研究者データベース

青山 裕(アオヤマ ヒロシ)
理学研究院 附属地震火山研究観測センター
教授

基本情報

所属

  • 理学研究院 附属地震火山研究観測センター

職名

  • 教授

学位

  • 修士(理学)(1998年03月 東京大学)
  • 博士(理学)(2001年03月 東京大学)

論文上での記載著者名

  • Aoyama Hiroshi
  • Aoyama H
  • 青山 裕

J-Global ID

研究キーワード

  • 火山泥流   空気振動   火山観測   火山噴火   火山地震学   火山物理学   Volcano Seismology   Volcano Physics   

研究分野

  • 自然科学一般 / 固体地球科学 / 火山物理学,火山噴火,火山観測,火山噴火予知,地震学,熱水系

職歴

  • 2020年07月 - 現在 北海道大学 大学院理学研究院附属地震火山研究観測センター 教授
  • 2020年04月 - 現在 気象庁 参与
  • 2017年10月 - 2020年06月 北海道大学 大学院理学研究院附属地震火山研究観測センター 准教授
  • 2018年04月 - 2020年03月 東京大学地震研究所 附属火山噴火予知研究センター 客員准教授
  • 2007年04月 - 2017年09月 北海道大学 大学院理学研究院附属地震火山研究観測センター 助教
  • 2011年04月 - 2017年03月 室蘭工業大学 大学院工学研究科 講師(非常勤)
  • 2001年04月 - 2007年03月 北海道大学 大学院理学研究院附属地震火山研究観測センター 助手

学歴

  • 1998年04月 - 2001年03月   東京大学   大学院理学系研究科   地球惑星科学専攻(博士後期課程)
  • 1996年04月 - 1998年03月   東京大学   大学院理学系研究科   地球惑星物理学専攻(博士前期課程)
  •         - 1996年03月   北海道大学   理学部   地球物理学科

所属学協会

  • 日本地球惑星科学連合   米国地球物理学会   日本火山学会   日本地震学会   

研究活動情報

論文

  • 青山 裕, 田中 良, 橋本武志, 村上 亮, 成田翔平
    北海道大学地球物理学研究報告 83 25 - 48 北海道大学大学院理学研究院 2020年03月19日 [査読無し][通常論文]
  • 工藤千聖, 青山 裕, 田中 良
    北海道大学地球物理学研究報告 83 103 - 114 北海道大学大学院理学研究院 2020年03月19日 [査読無し][通常論文]
  • 柘植鮎太, 青山 裕
    北海道大学地球物理学研究報告 83 49 - 70 2020年03月19日 [査読無し][通常論文]
  • T. Hashimoto, W. Kanda, Y. Morita, M. Hayakawa, R. Tanaka, H. Aoyama, M. Uyeshima
    Journal of Disaster Research 14 4 580 - 591 2019年06月 [査読有り][通常論文]
  • K. Katsumata, M. Ichiyanagi, M. Ohzono, H. Aoyama, R. Tanaka, M. Takada, T. Yamaguchi, K. Okada, H. Takahashi, S. Sakai, S. Matsumoto, T. Okada, T. Matsuzawa, S. Hirano, T. Terakawa, S. Horikawa, M. Kosuga, H. Katao, Y. Iio, A. Nagaoka, N. Tsumura, T. Ueno, the Group for the Aftershock Observations of the 2018 Hokkaido Eastern Iburi Earthquake
    Earth Planets Space 71 53  2019年05月 [査読有り][通常論文]
  • Gen Kondo, Hiroshi Aoyama, Takeshi Nishimura, Maurizio Ripepe, Giorgio Lacanna, Riccardo Genco, Ryohei Kawaguchi, Taishi Yamada, Takahiro Miwa, Eisuke Fujita
    Scientific Reports 9 1 2019年04月 [査読有り][通常論文]
  • ロシア・カムチャツカ半島アバチンスキー火山での傾斜観測
    高橋浩晃, 青山 裕, 大園真子, 田中 良, 伊藤ちひろ, 渡邉早姫, 松島 健, 山下裕亮, 宮町宏樹, 奥山 哲, ゴルディエフ エフゲニー, ムラビヨフ ヤロスラフ, マグースキン キリル, マリック ナタリヤ, ミロノフ イワン, チェブロフ ダニラ
    北海道大学地球物理学研究報告 82 11 - 18 2019年03月 [査読無し][通常論文]
  • T. Yamada, H. Aoyama, H. Ueda
    Bulletin of Volcanology 80 71  2018年08月 [査読有り][通常論文]
  • K. Yamakawa, M. Ichihara, K. Ishii, H. Aoyama, T. Nishimura, M. Ripepe
    Geophysical Research Letters 45 17 8931 - 8938 2018年08月 [査読有り][通常論文]
  • 非噴火時における多項目観測の重要性(樽前山の事例)
    橋本武志, 青山 裕, 小山 寛, 森井敦司, 三島 渉, 荻野 激, 高橋 良, 岡崎紀俊
    月刊地球 40 3 163 - 169 2018年03月 [査読無し][通常論文]
  • 筒井 智樹, 竹井 瑠一, 多田 悠也, 森脇 知哉, 青山 裕, 青木 陽介, 丸山 豪
    日本火山学会講演予稿集 2018 0 83 - 83 特定非営利活動法人 日本火山学会 2018年 [査読有り][通常論文]
  • J. Prudencio, T. Taira, Y. Aoki, H. Aoyama, S. Onizawa
    BULLETIN OF VOLCANOLOGY 79 4 29  2017年04月 [査読有り][通常論文]
     
    We present intrinsic- and scattering-Q attenuation images for Usu volcano (Japan) by analyzing over 1800 vertical seismograms. By fitting the observed envelopes to the diffusion model, we obtained intrinsic and scattering attenuation values at three different frequency bands. Using a back-projection method and assuming a Gaussian-type weighting function, we obtained the 2D images of intrinsic and scattering attenuation. Resolution tests confirm the robustness and reliability of the obtained images. We found that scattering attenuation is the dominant process of energy loss in the frequency range analyzed, which suggests strong spatial heterogeneity. The resultant scattering attenuation images show an increase of attenuation toward the southwest from Toya caldera, which may correspond to deepening of the basement. We also identify an area of low intrinsic and scattering attenuation at the summit of Usu volcano which could be associated with old magma intrusions. Our results demonstrate a strong spatial relation between structural heterogeneities and attenuation processes in volcanic areas and confirm the efficiency of the method which can be used together with conventional imaging techniques.
  • 全磁力観測:火山体内部構造・熱水流動系のモデル化と火山活動度評価手法の高度化(十勝岳)
    橋本武志, 青山 裕, 田中 良
    北海道地質研究所調査研究報告 44 105 - 111 2017年03月 [査読無し][通常論文]
  • Taishi Yamada, Hiroshi Aoyama, Takeshi Nishimura, Masato Iguchi, Muhamad Hendrasto
    GEOPHYSICAL RESEARCH LETTERS 44 1 143 - 151 2017年01月 [査読有り][通常論文]
     
    We examine very long period infrasonic signals accompanying volcanic eruptions near active vents at Lokon-Empung volcano in Indonesia, Aso, Kuchinoerabujima, and Kirishima volcanoes in Japan. The excitation of the very long period pulse is associated with an explosion, the emerging of an eruption column, and a pyroclastic density current. We model the excitation of the infrasound pulse, assuming a monopole source, to quantify the volume flux and cumulative volume of erupting material. The infrasound-derived volume flux and cumulative volume can be less than half of the video-derived results. A largely positive correlation can be seen between the infrasound-derived volume flux and the maximum eruption column height. Therefore, our result suggests that the analysis of very long period volcanic infrasound pulses can be helpful in estimating the maximum eruption column height.
  • Taishi Yamada, Hiroshi Aoyama, Takeshi Nishimura, Hiroshi Yakiwara, Haruhisa Nakamichi, Jun Oikawa, Masato Iguchi, Muhamad Hendrasto, Yasa Suparman
    JOURNAL OF VOLCANOLOGY AND GEOTHERMAL RESEARCH 327 310 - 321 2016年11月 [査読有り][通常論文]
     
    We examine the initial phases of explosion earthquakes accompanying Vulcanian eruptions at Lokon-Empung volcano in Indonesia to reveal the triggering process of explosive eruptions. In 2012-2013, 56 Vulcanian eruptions at Lokon-Empung were observed by our temporary observation network being comprised of four broadband seismometers and two infrasound microphones at 1.6-6.8 km from the active vent. The seismic records of each explosion earthquake share almost the same waveform characteristics of initial phases, consisting of a small compressional onset (P phase) and a subsequent large dilatational phase (D phase). Particle orbits of both phases show straight motion from beneath the active vent, which suggests that these phases are composed of a longitudinal body wave. For each explosion, the origin times of the P phase precedes 0.8-2.5 s before the occurrence of an explosion at the vent that are detected by infrasound data. Since the signal-to-noise ratio of the P phase is insufficient for a quantitative analysis, we analyze the D phase dominating the initial phases. Our analysis for the signals of 0.2-1.0 Hz shows the D phase are well explained by a cylindrical contraction source with a half cosine shaped time function located at 1.0-13 km depth beneath the active vent. We also recognize that some explosions are followed by a prominent tremor that coincides with continuous ash emission (ET). The seismic amplitudes and intensity of the D phase of events in ET are larger than the explosions without accompanying tremor (EX). The frequency distribution of the time interval from the previous eruption is also different in the events in ET and EX. The implosion source in the initial phases of explosion earthquakes at several km beneath the active vent has been reported at Sakurajima volcano. Since our result shows considerable agreement with the previous works at Sakurajima, both Lokon-Empung and Sakurajima may share similar initial processes of Vulcanian eruptions. (C) 2016 Elsevier B.V. All rights reserved.
  • Takeshi Nishimura, Masato Iguchi, Mohammad Hendrasto, Hiroshi Aoyama, Taishi Yamada, Maurizio Ripepe, Riccardo Genco
    EARTH PLANETS AND SPACE 68 125  2016年07月 [査読有り][通常論文]
     
    Magnitude-frequency distributions of volcanic explosion earthquakes that are associated with occurrences of vulcanian and strombolian eruptions, or gas burst activity, are examined at six active volcanoes. The magnitude-frequency distribution at Suwanosejima volcano, Japan, shows a power-law distribution, which implies self-similarity in the system, as is often observed in statistical characteristics of tectonic and volcanic earthquakes. On the other hand, the magnitude-frequency distributions at five other volcanoes, Sakurajima and Tokachi-dake in Japan, Semeru and Lokon in Indonesia, and Stromboli in Italy, are well explained by exponential distributions. The statistical features are considered to reflect source size, as characterized by a volcanic conduit or chamber. Earthquake generation processes associated with vulcanian, strombolian and gas burst events are different from those of eruptions ejecting large amounts of pyroclasts, since the magnitude-frequency distribution of the volcanic explosivity index is generally explained by the power law.
  • 中道 治久, 青山 裕
    火山 61 1 119 - 154 日本火山学会 2016年 [査読有り][通常論文]
     
    日本火山学会60周年「火山学の最新動向と今後の展望」
  • Hiroshi Aoyama, Hiromitsu Oshima
    EARTH PLANETS AND SPACE 67 119  2015年07月 [査読有り][通常論文]
     
    Although forecasting an occurrence of phreatic eruption is very difficult, it has been reported that some precursory activities often precede these eruptions at several volcanoes. In this study, we observed seismic activities before and during the 2008 phreatic eruption at Meakan-dake volcano, eastern Hokkaido, Japan, by using broadband seismometers and surface mount-type tiltmeters. The precursory increase in seismicity began in late September about 2 months before the first eruption on November 18. After several rises and falls in seismicity in October and in early November, a small volcanic tremor was observed early on November 16. Although the original velocity seismogram of the tremor generally appeared to be spindle shaped, an outstanding ramp function appeared in the displacement seismogram obtained by simple integration. Since the ramp function appeared only in the horizontal components and continued for about 3 min, which is sufficiently longer than the natural period of the seismometer, we regarded the ramp function as an expression of the tilting motions of seismic stations that was quantitatively confirmed by the strong similarity between horizontal displacement seismograms and tilt data from co-located biaxial tiltmeter. Azimuthal distribution of three tilting vectors obtained from broadband seismograms was not consistent with a simple spherical source but rather strongly suggested a vertical dike under the crater. In this study, we confirmed that an almost vertical single dike effectively explains the observed tilting vectors. The estimated volume increase in the dike was 4-5 x 10(4) m(3). The strike direction of the dike is highly consistent with the alignment of the hydrothermal area on and around the volcano. Our dike model also partially explains the changes in global navigation satellite system (GNSS) measurement and in groundwater levels reported in previous research. Since a similar deformation coincided with a volcanic tremor preceding the 2006 eruption, we interpret that this must be an important preparatory process of phreatic eruptions at Meakan-dake volcano.
  • Takeshi Nishimura, Masato Iguchi, Hiroshi Yakiwara, Jun Oikawa, Ryohei Kawaguchi, Hiroshi Aoyama, Haruhisa Nakamichi, Yusaku Ohta, Takeshi Tameguri
    BULLETIN OF VOLCANOLOGY 75 12 779  2013年12月 [査読有り][通常論文]
     
    We examine precursory signals of vulcanian eruptions at Suwanosejima volcano, southwest of Japan, by deploying seismic and tilt stations close to the active crater to understand the shallow conduit processes just before explosions. Vulcanian eruptions at Suwanosejima for the period from October 2009 to 2011 are often preceded by a sudden cessation of continuous tremor associated with continuous ash emissions. The amplitude of continuous tremor decreases within about 10 s, and tilt signal starts to show uplift of the active crater. Then, the pause of continuous tremor and uplift continue for about 1-2 min, and tilt amplitudes reach a few tens of nanoradians at a distance of 400 m from the active crater. As the pause time of continuous tremor before explosion becomes longer, the maximum amplitude of explosion earthquake and uplift signal become larger. Vulcanian eruptions are also observed during periods without continuous tremor. In these cases, tilt signals capture uplifts of the active crater for about 10 min before explosions and reach a few tens of nanoradians. Cessations of volcanic gas emissions are observed before some explosions during periods without continuous tremor (Mori et al. 2011). These observations suggest that pressurization in the shallow conduit is caused by an accumulation of volcanic gases and ash through the formation of 'cap' in the conduit, possibly composed of stiffened magma due to degassing, cooling, rheological changes, or other mechanisms.
  • 中道 治久, 青山 裕, 西村 太志, 八木原 寛, 太田 雄策, 横尾 亮彦, 井口 正人
    京都大学防災研究所年報 56 227 - 235 京都大学防災研究所 2012年 [査読無し][通常論文]
     
    We conducted a small-aperture seismic array observation at Suwanose-jima volcano for the period from 1 October to 18 November 2010. The seismic array consists of 13 elements of short-period seismometers and 5 data loggers. We perform array analysis for continuous seismic records observed during this period to investigate the wave-field properties of several episodes of volcanic tremors and 30 explosion earthquakes. Averages of the slowness values and back azimuths of volcanic tremors are estimated to be 0.8-1.4 s/km and 0°-40°, respectively. This suggests that the tremor wave consists of body and surface waves that propagate from the active crater. The array analyses and particle motions of explosion earthquakes indicate that the initial parts of the waveforms of explosion earthquakes are S waves that come from the direction of the active crater. The slowness values of the S waves of the explosion earthquakes are 0.3-0.5 s/km. Variation of the slowness value reflects the depth change of the explosion sources.
  • 筒井 智樹, 井口 正人, 為栗 健, 及川 純, 大島 弘光, 前川 徳光, 青山 裕, 植木 貞人, 平原 聡, 野上 健治, 大湊 隆雄, 市原 美恵, 辻 浩, 堀川 信一郎, 奥田 隆, 清水 洋, 松島 健, 大倉 敬宏, 吉川 慎, 園田 忠臣, 宮町 宏樹, 八木原 寛, 平野 舟一郎, 斎藤 公一滝, 末峯 宏一, 後藤 進, 池亀 孝光, 加藤 幸司, 松末 伸一, 河野 太亮, 宇都宮 真吾, 五藤 大仁, 渡辺 竜一, 前原 祐樹, 佐藤 泉, 大薮 竜童, 清水 英彦, 山下 裕亮
    京都大学防災研究所年報 54B 54 195 - 208 京都大学防災研究所 2010年 [査読無し][通常論文]
     
    桜島火山において2010年12月に第二回反復地震探査を実施した。観測点は9割以上が前年の位置に再現され, 観測網全体で南北方向に平均0.1m, 東西方向に平均0.2mの精度で観測点位置の再現がなされた。観測では展開248点中245点で波形の収録が成功した。観測波形の振幅は前年比0.8-1.5倍の範囲内に, 走時差は8ms以内であり, 波形の再現性も良好であった。前年観測記録を基準にした残差記録に現れた残差相は走時1.5-3秒台が多く, 桜島北東部を通過してくる波線に対応する記録によく認められる傾向がある。
  • Hiroshi Aoyama, Shin'ya Onizawa, Tomokadu Kobayashi, Takeshi Tameguri, Takeshi Hashimoto, Hiromitsu Oshima, Hitoshi Y. Mori
    JOURNAL OF VOLCANOLOGY AND GEOTHERMAL RESEARCH 187 3-4 203 - 217 2009年11月 [査読有り][通常論文]
     
    Post-eruptive crustal activity after the 2000 eruption of Usu volcano was investigated by seismic and geodetic field observations. Remarkable features of the magmatic eruptions that occur almost every 30 years include lava dome formation and strong precursory earthquakes. On the other hand, rapid dome subsidence was observed by electronic distance meter (EDM) measurement after the 1977-1982 summit eruption. Since the 2000 eruption, seismic activity at a shallow part under the summit crater has remained at a high level relative to that after the 1977-1982 eruption, although eruption occurred at the western foot of the volcano during the 2000 eruption. To reveal the shallow crustal activity in the inter-eruptive period around the summit area, seismicity and crustal deformation have been investigated since 2006. Dense temporary seismic observations and hypocenter relocation analysis using a three-dimensional velocity structure model revealed that the focal area is localized along the U-shaped fault that developed in the dome-forming stage of the 1977-1982 eruption. Three major focal clusters are distributed on the southwestern side of Usu-Shinzan cryptodome, which was built up during the 1977-1982 eruption. For the seven major events with magnitudes larger than 1, the focal mechanism was a large dip-slip component, which suggests the subsidence of Usu-Shinzan cryptodome. Interferomatetric satellite aperture radar (InSAR) image analysis and repeated GPS measurements revealed subsidence of the summit dome, which is almost centered at the Usu-Shinzan cryptodome. The area of rapid deformation is restricted to a small area around the summit crater. The estimated rate of dome subsidence relative to the crater floor is about 3 cm/year. These results strongly suggest that subsidence of Usu-Shinzan is associated with the small earthquakes along the U-shaped fault that surrounds the cryptodome. According to prior seismic and geodetic studies, it is thought that most of the magma rising under the summit crater during the 2000 eruption stopped around a depth of 2 km below sea level, which is sufficiently deep relative to the focal area of the present seismicity. A part of the magma intruded under the western foot and contributed to the 2000 eruption. We conclude that the 2000 eruption scarcely affected the shallow crustal activity under the summit crater, and that Usu-Shinzan cryptodome is continuing to subside just as it was before the 2000 eruption. The shallow volcanic earthquakes that began increasing from 1995 are closely related to the successive subsidence of the summit domes. Temporal change in fumarole temperature suggests a relationship between the shallow earthquakes and cooling of the magma that intruded under Usu-Shinzan during the 1977-1982 eruption. (c) 2009 Elsevier B.V. All rights reserved.
  • Yosuke Aoki, Minoru Takeo, Hiroshi Aoyama, Jun Fujimatsu, Satoshi Matsumoto, Hiroki Miyamachi, Haruhisa Nakamichi, Takahiro Ohkura, Takao Ohminato, Jun Oikawa, Rie Tanada, Tomoki Tsutsui, Keigo Yamamoto, Mare Yamamoto, Hitoshi Yamasato, Teruo Yamawaki
    JOURNAL OF VOLCANOLOGY AND GEOTHERMAL RESEARCH 187 3-4 272 - 277 2009年11月 [査読有り][通常論文]
     
    An active seismic survey with unprecedented density of seismometers found a high velocity zone to the west of the summit of Asama Volcano. Japan. The high velocity zone coincides with an area of magma-filled crack (dike) intrusion associated with the 2004 eruptions inferred from precise earthquake relocations and ground deformation modeling. It also coincides with an area of high resistivity surrounded by low resistivity, indicating that the solidification of magma due to repeating intrusions is responsible for the high velocity. This thus endorses the magma pathway previously speculated by seismic and geodetic observations. These findings demonstrate that dense seismic exploration combined with geophysical monitoring is an effective way to understand the dynamics of volcanic eruptions. (c) 2009 Elsevier B.V. All rights reserved.
  • 浅間山の大学合同稠密地震観測(2005年7月−2007年7月)
    武尾 実, 青木陽介, 大湊隆雄, 卜部 卓, 及川 純, 辻 浩, 小山悦郎, 長田 昇, 大島弘光, 青山 裕, 前川徳光, 鈴木敦生, 田中 聡, 石原吉明, 山本 希, 山田 守, 大倉敬宏, 井上寛之, 井口正人, 為栗 健, 植平賢司, 中元真美, 平野舟一郎
    東京大学地震研究所彙報 84 1 1 - 37 2009年07月 [査読有り][通常論文]
  • Shin'ya Onizawa, Hiromitsu Oshima, Hiroshi Aoyama, Tokumitsu Maekawa, Atsuo Suzuki, Hiroki Miyamachi, Tomoki Tsutsui, Takeshi Matsushima, Satoru Tanaka, Jun Oikawa, Norimichi Matsuwo, Keigo Yamamoto, Toru Shiga, Takehiko Mori
    JOURNAL OF VOLCANOLOGY AND GEOTHERMAL RESEARCH 183 3-4 245 - 253 2009年06月 [査読有り][通常論文]
     
    We investigate the basement structure of the Hokkaido Komagatake volcano, Japan, by an artificial seismic survey. By inverting first arrival time data, a three-dimensional P-wave velocity model down to 3 km b.s.l. is obtained. The resultant velocity model reasonably reflects regional geological features and is consistent with Bouguer anomalies. Around the Komagatake volcano, the velocity basement deepens to NNW on the whole, reflecting the deepening of the geological basement toward that direction. Higher velocities are observed in Oshima and Kameda Mountains where Neogene volcanic and sedimentary rocks are present. On the contrary, lower velocities are observed in lowlands surrounding the volcano, where Komagatake deposits and Quaternary sediments crop out. At the volcano, a prominent high velocity zone was detected from the surface down to a depth of 1.5 km b.s.l. Above the base, probably a contrast between the core part with higher proportion of massive lavas and intrusions and flank areas dominated by loose pyroclastic deposits caused the prominent high velocity. Below the base, it is thought that solidified intrusive bodies largely contribute to making the high velocity. Further, a high velocity elongates from Kameda Mountains to beneath the summit. This is due to a shallower of the volcano substratum. (C) 2009 Elsevier B.V. All rights reserved.
  • M. Ichihara, M. Ripepe, A. Goto, H. Oshima, H. Aoyama, M. Iguchi, K. Tanaka, H. Taniguchi
    JOURNAL OF GEOPHYSICAL RESEARCH-SOLID EARTH 114 2009年03月 [査読有り][通常論文]
     
    A shallow explosion in a fluid is one of the fundamental processes of airwave generation in volcanic eruptions. To better understand the mechanism of the airwave generation, underwater explosion experiments were conducted. Although the underwater explosions have been intensely studied over the last century, airwaves have received little attention. In this study, pressure waves were measured in air and under water, and the corresponding motion of the water surface was captured by a high-speed video camera. Airwaves and associated styles of the surface motion show similarities determined by the scaled depth, defined as the depth divided by the cubic root of the explosion energy. The air waveforms are quite different from the pressure waves measured in the water and cannot be completely explained by linear transmission of pressure waves from water to air. The mechanism of airwave generation is a combination of wave transmission and dynamics of the interface boundary. The first mechanism directly reflects the explosion source, and the same source is also observed as the underwater pressure waves. On the other hand, the second is not necessarily visible in the underwater pressure waves but will provide information on the mechanical properties and behavior of the material above the explosion source. Each mechanism is analyzed in the experiments.
  • M. Ichihara, M. Ripepe, A. Goto, H. Oshima, H. Aoyama, M. Iguchi, K. Tanaka, H. Taniguchi
    Journal of Geophysical Research 114 B3 B03210  2009年 [査読有り][通常論文]
  • 小川達則, 佐々木寿, 能和幸範, 青山 裕
    砂防学会誌 61 6 27 - 30 2009年 [査読有り][通常論文]
  • Hiroshi Aoyama, Hiromitsu Oshima
    GEOPHYSICAL RESEARCH LETTERS 35 6 L06307  2008年03月 [査読有り][通常論文]
     
    [1] We discovered an anomalous very long period (VLP) signal ( duration: about 60 s) in the broadband seismic record of the precursory swarm of a small phreatic explosion at the Meakan-dake volcano, Hokkaido, Japan, in 2006; this signal was masked by a short-period tremor in the original velocity waveform, but a considerable DC step appeared in the displacement trace. Since such a step results from a tilt change, we interpreted the observed trace as being a combination of rotational ( tilt) and translational ( displacement) motions. The apparent displacement step in the VLP signal indicates subsidence of the summit crater. Owing to limited data, we attempted deflating the Mogi source and simulating the seismic record including both motions. When only rotational motion is considered, the simulated waveform explains well the general features of the observed trace. However, the combined trace has incompatible phases, suggesting that a more complicated source process should be considered.
  • 浅間山における人工地震探査--探査の概要と初動の走時について--
    青木陽介, 武尾 実, 辻 浩, 小山悦郎, 青山 裕, 藤松 淳, 松本 聡, 宮町宏樹, 中道治久, 大倉敬宏, 大湊隆雄, 及川 純, 棚田理絵, 筒井智樹, 山本圭吾, 山本 希, 山里 平, 山脇輝夫, 市原美恵, 井本良子, 風間卓仁, 小山崇夫, 前田裕太, 前野 深, 森田裕一, 中田節也, 中村 祥, 長田 昇, 渡辺秀文, ALANIS P.K.B, ANGGONO T, 藤原善明, 福山由朗, 萩原慎太郎, 橋本武志, 平野舟一郎, 堀口桂香, 飯島 聖, 石原吉明, 石川渓太, 石坂和之, 北脇裕太, 黒木英州, 草野富二雄, 前川徳光, 増田与志郎, 松村智之, 中元真美, 西村太志, 野上健治, 奥田 隆, 坂井孝行, 佐藤正良, 鈴木敦生, 丹下 豪, 植木貞人, 渡辺篤志, 八木原寛, 山崎友也, 吉川 慎
    東京大学地震研究所彙報 83 1 1 - 26 2008年01月 [査読有り][通常論文]
  • 青山 裕
    火山 53 35 - 46 2008年 [査読有り][通常論文]
  • M. Murase, K. Ono, T. Ito, R. Miyajima, H. Mori, H. Aoyama, H. Oshima, Y. Yoshida, A. Terada, E. Koyama, T. Takeda, H. Watanabe, F. Kimata, N. Fujii
    Journal of Volcanology and Geothermal Research 164 1-2 54 - 75 2007年07月 [査読有り][通常論文]
     
    A time-dependent model for volume changes in pressure sources at Asama volcano is developed from precise leveling data collected since 1902. The optimal source model is determined by comparing five different models (a model with three types of spherical sources, single dike, and dike with a spherical source) during three periods: 1935 to 1939, 1939 to 1950/1953, and 1990 to November 2004. The optimal parameters for each model are estimated by employing a genetic algorithm (GA). The model with two spherical sources was selected as the optimal model. In this model, one of the sources was estimated to be located at a depth of approximately 6 km beneath Kurofu volcano; the other source was estimated to be located close to Maekake volcano at a depth of approximately 2 km. The volume changes in the two spherical sources are calculated using the Akaike's Bayesian information criterion (ABIC) for the period from 1902 to 2005. During the period from 1902 to 1943, a large inflation was estimated in a source at a depth of approximately 6 km beneath Kurofu volcano, which is an older volcano at the base of Asama. After 1943, a rapid deflation continued until 1967. This rapid deflation changed to a marginal inflation that continued from 1967 until 2005. The temporal change in the pressure source beneath Kurofu volcano exhibits a strong positive correlation with the eruption frequency. The leveling data does not suggest a significant volume change in the source beneath Kurofu volcano during the quiet period between 1962 and 2005. During the 20th century, magma appears to have been episodically supplied beneath Asama volcano. In particular, the inflation of the source beneath Kurofu volcano, and probably the magma supply, reached a peak from 1930 to 1940. (c) 2007 Elsevier B.V. All rights reserved.
  • Shin'ya Onizawa, Hiromitsu Oshima, Hiroshi Aoyama, Hitoshi Y. Mori, Tokumitsu Maekawa, Atsuo Suzuki, Tomoki Tsutsui, Norimichi Matsuwo, Jun Oikawa, Takao Ohminato, Keigo Yamamoto, Takehiko Mori, Taka'aki Taira, Hiroki Miyamachi, Hiromu Okada
    JOURNAL OF VOLCANOLOGY AND GEOTHERMAL RESEARCH 160 1-2 175 - 194 2007年02月 [査読有り][通常論文]
     
    The three-dimensional P-wave velocity structure of Usu volcano, Japan, is investigated by using first arrival time data of the 2001 active seismic survey. The velocity structure down to the Pre-Neogene basement below the volcano is revealed. The most prominent feature of the velocity model is the deepening of the basement toward the south-southwest. The resultant velocity model contributes to the relocations of 2000 eruption precursory earthquakes. The precursory seismic activity, which reflects pre-eruptive magma movements, is divided into three parts: (1) a sub-vertical distribution indicating magma ascent to beneath the summit of the volcano, (2) a northward migration that indicates magma movement resulting in the subsequent eruptions at the northwestern foot, and (3) a horizontal southward migration possibly indicating intrusion of sill. The northward and southward migrating earthquakes are constrained by the dipping basement structure such that most of the events occur within the middle Miocene or Pre-Neogene layer. The geographical distribution of craters and the upheavals of past eruptions are also constrained by the subsurface basement. At the northern foot of Usu Volcano, the distribution of these craters and upheavals is such that they are enclosed by the subsurface basement, which becomes shallower toward the north. On the other hand, no traces of eruptions are found in the southern and southwestern foots where the basement deepens toward the south-southwest. (c) 2006 Elsevier B.V. All rights reserved.
  • 臨時稠密地震観測で見えてきた有珠山の微小地震活動
    青山 裕, 鬼澤真也, 為栗 健, 鈴木敦生, 前川徳光, 大島弘光, 森 濟, 橋本武志, 志賀 透, 小山 寛, 中橋正樹, 吉川章文, 福山由朗
    北海道大学地球物理学研究報告 70 107 - 121 2007年 [査読無し][通常論文]
  • 渡辺 秀文, 中道 治久, 大湊 隆雄, 鍵山 恒臣, 及川 純, 青木 陽介, 辻 浩, 小山 悦郎, 長田 昇, 萩原 道徳, 竹田 豊太郎, 小林 知勝, 大島 弘光, 青山 裕, 前川 徳光, 鈴木 敦生, 田中 聡, 西村 太志, 仁田 交市, 山崎 純, 奥田 隆, 山田 守, 大倉 敬宏, 須藤 靖明, 吉川 慎, 井口 正人, 清水 洋, 植平 賢司, 松島 健, 八木原 寛, 平野 舟一郎
    東京大学地震研究所彙報 82 3 195 - 207 地震研究所 2007年 [査読有り][通常論文]
     
    A joint dense seismic observation experiment was conducted during the period of September 2002~April 2005 in cooperation of researchers of national universities under the national project for prediction of volcanic eruption. Major objectives include seismic exploration of the subsurface structure of Fuji volcano and surrounding area as well as array observation of deep low frequency earthquakes, the activity of which increased in 2000-2001 beneath the volcano. We installed 28 seismographs temporarily on and around Fuji volcano and the data was transmitted to the Volcano Research Center (VRC), Earthquake Research Institute by satellite, radio and cable telemetry systems. We further collected seismic data of permanent stations around Fuji volcano operated by related research institutions. All the data was collected and picked at VRC. In this initial report we describe the brief outline of the joint experiment, and summarize the preliminary results of analyses on the seismic velocity structure of Fuji volcano and wave characteristics of a low frequency earthquake, which occurred on 11 September 2003.
  • 2003年十勝沖地震(MJMA 8.0)発生直後に樽前火山で起きた高感度カメラで明るく見える現象
    寺田暁彦, 中川光弘, 大島弘光, 青山 裕, 神山裕幸
    東京大学地震研究所彙報 79 1/2 17 - 26 2004年11月 [査読有り][通常論文]
  • 青山 裕, 大島弘光, 鈴木敦生, 前川徳光, 鬼澤真也
    北海道大学地球物理学研究報告 67 89 - 109 2004年03月 [査読無し][通常論文]
  • 青山 裕, 大島弘光, 鈴木敦生, 前川徳光, 鬼澤真也
    北海道大学地球物理学研究報告 67 111 - 129 2004年03月 [査読無し][通常論文]
  • 青山 裕, 大島弘光, 鈴木敦生, 前川徳光
    北海道大学地球物理学研究報告 67 131 - 136 2004年03月 [査読無し][通常論文]
  • 有珠火山における人工地震探査--観測および初動の読み取り--
    鬼澤真也, 大島弘光, 青山 裕, 前川徳光, 鈴木敦生, 岡田 弘, 筒井智樹, 松尾のり通, 及川 純, 大湊隆雄, 山本圭吾, 森 健彦, 平 貴昭, 宮町宏樹, 小山順二, 蓬田 清, 渡辺顕二, 松原わかな, 岡田 純, 宮村淳一, 谷口正美, 吉川章文, 加藤幸司, 浜口博之, 田中 聡, 山崎 純, 藤沢宏篤, 小川康雄, 野上健治, 斎藤 晃, 水橋正英, 渡辺秀文, 鍵山恒臣, 萩原道徳, 中道治久, 長田 昇, 小山悦郎, 井本良子, 小林知勝, 桧山洋平, 杉岡 学, 石峯康浩, 山岡耕春, 奥田 隆, 小池勝彦, 鈴木孝幸, 鶴我佳代子, 清水 洋, 松本 聡, 松本 薫, 大倉敬宏, 迫 幹雄, 吉川 慎, 八木原寛, 平野舟一朗, 林元直樹, 為栗 健
    東京大学地震研究所彙報 78 2 121 - 143 2003年09月 [査読有り][通常論文]
  • 大学合同臨時地震観測によって決定された島弧-島弧型日高衝突帯付近の震源分布と震源メカニズム解
    勝俣 啓, 和田直人, 笠原 稔, 岡山宗夫, 一柳昌義, 石川春義, 高田真秀, 長 郁夫, 海野徳仁, 岡田知己, 中村綾子, 堀修一郎, 立花憲司, 河野俊夫, 仁田交市, 橋本恵一, 伊藤喜宏, 五十嵐俊博, 中島淳一, 浅野陽一, 伊藤亜妃, 内田直希, 宗田靖恵, 氏川尚子, 長谷見晶子, 出町知嗣, 平田 直, 卜部 卓, 酒井慎一, 井出 哲, 荻野 泉, 瀬戸憲彦, 酒井 要, 橋本信一, 羽田敏夫, 山中佳子, 三浦勝美, 萩原弘子, 小林 勝, 井上義弘, 田上貴代子, 中川茂樹, 津田健一, 松原 誠, 多田 卓, 青山 裕, 松澤孝紀, 趙 燕来, 山崎文人, 山田 守, 佐々木嘉三, 平松良浩, 雑賀 敦, 小森 哲也, 梅田康弘, 伊藤 潔, 小泉 誠, 和田博夫, 平野憲雄, 西田良平, 松島 健, 植平賢司, 大島光貴, 平野舟一郎
    東京大学地震研究所彙報 77 3 199 - 223 2003年01月 [査読有り][通常論文]
  • H Aoyama, M Takeo, S Ide
    JOURNAL OF GEOPHYSICAL RESEARCH-SOLID EARTH 107 B8 2002年08月 [査読有り][通常論文]
     
    [1] An earthquake swarm occurred under the Hida Mountains in central Japan in 1998. The focal area, which expanded from south to north, was distributed above the low-velocity and high-attenuation zone, which lies under the main range. During the swarm, there was a migration of focal areas with time delays. In this paper, we investigate the spatiotemporal distribution of earthquakes in the swarm and discuss the phenomenon that must have controlled the seismicity. Understanding the complicated spatial pattern of seismicity, we investigate the dependency of the occurrence of earthquakes on the static stress changes caused by preceding earthquakes. Our findings show that, for each of 18 major earthquakes (magnitudes 4.0 or higher), the estimated distribution of the resulting Coulomb failure stress corresponds to the expansion of focal areas and the distribution of the seismically quiescent region. However, the detailed structure of seismicity cannot be explained only by the static stress changes. We discuss two additional factors which may control delayed fractures: flow of underground water for the seismicity around the southernmost focal cluster and stress corrosion process for the leaps of seismicities. The results of this study suggest that the 1998 Hida swarm was strongly affected by the disturbances of a static stress field that was created by the swarm itself, although the magnitudes of static stress change are small. The seismic activity was initiated by swarm-type seismicity around the southernmost cluster and then expanded northward gradually due to the increase in static stress.
  • 2001年有珠火山人工地震探査--3次元P波速度構造--
    鬼澤真也, 大島弘光, 青山 裕, 森 済, 前川徳光, 鈴木敦生, 筒井智樹, 松尾のり道, 及川 純, 大湊隆雄, 山本圭吾, 森 健彦, 平 貴昭, 宮町 宏樹, 岡田 弘
    月刊地球 39 14 - 21 2002年 [査読無し][通常論文]
  • 青山 裕, 大島弘光, 前川徳光
    火山 47 5 521 - 531 2002年 [査読有り][通常論文]
  • H. Aoyama, M. Takeo
    Journal of Volcanology and Geothermal Research 105 1-2 163 - 182 2001年01月 [査読有り][通常論文]
     
    N-type earthquakes sometimes occur before the eruption of andesitic volcanoes, but their source mechanism has not been understood well. Their waveforms have stationary periods and decay slowly resembling to damped oscillation. They have common characteristics of spectra among the different stations these spectral peaks appear at almost equal intervals of 1.0 Hz with common sharpness. We made detailed analysis on the N-type earthquakes observed at Asama volcano in July 1995. During 10 days activity, the duration of each earthquake increased gradually from 40 s to 3 min, while the peak frequency decreased from 2.7 to 0.8 Hz. Hypocenters are distributed slightly west under the summit crater with 0.4-1.7 km above sea-level. Source mechanism of the N-type earthquake is determined using a waveform inversion technique. Synthetic waveforms are calculated using 2D finite difference method. Surface topography is included in the calculation to incorporate the case that the source region is higher than the stations. Since the optimum solution has a large volumetric component, we approximated the volumetric part as a volume change of fluid filled sphere or cylinder or plane crack, and decomposed the solution into volumetric and non-volumetric part. Consequently, it is revealed that the optimum solution can be expressed as "crack expansion (contraction) + small fault slip", because the spectral peak distribution advocates the crack expansion model among these three candidates. The frequency change during this activity may be explained by the time variation of the sound speed of inner fluid from 300 to 100 m/s. The change of the void fraction of water-steam phase might have caused the decrease of the sound speed. © 2001 Elsevier Science B.V. All rights reserved.
  • 青山 裕, 武尾 実, 渡辺秀文
    火山 45 6 323 - 329 2000年 [査読有り][通常論文]
  • 雲仙火山における人工地震探査--観測および初動の読みとり--
    松島 健, 清水 洋, 西村裕一, 植木貞人, 西村太志, 青木重樹, 早川俊彦, 鍵山恒臣, 三ヶ田均, 及川 純, 北村健彦, 宗包浩志, 渡辺 了, 熊谷博之, 筒井智樹, 西 潔, 井口正人, 宮町宏樹, 高木朗充, 岡田 弘, 前川徳光, 青山 裕, 干野 真, 奥 喜明, 為栗 健, 森田裕一, 橋本恵一, 中道治久, 佐藤峰司, 平林順一, 大場 武, 野上健治, 井田喜明, 渡辺秀文, 山科健一郎, 沢田宗久, 行田紀也, 松本時子, 増谷文雄, 長田 昇, 辻 浩, 飯高 隆, 武田哲也, 伊藤 健, 伊藤 渉, 野津憲治, 森 俊哉, 戸松稔貴, 増山孝行, 山岡耕春, 奥田 隆, 西原真仁, 羽佐田葉子, 前田実利, 太田一也, 松尾のり道, 馬越孝道, 福井理作, 内田和也, 八木原寛, 岡松憲和, 藤井雄士郎, 森 健彦, 松本良浩, 中坊 真, 吉川 慎, 石原和弘, 高山鐡朗, ムハマッド ヘンドラスト, アントニウス ラドモプルボ, 平野舟一郞, 平松秀行, 永岡 修, 松島正哉, 青木恒生, 前中伸雄, 鳥巣啓多, 緒方 誠, 松末伸一, 福田信夫, 山下隆丞, 飯島 聖, 森 博一
    東京大学地震研究所彙報 72 2/4 167 - 183 1997年 [査読有り][通常論文]

書籍

  • 北海道の地震と津波
    青山 裕 (担当:分担執筆範囲:10 火山噴火と地震)
    北海道新聞社 2012年02月 (ISBN: 9784894536340) 245

講演・口頭発表等

  • 十勝岳の火口近傍でとらえられた力学現象  [通常講演]
    青山 裕, 橋本武志, 田中 良, 大島弘光, 齋藤公一滝, 道下剛史, 奥山 哲, 札幌火山監視, 警報センター
    日本地球惑星科学連合大会 2019年05月 口頭発表(一般) 千葉市 日本地球惑星科学連合
  • 十勝岳の火口近傍観測  [通常講演]
    青山 裕
    日本火山学会2017年度秋季大会 2017年10月 ポスター発表 熊本市 日本火山学会
  • ストロンボリ火山の山腹噴火前のキツツキ音地震活動  [通常講演]
    青山 裕, 山田大志, 西村太志, 川口亮平, 三輪学央, 藤田英輔, リペペ マウリツィオ, ジェンコ リカルド
    日本火山学会2016年度秋季大会 2016年10月 ポスター発表 富士吉田市 日本火山学会
  • 十勝岳の火口近傍観測と最近の活動  [通常講演]
    青山 裕, 橋本武志, 西村太志, 市來雅啓, 小山崇夫, 岡田和見, 田中 良, 山田大志, 翁長良介, 三嶋 渉
    日本火山学会2015年度秋季大会 2015年10月 口頭発表(一般) 富山市 日本火山学会
  • ストロンボリ火山の繰り返し噴火から溶岩流出噴火への移行期における地震動の時間変化  [通常講演]
    青山 裕, 西村太志, 山田大志, 川口亮平, 三輪学央, 藤田英輔, リペペ マウリツィオ, ジェンコ リカルド, ラカーナ ジョルジオ
    日本地球惑星科学連合大会 2015年05月 口頭発表(一般) 千葉市 日本地球惑星科学連合
  • 樽前山の群発地震活動と石狩地方南部の地震(MJMA5.6)  [通常講演]
    青山 裕, 森 済, 橋本武志, 大島弘光, 村上 亮
    日本火山学会2014年度秋季大会 2014年10月 口頭発表(一般) 福岡市 日本火山学会
  • Dike opening inferred from tilt change prior to the small phreatic eruption of Meakan-dake volcano, Hokkaido, Japan, in November 2008  [通常講演]
    AOYAMA Hiroshi, OSHIMA Hiromitsu
    8th Biennial Workshop on Japan-Kamchatka-Alaska Subduction Processes 2014年07月 口頭発表(一般) Sapporo Institute of Seismology and Volcanology and Department of Natural History Sciences, Hokkaido University
  • 樽前山の2013年群発地震活動  [通常講演]
    青山 裕, 橋本武志, 森 済, 大島弘光, 村上 亮, 碓井勇二, 宮本聖史
    日本火山学会2013年度秋季大会 2013年10月 口頭発表(招待・特別) 猪苗代町 日本火山学会
  • ロコン火山(インドネシア)のブルカノ式噴火に伴う爆発地震の波動特性と前兆傾斜変動  [通常講演]
    青山 裕, 山田大志, 西村太志, 八木原寛, 中道治久, 及川 純, 井口正人, ヘンドラスト ムハマド, スパルマン ヤサ
    日本地球惑星科学連合大会 2013年05月 口頭発表(一般) 千葉市 日本地球惑星科学連合
  • Seismological study on precursors of the small phreatic eruptions at Meakan-dake volcano in 2006 and 2008  [通常講演]
    AOYAMA Hiroshi, OGISO Masashi
    7th Biennual Workshop on Japan-Kamchatka-Alaska Subduction Processes 2011年08月 ポスター発表 Petropavlovsk-Kamchatsky Institute of Volcanology and Seismology FEB RAS
  • 有珠山頂銀沼火口における地震波探査の試み  [通常講演]
    青山 裕, 中島 睦, 斉藤 悠, 岩見有里香, 柳井佳穂里, 山田大志
    日本火山学会2010年度秋季大会 2010年10月 ポスター発表 京都市 日本火山学会
  • Inter-eruptive volcanism at Usu volcano: Micro-earthquakes and dome subsidence  [通常講演]
    AOYAMA Hiroshi, ONIZAWA Shin'ya, KOBAYASHI Tomokadu, TAMEGURI Takeshi, HASHIMOTO Takeshi, OSHIMA Hiromitsu, MORI Hitoshi
    AGU 2009 Fall Meeting 2009年12月 ポスター発表 San Francisco American Geophysical Union
  • 雌阿寒岳2008年噴火の前兆変動  [通常講演]
    青山 裕, 大島弘光
    日本火山学会2009年度秋季大会 2009年10月 ポスター発表 小田原市 日本火山学会
  • 2004年9月の浅間山連続微噴火の再検討  [通常講演]
    青山 裕, 武尾 実
    日本火山学会2008年度秋季大会 2008年10月 ポスター発表 盛岡市 日本火山学会
  • Tilt Change Preceding to a Small Phreatic Explosion of Meakan-dake Volcano  [通常講演]
    AOYAMA Hiroshi, OSHIMA Hiromitsu
    Cities on Volcano 5 2007年11月 ポスター発表 Shimabara Volcanological Society of Japan
  • CMG40T地震計の傾斜応答に関する簡易試験  [通常講演]
    青山 裕
    日本地震学会2007年秋季大会 2007年10月 ポスター発表 仙台市 日本地震学会
  • 雌阿寒岳の水蒸気爆発に先行して現れた超長周期振動  [通常講演]
    青山 裕, 大島弘光
    日本地球惑星科学連合大会 2007年05月 口頭発表(一般) 千葉市 日本地球惑星科学連合
  • 臨時稠密地震観測で見えてきた有珠山の微小地震活動  [通常講演]
    青山 裕, 鬼澤真也, 為栗 健, 鈴木敦生, 前川徳光, 大島弘光, 森 済, 橋本武志, 志賀 透, 小山 寛, 中橋正樹, 吉川章文, 福山由朗
    日本地球惑星科学連合大会 2007年05月 口頭発表(一般) 千葉市 日本地球惑星科学連合
  • 静穏期における有珠山の微小地震活動(序報)  [通常講演]
    青山 裕, 為栗 健, 鬼澤真也, 鈴木敦生, ムルヤナ イヤン, 大島弘光, 前川徳光, 志賀 透, 吉川章文, 小山 寛, 中橋正樹, 福山由朗
    日本火山学会2006年度秋季大会 2006年10月 ポスター発表 阿蘇市 日本火山学会
  • 十勝沖地震によって誘発された樽前山の群発地震活動と高温ガス噴出--地震を励起した火山性流体を捉えたか?--  [通常講演]
    青山 裕
    日本地球惑星科学連合大会 2006年05月 ポスター発表 千葉市 日本地球惑星科学連合
  • 火山観測用3次元可視画像撮影装置開発の試案  [通常講演]
    青山 裕
    日本火山学会2005年度秋季大会 2005年10月 口頭発表(一般) 札幌市 日本火山学会
  • 2000年3月31日の有珠山噴火で観測された空振と地動  [通常講演]
    青山 裕, 大島弘光, 前川徳光
    日本火山学会2002年度秋季大会 2002年10月 ポスター発表 仙台市 日本火山学会
  • Volcano acoustic activity associated with the eruption of Mt. Usu, 2000 -Mud-pool Strombolian-  [通常講演]
    AOYAMA Hiroshi, OSHIMA Hiromitsu, MAEKAWA Tokumitsu
    AGU 2001 Fall Meeting 2001年12月 ポスター発表 San Francisco American Geophysical Union
  • 有珠山2000年噴火に伴う空振活動の推移  [通常講演]
    青山 裕, 大島弘光, 前川徳光
    日本火山学会2001年度秋季大会 2001年10月 ポスター発表 鹿児島市 日本火山学会
  • 粘性流体の流れを考えた火山性低周波地震の励起モデルの検討  [通常講演]
    青山 裕, 武尾 実
    地球惑星科学関連学会合同大会 2000年04月 口頭発表(一般) 新宿区 地球惑星科学関連学会
  • Evolution of Earthquake Swarm Under Hida Mountains, Central Japan, in 1998  [通常講演]
    AOYAMA Hiroshi, IDE Satoshi, TAKEO Minoru
    AGU 1999 Fall meeting 1999年12月 ポスター発表 San Francisco American Geophysical Union
  • 1998年飛騨山脈で発生した群発地震活動の推移  [通常講演]
    青山 裕, 井出 哲, 武尾 実
    日本地震学会1999年秋季大会 1999年10月 ポスター発表 仙台 日本地震学会
  • Statistics of Seismicity and Source Processes of Earthquake Swarm Around Kamikouchi, Japan, in 1998  [通常講演]
    AOYAMA Hiroshi, IDE SAtoshi, TAKEO Minoru, HIRATA Naoshi
    IUGG XXII General Assembly 1999年07月 ポスター発表 Birmingham Internatinonal Union of Geodesy and Geophysics
  • Wave Properties and Focal Mechanisms of N-type Earthquakes at Asama Volcano  [通常講演]
    AOYAMA Hiroshi, TAKEO Minoru
    AGU 1998 Fall meeting 1998年12月 ポスター発表 San Francisco American Geophysical Union
  • 1998年8月上高地周辺における群発地震の活動と震源過程  [通常講演]
    青山 裕, 井出 哲, 松原 誠, 平田 直, 武尾 実, 酒井慎一, 酒井 要, 小林 勝, 羽田敏夫, 橋本信一
    日本地震学会1998年秋季大会 1998年10月 ポスター発表 日本地震学会
  • 浅間山N型地震の波動特性と発震機構  [通常講演]
    青山 裕, 武尾 実
    地球惑星科学関連学会合同大会 1998年04月 口頭発表(一般) 新宿区 地球惑星科学関連学会
  • 広帯域地震計で観測された浅間山N型地震の波動特性  [通常講演]
    青山 裕, 武尾 実, 辻 浩, 金嶋 聡, 及川 純, 行田紀也
    日本火山学会1996年秋季大会 1996年11月 口頭発表(一般) 大島町 日本火山学会

その他活動・業績

  • 小川 康雄, 青山 裕, 山本 希, 筒井 智樹, 寺田 暁彦, 大倉 敬宏, 神田 径, 小山 崇夫, 金子 隆之, 大湊 隆雄, 石崎泰男, 吉本 充宏, 石峯 康浩, 野上 健治, 森 俊哉, 木川田 喜一, 片岡 香子, 松元 高峰, 上石 勲, 山口 悟, 伊藤 陽一, 常松 佳恵 自然災害科学総合シンポジウム講演論文集 (56) 1 -5 2019年09月11日 [査読無し][通常論文]
     
    2019年9月11日(水), 於 : キャンパスプラザ京都 第1講義室草津白根山では, 近年の火山活動が湯釜火口周辺に限定されていた。2014年からは, 湯釜火口周辺で活動が高まり, 山体の膨張を伴う地震活動, 熱活動, 火山ガス成分の変化が観測され, 2年後には活動が終息した。一方で, 1500年間活動のなかった本白根山鏡池北火口で, 2018年1月23日に顕著な前駆的活動を伴わない水蒸気噴火が発生し, 人的な被害が生じた。この噴火を受けて2018年度, 2019年度に, 地震学・測地学・地球電磁気学・地球化学・地質学に渡る科研費研究が実施された。噴火に先立って前兆的な現象の有無について, それぞれの分野で検討がなされた。また水蒸気噴火後にマグマ噴火への移行の可能性もありモニタリング研究を継続したが, 現状では, 本白根火山鏡池北火口の再活動の兆しは見当たらない。一方, 草津白根山湯釜火口付近は, 2018年4月, 同9月, 2019年5月に傾斜変動を伴う地震活動が発生し, 再び活動的になってきている。
  • 高橋 浩晃, 勝俣 啓, 大園 真子, 橋本 武志, 青山 裕, 酒井 慎一, 松本 聡, 岡田 知己, 小菅 正裕, 寺川 寿子, 飯尾 能久, 中尾 茂, 上嶋 誠, 柴田 智郎, 大津 直, 高井 伸雄, 飯場 正紀, 渡部 要一, 菊地 優, 岡崎 太一郎, 白井 和貴, 西村 裕一, 石川 達也, 高瀬 裕也, 永井 宏, 宮森 保紀, 三宅 弘恵, 松島 信一, 浅野 公之, 重藤 迪子, 卜部 厚志, 前田 宜浩, 石澤 友浩, 廣瀬 亘, 小山内 信智, 山田 孝, 笠井 美青, 檜垣 大助, 風間 基樹, 千木良 雅弘, 渦岡 良介, 竹林 洋史, 木村 誇, 石丸 聡, 岡田 成幸, 内田 賢悦, 有村 幹治, 植松 武是, 多々納 裕一, 梶谷 義雄, 能島 暢呂, 田村 圭子, 中村 洋光, 戸松 誠 自然災害科学総合シンポジウム講演論文集 56 (56) 21 -26 2019年09月11日 [査読無し][通常論文]
     
    2019年9月11日(水), 於 : キャンパスプラザ京都 第1講義室「平成30年北海道胆振東部地震」とその災害に関する総合調査を実施した。震度7を記録した揺れにより, 同時多発斜面災害と, 北海道全域同時停電(ブラックアウト)が発生し, 複合的な災害となった。震源の深さは約37kmで, 大すべり域はそれより浅い20-25km付近であった。木造家屋の倒壊が多発したむかわ町市街では, 地盤構造による地震波の増幅が見られた。同時多発斜面崩壊は, 近隣の活火山の噴火による降下火砕堆積物が素因となった。札幌市内の地盤液状化地帯では, 極めて軟弱な谷埋盛土層が確認された。地震発生が未明であったことが, 建物倒壊による直接死が出なかったことに関係している可能性がある。ブラックアウトは, 社会経済活動に大きな影響を与えた。
  • 竹井 瑠一, 筒井 智樹, 多田 悠也, 森脇 知哉, 青木 陽介, 青山 裕, 丸山 豪 公益社団法人物理探査学会学術講演会講演論文集 = Proceedings of the SEGJ Conference 141 201 -204 2019年 [査読無し][通常論文]
  • 小川 康雄, 青山 裕, 山本 希, 筒井 智樹, 寺田 暁彦, 大倉 敬宏, 神田 径, 小山 崇夫, 金子 隆之, 大湊 隆雄, 石崎 泰男, 吉本 充宏, 石峯 康浩, 野上 健治, 森 俊哉, 木川田 喜一, 片岡 香子, 松元 高峰, 上石 勲, 山口 悟, 伊藤 陽一, 常松 佳恵 自然災害科学総合シンポジウム講演論文集 (55) 25 -30 2018年09月18日 [査読無し][通常論文]
     
    平成30年9月18日(火), 於 : 京都大学宇治おうばくプラザきはだホール2018年1月23日10時02分に草津白根山を構成する3山体(白根山・逢ノ峰・本白根山)の一つである本白根山鏡池北火口で1500年ぶりの噴火が発生し, 噴石により人的な被害が発生した。この噴火は顕著な前駆的活動を伴わない水蒸気噴火であった。近年の草津白根火山では, 白根山湯釜水釜火口を中心とする水蒸気噴火活動が顕著で, 火山観測は白根山に集中している。一方で, 今回噴火した本白根山では, これまでの最新の噴火が鏡池北火口での1500年前のマグマ噴火であって, 近年, 鏡池北火口付近には顕著な地熱活動は記録されていない。今回の突発的な噴火を受けて, 以下の3点を明らかにするために総合調査を行った。(1)顕著な前駆的な活動がない水蒸気噴火プロセスの解明(2)今後の火山活動の推移の予測, 特にマグマが噴出する可能性の予測(3)融雪泥流発生リスクの評価。これらの研究のために, 地震観測, 地盤変動観測, 熱観測, 噴出物観測, 地球化学観測, 融雪泥流評価を実施した。これまでの研究成果について報告する。
  • MIYAMACHI Hiroki, TAKAHASHI Hiroaki, AOYAMA Hiroshi, SHIINA Takahiro, TAKADA Masamitsu, ICHIYANAGI Masayoshi, YAMAGUCHI Teruhiro, ONO Natsuki, KAZUMA Saito, ITO Chihiro, MURAI Yoshio, TSUTSUI Tomoki, YUSUKE Inoue, TAKEI Ryuichi, YAMAMOTO Mare, HIRAHARA Satoshi, NAKAYAMA Takashi, HINO Ryota, AZUMA Ryosuke, OTOMO Shuhei, KURASHIMO Eiji, IWASAKI Takaya, SHINOHARA Masanao, YAMADA Tomoaki, ABE Eiji, NAKAHIGASHI Kazuo, WATANABE Toshiki, MAEDA Yuta, HORIKAWA Shinichiro, OKUDA Takashi, TSUJI Shuhei, HASEGAWA Daima, KATAO Hiroshi, SHIBUTANI Takuo, MIURA Tsutomu, NAKAGAWA Jun, KATO Shinya, YAMASHITA Yusuke, MATSUSHIMA Takeshi, ISODA Kenshin, TRIAHADINI Agnis, TEGURI Yoshiko, MIYAMACHI Rintaro, SHIMIZU Hiroshi, KOBAYASHI Reiji, NAKAI Kazuho, SODA Masakazu, YAKIWARA Hiroshi, HIRANO Shuichiro 日本地球惑星科学連合大会予稿集(Web) 2018 ROMBUNNO.SSS11‐10 (WEB ONLY) 2018年05月 [査読無し][通常論文]
  • 山本希, 青山裕, 筒井智樹, 寺田暁彦, 神田径, 小川康雄 日本地球惑星科学連合大会予稿集(Web) 2018 ROMBUNNO.SVC41‐P10 (WEB ONLY) 2018年 [査読無し][通常論文]
  • 寺田暁彦, 神田径, 小川康雄, 青山裕, 山本希, 筒井智樹, 大倉敬宏, 野口里奈 日本地球惑星科学連合大会予稿集(Web) 2018 ROMBUNNO.SVC41‐37 (WEB ONLY) 2018年 [査読無し][通常論文]
  • 宮町 宏樹, 伊藤 ちひろ, 村井 芳夫, 筒井 智樹, 井上 雄介, 竹井 瑠一, 山本 希, 平原 聡, 中山 貴史, 東 龍介, 大友 周平, 高橋 浩晃, 日野 亮太, 阿部 英二, 蔵下 英司, 岩崎 貴哉, 篠原 雅尚, 山田 知朗, 中東 和夫, 渡辺 俊樹, 前田 裕太, 堀川 信一郎, 青山 裕, 奥田 隆, 辻 修平, 長谷川 大真, 片尾 浩, 澁谷 拓郎, 三浦 勉, 中川 潤, 加藤 慎也, 山下 裕亮, 松島 健, 椎名 高裕, 手操 佳子, 宮町 凜太郎, Agnis Triahadini, 磯田 謙心, 清水 洋, 小林 励司, 早田 正和, 仲井 一穂, 八木原 寛, 平野 舟一郎, 髙田 真秀, 田中 康久, 川崎 慎治, 佐藤 紀男, 一柳 昌義, 山口 照寛, 小野 夏生, 齊藤 一真 日本火山学会講演予稿集 2018 (0) 105 -105 2018年 [査読無し][通常論文]
  • 宮町 宏樹, 伊藤 ちひろ, 村井 芳夫, 筒井 智樹, 井上 雄介, 竹井 瑠一, 山本 希, 平原 聡, 中山 貴史, 東 龍介, 大友 周平, 高橋 浩晃, 日野 亮太, 阿部 英二, 蔵下 英司, 岩崎 貴哉, 篠原 雅尚, 山田 知朗, 中東 和夫, 渡辺 俊樹, 前田 裕太, 堀川 信一郎, 青山 裕, 奥田 隆, 辻 修平, 長谷川 大真, 片尾 浩, 澁谷 拓郎, 三浦 勉, 中川 潤, 加藤 慎也, 山下 裕亮, 松島 健, 椎名 高裕, 手操 佳子, 宮町 凜太郎, Agnis Triahadini, 磯田 謙心, 清水 洋, 小林 励司, 早田 正和, 仲井 一穂, 八木原 寛, 平野 舟一郎, 髙田 真秀, 田中 康久, 川崎 慎治, 佐藤 紀男, 一柳 昌義, 山口 照寛, 小野 夏生, 齊藤 一真 日本火山学会講演予稿集 2018 (0) 105 -105 2018年 [査読無し][通常論文]
  • Takeshi Nishimura, Masato Iguchi, Mohammad Hendrasto, Hiroshi Aoyama, Taishi Yamada, Maurizio Ripepe, Riccardo Genco EARTH PLANETS AND SPACE 69 2017年10月 [査読無し][通常論文]
  • 中道 治久, 青山 裕 日本火山学会講演予稿集 2017 (0) 4 -4 2017年 [査読無し][通常論文]
  • 筒井智樹, 井口正人, 中道治久, 為栗健, 大島弘光, 青山裕, 山本希, 野上健治, 大湊隆雄, 前田裕太, 大倉敬宏, 清水洋, 松島健, 八木原寛, 宮町宏樹, 小林励司, 平原聡, 辻浩, 渡邊篤志, 堀川信一郎, 園田忠臣, 吉川慎, 竹中悠亮, 平野舟一郎, 柳澤宏彰, 菅井明, 井手和彦, 長山泰淳, 滿永大輔, 小窪則夫, 重信有三, 渡辺茂, 畠山康憲 日本地球惑星科学連合大会予稿集(Web) 2017 ROMBUNNO.SVC47‐23 (WEB ONLY) 2017年 [査読無し][通常論文]
  • 高橋浩晃, 大園真子, 青山裕, 宮町宏樹, 松島健, 山下裕亮, GORDEEV E, MURAVYEV Y, SEROVETNIKOV S 日本測地学会講演会要旨 126th 149‐150 2016年10月19日 [査読無し][通常論文]
  • 大園真子, 高橋浩晃, 青山裕, 宮町宏樹, 松島健, 山下裕亮, GORDEEV E, YAROSRAV M, SEROVETNIKOV S 日本火山学会講演予稿集 2016 30 2016年 [査読無し][通常論文]
  • 山本希, 三浦哲, 市來雅啓, 青山裕, 筒井智樹, 江本賢太郎, 平原聡, 中山貴史, 鳥本達矢, 大湊隆雄, 渡邉篤志, 安藤美和子, 前田裕太, 松島健, 中元真美, 宮町凛太郎, 大倉敬宏, 吉川慎, 宮町宏樹, 柳澤宏彰, 長門信也 日本地球惑星科学連合大会予稿集(Web) 2016 ROMBUNNO.SVC47‐21 (WEB ONLY) 2016年 [査読無し][通常論文]
  • 筒井智樹, 為栗健, 井口正人, 中道治久, 大島弘光, 青山裕, 植木貞人, 山本希, 野上健治, 武尾実, 大湊隆雄, 市原美恵, 及川純, 小山崇夫, 前田裕太, 大倉敬宏, 清水洋, 松島健, 宮町宏樹, 小林励司, 八木原寛 日本地球惑星科学連合大会予稿集(Web) 2016 ROMBUNNO.SVC47‐09 (WEB ONLY) 2016年 [査読無し][通常論文]
  • Characteristics of magnitude-frequency distributions of eruption earthquakes associated with Vulcanian and Strombolian explosions
    Nishimura, T, Iguchi, M, Hendrasto, M, Aoyama, H Abstracts of Cities on Volcanoes 8 2014年09月 [査読無し][通常論文]
  • Waveform analysis of explosion earthquake at Lokon-Empung volcano and comparative study of dilatational phase of Vulcanian eruption
    Yamada, T, Aoyama, H, Nishimura, T, Yakiwara, H, Nakamichi, H, Oikawa, J, Iguchi, M, Hendrasto, M, Suparman, Y Abstracts of Cities on Volcanoes 8 2014年09月 [査読無し][通常論文]
  • 青山裕, 森済, 橋本武志, 大島弘光, 村上亮 日本火山学会講演予稿集 2014 52 2014年 [査読無し][通常論文]
  • 青山裕, 橋本武志, 森済, 大島弘光, 村上亮, 碓井勇二, 宮本聖史 日本火山学会講演予稿集 2013 33 2013年 [査読無し][通常論文]
  • 山田 大志, 青山 裕, 西村 太志, 八木原 寛, 中道 治久, 井口 正人, 及川 純, Hendrasto Muhamad, Suparman Yasa 日本火山学会講演予稿集 2013 (0) 21 -21 2013年 [査読無し][通常論文]
  • 高橋浩晃, 青山裕, 中川光弘, 松島健, 宮町宏樹, GORDEEV E, MURAVYEV Y, SEROVETNIKOV S 日本火山学会講演予稿集 2013 22 2013年 [査読無し][通常論文]
  • Source process of explosive eruptions inferred from a seismic array close to the active crater of Suwanosejima volcano, Japan
    Nakamichi, H, Aoyama, H, Nishimura, T, Yakiwara, H, Ohta, Y, Yokoo, A, Iguchi, M AGU Fall meeting 2012 2012年12月 [査読無し][通常論文]
  • 平井 雄一, 西村 太志, 井口 正人, 為栗 健, 及川 純, 八木原 寛, 中道 治久, 青山 裕 日本火山学会講演予稿集 2012 (0) 105 -105 2012年 [査読無し][通常論文]
  • 筒井 智樹, 及川 純, 市原 美恵, 武尾 実, 中道 治久, 大倉 敬宏, 清水 洋, 松島 健, 宮町 宏樹, 八木原 寛, 上田 義浩, 井口 正人, 斎藤 公一滝, 菅井 明, 為栗 健, 大島 弘光, 青山 裕, 植木 貞人, 山本 希, 野上 健治, 大湊 隆雄 日本火山学会講演予稿集 2012 (0) 32 -32 2012年 [査読無し][通常論文]
  • 松島健, 高橋浩晃, 青山裕, 中川光弘, 宮町宏樹, 後藤章夫, SERGEY Serovetnikov, YAROSLAV Muravyev, EVGENY Gordeev 日本火山学会講演予稿集 2012 106 2012年 [査読無し][通常論文]
  • Volcano inflations prior to small vulcanian eruptions at Suwanose-jima volcano, Japan
    Nishimura, T, Iguchi, M, Oikawa, J, Yakiwara, H, Aoyama, H, Ohta, Y, Nakamichi, H, Tameguri, T AGU Fall meeting 2011 2011年12月 [査読無し][通常論文]
  • 大島 弘光, 青山 裕, 松本 聡, 清水 洋, 筒井 智樹 日本火山学会講演予稿集 2011 (0) 143 -143 2011年 [査読無し][通常論文]
  • 中道 治久, 青山 裕, 西村 太志, 八木原 寛, 太田 雄策, 横尾 亮彦, 井口 正人 日本火山学会講演予稿集 2011 (0) 106 -106 2011年 [査読無し][通常論文]
  • 一岡 祐生, 梅原 宏之, 大島 弘光, 橋本 武志, 青山 裕 日本火山学会講演予稿集 2010 2010年10月09日 [査読無し][通常論文]
  • 土屋 遼平, 青山 裕, 橋本 武志, 森 済, 大島 弘光, 鈴木 敦生, 的場 敦史, 尾崎 威 日本火山学会講演予稿集 2009 2009年10月10日 [査読無し][通常論文]
  • 青山 裕, 大島 弘光 日本火山学会講演予稿集 2009 2009年10月10日 [査読無し][通常論文]
  • 中道治久, 渡辺秀文, 大湊隆雄, 鍵山恒臣, 及川純, 竹田豊太郎, 小山悦郎, 小林知勝, 長田昇, 辻浩, 大島弘光, 青山裕, 前川徳光, 鈴木敦生, 田中聡, 西村太志, 仁田交市, 山崎純, 萩原道徳, 山岡耕春, 山田守, 大倉敬宏, 須藤靖明, 井口正人, 清水洋, 植平賢司, 松島健, 八木原寛 月刊地球 71 -76 2007年02月01日 [査読無し][通常論文]
  • 3次元可視画像撮影に向けた無線同期装置の開発
    青山 裕 火山爆発のダイナミックス,文部科学省科学研究費特定領域研究(領域番号422)研究成果報告書(平成18年度) 290 -292 2007年 [査読無し][通常論文]
  • 村瀬 雅之, 伊藤 武男, 宮島 力雄, 森 済, 青山 裕, 大島 弘光, 吉田 友香, 寺田 暁彦, 小山 悦郎, 武田 豊太郎, 渡辺 秀文, 木股 文昭, 藤井 直之 日本火山学会講演予稿集 2006 2006年10月23日 [査読無し][通常論文]
  • 青山 裕, 為栗 健, 鬼澤 真也, 鈴木 敦生, ムルヤナ イヤン, 大島 弘光, 前川 徳光, 志賀 透, 吉川 章文, 小山 寛, 中橋 正樹, 福山 由朗 日本火山学会講演予稿集 2006 2006年10月23日 [査読無し][通常論文]
  • 吉田 友香, 大島 弘光, 森 済, 前川 徳光, 鈴木 敦生, 青山 裕, 村瀬 雅之, 宮島 力雄, 木股 文昭, 内田 和也, 道端 秀和, 志賀 透, 福山 由朗, 及川 太美夫 日本火山学会講演予稿集 2006 2006年10月23日 [査読無し][通常論文]
  • 村瀬雅之, 伊藤武男, 宮島力雄, 森済, 青山裕, 大島弘光, 吉田友香, 寺田暁彦, 小山悦郎, 武田豊太郎, 渡辺秀文, 木股文昭, 藤井直之 日本火山学会講演予稿集 2006 70 2006年 [査読無し][通常論文]
  • 火山観測用ドップラーレーダーの開発−−動作試験−−
    大島弘光, 青山 裕 火山爆発のダイナミックス,文部科学省科学研究費特定領域研究(領域番号422)研究成果報告書(平成17年度) 295 -298 2006年 [査読無し][通常論文]
  • 3次元可視画像撮影装置の試作
    青山 裕 火山爆発のダイナミックス!文部科学省科学研究費特定領域研究(領域番号422)研究成果報告書(平成17年度) 291 -294 2006年 [査読無し][通常論文]
  • 吉田 友香, 大島 弘光, 前川 徳光, 鈴木 敦生, 青山 裕 日本火山学会講演予稿集 2005 2005年10月05日 [査読無し][通常論文]
  • 火山観測用ドップラーレーダーの開発−−データ処理装置−−
    大島弘光, 青山 裕 火山爆発のダイナミックス,文部科学省科学研究費特定領域研究(領域番号422)研究成果報告書(平成16年度) 274 -277 2005年 [査読無し][通常論文]
  • 浅間火山における2004年水準測量の結果と(1935-1939-1953年に観測された)上下変動にもとづく圧力源の推定
    小野幸治, 村瀬雅之, 木股文昭, 宮島力雄, 太田雄策, 仮屋新一, 西前健一, 柏木雅生, 森 済, 青山 裕, 寺田暁彦, 小山悦郎, 竹田豊太郎, 長田 昇, 渡辺秀文 2004年浅間火山の噴火に関する総合的調査,科学研究費補助金(特別研究促進費)研究成果報告書C-18(課題番号16800002) 37 -39 2005年 [査読無し][通常論文]
  • 日本の火山性地震・微動のデータベース(共著)
    大島弘光, 青山 裕, 筒井智樹, 西村太志, 田中 聡, 藤田英輔, 熊谷博之, 中道治久, 及川 純, 大湊隆雄, 小林知勝, 武尾 実, 鬼沢真也, 高木憲朗, 中野 優, 井口正人, 為栗 健, 須藤靖明, 森 健彦, 馬越孝道, 清水 洋, 八木原 寛 日本の火山性地震・微動のデータベース 649 2004年 [査読無し][通常論文]
  • 寺田 暁彦, 嶋野 岳人, 吉本 充宏, 小山 悦郎, 青山 裕, 飯島 聖 日本火山学会講演予稿集 2004 (0) 2004年 [査読無し][通常論文]
  • 火山観測用ドップラーレーダーの試作−−アンテナおよび送・受信装置−−
    大島弘光, 青山 裕 火山爆発のダイナミックス,文部科学省科学研究費特定領域研究(領域番号422)研究成果報告書(平成15年度) 308 -311 2004年 [査読無し][通常論文]
  • 筒井 智樹, 大島 弘光, 青山 裕, 鬼澤 真也 日本火山学会講演予稿集 2003 (0) 7 -7 2003年 [査読無し][通常論文]
  • 青山 裕, 大島 弘光, 前川 徳光 日本火山学会講演予稿集 2002 (2) 2002年10月22日 [査読無し][通常論文]
  • 鬼澤 真也, 大島 弘光, 青山 裕 号外地球 (39) 14 -21 2002年 [査読無し][通常論文]
  • 2000年有珠山噴火の予測と減災情報・助言の活用(前兆地震発生から噴火開始まで)
    岡田 弘, 大島弘光, 青山 裕, 森 済, 宇井忠英, 勝井義雄 有珠山2000年噴火と火山防災に関する総合的観測研究,平成12年度科学研究費補助金(特別研究促進費)研究成果報告書(課題番号12800001) 34 -57 2002年 [査読無し][通常論文]
  • 青山 裕, 大島 弘光, 前川 徳光 日本火山学会講演予稿集 2001 (2) 2001年10月01日 [査読無し][通常論文]
  • 大島 弘光, 前川 徳光, 青山 裕 日本火山学会講演予稿集 2000 (2) 2000年09月30日 [査読無し][通常論文]

共同研究・競争的資金等の研究課題

  • 雪泥流流下経路の自動推定システムの開発と信頼度評価:富士山を対象として
    日本学術振興会:科学研究費助成事業 基盤研究(C)
    研究期間 : 2018年04月 -2021年03月 
    代表者 : 青山 裕, 吉本 充宏, 本多 亮
     
    初年度である2018年度は,富士山の北斜面で主に春期に発生する雪泥流の震動観測を目的とした臨時観測点の設営・維持作業と臨時観測用の機材の導入を主に行った.2018年時点では,富士山頂から半径15km以内で連続稼働中の気象庁および防災科学技術研究所の火山活動監視目的の震動観測点は9点あるが,雪泥流の発生域に近い山頂から北側山腹には富士山頂(気象庁),富士鳴沢塒塚東(気象庁),富士第5(防災科研)の3点しかなく,山頂をのぞく2点も西北西の一角に偏って分布している.そのため,北西方向への雪泥流の流下検知能力は比較的高いと考えられるものの,無数の流路が認められるスバルライン5合目近傍や北東山腹には震動観測点が存在せず,泥流の発生を検出できない(あるいは位置決定精度が低下する)恐れがある.そこで本研究では,既存観測点がない地域や観測点の隙間を埋めるように,富士スバルラインおよび滝沢林道沿いの4-5合目の6箇所に臨時地震観測点を設置した.現地には商用電源がないことに加え,冬期の暴風雪を考慮して太陽電池の導入を諦め,蓄電池のみによる観測形態を選択した.観測点の設置作業は積雪による道路の通行止めが始まる直前の12月中旬に実施し,一部の観測点では東京大学地震研究所所有の空振計(音波観測)を併設した. 2018年-2019年の冬期は例年に比べて積雪が少なく,3月中旬までに明瞭に発生が認められた雪泥流は1例に留まっている.この事例については,おおよその発生日時のほか,現地調査により流下経路の確認がなされている.また,既存の連続観測点の震動記録を確認したところ,雪泥流の流下によると思われる震動が認識できた.本研究による臨時観測の目的や概要については,2018年12月に北海道虻田郡ニセコ町で開催された「第2回 国際雪・雪崩シンポジウム in ニセコ」において,共同研究者の本多から報告した.
  • 地震・重力・ミューオグラフィ観測による有珠山昭和新山潜在溶岩丘の内部構造の解明
    日本学術振興会:科学研究費助成事業 基盤研究(C)
    研究期間 : 2017年04月 -2021年03月 
    代表者 : 青木 陽介, 西田 究, 青山 裕
     
    当初の予定通り、有珠山昭和新山における地震観測を2018年5月に行った。現在地震波干渉法により溶岩ドーム内部の地震波速度構造を解析中であるが、初期的な解析では、1943-1945年噴火の際に貫入したと思われる溶岩が冷え固まったものと思われる高速度領域が地表近くにまでつながっていると思われることが明らかになった。また、地震観測中に、岩石の熱収縮と関連すると思われる微動が観測された。これは予期しなかったもので、今までに他の火山も含めて観測された事例はほとんどないと思われる。この微動が極めて小さいものであり、空間的に密な地震観測を行ったからこそ発見されたものであると思われる。この微動のメカニズムを詳細に解析することにより、貫入した溶岩ドームの熱収支について知見を得ることができるだろう。
    また、1992年から2017年までに撮像された合成開口レーダーデータを用いて有珠山の地殻変動を計測した。観測された地殻変動は過去の噴火によって貫入した溶岩ドーム周辺のみに局在していることが明らかになった。観測された地殻変動は主に沈降であり、溶岩ドームの熱収縮によりよく説明できることがわかった。観測データを説明する岩石の熱拡散係数は、昭和新山については実験室で求められた値とほぼ同じであるが、より最近噴火した溶岩ドームについては実験室で求められた値の10倍の見かけ熱拡散係数が必要であった。有珠山は洞爺湖に隣接し、またマグマ水蒸気爆発が頻発することを考えると有珠山には地下水が豊富に存在すると考えられ、マグマ貫入の初期においては地下水が熱をより効率的に外に逃がす働きをしているのではないかと推測される。
  • 平成30年北海道胆振東部地震とその災害に関する総合調査
    日本学術振興会:科学研究費助成事業 特別研究促進費
    研究期間 : 2018年10月 -2019年03月 
    代表者 : 高橋 浩晃, 勝俣 啓, 大園 真子, 橋本 武志, 青山 裕, 酒井 慎一, 松本 聡, 岡田 知己, 小菅 正裕, 寺川 寿子, 飯尾 能久, 中尾 茂, 上嶋 誠, 柴田 智郎, 大津 直, 高井 伸雄, 飯場 正紀, 渡部 要一, 菊地 優, 岡崎 太一郎, 白井 和貴, 西村 裕一, 石川 達也, 高瀬 裕也, 永井 宏, 宮森 保紀, 三宅 弘恵, 松島 信一, 浅野 公之, 重藤 迪子, 卜部 厚志, 前田 宜浩, 石澤 友浩, 廣瀬 亘, 小山内 信智, 山田 孝, 笠井 美青, 檜垣 大助, 風間 基樹, 千木良 雅弘, 渦岡 良介, 竹林 洋史, 木村 誇, 石丸 聡, 岡田 成幸, 内田 賢悦, 有村 幹治, 植松 武是, 多々納 裕一, 梶谷 義雄, 能島 暢呂, 田村 圭子, 中村 洋光, 戸松 誠
     
    平成30年北海道胆振東部地震とその災害に関する総合調査を実施した。多くの人的被害を出した厚真町の同時多発斜面崩壊では、隣接する樽前山や恵庭岳などの活火山の最近数万年間の噴火による降下火砕物堆積物の粘土化した底面がすべり面となった事例が多数確認された。また、シミュレーションから斜面崩壊土砂の流動速度が速く避難の時間はほとんどなかった可能性が示された。むかわ町で見られた1階崩壊型建物倒壊は店舗併用住宅が多く、未明の地震で店舗に人間が不在であったため人的被害が発生しなかった可能性が示された。室蘭市民へのアンケートでは、若年層ほど災害時の要支援者の存在の認知度が低いことが明らかになった。ブラックアウトの影響はインフラや社会経済活動の広範囲に及び、創業能力の回復には1週間以上を要していたいたことが示された。札幌市内の宅地液状化地域では、密度の小さい火山灰での盛土に地下水位が高い状態にあったことが確認された。今回の地震動は、震源に近い領域では距離減衰式を上回る最大速度や加速度であったことが示された。むかわ町で建物倒壊が多かったのは、地盤構造に起因する地震動の増幅であった可能性が地下構造探査から示唆された。今回の地震の破壊開始点は深さ40km弱と内陸で発生する地震としては深かかったが、大きな断層すべりはより浅い深さ20-30km付近で発生していたことが示された。また、今回の震源を含む石狩低地東縁断層の周辺では、定常的なひずみ速度が大きいことが確認された。一般住民も対象とした研究成果報告会を苫小牧市で開催し150名の参加者があった。
  • 2018年草津白根火山噴火に関する総合調査
    日本学術振興会:科学研究費助成事業 特別研究促進費
    研究期間 : 2018年02月 -2019年03月 
    代表者 : 小川 康雄, 青山 裕, 山本 希, 筒井 智樹, 寺田 暁彦, 大倉 敬宏, 神田 径, 小山 崇夫, 石崎 泰男, 吉本 充宏, 野上 健治, 森 俊哉, 木川田 喜一, 片岡 香子, 上石 勲
     
    2018 年 1 月 23 日 に本白根山で 1500 年ぶりの水蒸気噴火が発生し、以下のような総合観測を実施した。 まず本白根山周囲3箇所に地震計を設置し、オンラインでのデータ転送を可能にした。また噴火前の前兆的な微小地震活動の検出を行なったが,有意な変化は認めらない。地震波干渉法でも構造の有意な時間変化はない。湯釜火口周辺における傾斜変動観測から、噴火前後での湯釜南方の隆起および沈降が捉えられ、本白根山鏡池北火口の開口クラックで説明すると、開口量1.7m, 噴火前の膨張体積42.5万m3、噴火後の収縮体積30万m3と推定された。 新火口の地表面温度は、3月のヘリによる赤外線画像でも、5月の現地温度測定でも異常は認められなかった。一方6月に空中磁気探査を行い、2013年の既存データとの差を求めると、ここ数年間に白根山が広域的に消磁し高温化していることが示唆された。 3月および4-5月の現地での噴出物調査から、噴火の噴出量は3.6万トンと推定された。噴出岩塊の全岩化学分析では噴出物が鏡池北火砕丘の特徴と一致した。噴火時運行していたスキー場のローブーウェイの被害状況を調査した。噴火時のスキー場のライブカメラ映像からは、小規模な火砕サージが認められた。本白根山麓万代鉱温泉及び湯釜湖水の化学成分分析からは、噴火に関わる変動は認められない。一方、噴出した火山灰に付着した水溶性成分の化学分析から,噴火に関与した火山ガスの成分がわかるが、万代鉱や湯釜の熱水系とは異なる火山ガスであることが判明した。 融雪泥流評価のため,噴出物の物性分析,河川モニタリング,積雪水量分布調査を行った.噴石による融雪や雪崩発生の可能性を複数のシナリオを用いて定量的に検討した。いずれの想定でも振子沢と振子沢一清水沢の間の沢に泥流が流下する可能性が高く,また一部の想定では,谷沢川にまで流入する可能性を事前に指摘した。
  • 典型的監視データと気象レーダーを用いた噴火規模強度に関する指標の即時決定法の確立
    日本学術振興会:科学研究費助成事業 挑戦的萌芽研究
    研究期間 : 2016年04月 -2018年03月 
    代表者 : 中道 治久, 青山 裕, 大石 哲, 山田 大志, 寺田 暁彦
     
    口永良部島噴火に伴う地震と空振のエネルギーと継続時間を求め,地震から噴出量と噴煙高度を推定し,目視観測による噴煙高度との比較を行った.最近の水蒸気爆発に伴う地震と傾斜を比較し,草津白根山・御嶽山・口永良部島の噴火に共通する特徴を明らかにした. 気象レーダーにて桜島と霧島山新燃岳の噴煙に対応したレーダー反射強度を検出した.2017年11月13日の桜島南岳噴火は悪天候のため噴煙高度不明とされたが,反射強度から噴煙高度4 kmと推定した.2017年と2018年の新燃岳の噴煙のレーダー反射強度と目視の噴煙高度との対比により,レーダーを用いた噴煙高度測定手法の確立のための基礎データを蓄積することができた.
  • 広域地震観測網を用いた泥流検知手法の試験および評価
    北海道河川財団:研究助成
    研究期間 : 2015年06月 -2016年03月 
    代表者 : 青山 裕
  • 有珠火山における噴火活動推移予測の高度化とマグマ活動の場の解明
    日本学術振興会:科学研究費助成事業 基盤研究(C)
    研究期間 : 2007年 -2009年 
    代表者 : 鬼澤 真也, 大島 弘光, 青山 裕, 前川 徳光, 鈴木 敦生
     
    有珠火山を主要な研究対象とし,過去の噴火現象・観測量の比較に基づく噴火活動推移予測の高度化と,現象の物理化学的背景理解の足掛かりとしてのマグマ活動を規制する場の解明を目指した.有珠火山で20世紀に発生した4回の噴火での前兆地震活動の時間別発生頻度・マグニチュード・震源に着目し比較検討を行い,山頂噴火,山麓噴火での類似点と,山麓噴火での特徴的な現象を見出した.また長期的活動予測の観点から,静穏期の活動に着目し,山頂直下の定常的な地震活動が1977-82年噴火の余効現象に伴い発生していることを明らかにした.有珠火山では地下の基盤構造は大局的には北へ向かい浅くなっており,2000年噴火の前兆地震がこの基盤構造に沿って移動したことを明らかにした.また溶岩ドーム,潜在ドーム成長に伴い観測された地殻変動が,基盤構造と密接に関わっていたことも指摘した.さらに将来の比較研究に向けて,北海道駒ヶ岳火山の浅部地震波速度構造を推定し,有珠火山と比較して山頂下に顕著な高速度領域が存在することを明らかにした.
  • 火山観測用3次元可視画像撮影装置の開発
    日本学術振興会:科学研究費助成事業 特定領域研究
    研究期間 : 2005年 -2006年 
    代表者 : 青山 裕
     
    2006年度は試作機で得られた成果をもとにして,無線装置の作成を進めた.複数受信点への同報性に優れた無線装置を用いることで,トリガー発生装置とカメラの配置を自由に取ることができ,ステレオ撮影で重要となる視点間距離を大きくすることができる.また,撮影するカメラの台数も理論上は無制限に増やすことが可能となる.しかしその一方で,有線系システムでは現れなかった同期信号の遅延が生じることが予想された. 装置作成においては(有)ユニテクノ研究開発部の石川和也氏にご協力をいただいた.ユニテクノ製の特定小電力無線伝送装置は,送受信機間の距離を約2kmまで広げられることの他に,信号伝達の時間遅れがミリ秒の精度で一定となっているという特徴がある.この時間遅れ精度の保証は,カメラ同士の撮影時刻同期精度を保つ上で非常に有用である.無線同期装置のベースとしてユニテクノ製UM3型無線装置を利用した.本研究ではUM3型無線装置を1対Nの組み合わせで利用し,送信機側にGPS同期のパルス発生装置やトリガー信号のコントローラーを組み入れた.受信機側には2005年度の有線系試作時に作成済みのシャッター信号/カウンター信号分離装置を接続し,その先にカメラと収録用PCがつながれることとなる. 撮影時刻の精度を高める目的で,送信機側にGPSモジュールを搭載した.送信機は起動後のスタンバイ状態でGPS時計との同期動作を開始し,スタートボタン押下後の毎分0秒から設定されたシャッタースピードで同期信号を送出する.無線伝送による遅延時間のゆらぎを低減するために,固定データ長の固定周期で同期シャッター信号を送信する.データ送信は30fpsに相当する33.3ms毎(誤差±400μs以内)に行われる. 機器の細部調整は若干残っているが,予定年度内に計画通りの撮影装置の作成を完了することができた.

教育活動情報

主要な担当授業

  • データ解析学
    開講年度 : 2018年
    課程区分 : 学士課程
    開講学部 : 理学部
    キーワード : Fortran95 gnuplot MATLAB Cygwin ファイル入出力 サブルーチン 平均 分散 標準偏差 相関係数 逆行列 最小二乗法 回帰曲線 正規分布 検定
  • 地球計測実習
    開講年度 : 2018年
    課程区分 : 学士課程
    開講学部 : 理学部
    キーワード : 地震計測,火山計測,温泉計測,地殻変動計測,計測機器,津波数値計算
  • 地球惑星科学Ⅰ
    開講年度 : 2018年
    課程区分 : 学士課程
    開講学部 : 全学教育
    キーワード : 固体地球,地球の構造と構成物質,地球史,変動する地球,自然災害

大学運営

委員歴

  • 2020年06月 - 現在   北海道防災会議   専門委員
  • 2020年05月 - 現在   大雪山火山防災協議会   学識経験者
  • 2019年11月 - 現在   次世代火山研究・人材育成総合プロジェクト 次世代火山研究推進事業 火山研究運営委員会   データ利活用推進タスクフォース委員
  • 2019年10月 - 現在   火山噴火予知連絡会   火山観測体制等に関する検討会委員
  • 2019年10月 - 現在   火山噴火予知連絡会   火山活動評価検討会委員
  • 2019年09月 - 現在   有珠山火山防災協議会   学識経験者
  • 2019年07月 - 現在   十勝岳火山防災協議会   学識経験者
  • 2019年06月 - 現在   北海道駒ヶ岳火山防災協議会   学識経験者
  • 2019年05月 - 現在   火山噴火予知連絡会   委員
  • 2019年04月 - 現在   雌阿寒岳火山防災協議会   学識経験者
  • 2019年04月 - 現在   洞爺湖町   防災会議 委員
  • 2018年08月 - 現在   火山防災に係る技術動向検討グループ   委員
  • 2018年07月 - 現在   火山防災に係る調査企画委員会   委員
  • 2018年07月 - 現在   日本火山学会 大会委員会   委員
  • 2018年07月 - 現在   日本火山学会 学校教育委員会   担当理事
  • 2018年07月 - 2020年06月   日本火山学会   広報委員会 委員
  • 2016年07月 - 2020年06月   日本火山学会 火山防災委員会   委員
  • 2014年07月 - 2020年06月   日本火山学会 庶務委員会   委員

社会貢献活動

  • 北海道大学の火山観測施設
    期間 : 2019年08月20日
    役割 : 講師
    主催者・発行元 : 北海道駒ヶ岳火山防災協議会
    イベント・番組・新聞雑誌名 : 協議会総会
    行政機関 森町福祉センター
  • 火山で観測した信号のおもしろさ
    期間 : 2019年07月22日
    役割 : 講師
    主催者・発行元 : 札幌管区気象台
    イベント・番組・新聞雑誌名 : 火山防災業務職員研修
    行政機関 札幌管区気象台
  • 有珠山 -20世紀の4回の噴火と火山学的研究-
    期間 : 2019年06月10日
    役割 : 講師
    イベント・番組・新聞雑誌名 : JICA 2019年度中南米地域火山防災能力強化研修
     JICA札幌
  • 火山で観測した信号のおもしろさ
    期間 : 2018年07月09日
    役割 : 講師
    主催者・発行元 : 札幌管区気象台
    イベント・番組・新聞雑誌名 : 火山防災業務職員研修
    行政機関 札幌管区気象台
  • 有珠山 -20世紀の4回の噴火と火山学的研究-
    期間 : 2017年06月09日
    役割 : 講師
    主催者・発行元 : JICA
    イベント・番組・新聞雑誌名 : 2017年度中南米地域火山防災能力強化研修
    その他 JICA札幌
  • 北海道の活動的火山における噴火予知研究観測の課題
    期間 : 2016年08月26日
    役割 : 講師
    主催者・発行元 : 洞爺湖有珠火山マイスター運営委員会
    イベント・番組・新聞雑誌名 : 洞爺湖有珠火山マイスター養成講座
    市民団体 伊達市防災センター
  • 有珠山 -20世紀の4回の噴火と火山学的研究-
    期間 : 2016年06月10日
    役割 : 講師
    主催者・発行元 : JICA
    イベント・番組・新聞雑誌名 : 2016年度中南米地域火山防災能力強化研修
    その他 JICA札幌
  • 有珠山 -20世紀の4回の噴火と火山学的研究-
    期間 : 2014年06月16日
    役割 : 講師
    主催者・発行元 : JICA
    イベント・番組・新聞雑誌名 : 2014年度中南米地域火山防災能力強化研修
    その他 JICA札幌
  • 有珠山 -20世紀の4回の噴火と火山学的研究-
    期間 : 2013年06月14日
    役割 : 講師
    主催者・発行元 : JICA
    イベント・番組・新聞雑誌名 : 2013年度中南米地域火山防災能力強化研修
    その他 JICA札幌
  • 有珠山 -20世紀の4回の噴火と火山学的研究-
    期間 : 2012年06月18日
    役割 : 講師
    主催者・発行元 : JICA
    イベント・番組・新聞雑誌名 : 2012年度中南米地域火山防災能力強化研修
    その他 JICA札幌
  • 新燃岳の火山観測体制と道内火山の観測例
    期間 : 2012年02月03日
    役割 : 講師
    主催者・発行元 : 北海道防災会議
    イベント・番組・新聞雑誌名 : 地震火山対策部会火山専門委員会
    行政機関 北海道立道民活動センター[かでる2.7]
  • 有珠山 -20世紀の4回の噴火と火山学的研究-
    期間 : 2011年06月20日
    役割 : 講師
    主催者・発行元 : JICA
    イベント・番組・新聞雑誌名 : 2011年度中南米地域火山防災能力強化研修
    その他 JICA札幌
  • 有珠山 -20世紀の4回の噴火と火山学的研究-
    期間 : 2010年07月17日
    役割 : 講師
    主催者・発行元 : JICA
    イベント・番組・新聞雑誌名 : 2010年度中南米地域火山防災能力強化研修
    その他 JICA札幌

その他

  • 2014年03月 - 2014年03月  北海道における火山に関する研究報告書・第15編 十勝岳火山地質・噴火史・活動の現況および防災対策 第II版
  • 2004年03月 - 2004年03月  日本の火山性地震・微動のデータベース


Copyright © MEDIA FUSION Co.,Ltd. All rights reserved.