研究者データベース

研究者情報

マスター

アカウント(マスター)

  • 氏名

    村上 裕一(ムラカミ ユウイチ), ムラカミ ユウイチ

所属(マスター)

  • 公共政策学連携研究部 公共政策学部門 公共政策学分野

所属(マスター)

  • 公共政策学連携研究部 公共政策学部門 公共政策学分野

独自項目

syllabus

  • 2020, 政治学, Politics, 学士課程, 文学部, 官僚制、行政制度、行政組織、行政活動、公共政策
  • 2020, 現代日本制度ⅢD, Modern Japanese Political Economy IIID, 学士課程, 現代日本学プログラム課程, 官僚制、行政制度、行政組織、行政活動、公共政策
  • 2020, 行政学, Public Administration, 学士課程, 法学部, 官僚制、行政制度、行政組織、行政活動、公共政策

researchmap

プロフィール情報

所属

  • 北海道大学, 法学研究科, 准教授

学位

  • 博士(法学)(東京大学)

プロフィール情報

  • 村上, ムラカミ
  • 裕一, ユウイチ
  • ID各種

    201401073644261668

対象リソース

所属

  • 北海道大学, 法学研究科, 准教授

業績リスト

研究分野

  • 人文・社会 / 政治学 / 行政学

経歴

  • 2021年04月 - 現在 北海道大学大学院 公共政策学連携研究部 准教授
  • 2014年04月 - 現在 北海道大学大学院 法学研究科・法学部 准教授
  • 2018年09月 - 2020年09月 ボルドー政治学院 エミル・デュルケム・センター 客員研究員
  • 2014年04月 - 2018年03月 北海道大学大学院 公共政策学連携研究部 准教授
  • 2012年10月 - 2014年03月 東京大学大学院 公共政策学連携研究部 特任講師
  • 2011年04月 - 2012年09月 独立行政法人日本学術振興会 特別研究員(PD)
  • 2009年04月 - 2011年03月 独立行政法人日本学術振興会 特別研究員(DC2)

学歴

  • 2006年04月 - 2012年03月   東京大学大学院   法学政治学研究科   総合法政専攻
  • 2004年04月 - 2006年03月   東京大学   法学部   第2類(公法コース)
  • 2002年04月 - 2004年03月   東京大学   教養学部   文科Ⅰ類

論文

  • 村上 裕一
    年報 公共政策学 15 99 - 119 北海道大学公共政策大学院 2021年03月31日 [査読無し][通常論文]
     
    This paper describes and analyses interactions between CITES (Convention on International Trade in Endangered Species of Wild Fauna and Flora) and other related treaty regimes in the multi-level governance framework. It further examines (1) how free-trade and environment values are coordinated between CITES and the World Trade Organization in relation to Sustainable Development Goals; (2) how and why CITES and FAO (United Nations Food and Agriculture Organization) set Memorandum of Understanding as an agenda, and what was left behind; and (3) how international regimes such as Office International des Epizooties, FAO, and CITES could act against the coronavirus disease pandemic in the name of the One-Health Approach. It asserts that it is meaningful to see their operations, or their transition management, as reconciliation and collaboration between international and domestic levels, or between policy life stages of rulemaking and enforcement. This paper thus clarifies that CITES is relatively effective in its consensus-building and enforcement mechanism, providing (1) abundant experience of discussion for sharing the concept of sustainability, (2) robust collaborative infrastructures for its enforcement, and (3) stronger trust in its regulatory and managerial tools to attain its mission. However, CITES must often remain passive against other treaty regimes’ approaches for collaboration, largely because of its modest authority delegated from the member states.
  • 村上 裕一
    日本評価研究 = Japanese journal of evaluation studies 21 1 71 - 83 日本評価学会 2021年03月 [査読有り][通常論文]
     
    This paper aimed to examine how to achieve better policy evaluation regarding science, technology, and innovation (STI) considering the case of France. The paper consists of three parts, as presented below: (1) President Charles de Gaulle firstly set up an advisory body in his administration to monitor the STI policy and advise decision-makers. The policy evaluation system was established in the 1980s under a new left party government. (2) There were some trials and errors until the 1990s to make policy evaluations more robust and credible by using bottom-up, redundant, and proactive monitoring, and considering the interaction between the evaluation and the resource management of researchers and research units. (3) With a need for a national STI policy strategy development, what followed was the establishment of an integrated evaluation body (Le Haut Conseil de l'évaluation de la recherche et de l'enseignement supérieur) and a supervising body (Le Conseil stratégique de la recherche). In conclusion, policy evaluation can be improved through an integrated discussion on the aim, processes, and institutional placement of monitoring and advice.
  • 村上 裕一
    北大法学論集 = The Hokkaido law review 71 3 453 - 492 北海道大学大学院法学研究科 2020年09月 [査読無し][通常論文]
     
    Based on case analyses, this paper first points out why the Japanese government's share of research and development (R&D) expenditures is lower than those of France, Britain, and the US: (1) its science and technology (sci-tech) system was once dismantled (just after World War II), and its legacy remains there, (2) private companies have been allowed to work on R&D relatively autonomously from the government, and (3) political and administrative leadership has been absent in sci-tech decision-making. Second, this paper clarifies why Japan's R&D investment targets have not been achieved since the second version of the Sci-Tech Basic Plan in 2001: (1) uncertainty unique to sci-tech policy, (2) continuous intervention from the Ministry of Finance in the overall budget coordination, and (3) the recent transition from a politician-centred process, which once strongly promoted sci-tech policy, to a cabinet-centred process. Third, after a comparison with innovation policy and its implementation in the European Union and Sweden, which have similar ambitions as Japan but different policy systems, this paper concludes that (1) ex-ante budgetary control on sci-tech and innovation policy should be curbed and should delegate more responsibility to the department in charge and to ex-post impact (or output, at least) assessment, (2) budgetary coordination and implementation processes should be separated to avoid excessive democratic control on the latter, and (3) top-down sci-tech policy and bottom-up innovation policy should be recognized as distinct because their recommended policy tools and favourable ways of control differ.
  • 村上 裕一
    日本評価研究 = Japanese journal of evaluation studies 20 2 105 - 119 日本評価学会 2020年07月 
    This paper analyses survey results on the Local Revitalisation Policy (LRP) enacted in Japan in 2014, by focusing on differences in answers provided by the merger and non-merger municipalities of the governmental campaign that took place around 2000 (Heisei-no-Dai-Gappei). To evaluate municipality mergers as a policy tool, a case study on Japan was taken into consideration and compared with (non-)merger cases in France, aiming to construct the general theory of its conditions and effects. It was found that ‘non-mergers’ were not strongly influenced by LRP and did not feel obliged to cooperate with neighbours as the LRP desired. On the other hand, they were likely to cooperate with industries, according to their actual and potential partnerships. It cannot be determined whether ‘mergers’ have developed their own competencies as was desired, although they seem to have decreased the extent of democratic participation because their decision-making takes place inside their office. However, they can take relatively more aggressive actions towards other local and central governments without onerous coordination with neighbours.
  • 村上 裕一
    北大法学論集 = The Hokkaido law review 70 6 1009 - 1037 北海道大学大学院法学研究科 2020年03月 [査読無し][通常論文]
     
    This paper analyses international treaty implementation in cases involving CITES. After reviewing CITES implementation, various problems in Japan, France, and the European Union (EU), and their proposals at the CoP, an analysis using static and dynamic frameworks reveals that CITES implementation should be re-evaluated to determine (1) under what conditions — such as the institutional and normative power of the international organization, or the country’s domestic circumstances in terms of their politics and interests — are international treaties not implemented as agreed upon, and (2) how the implementation system can be assessed if it is described as a continuous process of ‘coordination’ between conflicting rules and values in a global multilevel regulatory governance space. According to the analysis, CITES itself seems to have a relatively effective institution-and-implementation mechanism, but there are various political, administrative, and cultural factors in each country that restrict its enforcement. Even EU members, with their ambitious action plans and multilevel divisions of labour, recognize that enforcement should be improved to be far more effective than it is. A multilevel governance framework, working as both concept and strategy, explains why a treaty implementation system established through continuous and multilateral coordination in a global regulatory space has become more complicated. International treaty implementation needs to have an interdisciplinary approach to make the most of their respective strengths.
  • MURAKAMI Yuichi
    年報公共政策学 13 99 - 116 北海道大学公共政策大学院 2019年03月 [査読無し][通常論文]
     
    This paper reviews responses to the co-authored book Improving the current administration’s Local Revitalisation Policy (ISBN: 9784000238953) from researchers and practitioners in and out of Hokkaido University Public Policy School (HOPS), as well as discussions that took place at symposia at Hokkaido University, Kushiro Public University of Economics and Fukuoka University following publication. The main points are: (1) a ‘division of labour’ between the central and local governments in terms of regional policy, as well as balancing local autonomy and government leadership; (2) a sustainable method for regional revitalisation under the current policy decision-making system; and (3) reconciling the incompatible functional and territorial principles, as well as a way to promote voluntary inter-municipal co-operation.
  • 村上 裕一
    季刊行政管理研究 161 4 - 18 行政管理研究センター 2018年03月 [査読無し][通常論文]
  • 村上 裕一, 小磯 修二, 関口 麻奈美
    年報公共政策学 12 49 - 72 北海道大学公共政策大学院 2018年03月 [査読無し][通常論文]
     
    This paper follows our study on the impacts and meanings of the recent 'Local Revitalization Policy' in Shikoku. Although we present complementary evidence based on our survey conducted last year on the Ehime and Kagawa Prefectures of Shikoku that validates the findings of Murakami et al. (2017), we find that Shikoku and Hokkaido both emphasize, in their respective strategies, economic policy (industry revitalization, and job creation), and social policy (child-care support, and immigration and settlement support). However, Shikoku places more emphasis on the latter because of a precedent partnership and 'division of labour' with prefectures that have mainly committed to the former. Further, results assert that (1) the 'national' policy, which targeted sharply shrinking areas, also lead local governments, which had not worked so hard on population decline, to recognize the seriousness of the problem; (2) Shikoku understood this seemingly 'spectacular' and 'flattering' policy that local governments saw too late rather calmly, because, unlike with Hokkaido, Shikoku did not have big expectations, and therefore, were not too disappointed with the policy; and (3) such a sudden policy implementation left bitter feelings and busy workloads for these years, and, ironically, an expectation for continuing support to deal with inter-governmental competition in a context of economic decline and population shrinkage.
  • 村上 裕一
    社会技術研究論文集 : Sociotechnica 14 95 - 104 社会技術研究会 2017年06月 [査読無し][通常論文]
     
    This paper considers the expected role of local councillors in the age of decentralization by investigating decentralized policy implementations against ‘abandoned houses’ in Japan, which local governments are given some discretion in deciding how to deal with. This paper reviews what central and local governments have done until today, and sketches a broad picture of the ‘abandoned house’ problem. It sheds light on the policy agendas that were set and the issues discussed in an experimental policy dialog among local councillors, which the author attended. The study asserts the following: (1) the conventional ‘autonomous rule-making’ role of local councillors turns, in part, into an ‘autonomous administration’ role in collaboration with the local government bureaucracy; (2) the councillors can contribute to the reconciliation of administrative sectionalism in policies where a comprehensive approach is needed (‘government control’ role); and (3) their ‘inhabitant representation’ role stands out because such policies require fact-finding in residents’ everyday life, agenda-setting in councils, and its policy problem-structuring.
  • 村上 裕一, 小磯 修二, 関口 麻奈美
    年報公共政策学 11 119 - 137 北海道大学公共政策大学院 2017年03月 [査読無し][通常論文]
     
    This paper is one of the first and most comprehensive studies to investigate the meaning of the Abe II administration's 'Local Revitalization Policy' and to review local governments' reactions in Hokkaido. Based on our survey of all the local governments in Hokkaido during October and November 2016, this paper concludes that the policy has provided a chance for farsighted governments, especially for those experiencing a sharp decline in young people, to realise the emerging problems of a shrinking society and to work on a solution. However, the policy has also been so sudden and almost arbitrary that the local governments' respective conventional systems were forced to work hard applying for unwieldy grants and following the detailed directions given by the central government. The results of our survey imply that the Central and local governments in Japan share discretion. The Central government maintains discretion in deciding nationwide policies and provides administrative guidance to the respective local governments, whether big or small and rich or poor, allowing them to formulate policies suitable to their own requirements. This is done while maintaining the Central government's overall policy design through the use of informational, budgetary, and regulatory tools.
  • 村上 裕一
    年報公共政策学 (公共政策大学院10周年記念号) 10 141 - 165 北海道大学公共政策大学院 2016年03月 [査読無し][通常論文]
     
    Regulatory capture has recently been defined as 'the result by which regulation, in law or application, is consistently or repeatedly directed away from the public interest and toward the interests of the regulated industry, by the intent and action of the industry itself'. In excellent contrast to conventional capture theory, the concept of 'corrosive capture' argues that deregulation is no longer a panacea for emerging regulatory capture. This paper first reviews theoretical proposals for preventing capture such as by dividing power across multiple regulators, empowering consumers, promising diffuse interests, and conducting executive reviews of regulations based on cost-benefit analysis. Subsequently, the framework is applied to a Japanese case of regulations on drug sales through the Internet. The case study shows that values and sources of independent expertise are quite diverse in Japan, but the Supreme Court is somewhat hesitant, or more passive than expected in theory, to express substantial objections in regulatory affairs. Executive coordination and the Regulatory Reform Council in the Cabinet, chaired by a private entrepreneur, can free captured regulations from vested interests and make them more effective, although the notion of 'public interest' has not been clearly defined in the regulatory space.
  • 村上 裕一
    北大法学論集 66 5 1383 - 1408 北海道大学大学院法学研究科 2016年01月 [査読無し][通常論文]
     
    There is a two-sided relationship between administrative discretion and control/responsibility; wide discretion for bureaucrats is argued by some to enable them to do their best to complete their missions, while others argue that it gives them ‘free hands’ to behave on their own without any consideration of the public interest. This paper firstly focuses on a substantive and conceptual enhancement of administrative discretion in history, despite some judicial and de-facto restrictions on bureaucrats from its circumstances, and it defines administrative discretion as a combination of administrative (1) ‘autonomy’ and (2) ‘discretion’ (in a narrower sense, under the delegation of the Cabinet and the Parliament). Case studies were performed on (1) the technical standard-setting process of safety regulations, (2) the organizational design of independent regulatory agencies, and (3) the executive planning and budgeting of science and technology policy. The studies show that bureaucrats today manage to maintain or even widen their discretion (as a whole) by means of making the most of their autonomy and through regulation of regulation, or ‘meta-regulation’. Although recent administrative reform strengthened administrative control from the Cabinet and the Parliament as aimed, administrative responsibility was actually fulfilled through various international organizations, private actors, and a kind of market mechanism, as they are also important in satisfying the procedural requirements of preparing scientific evidence when making decisions, and in winning consumers’ selection and ‘competition’ among various regulatory schemes (whether public or private). It is true that the government should pursue transparency to be accountable and be controlled by other institutions as widely discussed in academia, but this paper argues for widening administrative discretion for bureaucrats, on the contrary, with a sense of their mission, responsibility, and public interest in mind and a focus on a sort of bureaucratic ethics in relation to ministers, politicians, and citizens.
  • 村上 裕一
    年報公共政策学 9 143 - 168 北海道大学公共政策大学院 2015年03月 [査読無し][通常論文]
     
    This paper begins by describing the establishment of the Scientific Technical Administration Committee (STAC) in 1948, the Science and Technology Agency (STA) in 1956, and the Council for Science, Technology, and Innovation (CSTI) in 2014 in Japan. These agencies have something in common in that they were somewhat expected to work as governmental 'control towers (CTs)' of Japan's science, technology, and innovation policy, with political leadership in the contemporary Cabinet. Second, this paper shows some of the agencies' similarities and differences, including the following: (1) they have been initiated and supported mainly by the industrial sector (and the STA would not have been established without a nuclear budget), (2) the STAC and the STA emphasized 'comprehensive coordination' as an important part of their mission between related ministries, though the CSTI is expected to be a 'CT' or a 'headquarters' for the administration to initiate resource distribution or science/technology policy decisions, and (3) the STAC and the STA showed their relatively positive attitudes toward a rather wide range of science/technology policies, though the CSTI is quite passive toward some policies such as research & development of nuclear and medicine, which are in fact directed by other 'CTs' or the like. Two hypotheses emerge from the discussionabove: the 'CT' is a product of the Central Government Ministries Reform (2001); it can cause another authoritative dispute between some 'CTs' in the Cabinet Office. These two hypotheses will be tested through further research including the following: (1) investigating the background of the establishment of other 'CTs' and their relationships with the political leadership in the Cabinet, (2) analysing that leadership's impact in the existing administrative system in the bureaucracy, and (3) describing in more detail the STAC, STA, and CSTI's actual practices regarding their policy coordination/implementation and resource distribution.
  • 村上 裕一
    日本海洋政策学会誌 4 127 - 138 日本海洋政策学会 2014年11月 [査読無し][通常論文]
     
    This paper characterizes three major aspects of discussions in International Maritime Organization (IMO) on recent amendments of the MARPOL 73/78 and SOLAS conventions such as: (1) to strengthen existing regulations in the Convention; (2) to implement the concept of Goal-Based Standard (GBS); and (3) to implement the Formal Safety Assessment (FSA) as a tool for assessing regulatory options. Compared with other fields of regulation—those for wooden buildings, automobiles, electric equipment, and nuclear facilities—IMO regulation has several unique features. First, clusters of its stakeholders are so diverse and multi-layered that the regulatory disputes often turn out to be a global issue, and political pressure concerning safety/environmental protection and regulation reinforcement tends to affect the regulation rather immediately. Second, regulatory implementation or enforcement is so much more difficult than just setting a target or standards that more effective regulatory methods have been examined recently, such as the improvement of Port State Control (PSC) and additional supervision of ship operation or its human factors. Finally, probabilistic safety/risk assessment, such as FSA, has been well designed and used in order to balance the social benefits that ship transport yields, and its potential risks that can be diffused and complex.
  • 村上 裕一
    国家学会雑誌 = The journal of the Association of Political and Social Sciences 126 11 1064 - 1123 東京大学大学院法学政治学研究科 2013年12月 [査読無し][通常論文]
  • 村上 裕一
    国家学会雑誌 = The journal of the Association of Political and Social Sciences 126 9 868 - 923 東京大学大学院法学政治学研究科 2013年10月 [査読無し][通常論文]
  • 村上 裕一
    国家学会雑誌 = The journal of the Association of Political and Social Sciences 126 7 688 - 741 東京大学大学院法学政治学研究科 2013年08月 [査読無し][通常論文]
  • 村上 裕一
    国家学会雑誌 = The journal of the Association of Political and Social Sciences 126 5 438 - 499 東京大学大学院法学政治学研究科 2013年06月 [査読無し][通常論文]
  • 村上 裕一
    国家学会雑誌 = The journal of the Association of Political and Social Sciences 126 3 197 - 245 東京大学大学院法学政治学研究科 2013年04月 [査読無し][通常論文]
  • 村上 裕一
    国家学会雑誌 = The journal of the Association of Political and Social Sciences 126 1 1 - 54 東京大学大学院法学政治学研究科 2013年02月 [査読無し][通常論文]
  • 村上 裕一
    社会技術研究論文集 10 0 117 - 127 社会技術研究会 2013年 [査読無し][通常論文]
     
    行政の組織や活動の「独立性」の問題は近年,政策決定の分離や新たな規制機関の制度設計等を巡って盛んに議論されている.その現状を踏まえて,本研究では,まず行政が独立であるべきとされる際に引き合いに出される理由・根拠・趣旨等を網羅的に列挙・整理することにより,行政の独立性が(1)政府他部局,(2)政治(党派性等),(3)活動の相手方からの独立性という意味合いで論じられていることを述べる.そして,行政の独立性を「(1)財政的資源,(2)法的権限,(3)人的資源・組織,(4)情報といった行政資源に関する他への『非依存性』」と捉える枠組みを提示する.それに則って我が国の行政の仕組みとその限界について論じた上で,行政の実効性・信頼性向上に向けた独立性概念のさらなる検討等,今後の課題を指摘する.
  • 村上 裕一
    計画行政 35 3 44 - 51 日本計画行政学会 2012年08月 [査読無し][通常論文]
  • 村上 裕一
    社会技術研究論文集 8 124 - 137 社会技術研究会 2011年 [査読無し][通常論文]
     
    規制活動には,官(規制者)民(被規制者)の複雑な役割分担が見られる.本稿ではまず,官民の役割分担の手段・制度を,規制者側の裁量幅という尺度を念頭に置いて整理する.その上で,社会管理のミッションを負った規制機関が,ある官民協働の手段・制度を選択した条件やそこでの考慮事項,及び,当該手段の実効性について,分析する.具体的には,電気用品安全法に基づく規制と,VCCI協会による自主規制を採り上げ,両者の手段・制度における違いが,初期条件の違いのみならず,規制対象の事故・障害等の危険性・規模・頻度,手段選択時における規制対象技術の進展・変化(の見込み)における違い,実効的な規制を行うための資源を民(被規制者)がどれほど有しているかといった点,及び,1980年代以降の規制改革が直截に影響したか否かという観点からも説明され得ることを論じる.その上で,そこから社会技術論に対するインプリケーションを抽出する.
  • 村上 裕一, 横山 悠里恵, 平石 章
    社会技術研究論文集 7 182 - 198 社会技術研究会 2010年 
    先進技術を社会に導入し普及させていく際には特に,官民のネットワークでの役割分担が重要となるが,近年,そうしたネットワーク型ガヴァナンスを管理・運営する「メタガヴァナー」の役割が注目されている.本研究では,そのメタガヴァナーの存在を既存のガヴァナンス理論の中に位置付けるとともに,それを日本における燃料電池自動車(FCV)政策の事例にあてはめ,同政策においてメタガヴァナーが果たした(果たすべき)役割とその限界について検討する.本研究では,第1に,先進自動車技術の動向には技術的・社会的不確定要素が多く,メタガヴァナーにさえ的確な資源配分が困難になり得ること,第2に,メタガヴァナー自身が,別の文脈からくる政治的な環境変動や撹乱要因に翻弄される恐れがあること,第3に,ネットワークの管理・運営に必須であるメタガヴァナーのモティヴェーションはしばしば属人的であって,人事異動等により政策そのものが断絶し得ること,を事例研究を通して指摘し,同様の政策を進めるに当たっては,そうした外的要因への注意が必要であることを説明する.
  • 村上 裕一
    國家學會雑誌 122 9 1266 - 1330 國家學會事務所 2009年10月 [査読無し][通常論文]
  • 北村 英隆, 村上 裕一, 加藤 浩徳, 城山 英明
    社会技術研究論文集 5 40 - 51 社会技術研究会 2008年 [査読無し][通常論文]
     
    本研究は,東京都によって導入の検討が行われたロード・プライシングに関連して,利害関係者が持った問題構造認識について,特に物流の観点から調査分析を行うものである.ロード・プライシング導入施策に関わる物流関連の関係主体として,東京都(循環型社会づくり担当,環境局),東京都ロード・プライシング検討委員会,物流事業者(特積トラック業者,区域トラック業者),小売業者をとりあげ,それぞれの関係者に対して問題構造認識に関するインタビュー調査を実施した.調査の結果より,ロード・プライシングという同一施策であるにもかかわらず,それを捉える者の立場によって,問題構造が異なって認識されていること,また,たとえ同一主体であっても,検討の時期によって問題構造に対する認識が変化していることが,明らかとなった.

MISC

  • フランスの地方都市で見たコロナ危機対応
    村上 裕一 第83回 全国都市問題会議:命とくらしを守り育む都市政策~コロナ禍を契機として 121 -125 2021年10月 [査読無し][招待有り]
  • 村上 裕一 開発こうほう (693) 30 -34 2021年05月 [査読無し][招待有り]
  • フランスにおける諸改革と社会:年金制度、高等教育・研究のいま
    村上 裕一 公益社団法人北海道地方自治研究所『北海道自治研究(2020年4月)』 (615) 18 -19 2020年04月 [査読無し][招待有り]
  • 青木 栄一, 伊藤 正次, 河合 晃一, 北村 亘, 曽我 謙悟, 手塚 洋輔, 村上 裕一 東北大学大学院教育学研究科研究年報 66 (1) 177 -198 2017年12月 [査読無し][通常論文]
  • 嶋 拓哉, 児矢野 マリ, 野田 耕志, 村上 裕一, 津田 智成, 樽本 英樹, 落合 研一 助成研究論文集 125 -149 2017年
  • 書評(学界展望〔行政学〕:Stephen P. Osborne, (ed.). The New Public Governance? Emerging Perspectives on the Theory and Practice of Public Governance. (Oxford & New York: Routledge, 2010, xv+431 pp.))
    村上 裕一 国家学会雑誌 125 (5-6) 275 -278 2012年06月 [査読無し][招待有り]
  • 寄書:行政学研究と『自主規制』の過去・現在・未来
    村上 裕一 VCCIだより (103号) 2 -3 2011年12月 [査読無し][招待有り]
  • 書評:高齢者を市民で支え合うための法制度設計に向けて(宮内康二『成年後見制度が支える老後の安心―超高齢社会のセーフティネット』)
    村上 裕一 東京大学政策ビジョン研究センター・ホームページ 2010年11月 [査読無し][招待有り]
  • 原子力安全規制体制の課題(補論):規制調査の現状と課題
    村上 裕一 原子力法制研究会 社会と法制度設計分科会中間報告 133 -160 2009年06月 [査読無し][通常論文]
  • 村上 裕一 日本政治研究 4 (2) 410 -415 2007年07月 [査読無し][通常論文]
  • 都市再開発事業における官民の連携手法:官民のパートナーシップによる事業資金の調達手法にしつつ
    村上 裕一 川崎市溝口駅前再開発の研究(川崎市政研究2) 2007年03月 [査読無し][通常論文]
  • 村上 裕一 日本政治研究 4 (1) 196 -199 2007年01月 [査読無し][通常論文]

書籍等出版物

  • 文部科学省の解剖
    青木栄一 (担当:分担執筆範囲:旧科学技術庁の省庁再編後の行方:「総合調整」から「司令塔」への進化?(第7章))
    東信堂 2019年03月 (ISBN: 9784798915531)
  • 小磯 修二, 村上 裕一, 山崎 幹根 
    岩波書店 2018年07月 (ISBN: 9784000238953)
  • 村上 裕一 
    岩波書店 2016年05月 (ISBN: 9784000611213)
  • 西村 淳, 北海道大学公共政策学研究センター, 宮脇 淳, 佐々木 隆生, 石井 吉春, 村上 裕一, 小林 陽介, 高野 伸栄, 武藤 俊雄, 小磯 修二, 吉田 文和, 中村 研一, 山崎 幹根 
    北海道大学出版会 2016年03月 (ISBN: 9784832968257)
  • 城山 英明, 谷口 武俊, 加治木 紳哉, 平野 琢, 奥村 裕一, 菅原 慎悦, 土屋 智子, 寿楽 浩太, 松尾 真紀子, 田代 孝雄, 畑中 綾子, 本田 利器, 加藤 浩徳, 村上 裕一, 三國谷 勝範 
    東洋経済新報社 2015年 (ISBN: 9784492223581)
  • Marché Gary E, 太田 勝造, 米村 幸太郎, 村上 裕一, 西本 健太郎, 劉 芳伶, 森 大輔, 安藤 馨, 高橋 脩一, 濵井 宏之 
    木鐸社 2006年 (ISBN: 4833223791)

講演・口頭発表等

  • 皆が納得するグローバル・スタンダードの作り方  [通常講演]
    村上 裕一
    北大創成研究機構・北大大学力強化推進本部主催「第7回 北海道大学・部局横断シンポジウム」文理融合セッション 2021年10月 シンポジウム・ワークショップパネル(公募)
  • 「強い国家」ゆえの脆弱性?:コロナ危機とフランス政治行政  [通常講演]
    吉田 徹, 村上 裕一
    日本政治学会研究大会(D8【研究交流委員会企画】EU統合と「コロナ危機」:《統合・デモクラシー・権威主義》と政治の役割) 2021年09月 口頭発表(一般)
  • フランスの地方自治の体感  [招待講演]
    村上裕一
    2021年度第1回北海道自治研究会 2021年08月 公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等
  • フランスのローカル線運営:「私の列車、私の地域」の意味  [通常講演]
    村上裕一
    ウェビナー「どうする?どうなる?北海道のローカル線」 2021年07月 公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等
  • コメンテータ(永見靖氏ご報告に対して)  [招待講演]
    村上裕一
    環境法政策学会年次学術大会(第25回)(第一分科会:国内法) 2021年06月 その他
  • 行政の多層性をめぐって  [招待講演]
    村上裕一
    東京大学行政学研究会 2021年06月 その他
  • 書評:標葉隆馬『責任ある科学技術ガバナンス概論』について  [招待講演]
    村上裕一
    科学社会学会オンライン研究会(合評会) 2021年03月 口頭発表(一般)
  • 行政学から見たコロナ危機  [招待講演]
    村上裕一
    北大院法学研究科附属高等法政研 公開講演会「コロナ危機から考える現代社会」 2021年01月 公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等
  • 村上裕一
    日本評価学会 全国大会(第21回) 2020年11月 口頭発表(一般)
  • 村上裕一
    日本計画行政学会 全国大会(第43回) 2020年11月 口頭発表(一般)
  • 日本では科学技術行政へのある種の民主的統制が強過ぎる  [通常講演]
    村上 裕一
    日本公共政策学会研究大会(第24回) 2020年06月 口頭発表(一般)
  • CITES実施の「多層的規制モデル」  [通常講演]
    村上 裕一
    環境法政策学会年次学術大会(第23回) 2019年06月 口頭発表(一般)
  • 科技庁はどこへ行ったのか:「総合調整」から「司令塔」への進化?  [通常講演]
    村上 裕一
    日本政治学会研究大会 2018年10月 口頭発表(一般)
  • 地方創生の過去・現在と未来  [通常講演]
    村上 裕一
    日本計画行政学会第41回全国大会(企画ワークショップ:課題先進地・北海道発!「地方創生」の成果と教訓を考える」 2018年09月 口頭発表(一般)
  • 「地方創生」を研究して:釧路開催に寄せて  [通常講演]
    村上 裕一
    釧路公立大学主催フォーラム「地方創生を超えて:人口減少時代に向き合う地域政策を考える」 2018年09月 口頭発表(基調)
  • 「地方創生」を研究して:それをどう「超えて」いくか  [通常講演]
    村上 裕一
    北大公共政策大学院主催フォーラム「地方創生を超えて:人口減少時代に向き合う地域政策を考える」 2018年07月 口頭発表(招待・特別)
  • 「地方創生」の行政学的分析  [招待講演]
    村上 裕一
    第137回 関西公共政策研究会 2018年03月 口頭発表(招待・特別)
  • 規制の「実験」と「評価」のシステム試論  [通常講演]
    村上 裕一
    日本評価学会 第18回全国大会(自由論題2:評価制度) 2017年12月 口頭発表(一般)
  • 科学技術政策の「司令塔機能強化」の行政学的意義  [招待講演]
    村上 裕一
    第1回 大阪大学豊中地区研究交流会 第2部 文理融合セミナー 2016年12月 口頭発表(招待・特別)
  • 日本版「規制監督機関」のデザイン:規制の良し悪しを評価するという観点から  [通常講演]
    村上 裕一
    日本評価学会 第17回全国大会(自由論題1:制度と評価) 2016年11月 口頭発表(一般)
  • 『技術基準と官僚制』とそれ以降の取り組みについて  [招待講演]
    村上 裕一
    先端行政学研究会 2016年10月 口頭発表(一般)
  • 行政研究における法学と政治学の対話可能性について  [通常講演]
    村上 裕一
    北大法学会 2015年12月 口頭発表(一般)
  • 規制を評価する仕組みについての一考察  [通常講演]
    村上 裕一
    日本評価学会 第16回全国大会(自由論題4:評価手法) 2015年12月 口頭発表(一般)
  • いわゆるCorrosive Captureとその予防方策  [通常講演]
    村上 裕一
    日本政治学会研究会(分科会B-1:政府と市場) 2015年10月 口頭発表(一般)
  • 「行政裁量」と現代の行政責任・行政統制について  [通常講演]
    村上 裕一
    日本行政学会研究会(分科会A:行政責任・行政統制をめぐる変容) 2015年05月 口頭発表(一般)

所属学協会

  • 環境法政策学会   日本評価学会   日本計画行政学会   日本政治学会   日本公共政策学会   日本行政学会   

共同研究・競争的資金等の研究課題

  • 日本学術振興会:科学研究費助成事業 基盤研究(C)
    研究期間 : 2020年04月 -2025年03月 
    代表者 : 村上 裕一
  • 官僚の社会化メカニズムの解明を通じた現代日本官僚制の研究
    日本学術振興会:科学研究費助成事業 基盤研究(A)
    研究期間 : 2019年04月 -2024年03月 
    代表者 : 青木 栄一, 久保 慶明, 秦 正樹, 柳 至, 北村 亘, 伊藤 正次, 砂原 庸介, 本田 哲也, 村上 裕一, 河合 晃一, 曽我 謙悟, 手塚 洋輔, 原田 久, 大谷 基道
  • 日本学術振興会:科学研究費助成事業 挑戦的研究(開拓)
    研究期間 : 2019年06月 -2023年03月 
    代表者 : 曽野 裕夫, 東山 寛, 嶋 拓哉, 児矢野 マリ, 山下 竜一, 中谷 朋昭, 小林 国之, 村上 裕一, 清水池 義治, 中山 一郎, 伊藤 一頼
  • 日本学術振興会:科学研究費助成事業 若手研究(B)
    研究期間 : 2017年04月 -2021年03月 
    代表者 : 村上 裕一
     
    今年度は、(1) 国内事例の研究発表、(2) 多層的規制モデルの理論的検討、(3) 国際比較の予備的考察の3観点から研究に取り組んだ。 (1) ①科学技術関係省庁の変遷と②地方創生の展開過程の研究をまとめた。そのうち、技官の官庁であった旧科技庁の「総合調整」と他省よりも一段高く位置付けられた内閣府の「司令塔」機能とを比較した①では、科技政策決定の場が、文科省と内閣府との「レベル」間で移ろうことをデータにより論じた(この成果は『文部科学省の解剖』で発表)。また、自治体調査等の成果のアウトリーチが中心となった②では、国・地方各「レベル」の役割分担や機能・領域主義の両立など、多層的規制を巡る課題について検討した(この成果は『年報 公共政策学』で発表)。 (2) 多層的規制モデルの特長として、①連邦制との違い、②規制決定権限の所在への着目、③「政策的思考」の採用といった点がある。①からは、縦列に並ぶ各「レベル」に一定の自律性を認めつつも、それらが互いに影響し合うことによっていかなる帰結を生むのかという視角が導かれた。また、②からはトップダウンとボトムアップ、及びその中間形態に注意することの重要性が、③からは規制が多層的であることによりその効率性や公益性が高まるのかという因果関係分析の重要性が、それぞれ示唆された。 (3) 本研究を基課題とする「日・仏・欧比較による多層的規制モデルの構築」の研究も兼ねてフランスに滞在し、理論と事例の両面から本研究を進めた。具体的には、EU・加盟各国・政策現場(自治体、民間)の各「レベル」でdiscretionを分け合っている例として、同国・同地域の(特に大都市への)地方分権改革のインパクトや地域開発基金の動向の情報収集をした。現地の研究者の力も借りながら、多層的規制の近年の変容を見るのに適した分野として、農業、競争、環境政策にも視野を広げつつある。
  • 日本学術振興会:科学研究費助成事業 基盤研究(C)
    研究期間 : 2017年04月 -2020年03月 
    代表者 : 遠井 朗子, 村上 裕一, 眞田 康弘, 鶴田 順
     
    年度前半には、市民セミナー及びシンポジウムを開催し、多様なアクターと意見交換を行った。8月にはJWCSと共催で市民セミナー(「買い物の先にある絶滅と世界の潮流」)を開催し、野生生物の密猟、違法取引の防止における市民の役割とフェアトレード認証の利用可能性について検討を行った。9月には、研究分担者(真田)が国際シンポジウム(「海産水産資源の持続可能な利用とワシントン条約:グローバルな規範形成と日本の対応」)を開催し、研究者、政府関係者、環境NGO、報道関係者等、多様な立場の人々と問題を共有し、建設的な議論を行った。これらの機会を通して、日本においては、条約の国内実施プロセスの透明性が低く、市民が意見を形成し、意思決定に反映させる機会が十分ではないことが確認された。また、第70回常設委員会にオブザーバーとして参加し、審議の観察を行った。日本の調査捕鯨(北東太平洋におけるイワシクジラ)が不遵守にあたるか、という議題については、国際協調に基づき、捕獲中止を確約した日本の対応は概ね受け入れられたが、象牙については、NIAPプロセスにより対応が改善された諸国の「卒業」が認められる一方で、法改正により規制強化を行い、市場を維持する意向の日本の対応については評価が分かれたことを確認した。年度後半には、10月に研究会、3月にスカイプ会議を各1回開催し、メンバー間で情報共有を図ると共に、各々の進捗状況について中間報告を行って、最終年度の研究成果の見通し及び公表方法を検討した。以上を踏まえて、条約の国内実施プロセスを多元的な統治の場(locus)として捉えなおすという基本方針を立てて、条約レジームに動態性をもたらす諸要因について仮説と実証を試みると同時に、他国と比べ、消極的かつ硬直的な日本の国内実施について、変化と停滞のメカニズムを、法的及び行政学的な観点から、明らかとするという目標を共有した。
  • 日本学術振興会:科学研究費助成事業 国際共同研究加速基金(国際共同研究強化)
    研究期間 : 2018年 -2020年 
    代表者 : 村上 裕一
     
    2018年9月からフランスのボルドー政治学院で在外研究をしている。共同研究者の協力を得ながら、今年度は、(1) 多層的規制モデルの理論的検討、(2) フランス行政の調査、(3) EU行政の調査の3観点から研究に取り組んだ。 (1) 上記モデルの特長のうち、規制決定権限の所在に関連して、ワシントン条約を念頭に置きながら、国際条約の国内実施を検討した。その成否の規定要因として、先行研究が、(a) 条約実施に有効な資源が国際機関に備わっていること、(b) 国際機関の資源の効果を邪魔する要素が各国にないこと、を挙げていることが分かったが、これが近年のワシントン条約にも当てはまるか、また、これ以外の行政的要因の有無について、各国の規制実態を踏まえて検討している。 (2) フランス行政における多層的規制の例として、①地方分権改革による国・地方関係の変化、②コンセイユ・デタによる行政の適正化、③食品の品質認証制度に係る官民関係等についての情報収集をした。①については、地方、とりわけ大都市への分権が進んだ1980年代以降、建物の老朽化対策に関して、(a) 進捗が各都市の政治状況や政策手法の巧拙によってまちまちになっていること、(b) 分権化されればされるほど責任を負うことになる自治体は、現場でその果たすべき役割と権限と責任を実感せずにはいられない状況に置かれていることが明らかになった。 (3) EU行政については、①加盟各国に対するEUの行政的意味における重み、②「民主主義の赤字」に対する欧州議会の地位向上の意義、③規制の透明化と効率化を目指すBetter Regulation Strategyの動向といった点について、情報収集をした。そうしたEU全体の近況把握と併行して、EU・加盟各国・政策現場の各「レベル」でdiscretionを分け合っている例として、地域開発基金の情報収集もした。
  • タイムユーズサーベイを応用した官僚の行動分析の革新
    日本学術振興会:科学研究費助成事業 挑戦的研究(萌芽)
    研究期間 : 2018年06月 -2019年03月 
    代表者 : 青木 栄一, 北村 亘, 曽我 謙悟, 清水 唯一朗, 村上 裕一, 河合 晃一
     
    (1)タイムユーズサーベイのための準備作業:タイムユーズサーベイは一日の活動を時間帯別に記録するダイアリー式質問紙調査を典型とする調査方法である。本研究課題は日本で初めて官僚を調査対象とするものである。そのため、タイムユーズサーベイが官僚に対して適用可能かどうか検討することから本研究を開始した。まず、研究代表者の人的ネットワークを活用して、中央省庁職員(キャリア官僚)の3名に対してタイムユーズサーベイについて説明を行い、調査対象としての見解を聴取した。その結果、技術的に検討を要する事項が数点明らかになった。第1に、調査時期である。国会議員選挙が行われる時期は国会議員が地元選挙区での活動に注力するために、官僚は調査に協力しやすいことがわかった。第2に、調査対象である。職位によって従事する業務が異なるため、ある程度幅広い職位を調査対象とする必要があることがわかった。具体的には課長級以上はマネジメントが主体となるため、その前後の職位を含める必要がある。第3に、業務分類である。官僚の業務をどの程度細分化するかはさらに検討を要する点である。今年度の時点では、省内業務(連絡調整、打ち合わせ)と省外主体(政治家、関係団体)との接触に大別される。第4に、調査の時間帯と日数である。休日を含めるかどうか、1日24時間を対象とするか、1時間間隔か30分間隔かといった点をさらに検討していく必要があることがわかった。 (2)研究組織の立ち上げ:グループウェアを活用して研究打ち合わせを行った。
  • 日本学術振興会:科学研究費助成事業 基盤研究(C)
    研究期間 : 2016年04月 -2019年03月 
    代表者 : 宮脇 淳, 山崎 幹根, 村上 裕一, 若生 幸也
     
    本研究は、人口問題の先進地である北海道を主たるフィールドとして、それに対処するインフラ縮小等各種連携政策を研究の上、社会技術と科学技術や空間制御の視点からの地方行財政論の再検討と、問題に頑強で持続可能な地方行財政モデルの構築を目的とした。その結果、①関係者間の制度理解の齟齬を解消しつつ機能・責任・リスクを分担するガバナンスを展開すること、②中心市が自治体間広域連携の費用を上回る便益を創出する調整役を担うこと、③国が担う広域的マクロ政策と自治体が担う狭域的ミクロ政策とを的確に仕分けながら、ときに不利益分担を伴う地方行財政システムを整備していくことが、連携の持続可能性を高めることが明らかになった。
  • 日本学術振興会:科学研究費助成事業 基盤研究(B)
    研究期間 : 2015年04月 -2019年03月 
    代表者 : 青木 栄一, 北村 亘, 村上 裕一, 河合 晃一, 曽我 謙悟, 手塚 洋輔, 伊藤 正次
     
    文部科学省を対象にした行政学的研究を行った。まず、文部科学省幹部職員(課長級以上全員)を対象にしたインタビュー形式のアンケート調査を行った(サーベイ)。サーベイ結果の計量分析をふまえて、政策過程分析、庁舎内配席図分析、人事分析という多面的研究方法を投入した結果、文部科学省の組織としての特徴が明らかとなった。すなわち、旧文部省と旧科学技術庁を統合して設置された文部科学省は、依然として旧省庁別に分権的な構造が観察できるということである。
  • 日本学術振興会:科学研究費助成事業 若手研究(B)
    研究期間 : 2013年04月 -2017年03月 
    代表者 : 村上 裕一
     
    本研究では、規制の基準設定や手段選択が行われる「規制空間」の構造と広がりを明らかにした。事例では、国際規制にも影響されながら、適切な基準を設定するために官民で行う事実発見と利害調整が重要であった。そこでは、規制が「公益」から逸脱することのないよう自らの裁量を行使して規制空間に働き掛ける規制機関の姿も観察された。それは、調整の場やプロセスの管理、法令システム・インフラの整備、規制実施手段の制度・仕組みの選択といった「メタ規制」とでも呼べるものである。そうしてでき上がる多層的な規制システムは腐敗(corrosive capture)の発生を防止し得るが、その行政的条件を析出するのが次の課題である。
  • 日本学術振興会:科学研究費助成事業 基盤研究(B)
    研究期間 : 2013年04月 -2017年03月 
    代表者 : 牧原 出, 御厨 貴, 伊藤 正次, 砂原 庸介, 秋吉 貴雄, 村上 裕一, 手塚 洋輔, 竹中 治堅, 小宮 京, 飯尾 潤
     
    本研究は行政資料の発掘とオーラルヒストリーに、既存の先進諸国の統治構造改革の比較研究を組み合わせることで、戦後日本の統治構造改革史の特性を部分的に明らかにした。第1に、調整と独立の諸機関、第2に、内政・国際・財務の政策ネットワークの並立、第3に、政策のアイディアを構想する諸機関、の3層によって、統治構造改革は特徴付けられる。戦後日本においては、占領期の独立機関強化、高度経済成長下の財務ネットワークの優位、1980年代以後の国際ネットワークの充実、冷戦終結後の改革による独立機関の強化、そして2009年以後の行政中枢の肥大化による官邸の各省行政の吸収という改革の変遷が検出できるのである。
  • 日本学術振興会:科学研究費助成事業 新学術領域研究(研究領域提案型)
    研究期間 : 2012年06月 -2017年03月 
    代表者 : 松浦 正浩, 長谷 知治, 西本 健太郎, 許 淑娟, 村上 裕一, 奥脇 直也, 城山 英明
     
    本研究では、海洋科学と有機的な相互作用を実現する海洋ガバナンスついて、主に国際ガバナンスの事例研究に基づく検討を行った。本研究の成果として、海洋科学と意味ある応答を可能とする海洋ガバナンスの設計要素として、1)「手に入る最良の科学(的根拠)」に対するコンセンサスは存在するものの、2)科学的情報の供給については、科学委員会の設置から非公式な情報収集まで多様な方法が存在し、3)科学的情報がガバナンスの意思決定に対して持つ拘束力についてもバリエーションがあり、4)参照条項により規制等の柔軟性を確保する方法も明らかになった。しかし近年、科学と政治の接続に係る問題はさらに複雑化している。
  • 日本学術振興会:科学研究費助成事業 基盤研究(A)
    研究期間 : 2012年04月 -2015年03月 
    代表者 : 奥脇 直也, 城山 英明, 加藤 浩徳, 許 淑娟, 松浦 正浩, 西本 健太郎, 村上 裕一, 久保 麻紀子, 柴崎 隆一, 上田 大輔, 菅野 直之
     
    アジア海域における統合的海洋管理の制度設計について提言を行うため、第一に協力枠組みの前提となる海洋法条約の規律を実現するためのアジア諸国の国内法制度について比較検討を行い、第二に、ガバナンスの観点から、アジア海域における国際協力メカニズムの比較研究、港湾管理制度、我が国の離島管理政策等についての検討を行い、第三に、ガバナンスの将来的な課題を明らかにするため、マラッカ海峡におけるテロや海賊のリスク評価と中央アジアにおける国際貨物流動の影響に関する研究を実施した。またアウトリーチのため、各年度末に公開シンポジウムを開催した。
  • 日本学術振興会:科学研究費助成事業 基盤研究(A)
    研究期間 : 2010年04月 -2015年03月 
    代表者 : 児矢野 マリ, 高村 ゆかり, 久保 はるか, 増沢 陽子, 島村 健, 鶴田 順, 堀口 健夫, 北村 喜宣, 遠井 朗子, 山下 竜一, 亘理 格, 城山 英明, 加藤 信行, 郭 舜, 小林 友彦, 藤谷 武史, 坂田 雅夫, 及川 敬貴, 梅村 悠, 村上 裕一, 伊藤 一頼, 佐古田 彰, 藤谷 武史, 坂田 雅夫
     
    地球温暖化、海洋汚染、生物多様性の減少等、グローバル化した現代社会の環境問題に対処するためには、環境条約と各国の国内法・政策との連結と相互浸透が不可欠だが、その適正な確保は必ずしも容易ではない。本研究はこの問題に対処するため、国際法学、行政法学、行政学、環境法政策論を含む学際的研究として、地球温暖化、オゾン層の破壊、廃棄物・化学物質の規制、海洋汚染、生物多様性・自然保護、原子力安全規制を含む主要問題領域について、日本における多国間環境条約の国内実施及び環境条約の定立と発展に対する国内法・政策の作用の動態を実証分析し、その結果を統合して日本の特徴を解明するとともに、その課題と将来展望を探った。
  • 技術基準の策定・運用において協働する官民の規制体制の構造に関する理論的実証的研究
    日本学術振興会:科学研究費助成事業 特別研究員奨励費
    研究期間 : 2011年 -2012年 
    代表者 : 村上 裕一
     
    本研究では、安全等の規制に係る技術基準の策定・運用において、様々な形で「協働」し合う官民アクターから構成される規制体制の構造を、理論的・実証的に検討することを目的としている。今年度は、主として(1)学位論文の公刊に向けた作業、(2)製品の安全等に関する規制システムのさらなる事例研究、(3)関連する概念として「独立性」の検討、という3つの側面から検討を進めた。 第1に、2012年3月に博士(法学)号を取得した学位論文の公刊に向けた作業である。作業に当たっては、論文提出時に「今後の課題」とした諸問題(例えば、「規制空間」の構造や規制行政機関の裁量行使戦略のあり方を規定する要因〔市場の構造等〕等について)も、追加的に考察を行った(この成果は、『国家学会雑誌〔第126巻第1・2号~第11-12号〕』で発表中)。 第2に、本研究の根源的な問いである「国際調和化、技術情報の分散化、官民関係の多元化の中で、官民が相互に作用・依存し合う『規制空間』の構造は、どのように変容しているのか。また、そのような規制空間において、規制行政機関はどのような裁量行使戦略を採っているのか」を実証的に検討するため、我が国の安全等の規制システムの実態調査をこれまでの自動車、建築、電気用品以外の分野についても行い、ある程度分野横断的に見られる現象を分析し記述した(この成果は、『計画行政〔第35巻3号・通巻112号〕』44-51頁で発表した)。 第3に、本研究でこれまで注目してきた、官民の諸組織の垣根を超えた連携・協働、調整とは一見対立する概念である「独立性」について、日本の行政の組織や活動の実態を踏まえて検討した。「独立性」の概念に関する議論と実務の状況を改めて整理・検討することで、翻って連携・協働、調整の輪郭を捉え、その範囲を画定することを試みたものである(この成果は、『社会技術研究論文集〔Vol.10〕』で発表する)。
  • 官民協働による行政:社会管理のための技術基準策定と執行のプロセス設計に向けて
    日本学術振興会:科学研究費助成事業 特別研究員奨励費
    研究期間 : 2009年 -2010年 
    代表者 : 村上 裕一
     
    本研究では、規制行政など、社会管理活動における官民協働のあり方(その具体的手法、政策プロセスの実態、体制・制度設計のあり方など)に注目している。今年度は、主として下記の3つの側面から研究を進めた。 第1に、官民協働に関係する理論・モデルの整理とそこからの論点抽出、である。具体的には、従来「官民の相互依存の中にでき上がる社会管理のシステム」と捉えられてきた「行政指導」、階統型ガバメントと非階統型カバナンスとの関係性、及び、「行政裁量」を採り上げ、理論的側面から検討した。これらの観点から事例を比較・考察することは、「規制空間」のあり方を理論的・実証的に捉えるために重要かつ有意義だと考えている。 第2に、具体的事例の分析、である。電気用品安全法に基づく規制とVCCI協会による自主規制を採り上げ、官民協働の手段選択の条件について行った比較研究では、両者の手段・制度における違いが、初期条件の違いのみならず、規制対象の事故・障害の危険性・規模・頻度、手段選択時における規制対象技術の進展・変化(の見込み)における違い、実効的な規制を行うための資源を民(被規制者)がどれほど有しているかといった点、及び、1980年代以降の規制改革が直裁に影響したか否かという観点からも説明され得ることを明らかにした(この成果は、『社会技術研究論文集(Vol.8)』に採録決定)。 第3に、これまで観察してきた自動車・木造住宅・電気用品などの事例の比較分析、及び、一般的知見の導出である。現時点では、個別の「規制空間」のあり方とその変容を規定する諸条件を仮説的に抽出している段階であり、今後さらに事実関係の調査と考察を進めることによって、それらを実証していく計画である。 さらに、第12回国際交通学会と第7回社会技術研究シンポジウムにおいてこれまでの研究成果を発表し、国内外の研究者と意見交換ができたことも、今年度中の大きな収穫であった。


Copyright © MEDIA FUSION Co.,Ltd. All rights reserved.