibility compared to MB. We found that a combination of Au25(Capt)18 clusters and blue LED irradiation exhibited good antimicrobial effects through 1O2 generation and biosafe characteristics, which is desirable for aPDT in dentistry.
  • Treatment of infected root canals with 4-META/MMA-TBB resin
    Sugaya T, Tanaka S, Miyaji H, Shimoji S, Kudo M, Takefu H, Washizu T
    Hokkaido J Dent 38 111 - 121 2017年 [査読有り][通常論文]
  • E. Kakuta, Y. Nomura, T. Morozumi, T. Nakagawa, T. Nakamura, K. Noguchi, A. Yoshimura, Y. Hara, O. Fujise, F. Nishimura, T. Kono, M. Umeda, M. Fukuda, T. Noguchi, N. Yoshinari, C. Fukaya, S. Sekino, Y. Numabe, N. Sugano, K. Ito, H. Kobayashi, Y. Izumi, H. Takai, Y. Ogata, S. Takano, M. Minabe, A. Makino-Oi, A. Saito, Y. Abe, S. Sato, F. Suzuki, K. Takahashi, T. Sugaya, M. Kawanami, N. Hanada, S. Takashiba, H. Yoshie
    BMC ORAL HEALTH 17 2017年01月 [査読有り][通常論文]
     
    Background: The diagnosis of the progression of periodontitis presently depends on the use of clinical symptoms (such as attachment loss) and radiographic imaging. The aim of the multicenter study described here was to evaluate the diagnostic use of the bacterial content of subgingival plaque recovered from the deepest pockets in assessing disease progression in chronic periodontitis patients. Methods: This study consisted of a 24-month investigation of a total of 163 patients with chronic periodontitis who received trimonthly follow-up care. Subgingival plaque from the deepest pockets was recovered and assessed for bacterial content of Porphyromonas gingivalis, Prevotella intermedia, and Aggregatibacter actinomycetemcomitans using the modified Invader PLUS assay. The corresponding serum IgG titers were measured using ELISA. Changes in clinical parameters were evaluated over the course of 24 months. The sensitivity, specificity, and prediction values were calculated and used to determine cutoff points for prediction of the progression of chronic periodontitis. Results: Of the 124 individuals who completed the 24-month monitoring phase, 62 exhibited progression of periodontitis, whereas 62 demonstrated stable disease. The P. gingivalis counts of subgingival plaque from the deepest pockets was significantly associated with the progression of periodontitis (p < 0.001, positive predictive value = 0.708). Conclusions: The P. gingivalis counts of subgingival plaque from the deepest pockets may be associated with the progression of periodontitis.
  • Assessment of antimicrobial and biocompatible effects of Au25(Capt)18 clusters photoexcited by blue LED
    Miyata S, Miyaji H, Kawasaki H, Yamamoto M, Nishida E, Takita H, Akasaka T, Ushijima N, Iwanaga T, Sugaya T
    Int J Nanomedicine 12 2703 - 2716 2017年 [査読有り][通常論文]
  • α-TCP複合化4-META/MMA-TBBレジン上へのrhBMP-2による骨増生
    猪俣慶久, 菅谷 勉, 川浪雅光
    北海道歯誌 37 18 - 26 2017年 [査読有り][通常論文]
  • K. Ogawa, H. Miyaji, A. Kato, Y. Kosen, T. Momose, T. Yoshida, E. Nishida, S. Miyata, S. Murakami, H. Takita, B. Fugetsu, T. Sugaya, M. Kawanami
    JOURNAL OF PERIODONTAL RESEARCH 51 6 758 - 767 2016年12月 [査読有り][通常論文]
     
    Background and Objective: Nanoparticle bioceramics are being investigated for biomedical applications. We fabricated a regenerative scaffold comprising type I collagen and beta-tricalcium phosphate (beta-TCP) nanoparticles. Fibroblast growth factor-2 (FGF-2) is a bioeffective signaling molecule that stimulates cell proliferation and wound healing. This study examined the effects, on bioactivity, of a nano-beta-TCP/collagen scaffold loaded with FGF-2, particularly on periodontal tissue wound healing. Material and Methods: Beta-tricalcium phosphate was pulverized into nanosize particles (84 nm) and was then dispersed. A nano-beta-TCP scaffold was prepared by coating the surface of a collagen scaffold with a nanosize beta-TCP dispersion. Scaffolds were characterized using scanning electron microscopy, compressive testing, cell seeding and rat subcutaneous implant testing. Then, nano-beta-TCP scaffold, nano-beta-TCP scaffold loaded with FGF-2 and noncoated collagen scaffold were implanted into a dog one-wall infrabony defect model. Histological observations were made at 10 d and 4 wk post-surgery. Results: Scanning electron microscopy images show that TCP nanoparticles were attached to collagen fibers. The nano-beta-TCP scaffold showed higher compressive strength and cytocompatibility compared with the noncoated collagen scaffold. Rat subcutaneous implant tests showed that the DNA contents of infiltrating cells in the nano-beta-TCP scaffold and the FGF-2-loaded scaffold were approximately 2.8-fold and 3.7-fold greater, respectively, than in the collagen scaffold. Histological samples from the periodontal defect model showed about five-fold greater periodontal tissue repair following implantation of the nano-beta-TCP scaffold loaded with FGF-2 compared with the collagen scaffold. Conclusion: The beta-TCP nanoparticle coating strongly improved the collagen scaffold bioactivity. Nano-beta-TCP scaffolds containing FGF-2 are anticipated for use in periodontal tissue engineering.
  • T. Morozumi, T. Nakagawa, Y. Nomura, T. Sugaya, M. Kawanami, F. Suzuki, K. Takahashi, Y. Abe, S. Sato, A. Makino-Oi, A. Saito, S. Takano, M. Minabe, Y. Nakayama, Y. Ogata, H. Kobayashi, Y. Izumi, N. Sugano, K. Ito, S. Sekino, Y. Numabe, C. Fukaya, N. Yoshinari, M. Fukuda, T. Noguchi, T. Kono, M. Umeda, O. Fujise, F. Nishimura, A. Yoshimura, Y. Hara, T. Nakamura, K. Noguchi, E. Kakuta, N. Hanada, S. Takashiba, H. Yoshie
    JOURNAL OF PERIODONTAL RESEARCH 51 6 768 - 778 2016年12月 [査読有り][通常論文]
     
    Background and Objective: A diagnosis of periodontitis progression is presently limited to clinical parameters such as attachment loss and radiographic imaging. The aim of this multicenter study was to monitor disease progression in patients with chronic periodontitis during a 24-mo follow-up program and to evaluate the amount of bacteria in saliva and corresponding IgG titers in serum for determining the diagnostic usefulness of each in indicating disease progression and stability. Material and Methods: A total of 163 patients with chronic periodontitis who received trimonthly follow-up care were observed for 24 mo. The clinical parameters and salivary content of Porphyromonas gingivalis, Prevotella intermedia and Aggregatibacter actinomycetemcomitans were assessed using the modified Invader PLUS assay, and the corresponding serum IgG titers were measured using ELISA. The changes through 24 mo were analyzed using cut-off values calculated for each factor. One-way ANOVA or Fisher's exact test was used to perform between-group comparison for the data collected. Diagnostic values were calculated using Fisher's exact test. Results: Of the 124 individuals who completed the 24-mo monitoring phase, 62 exhibited periodontitis progression, whereas 62 demonstrated stable disease. Seven patients withdrew because of acute periodontal abscess. The ratio of P. gingivalis to total bacteria and the combination of P. gingivalis counts and IgG titers against P. gingivalis were significantly related to the progression of periodontitis. The combination of P. gingivalis ratio and P. gingivalis IgG titers was significantly associated with the progression of periodontitis (p = 0.001, sensitivity = 0.339, specificity = 0.790). Conclusions: It is suggested that the combination of P. gingivalis ratio in saliva and serum IgG titers against P. gingivalis may be associated with the progression of periodontitis.
  • Tsutomu Sugaya, Mahito Tomita, Youji Motoki, Hirofumi Miyaji, Masamitsu Kawamami
    Dental traumatology : official publication of International Association for Dental Traumatology 32 5 397 - 401 2016年10月 [査読有り][通常論文]
     
    BACKGROUND/AIM: The objectives of this study were to histopathologically evaluate cementum regeneration on root surfaces when an enamel matrix derivative (EMD) was used to bond a vertically fractured root and to evaluate the effectiveness of EMD in inhibiting root resorption. MATERIAL AND METHODS: A total of 40 roots from 24 maxillary premolars in beagles were used. The root was vertically fractured using a chisel and mallet. Super-Bond was then used to bond the fractured root. In the experimental group, the root surface was treated with ethylenediaminetetraacetic acid and an EMD. The control group received no treatment. The root was then replanted in its original location. Histopathological observation and measurement using image-analyzing software were carried out after 8 weeks. RESULTS: In the experimental group, shallow resorption cavities developed on the root planed surfaces with new acellular cementum appearing over them. In the control group, no new cementum was seen on the planed surfaces, and there was connective tissue joining the roots. In some of the samples, resorption and multinucleated giant cells were seen. The experimental group showed a significantly larger volume of cementum formation (P < 0.001), and the volume of root resorption was significantly smaller (P = 0.004). CONCLUSION: When bonding and replanting tooth roots after a vertical fracture, the application of EMD was effective in regenerating cementum on root surfaces from which periodontal ligament had been lost in the area around the fracture line and in reducing the incidence of root resorption.
  • 川本 康平, 宮治 裕史, 加藤 昭人, 西田 絵利香, 小川 幸佑, 舘山 彰人, 降旗 友和, 宮田 さほり, 蔀 佳奈子, 菅谷 勉
    日本歯周病学会会誌 58 秋季特別 110 - 110 (NPO)日本歯周病学会 2016年09月 [査読無し][通常論文]
  • 4-META/MMA-TBBレジンシーラーとレジン製ポイントを用いた根管充填による垂直歯根破折抵抗性
    鷲巣 太郎, 菅谷 勉
    接着歯学 34 1 9 - 15 (一社)日本接着歯学会 2016年04月 [査読無し][通常論文]
     
    目的:接着性シーラーを用いた根管充填は、垂直歯根破折に対する抵抗性を向上させる可能性がある。本研究は、レジン系シーラーとレジン製のポイントあるいはガッタパーチャポイントを用いて根管充填を行い、破折抵抗性を比較することが目的である。材料と方法:牛歯を#140まで根管拡大し、R群では4-META/MMA/TBBレジン系シーラーと4-META/MMA-TBBレジンポイントを用いて根管充填を行い、G群では4-META/MMA-TBBレジン系シーラーとガッタパーチャポイントを用いて根管充填を行った。レジンポイントは4-TEMA/MMA-TBBレジンを用いて#140ガッタパーチャポイントと同じ形態に作製した。硬化後、歯軸に垂直方向の引張り強さを計測した。結果:根充を行わなかったC群は53.6±7.7N、G群は55.9±11.3N、R群は112.0±20.5Nで、R群はC群、G群と比較して有意(p<0.05)に大きい値を示した。G群とC群の間に有意差はなかった。結論:4-META/MMA-TBBレジン系シーラーとレジンポイントを用いた根管充填は、歯軸に垂直方向の引張強さを大きく向上させた。(著者抄録)
  • 柳澤 剛, 菅谷 勉, 川浪 雅光
    北海道歯学雑誌 36 2 54 - 62 北海道歯学会 2016年03月 [査読有り][通常論文]
     
    4-META/MMA-TBBレジンは優れた接着性と生体親和性を有することから、歯根端切除術や垂直歯根破折の接着治療、髄床底穿孔部の封鎖などに応用されてきたが、レジン上への硬組織の形成はできていないのが現状である。一方で、4-META/MMA-TBBレジンに炭酸カルシウムを添加すると、骨との結合を促進させることが示唆されている。そこで、本研究では4-META/MMA-TBBレジンにα-TCPおよび炭酸カルシウムを複合化させ、大腿骨骨髄腔に移植して新生骨との接触状態などを評価した。4-META/MMA-TBBレジンを硬化させて円柱形試料を作製し、炭酸カルシウムまたはα-TCPをそれぞれ0、40、60wt%で複合化したスーパーボンドポリマー粉末を、モノマー液とキャタリストに混和し、円柱形試料表面に塗布、Wistar系雄性ラットの左右大腿骨骨髄腔に穿孔して埋植した。術後2、8週で大腿骨を採取、脱灰薄切標本を作製してH-E染色し、試料底部と骨との接触率などを計測した。2週後、すべての群で試料周囲に新生骨が形成されていたが、新生骨と試料が直接接している部分はほとんどなかった。8週後には試料と骨が直接接している部分もみられ、接触率はコントロール群は2.6±0.5%(中央値±四分位偏差)、炭酸カルシウム40%群は0±4.8%、炭酸カルシウム60%群は0%、α-TCP40%群は14.0±5.0%、α-TCP60%群は28.3±14.4%で、α-TCP40%群はコントロール群と炭酸カルシウム60%群に比較して有意に高く、α-TCP60%群はコントロール群と炭酸カルシウム40%および60%群より有意に高かった。以上より、4-META/MMA-TBBレジンにα-TCPを複合化すると、レジンと骨との直接接触が高まることが示唆された。(著者抄録)
  • Influence of local anesthesia on autonomic nervous activity in healthy young adults: Evaluation of heart rate variability
    Shinji Shimoji, Hitomi Odanaka, Hiroe Takefu, Risa Oshima, Tsutomu Sugaya, Toshiaki Fujisawa, Masamitsu Kawanami
    Dentistry 6 5 2016年 [査読有り][通常論文]
  • Takehito Momose, Hirofumi Miyaji, Akihito Kato, Kosuke Ogawa, Takashi Yoshida, Erika Nishida, Syusuke Murakami, Yuta Kosen, Tsutomu Sugaya, Masamitsu Kawanami
    The open dentistry journal 10 347 - 59 2016年 [査読有り][通常論文]
     
    OBJECTIVE: Collagen hydrogel scaffold exhibits bio-safe properties and facilitates periodontal wound healing. However, regenerated tissue volume is insufficient. Fibroblast growth factor-2 (FGF2) up-regulates cell behaviors and subsequent wound healing. We evaluated whether periodontal wound healing is promoted by application of collagen hydrogel scaffold in combination with FGF2 in furcation defects in beagle dogs. METHODS: Collagen hydrogel was fabricated from bovine type I collagen with an ascorbate-copper ion cross-linking system. Collagen hydrogel was mingled with FGF2 and injected into sponge-form collagen. Subsequently, FGF2 (50 µg)/collagen hydrogel scaffold and collagen hydrogel scaffold alone were implanted into class II furcation defects in dogs. In addition, no implantation was performed as a control. Histometric parameters were assessed at 10 days and 4 weeks after surgery. RESULT: FGF2 application to scaffold promoted considerable cell and tissue ingrowth containing numerous cells and blood vessel-like structure at day 10. At 4 weeks, reconstruction of alveolar bone was stimulated by implantation of scaffold loaded with FGF2. Furthermore, periodontal attachment, consisting of cementum-like tissue, periodontal ligament-like tissue and Sharpey's fibers, was also repaired, indicating that FGF2-loaded scaffold guided self-assembly and then re-established the function of periodontal organs. Aberrant healing, such as ankylosis and root resorption, was not observed. CONCLUSION: FGF2-loaded collagen hydrogel scaffold possessed excellent biocompatibility and strongly promoted periodontal tissue engineering, including periodontal attachment re-organization.
  • 加藤 昭人, 川浪 雅光, 宮治 裕史, 小川 幸佑, 百瀬 赳人, 西田 絵利香, 村上 秀輔, 吉田 崇, 田中 佐織, 菅谷 勉
    日本歯科保存学雑誌 59 4 351 - 358 日本歯科保存学会 2016年 [査読有り][通常論文]
     

     目的 : β-三リン酸カルシウム (β-TCP) は骨補塡材として臨床応用されているが, 吸収が遅いため組織置換に時間を要することや, 残留材料の汚染による不良な治癒発現の問題がある. そこでわれわれはナノ化技術を応用し, ナノサイズ化したβ-TCP粒子をコラーゲンスポンジに配合したβ-TCPナノ粒子配合コラーゲンスキャフォールドを創製した. このスキャフォールドをラット頭蓋骨に応用した研究では, 骨増生効果が認められ, またコラーゲンスポンジよりもすみやかに吸収されることが報告された. そこで本研究では, β-TCPナノ粒子配合コラーゲンスキャフォールドをイヌ抜歯窩へ埋植して骨形成効果を評価した.

     材料と方法 : β-TCP粒子 (平均粒径2.3μm) をナノ粒子に粉砕後, コール酸ナトリウムを分散剤として, β-TCPの水分散液を作製した. 次にコラーゲンスポンジを分散液に浸漬した後, 洗浄乾燥してβ-TCPスキャフォールドを作製した. ナノ粒子の付着状態を観察するために, スキャフォールド表面のSEM観察を行った. イヌ抜歯窩埋植試験はビーグル犬の上顎第一前臼歯抜歯窩に, 実験群ではβ-TCPナノ粒子配合コラーゲンスキャフォールド, 対照群ではコラーゲンスポンジの埋植を行い, 経時的なエックス線写真撮影による評価, ならびに2, 5週後における組織学的評価を行った.

     結果 : SEM観察においてコラーゲンスポンジ線維表面に100nm程度のβ-TCPナノ粒子が認められ, スポンジ内部は粒子で埋まることなく維持されていた. 抜歯窩埋植試験の結果, 実験群のエックス線写真では対照群と比較して不透過性の亢進が早期に認められた. 組織学的観察では, 2週の実験群で抜歯窩内に既存骨から連続する新生骨が多く認められ, スキャフォールド内部に多量の細胞や血管を観察した. 一方, 2週対照群の新生骨はわずかであった. 5週の実験群では抜歯窩内に残存スキャフォールドは認められず, 中心部まで新生骨を認めた. 対照群5週では新生骨が観察されたが, 一部の標本では抜歯窩中心部が結合組織と残存コラーゲンスポンジで占められていた. 2週における新生骨形成率は, 実験群が対照群に比べて約3倍以上と有意に大きく, 埋植材残存率は, 実験群が有意に小さかった.

     結論 : β-TCPナノ粒子配合コラーゲンスキャフォールドは良好な生体親和性・吸収性を示し, イヌ抜歯窩の骨形成を促進した.

  • Erika Nishida, Hirofumi Miyaji, Akihito Kato, Hiroko Takita, Toshihiko Iwanaga, Takehito Momose, Kosuke Ogawa, Shusuke Murakami, Tsutomu Sugaya, Masamitsu Kawanami
    International journal of nanomedicine 11 2265 - 77 2016年 [査読有り][通常論文]
     
    Graphene oxide (GO) consisting of a carbon monolayer has been widely investigated for tissue engineering platforms because of its unique properties. For this study, we fabricated a GO-applied scaffold and assessed the cellular and tissue behaviors in the scaffold. A preclinical test was conducted to ascertain whether the GO scaffold promoted bone induction in dog tooth extraction sockets. For this study, GO scaffolds were prepared by coating the surface of a collagen sponge scaffold with 0.1 and 1 µg/mL GO dispersion. Scaffolds were characterized using scanning electron microscopy (SEM), physical testing, cell seeding, and rat subcutaneous implant testing. Then a GO scaffold was implanted into a dog tooth extraction socket. Histological observations were made at 2 weeks postsurgery. SEM observations show that GO attached to the surface of collagen scaffold struts. The GO scaffold exhibited an interconnected structure resembling that of control subjects. GO application improved the physical strength, enzyme resistance, and adsorption of calcium and proteins. Cytocompatibility tests showed that GO application significantly increased osteoblastic MC3T3-E1 cell proliferation. In addition, an assessment of rat subcutaneous tissue response revealed that implantation of 1 µg/mL GO scaffold stimulated cellular ingrowth behavior, suggesting that the GO scaffold exhibited good biocompatibility. The tissue ingrowth area and DNA contents of 1 µg/mL GO scaffold were, respectively, approximately 2.5-fold and 1.4-fold greater than those of the control. Particularly, the infiltration of ED2-positive (M2) macrophages and blood vessels were prominent in the GO scaffold. Dog bone-formation tests showed that 1 µg/mL GO scaffold implantation enhanced bone formation. New bone formation following GO scaffold implantation was enhanced fivefold compared to that in control subjects. These results suggest that GO was biocompatible and had high bone-formation capability for the scaffold. The GO scaffold is expected to be beneficial for bone tissue engineering therapy.
  • Sealing the gap of vertical root fracture through the root canal
    Sugaya T, Natatsuka M, Motoki Y, Inoue K, Tanaka S, Miyaji H, Kawanami M, Sakagami R
    Dntistry 2016年 [査読有り][通常論文]
  • 小田中 瞳, 下地 伸司, 竹生 寛恵, 大嶌 理紗, 菅谷 勉, 藤澤 俊明, 川浪 雅光
    日本歯科保存学雑誌 59 1 9 - 21 特定非営利活動法人 日本歯科保存学会 2016年 [査読有り][通常論文]
     
     目的 : 歯科治療に対して恐怖心を有している患者は多く, そのなかでも局所麻酔は全身的偶発症の発生頻度が高いため, 局所麻酔時の恐怖心や不安感を軽減させることは, 安心・安全な歯科治療を行うために重要である. そのための簡便な方法の一つとして音楽鎮静法があるが, 歯科領域ではまだ十分には検討されていない. 本研究の目的は, 健全な若年成人に対して局所麻酔を行った際の音楽鎮静法の効果について, 筆者らが開発したモニターシステムを用いて自律神経機能の変化によって評価することである.
     対象と方法 : 22名 (26.5±1.9歳) の健全な若年成人ボランティアを対象とした. 同一被験者に対して, 音楽鎮静法を行わない非音楽鎮静群と音楽鎮静法を行う音楽鎮静群を設けた. 非音楽鎮静群と音楽鎮静群の順序は, 中央割付法でランダム化して決定した. 最初に, 質問票 (DAS) を用いて歯科治療に対する恐怖心を評価した. 次に非音楽鎮静群では, 麻酔前座位 (5分間), 麻酔前仰臥位 (5分間), 局所麻酔 (1/80,000エピネフリン添加塩酸リドカイン, 2分間), 麻酔後仰臥位 (5分間) を順に行った際の血圧・心拍数および自律神経機能について, 本モニターシステムを用いて評価した. 音楽鎮静群では音楽鎮静開始後に同様の評価を行った. また, 麻酔前後の不安感についてVASによる評価を行った. 自律神経機能は, 心電図のR-R間隔を高周波成分 (HF) と低周波成分 (LF) に周波数解析することで, 交感神経機能 (LF/HF) を評価した. 統計学的分析は, Friedman test, Wilcoxon signed-rank testを用いて行った (p<0.05).
     結果 : 血圧, 心拍数およびVASは, 各段階でほとんど変化がなく, 有意な差は認められなかった. LF/HFは, 両群ともに局所麻酔薬注入時に麻酔前座位時よりも有意に低い値を示した. また, 麻酔前座位時および麻酔前仰臥位時に非音楽鎮静群よりも音楽鎮静群で有意に低い値を示した.
     結論 : 健全な若年成人では, 音楽鎮静法を行った際は, 音楽鎮静法を行わなかった際と比較して局所麻酔前の座位時および仰臥位時において交感神経機能が低下する.
  • 【歯根部への接着】セメント質への接着と接着を応用した根尖切除術後の根尖部封鎖
    菅谷 勉, 田中 佐織
    接着歯学 33 2 90 - 97 (一社)日本接着歯学会 2015年08月 [査読無し][通常論文]
  • T. Yoshida, H. Miyaji, K. Otani, K. Inoue, K. Nakane, H. Nishimura, A. Ibara, A. Shimada, K. Ogawa, E. Nishida, T. Sugaya, L. Sun, B. Fugetsu, M. Kawanami
    J Periodontal Res 50 2 265 - 273 2015年04月 [査読有り][通常論文]
     
    Background and ObjectiveBeta-tricalcium phosphate (-TCP), a bio-absorbable ceramic, facilitates bone conductivity. We constructed a highly porous three-dimensional scaffold, using -TCP, for bone tissue engineering and coated it with co-poly lactic acid/glycolic acid (PLGA) to improve the mechanical strength and biological performance. The aim of this study was to examine the effect of implantation of the PLGA/-TCP scaffold loaded with fibroblast growth factor-2 (FGF-2) on bone augmentation. Material and MethodsThe -TCP scaffold was fabricated by the replica method using polyurethane foam, then coated with PLGA. The PLGA/-TCP scaffold was characterized by scanning electron miscroscopy (SEM), transmission electron microscopy (TEM), X-ray diffraction, compressive testing, cell culture and a subcutaneous implant test. Subsequently, a bone-forming test was performed using 52 rats. The -TCP scaffold, PLGA-coated scaffold, and -TCP and PLGA-coated scaffolds loaded with FGF-2, were implanted into rat cranial bone. Histological observations were made at 10 and 35d postsurgery. ResultsSEM and TEM observations showed a thin PLGA layer on the -TCP particles after coating. High porosity (> 90%) of the scaffold was exhibited after PLGA coating, and the compressive strength of the PLGA/-TCP scaffold was six-fold greater than that of the noncoated scaffold. Good biocompatibility of the PLGA/-TCP scaffold was found in the culture and implant tests. Histological samples obtained following implantation of PLGA/-TCP scaffold loaded with FGF-2 showed significant bone augmentation. ConclusionThe PLGA coating improved the mechanical strength of -TCP scaffolds while maintaining high porosity and tissue compatibility. PLGA/-TCP scaffolds, in combination with FGF-2, are bioeffective for bone augmentation.
  • 木村 慎吾, 菅谷 勉, 鷲巣 太郎, 川浪 雅光
    北海道歯学雑誌 35 2 112 - 122 北海道歯学会 2015年03月 [査読有り][通常論文]
     
    水酸化カルシウムは根管貼薬に広く用いられているが、根管内に残存すると封鎖性を低下させ、とくに接着性レジンシーラーを用いた場合には接着を大きく阻害する。本研究の目的は、3種の水酸化カルシウム製剤に対する10%クエン酸3%塩化第二鉄溶液を用いた除去法の効果、及び除去後の接着への影響を明らかにすることである。実験1ではヒト抜去単根歯を根管拡大して歯軸方向に分割、機械的清掃が不可能な約300μmの間隙を作製して歯根を復位、固定した。根管内にビタペックス、カルシペックスプレーンII、あるいは水酸化カルシウム試薬と蒸留水を1:1で練和したものを貼薬し、1、4週間後、超音波洗浄を注水下で60秒、10%クエン酸3%塩化第二鉄溶液で60秒、10%次亜塩素酸ナトリウム水溶液で30秒行った。洗浄後、水酸化カルシウム製剤の残存率を計測しSEM観察を行った。実験2では実験1と同様にカルシペックスプレーンII、あるいは水酸化カルシウム試薬と蒸留水を1:1で練和したものを貼薬し、1、4週間後に同様の方法で除去した。さらに無貼薬のコントロールを加え、スーパーボンド根充シーラーを間隙部に接着して、微小引張試験及び色素侵入試験を行った。水酸化カルシウム残存率は、1、4週後とも水酸カルシウム試薬が最も低く、ビタペックスが最も高かった。1、4週後を比較すると、カルシペックス、水酸化カルシウム試薬のいずれも4週後の方がわずかに残存率は高かった。カルシペックスは1、4週後ともコントロールおよび水酸化カルシウム試薬に比べて有意に微小引張強さが低下し、色素侵入距離も大きかったが、水酸化カルシウム試薬とコントロールとの間には有意差がなかった。これらの差は、各製剤に含まれる基材が原因と考えられた。以上の結果から、水酸化カルシウム試薬が最も除去されやすく、除去後の接着にも影響しにくいことが示唆された。(著者抄録)
  • 西尾 啓英, 菅谷 勉, 川浪 雅光
    北海道歯学雑誌 35 2 101 - 111 北海道歯学会 2015年03月 [査読有り][通常論文]
     
    垂直歯根破折に対する保存治療の基本は、破折間隙を接着し、封鎖することである。超音波エンドファイルを用い、根管内から破折線を切削すると、破折間隙の封鎖性は向上するが、過剰切削や切削不足が生じることが課題である。一方、化学的な根管壁の溶解によって、機械的拡大が困難な部位の根管拡大が可能であるので、本研究では破折間隙の切削と化学的拡大を併用することで、接着後の封鎖性が向上するかを検討した。実験1. ヒト抜去歯から厚さ1mmの象牙質片を作製して破折、復位固定した。破折間隙に対して、処理群は10%クエン酸/3%塩化第二鉄溶液(10-3溶液)5分、10%次亜塩素酸ナトリウム溶液(NC)2分の処理を1回あるいは3回行った。未処理群では破折間隙の処理は行わなかった。3群ともスーパーボンドで破折間隙を接着し、色素侵入試験を行うとともに破折間隙幅を計測した。その結果、間隙幅は3回処理群が他の2群より有意に広く(p<0.05)、色素侵入率は3回処理群が他の2群より有意に小さかった(p<0.05)。実験2. ヒト抜去歯を垂直破折させて復位固定し、破折間隙に対して以下の処置を行った。(1)未処理群:処理なし。(2)形成群:ソルフィーZXのオートストップ値を1.0に設定して超音波エンドファイルで破折間隙を切削。(3)化学的拡大群:10-3溶液5分、NC2分の処理を3回。(4)併用群:(2)の後に(3)の処理。4群ともスーパーボンドで破折間隙を接着後、色素侵入試験を行った。その結果、併用群においては歯根表面に切削が達している試料はなく、その色素侵入率は他の3群と比較して有意に小さかった(p<0.05)。以上の結果から、超音波エンドファイルによる破折間隙の切削と化学的な拡大を併用することは、過剰な切削を防止して封鎖性を向上するのに有効である。(著者抄録)
  • Tsutomu Sugaya, Megumi Nakatsuka, Kana Inoue, Saori Tanaka, Hirofumi Miyaji, Ryuji Sakagami, Masamitsu Kawamami
    Journal of endodontics 41 2 159 - 63 2015年02月 [査読有り][通常論文]
     
    INTRODUCTION: Comparing the epidemiology of fractures originating in the cervical and apical regions may help to understand the causes and risk of a vertical root fracture. We aimed to determine the frequency of vertical root fractures in different fracture sites and how the fracture site relates to fracture direction and post length. METHODS: Teeth diagnosed with a vertical root fracture were retrospectively surveyed for age and sex of the patient, type of tooth, a fracture region in the longitudinal axial direction, site of the fracture, and presence of a post. The fracture region in the longitudinal axial direction was classified as an incomplete fracture, complete fracture, and uncertain. Incomplete fractures were further classified into a fracture originating in the cervical region, a fracture originating in the midregion, and a fracture originating in the apical region. Posts were evaluated by loss of post and length of post. RESULTS: Fractures originating in the cervical and apical region occurred around the same frequency, whereas fractures originating in the midregion were extremely scarce. Of the fractures originating in the cervical region, 36.2% were in a mesial and/or distal site and 57.4% in a buccal and/or lingual site. Of the fractures originating in the apical region, 90.8% were in the buccal and/or lingual site. The number of cases of fractures originating in the apical region decreased with increased post length. CONCLUSIONS: Sites of fracture and post length differed greatly between fractures originating in the cervical region and the apical region, suggesting that risk factors for fractures originating in the cervical and apical regions are different.
  • Akihito Kato, Hirofumi Miyaji, Ryosuke Ishizuka, Keisuke Tokunaga, Kana Inoue, Yuta Kosen, Hiroyuki Yokoyama, Tsutomu Sugaya, Saori Tanaka, Ryuji Sakagami, Masamitsu Kawanami
    The open dentistry journal 9 9 52 - 9 2015年 [査読有り][通常論文]
     
    UNLABELLED: Objective : Biomodification of the root surface plays a major role in periodontal wound healing. Root surface modification with bone morphogenetic protein (BMP) stimulates bone and cementum-like tissue formation; however, severe ankylosis is simultaneously observed. Bio-safe collagen hydrogel scaffolds may therefore be useful for supplying periodontal ligament cells and preventing ankylosis. We examined the effects of BMP modification in conjunction with collagen hydrogel scaffold implantation on periodontal wound healing in dogs. MATERIAL AND METHODS: The collagen hydrogel scaffold was composed of type I collagen sponge and collagen hydrogel. One-wall infrabony defects (5 mm in depth, 3 mm in width) were surgically created in six beagle dogs. In the BMP/Col group, BMP-2 was applied to the root surface (loading dose; 1 µg/µl), and the defects were filled with collagen hydrogel scaffold. In the BMP or Col group, BMP-2 coating or scaffold implantation was performed. Histometric parameters were evaluated at 4 weeks after surgery. RESULTS: Single use of BMP stimulated formation of alveolar bone and ankylosis. In contrast, the BMP/Col group frequently enhanced reconstruction of periodontal attachment including cementum-like tissue, periodontal ligament and alveolar bone. The amount of new periodontal ligament in the BMP/Col group was significantly greater when compared to all other groups. In addition, ankylosis was rarely observed in the BMP/Col group. CONCLUSION: The combination method using root surface modification with BMP and collagen hydrogel scaffold implantation facilitated the reestablishment of periodontal attachment. BMP-related ankylosis was suppressed by implantation of collagen hydrogel.
  • 川浪 雅光, 菅谷 勉
    北海道歯学雑誌 35 1 2 - 7 北海道歯学会 2014年09月 [査読有り][通常論文]
  • Erika Nishida, Hirofumi Miyaji, Hiroko Takita, Izumi Kanayama, Maiko Tsuji, Tsukasa Akasaka, Tsutomu Sugaya, Ryuji Sakagami, Masamitsu Kawanami
    JAPANESE JOURNAL OF APPLIED PHYSICS 53 6 1 - 7 2014年06月 [査読有り][通常論文]
     
    Carbon-based nanomaterials are being investigated for biomedical applications. Graphene oxide (GO), a monolayer of carbon, holds promise as a tissue engineering substrate due to its unique physicochemical properties. The aim of this study was to evaluate the effect of a GO coating on cell proliferation and differentiation in vitro. We also assessed the bioactivities of collagen scaffolds coated with different concentrations of GO in rats. The results showed that GO affects both cell proliferation and differentiation, and improves the properties of collagen scaffolds. Subcutaneous implant tests showed that low concentrations of GO scaffold enhances cell in-growth and is highly biodegradable, whereas high concentrations of GO coating resulted in adverse biological effects. Consequently, scaffolds modified with a suitable concentration of GO are useful as a bioactive material for tissue engineering. (C) 2014 The Japan Society of Applied Physics
  • 菅谷 勉
    日本歯科理工学会誌 33 3 178 - 181 一般社団法人日本歯科理工学会 2014年05月 [査読有り][通常論文]
  • 接着技法を応用した破折歯の治療術式の検討
    吉山 昌宏, 小田 豊, 山本 一世, 今里 聡, 中村 洋, 川浪 雅光, 菅谷 勉, 林 美加子, 西谷 佳浩
    日本歯科医学会誌 33 69 - 73 日本歯科医学会 2014年03月 [査読無し][通常論文]
     
    接着技法を応用し、破折した歯根を接着・再植する治療方法の確立を目指し、基礎的見地からは、再接着歯の機械的強さ、耐久性などを検討し、臨床的見地からは、破折歯の診断方法、接着術式と支台築造方法、術式と臨床成績などを検討し、診療ガイドラインの策定につながる情報をまとめた。まず理工学的評価から、接着性レジンセメントで接着修復された破断歯根はポストとの接着が維持されるならば耐久性が維持されると考えられた。次に臨床的見地から、垂直性歯根破折の予後は、破折がどの部位に生じているかということより、術前の歯周組織破壊の程度が大きく影響する可能性が示唆された。今後、接着技法を応用した破折歯の治療に関する診療ガイドラインの策定に力を注ぎたい。(著者抄録)
  • 中澤 篤史, 菅谷 勉, 川浪 雅光
    北海道歯学雑誌 34 2 87 - 96 北海道歯学会 2014年03月 [査読有り][通常論文]
     
    根尖孔が大きく開大し偏平な根管の場合は、接着性レジンシーラーの使用が有効とされているが、シーラーが極端に厚くなる部位が生じ、気泡の混入や硬化時の寸法変化、乾燥が不十分な部位が生じ、封鎖性が低下する危険性がある。そこで、接着性レジンシーラーのみで根管充填を行い、根管の乾燥方法や充填方法、シーラーの種類が、封鎖性や根管の充足性に及ぼず影響を検討した。実験1では、レジンが接着しないテフロンチューブに根充シーラーを充填し、硬化後にチューブ内面積と根充シーラーの面積を測定して、硬化に伴う空隙の発生状態をスーパーボンド根充シーラー(SBS)、スーパーボンド混和ラジオペーク(SBR)、リアルシールSEシーラー(RS)の3種類を用いて評価した。硬化後0.5mm間隔で切断し、充足率、チューブに接した空隙率、根充材内部の空隙率を算出した結果、SBSはRSに比較して、チューブに接した空隙率と根管充填材内部の空隙率が有意に大きかった。実験2では、抜去歯を用いて根管の乾燥方法、根管充填方法、シーラーの種類で根管封鎖性と充足性を比較した。根管乾燥はエアードライとペーパーポイントによる乾燥、根管充填方法はシリンジを用いた充填とさらにガッタパーチャポイントを用いたポンピングを併用する方法とし、色素侵入距離、色素侵入率、充足率を測定した。その結果、SBSとSBRでは根管乾燥方法や充填方法に関わらず、色素侵入距離は0.5mm以下、色素侵入率は1%程度で有意差はなかったが、リアルシールは色素侵入距離が1.3mm、色素侵入量率が75%で、SBSとSBRに比べて有意に大きかった。SEM観察では、レジンタグの形成はエアードライしてSBRを充填した群が最も確実であった。以上の結果から、根尖孔が開大し加圧が十分に行えず、さらに根管が偏平でシーラーが厚くなる場合には、根管をエアードライしてシリンジでスーパーボンド混和ラジオペークを充填する方法が、最も高く安定した封鎖性が得られると考えられた。(著者抄録)
  • 洲崎 真希, 菅谷 勉, 川浪 雅光
    北海道歯学雑誌 34 2 65 - 76 北海道歯学会 2014年03月 [査読有り][通常論文]
     
    4-META/MMA-TBBレジン(スーパーボンド)は歯質や骨への接着性だけでなく、生体親和性に優れ、硬化したレジンに増殖した新生骨が直接接することが報告されている。一方、生体親和性は硬化条件によって異なることが報告されている。そこで本研究では、硬化条件を変えたスーパーボンドを骨髄腔内に埋植し、レジン表面への骨形成に及ぼす影響を評価した。スーパーボンドを空気遮断条件下で硬化させ、直径1mm、長さ5mmの円柱形試料を作製し、10週齢ラットの大腿骨を穿孔、次の3条件で埋植を行った。骨髄液中硬化群:試料表面にスーパーボンドを塗布し、直ちに埋植、空気中硬化群:試料表面にスーパーボンドを塗布し、24時間空気中で硬化後に埋植、空気遮断硬化群:試料をそのまま埋植、術後2、8週で脱灰薄切標本を作製してH-E染色し、光学顕微鏡下で骨形成率、骨接触率などを計測した。次に、硬化条件による表面性状の違いを調べるため、スーパーボンドを空気遮断条件下で硬化させ1×5×5mmの試料を作製した。ラットの大腿骨から骨髄液を採取し、上記と同じ3つの条件下で10分間骨髄液に浸漬した。その後20分間超音波洗浄し、SEM観察とFT-IR分析を行った。光顕では、2週後に3群とも軟組織を介して新生骨がほぼ試料全周を取り囲み、8週後には3群とも試料と骨は近接していた。試料と骨の接触率は、2週後は3群とも低く3群間に有意差はなかった。8週後は骨髄液中硬化群が15.4%で最も高く、他の2群に比較して有意差が認められた。SEM観察では骨髄液中硬化群の試料表面に厚さ2〜3μmの粗造な層がみられ、FT-IR分析でアミド特性吸収帯のバンドがみられたことから、この層は試料表面に付着したタンパク質を含む骨髄液成分と考えられた。以上より、4-META/MMA-TBBレジンを骨髄液中で硬化させると、レジン表面にタンパク質を含む骨髄液成分が付着し、骨との接触率が向上する可能性が考えられた。(著者抄録)
  • 小田中 瞳, 下地 伸司, 竹生 寛恵, 大嶌 理紗, 宮田 一生, 菅谷 勉, 藤澤 俊明, 川浪 雅光
    日本歯科保存学雑誌 57 6 519 - 529 特定非営利活動法人 日本歯科保存学会 2014年 [査読有り][通常論文]
     
     目的 : 安心・安全な歯科治療を行うためには, その治療が全身状態に及ぼす影響を解明することが重要である. 著者らは, 歯科治療の影響を評価するための自律神経活動モニターシステムを開発してきた. 本研究では, 新規開発モニターシステムを用いて, 健全な20歳代のボランティアに対して, 歯科治療のなかで偶発症の発生頻度が高い局所麻酔および超音波スケーラーを用いたスケーリングを行った際の自律神経活動の変化について, 検討を行った.
     対象と方法 : 10名 (25.8±0.8歳) のボランティアに対して処置前座位 (2分間), 処置前仰臥位 (2分間), 局所麻酔 (1/80,000エピネフリン添加塩酸リドカイン, 2分間), スケーリング (5分間) および処置後座位 (2分間) を順に行った際の, 血圧, 心拍数および自律神経活動について新規開発モニターシステムを用いて評価した. 自律神経活動は, 心電図のR-R間隔を高周波成分と低周波成分に周波数解析することで, 交感神経活動および副交感神経活動を評価した. 統計学的分析はSteel-Dwass検定を用いて行った.
     成績 : 血圧および心拍数については, 処置中にほとんど変化がなく, 有意な差は認められなかった. 副交感神経活動は処置中に上昇したが, 有意な差は認められなかった. 交感神経活動は処置前座位時よりも局所麻酔時やスケーリング時に有意に下降した. このことから, 健全な20歳代に対して局所麻酔を行う際は, 処置中の侵害刺激よりも精神的なストレスの影響が大きい可能性が示唆された.
     結論 : 健全な若年成人では, 処置開始前の座位時に比べて仰臥位で局所麻酔とスケーリングを行った際に交感神経活動が低かった.
  • Izumi Kanayama, Hirofumi Miyaji, Hiroko Takita, Erika Nishida, Maiko Tsuji, Bunshi Fugetsu, Ling Sun, Kana Inoue, Asako Ibara, Tsukasa Akasaka, Tsutomu Sugaya, Masamitsu Kawanami
    International journal of nanomedicine 9 3363 - 73 2014年 [査読有り][通常論文]
     
    BACKGROUND: Graphene oxide (GO) is a single layer carbon sheet with a thickness of less than 1 nm. GO has good dispersibility due to surface modifications with numerous functional groups. Reduced graphene oxide (RGO) is produced via the reduction of GO, and has lower dispersibility. We examined the bioactivity of GO and RGO films, and collagen scaffolds coated with GO and RGO. METHODS: GO and RGO films were fabricated on a culture dish. Some GO films were chemically reduced using either ascorbic acid or sodium hydrosulfite solution, resulting in preparation of RGO films. The biological properties of each film were evaluated by scanning electron microscopy (SEM), atomic force microscopy, calcium adsorption tests, and MC3T3-E1 cell seeding. Subsequently, GO- and RGO-coated collagen scaffolds were prepared and characterized by SEM and compression tests. Each scaffold was implanted into subcutaneous tissue on the backs of rats. Measurements of DNA content and cell ingrowth areas of implanted scaffolds were performed 10 days post-surgery. RESULTS: The results show that GO and RGO possess different biological properties. Calcium adsorption and alkaline phosphatase activity were strongly enhanced by RGO, suggesting that RGO is effective for osteogenic differentiation. SEM showed that RGO-modified collagen scaffolds have rough, irregular surfaces. The compressive strengths of GO- and RGO-coated scaffolds were approximately 1.7-fold and 2.7-fold greater, respectively, when compared with the non-coated scaffold. Tissue ingrowth rate was 39% in RGO-coated scaffolds, as compared to 20% in the GO-coated scaffold and 16% in the non-coated scaffold. CONCLUSION: In summary, these results suggest that GO and RGO coatings provide different biological properties to collagen scaffolds, and that RGO-coated scaffolds are more bioactive than GO-coated scaffolds.
  • 菅谷 勉
    日本補綴歯科学会誌 6 1 14 - 19 公益社団法人 日本補綴歯科学会 2014年 [査読有り][通常論文]
     
    垂直歯根破折274歯の破折状態を後ろ向きに調査した結果,歯頸部からの破折と根尖部からの破折は同程度の頻度で生じており,また,歯頸部からの破折は近遠心方向と頬舌方向のいずれにもみられたが,根尖部からの破折は86.7%が頬舌方向であった.歯根が垂直に破折した場合の歯周組織の炎症は,根管や破折間隙に増殖した細菌が主な原因で,破折間隙の清掃と封鎖を行うことで炎症が消失することが動物実験で確認された.さらに,実際に接着治療を行った231歯の5年後の生存率は,術前に歯周組織破壊が進行している場合は64.6%であったが,歯周組織破壊が進行していなければ82.6%と,十分に保存可能であった.
  • 下地 伸司, 小田中 瞳, 宮田 一生, 菅谷 勉, 藤澤 俊明, 川浪 雅光
    北海道歯学雑誌 34 1 23 - 27 北海道歯学会 2013年09月15日 [査読有り][通常論文]
  • 鷲巣 太郎, 菅谷 勉, 川浪 雅光
    北海道歯学雑誌 33 2 82 - 93 北海道歯学会 2013年03月15日 [査読有り][通常論文]
     
    水酸化カルシウムは良好な殺菌作用や生体親和性により、根管貼薬に広く用いられている。一方、水酸化カルシウムが根管内に残存すると、接着性レジンシーラーを用いた根管充填ではとくに封鎖性が低下する。本研究の目的は、水酸化カルシウムが十分に除去でき、接着性レジンシーラーが接着可能な方法を明らかにすることである。実験1では、ウシ下顎前歯を長軸方向に2分割し、間隙を300μmとして歯根を復位、固定、根管内に水酸化カルシウムを1週間貼薬後、#50Uファイルを用いて次の5つの方法で水酸化カルシウムを超音波洗浄した。(1)W群:注水下(30/60秒)(2)G群:10%クエン酸-3%塩化第二鉄溶液(グリーン)(30/60秒)(3)G+N群:G群に加え10%次亜塩素酸ナトリウム(NC)(30秒)、(4)CA群:20%クエン酸(30/60秒)、(5)CA+N群:CA群に加えNC(30秒)、洗浄後に水酸化カルシウムの残存率を光学顕微鏡で計測するとともに、SEM観察を行った。さらに根管貼薬しないC群を加えて、スーパーボンド根充シーラー(SBS)を接着し、色素侵入試験と微小引張試験を行った。実験2では根管壁に幅300μm深さ1.5mmのグルーブを形成して水酸化カルシウムを貼薬し、W群、G60秒+N群の方法で洗浄、C群を加えてガッタパーチャポイントとSBSで根管充填し、グルーブ部で根尖からの色素侵入距離を計測、SEM観察を行った。実験1の結果、G60秒+N群の水酸化カルシウムの残存量は他群と比較して有意に少なく、微小引張試験と色素侵入試験はC群と有意差がなかった。実験2では、G60秒+N群の色素侵入距離はW群より有意に少なくC群と有意差がなく、SEM観察でも根管壁との良好な接着が観察された。以上より、グリーンとNCで超音波洗浄することで、効果的に水酸化カルシウムを除去でき、SBSを用いた根管充填で高い封鎖性が得られることが明らかとなった。(著者抄録)
  • 本間 啓史, 菅谷 勉, 川浪 雅光
    北海道歯学雑誌 33 2 72 - 81 北海道歯学会 2013年03月15日 [査読有り][通常論文]
     
    扁平な根管や樋状根など機械的根管拡大が困難な根管では、化学的清掃で根管を無菌化するとともに、根管充填可能なスペースを作ることが必要である。そこで本実験は、酸と次亜塩素酸ナトリウムで根管壁を溶解、清掃を行って、接着性シーラーを用いて根管充填することで高い封鎖性を得ることを目的に行った。実験1として、38%リン酸(PA)、10%クエン酸3%塩化第二鉄水溶液(10-3溶液)で象牙質面を5分間処理し、断面をSEM観察して脱灰深度を測定した結果、いずれも5分間で25μm程度が脱灰された。実験2では、PAまたは10-3溶液5分、10%次亜塩素酸ナトリウム(NC)60-120秒の処理を行って象牙質面の形態変化をSEM観察した結果、PA処理後にNC処理を行なうと象牙細管は大きく開口し、著しい凹凸が生じた。10-3溶液5分後にNC処理を行なうと、PAより象牙質面の凹凸は少なかった。実験3では、10-3溶液5分、NC2分、アクセル10秒、10-3溶液10秒の処理を行なった象牙質面に、スーパーボンド根充シーラー(SBS)を接着し、色素侵入試験と微小引張試験を行った。その結果、色素侵入率も微小引っ張り強さも、通常の10-3溶液10秒処理のみと比べて有意差がなかった。実験4では、ヒト抜去歯扁平根管モデルを作製して、10-3溶液5分、NC2分、アクセル10秒、10-3溶液10秒の化学的根管拡大を行なって、SBSとガッタパーチャポイントによる単一ポイント根管充填法を行い、根尖からの色素侵入試験を行った。比較対照は、10-3溶液10秒後にSBSとガッタパーチャポイントによる単一ポイント根管充填法と、キャナルスNとオブチュラIIによる垂直加圧充填法とした。その結果、化学的拡大を行なった場合の色素侵入距離は、化学的拡大を行なわなかった場合と有意差はなく、垂直加圧充填法より有意に小さかった。以上の結果から、10-3溶液とNCによる化学的根管拡大後に、SBSを用いて根管充填を行うことは、機械的根管拡大が困難な根管で有効な治療法になる可能性が示唆された。(著者抄録)
  • 川端 伸也, 菅谷 勉, 川浪 雅光
    北海道歯学雑誌 33 2 53 - 61 北海道歯学会 2013年03月15日 [査読有り][通常論文]
     
    垂直破折歯根を接着する治療法は、破折間隙の細菌を除去して接着、封鎖することが基本である。本研究の目的は、超音波チップと歯根表面とのインピーダンスを計測しながら破折線を根管内から切削することで、接着後の封鎖性が向上するかを、抜去歯を用いて検討することである。ヒト抜去歯を歯軸方向に破折させて元の位置に復位し、超音波スケーラーにUファイルを接続して破折線を根管側から歯根表面に向って1ヶ所のみを切削、Uファイルと歯根表面とのインピーダンスを8000Hzと400Hzの2つの周波数で計測するとともに、ファイル先端と歯根表面との距離を計測した。次にヒト抜去歯を垂直破折させ、元の形態に整復、破折線の一方を切削群、もう一方を非切削群とした。切削群は超音波エンドファイルを用いて歯根表面とのインピーダンスを計測しながら、ルートZXの指示値で0.5または1.0の位置まで破折線全体を切削した。非切削群の破折線は切削しなかった。両群ともポストをスーパーボンドで接着して破折間隙を封鎖、色素侵入試験を行った。ファイルの位置と歯根表面とのインピーダンス値の計測結果から、破折間隙が300μm以下であれば、インピーダンス値の比が0.88(ルートZXの指示値1.0)まではファイルが歯根表面に突き出すことはなく、インピーダンス値が0.81(ルートZXの指示値1.0)まででは15.4%が突き出していた。超音波ファイルで破折線を切削して接着した場合の切削群と非切削群の色素侵入距離は、ルートZXの指示値0.5までの場合が182.6±98.1μmと627.4±264.1μm、1.0までの場合が220.6±146.8μmと547.3±235.4μmで、いずれも切削群が有意(p<0.01)に小さかった。本研究により、インピーダンスを測定しながら破折間隙を切削することは、過剰な切削を避けながら封鎖性を高めるのに有効と考えられた。(著者抄録)
  • 下地 伸司, 小田中 瞳, 宮田 一生, 菅谷 勉, 川浪 雅光
    日本歯科保存学雑誌 56 5 431 - 441 特定非営利活動法人 日本歯科保存学会 2013年 [査読有り][通常論文]
     
    目的:歯周治療を安心・安全に行うためには,その治療が全身状態に及ぼす影響を解明することが重要である.そこで著者らは,歯科治療の影響を評価するための自律神経活動モニターシステムを開発してきた.本研究ではパイロットスタディとして,新規開発モニターシステムを用いて健全な20歳代のボランティアに対して歯周基本治療を行った際の自律神経活動の変化について検討を行うとともに,システム自体の使用感についても評価を行った.対象と方法:10名(25.4±1.4歳)のボランティアに対して口腔内検査,歯周ポケット検査,スケーリングおよび印象採得を行った際の血圧,心拍数,経皮的動脈血酸素飽和度および自律神経活動について,新規開発モニターシステムを用いて評価した.自律神経活動は,心電図のR-R間隔を高周波成分と低周波成分に周波数解析することで,交感神経活動および副交感神経活動を評価した.またシステム自体の使用感については,質問票による調査を行った.成績:質問票への回答から,システムを装着すること自体をつらいと感じる者はいなかった.血圧,心拍数および経皮的動脈血酸素飽和度については,歯周基本治療時には処置開始前と比べてほとんど変化がなく,有意な差は認められなかった.交感神経活動は,処置前のユニット着席時や処置の開始直後に上昇する傾向がみられた.このことから,健全な20歳代に対する歯周基本治療では,処置中の侵害刺激の影響よりも精神的なストレスの影響が大きい可能性が示唆された.結論:新規開発自律神経モニターシステムを用いることで,簡便かつ非侵襲的にストレスなく歯科治療が自律神経活動に及ぼす影響を評価することができる.また,健全な20歳代に対して歯周基本治療を行うと,実際の処置中よりも処置を待つ開始直前や処置開始直後に交感神経活動が活発になる傾向がある.
  • 竹生 寛恵, 下地 伸司, 菅谷 勉, 田中 佐織, 川浪 雅光
    日本歯科保存学雑誌 56 5 407 - 414 特定非営利活動法人 日本歯科保存学会 2013年 [査読有り][通常論文]
     
    目的:著者らはこれまでに,4-META/MMA-TBBレジンと象牙質との接着に及ぼす血液汚染の影響について,10%クエン酸3%塩化第二鉄溶液による歯面処理後に血液汚染があった場合は,水洗だけでは接着性が著しく低下するため,再度歯面処理を行うことが必要であることを報告した.血液が接着性を低下させた理由として凝固反応が考えられ,血液の凝固には時間が大きく影響することから,本研究では歯面処理後の血液による汚染時間が封鎖性と接着強さに及ぼす影響について検討を行った.材料と方法:ウシ歯根象牙質を10%クエン酸3%塩化第二鉄溶液で5秒間歯面処理し,新鮮ヒト血液を塗布,2,5,15秒後にスリーウェイシリンジで15秒間水洗,または水洗後に10%クエン酸3%塩化第二鉄溶液による5秒間の再度の歯面処理,水洗を行った.乾燥後,4-META/MMA-TBBレジンを混和法で接着し,色素侵入試験と微小引張り試験を行うとともに,走査電子顕微鏡にて接着前の被着面と,微小引張り試験後の破断面の観察を行った.成績:血液汚染時間が長くなるに従って,水洗だけでは色素侵入距離は有意に大きくなり,微小引張り強さは有意に低下した.これは血液の凝固反応が進行したことにより,水洗だけでは血液成分が十分に除去できなかったためと考えられた.一方,再度歯面処理を行うと,血液汚染時間にかかわらず,色素侵入距離と微小引張り強さは血液汚染のない場合と有意差がなかった.これは,歯面処理材中のクエン酸により血液成分が効果的に除去されたためと考えられた.結論:4-META/MMA-TBBレジンを象牙質に使用する際には,被着面が歯面処理後に血液で汚染された場合,汚染が短時間であっても水洗後に再度歯面処理を行うことが有効であった.
  • 山路 公造, 菅谷 勉, 川浪 雅光, 吉山 昌宏, 塩出 信太郎, 小田島 朝臣, 西谷 佳浩, 伊澤 俊次, 田中 久美子, 大原 直子, 西村 麻衣子, 横山 章人
    日本歯科保存学雑誌 56 4 318 - 324 特定非営利活動法人 日本歯科保存学会 2013年 [査読有り][通常論文]
     
    目的:低出力超音波パルス(Low-intensity Pulsed Ultrasound, LIPUS)は,骨形成を促し治癒を促進させることが知られており,現在骨折の治療などに臨床応用されている.本研究は増殖因子であるリコンビナントヒトBMP-2 (rhBMP-2)を成体ラットの口蓋部骨膜下に移植しLIPUS照射を施した場合,骨形成にどのような影響を及ぼすか検討する目的で行った.材料と方法:15週齢ウィスター系雄性ラットの口蓋粘膜を剥離後,rhBMP-2を配合したポリ乳酸グリコール酸共重合体/ゼラチンスポンジ複合体(配合比1.0μg/μl)を移植し,LIPUSを照射した場合(LI-BMP群)と,照射しない場合(BMP群)のグループに分けた.また,何も移植せずにLIPUSを照射した場合(LI群)と,照射しない場合(Cont群)のグループに分けた.LIPUSの照射条件は1.0MHz, 240mW,照射時間5分間とし,移植後から観察期間終了まで3日ごとに照射を行った.観察期間は3週間とした.成績:LI-BMP群とBMP群の新生骨は,LI群およびCont群と比べて有意に多かった(p<0.05).LI-BMP群とBMP群間には有意差は認められなかった(p>0.05).また,BMP群の新生骨は既存骨と明瞭な境界で接していたのに対して,LI-BMP群では緻密な構造を有し既存骨とほとんど一体化していた.結論:以上の結果,rhBMP-2を成体ラットの口蓋部骨膜下に移植した場合,低出力超音波パルスを照射することにより新生骨形成が促進され,早期に既存骨と一体化する可能性が示唆された.
  • 菅谷 勉
    J Nanomater 2013年 [査読有り][通常論文]
     
    Nanoparticle bioceramics have become anticipated for biomedical applications. Highly bioactive and biodegradable scaffoldswould be developed using nanoparticles of beta-tricalcium phosphate (beta-TCP). We prepared collagen scaffolds coated by nano-beta-TCP and fibroblast growth factor 2 (FGF2) and evaluated the effects on new bone augmentation and biodegradation. The collagen sponge was coated with the nano-TCP dispersion and freeze-dried. Scaffold was characterized by SEM, TEM, XRD, compressive testing and cell seeding. Subsequently, the nano-beta-TCP/collagen scaffold, collagen sponge, and each material loaded with FGF2 were implanted on rat cranial bone. As a control, no implantation was performed. Nano-TCP particles were found to be attached to the fibers of the collagen sponge by SEM and TEM observations. Scaffold coated with nano-TCP showed higher compressive strength and cytocompatibility. In histological evaluations at 10 days, inflammatory cells were rarely seen around the residual scaffold, suggesting that the nano-TCP material possesses good tissue compatibility. At 35 days, bone augmentation and scaffold degradation in histological samples receiving nano-beta-TCP scaffold were significantly greater than those in the control. By loading of FGF2, advanced bone formation is facilitated, indicating that a combination with FGF2 would be effective for bone tissue engineering.
  • 菅谷 勉, 元木 洋史, 川浪 雅光
    日本歯周病学会会誌 54 4 307 - 314 特定非営利活動法人 日本歯周病学会 2012年12月28日 [査読有り][通常論文]
  • Hiroki Tamagawa, Taichi Tenkumo, Tsutomu Sugaya, Masamitsu Kawanami
    APPLIED SURFACE SCIENCE 262 140 - 145 2012年12月 [査読有り][通常論文]
     
    Aim: The purpose of this study was to evaluate the effects of the addition of nano-hydroxyapatite to a collagen membrane-carrier of recombinant human bone morphogenetic protein-2 (rhBMP-2) on hard tissue formation and dentin resorption on dentin surfaces in vivo. Materials and methods: Nano-hydroxyapatite collagen composite (nHAC) membranes or collagen (C) membranes were each immersed in either 100 or 400 mu g/ml rhBMP-2 and placed on dentin chips that were implanted into rat thigh muscle. The implants were analyzed at 2 or 4 weeks after surgery by histological observation and histomorphometric analysis. Results: The percentage of the hard tissue formed by each nHAC group was significantly higher than that formed by any of the C groups, except for that formed by the group loaded with 400 mu g/ml rhBMP-2 at 4 weeks after implantation. No significant differences were observed in the percentage of dentin resorption between the nHAC groups and C groups at any stage or at any rhBMP-2 concentration. Conclusion: These findings showed that addition of nano-hydroxyapatite to a collagen membrane accelerated the formation of hard tissue induced by a low dose of rhBMP-2 on dentin surfaces at an early stage after implantation into rat thigh muscle, without increasing dentin resorption. (c) 2012 Elsevier B.V. All rights reserved.
  • Y. Kosen, H. Miyaji, A. Kato, T. Sugaya, M. Kawanami
    JOURNAL OF PERIODONTAL RESEARCH 47 5 626 - 634 2012年10月 [査読有り][通常論文]
     
    Kosen Y, Miyaji H, Kato A, Sugaya T, Kawanami M. Application of collagen hydrogel/sponge scaffold facilitates periodontal wound healing in class II furcation defects in beagle dogs. J Periodont Res 2012; 47: 626634. (C) 2012 John Wiley & Sons A/S Background and Objective: A three-dimensional scaffold may play an important role in periodontal tissue engineering. We prepared bio-safe collagen hydrogel, which exhibits properties similar to those of native extracellular matrix. The aim of this study was to examine the effect of implantation of collagen hydrogel/sponge scaffold on periodontal wound healing in class II furcation defects in dogs. Material and Methods: The collagen hydrogel/sponge scaffold was prepared by injecting collagen hydrogel, cross-linked to the ascorbate-copper ion system, into a collagen sponge. Class II furcation defects (of 5 mm depth and 3 mm width) were surgically created in beagle dogs. The exposed root surface was planed and demineralized with EDTA. In the experimental group, the defect was filled with collagen hydrogel/sponge scaffold. In the control group, no implantation was performed. Histometric parameters were evaluated 2 and 4 wk after surgery. Results: At 2 wk, the collagen hydrogel/sponge scaffold displayed high biocompatibility and biodegradability with numerous cells infiltrating the scaffold. In the experimental group, reconstruction of alveolar bone and cementum was frequently observed 4 wk after surgery. Periodontal ligament tissue was also re-established between alveolar bone and cementum. Volumes of new bone, new cementum and new periodontal ligament were significantly greater in the experimental group than in the control group. In addition, epithelial down-growth was suppressed by application of collagen hydrogel. Conclusion: The collagen hydrogel/sponge scaffold possessed high tissue compatibility and degradability. Implantation of the scaffold facilitated periodontal wound healing in class II furcation defects in beagle dogs.
  • 三上 大輔, 菅谷 勉, 川村 直人, 川浪 雅光
    北海道歯学雑誌 32 2 124 - 134 北海道歯学会 2012年03月15日 [査読有り][通常論文]
     
    接着性シーラーであるスーパーボンド根充シーラー(SBS)を、通常の根管に用いた根管充填の封鎖性の報告は多いが、根尖孔が大きく開大した根管でSBSの封鎖性を他の方法と比較した研究はない。本研究ではまず、SBSの硬化時の環境が封鎖性に及ぼす影響を検討した。厚さ1mmに切断した歯根の根管を、直径1.3mmの円形に形成し、SBSを填入、根管上部を開放して空気中で重合したものをAir群、アルジネート印象材で覆って重合したものをAN群として、色素侵入試験を行うとともにSEMで観察した。その結果、AN群はAir群に比較して有意に色素侵入が少なく、SEM観察ではAir群は象牙質とSBSの界面に間隙がみられ、硬化体表面には気泡が多く認められたことから、SBSの封鎖性を評価するためには、根尖孔をアルジネート印象材で被覆してモノマーの揮発を抑制して実験することが必要と考えられた。その結果をもとに、根尖孔が大きく開大した根管にSBSを用いた場合の封鎖性を、側方加圧充填および垂直加圧充填と比較した。ヒト抜去歯30本を用い、根尖孔を楕円形に開大させて次の3群に分け、次の方法で根管充填した。SBS群:SBSを用いた単一ポイント法、LC群:キャナルスNを用いた側方加圧充填法、Ob群:Obtura IIを用いた垂直加圧充填法にて根管充填した。封鎖性を色素侵入試験により評価し、さらにSEMで観察した。その結果、SBS群はLC群とOb群に比較して有意に色素侵入が少なく、SEMでもセメント質、象牙質とSBSの界面に間隙は見られなかった。本研究の結果から、根尖孔が開大した根管では、側方加圧充填法や垂直加圧充填法よりSBSを用いた単一ポイント法が有効である可能性が示唆された。(著者抄録)
  • 逸見 優, 菅谷 勉, 中塚 愛, 川浪 雅光
    北海道歯学雑誌 32 2 114 - 123 北海道歯学会 2012年03月15日 [査読有り][通常論文]
     
    4-META/MMA-TBBレジンは優れた封鎖性と生体親和性により、歯根破折の接着や穿孔部の封鎖などに用いられているが、レジン上に硬組織を形成させることはできていない。そこで表面に硬組織形成が可能なレジンを開発するために、4-META/MMA-TBBレジンに炭酸カルシウム顆粒を添加して骨髄腔内に移植し、レジン表面への骨の形成に及ぼす効果を評価した。4-META/MMA-TBBレジンのポリマー粉末に、0、30、60%の重量比で粒径5〜10μmの炭酸カルシウム顆粒を混合し、直径1mmの円柱状に硬化後、長さ5mmに破断して移植試料とした。10週齢ウィスター雄性ラットの左右大腿骨に、直径1mmの大きさで骨髄腔に穿孔し、試料底部が骨髄腔内に達するように試料を移植した。術後2、8週で大腿骨を採取、脱灰薄切標本を作製してH-E染色し、試料底部の骨形成状態を光学顕微鏡で観察、骨形成率、骨接触率等を計測した。さらに移植8週後の標本の一部は、試料底部と新生骨との界面を走査型電子顕微鏡で観察した。2週後、すべての群で試料全体を取り囲むように新生骨が形成されていた。0%群と30%群では試料と新生骨の間に軟組織が厚く介在していたのに対し、60%群では1〜数層の細胞が見られたのみであった。8週後、3群とも試料と骨は近接し、0%群では直接接している部分はなかったが、30%群と60%群では試料と骨が直接接している部位がみられた。2週後の試料と骨の接触率は、0%群が0%、30%群が0%、60%群が0.6±1.5%で3群間に有意差は認められなかった。8週後はそれぞれ0%、6.6±6.5%、18.3±8.9%で60%群は0%群に対して有意に高い値を示した。SEM観察では、術後8週の60%群で、レジンと新生骨との間に間隙が認められない部分も観察された。60%群では光学顕微鏡観察で有意に骨接触率が高かったこと、およびSEM観察でレジンと骨とが間隙なく結合している部分が認められたことから、4-META/MMA-TBBレジンに炭酸カルシウムを添加すると、レジンと骨との直接接触が高まり、骨との結合を促進させる可能性が示唆された。(著者抄録)
  • Hiroe Takefu, Shinji Shimoji, Tsutomu Sugaya, Masamitsu Kawanami
    Dental materials journal 31 1 131 - 8 2012年02月03日 [査読有り][通常論文]
     
    The purpose of this study was to evaluate the influence of blood contamination before or after surface treatment on adhesion of 4-META/MMA-TBB resin. After bovine root dentin surfaces were contaminated with blood before or after dentin surface treatment with 10-3 solution, the contaminated surface was rinsed with water, air-dried, or re-treated with 10-3 solution. Dye leakage and microtensile bond strength (MTBS) of 4-META/MMA-TBB resin to dentin were measured after storage in water for 24 h. When blood contamination occurred before surface treatment, there was no significant difference in the leakage value and MTBS as compared with that of the uncontaminated group. When blood contamination occurred after surface treatment, the leakage value increased and MTBS significantly decreased (p<0.05) even if the blood was washed away. However, when the surface was re-treated with 10-3 solution after rinsing with water, the leakage value and MTBS were restored to those of the uncontaminated group.
  • Morishita T, Sugaya T, Nakatsuka M, Sunosaki M, Kawanami M
    J Oral Tissue Engin 10 1 - 12 2012年 [査読有り][通常論文]
  • Kaori Otani, Tsutomu Sugaya, Mahito Tomita, Yukiko Hasegawa, Hirofumi Miyaji, Taichi Tenkumo, Saori Tanaka, Youji Motoki, Yasuhiro Takanawa, Masamitsu Kawanami
    Dental materials journal 30 4 485 - 92 2011年 [査読有り][通常論文]
     
    This study evaluated apical periodontal healing after root-end sealing using 4-META/MMA-TBB resin (SB), and root-end filling using reinforced zinc oxide eugenol cement (EBA) or mineral trioxide aggregate (MTA) when root canal infection persisted. Apical periodontitis was induced in mandibular premolars of beagles by contaminating the root canals with dental plaque. After 1 month, in the SB group, SB was applied to the resected surface following apicoectomy. In the EBA and MTA groups, a root-end cavity was prepared and filled with EBA or MTA. In the control group, the root-end was not filled. Fourteen weeks after surgery, histological and radiographic analyses in a beagle model were performed. The bone defect area in the SB, EBA and MTA groups was significantly smaller than that in the control group. The result indicated that root-end sealing using SB and root-end filling using EBA or MTA are significantly better than control.
  • 高輪 泰弘, 川村 直人, 菅谷 勉, 川浪 雅光
    北海道歯学雑誌 31 2 35 - 43 北海道歯学会 2010年12月15日 [査読有り][通常論文]
     
    根管壁や髄床底の穿孔部の治療に4-META/MMA-TBBレジン(スーパーボンドC&B)を用い、良好な成績が報告されている。しかし、穿孔部が大きく止血が難しい場合には十分な封鎖が得られないと考えられる。このような場合、穿孔部に止血剤を填塞し、止血してからレジンで封鎖することで高い封鎖性が得られると思われるが、止血剤がレジンの重合に影響し、炎症が生じる可能性がある。そこで本研究の目的は、スーパーボンドC&Bと止血剤を併用した場合の組織反応を病理組織学的に検討することである。止血剤としてテルダーミスとサージセル・アブソーバブル・ヘモスタットを用い、スーパーボンドC&Bを混和して各止血剤に塗布し硬化させた。その際、BT群は血液を含浸させたテルダーミスを用い、T群は乾燥状態のテルダーミス、BS群は血液を含浸させたサージセル・アブソーバブル・ヘモスタット、S群は乾燥状態のサージセル・アブソーバブル・ヘモスタットを用いた。レジン硬化後に止血剤とレジンを一塊としてラット皮下結合組織に埋入し、観察期間を7、21、42日として、光学顕微鏡下で組織学的観察と計測を行った。42日でいずれの止血剤もほぼ完全に消失した。止血剤側のレジン表面の炎症は、BT群が他の3群に比較して有意に少なかった。本研究結果から、穿孔部の止血が困難な場合には、テルダーミスを填塞し、血液が浸潤してからスーパーボンドC&Bで封鎖することにより、炎症がより軽減できる可能性が示唆された。(著者抄録)
  • H. Miyaji, T. Sugaya, K. Ibe, R. Ishizuka, K. Tokunaga, M. Kawanami
    JOURNAL OF PERIODONTAL RESEARCH 45 5 658 - 663 2010年10月 [査読有り][通常論文]
     
    Background and Objective: Modification of the root surface may play an important role in regenerating the periodontal attachment between the root and periodontal connective tissue. We speculated that bone morphogenetic protein (BMP) application to the root surface constructed a novel attachment by cementum-like hard tissue, although gingival connective tissue proliferated to the root surface. The aim of this study was to examine whether BMP-2 guided cementum-like tissue deposition on a BMP-conditioned root surface. Material and Methods: Root dentin on the buccal side of 24 teeth in four beagle dogs was surgically exposed. The denuded root dentin surfaces were demineralized with EDTA and washed with saline. Subsequently, 15 mu L of BMP-2 solution (loading dose, 0.4 and 1.0 mu g/mu L) was applied to the root dentin surface. In the control roots, phosphate-buffered saline was applied to the root surface. Specimens were analyzed histologically 16 wk after surgery. Results: Formation of cementum-like tissue was frequently observed on the BMP-2-conditioned root at the coronal portion. Cellular cementum-like tissue was separated from the original cementum and encapsulated with gingival connective tissue. Cementum-like tissue formation with BMP-2 at 1.0 mu g/mu L was significantly greater than that in the control roots and those with BMP-2 at 0.4 mu g/mu L. Downgrowth of the junctional epithelium in the 1.0 mu g/mu L BMP-2 group was significantly less than that in the control roots. Conclusion: Root dentin surface conditioning with BMP-2 stimulated cementum-like tissue formation and inhibited epithelial downgrowth.
  • Kobayashi N, Miyaji H, Sugaya T, Kawanami M
    J Oral Tissue Engin 8 2 91 - 101 2010年 [査読有り][通常論文]
  • Kato A, Miyaji H, Kosen Y, Yokoyama H, Ishizuka R, Tokunaga K, Inoue K, Henmi M, Tanaka S, Sugaya T, Kawanami M
    Kato A, Miyaji H, Kosen Y, Yokoyama H, Ishizuka R, Tokunaga K, Inoue K, Henmi M, Tanaka S, Sugaya T, Kawanami M 8 1 39 - 46 2010年 [査読有り][通常論文]
  • Inoue K, Miyaji H, Sugaya T, Kawanami M
    J Oral Tissue Engin 8 1 19 - 29 2010年 [査読有り][通常論文]
  • Influence of Root Dentin Surface Conditioning with Bone Morphogenetic Protein-2 on Periodontal Wound Healing in Beagle Dogs
    Miyaji H, Sugaya T, Ibe K, Ishizuka R, Tokunaga K, Kawanami M
    J Oral Tissue Engin 8 3 173 - 180 2010年 [査読有り][通常論文]
  • 菅谷 勉
    北海道歯学雑誌 30 1 3 - 10 北海道歯学会 2009年06月15日 [査読有り][通常論文]
  • Shinji Shimoji, Hirofumi Miyaji, Tsutomu Sugaya, Hifumi Tsuji, Tetsunari Hongo, Megumi Nakatsuka, Khurshid Uz Zaman, Masamitsu Kawanami
    Journal of periodontology 80 3 505 - 11 2009年03月 [査読有り][通常論文]
     
    BACKGROUND: Bone perforation may induce bone marrow cell migration into a collagen sponge onlay implant. This study investigated the efficacy of bone perforation and collagen sponge onlay placement with regard to new bone formation. METHODS: One hundred sixty femurs of 80 Wistar male rats were used in four groups: bone perforation and sponge (PS) group: after perforating the femur, fibrillar and heat-denatured collagen (FC-HAC) sponges were placed on the femur; sponge (S) group: a FC-HAC sponge was placed directly on the femur without bone perforation; perforation (P) group: femur perforation without collagen sponge placement; and control (C) group: neither bone perforation nor sponge placement was used. Histologic and histomorphometric analyses were performed after the surgery. RESULTS: Numerous osteoblastic and fibroblastic cells were seen during the early repopulation in and at the periphery of the sponge in the PS group. These cells were seen only at the periphery of the sponge in the S group. In the PS group, angiogenesis was noted frequently, and it exhibited significantly greater new bone area compared to the other groups at days 14 and 28. CONCLUSION: The use of the FC-HAC sponge on the bone perforation area seemed to promote bone augmentation by possibly acting as a scaffold for the bone marrow cells as well as maintaining the space that is necessary for bone growth to occur.
  • Tenkumo T, Sugaya T, Kawanami M, Gelinsky
    Nano Biomed 1 1 26 - 33 2009年 [査読有り][通常論文]
  • Tenkumo T, Sugaya T, Kawanami M, Watari F
    Nano Biomed 1 2 159 - 166 2009年 [査読有り][通常論文]
  • 元木 洋史, 菅谷 勉, 川浪 雅光
    日本歯科保存学雑誌 52 5 411 - 418 特定非営利活動法人 日本歯科保存学会 2009年 [査読有り][通常論文]
     
    セメント質剥離破折は歯周組織破壊を局所的かつ急速に引き起こすことが報告されているが,その報告例は少なく,歯周組織破壊のメカニズムは不明な点が多い.破折後の根面に細菌付着があれば,治療に際してデブライドメントが必要であるが,細菌付着がなければデブライドメントは破折面周囲の残存歯根膜による再付着を阻害する可能性がある.そこで本研究は,セメント質が剥離破折した症例の臨床診査結果と,破折片や破折根面への細菌の付着状態を後向きに調査,解析した.セメント質剥離破折と診断した8症例に対し,セメント質剥離破折前後のbleeding on probing(BOP),ポケットからの排膿,probing depth(PD),デンタルエックス線写真による骨吸収率を調査した.さらに,セメント質剥離破折片や抜去歯の走査電子顕微鏡(SEM)観察所見から細菌の付着状態を調査した.セメント質剥離破折前から通院していた6症例は破折前後の比較が可能であり,セメント質剥離破折後にBOPや排膿が出現したり,PDや骨吸収率が増加したりと著明な歯周組織破壊が確認できた.そのうち2症例では除去したセメント質剥離破折片への細菌や歯石の付着が多量であったが,他3症例は細菌や歯石はなく,残り1症例はわずかな付着のみであった.8症例中2症例では抜歯して根面の観察を行ったが,そのうちの1症例は根面全面に細菌が付着しており,もう1症例は歯根の剥離破折面に細菌は付着しておらず,周囲の根面には歯根膜様組織が観察できた.以上の結果から,セメント質剥離破折は高度な歯周組織破壊を生じても,根面とセメント質剥離破折片との間隙に細菌が侵入・付着していない症例が存在することが示された.このような症例に対して治療時に根面のデブライドメントを不用意に行うと,根面に残存した歯根膜を損傷して歯周組織の治癒を阻害してしまう可能性があると考えられた.
  • 中塚 愛, 菅谷 勉, 川浪 雅光, 加藤 熈
    日本歯科保存学雑誌 52 6 460 - 468 特定非営利活動法人 日本歯科保存学会 2009年 [査読有り][通常論文]
     
    プラークや歯石の除去に用いる,音波スケーラーや超音波スケーラーは,チップの形状や使用圧,振幅の違いなどによって,使用後の表面粗さが異なることが知られている.従来の音波スケーラーは出力調整ができなかったが,出力調整が可能な音波スケーラーが市販され,使用方法が表面粗さや歯石除去効率に大きな影響を及ぼすと考えられる.本研究の目的は,出力調整可能な音波スケーラーを用いて,チップ形状と操作条件が象牙質表面形態と歯石除去効率にどのような影響を及ぼすのかを明らかにすることである.実験1として,ヒト抜去歯の歯根から平滑な象牙質面3×3mmを作製し,エアーソルフィー(モリタ製作所)を用い,16通りの使用条件で30秒間スケーリングを行った.さらにハンドスケーラーでスケーリングした群,スケーリングを行わないコントロール群を加え,合計18通りの実験条件とした.スケーリング終了後,表面粗さを計測し,SEMで表面形態を観察した.実験2として,ヒト抜去歯から歯石の付着が同程度になるように3×3mmの被験面を設定し,チップ2種類と3つの操作条件で,歯石が肉眼的に完全に除去できるまでスケーリングし,要した時間を計測した.その結果は以下のとおりである.1.チップ先端の形状は球状のほうが,表面粗さは粗糙になった.2.出力の影響は,接触圧が小さい場合は少ないが,接触圧が大きい場合は出力が大きくなると粗糙になった.3.エアーソルフィーの多くの条件でハンドスケーラーより表面粗さは小さかった.4.SEM観察では,エアーソルフィーを用いた場合,滑沢な面と粗糙面が混在していた.5.歯石除去時間はチップの形状と操作条件により有意差(p<0.05)が認められた.以上の結果から,エアーソルフィーは,歯石の付着が多い場合にはまず先端が球状のチップを用い,出力を大きく,チップの接触圧を強くして歯石を除去し,その後先端がストレートのチップを用いて,出力と接触圧を弱くして平滑化を行うと,根面の損傷が少なく安全で効率的にスケーリングを行うことができると考えられた.
  • 天雲 太一, 菅谷 勉, 川浪 雅光, 亘理 文夫
    特定非営利活動法人 日本歯周病学会学術大会 プログラムおよび講演抄録集 2009 0 114 - 114 特定非営利活動法人 日本歯周病学会 2009年 [査読有り][通常論文]
  • 田中 佐織, 下地 伸司, 菅谷 勉, 川浪 雅光
    特定非営利活動法人 日本歯周病学会学術大会 プログラムおよび講演抄録集 2009 0 96 - 96 特定非営利活動法人 日本歯周病学会 2009年 [査読有り][通常論文]
  • 川浪 雅光, 齋藤 彰, 加藤 熈, 菅谷 勉, 小田島 朝臣, 宮治 裕史, 齋藤 恵美子
    歯科臨床研究 5 2 71 - 81 クインテッセンス出版(株) 2008年07月 [査読無し][通常論文]
  • 宮治 裕史, 菅谷 勉, 加藤 昭人, 齋藤 彰, 小田島 朝臣, 齋藤 恵美子, 川浪 雅光
    日本歯科評論 68 4 39 - 40 (株)ヒョーロン・パブリッシャーズ 2008年04月 [査読無し][通常論文]
  • 中塚 愛, 川村 直人, 菅谷 勉, 川浪 雅光
    歯科材料・器械 27 6 455 - 465 一般社団法人 日本歯科理工学会 2008年 [査読有り][通常論文]
     
    本研究は,4-META/MMA-TBBレジンと骨との接着状態,およびレジンが接着した骨の変化を長期的に評価する目的で行った.ラット頭部の皮膚を切開,骨膜剥離し,頭蓋骨面を10%クエン酸-3%塩化第二鉄水溶液で処理した.水洗,乾燥後に4-META/MMA-TBBレジンを塗布,硬化させ,1日,6,9,12ヶ月後にLM,SEM,TEMで観察を行った.その結果,周囲組織に炎症性細胞浸潤は見られず,骨とレジンは樹脂含浸層を形成して接着し,骨表層は表面処理時の脱灰,乾燥によると考えられる骨細胞の萎縮や消失が認められた.12ヶ月後も樹脂含浸層の構造に変化は見られず,レジンと骨の界面に結合組織の侵入はほとんどなく,骨細胞が消失した骨は分離されることなく徐々に新生骨に置換していた.したがって,4-META/MMA-TBBレジンは骨に対して長期間良好な接着性と生体適合性が維持されることが示唆された.
  • 得永 佳介, 菅谷 勉, 宮治 裕史, 川浪 雅光
    日本歯科保存学雑誌 51 6 659 - 669 特定非営利活動法人 日本歯科保存学会 2008年 [査読有り][通常論文]
     
    本研究の目的は,コラーゲンハイドロゲル-スポンジ複合体を作製後,ラット頭蓋骨窩洞に埋植し,スキャフォールドとしての有効性と,BMPを併用した場合の効果を組織学的に検討することである.コラーゲンハイドロゲル-スポンジ複合体は,4%の線維化アテロコラーゲン-熱変性アテロコラーゲン複合体(FC-HAC)スポンジ(6×6×3mm)に,アスコルビン酸-銅で架橋した1.5%コラーゲンハイドロゲルを十分に浸透させて作製した.次にラットに全身麻酔下で頭蓋骨窩洞(4×4×0.5mm)を形成し,その後移植材料によって5群に分けた.BGS群ではBMP-2を含有させたコラーゲンハイドロゲル-スポンジ複合体を骨窩洞に移植した(n=18).GS群ではコラーゲンハイドロゲル-スポンジ複合体を(n=19),BS群ではBMP-2を含有させたFC-HACスポンジを(n=17),S群ではFC-HACスポンジをそれぞれ移植した(n=17).C群では何も移植しなかった(n=16).組織標本は術後5,10,15日目に作製し,組織学的観察および計測を行った.その結果,BGS群,GS群では残存するコラーゲンハイドロゲル-スポンジ複合体内に線維芽細胞様細胞や骨芽細胞様細胞の侵入増殖が認められ,コラーゲン複合体周辺にはわずかな炎症性細胞浸潤がみられた.15日後においてBGS群で顕著な新生骨形成が観察され,新生骨面積,および新生骨高さはほかの4群と比べて有意に大きい値であった(p<0.01).またGS群でもC群に比較して有意に多く新生骨が認められた(p<0.01).BGS群の残存スポンジ面積(p<0.01)および高さ(p<0.05)はS群に比較して有意に減少していた.以上のことから,FC-HACスポンジにコラーゲンハイドロゲルを含浸させることによって,細胞侵入性と組織への置換性,再生スペースの確保に有効で,さらにBMPを併用することで新生骨量を増加できるスキャフォールドになることが示唆された.
  • 加藤 昭人, 宮治 裕史, 菅谷 勉, 川浪 雅光
    日本歯周病学会会誌 49 4 296 - 304 (NPO)日本歯周病学会 2007年12月 [査読無し][通常論文]
     
    本研究の目的は、1壁性骨欠損における歯根象牙質表面へのBMP-2の塗布が、歯周組織再生に及ぼす効果を評価することである。実験動物にはビーグル犬7頭を使用した。先に下顎第一前臼歯と第三前臼歯の抜歯を行い、8週後に下顎第二前臼歯近心根と遠心根、および第四前臼歯近心根の歯肉歯槽粘膜を部分層弁剥離して骨膜を除去し、高さ5mm、近遠心幅3mmの1壁性骨欠損を作製した。露出した根面の歯根膜とセメント質を除去して、根面を24%EDTAで3分間脱灰後、BMP群ではBMP-2(1000μg/ml)を根面に塗布し、未塗布群ではBMP-2を塗布せずに歯肉歯槽粘膜弁を復位縫合した。観察期間は4週および8週とし、病理組織学的観察と組織学的計測を行った。その結果、8週において歯槽骨新生率は、未塗布群32.2±15.1%、BMP群70.0±12.9%、セメント質新生率は、未塗布群13.4±10.6%、BMP群45.4±10.0%、骨性癒着率は、未塗布群0%、BMP群13.1±10.0%で、いずれもBMP群は有意に大きかった(p<0.01)。接合上皮深部増殖率は、未塗布群8.4±10.0%、BMP群1.3±3.1%で、BMP群は有意に小さかった(p<0.05)。以上の結果から、1壁性骨欠損においてBMP-2を根面に塗布することは、歯周組織再生に有効であることが示唆された。(著者抄録)
  • 角舘 直樹, 菅谷 勉, 小野 芳男, 木村 康一, 福島 千之, 藤澤 雅子, 永山 正人, 森田 学, 野村 和夫, 川浪 雅光
    日本歯周病学会会誌 49 3 239 - 249 特定非営利活動法人 日本歯周病学会 2007年09月28日 [査読有り][通常論文]
     
    Papillon-Lefèvre症候群(PLS)は手掌,足蹠の過角化症と重度の歯周病を主徴とする常染色体劣性遺伝病である。筆者らは,cathepsin C遺伝子の変異が判明したことがきっかけでPLSと診断した姉弟の歯周病症例を経験した。
    患者は24歳女性および21歳男性の姉弟で,1999年に青森県立中央病院皮膚科でPLSと診断され,2000年に歯周病精査依頼により同院歯科口腔外科を受診した。皮膚症状として,姉弟ともに両手掌,足蹠,肘頭,膝蓋部に角化性紅斑が認められた。姉の歯周病はプラーク性歯肉炎と診断したのに対し,弟は歯肉の発赤や腫脹,深い歯周ポケット,著しい歯の動揺が多数歯に認められ,遺伝性疾患に伴う広汎型歯周炎と診断した。姉には口腔清掃指導のみを行い,弟には口腔清掃指導,スケーリングに続き,17歯を抜歯,10歯に歯周外科手術を行った。その結果,弟の歯周ポケットの深さはほぼすべて3mm以内に改善し,現在,初診より6年以上が経過しているが歯周病の再発は認められず,良好にメインテナンスされている。
    姉は弟と同様にcathepsin C遺伝子の変異を認めたにもかかわらず,歯周組織破壊は軽度であったことから,同遺伝子の変異があっても重度の歯周病を発症しない症例が存在することが明らかとなった。また,弟は通常の歯周基本治療,歯肉剥離掻爬手術を行うことにより良好な改善が得られたことから,遺伝的要因の強い患者でも通常の歯周治療によって歯周病の進行を抑制できることが示唆された。
  • 菅谷 勉, 田中 佐織, 宮治 裕史, 富田 真仁, 長谷川 有紀子, 川村 直人, 田中 裕子, 元木 洋史, 中塚 愛, 川浪 雅光, 加藤 熈, 佐野 英彦, SIDHU Sharanbir K.
    日本歯科医学会誌 = Journal of the Japanese Association for Dental Science : JJDS 0 26 47 - 51 2007年03月31日 [査読有り][通常論文]
  • 菅谷 勉, 田中 佐織, 宮治 裕史, 富田 真仁, 長谷川 有紀子, 川村 直人, 田中 裕子, 元木 洋史, 中塚 愛, 川浪 雅光, 加藤 熈, 佐野 英彦, Sidhu Sharanbir K.
    日本歯科医学会誌 26 47 - 51 日本歯科医学会 2007年03月 [査読無し][通常論文]
     
    垂直破折した歯根の治療法として、4-META/MMA-TBBレジン(スーパーボンドC&B)で接着する治療法の有効性が報告されているが、我々はさらに予知性の高い治療法とするために研究を行ってきた。まず、スーパーボンドC&Bのセメント質への接着強さと封鎖性を調べた結果、セメント質は象牙質とほぼ同様の値であり、セメント質とスーパーボンドC&Bの間に樹脂含浸層が観察されたことから、セメント質にも象牙質と同様に接着することが明らかとなった。一方、セメント質に対するスーパーボンドC&Bの引っ張り強さは2ヵ月間、色素侵入は4ヵ月間低下したがその後は一定の値を示し、接着耐久性は象牙質とほぼ同程度であった。次に、様々な条件下で重合させたスーパーボンドC&Bに対する炎症反応を評価した。空気中で重合させたレジン、セルロイドストリップスで空気を遮断して重合させたレジン、硬化後に研磨したレジンをラットの皮下に埋入した結果、レジン周囲の炎症の範囲に有意差が認められ、重合条件が生体親和性に影響することが明らかとなった。さらに、ラット頭蓋骨面にスーパーボンドC&Bを塗布し、1〜12ヵ月後に標本を作製して光学顕微鏡およびSEMで観察した結果、レジンは骨面に直接接着しており炎症もほとんどなかったことから、スーパーボンドC&Bは長期間骨に接着することが示唆された。また、根管内から破折間隙を清掃して封鎖する口腔内接着法は破折間隙の清掃と封鎖が不充分で予後が悪かったため、予後不良例の破折間隙をフラップ手術や再植法で再度清掃しスーパーボンドC&Bで封鎖する治療を行った。この方法は歯周組織の炎症や骨欠損の改善に効果的であったが、レジンの幅が広くなると上皮の根尖側移動が大きくなった。これらの研究成果などにより、垂直破折歯根の治療方法はかなり解明されてきたが、さらに予知性を高めるためには今後も多くの研究が必要である。(著者抄録)
  • Miyaji H, Sugaya T, Kato K, Kawmura N, Kawanami M
    J Oral Tissue Engin 5 2 87 - 95 2007年 [査読有り][通常論文]
  • 川村直人, 菅谷 勉, 川浪雅光
    日本歯科保存学雑誌 50 1 62 - 67 2007年 [査読有り][通常論文]
  • 川村 直人, 菅谷 勉, 川浪 雅光
    日本歯科保存学雑誌 50 1 62 - 67 特定非営利活動法人 日本歯科保存学会 2007年 [査読有り][通常論文]
     
    歯周外科手術には特有の知識と技術が必要であり,その技術の向上には実習模型を用いてシミュレーショントレーニングすることが効果的と考えられる.われわれは歯周外科実習用模型の開発を行ってきたが,実習模型を用いたシミュレーショントレーニングを行うには,教官の適切な助言や指導が必要である.そこでわれわれは動画によるHTML形式を用いた歯周外科手術の実習アトラスを作成し,この実習アトラスが実習の効率化に有効であるかを明らかにする目的で,実習の達成度や実習時間および指導時間に及ぼす影響を検討した.実習者は卒後1〜3年の歯科医師20名とし,実験群10名は動画によるHTMLアトラスを使用し,対照群10名は静止画によるHTMLアトラスを使用して歯周外科手術の実習を行った.その結果,以下のことが明らかとなった.1. 実習の達成度は実験群と対照群には有意差がなかった.2. 実習時間は実験群のほうが対照群よりも短かった.3. 教官の指導に要した時間は実験群のほうが対照群よりも短かった.以上の結果から,動画を用いたHTMLアトラスを用いることは,歯周外科シミュレーション実習における教官の指導時間を効率化することに有効であることが示唆された.
  • Saori Tanaka, Tsutomu Sugaya, Masamitsu Kawanami, Yoshinobu Nodasaka, Toshiki Yamamoto, Hiroshi Noguchi, Yuko Tanaka, Takatsumi Ikeda, Hidehiko Sano, Sharanbir K Sidhu
    Journal of biomedical materials research. Part B, Applied biomaterials 80 1 140 - 5 2007年01月 [査読有り][通常論文]
     
    Although 4-META/MMA-TBB resin has adhesive properties to dentin, and has been clinically used for the bonding treatment of vertically fractured roots and apicoectomy, there has not been any investigation on the adhesion of 4-META/MMA-TBB resin to cementum. The purpose of this in vitro study was to evaluate the bonding and the sealing ability of 4-META/MMA-TBB resin to cementum. Bovine root cementum and dentin surfaces were treated with a citric acid and ferric chloride solution, and the 4-META/MMA-TBB resin was applied on the treated surfaces before testing. The microtensile bond strength and the leakage levels obtained for the cementum were almost equal to those for the dentin. In SEM and TEM observations, a hybrid layer approximately 2-3 microm in thickness was observed at the interface between the resin and the cementum. It is concluded that 4-META/MMA-TBB resin adhered to cementum via a hybrid layer on cementum, as previously reported for dentin.
  • 中塚 愛, 菅谷 勉, 川浪 雅光, 加藤 熈
    特定非営利活動法人 日本歯周病学会学術大会 プログラムおよび講演抄録集 2007 0 109 - 109 特定非営利活動法人 日本歯周病学会 2007年 [査読有り][通常論文]
  • Saori Tanaka, Tsutomu Sugaya, Masamitsu Kawanami, Yoshinobu Nodasaka, Toshiki Yamamoto, Hiroshi Noguchi, Yuko Tanaka, Takatsumi Ikeda, Hidehiko Sano, Sharanbir K. Sidhu
    Journal of Biomedical Materials Research - Part B Applied Biomaterials 80 1 140 - 145 2007年01月 [査読有り][通常論文]
     
    Although 4-META/MMA-TBB resin has adhesive properties to dentin, and has been clinically used for the bonding treatment of vertically fractured roots and apicoectomy, there has not been any investigation on the adhesion of 4-META/MMA-TBB resin to cementum. The purpose of this in vitro study was to evaluate the bonding and the sealing ability of 4-META/MMA-TBB resin to cementum. Bovine root cementum and dentin surfaces were treated with a citric acid and ferric chloride solution, and the 4-META/MMA-TBB resin was applied on the treated surfaces before testing. The microtensile bond strength and the leakage levels obtained for the cementum were almost equal to those for the dentin. In SEM and TEM observations, a hybrid layer approximately 2-3 μm in thickness was observed at the interface between the resin and the cementum. It is concluded that 4-META/MMA-TBB resin adhered to cementum via a hybrid layer on cementum, as previously reported for dentin. © 2006 Wiley Periodicals, Inc.
  • 本郷 哲也, 宮治 裕史, 菅谷 勉, 川浪 雅光
    日本歯周病学会会誌 48 4 285 - 296 特定非営利活動法人 日本歯周病学会 2006年12月28日 [査読有り][通常論文]
     
    本研究の目的は,ビスフォスフォネートを投与して破骨細胞様細胞の機能を抑制することでBMP-2処理した象牙質表面における硬組織の形成や象牙質吸収がどのような影響を受けるかを検索することである。
    象牙質片を24%EDTA(pH7.0)に3分間浸漬後,0,100,400μg/mlのリコンビナントヒトBMP-2に10分間浸漬処理した。ラットを2群に分け実験群はインカドロネートを1μg/kg /day,3回/週を腹腔より投与し,観察期間終了まで継続した。対照群は生理食塩水を同様に投与した。各群のラット口蓋結合組織に象牙質片を埋植して,2,4,8週後に組織標本を作製し,象牙質吸収率と硬組織形成率を計測した。
    象牙質吸収率は実験群が対照群に比較して有意に低かった(p<0.01)。硬組織形成率も同様に実験群が対照群に比較して有意に低かった(p<0.01)。硬組織形成のうち80%程度が吸収面に形成され,20%程度が非吸収面に形成されていた。また,TRAP陽性細胞率はBMP-2濃度0,100,400μg/mlの全実験期間で両群間に有意差はなかった
    以上の結果から,ビスフォスフォネートを投与すると,BMP-2処理した象牙質片において,破骨細胞様細胞の機能を抑制し,象牙質の吸収が減少するとともに,硬組織形成も抑制することが明らかになり,BMP-2による象牙質表面への硬組織形成には破骨細胞様細胞が重要な役割を有することが示唆された。
  • 石塚 良介, 宮治 裕史, 菅谷 勉, 川浪 雅光
    日本歯周病学会会誌 48 4 255 - 266 特定非営利活動法人 日本歯周病学会 2006年12月28日 [査読有り][通常論文]
     
    本研究の目的は,BMP-2とコラーゲンハイドロゲルを歯根象牙質表面に塗布し,歯周組織再生に与える影響を検討することである。
    実験動物にはビーグル犬8頭を使用し,被験部位は上下顎前臼歯歯根(128部位)とした。頬側歯肉粘膜を部分層弁で剥離して骨膜を除去した後,高さ6mmの裂開状骨欠損を作製して歯根膜,セメント質を除去した。根表面を24%EDTAで脱灰処理後,4群に分け,未塗布群では何も塗布せず,Gel群では歯根象牙質表面にコラーゲンハイドロゲルのみ塗布,BMP群ではBMP-2(1000μg/ml)のみを塗布,BMP-Gel群ではBMP-2(1000μg/ml)を塗布後,コラーゲンハイドロゲルを塗布した。1,2,4,8週後に病理組織学的観察と4,8週後の標本について組織学的計測を行った。
    その結果BMP-Gel群の8週後において,歯槽骨新生率は87%で,未塗布群 : 29%,Gel群 : 41%,BMP群 : 65%と比較して有意に大きく,セメント質新生率は45%で,未塗布群 : 29%と比較して有意に大きかった。骨性癒着率は6.4%で未塗布群 : 0%と比較して有意に大きく,上皮深部増殖率は0.3%で,未塗布群 : 22%と比較して有意に小さかった。
    これらの結果から歯根象牙質表面にBMP-2とコラーゲンハイドロゲルを塗布することは,歯周組織再生を高めることが示唆された。
  • H Miyaji, T Sugaya, K Kato, N Kawamura, H Tsuji, M Kawanami
    JOURNAL OF PERIODONTAL RESEARCH 41 4 311 - 315 2006年08月 [査読有り][通常論文]
     
    Background and Objective: Recent studies have shown that bone morphogenetic protein-2 (BMP-2) stimulates mineralization and osteoclast differentiation. Osteoclastic resorption by BMP-2 application may play an important role in the regulation of new cementum-like tissue formation on the dentin surfaces. Therefore, this study aimed to examine the effect of BMP-2 application on dentin resorption and cementum-like tissue formation at the dentin surfaces. Material and Methods: Seventy-two flat dentin blocks were prepared from rat roots and treated with 24% EDTA. Each block was assigned to group 0, group 100, or group 400, and immersed correspondingly in 0, 100, or 400 mu g/ml BMP-2. The dentin blocks were then implanted into palatal connective tissue of rats, and specimens were prepared 2, 4 and 8 wk after surgery for histologic and histo-morphometric analyses. Results: BMP-2 caused a dose-dependent increase in dentin resorption by osteoclastic cells. New cementum-like tissue was randomly formed on parts of the nonresorbed and resorbed dentin surfaces in groups 100 and 400. Dentin resorption in groups 100 and 400 was significantly greater than group 0 (p < 0.01). However, at 8 wk, new cementum-like tissue formed in 41.8% of group 100, as compared with 16.2% of group 400 (p < 0.05). Conclusion: Dentin resorption was stimulated by a high dose of BMP-2, and cementum-like tissue was induced by a low dose of BMP-2, effectively suggesting that BMP-2 application, at an appropriate dose, to a dentin surface may enhance periodontal regeneration.
  • 長谷川 有紀子, 富田 真仁, 菅谷 勉, 川浪 雅光
    日本歯科保存学雑誌 = THE JAPANESE JOURNAL OF CONSERVATIVE DENTISTRY 49 2 282 - 287 (NPO)日本歯科保存学会 2006年04月30日 [査読有り][通常論文]
     
    根尖性歯周炎を惹起したサルの歯根に根尖切除術を行い,根尖切除面を4-META/MMA-TBBレジンでroot-end sealingして治癒状態を病理組織学的に評価した.X線透過像面積の観察では,実験群が対照群と比較して有意な骨透過像の改善を認めた.組織学的観察では,対照群の根尖部に炎症病変を著明に認めたのに対し,実験群では根尖部の炎症病変は改善し,4-META/MMA-TBBレジンの表面に炎症性細胞浸潤はほとんどみられず,薄い線維で被包されており,骨が近接している歯根が多く観察した.根尖切除術時に4-META/MMA-TBBレジンでroot-end sealingを行うことにより,根管が汚染されたままでも根管内の起炎性物質を根管外に漏洩させず,良好な治癒が得られると考えられた
  • 菅谷 勉, 加藤 熈
    日本歯科医師会雑誌 58 12 1200 - 1210 日本歯科医師会 2006年03月 [査読有り][通常論文]
  • 下地 伸司, 菅谷 勉, 宮治 裕史, 川浪 雅光
    日本歯科保存学雑誌 = THE JAPANESE JOURNAL OF CONSERVATIVE DENTISTRY 48 6 926 - 938 2005年12月31日 [査読有り][通常論文]
  • 辻 ひふみ, 菅谷 勉, 宮治 裕史, 川浪 雅光
    日本歯科保存学雑誌 = THE JAPANESE JOURNAL OF CONSERVATIVE DENTISTRY 48 6 917 - 925 2005年12月31日 [査読有り][通常論文]
  • 天雲 太一, 宮治 裕史, 菅谷 勉, 川浪 雅光
    日本歯周病学会会誌 47 4 269 - 279 特定非営利活動法人 日本歯周病学会 2005年12月28日 [査読有り][通常論文]
     
    本研究の目的は, 象牙質面にBMP-2処理する前の脱灰方法の違いが, 培養細胞のALP活性, および結合組織内での象牙質表面への硬組織形成と象牙質吸収に及ぼす影響を検討することである。
    実験1では, 象牙質片をEDTA (pH7.0), 塩酸テトラサイクリン (pH2.0), クエン酸 (pH1.0) で3分間脱灰後, 0, 5, 10μg/mlのrhBMP-2に10分間浸漬して, 歯根膜細胞を播種, 培養し, 1, 3, 5日後にALP活性を測定した。実験2では, 象牙質片をEDTA, 塩酸テトラサイクリン, クエン酸, PBSに3分間浸漬後, 0, 100, 400μg/mlのrhBMP-2に10分間浸漬し, ラット口蓋結合組織に移植して2, 4週後に象牙質片上に形成された硬組織の形成率と象牙質の吸収率を計測した。
    実験1の結果, BMP-2が10μg/mlの場合にEDTA群のALP活性が他の2群と比較して有意に高かった。実験2の結果, 硬組織形成率はBMP-2濃度が100μg/mlの場合にEDTA群が他の3群と比較して有意に高く, 象牙質吸収率はBMP-2が400μg/mlの場合にテトラサイクリン群が他の3群に比べて有意に高かった。
    以上の結果から, 象牙質面にBMP-2を塗布する前の脱灰液は, 今回選択した中ではEDTAが最適であると考えられた。
  • 元木 洋史, 菅谷 勉, 川浪 雅光
    日本歯科保存学雑誌 = THE JAPANESE JOURNAL OF CONSERVATIVE DENTISTRY 48 5 733 - 742 2005年10月31日 [査読有り][通常論文]
  • 伊部 敬介, 宮治 裕史, 菅谷 勉, 川浪 雅光
    日本歯周病学会会誌 46 4 278 - 287 特定非営利活動法人 日本歯周病学会 2004年12月28日 [査読有り][通常論文]
     
    本研究の目的は, BMP-2を歯根象牙質表面に塗布することが, 歯周組織再生に与える影響を検討することである。
    イヌ上下顎前臼歯歯根頬側部を部分層弁剥離して骨膜を除去した後, 裂開状骨欠損を作成して歯根膜, セメント質を除去した。象牙質表面を処理しないものを未処理群, 象牙質表面を24% EDTAで脱灰処理後, さらに0, 100, 400, 1000 μg/mlの濃度に調整したBMP-2を塗布したものをそれぞれ0群, 100群, 400群, 1000群とし, 4, 8週後に病理組織学的観察と組織学的計測を行った。
    その結果, セメント質新生率は8週の1000群が62.6±15.0%で0群の39.6±13.7%と比較して有意に大きい値を示した。またBMP-2を塗布した群では既存のセメント質と連続しないセメント質様硬組織が観察された。骨性癒着率は4週の400群, 1000群でわずかに観察された。また, 8週の骨性癒着はごくわずかで, すべての群間に有意差は認められなかった。新生骨はすべて既存の歯槽骨と連続して形成され, 8週後の400群と1000群の歯槽骨新生率はそれぞれ59.4±15.7%, 62.4±11.1%で未処理群21.3±16.8%, 0群39.7±16.1%と比較して有意に大きかった。接合上皮深部増殖率は, 8週において400群と1000群が0群と比較して有意に小さかった。
    これらの結果から歯根象牙質表面にBMP-2を塗布することは歯周組織の再生に有効であることが示唆された。
  • Yuko Tanaka, Tsutomu Sugaya, Saori Tanaka, Masamitsu Kawanami
    Dental materials journal 23 4 453 - 6 2004年12月 [査読有り][通常論文]
     
    The purpose of this study was to compare root-end sealing using 4-META/MMA-TBB resin with that using conventional retrograde root filling technique, and thereby determine if 4-META/MMA-TBB resin offers long-term prevention against dye leakage from the root canal of human teeth. Thirty-five teeth had the apical 2.5 mm of the root resected. In the Sealing (SB) group, 4-META/MMA-TBB resin was applied to the resected surface. In the Filling (Am and EBA) groups, a root-end cavity was prepared and retrofilled with high copper amalgam alloy or reinforced zinc oxide-eugenol cement. Root canals were filled with methylene blue dye solution. Then, dye leakage outside the root canal was measured for 50 weeks. The integrated amount of leakage in SB group was significantly lower than those in Am group (p < 0.05) and EBA group (p < 0.05). Therefore, it can be concluded that root-end sealing using 4-META/MMA-TBB resin resulted in better, long-term sealing than conventional retrograde root filling.
  • 長谷川 有紀子, 菅谷 勉, 川浪 雅光
    日本歯科保存学雑誌 = THE JAPANESE JOURNAL OF CONSERVATIVE DENTISTRY 47 5 622 - 632 (NPO)日本歯科保存学会 2004年10月31日 [査読有り][通常論文]
     
    根尖切除術や再植時に4-META/MMA-TBBレジンでroot-end sealingする方法は有効性が高いと考えられるが,術後の根尖歯周組織の治癒状態を病理組織学的に評価した報告はいまだになされていない.そこで,根管が汚染されたままの状態で4-META/MMA-TBBレジンを用いてroot-end sealingを行った場合と,アマルガムや強化型ユージノールセメントを用いて逆根管充填を行った場合で,根尖歯周組織の治癒状態を比較評価した.4-META/MMA-TBBレジンによるroot-end sealingは有効性が高いことが示唆された
  • Y Tanaka, T Sugaya, M Kawanami
    DENTAL MATERIALS JOURNAL 23 3 265 - 270 2004年09月 [査読有り][通常論文]
     
    4-META/MMA-TBB resin has shown good biocompatibility and remarkable adhesion to dentin. It seems to be suitable for use in periodontal tissues for retrograde root sealing and treatment of vertically fractured roots. For an adhesive resin to be useful clinically, it must bond not only to the dentin but also to the cementum. The purpose of this study was to evaluate the long-term adhesion durability of 4-META/MMA-TBB resin to cementum kept in water at 37degreesC. Bovine root cementum and dentin surfaces were treated with 10-3 solution before 4-META/MMA-TBB resin was applied on treated surfaces. The micro-tensile bond strength (muTBS) decreased during the first two months; dye leakage value increased during the first four months and stabilized thereafter. No significant differences in adhesion durability were recognized between the dentin and cementum.
  • 山本 俊樹, 菅谷 勉, 川浪 雅光
    日本歯科保存学雑誌 = THE JAPANESE JOURNAL OF CONSERVATIVE DENTISTRY 47 4 543 - 548 (NPO)日本歯科保存学会 2004年08月31日 [査読有り][通常論文]
     
    大臼歯の髄床底に穿孔が認められた陳旧例に対して,4-META/MMA-TBBレジンを用いて非外科的に封鎖した場合の臨床成績を評価した.髄床底部に穿孔が認められた13例16歯を被験歯とした.髄床底穿孔陳旧例に対してスーパーボンドC&Bで非外科的に封鎖し,臨床症状とX線透過像を術前術後に診査し,治癒状態を評価した.術前は臨床症状を有するものが7例に対し,術後は1例のみ臨床症状があり術前に比べ有意に減少した.X線透過像も,術前に透過像の認められた6例中2例の透過像が消失し,1例は縮小傾向,残りの3例には変化はみられず,透過像の拡大は1例もなかった.よって,髄床底穿孔のスーパーボンドC&Bによる非外科的な封鎖は有効であると考えられた
  • Akira Hasebe, Atsutoshi Yoshimura, Takeshi Into, Hideo Kataoka, Saori Tanaka, Shinichi Arakawa, Hiroaki Ishikura, Douglas T Golenbock, Tsutomu Sugaya, Nobuo Tsuchida, Masamitsu Kawanami, Yoshitaka Hara, Ken-Ichiro Shibata
    Infection and immunity 72 3 1318 - 25 2004年03月 [査読有り][通常論文]
     
    Bacteroides forsythus is a gram-negative, anaerobic, fusiform bacterium and is considered to be an etiological agent in periodontal disease. A lipoprotein fraction prepared from B. forsythus cells by Triton X-114 phase separation (BfLP) activated human gingival fibroblasts and a human monocytic cell line, THP-1, to induce interleukin-6 production and tumor necrosis factor alpha production. BfLP was found to be capable of inducing nuclear factor-kappaB translocation in human gingival fibroblasts and THP-1 cells. By using Chinese hamster ovary K1 cells transfected with Toll-like receptor genes together with a nuclear factor-kappaB-dependent CD25 reporter plasmid, it was found that signaling by BfLP was mediated by Toll-like receptor 2 but not by CD14 or Toll-like receptor 4. BfLP induced apoptotic cell death in human gingival fibroblasts, KB cells (an oral epithelial cell line), HL-60 cells (a human myeloid leukemia cell line), and THP-1 cells but not in MOLT4 cells (a T-cell leukemia cell line). Caspase-8, an initiator caspase in apoptosis, was found to be activated in these cells in response to BfLP stimulation. Thus, this study suggested that BfLP plays some etiological roles in oral infections, especially periodontal disease, by induction of cell activation or apoptosis.
  • 川村 直人, 菅谷 勉, 宮治 裕史, 川浪 雅光
    日本歯科保存学雑誌 46 6 853 - 859 (NPO)日本歯科保存学会 2003年12月31日 [査読有り][通常論文]
     
    標題の影響をラットで検討した.空気中でレジンを硬化させると,表面をストリップスで圧接して硬化させた場合や硬化後に表面を研磨した場合に比べて初期の炎症が強かった.骨面を表面処理しレジンを直接塗布して硬化させた場合には炎症性細胞浸潤が殆どみられず,12週後も骨とレジンがハイブリッド様組織を介して接していた.結合組織にレジンを直接塗布して硬化させた場合には結合組織とレジンの界面にハイブリッド様組織がみられ,経時的に炎症性細胞浸潤は消退したものの,多核巨細胞は12週後も残存していた
  • 菅谷 勉
    北海道歯学雑誌 24 2 254 - 256 北海道歯学会 2003年12月15日 [査読有り][通常論文]
  • 川村 直人, 元木 洋史, 辻 ひふみ, 宮治 裕史, 菅谷 勉, 川浪 雅光
    日本歯科保存学雑誌 46 秋季特別 46 - 46 (NPO)日本歯科保存学会 2003年10月07日 [査読有り][通常論文]
  • 加藤 勝也, 菅谷 勉, 宮治 裕史, 川浪 雅光
    日本歯科保存学雑誌 45 6 1032 - 1043 2002年12月31日 [査読有り][通常論文]
  • Tsutomu Sugaya, Masamitsu Kawanami, Hiroshi Kato
    Journal of the International Academy of Periodontology 4 4 132 - 7 2002年10月 [査読有り][通常論文]
     
    The purpose of this study was to compare an ultrasonic furcation tip with an ultrasonic conventional tip and a hand scaler on accessibility to furcation areas of mandibular first and second molars. The study was conducted on 360 artificial molars that were replicated from 30 mandibular first molars and 30 second molars with silicone impression material and resin. The furcation areas of each molar were coated with red nail colour for artificial calculus. The root areas from the cement-enamel junction apically were covered with silicone rubber simulating gingival tissue. Then the models were instrumented on the buccal or lingual aspects by an experienced operator with each of the following instruments: an ultrasonic furcation tip, an ultrasonic conventional tip and a hand scaler. After instrumentation the percentage of the furcation area with residual artificial calculus was assessed using a computerised imaging system. Results showed that when the horizontal pocket depth was less than 2mm, all three instruments showed good accessibility. When the horizontal pocket depth was more than 2mm, the ultrasonic conventional tip and the hand scaler showed less removal of artificial calculus than the ultrasonic furcation tip (P < 0.01). Efficiency of the ultrasonic furcation tip was fairly satisfactory for the horizontal pocket up to the ridge of the furcation roof.
  • Tsutomu Sugaya, Masamitsu Kawanami, Hiroshi Kato
    Journal of the International Academy of Periodontology 4 4 138 - 42 2002年10月 [査読有り][通常論文]
     
    The purpose of this study was to evaluate the clinical effects of closed debridement with an ultrasonic furcation tip in degree II furcation involvement of mandibular molars. Fifteen patients with degree II furcation involvement in mandibular first and/ or second molars participated in the study. All patients were given oral hygiene instruction. Plaque score, probing depth, probing attachment level and bleeding on probing were recorded at baseline, 1, 4, 8 and 12 weeks. Following a baseline examination, a single episode of supra- and subgingival debridement was provided using an ultrasonic furcation tip in the test group, and an ultrasonic conventional tip and hand scalers under local anesthesia in the control group. At baseline, the mean horizontal probing depth in the test group was 6.35 mm and in the control group 6.06 mm. These values decreased to 4.88 mm and 5.29 mm respectively after 12 weeks. There were horizontal probing attachment gains of 1.29 mm in the test group and 0.59 mm in the control group after 12 weeks (P < 0.01). The bleeding scores were 1.0 in the test group and 0.88 in control group at baseline. These scores were improved to 0.12 in the test group and 0.59 in the control group after 12 weeks (P < 0.01). The results suggest that ultrasonic debridement with a furcation tip has a significantly better potential in treating degree II furcation involvement of mandibular molars.
  • Hirofumi Miyaji, Tsutomu Sugaya, Tetsuro Miyamoto, Katsuya Kato, Hiroshi Kato
    Journal of periodontal research 37 3 204 - 9 2002年06月 [査読有り][通常論文]
     
    The purpose of this study was to evaluate whether hard tissue might be formed on dentin surfaces applied with recombinant human bone morphogenetic protein-2 (rhBMP-2) in palatal connective tissue. Fifty-eight dentin blocks were prepared from rat roots, demineralized with 24% EDTA (pH 7.0), applied with 0, 50 and 100 microgram/ml rhBMP-2, and labeled as groups 0, 50 and 100. The dentin blocks were then transplanted into palatal connective tissue of rats, and specimens were prepared at two and four weeks after surgery for histologic and histomorphometric examinations. The results showed that the percentage of newly formed hard tissue in relation to the total dentin block surface length in groups 0, 50 and 100 was 0.0%, 2.8% and 4.4% at two weeks, and 0.0%, 1.6% and 12.8% at four weeks, respectively. New hard tissue formation in groups 50 and 100 was significantly promoted as compared to group 0 (p < 0.01). These findings thus indicate that rhBMP-2 application to dentin enhanced new hard tissue formation on dentin surfaces in the connective tissue of the palate.
  • 菅谷 勉, 野口 裕史, 長谷川 有紀子, 田中 裕子, 川浪 雅光
    日本歯科保存学雑誌 45 1 62 - 67 (NPO)日本歯科保存学会 2002年02月 [査読無し][通常論文]
     
    当院患者29名(男3名,女26名,平均53.9歳)を対象に,歯根端切除術に伴いスーパーボンドC&Bをroot-end sealantとして用い,約6ヵ月後に術前と同様の診査を行って治癒状態を評価した.その結果,以下の結論が得られた.1)術後6ヵ月には腫脹,圧痛,瘻孔,打診痛,X線写真による骨吸収のいずれにも有意な改善が認められた.2)術前後のX線写真による骨吸収形態の変化を考慮して分類した治癒形態は,完全治癒が22例(61.1%),不完全治癒8例(22.2%),不確実治癒4例(11.1%),失敗2例(5.6%)であった.3)術前に根管拡大を行った場合と行わなかった場合で,逆根管充填後の治癒の分類を比較した結果,有意差は認められなかった
  • 奥村 健仁, 菅谷 勉, 川浪 雅光, 加藤 ひろし
    日本歯科保存学雑誌 44 6 973 - 978 (NPO)日本歯科保存学会 2001年12月01日 [査読有り][通常論文]
  • T Sugaya, M Kawanami, H Noguchi, H Kato, N Masaka
    DENTAL TRAUMATOLOGY 17 4 174 - 179 2001年08月 [査読有り][通常論文]
     
    Vertical root fractures lead to advanced periodontal breakdown,vith deep periodontal pockets and vertical boric defects. The purpose of this study is to evaluate clinically the periodontal healing of root fracture treatment using adhesive resin cement. In 22 patients, 23 teeth with vertical root fractures were treated with 4-META/MMA-TBB resin cement. Eleven fractured roots were bonded through the root canal (group A) and 12 fractured roots were bonded extra-orally and replanted (group B). All teeth were then restored with full cast crowns (n = 20) or coping (n = 3). Mean probing depth was 6.6 min at pre-treatment and 4.4 min 6 months after the treatment in group A, and 7.4 min and 4.6 min, respectively, in group B. Bleeding scores were 100% at pre-treatment and 36.4% after 6 months in group A and 91.7% and 8.3%, respectively in group B. Radiographic bone level was 56.8% at pretreatment and 59.1% after 6 months in group A, and 18.8% and 29.2%, respectively, in group B. Two roots of group A and three roots of group B were extracted due to refracture, deterioration of periodontal inflammation, mobility, and luxation. The remaining roots (n = 18) presented no discomfort to the patients and there was no deterioration of periodontal conditions over a mean period of 33 months (range 14-74 months) in group A and over a mean period of 22 months (range 6-48 months) in group B. There was no ankylosed teeth nor was any root resorption detected. The results suggested that the treatment of vertical root fracture using 4-META/MMA-TBB resin has good prognostic possibilities.
  • M Kawanami, T Sugaya, H Gama, N Tsukuda, S Tanaka, H Kato
    DENTAL TRAUMATOLOGY 17 3 127 - 133 2001年06月 [査読有り][通常論文]
     
    The purpose of the study was to evaluate periodontal healing after replantation of intentionally rotated teeth with healthy and denuded root surfaces. Ten teeth with hopeless prognoses because of extensive alveolar bone loss and deep pockets extending to the apexes only on one or two surfaces, but with a healthy periodontal apparatus on the other sui faces, were selected. A mucogingival flap was elevated and the teeth were extracted carefully so as not to damage the healthy remnant of the periodontal membrane remaining on the root surfaces. Thorough extra-oral debridement was performed on the contaminated root surface and the remnant was carefully conserved. Retrofilling was also done to eliminate an endodontic cause of attachment loss. The teeth were horizontally rotated and then replanted so that the healthy root would face the connective tissue at the initially periodontally involved sites, and the root planed surfaces, which had been periodontally involved, would face the surfaces of the alveolar sockets at initially healthy sites. The teeth were splinted with adjacent teeth. Clinical parameters and radiographic examination were performed pre-operatively, and at 3 or 6 months, 1, 2, and 3 years postoperatively. One tooth was extracted 1.5 years postoperatively due to reduced support and the treatment strategy of the patient. The other nine teeth were well maintained without any discomfort for the whole maintenance period of 3 years. In all teeth, areas that previously had no pocketing but were now against denuded root surfaces maintained the previous pocket depth readings. In areas where a deep pocket was present but now had a root surface with healthy periodontium, a distinct decrease of mean pocket depth was observed at the first reexamination 3 months postoperatively. The mean radiographic alveolar bone level increased from 0.3% to 45.3% in 2 years and was thereafter maintained for the entire observation period. Loss of periodontal space and possible root resorption were observed in only one case without other ankylotic symptoms. These results suggest that the healing without ankylosis of an extensive denuded root surface may occur by mechanisms other than the maintenance of a viable periodontal ligament on the root surface.
  • 加藤 熈, 菅谷 勉, 川浪 雅光, 大森 幹朗, 野口 裕史, 奥村 健仁, 二宮 昭, 木村 喜芳, 山本 俊樹
    日本歯科医学会誌 = Journal of the Japanese Association for Dental Science : JJDS 20 0 69 - 79 2001年03月31日 [査読有り][通常論文]
  • Cementum-like Tissue Formation on Implanted Dentin Blocks with Cultured Prtiodontal Ligament Cells in Cranial Bone Defects of Rats
    Masamitsu Kawanami, Mikio Ohmori, Takehito Okumura, Tsutomu Sugaya, Hiroshi Kato
    Dentistry in Japan 37 113 - 116 2001年 [査読有り][通常論文]
  • 川浪 雅光, 藤井 美弥, 田中 佐織, 加藤 熈, 菅谷 勉
    北海道歯学雑誌 21 2 350 - 358 2000年12月15日 [査読有り][通常論文]
  • 川浪 雅光, 藤井 美弥, 田中 佐織, 加藤 熈, 菅谷 勉
    北海道歯学雑誌 21 2 350 - 358 2000年12月 [査読無し][通常論文]
     
    歯肉縁下付着プラークの歯軸方向の長さと最も強く関連しているのは,ポケットの深さであり,次に象牙質薄片除去時のプロービング時の出血の有無,そして,薄片挿入前の歯垢指数,薄片挿入前のプロービング時の出血の有無の順であった.又,歯周臨床診査結果と再形成した縁下プラークの長さとの間の重相関係数は0.7938で,これらの臨床診査結果が歯肉縁下付着プラークの歯軸方向の長さに影響する寄与率は0.6301であった.本研究から,歯周臨床診査結果とくにポケットの深さが,デブライドメント後に再形成する歯肉縁下プラークの長さと密接な関連があることが示された
  • 山本 俊樹, 菅谷 勉, 加藤 ひろし
    日本歯科保存学雑誌 43 6 1239 - 1248 (NPO)日本歯科保存学会 2000年12月01日 [査読有り][通常論文]
     
    ネコを用いて髄床底を人工的に穿孔させ,封鎖なし(A群),強化型酸化亜鉛ユージノールセメントで封鎖(B群),4-META/MMA-TBBレジン(ME)を用いて筆積法で封鎖(C群),MEのモノマーとキャタリストを混和した活性化液を塗布した後にMEで封鎖(D群)の4群に分けて処置4週後の病理組織学的所見を検討した.その結果,A群は歯根膜への炎症性細胞浸潤が4群中最も大きく,その表面には壊死組織や上皮組織を認めた.B群は材料に接している歯根膜に炎症反応が強く起こるものを認め,その界面には壊死組織を認めた.C群は炎症性細胞浸潤が4群中で最も少なく,歯根膜との界面にヘマトキシリンに染まる無構造な層を認め,歯根膜にレジンがハイブリッドした層と考えられた.D群ではC群と同様の無構造な層を認めたが,その下に炎症反応を広範囲に認めた.髄床底穿孔の治療に,活性化液の塗布を行わずMEを用いる方法は,有用性が高いことが示唆された
  • 木村 喜芳, 菅谷 勉, 加藤 熙
    日本歯周病学会会誌 42 4 255 - 266 特定非営利活動法人日本歯周病学会 2000年12月01日 [査読有り][通常論文]
     
    本研究は歯根が垂直破折した場合の歯周組織破壊を病理組織学的に明らかにする目的で行った。ビーグル犬4頭の上下顎前臼歯を分岐部で分割後, マイセルとマレットで歯根を頬舌側に垂直破折させ, gingival index (GI), probingdepth (PD), probingattachmentloss (PAL) を臨床的に診査した。破折後3日, 1, 2, 4週後に屠殺し, X線写真撮影, 病理組織学的観察と計測を行った。その結果, 3日~1週後はPD, PALがわずかに増加し上皮の根尖側移動はなく, 細菌は根管内にわずかに認められたのみで歯根膜の炎症は極めて軽度であった。2週後はPD4.6±1.7mm, PAL3.0±1.6mm, 上皮の根尖側移動は0.2±0.2mmで, 根管と破折面に細菌がみられ破折部に沿って歯根膜に炎症が生じ, 骨と歯根の吸収もわずかに認められた。4週後はPD5.5±1.4mm, PAL4.6±1.3mmで, 上皮の根尖側移動は0.5±0.3mmであった。破折部根表面にプラークが付着して, 歯根膜の炎症は強く線維は消失し, 骨と歯根の吸収は拡大してX線写真でくさび状骨吸収が認められた。
    以上の結果から, 破折後2週頃までの初期はPDが増加しても付着の喪失は少なく, 根管内の細菌が破折部に沿って歯根膜に炎症を引き起こし, 2~4週後は破折部根面に沿って付着の喪失が進みプラークが付着し, 歯周病変が合併して歯周組織破壊が急速に進行したと考えられた。
  • 宮治 裕史, 菅谷 勉, 加藤 煕
    日本歯周病学会会誌 42 4 247 - 254 特定非営利活動法人日本歯周病学会 2000年12月01日 [査読有り][通常論文]
     
    本研究は歯肉結合組織によって根面に硬組織を形成する新たな歯周組織再生療法を開発する第一段階として, rhBMP-2で処理した象牙質が歯肉線維芽細胞のALP活性と石灰化物形成に及ぼす効果を検討した。象牙質片をEDTAで脱灰し, 5群に分け, 歯肉0, 1, 5, 10群は0, 1, 5, 10μg/mlのrhBMP-2で, 歯根膜群はrhBMP-2を含まないD-MEMで処理した。まず, 歯肉0, 1, 5, 10群は象牙質片上に歯肉線維芽細胞を播種し, 歯根膜群は歯根膜細胞を播種して1, 3, 7日間培養し, 象牙質片に付着した細胞のALP活性と総蛋白量を測定した。次に各群の象牙質片を歯肉線維芽細胞と歯根膜細胞のcell layer上に静置し, β-グリセロリン酸を含むα-MEMで5, 7, 10日間培養し, Von Kossa染色して石灰化物形成量を計測した。その結果, 歯肉1, 5, 10群のALP活性は1日目は上昇せず, 3日目に歯肉0群と比較し約6倍で, 歯根膜群と同程度まで上昇した。7日目は歯肉1, 5群は低下したが, 歯肉10群は低下が少なく歯根膜群と有意差のない高い値だった。歯肉1, 5, 101群の石灰化物形成量は7日目に歯肉0群と比較し約2.5倍で, 歯根膜群と有意差のない値だった。以上の結果から, rhBMP-2で処理した象牙質は, 付着した歯肉線維芽細胞のALP活性と石灰化物形成能を上昇させることが明らかとなり, 根面をrhBMP-2で処理することで歯肉結合組織が根面に硬組織を形成する可能性が示唆された。
  • KU Zaman, T Sugaya, O Hongo, H Kato
    JOURNAL OF PERIODONTOLOGY 71 7 1094 - 1099 2000年07月 [査読有り][通常論文]
     
    Background: This study aimed to evaluate quantitatively the migrated, attached, and oriented human periodontal ligament cells (HPLC) to periodontally diseased cementum and dentin after demineralization with low and neutral pH etching solution. Methods: Human teeth, extracted due to periodontal diseases, were scaled and root planed so that cementum remained on one longitudinal half of the root and dentin was exposed on the other half. Forty root slices of 200 mum thickness, obtained from the mid-third of these roots, were divided into four groups: group 1, demineralized with a saturated solution of citric acid (pH 1.20); group 2, with 24% EDTA (pH 7.04); group 3, with tetracycline HCL 100 mg/ml.(pH 2.00); and group 4, only scaled and root planed (control). Root slices were placed over the confluent HPLC in 35 mm culture dishes and incubated. Phase contrast microscopic photographs of attached and oriented refractile HPLC to root surfaces were taken at days 1, 3, and 7. Quantitative analysis of attached and oriented HPLC ft om these photographs was done using special software. Results: The results showed no significant difference in the attachment and orientation index of HPLC to cementum compared to dentin in any method of demineralization at each time point (P >0.05), although there was a significantly higher cell attachment and orientation index to demineralized dentin with EDTA and citric acid than to non-etched dentin and to all 3 demineralized cementum surfaces compared to non-etched cementum (P <0.05). Conclusions: EDTA and citric acid demineralization may enhance HPLC attachment and orientation to the root surface, and it is not always necessary to remove excessive cementum when the demineralizing procedure is used.
  • 梅田 誠, 萩原 さつき, 魚島 マリコ, 冨永 由美子, 高森 由季子, 矢野 和子, 小島 丈尚, 野口 和行, 木村 真太郎, 本郷 興人, 岩並 知敏, 坂上 竜資, 菅谷 勉, 西岡 敏明, 根岸 淳, 松本 敦至, 伊藤 豊, 齋藤 彰, 川浪 雅光, 和田 育男, 加藤 熈, 石川 烈
    日本歯周病学会会誌 41 4 436 - 449 特定非営利活動法人日本歯周病学会 1999年12月28日 [査読有り][通常論文]
     
    急速な歯周組織破壊につながると考えられる歯周炎急性症状 (急性歯周膿瘍) に対する, 塩酸ミノサイクリン歯科用軟膏の歯周ポケット内局所投与の効果について, 対照群と比較した臨床的, 細菌学的な評価を行った。被験者は, 口腔内の単一部位において急性歯周膿瘍を有し処置が必要な患者100名を対象とした。被験者の急性歯周膿瘍を示すポケットに2%塩酸ミノサイクリン歯科用軟膏を1回投与し, 0日目 (処置前), 3日目および7日目に臨床診査を行った。0日目および7日目においては, 細菌サンプルの採取も行った。被験者に対し, 基本処置群 (C群: ポケット内洗浄処置のみ) と試験薬剤群 (T群: ポケット内洗浄処置+2%塩酸ミノサイクリン歯科用軟膏ポケット内注入) の2群を, 盲験的な方法で比較した。本研究を行うに当たり, 医薬品の臨床試験の実施に関する基準 (GCP) を遵守した。
    術前術後において両群とも痛み等の臨床症状の改善が認められたが, T群の方がC群と比べ, より高い改善が見られた。プロービング深さや, アタッチメントレベルの変化に関してもT群の方が, 高い改善が見られた。歯肉縁下プラーク細菌の総菌数に対しては, 両群とも減少したが, T群の方がより大きな減少が見られた。歯周病原性細菌の検出率に関しては, T群のみ, B. forsythus, P. gingivalis, T. denticolaの減少がみられた。T群は臨床的にも細菌学的にもC群以上に改善がみられた。以上の結果から, 塩酸ミノサイクリン歯科用軟膏は急性歯周膿瘍の改善に有効であることが示された。
  • KU Zaman, T Sugaya, H Kato
    JOURNAL OF PERIODONTAL RESEARCH 34 5 244 - 250 1999年07月 [査読有り][通常論文]
     
    The purpose of this study is to investigate the early responses of human periodontal ligament cells attached to recombinant human platelet-derived growth factor-BE and bone morphogenetic protein-2 applied EDTA-demineralized dentin. One hundred and seventy-four root-planed flat dentin blocks were prepared from the mid-third of periodontally diseased human tooth roots. After demineralization with 24% EDTA (pH 7.02) 120 dentin blocks were treated with 0.5 and 1 mu g/ml rhPDGF-BB, 1 and 3 mu g/ml rhBMP-2 and only MEM as control (24/group). Human periodontal ligament cells (HPLC) were seeded on these dentin surfaces and incubated. The alkaline phosphatase (ALP) activity and protein concentration of the attached cell were assessed at d 2, 4 and 7. Fifty-four dentin blocks were seeded with HPLC after application of 1 mu g/ml rhPDGF-BB, 3 mu g/ml rhBMP-2 and MEM (18/group) and then incubated. At d 2, 4 and 7, the attached cells were stained and counted under light microscope. The results showed a significant increase of protein concentration and cell number in PDGF-BB treated groups than control (p < 0.05, p < 0.01) but not the AL activity, and a significant increase of ALP activity was observed in BMP-2 treated groups than control (p < 0.05) but protein concentration and cell number remained almost the same over time. Thus, rhPDGF-BB and rhBMP-2 application to EDTA demineralized dentin surfaces promote the early human periodontal ligament cell responses by increasing cell proliferation and differentiation, respectively, which would ultimately enhance periodontal regeneration.
  • 奥村 健仁, 菅谷 勉, 加藤 熈
    日本歯周病学会会誌 40 4 421 - 430 特定非営利活動法人日本歯周病学会 1998年12月28日 [査読有り][通常論文]
     
    本実験は歯周組織を再生させる新しい治療法を発展させることを目的として, 培養・移植した歯根膜細胞の動態と歯周組織の再生について検討を行った。ラットの歯根膜細胞を培養し, ラット象牙質片上に播種したのち, さらにBrdU添加培地で培養することで細胞を標識し, 近親交配ラットの頭蓋骨に作成した骨欠損部へ移植して実験群とした。細胞付着のない象牙質片を移植して対照群とし, 観察期間は移植後7, 14, 21, 28日とした。標本作製にはヒストレジンプラス (を®) 用 い, BrdU免疫染色とALP染色, TRAP染色を行った。その結果, 対照群は移植7日後TRAP陽性細胞が認められ, 14日後ALP陽性, TRAP陽性細胞が多くなった。14日後からは象牙質と骨とのアンキローシスが進行し, 21, 28日後はすべてアンキローシスしていた。実験群の移植7日後は対照群と類似しており, 14, 21, 28日では, いくつかの標本の象牙質片上に, 骨とは非連続性で内部に細胞が封入されたセメント質様硬組織が新生されていた。この硬組織周囲にはALP陽性, TRAP陽性細胞とともにBrdU陽性の線維芽細胞様細胞が観察された。
    以上の結果から, 培養し象牙質片上に播種して生体に移植した歯根膜細胞は28日後まで生存し, アンキローシスの阻止および象牙質片上にセメント質様硬組織を形成するのに関与している可能性が高いことが示唆された。
  • Muhammad Abul, Hassan Mahmud, Tsutomu Sugaya, Hiroshi Kato
    日本歯周病学会誌 40 4 411 - 420 1998年 [査読有り][通常論文]
  • 奥村 健仁, 菅谷 勉, 加藤 熈
    日本歯周病学会誌 40 4 421 - 430 1998年 [査読無し][通常論文]
  • 岩原 弘一, 菅谷 勉, 加藤 熈, 小平澤 英男
    日本歯周病学会会誌 39 4 513 - 519 特定非営利活動法人日本歯周病学会 1997年12月28日 [査読有り][通常論文]
     
    歯周治療における垂直性骨欠損の診断に, computed tomography (CT) 像を画像処理したCT3次元立体構築像が有用ではないかと考え, 歯周炎患者の垂直性骨欠損形態の診断におけるCTの有用性を検討した。
    被験者は垂直性骨欠損を有する歯周炎患者5名とし, 被験部位はフラップ手術時に撮影した口腔内写真で垂直性骨欠損形態を確認できた38歯面とした。骨欠損の診断は, 手術を行った歯科医師を除いた歯科医師10名が, CT3次元立体構築像 (CT法), デンタルX線写真のみ (D法), デンタルX線写真とポケットプロービングを併用する方法 (D+P法) の3つの診断方法を用いて行った。診断項目は, 頬舌側面の垂直性骨欠損と隣接面の垂直性骨欠損および隣接面の垂直性骨欠損における頬側壁と舌側壁の有無とした。診断精度の評価には受信者動作特性 (ROC) 解析を用いた。その結果, CT法の診断精度は, 頬舌側面の垂直性骨欠損では, D法に比較して有意に高く, D+P法とは差がなかった。一方隣接面の垂直性骨欠損の有無の判定では, CT法の診断精度は, D法とD+P法とほぼ同等であったが, 垂直性骨欠損の頬側壁と舌側壁の診断では, CT法の診断精度は他の2法よりも有意に高かった。以上の結果から, CT3次元立体構築像は, 歯槽骨の垂直性骨欠損形態の診断に有用性が高いと思われた。
  • 野口 裕史, 菅谷 勉, 加藤 熈
    日本歯科保存学雑誌 40 6 1453 - 1460 (NPO)日本歯科保存学会 1997年12月01日 [査読有り][通常論文]
     
    1)破折歯根片を接着せず整復して再植した群は,破折部へのセメント質の添加は認められず,歯根の吸収が著しく,有効な治療法と成り得ない. 2)スーパーボンドC&B群は,炎症性吸収及び置換性吸収が最も少なく,健全歯根面率が他の群に比べて有意に大きく,4週後では抜歯後歯根を破折せず再植した群と有意差は認められなかった. 3)パナビア 21群は,炎症性吸収が最も多く,4週後では健全歯根面率が抜歯後歯根を破折せず再植した群より有意に小さかった. 4)インパーバデュアル,ビスタイトレジンセメントを使用した群は,スーパーボンドC&B群とパナビア 21群の中間的な状態を示した
  • 野口 裕史, 菅谷 勉, 加藤 熈
    日本歯科保存学雑誌 40 6 1445 - 1452 (NPO)日本歯科保存学会 1997年12月01日 [査読有り][通常論文]
     
    1)スーパーボンドC&B,インパーバデュアル,ビスタイトレジンセメントは,ヒト培養歯根膜細胞の付着・増殖が,root planingした根面とほぼ同等であったことから,この3種の接着性レジンセメントが培養歯根膜細胞に与える影響は僅かである. 2)この3種の接着性レジンセメントの中では,スーパーボンドC&Bが最も細胞の付着・増殖が多かった. 3)パナビア 21には,培養歯根膜細胞の付着・増殖がみられなかったが,近接する培養歯根膜細胞への影響は小さかった
  • 渡部 亘貴, 菅谷 勉, 向中野 浩, 加藤 熈
    日本歯周病学会会誌 38 4 529 - 537 特定非営利活動法人日本歯周病学会 1996年12月28日 [査読有り][通常論文]
     
    成人歯科集団検診と組み合わせて行う歯周病予防プログラムを作成する目的で, 第1報では北海道の企業14社の勤労者を対象に疫学的分析を行い, 集団検診時のCPITN-Max値に応じて, 口腔清掃指導, スケーリング, 歯科医院受診勧告などの予防処置を単独または組み合わせて行うプログラムを試作した。
    本研究は試作した予防プログラムの有効性を検討する目的で, 第1回検診と組み合わせて予防プログラムを実施し, 1.5~2年後に追跡調査として第2回検診を行い, その効果を評価し, 林式数量化理論II類を用いて多変量解析を行って分析した。
    その結果, 1. 対象者225名中第1回検診で予防処置が必要と判定された者は187名で, そのうち実際に予防処置を受けた者は111名 (実施率59.4%) であった。2. 歯周病の予防処置は検診時に行わず後日実施しようとすると受診率が低くなるため, 検診と同時に行うことが有効と思われた。3. CPITNは統計学的に有意な改善を示し, 予防プログラムの実施効果が認められた。4. 林式数量化理論による分析では, スケーリングがCPITNの改善に最も効果がある因子であった。5. 口腔清掃指導は検診時に1回のみ行っても効果は少なかった。6 . 歯科医院への受診勧告はCPITNの改善に効果が低かった。
  • 菅谷 勉, 向中野 浩, 渡部 亘貴, 加藤 熈
    日本歯周病学会会誌 38 4 522 - 527 特定非営利活動法人日本歯周病学会 1996年12月28日 [査読有り][通常論文]
     
    成人歯科集団検診に組み合わせて行う適切な歯周病予防プログラムを作成する目的で, まず北海道の某企業の勤労者900名 (平均41.2歳) を対象に, CPITNにより歯周病の罹患状態を評価した。その中の411名に対し, 喫煙習慣, 歯周病の自覚, 歯周病治療経験, 口腔清掃習慣などの予防上検討する必要があると思われる因子をアンケート調査した。これらの因子とPi. 1., C.I. がCPITNに及ぼす影響を, 林式数量化理論により分析して, プログラムに組み込む必要のある因子を調べるとともに, 重点的に予防処置を行う危険集団を, アンケート調査により選別することの可能性を検討した。その結果, 対象者の84.5%が歯周病に罹患しており, CPITN 2以上が82.2%であり, 歯周病予防処置は口腔清掃指導だけでは不十分でスケーリングが必要と思われた。また, CPITNと口腔衛生状態とは強い相関がみられたが, 喫煙習慣などの因子の影響は小さく, 予防処置としてプログラムに組み込む必要性は少ないと思われた。さらに, アンケート調査から危険集団を選別する方法は効果が低いと考えられた。以上の結果から, 成人歯科集団検診と組み合わせて行う歯周病予防処置は, 歯周病の自覚や口腔清掃習慣などの因子を考慮することなく対象者全員に歯周病の検診を行い, 各対象者の歯周病進行状態に応じて口腔清掃指導やスケーリング, 歯科医院受診勧告をそれぞれ単独または組み合わせて行うプログラムが適切と思われた。
  • 大森 幹朗, 菅谷 勉
    日本歯周病学会会誌 38 4 447 - 456 特定非営利活動法人日本歯周病学会 1996年12月28日 [査読有り][通常論文]
     
    培養歯根膜細胞を移値りることにより, 歯根膜とセメント質を再生させるという新しい治療法を検討する第一段階として, 近親交配ラットを実験群, 対照群, 歯根移植群に分けて本実験を行った。
    実験群は, ラット歯根膜細胞をin vitroで培養し, それをラットの象牙質片上に播種し, さらに培養を行い細胞を増殖させた後, ラット頭蓋に形成した骨欠損部に移植した。一方, 対照群は培養歯根膜細胞を付着させていない象牙質片を移植し, 歯根移植群は新鮮な歯根膜が付着した象牙質片を移植し, 組織学的観察を行った。
    その結果, 実験群では2週後の6例中1例に, 4週後の10例中4例に, 頭蓋骨とは連続していないセメント質様硬組織の形成がみられたが, 6週後には全面にアンキローシスが生じていた。対照群では2週後に, 増殖した骨とアンキローシスが一部に生じており, 4, 6週後には全てにアンキローシスの所見がみられた。歯根移植群では, 2週後には歯根膜が残存し4週後には一部象牙質に吸収がみられ6週後には全てにアンキローシスが生じていた。
    これらの結果より, 培養歯根膜細胞移植により歯根膜, セメント質を再生できる可能性が示唆された。しかし, 実験群は, 新鮮な歯根膜を移植した歯根移植群と同様に, 6週後にはアンキローシスがみられたことから, 培養歯根膜細胞を移植する場合に, 適切な時期に咬合力あるいはそれに類似した機能を与えることが必要ではないかと考えられた。
  • 菅谷 勉
    日本歯周病学会会誌 35 4 577 - 586 特定非営利活動法人日本歯周病学会 1993年 [査読有り][通常論文]
     
    ポケット探針型超音波スケーラーチップの使用条件が, 根面の形態・性状に及ぼす影響を明らかにする目的で, 抜去歯の象牙質面を用い, ポケット探針型超音波スケーラーの使用条件を12通りに変化させてルートプレーニングを行い, 根面削除量と中心線平均粗さを計測, SEMにより表面形態の観察を行った。さらに, 歯周炎罹患歯を同様の条件でルートプレーニングした後, 根面上で線維芽細胞を培養, 付着増殖した細胞数を計測した。その結果, ポケット探針型超音波スケーラーの使用条件は, 出力を小から大へ, チップの超音波振動方向を根面に水平から垂直へ, 根面に加える荷重を小から大へ変化させることにより, 削除量, 表面粗さ, 為害性物質の除去効果は大きくなった。この結果から, ポケット探針型超音波スケーラーチップは, 使用条件を変えることによりハンドスケーラーと同等の滑沢性と為害性物質の除去効果が得られることが明らかとなった。
  • 飯沼 賢司, 菅谷 勉, 楯 尊子, 川浪 雅光, 加藤 誠也, 加藤 ヒロシ
    日本歯周病学会会誌 30 3 926 - 934 特定非営利活動法人日本歯周病学会 1988年 [査読有り][通常論文]
     
    ポケット探針型の超音波スケーラーを歯周炎患者の歯肉縁下デブライドメントに用いた場合の臨床効果を知る目的で, 歯周病に罹患した74歯, 213歯面を選び, 実験開始前にブラッシング指導と縁上スケーリングを行ない, 実験群128歯面は, 無麻酔で本装置による縁下デブライドメントを行ない, 対照群85歯面は行なわなかった。実験開始日と1, 2, 4週後に臨床診査を行なった。その結果, 実験群では, 歯肉溝滲出液量やプロービング時の出血部位の割合が, 縁下デブライドメント1週後から著明に改善し, Probing Depth, Clinical Attachment Levelも, 統計的に有意な改善がみられ, 特に実験開始時4mm以上のポケットの場合は, 著明に改善した。対照群では, すべて有意な変化はみられなかった。以上の結果から, 口腔清掃指導のもとで, 本装置による歯肉縁下デブライドメントを行なえば, 歯周炎の著明な改善が得られ, 本装置の臨床的な有効性が確認された。
  • 菅谷 勉, 川浪 雅光, 加藤 誠也, 国立 尊子, 飯沼 賢司, 加藤 熈
    日本歯周病学会会誌 29 3 1006 - 1006 特定非営利活動法人日本歯周病学会 1987年09月28日 [査読有り][通常論文]
  • 加藤 誠也, 菅谷 勉, 川浪 雅光, 国立 尊子, 飯沼 賢司, 加藤 ヒロシ
    日本歯周病学会会誌 29 2 627 - 633 特定非営利活動法人日本歯周病学会 1987年 [査読有り][通常論文]
     
    深い歯周ポケット内の歯垢・歯石の除去をより効果的かつ容易に行なうために, 超音波スケーラーに接続するポケット探針型超音波チップを試作した。本実験はその実用性を検討する目的で, まず抜去歯根面上の歯石170部位の除去効果について調べ, 次に歯周炎患者の抜去予定歯30本を用いて深い歯周ポケットの底部への到達性及びその時の疼痛の有無等について調べた。
    その結果は, 1: 試作したポケット探針型チップを使って, 抜去歯根面上の歯石を容易に除去することが可能であった。
    2: 歯周炎患者口腔内で, 本装置は深さ9mmまでの歯周ポケットの底部に十分到達し, 歯垢・歯石の除去が可能であることがわかった。
    3: 本装置使用時に疼痛を訴えなかったものは39例中27例であり, ごく軽度の疼痛を訴えたのは11例, 浸潤麻酔を必要としたのは1例のみであった。
  • 菅谷 勉, 川浪 雅光, 加藤 誠也, 国立 尊子, 飯沼 賢司, 加藤 ヒロシ
    日本歯周病学会会誌 29 3 959 - 965 特定非営利活動法人日本歯周病学会 1987年 [査読有り][通常論文]
     
    本実験の目的は, 著者らが試作したポケット探針型の超音波スケーラーチップの, 深い歯周ポケット内の歯垢・歯石除去能力を評価することである。被験歯として, 歯肉縁下スケーリングの既往がなく, 高度の歯周炎のため抜去を要する43歯を選び, 実験群58歯面は本装置を用いて歯肉縁下歯垢・歯石を除去し, 対照群30歯面は処置を行わなかった。抜去後メチレンブルーで染色し, 残存する歯垢・歯石を観察, 計測するとともに, 術中の疹痛等について調べた。その結果, 残存率は, 対照群94.3%, 実験群4.6%であった。歯垢・歯石除去能力は, 大臼歯と前歯とで差は見られず, 8.0mm以下のポケットでは, 深さによる影響はなかった。しかし, 8mm以上になると, ポケット底部付近に取り残しがみられた。これは, 根尖部付近では根面が彎曲しており, チップの到達が困難なためと思われた。なお, 本装置使用時に疹痛のため浸潤麻酔を必要としたものはなかった。
  • 百海 均, 渡部 とも子, 菅谷 勉, 東海林 浩二, 石川 純, 加藤 ヒロシ, 吉田 静男
    日本歯周病学会会誌 29 3 853 - 859 特定非営利活動法人日本歯周病学会 1987年 [査読有り][通常論文]
     
    本実験は, 歯周疾患の発生と進行に対する口呼吸の影響を知るため, 生体に近い実物大口腔3次元模型を試作し, 口呼吸者の歯肉や粘膜の脱水・乾燥をより明確にする目的で行なった。口腔3次元模型を, 上顎はプラスチックシーネ, 下顎と舌は石膏模型で作製し, 咽頭部から風洞を通して吸引し口呼吸の状態とした。上顎口蓋部に蒸発量測定部位として10ヵ所選び, 各部位に蒸発量測定材料を設置し, ヒトの最大吸気量と同じ毎秒500mlを25分間連続吸気した後, 重量変化を測定して各部位の蒸発量を求めた。その結果, 単位時間あたりの蒸発量は中切歯の口蓋辺縁部が最も多く, 次いで側切歯, 犬歯の口蓋辺縁部が多く, 口蓋中央部と小臼歯の口蓋辺縁部は少ない値を示した。これら蒸発量の多い前歯群の口蓋側辺縁部は, 臨床上, 堤状隆起 (Tension ridge) が最も起こりやすい部位に一致した。

書籍

  • 接着の論点
    菅谷 勉 (担当:分担執筆範囲:破折歯根を接着するテクニックは?)
    ヒョーロンパブリッシャーズ 2016年
  • 補綴装置および歯の延命のための最新治療指針
    菅谷 勉 (担当:分担執筆範囲:1.垂直歯根破折の実態と接着治療の理論的背景)
    医歯薬出版 2016年
  • 歯科衛生士講座 歯周病学第3版
    川浪雅光, 菅谷 勉 (担当:分担執筆範囲:第6章 歯周病の予防と治療.1歯周病の予防)
    永末書店 2016年
  • 接着歯学
    菅谷 勉 (担当:分担執筆範囲:11章 歯周治療と接着、13章 歯の破折と接着)
    医歯薬出版 2015年
  • 日常臨床のレベルアップ&ヒント
    菅谷 勉 (担当:分担執筆範囲:第10章-Q2垂直歯根破折における接着再建法のコツ)
    デンタルダイヤモンド社 2015年
  • ザ・ペリオドントロジー第2版
    菅谷 勉, 川浪雅光 (担当:分担執筆範囲:根分岐部病変)
    永末書店 2015年
  • 垂直歯根破折歯を救え!
    菅谷 勉 (担当:共著)
    クインテッセンス出版 2013年
  • 道新ポケットブック「家族みんなの歯と口の健康」
    菅谷 勉, 八若保孝 (担当:共編者(共編著者))
    北海道新聞 2013年
  • 歯の長期保存の臨床
    菅谷 勉 (担当:分担執筆範囲:第1章 カリエス、歯根破折、根尖性歯周炎などから歯を守る.歯根破折歯を救う)
    デンタルダイヤモンド社 2013年
  • 最新歯周病学
    菅谷 勉 (担当:分担執筆範囲:第8章 垂直歯根破折による歯周病変と治療)
    医歯薬出版 2011年
  • 口腔画像臨床診断学
    菅谷 勉 (担当:分担執筆範囲:各種症例における臨床と画像診断)
    アークメディア 2010年
  • エンド難症例
    菅谷 勉 (担当:分担執筆範囲:歯根破折)
    医歯薬出版 2009年
  • ザ・ペリオドントロジー
    菅谷 勉 (担当:分担執筆範囲:根分岐部病変)
    永末書店 2009年
  • イラストレイテッド・クリニカルデンティストリー
    菅谷 勉 (担当:分担執筆範囲:咬合調整)
    医歯薬出版社 2001年
  • 接着臨床の新たなる展開
    菅谷 勉 (担当:分担執筆範囲:Root-end sealant(逆根管充填)への接着性レジンの応用)
    日本歯科評論社 2000年
  • 歯周病のメインテナンス
    菅谷 勉 (担当:分担執筆範囲:根面齲蝕)
    医歯薬出版 2000年
  • 歯周病を診る.検査・診断・治療のポイント
    菅谷 勉 (担当:分担執筆範囲:歯周病を理解するためにー歯周病を理解するー)
    医歯薬出版 1996年
  • 臨床力アップにつながる歯の破折の診断と処置
    菅谷 勉 (担当:分担執筆範囲:5.歯根破折.4.垂直歯根破折への対応.垂直歯根破折の接着再植法)
    デンタルダイヤモンド社

その他活動・業績

  • 過飽和液中レーザー照射法による象牙質表面へのフッ素担持アパタイト成膜と抗菌特性
    蔀 佳奈子, 宮治 裕史, 菅谷 勉, 古賀 健司, 中村 真紀, 大矢根 綾子 特定非営利活動法人日本歯科保存学会学術大会プログラムおよび講演抄録集 152回 80 -80 2020年06月 [査読無し][通常論文]
  • Bioactive Glass配合根管充填シーラーの生体親和性評価
    吉野 友都, 宮治 裕史, 金本 佑生実, 浜本 朝子, 西田 絵利香, 加藤 昭人, 菅谷 勉, 田中 佐織 特定非営利活動法人日本歯科保存学会学術大会プログラムおよび講演抄録集 152回 103 -103 2020年06月 [査読無し][通常論文]
  • 高周波電流によるファイル未到達根管内容物の焼灼
    内沢 英作, 熊谷 広道, 百海 啓, 菅谷 勉 特定非営利活動法人日本歯科保存学会学術大会プログラムおよび講演抄録集 152回 134 -134 2020年06月 [査読無し][通常論文]
  • 金銀クラスター/ローズベンガル含有キトサンナノゲル複合体の光線力学的特性
    浜本 朝子, 加藤 昭人, 宮田 さほり, 蔀 佳奈子, 宮治 裕史, 菅谷 勉, 齋田 慧, 川崎 英也 北海道外科雑誌 65 (1) 91 -91 2020年06月 [査読無し][通常論文]
  • リン酸化プルラン含有根管充填シーラーの封鎖性と根尖病巣の治療効果
    大嶌 理紗, 河野 通俊, 下地 伸司, 菅谷 勉, 吉田 靖弘 北海道外科雑誌 65 (1) 91 -92 2020年06月 [査読無し][通常論文]
  • ブラッシングが低下した歯周炎患者のプラークコントロール
    菅谷 勉 特定非営利活動法人日本臨床歯周病学会年次大会プログラム・講演抄録集 38回 88 -88 2020年06月 [査読無し][通常論文]
  • 難治性根尖性歯周炎の治療
    菅谷 勉 北海道歯学雑誌 40 (2) 129 -129 2020年03月 [査読無し][通常論文]
  • 歯の再植・垂直歯根破折・剥離性歯根破折から考える歯根膜の役割
    菅谷 勉 日本臨床歯周病学会会誌 37 (2) 11 -16 2020年02月 [査読無し][通常論文]
  • 金子 至, 内川 宗敏, 松井 力, 汲田 剛, 三溝 泰弘, 丸山 慶四郎, 菅谷 勉 日本歯科保存学雑誌 62 (6) 279 -285 2019年12月 [査読無し][通常論文]
     
    目的:メタシールSoftはセルフアドヒーシブシステムで,接着性のレジン系シーラーのなかでも操作が簡便で,根管洗浄剤や水分の影響を受けにくく,根管壁から重合が開始されるなどの利点があり,高い封鎖性が期待できる.本研究では,メタシールSoftで根管充填を行った後の治療成績を評価した.材料と方法:本研究は,2013年10月から2019年5月までの間に6施設においてメタシールSoftを用いて根管充填を行った患者を後ろ向きに調査した.調査項目は,年齢,性別,歯種,診断名,治療歴,デンタルエックス線写真による根尖部骨吸収像の有無,自発痛,打診痛,腫脹,圧痛,瘻孔の有無,治療方法,根管充填方法とした.根管充填後の予後は,術前および根管充填後のデンタルエックス線写真により,根尖部骨吸収像が(1)消失,(2)縮小,(3)不変または拡大の3群に分類し,エックス線写真検査結果が(1)または(2)に分類され,臨床検査結果がすべて正常なものを成功,(3)に分類されるか臨床症状が一つでも出現したものを失敗と評価した.成功率は,抜髄および感染根管治療で分類し,感染根管治療はさらに術前の病変の有無,歯内療法の履歴の有無で分類し,Kaplan-Meier法で算出した.結果:対象は197人(52.0±15.1歳)の381歯で,抜髄が86歯,感染根管治療が295歯であった.感染根管治療を行った歯で,術前に根尖部骨吸収像がみられたのは115歯,このうち初回治療歯は31歯,再治療歯は84歯であった.観察期間は最長5年1ヵ月,平均3年6ヵ月で,抜髄の成功率は,1年後97.6%,2年後96.4%,5年後96.4%であった.根尖に病変のみられなかった歯の感染根管治療では,それぞれ98.9,98.9,95.3%であった.根尖に病変のみられた歯の初回治療では64.5,92.9,92.9%,再治療では45.2,60.7,75.7%であった.結論:成功率は抜髄,感染根管治療とも高く,観察期間の5年間では経時的に成功率が低下することはなかった.(著者抄録)
  • 森本 康仁, 長谷川 智香, 本郷 裕美, 吉田 靖弘, 網塚 憲生, 菅谷 勉 日本歯周病学会会誌 61 (秋季特別) 142 -142 2019年10月 [査読無し][通常論文]
  • 新規メタクリル酸エステル系接着性シーラーの硬化と封鎖性に及ぼす水の影響
    鈴木 魁, 鷲巣 太郎, 菅谷 勉 特定非営利活動法人日本歯科保存学会学術大会プログラムおよび講演抄録集 151回 120 -120 2019年10月 [査読無し][通常論文]
  • 高周波電流による歯髄の焼灼
    森 厚志, 河野 通俊, 中谷 充宣, 前田 良子, 降籏 友和, 中塚 愛, 菅谷 勉 特定非営利活動法人日本歯科保存学会学術大会プログラムおよび講演抄録集 151回 125 -125 2019年10月 [査読無し][通常論文]
  • 高周波通電による未到達領域における歯根温度変化
    多田 瑛一朗, 富永 敏彦, 菅谷 勉 特定非営利活動法人日本歯科保存学会学術大会プログラムおよび講演抄録集 151回 126 -126 2019年10月 [査読無し][通常論文]
  • 高周波電流によるファイル未到達根管の焼灼
    熊谷 広道, 菅谷 勉 特定非営利活動法人日本歯科保存学会学術大会プログラムおよび講演抄録集 151回 127 -127 2019年10月 [査読無し][通常論文]
  • 降籏 友和, 宮治 裕史, 西田 絵利香, 加藤 昭人, 宮田 さほり, 蔀 佳奈子, 眞弓 佳代子, 金本 佑生実, 菅谷 勉, 赤坂 司 日本歯周病学会会誌 61 (秋季特別) 126 -126 2019年10月 [査読無し][通常論文]
  • 眞弓 佳代子, 宮治 裕史, 岡本 一絵, 加藤 昭人, 菅谷 勉 日本歯周病学会会誌 61 (秋季特別) 143 -143 2019年10月 [査読無し][通常論文]
  • キャナルスペーストチューブおよびキャナルスペーストダブルシリンジの抗菌性ならびに生体親和性評価
    金本 佑生実, 宮治 裕史, 蔀 佳奈子, 岡本 一絵, 吉野 友都, 浜本 朝子, 菅谷 勉, 田中 佐織 特定非営利活動法人日本歯科保存学会学術大会プログラムおよび講演抄録集 151回 119 -119 2019年10月 [査読無し][通常論文]
  • 森本康仁, 長谷川智香, 本郷裕美, 吉田靖弘, 網塚憲生, 菅谷勉 日本歯周病学会会誌(Web) 61 142 2019年10月01日 [査読無し][通常論文]
  • 降籏 友和, 宮治 裕史, 西田 絵利香, 加藤 昭人, 宮田 さほり, 蔀 佳奈子, 眞弓 佳代子, 金本 佑生実, 菅谷 勉, 赤坂 司 日本歯周病学会会誌 61 (秋季特別) 126 -126 2019年10月 [査読無し][通常論文]
  • 眞弓 佳代子, 宮治 裕史, 岡本 一絵, 加藤 昭人, 菅谷 勉 日本歯周病学会会誌 61 (秋季特別) 143 -143 2019年10月 [査読無し][通常論文]
  • キャナルスペーストチューブおよびキャナルスペーストダブルシリンジの抗菌性ならびに生体親和性評価
    金本 佑生実, 宮治 裕史, 蔀 佳奈子, 岡本 一絵, 吉野 友都, 浜本 朝子, 菅谷 勉, 田中 佐織 特定非営利活動法人日本歯科保存学会学術大会プログラムおよび講演抄録集 151回 119 -119 2019年10月 [査読無し][通常論文]
  • 降籏友和, 宮治裕史, 西田絵利香, 加藤昭人, 宮田さほり, 蔀佳奈子, 眞弓佳代子, 金本佑生実, 菅谷勉, 赤坂司 日本歯周病学会会誌(Web) 61 126 2019年10月01日 [査読無し][通常論文]
  • 眞弓佳代子, 宮治裕史, 岡本一絵, 加藤昭人, 菅谷勉 日本歯周病学会会誌(Web) 61 143 2019年10月01日 [査読無し][通常論文]
  • 移植再植・垂直歯根破折・剥離破折から考える歯根膜の基礎と臨床
    菅谷 勉 特定非営利活動法人日本臨床歯周病学会年次大会プログラム・講演抄録集 37回 30 -30 2019年06月 [査読無し][通常論文]
  • 菅谷 勉 日本歯周病学会会誌 61 (春季特別) 102 -102 2019年05月 [査読無し][通常論文]
  • リン酸化プルラン含有MTAシーラーが実験的根尖性歯周炎の治癒に及ぼす効果
    河野 通俊, 大嶌 理紗, 中塚 愛, 中谷 充宣, 前田 良子, 下地 伸司, 菅谷 勉, 吉田 靖弘 特定非営利活動法人日本歯科保存学会学術大会プログラムおよび講演抄録集 150回 39 -39 2019年05月 [査読無し][通常論文]
  • 富永 敏彦, 多田 瑛一朗, 高比良 一輝, 菅谷 勉 日本歯科評論 79 (2) 47 -52 2019年02月 [査読無し][通常論文]
  • 森本康仁, 長谷川智香, 邱紫せん, 松本愛子, 桐越晶子, 森谷康人, 橋本圭司, 趙申, 前壮功仁, 本郷裕美, 菅谷勉, 吉田靖弘, 網塚憲生 日本解剖学会総会・全国学術集会講演プログラム・抄録集 124th 162 2019年 [査読無し][通常論文]
  • 西田絵利香, 宮治裕史, 降籏友和, 宮田さほり, 加藤昭人, 金本佑生実, 菅谷勉, 赤坂司 日本再生医療学会総会(Web) 18th ROMBUNNO.P‐02‐099 (WEB ONLY) 2019年 [査読無し][通常論文]
  • 西田 絵利香, 宮治 裕史, 蔀 佳奈子, 眞弓 佳代子, 菅谷 勉, 梅田 純子, 近藤 勝義, 古月 文志 日本再生歯科医学会誌 16 (1) 49 -49 2018年12月 [査読無し][通常論文]
  • 酸化グラフェンスキャフォールドへの亜鉛担持による抗菌性の向上
    西田 絵利香, 宮治 裕史, 蔀 佳奈子, 菅谷 勉, 小野 博信 日本バイオマテリアル学会大会予稿集 40回 274 -274 2018年11月 [査読無し][通常論文]
  • 西田絵利香, 宮治裕史, 蔀佳奈子, 菅谷勉, 小野博信 日本バイオマテリアル学会大会予稿集(Web) 40th 274 (WEB ONLY) -274 2018年11月 [査読無し][通常論文]
  • 塩化セチルピリジニウム配合含嗽剤を用いた歯周ポケットの超音波洗浄効果におよぼす口腔清掃の影響
    鷲巣 太郎, 菅谷 勉 日本歯周病学会会誌 60 (秋季特別) 133 -133 2018年10月 [査読無し][通常論文]
  • 歯周基本治療時のアロマテラピーが若年成人の自律神経活動に及ぼす影響
    竹生 寛恵, 下地 伸司, 川浪 雅光, 菅谷 勉 特定非営利活動法人日本歯科保存学会学術大会プログラムおよび講演抄録集 149回 175 -175 2018年10月 [査読無し][通常論文]
  • 舘山 彰人, 加藤 昭人, 宮治 裕史, 西田 絵利香, 岩崎 泰彦, 藤井 秀司, 川本 康平, 蔀 佳奈子, 降籏 友和, 眞弓 佳代子, 菅谷 勉 日本歯周病学会会誌 60 (秋季特別) 119 -119 2018年10月 [査読無し][通常論文]
  • 舘山彰人, 加藤昭人, 宮治裕史, 西田絵利香, 岩崎泰彦, 藤井秀司, 藤井秀司, 川本康平, 蔀佳奈子, 降籏友和, 眞弓佳代子, 菅谷勉 日本歯周病学会会誌(Web) 60 119 2018年10月01日 [査読無し][通常論文]
  • 口腔外傷による破折の最新治療 成長期〜老年期を対象
    菅谷 勉 日本外傷歯学会総会・学術大会プログラム・抄録集 18回 24 -24 2018年07月 [査読無し][通常論文]
  • 高周波電気刺激による歯根温度変化
    富永 敏彦, 多田 瑛一朗, 北池 光希, 高比良 一輝, 菅谷 勉 日本歯内療法学会学術大会プログラム・抄録集 39回 105 -105 2018年07月 [査読無し][通常論文]
  • プロービング時の出血があるSPT期の深い歯周ポケットに対する塩化セチルピリジニウム配合含嗽剤を用いた超音波洗浄の有効性
    鷲巣 太郎, 西尾 啓英, 島田 歩, 柳澤 剛, 小川 幸佑, 菅谷 勉 日本歯周病学会会誌 60 (春季特別) 133 -133 2018年05月 [査読無し][通常論文]
  • 西田 絵利香, 宮治 裕史, 蔀 佳奈子, 菅谷 勉 特定非営利活動法人日本歯科保存学会学術大会プログラムおよび講演抄録集 148回 47 -47 2018年05月 [査読無し][通常論文]
  • 蔀 佳奈子, 宮治 裕史, 西田 絵利香, 菅谷 勉 特定非営利活動法人日本歯科保存学会学術大会プログラムおよび講演抄録集 148回 48 -48 2018年05月 [査読無し][通常論文]
  • 【1本の歯の保存にこだわる どの程度の損傷、状態の歯まで残すことが可能なのか?】歯根破折の行方 破折歯の抜歯基準
    二階堂 徹, 菅谷 勉 The Quintessence 36 (12) 2585 -2591 2017年12月 [査読無し][通常論文]
  • 口腔から始めるバイオマテリアル 歯周組織再生のマテリアル
    菅谷 勉 日本バイオマテリアル学会大会予稿集 39回 56 -56 2017年11月 [査読無し][通常論文]
  • 岡本 一絵, 宮治 裕史, 宮田 さほり, 蔀 佳奈子, 川崎 英也, 赤坂 司, 菅谷 勉 日本バイオマテリアル学会大会予稿集 39回 132 -132 2017年11月 [査読無し][通常論文]
  • 西田 絵利香, 宮治 裕史, 蔀 佳奈子, 菅谷 勉 特定非営利活動法人日本歯科保存学会学術大会プログラムおよび講演抄録集 147回 132 -132 2017年10月 [査読無し][通常論文]
  • 蔀 佳奈子, 宮治 裕史, Nathanael A. Joseph, 中村 真紀, 大矢根 綾子, 菅谷 勉 特定非営利活動法人日本歯科保存学会学術大会プログラムおよび講演抄録集 147回 128 -128 2017年10月 [査読無し][通常論文]
  • ラット皮下結合組織における試作リン酸化プルラン含有MTA根管充填用シーラーの生体適合性
    大嶌 理紗, 下地 伸司, 菅谷 勉 日本歯内療法学会学術大会プログラム・抄録集 38回 130 -130 2017年07月 [査読無し][通常論文]
  • ホルモクレゾール貼薬後の洗浄が象牙質面への接着に及ぼす効果
    鷲巣 太郎, 菅谷 勉 特定非営利活動法人日本歯科保存学会学術大会プログラムおよび講演抄録集 146回 132 -132 2017年05月 [査読無し][通常論文]
  • 裂開状骨欠損が垂直歯根破折抵抗性に及ぼす影響
    中谷 充宣, 槌本 愛巳, 菅谷 勉 特定非営利活動法人日本歯科保存学会学術大会プログラムおよび講演抄録集 146回 145 -145 2017年05月 [査読無し][通常論文]
  • ナノハイドロオキシアパタイト/コラーゲンの架橋剤の違いが4-META/MMA-TBBレジン上へのBMPによる骨形成に及ぼす影響
    前田 良子, 佐藤 賢人, 河野 通俊, 工藤 愛, 菅谷 勉 特定非営利活動法人日本歯科保存学会学術大会プログラムおよび講演抄録集 146回 160 -160 2017年05月 [査読無し][通常論文]
  • 歯肉縁下細菌と血清抗体価による慢性歯周炎進行の予知判定 24ヵ月多施設前向きコホート研究
    両角 俊哉, 中川 種昭, 野口 和行, 原 宜興, 西村 英紀, 梅田 誠, 野口 俊英, 吉成 伸夫, 沼部 幸博, 伊藤 公一, 和泉 雄一, 小方 頼昌, 三邉 正人, 齋藤 淳, 佐藤 聡, 高橋 慶壮, 川浪 雅光, 花田 信弘, 高柴 正悟, 吉江 弘正, 角田 衣理加, 中村 利明, 吉村 篤利, 前田 勝正, 藤瀬 修, 上田 雅俊, 河野 智生, 福田 光男, 横井 隆, 高橋 美穂, 深谷 千絵, 関野 愉, 菅野 直之, 小林 宏明, 高井 英樹, 中山 洋平, 高野 聡美, 山田 了, 大井 麻子, 奥田 倫子, 横山 智子, 阿部 祐三, 鈴木 史彦, 菅谷 勉, 野村 義明 特定非営利活動法人日本歯科保存学会学術大会プログラムおよび講演抄録集 146回 174 -174 2017年05月 [査読無し][通常論文]
  • 試作リン酸化プルラン含有MTA根管充填用シーラーの根尖封鎖性
    大嶌 理紗, 下地 伸司, 菅谷 勉, 吉田 靖弘 特定非営利活動法人日本歯科保存学会学術大会プログラムおよび講演抄録集 146回 40 -40 2017年05月 [査読無し][通常論文]
  • 試作リン酸化プルラン含有MTA根管充填用シーラーによる根尖孔への硬組織形成
    河野 通俊, 大嶌 理紗, 熊谷 広道, 佐藤 賢人, 工藤 愛, 中谷 充宣, 前田 良子, 大歳 祐生, 下地 伸司, 菅谷 勉, 吉田 靖弘 特定非営利活動法人日本歯科保存学会学術大会プログラムおよび講演抄録集 146回 139 -139 2017年05月 [査読無し][通常論文]
  • 蔀佳奈子, 宮治裕史, 宮田さほり, 菅谷勉 日本歯周病学会会誌(Web) 59 127 2017年04月18日 [査読無し][通常論文]
  • 眞弓佳代子, 宮治裕史, 宮田さほり, 蔀佳奈子, 西田絵利香, 金本佑生実, 菅谷勉 日本歯周病学会会誌(Web) 59 128 2017年04月18日 [査読無し][通常論文]
  • 加藤 昭人, 菅谷 勉 日本歯周病学会会誌 59 (春季特別) 152 -152 2017年04月 [査読無し][通常論文]
  • 齋藤 恵美子, 齋藤 彰, 加藤 熈, 菅谷 勉 日本歯周病学会会誌 59 (春季特別) 165 -165 2017年04月 [査読無し][通常論文]
  • 蔀 佳奈子, 宮治 裕史, 宮田 さほり, 菅谷 勉 日本歯周病学会会誌 59 (春季特別) 127 -127 2017年04月 [査読無し][通常論文]
  • 眞弓 佳代子, 宮治 裕史, 宮田 さほり, 蔀 佳奈子, 西田 絵利香, 金本 佑生実, 菅谷 勉 日本歯周病学会会誌 59 (春季特別) 128 -128 2017年04月 [査読無し][通常論文]
  • 猪股 慶久, 菅谷 勉, 川浪 雅光 北海道歯学雑誌 37 (2) 124 -132 2017年03月 [査読有り][通常論文]
     
    4-META/MMA-TBBレジンは優れた接着性と生体親和性を有し、歯根端切除術や垂直歯根破折などの接着治療に応用されている。さらに、4-META/MMA-TBBレジンは骨にも接着し、α-TCPを複合化すると硬化したレジン表面への骨の増生や新生骨基質とレジンとの接触が増加することが示唆されている。そこで、本研究では4-META/MMA-TBBレジンにα-TCPを複合化することが、レジン上への骨増生に有効であるか、さらにBMP-2で骨を誘導し、レジン上への骨増生やレジンと増生骨との接触が得られるかを検討することである。α-TCPを0wt%または60wt%で複合化したスーパーボンドのポリマー粉末1カップ、モノマー液4滴、キャタリスト1滴の割合で混和して頭蓋骨上に塗布した。さらに、rhBMP-2を含浸したコラーゲンスポンジでレジン上を被覆した群と、しない群を作製した。術後4、8週で脱灰薄切標本を作製して、レジン上部への骨形成状態を光学顕微鏡で観察し、レジンと母床骨との接触率、増生骨によるレジン被覆率、レジンと増生骨の接触率を計測した。その結果、α-TCPを複合化するとレジン上への骨増生が増加し、レジンと増生骨との接触率も向上したが、レジン上の骨増生は14.2(6.0-23.5)%(中央値、四分位範囲)と低い値であった。一方、BMPでレジン上に骨誘導するとレジン全面を骨で被覆することが可能であり、レジンと新生骨との接触率も高くなった。以上より、4-META/MMA-TBBレジンにα-TCPを複合化させ、さらにBMPでレジン表面を被覆すると、レジン全面が骨に被覆され、レジンと骨との接触率が高まることが示唆された。(著者抄録)
  • 西田絵利香, 宮治裕史, 金本佑生実, NATHANAEL A. Joseph, 中村真紀, 大矢根綾子, 村上秀輔, 眞弓佳代子, 加藤昭人, 菅谷勉 再生医療 16 390 2017年02月01日 [査読無し][通常論文]
  • 金本 佑生実, 宮治 裕史, 西田 絵利香, Nathanael A. Joseph, 中村 真紀, 大矢根 綾子, 村上 秀輔, 眞弓 佳代子, 加藤 昭人, 菅谷 勉 日本バイオマテリアル学会大会予稿集 シンポジウム2016 118 -118 2016年11月 [査読無し][通常論文]
  • 蔀 佳奈子, 宮治 裕史, 宮田 さほり, 佐伯 歩, 川崎 英也, 長谷川 裕美, 岩永 敏彦, 菅谷 勉 日本バイオマテリアル学会大会予稿集 シンポジウム2016 141 -141 2016年11月 [査読無し][通常論文]
  • 蒔田 玲果, 赤坂 司, 宮治 裕史, 宮田 さほり, 菅谷 勉 日本バイオマテリアル学会大会予稿集 シンポジウム2016 142 -142 2016年11月 [査読無し][通常論文]
  • 【接着の論点 臨床の疑問に答える】歯質保存のための接着(CQ11) 破折歯根を接着するテクニックは?
    菅谷 勉 日本歯科評論 (増刊2016) 50 -53 2016年10月 [査読無し][通常論文]
  • ホルモクレゾールがスーパーボンド根充シーラーと象牙質の接着強さに与える影響
    鷲巣 太郎, 菅谷 勉 特定非営利活動法人日本歯科保存学会学術大会プログラムおよび講演抄録集 145回 126 -126 2016年10月 [査読無し][通常論文]
  • 歯科治療が全身状態に及ぼす影響
    下地伸司, 小田中瞳, 竹生寛恵, 大嶌理紗, 菅谷 勉, 川浪雅光 第23回日本歯科医学会総会 195 2016年10月 [査読無し][通常論文]
  • 眞弓 佳代子, 宮治 裕史, 宮田 さほり, 蔀 佳奈子, 菅谷 勉 特定非営利活動法人日本歯科保存学会学術大会プログラムおよび講演抄録集 145回 156 -156 2016年10月 [査読無し][通常論文]
  • 西田 絵利香, 宮治 裕史, Nathanael A. Joseph, 中村 真紀, 大矢根 綾子, 田中 佐織, 田中 享, 加藤 昭人, 菅谷 勉 特定非営利活動法人日本歯科保存学会学術大会プログラムおよび講演抄録集 145回 166 -166 2016年10月 [査読無し][通常論文]
  • 長尾 敬志, 宮治 裕史, 西田 絵利香, 加藤 昭人, 菅谷 勉 特定非営利活動法人日本歯科保存学会学術大会プログラムおよび講演抄録集 145回 160 -160 2016年10月 [査読無し][通常論文]
  • 宮田 さほり, 宮治 裕史, 佐伯 歩, 川崎 英也, 田中 佐織, 菅谷 勉 特定非営利活動法人日本歯科保存学会学術大会プログラムおよび講演抄録集 145回 148 -148 2016年10月 [査読無し][通常論文]
  • 宮田さほり, 宮治裕史, 中村真紀, 大矢根綾子, 菅谷勉 日本歯周病学会会誌(Web) 58 121 2016年09月09日 [査読無し][通常論文]
  • 川本康平, 宮治裕史, 加藤昭人, 西田絵利香, 小川幸佑, 舘山彰人, 降旗友和, 宮田さほり, 蔀佳奈子, 菅谷勉 日本歯周病学会会誌(Web) 58 110 2016年09月09日 [査読無し][通常論文]
  • 野口 和行, 原 宜興, 木下 淳博, 小林 哲夫, 菅谷 勉, 町頭 三保, 谷岡 正行, 日本歯周病学会教育委員会 日本歯周病学会会誌 58 (秋季特別) 120 -120 2016年09月 [査読無し][通常論文]
  • 宮田 さほり, 宮治 裕史, 中村 真紀, 大矢根 綾子, 菅谷 勉 日本歯周病学会会誌 58 (秋季特別) 121 -121 2016年09月 [査読無し][通常論文]
  • 高周波電流刺激による骨再生
    佐藤 賢人, 菅谷 勉, 工藤 愛, 前田 良子, 富永 敏彦 日本歯科医師会雑誌 69 (5) 481 -481 2016年08月 [査読無し][通常論文]
  • 歯科治療が全身状態に及ぼす影響 心拍変動解析を用いた自律神経機能評価
    下地 伸司, 小田中 瞳, 竹生 寛恵, 大嶌 理紗, 菅谷 勉, 川浪 雅光 日本歯科医師会雑誌 69 (5) 482 -482 2016年08月 [査読無し][通常論文]
  • 高周波電流刺激の電流値と通電期間が骨再生に及ぼす影響
    佐藤 賢人, 菅谷 勉, 中谷 充宣, 前田 良子, 川浪 雅光, 富永 敏彦 特定非営利活動法人日本歯科保存学会学術大会プログラムおよび講演抄録集 144回 54 -54 2016年06月 [査読無し][通常論文]
  • 試作リン酸化プルラン含有MTA根管充填用シーラーの封鎖性に及ぼす乾燥状態の影響
    大嶌 理紗, 下地 伸司, 菅谷 勉 日本歯内療法学会学術大会プログラム・抄録集 37回 92 -92 2016年06月 [査読無し][通常論文]
  • 試作リン酸化プルラン含有MTA根管充填用シーラーの封鎖性に及ぼす根管洗浄剤の影響
    大嶌 理紗, 菅谷 勉, 下地 伸司, 竹生 寛恵, 川浪 雅光, 吉田 靖弘 特定非営利活動法人日本歯科保存学会学術大会プログラムおよび講演抄録集 144回 110 -110 2016年06月 [査読無し][通常論文]
  • 【補綴装置および歯の延命のための最新治療指針】(Part1)破折歯根の治療とその予防策 垂直歯根破折の実態と接着治療の理論的背景
    菅谷 勉 歯界展望 別冊 (補綴装置および歯の延命のための最新治療指針) 6 -12 2016年05月 [査読無し][通常論文]
  • 高周波電流刺激によるラット頭蓋骨欠損部への骨再生
    佐藤 賢人, 菅谷 勉, 中谷 充宣, 工藤 愛, 前田 良子, 猪俣 慶久, 川浪 雅光, 富永 敏彦 特定非営利活動法人日本歯科保存学会学術大会プログラムおよび講演抄録集 143回 48 -48 2015年11月 [査読無し][通常論文]
  • 牛歯を用いた根管充填用シーラーMTAフィラペックスの封鎖性の評価
    大嶌 理紗, 下地 伸司, 菅谷 勉, 川浪 雅光 特定非営利活動法人日本歯科保存学会学術大会プログラムおよび講演抄録集 143回 164 -164 2015年11月 [査読無し][通常論文]
  • カルシウムを混和した4-META/MMA-TBBレジン上への新生骨の接触
    柳澤 剛, 菅谷 勉, 工藤 愛, 佐藤 賢人, 猪股 慶久, 川浪 雅光 特定非営利活動法人日本歯科保存学会学術大会プログラムおよび講演抄録集 142回 59 -59 2015年06月 [査読無し][通常論文]
  • スーパーボンド根充シーラーとPMMAポイントを用いた根管充填法による破折抵抗性
    鷲巣 太郎, 菅谷 勉, 川浪 雅光 特定非営利活動法人日本歯科保存学会学術大会プログラムおよび講演抄録集 142回 161 -161 2015年06月 [査読無し][通常論文]
  • 健全な若年成人における局所麻酔時の音楽鎮静の効果 心拍変動解析を用いた自律神経活動による評価
    小田中 瞳, 下地 伸司, 竹生 寛恵, 大嶌 理紗, 菅谷 勉, 川浪 雅光 特定非営利活動法人日本歯科保存学会学術大会プログラムおよび講演抄録集 142回 53 -53 2015年06月 [査読無し][通常論文]
  • 局所麻酔が自律神経活動に及ぼす影響 健全な若年成人と高齢患者の比較
    下地 伸司, 小田中 瞳, 竹生 寛恵, 大嶌 理紗, 菅谷 勉, 川浪 雅光 特定非営利活動法人日本歯科保存学会学術大会プログラムおよび講演抄録集 142回 207 -207 2015年06月 [査読無し][通常論文]
  • Sympathetic nervous activity during dental local anesthesia
    S Shimoji, H Odanaka, H Takefu, R Oshima, K Miyata, T Fujisawa, T Sugaya, M Kawanami 93rd General Session & Exhibition of the IADR 2015年03月 [査読無し][通常論文]
  • 新規開発自律神経活動モニターシステムの歯科治療への応用
    下地伸司, 小田中瞳, 竹生寛恵, 大嶌理紗, 菅谷 勉, 川浪雅光 日本歯周病学会第4回北海道地区臨床研修会 2015年02月 [査読無し][通常論文]
  • 表面処理材の濃度の違いによる4-META/MMA-TBBレジンと骨との接着強さの比較検討
    工藤 愛, 鷲巣 太郎, 中谷 充宣, 菅谷 勉 接着歯学 32 (3) 185 -185 2014年11月 [査読無し][通常論文]
  • 【臨床力アップにつながる 歯の破折の診断と処置】(第2章)歯の破折の処置(症例別対応) 歯根破折 垂直歯根破折への対応 垂直歯根破折の接着再植法
    菅谷 勉 DENTAL DIAMOND 39 (14) 86 -91 2014年10月 [査読無し][通常論文]
  • 超音波スケーラーを用いたスケーリングが高血圧症罹患高齢者の自律神経活動に及ぼす影響
    小田中 瞳, 下地 伸司, 竹生 寛恵, 大嶌 理紗, 菅谷 勉, 川浪 雅光 特定非営利活動法人日本歯科保存学会学術大会プログラムおよび講演抄録集 141回 245 -245 2014年10月 [査読無し][通常論文]
  • 菅谷 勉 日本歯周病学会会誌 56 (秋季特別) 80 -80 2014年09月 [査読無し][通常論文]
  • 垂直歯根破折間隙に対する根管内からの機械的切削および化学的拡大が破折間隙接着後の封鎖性に及ぼす効果
    西尾 啓英, 菅谷 勉, 川浪 雅光 特定非営利活動法人日本歯科保存学会学術大会プログラムおよび講演抄録集 140回 28 -28 2014年06月 [査読無し][通常論文]
  • 表面処理剤の濃度の違いによる4-META/MMA-TBBレジンと骨との接着状態の比較検討
    工藤 愛, 菅谷 勉, 柳澤 剛, 猪股 慶久, 佐藤 賢人, 中谷 充宣, 川浪 雅光 特定非営利活動法人日本歯科保存学会学術大会プログラムおよび講演抄録集 140回 197 -197 2014年06月 [査読無し][通常論文]
  • X線CTデータを用いた破折歯の早期診断による保存治療の選択肢拡大の可能性
    齋藤 恵美子, 齋藤 彰, 渋川 義宏, 弓削 文彦, 加藤 熈, 菅谷 勉, 川浪 雅光 特定非営利活動法人日本歯科保存学会学術大会プログラムおよび講演抄録集 140回 198 -198 2014年06月 [査読無し][通常論文]
  • 局所麻酔と超音波スケーラーを用いたスケーリングが健全な若年成人の自律神経活動に及ぼす影響
    小田中 瞳, 下地 伸司, 竹生 寛恵, 大嶌 理紗, 菅谷 勉, 川浪 雅光 特定非営利活動法人日本歯科保存学会学術大会プログラムおよび講演抄録集 140回 177 -177 2014年06月 [査読無し][通常論文]
  • 百瀬 赳人, 宮治 裕史, 加藤 昭人, 光銭 裕太, 小川 幸佑, 井原 朝子, 吉田 崇, 村上 秀輔, 西田 絵利香, 菅谷 勉, 川浪 雅光 日本歯周病学会会誌 56 (春季特別) 105 -105 2014年04月 [査読無し][通常論文]
  • 咬合性外傷単独でアタッチメントロスし固定によりゲインした症例
    菅谷 勉 日本臨床歯周病学会会誌 31 (1) 56 -56 2013年10月 [査読無し][通常論文]
  • カルシウムを混和した4-META/MMA-TBBレジン上への骨形成
    柳澤 剛, 菅谷 勉, 中塚 愛, 川浪 雅光 特定非営利活動法人日本歯科保存学会学術大会プログラムおよび講演抄録集 139回 194 -194 2013年10月 [査読無し][通常論文]
  • クエン酸応用が各種水酸化カルシウム製剤の除去と根管象牙質の接着性に及ぼす影響
    木村 慎吾, 菅谷 勉, 鷲巣 太郎, 川浪 雅光 特定非営利活動法人日本歯科保存学会学術大会プログラムおよび講演抄録集 139回 215 -215 2013年10月 [査読無し][通常論文]
  • 中塚 愛, 菅谷 勉, 元木 洋史, 井上 加菜, 田中 佐織, 宮治 裕史, 川浪 雅光, 坂上 竜資 特定非営利活動法人日本歯科保存学会学術大会プログラムおよび講演抄録集 139回 132 -132 2013年10月 [査読無し][通常論文]
  • 骨髄液内で硬化させた4-META/MMA-TBBレジン表面への硬組織形成
    洲崎 真希, 菅谷 勉, 中塚 愛, 柳澤 剛, 川浪 雅光 特定非営利活動法人日本歯科保存学会学術大会プログラムおよび講演抄録集 138回 63 -63 2013年05月 [査読無し][通常論文]
  • レジン系シーラーの種類と根管乾燥法の違いによる根尖封鎖性への影響
    中澤 篤史, 菅谷 勉, 川浪 雅光 特定非営利活動法人日本歯科保存学会学術大会プログラムおよび講演抄録集 138回 64 -64 2013年05月 [査読無し][通常論文]
  • 垂直破折歯根の破折間隙の化学的拡大が接着後の封鎖性に及ぼす効果
    西尾 啓英, 菅谷 勉, 川浪 雅光 特定非営利活動法人日本歯科保存学会学術大会プログラムおよび講演抄録集 138回 213 -213 2013年05月 [査読無し][通常論文]
  • 垂直破折歯根の接着再植治療 垂直歯根破折の実態と接着治療の理論的背景
    菅谷 勉 日本補綴歯科学会誌 5 (特別号) 75 -75 2013年05月 [査読無し][通常論文]
  • 【歯の長期保存の臨床 私はこうして歯を守る!】(第1章)カリエス、歯根破折、根尖性歯周炎などから歯を守る 歯根破折歯を救う
    菅谷 勉 DENTAL DIAMOND 38 (6) 38 -45 2013年04月 [査読無し][通常論文]
  • 【皮膚診療スキルアップ30ポイント】アトピー性皮膚炎のスキルアップ 適切な治療と患者指導に必要な最新の知見
    菅谷 誠 Derma. (203) 7 -12 2013年04月 [査読無し][通常論文]
     
    アトピー性皮膚炎(atopic dermatitis;AD)は外来でよく見かける皮膚疾患の一つである。AD治療において最も重要なことは、病態の説明、適切な治療への誘導、通院の動機づけといった患者指導である。これらを適切に行うためには、医師自身が病態に関する最新の知見や今後期待される治療などについて、日頃から勉強しておく必要がある。ADと他の皮膚疾患の鑑別診断や病勢判断に役立つものとして、病理検査や血清中のIgE、TARC、IL-22濃度などがある。しかし鑑別が難しいケースもあるため、一つの検査所見のみに頼るのではなく、総合的に判断する必要がある。保湿薬の継続使用、定期的な通院が皮膚をよい状態に保つために必要不可欠であり、患者と信頼関係を築き、皮膚症状を悪化させる因子をともに探し、環境改善に向けて指導を行っていくことが大切である。(著者抄録)
  • 百瀬 赳人, 宮治 裕史, 加藤 昭人, 光銭 裕太, 小川 幸佑, 井原 朝子, 吉田 崇, 菅谷 勉, 川浪 雅光 日本歯周病学会会誌 55 (春季特別) 112 -112 2013年04月 [査読無し][通常論文]
  • 井原 朝子, 宮治 裕史, 古月 文志, 井上 加菜, 光銭 裕太, 金山 和泉, 吉田 崇, 菅谷 勉, 田中 佐織, 川浪 雅光 特定非営利活動法人日本歯科保存学会学術大会プログラムおよび講演抄録集 137回 46 -46 2012年10月 [査読無し][通常論文]
  • 接着を活かした垂直破折歯根の治療
    菅谷 勉 特定非営利活動法人日本歯科保存学会学術大会プログラムおよび講演抄録集 136回 10 -10 2012年05月 [査読無し][通常論文]
  • 化学的表面処理後の根管象牙質とスーパーボンド根充シーラーの接着
    本間 啓史, 菅谷 勉, 川浪 雅光 特定非営利活動法人日本歯科保存学会学術大会プログラムおよび講演抄録集 136回 128 -128 2012年05月 [査読無し][通常論文]
  • クエン酸溶液による超音波根管洗浄が水酸化カルシウム除去と根管充填シーラーの接着に及ぼす影響
    鷲巣 太郎, 菅谷 勉, 川浪 雅光 特定非営利活動法人日本歯科保存学会学術大会プログラムおよび講演抄録集 136回 142 -142 2012年05月 [査読無し][通常論文]
  • 歯科用接着性レジンセメントの骨セメントへの応用
    森下 長, 中塚 愛, 洲崎 真希, 菅谷 勉, 川浪 雅光 日本バイオマテリアル学会大会予稿集 33回 275 -275 2011年11月 [査読無し][通常論文]
  • 井原 朝子, 宮治 裕史, 古月 文志, 野田坂 佳伸, 大谷 香織, 井上 加菜, 光銭 裕太, 金山 和泉, 吉田 崇, 田中 佐織, 菅谷 勉, 川浪 雅光 日本バイオマテリアル学会大会予稿集 33回 173 -173 2011年11月 [査読無し][通常論文]
  • 広汎性発達障害を疑うチェックリストの検討
    南谷 幹之, 浜野 晋一郎, 田中 学, 菊地 健二郎, 松浦 隆樹, 菅谷 ことこ, 中島 絵梨花, 大石 勉 埼玉県医学会雑誌 46 (1) 179 -182 2011年10月 [査読無し][通常論文]
     
    一般診療において短時間に広汎性発達障害(PDD)を選別するため、広汎性発達障害日本自閉症協会評定尺度を参考に質問用紙(チェックリスト14項目)を作成し、初診患児家族93名において有用性について検討した。チェックリストは診察待ち時間に記入してもらい、診療スタッフが点数化して評定点を算出し、医師の初診時評価と比較した。その結果、初診時評価でPDD疑いとした62例(中央値4歳4ヵ月)の平均評定点は8.4点、非PDD疑い31例(中央値5歳5ヵ月)は3.2点と有意差が認められた。患児年齢は、PDD疑い例では3歳6ヵ月から4歳11ヵ月に31例が分布していたが、非PDD疑い例は2例のみであった。評定点の分布をみると、PDD疑い例では3点および13点にピークを有する二峰性を示し、非PDD疑い例は右肩下がりであった。評定点3点をカットオフ値とした場合、3点以上の78.9%はPDD疑い例、3点未満の72.7%が非PDD疑い例で、感度は90.3%、特異度51.2%であった。
  • ナノハイドロキシアパタイトがBMP-2による硬組織形成と象牙質吸収に及ぼす影響
    玉川 博貴, 西尾 啓英, 中澤 篤史, 菅谷 勉, 川浪 雅光 特定非営利活動法人日本歯科保存学会学術大会プログラムおよび講演抄録集 135回 68 -68 2011年09月 [査読無し][通常論文]
  • 垂直破折歯根の破折間隙におけるインピーダンス値と超音波チップの歯根表面までの距離
    川端 伸也, 菅谷 勉, 川浪 雅光 特定非営利活動法人日本歯科保存学会学術大会プログラムおよび講演抄録集 135回 188 -188 2011年09月 [査読無し][通常論文]
  • 下地 伸司, 菅谷 勉, 根岸 淳, 田中 佐織, 伊藤 豊, 小田島 朝臣, 宮治 裕史, 齋藤 恵美子, 川村 直人, 元木 洋史, 臼井 薫, 川浪 雅光 特定非営利活動法人日本歯科保存学会学術大会プログラムおよび講演抄録集 135回 208 -208 2011年09月 [査読無し][通常論文]
  • Kaori Otani, Tsutomu Sugaya, Mahito Tomita, Yukiko Hasegawa, Hirofumi Miyaji, Taichi Tenkumo, Saori Tanaka, Youji Motoki, Yasuhiro Takanawa, Masamitsu Kawanami DENTAL MATERIALS JOURNAL 30 (4) 485 -492 2011年07月 [査読無し][通常論文]
     
    This study evaluated apical periodontal healing after root-end sealing using 4-META/MMA-TBB resin (SB), and root-end filling using reinforced zinc oxide eugenol cement (EBA) or mineral trioxide aggregate (MTA) when root canal infection persisted. Apical periodontitis was induced in mandibular premolars of beagles by contaminating the root canals with dental plaque. After 1 month, in the SB group, SB was applied to the resected surface following apicoectomy. In the FBA and MTA groups, a root-end cavity was prepared and filled with EBA or MTA. In the control group, the root-end was not filled. Fourteen weeks after surgery, histological and radiographic analyses in a beagle model were performed. The bone defect area in the SB, EBA and MTA groups was significantly smaller than that in the control group. The result indicated that root-end sealing using SB and root-end filling using EBA or MTA are significantly better than control.
  • 炭酸カルシウム添加4-META/MMA-TBBレジン表面への骨形成
    逸見 優, 菅谷 勉, 中塚 愛, 中澤 篤史, 洲崎 真希, 川浪 雅光 特定非営利活動法人日本歯科保存学会学術大会プログラムおよび講演抄録集 134回 20 -20 2011年05月 [査読無し][通常論文]
  • 下地伸司, 田中佐織, 川本千春, 齊藤奈々子, 福山麻衣, 阿部貴恵, 柏崎晴彦, 山崎裕, 菅谷勉, 重松明男, 杉田純一, 西尾充史, 橋野聡, 近藤健, 田中淳司, 今村雅寛, 北川善政, 川浪雅光 日本造血細胞移植学会総会プログラム・抄録集 33rd 273 2011年 [査読無し][通常論文]
  • 菅谷 友美, 井上 克也 理学療法いばらき 14 (1) 17 -20 2010年11月 [査読無し][通常論文]
     
    近年臨床実習の質について問われる機会が増えてきており、従来の臨床実習形態(以下、患者担当制)の問題点やクリニカル・クラークシップ等の新たな臨床実習形態(以下、新臨床実習形態)の導入が考えられている。そのため、改めて臨床実習の指導方法について院内勉強会を実施し、臨床実習について再度見直す機会を設けた。同時に、院内勉強会実施前後で、当院セラピストの臨床実習に対する意識をアンケートにて調査した。結果として、院内勉強会を通し臨床実習の指導方法についての情報を当院セラピスト間で共有することができた。また、新臨床実習指導形態の導入に対しても、大半のセラピストが理解を示し、導入しやすい環境に近付くことができたと考える。加えて、当院での臨床実習指導への今後の課題も明確となった。(著者抄録)
  • 根管充填法の違いが根尖孔の大きい根管における根尖封鎖性に及ぼす影響
    三上 大輔, 川村 直人, 菅谷 勉, 川浪 雅光 特定非営利活動法人日本歯科保存学会学術大会プログラムおよび講演抄録集 133回 69 -69 2010年10月 [査読無し][通常論文]
  • PMMA系接着性レジンセメントに対する結合組織の反応
    森下 長, 中塚 愛, 洲崎 真希, 川村 直人, 菅谷 勉, 川浪 雅光 特定非営利活動法人日本歯科保存学会学術大会プログラムおよび講演抄録集 133回 163 -163 2010年10月 [査読無し][通常論文]
  • 外傷歯学の今後の展開 接着による破折歯根の治療
    菅谷 勉 日本外傷歯学会総会・学術大会プログラム・抄録集 10回 27 -27 2010年10月 [査読無し][通常論文]
  • 北海道大学病院歯科診療センターにおける造血幹細胞移植前の歯周感染除去
    田中 佐織, 下地 伸司, 齋藤 奈々子, 川本 千春, 阿部 貴恵, 菅谷 勉, 川浪 雅光 特定非営利活動法人日本歯科保存学会学術大会プログラムおよび講演抄録集 133回 206 -206 2010年10月 [査読無し][通常論文]
  • 菅谷 勉, 大谷 香織, 川浪 雅光, 富田 真仁, 長谷川 有紀子, 加藤 熈 歯界展望 116 (2) 242 -249 2010年08月 [査読無し][通常論文]
  • 菅谷 勉, 田中 佐織, 元木 洋史, 川浪 雅光, 木村 喜芳, 野口 裕史, 加藤 熈 歯界展望 116 (1) 52 -59 2010年07月 [査読無し][通常論文]
  • 宮治 裕史, 小林 尚子, 菅谷 勉, 井原 朝子, 鷲巣 太郎, 横山 裕之, 光銭 裕太, 川浪 雅光 北海道外科雑誌 55 (1) 85 -85 2010年06月 [査読無し][通常論文]
  • セメント質剥離破折歯の保存治療後の臨床経過
    元木 洋史, 菅谷 勉, 川浪 雅光 特定非営利活動法人日本歯科保存学会学術大会プログラムおよび講演抄録集 132回 182 -182 2010年05月 [査読無し][通常論文]
  • 超音波エンドファイルを用いた口腔内接着法による垂直破折歯根の封鎖性
    郭 穎, 中塚 愛, 菅谷 勉, 川浪 雅光 特定非営利活動法人日本歯科保存学会学術大会プログラムおよび講演抄録集 132回 194 -194 2010年05月 [査読無し][通常論文]
  • 血液の汚染時間が4-META/MMA-TBBレジンと歯根象牙質の接着に及ぼす影響
    福田 寛恵, 下地 伸司, 森川 真衣, 田中 佐織, 菅谷 勉, 川浪 雅光 特定非営利活動法人日本歯科保存学会学術大会プログラムおよび講演抄録集 132回 65 -65 2010年05月 [査読無し][通常論文]
  • THE VERIFICATION 検証の時代はじまる 垂直破折歯根のよりよい接着治療法を求めて
    菅谷 勉, 山本 俊樹, 伊部 裕子, 川村 直人 The Quintessence 29 (4) 80 -94 2010年04月 [査読無し][通常論文]
  • 加藤 昭人, 菅谷 勉, 川浪 雅光, 宮治 裕史, 光銭 裕太, 横山 裕之, 石塚 良介, 得永 佳介, 井上 加菜, 逸見 優, 田中 佐織 特定非営利活動法人 日本歯周病学会学術大会 プログラムおよび講演抄録集 2010 (0) 87 -87 2010年 [査読有り][通常論文]
  • 光銭 裕太, 川浪 雅光, 宮治 裕史, 加藤 昭人, 横山 裕之, 逸見 優, 小林 尚子, 石塚 良介, 田中 佐織, 菅谷 勉 特定非営利活動法人 日本歯周病学会学術大会 プログラムおよび講演抄録集 2010 (0) 35 -35 2010年 [査読有り][通常論文]
  • 加藤 昭人, 川浪 雅光, 宮治 裕史, 石塚 良介, 得永 佳介, 井上 加菜, 光銭 裕太, 横山 裕之, 田中 佐織, 菅谷 勉 特定非営利活動法人 日本歯周病学会学術大会 プログラムおよび講演抄録集 2010 (0) 60 -60 2010年 [査読有り][通常論文]
  • Hirofumi MIYAJI, Tsutomu SUGAYA, Keisuke IBE, Ryousuke ISHIZUKA, Keisuke TOKUNAGA, Masamitsu KAWANAMI J Oral Tissue Engin 8 (3) 173 -180 2010年 [査読無し][通常論文]
  • 【エンド難症例 メカニズムと臨床対応】エンド難症例の原因分析と対応 歯科治療に起因する問題 歯根破折
    菅谷 勉 歯界展望 別冊 (エンド難症例 メカニズムと臨床対応) 70 -73 2009年11月 [査読無し][通常論文]
  • 4-META/MMA-TBBレジンに止血材を併用した場合の組織反応
    高輪 泰弘, 川村 直人, 中塚 愛, 本間 啓史, 菅谷 勉, 川浪 雅光 特定非営利活動法人日本歯科保存学会学術大会プログラムおよび講演抄録集 131回 32 -32 2009年10月 [査読無し][通常論文]
  • 垂直破折歯根の接着治療におけるエムドゲインの歯周組織再生効果
    大谷 香織, 菅谷 勉, 富田 真仁, 長谷川 有紀子, 元木 洋史, 高輪 泰弘, 川浪 雅光 特定非営利活動法人日本歯科保存学会学術大会プログラムおよび講演抄録集 131回 169 -169 2009年10月 [査読無し][通常論文]
  • 4-META/MMA-TBBレジンと歯根象牙質の接着に及ぼす血液の影響
    福田 寛恵, 下地 伸司, 森川 真衣, 田中 佐織, 菅谷 勉, 川浪 雅光 特定非営利活動法人日本歯科保存学会学術大会プログラムおよび講演抄録集 131回 174 -174 2009年10月 [査読無し][通常論文]
  • 光銭 裕太, 宮治 裕史, 加藤 昭人, 横山 裕之, 逸見 優, 小林 尚子, 石塚 良介, 田中 佐織, 菅谷 勉, 川浪 雅光 特定非営利活動法人日本歯科保存学会学術大会プログラムおよび講演抄録集 131回 244 -244 2009年10月 [査読無し][通常論文]
  • 井上 加菜, 宮治 裕史, 福田 寛恵, 横山 裕之, 田中 佐織, 菅谷 勉, 川浪 雅光 特定非営利活動法人日本歯科保存学会学術大会プログラムおよび講演抄録集 131回 62 -62 2009年10月 [査読無し][通常論文]
  • 小林 尚子, 宮治 裕史, 井原 朝子, 鷲巣 太郎, 横山 裕之, 光銭 裕太, 菅谷 勉, 川浪 雅光 特定非営利活動法人日本歯科保存学会学術大会プログラムおよび講演抄録集 131回 51 -51 2009年10月 [査読無し][通常論文]
  • 外傷歯処置へのアプローチ 接着の観点から スーパーボンドを用いた垂直歯根破折の治療
    菅谷 勉 日本外傷歯学会総会・学術大会プログラム・抄録集 9回 27 -27 2009年09月 [査読無し][通常論文]
  • 高血圧症患者の血圧と夜間頻尿の関係
    菅谷 公男, 仲田 清剛, 下地 勉, 小田口 尚幸, 仲本 みのり, 仲里 聡, 西島 さおり, 嘉手川 豪心, 安次富 勝博, 大城 琢磨, 名嘉 栄勝 日本排尿機能学会誌 20 (1) 219 -219 2009年09月 [査読無し][通常論文]
  • 骨縁下欠損への対応
    菅谷 勉 日本臨床歯周病学会会誌 27 (1) 78 -78 2009年08月 [査読無し][通常論文]
  • rhBMP-2に関するハイドロキシアパタイト含有量の違いによる影響の研究
    天雲 太一, 菅谷 勉, 川浪 雅光, 亘理 文夫 北海道外科雑誌 54 (1) 75 -76 2009年06月 [査読無し][通常論文]
  • スーパーボンドC&Bを用いた垂直破折歯根の接着治療
    菅谷 勉 特定非営利活動法人日本歯科保存学会学術大会プログラムおよび講演抄録集 130回 16 -16 2009年05月 [査読無し][通常論文]
  • 天雲 太一, 菅谷 勉, 川浪 雅光, 亘理 文夫 日本歯周病学会会誌 51 (春季特別) 131 -131 2009年04月 [査読無し][通常論文]
  • 田中 佐織, 下地 伸司, 菅谷 勉, 川浪 雅光 日本歯周病学会会誌 51 (春季特別) 126 -126 2009年04月 [査読無し][通常論文]
  • Shinji Shimoji, Hirofumi Miyaji, Tsutomu Sugaya, Hifumi Tsuji, Tetsunari Hongo, Megumi Nakatsuka, Khurshid Uz Zaman, Masamitsu Kawanami JOURNAL OF PERIODONTOLOGY 80 (3) 505 -511 2009年03月 [査読無し][通常論文]
     
    Background: Bone perforation may induce bone marrow cell migration into a Collagen sponge onlay implant. This study investigated the efficacy of bone perforation and Collagen sponge onlay placement with regard to new bone formation. Methods: One hundred sixty femurs of 80 Wistar male rats were used in four groups: bone perforation and sponge (PS) group: after perforating the femur, fibrillar and heat-denatured Collagen (FC-HAC) sponges were placed on the femur; sponge (S) group: a FC-HAC sponge was placed directly on the femur without bone perforation; perforation (P) group: femur perforation without Collagen sponge placement; and control (C) group: neither bone perforation nor sponge placement was used. Histologic and histomorphometric analyses were performed after the surgery. Results: Numerous osteoblastic and fibroblastic cells were seen during the early repopulation in and at the periphery of the sponge in the PS group. These cells were seen only at the periphery of the sponge in the S group. In the PS group, angiogenesis was noted frequently, and it exhibited significantly greater new bone area compared to the other groups at days 14 and 28. Conclusion: The use of the FC-HAC sponge on the bone perforation area seemed to promote bone augmentation by possibly acting as a scaffold for the bone marrow cells as well as maintaining the space that is necessary for bone growth to occur. J Periodontol 2009;80:505-511.
  • 得永 佳介, 川浪 雅光, 宮治 裕史, 石塚 良介, 加藤 昭人, 井上 加菜, 逸見 優, 光銭 裕太, 玉川 博貴, 菅谷 勉 特定非営利活動法人 日本歯周病学会学術大会 プログラムおよび講演抄録集 2009 (0) 51 -51 2009年 [査読有り][通常論文]
  • 日歯保存誌 52 (6) 460 -468 2009年 [査読無し][通常論文]
  • 日歯保存誌 52 (5) 411 -418 2009年 [査読無し][通常論文]
  • 得永 佳介, 菅谷 勉, 宮治 裕史, 川浪 雅光 日本歯科保存学雑誌 51 (6) 659 -669 2008年12月 [査読無し][通常論文]
     
    本研究の目的は,コラーゲンハイドロゲル-スポンジ複合体を作製後,ラット頭蓋骨窩洞に埋植し,スキャフォールドとしての有効性と,BMPを併用した場合の効果を組織学的に検討することである.コラーゲンハイドロゲル-スポンジ複合体は,4%の線維化アテロコラーゲン-熱変性アテロコラーゲン複合体(FC-HAC)スポンジ(6×6×3mm)に,アスコルビン酸-銅で架橋した1.5%コラーゲンハイドロゲルを十分に浸透させて作製した.次にラットに全身麻酔下で頭蓋骨窩洞(4×4×0.5mm)を形成し,その後移植材料によって5群に分けた.BGS群ではBMP-2を含有させたコラーゲンハイドロゲル-スポンジ複合体を骨窩洞に移植した(n=18).GS群ではコラーゲンハイドロゲル-スポンジ複合体を(n=19),BS群ではBMP-2を含有させたFC-HACスポンジを(n=17),S群ではFC-HACスポンジをそれぞれ移植した(n=17).C群では何も移植しなかった(n=16).組織標本は術後5,10,15日目に作製し,組織学的観察および計測を行った.その結果,BGS群,GS群では残存するコラーゲンハイドロゲル-スポンジ複合体内に線維芽細胞様細胞や骨芽細胞様細胞の侵入増殖が認められ,コラーゲン複合体周辺にはわずかな炎症性細胞浸潤がみられた.15日後においてBGS群で顕著な新生骨形成が観察され,新生骨面積,および新生骨高さはほかの4群と比べて有意に大きい値であった(p<0.01).またGS群でもC群に比較して有意に多く新生骨が認められた(p<0.01).BGS群の残存スポンジ面積(p<0.01)および高さ(p<0.05)はS群に比較して有意に減少していた.以上のことから,FC-HACスポンジにコラーゲンハイドロゲルを含浸させることによって,細胞侵入性と組織への置換性,再生スペースの確保に有効で,さらにBMPを併用することで新生骨量を増加できるスキャフォールドになることが示唆された.(著者抄録)
  • 中塚 愛, 川村 直人, 菅谷 勉, 川浪 雅光 歯科材料・器械 27 (5) 330 -330 2008年09月25日 [査読有り][通常論文]
  • 歯科外傷への対応最前線 外傷による破折歯への対応
    菅谷 勉 日本歯科医師会雑誌 61 (5) 445 -445 2008年08月 [査読無し][通常論文]
  • 菅谷 勉 北海道外科雑誌 53 (1) 126 -126 2008年06月 [査読無し][通常論文]
  • 川村 直人, 菅谷 勉, 元木 洋史, 宮治 裕史, 川浪 雅光 北海道外科雑誌 53 (1) 123 -123 2008年06月 [査読無し][通常論文]
  • 大谷 香織, 菅谷 勉, 富田 真仁, 長谷川 有紀子, 元木 洋史, 高輪 泰弘, 川浪 雅光 日本歯科保存学雑誌 51 (春季特別) 38 -38 2008年05月07日 [査読有り][通常論文]
  • 中塚 愛, 郭 穎, 菅谷 勉, 川浪 雅光, 加藤 熈 日本歯科保存学雑誌 51 (春季特別) 109 -109 2008年05月07日 [査読有り][通常論文]
  • 石塚良介, 宮治裕史, 加藤昭人, 得永佳介, 井上加菜, 田中陽, 菅谷勉, 川浪雅光 再生医療 7 268 2008年02月22日 [査読無し][通常論文]
  • テーブルクリニック"臨床の新機軸を追究する" 効率的・効果的なフラップ手術
    菅谷 勉 北海道歯科医師会誌 (63) 35 -37 2008年02月 [査読無し][通常論文]
  • 大谷 香織, 菅谷 勉, 川浪 雅光 日本歯科保存学雑誌 51 (6) 648 -658 2008年 [査読有り][通常論文]
     
    本実験は実験的に根尖性歯周炎を惹起し,根管が汚染されたままの状態で根尖切除術を行い,スーパーボンドC&B®によるroot-end sealing,Super-EBA™とProroot®MTAによる逆根管充填を行って,長期的な根尖歯周組織の治癒状態を病理組織学的に評価した.実験動物にはビーグル犬4頭を使用し,被験歯を抜髄後,根管内をプラークで汚染させて根尖性歯周炎を惹起させ,1ヵ月後デンタルエックス線写真で根尖部に透過像が拡大していることを確認して根尖切除術を行った.根尖部の封鎖法は以下の4群に分けた.SB群(n=15)は根尖切除面をわずかに陥凹させて形成し,形成面全体にスーパーボンドC&B®を塗布した.EBA群(n=14)とMTA群(n=14)は逆根管充填窩洞を形成し,Super-EBA™またはProroot®MTAを充填した.非封鎖群(n=10)は根尖を切除したのみで逆根管充填窩洞の形成および封鎖は行わなかった.観察期間は48週とし,エックス線写真による骨透過像面積の計測と,病理組織学的観察および計測を行った.その結果,48週後のエックス線透過像面積および組織学的骨吸収面積は,SB群,EBA群,MTA群は非封鎖群に比べて有意に小さく,SB群,EBA群,MTA群の間には有意差がなかった.切除面象牙質上へのセメント質形成率は,EBA群,MTA群はSB群,非封鎖群に比べて有意に大きく,EBA群とMTA群の間には有意差はなかった.スーパーボンドC&B®にもセメント質にも被覆されていない根尖切除面の象牙質露出率は,SB群がほかの3群に比較して有意に小さく,EBA群とMTA群は非封鎖群より有意に小さかった.露出象牙質面の根吸収率はSB群,EBA群,MTA群は非封鎖群に比べて有意に小さく,SB群,EBA群,MTA群では,象牙質露出率と象牙質吸収率との間に有意な正の相関が認められた.したがって根管が汚染された状態で根尖切除術を行う場合には,切除して露出した象牙質面を被覆することが長期的予後には大切であり,新生セメント質による完全な被覆は難しいことから,スーパーボンドC&B®でroot-end sealingを行うことがよいと考えられた.
  • 加藤 昭人, 宮治 裕史, 菅谷 勉, 川浪 雅光 日本歯周病学会会誌 49 (4) 296 -304 2007年12月28日 [査読有り][通常論文]
     
    本研究の目的は, 1壁性骨欠損における歯根象牙質表面へのBMP-2の塗布が, 歯周組織再生に及ぼす効果を評価することである。
    実験動物にはビーグル犬7頭を使用した。先に下顎第一前臼歯と第三前臼歯の抜歯を行い, 8週後に下顎第二前臼歯近心根と遠心根, および第四前臼歯近心根の歯肉歯槽粘膜を部分層弁剥離して骨膜を除去し, 高さ5mm, 近遠心幅3mmの1壁性骨欠損を作製した。露出した根面の歯根膜とセメント質を除去して, 根面を24%EDTAで3分間脱灰後, BMP群ではBMP-2(1000μg/m)を根面に塗布し, 未塗布群ではBMP-2を塗布せずに歯肉歯槽粘膜弁を復位縫合した。観察期間は4週および8週とし, 病理組織学的観察と組織学的計測を行った。
    その結果, 8週において歯槽骨新生率は, 未塗布群32.2±15.1%, BMP群70.0±12.9%, セメント質新生率は, 未塗布群13.4±10.6%, BMP群45.4±10.0%, 骨性癒着率は, 未塗布群0%, BMP群13.1±10.0%で, いずれもBMP群は有意に大きかった(p<0.01)。接合上皮深部増殖率は, 未塗布群8.4±10.0%, BMP群1.3±3.1%で, BMP群は有意に小さかった(p<0.05)。
    以上の結果から, 1壁性骨欠損においてBMP-2を根面に塗布することは, 歯周組織再生に有効であることが示唆された。
  • 加藤 昭人, 宮治 裕史, 石塚 良介, 得永 佳介, 井上 加菜, 菅谷 勉, 川浪 雅光 日本歯科保存学雑誌 = THE JAPANESE JOURNAL OF CONSERVATIVE DENTISTRY 50 (秋季特別) 47 -47 2007年10月05日 [査読有り][通常論文]
  • 田中 佐織, 菅谷 勉, 松本 敦至, 小田島 朝臣, 宮治 裕史, 下地 伸司, 中山 絵里, 川浪 雅光 日本歯科保存学雑誌 = THE JAPANESE JOURNAL OF CONSERVATIVE DENTISTRY 50 (秋季特別) 207 -207 2007年10月05日 [査読有り][通常論文]
  • 基礎と臨床のCROSSOVER 意図的再植法の現状と近未来
    菅谷 勉, 川浪 雅光 The Quintessence 26 (10) 141 -148 2007年10月 [査読無し][通常論文]
  • 菅谷 勉, 川村 直人, 中塚 愛, 川浪 雅光 北海道外科雑誌 52 (1) 86 -86 2007年06月 [査読無し][通常論文]
  • 中塚 愛, 菅谷 勉, 川浪 雅光, 加藤 熈 日本歯周病学会会誌 49 (春季特別) 180 -180 2007年04月 [査読無し][通常論文]
  • 本郷哲也, 宮治裕史, 川村直人, 天雲太一, 大谷香織, 得永佳介, 菅谷勉, 川浪雅光 再生医療 6 279 2007年02月19日 [査読無し][通常論文]
  • 角舘 直樹, 菅谷 勉, 小野 芳男, 木村 康一, 福島 千之, 藤澤 雅子, 永山 正人, 森田 学, 野村 和夫, 川浪 雅光 日本歯周病学会会誌 49 (3) 239 -249 2007年 [査読無し][通常論文]
  • Saori Tanaka, Tsutomu Sugaya, Masamitsu Kawanami, Yoshinobu Nodasaka, Toshiki Yamamoto, Hiroshi Noguchi, Yuko Tanaka, Takatsumi Ikeda, Hidehiko Sano, Sharanbir K. Sidhu JOURNAL OF BIOMEDICAL MATERIALS RESEARCH PART B-APPLIED BIOMATERIALS 80B (1) 140 -145 2007年01月 [査読無し][通常論文]
     
    Although 4-META/MMA-TBB resin has adhesive properties to dentin, and has been clinically used for the bonding treatment of vertically fractured roots and apicoectomy, there has not been any investigation on the adhesion of 4-META/MMA-TBB resin to cementum. The purpose of this in vitro study was to evaluate the bonding and the sealing ability of 4-META/MMA-TBB resin to cementum. Bovine root cementum and dentin surfaces were treated with a citric acid and ferric chloride solution, and the 4-META/MMA-TBB resin was applied on the treated surfaces before testing. The microtensile bond strength and the leakage levels obtained for the cementum were almost equal to those for the dentin. In SEM and TEM observations, a hybrid layer approximately 2-3 mu m in thickness was observed at the interface between the resin and the cementum. It is concluded that 4-META/MMA-TBB resin adhered to cementum via a hybrid layer on cementum, as previously reported for dentin. (c) 2006 Wiley Periodicals, Inc.
  • Akihito Kato, Hirofumi Miyaji, Tsutomu Sugaya, Masamitsu Kawanami Journal of the Japanease Society of Periodontology 49 (4) 296 -304 2007年 [査読無し][通常論文]
  • Naoki Kakudate, Tsutomu Sugaya, Yoshio Ono, Kouichi Kimura, Chiyuki Fukushima, Masako Fujisawa, Masato Nagayama, Manabu Morita, Kazuo Nomura, Masamitsu Kawanami Journal of the Japanease Society of Periodontology 49 (3) 239 -249 2007年 [査読無し][通常論文]
  • Bonding treatment of verticl root fracture
    Jounal of the Japanease Association for Dental Science 26 47 -51 2007年 [査読無し][通常論文]
  • The Japanease Journal of Conservative Dentistry 50 (1) 62 -67 2007年 [査読無し][通常論文]
  • 中塚 愛, 菅谷 勉, 川浪 雅光, 加藤 熈 日本歯科保存学雑誌 = THE JAPANESE JOURNAL OF CONSERVATIVE DENTISTRY 49 (秋季特別) 126 -126 2006年10月11日 [査読有り][通常論文]
  • 菅谷 勉, 宮治 裕史, 川浪 雅光 北海道外科雑誌 51 (1) 79 -79 2006年06月 [査読無し][通常論文]
  • 川村 直人, 菅谷 勉, 川浪 雅光 日本歯科保存学雑誌 = THE JAPANESE JOURNAL OF CONSERVATIVE DENTISTRY 49 (春季特別) 101 -101 2006年04月21日 [査読有り][通常論文]
  • 【"力"と歯周病 歯周病治療における"力"の問題点とその対策】歯根破折による歯周組織破壊
    菅谷 勉 日本歯科評論 (761) 56 -64 2006年03月 [査読無し][通常論文]
  • 本郷 哲也, 宮治 裕史, 川村 直人, 天雲 太一, 大谷 香織, 得永 佳介, 菅谷 勉, 川浪 雅光 特定非営利活動法人 日本歯周病学会学術大会 プログラムおよび講演抄録集 2006 (0) 75 -75 2006年 [査読有り][通常論文]
  • 石塚 良介, 宮治 裕史, 伊部 敬介, 加藤 昭人, 得永 佳介, 井上 加菜, 田中 陽, 菅谷 勉, 川浪 雅光 特定非営利活動法人 日本歯周病学会学術大会 プログラムおよび講演抄録集 2006 (0) 74 -74 2006年 [査読有り][通常論文]
  • 得永 佳介, 宮治 裕史, 伊部 敬介, 石塚 良介, 菅谷 勉, 川浪 雅光 特定非営利活動法人 日本歯周病学会学術大会 プログラムおよび講演抄録集 2006 (0) 42 -42 2006年 [査読有り][通常論文]
  • 中塚 愛, 菅谷 勉, 川浪 雅光, 加藤 熈 特定非営利活動法人 日本歯周病学会学術大会 プログラムおよび講演抄録集 2006 (0) 93 -93 2006年 [査読有り][通常論文]
  • 根尖切除時に4-META/MMA-TBBレジンでroot-end sealingした場合の根尖性歯周炎の治癒
    日本歯科保存学雑誌 49 (2) 282 -287 2006年 [査読無し][通常論文]
  • Journal of the Jananease Society J of Periodontology 48 (4) 285 -296 2006年 [査読無し][通常論文]
  • Ryousuke Ishizuka, Hirofumi Miyaji, Tsutomu Sugaya, Masamitsu Kawanami Journal of the Jananease Society J of Periodontology 48 (4) 255 -266 2006年 [査読無し][通常論文]
  • Healing of apical periodontitis after root-end sealing using 4-META/MMA-TBB resin following apicoectomy
    The Japanease Journal of Conservative Dentistry 49 (2) 282 -287 2006年 [査読無し][通常論文]
  • 天雲 太一, 宮治 裕史, 菅谷 勉, 川浪 雅光 日本歯周病学会会誌 47 (4) 269 -279 2005年12月 [査読無し][通常論文]
     
    本研究の目的は,象牙質面にBMP-2処理する前の脱灰方法の違いが,培養細胞のALP活性,および結合組織内での象牙質表面への硬組織形成と象牙質吸収に及ぼす影響を検討することである.実験1では,象牙質片をEDTA(pH7.0),塩酸テトラサイクリン(pH2.0),クエン酸(pH1.0)で3分間脱灰後,0,5,10μg/mlのrhBMP-2に10分間浸漬して,歯根膜細胞を播種,培養し,1,3,5日後にALP活性を測定した.実験2では,象牙質片をEDTA,塩酸テトラサイクリン,クエン酸,PBSに3分間浸漬後,0,100,400μg/mlのrhBMP-2に10分間浸漬し,ラット口蓋結合組織に移植して2,4週後に象牙質片上に形成された硬組織の形成率と象牙質の吸収率を計測した.実験1の結果,BMP-2が10μg/mlの場合にEDTA群のALP活性が他の2群と比較して有意に高かった.実験2の結果,硬組織形成率はBMP-2濃度が100μg/mlの場合にEDTA群が他の3群と比較して有意に高く,象牙質吸収率はBMP-2が400μg/mlの場合にテトラサイクリン群が他の3群に比べて有意に高かった.以上の結果から,象牙質面にBMP-2を塗布する前の脱灰液は,今回選択した中ではEDTAが最適であると考えられた(著者抄録)
  • 下地 伸司, 菅谷 勉, 宮治 裕史, 川浪 雅光 日本歯科保存学雑誌 48 (6) 926 -938 2005年12月 [査読無し][通常論文]
     
    ラットの大腿骨に骨髄穿孔を施し穿孔部の上に線維化アテロコラーゲン-熱変性アテロコラーゲン複合体スポンジを埋植した群と,骨髄穿孔はせずにスポンジ埋植のみ行った群,骨髄穿孔のみ行った群,骨膜の剥離のみ行った群を作製し,骨増生の程度を比較した.骨増生の指標として新生骨面積と新生骨の高さを計測した.処置28日後の計測において新生骨面積,新生骨の高さとも骨髄穿孔+スポンジ埋植群が他の3群に比べて有意に高値であった
  • 辻 ひふみ, 菅谷 勉, 宮治 裕史, 川浪 雅光 日本歯科保存学雑誌 48 (6) 917 -925 2005年12月 [査読無し][通常論文]
     
    線維化アテロコラーゲン-熱変性アテロコラーゲン複合体スポンジをラット大腿骨上に移植するさいスポンジに骨髄液を含浸させ,骨増生に及ぼす効果を検討した.移植後,スポンジ内部に多数の紡錘形・楕円形・立法形の細胞および血管の侵入が生じ,骨増生が促進された
  • 初期歯根垂直破折への対応
    加藤 熈, 菅谷 勉, 野口 裕史, 木村 喜芳 日本歯科評論 (757) 133 -144 2005年11月 [査読無し][通常論文]
  • 下地 伸司, 宮治 裕史, 辻 ひふみ, 本郷 哲也, 中塚 愛, 菅谷 勉, 川浪 雅光 日本歯科保存学雑誌 = THE JAPANESE JOURNAL OF CONSERVATIVE DENTISTRY 48 (秋季特別) 65 -65 2005年10月31日 [査読有り][通常論文]
  • 辻 ひふみ, 宮治 裕史, 下地 伸司, 福島 千史, 菅谷 勉, 川浪 雅光 日本歯科保存学雑誌 = THE JAPANESE JOURNAL OF CONSERVATIVE DENTISTRY 48 (秋季特別) 66 -66 2005年10月31日 [査読有り][通常論文]
  • 元木 洋史, 菅谷 勉, 富田 真仁, 川村 直人, 加藤 昭人, 川浪 雅光 日本歯科保存学雑誌 = THE JAPANESE JOURNAL OF CONSERVATIVE DENTISTRY 48 (秋季特別) 73 -73 2005年10月31日 [査読有り][通常論文]
  • 元木 洋史, 菅谷 勉, 川浪 雅光 日本歯科保存学雑誌 48 (5) 733 -742 2005年10月 [査読無し][通常論文]
     
    垂直破折歯根の接着治療後に歯周組織に接する4-META/MMA-TBBレジンの幅と上皮の根尖側移動との関連性を病理組織学的に検討した.人工的に病変を作成したビーグル犬を対象に,根面の処置を行わなかったPL群と窩洞を作成しレジンを充填した群,象牙質を露出させた群を作成し,肉眼的観察と病理組織学的観察及び組織学的計測を行った.PL群は上皮根尖側移動量が僅かであり,根面に残存した歯根膜と歯肉結合組織との再付着が観察された.窩洞の幅が0.5mmの群では1.0mm,2.0mmの群よりも上皮尖側移動量が小さかった.象牙を露出させた群は窩洞を2mmとした群よりも上皮根尖移動量は小さかった.臨床的アタッチメントレベルと上皮根尖側移動量との関係は歯周組織に接するレジン幅が0.5或いは1.0mmの場合は平均で2.7〜3.0mmの差があった.つまり,4-META/MMA-TBBレジンを用いる場合,レジン面への上皮根尖移動量を小さくするためには,レジン幅をできるだけ小さくする必要があると考えられた
  • 菅谷 勉 日本歯周病学会会誌 47 (秋季特別) 51 -51 2005年08月 [査読無し][通常論文]
  • 天雲 太一, 宮治 裕史, 川村 直人, 伊部 敬介, 本郷 哲也, 菅谷 勉, 川浪 雅光 日本歯周病学会会誌 47 (秋季特別) 78 -78 2005年08月 [査読無し][通常論文]
  • 宮治 裕史, 本郷 哲也, 天雲 太一, 福島 千史, 菅谷 勉, 川浪 雅光 日本歯周病学会会誌 47 (秋季特別) 101 -101 2005年08月 [査読無し][通常論文]
  • 4-META/MMA-TBBレジンのroot-end sealing(逆根管充填)への応用
    菅谷 勉, 田中 佐織, 野口 裕史, 川村 直人, 長谷川 有紀子, 田中 裕子, 川浪 雅光, 加藤 熈 歯界展望 特別号 (健康な心と身体は口腔から-発ヨコハマ2004-) 225 -225 2005年06月 [査読無し][通常論文]
  • 垂直歯根破折の診断と4META/MMA-TBBレジンを用いた接着治療
    富田 真仁, 野口 裕史, 菅谷 勉, 木村 喜芳, 川浪 雅光, 加藤 熈 歯界展望 特別号 (健康な心と身体は口腔から-発ヨコハマ2004-) 328 -328 2005年06月 [査読無し][通常論文]
  • 垂直歯根破折の接着治療
    菅谷 勉, 田中 佐織, 木村 喜芳, 山本 俊樹, 富田 真仁, 長谷川 有紀子, 元木 洋史, 川浪 雅光 日本歯科医学会誌 24 120 -120 2005年03月 [査読無し][通常論文]
  • 中塚 愛, 菅谷 勉, 川浪 雅光, 加藤 熈 日本歯周病学会会誌 47 (春季特別) 111 -111 2005年03月 [査読無し][通常論文]
  • 垂直破折歯根の接着治療 予後不良の対策法 垂直破折歯根の接着治療法の成績と予後不良症例への対策法
    菅谷 勉, 加藤 熈 歯科臨床研究 2 (1) 32 -42 2005年01月 [査読無し][通常論文]
  • 伊部 敬介, 宮治 裕史, 菅谷 勉, 川浪 雅光 日本歯周病学会会誌 46 (4) 278 -287 2004年12月 [査読無し][通常論文]
     
    歯周組織再生療法に応用する場合,歯根周囲には歯肉結合組織だけではなく,上皮,歯根膜,歯槽骨など多種類の組織が存在しているため,これらの組織が歯根象牙質表面への硬組織再生にどのような影響を及ぼすかは不明である.そこで,ビーグル犬の上下顎前臼歯歯根に人工的骨欠損を作製して歯根象牙質表面にbone morphogenetic protein(BMP)-2を塗布し,歯周組織再生に与える影響を病理組織学的に観察するとともに組織学的計測を行い評価した.歯根象牙質表面にBMP-2を塗布することは歯周組織の再生に有効であることが示唆された
  • Y Tanaka, T Sugaya, S Tanaka, M Kawanami DENTAL MATERIALS JOURNAL 23 (4) 453 -456 2004年12月 [査読無し][通常論文]
     
    The purpose of this study was to compare root-end sealing using 4-META/MMA-TBB resin with that using conventional retrograde root filling technique, and thereby determine if 4-META/MMA-TBB resin offers long-term prevention against dye leakage from the root canal of human teeth. Thirty-five teeth had the apical 2.5 mm of the root resected. In the Sealing (SB) group, 4-META/MMA-TBB resin was applied to the resected surface. In the Filling (Am and EBA) groups, a root-end cavity was prepared and retrofilled with high copper amalgam alloy or reinforced zinc oxide-eugenol cement. Root canals were filled with methylene blue dye solution. Then, dye leakage outside the root canal was measured for 50 weeks. The integrated amount of leakage in SB group was significantly lower than those in Am group (p < 0.05) and EBA group (p < 0.05). Therefore, it can be concluded that root-end sealing using 4-META/MMA-TBB resin resulted in better, long-term sealing than conventional retrograde root filling.
  • 1本の歯を残す治療戦略 大臼歯の垂直歯根破折に接着治療とGTR法を併用した症例
    菅谷 勉 The Quintessence 23 (11) 130 -135 2004年11月 [査読無し][通常論文]
  • 長谷川 有紀子, 菅谷 勉, 富田 真仁, 元木 洋史, 川浪 雅光 日本歯科保存学雑誌 = THE JAPANESE JOURNAL OF CONSERVATIVE DENTISTRY 47 (秋季特別) 23 -23 2004年10月18日 [査読有り][通常論文]
  • 富田 真仁, 菅谷 勉, 長谷川 有紀子, 元木 洋史, 川浪 雅光 日本歯科保存学雑誌 = THE JAPANESE JOURNAL OF CONSERVATIVE DENTISTRY 47 (秋季特別) 24 -24 2004年10月18日 [査読有り][通常論文]
  • 山崎 牧子, 加藤 歩, 加藤 毅, 菅谷 勉, 川浪 雅光 日本歯科保存学雑誌 = THE JAPANESE JOURNAL OF CONSERVATIVE DENTISTRY 47 (秋季特別) 114 -114 2004年10月18日 [査読有り][通常論文]
  • 山本 俊樹, 菅谷 勉, 川浪 雅光 日本歯科保存学雑誌 = THE JAPANESE JOURNAL OF CONSERVATIVE DENTISTRY 47 (秋季特別) 204 -204 2004年10月18日 [査読有り][通常論文]
  • 菅谷 勉, 宮治 裕史, 川浪 雅光 日本再生歯科医学会誌 2 (1) 72 -72 2004年09月30日 [査読有り][通常論文]
  • 伊部 敬介, 宮治 裕史, 加藤 勝也, 石塚 良介, 菅谷 勉, 川浪 雅光 日本歯周病学会会誌 46 (秋季特別) 90 -90 2004年09月25日 [査読有り][通常論文]
  • Yuko Tanaka, Tsutomu Sugaya, Masamitsu Kawanami Dental materials journal 23 (3) 265 -70 2004年09月 [査読有り][通常論文]
     
    4-META/MMA-TBB resin has shown good biocompatibility and remarkable adhesion to dentin. It seems to be suitable for use in periodontal tissues for retrograde root sealing and treatment of vertically fractured roots. For an adhesive resin to be useful clinically, it must bond not only to the dentin but also to the cementum. The purpose of this study was to evaluate the long-term adhesion durability of 4-META/MMA-TBB resin to cementum kept in water at 37 degrees C. Bovine root cementum and dentin surfaces were treated with 10-3 solution before 4-META/MMA-TBB resin was applied on treated surfaces. The micro-tensile bond strength (microTBS) decreased during the first two months; dye leakage value increased during the first four months and stabilized thereafter. No significant differences in adhesion durability were recognized between the dentin and cementum.
  • 4-META/MMA-TBBレジンのroot-end sealing(逆根管充填)への応用
    菅谷 勉, 田中 佐織, 野口 裕史, 川村 直人, 長谷川 有紀子, 田中 裕子, 川浪 雅光, 加藤 熈 日本歯科医師会雑誌 57 (4) 375 -375 2004年07月 [査読無し][通常論文]
  • 垂直歯根破折の診断と4META/MMA-TBBレジンを用いた接着治療
    富田 真仁, 野口 裕史, 菅谷 勉, 木村 喜芳, 川浪 雅光, 加藤 煕 日本歯科医師会雑誌 57 (4) 428 -428 2004年07月 [査読無し][通常論文]
  • 垂直破折歯根の接着治療法の病理組織学的研究と臨床成績
    菅谷 勉, 加藤 熈 歯科臨床研究 1 (2) 6 -15 2004年07月 [査読無し][通常論文]
  • 田中 裕子, 菅谷 勉, 野口 裕史, 田中 佐織, 川浪 雅光 日本歯科保存学雑誌 = THE JAPANESE JOURNAL OF CONSERVATIVE DENTISTRY 47 (春季特別) 34 -34 2004年05月07日 [査読有り][通常論文]
  • 垂直歯根破折による歯周組織破壊と治療法の基礎的研究
    菅谷 勉, 加藤 熈 歯科臨床研究 1 (1) 8 -17 2004年01月 [査読無し][通常論文]
  • 根尖性歯周炎の治癒に対する4-META/MMA-TBBレジンによるroot-end sealingの有効性
    日本歯科保存学雑誌 47 622 -632 2004年 [査読無し][通常論文]
  • スーパーボンドC&Bを用いたroot-end sealingの臨床
    菅谷 勉, 田中 佐織, 川村 直人, 長谷川 有紀子, 田中 裕子 日本歯科評論 (732) 131 -140 2003年10月 [査読無し][通常論文]
  • 田中 佐織, 菅谷 勉, 木村 喜芳, 川浪 雅光 日本歯周病学会会誌 45 (秋季特別) 161 -161 2003年09月25日 [査読有り][通常論文]
  • H. Miyaji, T. Sugaya, K. Kato, N. Kawamura, H. Tsuji, M. Kawanami JOURNAL OF DENTAL RESEARCH 82 B146 -B146 2003年06月 [査読無し][通常論文]
  • T. Sugaya, H. Noguchi, H. Miyaji, M. Kawanami JOURNAL OF DENTAL RESEARCH 82 B117 -B117 2003年06月 [査読無し][通常論文]
  • 田中 裕子, 菅谷 勉, 野口 裕史, 田中 佐織, 川浪 雅光 日本歯科保存学雑誌 46 (0) 149 -149 2003年05月06日 [査読有り][通常論文]
  • 田中 裕子, 菅谷 勉, 野口 裕史, 田中 佐織, 川浪 雅光 日本歯科保存学雑誌 46 (春季特別) 149 -149 2003年05月 [査読無し][通常論文]
  • 野口 裕史, 菅谷 勉, 川浪 雅光, 入江 英彰, 眞坂 信夫 日本歯周病学会会誌 45 (春季特別) 138 -138 2003年04月05日 [査読有り][通常論文]
  • 4-META/MMA-TBBレジンの硬化条件が組織反応に及ぼす影響
    日本歯科保存学雑誌 46 (6) 853 -859 2003年 [査読無し][通常論文]
  • 加藤 勝也, 菅谷 勉, 宮治 裕史, 川浪 雅光 日本歯科保存学雑誌 45 (6) 1032 -1043 2002年12月 [査読無し][通常論文]
     
    骨髄幹細胞や骨再生に働く細胞のスキャホールドとしての有効性を検討する目的で線維化アテロコラーゲンと熱変性アテロコラーゲンを用いて,組成と濃度の異なるスポンジ状コラーゲンを作成して規格化された人工的骨欠損に移植して骨髄液を浸潤させ,治癒過程に及ぼす影響を検討した.FC-HAC複合体の内部には術後1週では,オステオカルシン陰性の紡錘形の細胞や立方形の細胞が観察され,術後4週では紡錘形の細胞とオステオカルシン陽性の立方形の細胞や血管の増殖が観察され,実験期間を通して炎症性細胞浸潤が少なく,コラーゲン濃度が異なっても治癒状態に差はなかった.FCはコラーゲン濃度を上げるとコラーゲンの吸収が遅延して炎症が強く骨再生を遅延した.2.5〜5%FC-HAC複合体は骨髄幹細胞や骨再生に働く細胞のスキャホールドとして有効であり,歯周組織再生に応用できる可能性が示唆された
  • 富田 真仁, 菅谷 勉, 川浪 雅光 日本歯科保存学雑誌 45 (5) 787 -796 2002年10月31日 [査読有り][通常論文]
     
    歯周組織破壊の進行していない新鮮垂直破折に対して口腔内接着法と口腔外接着・再植法を行った場合の歯周組織治癒状態を比較した.ビーグル犬の歯根を垂直破折させ接着治療を行い臨床的,病理組織学的に検討した結果,垂直破折後に治療しなかった対照群は経時的にprobing depthが深くなり破折部を中心に炎症が広がり歯槽骨吸収が進行した.口腔内接着群では,対照群に類似した歯周組織破壊の生じた歯根が多く認められたが,炎症反応が殆ど認められない歯根もあり,一部の歯根では破折部位にセメント質様硬組織の形成が観察された.口腔内接着・再植群ではprobing depthは浅く,歯槽骨吸収は殆ど観察されず,一部の根面に骨性癒着が認められた.スーパーボンドC&B表面にセメント質が再生された例はなく,上皮の根尖側移動はわずかで多くは結合組織が接していた
  • 加藤 勝也, 宮治 裕史, 川村 直人, 伊部 敬介, 菅谷 勉, 川浪 雅光 日本歯科保存学雑誌 45 (秋季特別) 67 -67 2002年10月21日 [査読有り][通常論文]
  • 宮治 裕史, 菅谷 勉, 加藤 勝也, 川村 直人, 川浪 雅光 日本歯科保存学雑誌 45 (秋季特別) 117 -117 2002年10月21日 [査読有り][通常論文]
  • H Miyaji, T Sugaya, T Miyamoto, K Kato, H Kato JOURNAL OF PERIODONTAL RESEARCH 37 (3) 204 -209 2002年06月 [査読無し][通常論文]
     
    The purpose of this study was to evaluate whether hard tissue might be formed on dentin surfaces applied with recombinant human bone morphogenetic protein-2 (rhBMP-2) in palatal connective tissue. Fifty-eight dentin blocks were prepared from rat roots, demineralized with 24% EDTA (pH 7.0), applied with 0, 50 and 100 mug/ml rhBMP-2. and labeled as groups 0, 50 and 100. The dentin blocks were then transplanted into palatal connective tissue of rats, and specimens were prepared at two and four weeks after surgery for histologic and histomorphometric examinations. The results showed that the percentage of newly formed hard tissue in relation to the total dentin block surface length in groups 0, 50 and 100 was 0.0%. 2.8% and 4.4% at two weeks. and 0.0%. 1.6% and 12.8% at four weeks, respectively. New hard tissue formation in groups 50 and 100 was significantly promoted as compared to group 0 (p < 0.01). These findings thus indicate that rhBMP-2 application to dentin enhanced new hard tissue formation on dentin surfaces in the connective tissue of the palate.
  • 4META/MMA-TBBレジンとセメント質の接着強さ
    田中 佐織, 山本 俊樹, 田中 裕子, 野口 裕史, 菅谷 勉, 川浪 雅光, 池田 考績, 佐野 英彦 日本歯科保存学雑誌 45 (春季特別) 54 -54 2002年04月 [査読無し][通常論文]
  • 実験的垂直破折歯根を接着治療した後の歯周組織反応
    富田 真仁, 菅谷 勉, 木村 喜芳, 長谷川 有紀子, 加藤 毅, 川村 直人, 川浪 雅光 日本歯科保存学雑誌 45 (春季特別) 70 -70 2002年04月 [査読無し][通常論文]
  • 歯根端切除時にスーパーボンドC&Bをroot-end sealantとして用いた場合の臨床成績
    菅谷 勉, 野口 裕史, 長谷川 有紀子, 田中 裕子, 川浪 雅光 日本歯科保存学雑誌 45 (春季特別) 165 -165 2002年04月 [査読無し][通常論文]
  • 加藤勝也, 宮治裕史, 川村直人, 菅谷勉, 川浪雅光 日本歯周病学会学術大会プログラムおよび講演抄録集 45th 134 2002年03月25日 [査読無し][通常論文]
  • 加藤 勝也, 宮治 裕史, 川村 直人, 菅谷 勉, 川浪 雅光 日本歯周病学会会誌 44 (春季特別) 134 -134 2002年03月25日 [査読有り][通常論文]
  • 菅谷 勉, 野口 裕史, 長谷川 有紀子, 田中 裕子, 川浪 雅光 日本歯科保存学雑誌 45 (1) 62 -67 2002年02月28日 [査読有り][通常論文]
  • Accessibility of an Ultrasonic Furcation Tip to Furcation Areas of Mandibular First and Second Molars
    J.Int.Acad.Periodontol 4 132 -137 2002年 [査読無し][通常論文]
  • Effects of Debridement with an Ultrasonic Furcation Tip in Degree II Furcation Involvement of Mandibular Molars
    J.Int.Acad.Periodontol 4 138 -142 2002年 [査読無し][通常論文]
  • 奥村 健仁, 菅谷 勉, 川浪 雅光, 加藤 熈 日本歯科保存学雑誌 44 (6) 973 -978 2001年12月 [査読無し][通常論文]
     
    実習者が自分の実習進行状態や術中のトラブルに応じて必要な処置法や対処法をただちに参照でき,かつ教官の術中の指導を簡略化できるように,歯周外科手術アトラスをパーソナルコンピューターを用いてHyper Text Markup Language(HTML)形式で作製した.試作したHTML形式の歯周外科手術アトラスを実習に用いて,個々で実習し,実習の達成度や教官の指導時間に対してどのような効果があるかを検討した.実験群と対照群とで実習の達成度は同等であった.実習時間は実験群の方が対照群よりも長く要した.教官の指導時間は実験群の方が有意に短かった.以上の結果から,HTML形式アトラスを用いることはシミュレーション実習の効率化に有効であると考えられた
  • 菅谷 勉, 加藤 熈 日本歯周病学会会誌 43 (春季特別) 115 -115 2001年03月30日 [査読有り][通常論文]
  • 加藤 熈, 菅谷 勉, 川浪 雅光, 大森 幹朗, 野口 裕史, 奥村 健仁, 二宮 昭, 木村 喜芳, 山本 俊樹 日本歯科医学会誌 20 69 -79 2001年03月 [査読無し][通常論文]
     
    歯の意図的再植法の成功率の向上と適応症の拡大を図る目的で,歯根に存在する病変に対する処置法として,垂直歯根破折に対して接着性レンジを用いた接着による保存治療,及び根尖性歯周炎に対する逆根充に接着性レンジを応用する方法を検討した.更に歯根膜が損傷している場合に歯根膜再生を促進する方法として,歯根膜細胞を培養・増殖させて移植する方法,細胞増殖作用の強い成長因子あるplatelet-derived growth factorを根面に塗布して再植する方法,及び歯周歯内病変で1〜2歯面に限局して深いポケットが根尖に及んでいる症例を捻転して再植する方法について臨床的に検討した.これらの基礎的,臨床的研究の結果は,意図的再植法の成功率の向上と適応症の拡大に極めて有用であることが認められた
  • 木村 喜芳, 菅谷 勉, 加藤 熈 日本歯周病学会会誌 42 (4) 255 -266 2000年12月 [査読無し][通常論文]
     
    ビーグル犬4頭の上下顎前臼歯を分岐部で分割後,マイセルとマレットで歯根を頬舌側に垂直に破折させ,gingival index(GI),probing depth(PD),probing attachment loss(PAL)を臨床的に診査した.破折後3日,1,2,4週後に屠殺し,X線写真撮影,病理組織学的観察と計測を行った.破折後2週頃迄の初期がPDが増加しても付着の喪失は少なく,根管内の細菌が破折部に沿って歯根膜に炎症を引き起こし,2〜4週後に破折部根面に沿って付着の喪失が進み,プラークが付着し,歯周病変が合併して歯周組織破壊が急速に進行したと考えられた
  • 山本 俊樹, 菅谷 勉, 野口 裕史, 堀井 毅史, 加藤 熈 日本歯科保存学雑誌 = THE JAPANESE JOURNAL OF CONSERVATIVE DENTISTRY 43 (秋季特別) 53 -53 2000年10月17日 [査読有り][通常論文]
  • 木村 喜芳, 二宮 昭, 富田 真仁, 西村 浩司, 菅谷 勉, 加藤 熈 日本歯周病学会会誌 42 (秋季特別) 127 -127 2000年09月25日 [査読有り][通常論文]
  • 木村 喜芳, 二宮 昭, 富田 真仁, 西村 浩司, 菅谷 勉, 加藤 熈 日本歯周病学会会誌 42 (4) 255 -266 2000年09月25日 [査読無し][通常論文]
  • 宮治 裕史, 菅谷 勉, 宮本 哲朗, 加藤 勝也, 加藤 熈 日本歯周病学会会誌 42 (秋季特別) 150 -150 2000年09月25日 [査読有り][通常論文]
  • 歯周病のメインテナンス治療 メインテナンス期間中のトラブルの発現と対策法 歯根破折
    菅谷 勉, 野口 裕史, 加藤 煕 歯界展望 別冊 (歯周病のメインテナンス治療) 193 -199 2000年05月 [査読無し][通常論文]
  • 歯周病のメインテナンス治療 メインテナンス期間中のトラブルの発現と対策法 根面齲蝕
    菅谷 勉, 加藤 煕 歯界展望 別冊 (歯周病のメインテナンス治療) 183 -187 2000年05月 [査読無し][通常論文]
  • 菅谷 勉, 岩並 知敏, 松本 敦至, 野口 裕史, 田中 佐織, 水戸 光則, 加藤 熈 日本歯周病学会会誌 42 (春季特別) 99 -99 2000年04月15日 [査読有り][通常論文]
  • 宮治 裕史, 菅谷 勉, 加藤 熈 日本歯周病学会会誌 42 (春季特別) 124 -124 2000年04月15日 [査読有り][通常論文]
  • 野口 裕史, 菅谷 勉, 田中 佐織, 宮治 裕史, 加藤 熈 日本歯科保存学雑誌 = THE JAPANESE JOURNAL OF CONSERVATIVE DENTISTRY 43 (春季特別) 97 -97 2000年03月21日 [査読有り][通常論文]
  • 髄床底穿孔の処置に4-META/MMA-TBBレジンを応用した場合の歯周組織反応に関する病理組織学的検討
    日本歯科保存学会誌 43 1269 -1248 2000年 [査読無し][通常論文]
  • 宮治裕史, 菅谷勉, 加藤ひろし 日本歯周病学会誌 42 (4) 247 -254 2000年 [査読無し][通常論文]
  • 梅田 誠, 萩原 さつき, 魚島 マリコ, 冨永 由美子, 高森 由季子, 矢野 和子, 小島 丈尚, 野口 和行, 木村 真太郎, 本郷 興人, 岩並 知敏, 坂上 竜資, 菅谷 勉, 西岡 敏明, 根岸 淳, 松本 敦至, 伊藤 豊, 齋藤 彰, 川浪 雅光, 和田 育男, 加藤 熈, 石川 烈 日本歯周病学会会誌 41 (4) 436 -449 1999年12月 [査読無し][通常論文]
     
    被験者に対し,基本処置群(C群:ポケット内洗浄処置のみ)と試験薬剤群(T群:ポケット内洗浄処置+2%塩酸ミノサイクリン歯科用軟膏ポケット内注入)の2群を,盲験的な方法で比較した.術前術後において両群とも痛み等の臨床症状の改善が認められたが,T群の方がC群と比べ,より高い改善が見られた.プロービング深さや,アタッチメントレベルの変化に関してもT群の方が,高い改善が見られた.歯肉縁下プラーク細菌の総菌数は,両群とも減少したが,T群の方がより大きな減少が見られた.歯周病原性細菌の検出率に関しては,T群のみ,B.forsythus,P.gingivalis,T.denticolaの減少がみられた.T群は臨床的にも細菌学的にもC群以上に改善がみられた
  • 野口 裕史, 菅谷 勉, 山本 俊樹, 富田 真仁, 松橋 千佳子, 加藤 熈 日本歯科保存学雑誌 42 (秋季特別) 181 -181 1999年10月01日 [査読有り][通常論文]
  • K Zaman, T Sugaya, O Hongo, H Kato JOURNAL OF DENTAL RESEARCH 78 (5) 1122 -1122 1999年05月 [査読無し][通常論文]
  • ザマン クルシド ウズ, 菅谷 勉, 加藤 熈 日本歯周病学会会誌 41 (1) 108 -108 1999年03月30日 [査読有り][通常論文]
  • Mahmud Muhammad Abul Hassan, 菅谷 勉, 加藤 熈 日本歯周病学会会誌 40 (4) 411 -420 1998年10月 [査読無し][通常論文]
     
    牛歯から象牙質ブロックを作製し,ヒト歯肉細胞(HGC),歯根膜細胞(HPLC)を播種,培養し象牙質の表面性状が歯肉細胞と歯根膜細胞の増殖及び石灰化能にどのような影響を及ぼすかを検討した.結果,象牙質の表面性状はHPLCの増殖と石灰化能,HGCの増殖に影響を及ぼすことが明らかとなった.更にHGCは低いながら石灰化能をもち,石灰化物を形成できる可能性をもつことが示唆された
  • マハムド M.A.ハサン, 菅谷 勉, 加藤 熈 日本歯周病学会会誌 40 (3) 116 -116 1998年09月15日 [査読有り][通常論文]
  • ハサン マハムド M.A, 菅谷 勉, 加藤 熈 日本歯周病学会会誌 40 (4) 411 -420 1998年09月15日 [査読無し][通常論文]
  • 田中 佐織, 川浪 雅光, 菅谷 勉, 山村 博子, 星井 千世, 佃 宣和, 加藤 熈 日本歯周病学会会誌 40 (3) 129 -129 1998年09月15日 [査読有り][通常論文]
  • 奥村 健仁, 菅谷 勉, 大森 幹朗, マハムド M.A.ハサン, 野口 裕史, 加藤 熈, 飯塚 正, 向後 隆男 日本歯周病学会会誌 40 (3) 134 -134 1998年09月15日 [査読有り][通常論文]
  • 野口 裕史, 菅谷 勉, 渡部 亘貴, 加藤 熈 日本歯科保存学雑誌 41 (0) 37 -37 1998年05月01日 [査読有り][通常論文]
  • 岩原 弘一, 菅谷 勉, 加藤 熈 日本歯周病学会会誌 39 (4) 513 -519 1997年12月 [査読無し][通常論文]
     
    被験者は垂直性骨欠損を有する歯周炎患者5名とし,被験部位はフラップ手術時に撮影した口腔内写真で垂直性骨欠損形態を確認できた38歯面とした.CT法の診断精度は,頬舌側面の垂直性骨欠損では,デンタルX線写真のみ(D法)に比較して有意に高く,デンタルX線写真とポケットプロービングを併用する方法(D+P法)とは差がなかった.一方隣接面の垂直性骨欠損の有無の判定では,CT法の診断精度は,D法とD+P法とほぼ同等であったが,垂直性骨欠損の頬側壁と舌側壁の診断では,CT法の診断精度は他の2法よりも有意に高かった.以上の結果から,CT三次元立体構築像は,歯槽骨の垂直性骨欠損形態の診断に有用性が高いと思われた
  • 星川 真, 水戸 光則, 菅谷 勉, 加藤 熈, 的場 一成 日本歯周病学会会誌 39 (3) 92 -92 1997年09月05日 [査読有り][通常論文]
  • 野口 裕史, 菅谷 勉, マハムド アブハサン, 奥村 健仁, 加藤 熈 日本歯科保存学雑誌 40 (0) 43 -43 1997年05月01日 [査読有り][通常論文]
  • 菅谷 勉 日本歯周病学会会誌 39 (1) 204 -205 1997年03月25日 [査読有り][通常論文]
  • 水戸 光則, 星川 真, 菅谷 勉, 加藤 熈, 的場 一成 日本歯周病学会会誌 39 (1) 89 -89 1997年03月25日 [査読有り][通常論文]
  • 縦破折した歯根の接着による治療法 第1報 培養歯根膜細胞を用いた接着性レジンセメントの毒性の検討
    日本歯科保存学雑誌 40 1445 -1452 1997年 [査読無し][通常論文]
  • 縦破折した歯根の接着による治療法 第2報 接着性レジンセメントで接着・再植した場合の組織学的検討
    日本歯科保存学雑誌 40 1453 -1460 1997年 [査読無し][通常論文]
  • 菅谷 勉, 向中野 浩, 渡部 亘貴 日本歯周病学会会誌 38 (4) 522 -528 1996年12月 [査読無し][通常論文]
     
    対象者の84.5%が歯周病に罹患しており,CPITN2以上が82.2%であり,歯周病予防処置は口腔清掃指導だけでは不十分でスケーリングが必要と思われた.又,CPITNと口腔衛生状態とは強い相関がみられたが,喫煙習慣等の因子の影響は小さく,予防処置としてプログラムに組み込む必要性は少ないと思われた.更に,アンケート調査から危険集団を選別する方法は効果が低いと考えられた
  • 大森 幹朗, 菅谷 勉 日本歯周病学会会誌 38 (4) 447 -456 1996年12月 [査読無し][通常論文]
     
    実験群は,ラット歯根膜細胞をin vitroで培養し,それをラットの象牙質片上に播種し,更に培養を行い細胞を増殖させた後,ラット頭蓋に形成した骨欠損部に移植した.一方,対照群は培養歯根膜細胞を付着させていない象牙質片を移植し,歯根移植群は新鮮な歯根膜が付着した象牙質片を移植した.実験群では2週後の6例中1例に,4週後の10例中4例に,頭蓋骨とは連続していないセメント質様硬組織の形成がみられたが,6週後には全面にアンキローシスが生じていた.対照群では2週後に,増殖した骨とアンキローシスが一部に生じており,4, 6週後には全てにアンキローシスの所見がみられた.歯根移植群では,2週後には歯根膜が残存し4週後には一部象牙質に吸収がみられ6週後には全てにアンキローシスが生じていた
  • 歯周病を理解する
    加藤 熈, 菅谷 勉 歯界展望 別冊 (歯周病を診る 検査・診断・治療のポイント) 26 -52 1996年11月 [査読無し][通常論文]
  • ガイドラインに基づいた歯周治療の新システム
    加藤 熈, 菅谷 勉 歯界展望 別冊 (歯周病を診る 検査・診断・治療のポイント) 54 -61 1996年11月 [査読無し][通常論文]
  • 大森 幹朗, 菅谷 勉, マハムド アブルハサン, 川浪 雅光, 加藤 熈 日本歯周病学会会誌 38 (3) 110 -110 1996年09月05日 [査読有り][通常論文]
  • 歯周病患者の知覚過敏への対応
    加藤 熈, 菅谷 勉 日本歯科評論 (642) 101 -114 1996年04月 [査読無し][通常論文]
  • 岩原 弘一, 菅谷 勉, 加藤 熈, 小平澤 英男 日本歯周病学会会誌 38 (1) 119 -119 1996年03月25日 [査読有り][通常論文]
  • 渡部亘貴, 菅谷勉, 向中野浩, 加藤ひろし 日本歯周病学会会誌 38 (4) 529 -537 1996年 [査読無し][通常論文]
  • 大森 幹朗, 菅谷 勉, 川浪 雅光, 加藤 熈 日本歯周病学会会誌 37 (3) 107 -107 1995年09月06日 [査読有り][通常論文]
  • 渡部 亘貴, 向中野 浩, 菅谷 勉, 松梨 寛, 加藤 熈 日本歯周病学会会誌 36 (0) 118 -118 1994年09月10日 [査読有り][通常論文]
  • 松梨 寛, 向中野 浩, 菅谷 勉, 松本 信一, 友近 昌子, 遠藤 岳夫, 加藤 熈 日本歯周病学会会誌 36 (0) 139 -139 1994年03月25日 [査読有り][通常論文]
  • ポケット探針型超音波スケーラーの開発と臨床応用 ポケット探針型チップの使用法と根分岐部用チップの開発
    菅谷 勉 日本歯科医学会誌 12 48 -52 1993年03月 [査読無し][通常論文]
     
    ポケット探針型超音波スケーラーチップの使用条件を12通りに変化させ,根面性状に与える影響を,表面粗さ計と培養細胞を用いて検討した。その結果,適切な使用条件で用いれば,十分な根面の滑沢性と,健全歯と同レベルの付着細胞数が得られた。さらに,根分岐部には専用のチップを開発し臨床応用する目的で,下顎大臼歯分岐部に到達性の良いチップの曲率を検討してチップを試作し,in vitro,in vivoでその効果を検討した。その結果,試作した根分岐部用チップは,分岐部根面への優れた到達性と,著明な歯周炎の改善効果が認められた
  • 菅谷 勉, 川浪 雅光, 加藤 熈 日本歯周病学会会誌 34 (0) 70 -70 1992年09月16日 [査読有り][通常論文]
  • 歯周組織の再生 歯槽骨からみた再生能 根分岐部病変の歯内療法による歯周組織再生について
    川浪 雅光, 菅谷 勉, 加藤 熈 歯科ジャーナル 36 (2) 299 -305 1992年08月 [査読無し][通常論文]
  • 菅谷 勉 歯界展望 79 (5) 1167 -1167 1992年04月 [査読無し][通常論文]
  • 菅谷 勉, 根岸 淳, 川浪 雅光, 加藤 熈, 勇田 敏夫 日本歯周病学会会誌 33 (0) 114 -114 1991年08月20日 [査読有り][通常論文]
  • 菅谷 勉, 川浪 雅光, 加藤 熈 日本歯周病学会会誌 32 (0) 134 -134 1990年10月08日 [査読有り][通常論文]
  • 高齢者における歯周治療
    加藤 ひろし, 菅谷 勉 歯科ジャーナル 32 (3) 353 -362 1990年09月 [査読無し][通常論文]
  • ポケット探針型超音波スケーラーの開発と臨床応用
    菅谷 勉 日本歯科医学会誌 9 176 -176 1990年03月 [査読無し][通常論文]
  • 根分岐部病変の治療としてのルート・リセクション 保存的治療法について(3)
    加藤 ひろし, 菅谷 勉, 川浪 雅光 歯界展望 73 (3) 625 -638 1989年03月 [査読無し][通常論文]
  • 〔歯周治療の未来を予測する 最新の歯周治療と将来〕超音波スケーラーの発展 特にチップの改良について
    加藤 ひろし, 川浪 雅光, 菅谷 勉 歯科ジャーナル 28 (5) 676 -684 1988年11月 [査読無し][通常論文]
  • 菅谷 勉, 楯 尊子, 内藤 俊也, 平中 良治, 川浪 雅光, 加藤 煕 日本歯周病学会会誌 30 (0) 93 -93 1988年10月15日 [査読有り][通常論文]
  • 飯沼 賢司, 菅谷 勉, 加藤 誠也, 国立 尊子, 川浪 雅光, 加藤 煕 日本歯周病学会会誌 29 (0) 74 -74 1987年10月10日 [査読有り][通常論文]
  • 百海 渡, 渡部 とも子, 菅谷 勉, 東海林 浩二, 石川 純, 加藤 熈, 吉田 静男 日本歯周病学会会誌 29 (1) 268 -269 1987年03月28日 [査読有り][通常論文]
  • 加藤 誠也, 菅谷 勉, 川浪 雅光, 国立 尊子, 前沢 和宏, 石川 純 日本歯周病学会会誌 28 (3) 925 -925 1986年09月28日 [査読有り][通常論文]
  • 坂上 竜資, 菅谷 勉, 合志 品子, 菅野 寿一, 石川 純 日本歯周病学会会誌 28 (1) 410 -410 1986年03月28日 [査読有り][通常論文]

受賞

  • 2008年 日本歯科理工学会会誌賞
  • 2006年 日本歯周病学会会誌賞
  • 1996年 日本歯周病学会奨励賞

共同研究・競争的資金等の研究課題

  • 高周波電流で細胞の増殖と分化を促進する革新的骨再生療法の開発
    文部科学省:科学研究費基盤研究
    研究期間 : 2017年 
    代表者 : 菅谷 勉
  • TCP複合化レジンとナノHAPコラーゲンのハイブリッドによる垂直歯根破折の治療法
    文部科学省:科学研究費基盤研究
    研究期間 : 2014年 -2016年 
    代表者 : 菅谷 勉
  • 垂直歯根破折の原因と接着治療の臨床成績に関する調査研究
    8020財団:8020公募研究
    研究期間 : 2012年 -2013年 
    代表者 : 菅谷 勉
  • 文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(C))
    研究期間 : 2011年 -2013年 
    代表者 : 菅谷 勉
  • 垂直歯根破折の原因と接着治療の臨床成績に関する調査研究
    8020財団:8020公募研究
    研究期間 : 2012年 -2012年 
    代表者 : 菅谷 勉
  • 文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(C))
    研究期間 : 2010年 -2012年 
    代表者 : 田中 佐織, 菅谷 勉, 宮治 裕史
     
    これまでの基礎的研究により、象牙質含有レジン上にはわずかにセメント質形成が観察され、レジン上に歯周組織再生の可能性があることを見出した。この可能性は、骨誘導を強力に促進するBMP-2と多量の歯根膜細胞が存在すれば、さらに高めることができると考えられる。本研究は、象牙質を含有する4-META/MMA-TBBレジンにBMP-2と培養歯根膜細胞シートを応用し、レジン上に歯周組織再生の実現を目的として行われるものである。生体親和性が良好である接着性レジンセメントに同一個体から得られた象牙質を粉末にして混合し、作製した象牙質含有レジン上へセメント質再生を促進させる方法を採用し、骨様硬組織誘導能をもつBMP-2を塗布した象牙質含有レジンに大量の歯根膜細胞を供給することにより再生を促進させることを期待して行うものである。そこで、細胞の流失を最小限に抑制するために、細胞シートを作製し移植法を採用する。22年度は、象牙質含有レジン作製し、MC3T3-E1細胞を播種し、細胞の付着性をSEMで確認した。また、F344ラット(6週齢)の歯根膜を採取し、付着性細胞を10%FBS、1%抗生物質添加のMEMで培養を行った。その後同じ細胞1.3×10^6cellを1日、3日、5日目にベースに追加播種し、それを開始してからは、培地をascorbic acid(50μg/ml)、10mM β-glyceroph...
  • 文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(C))
    研究期間 : 2007年 -2009年 
    代表者 : 田中 佐織, 菅谷 勉, 宮治 裕史, 加藤 昭人, 吉村 善隆, 伊部 裕子, 天雲 太一, 大谷 香織, 中塚 愛, 井上 加奈, 福田 寛恵, 逸見 優, 光銭 裕太, 玉川 博貴, 本間 啓史, 横山 裕之, 鷲巣 太郎, 金山 和泉, 洲崎 真希, 中澤 篤志
     
    垂直歯根破折歯の接着治療法の成功率を高めるため、破折部を修復したレジン上に歯周組織再生を目指して実験を行った。レジンと象牙質粉末を混ぜた試料の接着性と細胞増殖性の検討を行った。適度な接着性を持ち、毒性はなく細胞増殖がみられた。次に動物の歯根面に同様の材料を詰めて組織観察を行い、数例で材料上に歯周組織であるセメント質形成が見られた。以上よりレジン上に歯周組織を再生させる可能性が見出された。
  • 4-META/MMA-TBBレジンと骨との接着に関する研究
    ノースティック財団:ノースティック財団研究開発助成事業
    研究期間 : 2007年 -2008年03月 
    代表者 : 菅谷 勉
  • 垂直破折歯根の接着治療
    日本歯科医学会:日本歯科医学会総合的研究推進費
    研究期間 : 2006年 -2007年03月 
    代表者 : 菅谷 勉
  • 文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(B))
    研究期間 : 2004年 -2007年 
    代表者 : 菅谷 勉, 土門 卓文, 宮治 裕史
     
    根面へのBMP付着に最も良い脱灰方法を明らかにするため、牛歯象牙質をEDTA、塩酸テトラサイクリン、クエン酸で3分間脱灰してrhBMP-2に10分間浸漬、歯根膜由来細胞を培養してALP活性等を測定した。その結果、EDTAが最も硬組織形成能を上昇させた。同様に象牙質片をEDTA、塩酸テトラサイクリン、クエン酸で脱灰後、rhBMP-2に浸漬して、ラットロ蓋粘膜下に移植した。硬組織の形成率と、象牙質の吸収率を組織学的に計測した結果、硬組織形成率はEDTAが有意に高かった。また、EDTAで脱灰した象牙質をrhBMP-2に浸漬後ラットロ蓋粘膜下に移植し、ビスフォスフォネートを全身投与して硬組織の形成率と象牙質の吸収率を組織学的に計測した。その結果、硬組織形成率と象牙質吸収率はビスフォスフォネートで有意に抑制され、BMPによる硬組織形成には破骨細胞と骨芽細胞のカップリングが重要なことが明らかとなった。次に、ビーグル犬に裂開状の歯周組織欠損を作製し、根面をEDTAで脱灰後にrhBMP-2を塗布、アテロコラーゲンゲルで根面を被覆した。その結果、セメント質や歯槽骨の再生量が有意に増加した。さらに、ビーグル犬に1壁性骨欠損を作製して、EDTAで根面を脱灰、rhBMP-2を塗布した結果、歯槽骨再生量とセメント質再生量は有意に高くなった。これらの実験から、根面へのrhBMP-2塗布とコラーゲンゲルの...
  • 文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(C))
    研究期間 : 2004年 -2006年 
    代表者 : 田中 佐織, 菅谷 勉
     
    接着性レジンセメントのスーパーボンドが、生体内部で長期的にどの様に変化していくかを明らかにすることを目的として、ウマ血清中、大気中の条件下で長期間保管し、理工学的性質と生物学的性質をin vitroで評価した。理工学的性質は、1年間、3ヶ月、1ヶ月、1日保存した試料を用いて微小引張強さ(micro tensile bond strength : MTBS)とビッカース硬さを測定した。その結果セメント質のMTBSは、大気中とウマ血清中に一年保存しても大きな低下は認められなかった。ビッカース硬さは大気中に保存した方が、ウマ血清に保存するより高い傾向にあった。また保存期間が長くなると硬さは低下する傾向が見られた。生物学的性質は、同様に作製、保管した試料上に骨細胞(MC3T3-E1)を播種し1日間培養して、生体親和性を比較検討した。その結果、大気中保存、また長期保存することにより生体親和性はわずかではあるが改善する傾向が見られた。次に実験動物を用いて根尖性歯周炎を作製し、根管が汚染したまま歯根端切除およびroot-end sealingを行って3ヶ月間経過観察を行い、根尖周囲組織の変化を病理組織学的に検討した。ほとんどの症例で病巣の縮小が観察されたが、スーパーボンド表面に炎症はなく骨が近接しており、生体親和性の高さは変化していないと考えられたが、レジン表面にセメント質や歯根膜の再生は...
  • 文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(B))
    研究期間 : 2001年 -2003年 
    代表者 : 菅谷 勉, 土門 卓文, 池田 考績, 野口 裕史
     
    根管が汚染されたまま逆根管充填する場合、根管内の汚染物質が根尖歯周組織に漏洩しないように封鎖することが必要である。そこで、まず4-META/MMA-TBBレジンとセメント質の接着を検討した結果、セメント質にも象牙質と同様に接着し、接着耐久性も象牙質より優れていることが明らかとなった。次に、根管内に色素を注入して根尖周囲に漏洩する色素量を定量した結果、アマルガムや強化型ユージノールセメントによる逆根管充填では色素が漏洩したが、4-META/MMA-TBBレジンによるroot-end sealingでは漏洩がなかった。さらに、ラットを用いて4-META/MMA-TBBレジンの重合条件と生体親和性を検討した結果、空気中で硬化したレジンは炎症を誘発するが、空気を遮断したり硬化後に表面を研磨した場合には炎症がほとんど生じなかった。また、ビーグル犬を用いて実験的根尖性歯周炎を作製し、根管を汚染したままアマルガム、強化型ユージノールで逆根管充填、4-META/MMA-TBBレジンでroot-end sealingを再植法で行って、根尖歯周組織の治癒状態を検討した。その結果、アマルガムによる逆根管充填では根尖歯周組織に骨吸収が認められ、強化型ユージノールによる逆根管充填や4-META/MMA-TBBレジンによるroot-end sealingでは骨の再生が認められ、とくに術後4週では4-ME...
  • 文部科学省:科学研究費補助金(萌芽的研究, 萌芽研究)
    研究期間 : 2001年 -2002年 
    代表者 : 川浪 雅光, 齋藤 彰, 菅谷 勉
     
    歯周炎罹患歯の歯周組織再生において、歯根膜由来細胞は、結合組織性付着の形成に重要な役割を持っていると考えられている。この歯根膜由来細胞の性質を応用し、重度歯周炎罹患歯を歯槽部から摘出後、in vitroで組織培養し、残存歯根膜からルートプレーニングされた根面へ細胞増殖させた後に、再び口腔内に移植を行って歯と歯周組織の結合の回復をはかる治療法の開発をめざし、我々は4-6週間の歯根膜の組織培養により残存歯根膜から歯根膜由来細胞が遊走増殖し、ルートプレーニングした根面を覆うことを報告した。本年度は、残存歯根膜からルートプレーニングされた根面へ細胞増殖させた歯を移植し、移植歯とその周囲組織との間に生じる付着様式を検討した。実験には成ビーグル犬4頭の前歯25歯を用いた。被験歯を抜去後、CEJから幅4mmの根面を全周にわたり歯根膜とセメント質を除去し、ルートプレーニングを行った。根尖側の残存歯根膜はそのままにした。その後実験群は6週間組織培養を行った後、口腔内へ自家移植を行った。対照群はルートプレーニング後、直ちに自家移植を行った。観察期間は移植後4週とし、通法に従って脱灰標本を作製して病理組織学的観察を行った。歯肉上皮のdown growthは、対照群では残存歯根膜付近まで観察されたが、実験群では少なかった。歯肉上皮より根尖側のルートプレーニングされた根面において、実験群では根面に平行...
  • 文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(C))
    研究期間 : 2000年 -2002年 
    代表者 : 野口 裕史, 加藤 煕, 西岡 敏明, 伊藤 豊, 菅谷 勉, 加藤 煕
     
    垂直破折した歯根に対して、一度抜歯して破折分離した歯根を接着性レジンセメントで接着・再植する治療法が検討され、良好な臨床成績が報告されている。しかし、歯周組織破壊が進行した陳旧例は、新鮮破折症例に比較して成績が悪いのが現状である。そこで陳旧性歯根破折の治療法を検討する目的で、以下のような一連の研究を行った,、まず始めに、垂直性歯根破折後の歯周組織破壊の進行メカニズムについてはまったく報告がないので、ビーグル犬の歯根を実験的に垂直破折させて病理学的に検討した。その結果、垂直破折後probing depthが深くなっても恨面に歯恨膜線維は残存しており、組織学的attachment lossはほとんどないことが明らかとなった。次に、新鮮破折歯恨を接着治療した後の歯周組織の治癒状態について、実験動物を用いて口腔内接着法と口腔外接着再植法を行って比較、倹討した。その結果、口腔内接着法は破折部の封鎖が不十分になりやすく、破折に沿って細菌が増殖し、破折して接着しなかった場合と類似の歯周組織の破壊が進行したが、口腔外接着・再植法では破折部周囲の炎症やポケットの形成は少ないが、骨性癒着がわずかに認められた。陳旧性歯根破折は歯周組織破壊の幅が狭いことから、上皮の下方増殖を抑制できればセメント質、歯根膜が再生する可能性が高く、また歯周組織破壊が限局的な歯周病罹患歯を、口腔外でルートプレーニングした...
  • 歯質接着性を有する生体活性化高分子材料の開発
    ホクサイティック財団:ホクサイティック財団若手研究者奨励補助金
    研究期間 : 1999年 -2000年03月 
    代表者 : 菅谷 勉
  • 文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(B))
    研究期間 : 1998年 -1999年 
    代表者 : 下野 正基, 菅谷 勉, 橋本 貞充, 高田 隆, 前田 健康, 山田 了
     
    歯周治療後に結合組織性付着を獲得させる根面処理法の開発と臨床応用のため、歯根膜の細胞動態と根面処理との関連性の解明を目的として、以下の結果を得た。(1)歯根膜における細胞増殖と分化の機序(高田):連続酸素消化法によって層別に分画されたPDL細胞群間には増殖能や石灰化能に違いがあり、増殖能の高い細胞はPDL中央側に、石灰化能の高い細胞は歯根面近くに存在することが明らかとなった。歯根面に接して高い増殖能と石灰化能を兼ね備えた細胞群が存在し、結合組織性新付着形成に重要な役割を果していることが示唆された。(2)歯周組織の再生過程における神経の関与(前田):歯根膜ルフィニ神経終末に高親和性神経栄養因子受容体の一つであるTrkBが発現していることを免疫組織科学により明らかにするとともに、歯根膜ルフィニ神経終末に付随する終末シュワン細胞の配列が認められたことから、発生過程における終末シュワン細胞の重要性が示唆された。(3)歯根膜の再生と恒常性維持の機構(下野):歯根膜の幅を維持しその恒常性に関与すると考えられるマラッセ上皮遺残では、CK19が強く発現するとともに、CX43で構成されたギャップ結合がみられ、歯根膜の維持におけるマラッセ上皮遺残の重要性が示唆された。(4)上皮性付着と結合組織性付着との相関(橋本):ラット付着上皮および長い付着上皮における付着機構と接着蛋白の局在を免疫組織細胞科...
  • 文部科学省:科学研究費補助金(萌芽的研究)
    研究期間 : 1998年 -1999年 
    代表者 : 川浪 雅光, 西岡 敏明, 菅谷 勉
     
    1.目的:本研究では、サルの前歯部を用いて、凍結保存歯の再植後の治癒を新鮮再植歯の治癒と比較するとともに、凍結法の違いが再植後の歯周組織の治癒にどのように影響を及ぼすかについて検討した。2.方法:ニホンザル3頭の上下顎中・側切歯を被験部位とし、抜去直後に移植を行う新鮮群と超急速凍結群と緩速凍結群に無作為に振り分けた。全身麻酔および局所麻酔下で超急速凍結群と緩速凍結群の歯を、歯根膜および歯根表面を極力損傷しない様に注意しながら鉗子を用いて摘出した。培養液に摘出した歯を浸し、超急速凍結群は室温から-196℃まで瞬間的に凍結し、緩速凍結群はプログラムフリーザーによって、20度から-35度まで-0.3度c/分、-35度から-80度まで-4.5度/分、その後液体窒素にいれ、-196度まで冷却して保存した。24時間後、超急速凍結群・緩速凍結群とも室温まで急速解凍し、凍結保存歯を元の位置に再植した。また、この時新鮮群を摘出し、直ちに再植した。再植2ヶ月後に屠殺し、通法に従い、脱灰標本を作製した。標本は歯軸に対して垂直に薄切りし、HE染色を行い、光学顕微鏡にて組織学的観察を行った。3.結果:臨床検査結果では、新鮮群、超急速凍結群および緩速凍結群とも良好な治癒経過を示し、いずれの診査結果でも、3群のあいだに明らかな差は認められなかった。組織学的観察では、3群とも、大部分の歯根面は歯根膜が正常に...
  • 文部科学省:科学研究費補助金(萌芽的研究)
    研究期間 : 1998年 -1999年 
    代表者 : 加藤 熈, 菅谷 勉
     
    我々は、歯周組織の再生に歯根膜細胞が重要な役割を果たしていることから、歯周病により保存困難と判定される歯の再生療法として、抜去歯に残存する歯根膜をin vitroで培養し歯根膜細胞を露出根面へ増殖させ被覆し、これin vivoヘ再び移植する方法に着目した。我々はすでに抜去歯に残存する歯根膜をin vitroで培養すると、歯根膜から増殖した細胞が歯根膜の喪失した根面を被覆することが可能であることを明らかにした。そこで今回は、抜去歯に残存する歯根膜を組織培養し、残存歯根膜から露出根面へ細胞が遊走増殖した状態と、アルカリフォスファターゼ(ALP)の発現部位と培養期間の関係を検討すること目的に実験を行った。成ネコ5頭の犬歯を抜去して歯冠側1/2の歯根膜をルートプレーニングして除去し、根尖側1/2の歯根膜を保存した36試験片を作製し、0、2、4、6週間培養した。その結果、培養2週では露出根面へ歯根膜由来細胞が遊走していたが、ALP発現部位は認められなかった。培養4週では細胞遊走距離が著しく増加し、ALP発現部位がわずかに認められた。培養6週では、細胞遊走距離は4週群との差はわずかで、ALP距離は平均約0.92mmと増加していたが、有意差は認められなかった。一方、4、6週群の細胞遊走距離とALP距離の相関係数は低く、統計学的に相関は認められなかった。現在、ネコの抜去歯に付着する歯根膜をi...
  • 文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(C))
    研究期間 : 1997年 -1998年 
    代表者 : 菅谷 勉
     
    歯根膜細胞をin vitroで培養・増殖させ、これをin vivoに移植することが歯周組織再生に有効であることを示してきたが、培養・移植した歯根膜細胞が歯周組織を再生しているのか、周囲の細胞にシグナルを与え誘導分化させているのか不明であった。そこで、培養した細胞を標識してから移植することにより、培養細胞のin vivoでの動態を検討した。近親交配ウイスター系ラットを用い、上下前歯を採取して歯根膜細胞を培養、増殖させ、象牙質片に培養歯根膜細胞を播種、さらにBrdU0.1%を添加したMEMで培養して移植した。移植部位はラットの頭蓋骨上とし、被験面を骨面側にして静置、Gore-Tex膜で被覆して弁を縫合した。観察期間を移植後7、14、21、28日とし、標本を作成して観察を行った。その結果、培養細胞を付着させていない象牙質のみの移植では、14日以後の標本では骨性癒着が多発したのに対し、培養細胞を付着させて移植した場合は、骨性癒着がなく、象牙質上にセメント質様の硬組織新生が見られ、培養歯根膜細胞移植による歯周組織再生の有効性が認められた。さらにBrdUの免疫染色、ALP染色、TRAP染色により、培養・移植した細胞の動態を観察した結果、象牙質表面の根吸収が一層生じてからセメント質様硬組織の形成が開始され、歯周組織の発生やGTRなどの再生時に見られるのと同様の過程が観察された。また、移植後...
  • 文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(B))
    研究期間 : 1997年 -1998年 
    代表者 : 加藤 煕, 本郷 興人, 根岸 淳, 菅谷 勉, 岩並 知敏, 坂上 竜資
     
    1. Bruxismの新しい診査・診断装置の開発多くの歯科医が臨床応用可能な小型Bruxism診断装置の開発を目的とし,すでに我々が開発した夜間睡眠中のBruxismの電気生理学的記録装置を大幅に改良し,日常臨床応用可能なように小型軽量化し,測定法と分析法を簡易化し,Bruxismの実態を記録できる新しい装置を試作した。開発した装置は約65mm×100mm×35mmで,頭部バンドにて固定して使用し,左右の咬筋に接続する4本とアース用の計5本の端子が出ており,装置表面には総Bruxism時間を表示する液晶が組み込まれ,左右の咬筋が同時に活動したときのみに反応するようにAND回路が中程に組み込まれている。AND回路をOR回路に組み換えることも容易であり,この場合はどちらかの咬筋が活動したときに反応する設計である。本装置は小型で装着時の違和感が少なく装置を付けたまま歩くことも可能であり,患者のBruxismを客観的に診査・診断できる。2. Bruxismによる歯周組織破壊のメカニズムの解明(1) 睡眠中のBruxismと覚醒時に意識的に行うBruxismがどのように異なるかを成人10人について加藤(義)らが開発した睡眠時顎運動記録装置を用いて顎運動,筋活動,咬合接触を同時記録し比較した結果,Clenching時の下顎の位置は睡眠時と覚醒時で異なる場合が多く,Grinding時の下顎...
  • 文部科学省:科学研究費補助金(萌芽的研究)
    研究期間 : 1997年 -1998年 
    代表者 : 本郷 興人, 西岡 敏明, 岩並 知敏, 菅谷 勉
     
    重度歯周疾患に罹患した歯に歯周組織を再生させる新しい治療法の開発の第1段階として、抜去歯に残存する歯根膜を露出歯根面上へin vitroで培養して、後に再植する方法の開発を目指した。抜去した後に、部分的にルートプレーニングした歯根面への残存歯根膜細胞の遊走増殖を経時的に観察し検討した。実験には成ネコ7頭を用い、それぞれの犬歯を抜去して歯根側1/2の歯根膜を保存し、歯冠側1/2を露出根面とした。培養期間は、0、2、4、6週間とし、歯根膜由来細胞の観察と遊走増殖距離を計測した。細胞の遊走増殖距離は、2週では0.8mm、4週では4.6mmであった。露出歯根面と歯根膜保存根面付近で細胞密度が高く、歯冠側に向かって細胞密度が低くなる傾向があった。6週では5.2mmで、露出歯根面をほぼ全面被覆し、高い細胞密度の部分の拡大が観察された。歯根膜の残存部分では表層部分の細胞がしだいに増加し歯根膜の歯根面側の細胞は減少する傾向を示した。アルカリフォスファターゼ活性は、6週で残存歯根膜全面と歯根膜保存面と除去面の界面から2mm程度の部分までの増殖歯根膜部分に陽性反応が認められた。増殖核抗原陽性細胞は、残存歯根膜の表層と、露出した歯根表面に増殖した細胞の表層全面に認められた。これらの結果から、歯根膜が一部残存している歯根の歯根膜組織をin vitroで培養しすることによって、ルートプレーニングした歯...
  • 文部科学省:科学研究費補助金(奨励研究(A))
    研究期間 : 1996年 -1996年 
    代表者 : 菅谷 勉
     
    歯根膜細胞をin vitroで培養・増殖させ、これをin vivoに移植することが歯周組織再生に有効であることが示唆されている。しかし、培養した歯根膜細胞の継代数や象牙質の根面処理方法の違いが、歯周組織再生に及ぶす効果は全く不明である。近親交配ウイスター系ラットから上下前歯を採取、歯根膜細胞を培養、増殖させた。同時に抜去歯のセメント質を完全に除去し、縦2mm,横1mm,厚さ0.5mmの象牙質片を作製し、1Nクエン酸で1分間酸処理を行った。実験群は、これに培養した初代の歯根膜組織を播種し、象牙質片上でconfleuentになるまで4週間培養し移植を行った。対象群は細胞付着のない象牙質片を移植した。歯根移植群は健康な歯根膜の付着した新鮮抜去歯を獲得して直ちに移植した。3群とも移植部位はラットの頭蓋骨上とし、被験面を骨側面にして静置、Gore-Tex膜で被覆して弁を縫合した。2, 4, 6週間後に屠殺して、被験象牙質面の形態を評価した。その結果、対象群は2週ですでにほぼ前面が根吸収がみられ、4, 6週ではさらに根吸収が進行していた。歯根移植群は2, 4週は、歯根膜が残存していたが、6週では根吸収が観察された。実験群は、2週例では結合織が根面の線維と結合している状態であり、4週でははセメント質様の硬組織新生部分が認められたほか、骨性癒着や結合組織性付着の像も認められた。6週では全て骨...
  • treatment of fractured teeth
    The Other Research Programs
    研究期間 : 1996年
  • 文部科学省:科学研究費補助金(奨励研究(A))
    研究期間 : 1995年 -1995年 
    代表者 : 菅谷 勉
     
    歯根膜細胞をin vitroで培養・増殖させ、これをin vivoに移植することが歯周組織再生に有効であるかを検討した。近親交配ウイスター系ラットから上下前歯を採取、歯根膜細胞をMEM中で4週間培養し増殖させた。同時に抜去歯のセメント質を完全に除去し、縦2mm,横1mm,厚さ0.5mmの象牙質片を作製し、1Nクエン酸で1分間酸処理を行い、MEMで洗浄した。test groupは、これに培養した歯根膜細胞を播種し、象牙質片上でconfluentになるまで4週間培養し移植を行った。Negative controlは細胞付着のない象牙質片を移植した。Positive controlは健康な歯根膜の付着した新鮮抜去歯を獲得して直ちに移植した。3群とも移植部位はラットの頭蓋骨上とし、被験面を骨面側にして静置、Gore-Tex膜で被覆して弁を縫合した。各群N=2として2,4週後に屠殺し光顕観察して、被験象牙質面の形態を評価した。その結果、negative controlは2週ですでにほぼ全面が骨性癒着して根吸収がみられ、4週ではさらに根吸収が進行していた。positive controlは2,4週いずれの例も、骨性癒着して根吸収が認められた部分と、セメント質と歯根膜が残存して生理学的な形態に類似した像との両方が認められた。2週と4週との比較では、4週例の方が根呼吸の面積がやや増加している...
  • ポケット探針型超音波スケーラーの開発と臨床応用
    日本歯科医学会:日本歯科医学会総合的研究推進費
    研究期間 : 1992年 -1993年03月 
    代表者 : 菅谷 勉
  • 文部科学省:科学研究費補助金(奨励研究(A))
    研究期間 : 1993年 -1993年 
    代表者 : 菅谷 勉
     
    歯周炎が進行して、歯周ポケットが根尖まで及ぶと保存は困難とされている。しかし、根尖に及んだポケットが歯根全周ではなく幅の狭い限局的な場合には、根面に残存する歯根膜面積は多く、これを歯周組織再生に有効に利用できる可能性が考えられる。そこで、まず実験動物に垂直性の骨欠損を作製し、患歯を一度抜歯してルートプレーニング後、Group1は元の向きに再植、Group2は180度捻転して再植、Group3は元の向きに再植してGTR、Group4は180度捻転して再植GTRを行った。現在、病理組織学的に観察を行っており、Group1に比較して2、3、4の方が歯周組織再生量は多い傾向がみられているが、部位による結果のばらつきがが多く、定量的な評価を行うには大型の動物により検討する必要が認められるため、現在その準備を進めているところである。さらに、臨床的にも同時に評価を加えており、抜歯適用のの高度歯周炎罹患歯に、患者の同意を得た上で、同様な検討を進めている。現在、症例数が少なく定量的な比較は行っていないが、Group2、3、4では著名な改善、すなわち、Probin depthの現象、Clinical attachmento levelの増加、Bone levelの増加が認められており、再植法を応用した歯周組織再生法の有効性が示唆されている。今後は臨床例を増やして行くことにより、骨欠損の形態等がど...
  • Periodontal Regeneration by Tissue Engineering
    研究期間 : 1992年

教育活動情報

主要な担当授業

  • 歯科学
    開講年度 : 2020年
    課程区分 : 学士課程
    開講学部 : 医学部
  • 発表・論文執筆法演習Ⅰ
    開講年度 : 2020年
    課程区分 : 博士後期課程
    開講学部 : 歯学研究科
    キーワード : 研究計画,文献検索,研究のまとめ,口頭発表,論文作製
  • 発表・論文執筆法演習Ⅰ
    開講年度 : 2020年
    課程区分 : 博士後期課程
    開講学部 : 歯学院
    キーワード : 研究計画,文献検索,研究のまとめ,口頭発表,論文作製
  • 発表・論文執筆法演習Ⅱ
    開講年度 : 2020年
    課程区分 : 博士後期課程
    開講学部 : 歯学研究科
    キーワード : 研究計画,文献検索,研究のまとめ,口頭発表,論文作製
  • 発表・論文執筆法演習Ⅱ
    開講年度 : 2020年
    課程区分 : 博士後期課程
    開講学部 : 歯学院
    キーワード : 研究計画,文献検索,研究のまとめ,口頭発表,論文作製
  • 発表・論文執筆法演習Ⅲ
    開講年度 : 2020年
    課程区分 : 博士後期課程
    開講学部 : 歯学研究科
    キーワード : 研究計画,文献検索,研究のまとめ,口頭発表,論文作製
  • 発表・論文執筆法演習Ⅲ
    開講年度 : 2020年
    課程区分 : 博士後期課程
    開講学部 : 歯学院
    キーワード : 研究計画,文献検索,研究のまとめ,口頭発表,論文作製
  • 歯周病学
    開講年度 : 2020年
    課程区分 : 博士後期課程
    開講学部 : 歯学研究科
    キーワード : 歯周炎,歯周組織,歯周ポケット,プラーク,咬合性外傷
  • 歯周病学
    開講年度 : 2020年
    課程区分 : 博士後期課程
    開講学部 : 歯学院
    キーワード : 歯周炎,歯周組織,歯周ポケット,プラーク,咬合性外傷
  • 歯周病学研究Ⅱ
    開講年度 : 2020年
    課程区分 : 博士後期課程
    開講学部 : 歯学研究科
    キーワード : 歯周炎,歯周ポケット、細菌、歯周組織,歯根膜,セメント質、歯槽骨,サイトカイン、スキャホールド、咬合
  • 歯周病学研究Ⅱ
    開講年度 : 2020年
    課程区分 : 博士後期課程
    開講学部 : 歯学院
    キーワード : 歯周炎,歯周ポケット、細菌、歯周組織,歯根膜,セメント質、歯槽骨,サイトカイン、スキャホールド、咬合
  • 歯周組織再建外科学
    開講年度 : 2020年
    課程区分 : 博士後期課程
    開講学部 : 歯学研究科
    キーワード : 歯周組織, 再生, セメント質, 歯槽骨, 歯根膜, 歯肉
  • 歯周組織再建外科学
    開講年度 : 2020年
    課程区分 : 博士後期課程
    開講学部 : 歯学院
    キーワード : 歯周組織, 再生, セメント質, 歯槽骨, 歯根膜, 歯肉
  • 歯周組織再建学研究Ⅱ
    開講年度 : 2020年
    課程区分 : 博士後期課程
    開講学部 : 歯学研究科
    キーワード : 歯周組織、再生、歯根膜、セメント質、歯槽骨、歯肉
  • 口腔健康科学実習Ⅰ
    開講年度 : 2020年
    課程区分 : 博士後期課程
    開講学部 : 歯学研究科
    キーワード : 歯周炎、根尖性歯周炎、歯髄炎
  • 口腔健康科学実習Ⅱ
    開講年度 : 2020年
    課程区分 : 博士後期課程
    開講学部 : 歯学研究科
    キーワード : 歯周炎、根尖性歯周炎、歯髄炎
  • 口腔健康科学実習Ⅲ
    開講年度 : 2020年
    課程区分 : 博士後期課程
    開講学部 : 歯学研究科
    キーワード : 歯周炎、根尖性歯周炎、歯髄炎
  • 口腔健康科学実習Ⅳ
    開講年度 : 2020年
    課程区分 : 博士後期課程
    開講学部 : 歯学研究科
    キーワード : 歯周炎、根尖性歯周炎、歯髄炎
  • 口腔健康科学実習Ⅴ
    開講年度 : 2020年
    課程区分 : 博士後期課程
    開講学部 : 歯学研究科
    キーワード : 歯周炎、根尖性歯周炎、歯髄炎
  • 歯周組織再建学研究Ⅱ
    開講年度 : 2020年
    課程区分 : 博士後期課程
    開講学部 : 歯学院
    キーワード : 歯周組織、再生、歯根膜、セメント質、歯槽骨、歯肉
  • 口腔健康科学実習Ⅰ
    開講年度 : 2020年
    課程区分 : 博士後期課程
    開講学部 : 歯学院
    キーワード : 歯周炎、根尖性歯周炎、歯髄炎
  • 口腔健康科学実習Ⅱ
    開講年度 : 2020年
    課程区分 : 博士後期課程
    開講学部 : 歯学院
    キーワード : 歯周炎、根尖性歯周炎、歯髄炎
  • 口腔健康科学実習Ⅲ
    開講年度 : 2020年
    課程区分 : 博士後期課程
    開講学部 : 歯学院
    キーワード : 歯周炎、根尖性歯周炎、歯髄炎
  • 口腔健康科学実習Ⅳ
    開講年度 : 2020年
    課程区分 : 博士後期課程
    開講学部 : 歯学院
    キーワード : 歯周炎、根尖性歯周炎、歯髄炎
  • 口腔健康科学実習Ⅴ
    開講年度 : 2020年
    課程区分 : 博士後期課程
    開講学部 : 歯学院
    キーワード : 歯周炎、根尖性歯周炎、歯髄炎
  • 歯周組織再建学研究Ⅰ
    開講年度 : 2020年
    課程区分 : 博士後期課程
    開講学部 : 歯学院
    キーワード : 歯周組織,再生, セメント質, 歯槽骨, 歯根膜, 歯肉
  • 歯周組織再建学研究Ⅰ
    開講年度 : 2020年
    課程区分 : 博士後期課程
    開講学部 : 歯学研究科
    キーワード : 歯周組織,再生, セメント質, 歯槽骨, 歯根膜, 歯肉
  • 歯周病学研究Ⅰ
    開講年度 : 2020年
    課程区分 : 博士後期課程
    開講学部 : 歯学研究科
    キーワード : 歯周炎,歯周ポケット、細菌、歯周組織,歯根膜,セメント質、歯槽骨,サイトカイン、スキャホールド
  • 歯周病学研究Ⅰ
    開講年度 : 2020年
    課程区分 : 博士後期課程
    開講学部 : 歯学院
    キーワード : 歯周炎,歯周ポケット、細菌、歯周組織,歯根膜,セメント質、歯槽骨,サイトカイン、スキャホールド
  • アクティブラーニング科目Ⅴ
    開講年度 : 2020年
    課程区分 : 学士課程
    開講学部 : 歯学部
    キーワード : 歯科疾患、課題解決型学修
  • アクティブラーニング科目Ⅵ
    開講年度 : 2020年
    課程区分 : 学士課程
    開講学部 : 歯学部
    キーワード : インプラント、冷水痛、義歯性口内炎
  • 歯周病学・歯内療法学臨床実習Ⅰ
    開講年度 : 2020年
    課程区分 : 学士課程
    開講学部 : 歯学部
    キーワード : 歯周組織、歯周病、歯周治療、歯髄、根尖組織、抜髄、根管治療
  • 歯周病学・歯内療法学臨床実習Ⅱ
    開講年度 : 2020年
    課程区分 : 学士課程
    開講学部 : 歯学部
    キーワード : 歯周組織、歯周病、歯周治療、歯髄、根尖組織、抜髄、根管治療
  • 歯周病学・歯内療法学基礎実習
    開講年度 : 2020年
    課程区分 : 学士課程
    開講学部 : 歯学部
    キーワード : 歯周組織、歯周治療、歯髄、根尖組織、抜髄、根管治療
  • 歯周病学・歯内療法学
    開講年度 : 2020年
    課程区分 : 学士課程
    開講学部 : 歯学部
    キーワード : 歯周組織、歯周治療、歯髄、根尖組織、抜髄、根管治療
  • 一般教育演習(フレッシュマンセミナー)
    開講年度 : 2020年
    課程区分 : 学士課程
    開講学部 : 全学教育
    キーワード : バイオ/ライフサイエンス、ナノテクノロジー、学術論文
  • 歯科学概論Ⅰ
    開講年度 : 2020年
    課程区分 : 学士課程
    開講学部 : 歯学部
    キーワード : 歯科学、歯科医学
  • 外科学Ⅱ
    開講年度 : 2020年
    課程区分 : 学士課程
    開講学部 : 歯学部
    キーワード : 外科学 外科的処置
  • 外科学
    開講年度 : 2020年
    課程区分 : 学士課程
    開講学部 : 歯学部
    キーワード : 外科学 外科的処置 
  • 健康と社会
    開講年度 : 2020年
    課程区分 : 学士課程
    開講学部 : 全学教育
    キーワード : 咬む(噛む),咀嚼,健康,心の健康 歯科

大学運営

委員歴

  • 2020年07月 - 現在   日本歯科保存学会   理事
  • 2020年05月 - 現在   日本歯周病学会   理事
  • 2017年 - 現在   日本外傷歯学会   理事
  • 2016年 - 現在   日本歯内療法学会   合理化委員会
  • 1997年 - 現在   日本歯科保存学会   評議員
  • 1997年 - 現在   日本歯周病学会   評議員
  • 2011年 - 2017年03月   日本歯周病学会   教育委員会委員   日本歯周病学会


Copyright © MEDIA FUSION Co.,Ltd. All rights reserved.