綾部 時芳アヤベ トキヨシresearchmap個人ページ

更新日 : 2018/05/03

基本情報

プロフィール

所属部署名
先端生命科学研究院 生命機能科学研究部門 細胞生物科学分野
創成研究機構
産学・地域協働推進機構
職名教授 
学位
医学博士(旭川医科大学)
メールアドレス
ホームページURLhttp://altair.sci.hokudai.ac.jp/infsig/
科研費研究者番号

研究キーワード

潰瘍性大腸炎, クローン病, 腸内細菌, 腸内環境, 脳腸相関, 自然免疫, 消化器病学, 炎症性腸疾患, 腸からみた食と健康, パネト細胞, 抗菌ペプチド, defensin, 医食同源, 幹細胞, 消化管, 線維症治療, 再生医療, 粘膜免疫, 生活習慣病, 感染症

研究分野

内科系臨床医学 / 消化器内科学
基礎医学 / 免疫学
研究分野を全て表示する
研究分野閉じる
内科系臨床医学 / 消化器内科学
基礎医学 / 免疫学

職歴

-
現在
北海道大学大学院先端生命科学研究院 教授
-
現在
北海道大学大学院生命科学院 副学院長・生命融合科学コース長
-
現在
北海道大学病院 客員臨床教授(兼任)
-
現在
旭川医科大学客員教授(兼任)
旭川医科大学消化管再生修復医学講座 客員助教授
旭川医科大学第三内科 講師
米国カリフォルニア大学アーバイン校医学部病理学講座 研究員
旭川医科大学第三内科 助手
職歴を全て表示する
職歴閉じる
-
現在
北海道大学大学院先端生命科学研究院 教授
-
現在
北海道大学大学院生命科学院 副学院長・生命融合科学コース長
-
現在
北海道大学病院 客員臨床教授(兼任)
-
現在
旭川医科大学客員教授(兼任)
旭川医科大学消化管再生修復医学講座 客員助教授
旭川医科大学第三内科 講師
米国カリフォルニア大学アーバイン校医学部病理学講座 研究員
旭川医科大学第三内科 助手

学歴

1989年
旭川医科大学大学院医学研究科修了(医学博士)
1984年
旭川医科大学医学部卒業
学歴を全て表示する
学歴閉じる
1989年
旭川医科大学大学院医学研究科修了(医学博士)
1984年
旭川医科大学医学部卒業

所属学協会

米国消化器病学会
国際粘膜免疫学会
米国実験病理学会
日本内科学会
日本消化器病学会
日本消化器内視鏡学会
日本分子生物学会
日本免疫学会
日本癌学会
日本食品免疫学会
所属学協会を全て表示する
所属学協会閉じる
米国消化器病学会
国際粘膜免疫学会
米国実験病理学会
日本内科学会
日本消化器病学会
日本消化器内視鏡学会
日本分子生物学会
日本免疫学会
日本癌学会
日本食品免疫学会
腸内細菌学会
日本再生医療学会
日本消化器免疫学会
北海道医学会

研究活動

論文

R-Spondin1 expands Paneth cells and prevents dysbiosis induced by graft-versus-host disease
Hayase E, Hashimoto D, Nakamura K, Noizat C, Ogasawara R, Takahashi S, Ohigashi H, Yokoi Y, Sugimoto R, Matsuoka S, Ara T, Yokoyama E, Yamakawa T, Ebata K, Kondo T, Hiramine R, Aizawa T, Ogura Y, Hayashi T, Mori H, Kurokawa K, Tomizuka K, Ayabe T, Teshima T
J Exp Med doi: 10.1084/jem.20170418 2017年
Paneth cell α-defensins and enteric microbiota in health and disease.
Nakamura K, Sakuragi N, Takakuwa A, Ayabe T.
Biosci Microbiota Food Health (doi: 10.12938/bmfh.2015-019) 2016年
Stiff substrates increase YAP-signaling-mediated matrix metalloproteinase-7 expression.
Nukuda A, Sasaki C, Ishihara S, Mizutani T, Nakamura K, Ayabe T, Kawabata K, Haga H.
Oncogenesis 4 2015年
Decreased Secretion of Paneth cell α-defensin in Graft-versus-host disease.
Eriguchi Y, Nakamura K, Hashimoto D, Shimoda S, Shimono N, Akashi K, Ayabe T, Teshima T.
Transpl Infect Dis 17(5) 702-706 2015年
Efficient production of a correctly folded mouse α-defensin, cryptdin-4, by refolding during inclusion body solubilization.
Tomisawa S, Sato Y, Kamiya M, Kumaki Y, Kikukawa T, Kawano K, Demura M, Nakamura K, Ayabe T, Aizawa T
Protein Expr purif 112 21-28 2015年
Bacterial cell wall components regulate adipokine secretion from visceral adipocytes.
Taira R, Yamaguchi S, Shimizu K, Nakamura K, Ayabe T, Taira T
J Clin Biochem Nutr 56(2) 149-154 2015年
SuperNova, a monomeric photosensitizing fluorescent protein for chromophore-assisted light inactivation.
Takemoto K, Matsuda T, Sakai N, Fu D, Noda M, Uchiyama S, Kotera I, Arai Y, Horiuchi M, Fukui K, Ayabe T, Inagaki F, Suzuki H, Nagai T
Sci Rep 3 2013年
Reciprocal expression of enteric antimicrobial proteins in intestinal graft-versus-host disease.
Eriguchi Y, Uryu H, Nakamura K, Shimoji S, Takashima S, Iwasaki H, Miyamoto T, Shimono N, Hashimoto D, Akashi K, Ayabe T, Teshima T
Biol Blood Marrow Transplant 19(10) 1525-1529 2013年
A monoclonal antibody-based sandwich enzyme-linked immunosorbent assay for detection of secreted α-defensin.
Nakamura K, Sakuragi N, Ayabe T
Anal Biochem 443(2) 124-131 2013年
Isoleucine, an Essential Amino Acid, Induces the Expression of Human β Defensin 2 through the Activation of the G-Protein Coupled Receptor-ERK Pathway in the Intestinal Epithelia.
Konno Y, Ashida T, Inaba Y, ItoT, Tanabe H, Maemoto A, Ayabe T, Mizukami Y, Fujiya M, Kohgo Y.
Food Nutrition Sciences 3(4) 548-555 2012年
論文を全て表示する
論文閉じる
R-Spondin1 expands Paneth cells and prevents dysbiosis induced by graft-versus-host disease
Hayase E, Hashimoto D, Nakamura K, Noizat C, Ogasawara R, Takahashi S, Ohigashi H, Yokoi Y, Sugimoto R, Matsuoka S, Ara T, Yokoyama E, Yamakawa T, Ebata K, Kondo T, Hiramine R, Aizawa T, Ogura Y, Hayashi T, Mori H, Kurokawa K, Tomizuka K, Ayabe T, Teshima T
J Exp Med doi: 10.1084/jem.20170418 2017年
Paneth cell α-defensins and enteric microbiota in health and disease.
Nakamura K, Sakuragi N, Takakuwa A, Ayabe T.
Biosci Microbiota Food Health (doi: 10.12938/bmfh.2015-019) 2016年
Stiff substrates increase YAP-signaling-mediated matrix metalloproteinase-7 expression.
Nukuda A, Sasaki C, Ishihara S, Mizutani T, Nakamura K, Ayabe T, Kawabata K, Haga H.
Oncogenesis 4 2015年
Decreased Secretion of Paneth cell α-defensin in Graft-versus-host disease.
Eriguchi Y, Nakamura K, Hashimoto D, Shimoda S, Shimono N, Akashi K, Ayabe T, Teshima T.
Transpl Infect Dis 17(5) 702-706 2015年
Efficient production of a correctly folded mouse α-defensin, cryptdin-4, by refolding during inclusion body solubilization.
Tomisawa S, Sato Y, Kamiya M, Kumaki Y, Kikukawa T, Kawano K, Demura M, Nakamura K, Ayabe T, Aizawa T
Protein Expr purif 112 21-28 2015年
Bacterial cell wall components regulate adipokine secretion from visceral adipocytes.
Taira R, Yamaguchi S, Shimizu K, Nakamura K, Ayabe T, Taira T
J Clin Biochem Nutr 56(2) 149-154 2015年
SuperNova, a monomeric photosensitizing fluorescent protein for chromophore-assisted light inactivation.
Takemoto K, Matsuda T, Sakai N, Fu D, Noda M, Uchiyama S, Kotera I, Arai Y, Horiuchi M, Fukui K, Ayabe T, Inagaki F, Suzuki H, Nagai T
Sci Rep 3 2013年
Reciprocal expression of enteric antimicrobial proteins in intestinal graft-versus-host disease.
Eriguchi Y, Uryu H, Nakamura K, Shimoji S, Takashima S, Iwasaki H, Miyamoto T, Shimono N, Hashimoto D, Akashi K, Ayabe T, Teshima T
Biol Blood Marrow Transplant 19(10) 1525-1529 2013年
A monoclonal antibody-based sandwich enzyme-linked immunosorbent assay for detection of secreted α-defensin.
Nakamura K, Sakuragi N, Ayabe T
Anal Biochem 443(2) 124-131 2013年
Isoleucine, an Essential Amino Acid, Induces the Expression of Human β Defensin 2 through the Activation of the G-Protein Coupled Receptor-ERK Pathway in the Intestinal Epithelia.
Konno Y, Ashida T, Inaba Y, ItoT, Tanabe H, Maemoto A, Ayabe T, Mizukami Y, Fujiya M, Kohgo Y.
Food Nutrition Sciences 3(4) 548-555 2012年
Conststruction of a novel expression system for cryptdin-4 by using inclusion body formation.
Sato Y, Tomisawa S, Aizawa T, Sakai N, Kamiya M, Kikukawa T, Kumaki Y, Demura M, Ayabe T, Kawano K.
Peptide Science 2011  393-394 2012年
Paneth cells and stem cells in the intestinal stem cell niche and their association with inflammatory bowel disease.
Nakamura K, Ayabe T.
Inflammation Regeneration 32(2) 53-60 2012年
Paneth cells regulate both chemotaxis of immature dendritic cells and cytokine production from epithelial cells.
Ito T, Tanabe H, Ayabe T, Ishikawa C, Inaba Y, Maemoto A, Kono T, Ashida T, Fujiya M, Kohgo Y.
Tohoku J Exp Med 227(1) 39-48 2012年
Graft-versus-host disease disrupts intestinal microbial ecology by inhibiting Paneth cell production of α-defensins.
Eriguchi Y, Takashima S, Oka H, Shimoji S, Nakamura K, Uryu H, Shimoda S, Iwasaki H, Shimono N, Ayabe T, Akashi K, Teshima T.
Blood 120(1) 223-231 2012年
A systematic analysis of aromatic heterocyclic rings in solvatochromic fluorophores.
Son SH, Abe Y, Yuasa M, Yamagishi Y, Sakai N, Ayabe T, Yamada K.
Chem Lett 40(4) 378-380 2011年
Bactericidal activity of mouse α-defensin cryptdin-4 predominantly affects noncommensal bacteria.
Masuda K, Sakai N, Nakamura K, Yoshioka S, Ayabe T.
J Innate Immun 3(3) 315-326 2011年
Regulation of microbiota by antimicrobial peptides in the gut.
Masuda K, Nakamura K, Yoshioka S, Fukaya R, Sakai N, Ayabe T.
Adv Otorhinolaryngol 72 97-99 2011年
Precursor processing of human defensin-5 is essential to the multiple functions in vitro and in vivo.
Ishikawa C, Tanabe H, Maemoto A, Ito T, Watari J, Kono T, Fujiya M, Ashida T, Ayabe T, Kohgo Y.
J Innate Immun 2(1) 66-76 2010年
Expression of the antimicrobial peptide alpha-defensin/cryptdins in intestinal crypts decreases at the initial phase of intestinal inflammation in a model of inflammatory bowel disease, IL-10-deficient mice.
Inaba Y, Ashida T, Ito T, Ishikawa C, Tanabe H, Maemoto A, Watari J, Ayabe T, Mizukami Y, Fujiya M, Kohgo Y.
Inflamm Bowel Dis 16(9) 1488-1495 2010年
Functional analysis of an alpha-helical antimicrobial peptide derived from a novel mouse defensin-like gene.
Kawaguchi A, Suzuki T, Kimura T, Sakai N, Ayabe T, Sawa H, Hasegawa H.
Biochem Biophys Res Commun 398(4) 778-784 2010年
Molecular characteristics and physiological functions of major royal jelly protein 1 oligomer.
Tamura S, Amano S, Kono T, Kondoh J, Yamaguchi K, Kobayashi S, Ayabe T, Moriyama T.
Proteomics 9(24) 5534-5543 2009年
Antimicrobial peptides in the gut innate immunity.
Sakai N, Ayabe T.
Int J Probiotics Prebiotics 3(3) 123-126 2008年
Functional role of metaplastic paneth cell defensins in Helicobacter pylori-infected stomach.
Tanabe H, Sato T, Watari J, Maemoto A, Fijiya M, Kono T, Ashida T, Ayabe T, Kohgo Y.
Helicobacter 13(5) 370-379 2008年
Denatured human alpha-defensin attenuates the bactericidal activity and the stability against enzymatic digestion.
Tanabe H, Ayabe T, Maemoto A, Ishikawa C, Inaba Y, Sato R, Moriichi K, Okamoto K, Watari J, Kono T, Ashida T, Kohgo Y.
Biochem Biophys Res Commun 358(1) 349-355 2007年
Mouse paneth cell secretory responses to cell surface glycolipids of virulent and attenuated pathogenic bacteria.
Tanabe H, Ayabe T, Bainbridge B, Guina T, Ernst RK, Darveau RP, Miller SI, Ouellette AJ.
Infect Immun 73(4) 2312-2320 2005年
Phase II study of irinotecan, leucovorin, 5-fluorouracil and tegafur/uracil for metastatic colorectal cancer.
Kono T, Ebisawa Y, Tomita I, Chisato N, Kamiya K, Asama T, Ayabe T, Ashida T, Kohgo Y, Kasai S.
J Chemother 17(2) 224-227 2005年
Reduction of syndecan-1 expression in differentiated type early gastric cancer and background mucosa with gastric cellular phenotype.
Watari J, Saitoh Y, Fujiya M, Shibata N, Tanabe H, Inaba Y, Okamoto K, Maemoto A, Ohta T, Yasuda A, Ayabe T, Ashida T, Yokota K, Obara T, Kohgo Y.
J Gastroenterol 39(2) 104-112 2004年
Impaired nitric oxide production of the myenteric plexus in colitis detected by a new bioimaging system.
Kono T, Chisato N, Ebisawa Y, Asama T, Sugawara M, Ayabe T, Kohgo Y, Kasai S, Yoneda M, Takahashi T.
J Surg Res 117(2) 329-338 2004年
Direct evidence that induced nitric oxide production in hepatocytes prevents liver damage during lipopolysaccharide tolerance in rats.
Ebisawa Y, Kono T, Yoneda M, Asama T, Chisato N, Sugawara M, Ishikawa K, Iwamoto J, Ayabe T, Kohgo Y, Kasai S.
J Surg Res 118(2) 183-189 2004年
The role of Paneth cells and their antimicrobial peptides in innate host defense.
Ayabe T, Ashida T, Kohgo Y, Kono T.
Trends Microbiol 12(8) 394-398 2004年
Leukocytapheresis for treatment of IBD.
Kohgo Y, Ashida T, Maemoto A, Ayabe T.
J Gastroenterol 38 Suppl 15 31-34 2003年
Modulation of mouse Paneth cell alpha-defensin secretion by mIKCa1, a Ca2+-activated, intermediate conductance potassium channel.
Ayabe T, Wulff H, Darmoul D, Cahalan MD, Chandy KG, Ouellette AJ.
J Biol Chem 277(5) 3793-3800 2002年
Activation of Paneth cell alpha-defensins in mouse small intestine.
Ayabe T, Satchell DP, Pesendorfer P, Tanabe H, Wilson CL, Hagen SJ, Ouellette AJ.
J Biol Chem 277(7) 5219-5228 2002年
Natural history of colorectal nonpolypoid adenomas: a prospective colonoscopic study and relation with cell kinetics and K-ras mutations.
Watari J, Saitoh Y, Obara T, Fujiya M, Maemoto A, Ayabe T, Ashida T, Yokota K, Orii Y, Kohgo Y.
Am J Gastroenterology 97(8) 2109-2115 2002年
Minute findings by magnifying colonoscopy are useful for the evaluation of ulcerative colitis.
Fujiya M, Saitoh Y, Nomura M, Maemoto A, Fujiya K, Watari J, Ashida T, Ayabe T, Obara T, Kohgo Y.
Gastrointest Endosc 56(4) 535-542 2002年
Quantitative analysis for human glucocorticoid receptor alpha/beta mRNA in IBD.
Orii F, Ashida T, Nomura M, Maemoto A, Fujiki T, Ayabe T, Imai S, Saitoh Y, Kohgo Y.
Biochem Biophys Res Commun 296(5) 1286-1294 2002年
Genetic and phenotypic polymorphisms of the A subunit of Coagulation factor XIII in Japanese population.
Taniguchi M, Ayabe T, Ashida T, Fujimoto Y, Kohgo Y.
Biochem Genet 40(9-10) 339-349 2002年
High-frequency Ultrasound probes in the evaluation of colorectal neoplasia.
Saitoh Y, Watari J, Fujiya M, Miyoshi Y, Maemoto A, Ayabe T, Ashida T, Ohta T, Kohgo Y.
Digestive Endosc 13 S14-18 2001年
Adaptive cytoprotection against acetic acid induced colonic injury in rats.
Kono T, Yoneda M, Ohara K, Ayabe T, Chisato N, Kohgo Y, Kasai S, Terano A, Tache Y.
Int J Colorectal Dis 16(6) 384-390 2001年
Balloon-occuluded endoscopic retrograde ileography.
Taruishi M, Saitoh Y, Watari J, Ashida T, Ayabe T, Takemura K, Yokota K, Obara T, Kohgo Y.
Radiology 214(3) 908-911 2000年
Autoantibodies against the specific epitope of human tropomyosin(s) detected by a peptide based enzyme immunoassay in sera of patients with ulcerative colitis show antibody dependent cell mediated cytotoxicity against HLA-DPw9 transfected L cells.
Sakamaki S, Takayanagi N, Yoshizaki N, Hayashi S, Takayama T, Kato J, Kogawa K, Yamauchi N, Takemoto N, Nobuoka A, Ayabe T, Kohgo Y, Niitsu Y.
Gut 47(2) 236-241 2000年
Expression of glucocorticoid receptor β in lymphocytes of patients with glucocorticord-resistant ulcerative colitis.
Honda M, Orii F, Ayabe T, Imai S, Ashida T, Obara T, Kohgo Y.
Gastroenterology 118(5) 859-866 2000年
Secretion of microbicidal α-defensins by intestinal Paneth cells in response to bacteria.
Ayabe T, Satchell DP, Wilson CW, Parks WC, Selsted ME, Ouellette AJ.
Nature Immunol 1(2) 113-118 2000年
Regulation of intestinal α-defensin activation by the metalloproteinase matrilysin in innate host defense.
Wilson CL, Ouellette AJ, Satchell DP, Ayabe T, Lopez-Boado YS, Stratman JL, Hultgren SJ, Matrisian LM, Parks WC.
Science 286(5437) 113-117 1999年
Tc-99m leukocyte imaging for evaluating disease severity and monitoring treatment response in ulcerative colitis: comparison with colonoscopy.
Aburano T, Saito Y, Shuke N, Ayabe T, Kohgo Y, Sato J, Ishikawa Y.
Clinical Nuclear Medicine 23(8) 509-513 1998年
Centrifugal leukocyte apheresis for ulcerative colitis.
Ayabe T, Ashida T, Kohgo Y.
Therapeutic Apheresis 2(2) 125-128 1998年
Invasion depth diagnosis of depressed type early colorectal cancers by combined use of videoendoscopy and chromoendoscopy.
Saitoh Y, Obara T, Watari J, Nomura M, Taruishi M, Orii Y, Taniguchi M, Ayabe T, Ashida T, Kohgo Y.
Gastrointest Endosc 48(4) 362-370 1998年
Early Nonpolypoid Colorectal Cancer: Radiographic Diagnosis of Depth of Invasion.
Watari J, Saitoh Y, Einami K, Ohta T, Taniguchi M, Nomura M, Ayabe T, Ashida T, Yokota K, Obara T, Shibata Y, Kohgo Y.
Radiology 205(1) 67-74 1997年
A bamboo-joint like appearance in the gastric body and cardia as a novel endoscopic sign of Crohn's disease.
Yokota K, Saitoh Y, Einami K, Ayabe T, Shibata Y, Tanabe H, Watari J, Ohtsubo C, Miyokawa N, Kohgo Y.
Gastrointest Endosc 46(3) 268-272 1997年
A pilot study of centrifugal leukocyte apheresis for corticosteroid-resistant active ulcerative colitis.
Ayabe T, Ashida T, Taniguchi M, Nomura M, Einami K, Taruishi M, Saitoh Y, Santos SB, Ono M, Shibata Y, Kohgo Y.
Internal Medicine 36(5) 322-326 1997年
Efficacy of high-frequency ultrasound probes for the preoperative staging of invasion depth in flat and depressed colorectal tumors.
Saitoh Y, Obara T, Einami K, Nomura M, Taruishi M, Ayabe T, Ashida T, Shibata Y, Kohgo Y.
Gastrointest Endosc 44(1) 34-39 1996年

書籍

消化器病学 基礎と臨床
西村書店 2013年
腸内共生系のバイオサイエンス
丸善出版 2011年
微生物学実践問題
南江堂 2011年
臨床粘膜免疫学
シナジー 2010年
IBD Research Vol.3 No.3
先端医学社 2009年
炎症・再生医学事典
朝倉書店 2009年
消化管症候群(第2版)下巻
日本臨床社 2009年
消化器と免疫45
日本消化器免疫学会 2008年
腸内フローラとクロストーク
学会出版センター 2008年
書籍を全て表示する
書籍閉じる
消化器病学 基礎と臨床
西村書店 2013年
腸内共生系のバイオサイエンス
丸善出版 2011年
微生物学実践問題
南江堂 2011年
臨床粘膜免疫学
シナジー 2010年
IBD Research Vol.3 No.3
先端医学社 2009年
炎症・再生医学事典
朝倉書店 2009年
消化管症候群(第2版)下巻
日本臨床社 2009年
消化器と免疫45
日本消化器免疫学会 2008年
腸内フローラとクロストーク
学会出版センター 2008年

講演・口頭発表等

腸はからだの司令塔:なぜ病気になるのか?
綾部 時芳
岩見沢市健康と福祉を高めるセミナー 2017年10月 
αディフェンシン:自然免疫,腸内細菌との共生,疾病への関与
綾部 時芳
第69回日本生物工学会大会 2017年09月 
炎症性腸疾患とPaneth細胞:腸内細菌を制御する生体メカニズムの研究から
綾部 時芳
第121回日本消化器病学会北海道支部例会 2017年09月 
腸から健康と疾病に迫る―腸内細菌を制御するαディフェンシン―
綾部 時芳
北大-NIMSジョイントシンポジウム 2017年04月 
腸内細菌を制御する抗菌ペプチドα-defensinと疾病
綾部 時芳
第35回日本耳鼻咽喉科免疫アレルギー学会 2017年04月 
Enteroidを用いたPaneth細胞の機能解明
綾部 時芳
東京農業大学 先端研究プロジェクト最終年度報告会 2017年01月 
腸内細菌を制御する自然免疫αディフェンシンからみた健康と疾病
綾部 時芳
COI「食と健康の達人」拠点 筑波大学サテライト講演会 2016年09月 
Paneth細胞が担う腸内細菌との共生と疾患
綾部 時芳
第44回日本潰瘍学会 2016年09月 
Enteroidを用いたPaneth細胞の機能可視化~顆粒分泌・再形成および免疫系クロストーク
綾部 時芳、横井 友樹、櫻木 直也、中村 公則
日本農芸化学会2016年度大会 2016年03月 
腸からみれば! 食品と免疫と腸内細菌がつくる“腸内環境”の解明と実用化
綾部 時芳、櫻木 直也、中村 公則
日本農芸化学会2016年度大会 2016年03月 
講演・口頭発表等を全て表示する
講演・口頭発表等閉じる
腸はからだの司令塔:なぜ病気になるのか?
綾部 時芳
岩見沢市健康と福祉を高めるセミナー 2017年10月 
αディフェンシン:自然免疫,腸内細菌との共生,疾病への関与
綾部 時芳
第69回日本生物工学会大会 2017年09月 
炎症性腸疾患とPaneth細胞:腸内細菌を制御する生体メカニズムの研究から
綾部 時芳
第121回日本消化器病学会北海道支部例会 2017年09月 
腸から健康と疾病に迫る―腸内細菌を制御するαディフェンシン―
綾部 時芳
北大-NIMSジョイントシンポジウム 2017年04月 
腸内細菌を制御する抗菌ペプチドα-defensinと疾病
綾部 時芳
第35回日本耳鼻咽喉科免疫アレルギー学会 2017年04月 
Enteroidを用いたPaneth細胞の機能解明
綾部 時芳
東京農業大学 先端研究プロジェクト最終年度報告会 2017年01月 
腸内細菌を制御する自然免疫αディフェンシンからみた健康と疾病
綾部 時芳
COI「食と健康の達人」拠点 筑波大学サテライト講演会 2016年09月 
Paneth細胞が担う腸内細菌との共生と疾患
綾部 時芳
第44回日本潰瘍学会 2016年09月 
Enteroidを用いたPaneth細胞の機能可視化~顆粒分泌・再形成および免疫系クロストーク
綾部 時芳、横井 友樹、櫻木 直也、中村 公則
日本農芸化学会2016年度大会 2016年03月 
腸からみれば! 食品と免疫と腸内細菌がつくる“腸内環境”の解明と実用化
綾部 時芳、櫻木 直也、中村 公則
日本農芸化学会2016年度大会 2016年03月 
腸における排除と共生-抗菌ペプチドと腸内細菌-
綾部 時芳
第5回家畜感染症学会 2015年12月 
新しい腸内環境と脳腸相関
綾部 時芳
第2回県西地域未来産業創造シンポジウム~認知症の予防を目指して 2015年08月 
Paneth細胞と腸内細菌のクロストークからみた疾病
綾部 時芳
第19回腸内細菌学会 2015年06月 
あなたの知らない腸の世界~食と腸が健康を決める~
綾部 時芳
北海道大学フード&メディカルイノベーション国際拠点開設記念「親子で楽しむ科学体験」 2015年06月 
“うんち”が語る過去・現在・未来
綾部 時芳
北海道大学フード&メディカルイノベーション国際拠点開設記念 食と腸内環境に関する「市民ワークショップ」 腸から健康になろう! 2015年06月 
免疫力を高める食生活とは?
綾部 時芳
第8回これからの健康と栄養を考えるシンポジウム 2015年02月 
古くて新しい「腸内細菌と疾病」を腸内環境から考える
綾部 時芳
第25回札幌IBDミニカンファレンス 2015年01月 
小腸陰窩における生命機能と疾病
綾部 時芳
日本顕微鏡学会北海道支部講演会 2014年12月 
抗菌ペプチドαディフェンシンによる腸内環境の恒常性制御と疾病
綾部 時芳、櫻木 直也、中村 公則
第20回日本エンドトキシン・自然免疫研究会 2014年12月 
αディフェンシンによる腸内環境の制御と疾病 ―炎症性腸疾患、肥満、生活習慣病―
綾部 時芳
北海道大学病院消化器内科学講演会 2014年10月 
腸内細菌を制御するαディフェンシンから疾病を眺める
綾部 時芳、櫻木 直也、中村 公則
第51回日本消化器免疫学会総会 2014年07月 
αディフェンシンによる腸内細菌の制御からみた排除と共生
綾部 時芳
日本乳酸菌学会2013年度大会 2013年07月 
知らなかった腸の新常識と炎症性腸疾患
綾部 時芳
北海道IBD医療講演会 2013年04月 
αディフェンシンによる腸内細菌の制御~腸内環境を考える~
綾部 時芳
北海道バイオ産業クラスターフォーラム 研究・技術シーズ公開会 ~“食と体”のサイエンス~ 2012年09月 
腸の謎を解くとIBDがきっとわかる
綾部 時芳
第21回腸寿会講演会 2012年09月 
αディフェンシンによる腸内細菌制御からみた健康と疾病
綾部 時芳
日本食品免疫学会第5回シンポジウム 2012年06月 
αディフェンシンが解き明かす腸内環境と病気 ― 自然免疫のパラダイムシフト ―
綾部 時芳
高エネルギー加速器研究機構・北海道大学連携シンポジウム 2012年03月 
Paneth細胞αディフェンシンによる腸内環境制御と炎症性腸疾患
綾部 時芳
第27回IBD Club in Hamamatsu 2012年01月 
Foods-induced innate immune responses of Paneth cell α-defensin uncover novel functions of foods.
Ayabe T, Kuroishi A, Kobayashi M, Nakamura K.
International Society for Nutraceuticals and Functional Foods Annual Conference (ISNFF2011) 2011年11月 
Selection and regulation of intestinal microbiota by Paneth cell α-defensins.
Ayabe T, Nakamura K.
XIII International Union of Microbiological Societies 2011 Congress (IUMS2011) 2011年09月 
腸内環境がつくる病気 ― 感染症、炎症性腸疾患から生活習慣病まで ― とその対策
綾部 時芳
札幌市医師会学術講演会 2011年09月 
Regulation of microbiota by antimicrobial peptides in the gut.
Ayabe T, Masuda K, Nakamura K, Sakai N.
7th. International Symposium on Tonsil and Mucosal Barriers of the Upper Airways (ISTMB), Symposium-1 2011年07月 
Paneth細胞による腸管自然免疫と腸内細菌の抑制
綾部 時芳
京都消化管病態研究会 2011年02月 
腸管粘膜免疫とPaneth細胞の抗菌ペプチド、αディフェンシン
綾部 時芳
第44回日本無菌生物ノートバイオロジー学会総会 2011年01月 
感染と闘う、頑張っている腸の話
綾部 時芳
地域バイオ育成講座in恵庭「健康を通しての地域活性化」 2010年12月 
αディフェンシンが解き明かす腸内細菌との共生
綾部 時芳
北海道バイオ工業会 「食品・環境産業セミナー」~腸内細菌の解析と産業利用の展望~ 2010年11月 
Paneth cells and antimicrobial peptides, α-defensins, in enteric innate immunity.
Ayabe T, Masuda K, Nakamura K, Sakai N.
6th. Annual Meeting of Japanese Association for Food Immunology, Symposium-2 2010年06月 
Regulation of intestinal microbiota by Paneth cell α-defensins.
Ayabe T, Masuda K, Nakamura K, Sakai N.
The83rd Annual Meeting of Japanese Society for Bacteriology, International Symposium 2010年03月 
抗菌ペプチドによる腸管粘膜免疫の制御
綾部 時芳
第13回バイオ治療法研究会 2009年12月 
自然免疫における抗菌ペプチドの役割
綾部 時芳
第9回鎌倉カンファレンス 2009年04月 
Antimicrobial peptides in the gut innate immunity.
Ayabe T, Fukaya R, Sakai N.
The 4th International Yakult Symposium 2007年11月 
Paneth細胞の抗菌ペプチドによる腸内自然免疫
綾部 時芳
第11回腸内細菌学会 2007年06月 
Paneth cells and their α-defensin in innate immunity and in the pathology of Crohn’s disease.
Ayabe T, Fukaya R, Sakai N, Maemoto A, Tanabe H, Ashida T, Kohgo Y.
4th JSGE-AGA joint meeting on inflammatory bowel disease. 2007年04月 
抗菌ペプチドによる腸内自然免疫とその制御機構
綾部 時芳
第15回腸内フローラシンポジウム「腸内フローラとクロストーク」 2006年10月 

特許

抗菌性ペプチドの分泌促進剤
腸管線維症処置剤
抗菌性ペプチドの分泌誘導剤
抗微生物物質産生・分泌促進剤
パネト細胞群の製造方法、パネト細胞の抗微生物物質の分泌を促進する対象のスクリーニング方法およびパネト細胞からの分泌物の製造方法
特許を全て表示する
特許閉じる
抗菌性ペプチドの分泌促進剤
腸管線維症処置剤
抗菌性ペプチドの分泌誘導剤
抗微生物物質産生・分泌促進剤
パネト細胞群の製造方法、パネト細胞の抗微生物物質の分泌を促進する対象のスクリーニング方法およびパネト細胞からの分泌物の製造方法

受賞

2012年
日本食品免疫学会学会賞 
2012年
American Gastroenterological Association Fellow 
2006年
第6回旭川医科大学医学部医学科同窓会 医学奨励賞学術奨励賞 
2002年
Highest Award of Distinction, American Gastroenterological Association 
受賞を全て表示する
受賞閉じる
2012年
日本食品免疫学会学会賞 
2012年
American Gastroenterological Association Fellow 
2006年
第6回旭川医科大学医学部医学科同窓会 医学奨励賞学術奨励賞 
2002年
Highest Award of Distinction, American Gastroenterological Association 

競争的資金等の研究課題

αディフェンシンによる腸内細菌の統御機構からみた炎症性腸疾患の病因解明と新規治療
文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間 : 2011年 - 2012年 代表者 : 綾部 時芳
競争的資金等の研究課題を全て表示する
競争的資金等の研究課題閉じる
αディフェンシンによる腸内細菌の統御機構からみた炎症性腸疾患の病因解明と新規治療
文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間 : 2011年 - 2012年 代表者 : 綾部 時芳

教育活動

主要な担当授業

海外研究インターンシップ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 博士後期課程
開講学部 : 生命科学院
キーワード : 英語力、海外渡航、プレゼンテーション能力、異分野交流
生命科学実習
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 生命科学院
生命科学文献講読
開講年度 : 2015年
課程区分 : 博士後期課程
開講学部 : 生命科学院
キーワード : 生命科学文献調査,英語読解,英文作成,プレゼンテーション
生命科学文献講読
開講年度 : 2015年
課程区分 : 博士後期課程
開講学部 : 生命科学院
生命科学特別研究
開講年度 : 2015年
課程区分 : 博士後期課程
開講学部 : 生命科学院
キーワード : 生命科学研究,博士論文
生命科学特別研究
開講年度 : 2015年
課程区分 : 博士後期課程
開講学部 : 生命科学院
生命科学特別研究
開講年度 : 2015年
課程区分 : 博士後期課程
開講学部 : 生命科学院
生命科学研究
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 生命科学院
生命科学論文講読Ⅰ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 生命科学院
生命科学論文講読Ⅱ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 生命科学院
最新年度を全て表示する
主要な担当授業閉じる
海外研究インターンシップ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 博士後期課程
開講学部 : 生命科学院
キーワード : 英語力、海外渡航、プレゼンテーション能力、異分野交流
生命科学実習
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 生命科学院
生命科学文献講読
開講年度 : 2015年
課程区分 : 博士後期課程
開講学部 : 生命科学院
キーワード : 生命科学文献調査,英語読解,英文作成,プレゼンテーション
生命科学文献講読
開講年度 : 2015年
課程区分 : 博士後期課程
開講学部 : 生命科学院
生命科学特別研究
開講年度 : 2015年
課程区分 : 博士後期課程
開講学部 : 生命科学院
キーワード : 生命科学研究,博士論文
生命科学特別研究
開講年度 : 2015年
課程区分 : 博士後期課程
開講学部 : 生命科学院
生命科学特別研究
開講年度 : 2015年
課程区分 : 博士後期課程
開講学部 : 生命科学院
生命科学研究
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 生命科学院
生命科学論文講読Ⅰ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 生命科学院
生命科学論文講読Ⅱ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 生命科学院
生命融合科学概論
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 生命科学院
キーワード : 生命融合科学、生命情報分子科学、生命物質科学、細胞機能科学、生命機能制御科学
生命融合科学概論
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 理工系大学院
キーワード : 生命融合科学、生命情報分子科学、生命物質科学、細胞機能科学、生命機能制御科学
研究提案演習
開講年度 : 2015年
課程区分 : 博士後期課程
開講学部 : 生命科学院
キーワード : 生命科学研究、研究企画、提案書、大学教員、企業研究者
細胞情報科学Ⅱ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 学士課程
開講学部 : 理学部
キーワード : 組織形成、幹細胞、微生物、感染、免疫、自然免疫、獲得免疫、粘膜免疫、抗菌ペプチド、抗原提示、リンパ球、抗体、がん、がん遺伝子、がん抑制遺伝子、分子標的治療
細胞機能科学特論
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 生命科学院
キーワード : 生命現象、細胞情報伝達、免疫、炎症、感染、癌、生命医科学
前年度を全て表示する
主要な担当授業閉じる
海外研究インターンシップ
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 博士後期課程
科目学部名 : 生命科学院
キーワード : 英語力、海外渡航、プレゼンテーション能力、異分野交流English skills, study abroad, presentation skills and cultural exchange.
生命科学実習
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 生命科学院
生命科学文献講読
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 博士後期課程
科目学部名 : 生命科学院
キーワード : 生命科学文献調査,英語読解,英文作成,プレゼンテーションLiterature review for life science, reading in English, writing in English, Presentation
生命科学文献講読
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 博士後期課程
科目学部名 : 生命科学院
生命科学特別研究
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 博士後期課程
科目学部名 : 生命科学院
キーワード : 生命科学研究,博士論文Research in Life Science, doctoral thesis
生命科学特別研究
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 博士後期課程
科目学部名 : 生命科学院
生命科学研究
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 生命科学院
生命科学論文講読Ⅰ
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 生命科学院
生命科学論文講読Ⅱ
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 生命科学院
生命融合科学概論
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 生命科学院
キーワード : 生命融合科学、生命情報分子科学、生命物質科学、細胞機能科学、生命機能制御科学【Key Words】Transdisciplinary Life Science, Bioinformation and Molecular Sciences, Biomaterials Science, Functional Cellular Sciences, Functional and Regulatory Life Sciences
生命融合科学概論
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 理工系大学院
キーワード : 生命融合科学、生命情報分子科学、生命物質科学、細胞機能科学、生命機能制御科学【Key Words】Transdisciplinary Life Science, Bioinformation and Molecular Sciences, Biomaterials Science, Functional Cellular Sciences, Functional and Regulatory Life Sciences
研究提案演習
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 博士後期課程
科目学部名 : 生命科学院
キーワード : 生命科学研究、研究企画、提案書、大学教員、企業研究者Research in life science, research planning, research proposal, university faculty members, researchers in industry
細胞情報科学Ⅱ
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 学士課程
科目学部名 : 理学部
キーワード : 組織形成、幹細胞、微生物、感染、免疫、自然免疫、獲得免疫、粘膜免疫、抗菌ペプチド、リンパ球、がん、がん遺伝子、がん抑制遺伝子、分子標的治療
細胞機能科学特論
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 生命科学院
キーワード : 生命現象、細胞情報伝達、免疫、炎症、感染、癌、生命医科学Life, Cell signal transduction, Immunity, Inflammation, Infection, Cancer, Medical Science
前々年度を全て表示する
主要な担当授業閉じる
海外研究インターンシップ
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 博士後期課程
科目学部名 : 生命科学院
キーワード : 英語力、海外渡航、プレゼンテーション能力、異分野交流English skills, study abroad, presentation skills and cultural exchange.
環境と人間
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 学士課程
科目学部名 : 全学教育
キーワード : 生命科学、物質、生物、化学、物理、数学、融合科学、細胞、遺伝子、タンパク質、生体高分子
生命融合科学概論
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 生命科学院
キーワード : 生命融合科学、生命情報分子科学、生命物質科学、細胞機能科学、生命機能制御科学【Key Words】Transdisciplinary Life Science, Bioinformation and Molecular Sciences, Biomaterials Science, Functional Cellular Sciences, Functional and Regulatory Life Sciences
生命融合科学概論
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 理工系大学院
キーワード : 生命融合科学、生命情報分子科学、生命物質科学、細胞機能科学、生命機能制御科学【Key Words】Transdisciplinary Life Science, Bioinformation and Molecular Sciences, Biomaterials Science, Functional Cellular Sciences, Functional and Regulatory Life Sciences
研究提案演習
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 博士後期課程
科目学部名 : 生命科学院
キーワード : 生命科学研究、研究企画、提案書、大学教員、企業研究者Research in life science, research planning, research proposal, university faculty members, researchers in industry
細胞情報科学Ⅱ
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 学士課程
科目学部名 : 理学部
キーワード : 組織形成、幹細胞、微生物、感染、免疫、自然免疫、獲得免疫、粘膜免疫、がん、がん遺伝子、がん抑制遺伝子、分子標的治療
細胞機能科学特論
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 生命科学院
キーワード : 生命現象、細胞情報伝達、免疫、炎症、感染、癌、生命医科学Life, Cell signal transduction, Immunity, Inflammation, Infection, Cancer, Medical Science

社会貢献

委員歴

2013年
-
現在
北海道食品機能性表示制度委員会 委員長
2011年
-
現在
代用臓器・再生医学研究会 常任世話人
2008年
-
現在
財団法人日本ビフィズス菌センター 編集委員会アドバイザー
2008年
-
現在
札幌IBDフォーラム 幹事
2007年
-
現在
財団法人日本ビフィズス菌センター 評議員
2006年
-
現在
日本食品免疫学会 研究委員会委員
2002年
-
現在
日本消化器病学会 学会評議員
2001年
-
現在
日本消化器内視鏡学会 学術評議員
委員歴を全て表示する
委員歴閉じる
2013年
-
現在
北海道食品機能性表示制度委員会 委員長
2011年
-
現在
代用臓器・再生医学研究会 常任世話人
2008年
-
現在
財団法人日本ビフィズス菌センター 編集委員会アドバイザー
2008年
-
現在
札幌IBDフォーラム 幹事
2007年
-
現在
財団法人日本ビフィズス菌センター 評議員
2006年
-
現在
日本食品免疫学会 研究委員会委員
2002年
-
現在
日本消化器病学会 学会評議員
2001年
-
現在
日本消化器内視鏡学会 学術評議員

その他

その他

内容 : 科学コミュニケーション 「消化管体験ツアー」
 ・「食と健康」に関する消化管の最新の研究成果を分かりやすく社会に伝えるアウトリーチ活動
2015年6月 北海道大学フード&メディカルイノベーション国際拠点「親子で楽しむ科学体験」にて開催
                                      (北海道札幌市)
2012年9月 腸寿会(炎症性腸疾患患者会の講演会)にて開催(北海道芦別市)
2012年8月 子ども霞ヶ関見学デー(文部科学省)にて開催(東京都千代田区)
2012年8月 サイエンスパーク 札幌駅前通地下歩行空間にて開催(北海道札幌市)
2011年7月 Bio-Sライフサイエンスフォーラムにて開催(北海道札幌市)
2010年6月 北海道大学大学祭にて開催(北海道札幌市)
2010年3月 科学であそぼ「おもしろ実験室」にて開催(北海道札幌市)
その他を全て表示する
その他閉じる
内容 : 科学コミュニケーション 「消化管体験ツアー」
 ・「食と健康」に関する消化管の最新の研究成果を分かりやすく社会に伝えるアウトリーチ活動
2015年6月 北海道大学フード&メディカルイノベーション国際拠点「親子で楽しむ科学体験」にて開催
                                      (北海道札幌市)
2012年9月 腸寿会(炎症性腸疾患患者会の講演会)にて開催(北海道芦別市)
2012年8月 子ども霞ヶ関見学デー(文部科学省)にて開催(東京都千代田区)
2012年8月 サイエンスパーク 札幌駅前通地下歩行空間にて開催(北海道札幌市)
2011年7月 Bio-Sライフサイエンスフォーラムにて開催(北海道札幌市)
2010年6月 北海道大学大学祭にて開催(北海道札幌市)
2010年3月 科学であそぼ「おもしろ実験室」にて開催(北海道札幌市)

ページトップへ