研究者データベース

横濱 勝司(ヨコハマ シヨウジ)
工学研究院 土木工学部門 自然災害適応
助教

基本情報

所属

  • 工学研究院 土木工学部門 自然災害適応

職名

  • 助教

学位

  • 博士(工学)(北海道大学)

ホームページURL

科研費研究者番号

  • 50299731

J-Global ID

研究キーワード

  • 地盤工学   Geomechanics   

研究分野

  • 社会基盤(土木・建築・防災) / 地盤工学

学歴

  • 1995年04月 - 1997年03月   室蘭工業大学大学院   工学研究科   建設システム工学専攻
  • 1991年04月 - 1995年03月   室蘭工業大学   工学部   建設システム工学科

所属学協会

  • 土木学会   地盤工学会   ISSMGE   ISSMGE   Japan Society of Civil Engineers   The Japanese Geotechnical Society   

研究活動情報

論文

  • 地盤補強-発電-廃材リユースのトータルシステム具現化に関する基礎的検討
    横浜 勝司
    地盤工学会北海道支部技術報告集 59 9 - 16 2019年01月 [査読有り][通常論文]
  • アスファルト廃材の長期圧縮挙動と排水強度特性
    横浜 勝司, 佐藤 厚子
    第13回地盤改良シンポジウム論文集 13 437 - 442 2018年10月 [査読有り][通常論文]
  • アスファルト廃材を用いた盛土の現地調査
    松本博志, 佐藤厚子, 横濱勝司
    全地連「技術フォーラム2017」旭川 発表論文 2017年 [査読無し][通常論文]
  • アスファルト廃材の混合による砂質土の繰返し強度向上に関する研究
    横浜勝司, 佐藤厚子
    第12回環境地盤工学シンポジウム発表論文集 12 53 - 58 2017年 [査読有り][通常論文]
  • アスファルト廃材の地盤材料としての性質
    佐藤厚子, 横浜勝司
    第12回環境地盤工学シンポジウム発表論文集 12 47 - 52 2017年 [査読有り][通常論文]
  • アスファルト廃材の地盤改良材としての有効活用
    佐藤厚子, 林憲裕, 横浜勝司
    第12回地盤改良シンポジウム論文集 12 307 - 314 2016年 [査読有り][通常論文]
  • アスファルト廃材と砂質土の混合材の静的力学特性
    横浜勝司, 佐藤厚子
    第12回地盤改良シンポジウム論文集 12 301 - 306 2016年 [査読有り][通常論文]
  • アスファルト廃材を用いた土構造物の保護に関する研究
    横浜勝司, 佐藤厚子
    地盤工学会誌 64 11/12 34 - 35 2016年 [査読有り][通常論文]
  • Effects of compaction conditions on undrained strength and arrangements of soil particles for Shikotsu volcanic soil
    YOKOHAMA Shoji
    Volcanic Rocks and Soils 119 - 124 2015年09月 [査読有り][通常論文]
  • アスファルト再生材と豊浦砂の混合材料に関する力学特性
    横浜勝司, 福島宏文
    第11回環境地盤工学シンポジウム論文集 269 - 274 2015年07月 [査読有り][通常論文]
  • アスファルト再生骨材と笠岡粘土の混合材の力学特性に関する研究
    福島宏文, 横浜勝司, 山梨高裕, 佐藤厚子
    第11回環境地盤工学シンポジウム論文集 261 - 268 2015年07月 [査読有り][通常論文]
  • MATSUMURA Satoshi, MIURA Seiichi, YOKOHAMA Shoji, KAWAMURA Shima
    Soils and Foundations 55 1 86 - 98 2015年01月 [査読有り][通常論文]
  • Shoji Yokohama, Seiichi Miura, Satoshi Matsumura
    SOILS AND FOUNDATIONS 54 4 731 - 747 2014年08月 [査読有り][通常論文]
     
    In recent years, earthquakes and heavy rains have frequently caused soil embankments to collapse. In order to prevent the collapse of embankments, it is well known that sufficient compaction and drainage control are necessary. Although numerous research findings have described compacted soils, compaction management has been essentially based on simple parameters such as dry density, degree of saturation or air content. It is important for the construction of a stiff embankment that the effect of compaction condition on the mechanical properties and inherent anisotropy of compacted soil should be recognized in detail. In the present study, the relationships between the compaction condition and the mechanical properties obtained from laboratory tests using saturated specimens are presented. Specifically, undrained monotonic and cyclic shear strength, shear modulus, and permeability are reported. The arrangements of soil particles were also observed with a microscope. From the observation of fabric characteristics of soil particles, an inherent anisotropy of compacted soil is discussed. Furthermore, a conceptualization of the relationship between the fabric of soil particles and the mechanical characteristics for each compaction condition is suggested. (C) 2014 The Japanese Geotechnical Society. Production and hosting by Elsevier B.V. All rights reserved.
  • 松村聡, 三浦清一, 横浜勝司
    土木学会論文集C 68 4 597 - 609 2012年11月 [査読有り][通常論文]
  • Mechanical properties and soil fabric of compacted embankment
    YOKOHAMA Shoji
    Proceedings of International conference on gound improvement and ground control(IGCI Wollongong 2012) 1089 - 1094 2012年10月 [査読有り][通常論文]
  • Seismic behavior of embankment constructed by different compaction methods
    MATSUMUIRA Satoshi, MIURA Seiichi, YOKOHAMA Shoji
    Proceedings of International conference on gound improvement and ground control(IGCI Wollongong 2012) 1047 - 1053 2012年10月 [査読有り][通常論文]
  • Bearing capacity improvement of anisotropic sand ground and its evaluation
    KAWAMURA Shima, MIURA Seiichi, YOKOHAMA Shoji
    Proceedings of International conference on gound improvement and ground control(IGCI Wollongong 2012) 755 - 761 2012年10月 [査読有り][通常論文]
  • 横浜勝司, 三浦清一, 松村聡
    土木学会論文集C 68 2 422 - 432 2012年06月 [査読有り][通常論文]
  • 田近 淳, 石丸 聡, 川上 源太郎, 岡崎 紀俊, 横浜 勝司, 三浦 清一
    日本地すべり学会誌 : 地すべり = Journal of the Japan Landslide Society : landslides 49 2 75 - 79 2012年03月25日 [査読無し][通常論文]
  • Change in mechanical characteristics of embankment material by compaction control and its evaluation
    S. Yokohama, S. Miura, S. Matsumura
    ADVANCES IN TRANSPORTATION GEOTECHNICS II 364 - 369 2012年 [査読有り][通常論文]
     
    In this study, mechanical characteristics of soil material used to construct river embankment were investigated by a series of laboratory test. The soil has the maximum grain size of 2.0 mm, finer contents of 68.1% and plastic index of 12.3%. The maximum dry density and the optimum water content by compaction tests using an energy level of 1.13Ec, where Ec denoted the standard Proctor test, are 1.446 g/cm(3) and 25.0%, respectively. To evaluate effects of compaction condition on the shear strength and other mechanical behavior of the soil, the specimens are prepared by compaction under various conditions in terms of dry density, water contents and compaction energy. The relationships between the compaction condition and the mechanical properties from the test on saturated specimens are presented in this paper. It is shown that the micro-fabric of compacted soil is controlled not only compaction energy but also water content at compaction and the mechanical properties are affected by not only dry density but also the micro-fabric.
  • Effects of compaction condition on seismic performance of dike embankment and its evaluation
    S. Matsumura, S. Miura, S. Yokohama
    ADVANCES IN TRANSPORTATION GEOTECHNICS II 334 - 339 2012年 [査読有り][通常論文]
     
    The islands of Japan have been subjected to a large number of earthquakes. Recent big earthquakes destroyed embankment structures. In order to avoid damages of embankment, it is important to reveal effects of compaction conditions such as degree of compaction D-c and water content at compaction w(i) on seismic performance of embankment. In this research, a series of cyclic undrained triaxial test was carried out on saturated sandy-silt soil, which was actually adopted as a dike material. The specimens were compacted at the optimum water content w(opt), drier condition and wetter condition than wopt with different compaction energies E-c (kN/m(3)) to each specimen. The experimental results definitely indicate that dynamic behavior is significantly influenced by compaction condition.
  • Advances in Geotechnical Engineering, GeoFrontiers2011, Geotechnical Special Publications, ASCE, (CD-ROM) 211 3597 - 3608 2011年 [査読無し][通常論文]
  • Shima Kawamura, Seiichi Miura, Shoji Yokohama
    SOILS AND FOUNDATIONS 50 5 645 - 657 2010年10月 [査読無し][通常論文]
     
    An experimental study on the mechanical response of anisotropic seabed to wave force and oscillation of man-made structures such as wave dissipating blocks and breakwaters was performed on a model soil box with two-dimensional plane strain condition. Using model ground comprised of Toyoura sand reconstituted by air-pluviation method, a series of cyclic loading tests on model structures under several foundation conditions was conducted at a loading pattern which is capable of simulating the various stress states induced by both oscillation of structure and wave force. Test results showed that the strength and deformation characteristics of model sand deposits are basically identical to those estimated from the conventional cyclic undrained triaxial test and are different depending strongly on the changes in the depositional condition of the ground. Based on the results of model testing, the applicability of countermeasures constructed by both side wall and sheet pile was investigated to prevent ground failure. Considering the model testing results, it was also found that the installation of side walls beneath structures and sheet piles into the ground are advantageous as countermeasures against progressive failure on sand ground subjected to wave loading.
  • 土木学会論文集B2 No.1-B2-66 906 - 910 2010年 [査読無し][通常論文]
  • 川村 志麻, 三浦 清一, 石川 達也, 横浜 勝司
    土木学会論文集C 66 3 577 - 594 2010年 [査読無し][通常論文]
  • Masahiko YAMAKI, Seiichi MIURA, Shoji YOKOHAMA
    Doboku Gakkai Ronbunshuu C 65 1 321 - 333 2009年 [査読無し][通常論文]
  • 山木 正彦, 三浦 清一, 横浜 勝司
    土木学会論文集C(CD-ROM) 65 1 321 - 333 2009年 [査読無し][通常論文]
  • 川村 志麻, 三浦 清一, 横浜 勝司
    土木学会論文集C(CD-ROM) 63 1 81 - 92 2007年 [査読無し][通常論文]
  • 土木学会海岸工学論文集 53 881 - 885 2006年 [査読無し][通常論文]
  • Strength characteristics of crushable volcanic soils at various degrees of saturation
    T. Ishikawa, S. Miura, S. Yokohama, R. G. Mijares
    Geomechanics and Geotechnics of Particulate Media 121 - 126 2006年 [査読無し][通常論文]
     
    The objective of this study is to evaluate the effect of degree of saturation on the strength characteristics of volcanic coarse-grained soils, wherein particle breakage significantly takes place during loading and deformation processes, under various degrees of saturation conditions. In this paper, a series of monotonic triaxial compression tests for two kinds of volcanic coarse-grained soils are performed under various degrees of saturation conditions, and the relationships between degree of saturation, degree of particle breakage and strength are examined based on experimental results. As the result, the following conclusions are obtained: The shear strength of crushable coarse-grained volcanic soils decreases with an increase in the amount of particle breakage. Particle breakage is strongly influenced by the degree of saturation of the soil matrix. Accordingly, as the crushable volcanic coarse-grained soil becomes saturated, particle breakage becomes more dominant, thereby decreasing the shear strength of the soil.
  • 『海岸工学論文集』 52 2 841 - 845 2005年 [査読無し][通常論文]
  • 『土木学会海岸工学論文集』 Vol.51 831 - 835 2004年 [査読無し][通常論文]
  • 『土木学会海岸工学論文集』 Vol.51 811 - 815 2004年 [査読無し][通常論文]
  • 三浦 清一, 石川 達也, 横濱 勝司
    土と基礎 51 12 77 - 81 社団法人地盤工学会 2003年12月01日 [査読無し][通常論文]
  • Deformation behavior of structure-sand deposits subjected to cyclic loading and FE analysis
    S Yokohama, S Miura, S Kawamura
    DEFORMATION CHARACTERISTICS OF GEOMATERIALS 809 - 815 2003年 [査読無し][通常論文]
     
    In order to clarify the deformation behavior of structure-sand ground system subjected to cyclic loadings such as wave force, a series of FE analysis based on Mohr-Coulomb criteria with non-associated flow rule, together with 1 g model tests were carried out under various loading conditions. In the model test, characteristics of elastic modulus of sand deposits were investigated in detail and were quantified. It is observed that the stiffness of sand deposits changes with increasing of the settlement of structure. Softening behavior of sand deposits suddenly occurs if lateral flow deformation due to cyclic loading exceeds a limit. Based on such behavior, a new analytical technique in use for predicting deformation of structure-ground was proposed. The analytical results can explain well the lateral deformation of sand ground-structure system under various loading conditions.
  • Anisotropy in bearing capacity-lateral deformation behavior of sand ground
    S Kawamura, S Miura, S Yokohama
    DEFORMATION CHARACTERISTICS OF GEOMATERIALS 1303 - 1310 2003年 [査読無し][通常論文]
     
    The present study aims at clarifying mechanical behavior of anisotropic ground beneath structure subjected to cyclic loading or monotonic loading. In particular, effect of fabric anisotropy on lateral flow deformation behavior of sand ground in static and cyclic fields was clarified, and the importance of evaluation of lateral deformation for anisotropic grounds was also indicated.
  • 『海岸工学論文集』 Vol.50 876 - 880 2003年 [査読無し][通常論文]
  • 横浜 勝司, 三浦 清一, 川村 志麻
    土木学会論文集 = Proceedings of JSCE 715 263 - 275 土木学会 2002年09月21日 [査読無し][通常論文]
     
    波浪のような繰返し荷重を受ける構造物・地盤系の安定性評価法確立のために必要な, 地盤の流動変形を考慮した構造物の変位量の推定法を明らかにすることを目的に, 二次元平面ひずみ模型土槽装置を用いた一連の実験と解析を行った. 本研究では, 特に構造物の沈下挙動と地盤の側方流動変形挙動を詳細に調べている. 具体的には, 静的及び繰返し荷重場にある地盤の側方流動挙動をFEM解析によって検討し, 任意荷重場の地盤・構造物系の変形挙動を再現できるような解析法を検討している. また, 解析から得た側方流動変形挙動を考慮した構造物変位量の推定式を提案した. 推定式は, 構造物天端2地点で計測された鉛直変位量から繰返し荷重場にある構造物の変位量を精度良く推定することが示されている.
  • 『土木学会論文集』 No.715/III-60 ,pp.263-275  2002年 [査読無し][通常論文]
  • 『応用力学論文集』 Vol.5 473 - 480 2002年 [査読無し][通常論文]
  • 『海岸工学論文集』 Vol.49 851 - 855 2002年 [査読無し][通常論文]
  • 宮浦 征宏, 三浦 清一, 川村 志麻, 横浜 勝司
    土木学会論文集 = Proceedings of JSCE 673 121 - 131 土木学会 2001年03月21日 [査読無し][通常論文]
     
    種々の荷重条件下にある砂地盤の側方流動挙動および支持力特性を調べるために, 二次元平面ひずみ模型土槽と種々の荷重を載荷可能な装置を用いて一連の実験が行われた. これらの実験と考察は, 次の事実を示した. 1) 樽造物・地盤系の変形特性を表現するパラメータとして新たに提案した土量比 (側方流動土量/沈下土量) は, 載荷条件や構造物の幅の相違によって変化する地盤の変形挙動を一義的に表現できる. 2) 構造物支持地盤の支持力特性は, 静的荷重や繰返し荷重のような載荷条件の違いによらず, 任意の組合せ荷重条件下で, 統一的に表した破壊基準を用いることにより評価できる. 本研究ではさらに, 構造物・地盤系の安定性評価について議論を展開している.
  • 「構造物支持地盤の側方変形特性に及ぼす諸要因の影響」
    『第46回地盤工学シンポジウム論文集』 Vol.46 173 - 180 2001年 [査読無し][通常論文]
  • 宮浦征宏, 三浦清一, 川村志麻, 横浜勝司
    土木学会論文集 673 121 - 131 2001年 [査読無し][通常論文]
  • 「波浪力を受ける海洋構造物支持地盤の異方性を考慮した側方流動変形の推定法に関する研究」
    『海岸工学論文集』 Vol.48 986 - 990 2001年 [査読無し][通常論文]
  • 『応用力学論文集』 Vol.4 397 - 404 2001年 [査読無し][通常論文]
  • 「波浪場にある海洋構造物-地盤系の支持力安定性を支配する要因とその評価法」
    『海岸工学論文集』 Vol.48 1011 - 1015 2001年 [査読無し][通常論文]
  • 土木学会海岸工学論文集 47 936 - 940 2000年 [査読無し][通常論文]
  • 土木学会応用力学論文集 3 513 - 520 2000年 [査読無し][通常論文]
  • Mechanical behavior of sand bed-coastal system subjected to cyclic loading
    Proc., International Conference on Geotechnical and Geological Engineering 500  2000年 [査読無し][通常論文]
  • 川村 志麻, 三浦 清一, 横浜 勝司, 宮浦 征宏
    土木学会論文集 = Proceedings of JSCE 624 77 - 89 土木学会 1999年06月21日 [査読無し][通常論文]
     
    波浪のような繰返し力を受ける構造物支持地盤の破壊機構とその防止策について, 種々の繰返し力を載荷可能な装置と二次元平面ひずみ試験土槽装置を用いて一連の実験を行い, 次のような結果を得た. 1) 波浪場にある地盤-構造物系の破壊は変形が徐々に進行するような側方流動型破壊を示す, 2) このような地盤破壊の防止策として, 構造物底部に側壁を設ける方法や地盤内に矢板を設置するような対策法は, 側方流動型の破壊阻止に一定の効果が期待できるが, その効果はそれらの形状及び設置条件によってかなり異なる. 本論文では, このような側方流動型破壊の基本的な阻止機構について詳細な検討が加えられている.
  • 川村 志麻, 三浦 清一, 横浜 勝司, 宮浦 征宏
    土木学会論文集 = Proceedings of JSCE 624 65 - 75 土木学会 1999年06月21日 [査読無し][通常論文]
     
    波浪のような繰返し力を受ける構造物支持地盤の動的力学挙動を調べるために, 外力の作用方向の異なる基本的な実験が二次元平面ひずみ土槽装置と種々の繰返し力を載荷可能な装置を用いて行われた. 一連の実験と解析から, 1) 波浪と構造物の相互作用によって誘発される構造物直下のせん断応力は地盤深さによってその大きさは変化するものの, 完全両振りの条件にある, 2) 波浪のような外力を鉛直及び水平方向に分担させた試験では, 通常の室内繰返しせん断試験と同様な結果の整理が可能である, 3) このような繰返し力を受ける構造物支持地盤の動的力学挙動を評価するには, せん断応力と外力の作用方向の適確な把握が極めて重要である, などの事実が示されている.
  • 土木学会海岸工学論文集 46 936 - 940 1999年 [査読無し][通常論文]
  • Mechanical behaviors of sand bed-structure system subjected to cyclic loadings
    Proc., 11th Asian regional conference on Soil Mechanics and Geotechnical Engineering 161  1999年 [査読無し][通常論文]
  • 川村志麻, 三浦清一, 横浜勝司, 宮浦征宏
    土木学会論文集 624 77 - 89 1999年 [査読無し][通常論文]
  • 川村志麻, 三浦清一, 横浜勝司, 宮浦征宏
    土木学会論文集 624 65 - 75 1999年 [査読無し][通常論文]
  • 土木学会海岸工学論文集 45 876 - 880 1998年 [査読無し][通常論文]

講演・口頭発表等

  • Cyclic mechanical properties of sandy soils by mixing recycled asphalt pavement material  [通常講演]
    横浜 勝司, 佐藤 厚子
    8th international conference on Geotechnique, Construction Material and Environment (GEOMATE2018) 2018年11月 ポスター発表

作品等

  • 平成20年(2008年)岩手・宮城内陸地震現地調査
    2008年
  • 平成19年(2007年)新潟県中越沖地震現地調査
    2007年

その他活動・業績

  • 中村 洋丈, 横田 聖哉, 藤岡 一頼, 横浜 勝司, 三浦 清一 土木学会論文集C(地圏工学) 70 (1) 125 -134 2014年 [査読無し][通常論文]
     
    新東名建設では圧縮性の高い火山灰質粘性土である愛鷹ロームを盛土材料に使用し,これまでに経験のない最大高さ55mもの高盛土を構築したが,施工にあたっては,盛土施工中の沈下,盛土完了後の残留沈下が未解明であった.そこで,筆者らはこの高盛土の動態観測や施工後の地盤調査・試験結果に加えて,これまでに実施した東名愛鷹試験盛土の沈下実測を用いて,愛鷹ローム高盛土の施工中や将来の沈下量を評価することを試みた.その結果,施工中の盛土の圧縮沈下率は5~9%程度生じ,将来の残留沈下量は,これまでの実測値からの予測に対して,圧縮沈下試験による予測では沈下量が小さくなり,短期間の動態観測による予測では沈下量が大きくなること,また数10年後には100cm程度の残留沈下が生じる可能性があることを明らかにした.
  • 松村 聡, 三浦 清一, 横浜 勝司 土木学会論文集C(地圏工学) 70 (2) 238 -247 2014年 [査読無し][通常論文]
     
    盛土の安定性・恒久性を確保するためには,その力学挙動を把握することが不可欠であるが,とりわけ地震時の盛土の耐震性能を実験的に明らかにしようとする研究は少ない.本研究は,北海道のような粗粒火山灰質土の堆積地域における火山灰盛土を想定し,締固め時の含水比および締固め度に加えて,細粒分含有率といった示標特性の違いと,締固め土の繰返し非排水せん断特性との関係を明らかにすることを目的としている.一連の実験から,締固め条件の違いが締固め土の繰返し非排水せん断強度に顕著な影響を与える一方,繰返しせん断時に含まれる細粒分含有率の違いによってその影響の様相が異なることが示された.
  • 横浜 勝司 地盤工学会誌 62 (3) 60 -61 2014年 [査読無し][通常論文]
  • 川村 志麻, 三浦 清一, 石川 達也, 横浜 勝司 土木学会論文集C 66 (3) 577 -594 2010年 [査読無し][通常論文]
     
    寒冷地にある火山灰質土斜面の降雨時力学挙動を把握するために,一連の降雨模型実験が行われた.はじめに降雨時の斜面表層崩壊に及ぼす諸要因の影響を定量化し,力学的視点から崩壊の誘因を議論している.次いで,春季,夏季に起こる表層崩壊を対象とした実験により,凍結融解履歴が降雨時の力学挙動に及ぼす影響を調べた.一連の実験結果は,表層崩壊は初期含水比に依存するものの,斜面内が保持できる水量によって評価可能であることを示している.さらに,凍結融解履歴を有する斜面では,凍結部と非凍結部の境界において構造変化が生じることによって崩壊が誘発される可能性のあることが斜面内のせん断に伴う体積変化(ダイレイタンシー特性)に基づいて明らかにされている.
  • 横浜 勝司 地盤工学会誌 56 (12) 2008年12月01日 [査読無し][通常論文]
  • 川村 志麻, 三浦 清一, 横浜 勝司 土木学会論文集C 63 (1) 81 -92 2007年 [査読無し][通常論文]
     
    繰返し力を受ける異方性砂地盤の変形特性を調べるために,二次元平面ひずみ模型土槽と種々の荷重を載荷可能な装置を用いた一連の実験が行われた.得られた結果から,構造物に正弦波的な繰返し力が作用し,ロッキングを生じるような場合では,繰返し力によって変化する最大主応力方向αと地盤の堆積方向βとのなす角ψ(=|β-α|)がある値(本試験の豊浦砂では約40°)に最も近い堆積方向に,構造物は沈下-傾斜することが明らかにされている.また,繰返しに伴う変形の卓越方向を支配する要因が詳細に検討されている.
  • 川村 志麻, 三浦 清一, 横浜 勝司 土木学会論文集C 63 (1) 81 -92 2007年 [査読無し][通常論文]
     
    繰返し力を受ける異方性砂地盤の変形特性を調べるために,二次元平面ひずみ模型土槽と種々の荷重を載荷可能な装置を用いた一連の実験が行われた.得られた結果から,構造物に正弦波的な繰返し力が作用し,ロッキングを生じるような場合では,繰返し力によって変化する最大主応力方向αと地盤の堆積方向βとのなす角ψ(=|β-α|)がある値(本試験の豊浦砂では約40°)に最も近い堆積方向に,構造物は沈下-傾斜することが明らかにされている.また,繰返しに伴う変形の卓越方向を支配する要因が詳細に検討されている.
  • Analysis Technique of Offshore Structure-ground System with Considering Change of Shear Modulus of Sand Ground by Laboratory Testing
    roceedings of The Fifteenth International Offshore and Polar Engineering Conference (CD-ROM) 371 -376 2005年 [査読無し][通常論文]
  • 横浜 勝司, 三浦 清一, 三島 英将 地盤工学研究発表会 発表講演集 39 (0) 1417 -1418 2004年 [査読無し][通常論文]
     
    厳しい外力条件を受ける港湾構造物や海洋構造物の安定性を評価するためには,支持地盤の安定性について調べることが必要となる.特に海底支持地盤内の過剰間隙水圧の顕著な蓄積が見られない場合でも,構造物の沈下や地盤内側方流動のような大変形の発生が見られる.本研究では,大ひずみレベルでの発生過剰間隙水圧が土のせん断剛性変化に及ぼす影響を調べるため,ベンダーエレメントを設置した応力制御型の繰返し三軸試験機を用いた試験を行った.本試験は砂が液状化に至るまでのせん断剛性率の変化挙動を連続的に把握可能である.また,一連の試験結果を考慮した変形解析が実施された.解析値と実測値との比較を行い解析法の妥当性が検討された.
  • Dashdorj Sarandulam, 三浦 清一, 横浜 勝司 地盤工学研究発表会 発表講演集 39 (0) 745 -746 2004年 [査読無し][通常論文]
     
    軟弱地盤上に設置された橋台等の構造物に作用する土圧を軽減させる有効な手法として,気泡混合軽量土を裏込材に用いる工法が有効である.しかしながら,気泡混合軽量土の採用による土圧軽減特性や周辺地盤の変形特性に関して詳細に調べられた事例は少ない.下部の軟弱地盤の沈下や橋台背後地盤の変形挙動が橋台に作用する側方土圧の大きさに及ぼす影響は調べられていない.本研究では一連の有限要素解析を行い,橋台背面の裏込土に気泡混合軽量土が用いられた場合の側方土圧軽減及び変形挙動が調べられた.本解析によって気泡混合軽量土を用いると側方土圧は低減できるが,背後地盤の変形はそれほど小さくならないことを示している.
  • 2003年十勝沖地震地盤災害調査報告書
    『地盤工学会2003年十勝沖地震地盤災害調査委員会』 2004年 [査読無し][通常論文]
  • 横浜 勝司, 三浦 清一, 三島 英将, 林 秀人 地盤工学研究発表会 発表講演集 38 (0) 447 -448 2003年 [査読無し][通常論文]
     
    波浪のような複雑な載荷条件下にある構造物-地盤系の変形特性を予測できることは,構造物の合理的な設計および維持・管理上非常に有効である.本研究では,一連の弾塑性有限要素解析および模型試験を行い,繰返し載荷条件下の構造物・地盤系の動的変形挙動の評価法を検討している.特に,構造物の沈下に伴って進行的に発生する側方流動挙動に着目した.模型試験および要素試験結果を基に,構造物-砂地盤の変形量と地盤の剛性及び内部摩擦角との間の単純なモデルを構築した.次いで,このモデルを用いた弾塑性解析を試みた.提案した解析法は構造物の揺込み沈下が生じる時の地盤内の側方流動変形挙動を評価できることが示されている.
  • Dashdorj Sarandulam, 三浦 清一, 横浜 勝司 地盤工学研究発表会 発表講演集 38 (0) 825 -826 2003年 [査読無し][通常論文]
     
    近年,気泡混合軽量土は盛土等の建設材料として広く用いられている.しかし,種々の載荷条件に対応できる建設材料としての有効性を示すためには,繰返し強度・変形特性に関しても詳細に検討する必要がある.本研究では気泡混合軽量土の静的および繰返し力学特性を調べるために,一連の一軸圧縮試験およびひずみ制御型の繰返し三軸試験を行った.試験結果より,一軸圧縮強度およびヤング率またはせん断弾性係数は乾燥密度,含水比及び養生温度に影響されることが確認された.また一軸圧縮強度とヤング係数との関係が調べられ,これらの間に一義的な関係が見られた.この関係は気泡混合軽量土の繰返し力学特性を把握する上で極めて有効である.
  • Lateral flow deformation analysis of sand ground-structure subjected to cyclic loading and its evaluation
    S Yokohama, S Miura PROCEEDINGS OF THE THIRTEENTH (2003) INTERNATIONAL OFFSHORE AND POLAR ENGINEERING CONFERENCE, VOL 1 61 -67 2003年 [査読無し][通常論文]
     
    Settlement analysis of an offshore structure attributed to lateral flow deformation of ground beneath the structure has been conducted. It is desired for coastal engineering design that deformation behavior of structure-ground system can be assessed by simple method such as finite element analysis. In order to reveal the mechanical behavior of sand ground which supports a structure subjected to various cyclic loads, a series of model tests and elasto-plastic FE analysis were carried out. In this study, one conventional technique for the deformation analysis for structure-sand deposits system is proposed.
  • 横浜 勝司, 三浦 清一, 林 秀人 地盤工学研究発表会 発表講演集 37 (0) 515 -516 2002年 [査読無し][通常論文]
  • 横浜 勝司, 三浦 清一, 川村 志麻 環境科学研究所報告 8 (0) 373 -381 2001年12月30日 [査読無し][通常論文]
     
    繰返し鉛直中心および偏心載荷条件下にある構造物・地盤系の沈下・側方流動変形挙動を明らかにするために,一連の解析および模型試験が行われた。構造物の沈下の進行に伴い,側方流動変形が卓越する変形挙動を有することが模型実験より明らかにされている。本研究では特に,繰返し載荷条件下にある構造物・地盤系の側方流動変形を評価するための解析手法を提案した。模型試験において,繰返し載荷を受ける構造物・地盤系の沈下および側方流動変形は,hardeningからsofteningに変化する変形特性であること,また,地盤の剛性と繰返し載荷回数の間にはユニークな関係があることが確認された。このような地盤の剛性変化を考慮した本解析法は,繰返し中心および偏心載荷条件での側方流動変形挙動を良く再現できることを示している。
  • Lateral flow deformation evaluation of ground-structure system under various cyclic loading conditions
    Proceedings of Fourth International Conference on Recent Advances in Geotechnical Earthquake Engineering and Soil Dynamics (CD-ROM) 628 2001年 [査読無し][通常論文]
  • An Evaluation Method for Stability of Coastal Structure-Ground System subjected to Wave Force
    Proceedings of International Conference on Engineering for Ocean and Offshore Structure and Coastal Engineering Development 78 -85 2001年 [査読無し][通常論文]
  • 横浜 勝司, 川村 志麻勅, 三浦 清一鼎 応用力学論文集 3 513 -520 2000年 [査読無し][通常論文]
     
    This study aims to clarify analytically mechanical behaviors of a sand-structure system subjected to static and cyclic loadings.In particular, the settlement-lateral deformation behaviors of the ground bearing a structure are focused.A series of FEM analysis based on Mohr-Coulomb formulas with non-associated flow rule was carried out to accomplish the purpose.The analysis results obtained were detailedly compared with those of the model static and cyclic tests performed on the two-dimensional soil box.On the basis of these results, the applicability of FEM analysis to evaluate the deformation behaviors of the ground-structure system was made clear.
  • 横浜 勝司, 川村 志麻, 三浦 清一 環境科学研究所報告 (7) 187 -195 2000年 [査読無し][通常論文]
  • 三浦 清一, 横浜 勝司, 川村 志麻, 田中 則男 海岸工学論文集 44 921 -925 1997年 [査読無し][通常論文]
  • 川村 志麻, 三浦 清一, 横浜 勝司 海岸工学論文集 44 936 -940 1997年 [査読無し][通常論文]
  • 川村 志麻, 三浦 清一, 横浜 勝司 海岸工学論文集 44 936 -940 1997年 [査読無し][通常論文]

受賞

  • 2012年11月 International conference on Ground Improvement and Ground Control (ICGI2012) 最優秀論文賞
     Bearing capacity improvement of anisotropic sand ground and its evaluation 
    受賞者: KAWAMURA Shima;MIURA Seiichi;YOKOHAMA Shoji
  • 2006年 地盤工学研究発表会優秀論文発表者賞
  • 2002年04月 地盤工学会北海道支部 平成13年度地盤工学会北海道支部賞
     繰返し荷重下にある砂地盤の側方流動変形解析法 
    受賞者: 横濱 勝司

共同研究・競争的資金等の研究課題

  • 地盤防災・コジェネレーション・廃材リサイクルのトータルソリューションシステム
    科学研究費補助金(基盤C)
    研究期間 : 2018年04月 -2021年03月 
    代表者 : 横濱 勝司
  • 種々の地盤材料の力学特性に及ぼす締固め条件の違いの影響に関する研究
    研究期間 : 2009年
  • 有害重金属を含む地盤の合理的不溶化法と力学特性に関する研究
    研究期間 : 2006年

教育活動情報

主要な担当授業

  • 土の力学演習
    開講年度 : 2018年
    課程区分 : 学士課程
    開講学部 : 工学部
    キーワード : 土の基本的性質、土中水と浸透、地盤内応力と変形、土の圧縮特性、圧密、応力とテンソルの基礎、せん断、排水強度と非排水強度、土圧、斜面の安定、地盤の支持力
  • 土木工学創成実験Ⅱ
    開講年度 : 2018年
    課程区分 : 学士課程
    開講学部 : 工学部
    キーワード : 計画・遂行 結果解析 説明能力 土の物理的性質 土の透水性 土の圧縮性 土のせん断強さ 構造 解析 設計 模型作成 荷重試験 
  • 応用数学演習Ⅰ
    開講年度 : 2018年
    課程区分 : 学士課程
    開講学部 : 工学部
    キーワード : 常微分方程式  ラプラス変換  フーリエ解析  偏微分方程式


Copyright © MEDIA FUSION Co.,Ltd. All rights reserved.