研究者データベース

齋藤 久光(サイトウ ヒサミツ)
経済学研究院 現代経済経営部門 経済分析分野
准教授

基本情報

所属

  • 経済学研究院 現代経済経営部門 経済分析分野

職名

  • 准教授

学位

  • Ph.D.(オレゴン州立大学)

ホームページURL

科研費研究者番号

  • 30540984

ORCID ID

Researcher ID

  • E-5761-2014

J-Global ID

研究分野

  • 人文・社会 / 経済政策
  • 人文・社会 / 経済政策
  • 人文・社会 / 食料農業経済

職歴

  • 2014年04月 - 現在 北海道大学 大学院経済学研究院 准教授
  • 2010年12月 - 2014年03月 九州大学 大学院農学研究院 助教
  • 2008年11月 - 2010年11月 帯広畜産大学 研究機関研究員

学歴

  • 2003年09月 - 2008年03月   オレゴン州立大学   農学部
  • 2000年04月 - 2003年03月   北海道大学   大学院農学研究科
  • 2001年08月 - 2002年07月   メキシコ国立自治大学
  • 1996年04月 - 2000年03月   北海道大学   農学部

所属学協会

  • Agricultural and Applied Economics Association   Canadian Economics Association   食農資源経済学会   北海道農業経済学会   日本農業経済学会   応用地域学会   

研究活動情報

論文

  • 渡邉大樹, 齋藤陽子, 齋藤久光, 玄浩一郎, 正岡哲治, 大澤良
    農業情報研究 30 2 24 - 34 2021年07月 [査読有り][通常論文]
  • Hisamitsu Saito, João Romão
    Tourism Management 69 180 - 188 2018年12月01日 [査読有り][通常論文]
     
    This study quantifies the impact of peak demand and seasonality on regional productivity in the Spanish accommodation sector. We then identify factors affecting seasonal fluctuations and their relative contributions to regional variations in seasonality. The results show that demand for accommodation in the peak season mainly determines productivity. Thus, improving a region's attractiveness as a tourist destination is most effective for tourism-based regional development. In addition, reducing seasonal variations has a non-negligible impact on productivity. A decomposition analysis reveals that providing climate-independent tourist attractions and attracting business travelers are effective in reducing seasonality.
  • Qianhui Gao, Shoichi Ito, Hisamitsu Saito
    Agricultural Economics – Czech 64 3 141 - 147 2018年 [査読有り][通常論文]
     
    The study analyses the influence of technical barriers to agricultural trade carried out by Japan on China’s fruit exports. In order to measure the tariff equivalents of technical barriers, the price wedge method is utilized. Based on the utility function specified in the study, the constructed model is adopted to evaluate the elasticity of substitution between the imported fruits and Japanese domestic fruits, and the consumers’ preference parameters for different kinds of fruits. Sample data are chosen from the beginning of 2002 to the end of 2015. Based on the estimated preference parameters and elasticity of substitution, the results show that Japanese consumers prefer domestic fruits to the imported fruits. Besides, the results reveal that although the substitution and preference parameters are higher for the improved quality of imported fruits in the context of the positive list system, the scales of tariff equivalents of technical barriers are larger than the regular custom tariffs, and the technical barriers would cause extra huge costs for the imported fruits. Especially, in the three consecutive years after the implementation of the positive list system, tariff equivalents of technical barriers almost reached 150%, and then gradually decreased in the following years.
  • 齋藤陽子, 渡邉大樹, 齋藤久光
    農業情報研究 26 115 - 125 2017年12月 [査読有り][通常論文]
  • Loan Utilization and Household Food Security in Rural Vietnam
    Huong Le, Hisamitsu Saito, Hiroshi Isoda, Shoichi Ito, Mitsuyasu Yabe
    Journal of Agricultural Economics and Development 6 33 - 43 2017年06月 [査読有り][通常論文]
  • João Romão, Hisamitsu Saito
    Asia-Pacific Journal of Regional Science 1 243 - 264 2017年04月 [査読有り][通常論文]
  • Qianhui Gao, Shoichi Ito, Kolawole Ogundari, Hisamitsu Saito
    SUSTAINABILITY 8 8 1 - 13 2016年08月 [査読有り][通常論文]
     
    The principal objective of this study is to analyze welfare effects of Japan's rice import quota focusing on the simultaneous buy and sell (SBS) of the rice importation minimum access (MA) policy. Based on the utility function specified in this study, the constructed model is adopted to measure consumption patterns through estimating elasticity of substitution between imported rice and Japan's domestic rice, and consumers' preference parameters for different kinds of rice. The results showed that Japanese households prefer domestic rice to the imported rice. Besides, three scenarios of adjusting rice quota volumes were carried out to examine the changes in consumer prices of imported rice and Japanese consumers' welfares. The results revealed that tariff equivalents of the SBS import quota almost doubled the scale of the mark-up, and the intervention by the Ministry of Agriculture of Japan did cause non-tariff barriers to trade (NTBs). Finally, if the SBS rice quota quantity was fixed at or larger than 180 thousand tons every fiscal year, the consumer prices of imported rice in Japan's market would decrease to be less than the prices of Japan's domestic rice, and therefore the imported rice would have more price advantages in this scenario.
  • Hisamitsu Saito, JunJie Wu
    JOURNAL OF REGIONAL SCIENCE 56 1 53 - 71 2016年01月 [査読有り][通常論文]
     
    Wide regional disparities exist in U.S. employment growth. To identify the causes of this disparities, we assess the relative contribution of locational characteristics to regional employment growth in the United States from 2001 to 2010 by estimating an employment growth model with the spatial-lag effect. Results show that, at the margin, congestion effects dominate localized scale externalities in urban counties. A diverse industrial structure and rich human capital are the main factors that contribute to regional disparities in employment growth. Significant spatial-lag effects indicate that spatial targeting and regional coordination are necessary to maximize the effectiveness of employment growth policies.
  • Hisamitsu Saito
    JOURNAL OF REGIONAL SCIENCE 55 4 540 - 559 2015年09月 [査読有り][通常論文]
     
    We examine the organization and location choice of heterogeneous firms in a two-region economy. When some high-productivity firms engage in multiplant production, a reduction in transport costs causes two changes in a small region: the closure of plants by high-productivity multiplant firms and the relocation of low-productivity single-plant firms to the region. In the presence of high-productivity multiplant firms, therefore, a decline in transport costs reinforces the spatial sorting of firms by productivity, enlarging the productivity gap between large and small regions. Conversely, reducing investment costs weakens the spatial sorting effects on regional productivity disparities.
  • Shuqin Yan, Kolawole Ogundari, Zhengwei Cao, Hiroshi Isoda, Shoichi Ito, Hisamitsu Saito
    Japanese Journal of Rural Economics 17 64 - 69 2015年03月 [査読有り][通常論文]
  • Thinh T. Nguyen, Hisamitsu Saito, Hiroshi Isoda, Shoichi Ito
    WORLD DEVELOPMENT 66 457 - 467 2015年02月 [査読有り][通常論文]
     
    In the early stages of economic development, the migration of unskilled workers contributes to labor-intensive manufacturing production. In middle-income countries, however, the migration of skilled workers becomes the more important factor in economic progress. Evaluating the skill content of migration patterns therefore is essential to understanding migration's economic implications. For this purpose, we investigate the determinants of skilled and unskilled migration decisions in Vietnam. Rural higher education is shown to promote knowledge-intensive production by encouraging skilled individuals to migrate to cities. In complementary fashion, commercial farm development helps alleviate urban overcrowding by encouraging unskilled individuals to remain at home. (C) 2014 Elsevier Ltd. All rights reserved.
  • Zhengwei Cao, Shoichi Ito, Hiroshi Isoda, Hisamitsu Saito
    Agricultural Marketing Journal of Japan 22 69 - 76 2014年03月 [査読有り][通常論文]
  • Jiarong Qian, Shoichi Ito, Yueying Mu, Hisamitsu Saito, Hiroshi Isoda
    Japanese Journal of Farm Management 51 67 - 72 2013年12月 [査読有り][通常論文]
  • Qianhui Gao, Shoichi Ito, Hiroshi Isoda, Hisamitsu Saito
    Japanese Journal of Farm Management 51 61 - 66 2013年12月 [査読有り][通常論文]
  • 徐金峰, 伊東正一, 磯田宏, 齋藤久光, 高千恵, 齋藤陽子
    農業経営研究 51 73 - 78 2013年12月 [査読有り][通常論文]
  • Hisamitsu Saito, Yoko Saito
    Agribusiness 29 2 147 - 161 2013年03月 [査読有り][通常論文]
     
    Consumers often favor locally over nonlocally produced foods in the belief they have higher quality and provide the quasipublic service of conserving local agriculture. The aim of the present study is to clarify these two motivations' relative contributions to product demand by considering consumer reference points, that is preferences for remaining at present consumption and price levels. A stated-preference method is applied to the Japanese demand for bread from local wheat. We find that Japanese consumers pay a significant premium for local wheat bread and that more than half the observed demand variation is explained by a product's quasipublic nature. In contrast, reference-point effects suggest that those who frequently buy local food have a negative willingness-to-pay for imported or nonlocal-domestic breads. Appealing to local food-buyers' preferences for a local source and for environmental quality thus appears to be the most effective way of promoting local wheat bread. [JEL classifications: Q13 D12 D03]. © 2012 Wiley Periodicals, Inc.
  • A Study on Dynamic Impacts of Chinese Exchange Rate on China's Vegetable Exports: A Case of Vegetable Exports to Japan
    Qianhui Gao, Shoichi Ito, Hiroshi Isoda, Hisamitsu Saito
    Journal of Rural Economics Special Issue 345 - 351 2012年12月 [査読有り][通常論文]
  • Ning-Ning Sun, Shoichi Ito, Hiroshi Isoda, Hisamitsu Saito, Andreas Neef, Bao-Hui Liang
    Japanese Journal of Farm Management 50 106 - 111 2012年09月 [査読有り][通常論文]
  • Jiarong Qian, Shoichi Ito, Hiroshi Isoda, Hisamitsu Saito
    Japanese Journal of Farm Management 50 118 - 123 2012年06月 [査読有り][通常論文]
  • Jiarong Qian, Shoichi Ito, Yueying Mu, Hiroshi Isoda, Hisamitsu Saito
    Journal of Rural Problems 48 31 - 34 2012年06月 [査読有り][通常論文]
  • Zhengwei Cao, Shoichi Ito, Hiroshi Isoda, Hisamitsu Saito
    Japanese Journal of Farm Management 50 124 - 129 2012年06月 [査読有り][通常論文]
  • Local Impacts of the 2007/2008 Food Price Crisis: Evidence from Rice Market Integration in Vietnam
    Kien Nguyen, Shoichi Ito, Hiroshi Isoda, Hisamitsu Saito
    Journal of Rural Economics Special Issue 298 - 305 2011年12月 [査読有り][通常論文]
  • Hisamitsu Saito, Munisamy Gopinath, JunJie Wu
    CANADIAN JOURNAL OF ECONOMICS-REVUE CANADIENNE D ECONOMIQUE 44 2 541 - 560 2011年05月 [査読有り][通常論文]
     
    P>In this study, we develop an economic model to examine agglomeration of heterogeneous firms following trade liberalization. In a closed economy, we show that high-productivity firms are more likely to agglomerate because they benefit more from agglomeration than their low-productivity counterparts. However, trade liberalization, especially with a high-productivity partner, favours partial agglomeration; that is, low-productivity firms relocate away from the region where high-productivity firms agglomerate. Consequently, the welfare gap between the domestic regions of an economy narrows following trade liberalization. The latter result suggests that trade liberalization promotes regional economic development.On developpe un modele economique pour examiner l'agglomeration de firmes heterogenes a la suite de la liberalisation du commerce. Dans une economie fermee, on montre que les firmes a haute productivite sont davantage susceptibles de s'agglomerer parce qu'elles tirent plus d'avantages de l'agglomeration que les firmes a basse productivite. Cependant, la liberalisation du commerce, en particulier avec un partenaire a haute productivite, favorise l'agglomeration partielle, i.e., que les firmes a basse productivite se relocalise hors de la region ou les firmes a haute productivite s'agglomerent. En consequence, l'ecart de bien-etre entre les regions domestiques d'une economie s'amenuise a la suite de la liberalisation du commerce. Ce dernier resultat suggere que la liberalisation du commerce favorise le developpement economique regional.
  • Hisamitsu Saito, Munisamy Gopinath
    JOURNAL OF REGIONAL SCIENCE 51 1 83 - 101 2011年02月 [査読有り][通常論文]
     
    Knowledge spillovers are an important source of economic growth. In this study, we identify a mechanism through which knowledge spillovers occur among plants in the Chilean manufacturing industry. A plant-level production function is estimated with the absorptive-capacity hypothesis, that is, employment of skilled workers is a key channel through which knowledge is transmitted across plants. Results show that a plant's productivity from spillovers increases with its skill intensity, which is measured by the share of skilled workers in total employment. We also find that plants in a region with a large knowledge stock increase their skill intensity to benefit more from spillovers. Our results suggest that an increase in regional knowledge stock is the most effective policy to improve a plant's productivity. However, policies that encourage a plant to employ high skill-intensive production also enhance its productivity.
  • Yoko Saito, Hisamitsu Saito, Takumi Kondo, Fumio Osanami
    RESEARCH POLICY 38 8 1365 - 1375 2009年10月 [査読有り][通常論文]
     
    The article presents a productivity analysis of Japanese wheat breeding research. We first estimate a hedonic function to determine the marginal implicit values of Japanese wheat characteristics and find that protein contributes substantially to millers' price offers to farmers. Induced innovation theory implies breeders thus should be responding to new protein-oriented price policies by developing high-protein wheat varieties. We test this hypothesis by estimating a distance function relating breeding resources - including what we call gene-recharge rates - to the yield and protein characteristics of discovered varieties. New varieties indeed have been protein-favoring and yield-disfavoring, suggesting government research programs have been market-oriented. (C) 2009 Elsevier B.V. All rights reserved.
  • 齋藤陽子, 齋藤久光, 仙北谷康
    農業情報研究 18 152 - 161 2009年10月 [査読有り][通常論文]
  • Hisamitsu Saito, Munisamy Gopinath
    JOURNAL OF ECONOMIC GEOGRAPHY 9 4 539 - 558 2009年07月 [査読有り][通常論文]
     
    In this study, we assess the relative contribution of plants self-selection and agglomeration economies to a regions productivity level. We focus on manufacturing plants by region in the Chilean food industry, which is not only a major source of employment and exports but also spatially dispersed. Our estimation of plant-level productivity corrects for possible simultaneity between productivity and conventional inputs and plants self-selection to locate in specific markets. Moreover, we account for three sources of externalities: localization, urbanization and demand-driven scale economies in our estimation. Then, a censored regression model relates regional productivity-distribution measures to agglomeration economies. We find that high-productivity (exporting) plants locate in a region where other plants in food industry agglomerate, industrial structure is diversified and market size is large. Our results suggest that plants self-selection outweighs the contribution of agglomeration economies in increasing a regions productivity level.
  • 齋藤陽子, 齋藤久光
    農業情報研究 18 52 - 59 2009年04月 [査読有り][通常論文]

書籍

  • Globalization and the Rural-Urban Divide
    Gopinath, Munisamy, Hanho Kim (担当:分担執筆範囲:The Dynamics of Plant Productivity and Regional Productivity Growth in Chile)
    Seoul National University Press 2009年12月 (ISBN: 9788952110718)

講演・口頭発表等

  • Foreign Direct Investment and Quality Upgrading in Indonesian Manufacturing  [通常講演]
    齋藤久光, 松浦寿幸
    日本国際経済学会第10回春季大会 2021年06月 口頭発表(一般)
  • Foreign Direct Investment and Labor Market Dynamics in a Developing Country: Evidence from Indonesian Plant-Level Data  [通常講演]
    松浦寿幸, 齋藤久光
    応用地域学会第 33 回研究発表大会 2019年11月 口頭発表(一般)
  • FDI and Labor Market Dynamics in a Developing Country: Evidence from Indonesian Plant-Level Data  [通常講演]
    Matsuura, Toshiyuki, Hisamitsu Saito
    2019 North American Meetings of the Regional Science Association International 2019年11月 口頭発表(一般)
  • FDI and Labor Market Dynamics in a Developing Country: Evidence from Indonesian Plant-Level Data  [通常講演]
    Matsuura, Toshiyuki, Hisamitsu Saito
    The 59th Congress of the European Regional Science Association 2019年08月 口頭発表(一般)
  • FDI and Labor Market Dynamics in a Developing Country: Evidence from Indonesian Plant-Level Data  [通常講演]
    松浦寿幸, 齋藤久光
    Theoretical Economics and Agriculture 2019年度春季研究会 2019年03月 口頭発表(一般)
  • ゲノム編集技術を利用した水産物の消費者受容  [通常講演]
    齋藤陽子, 渡邉大樹, 齋藤久光
    2018年度食農資源経済学会第12回大会 2018年09月 口頭発表(一般)
  • Agglomeration Economies, Productivity, and Quality Upgrading  [通常講演]
    Saito, Hisamitsu, Toshiyuki Matsuura
    The 15th Summer Institute of the Pacific Regional Science Conference Organization 2018年07月 口頭発表(一般)
  • 観光需要の季節変動と地域経済  [通常講演]
    齋藤久光, João Romão
    応用地域学会第31回研究発表大会 2017年11月 口頭発表(一般)
  • Agglomeration Economies, Productivity, and Quality Upgrading  [通常講演]
    Saito, Hisamitsu, Toshiyuki Matsuura
    The 57th Congress of the European Regional Science Association 2017年09月 口頭発表(一般)
  • Agglomeration Economies, Productivity, and Quality Upgrading  [通常講演]
    Saito, Hisamitsu, Toshiyuki Matsuura
    WEAI 13th International Conference 2017年01月 口頭発表(一般)
  • 集積の経済・生産性と品質改善  [通常講演]
    齋藤久光, 松浦寿幸
    応用地域学会第30回研究発表会 2016年11月 口頭発表(一般)
  • 新育種技術(NBT)により作出された農産物に対する消費者評価  [通常講演]
    齋藤陽子, 渡邉大樹, 齋藤久光
    2016年度食農資源経済学会第10回大会 2016年09月 口頭発表(一般)
  • Demand for a Transgenic Good with Nutritional, Medical, and Environmental Qualities  [通常講演]
    Saito, Yoko, Hideo Aizaki, Hisamitsu Saito, Takumi Kondo, Yasutaka Yamamoto
    2015 AAEA & WAEA Joint Annual Meeting 2015年07月 ポスター発表
  • 日系食品企業の企業特性と海外立地選択  [通常講演]
    齋藤久光
    2014年度食農資源経済学会第8回大会 2014年09月 口頭発表(一般)
  • 多国籍企業の参入が地域経済に与える影響 −インドネシアを事例に−  [通常講演]
    齋藤久光
    応用地域学会第27回研究発表大会 2013年12月 口頭発表(一般) 京都大学
  • 多国籍食品企業が地域経済に与える影響 −インドネシアを事例に−  [通常講演]
    齋藤久光
    2013年度食農資源経済学会第7回大会 2013年09月 口頭発表(一般) 別府大学
  • 企業の異質性と日系食品企業の海外立地選択  [通常講演]
    齋藤久光
    第125回北海道農業経済学会例会 2013年03月 口頭発表(一般) 北海道大学
  • 企業の異質性,海外直接投資と地域間経済格差  [通常講演]
    齋藤久光, Munisamy Gopinath
    応用地域学会第25回研究発表会 2011年12月 口頭発表(一般) 富山大学
  • なぜ消費者は地産地消をするのか −参照点効果と表明選好法による接近−  [通常講演]
    齋藤久光
    第120回北海道農業経済学会例会 2010年09月 口頭発表(一般) 北海道大学
  • Inter-Regional Spillovers and Urban-Rural Disparity in U.S. Employment Growth  [通常講演]
    Saito, Hisamitsu, Munisamy Gopinath, JunJie Wu
    The 50th European Congress of the Regional Science Association International 2010年08月 口頭発表(一般) J?nk?ping, Sweden
  • 地域間スピルオーバーと雇用増加率の農村都市間格差  [通常講演]
    齋藤久光
    Theoretical Economics and Agriculture 2010年度春季研究会 2010年03月 口頭発表(一般) 京都大学
  • 雇用増加率の農村都市間格差とその要因 −空間計量経済学的アプローチ−  [通常講演]
    齋藤久光
    2010年度日本農業経済学会大会 2010年03月 口頭発表(一般) 京都大学
  • アメリカにおける経済成長の地域間格差とその要因  [通常講演]
    齋藤久光
    応用地域学会第23回研究発表大会 2009年12月 口頭発表(一般) 山形大学
  • Knowledge Spillovers and Spatial Concentration of High Skill-Intensive Production: The Chilean Case  [通常講演]
    Saito, Hisamitsu, Munisamy Gopinath
    The 2009 Comparative Analysis of Enterprise (Micro) Data Conference 2009年10月 口頭発表(一般) Hitotsubashi University, Tokyo
  • 豚肉のエコフィード認証に対する消費者評価  [通常講演]
    齋藤陽子, 齋藤久光, 仙北谷康
    第117回北海道農業経済学会例会 2009年02月 口頭発表(一般) 北海道大学
  • 製造業における知識のスピルオーバーおよび技術吸収力が熟練労働集約的な生産活動の集積に与える影響  [通常講演]
    齋藤久光
    応用地域学会第22回研究発表大会 2008年11月 口頭発表(一般) 釧路公立大学
  • 国内産小麦の品質が入札価格に及ぼす影響  [通常講演]
    齋藤陽子, 齋藤久光
    平成20年度日本農業経営学会研究大会 2008年09月 口頭発表(一般) 鳥取大学
  • Spatial Concentration of Skilled Labor: the Chilean Case  [通常講演]
    Saito, Hisamitsu, Musamy Gopinath
    International Agricultural Trade Research Consortium, Winter Meeting 2008年01月 口頭発表(一般) Willard Intercontinental Hotel Washington, D.C.
  • 貿易自由化と生産性格差の集積に及ぼす影響  [通常講演]
    齋藤久光
    応用地域学会第21回研究発表会 2007年12月 口頭発表(一般) 鳥取県立県民文化会館
  • 食品産業の企業立地と地域経済 −新経済地理学からのアプローチ−  [通常講演]
    齋藤久光, Munisamy Gopinath
    2007年度日本農業経済学会大会 2007年03月 口頭発表(一般) 沖縄国際大学

その他活動・業績

  • Designing a Tourism Stimulus During the COVID-19 Pandemic in Japan
    Toshiyuki Matsuura, Hisamitsu Saito RIETI Discussion Paper Series 21-E-012 2021年02月 [査読無し]
  • Agglomeration Economies, Productivity, and Quality Upgrading
    Hisamitsu Saito, Toshiyuki Matsuura RIETI Discussion Paper Series 16-E-085 2016年08月 [査読無し][通常論文]
  • João Romão, Hisamitsu Saito CEFAGE-UE Working Paper 02 2016年 [査読無し][通常論文]
  • 徐金峰, 伊東正一, 磯田宏, 齋藤久光, 齋藤陽子 九州大学大学院農学研究院学芸雑誌 69 39 -45 2014年02月 [査読無し][通常論文]
  • Zhengwei Cao, Shoichi Ito, Hiroshi Isoda, Hisamitsu Saito Journal of the Faculty of Agriculture, Kyushu University 58 499 -507 2013年09月 [査読無し][通常論文]
  • Inter-Regional Spillovers and Urban-Rural Disparity in U.S. Employment Growth
    Hisamitsu Saito, Munisamy Gopinath, JunJie Wu ERSA conference papers ersa10p1129, European Regional Science Association 2010年08月 [査読無し][通常論文]
  • 地産地消とその動機 −品質か多面的機能の維持か−
    齋藤久光, 齋藤陽子 十勝型地産地消と地域密着型フードシステムの展開に関する研究』, 平成21年度帯広畜産大学・帯広信用金庫共同研究成果報告書(研究代表者:仙北谷康) 2010年03月 [査読無し][通常論文]
  • 学校給食からみた十勝型地産地消の特徴と課題
    齋藤陽子, 齋藤久光 十勝型地産地消と地域密着型フードシステムの展開に関する研究, 平成21年度帯広畜産大学・帯広信用金庫共同研究成果報告書(研究代表者:仙北谷康) 2010年03月 [査読無し][通常論文]
  • 齋藤陽子, 齋藤久光 エコフィード産業クラスターの形成と課題に関する研究, 平成20年度帯広畜産大学・帯広信用金庫共同研究成果報告書(研究代表者:仙北谷康) 2009年03月 [査読無し][通常論文]
  • Evaluation of Idaho-Eastern Oregon Onion Committee’s Promotion Program
    Munisamy Gopinath, Hisamitsu Saito Idaho-Eastern Oregon Onion Committee, Parma, ID and Agricultural Marketing Service, US Department of Agriculture, Washington DC 2007年01月 [査読無し][通常論文]
  • Evaluation of Hazelnut Marketing Board’s Promotion Program
    Munisamy Gopinath, Hisamitsu Saito Hazelnut Marketing Board, Portland, OR and Agricultural Marketing Service, US Department of Agriculture, Washington DC 2006年10月 [査読無し][通常論文]
  • 食品産業の技術構造と都市の規模に関する分析 −函館市と室蘭市を例として−
    齋藤久光, 近藤巧 フードシステムの構造変化に伴う新農業技術の普及に関する研究, 平成12年度科学研究費補助金基盤研究(C)2研究成果報告書(研究代表者:土井時久) 2001年03月 [査読無し][通常論文]

受賞

  • 2010年09月 北海道農業経済学会 奨励賞
     
    受賞者: 齋藤久光
  • 2005年03月 オレゴン州立大学 DeLoach Distinguished Graduate Fellowship
     
    受賞者: 齋藤久光

共同研究・競争的資金等の研究課題

  • 多国籍企業の参入が地場企業の製品品質に及ぼす影響
    日本学術振興会:科学研究費助成事業 基盤研究(C)
    研究期間 : 2018年04月 -2021年03月 
    代表者 : 齋藤 久光
     
    本研究では,多国籍企業の参入が受入国の地場企業の経営にどのような影響を及ぼすのか,地場企業の生産面に焦点を当て分析を行う.平成30年度は主に,統計データの整理と実証モデルの検討及び推定を行った. 多国籍企業の参入が受入国経済に及ぼす影響を見た既存研究は数多いが,そのほとんどが,技術のスピルオーバーに注目したものである.発展途上国は,多国籍企業からのスピルオーバーによってその技術力を高めることで,国の競争力強化を進めてきた.しかし,賃金上昇により労働集約的な生産の優位性が失われつつある中所得国では,高い付加価値が見込める高品質な財の生産へと移行することが喫緊の課題である. 財の品質を規定する要因の一つとして,生産における熟練労働の集約度があげられる.例えば,高品質な財を生産する多国籍企業から,地場企業が熟練労働を通して品質を高めるノウハウを吸収できるならば,彼らの生産する財の品質は向上する.しかしながら,多国籍企業の参入が地場企業の労働需要に与える影響について,熟練・未熟練労働に分けて分析した既存研究は見受けられない.そこで,多国籍企業の参入が地場企業の生産にどのような影響を与えているのか,労働需要に注目し,分析を行った. インドネシアの工業統計表個票データをもとに分析した結果,多国籍企業は地場企業に比べて熟練労働への需要が大きく,さらに,発展途上国では熟練労働の供給が非弾力的なこともあり,多国籍企業の参入は,熟練労働の賃金を大幅に引き上げる効果を持つことが分かった.そのため,地場企業は熟練労働を未熟練労働で置き換える傾向にあり,結果として,地場企業の熟練労働集約度は減少していた.したがって,熟練労働の安定的な供給が政策として求められる.
  • 日本学術振興会:科学研究費助成事業 若手研究(B)
    研究期間 : 2015年04月 -2018年03月 
    代表者 : 齋藤 久光
     
    発展途上国は,多国籍企業の参入が進むことで(i)非効率的な地場企業の淘汰や,(ii)スピルオーバーによる地場企業の競争力向上につながると期待し,直接投資の誘致を積極的に進めている.本研究では,インドネシアを事例に両者の効果を定量的に比較した結果,地域の生産性はスピルオーバーよりも,非効率的な地場企業の淘汰によって大きく改善することが確認された.したがって,直接投資の誘致による経済的便益の実現には,地場企業の参入・退出を促すことが有効である.
  • 農産物貿易自由化が環境に及ぼす影響の総合研究:農産物貿易交渉力の強化に向けて
    日本学術振興会:科学研究費助成事業 基盤研究(A)
    研究期間 : 2014年04月 -2018年03月 
    代表者 : 山本 康貴, 近藤 功庸, 齋藤 久光, 齋藤 陽子, 増田 清敬, 近藤 巧, 澤内 大輔, 合崎 英男
     
    日EU経済連携協定の発効など、農産物貿易の自由化圧力がより一層強まっている。農産物貿易の自由化は、輸出国と輸入国双方における農業の生産や経済面だけはなく、環境にも影響を及ぼす。環境への影響も、生物多様性喪失などの自然環境だけには留まらない。日本などの輸入国側では輸入拡大・生産縮小に伴う失業問題などの社会不安、さらには、米国などの輸出国側でも、輸出・生産の拡大に伴う不法移民労働の雇用拡大やこれに伴う低賃金や長時間労働の強制などの社会環境にも甚大な影響を及ぼす可能性は注目される。こうした農産物貿易自由化が、自然環境だけはなく社会環境にも及ぼす影響を総合的に実証分析し、日本の農産物貿易交渉力強化に資する基礎的知見を提供することが、本研究の目的である。本研究では、農産物貿易自由化が環境に及ぼす影響を、次の2つの座標から分析する。1つ目は、自然環境への影響と社会環境への影響という軸である。2つ目は、農業生産現場の実態等における影響というミクロ的視点と、このミクロ的視点を踏まえた国全体における影響等というマクロ的視点という軸である。これら2つを軸にし、本研究では、農産物貿易自由化が、輸入国だけではなく、輸出国にも自然環境のみならず社会環境にも影響を及ぼす可能性を、実証的に解明する。本年度は、農産物貿易が社会環境と自然環境へ及ぼす影響についての国民評価の解明を試みた。具体的には、農産物貿易自由化が社会環境と自然環境についての国民評価に関連する国内外の学術論文・文献を、電子ジャーナルデータベースなどを利用してサーベイし、学会参加なども通じて関連する最新の研究情報を入手した。社会環境と自然環境に対する消費者評価を、ウェブ調査のアンケートデータを用い、計量モデル分析で解明した。
  • 日本学術振興会:科学研究費助成事業 基盤研究(B)
    研究期間 : 2014年04月 -2018年03月 
    代表者 : 木村 福成, 清田 耕造, 松浦 寿幸, 大久保 敏弘, 早川 和伸, 伊藤 匡, 田中 清泰, 齋藤 久光
     
    本研究は、東アジアで形成されている国際的生産・流通ネットワークの形成メカニズムを解明し、その国内経済に対する詳細な影響を明らかにすることを目的とする。本研究では、国際的生産・流通ネットワークの中核をなす多国籍企業の国際的な生産拠点の再配置・生産工程移管の要因を解明するため、日系多国籍企業のデータを整備し、多国籍企業の海外立地要因や販売・調達パターンの変化の動向を分析した。また、多国籍企業の海外展開の拡大が、進出先の地場企業にどのような影響をもたらすのか、また、自国の当該企業の国内雇用にどのような影響を持つのかを分析した。
  • 日本学術振興会:科学研究費助成事業 若手研究(B)
    研究期間 : 2012年04月 -2015年03月 
    代表者 : 齋藤 久光
     
    本研究は,生産性の異なる日系食品企業の直接投資の目的と投資先地域の選定方法について明らかにし,直接投資が今後我が国のフードシステムや投資先経済に及ぼす影響を考察することを目的とする.分析の結果,生産性の高い地場企業ほど,農業の生産性向上や関税削減を通して農産物の価格低減に積極的に取り組む国々に参入する傾向にあり,今後はそうした国々からの食品輸入が増えると考えられる.一方,生産性の高い日系食品企業の現地市場への参入により,競合する地場の食品企業は市場からの撤退が促される.その結果,現地市場で操業する食品企業の生産性が平均的に高まり,現地の経済状態の改善につながると期待される.
  • 日本学術振興会:科学研究費助成事業 基盤研究(B)
    研究期間 : 2010年04月 -2014年03月 
    代表者 : 木村 福成, 松浦 寿幸, 大久保 敏弘, 早川 和伸, 町北 朋洋, 田中 清泰, 安藤 光代, 伊 藤匡, 斎藤 久光
     
    本研究は、東アジアにおける生産・流通ネットワークの形成メカニズムを明らかにすることを目的とする。東アジアでは、1990年代より、精緻な生産・流通ネットワークが形成されており、東アジア諸国の工業化・経済発展を牽引してきた。本研究では、企業・工場レベル、あるいは財レベルの精緻かつ、大規模なデータベースを構築し、 (a)広義の国家間貿易コストの低下、(b)国家間における賃金等、立地優位格差の存在、(c)多国籍企業の役割に注目して、東アジアにおける生産・流通ネットワークの形成のメカニズムを実証的に明らかにした。

教育活動情報

主要な担当授業

  • 論文
    開講年度 : 2020年
    課程区分 : 修士課程
    開講学部 : 経済学院
  • 都市経済学特論A
    開講年度 : 2020年
    課程区分 : 修士課程
    開講学部 : 経済学院
    キーワード : 都市経済,地域経済
  • 現代経済経営演習Ⅰ
    開講年度 : 2020年
    課程区分 : 修士課程
    開講学部 : 経済学院
  • 都市経済学特論B
    開講年度 : 2020年
    課程区分 : 修士課程
    開講学部 : 経済学院
    キーワード : Agglomeration economies, Location theory, Spatial economy, International trade, Foreign direct investment, Regional economic disparities
  • 現代経済経営演習Ⅱ
    開講年度 : 2020年
    課程区分 : 修士課程
    開講学部 : 経済学院
  • 国際交流Ⅱ
    開講年度 : 2020年
    課程区分 : 学士課程
    開講学部 : 国際本部
    キーワード : industry groups, industrial policy,business strategy, business system, Competitive advantage, resource-based view of the firm(RBVF), economic ethics, Economics of City
  • 現代経済経営演習
    開講年度 : 2020年
    課程区分 : 博士後期課程
    開講学部 : 経済学研究科
  • 英語演習
    開講年度 : 2020年
    課程区分 : 学士課程
    開講学部 : 全学教育
    キーワード : industry groups, industrial policy,business strategy, business system, Competitive advantage, resource-based view of the firm(RBVF), economic ethics, Economics of City
  • 現代経済経営演習
    開講年度 : 2020年
    課程区分 : 博士後期課程
    開講学部 : 経済学院
  • ミクロ経済学Ⅱ
    開講年度 : 2020年
    課程区分 : 学士課程
    開講学部 : 経済学部
    キーワード : Agglomeration economies, Location theory, Land and housing markets, International trade, Migration, Regional economic disparities
  • 卒業論文
    開講年度 : 2020年
    課程区分 : 学士課程
    開講学部 : 経済学部
  • 演習Ⅰ(2単位)
    開講年度 : 2020年
    課程区分 : 学士課程
    開講学部 : 経済学部
  • 演習Ⅱ(2単位)
    開講年度 : 2020年
    課程区分 : 学士課程
    開講学部 : 経済学部
  • 演習Ⅱ(2単位)
    開講年度 : 2020年
    課程区分 : 学士課程
    開講学部 : 経済学部
  • 演習Ⅳ(2単位)
    開講年度 : 2020年
    課程区分 : 学士課程
    開講学部 : 経済学部
  • 演習Ⅲ(2単位)
    開講年度 : 2020年
    課程区分 : 学士課程
    開講学部 : 経済学部
  • 演習Ⅵ(2単位)
    開講年度 : 2020年
    課程区分 : 学士課程
    開講学部 : 経済学部
  • 演習Ⅳ(2単位)
    開講年度 : 2020年
    課程区分 : 学士課程
    開講学部 : 経済学部
  • 演習Ⅷ(2単位)
    開講年度 : 2020年
    課程区分 : 学士課程
    開講学部 : 経済学部
  • 演習Ⅴ(2単位)
    開講年度 : 2020年
    課程区分 : 学士課程
    開講学部 : 経済学部
  • 演習Ⅵ(2単位)
    開講年度 : 2020年
    課程区分 : 学士課程
    開講学部 : 経済学部
  • 演習Ⅶ(2単位)
    開講年度 : 2020年
    課程区分 : 学士課程
    開講学部 : 経済学部
  • 演習Ⅷ(2単位)
    開講年度 : 2020年
    課程区分 : 学士課程
    開講学部 : 経済学部
  • 現代日本制度ⅠD
    開講年度 : 2020年
    課程区分 : 学士課程
    開講学部 : 現代日本学プログラム課程
    キーワード : Agglomeration economies, Location theory, Land and housing markets, International trade, Migration, Regional economic disparities
  • 都市経済学
    開講年度 : 2020年
    課程区分 : 専門職大学院
    開講学部 : 公共政策学教育部
    キーワード : 都市経済,地域経済

大学運営

委員歴

  • 2020年10月 - 現在   北海道経済学会   理事
  • 2020年04月 - 現在   北海道農業経済学会   編集委員
  • 2011年04月 - 2012年03月   食農資源経済学会   幹事

学術貢献活動

  • 学校給食からみた十勝型地産地消の特徴と課題
    期間 : 2009年
    役割 : 学術調査立案・実施
    種別 : 学術調査
  • 地産地消とその動機 -品質か多面的機能の維持か-
    期間 : 2009年
    役割 : 学術調査立案・実施
    種別 : 学術調査
  • エコフィード認証を受けた豚肉に対する消費者評価 -北海道の消費者を対象に-
    期間 : 2008年
    役割 : 学術調査立案・実施
    種別 : 学術調査


Copyright © MEDIA FUSION Co.,Ltd. All rights reserved.