舟山 恵美フナヤマ エミresearchmap個人ページ

更新日 : 2017/09/19

基本情報

プロフィール

所属部署名
医学研究院  
北海道大学病院
職名講師 
学位
医学博士(北海道大学)
メールアドレス
ホームページURLhttp://kaken.nii.ac.jp/d/r/10533630.ja.html
科研費研究者番号

研究キーワード

keloid, fibrocyte, myofibroblast, ケモカイン, fibroblast, 悪性黒色腫, 共培養, 免疫細胞, リンパ節, 癌転移, Myogenin, ケロイド, 悪性黒色種, ケロイド線維芽細胞, イメージング, リンパ行性転移, 神経端側縫合, リアルタイムPCR, 神経信号付加, 転移, ヒアルロン酸, 顔面神経不全麻痺, 皮膚癌, 再生医学, ドラッグデリバリーシステム

研究分野

外科系臨床医学 / 形成外科学
研究分野を全て表示する
研究分野閉じる
外科系臨床医学 / 形成外科学

職歴

2010年
-
2012年
北海道大学 医学(系)研究科(研究院)(助教)
職歴を全て表示する
職歴閉じる
2010年
-
2012年
北海道大学 医学(系)研究科(研究院)(助教)

研究活動

論文

Pathophysiological characteristics of melanoma in-transit metastasis in a lymphedema mouse model.
Oashi K, Furukawa H, Nishihara H, Ozaki M, Oyama A, Funayama E, Hayashi T, Kuge Y, Yamamoto Y
The Journal of investigative dermatology 133(2) 537-544 2013年02月
馬咬創による上口唇組織欠損の治療経験
前田拓, 木村中, 高橋紀久子, 一村公人, 舟山恵美
Skin Surg 22(1) 37 2013年01月
A new aspect of metastasis in cutaneous cancer: two cases of presacral squamous cell carcinoma with metastases to internal iliac nodes.
Oashi K, Hayashi T, Furukawa H, Tsutsumida A, Kimura C, Oyamatsu H, Oyama A, Funayama E, Saito A, Yamamoto Y
Annals of plastic surgery 70 79-81 2013年01月
Dominant lymph drainage in the upper extremity and upper trunk region: evaluation of lymph drainage in patients with skin melanomas.
Hayashi T, Furukawa H, Oyama A, Funayama E, Saito A, Yamamoto Y
International journal of clinical oncology 2012年12月
Minor-Form/Microform Cleft Lip Repair: The Importance of Identification and Utilization of Cupid Bow Peak on the Lateral Lip.
Oyama A, Funayama E, Furukawa H, Hayashi T, Saito A, Yamamoto Y
Annals of plastic surgery 2012年12月
A new model of acquired lymphedema in the mouse hind limb: a preliminary report.
Oashi K, Furukawa H, Oyama A, Funayama E, Hayashi T, Saito A, Yamamoto Y
Annals of plastic surgery 69 565-568 2012年11月
北海道がんセンター形成外科における皮膚悪性腫瘍症例の統計
齋藤亮, 皆川英彦, 齋藤典子, 舟山恵美, 野崎愛, 高橋依子, 加藤直子
Skin Cancer 27(2) 137-142 2012年10月
Vascularised fat flaps lose 44% of their weight 24 weeks after transplantation.
Oashi K, Furukawa H, Akita S, Nakashima M, Matsuda K, Oyama A, Funayama E, Hayashi T, Hirano A, Yamamoto Y
Journal of plastic, reconstructive & aesthetic surgery : JPRAS 65(10) 1403-1409 2012年10月
Dominant lymph drainage in the facial region: evaluation of lymph nodes of facial melanoma patients.
Hayashi T, Furukawa H, Oyama A, Funayama E, Saito A, Yamamoto Y
International journal of clinical oncology 17(4) 330-335 2012年08月
A new uniform protocol of combined corticosteroid injections and ointment application reduces recurrence rates after surgical keloid/hypertrophic scar excision.
Hayashi T, Furukawa H, Oyama A, Funayama E, Saito A, Murao N, Yamamoto Y
Dermatologic surgery : official publication for American Society for Dermatologic Surgery [et al.] 38(6) 893-897 2012年06月
論文を全て表示する
論文閉じる
Pathophysiological characteristics of melanoma in-transit metastasis in a lymphedema mouse model.
Oashi K, Furukawa H, Nishihara H, Ozaki M, Oyama A, Funayama E, Hayashi T, Kuge Y, Yamamoto Y
The Journal of investigative dermatology 133(2) 537-544 2013年02月
馬咬創による上口唇組織欠損の治療経験
前田拓, 木村中, 高橋紀久子, 一村公人, 舟山恵美
Skin Surg 22(1) 37 2013年01月
A new aspect of metastasis in cutaneous cancer: two cases of presacral squamous cell carcinoma with metastases to internal iliac nodes.
Oashi K, Hayashi T, Furukawa H, Tsutsumida A, Kimura C, Oyamatsu H, Oyama A, Funayama E, Saito A, Yamamoto Y
Annals of plastic surgery 70 79-81 2013年01月
Dominant lymph drainage in the upper extremity and upper trunk region: evaluation of lymph drainage in patients with skin melanomas.
Hayashi T, Furukawa H, Oyama A, Funayama E, Saito A, Yamamoto Y
International journal of clinical oncology 2012年12月
Minor-Form/Microform Cleft Lip Repair: The Importance of Identification and Utilization of Cupid Bow Peak on the Lateral Lip.
Oyama A, Funayama E, Furukawa H, Hayashi T, Saito A, Yamamoto Y
Annals of plastic surgery 2012年12月
A new model of acquired lymphedema in the mouse hind limb: a preliminary report.
Oashi K, Furukawa H, Oyama A, Funayama E, Hayashi T, Saito A, Yamamoto Y
Annals of plastic surgery 69 565-568 2012年11月
北海道がんセンター形成外科における皮膚悪性腫瘍症例の統計
齋藤亮, 皆川英彦, 齋藤典子, 舟山恵美, 野崎愛, 高橋依子, 加藤直子
Skin Cancer 27(2) 137-142 2012年10月
Vascularised fat flaps lose 44% of their weight 24 weeks after transplantation.
Oashi K, Furukawa H, Akita S, Nakashima M, Matsuda K, Oyama A, Funayama E, Hayashi T, Hirano A, Yamamoto Y
Journal of plastic, reconstructive & aesthetic surgery : JPRAS 65(10) 1403-1409 2012年10月
Dominant lymph drainage in the facial region: evaluation of lymph nodes of facial melanoma patients.
Hayashi T, Furukawa H, Oyama A, Funayama E, Saito A, Yamamoto Y
International journal of clinical oncology 17(4) 330-335 2012年08月
A new uniform protocol of combined corticosteroid injections and ointment application reduces recurrence rates after surgical keloid/hypertrophic scar excision.
Hayashi T, Furukawa H, Oyama A, Funayama E, Saito A, Murao N, Yamamoto Y
Dermatologic surgery : official publication for American Society for Dermatologic Surgery [et al.] 38(6) 893-897 2012年06月
Direction of innervation after interpositional nerve graft between facial and hypoglossal nerves in individuals with or without facial palsy: a rat model for treating incomplete facial palsy.
Shichinohe R, Furukawa H, Sekido M, Saito A, Hayashi T, Funayama E, Oyama A, Yamamoto Y
Journal of plastic, reconstructive & aesthetic surgery : JPRAS 65(6) 763-770 2012年06月
Sentinel lymph node biopsy using real-time fluorescence navigation with indocyanine green in cutaneous head and neck/lip mucosa melanomas.
Hayashi T, Furukawa H, Oyama A, Funayama E, Saito A, Yamao T, Yamamoto Y
Head & neck 34 758-761 2012年05月
Reconstruction of periorbital defects following malignant tumour excision: a report of 50 cases.
Saito A, Saito N, Furukawa H, Hayashi T, Oyama A, Funayama E, Minakawa H, Yamamoto Y
Journal of plastic, reconstructive & aesthetic surgery : JPRAS 65(5) 665-670 2012年05月
口蓋形成術術式の違いによる言語成績の検討~片側唇顎口蓋裂4歳時の評価
舟山恵美, 小山明彦, 西澤典子, 三古谷忠, 今井智子, 三上愛, 佐々木了
日本口蓋裂学会雑誌 37(2) 133 2012年04月
片側唇顎口蓋裂に対する一期手術:全15例の短期経過
小山明彦, 岡本亨, 舟山恵美, 佐藤嘉晃, 西澤典子, 今井智子, 山本有平
日本口蓋裂学会雑誌 37(2) 111 2012年04月
北海道大学病院における口唇・口蓋裂チーム医療:歴史と現況
小山明彦, 舟山恵美, 佐藤嘉晃, 上田康夫, 三古谷忠, 西澤典子, 今井智子, 岡本亨, 山本有平
日本口蓋裂学会雑誌 37(2) 75 2012年04月
壊死性筋膜炎の評価 : LRINEC score および予測死亡率評価ツールを用いて
前田 拓, 舟山 恵美, 山本 有平
日形会誌 : 日本形成外科学会会誌 = Journal of Japan Society of Plastic and Reconstructive Surgery 32(2) 63-68 2012年02月
壊死性筋膜炎の評価~LRINEC scoreおよび予測死亡率評価ツールを用いて~
前田拓, 舟山恵美, 山本有平
日本形成外科学会会誌 32(2) 63-68 2012年02月
Effectiveness of muscle coverage to manage osteomyelitis of very late onset in the irradiated chest wall.
Funayama E, Minakawa H, Otani H, Oyama A, Furukawa H, Hayashi T, Saito N, Saito A, Yamamoto Y
Surgery today 42 306-311 2012年02月
片側唇裂口蓋裂における口蓋形成術術式の違いによる4歳時言語成績の検討
舟山恵美, 小山明彦, 西澤典子, 三古谷忠, 今井智子, 三上愛, 佐々木了, 山本有平
日本形成外科学会総会・学術集会プログラム・抄録集 55th 174 2012年
当科における片側唇顎口蓋裂一期手術全症例の検証
小山明彦, 岡本亨, 舟山恵美, 西澤典子, 今井智子, 佐藤嘉晃, 山本有平
日本頭蓋顎顔面外科学会学術集会プログラム・抄録集 30th 22 2012年
遊離腓骨弁と大胸筋皮弁を併用した下顎骨の一期的再建治療
林利彦, 古川洋志, 皆川知広, 小山明彦, 舟山恵美, 山本有平
日本形成外科学会総会・学術集会プログラム・抄録集 55th 205 2012年
片側性唇顎口蓋裂に対する一期手術:全13例の短期経過
小山明彦, 岡本亨, 舟山恵美, 西澤典子, 今井智子, 佐藤嘉晃, 山本有平
日本形成外科学会総会・学術集会プログラム・抄録集 55th 176 2012年
馬咬創による上口唇組織欠損の治療経験
前田拓, 木村中, 高橋紀久子, 一村公人, 舟山恵美
道南医学会大会並びに総会プログラム・抄録集 65th 63 2012年
頭蓋骨縫合早期癒合症に対するMarchac frontal modelを用いた頭蓋形成
小山明彦, 黒田敏, 舟山恵美, 古川洋志, 林利彦, 皆川知広, 山本有平
日本形成外科学会総会・学術集会プログラム・抄録集 55th 233 2012年
吸収性体内固定用メッシュを用いた眼窩床骨折の治療経験
村尾尚規, 小山明彦, 吉田哲也, 高橋周子, 舟山恵美, 林利彦, 古川洋志, 山本有平
日本形成外科学会総会・学術集会プログラム・抄録集 55th 302 2012年
生体吸収性プレートによる眼窩底骨折の治療:適応と合併症の検討
村尾尚規, 小山明彦, 吉田哲也, 高橋周子, 林利彦, 舟山恵美, 古川洋志, 山本有平
日本頭蓋顎顔面外科学会学術集会プログラム・抄録集 30th 44 2012年
骨性再建を施行した下顎骨放射線性骨髄炎の治療―皮弁選択の工夫について―
林利彦, 関堂充, 古川洋志, 小山明彦, 舟山恵美, 山本有平
日本頭蓋顎顔面外科学会学術集会プログラム・抄録集 30th 11 2012年
上肢/体幹悪性黒色腫における原発部位別のリンパ流の検討
林利彦, 古川洋志, 大芦孝平, 小山明彦, 舟山恵美, 川嶋邦裕, 吉田哲憲, 山本有平
日本形成外科学会総会・学術集会プログラム・抄録集 55th 269 2012年
ケロイド切除後の後療法としてのステロイド強化療法と電子線照射の適応についての検討
池田正起, 林利彦, 村尾尚規, 舟山恵美, 小山明彦, 山本有平
日本形成外科学会総会・学術集会プログラム・抄録集 55th 180 2012年
常染色体22q11.2欠失症候群の治療経験
村尾尚規, 小山明彦, 舟山恵美, 林利彦, 古川洋志, 山本有平, 西澤典子, 福田諭
日本形成外科学会総会・学術集会プログラム・抄録集 55th 325 2012年
Van der Woude症候群の治療経験
山尾健, 小山明彦, 舟山恵美, 山本有平
日本形成外科学会総会・学術集会プログラム・抄録集 55th 323 2012年
Hemifacial Microsomiaにおける鼻咽腔閉鎖機能不全~関連因子の解析
舟山恵美, 井川浩晴, 西澤典子, 小山明彦, 山本有平
日本形成外科学会会誌 31(11) 735-740 2011年11月
Hemifacial Microsomia における鼻咽腔閉鎖機能不全-関連因子の解析
舟山 恵美, 井川 浩晴, 西澤 典子, 小山 明彦, 山本 有平
日形会誌 : 日本形成外科学会会誌 = Journal of Japan Society of Plastic and Reconstructive Surgery 31(11) 735-740 2011年11月
口蓋裂治療アップデート
小山明彦, 舟山恵美, 西澤典子, 今井智子, 佐藤嘉晃, 岡本亨, 山本有平
耳鼻咽喉科展望 54(5) 279-286 2011年10月
Intraoperative color Doppler sonography in the elevation of anterolateral thigh flap.
Saito A, Furukawa H, Hayashi T, Oyama A, Funayama E, Yamamoto Y
Microsurgery 31 582-583 2011年10月
Tリンパ球とケロイド線維芽細胞の相互作用についての検証
村尾尚規, 林利彦, 齋藤亮, 舟山恵美, 小山明彦, 古川洋志, 山本有平
日本形成外科学会会誌 31(9) 667 2011年09月
北海道大学形成外科における「整容・美容外科」の現状~大学病院の果たす役割
舟山恵美, 山本有平, 古川洋志, 小山明彦, 林利彦
日本形成外科学会会誌 31(9) 667 2011年09月
北海道大学における整容・美容外科診療~大学病院の果たす役割
舟山恵美, 山本有平, 小山明彦, 古川洋志, 林利彦
日本形成外科学会会誌 31(9) 619-627 2011年09月
北海道大学における整容・美容外科診療-大学病院の果たす役割
舟山 恵美, 山本 有平, 小山 明彦, 古川 洋志, 林 利彦
日形会誌 : 日本形成外科学会会誌 = Journal of Japan Society of Plastic and Reconstructive Surgery 31(9) 619-627 2011年09月
Preliminary report of preoperative assessment of anterolateral thigh flap perforators using real-time virtual sonography system.
Saito A, Furukawa H, Hayashi T, Oyama A, Funayama E, Yamamoto Y
Microsurgery 31 499-501 2011年09月
小耳症治療:われわれの考える写実性を高めるためのポイント
小山明彦, 古川洋志, 舟山恵美, 林利彦, 大澤昌之, 山本右平
日本形成外科学会会誌 31(7) 501 2011年07月
Raw surfaceを伴わない片側唇顎口蓋裂一期手術:われわれの短期成績
小山明彦, 舟山恵美, 古川洋志, 林利彦, 山本有平, 岡本亨, 佐藤嘉晃, 佐々木了
日本形成外科学会会誌 31(7) 501 2011年07月
重症広範囲熱傷に対する自家培養表皮(ジェイス)の使用経験
山尾健, 齋藤亮, 林利彦, 舟山恵美, 山本有平, 早川峰司
熱傷 37(2) 115 2011年06月
Ethanol sclerotherapy with 'injection and aspiration technique' for giant lymphatic malformation in adult cases.
Furukawa H, Sasaki S, Oyama A, Hayashi T, Funayama E, Saito N, Yamamoto Y
Journal of plastic, reconstructive & aesthetic surgery : JPRAS 64(6) 809-811 2011年06月
口蓋裂二次手術としてのFurlow法:鼻腔ファイバースコープ所見に基づく適応判断
小山明彦, 舟山恵美, 古川洋志, 林利彦, 山本有平, 西澤典子
日本形成外科学会会誌 31(5) 344 2011年05月
Microsurgical lymphaticovenous implantation targeting dermal lymphatic backflow using indocyanine green fluorescence lymphography in the treatment of postmastectomy lymphedema.
Furukawa H, Osawa M, Saito A, Hayashi T, Funayama E, Oyama A, Sekido M, Yamamoto Y
Plastic and reconstructive surgery 127(5) 1804-1811 2011年05月
片側唇顎裂に対する術前矯正と顎裂部歯肉骨膜形成の短期成績
小山明彦, 岡本亨, 舟山恵美, 佐藤嘉晃, 林利彦, 山本有平
日本口蓋裂学会雑誌 36(2) 62 2011年04月
小耳症―私の手術法―小耳症手術において自然な形態を得るための要点
小山明彦, 古川洋志, 舟山恵美, 林利彦, 齋藤亮, 山本有平
形成外科 54(3) 243-250 2011年03月
小耳症手術において自然な形態を得るための要点 (特集 小耳症--私の手術法)
小山 明彦, 古川 洋志, 舟山 恵美
形成外科 54(3) 243-250 2011年03月
How do the type and location of a vascular malformation influence growth in Klippel-Trénaunay syndrome?
Funayama E, Sasaki S, Oyama A, Furukawa H, Hayashi T, Yamamoto Y
Plastic and reconstructive surgery 127(1) 340-346 2011年01月
北海道大学における整容美容外科の現状~患者分析
舟山恵美, 山本有平, 古川洋志, 小山明彦, 林利彦, 齋藤亮
日本美容外科学会会報 32(4) 226 2010年12月
A new modified technique for removing epidermal cysts using a trepan in one stage with a smaller postoperative scar and no recurrence.
Funayama E, Oyama A, Furukawa H, Hayashi T, Sugino M, Yamamoto Y
Dermatologic surgery : official publication for American Society for Dermatologic Surgery [et al.] 36 2050-2052 2010年12月
縫合糸の特性に関する考察
村尾尚規, 林利彦, 舟山恵美, 小山明彦, 古川洋志, 山本有平
日本形成外科学会会誌 30(11) 649 2010年11月
当科におけるKlippel‐Trenaunay Syndromeにおける分析~血管奇形の種類・局在が肢成長に及ぼす影響~
舟山恵美, 古川洋志, 小山明彦, 林利彦, 山本有平, 佐々木了
日本形成外科学会会誌 30(11) 649-650 2010年11月
当科における壊死性筋膜炎7例の検討~LRINEC scoreと簡易(重症度)評価ツールを用いて
前田拓, 舟山恵美, 大芦孝平, 蕨雄大, 山本有平, 岩井里子
日本形成外科学会会誌 30(8) 445 2010年08月
骨露出を伴う重度褥瘡に持続陰圧洗浄療法を行い,早期改善を得た1例
蕨雄大, 杉野まり子, 林利彦, 舟山恵美, 小山明彦, 山本有平
日本形成外科学会会誌 30(8) 445 2010年08月
低蛋白血症が原因と推察された熱傷術後の創傷治癒遅延
蕨雄大, 大野健太郎, 池田正起, 大芦耕平, 七戸龍司, 林利彦, 舟山恵美, 山本有平
熱傷 36(2) 108-109 2010年06月
oculo‐auriculo‐vertebral spectrumにおける口蓋裂合併例の検討
村尾尚規, 小山明彦, 舟山恵美, 川嶋邦裕, 大澤昌之, 山本有平
日本口蓋裂学会雑誌 35(2) 134 2010年04月
片側唇顎口蓋裂に対する術前顎矯正と一期手術:われわれの短期成績
小山明彦, 佐々木了, 岡本亨, 佐藤嘉晃, 舟山恵美, 古川洋志, 林利彦, 山本有平
日本口蓋裂学会雑誌 35(2) 109 2010年04月
Binderoid cleft lip/palate―当院で経験した唇裂/口蓋裂の症例における検討―
村尾尚規, 小山明彦, 佐々木了, 大澤昌之, 舟山恵美, 山本有平
日本口蓋裂学会雑誌 35(2) 126 2010年04月
上眼瞼除皺術による老人性眼瞼下垂症の治療経験‐年齢による皮膚切除幅の検討‐
近藤雅嗣, 皆川英彦, 舟山恵美, 舟山恵美, 林利彦, 林利彦
形成外科 53(1) 73-78 2010年01月
上眼瞼除皺術による老人性眼瞼下垂症の治療経験--年齢による皮膚切除幅の検討
近藤 雅嗣, 皆川 英彦, 舟山 恵美
形成外科 53(1) 73-78 2010年01月
残存する生理的形態を生かした痕跡唇裂,不全唇裂に対する口唇形成術の工夫
小山明彦, 大澤昌之, 舟山恵美, 山本有平, 佐々木了
日本形成外科学会会誌 29(12) 788 2009年12月
当科における術前顎矯正:PNAMの短期成績と展望
小山明彦, 舟山恵美, 林利彦, 大澤昌之, 山本有平, 岡本亨, 佐藤嘉晃
日本形成外科学会会誌 29(12) 788 2009年12月
当院における筋肉内静脈奇形治療例の検討
石山誠一郎, 佐々木了, 舟山恵美
日本形成外科学会会誌 29(12) 789 2009年12月
Laminin-421 produced by lymphatic endothelial cells induces chemotaxis for human melanoma cells.
Saito N, Hamada J, Furukawa H, Tsutsumida A, Oyama A, Funayama E, Saito A, Tsuji T, Tada M, Moriuchi T, Yamamoto Y
Pigment cell & melanoma research 22(5) 601-610 2009年10月
ヒアルロン酸注入による乳房増大術の問題点:リカバリー手術の経験から
野平久仁彦, 新冨芳尚, 山本有平, 舟山恵美
日本美容外科学会会報 31(3) 172 2009年09月
当科におけるPNAM治療:その効果と展望
小山明彦, 佐々木了, 岡本亨, 佐藤嘉晃, 舟山恵美, 林利彦, 大澤昌之, 山本有平
日本口蓋裂学会雑誌 34(2) 90 2009年04月
仏国Necker病院Craniofacial Unitにおける頭蓋顔面外科の現状
小山明彦, 舟山恵美, 山本有平
日本形成外科学会会誌 29(3) 213 2009年03月
除皺術を応用した加齢性下眼瞼内反症の手術法
近藤雅嗣, 皆川英彦, 舟山恵美, 林利彦
日本形成外科学会会誌 29(3) 213 2009年03月
創傷治療‐プライマリ・ケアで対処できる多種多様な”キズ”とその最新知見!‐皮膚の創傷治癒の基礎
舟山恵美, 山本有平
治療 91(2) 227-231 2009年02月
皮膚の創傷治癒の基礎 (創傷治療)
舟山 恵美, 山本 有平
治療 91(2) 227-231 2009年02月
北海道がんセンターにおける過去13年間の悪性黒色腫87例の検討
山根尚子, 加藤直子, 大澤倫子, 柳輝希, 皆川英彦, 舟山恵美, 夏賀健
日本皮膚科学会雑誌 119(1) 66 2009年01月
Intraoperative simulation device using negative pressure for construction of framework in microtia reconstruction.
Oyama A, Fujimori H, Funayama E, Yamamoto Y
Plastic and reconstructive surgery 121 129e-130e 2008年03月
Salvage of cartilage framework exposure in microtia reconstruction using a mastoid fascial flap.
Oyama A, Sasaki S, William M, Funayama E, Yamamoto Y
Journal of plastic, reconstructive & aesthetic surgery : JPRAS 61 Suppl 1 S110-3 2008年
Forehead lipoma resection via a small remote incision using a surgical raspatory.
Funayama E, Minakawa H, Oyama A
Journal of the American Academy of Dermatology 56 458-459 2007年03月
Velopharyngeal insufficiency in hemifacial microsomia: analysis of correlated factors.
Funayama E, Igawa HH, Nishizawa N, Oyama A, Yamamoto Y
Otolaryngology--head and neck surgery : official journal of American Academy of Otolaryngology-Head and Neck Surgery 136 33-37 2007年01月
私たちの考える痕跡唇裂の形態解剖とそれに基づく手術方法
小山 明彦, 山本 有平, 佐々木 了, 林 利彦, 舟山 恵美
日本口蓋裂学会雑誌 31(2) 2006年04月
口蓋裂術後鼻咽腔閉鎖機能不全の発生要因の検討
小山 明彦, 井川 浩晴, 川嶋 邦裕, 佐々木 了, 西澤 典子, 舟山 恵美, 山本 有平, 杉原 平樹
日本口蓋裂学会雑誌 30(2) 2005年04月
二段階口蓋形成術法と一段階口蓋形成術法との比較検討 : 片側性完全唇顎口蓋裂児の5歳時までの歯槽弓形態変化
熊澤 龍一郎, 三古谷 忠, 斉藤 豪紀, 山本 栄治, 伊藤 裕美, 松沢 祐介, 松岡 真琴, 戸塚 靖則, 井上 農夫男, 飯田 順一郎, 佐藤 嘉晃, 杉原 平樹, 川嶋 邦裕, 佐々木 了, 舟山 恵美, 井川 浩晴
日本口蓋裂学会雑誌 30(2) 2005年04月
われわれの工夫(16)唇裂外鼻変形に対する手術におけるわれわれの工夫
木村 中, 舟山 恵美, 蔵盛 理保子
形成外科 47(3) 241-243 2004年03月
Keratinocytes promote proliferation and inhibit apoptosis of the underlying fibroblasts: an important role in the pathogenesis of keloid.
Funayama E, Chodon T, Oyama A, Sugihara T
The Journal of investigative dermatology 121 1326-1331 2003年12月
当科で経験した鼻部の基底細胞癌の検討
木村 中, 舟山 恵美, 本間 豊大, 小山 明彦, 北村 孝, 小林 朋子, 村尾 尚規
日本頭蓋顎顔面外科学会誌 = Journal of the Japan Society of Cranio-Maxillo-Facial Surgery 19(2) 117-124 2003年09月
顎裂を伴わない唇裂患者の梨状孔の骨形態
木村 中, 舟山 恵美, 早坂 登喜子, 村井 茂, 横山 朋子
日本口蓋裂学会雑誌 28(1) 20-27 2003年04月
<学位論文>ケロイドにおける表皮角化細胞と線維芽細胞の相互作用に関する解析
舟山 恵美
北海道医学雑誌 77(6) 533-541 2002年11月
[A study of interaction between keratinocytes and fibroblasts in keloid].
Funayama E
[Hokkaido igaku zasshi] The Hokkaido journal of medical science 77 533-541 2002年11月
熱傷による耳介変形の再建の経験
木村 中, 南本 俊之, 畠 真也, 齋藤 亮, 皆川 英彦, 舟山 恵美, 小山 明彦
熱傷 26(3) 131-139 2000年09月
手指切断を要した熱傷例の検討
木村 中, 南本 俊之, 國分 一郎, 舟山 恵美
熱傷 25(1) 28-36 1999年03月
入浴中のてんかん発作による熱傷の2例
木村 中, 北村 孝, 金澤 浩之, 舟山 恵美
熱傷 24(1) 30-35 1998年03月
爪下外骨腫の治療 : 爪床欠損を伴うものに人工真皮を用いた経験
木村 中, 金澤 浩之, 小山 明彦, 舟山 恵美
日本形成外科学会会誌 16(5) 332-342 1996年05月

競争的資金等の研究課題

運動神経信号付加は本当に起こっているのか?~顔面表情筋mRNA発現変化を捉える~
文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間 : 2010年 - 2012年 代表者 : 山本 有平
光イメージングによる癌転移機構解明‐メラノーマがリンパから血流に入る瞬間を捉える
文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間 : 2010年 - 2012年 代表者 : 古川 洋志
ケロイド線維芽細胞の起源を探る-ケモカインに誘導されるfibrocyte-
文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間 : 2010年 - 2012年 代表者 : 舟山 恵美
メラノーマとリンパ管のinteraction-転移促進因子は産生されるのか?-
文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間 : 2008年 - 2010年 代表者 : 堤田 新, 小山 明彦
浸潤型ケロイド細胞は存在するのか!-効率的なケロイド治療を目指して-
文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間 : 2008年 - 2010年 代表者 : 佐々木 了, 林 利彦
癌のリンパ行性転移の撲滅を目指して~リンパ系ドラッグデリバリーシステムの開発~
文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間 : 2007年 - 2009年 代表者 : 古川 洋志
競争的資金等の研究課題を全て表示する
競争的資金等の研究課題閉じる
運動神経信号付加は本当に起こっているのか?~顔面表情筋mRNA発現変化を捉える~
文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間 : 2010年 - 2012年 代表者 : 山本 有平
光イメージングによる癌転移機構解明‐メラノーマがリンパから血流に入る瞬間を捉える
文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間 : 2010年 - 2012年 代表者 : 古川 洋志
ケロイド線維芽細胞の起源を探る-ケモカインに誘導されるfibrocyte-
文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間 : 2010年 - 2012年 代表者 : 舟山 恵美
メラノーマとリンパ管のinteraction-転移促進因子は産生されるのか?-
文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間 : 2008年 - 2010年 代表者 : 堤田 新, 小山 明彦
浸潤型ケロイド細胞は存在するのか!-効率的なケロイド治療を目指して-
文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間 : 2008年 - 2010年 代表者 : 佐々木 了, 林 利彦
癌のリンパ行性転移の撲滅を目指して~リンパ系ドラッグデリバリーシステムの開発~
文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間 : 2007年 - 2009年 代表者 : 古川 洋志

教育活動

主要な担当授業

医学総論
開講年度 : 2015年
課程区分 : 博士後期課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : 形成外科,再建外科,美容外科
基本医学研究Ⅰ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : 形成外科,再建外科,美容外科
基本医学研究Ⅱ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : 形成外科,再建外科,美容外科
基本医学総論
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : 形成外科,再建外科,美容外科
基盤医学研究Ⅰ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 博士後期課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : 形成外科,再建外科,美容外科
基盤医学研究Ⅱ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 博士後期課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : 形成外科,再建外科,美容外科
専門医学研究Ⅰ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : 形成外科,再建外科,美容外科
専門医学研究Ⅱ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : 形成外科,再建外科,美容外科
臨床医学研究Ⅰ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 博士後期課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : 形成外科,再建外科,美容外科
臨床医学研究Ⅱ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 博士後期課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : 形成外科,再建外科,美容外科
最新年度を全て表示する
主要な担当授業閉じる
医学総論
開講年度 : 2015年
課程区分 : 博士後期課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : 形成外科,再建外科,美容外科
基本医学研究Ⅰ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : 形成外科,再建外科,美容外科
基本医学研究Ⅱ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : 形成外科,再建外科,美容外科
基本医学総論
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : 形成外科,再建外科,美容外科
基盤医学研究Ⅰ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 博士後期課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : 形成外科,再建外科,美容外科
基盤医学研究Ⅱ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 博士後期課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : 形成外科,再建外科,美容外科
専門医学研究Ⅰ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : 形成外科,再建外科,美容外科
専門医学研究Ⅱ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : 形成外科,再建外科,美容外科
臨床医学研究Ⅰ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 博士後期課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : 形成外科,再建外科,美容外科
臨床医学研究Ⅱ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 博士後期課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : 形成外科,再建外科,美容外科
前年度を全て表示する
主要な担当授業閉じる
医学総論
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 博士後期課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : 形成外科,再建外科,美容外科
基本医学研究Ⅰ
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : 形成外科,再建外科,美容外科
基本医学研究Ⅱ
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : 形成外科,再建外科,美容外科
基本医学総論
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : 形成外科,再建外科,美容外科
基盤医学研究Ⅰ
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 博士後期課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : 形成外科,再建外科,美容外科
基盤医学研究Ⅱ
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 博士後期課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : 形成外科,再建外科,美容外科
専門医学研究Ⅰ
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : 形成外科,再建外科,美容外科
専門医学研究Ⅱ
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : 形成外科,再建外科,美容外科
臨床医学研究Ⅰ
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 博士後期課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : 形成外科,再建外科,美容外科
臨床医学研究Ⅱ
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 博士後期課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : 形成外科,再建外科,美容外科
臨床医学研究法Ⅲ
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 博士後期課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : 形成外科,再建外科,美容外科
前々年度を全て表示する
主要な担当授業閉じる
医学総論
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 博士後期課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : 形成外科,再建外科,美容外科
基本医学研究Ⅰ
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : 形成外科,再建外科,美容外科
基本医学研究Ⅱ
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : 形成外科,再建外科,美容外科
基本医学総論
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : 形成外科,再建外科,美容外科
基盤医学研究Ⅰ
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 博士後期課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : 形成外科,再建外科,美容外科
基盤医学研究Ⅱ
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 博士後期課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : 形成外科,再建外科,美容外科
専門医学研究Ⅰ
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : 形成外科,再建外科,美容外科
専門医学研究Ⅱ
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : 形成外科,再建外科,美容外科
臨床医学研究Ⅰ
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 博士後期課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : 形成外科,再建外科,美容外科
臨床医学研究Ⅱ
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 博士後期課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : 形成外科,再建外科,美容外科
臨床医学研究法Ⅲ
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 博士後期課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : 臨床医教育、医療技術指導、研修医、教育技術

ページトップへ