研究者データベース

柿澤 宏昭(カキザワ ヒロアキ)
農学研究院 基盤研究部門 森林科学分野
教授

基本情報

所属

  • 農学研究院 基盤研究部門 森林科学分野

職名

  • 教授

学位

  • 農学博士

J-Global ID

研究キーワード

  • 森林社会学   森林政策学   Society and Forest   Forest Policy   

研究分野

  • ライフサイエンス / 森林科学

学歴

  •         - 1984年   北海道大学   農学研究科   林学
  •         - 1984年   北海道大学
  •         - 1982年   北海道大学   農学部   林学
  •         - 1982年   北海道大学

所属学協会

  • 環境社会学会   森林計画学会   林業経済学会   林学会   

研究活動情報

論文

  • 森林施業プランナー研修における転移過程とその成果の評価
    柿澤 宏昭
    林業経済研究 63 2 1 - 12 2017年07月 [査読有り][通常論文]
  • 柿澤 宏昭
    林業経済 69 6 8 - 14 2016年09月 [査読有り][招待有り]
  • 市町村における独自の森林・林業政策の展開
    柿澤 宏昭
    林業経済研究 62 1 75 - 83 2016年03月 [査読有り][通常論文]
  • 先進諸国におけるフォレスター育成及び資格制度の現状と近年の変化の方向
    柿澤 宏昭
    林業経済研究 61 1 96 - 107 2015年03月 [査読有り][通常論文]
  • Yasushi Shoji, Nobuhiko Nakao, Yukari Ueda, Hiroaki Kakizawa, Takuro Hirai
    FOREST POLICY AND ECONOMICS 43 1 - 9 2014年06月 [査読有り][通常論文]
     
    The purpose of this study is to examine the preferences of Japanese consumers for certified forest products and estimate their price premiums using a discrete choice experiment. Although Japanese consumers have almost no opportunity to purchase forest certification products now, except paper and paper-related products, Japan may be a promising market with significant scope for increasing the demands for the forest certification products. Each choice task of our discrete choice experiment contained alternative wall renovation scenarios with interior wood materials showing five attributes. In 2008, 150 respondents living in Sapporo, northern Japan, completed our questionnaire, which contained a series of the choice tasks. To understand heterogeneous preferences and identify consumer segments in a systematic way, a latent class model was applied. The results show that the mean price premium on Forest Stewardship Council certification of interior materials was 40.5% under a ceteris paribus condition. However, two identified consumer segments both placed greater value on other attributes of the interior materials: dimensional stability and/or area of production. The results indicate that for suppliers of forest products outside of Japan, the merit of forest certification and the demerit of foreign product will cancel each other out in Japan. (C) 2014 Elsevier B.V. All rights reserved.
  • 柿澤 宏昭
    林業経済研究 60 2 54 - 64 2014年 [査読有り][通常論文]
  • 今日の森林林業問題 林政改革と森林ガバナンスの展望
    柿澤 宏昭
    426 2011年 [査読有り][通常論文]
  • 柿澤 宏昭
    林業経済研究 57 2 2011年 [査読有り][通常論文]
  • 市町村森林行政の現状と課題
    柿澤 宏昭
    林業経済 64 9 2011年 [査読有り][通常論文]
  • 流域保全サービスへの支払いを実行するための課題
    柿澤 宏昭
    環境情報科学論文集 24 2010年 [査読有り][通常論文]
  • 柿澤 宏昭
    林業経済研究 56 1 2010年 [査読有り][通常論文]
  • 森林ガバナンス研究の展望
    柿澤 宏昭
    林業経済 63 2 2010年 [査読有り][通常論文]
  • 森林施業規制の国際比較研究
    柿澤 宏昭
    林業経済 61 9 2008年 [査読有り][通常論文]
  • 地域材による住宅建築をめぐる協働関係の形成に関する考察
    柿澤 宏昭
    林業経済研究 53 3 2007年 [査読有り][通常論文]
  • ロシア極東における参加型森林管理に関わる地域住民の意識
    柿澤 宏昭
    林業経済研究 52 1 2006年 [査読有り][通常論文]
  • 地域における森林政策の主体をどう考えるか
    柿澤 宏昭
    林業経済研究 50 1 2004年 [査読有り][通常論文]
  • 吸収源としてのロシア森林の評価とロシアの京都議定書への対応
    柿澤 宏昭
    林業経済 56 8 2003年 [査読有り][通常論文]
  • ロシアにおける林政の展開とその政治的背景
    柿澤 宏昭
    林業経済研究 48 1 2002年 [査読有り][通常論文]
  • ロシアの違法伐採の現状と課題
    柿澤 宏昭
    熱帯林業 55 2002年 [査読有り][通常論文]
  • 地域環境政策形成のために求められるもの
    柿澤 宏昭
    都市問題 93 10 2002年 [査読有り][通常論文]
  • 日本林学会誌 83 1 5 - 13 2001年 [査読無し][通常論文]
  • 総合化と協働の時代における環境政策と社会科学
    柿澤 宏昭
    環境社会学研究 7 2001年 [査読有り][通常論文]
  • アメリカ合衆国における流域管理((]G0001[)) -ワシントン州における流域管理を中心に-
    水利科学 43 1-2 1999年 [査読無し][通常論文]
  • ワシントン州における森林施業規制の形成 -サケ科魚類生息域保全をめざして-
    野生生物保護 3 2 57 - 72 1998年 [査読無し][通常論文]
  • アメリカ合州国北西部国有林におけるエコシステムマネジメントの現状と課題
    林学経済研究 43 1 49 - 54 1997年 [査読無し][通常論文]
  • 日本林学会誌 79 2 94 - 102 1997年 [査読無し][通常論文]
  • 連邦崩壊後のロシアにおける森林政策と林産業の動向
    林業経済 1994年 [査読無し][通常論文]
  • 水産資源保全のための流域森林整備に関する研究
    水利科学 127 13 - 22 1994年 [査読無し][通常論文]
  • 転換期における林業諸資本の展開と労働力編成
    北海道大学農学部演習林研究報告 104,91-94 1993年 [査読無し][通常論文]
  • 森林管理をめぐる市民参加と合意形成
    森林計画学会誌 50 1 1 - 136 1993年 [査読無し][通常論文]
  • 旧ソ連極東における森林経営と林産業の動向
    北大演習林研究報告 49 2 1992年 [査読無し][通常論文]
  • 国有林経営・管理をめぐる合意形成のあり方に関する研究
    北大演習林研究報告 46 3 1989年 [査読無し][通常論文]
  • 治山行財政構造に関する孝察
    林業経済 470 1987年 [査読無し][通常論文]
  • 北海道林業の現局面と資本による労働力編成に関する研究
    北大演習林研究報告 42 3 1985年 [査読無し][通常論文]

書籍

  • 保持林業
    柿澤 宏昭 (担当:共編者(共編著者))
    築地書館 2018年11月
  • 欧米諸国の森林管理政策
    柿澤 宏昭 (担当:単著)
    日本林業調査会 2018年06月
  • 日本の森林管理政策の展開
    柿澤 宏昭 (担当:単著)
    日本林業調査会 2018年06月
  • アンブレラ種を用いた生物多様性保全
    柿澤 宏昭 (担当:分担執筆)
    Springer 2018年
  • Collaborative Forest Governance
    柿澤 宏昭 (担当:共著範囲:Historical Typology of Collaborative Governance Modern Forest Polocy in Japan)
    東京大学出版会 2015年03月
  • 森林経営をめぐる組織イノベーション
    柿澤 宏昭 (担当:共著範囲:スウェーデンにおける環境保全型林業)
    広報プレイス 2015年02月
  • Environmental Change and the Social Response in the Amur River Basin
    柿澤 宏昭 (担当:共著範囲:Development Process of Timber Harvesting in the Khabarovsk Region, Russian Federation)
    Springer 2015年
  • 戦後日本の食料・農業・農村 戦後改革・経済復興期Ⅱ
    柿澤 宏昭 (範囲:国有林)
    農林統計協会 2014年06月
  • 環境保全の法と論理
    柿澤 宏昭 (担当:共著範囲:環境社会学)
    2014年
  • イギリス国立公園の現状と未来
    柿澤 宏昭 (担当:分担執筆)
    2012年
  • 現代森林政策学
    柿澤 宏昭 (担当:共著)
    2012年
  • 持続可能な低炭素社会
    柿澤 宏昭 (担当:分担執筆)
    2011年
  • みどりの市民参加
    柿澤 宏昭 (担当:共著)
    2010年
  • 森林のはたらきを評価する
    柿澤 宏昭 (担当:共編者(共編著者))
    2009年
  • 北のランドスケープ
    柿澤 宏昭 (担当:分担執筆)
    2007年
  • 林業経済研究の論点
    柿澤 宏昭 (担当:分担執筆)
    2006年
  • 生物多様性保全と環境政策
    柿澤 宏昭 (担当:共編者(共編著者))
    2005年
  • People and Forest
    柿澤 宏昭 
    2003年
  • ロシア 森林大国の内実
    柿澤 宏昭 (担当:共編者(共編著者))
    2003年
  • 森林保全とその担い手
    講座環境社会学 2001年
  • Forest Conservation and People
    Environmental Sociology 2001年
  • Dシアの木材産業と貿易
    世界の木材貿易構造, 日本科学調査会 2000年
  • エコシステム マネジメント
    築路書館 2000年
  • Forest Industry and International Trade of Russia
    2000年
  • Ecosystem Management
    2000年
  • ロシアの森林-林業
    諸外国の森林・林業 1999年
  • Forest and Forestry in Russia
    Forest and Forestry in the foreign countries 1999年
  • 市民参加はなぜ必要なのか
    森林環境保全マニュアル(朝倉書店) 1996年
  • 北方林
    森林科学(朝倉書店) 1994年
  • Boreal Forest
    Forest Science 1994年
  • ソ連極東における森林経営と林産業の現状
    かわりゆく太平洋地域の森林.森林史学会 1992年
  • The Current State of Forest Management and Industry in the Soviet Far East
    Changing Pacific Forest)(Forest History Society 1992年

作品等

  • 先進諸国の生態系管理に関する研究
    1997年 -2001年
  • Joint Research of Eosystem Management in the developed Comtries
    1997年 -2001年
  • ロシア森林保全政策に関する研究
    1998年
  • Joint Research on Forest Conservation Policy of Russia
    1998年

その他活動・業績

  • Journal of Japanese Forestry Society 83 (1) 5 -13 2001年 [査読無し][通常論文]
  • Watershed Management in U. S. A. ((]G0002[)) ; On the Case in the State of Washington
    WATER SCIENCE 43 (1-2) 1999年 [査読無し][通常論文]
  • Wildlife Conservation Japan 3 (2) 57 -72 1998年 [査読無し][通常論文]
  • 43 (1) 49 -54 1997年 [査読無し][通常論文]
  • Hiroaki Kakizawa, Ki-Wang An Journal of Forest Research 2 (1) 25 -30 1997年 [査読無し][通常論文]
     
    The Russian forest is the last big wood basket of the international timber market and the conservation of the Russian forest is critical to protect global environment. There is a strong need to analyze present situation of forest policy and forest industry in Russia. The basic direction of forest policy reform of Russia is decentralization and introduction of market principles. However, the lack of specialists in forest policy in the regions and the conflict between central and regional governments has accelerated the confusion of forest policy. Forest management organizations cannot spare enough money for forest management because of the financial crisis of Russian government. Forest industry has also deteriorated. Although privatization of the forest industry was completed, it did not improve the management of enterprises and they could not survive the economic crisis. Output of the forest industry has decreased and most enterprises came close to bankruptcy. Under these circumstances, the former regional amalgamation of forest industry, which has accumulated hard currency earned by timber export, re-took control of the industry and tried to increase timber exports even more. However, logging enterprises, facing economic crises, cannot observe forest regulations and forest management organization cannot control these violations. A recovery of forest industry may accelerate the degradation of forest resources in Russia.
  • J. Jpn. For. Soc. 79 (2) 94 -102 1997年 [査読無し][通常論文]
  • 林業経済研究 47 (3) 9 -16 1995年 [査読無し][通常論文]
  • Detects of the Postwar Forest Policy and Search for New Policy Framework
    Journal of Forest Economics 47 (3) 9 -16 1995年 [査読無し][通常論文]
  • Trends of Forest Policy and Forest Industry in Russia after the Collapse of USSR
    Forest Economy 1994年 [査読無し][通常論文]
  • A study on Watershed Forest Maintenance for Conservation of Aquatic Resources
    Water Science (127) 13 -22 1994年 [査読無し][通常論文]
  • 連邦崩壊後のロシア極東における林政の動向
    日本林学会論文集 (220) 24 -43 1993年 [査読無し][通常論文]
  • Trends of Forest Policy in the Russian Far East
    Transaction of the Japanese Forestry Society (220) 24 -43 1993年 [査読無し][通常論文]
  • Research Bulletin of the College Experimental Forests. 104,91-94 1993年 [査読無し][通常論文]
  • Japanese Journal of Forest Planning 50 (1) 1 -136 1993年 [査読無し][通常論文]
  • Trends of Forest Management and Forest Industries in the former USSR Far East
    Research Bulletin of the College Experiment Forests 49 (2) 1992年 [査読無し][通常論文]
  • Present Situation and Problems in the Decision making System of the National Forest Management
    Research Bulletin of the College Experiment Forests 46 (3) 1989年 [査読無し][通常論文]
  • A Study on Forest Conservation System in Japan
    Forest Economic 470 1987年 [査読無し][通常論文]
  • Studies on the Present Stage of Forestry in Hokkaido the Labour Structure of Logging Industries and Afforestation contractors
    Research Bulletin of the College Experiment Forests 42 (3) 1985年 [査読無し][通常論文]
  • 地域と連携した森林行政体制の構築にむけて - 新たな森林計画制度の推進に向けた北海道の取組
    柿澤 宏昭 森林技術 (838) [査読有り][通常論文]

受賞

  • 2002年03月 日本林学会 日本林学会賞
     
    受賞者: 柿澤 宏昭
  • 2002年 林業経済学会 林業経済学会学術賞
     
    受賞者: 柿澤 宏昭
  • 1995年 森林計画学会賞

共同研究・競争的資金等の研究課題

  • 森林を基盤とした地域再生のための自治体戦略の策定・実行手法の研究
    科学研究費補助金
    研究期間 : 2016年04月 -2019年03月 
    代表者 : 柿澤 宏昭
  • 生態系管理政策の研究
  • 森林経営への市民参加に関する研究
  • ロシアの森林政策と林産業に関する研究
    国際共同研究
  • Study on Ecosystem Management
  • Study of Public participation system of forest management
  • Study on Forest Policy and Forest Industries of Russia

教育活動情報

主要な担当授業

  • 地域景観管理・計画学
    開講年度 : 2018年
    課程区分 : 修士課程
    開講学部 : 農学院
    キーワード : 景観,自然,文化,資源,管理,計画
  • 地域景観管理・計画学演習
    開講年度 : 2018年
    課程区分 : 修士課程
    開講学部 : 農学院
    キーワード : 景観,自然,文化,資源,管理,計画
  • 大学院共通授業科目(一般科目):自然科学・応用科学
    開講年度 : 2018年
    課程区分 : 修士課程
    開講学部 : 大学院共通科目
    キーワード : 生態系管理、流域保全、自然資源政策、緑地管理
  • 温暖化影響論
    開講年度 : 2018年
    課程区分 : 修士課程
    開講学部 : 農学院
    キーワード : 「炭素循環、窒素循環、陸域生態系、森林、農地、湿地、泥炭地、永久凍土、土壌、植物、微生物、大気、二酸化炭素、亜酸化窒素、メタン、オゾン、施肥、収穫、耕うん、焼畑、植林、再植林、森林改変、森林火災、環境撹乱、熱帯、温帯、北方、水循環、水資源、バイオマスエネルギー、バイオマス製品、環境ガバナンス」 carbon cycle, nitrogen cycle, terrestrial ecosystems, forest, farmland, wetland, peatland, permafrost, soil, plant, microbe, atmosphere, CO2, N2O, CH4, O3、fertilization, harvest, tillage, shifting cultivation, afforestation, reforestation, deforestation, forest fire, disturbances, tropical, temperate, boreal, hydrological cycle, water resources, biomass energy, biomass products, environmental governance
  • 森林社会学
    開講年度 : 2018年
    課程区分 : 学士課程
    開講学部 : 農学部
    キーワード : 林業、環境、森林政策、社会、持続的発展、地域
  • 森林政策学
    開講年度 : 2018年
    課程区分 : 学士課程
    開講学部 : 農学部
    キーワード : 森林と社会、森林政策、森林史、海外森林・林業、森林行政
  • 森林保全実習
    開講年度 : 2018年
    課程区分 : 学士課程
    開講学部 : 農学部
    キーワード : 流域保全、資源利用、森林と地域社会、自然災害の軽減・修復
  • 卒業論文
    開講年度 : 2018年
    課程区分 : 学士課程
    開講学部 : 農学部
    キーワード : 森林科学に関する研究、主体性、まとめる能力、伝える能力、質問への応答能力、
  • 施業実習
    開講年度 : 2018年
    課程区分 : 学士課程
    開講学部 : 農学部
    キーワード : 人工林、密度管理、間伐、作業システム
  • 森林科学演習Ⅱ
    開講年度 : 2018年
    課程区分 : 学士課程
    開講学部 : 農学部
    キーワード : 森林科学、論理構築、発表技法、論文読解法、ゼミナール Forest Science, training of logic, presentation, seminar, and how to read scientific papers
  • 森林科学演習Ⅰ
    開講年度 : 2018年
    課程区分 : 学士課程
    開講学部 : 農学部
    キーワード : 森林科学、論理構築、発表技法、論文読解法、ゼミナール
  • 森林計画学演習
    開講年度 : 2018年
    課程区分 : 学士課程
    開講学部 : 農学部
    キーワード : 毎木調査、空中写真、GIS、林業収益、森林整備計画、ゾーニング
  • 森林計画学
    開講年度 : 2018年
    課程区分 : 学士課程
    開講学部 : 農学部
    キーワード : 持続可能な森林経営、林業法律、森林施業、森林立地、収穫規制、作業システム、測樹学・森林航測

大学運営

委員歴

  • 2018年05月 - 現在   日本森林学会   理事
  • - 現在   林業経済学会   評議員
  • - 現在   北海道   水資源保全審議会会長


Copyright © MEDIA FUSION Co.,Ltd. All rights reserved.