研究者データベース

山本 隆昭(ヤマモト タカアキ)
北海道大学病院 矯正歯科
講師

基本情報

所属

  • 北海道大学病院 矯正歯科

職名

  • 講師

学位

  • 歯学博士(北海道大学)

J-Global ID

研究キーワード

  • 音声科学   歯科矯正学   medical engineering   phonetics science   Orthodontics   

研究分野

  • ライフサイエンス / 成長、発育系歯学

所属学協会

  • 日本生体医工学会   日本口腔外科学会   国際歯科研究学会(International Association for Dental Research)   日本音響学会   日本顎変形症学会   日本口蓋裂学会   国際歯科研究学会日本部会   日本歯周病学会   日本矯正歯科学会   北海道歯学会   日本顎関節学会   北海道矯正歯科学会   World Federation of Orthodontists   American Association of Orthodontists   Japanese Society for Medical and Biological Engineering   The Acoustical Society of Japan   Japanese Society for Jaw Deformities   Japanese Cleft Palate Association   The Japanese orthodontic Society   

研究活動情報

論文

  • 松下 和裕, 山本 隆昭, 佐藤 嘉晃, 高道 理, 武藤 麻未, 中西 康, 町田 友梨, 道念 正樹, 大井 一浩, 小堀 善則, 金子 真梨, 原田 沙織, 松田 光平, 長 太一, 足利 雄一, 義達 理恵子, 井上 農夫男, 山口 博雄, 三古谷 忠, 鄭 漢忠
    日本顎変形症学会雑誌 31 2 98 - 98 (NPO)日本顎変形症学会 2021年05月
  • Shuichi Yamagata, Takaaki Yamamoto, Yoshiaki Sato, Natsumi Ushijima, Tsukasa Akasaka, Yasuhiro Yoshida
    Nano Biomedicine 11 2 57 - 64 2020年 [査読有り]
     
    After orthodontic treatment has been completed, we consider fluorescent imaging to be one of the most effective solutions for secure removal of colorless residual adhesives from tooth surfaces using cutting instruments. Nanoscale Y2O3:Eu3+ particles were synthesized using the homogeneous precipitation method with two different starting concentrations of urea aqueous solutions, followed by firing at 1000°C. These particles exhibited narrow size distribution (approx. 200–300 nm) and sharp crystallinity regardless of the urea concentration. Moreover, their photoluminescence peak corresponded well with the typical 4f-4f transitions of Eu3+. The Y2O3:Eu3+ particles were almost uniformly dispersed and retained in the monomer blends and polymerized bulk bodies. Photoluminescence measurement is a valid detection method and can be useful for future studies on dispersion control. We conclude that the crystalline Y2O3:Eu3+ particles could be applicable for further development of fluorescent orthodontic adhesives.
  • Shuichi Yamagata, Takaaki Yamamoto, Yoshiaki Sato, Natsumi Ushijima, Tsukasa Akasaka, Yasuhiro Yoshida
    Nano Biomedicine 12 1 19 - 26 2020年 [査読有り]
     
    Secure removal of remnants on tooth surfaces by rotary cutting instruments after an orthodontic treatment could be guaranteed if the orthodontic adhesive used is highly visible. Fluorescent imaging is a potentially effective solution for increasing the visibility of orthodontic adhesives. In this study, Y2O3:Eu3+ nanoparticles were synthesized by a homogeneous precipitation method followed by firing at 1,000 °C. The size of most of the synthesized nanoparticles was approximately 200 nm in diameter. The photoluminescence properties of the nanoparticles were similar to that of the typical 4f-4f transition of Eu3+. Regardless of the concentration of the particle, the nanoparticles were almost uniformly dispersed and remained in their polymerized bodies without deteriorating the intrinsic flexural modulus of the dimethacrylate resin. Although the fluorescence of the 10 wt%-phosphor-containing resins was adequately recognizable to the naked eye, it was suggested that the preferred concentration of Y2O3:Eu3+ nanoparticles should be more than 10 wt% in terms of fluorescence intensity.
  • Shuichi Yamagata, Takaaki Yamamoto, Yoshiaki Sato, Shigeaki Abe, Tsukasa Akasaka, Yasuhiro Yoshida
    Nano Biomedicine 10 2 53 - 60 2018年 [査読有り]
     
    We successfully prepared light-curing type fluorescent resins as orthodontic adhesives doped with tris(1,3-diphenyl-1,3-propanedionato)(1,10-phenanthroline)Eu(III) [Eu(DBM)3Phen] by a photoinduced radical polymerization method. The transparent and almost colorless appearance of the composites under natural light is favorable for an esthetic dental product. The strong luminescence under near-UV light, especially when the content of Eu(DBM)3 Phen is above 0.1 wt%, is promising for safe and complete removal of this adhesive after completing orthodontic treatments. We have also found that concentration quenching may occur around a concentration of 0.2-0.4 wt%. Based on the results obtained, in situ monomer polymerization can be applicable to Eu(DBM)3Phen-containing adhesives. Although we are still investigating this proposed system, we conclude that the Eu(DBM)3Phen-containing adhesives is a promising candidate for application to fluorescent orthodontic adhesives.
  • Shuichi YAMAGATA, Takaaki YAMAMOTO, Yoshiaki SATO, Natsumi USHIJIMA, Shigeaki ABE, Tsukasa AKASAKA, Yasuhiro YOSHIDA, Junichiro IIDA
    Nano Biomedicine 9 1 15 - 22 2017年06月 [査読有り][通常論文]
  • Kento Shoman, Yoshiaki Sato, Eisuke Nishikawa, Yuusuke Kudo, Takaaki Yamamoto, Junichiro Iida
    EUROPEAN JOURNAL OF ORTHODONTICS 39 3 264 - 269 2017年06月 [査読有り][通常論文]
     
    Background: Since it is difficult to precisely control the magnitude of force in orthodontic practice, controlling the duration of force is expected to prevent tissue damage. The use of an actuator as an appliance for intermittent force application is a possible solution for controlling the duration. However, effectiveness of an actuator for controlling the duration is still not clear. Aim: To determine whether a short loading duration of intermittent force has the potential to maintain a sound condition of the capillaries and induce dilation of capillaries, which is a requisite phenomenon for orthodontic tooth movement. Materials and methods: Six-week-old male hamsters with a dorsal skinfold chamber attached to an intermittent loading device were used. In three experimental groups, application of intermittent pressure that involved repetition of loading and unloading was performed. The durations of loading/unloading were 1 second/9 seconds (group T10), 1 second/19 seconds (group T20), and 1 second/29 seconds (group T30). Vessels were examined using a fluorescence microscope and a stereomicroscope for 5 days. Results: Widths of capillaries in groups T10 and T20 increased significantly (P < 0.01). In contrast, widths of capillaries in group T30 showed no significant difference from those in the control group. Only group T10 showed bleeding, obvious destruction of vessels, and a significant increase in the rate of disappearance of vessels. Conclusion: In the epidermis, although conditions are limited, a short loading duration of intermittent force maintains a sound condition of the capillaries at the tissue level and induces dilation of capillaries.
  • Yamagata Shuichi, Sato Yoshiaki, Yamamoto Takaaki, Hanba Yusuke, Nakanishi Ko, Iida Junichiro
    北海道矯正歯科学会雑誌 40 1 1 - 8 北海道矯正歯科学会 2012年 
    Making orthodontic adhesives visible is valuable for safe and complete removal of these adhesives after completion of orthodontic treatments using a multibracket appliance. In order to make orthodontic adhesives visible by irradiation with purple or near ultraviolet light, trivalent europium ions, which emit clear red fluorescence, were doped into the lattices of zinc oxides by a homogeneous precipitation method and subsequent calcination at 400℃ or 850℃. The primary crystals of the synthesized products, overall, were on the nanoscale. The fluorescence intensity of the ZnO:Eu^<3+> nanoparticle-containing polymer adhesives was somewhat weak. The spectra, independent of the calcination temperatures, exhibited characteristic peaks corresponding to the intrinsic 4f-4f transitions of Eu^<3+>. However, it is evident from the X-ray diffraction (XRD) patterns that the 850℃-calcination tended to crystallize more EU_2O_3, along with increased incorporation of Eu^<3+> ions into ZnO lattices, in comparison to the case with the 400℃-calcination. In addition, although the yielding load of the adhesives containing nanoparticles calcined at 850℃ decreased significantly, the decrease in the actual measured values was quite limited in both the cases. From a comprehensive standpoint, although the ZnO:Eu^<3+> nanoparticles calcined at 850℃ exhibited acceptable fluorescence intensity, the calcination at 400℃ is preferred for application to orthodontic adhesives.
  • 和田 悟史, 山本 隆昭, 山方 秀一, 佐藤 嘉晃, 飯田 順一郎
    日本顎変形症学会雑誌 21 2 98 - 98 (NPO)日本顎変形症学会 2011年05月 [査読有り][通常論文]
  • 工藤 悠介, 山本 隆昭, 岩崎 弘志, 梶井 貴史, 松野 美乃, 田中 聡, 半田 薫, 和田 悟史, 廣澤 知之, 斉藤 文男, 高橋 邦彰, 福島 久夢, 飯田 順一郎
    北海道矯正歯科学会雑誌 37 1 44 - 44 北海道矯正歯科学会 2009年
  • 和田 悟史, 山本 隆昭, 山方 秀一, 田中 聡, 諏訪 伸輔, 豊泉 裕, 佐藤 嘉晃, 飯田 順一郎, 尾田 充孝, 山口 博雄, 戸塚 靖則, 高道 理, 大畑 昇, 井上 農夫男
    日本顎変形症学会雑誌 16 2 100 - 100 (NPO)日本顎変形症学会 2006年05月 [査読有り][通常論文]
  • Sato Yoshiaki, Kajii Takashi, Kusakabe Toyohisa, Okamoto Toru, Yamagata Syuichi, Yamamoto Takaaki, Imai Tohru, Ohata Noboru, Inoue Nobuo, Iida Junichiro
    北海道矯正歯科学会雑誌 29 1 50 - 57 北海道矯正歯科学会 2001年

その他活動・業績

  • 武藤 麻未, 山本 隆昭, 中西 康, 宮上 雄希, 原田 沙織, 松下 和裕, 山口 博雄, 高道 理, 山方 秀一, 三古谷 忠, 佐藤 嘉晃 日本顎変形症学会雑誌 30 (2) 149 -149 2020年05月
  • 中西 康, 山本 隆昭, 武藤 麻未, 宮上 雄希, 大塚 麻衣, 原田 沙織, 松下 和裕, 山口 博雄, 高道 理, 山方 秀一, 三古谷 忠, 佐藤 嘉晃 日本顎変形症学会雑誌 30 (2) 168 -168 2020年05月
  • 宮上 雄希, 山本 隆昭, 中西 康, 武藤 麻未, 原田 沙織, 松下 和裕, 山口 博雄, 高道 理, 山方 秀一, 三古谷 忠, 佐藤 嘉晃 日本顎変形症学会雑誌 30 (2) 191 -191 2020年05月
  • 顎骨内における不透過性病変の矯正歯科治療に与える影響
    上村 光太郎, 金 壮律, 菅原 由紀, 山本 隆昭, 佐藤 嘉晃 北海道矯正歯科学会雑誌 47 (1) 60 -61 2019年12月
  • 北海道大学病院における顎変形症患者に施行したSARPE後の結果に関する考察
    吉沢 早織, 山本 隆昭, 中西 康, 武藤 麻未, 山口 博雄, 松下 和裕, 山方 秀一, 佐藤 嘉晃 日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集 78回 222 -222 2019年11月
  • セメント質骨性異形成症が歯の移動に及ぼす影響
    上村 光太郎, 金井 壮律, 菅原 由紀, 山本 隆昭, 佐藤 嘉晃 日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集 78回 242 -242 2019年11月 [査読無し][通常論文]
  • 松下 和裕, 原田 沙織, 山口 博雄, 佐藤 嘉晃, 山本 隆昭, 高道 理, 道念 正樹, 三古谷 忠, 鄭 漢忠 日本顎変形症学会雑誌 29 (2) 151 -151 2019年05月
  • 中西 康, 佐藤 嘉晃, 武藤 麻未, 遠藤 諒俊, 大塚 麻衣, 原田 沙織, 松下 和裕, 山口 博雄, 高道 理, 山方 秀一, 山本 隆昭, 三古谷 忠, 飯田 順一郎 日本顎変形症学会雑誌 29 (2) 164 -164 2019年05月
  • 武藤 麻未, 山本 隆昭, 中西 康, 塚本 祐理, 原田 沙織, 松下 和裕, 山口 博雄, 高道 理, 山方 秀一, 佐藤 嘉晃, 三古谷 忠, 飯田 順一郎 日本顎変形症学会雑誌 29 (2) 185 -185 2019年05月
  • 上顎前方牽引が上顎第二乳臼歯の近遠心的位置に与える影響 片側性唇顎口蓋裂患者について
    正満 健斗, 佐藤 嘉晃, 山本 隆昭, 飯田 順一郎 日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集 77回 309 -309 2018年10月
  • 歯根が上顎洞底に接する移動困難歯に対して上顎洞底挙上術を施行した1症例
    高草木 祐理, 小堀 善則, 原田 沙織, 山本 隆昭, 佐藤 嘉晃, 飯田 順一郎 日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集 77回 341 -341 2018年10月
  • 原田 沙織, 三古谷 忠, 松下 和裕, 山口 博雄, 小堀 善則, 大井 一浩, 佐藤 嘉晃, 山本 隆昭, 弓削 文彦, 高道 理, 井上 農夫男, 飯田 順一郎, 鄭 漢忠 日本顎変形症学会雑誌 28 (2) 118 -118 2018年05月
  • 武藤 麻未, 山本 隆昭, 中西 康, 松村 馨, 弓削 文彦, 高道 理, 山方 秀一, 佐藤 嘉晃, 飯田 順一郎 日本顎変形症学会雑誌 28 (2) 124 -124 2018年05月
  • 中西 康, 佐藤 嘉晃, 松村 馨, 武藤 麻未, 原田 沙織, 松下 和裕, 山口 博雄, 弓削 文彦, 高道 理, 山方 秀一, 山本 隆昭, 三古谷 忠, 飯田 順一郎 日本顎変形症学会雑誌 28 (2) 208 -208 2018年05月
  • 松村 馨, 佐藤 嘉晃, 中西 康, 武藤 麻未, 原田 沙織, 松下 和裕, 山口 博雄, 弓削 文彦, 高道 理, 山方 秀一, 山本 隆昭, 三古谷 忠, 飯田 順一郎 日本顎変形症学会雑誌 28 (2) 208 -208 2018年05月
  • 西川 瑛亮, 佐藤 嘉晃, 正満 健斗, 工藤 悠介, 山本 隆昭, 飯田 順一郎 北海道歯学雑誌 38 (2) 140 -151 2018年03月 
    近年、歯科矯正治療を希望する成人、高齢者が増加しており糖尿病や糖尿病予備軍の患者が矯正治療の対象となる機会が増えている。しかし、高血糖下において矯正力による機械的刺激に対する微小血管の変化について不明な点が多い。高血糖下では血管の脆弱化が生じることから、我々はより短い荷重期間での間歇力に着目した。また、これまで正常血糖下において機械的刺激により毛細血管が毛細血管後細静脈の太さまで拡張すると新たに単球系細胞が血管外へ遊走する場となることは明らかにされている。そこで本研究では、ストレプトゾトシン(以下STZ)誘発糖尿病ハムスターを用いて、高血糖下における間歇力に対する微小血管の変化および血管構造を維持しつつ血管拡張が生じる時間条件を検討した。実験動物としてSTZ非投与ハムスター4匹(非糖尿病群)とSTZ誘発糖尿病ハムスター16匹(糖尿群)を用いた。糖尿病群は荷重を加えないcontrol群と3種類の条件で荷重を加える群の計4群(各群4匹ずつ)に分けた。間歇力として、20秒間のうち1秒間の荷重期間と19秒間の非荷重期間を繰り返す条件をT20群とし、同様の荷重期間でT40、T60群を設定した。それぞれ背側皮膚に独自に考案した任意の時間間隔で圧刺激(100g/cm2)を付与できる荷重付与装置付きのdorsal skinfold chamberを装着し、荷重付与群の3群に間歇的荷重を与えた。各群の微小血管の変化を6日間、実体顕微鏡および蛍光顕微鏡で観察し、各群間における相違を比較し、以下の結果を得た。1.control群に比べT20群とT40群において有意に毛細血管径が増大していた。2.T20群が他群に比べ有意に出血傾向が強く、血流が停止している部分を認めた。3.T20群の毛細血管消失率が他群に比べ有意に高かった。これらより、糖尿病ハムスターにおいては、1秒間の荷重付与と39秒間の非荷重付与を繰り返す間歇的矯正力を用いることで歯周組織の血管構造を維持しつつ、毛細血管を毛細血管後細静脈の太さまで拡張させることが示唆された。(著者抄録)
  • 上顎前突再考 骨格性上顎前突の外科的矯正治療
    飯田 順一郎, 佐藤 嘉晃, 山本 隆昭 北海道矯正歯科学会雑誌 45 (1) 33 -35 2017年12月
  • 岩崎 弘志, 山本 隆昭, 飯田 順一郎 北海道矯正歯科学会雑誌 45 (1) 10 -18 2017年12月 
    動的矯正歯科治療を終了した両側性唇顎口蓋裂患者23例(全例男性、平均20歳10ヵ月)の顎顔面形態の特徴と咬合について検討した。対照は正常咬合者男子30名で、永久歯列期の側面頭部X線規格写真分析値を資料として用いた。正常咬合者群との比較で、両側性唇顎口蓋裂群でSNAが77.9±3.7°、SNBが75.3±5.3°と上下顎の後方位がみられ、ANBが2.6±4.1と上下顎関係にはAngle Class III傾向がみられた。また、前上顔面高が大きく、後上顔面高は小さく、口蓋平面の傾斜が急傾斜を示していたが、咬合平面の傾斜に有意な差はみられなかった。症例裂群と正常咬合者群の間で有意な差がみられた前歯部咬合関係について他の計測項目とのスピアマン順位相関係数は、両側性唇顎口蓋裂群では水平的および垂直的前歯部咬合関係のいずれも上顎前歯部の歯・歯槽高のみで、それぞれ有意な正の相関が認められた。
  • ユウロピウム錯体の蛍光特性を応用した矯正歯科用ボンディング材の光学・色彩学的評価
    松本 愛子, 山方 秀一, 佐藤 嘉晃, 山本 隆昭, 飯田 順一郎 日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集 76回 207 -207 2017年10月
  • 北海道大学病院における矯正患者の永久歯先天性欠如に関する統計調査
    中村 貴子, 田幡 千尋, 彦根 敦, 武藤 麻未, 正満 健斗, 木山 望, 宮上 雄希, 吉沢 早織, 上村 光太郎, 土屋 聡, 金子 知生, 山本 隆昭, 佐藤 嘉晃, 飯田 順一郎 日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集 76回 218 -218 2017年10月
  • Iida Junichiro, Kaneko Tomoo, Nakanishi (Ohtsuka) Mai, Yoshizawa Saori, Yamamoto Takaaki, Sato Yoshiaki 北海道歯学雑誌 38 130 -135 2017年09月 
    Lip incompetence, which is a state in which the upper and lower lips are constantly apart, is thought to induce mouth breathing that may result in the development of gingivitis and periodontal disease. In the orthodontic field, lip incompetence has major problems for diagnosis, when determining the treatment goal and at the time of retention. We have been performing studies on lip incompetence and have obtained the following results : (1) it is possible to predict to some extent the state of lip closure during sleep by examination only in an awake state, (2) anterior teeth are positioned forward in individuals with lip incompetence, and (3) a training method called Button Pull is effective as a myofunctional therapy for improving lip incompetence, but there remains a need to clarify the background.
  • 松下 和裕, 高道 理, 原田 沙織, 山本 隆昭, 佐藤 嘉晃, 道念 正樹, 山口 博雄, 小堀 善則, 金子 真梨, 長峯 杏介, 大井 一浩, 松田 光平, 長 太一, 弓削 文彦, 三古谷 忠, 飯田 順一郎, 鄭 漢忠 日本顎変形症学会雑誌 27 (2) 102 -102 2017年05月
  • 北海道大学病院矯正歯科来院患者における上顎埋伏犬歯の治療結果に関する考察
    吉沢 早織, 生野 啓一郎, 中西 康, 木山 望, 正満 健斗, 宮上 雄希, 武藤 麻未, 斉藤 文男, 岩崎 弘志, 山本 隆昭, 佐藤 嘉晃, 飯田 順一郎 北海道矯正歯科学会雑誌 44 (1) 118 -119 2016年12月
  • 松下 和裕, 井上 農夫男, 箕輪 和行, 山口 博雄, 大井 一浩, 小堀 善則, 金子 真梨, 原田 沙織, 道念 正樹, 飯田 順一郎, 佐藤 嘉晃, 山本 隆昭, 高道 理, 弓削 文彦, 三古谷 忠, 鄭 漢忠 日本顎変形症学会雑誌 26 (2) 124 -124 2016年05月
  • 飯田 順一郎, 金子 知生, 山本 隆昭, 佐藤 嘉晃 北海道歯学雑誌 36 (2) 43 -46 2016年03月 [査読無し][通常論文]
     
    口唇閉鎖不全状態,すなわち常時上下の口唇が離れて口呼吸をしているような状態でいると,口腔内が乾燥しやすく,歯肉炎,歯周病などの歯周疾患が進行する要因になると考えられている.一方で,歯科矯正学の分野においても,このような口唇閉鎖不全の状態は,不正咬合の原因,あるいは動的矯正治療後の歯の位置を安定させる保定に関連して,注意すべき事象の一つとなっている. 矯正歯科治療においては,セファロ分析法などを用いて顎顔面骨格形態を分析し,その顎顔面骨格形態に調和するように,治療ゴールとしての歯の位置を決めて正常咬合に導く治療をしている.しかし,歯あるいは顎骨の位置を正常咬合に導いた後,すなわち動的矯正治療が終了した後に,得られた歯の位置,あるいは得られた正常咬合が生涯にわたって維持されるかどうかということは,矯正治療の施術の意義に関わる重要な考慮すべきポイントである.動的矯正治療終了後に通常用いる保定装置は,このような観点から,歯の位置あるいは得られた正常咬合を機械的に保持するために用いるが,生涯にわたって保定装置を使い続けることは非常に稀である. 歯は口唇,頬,舌などの口腔周囲の筋・軟組織が生み出す力に絶えず晒されており,その力によって徐々にその位置を変え得ることから,そのような口腔周囲軟組織から受ける力を考慮して治療ゴールを決定することは矯正歯科治療の成果を左右する重要な要素である. 本稿ではこの様な観点から,口唇閉鎖不全の影響,またそれに対する対応に関して,これまで行われてきた研究成果を紹介する.
  • Shuichi Yamagata, Yoshiaki Sato, Takaaki Yamamoto, Shigeaki Abe, Tsukasa Akasaka, Yasuhiro Yoshida, Junichiro Iida Nano Biomedicine 8 35 -40 2016年01月01日 [査読無し][通常論文]
     
    Orthodontic adhesives are usually colorless and transparent for aesthetic purposes. However, making such adhesives fluorescent is one of the most effective solutions to make them visible to ensure safe and complete removal after orthodontic treatments. Trivalent europium ions were doped into yttrium oxides by a homogeneous precipitation method. The particles were synthesized via a homogeneous precipitation method and had a narrow size distribution (200-300 nm) and showed sharp crystallinity independent of the starting concentration of Eu3+. The strongest emission and absorption peaks were identified at 611 nm and 396 nm, respectively. In this study, 8 mol% was confirmed to be the optimum doping concentration. The emission intensity of phosphor containing PMMA adhesives was appreciably weak even when the concentration of phosphors was 10 wt%. It may be attributed to the clustering of the particles or a multiphonon relaxation process owing to organic groups in the polymer. We conclude that the crystalline Y2O3:Eu3+ particles could be applicable for the development of fluorescent orthodontic adhesives.
  • Shuichi Yamagata, Takaaki Yamamoto, Yoshiaki Sato, Shigeaki Abe, Tsukasa Akasaka, Yasuhiro Yoshida, Junichiro Iida Nano Biomedicine 8 57 -63 2016年01月01日 [査読無し][通常論文]
     
    The purpose of this study was to investigate the effect of gliding arc discharge non-thermal atmospheric pressure plasma with N2 carrier gas on surface chemical modification for adhesion improvement. The shear bond strength between the orthodontic adhesive resin and plasma-treated stainless steel surface improved slightly, although the surface free energy of the stainless steel samples increased from 73.6 mJm -2 to 112.9 mJm -2 mainly due to an increase of the dipole component (γS p ) and partially due to an increase of the hydrogen bond component (γS h ). This is partly because the metastability of the stainless steel surface was stabilized by immediate hydration or adsorption of water on the highly hydroxylated stainless steel surfaces. However, surface cleaning and hydroxylating efficacy of the handheld device was determined to be superior to those of other surface cleaning procedures, particularly in terms of intraoral applications. The technique may be potentially employed in establishing M-S coordinate bonds in dental precious metals and related alloys.
  • 北海道大学病院を受診した成長期のRussel-Silver症候群患者の特徴
    山崎 与志紀, 佐藤 嘉晃, 熱田 結香, 大塚 麻衣, 福島 久夢, 山方 秀一, 金子 知生, 山本 隆昭, 三古谷 忠, 小山 明彦, 飯田 順一郎 北海道矯正歯科学会雑誌 43 (1) 23 -23 2015年12月
  • 間歇的圧刺激による微小血管の形態変化
    正満 健斗, 西川 瑛亮, 工藤 悠介, 山本 隆昭, 佐藤 嘉晃, 飯田 順一郎 日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集 74回 188 -188 2015年11月
  • 高橋 邦彰, 山本 隆昭, 松下 和裕, 高道 理, 飯田 順一郎 日本顎変形症学会雑誌 25 (2) 150 -150 2015年05月
  • 連携医療機関の役割 大学病院歯科との連携が何をもたらすのか? 北海道大学病院歯科診療センターについて 地域歯科医療への貢献をめざして
    飯田 順一郎, 山本 隆昭, 佐藤 嘉晃 北海道矯正歯科学会雑誌 42 (1) 30 -33 2014年12月
  • 連携医療機関の役割 大学病院歯科との連携が何をもたらすのか? 北海道大学病院歯科診療センターについて 顎変形症カンファレンスについて
    山本 隆昭, 山方 秀一, 佐藤 嘉晃, 飯田 順一郎, 山口 博雄, 松下 和裕, 三古谷 忠, 高道 理 北海道矯正歯科学会雑誌 42 (1) 34 -36 2014年12月
  • 連携医療機関の役割 大学病院歯科との連携が何をもたらすのか? 北海道大学病院における先天異常を有する患者の矯正治療 片側性唇顎口蓋裂患者へのチームアプローチを中心として
    佐藤 嘉晃, 山本 隆昭, 飯田 順一郎, 小山 明彦, 三古谷 忠 北海道矯正歯科学会雑誌 42 (1) 37 -42 2014年12月
  • 対金属ダイレクトボンディングへの大気圧プラズマの応用
    山方 秀一, 宮西 華子, 木山 望, 山本 隆昭, 佐藤 嘉晃, 飯田 順一郎 北海道矯正歯科学会雑誌 42 (1) 43 -44 2014年12月
  • 松下 和裕, 井上 農夫男, 三古谷 忠, 山口 博雄, 道念 正樹, 小堀 善則, 大井 一浩, 金子 真梨, 原田 沙織, 飯田 順一郎, 佐藤 嘉晃, 山本 隆昭, 芝田 健二郎, 大畑 昇, 高道 理, 弓削 文彦, 加藤 剛士, 上北 広樹, 鄭 漢忠 日本顎変形症学会雑誌 24 (2) 126 -126 2014年05月
  • 芝田 健二郎, 山本 隆昭, 山方 秀一, 佐藤 嘉晃, 小堀 善則, 金子 真梨, 松下 和裕, 山口 博雄, 上北 広樹, 弓削 文彦, 高道 理, 鄭 漢忠, 三古谷 忠, 飯田 順一郎 日本顎変形症学会雑誌 24 (2) 134 -134 2014年05月
  • 外科的矯正治療で咬合を改善した右側唇顎口蓋裂の症例
    道念 正樹, 松沢 祐介, 松下 和裕, 山口 博雄, 三古谷 忠, 塚本 祐理, 佐藤 嘉晃, 山本 隆昭, 飯田 順一郎, 井上 農夫男 日本口蓋裂学会雑誌 39 (2) 167 -167 2014年04月
  • 両側性唇顎口蓋裂者の矯正歯科治療後における顎顔面形態の特徴
    岩崎 弘志, 山本 隆昭, 佐藤 嘉晃, 飯田 俊二, 飯田 順一郎 日本口蓋裂学会雑誌 39 (2) 200 -200 2014年04月
  • 山方 秀一, 山本 隆昭, 金子 知生, 佐藤 嘉晃, 飯田 順一郎 北海道歯学雑誌 34 (1) 18 -20 2013年09月15日 [査読無し][通常論文]
  • 原田 沙織, 小堀 善則, 金子 真梨, 大井 一浩, 松下 和裕, 上北 広樹, 弓削 文彦, 塚本 祐理, 梶井 貴史, 山本 隆昭, 佐藤 嘉晃, 山口 博雄, 飯田 順一郎, 大畑 昇, 鄭 漢忠, 井上 農夫男 日本顎変形症学会雑誌 23 (2) 97 -97 2013年05月
  • 芝田 健二郎, 山本 隆昭, 山方 秀一, 佐藤 嘉晃, 飯田 順一郎 日本顎変形症学会雑誌 23 (2) 103 -103 2013年05月
  • 松下 和裕, 井上 農夫男, 山口 博雄, 小堀 善則, 大井 一浩, 金子 真梨, 原田 沙織, 道念 正樹, 飯田 順一郎, 佐藤 嘉晃, 山本 隆昭, 大畑 昇, 高道 理, 弓削 文彦, 加藤 剛士, 上北 広樹, 三古谷 忠, 鄭 漢忠 日本顎変形症学会雑誌 23 (2) 116 -116 2013年05月
  • 日下部 豊寿, 佐藤 嘉晃, 斉藤 文男, 山方 秀一, 金子 知生, 山本 隆昭, 飯田 順一郎 北海道矯正歯科学会雑誌 41 (1) 2013年 [査読無し][通常論文]
  • 蛍光ボンディング材の開発に向けた焼成温度の異なる希土類含有ZnO微粒子の検討
    山方 秀一, 半場 悠介, 中西 康, 山本 隆昭, 佐藤 嘉晃, 飯田 順一郎 日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集 71回 191 -191 2012年09月
  • 唇顎口蓋裂の存在における歯槽突起の位置的特徴
    岩崎 弘志, 山本 隆昭, 飯田 順一郎, 工藤 元義, 工藤 信樹 日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集 71回 235 -235 2012年09月
  • 山本 隆昭, 山方 秀一, 佐藤 嘉晃, 飯田 順一郎 日本顎変形症学会雑誌 22 (2) 122 -122 2012年05月
  • 佐藤 嘉晃, 山本 隆昭, 山方 秀一, 高道 理, 大畑 昇, 松下 和裕, 山口 博雄, 井上 農夫男, 飯田 順一郎 日本顎変形症学会雑誌 22 (2) 158 -158 2012年05月
  • 山方 秀一, 半場 悠介, 中西 康, 山本 隆昭, 佐藤 嘉晃, 飯田 順一郎 北海道矯正歯科学会雑誌 40 (1) 28 -29 2012年 [査読無し][通常論文]
  • 矯正歯科基本研修におけるルーブリックと振り返りの導入試行
    佐藤 嘉晃, 金子 知生, 山本 隆昭, 日下部 豊寿, 金井 壮律, 飯田 順一郎 日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集 70回 272 -272 2011年10月
  • スライディングメカニクスに対する八角形ワイヤー(Octagonal Wire)の有効性
    山方 秀一, 半場 悠介, 佐藤 嘉晃, 山本 隆昭, 飯田 順一郎 日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集 70回 288 -288 2011年10月
  • 唇顎口蓋裂の存在における歯槽突起の形態的特徴
    岩崎 弘志, 山本 隆昭, 飯田 順一郎, 工藤 元義, 工藤 信樹 日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集 70回 304 -304 2011年10月
  • 佐藤 嘉晃, 岩崎 弘志, 山方 秀一, 日下部 豊寿, 菅原 由紀, 金 壮律, 梶井 貴史, 金子 知生, 山本 隆昭, 吉村 学, 八若 保孝, 飯田 順一郎 北海道歯誌 32 (1) 55 -61 2011年09月15日 [査読無し][通常論文]
     
    近年,アウトカム基盤型教育の浸透とともに,ポートフォリオの使用が学習ツールとしても評価としても重要視されている.現在,歯科矯正学臨床基礎実習の4年次前期に行われる症例分析・診断学実習に対しては,将来的なポートフォリオの導入も視野に入れ,「ルーブリック」と「振り返り」を導入している.今回われわれは,この「ルーブリック」と「振り返り」が学習者である学生にとってどの程度の効果があったかを調べるためにアンケートを行った.対象は2010年の4年次学生55名である.これら学生に対して,症例分析・診断学実習における「ルーブリック」および「振り返り」について各々に無記名式のアンケートを行った.アンケート内容はルーブリックや振り返りの効果や実習への反映を問うものである.結果より,「ルーブリック」「振り返り」ともに,学習ツールと しての有効性を認める学生が多かった事,アウトカムの重要性や振り返りを認識できた学生が少なからずいた事,がわかった.一方,「ルーブリック」は日常の学習への反映と言う点ではうまくできていない学生もみられた.これらより,「ルーブリック」「振り返り」の利用は歯科矯正学臨床基礎実習にとって有効である事が示唆された.
  • 佐藤 嘉晃, 山方 秀一, 岩崎 弘志, 日下部 豊寿, 菅原 由紀, 金 壮律, 梶井 貴史, 金子 知生, 山本 隆昭, 吉村 学, 八若 保孝, 飯田 順一郎 北海道歯誌 32 (1) 46 -54 2011年09月15日 [査読無し][通常論文]
     
    北海道大学歯学部の専門教育期に行われる臨床基礎実習のうち,歯科矯正学教室が担当する歯科矯正学臨床基礎実習は舌側弧線装置作製実習と症例分析・診断学実習で構成されている.本実習の目標は「歯科矯正学講義で習得した基礎的,臨床的知識を基に症例分析法・矯正治療,技工技術を身に付けること」である.このようなものは一部パフォーマンス課題と呼ばれるものと考えられるが,従来型の評価法では適正な評価が行われない部分である.昨今,教育カリキェラムがプロセス基盤型からアウトカム基盤型へ移行するに伴い,ポートフォリオなどが徐々に取り入れられており,パフォーマンス系の課題にも対応可能な事が知られている.今回われわれは将来的なポートフォリオ評価の導入も視野に入れることも踏まえ,特にアウトカムに着目したルーブリックを実習にて試行し,有用性を評価することを目的とした.対象は平成21年度の3年次学生(平成22年度の4年次学生)46名とした.これらの学生に対して行われた舌側弧線装置作製実習と症例分析・診断学実習に際して,ルーブリックを用いてアウトカムに対する自己評価をさせた.得られたルーブリックから各項目の平均点を算出し比較した.結果より,両実習ともにプロフェッショナリズムは漸増する傾向がみられ,初回よりも最終回で有意に高かった.さらに,全体に舌側弧線装置作製実習の平均値よりも症例分析・診断学実習のそれが高い傾向を示した.この結果より,将来的なポートフォリオ評価を念頭におくこともふまえ,ルーブリックは歯科矯正学臨床基礎実習の実習に対する応用に有効なツールであることが示唆された.
  • 小堀 善則, 松下 和裕, 大井 一浩, 山口 博雄, 高道 理, 大畑 昇, 山本 隆昭, 飯田 順一郎, 戸塚 靖則, 井上 農夫男 日本顎変形症学会雑誌 21 (2) 101 -101 2011年05月
  • 山本 隆昭, 飯田 順一郎 北海道矯正歯科学会雑誌 39 (1) 30 -31 2011年 [査読無し][通常論文]
  • Questionnaire survey for using rubric and reflection in the baasics of dental practice in orthodontics
    Hokkaido Journal of Dental Science 32 (1) 55 -61 2011年 [査読無し][通常論文]
  • 山本 隆昭 日本顎変形症学会雑誌 20 (4) 327 -331 2010年12月
  • 山本 隆昭 日本顎変形症学会雑誌 20 (4) 332 -335 2010年12月
  • 骨格性反対咬合者の顎矯正手術による母音の音響的変化について
    山本 隆昭, 飯田 順一郎 日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集 69回 163 -163 2010年09月
  • PMMA/MMTナノコンポジットの機械的特性におよぼすMMT含有率の効果
    山方 秀一, 佐藤 嘉晃, 山本 隆昭, 亘理 文夫, 飯田 順一郎 日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集 69回 212 -212 2010年09月
  • 佐藤 嘉晃, 山方 秀一, 山本 隆昭, 高道 理, 大畑 昇, 松下 和裕, 山口 博雄, 井上 農夫男, 飯田 順一郎 日本顎変形症学会雑誌 20 (2) 175 -175 2010年05月
  • 金子 知生, 山本 隆昭, 飯田 順一郎 スポーツ歯学 13 (2) 144 -144 2010年02月
  • 山本 隆昭, 飯田 順一郎 北海道矯正歯科学会雑誌 38 (1) 43 -44 2010年 [査読無し][通常論文]
  • 菅原 由紀, 佐藤 嘉晃, 道念 正樹, 高道 理, 山口 博雄, 山本 隆昭, 飯田 順一郎, 村上 有二, 井上 農夫男 日本顎変形症学会雑誌 = The Japanese journal of jaw deformities 19 (4) 205 -216 2009年12月15日 [査読無し][通常論文]
     
    The patient was a 19-year-old male with mandibular prognathism, open bite and a thin symphysis. The chief complaints were difficulty in biting with the anterior teeth and anterior crowding. The problems were: 1) mandibular prognathism; 2) skeletal open bite; 3) a narrow upper dental arch; 4) severe lingual inclination of the lower incisors and a thin symphysis; and 5) crowding. <br>Surgical procedures were utilized to perform orthodontic treatment. Before the orthognathic surgery, crowding and the narrow dental arch were eliminated with orthodontic treatment involving surgically assisted rapid palatal expansion. Segmental osteotomy and gradual distraction osteogenesis of the lower anterior teeth were performed to change the severe lingual inclination of the symphysis. After alignment of the upper and lower dental arches, sagittal split ramus osteotomies were undergone to correct the mandibular prognathism and skeletal open bite. In the post-operative period, detailing and completing teeth alignment were performed, and suitable occlusion was finally achieved. This case shows that changing the inclination of the symphysis by distraction osteogenesis is effective for patients with a thin symphysis.
  • リンガルブラケットの装着による発音障害の変化に関する研究
    野寺 義典, 山本 隆昭, 飯田 順一郎 日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集 68回 144 -144 2009年11月
  • マウスガード装着による野球のバッティング時における口唇閉鎖および咬筋活動について
    金子 知生, 山本 隆昭, 飯田 順一郎 日本スポーツ歯科医学会学術大会プログラム抄録集 20回 89 -89 2009年07月
  • M. Uemura, T. Yamamoto, K. Fushimi, Y. Aoki, K. Shimizu, H. Habazaki CORROSION SCIENCE 51 (7) 1554 -1559 2009年07月 [査読無し][通常論文]
     
    Thin passive films formed on highly corrosion-resistant type-312L stainless steel, containing 20 mass% chromium and 6 mass% molybdenum, in 2 mol dm(-3) HCl solution at 293 K have been analyzed by glow discharge optical emission spectroscopy (GDOES). The stainless steel does not suffer pitting corrosion even in this aggressive solution, showing a wide passive potential region. The depth profiles obtained clearly show a two-layer structure of the air-formed and passive films: an outer iron-rich layer and an inner layer highly enriched in chromium. Alloy-constituting molybdenum is deficient in the inner layer of the passive films and is enriched in the outer layer, particularly at the active dissolution potential. The molybdenum species in the outer layer may retard the active dissolution of stainless steel, promoting the formation of stable passive films highly enriched in chromium. Chloride ions are present only at the outermost part of the passive films, not penetrating into the interior part. (C) 2008 Elsevier Ltd. All rights reserved.
  • 諏訪 伸輔, 山本 隆昭, 山方 秀一, 田中 聡, 佐藤 嘉晃, 飯田 順一郎 日本顎変形症学会雑誌 19 (2) 70 -70 2009年05月
  • Satimary Endo Leonardo, Yoshiaki Sato, Tomoo Kaneko, Takaaki Yamamoto, Kaori Handa, Junichiro Iida Orthodontic Waves 68 (1) 12 -19 2009年03月 [査読無し][通常論文]
     
    Clinicians have hypothesized that lip competence is related to dental inclination, overjet, and overbite. Though some studies have been made to clarify this interrelation, a distinctive conclusion has not been reached. Studies have further shown that some subjects with normal occlusion show lip incompetence. Considering this, it could be hypothesized that dento-facial morphology plays a role in the causes of lip incompetence. To establish this it is necessary to distinguish dento-facial morphology factors from occlusal conditions such as overjet or overbite. A number of methods evaluate lip sealing: visual examination, cephalometric radiographs, and others however these methods make determinations for short periods, and none evaluate the lip competence directly. The purpose of this study is to elucidate a correlation between lip competence and dento-facial morphology using subjects with normal occlusion, excluding overbite and overjet factors, with a sufficiently reproducible and reliable method to evaluate lip sealing. The study shows that individuals with normal occlusion (n = 30) can be divided into 3 groups based on lip sealing ability: a competent, a partially competent, and an incompetent group. Statistical evaluations showed morphologically significant differences between these groups on SNA, ANB, NA-Pog, NPog-A, ANS-Me, N-ANS/ANS-Me, ANS-Me/N-Me, Wits appraisal, L1-MP, NPog-U1, NPog-L1, and FMIA measurements. According to the results, more skeletal class II relationships, longer anterior lower facial height, and a backward positioned Pogonion were observed, in the group with lip incompetence. © 2009 Elsevier Ltd and the Japanese Orthodontic Society.
  • 工藤 悠介, 斉藤 文男, 高橋 邦彰, 福島 久夢, 飯田 順一郎, 山本 隆昭, 岩崎 弘志, 梶井 貴史, 松野 美乃, 田中 聡, 半田 薫, 和田 悟史, 廣澤 知之 北海道矯正歯科学会雑誌 37 (1) 10 -15 2009年 [査読無し][通常論文]
     
    上顎埋伏犬歯(以下、埋伏犬歯)は埋伏歯のなかでも比較的高頻度でみられる歯の位置異常の1つであるが、埋伏の状態により様々な治療方法が考えられるため、その状態を把握することは重要である。そこで今回、埋伏犬歯の埋伏状態を分類しその頻度を把握することを目的とし調査を行った。調査対象は北海道大学病院歯科診療センター矯正専門外来に2001年11月1日から2008年10月30日までに受診した1905名のうち転院症例および症候群を有する症例を除外した1379名(男子405名、女子974名)とした。埋伏の判定はパノラマX線写真上にて(1)尖頭から咬合平面までの実寸距離が反対側よりも5.0mm以上上方。(2)正中線に対する歯軸の傾斜角度が6.0°以上。のうち1つ以上を満たし、さらに口腔内写真において低位で萌出しているものを除外し残ったものとした。得られた埋伏犬歯を垂直的位置、水平的位置、歯軸の傾斜角度について分類しその頻度を調査した。調査対象のうち埋伏犬歯を有する患者は64名(男子28名、女子36名)、埋伏犬歯歯数は79本であった。垂直的位置に関しては尖頭から咬合平面までの実寸距離が25.0mm未満の埋伏犬歯が多くを占めた。水平的位置に関しては尖頭が乳犬歯相当部にあるものが最も多かった。歯軸の傾斜角度に関しては正中線に対して10.0度以上20.0度未満のものが最も多かった。以上の調査結果から、埋伏犬歯の埋伏状態を分類し頻度を把握することができた。
  • 山本 隆昭, 田中 聡, 諏訪 伸輔, 山方 秀一, 金子 知生, 飯田 順一郎 北海道矯正歯科学会雑誌 37 (1) 2009年 [査読無し][通常論文]
  • 工藤 悠介, 斉藤 文男, 高橋 邦彰, 福島 久夢, 飯田 順一郎, 山本 隆昭, 岩崎 弘志, 梶井 貴史, 松野 美乃, 田中 聡, 半田 薫, 和田 悟史, 廣澤 知之 北海道矯正歯科学会雑誌 37 (1) 10 -15 2009年 [査読無し][通常論文]
     
    上顎埋伏犬歯(以下、埋伏犬歯)は埋伏歯のなかでも比較的高頻度でみられる歯の位置異常の1つであるが、埋伏の状態により様々な治療方法が考えられるため、その状態を把握することは重要である。そこで今回、埋伏犬歯の埋伏状態を分類しその頻度を把握することを目的とし調査を行った。調査対象は北海道大学病院歯科診療センター矯正専門外来に2001年11月1日から2008年10月30日までに受診した1905名のうち転院症例および症候群を有する症例を除外した1379名(男子405名、女子974名)とした。埋伏の判定はパノラマX線写真上にて(1)尖頭から咬合平面までの実寸距離が反対側よりも5.0mm以上上方。(2)正中線に対する歯軸の傾斜角度が6.0°以上。のうち1つ以上を満たし、さらに口腔内写真において低位で萌出しているものを除外し残ったものとした。得られた埋伏犬歯を垂直的位置、水平的位置、歯軸の傾斜角度について分類しその頻度を調査した。調査対象のうち埋伏犬歯を有する患者は64名(男子28名、女子36名)、埋伏犬歯歯数は79本であった。垂直的位置に関しては尖頭から咬合平面までの実寸距離が25.0mm未満の埋伏犬歯が多くを占めた。水平的位置に関しては尖頭が乳犬歯相当部にあるものが最も多かった。歯軸の傾斜角度に関しては正中線に対して10.0度以上20.0度未満のものが最も多かった。以上の調査結果から、埋伏犬歯の埋伏状態を分類し頻度を把握することができた。
  • 日本顎変形症学会雑誌 19 (4) 205 -216 2009年 [査読無し][通常論文]
  • サチマリ 遠藤, レオナルド, 佐藤 嘉晃, 半田 薫, 金子 知生, 山本 隆昭, 飯田 順一郎 北海道歯学雑誌 29 (2) 139 -147 2008年12月15日 [査読無し][通常論文]
  • 松下 和裕, 山口 博雄, 諏訪 伸輔, 高道 理, 山本 隆昭, 山方 秀一, 佐藤 嘉晃, 尾田 充孝, 大井 一浩, 道念 正樹, 大畑 昇, 戸塚 靖則, 飯田 順一郎, 井上 農夫男, 村上 有二 日本顎変形症学会雑誌 18 (3) 221 -229 2008年08月15日 [査読無し][通常論文]
  • 野球のバッティング時における口唇閉鎖について
    金子 知生, 山本 隆昭, 飯田 順一郎 日本スポーツ歯科医学会学術大会プログラム抄録集 19回 70 -70 2008年07月
  • 廣澤 知之, 山本 隆昭, 山方 秀一, 諏訪 伸輔, 田中 聡, 佐藤 嘉晃, 飯田 順一郎 日本顎変形症学会雑誌 18 (2) 144 -144 2008年05月
  • 佐藤 嘉晃, 山本 隆昭, 山方 秀一, 田中 聡, 諏訪 伸輔, 山口 博雄, 松下 和裕, 高道 理, 大畑 昇, 井上 農夫男, 飯田 順一郎 日本顎変形症学会雑誌 18 (2) 188 -188 2008年05月
  • 山本 隆昭, 山方 秀一, 田中 聡, 諏訪 信輔, 佐藤 嘉晃, 高道 理, 大畑 昇, 大井 一浩, 松下 和裕, 山口 博雄, 戸塚 靖則, 井上 農夫男, 飯田 順一郎 日本顎変形症学会雑誌 18 (2) 194 -194 2008年05月
  • 田中 聡, 山本 隆昭, 諏訪 伸輔, 金子 知生, 山方 秀一, 宇尾 基弘, 飯田 順一郎 北海道矯正歯科学会雑誌 36 (1) 13 -20 2008年 [査読無し][通常論文]
     
    近年、HBVやHCV、HIVといった感染症の院内感染が問題となっている。そのため患者や医療従事者を保護するというスタンダードプリコーションの考えに準じた対策が重要である。本研究では、アルジネート印象材を消毒液浸漬および消毒液浸漬後に水洗したときの寸法変化を調べた。消毒液浸漬試験:D群はフタラール製剤に20分、SH群は次亜塩素酸ナトリウム中に60分、W群は蒸留水中に60分浸漬した。消毒液-蒸留水浸漬試験:D-W群はフタラール製剤に5分、SH-W群は次亜塩素酸ナトリウム中に60分浸漬後、蒸留水中に30分浸漬した。試験片数は各条件につき15個、試験片の長さは投影機にて計測し寸法変化率を求めた。得られたデータはone-way ANOVA post hoc testを用いて有意差検定を行った。その結果、以下の知見を得ることができた。1. 今回使用した消毒液は、蒸留水に浸漬するよりも寸法変化へ及ぼす影響は小さい。2. 両消毒液から蒸留水浸漬したものは蒸留水浸漬後、急速に寸法変化が増大した。3. 印象採得後および消毒液浸漬後の水洗はできるだけ短時間ですませ、速やかに石膏練和泥を注入することが重要であると考えられる。
  • 田中 聡, 山本 隆昭, 諏訪 伸輔, 金子 知生, 山方 秀一, 飯田 順一郎 北海道矯正歯科学会雑誌 36 (1) 2008年 [査読無し][通常論文]
  • 諏訪 伸輔, 佐藤 嘉晃, 田中 聡, 山方 秀一, 山本 隆昭, 飯田 順一郎 北海道矯正歯科学会雑誌 36 (1) 2008年 [査読無し][通常論文]
  • Relationship between lip sealimg ability and dentofacial morphology
    北海道歯誌 29 (2) 139 -147 2008年 [査読無し][通常論文]
  • 矯正歯科治療の評価基準を求めて 外科的矯正治療後の安定性について
    山本 隆昭 日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集 66回 88 -88 2007年09月
  • 北海道大学病院矯正科における先天疾患患者の臨床統計的調査 地理学的考察
    山方 秀一, 佐藤 嘉晃, 山本 隆昭, 梶井 貴史, 飯田 順一郎 日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集 66回 170 -170 2007年09月
  • 諏訪 伸輔, 山本 隆昭, 山方 秀一, 豊泉 裕, 佐藤 嘉晃, 飯田 順一郎 日本顎変形症学会雑誌 17 (2) 117 -117 2007年05月
  • 梶井 貴史, 桜木 修, 山本 隆昭, 佐藤 浩一, 飯田 順一郎 北海道矯正歯科学会雑誌 35 (1) 36 -37 2007年 [査読無し][通常論文]
  • 佐藤 嘉晃, 角野 晃大, 菅原 由紀, 梶井 貴史, 岡本 亨, 山方 秀一, 山本 隆昭, 山口 博雄, 井上 農夫男, 飯田 順一郎 北海道矯正歯科学会雑誌 35 (1) 2007年 [査読無し][通常論文]
  • 佐藤 嘉晃, 日下部 豊寿, 岡本 亨, 岩崎 弘志, 山方 秀一, 山本 隆昭, 飯田 順一郎 北海矯歯誌 35 (1) 18 -24 2007年 [査読無し][通常論文]
     
    北海道大学病院歯科診療センター矯正歯科専門外来で実習を終えた歯科衛生士学校3校の実習生41名に対して、「実習の場」としての矯正歯科専門外来の教育現状の確認と問題点の抽出を行うことを目的にアンケート調査を行った。結果を下記に示す。(1) 学習目標は、85%以上の学生が事前に確認しており、実習中にも確認を行っていた。(2) 学習目標は80%近くの学生が達成したと回答していた。また、北海道大学病院は学習目標にあった実習内容を提供していたと考えるものも80%程度であった。(3) 教員やスタッフの指導は85%を超える実習生が「わかりやすかった」および「どちらかというとわかりやすかった」と回答していた。また、大学で提供した教材等については、「十分であった」および「どちらかというと十分であった」という回答が多く見られた。(4) 満足度の高かった項目としては、さまざまな症例を見たこと、歯科医師の詳しい説明、矯正特有の症例をみたこと、自校の教員がいてくれたこと、等があげられ、満足度の低かった項目としては、歯科衛生士特有の業務の見学が少なかった、期間が短く知識が断片的になった、などの回答があった。(5) 実習生の3割弱が実習中の安全に問題を感じる局面があったと回答していた。(6) 北大での実習を終えた段階で80%以上の実習生が歯科衛生士の仕事に情熱をもてたと回答する一方、否定的な回答をする実習生も20%近く見られた。
  • 山方 秀一, 佐藤 嘉晃, 山本 隆昭, 飯田 順一郎 北海矯歯誌 35 (1) 25 -33 2007年 [査読無し][通常論文]
     
    1996年4月から2005年3月までの9年間に北海道大学病院歯科診療センター咬合系歯科・矯正歯科専門外来で初回検査を受けたすべての矯正患者(調査対象1)のうち、転院患者を除く全患者(調査対象2)を対象とし、その動態に関する臨床統計的調査と人文地理学的考察を行い、以下の知見を得た。1. 調査対象1および調査対象2の総数はそれぞれ2,392名および2,147名であった。また、調査対象1において先天疾患患者および顎変形症患者が占める比率は、それぞれ17.6%および18.3%であった。2. 調査対象2における男女比率は、先天疾患患者では1:0.9、その他の患者区分では1:1.7から1:2までの範囲であった。3. 調査対象2のすべての患者における初診時年齢の度数分布は、男女とも5-9歳階級が最も高く、男性患者の年齢層のほうが低くかつ狭いレンジに収束していた。しかし、最大度数を示した年齢層は各患者区分で異なっていた。4. 調査対象2のうち87.7%の患者は当院から半径50km圏内に居住していた。また、札幌市内居住者は74.2%であった。さらに、200-300km圏の11市町に居住する患者も認められた。5. 当院は広域的に道民医療に寄与している反面、一地域の医療機関としての性格も併せ持っていると考えられた。
  • 岩崎 弘志, 山本 隆昭, 飯田 順一郎, 井上 農夫男 北海矯歯誌 35 (1) 9 -17 2007年 [査読無し][通常論文]
     
    唇顎口蓋裂患者では、特徴的に上顎歯列の狭窄、上顎骨の成長発育の抑制を呈する。これに対する矯正治療として特に上顎歯列の狭窄には、上顎歯列弓の側方拡大が行われるが、片側性唇顎口蓋裂の症例においては拡大量の左右差が臨床上経験される。そこで今回、スクリュータイプの側方拡大装置を用いた上顎急速側方拡大により治療を行なった片側性唇顎口蓋裂を有し上顎歯列に狭窄が認められ、両側に交叉咬合を呈する矯正治療患者において、上顎歯列弓の三次元的形態変化の様相の解析を行なった。研究対象は、片側性唇顎口蓋裂患者男子2症例(拡大開始年齢16歳4か月、16歳2か月)女子2症例(拡大開始年齢15歳5か月、15歳1か月)の合計4症例で、側面頭部X線規格写真の重ね合わせにより顎顔面部の成長の終了が確認され、永久歯列が完成した後に上顎歯列急速側方拡大を行った症例である。資料としてこれら4症例の上顎急速側方拡大前後の上下顎歯列石膏模型を用い、非接触高速三次元形状計測装置を用いてこれらの歯列石膏模型の表面形状データの採得を行った。計測用基準平面は下顎歯列を基に設定した。またこれらの症例は側方拡大前後において下顎位の機能的な誘導は認められなかった。上顎急速側方拡大により、4症例いずれの症例においても破裂側の移動量が非破裂側の移動量に比べて大きかった。片側性唇顎口蓋裂患者では、上顎急速側方拡大により非破裂側に比べ破裂側の拡大がされ易いことが示唆された。これは、片側性唇顎口蓋裂患者に特徴的な解剖学的構造によるものと推察された。
  • 道念 正樹, 松沢 正宏, 村上 有二, 角野 晃大, 菅原 由紀, 佐藤 嘉晃, 山本 隆昭, 飯田 順一郎, 佐藤 浩一, 土井上 輝夫, 内藤 敢, 高道 理, 大畑 昇, 松下 和裕, 尾田 充孝, 山口 博雄, 戸塚 靖則, 井上 農夫男 日本顎変形症学会雑誌 16 (4) 190 -195 2006年12月15日 [査読無し][通常論文]
  • 矯正治療法の新たな広がり 外科的手法を応用した歯の移動
    山本 隆昭 日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集 65回 138 -139 2006年09月
  • 山口 博雄, 井上 農夫男, 尾田 充孝, 戸塚 靖則, 豊泉 裕, 山本 隆昭, 佐藤 嘉晃, 飯田 順一郎, 高道 理, 大畑 昇 日本顎変形症学会雑誌 16 (2) 75 -75 2006年05月
  • 山方 秀一, 佐藤 嘉晃, 山本 隆昭, 諏訪 伸輔, 豊泉 裕, 尾田 充孝, 山口 博雄, 高道 理, 大畑 昇, 戸塚 靖則, 飯田 順一郎, 井上 農夫男 日本顎変形症学会雑誌 16 (2) 87 -87 2006年05月
  • 日下部 豊寿, 佐藤 嘉晃, 岡本 亨, 山本 隆昭, 大畑 昇, 井上 農夫男, 飯田 順一郎 日本顎変形症学会雑誌 16 (1) 1 -7 2006年04月15日 [査読無し][通常論文]
  • 永山 和典, 村上 有二, 佐藤 嘉晃, 菅原 由紀, 角野 晃大, 飛塚 昌則, 北澤 慎一, 松山 功, 石井 教生, 山崎 与志紀, 喜多 宏明, 今井 徹, 金子 知生, 山本 隆昭, 三古谷 忠, 井上 農夫男, 飯田 順一郎 北海道矯正歯科学会雑誌 34 (1) 2006年 [査読無し][通常論文]
  • 佐藤 嘉晃, 日下部 豊寿, 岡本 亨, 山方 秀一, 山本 隆昭, 飯田 順一郎 北海道矯正歯科学会雑誌 34 (1) 2006年 [査読無し][通常論文]
  • 半田 薫, 佐藤 嘉晃, 金子 知生, 山本 隆昭, 飯田 順一郎 北海道歯誌 26 (2) 146 -152 2005年12月15日 [査読無し][通常論文]
  • 半田 薫, 佐藤 嘉晃, 金子 知生, 山本 隆昭, 飯田 順一郎 北海道歯誌 26 (2) 153 -163 2005年12月15日 [査読無し][通常論文]
  • 田中 聡, 山本 隆昭, 佐藤 嘉晃, 山方 秀一, 豊泉 裕, 山崎 篤, 諏訪 伸輔, 安東 真毅, 飯田 順一郎 日本顎変形症学会雑誌 15 (3) 179 -179 2005年12月
  • 山方 秀一, 山本 隆昭, 佐藤 嘉晃, 豊泉 裕, 諏訪 伸輔, 田中 聡, 安東 真毅, 飯田 順一郎, 高道 理, 大畑 昇, 尾田 充孝, 山口 博雄, 戸塚 靖則, 井上 農夫男 日本顎変形症学会雑誌 15 (3) 181 -181 2005年12月
  • 佐藤 嘉晃, 大畑 昇, 山本 隆昭, 飯田 順一郎, 石川 博之, 高道 理, 井上 農夫男, 高師 則行, 山口 博雄, 戸塚 靖則 日本顎変形症学会雑誌 15 (3) 194 -194 2005年12月
  • 釧路赤十字病院における顎変形症患者に対する対応 病病および病診連携の観点から
    道念 正樹, 村上 有二, 佐藤 嘉晃, 菅原 由紀, 大畑 昇, 飯田 順一郎, 佐藤 浩一, 土井上 輝夫, 内藤 敢, 山本 隆昭, 高道 理, 井上 農夫男, 尾田 充孝, 山口 博雄, 戸塚 靖則 日本顎変形症学会雑誌 15 (3) 182 -183 2005年12月 [査読無し][通常論文]
  • 骨延長法による歯列弓形態の改善 歯・歯槽部の移動
    山口 博雄, 井上 農夫男, 尾田 充孝, 柏崎 晴彦, 戸塚 靖則, 山本 隆昭, 佐藤 嘉晃, 飯田 順一郎 歯界展望 特別号 (健康な心と身体は口腔から-発ヨコハマ2004-) 293 -293 2005年06月
  • 大井 一浩, 山口 博雄, 尾田 充孝, 戸塚 靖則, 岩崎 弘志, 山本 隆昭, 飯田 順一郎, 井上 農夫男 『日本顎変形症学会誌』 15 (2) 95 -103 2005年 [査読無し][通常論文]
  • 杉山 治, 金子 知生, 山方 秀一, 山本 隆昭 北海道矯正歯科学会雑誌 33 (1) 64 -65 2005年 [査読無し][通常論文]
  • 梶井 貴史, 佐藤 嘉晃, 山本 隆昭, 由川 哲也, 井上 農夫男, 飯田 順一郎 北海道矯正歯科学会雑誌 33 (1) 2005年 [査読無し][通常論文]
  • 岩崎 弘志, 工藤 元義, 山本 隆昭, 井上 農夫男, 飯田 順一郎 北海道矯正歯科学会雑誌 33 (1) 2005年 [査読無し][通常論文]
  • 岩崎 弘志, 工藤 元義, 井上 農夫男, 山本 隆昭, 飯田 順一郎 北海矯歯誌 33 (1) 22 -33 2005年 [査読無し][通常論文]
  • 佐藤 嘉晃, 山本 隆昭, 高道 理, 大畑 昇, 山口 博雄, 井上 農夫男, 飯田 順一郎 日顎変形誌 14 (3) 186 -195 2004年12月15日 [査読無し][通常論文]
  • 諏訪 伸輔, 山本 隆昭, 佐藤 嘉晃, 山方 秀一, 豊泉 裕, 山崎 篤, 高木 洋美, 飯田 順一郎 日本顎変形症学会雑誌 14 (3) 237 -237 2004年12月
  • リンガルブラケット装着による発音障害の研究
    野寺 義典, 山本 隆昭, 鈴木 松美 日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集 63回 165 -165 2004年11月
  • 口唇閉鎖機能の新しい評価法
    半田 薫, 佐藤 嘉晃, 金子 知生, 山本 隆昭, 飯田 順一郎 日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集 63回 171 -171 2004年11月
  • 骨延長法による歯列弓形態の改善 歯・歯槽部の移動
    山口 博雄, 井上 農夫男, 尾田 充孝, 柏崎 晴彦, 戸塚 靖則, 山本 隆昭, 佐藤 嘉晃, 飯田 順一郎 日本歯科医師会雑誌 57 (4) 410 -410 2004年07月
  • 豊泉 裕, 佐藤 嘉晃, 山本 隆昭, 高道 理, 大畑 昇, 尾田 充孝, 山口 博雄, 井上 農夫男, 飯田 順一郎 日本顎変形症学会雑誌 = The Japanese journal of jaw deformities 14 (1) 66 -74 2004年04月15日 [査読無し][通常論文]
  • 原口 直子, 佐藤 嘉晃, 豊泉 裕, 梶井 貴史, 岡本 亨, 日下部 豊寿, 山方 秀一, 山本 隆昭, 大畑 昇, 井上 農夫男, 飯田 順一郎 北海道矯正歯科学会雑誌 32 (1) 2004年 [査読無し][通常論文]
  • 原口 直子, 佐藤 嘉晃, 岡本 亨, 日下部 豊寿, 梶井 貴史, 山方 秀一, 山本 隆昭, 大畑 昇, 井上 農夫男, 飯田 順一郎 北海矯歯誌 32 (1) 8 -13 2004年 [査読無し][通常論文]
     
    外科的矯正治療を受けた患者におけるブラックトライアングル(BT)の出現に関して、その原因を明らかにすることを目的に検討を行った。北海道大学病院・咬合系歯科・矯正専門外来を受診した顎変形症症例のうち、骨格性下顎前突症を診断された24症例を無作為に抽出し対象とした。対象の下顎右側犬歯から左側犬歯に存在する5か所の歯間乳頭部について、BTの出現を初診時、術前矯正治療終了時、動的矯正治療終了時の3時点で判定した。BT出現の要因に関しては、初診時年齢、治療期間、顎間ゴム使用期間、下顎上方回転量、Curve of Spee、Arch length discrepancy、切歯臨床歯冠長変化、下顎中切歯移動量、について、BTの出現がみられるBT有り群とBTの出現がみられないBT無し群とで検討を行った。結果は以下の通りである。1. 全24症例中、1か所でもBTの出現がみられた症例は12症例(50.0%)であった。2. 全24症例の下顎前歯部歯間乳頭部120か所に対するBTの最終的な出現率は36.7%であった。3. 初診時年齢、治療期間、顎間ゴム使用期間、下顎上方回転量はBT有り群と無し群との間で有意差はみられなかった。4. BT有り群でCurve of Speeが有意に大きかった。5. 臨床歯冠長はBT有り群の右側切歯部で有意に伸長していた。6. 術前矯正治療終了時から動的矯正治療終了時に至る過程で、BT有り群の下顎中切歯は有意に挺出していた。
  • 山本 隆昭 日本顎変形症学会雑誌 = The Japanese journal of jaw deformities 13 (3) 2003年12月15日 [査読無し][通常論文]
  • 高木 洋美, 豊泉 裕, 山本 隆昭, 山方 秀一, 佐藤 嘉晃, 山崎 篤, 飯田 順一郎 日本顎変形症学会雑誌 13 (3) 169 -169 2003年12月
  • 豊泉 裕, 佐藤 嘉晃, 山方 秀一, 山本 隆昭, 飯田 順一郎, 上田 康夫, 奥田 耕一, 高道 理, 大畑 昇, 尾田 充孝, 山口 博雄, 戸塚 靖則, 井上 農夫男 日本顎変形症学会雑誌 13 (3) 203 -204 2003年12月
  • 佐藤 嘉晃, 豊泉 裕, 山方 秀一, 山本 隆昭, 飯田 順一郎, 奥田 耕一, 高道 理, 上田 康夫, 大畑 昇, 尾田 充孝, 山口 博雄, 戸塚 靖則, 井上 農夫男 日本顎変形症学会雑誌 13 (3) 204 -204 2003年12月
  • 舌側矯正装置装着による発音障害の研究
    野寺 義典, 鈴木 松美, 山本 隆昭 日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集 62回 173 -173 2003年10月
  • 機能性下顎前突症例における前歯部被蓋改善時下顎位の予測法
    飛塚 昌則, 山本 隆昭, 岩崎 弘志, 梶井 貴史, 豊泉 裕, 山方 秀一, 金子 知生, 飯田 順一郎 日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集 62回 227 -227 2003年10月
  • 北澤 慎一, 佐藤 嘉晃, 諏訪 伸輔, 高田 賢二, 岡本 亨, 梶井 貴史, 山崎 篤, 豊泉 裕, 山方 秀一, 山本 隆昭, 大畑 昇, 井上 農夫男, 飯田 順一郎 北海道矯正歯科学会雑誌 31 (1) 2003年 [査読無し][通常論文]
  • 北澤 慎一, 佐藤 嘉晃, 諏訪 伸輔, 岡本 亨, 梶井 貴史, 山崎 篤, 豊泉 裕, 山方 秀一, 山本 隆昭, 大畑 昇, 井上 農夫男, 飯田 順一郎 北海道矯正歯科学会雑誌 31巻 (1号) 21 -27 2003年 [査読無し][通常論文]
     
    我々はこれまでに、外科的矯正治療にクリティカルパスを導入することを目的として、初診の診断時に立案した治療計画に対してどの程度の精度で術前矯正治療が行われているかを上下顎中切歯、咬合平面および下顎の後退量について、初診時での予測と術前矯正治療の結果および手術直前において再度予測された下顎の後退量との関係から検討し、以下の結果を得た。下顎の後退量について、初診時予測と術前矯正治療終了時での再予測との差異は前後方向で-2.7mmから+2.9mm、上下方向で-5.9mmから+2.4mmの範囲に分布し、絶対値の平均値はそれぞれ1.57mm、2.10mmであった。また、下顎の後退量の差異に関与する項目を検討するため重回帰分析を行ったところ、前後方向の差異には、上顎中切歯の初診時に予測された位置と術前矯正治療終了時における実際の位置との前後方向の差異と咬合平面傾斜角および下顎中切歯の前後上下方向それぞれの差異が関与していた。また、下顎の予測後退量の上下方向についての差異には、上下顎中切歯それぞれの上下方向の差異が関与していることが明らかとなった。以上より、初診時に予測した下顎の移動を達成するためには、上下顎前歯を前後方向のみならず上下方向についても正確に移動することが大切であり、そのためには術前矯正治療中に前歯の位置を評価する項目をクリティカルパスに導入し、歯の移動の精度を上げることが重要であると考えられた。
  • 山方 秀一, 山本 隆昭, 飯田 順一郎 北海道矯正歯科学会雑誌 31巻 (1号) 11 -20 2003年 [査読無し][通常論文]
     
    歯列正中と顔面正中との一致は歯科矯正臨床における重要な治療目標の一つであるが、客観性に優れた顔面正中の設定方法は存在しない。さらに、顔面正中線に関する一般集団と矯正医との認識の差異についてはまったく不明である。筆者らは主観に頼って設定される顔面正中線を仮想顔面正中線と定義し、これまでに矯正医を対象とし、正貌において明確な非対称が認められないと判断された成人日本人女性(以下、正貌対称者)に対する仮想顔面正中線の設定機序に関する知見を得ている。本研究の目的は、一般集団に対して同一の調査を行うことで、仮想顔面正中線に関する一般集団と矯正医との視覚認知の差異について解析することである。調査対象として北海道大学の文系学部に在籍する学生97名を選択し、所定の間隔の2点間に中点を視覚認知させる調査(調査1)および正貌対称者2名の正貌写真内に仮想顔面正中線を設定させる調査(調査2)を行った。調査1の結果から、一般集団と矯正医はともに60mm間隔までの左右一対の構造物の中点を比較的正確に認知できることがわかった。また、調査2の結果から、一般集団および矯正医はともに(1)鼻の下部や上唇を注視し、それらいくつかの点に近似的に直線をひく方法、(2)鼻の下部や上唇を注視し、同時に確からしいと認知した水平線に対して垂直に近づける方法のどちらかで仮想顔面正中線を設定するが、一般集団による仮想顔面正中線の認知は矯正医のそれより多様であるという可能性が示唆された。
  • 佐藤 華織, 山口 泰彦, 井上 農夫男, 箕輪 和行, 山本 隆昭, 大畑 昇 北海道歯学雑誌 23 (2) 230 -243 2002年12月15日 [査読無し][通常論文]
  • 佐藤 嘉晃, 梶井 貴史, 日下部 豊寿, 岡本 亨, 豊泉 裕, 山方 秀一, 山本 隆昭, 飯田 順一郎, 上田 康夫, 奥田 耕一, 高道 理, 大畑 昇, 尾田 充孝, 山口 博雄, 戸塚 靖則, 井上 農夫男 日本顎変形症学会雑誌 12 (3) 147 -148 2002年12月
  • 奥田 耕一, 笠井 信行, 和田 あや, 高道 理, 大畑 昇, 山本 隆昭, 飯田 順一郎, 井上 農夫男, 尾田 充孝, 山口 博雄, 佐久間 孝二 日本顎変形症学会雑誌 12 (3) 166 -166 2002年12月
  • 骨延長法の上顎歯列弓前方拡大への応用
    岩崎 弘志, 山本 隆昭, 宇賀 大, 大瀧 尚子, 松山 功, 佐藤 嘉晃, 山方 秀一, 豊泉 裕, 飯田 順一郎 日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集 61回 220 -220 2002年10月
  • 顎変形症患者における顔面形態と自己顔の意識について
    佐藤 嘉晃, 梶井 貴史, 梶井 抄織, 岡本 亨, 山方 秀一, 山本 隆昭, 飯田 順一郎 日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集 61回 223 -223 2002年10月
  • 佐藤 嘉晃, 日下部 豊寿, 梶井 貴史, 山方 秀一, 山本 隆昭, 今井 徹, 上田 康夫, 奥田 耕一, 高道 理, 大畑 昇, 尾田 充孝, 山口 博雄, 戸塚 靖則, 井上 農夫男, 飯田 順一郎 日本顎変形症学会雑誌 = The Japanese journal of jaw deformities 12 (1) 24 -32 2002年04月15日 [査読無し][通常論文]
  • 岩崎 弘志, 山本 隆昭, 宇賀 大, 松山 功, 佐藤 嘉晃, 山方 秀一, 豊泉 裕, レオナルド遠藤, 幸真, 大畑 昇, 井上 農夫男, 飯田 順一郎 北海道矯正歯科学会雑誌 30 (1) 1 -10 2002年 [査読無し][通常論文]
     
    骨格性反対咬合で、外科的矯正治療の適応と診断され、上顎骨に骨延長法を応用した上顎歯列弓前方拡大を併用した3症例の治療結果について検討を行った。対象は、骨格性反対咬合で外科的矯正治療の適応と診断された3名(初診時年齢16歳5か月女子、28歳9か月女子、26歳3か月男子)である。資料としてこれら3症例の初診時および拡大終了時の上顎歯列石膏模型、側貌顔面規格写真および側面頭部X線規格写真を用いた。いずれも、初診時に中顔面の陥凹感と上顎歯列に叢生が認められた。中顔面部の前方移動とarch length discrepancyの解消および上顎前歯歯軸の改善のために、これら3症例に骨延長法を応用した上顎歯列弓前方拡大を適応した。またその中の1例に対しては同時に上顎歯列弓側方拡大を行った。拡大装置としては、エクスパンジョンスクリューを用いた。上顎骨切り術後1〜4日間の待機期間後、1日あたり1mmで7〜9日間の拡大を行った。前方拡大量は4.8〜9.1mmであった。同時に側方拡大を行った1例では両側第一小臼歯間で6.8mmの拡大をした。側貌からは中顔面部の明らかな前方移動が認められ、またSNAで+3.5〜+5.1°、SNBで-1.2〜-0.3°、NSP-Aで+4.4〜+5.6mm、U1-SNで+7.1〜+11.2°の変化がみられた。以上より本法により、上顎前歯歯軸傾斜および上顎歯列弓のarch length discrepancyに関する歯列内の問題点を解消するのに十分な歯槽基底の拡大が得られた。また、中顔面の前方移動によって側貌の改善が認められた。
  • 岩崎 弘志, 山本 隆昭, 大瀧 尚子, 佐藤 嘉晃, 山方 秀一, 豊泉 裕, レオナルド遠藤, 幸真, 大畑 昇, 井上 農夫男, 飯田 順一郎 北海道矯正歯科学会雑誌 30 (1) 59 -65 2002年 [査読無し][通常論文]
  • 岩崎 弘志, 山本 隆昭, 宇賀 大, 松山 功, 佐藤 嘉晃, 山方 秀一, 豊泉 裕, 飯田 順一郎 北海道矯正歯科学会雑誌 30 (1) 100 -101 2002年 [査読無し][通常論文]
  • 佐藤 嘉晃, 高田 賢二, 岡本 亨, 梶井 貴史, 山崎 篤, 豊泉 裕, 山方 秀一, 山本 隆昭, 飯田 順一郎 北海道矯正歯科学会雑誌 30 (1) 2002年 [査読無し][通常論文]
  • 「上顎歯列前方および側方拡大のための新しい装置-骨延長法の適用-」
    北海矯歯誌 30 (1) 59 -65 2002年 [査読無し][通常論文]
  • 山方 秀一, 山本 隆昭, 飯田 順一郎 北海矯歯誌 30 (1) 51 -58 2002年 [査読無し][通常論文]
     
    マルチブラケット装置に起因した口腔粘膜損傷の既往を有する日本人患者64名(平均年齢23.8±6.2歳、平均治療期間2.2±1.4年、男女比1:3.6)を対象としたアンケート調査を行った。調査結果に基づいて、同装置による口腔粘膜損傷が患者に与える不快感や応急処置のための受診率およびそれらの相互関係について解析したところ、以下のような知見が得られた。1. 男性は口腔粘膜損傷による日常生活への支障に関し、支障を感じる患者はほとんど常に感じ、支障を感じない患者はほとんど常に感じない、という両極端な認識をする傾向が女性より強いことが示唆された。また、男性は女性よりも救急受診を避けるあるいは避けざるを得ない事情を有する傾向が強いことも示唆された。2. 日常生活への支障と救急受診との間には関連性が存在する可能性が示唆された。3. 日常生活への支障を強く感じたと認識するうえで決定的な要素として働いたのは「しゃべりづらかった」や「イライラした」であり、「痛かった」も無視できない要素であろうと考えられた。4. 救急受診をしなかった患者のうち約半数は、損傷への対応に関して消極的あるいは無関心な姿勢を有していたと推測できた。
  • 佐藤 嘉晃, 高田 賢二, 岡本 亨, 梶井 貴史, 山崎 篤, 豊泉 裕, 山方 秀一, 山本 隆昭, 大畑 昇, 井上 農夫男, 飯田 順一郎 北海矯歯誌 30 (1) 46 -50 2002年 [査読無し][通常論文]
     
    顎変形症に対する外科的矯正治療全般にわたってクリティカルパス法を導入する際の考慮点を、治療期間の観点から検討し以下の結果を得た。1. 北海道大学歯学部附属病院における顎変形症に対する平均治療期間を呈示した。初診から診断までの期間:1.8か月、術前矯正治療期間:19.8か月、外科手術にかかわる期間:5.0か月、術後矯正治療期間:11.0か月 2. 術前矯正治療期間が最も長く、治療期間のばらつきが大きかった。3. 術前矯正治療期間は、抜歯を行った群(平均22.0か月)に比して、行わなかった群(16.7か月)で有意に短かった。以上より、特に術前矯正治療にクリティカルパス法を導入することが有効であると考えられた。また、顎変形症という同一疾患に対する治療であっても、方針によっては2種以上のパスが必要であることが示唆された。
  • 大滝 尚子, 佐藤 嘉晃, 梶井 貴史, 豊泉 裕, 山本 隆昭, 今井 英幸, 飯田 順一郎 北海矯歯誌 30 (1) 40 -45 2002年 [査読無し][通常論文]
     
    我々は一般人の顔貌に対する意識をアンケート調査し、自己顔に対して不満度の高い項目は鼻、まぶた、頬、歯、などであり、頬に対する不満の程度が特に高いことを報告した。今回我々は、矯正治療希望患者において、各種顎態での頬の形態的特徴を把握することを目的に検討を行った。資料として本大学に来院した女性患者64名(平均24歳5か月)の初診時Computed Radiography(以下CR画像と呼ぶ)側面頭部X線規格写真を用いて、頬を示すMidfacial lineについて検討した。計測項目はMidfacial line上の2点やPronasale、Subnasaleの前後的位置といった軟組織に関する項目と、∠SNA、∠SNB、∠ANB、上顎前歯の位置といった硬組織に関する項目である。以下に結果を示す。1. Pronasale(鼻尖点)、Subnasale(鼻下点)、及びMidfacial lineの2点の前後的位置はSNA及びSNBと有意な相関があった。2. 前頭蓋底に対する上顎中切歯の前後的位置がMidfacial line上の点の前後的位置に影響を及ぼしていた。3. Midfacial lineの前後的位置は上下顎骨の前後的顎関係に依存していなかった。4. 頬骨歯槽稜及び鼻切痕からMidfacial lineまでの軟組織の厚いものは鼻までの厚みも厚かった。
  • 「骨延長法を応用した上顎歯列前方拡大」
    北海矯歯誌 30 (1) 1 -10 2002年 [査読無し][通常論文]
  • 「著しい片側性鋏状咬合を伴う上顎前突の1例」
    日顎変形誌 12 (1) 24 -32 2002年 [査読無し][通常論文]
  • 三次元顎顔面骨立体模型を用いた顎矯正手術のシミュレーション 骨延長法を適用した骨格性側方開咬の症例
    大井 一浩, 井上 農夫男, 谷村 幸広, 尾田 充孝, 山口 博雄, 戸塚 靖則, 山本 隆昭, 上田 康夫, 大畑 昇 日本口腔外科学会雑誌 47 (13) 924 -924 2001年12月
  • 一般人における側貌に対する好感度の評価(第2報)
    大滝 尚子, 山本 隆昭, 佐藤 嘉晃, 千秋 宜之, 飛塚 昌則, 今井 徹, 飯田 順一郎 日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集 60回 206 -206 2001年10月
  • 佐藤 嘉晃, 山方 秀一, 日下部 豊寿, 岡本 亨, 山本 隆昭, 飯田 順一郎, 上田 康夫, 奥田 耕一, 高道 理, 大畑 昇 日本顎変形症学会雑誌 11 (2) 115 -115 2001年08月
  • 山崎 篤, 佐藤 嘉晃, 豊泉 裕, 日下部 豊寿, 山方 秀一, 山本 隆昭, 飯田 順一郎, 奥田 耕一, 高道 理, 大畑 昇 日本顎変形症学会雑誌 11 (2) 133 -133 2001年08月
  • 豊泉 裕, 山本 隆昭, 山崎 篤, 古谷 忠典, 日下部 豊寿, 山方 秀一, 佐藤 嘉晃, 飯田 順一郎 日本顎変形症学会雑誌 11 (2) 135 -135 2001年08月
  • 佐藤 華織, 山口 泰彦, 井上 農夫男, 箕輪 和行, 山本 隆昭, 金山 健夫, 大畑 昇 日本補綴歯科學會雜誌 = The journal of the Japan Prosthodontic Society 45 2001年06月01日 [査読無し][通常論文]
  • 中根 恒治, 川浪 雅光, 加藤 勝也, 加藤 熈, 山本 隆昭, 飯田 順一郎 日本歯周病学会会誌 43 (0) 2001年03月30日 [査読無し][通常論文]
  • 千秋 宜之, 山方 秀一, 佐藤 嘉晃, 山本 隆昭, 飯田 順一郎 北海道矯正歯科学会雑誌 29 (1) 64 -65 2001年 [査読無し][通常論文]
  • 飛塚 昌則, 山本 隆昭, 岩崎 弘志, 豊泉 裕, 古谷 忠典, 山方 秀一, 金子 知生, 飯田 順一郎 北海道矯正歯科学会雑誌 29 (1) 2001年 [査読無し][通常論文]
  • 日下部 豊寿, 山本 隆昭, 山崎 篤, 佐藤 嘉晃, 飯田 順一郎 北海道矯正歯科学会雑誌 29 (1) 67 -68 2001年 [査読無し][通常論文]
  • 千秋 宜之, 山方 秀一, 山本 隆昭, 飯田 順一郎 北海矯歯誌 29 (1) 46 -49 2001年 [査読無し][通常論文]
     
    マルチブラケット装置を用いた治療においては、ブラケットによる口腔粘膜の損傷に対する対応に苦慮することが少なくない。そこで、これらへの新しい対処法として、結紫後の歯頚側ブラケットウィング下部に歯科用セメントを填塞するのみの簡便な方法を考案し、その実用性について1.歯科実習用マネキンを用いた模擬操作実験および 2.歯科用セメントの機械的試験、3.臨床例によるセメントの耐久性の観察、という3つの観点からの評価を試みた。歯科用セメントの機械的試験では、2種のセメントの圧縮強さに有意差が認められた。また、模擬操作実験においては、1歯あたりの填塞および除去に要する時間は、ともにセメントの種類および術者の臨床経験年数によらず10秒程度と極めて短いことがわかった。さらに、臨床例によるセメントの耐久性の観察から、約1ヵ月後の来院時には下唇粘膜の損傷が完全に消失することが確認できた。本法は、特別な術者の熟練や器具、材料を必要としない利点を有し、作業時間が十分に短かく、口腔内環境での耐久性が十分であることが確認された。以上のことから、本法はマルチブラケット装置による口腔粘膜損傷への対処法として有効であると考えられる。
  • 飛塚 昌則, 山本 隆昭, 岩崎 弘志, 豊泉 裕, 古谷 忠典, 山方 秀一, 金子 知生, 飯田 順一郎 北海矯歯誌 29 (1) 16 -23 2001年 [査読無し][通常論文]
     
    機能的前方位を伴う前歯部反対咬合患者の被蓋改善時の下顎位を予測することを目的として、機能的前方位を伴う前歯部反対咬合患者19名(平均年齢9歳3ヵ月)の初診時の咬頭嵌合位と安静位、及び被蓋改善時の側面頭部X線規格写真の資料を用いて重回帰分析を行った。初診時咬頭嵌合位と安静位の計態計測値を説明変数、被蓋改善前後のSNB角の変化量ΔSNB"、B点の直線移動距離△B"、さらに△B"をX成分とY成分に分けた△B(X)"と△B(Y)"(S点を原点としてS-N平面をX軸、S点を通る垂線をY軸とした)の計4計測項目それぞれを目的変数とした重回帰分析の結果、以下の知見を得た。1.△SNB"に関して、S・Pog-OP (Upper)、NF-MP、ANB、overbiteを説明変数とした重回帰方程式(重相関係数0.76)が算出された。2.△B"に関して、S・Pog-OP (Upper)、ANB、NF-OP (Upper)、△B (X)' (初診時咬頭嵌合位から安静位への直線移動距離△B'のX成分)、SNBを説明変数とした重回帰方程式(重相関係数0.87)が算出された。3.△B (X)"に関して、S・Pog-OP (Upper)、ANB、NF-MP、△SNB' (初診時咬頭嵌合位及び安静位のSNBの差)を説明変数とした重回帰方程式(重相関係数0.82)が算出された。4.△B (Y)"に関して、overietを説明変数とした、重回帰方程式(重相関係数0.39)が算出された。以上より、機能的前方位を伴う前歯部反対咬合の症例で、初診時における咬頭嵌合位及び安静位の側面頭部X線規格写真と今回得られた重回帰方程式を用いることにより、被蓋改善時における下顎位の前後的変化量の予測を行えることが示唆された。
  • 山方 秀一, 山本 隆昭, 飯田 順一郎, 小林 雅博 北海矯歯誌 29 (1) 11 -15 2001年 [査読無し][通常論文]
     
    可搬式保定床では床部破折がしばしば生じるが、それらのうち辺縁破折に関しては対応に苦慮することが少なくはない。今回、生体親和性に優れたガラスクロスを用いて床部全体を補強する方法を考案し、その補強効果に関する実験的検討を行った。実験には2×15×40mmの板状試験片を用い、補強形態の違いからレジン単体型(タイプ1)およびガラスクロス中立面配置型(タイプ2)、ガラスクロス表層配置型(タイプ3)の3種に区別した。なお、ガラスクロスにはシランカップリング処理を施した。3点曲げ試験から得られた各試料の機械的特性は以下のとおりであった。1.曲げ弾性率の平均値では、タイプ2はタイプ1の約1.3倍で、タイプ3はタイプ1の約1.4倍、タイプ2の約1.1倍であった。2.曲げ強さの平均値では、タイプ2はタイプ1の約1.4倍で、タイプ3はタイプ1の約1.7倍、タイプ2の約1.2倍であった。以上より、通法のふりかけ重合法を用いた簡便な複合材料化は、保定装置用常温重合レジンに十分に大きな補強効果を与える方法であると考えられる。
  • 山方 秀一, 山本 隆昭, 飯田 順一郎 北海矯歯誌 29 (1) 29 -36 2001年 [査読無し][通常論文]
     
    マルチブラケット装置を用いた歯科矯正治療を受けている日本人患者73名(平均年齢23.5±6.2歳、平均治療期間2.2±1.3年、男女比1 : 2.7、平均overbite 1.1±3.1 mm、平均overjet 1.5±5.2 mm)を対象として、同装置によって口唇もしくは頬粘膜に生じた損傷の実態を把握し、その要因を検討するためにアンケート調査を行った。アンケート調査の結果に基づいて、口腔粘膜損傷の既往に対する患者の認識と年齢および治療期間、性差、前歯部被蓋、ブラケット種との関連性を検討したところ、患者の認識に最も深く関与していた要素は性差であり、他の項目ではブラケット種にわずかな関連性が認められた以外は、いずれも影響度が低い要素であることが示唆された。また、患者は損傷の発生部位および種類を比較的明確に認識しており、歯列の前方部ほどすり傷ができ易く、後方部ほど刺し傷ができ易かったと認識していることがわかった。本研究の評価に用いた項目は、いずれも単独では口腔粘膜損傷の直接的な原因として特定できないことが明らかとなった。したがって、マルチブラケット装置による口腔粘膜損傷の発生は単因子性の事象ではなく、今回扱った因子あるいはその他の因子が複数で関与するものと考えられた。
  • 山本 隆昭, 梅田 和宏, 今井 徹, 飯田 順一郎 Orthodontic Waves 60 (5) 296 -301 2001年 [査読無し][通常論文]
     
    本研究では, 骨格性反対咬合者と健常者における日本語5母音の音響的特徴を明らかにするとともに, 調音点との関連性について検討した.被験者には, 外科的矯正治療の適応と診断された患者17名(男性5名, 女性12名, 平均年齢21.2歳)および, 健常者13名(男性8名, 女性5名, 平均年齢28.6歳)の計30名を用いた.また, 被験音には, 日本語5母音を用いた.音声分析には, 線形予測法(LPC)を用いて第1フォルマント(F1), 第2フォルマント(F2)の周波数を求めた.この結果と以前報告した舌運動の三次元計測の結果とを比較検討し, 以下のことがわかった.1) 男女ともに/u/におけるF2周波数は骨格性反対咬合者の方が有意(P<0.01)に高かった.しかし, その他のF1, F2周波数では有意差は認められなかった.2) 骨格性反対咬合者では狭母音(/i/, /u/)構音時に舌を後方に移動させず, 舌のより後方部で調音点を形成するという補償運動をしていることが示唆された.3) この補償は, /i/構音時には十分行われているが, /u/構音時においては正しい位置に調音点を形成するまで行われていなかった.
  • 佐藤 嘉晃, 山方 秀一, 岡本 亨, 山本 隆昭, 今井 徹, 飯田 順一郎, 上田 康夫, 奥田 耕一, 高道 理, 大畑 昇, 尾田 充孝, 山口 博雄, 戸塚 靖則, 井上 農夫男 日顎変形誌 11 (1) 21 -28 2001年 [査読無し][通常論文]
  • 一般集団の女性における側貌に関する好みについて
    佐藤 嘉晃, 三浦 美穂子, 三井 美雪, 大瀧 尚子, 山本 隆昭, 今井 徹, 飯田 順一郎 日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集 59回 253 -253 2000年10月
  • 顎変形症における上下顎基底骨幅径の不調和に関する1考察
    佐藤 嘉晃, 山方 秀一, 山本 隆昭, 今井 徹, 飯田 順一郎, 尾田 充孝, 山口 博雄, 戸塚 靖則, 井上 農夫男, 奥田 耕一 日本顎変形症学会雑誌 10 (2) 173 -173 2000年08月
  • Surgically assisted rapid palatal expansionを併用した顎変形症症例
    石井 教生, 佐藤 嘉晃, 山方 秀一, 山本 隆昭, 今井 徹, 飯田 順一郎, 尾田 充孝, 山田 博雄, 戸塚 靖則, 井上 農夫男 日本顎変形症学会雑誌 10 (2) 175 -175 2000年08月
  • 顎変形症患者における自己顔の認識について
    佐藤 嘉晃, 山本 隆昭, 今井 徹, 飯田 順一郎, 井上 農夫男 日本顎変形症学会雑誌 10 (2) 186 -186 2000年08月
  • 野寺 義典, 山本 隆昭, 山崎 篤, 古谷 忠典, 日下部 豊寿, 山方 秀一, 佐藤 嘉晃, 今井 徹, 飯田 順一郎 日本顎変形症学会雑誌 10 (2) 206 -206 2000年08月
  • Tohru Imai, Tohru Okamoto, Tomoo Kaneko, Kazuhiro Umeda, Takaaki Yamamoto, Shinji Nakamura European Journal of Orthodontics 22 (1) 61 -67 2000年 [査読無し][通常論文]
     
    Fifty-eight patients (mean age 18.4 years) who had received splint therapy for internal derangement of the temporomandibular joint (TMJ) were examined retrospectively to investigate the efficacy of occlusal reconstruction by orthodontic treatment. The subjects were divided into three groups: 18 patients (mean age 18.6 years) who underwent orthodontic treatment combined with the use of splints (ST group) 27 patients (mean age 18.2 years) who underwent orthodontic treatment without the use of splints (NST group) and 13 patients (mean age 17.9 years) who received only splint therapy for temporomandibular joint disorders (TMD control group). TMJ sound, pain on movement and restriction of mandibular movement were examined at the initial examination (T1), at the end of the splint therapy for TMD or beginning of orthodontic treatment (T2), at the end of orthodontic treatment (T3), and at recall or 1 year after orthodontic treatment (T4). The following results were found. (1) The percentage of patients with no joint sound at T2 was 20-30 per cent. The percentage of such patients in both the ST and NST groups increased to over 50 per cent at T3, but slightly decreased to 39-50 per cent at T4. There were no significant inter-group differences at any time point. (2) The number of patients who had no pain on movement at T2 was 60-80 per cent. The percentage of such patients in both the ST and NST groups increased to over 90 per cent at T3, but then slightly decreased to 80 per cent at T4. There were no significant inter-group differences at any time point. (3) None of the patients showed restriction of movement of the TMJ at T2 or T4. One patient in the ST group was found to have restriction at T3. There were no significant inter-group differences at any time point. (4) The most frequent type of malocclusion in both ST and NST groups was anterior open bite. These results suggest that TMD symptoms that have been eliminated by splint therapy are not likely to recur due to subsequent orthodontic treatment, but it cannot be concluded that orthodontic treatment itself had a positive effect on TMD symptoms. The results also indicate that there is a relationship between anterior open bite and TMD.
  • 山方 秀一, 山本 隆昭, 今井 徹, 飯田 順一郎 北海道矯正歯科学会雑誌 28 (1) 20 -26 2000年 [査読無し][通常論文]
     
    歯科矯正治療の目標のひとつである歯列正中と顔面正中との一致を達成するためには、顔面正中線の設定が重要となる。しかし、客観性に優れた設定方法はなく、矯正専門医と一般人との間における認識の差異についても不明である。したがって、可及的に確からしい顔面正中線を模索することは歯科矯正学的な意義が高いと考えられる。筆者らは、日常において主観で設定される顔面正中線を仮想顔面正中線と定義し、その設定機序の解明を試みている。本研究では、臨床経験年数が3年以上の矯正専門医34名を対象とし、正貌対称者2名の正貌写真内に各々の仮想顔面正中線を設定させる調査を行った。本研究の目的は、左右一対で存在する構造物および正中付近に単独で存在する構造物を対象として、仮想顔面正中線設定の仕組みを推定することである。なお、本研究は一般人に対して同様の調査を行うための事前調査として位置づけられたものである。今回の調査結果から、矯正専門医による平均的な仮想顔面正中線は、基準点として鼻翼最外側点の中点またはcupid bow最下点のどちらかを、あるいは鼻翼最外側点の中点およびcuoid bow最下点の両方を強く意識しながら、かつ正貌内に確からしい水平線を想定し、それに対してほぼ垂直となるように設定されることが示唆された。
  • 山方 秀一, 山本 隆昭, 今井 徹, 飯田 順一郎 北海道矯正歯科学会雑誌 28 (1) 2000年 [査読無し][通常論文]
  • 奥田 薫之, 山方 秀一, 飛塚 昌則, 山本 隆昭, 今井 徹, 飯田 順一郎 北海道矯正歯科学会雑誌 28 (1) 71 -72 2000年 [査読無し][通常論文]
  • 野寺 義典, 山本 隆昭, 松野 功, 飯田 順一郎 『北海道矯正歯科学会雑誌』 28 (1) 50 -56 2000年 [査読無し][通常論文]
  • 佐藤 嘉晃, 山方 秀一, 岡本 亨, 山本 隆昭, 今井 徹, 飯田 順一郎, 上田 康夫, 奥田 耕一, 高道 理, 大畑 昇, 尾田 充孝, 山口 博雄, 戸塚 靖則, 井上 農夫男 『 日本顎変形症学会雑誌 』 11 (1) 21 -28 2000年 [査読無し][通常論文]
  • 奥田 薫之, 山方 秀一, 山本 隆昭, 今井 徹, 飯田 順一郎 『北海道矯正歯科学会雑誌』 28 (1) 35 -41 2000年 [査読無し][通常論文]
     
    正貌規格写真撮影法の確立に残された課題のひとつとして、頭部の矢状面内での回転(pitching)に関する規格が挙げられる。本研究では、成人44名の正貌写真を用い、距離的計測の観点からFH平面が水平な場合と同等な像を得ることが可能なpitchingの許容範囲を検討した。計測にはFH平面を境界として上方20度から下方20度に至る2度ごとの写真を利用した。1.下顔面幅径は上方から撮影するほど小さく、0度との間に有意差が認められない撮影角度は上下2度のみであった。2.上顔面高径は上下12度以内の撮影角度であればO度との間に有意差が認められなかった。3.中および全顔面高径では、下方20度から0度付近までの変化率は小さかったが、0度付近から上方20度までは明らかな減少がみられた。下顔面高径は、下方20度から上方20度まで比例的に単調減少した。また、0度との間に有意差が認められない撮影角度は中顔面高径では上方4度から下方2度まで、下および全顔面高径では上方2度から下方4度までであった。4.上:中:下顔面高径比は、pitchingによってさまざまに変化した。上記の結果より、距離的計測の観点からFH平面が水平な場合と同等な像を得ることが可能なpitchingは上下2度の範囲であると判断できた。
  • 「名顔面正中線の視覚認知に関する解析」
    『北海道矯正歯科学会雑誌』 28 20 -26 2000年 [査読無し][通常論文]
  • 山方 秀一, 山本 隆昭, 今井 徹, 飯田 順一郎 『北海道矯正歯科学会雑誌』 28 (1) 15 -19 2000年 [査読無し][通常論文]
     
    日常において、人は主観的な軟組織顔面正中線を無意識のうちに想定しながら第三者の顔を眺めると推測されている。筆者らは、このような主観に頼って設定される顔面正中線を仮想顔面正中線と定義している。仮想顔面正中線設定の仕組みを解明するために、まず空間に対する人の視覚認知能を明らかにすることは意義あることと考えられる。本研究では、臨床経験年数が3年以上の矯正専門医34名を対象として任意の距離の2点間に中点を視覚認知させる調査を行い、中点を比較的正確に捕らえることが可能な空間の大きさを明らかにすることで、仮想顔面正中線設定への関与が推測される正貌内の領域を推定した。なお、本研究は一般人に対して同様の調査を行うための事前調査として位置づけられたものである。計測結果は真の中点に対する横方向への変位量(ΔX)および縦方向への変位量(ΔY)として求められ、それらから以下の所見を得た。1)3年以上の修練を経た矯正専門医は、中点に対する同等の視覚認知能を有していた。2)ΔXの変位量、分散のみに2点間の距離への依存性が認められた。3)60mm間隔までのΔXは、それ以上の間隔の場合に対して有意に小さかった。矯正専門医は、正貌内における左右一対で60mm間隔以内の構造に対し、比較的正確に中点を認知することが可能であるという知見は、今後の展望にとって興味深いものである。
  • 藤井 元太郎, 山本 隆昭, 山崎 毅, 古谷 忠典, 野寺 義典, 山方 秀一, 佐藤 嘉晃, 今井 徹, 中村 進治 日本顎変形症学会雑誌 9 (2) 90 -90 1999年08月
  • 佐藤 嘉晃, 山方 秀一, 山本 隆昭, 今井 徹, 山口 博雄, 戸塚 靖則, 井上 農夫男, 奥田 耕一, 高道 理, 大畑 昇 日本顎変形症学会雑誌 9 (2) 115 -116 1999年08月
  • 井上 則子, 今井 徹, 山本 隆昭, 中村 進治 顎機能誌 5 (2) 115 -124 1999年03月30日 [査読無し][通常論文]
     
    本研究の目的は顎関節症患者の噛みしめ負荷試験前後での安静時咬筋筋活動における筋電図学的変化を調べ, 顎関節症の治療前後, および健常者のそれと比較するることである.被験者は咬筋に筋症状を有する者のうち, 症状惻と習慣性咀嚼側(PCS)とが一致している顎関節症患者8名(以下, TMD群), および顎口腔系に異常を認めない正常咬合者8名(以下, 健常群)である.顎関節症患者の治療前後の咬筋の安静時筋活動を分析対象とし, 噛みしめ負荷試験前後の咬筋筋活動を多チャンネル筋電図計を用いて記録・分析し, 健常群と比較した.研究結果は以下の通りである.1.両側咬筋18部位のうち, 負荷試験前に比べ試験後に安静時筋活動が増加した者は健常群で4名, 9部位であった.TMD群の初診時では7名で18部位の全てに認められたのに対し, 症状改善時では4名, 7部位であった.両群での咬筋における左右差および部位による違いは認められなかった.2.安静時咬筋筋活動量の負荷試験前後の比較では, 健常群において負荷試験前5分時に比べPCSでは負荷試験後2分時から, 非習慣性咀嚼側(NPCS)では負荷試験後3分時から5%水準で有意な減少が認められた.TMD群の初診時では, 負荷市堅固5分時に比べ負荷試験後1分時にPCS, NPCSとも5%水準で有意な増加が認められ, その後は徐々に減少していたものの, 負荷試験後5分時においても負荷試験前のレベルまでは低下していなかった.TMD群の症状改善時では, 健常群と類似した経時変化を示していた.3.健常群とTMD群の初診時とでは負荷試験前の平均咬筋筋活動量に有意差はなかったが, 負荷試験後では健常群に比べTMD群の初診時の方が有意に高かった.健常群とTMD群の症状改善時とでは負荷試験前後とも有意差はなかった.4.TMD群の初診時と症状改善時との比較では, 負荷試験前のNPCSおよび負荷試験後のPCSとNPCSで症状改善時の平均咬筋筋活動量は有意に低かった.5.TMD群の噛みしめ負荷試験による安静時筋活動の亢進と筋症状の強さとの間には関連は認められなかった.以上より, 顎関節症患者では噛みしめ負荷を加えることによって安静時筋活動が亢進することが明らかとなった.さらに, 顎関節症患者の安静時筋活動量と症状側や習慣性咀嚼側との間に関連は少ないことが示唆された.
  • 大瀧 尚子, 山本 隆昭, 梶井 抄織, 佐藤 嘉晃, 藤井 元太郎, 千秋 宜之, 今井 徹 北海道矯正歯科学会雑誌 27 (1) 1999年 [査読無し][通常論文]
  • 大瀧 尚子, 山本 隆昭, 梶井 抄織, 佐藤 嘉晃, 藤井 元太郎, 今井 徹 北海矯歯誌 27 (1) 59 -67 1999年 [査読無し][通常論文]
     
    本研究の目的は、異なる9種類の側貌シルエットに対する大学生(北海道大学1年次学生95名)の好みや優しさなどの主観的評価を調べること、およびRickettsのE-lineを用いた側貌形態の計測と主観的評価との関連性を検討することであった。結果は以下の通りである。1.最も好まれた側貌シルエットは、「親しみやすい」、「かっこいい」、「賢い」、「美しい」、「見たい」、「鋭い」、「大人っぽい」で選ばれたシルエットと同じものであった。最も嫌われた側貌シルエットは、「かっこわるい」、「愚かしい」で選ばれたシルエットと同じものであった。2.最も好まれた側貌の上下口唇はともにE-lineより後方に位置していた。3.最も嫌われた側貌の上下口唇はともにE-lineより前方に位置していた。4.上下口唇間の距離はその差が小さいほど好まれるのに対して、大きいほど嫌われる側貌であった。
  • 佐藤 嘉晃, 山方 秀一, 山本 隆昭, 今井 徹, 中村 進治, 山口 博雄, 西方 聡, 戸塚 靖則, 井上 農夫男, 奥田 耕一 日本顎変形症学会雑誌 8 (2) 110 -111 1998年08月
  • 山方 秀一, 山崎 篤, 大瀧 尚子, 佐藤 嘉晃, 山本 隆昭, 今井 徹, 中村 進治 日本顎変形症学会雑誌 8 (2) 117 -117 1998年08月
  • 柳 禎子, 梅田 和宏, 山本 隆昭, 金子 知生, 井上 則子, 岡本 亨, 梶井 抄織, 藤井 元太郎, 堀井 豪, 今井 徹, 中村 進治 北海道矯正歯科学会雑誌 26 (1) 44 -45 1998年 [査読無し][通常論文]
  • 佐藤 嘉晃, 井上 則子, 大瀧 尚子, 梶井 抄織, 藤井 元太郎, 塚田 東香, 山本 隆昭, 今井 徹, 中村 進治 北海道矯正歯科学会雑誌 26 (1) 45 -46 1998年 [査読無し][通常論文]
  • 佐藤 嘉晃, 井上 則子, 大瀧 尚子, 梶井 抄織, 藤井 元太郎, 塚田 東香, 山本 隆昭, 今井 徹, 中村 進治 『北海道矯正歯科学会雑誌』 26 (1) 21 -30 1998年 [査読無し][通常論文]
     
    矯正治療にとって重要な個人の顔貌に対する意識を検討する事を目的として,まず18歳から24歳の女性で構成される一般集団20人を対象に,自分自身の顔面写真を用いてアンケート調査を行い以下の結果を得た。1.顔貌に対する不満が高かった項目は,全体印象では9項目中7項目と多く,横顔の項目で最も高かった。各部分の印象では,鼻,まぶた,ひたい,頬,歯,咬み合わせ(前歯),歯並びの順であった。2.顔貌に対する意識の高かった項目は,全体印象では正面顔,顔の各部のバランス,口の周りであった。各部分では,歯並び,歯,鼻,えらであった。また,全体印象の項目よりも各部分の項目で満足の程度が高かった。3.不満または満足と答えた項目を表現する自身の顔面写真の撮影方向は,不満で正面,満足で斜めの割合が高かった。しかし,ひたい,上口唇,下口唇ではどちらの場合も正面で高かった。横はほとんどなく,不満では鼻が,満足では耳と頬が比較的多かった。4.自分の特徴を示す写真の方向で選択されたものは,斜めが最多の75.0%であった。5.E-lineに対する上下口唇の前後的位置は,上口唇で後方0.6mm,下口唇で前方1.15mmであった。また,口唇部の位置を変化させた4種類の側貌シルエットから自身の側貌を選択させたところ,45.5%がこれを選択した。以上より,一般の女性は自身の顔貌を,方向性をもって認識し,3次元的に捉えていることが示唆された。しかし,日常の中で横顔を積極的に認識する者は少ないことがわかった。
  • 西山 公仁, 今井 徹, 上野 拓郎, 安藤 葉介, 岡本 亨, 佐藤 嘉晃, 山本 隆昭, 中村 進治 『日本矯正歯科学会雑誌』 57 (4) 247 -257 1998年 [査読無し][通常論文]
     
    本研究の目的は, 当科にて矯正治療単独または外科的矯正治療を行った骨格性反対咬合症例の中から前後的な上下顎関係が類似したものを研究対象とし, それらの形態的相違を明らかにすることである.研究対象は骨格性反対咬合者35症例で, 歯列矯正治療を行った16症例(矯正群)と外科的矯正治療を行った19症例(外科群)とした.両群のANB角の範囲は矯正群で2.32°&acd;-5.24°, 外科群で0.29°&acd;-8.36°であった.研究資料には初診時, 動的治療終了時と保定時の顔面規格写真, 歯列模型および側貌頭部X線規格写真を用いた.両群の形態的特徴の違いを比較検討するためt-検定と判別分析を行い, 以下の結果を得た.1) 初診時に両群間で有意差を認めた項目は上下口唇突出度, Overjet, 上下顎臼歯歯槽部幅径差, 咬合安定指数, 下顎前歯歯軸傾斜, SNB, Wits appraisal, 前下顔面高, symphysis形態であった.2) 動的治療終了時も有意差の残った項目は上下口唇突出度, 上下顎臼歯歯槽部幅径差, 前下顔面高, symphysis形態であった.3) 矯正群の治療による変化は下顎前歯の舌側傾斜, 上顎前歯の唇側傾斜, 下顎のclockwise rotationであったのに対して, 外科群では下顎骨の後退と下顎前歯の唇側傾斜であった.4) 保定時では外科群に下顎骨のわずかな後戻りがあったものの, 両群とも大きな変化は認められず安定していた.5) 判別分析の結果, 以下の判別式が得られ両群を明確に判別することができた.Y=-1.20X1-2.25X2-2.47X3+164.88X4+0.39X5-108.81 X1 : 上下顎臼歯歯槽部幅径差, X2 : Overjet, X3 : B'-B", X4 : ALFH/ATFH, X5 : L1-SNこれらのことより, 成人の骨格性反対咬合に対する治療法を選択する場合には, 複数の資料を用い多角的に評価することが重要であり, また抽出された5項目は治療法選択の目安として有効であることが示唆された.
  • 内田 禎子, 梅田 和宏, 山本 隆昭, 金子 知生, 井上 則子, 岡本 亨, 梶井 抄織, 藤井 元太郎, 堀井 豪, 今井 徹, 中村 進治 『北海道矯正歯科学会雑誌』 26 (1) 31 -38 1998年 [査読無し][通常論文]
     
    本研究の目的は,北海道大学歯学部附属病院矯正科に来院した患者を対象に,顎関節症状と行動因子・精神的因子との関連性について検討することである。調査対象は,1992年7月から1996年3月の間に来院した患者のうち,顎関節に関する初診時の顎機能診査表とアンケート調査表が揃った初診時年齢15歳以上の患者で、下記の3群のいずれかに属する208名(男性68名,女性140名,平均年齢23歳7ヵ月)とした。抽出条件は(1)NS群:顎関節症状の既往と現症がともに認められなかった群(59名),(2)SNT群:顎関節症状の既往と現症がともに認められ,矯正治療開始前に顎関節症に対する治療を行っていない群(98名),(3)ST群:矯正治療開始前に顎関節症に対する治療を行った群(51名)である。また,外科的咬合改善術を施行された者を除く164名に対して,1998年5月に追跡調査を行い,93名(NS群17名,SNT群47名,ST群29名)の回答を得た。その結果,以下の見解を得た。1.各群の年齢分布は,増齢的にNS群が減少していたのに対しSNT群では増加しており,ST群では差を認めなかった。2.矯正科初診時の顎関節症状の内訳は,3症状とも認められた者が最も多く,SNT群で48.0%,ST群で90.2%であった。3.追跡調査時の顎関節症状に対する自己評価は,SNT群,ST群とも矯正治療開始後に症状が「悪くなった」と意識していた者はほとんど認められなかった。また,SNT群では関節雑音が残存する割合が多かった。4.関連因子についてのアンケート結果から,行動因子に関する「大きい物,硬い物を咬めるか」「片側咀嚼」「歯ぎしり」「くいしばり」「頬づえ」「うつ伏せ寝」の6項目,精神的因子に関する「不安感,心配性」の項目の計7項目で顎関節症の発症との関連性が示唆された。
  • 金澤 成美, 山本 隆昭, 高田 賢二, 藤井 元太郎, 石橋 抄織, 佐藤 嘉晃, 原口 直子, 今井 徹, 中村 進治 『日本矯正歯科学会雑誌』 57 (2) 92 -102 1998年 [査読無し][通常論文]
     
    1981年4月から1996年3月までの15年間に北海道大学歯学部附属病院矯正科を来院した矯正患者を調査対象に, 経時的推移を調査し以下の結果を得た.1. 過去15年間の来院患者総数は4, 559名で, 1981年から1990年までは増加していたが, その後の患者数は減少していた.2. 性別では, 男性 : 女性が1 : 1.5と女性が多く, また年齢が高くなるに伴い女性が増加していた.3. 初診時年齢は経時的に年齢が高くなる傾向にあり, 成長期の患者が減少し, 永久歯列期の患者が増加していた.4. 来院動機では審美障害が最も多く, 次いで咀嚼障害であった.また, 顎関節症を主訴とする患者が近年は増加していた.5. 来院経路では, 自意が減少し, 院内他科や他の医療機関からの紹介が増加していた.6. 不正咬合の種類では, occlusal anomaliesが74.2%, space anomaliesが78.7%であった.前者では, 反対咬合が40.5%, 上顎前突が13.6%であったが, 経時的に反対咬合は減少していた.後者では前歯部叢生が62.8%と多く, 経時的に前歯部叢生が増加している傾向が認められた.7. 顎顔面領域の先天異常では, 口唇口蓋裂の占める割合が高かったが, 人数では経時的に減少していた.8. 外科的矯正治療患者の割合は全体の約16%を占め, 反対咬合症例が圧倒的に多かった.9. 顎関節症状を有する患者は増加する傾向にあり, 特に女性の占める割合が高かった.
  • 今井 徹, 山本 隆昭, 佐藤 嘉晃, 中村 進治, 井上 農夫男, 戸塚 靖則, 大畑 昇 日本顎変形症学会雑誌 = The Japanese journal of jaw deformities 7 (2) 147 -156 1997年10月31日 [査読無し][通常論文]
  • 藤井 元太郎, 佐藤 嘉晃, 原口 直子, 金澤 成美, 石橋 抄織, 室井 直代, 高田 賢二, 豊泉 裕, 山崎 篤, 山本 隆昭, 今井 徹, 中村 進治 北海道矯正歯科学会雑誌 25 (1) 1997年 [査読無し][通常論文]
  • 今井 徹, 山本 隆昭, 佐藤 嘉晃, 中村 進治, 井上 農夫男, 戸塚 靖則, 大畑 昇 『日本顎変形症学会雑誌』 7 (2) 147 -156 1997年 [査読無し][通常論文]
  • 藤井 元太郎, 佐藤 嘉晃, 原口 直子, 金澤 成美, 梶井 抄織, 山崎 篤, 柳 禎子, 山本 隆昭, 今井 徹, 中村 進治 『北海道矯正歯科学会雑誌』 25 (1) 69 -75 1997年 [査読無し][通常論文]
  • 尹 泳薫, 山本 隆昭, 今井 徹, 中村 進治 『日本顎口腔機能学会雑誌』 2 (2) 179 -187 1996年01月31日 [査読無し][通常論文]
     
    上顎骨や上顎歯列弓に様々な形態異常が認められる唇顎口蓋裂患者の咬合状態が, 咬筋筋活動量に与える影響を調べることを目的に研究を行った.被験者に小児および成人の正常咬合者と唇顎口蓋裂者の18名を用い, さらに唇顎口蓋裂者を上顎歯列弓に狭窄のある群(狭窄群)とない群(非狭窄群)に分けた.これら被験者に対し, 上下顎臼歯部の咬合接触状態を数値で表現するため新たに考案した咬合安定指数と, 9チャンネル筋電図分析システムによる咬筋筋活動量, およびそれらの非対称性指数を計測した.研究結果は以下のとおりであった.1.小児被験者の咬合安定指数と咬筋筋活動量では, 正常群と非狭窄群に比べ狭窄群が著しく低い値を示し, それらの左右側の対称性も低かった.2.咬合安定指数と咬筋筋活動量とには強い正相関(r=0.96)が認められた.3.小児唇顎口蓋裂者の狭窄群に咬合接触状態を安定させるためスプリントを10日間装着させた結果, 咬筋筋活動量は増加し, 左右咬筋の非対称性も著明に改善した.4.小児被験者と成人被験者との咬合安定指数と咬筋筋活動量を比較した結果, いずれの群でも成人の方が高い値を示していた.特に, 狭窄群は他の2群に比べて著しい増加を示しており, 矯正治療による咬合の安定性の改善が認められた.
  • 金澤 成美, 山本 隆昭, 高田 賢二, 豊泉 裕, 羽田 直代, 山崎 篤, 藤井 元太郎, 石橋 抄織, 佐藤 嘉晃, 原口 直子, 今井 徹, 中村 進治 北海道矯正歯科学会雑誌 24 (1) 1996年 [査読無し][通常論文]
  • 筒淵 徳蔵, 山本 隆昭, 梅田 和宏, 今井 徹, 中村 進治, 伊福部 達 医用電子と生体工学 : 日本ME学会雑誌 = Japanese journal of medical electronics and biological engineering : JJME 33 (2) 117 -124 1995年06月10日 [査読無し][通常論文]
  • 筒淵 徳蔵, 山本 隆昭, 梅田 和宏 BME 9 (6) 117 -124 1995年06月 
    1)標点とセンサに直径2.5mm,高さ2.0mm,重量60mgのチップコイルを使用する交流磁界型の下顎運動測定装置の開発を行った.本装置の計測部の総重量は1g程度であり,測定範囲は6×6×8(mm)で,補正後の測定誤差は平均62μm,標準偏差102μmであった. 2)下顎運動観測時の口腔内温度における出力値を,近似曲線を作成した温度における出力値に変換することで温度による影響を除去した. 3)12%金パラジウム合金と低融銀合金の影響は,金属とコイルの距離を2mm以上離すことによってなくすことができた. 4)下顎の運動に伴う1次,2次コイル間の傾きの計測値への影響は,本装置の測定範囲では最大5.9°の傾きにおいて約40μm認められた
  • 尹 泳薫, 山本 隆昭, 今井 徹, 中村 進治 北海道矯正歯科学会雑誌 23 (1) 1995年 [査読無し][通常論文]
  • 西山 公仁, 上野 拓郎, 山本 隆昭, 安藤 葉介, 友近 晃, 佐藤 嘉晃, 原口 直子, 徳田 佳世美, 小田 裕昭, 入江 幸保, 林田 薫, 岡本 亨, 金澤 成美, 日下部 豊寿, 坂本 美智代, 野寺 義典, 若尾 二郎, 今井 徹, 中村 進治 北海道矯正歯科学会雑誌 22 (1) 64 -65 1994年 [査読無し][通常論文]
  • 林田 薫, 岡本 亨, 金沢 成美, 土肥 和成, 遠藤 憲雄, 杉山 治, 西山 公仁, 村松 幸保, 稲積 実佳子, 金子 知生, 寿盛 真, 山本 隆昭, 今井 徹, 中村 進治 北海道矯正歯科学会雑誌 21 (1) 1 -13 1993年 [査読無し][通常論文]
  • 林田 薫, 岡本 亨, 金沢 成美, 土肥 和成, 遠藤 憲雄, 杉山 治, 西山 公仁, 村松 幸保, 稲積 実佳子, 金子 知生, 寿盛 真, 山本 隆昭, 今井 徹, 中村 進治 北海道矯正歯科学会雑誌 21 (1) 1993年 [査読無し][通常論文]
  • 渡邊 郁恵, 土田 隆彦, 遠藤 憲雄, 西山 公仁, 村松 幸保, 杉山 治, 林田 薫, 稲積 実佳子, 金子 知生, 塚田 隆一, 大野 ふじ恵, 寿盛 真, 原口 直子, 山本 隆昭, 松野 功, 今井 徹, 中村 進治 北海道矯正歯科学会雑誌 20 (1) 75 -76 1992年12月01日 [査読無し][通常論文]
  • 筒淵 徳蔵, 山本 隆昭, 梅田 和宏, 今井 徹, 中村 進治, 伊福部 達 下顎運動機能とEMG論文集 11 71 -78 1992年 [査読無し][通常論文]
  • 渡邊 郁恵, 土田 隆彦, 遠藤 憲雄, 西山 公仁, 村松 幸保, 杉山 治, 林田 薫, 稲積 実佳子, 金子 知生, 塚田 隆一, 大野 ふじ恵, 寿盛 真, 原口 直子, 山本 隆昭, 松野 功, 今井 徹, 中村 進治 北海道矯正歯科学会雑誌 20 (1) 1 -6 1992年 [査読無し][通常論文]
  • 山本 隆昭, 今井 徹, 中村 進治, 伊福部 達 日本音響学会誌 47 (9) p626 -631 1991年09月 [査読無し][通常論文]
     
    上下顎関係に著しい不調和の認められる骨格性反対咬合者では、摩擦音や破裂音などに発音障害が認められる。しかし、その音響学的特徴は明らかにされておらず、聴覚印象との関連性についても明確にされていない。本研究では、骨格性反対咬合者の発音した無声摩擦音/s/を外科手術前後について音声分析し、その音響学的特徴を把握した。更に、声道モデルにより生成した合成音を用いて、その音響学的特徴の成因について考察した。その結果、手術前の発声音は、健常者に比べ高周波数領域の音圧レベルが相対的に小さく、手術後は増加することが分かった。また、聴取実験から求めた発声音の自然性と、高周波領域に対する低周波領域の音圧レベル比との間に強い相関が認められた。更に、模擬実験から無声摩擦音/s/の音響学的特徴の成因として、音源場所におけるせばめの面積及びその弾性度の大きさが反映していることが分かった。
  • 骨格性反対咬合者の治療前後における摩擦音の音響学的変化について(第3報)
    山本 隆昭 日本矯正歯科学会雑誌 49 (6) 587 -587 1990年12月
  • 梅田 和宏, 高橋 直行, 大野 ふじ恵, 喜多 宏明, 望月 俊男, 渡辺 郁恵, 井上 則子, 寿盛 真, 山本 隆昭, 篠田 充巨, 土佐 博之, 今井 徹, 中村 進治 北海道矯正歯科学会雑誌 18 (1) 25 -34 1990年 [査読無し][通常論文]
  • 梅田 和宏, 高橋 直行, 大野 ふじ恵, 喜多 宏明, 望月 俊男, 渡辺 郁恵, 井上 則子, 寿盛 真, 山本 隆昭, 篠田 充巨, 土佐 博之, 今井 徹, 中村 進治 北海道矯正歯科学会雑誌 18 (1) 1990年 [査読無し][通常論文]
  • 骨格性反対咬合者の治療前後における摩擦音の音響学的変化について(第2報)
    山本 隆昭 日本矯正歯科学会雑誌 48 (6) 656 -657 1989年12月
  • 骨格性反対咬合者の治療前後における摩擦音の音響学的変化について(第1報)
    山本 隆昭 日本矯正歯科学会雑誌 48 (1) 138 -138 1989年02月
  • 骨格性反対咬合者における摩擦子音の模擬実験に基づく解析
    山本 隆昭, 今井 徹, 中村 進治 日本音響学会研究発表会講演論文集 昭和63年度秋季 (1) 319 -320 1988年10月
  • 前田 直子, 山本 隆昭, 横田 順子, 大山 妻喜, 山田 靖博, 茶谷 仁史, 石川 博之, 今井 徹, 武内 豊 北海道矯正歯科学会雑誌 14 (1) 45 -57 1986年 [査読無し][通常論文]
  • 前田 直子, 山本 隆昭, 横田 順子, 大山 妻喜, 山田 靖博, 茶谷 仁史, 石川 博之, 今井 徹, 武内 豊 北海道矯正歯科学会雑誌 14 (1) 1986年 [査読無し][通常論文]

共同研究・競争的資金等の研究課題

  • 骨格性不正咬合者の発音障害に関する研究
  • reserch for speech disorder of skeletal malocclusion

教育活動情報

主要な担当授業

  • 歯科矯正学基礎実習Ⅰ
    開講年度 : 2020年
    課程区分 : 学士課程
    開講学部 : 歯学部
  • 口腔顎顔面発達学
    開講年度 : 2020年
    課程区分 : 博士後期課程
    開講学部 : 歯学研究科
    キーワード : 顎変形症,不正咬合,外科的矯正治療
  • 歯科矯正学基礎実習Ⅱ
    開講年度 : 2020年
    課程区分 : 学士課程
    開講学部 : 歯学部
  • 口腔顎顔面発達学
    開講年度 : 2020年
    課程区分 : 博士後期課程
    開講学部 : 歯学院
    キーワード : 顎変形症,不正咬合,外科的矯正治療
  • 歯科矯正学
    開講年度 : 2020年
    課程区分 : 博士後期課程
    開講学部 : 歯学研究科
    キーワード : 矯正治療,顎整形力,生体反応
  • 歯科矯正学
    開講年度 : 2020年
    課程区分 : 博士後期課程
    開講学部 : 歯学院
    キーワード : 矯正治療,顎整形力,生体反応
  • 口腔機能学実習Ⅰ
    開講年度 : 2020年
    課程区分 : 博士後期課程
    開講学部 : 歯学研究科
    キーワード : 歯科矯正治療,症例分析法,診断法、治療方針,治療計画,矯正装置 不正咬合,唇顎口蓋裂,顎変形症, 先天異常を有する不正咬合患者
  • 口腔機能学実習Ⅰ
    開講年度 : 2020年
    課程区分 : 博士後期課程
    開講学部 : 歯学院
    キーワード : 歯科矯正治療,症例分析法,診断法、治療方針,治療計画,矯正装置 不正咬合,唇顎口蓋裂,顎変形症, 先天異常を有する不正咬合患者
  • 口腔機能学実習Ⅱ
    開講年度 : 2020年
    課程区分 : 博士後期課程
    開講学部 : 歯学研究科
    キーワード : 歯科矯正治療,症例分析法,診断法、治療方針,治療計画,矯正装置 不正咬合,唇顎口蓋裂,顎変形症, 先天異常を有する不正咬合患者
  • 口腔機能学実習Ⅱ
    開講年度 : 2020年
    課程区分 : 博士後期課程
    開講学部 : 歯学院
    キーワード : 歯科矯正治療,症例分析法,診断法、治療方針,治療計画,矯正装置 不正咬合,唇顎口蓋裂,顎変形症, 先天異常を有する不正咬合患者
  • 口腔機能学実習Ⅲ
    開講年度 : 2020年
    課程区分 : 博士後期課程
    開講学部 : 歯学研究科
    キーワード : 歯科矯正治療,症例分析法,診断法、治療方針,治療計画,矯正装置 不正咬合,唇顎口蓋裂,顎変形症, 先天異常を有する不正咬合患者
  • 口腔機能学実習Ⅲ
    開講年度 : 2020年
    課程区分 : 博士後期課程
    開講学部 : 歯学院
    キーワード : 歯科矯正治療,症例分析法,診断法、治療方針,治療計画,矯正装置 不正咬合,唇顎口蓋裂,顎変形症, 先天異常を有する不正咬合患者
  • 口腔機能学実習Ⅳ
    開講年度 : 2020年
    課程区分 : 博士後期課程
    開講学部 : 歯学研究科
    キーワード : 歯科矯正治療,症例分析法,診断法、治療方針,治療計画,矯正装置 不正咬合,唇顎口蓋裂,顎変形症, 先天異常を有する不正咬合患者
  • 口腔機能学実習Ⅳ
    開講年度 : 2020年
    課程区分 : 博士後期課程
    開講学部 : 歯学院
    キーワード : 歯科矯正治療,症例分析法,診断法、治療方針,治療計画,矯正装置 不正咬合,唇顎口蓋裂,顎変形症, 先天異常を有する不正咬合患者
  • 口腔機能学実習Ⅴ
    開講年度 : 2020年
    課程区分 : 博士後期課程
    開講学部 : 歯学研究科
    キーワード : 歯科矯正治療,症例分析法,診断法、治療方針,治療計画,矯正装置 不正咬合,唇顎口蓋裂,顎変形症, 先天異常を有する不正咬合患者
  • 口腔機能学実習Ⅴ
    開講年度 : 2020年
    課程区分 : 博士後期課程
    開講学部 : 歯学院
    キーワード : 歯科矯正治療,症例分析法,診断法、治療方針,治療計画,矯正装置 不正咬合,唇顎口蓋裂,顎変形症, 先天異常を有する不正咬合患者
  • 歯科矯正学Ⅰ
    開講年度 : 2020年
    課程区分 : 学士課程
    開講学部 : 歯学部
    キーワード : 成長発育 咬合 矯正力 症例分析法 矯正治療法 矯正装置 固定 保定
  • 歯科矯正学Ⅱ
    開講年度 : 2020年
    課程区分 : 学士課程
    開講学部 : 歯学部
    キーワード : 成長発育 咬合 矯正力 症例分析法 矯正治療法 矯正装置 固定 保定
  • 歯科矯正学基礎実習
    開講年度 : 2020年
    課程区分 : 学士課程
    開講学部 : 歯学部
    キーワード : 不正咬合,矯正装置, 舌側弧線装置, セファロ分析,模型分析,抜歯分析,矯正診断と治療計画
  • 歯科矯正学臨床実習Ⅰ
    開講年度 : 2020年
    課程区分 : 学士課程
    開講学部 : 歯学部
    キーワード : 不正咬合,症例分析,矯正治療
  • 歯科矯正学臨床実習Ⅱ
    開講年度 : 2020年
    課程区分 : 学士課程
    開講学部 : 歯学部
    キーワード : 不正咬合,セファロ分析,模型分析,抜歯分析,


Copyright © MEDIA FUSION Co.,Ltd. All rights reserved.