研究者データベース

松井 利仁(マツイ トシヒト)
工学研究院 環境工学部門 環境工学
教授

基本情報

所属

  • 工学研究院 環境工学部門 環境工学

職名

  • 教授

学位

  • 工学博士(京都大学)

J-Global ID

研究キーワード

  • サウンドスケープ   環境影響評価   疫学   睡眠   健康影響   環境騒音   Soundscape   Assessment   Epidemiological study   Sleep disturbance   Health effects   Comunity noise   

研究分野

  • ライフサイエンス / 衛生学、公衆衛生学分野:実験系を含まない
  • ライフサイエンス / 衛生学、公衆衛生学分野:実験系を含む
  • ライフサイエンス / 衛生学、公衆衛生学分野:実験系を含まない
  • ライフサイエンス / 衛生学、公衆衛生学分野:実験系を含む
  • ライフサイエンス / 医療管理学、医療系社会学
  • 環境・農学 / 環境政策、環境配慮型社会
  • 環境・農学 / 環境影響評価

職歴

  • 2013年 - 現在 北海道大学工学研究院 教授
  • 2007年 - 2013年 京都大学大学院工学研究科 准教授
  • 2003年 - 2007年 京都大学大学院工学研究科 助教授
  • 1995年 - 2003年 旭川医科大学医学部 講師
  • 2000年 - 2002年 ロンドン大学クイーンメリーカレッジ医歯学部 客員研究員
  • 1992年 - 1995年 京都大学工学部 助手
  • 1989年 - 1992年 旭川医科大学医学部 助手

学歴

  • 1986年 - 1989年   京都大学   工学研究科   衛生工学専攻博士後期課程
  •         - 1989年   京都大学
  • 1984年 - 1986年   京都大学   工学研究科   衛生工学専攻博士前期課程
  • 1980年 - 1984年   京都大学   工学部   衛生工学科
  •         - 1984年   京都大学

所属学協会

  • 土木学会   大気環境学会   日本衛生学会   日本音響学会   

研究活動情報

論文

  • 低周波音による健康影響と個人差―前庭による知覚と上半規管列隙症候群
    松井 利仁
    日本の科学者 52 11 586 - 591 2017年 [査読無し][招待有り]
  • 環境騒音による健康損失―近年の知見と我が国の課題―
    松井 利仁
    ビルと環境 153 37 - 43 2016年06月 [査読無し][招待有り]
  • A neurophysiological approach for evaluating noise-induced sleep disturbance: calculating the time constant of the dynamic characteristics in the brainstem
    IJERPH 13 4 369  2016年 [査読有り][通常論文]
  • Night-time noise index based on integration of awakening potential
    IJERPH 13 3 272  2016年 [査読有り][通常論文]
  • Mathias Basner, Mark Brink, Abigail Bristow, Yvonne de Kluizenaar, Lawrence Finegold, Jiyoung Hong, Sabine A. Janssen, Ronny Klaeboe, Tony Leroux, Andreas Liebl, Toshihito Matsui, Dieter Schwela, Mariola Sliwinska-Kowalska, Patrik Sorqvist
    NOISE & HEALTH 17 75 57 - 82 2015年03月 [査読有り][通常論文]
     
    The mandate of the International Commission on Biological Effects of Noise (ICBEN) is to promote a high level of scientific research concerning all aspects of noise-induced effects on human beings and animals. In this review, ICBEN team chairs and co-chairs summarize relevant findings, publications, developments, and policies related to the biological effects of noise, with a focus on the period 2011-2014 and for the following topics: Noise-induced hearing loss; nonauditory effects of noise; effects of noise on performance and behavior; effects of noise on sleep; community response to noise; and interactions with other agents and contextual factors. Occupational settings and transport have been identified as the most prominent sources of noise that affect health. These reviews demonstrate that noise is a prevalent and often underestimated threat for both auditory and nonauditory health and that strategies for the prevention of noise and its associated negative health consequences are needed to promote public health.
  • 交通騒音による子どもへの健康影響
    松井 利仁
    騒音制御 38 3 197 - 200 2014年06月 [査読無し][招待有り]
  • 環境騒音の健康影響に関する科学的知見の変遷と課題
    環境情報科学 41 4 29 - 33 2013年 [査読無し][招待有り]
  • 航空機騒音による睡眠妨害と健康影響
    NOE技術ニュース 33 9 - 12 2012年 [査読無し][招待有り]
  • 航空機騒音によるメンタルヘルスへの影響―成田国際空港暫定平行滑走路周辺における質問紙調査結果―
    騒音制御 36 5 367 - 374 2012年 [査読有り][通常論文]
  • 辺野古アセスを総括する 1.航空機騒音の予測・評価における重大な問題点
    環境技術 41 5 36 - 40 2012年 [査読無し][招待有り]
  • 音環境の計測における主観的音源識別の不確かさ
    騒音制御 36 (2), 179-186 2012年 [査読有り][通常論文]
  • 騒音による頻繁な睡眠妨害は睡眠障害という「疾患」である
    騒音制御 35(5), 398-399 2011年 [査読有り][通常論文]
  • トンネル坑口周辺部における周波数別騒音予測モデルの開発
    騒音制御 34(3), 260-266 2010年 [査読有り][通常論文]
  • 〈音源×レベル〉時間構成マトリックスの有用性に関する考察―京都市におけるトランジットモール社会実験による音環境の変化―
    34(3), 241-248 2010年 [査読有り][通常論文]
  • Hiroki Kishikawa, Toshihito Matsui, Iwao Uchiyama, Masamitsu Miyakawa, Kozo Hiramatsu, Stephen A. Stansfeld
    NOISE & HEALTH 11 43 111 - 117 2009年04月 [査読有り][通常論文]
     
    A questionnaire study was conducted in a residential area along trunk roads in Kusatsu, Japan, in order to investigate the association between noise exposure, noise sensitivity, and subjective health. Subjective health of the respondents was measured by the General Health Questionnaire (GHQ-28) which yields the total score as an index of psychiatric disorder and four subscales. Noise sensitivity was measured by the improved version of the Weinsteins noise sensitivity scale named WNS-6B. The original WNS and a single question directly asking respondents noise sensitivity were also applied to confirm the validity of the WNS-6B for investigating the effects of road traffic noise on subjective health. Respondents were also asked about disturbances of daily life due to noise exposure to find the cause of the health effects. Three hundred and twenty three answers were entered into the analysis. Applying the WNS-6B as the noise sensitivity measurement scale, a significant correlation was found between subjective health and noise exposure in the noise-sensitive group, while no significant correlation was observed in the insensitive group. These results suggest that the adverse health effects may exist especially in the sensitive group. Application of the other two noise sensitivity measurement scales showed no significant relationship either in the sensitive group or in the insensitive group. The WNS-6B would have greater advantage for detecting adverse health effects than the other scales. Furthermore, the primary cause of the adverse health effect was investigated. The results of the analysis indicated that the adverse health effects were mainly caused by the sleep disturbance and were not caused by hearing interference.
  • 交通騒音の健康影響―新たな知見―
    自動車研究 31 12 9 - 14 2009年 [査読無し][招待有り]
  • 音源種別を考慮した物理計測手法の検討―〈音源×レベル〉時間構成マトリックスの提案―
    サウンドスケープ 10, 57-65 2008年 [査読有り][通常論文]
  • 道路交通騒音・振動による健康影響と生活妨害の関係
    騒音制御 32(1), 71-79 2008年 [査読有り][通常論文]
  • 騒音の健康リスクから見た環境基準の課題―嘉手納飛行場周辺での疫学調査に基づく考察―
    日本リスク研究学会誌 17(2), 83-91 2007年 [査読有り][通常論文]
  • The development of Weinstein's noise sensitivity scale
    Noise & Health 8 (33), 154-160 2006年 [査読有り][通常論文]
  • Salivary chromogranin A as a measure of stress response to noise
    Noise & Health 8 (32), 108-113 2006年 [査読有り][通常論文]
  • 騒音感受性の評価手法の開発―唾液中CgAを指標としたストレス反応に基づく検討―
    サウンド 20 12 - 14 2005年 [査読無し][招待有り]
  • 日本公衆衛生学雑誌 52 (9), 824-832 2005年 [査読有り][通常論文]
  • T Matsui, T Uehara, T Miyakita, K Hiramatsu, Y Osada, T Yamamoto
    JOURNAL OF SOUND AND VIBRATION 277 3 469 - 470 2004年10月 [査読有り][通常論文]
  • K Hiramatsu, T Matsui, A Ito, T Miyakita, Y Osada, T Yamamoto
    JOURNAL OF SOUND AND VIBRATION 277 3 617 - 625 2004年10月 [査読有り][通常論文]
     
    Aircraft noise measurements were recorded at the residential areas in the vicinity of Kadena Air Base, Okinawa in 1968 and 1972 at the time of the Vietnam war. The estimated equivalent continuous A-weighted sound pressure level L-Aeq for 24h was 85dB. The time history of sound level during 24h was estimated from the measurement conducted in 1968, and the sound level was converted into the spectrum level at the centre frequency of the critical band of temporary threshold shift (TTS) using the results of spectrum analysis of aircraft noise operated at the airfield. With the information of spectrum level and its time history, TTS was calculated as a function of time and level change. The permanent threshold shift was also calculated by means of Robinson's method and ISO's method. The results indicate the noise exposure around Kadena Air Base was hazardous to hearing and is likely to have caused hearing loss to people living in its vicinity. (C) 2004 Elsevier Ltd. All rights reserved.
  • 日本衛生学雑誌 58 (3), 385-394 2004年 [査読有り][通常論文]
  • 騒音制御 28 (6), 435-441 2004年 [査読有り][通常論文]
  • Children's cognition and aircraft noise exposure at home - the West London Schools Study
    Noise & Health 7 (25) 59-58 2004年 [査読有り][通常論文]
  • 航空機騒音暴露の生理的影響―疫学調査による―
    北の産業保健 18 4 - 7 2003年 [査読無し][招待有り]
  • 日本音響学会誌 59 (2), 80-85 2003年 [査読有り][通常論文]
  • 医学生と看護学生に対するお酒と健康に関する質問紙調査とアルコールパッチテスト
    北海道公衆衛生学雑誌 16 (2), 44-49 2003年 [査読有り][通常論文]
  • 旭川医科大学に勤務する職員の喫煙状況および生活習慣に関する研究
    北方産業衛生 44, 1-5 2003年 [査読有り][通常論文]
  • T Miyakita, T Matsui, A Ito, T Tokuyama, K Hiramatsu, Y Osada, T Yamamoto
    JOURNAL OF SOUND AND VIBRATION 250 1 129 - 137 2002年02月 [査読有り][通常論文]
     
    A questionnaire survey was made of health effects of aircraft noise on residents living around Kadena and Futenma airfields using the Todai Health Index. Aircraft noise exposure expressed by L-dn ranged from under 55 to over 70 in the surveyed area. The number of valid answers was 7095, including 848 among the control group. Twelve scale scores were converted to dichotomous variables based on scale scores of the 90 percentile value or the 10 percentile value in the control group. Multiple logistic regression analysis was done taking 12 scale scores converted into the dependent variable and L-dn, age (six levels), sex, occupation (four categories) and the interaction of age and sex as the independent variables. Significant dose-response relationships were found in the scale scores for vague complaints, respiratory, digestive, mental instability, depression and nervousness. The results suggest that the residents living around Kadena and Futenma airfields may suffer both physical and mental effects as a result of exposure to military aircraft noise and that such responses increase with the level of noise exposure (L-dn). (C) 2002 Academic Press.
  • K Hiramatsu, T Matsui, T Miyakita, A Ito, T Tokuyama, Y Osada, T Yamamoto
    JOURNAL OF SOUND AND VIBRATION 250 1 139 - 144 2002年02月 [査読有り][通常論文]
     
    Discriminant function values of psychosomatics and neurosis are calculated using the 12 scale scores of the Todai Health Index, a general health questionnaire, obtained in the survey done around the Kadena and Futenma U.S. airfields in Okinawa, Japan. The total number of answers available for the analysis is 6301. Factor analysis is applied to the 12 scale scores by means of the principal factor method, and Oblimin rotation is done because the factors extracted are considered likely to correlate with each other to a greater or lesser extent. The logistic regression analysis is made with the independent variables of discriminant function (DF) values and factor scores and with the dependent variables of L-dn, age (six levels), sex, occupation (four categories) and the interaction of age and sex. Results indicate that the odds ratio of the DF values regarding psychosomatic disorder and of the score of somatic factor have clear dose-response relationship. The odds ratios of the DF value of neurosis and of the score of the mental factor increase in the area where noise exposure is very intense. (C) 2002 Academic Press.
  • 嘉手納飛行場周辺における航空機騒音曝露の記録と経年変化
    日本音響学会誌 58(1),20-24 2002年 [査読有り][通常論文]
  • 騒音制御 26(3), 199-204 2002年 [査読有り][通常論文]
  • 公共室内空間における喫煙影響評価の検討
    北方産業衛生 43, 15-19 2001年 [査読有り][通常論文]
  • 音響学会誌 56(8), 556-564 2000年 [査読有り][通常論文]
  • 「長期連続自動測定から安定した環境騒音値を求める手法」における統計手法の誤用
    騒音制御 24(2), 144-145 2000年 [査読有り][通常論文]
  • An electrophysiological study of the effects of acute methylmercury choloride exposure on the function of the guniea pig cochlea
    Acta Otolaryngol (Stockh) 117, 675-680 1997年 [査読有り][通常論文]
  • Combined effects of cute lead acetate exposure and tone exposure of the guniea pig cochlea
    Eur Arch Otorihinolaryngol 253, 488-493 1996年 [査読有り][通常論文]
  • 騒音制御 20(6), 385-391 1996年 [査読有り][通常論文]
  • 日本音響学会誌 51(12), 957-964 1995年 [査読有り][通常論文]
  • 騒音暴露による聴覚フィルタ特性の変化
    環境衛生工学研究 8(4), 7-14 1994年 [査読有り][通常論文]
  • Effects of High-Frequency Sound on Electrochemical Potential Using the Single-Barrel Method in Guinea Pigs
    J Oto-Rhino-Laryngology 55, 84-88 1993年 [査読有り][通常論文]
  • Effects of Low-Frequency Ultrasound on the Inner Ear: an Electrophysiological study Using the Guinea Pig Cochlea
    Eur Arch Otorhinolaryngol 250, 22-26 1993年 [査読有り][通常論文]
  • Study of the Effect of 350-Hz Tone Exposure on Electrophysiological Function of the Inner Ear of Guinea Pigs
    J Oto-Rhino-Laryngology 54, 10-14 1992年 [査読有り][通常論文]
  • Effects of 250 and 500 Hz tone Exposure on the Inner Ear of Guinea Pigs as Determined by Electrophysiological Techniques
    J Oto-Rhino-Laryngology 53, 147-152 1991年 [査読有り][通常論文]
  • Febrile convulsions in northern Japan: a quantittative and qualitative analysis of EEG and clinical finidings
    Acta Neurol Scand 83, 411-417 1991年 [査読有り][通常論文]
  • 日本音響学会誌 47(11), 809-817 1991年 [査読有り][通常論文]
  • 日本音響学会誌 46(3), 245-250 1990年 [査読有り][通常論文]
  • 日本音響学会誌 46(5), 413-414 1990年 [査読有り][通常論文]
  • 日本音響学会誌 45(7), 512--518 1989年 [査読有り][通常論文]
  • 日本音響学会誌 44(5), 350-360 1988年 [査読有り][通常論文]
  • 日本音響学会誌 44(8), 581--587 1988年 [査読有り][通常論文]
  • 有限長道路にも適用可能なL50を与える式について―等間隔モデルの場合―
    騒音制御 9(1), 38-42 1985年 [査読有り][通常論文]
  • 日本音響学会誌 41(9), 581-585 1985年 [査読有り][通常論文]

書籍

  • 環境による健康リスク
    (担当:分担執筆範囲:騒音,低周波音)
    日本医師会 2017年10月
  • 公害環境訴訟の新たな展開―権利救済から政策形成へ
    (担当:分担執筆)
    日本評論社 2012年
  • 音の百科事典
    (担当:分担執筆)
    丸善 2006年
  • 医学大辞典
    (担当:分担執筆)
    医学書院 2003年

講演・口頭発表等

  • Epidemiological Study of Aircraft Noise using Sheet-Shaped Sleep Meter: Measurement of Motility, Heart Rate and Respiratory Rate  [通常講演]
    J. Tagusari, M. Takakusaki, T. Matsui
    ICBEN 2017 2017年06月 口頭発表(一般)
  • Frequency Weighting for the Evaluation of Human Response to Low-Frequency Noise based on the Physiological Evidence of the Vestibular System  [通常講演]
    J. Tagusari, S. Satou, T. Matsui
    ICBEN 2017 2017年06月 口頭発表(一般)
  • Non-auditory effects of noise ---Overview of the literature 2014--2016---  [招待講演]
    Y. de Kluizenaar, T. Matsui
    ICBEN 2017 2017年06月 口頭発表(招待・特別)
  • Mitigation of indoor low-frequency noise using single channel active noise control system  [通常講演]
    K. Kaneuchi, K. Nishimura, T. Matsui
    Internoise 2014 2014年08月 口頭発表(一般)
  • Non-auditory effects of noise ---Overview of the literature 2011--2013--  [招待講演]
    T. Matsui, Y. de Kluizenaar
    ICBEN 2014 2014年06月 口頭発表(招待・特別)
  • 我が国における道路交通騒音による健康損失―DALY(障害調整生存年)による評価―  [招待講演]
    松井 利仁
    北海道大学衛生工学シンポジウム 2013年12月 シンポジウム・ワークショップパネル(指名)
  • 子どもが受ける騒音の健康影響  [招待講演]
    松井 利仁
    騒音制御工学会秋期研究発表会 2013年09月 シンポジウム・ワークショップパネル(指名)
  • 単チャンネル能動消音装置を用いた屋内低周波騒音対策  [通常講演]
    金内 健, 西村浩一, 松田有生, 松井利仁
    騒音制御工学会秋期研究発表会 2013年09月 口頭発表(一般)
  • Psychosomatic disorder due to aircraft noise and its causal pathway  [招待講演]
    MATSUI Toshihito
    Internoise 2013 2013年09月 口頭発表(一般)
  • SEAのための騒音評価指標の提案―複数案の比較―---  [通常講演]
    2013年04月
  • 騒音政策を見直すために―道路交通騒音によるDALY(障害調整生存年)の算定  [通常講演]
    環境衛生工学研究 2012年 口頭発表(一般)
  • 我が国の騒音政策を見直すために―道路交通騒音によるDALY(障害調整生存年)の算定  [通常講演]
    騒音制御工学会秋季研究発表会 2012年 口頭発表(一般)
  • The effect of aircraft noise exposure on long-term memory: A report of the Bangkok Airport Study  [通常講演]
    ICBEN 2011年 口頭発表(一般)
  • The Effect of Aircraft Noise Exposure on Quality of Life and Psychiatric Problem: A Report of the Bangkok Airport Study  [通常講演]
    ICBEN 2011年 口頭発表(一般)
  • Dose-response relationships between hypertension and several night noise indices of aircraft noise exposure around the Kadena US airfield in Okinawa  [招待講演]
    ICBEN 2011年 口頭発表(招待・特別)
  • 騒音政策に対する騒音制御工学会の役割  [通常講演]
    騒音制御工学会音環境デザイン分科会公開討論会資料 2011年 口頭発表(一般)
  • 我が国における各種基準値の課題―健康影響の視点に基づく考察―  [招待講演]
    騒音制御工学会秋期講演論文集 2011年 口頭発表(一般)
  • 交通騒音の健康影響と欧州夜間騒音ガイドライン  [通常講演]
    騒音制御工学会秋期講演論文集 2011年 口頭発表(一般)
  • ラオス・ルアンパバーンにおける音環境計画 ―電動車両導入による道路交通騒音対策―  [通常講演]
    環境衛生工学研究 2011年 口頭発表(一般)
  • 世界遺産ルアンパバーンにおける音環境計画 ―電動車両導入による道路交通騒音対策―  [通常講演]
    音響学会騒音研究会資料 2011年 口頭発表(一般)
  • 高血圧と各種騒音指標の量反応関係―嘉手納飛行場周辺における疫学調査結果―  [招待講演]
    ICBEN 2011年 口頭発表(招待・特別)
  • Economic valuation of sleep disturbance due to traffic noise: A questionnaire study applying CVM in Urayasu, Chiba, Japan  [通常講演]
    ICA 2010年 口頭発表(一般)
  • A night noise index on the basis of the integration of awakening potential  [通常講演]
    ICA 2010年 口頭発表(一般)
  • 環境基準評価における LAeq 計算方法の見直し―対象音と除外音の独立性に基づく方法―  [通常講演]
    音響学会騒音研究会資料 2010年 口頭発表(一般)
  • 音環境の計測における主観的音源識別の不確かさ  [通常講演]
    音響学会騒音研究会資料 2010年 口頭発表(一般)
  • 世界遺産・ルアンパバーン(ラオス)における音環境デザイン―電動車両導入による道路交通騒音対策の効果―  [通常講演]
    音響学会関西支部若手講演論文集 2010年 口頭発表(一般)
  • 環境音計測における主観的音源識別の不確かさ  [通常講演]
    騒音制御工学会秋期講演論文集 2010年 口頭発表(一般)
  • 複合低周波音の評価指標に関する考察  [通常講演]
    騒音制御工学会秋期講演論文集 2010年 口頭発表(一般)
  • 交通騒音による睡眠妨害の経済評価―浦安市における質問紙調査結果―  [通常講演]
    騒音制御工学会秋期講演論文集 2010年 口頭発表(一般)
  • 騒音影響に対する受容と慣れ―浦安市における質問紙調査結果―  [通常講演]
    音響学会秋季講演論文集 2010年 口頭発表(一般)
  • 除外音と対象音の独立性に基づいた LAeq の計算方法  [通常講演]
    音響学会秋季講演論文集 2010年 口頭発表(一般)
  • 音環境の新たなアセスメント手法の提案―サウンドスケープ概念に基づく評価指標―  [通常講演]
    環境衛生工学研究 2010年 口頭発表(一般)
  • サウンドスケープ概念に基づく環境アセスメント  [通常講演]
    騒音制御工学会春期講演論文集 2010年 口頭発表(一般)
  • Time-component Matrix Chart as a tool for designing sonic environment having a diversity of sound sources  [通常講演]
    Euronoise 2009年 口頭発表(一般)
  • Neuro-physiological approach for evaluating noise-induced sleep disturbance: time constant of the dynamic characteristic in the brainstem  [通常講演]
    Euronoise 2009年 口頭発表(一般)
  • 統計解析手法による航空機騒音識別について  [通常講演]
    音響学会騒音研究会資料 2009年 口頭発表(一般)
  • 航空機騒音に対する受容,不安,慣れに関する研究―羽田空港再拡張前における浦安市での質問紙調査―  [通常講演]
    音響学会関西支部若手講演論文集 2009年 口頭発表(一般)
  • 環境音計測における主観的音源識別の不確かさについて  [通常講演]
    音響学会関西支部若手講演論文集 2009年 口頭発表(一般)
  • 騒音の健康影響と因果の経路  [通常講演]
    風力エネルギー利用総合セミナーテキスト 2009年 口頭発表(一般)
  • 騒音による中途覚醒評価のための神経生理学的アプローチ:脳幹における動特性の時定数  [通常講演]
    音響学会秋季講演論文集 2009年 口頭発表(一般)
  • 音環境の多次元評価手法の提案 ―〈音源×レベル〉時間構成マトリックスに基づく指標群―  [通常講演]
    音響学会秋季講演論文集 2009年 口頭発表(一般)
  • 除外音処理の必要性を判断するための統計的手法の開発 ―一般環境騒音計測結果に基づく検討―  [通常講演]
    騒音制御工学会秋季講演論文集 2009年 口頭発表(一般)
  • 航空機騒音曝露の低出生体重児出生率への影響 ―厚木海軍飛行場周辺における疫学調査結果―  [通常講演]
    騒音制御工学会秋季講演論文集 2009年 口頭発表(一般)
  • 健康影響を引き起こす騒音の生活妨害は何か ―成田国際空港周辺における疫学調査結果―  [通常講演]
    音響学会騒音研究会資料 2009年 口頭発表(一般)
  • 〈音源×レベル〉時間構成マトリックスを利用した音環境デザインツールの開発  [通常講演]
    音響学会騒音研究会資料 2009年 口頭発表(一般)
  • The Influence of aircraft noise on long-term memory: the results from surveys before and after the opening of the new Bangkok airport  [通常講演]
    音響学会騒音研究会資料 2009年 口頭発表(一般)
  • Hospital soundscape listened to by inpatients and nurses  [招待講演]
    Health Prom. & Qual. in Health Services 2008年 口頭発表(招待・特別)
  • The physical expression of soundscape: An investigation by means of Time Component Matrix Chart  [招待講演]
    Internoise 2008年 口頭発表(招待・特別)
  • Dose-response relationship between hypertension and aircraft noise exposure around Kadena airfield in Okinawa  [招待講演]
    ICBEN 2008年 口頭発表(招待・特別)
  • Relationship between subjective health and disturbances of daily life due to aircraft noise exposure ―Questionnaire study conducted around Narita International Airport―  [通常講演]
    ICBEN 2008年 口頭発表(一般)
  • 〈音源×レベル〉時間構成マトリックスによる音環境の表現―トランジットモール社会実験によるサウンドスケープの変化―  [通常講演]
    音響学会関西支部若手講演論文集 2008年 口頭発表(一般)
  • EU夜間騒音ガイドライン案と我が国の環境基準との比較  [通常講演]
    音響学会関西支部若手講演論文集 2008年 口頭発表(一般)
  • 音環境デザインツールとしての〈音源×レベル〉時間構成マトリックスの利用  [通常講演]
    日本サウンドスケープ協会論文集 2008年 口頭発表(一般)
  • トンネル内における自動車走行騒音のユニットパターンに関する調査結果  [通常講演]
    音響学会騒音研究会資料 2008年 口頭発表(一般)
  • 統計解析手法を用いた航空機騒音識別方法  [通常講演]
    騒音制御工学会秋季講演論文集 2008年 口頭発表(一般)
  • 境界要素法による半円形トンネル坑口からの音響放射の検討  [通常講演]
    音響学会秋季講演論文集 2008年 口頭発表(一般)
  • トンネル坑口周辺部における騒音予測モデルの開発  [通常講演]
    音響学会秋季講演論文集 2008年 口頭発表(一般)
  • 〈音源×レベル〉時間構成マトリックスを用いた音環境変化の表現―京都市におけるトランジットモール社会実験の影響―  [通常講演]
    音響学会秋季講演論文集 2008年 口頭発表(一般)
  • 騒音感受性および慣れが騒音反応の地域差に及ぼす影響―成田国際空港周辺における疫学調査結果―  [通常講演]
    音響学会秋季講演論文集 2008年 口頭発表(一般)
  • 健康影響を生じさせる騒音の生活妨害は何か―成田国際空港周辺における疫学調査結果―  [通常講演]
    音響学会秋季講演論文集 2008年 口頭発表(一般)
  • 音源種別を考慮した音環境計測手法の有用性について―トランジットモール社会実験による考察―  [通常講演]
    環境衛生工学研究 2008年 口頭発表(一般)
  • 周波数を考慮したトンネル坑口周辺部における騒音予測モデルの開発  [通常講演]
    環境衛生工学研究 2008年 口頭発表(一般)
  • 道路交通騒音が付加されることによる音環境の変化―〈音源×レベル〉時間構成マトリックスを用いた予測―  [通常講演]
    騒音制御工学会春季講演論文集 2008年 口頭発表(一般)
  • トンネル坑口周辺部における周波数別騒音予測モデルの開発  [通常講演]
    騒音制御工学会春季講演論文集 2008年 口頭発表(一般)
  • 騒音問題と健康影響評価の現状  [通常講演]
    LIME2ワークショップ講演集 2008年 口頭発表(一般)
  • 道路交通騒音曝露による心循環器系疾患のリスク評価  [通常講演]
    音響学会騒音研究会資料 2008年 口頭発表(一般)
  • 健康に影響を及ぼす騒音の生活妨害は何か  [通常講演]
    音響学会騒音研究会資料 2008年 口頭発表(一般)
  • Noise sensitivity and subjective health―Questionnaire study conducted along trunk roads―  [招待講演]
    Internoise 2007年 口頭発表(招待・特別)
  • Relationship between psychiatric disorder and disturbances of daily life due to aircraft noise exposure―Epidemiological study around Narita International Airport―  [通常講演]
    Internoise 2007年 口頭発表(一般)
  • Questionnaire study conducted around Narita International Airport ―Effects of aircraft noise and validity of noise indices―  [招待講演]
    Internoise 2007年 口頭発表(招待・特別)
  • 道路交通騒音曝露による心疾患リスクの評価  [通常講演]
    音響学会関西支部若手講演論文集 2007年 口頭発表(一般)
  • 音源種別を考慮した物理計測手法の検討 ―〈音源×レベル〉時間構成マトリックスの提案―  [通常講演]
    日本サウンドスケープ協会論文集 2007年 口頭発表(一般)
  • 騒音曝露による虚血性心疾患のリスク評価  [通常講演]
    騒音制御工学会秋季講演論文集 2007年 口頭発表(一般)
  • 航空機騒音の影響に関する量反応関係と反応閾値 ―成田国際空港での質問紙調査結果―  [通常講演]
    騒音制御工学会秋季講演論文集 2007年 口頭発表(一般)
  • 騒音影響の耐容限度と慣れ ―成田国際空港での質問紙調査結果―  [通常講演]
    騒音制御工学会秋季講演論文集 2007年 口頭発表(一般)
  • 音源別の住民反応に基づいた音環境の評価方法 ―階層的クラスタ分析の適用―  [通常講演]
    環境衛生工学研究 2007年 口頭発表(一般)
  • 音源種別を考慮した音環境評価方法の検討  [通常講演]
    音響学会騒音研究会資料 2007年 口頭発表(一般)
  • 騒音の健康リスクから見た環境基準の課題―嘉手納飛行場周辺での疫学調査に基づく考察―  [通常講演]
    日本リスク研究学会講演論文集 2006年 口頭発表(一般)
  • 騒音による健康影響のリスク評価  [通常講演]
    日本リスク研究学会講演論文集 2006年 口頭発表(一般)
  • 騒音感受性と回答バイアスが騒音反応の個人差に及ぼす影響  [通常講演]
    音響学会騒音研究会資料 2006年 口頭発表(一般)
  • 「騒音に係る環境基準」の問題点に関する考察  [通常講演]
    音響学会騒音研究会資料 2006年 口頭発表(一般)
  • 生活妨害とアノイアンスの個人差に関する研究  [通常講演]
    騒音制御工学会秋季講演論文集 2006年 口頭発表(一般)
  • 航空機騒音による生活妨害と健康影響の関係 ―嘉手納飛行場周辺での疫学調査結果―  [通常講演]
    騒音制御工学会秋季講演論文集 2006年 口頭発表(一般)
  • 航空機騒音曝露とメンタルヘルスの関連 ―成田国際空港周辺での質問紙調査結果―  [通常講演]
    騒音制御工学会秋季講演論文集 2006年 口頭発表(一般)
  • 許容できる騒音被害と慣れ ―成田国際空港周辺での質問紙調査―  [通常講演]
    環境衛生工学研究 2006年 口頭発表(一般)
  • 航空機騒音の健康影響 ―沖縄県調査―  [通常講演]
    日本衛生学雑誌 2006年 口頭発表(一般)
  • 新幹線騒音・振動による健康影響と生活妨害  [通常講演]
    音響学会騒音研究会資料 2006年 口頭発表(一般)
  • 道路交通騒音・振動による複合影響  [通常講演]
    音響学会騒音研究会資料 2006年 口頭発表(一般)
  • 航空機騒音による生活妨害と健康影響  [通常講演]
    音響学会関西支部若手講演論文集 2005年 口頭発表(一般)
  • 都道府県のSARS対策に関する質問紙調査―リスクコミュニケーションおよびクライシスコミュニケーションの観点から―  [通常講演]
    日本リスク研究学会講演論文集 2005年 口頭発表(一般)
  • 新幹線騒音・振動による生活妨害と健康影響  [通常講演]
    騒音制御工学会秋講演論文集 2005年 口頭発表(一般)
  • 種々の音源に対する住民反応を利用した音環境の評価方法  [通常講演]
    騒音制御工学会秋季講演論文集 2005年 口頭発表(一般)
  • 飛行中の航空機騒音を模擬した移動単発騒音の各種音響特性,特に騒音の立ち上がりの速さと耳小骨筋反射の潜時中に外耳道に入射する音響エネルギーについて  [通常講演]
    環境衛生工学研究 2005年 口頭発表(一般)
  • 幹線道路近傍の住民に対する騒音と振動の複合影響  [通常講演]
    騒音制御工学会春季講演論文集 2005年 口頭発表(一般)
  • 環境基準の問題点  [通常講演]
    音響学会関西支部音環境談話会資料 2005年 口頭発表(一般)
  • Studies on crisis and risk communication for severe acute respiratory syndrome (SARS)  [通常講演]
    Risk Assess. in Asia/Pacific Region 2004年 口頭発表(一般)
  • Physiological effects of noise on salivary chromogranin A (CgA) as a measure of stress response  [通常講演]
    Internoise 2004年 口頭発表(一般)
  • Dose-response curve of annoyance with adjustment for age based on the standard population  [通常講演]
    Internoise 2004年 口頭発表(一般)
  • Salivary chromogranin A as an index of psychosomatic stress response to noise  [通常講演]
    ICA 2004年 口頭発表(一般)
  • 幹線道路沿道における主観的健康と騒音感受性  [通常講演]
    音響学会関西支部若手講演論文集 2004年 口頭発表(一般)
  • 騒音による生理学的影響の個人差とその要因の検討  [通常講演]
    音響学会秋季講演論文集 2004年 口頭発表(一般)
  • 幹線道路沿道における主観的健康感―感受性を考慮した解析―  [通常講演]
    音響学会秋季講演論文集 2004年 口頭発表(一般)
  • 騒音感受性評価手法の妥当性の検討―フィールド調査による検討―  [通常講演]
    音響学会秋季講演論文集 2004年 口頭発表(一般)
  • 騒音感受性評価手法の妥当性に関する研究―騒音暴露実験による検討―  [通常講演]
    音響学会秋季講演論文集 2004年 口頭発表(一般)
  • 環境類似度による音環境評価  [通常講演]
    騒音制御工学会秋講演論文集 2004年 口頭発表(一般)
  • 航空機騒音の評価尺度の問題点 ―成田空港周辺の測定データによる検討―  [通常講演]
    騒音制御工学会秋季講演論文集 2004年 口頭発表(一般)
  • 騒音感受性評価手法の妥当性の検討  [通常講演]
    環境衛生工学研究 2004年 口頭発表(一般)
  • 騒音による生理学的影響の評価 ―唾液中クロモグラニンAを指標として―  [通常講演]
    環境衛生工学研究 2004年 口頭発表(一般)
  • 騒音影響の社会調査における量反応曲線の導出方法 ―ロジスティック曲線の適用と交絡要因の調整―  [通常講演]
    音響学会春季講演論文集 2004年 口頭発表(一般)
  • The Okinawa study: effect of chronic aircraft noise exposure on memory of school children  [通常講演]
    ICBEN 2003年 口頭発表(一般)
  • The Okinawa study: effect of chronic aircraft noise exposure on birth weight, prematurity and intrauterine growth retardation  [招待講演]
    ICBEN 2003年 口頭発表(招待・特別)
  • An estimation of hearing threshold shift due to aircraft noise exposure  [通常講演]
    J-S Noise Symposium 2003年 口頭発表(一般)
  • Effects of aircraft noise on blood pressure and some other physiological indices ―Epidemiological study around Kadena and Futenma airfields in Okinawa―  [通常講演]
    J-S Noise Symposium 2003年 口頭発表(一般)
  • 唾液中クロモグラニンAを指標とした騒音影響の評価  [通常講演]
    音響学会関西支部若手講演論文集 2003年 口頭発表(一般)
  • 睡眠障害と自覚的健康度の関係 ―嘉手納・普天間飛行場周辺での疫学調査結果―  [通常講演]
    音響学会秋季講演論文集 2003年 口頭発表(一般)
  • 航空機騒音の健康影響に関する疫学調査 ―沖縄県調査の概要―  [通常講演]
    音響学会秋季講演論文集 2003年 口頭発表(一般)
  • 自覚的健康度に対する航空機騒音曝露の影響 ―性差の有無に関する検討―  [通常講演]
    環境衛生工学研究 2003年 口頭発表(一般)
  • 幹線道路近傍での騒音に対する住民反応 ―面接法による調査事例―  [通常講演]
    環境衛生工学研究 2003年 口頭発表(一般)
  • 中国内モンゴル地域の地下水飲用により発生した慢性砒素中毒の症状発生に影響する因子の検討  [通常講演]
    日本産業衛生学会講演集 2003年 口頭発表(一般)
  • 看護師の職場におけるストレス要因と喫煙習慣との関係に関する研究  [通常講演]
    日本産業衛生学会講演集 2003年 口頭発表(一般)
  • 免疫指標による環境リスク評価の試み ―3歳幼児での検証―  [通常講演]
    日本衛生学雑誌 2003年 口頭発表(一般)
  • 血圧に対する航空機騒音曝露の影響 ―住民健診資料に基づいた解析結果―  [通常講演]
    日本衛生学雑誌 2003年 口頭発表(一般)
  • Longitudinal effects of noise, noise sensitivity and psychosocial factors on men's psycological distress  [招待講演]
    ISEE/ISEA 2002年 口頭発表(招待・特別)
  • Analyses of blood pressures of residents around the military airfields in Okinawa, Japan  [招待講演]
    ISEE/ISEA 2002年 口頭発表(招待・特別)
  • 航空機騒音の胎児の発育に対する影響 ―嘉手納・普天間飛行場周辺における疫学的研究―  [通常講演]
    音響学会騒音研究会資料 2002年 口頭発表(一般)
  • 旭川医科大学および附属病院職員の各職種における喫煙に対する意識  [通常講演]
    北海道公衆衛生学雑誌 2002年 口頭発表(一般)
  • 胎児の発育に対するリスク要因としての航空機騒音  [通常講演]
    日本リスク研究学会講演論文集 2002年 口頭発表(一般)
  • 痴呆性老人に対する園芸療法プログラムの検討  [通常講演]
    老年社会科学 2002年 口頭発表(一般)
  • 住民による地域音環境の評価構造 ―自由回答に記述された音源とその評価を用いた分析―  [通常講演]
    音響学会秋季講演論文集 2002年 口頭発表(一般)
  • 航空機騒音の胎児への影響における性差について ―嘉手納・普天間飛行場周辺における疫学的研究―  [通常講演]
    音響学会秋季講演論文集 2002年 口頭発表(一般)
  • 航空機騒音と血圧に関する量反応・量効果関係 ―嘉手納・普天間飛行場周辺における疫学的研究―  [通常講演]
    音響学会秋季講演論文集 2002年 口頭発表(一般)
  • 血圧と航空機騒音曝露の関係 ―住民健診資料に基づいた統計解析結果―  [通常講演]
    音響学会騒音研究会資料 2002年 口頭発表(一般)
  • Higher rate of low-birth-weight and/or preterm infants observed around Kadena Airfield in Okinawa  [通常講演]
    Proc ICA 2001年 口頭発表(一般)
  • Environment similarity index concerning sonic environment ―toward the evaluation of sonic Environment―  [招待講演]
    ICA 2001年 口頭発表(招待・特別)
  • Association between blood pressure and aircraft noise exposure around Kadena airfield in Okinawa  [招待講演]
    Internoise 2001年 口頭発表(招待・特別)
  • 環境類似度に基づく音環境評価の方法  [通常講演]
    音響学会秋季講演論文集 2001年 口頭発表(一般)
  • 主観的健康感と騒音感受性との関連 ―嘉手納, 普天間飛行場周辺での疫学調査―  [通常講演]
    音響学会秋季講演論文集 2001年 口頭発表(一般)
  • 環境類似度を用いた音環境評価の試み  [通常講演]
    環境衛生工学研究 2001年 口頭発表(一般)
  • 在宅通信システムの導入が在宅療養者の心理・社会的側面に与える効果  [通常講演]
    老年社会科学 2001年 口頭発表(一般)
  • An analysis of the general health questionnaire survey around airports in terms of annoyance reaction  [招待講演]
    Internoise 2000年 口頭発表(招待・特別)
  • An analysis of community response to aircraft noise on general health and disturbance of daily life in relation to individual sensitivity  [通常講演]
    J-S Noise Symposium 2000年 口頭発表(一般)
  • Population based questionnaire survey on health effects of aircraft noise on residents living around U.S. military airfields in the Ryukyus 2. An analysis of the discriminant score and the factor score  [通常講演]
    J-S Noise Symposium 2000年 口頭発表(一般)
  • Population based questionnaire survey on health effects of aircraft noise on residents living around U.S. military airfields in the Ryukyus 1. An analysis of the 12 scale scores  [通常講演]
    J-S Noise Symposium 2000年 口頭発表(一般)
  • 航空機騒音曝露と幼児問題行動との関連 ―嘉手納・普天間飛行場周辺における調査結果―  [通常講演]
    音響学会騒音研究会資料 2000年 口頭発表(一般)
  • 室内公共空間における喫煙影響評価の検討  [通常講演]
    北方産業衛生学会抄録集 2000年 口頭発表(一般)
  • 看護学生に実施した喫煙防止教育プログラムの効果  [通常講演]
    日本公衆衛生雑誌 2000年 口頭発表(一般)
  • 家屋防音工事のミティゲーション効果 ―航空機騒音の疫学調査に基づく検証―  [通常講演]
    環境衛生工学研究 2000年 口頭発表(一般)
  • 健康に対するリスク要因としての航空機騒音曝露 ―血圧及び尿酸濃度への影響―  [通常講演]
    環境衛生工学研究 2000年 口頭発表(一般)
  • 健康に対するリスク要因としての航空機騒音曝露 ―出生体重及び妊娠期間への影響―  [通常講演]
    環境衛生工学研究 2000年 口頭発表(一般)
  • 高齢者福祉施設実習における学生の老人観の変化  [通常講演]
    老年社会科学 2000年 口頭発表(一般)
  • 沖縄県における低出生体重児出生率と航空機騒音曝露との関連  [通常講演]
    日本衛生学雑誌 2000年 口頭発表(一般)
  • 嘉手納・普天間基地周辺地域住民の自覚的健康感と航空機騒音曝露  [通常講演]
    日本衛生学雑誌 2000年 口頭発表(一般)
  • 嘉手納基地周辺住民の聴力に及ぼす航空機騒音の影響  [通常講演]
    日本衛生学雑誌 2000年 口頭発表(一般)
  • 嘉手納基地周辺の航空機騒音曝露とそれによる聴力損失の推定  [通常講演]
    日本衛生学雑誌 2000年 口頭発表(一般)
  • Subjective health and annoyance reaction to aircraft noise: An analysis of community response  [招待講演]
    ISEE/ISEA 1999年 口頭発表(招待・特別)
  • パチンコ店内音の聴力への影響  [通常講演]
    北海道公衆衛生学雑誌 1999年 口頭発表(一般)
  • 将来のドクターとナースに対する喫煙問題調査:喫煙の要因に関する検討  [通常講演]
    北海道公衆衛生学雑誌 1999年 口頭発表(一般)
  • 喫煙者の喫煙・禁煙に関する意識についての一考察―A市における事業所の実態調査から―  [通常講演]
    北海道公衆衛生学雑誌 1999年 口頭発表(一般)
  • 医学生と看護学生に対するお酒と健康に関する質問紙調査とアルコールパッチテスト  [通常講演]
    北海道公衆衛生学雑誌 1999年 口頭発表(一般)
  • 航空機騒音曝露と低出生体重児出生率の関連 ―嘉手納・普天間基地周辺における調査結果―  [通常講演]
    日本公衆衛生雑誌 1999年 口頭発表(一般)
  • 航空機騒音曝露と血圧・尿酸濃度の関連 ―嘉手納・普天間基地周辺における調査結果―  [通常講演]
    日本公衆衛生雑誌 1999年 口頭発表(一般)
  • 航空機騒音曝露と幼児の感冒症状 ―室内空気汚染による影響の検討―  [通常講演]
    日本公衆衛生雑誌 1999年 口頭発表(一般)
  • 看護学生に対する喫煙防止教育:喫煙防止教育プログラムの改善とその効果  [通常講演]
    日本公衆衛生雑誌 1999年 口頭発表(一般)
  • 血圧・尿酸濃度に及ぼす航空機騒音の影響  [通常講演]
    音響学会秋季講演論文集 1999年 口頭発表(一般)
  • 低出生体重児および早産児の出生率に及ぼす航空機騒音の影響  [通常講演]
    音響学会秋季講演論文集 1999年 口頭発表(一般)
  • 学童の記憶力に及ぼす航空機騒音の影響  [通常講演]
    音響学会秋季講演論文集 1999年 口頭発表(一般)
  • General health questionnaire survey around Kadena U.S. airfield in the Ryukyus ―an analysis of the 12 scale scores―  [通常講演]
    ICBEN 1998年 口頭発表(一般)
  • Annoyance and its related responses of the residents around Kadena U.S. airfield in the Ryukyus  [通常講演]
    ICBEN 1998年 口頭発表(一般)
  • Sleep disturbance reported around Kadena U.S. airfield in the Ryukyus  [通常講演]
    ICBEN 1998年 口頭発表(一般)
  • Children's misbehaviours around U.S. airfields in the Ryukyus  [通常講演]
    ICBEN 1998年 口頭発表(一般)
  • Higher rate of low-birth weight infants observed in the vicinity of US airfield in the Ryukyus  [通常講演]
    ICBEN 1998年 口頭発表(一般)
  • General health questionnaire survey around Kadena U.S. airfield in the Ryukyus ―an analysis of the discriminant score and the factor score―  [通常講演]
    ICBEN 1998年 口頭発表(一般)
  • An estimation of hearing loss due to aircraft noise exposure recorded around Kadena US airfield in the Ryukyus  [通常講演]
    ICBEN 1998年 口頭発表(一般)
  • Results of the hearing tests conducted in the vicinity of Kadena U.S. airfield  [通常講演]
    ICBEN 1998年 口頭発表(一般)
  • Disturbance of TV and telephone use by aircraft noise reported around an airfield in the Ryukyus  [通常講演]
    Internoise 1998年 口頭発表(一般)
  • Evaluation of the residential environment by the inhabitants around an airfield in the Ryukyus  [通常講演]
    Internoise 1998年 口頭発表(一般)
  • Is residential sound-proofing an effective measure in reducing the effects of aircraft noise?  [通常講演]
    Internoise 1998年 口頭発表(一般)
  • Monitoring and analysis of aircraft noise exposure around military and civil airfields in the Ryukyus  [通常講演]
    Internoise 1998年 口頭発表(一般)
  • Role of the existence of zinc in the production of nitric oxide from the rat brain hippocampus  [通常講演]
    J. Trace Elem. Exp. Med. 1998年 口頭発表(一般)
  • 競争的摂食ストレスがラット生体内微量元素の動態に及ぼす影響  [通常講演]
    Biomed Res Trace Elem 1998年 口頭発表(一般)
  • 拘束ストレスの亜鉛欠乏食ラットにおよぼす影響,  [通常講演]
    Biomed Res Trace Elem 1998年 口頭発表(一般)
  • 嘉手納基地周辺住民の聴力検査結果  [通常講演]
    沖縄県公衆衛生学会抄録集 1998年 口頭発表(一般)
  • 嘉手納・普天間両基地周辺における幼児要観察行動の調査結果  [通常講演]
    沖縄県公衆衛生学会抄録集 1998年 口頭発表(一般)
  • 家屋防音工事は騒音の影響を緩解するか? ―嘉手納基地周辺における調査結果―  [通常講演]
    日本公衆衛生雑誌 1998年 口頭発表(一般)
  • 航空機騒音曝露と自覚的健康度の関連(2)―嘉手納基地周辺における調査結果―  [通常講演]
    日本公衆衛生雑誌 1998年 口頭発表(一般)
  • 航空機騒音曝露と自覚的健康度の関連(1)―嘉手納基地周辺における調査結果―  [通常講演]
    日本公衆衛生雑誌 1998年 口頭発表(一般)
  • 航空機騒音曝露と睡眠障害 ―嘉手納基地周辺における調査結果―  [通常講演]
    日本公衆衛生雑誌 1998年 口頭発表(一般)
  • 環境騒音による一時的聴力損失  [通常講演]
    北方産業衛生学会抄録集 1998年 口頭発表(一般)
  • 低亜鉛飼料投与がラット生体内微量元素の動態に及ぼす影響について  [通常講演]
    北方産業衛生学会抄録集 1998年 口頭発表(一般)
  • 嘉手納・普天間基地周辺住民の居住環境意識と航空機騒音との関連  [通常講演]
    音響学会秋季講演論文集 1998年 口頭発表(一般)
  • 航空機騒音曝露による住民反応とうるささとの関連  [通常講演]
    音響学会秋季講演論文集 1998年 口頭発表(一般)
  • 嘉手納・普天間両基地周辺におけるうるささ関連反応の比較  [通常講演]
    音響学会秋季講演論文集 1998年 口頭発表(一般)
  • 基地周辺における航空機騒音の曝露特性について ―沖縄県モニタリングシステムによる測定結果―  [通常講演]
    音響学会秋季講演論文集 1998年 口頭発表(一般)
  • 沖縄本島における航空機騒音モニタリングシステム及びその測定結果  [通常講演]
    音響学会騒音研究会資料 1998年 口頭発表(一般)
  • 嘉手納基地周辺に見られた感音性難聴 ―オーディオスキャンオーディオメトリーの試み―  [通常講演]
    聴覚医学会騒音研究会 1998年 口頭発表(一般)
  • 嘉手納基地周辺の住民にみられる感音性難聴者について  [通常講演]
    音響学会春季講演論文集 1998年 口頭発表(一般)
  • 嘉手納基地周辺における防音工事の実質的有効性に関する検討  [通常講演]
    音響学会春季講演論文集 1998年 口頭発表(一般)
  • 嘉手納基地周辺における睡眠障害と騒音曝露との関連  [通常講演]
    音響学会春季講演論文集 1998年 口頭発表(一般)
  • 嘉手納基地周辺における聴取妨害と騒音曝露との関連  [通常講演]
    音響学会春季講演論文集 1998年 口頭発表(一般)
  • 嘉手納基地周辺におけるTHI調査結果(2)―判別得点・因子得点の解析―  [通常講演]
    音響学会春季講演論文集 1998年 口頭発表(一般)
  • 嘉手納基地周辺におけるTHI調査結果(1)―12尺度得点の解析―  [通常講演]
    音響学会春季講演論文集 1998年 口頭発表(一般)
  • 幼児の問題行動と航空機騒音曝露の関連  [通常講演]
    日本公衆衛生雑誌 1997年 口頭発表(一般)
  • 航空機騒音曝露の聴力への影響(第2報)―嘉手納基地周辺住民の聴力検査結果について―  [通常講演]
    日本公衆衛生雑誌 1997年 口頭発表(一般)
  • 航空機騒音曝露の聴力への影響(第1報)―嘉手納基地周辺の過去の騒音暴露量について―  [通常講演]
    日本公衆衛生雑誌 1997年 口頭発表(一般)
  • 飛行場周辺の住民に見られる内耳性難聴  [通常講演]
    Audiology Japan 1997年 口頭発表(一般)
  • 競争的摂食がラット脳内微量元素の動態に及ぼす影響  [通常講演]
    北方産業衛生学会抄録集 1997年 口頭発表(一般)
  • 基地周辺住民の聴力に及ぼす航空機騒音の影響 2. 騒音激甚地区における聴力検診の結果について  [通常講演]
    音響学会春季講演論文集 1997年 口頭発表(一般)
  • 基地周辺住民の聴力に及ぼす航空機騒音の影響 1. 過去の騒音暴露量の把握とそれに基づくTTSの推定  [通常講演]
    音響学会春季講演論文集 1997年 口頭発表(一般)
  • 幼児の健康と行動に及ぼす航空機騒音の影響  [通常講演]
    音響学会春季講演論文集 1997年 口頭発表(一般)
  • 特殊空港周辺のWECPNLの算出方法に関する一考察  [通常講演]
    日本公衆衛生雑誌 1996年 口頭発表(一般)
  • 住工混在地区居住者の住環境に関する意識と音環境 ―堺市におけるインテンシブ調査結果に基づいて―  [通常講演]
    騒音制御工学会講演論文集 1996年 口頭発表(一般)
  • 特殊空港周辺における航空機騒音の評価方法に関する検討  [通常講演]
    騒音制御工学会講演論文集 1996年 口頭発表(一般)
  • 周波数別の純音暴露のモルモット蝸牛に及ぼす影響の比較研究  [通常講演]
    臨床環境医学会総会抄録集 1996年 口頭発表(一般)
  • 携帯用ヘッドフォンステレオ聴取の実態調査及び聴力に対する影響  [通常講演]
    音響学会騒音・振動研究会資料 1995年 口頭発表(一般)
  • モルモットに対する酢酸鉛と騒音の複合暴露の影響  [通常講演]
    北方産業衛生学会抄録集 1995年 口頭発表(一般)
  • 幹線道路沿道における集合住宅居住者の音源の認知 ―自由記述調査結果を分析して―  [通常講演]
    音響学会秋季講演論文集 1995年 口頭発表(一般)
  • 携帯用ステレオ聴取の実態調査と聴力に対する影響  [通常講演]
    騒音制御工学会講演論文集 1995年 口頭発表(一般)
  • 住みよさに関する居住者の意識と音環境 ―豊中市の幹線道路沿道集合住宅における調査―  [通常講演]
    環境衛生工学研究 1995年 口頭発表(一般)
  • 携帯用ヘッドフォンステレオ聴取の実態調査と聴力に対する影響  [通常講演]
    環境衛生工学研究 1995年 口頭発表(一般)
  • 道路騒音の予測計算における LAeq から L50 への変換手法  [通常講演]
    音響学会騒音・振動研究会資料 1995年 口頭発表(一般)
  • 携帯用ヘッドホンステレオ聴取の実態調査と聴力への影響  [通常講演]
    音響学会春季講演論文集 1995年 口頭発表(一般)
  • Long-range propagation of low frequency noise generated by the thrust reversers of an aircraft  [通常講演]
    Internoise 1994年 口頭発表(一般)
  • Examinations of Method for Calculating LAE of Helicopter Noise  [通常講演]
    WESTPRAC 1994年 口頭発表(一般)
  • ヘリコプター騒音の LAE の簡易予測方法について  [通常講演]
    音響学会秋季講演論文集 1994年 口頭発表(一般)
  • 道路騒音の予測における LAeq から L50 への変換方法  [通常講演]
    音響学会秋季講演論文集 1994年 口頭発表(一般)
  • 住工混在地区における居住者の音環境意識 ―2元クラスター法を用いた分析―  [通常講演]
    音響学会秋季講演論文集 1994年 口頭発表(一般)
  • 音環境と居住者の意識に関するインテンシヴな調査 ―堺市の住工混在地区における調査例―  [通常講演]
    音響学会秋季講演論文集 1994年 口頭発表(一般)
  • 娯楽関連音の聴力に及ぼす影響  [通常講演]
    騒音制御工学会講演論文集 1994年 口頭発表(一般)
  • ヘリコプター騒音の LAE の簡易予測方法  [通常講演]
    騒音制御工学会講演論文集 1994年 口頭発表(一般)
  • 娯楽関連音の聴力への影響  [通常講演]
    環境衛生工学研究 1994年 口頭発表(一般)
  • ジェット機の逆噴射装置から発生する低周波空気振動の遠距離伝搬  [通常講演]
    環境衛生工学研究 1994年 口頭発表(一般)
  • ヘリコプター騒音の LAE の予測方法に関する研究  [通常講演]
    環境衛生工学研究 1994年 口頭発表(一般)
  • 道路交通騒音の予測における LAeq から L50 への変換方法  [通常講演]
    環境衛生工学研究 1994年 口頭発表(一般)
  • 住工混在地区の音環境と居住者の意識 ―インテンシヴな調査法による―  [通常講演]
    環境衛生工学研究 1994年 口頭発表(一般)
  • 娯楽関連音(ディスコ, パチンコ等の音)によるTTS  [通常講演]
    音響学会騒音研究会資料 1994年 口頭発表(一般)
  • 損失係数測定に関する一考察  [通常講演]
    音響学会春季講演論文集 1994年 口頭発表(一般)
  • TTSからみた娯楽関連音(ディスコ, パチンコ等の音)の聴力への影響  [通常講演]
    音響学会春季講演論文集 1994年 口頭発表(一般)
  • 航空機のリバース低周波音の遠距離伝搬  [通常講演]
    音響学会秋季講演論文集 1993年 口頭発表(一般)
  • インターチェンジ周辺にも適用できる道路騒音の L50 予測方法  [通常講演]
    騒音制御工学会講演論文集 1993年 口頭発表(一般)
  • 聴覚フィルタの形状に対する騒音暴露の影響  [通常講演]
    環境衛生工学研究 1993年 口頭発表(一般)
  • インターチェンジ等特殊箇所にも適用可能な道路騒音の L50 予測方法  [通常講演]
    環境衛生工学研究 1993年 口頭発表(一般)
  • 航空機の逆推力装置から発生する低周波音の遠距離伝搬  [通常講演]
    音響学会騒音研究会資料 1993年 口頭発表(一般)
  • 騒音暴露による聴覚フィルタの形状の変化について  [通常講演]
    音響学会騒音研究会資料 1993年 口頭発表(一般)
  • ユニットパターンと交通量から L50 を予測する方法について ―盛土及び高架道路一般部での実測値との対応―  [通常講演]
    音響学会春季講演論文集 1993年 口頭発表(一般)
  • ヘリコプター騒音の LAE の予測方法に関する一考察  [通常講演]
    音響学会秋季講演論文集 1992年 口頭発表(一般)
  • 高周波音の内耳におよぼす影響 ―シングルバレル電極による―  [通常講演]
    音響学会騒音研究会資料 1992年 口頭発表(一般)
  • 高周波音の生体に及ぼす影響  [通常講演]
    北海道公衆衛生学雑誌 1991年 口頭発表(一般)
  • Low-Frequency Ultrasound の内耳に及ぼす影響(guinea pig cochlea)  [通常講演]
    日本衛生学雑誌 1991年 口頭発表(一般)
  • 動物の行動に対する間欠騒音の影響  [通常講演]
    北海道公衆衛生学雑誌 1990年 口頭発表(一般)
  • 低周波音暴露(350Hz)のモルモット内耳に及ぼす影響(電気生理学的指標による)  [通常講演]
    北方産業衛生学会抄録集 1990年 口頭発表(一般)
  • 低周波音ばく露の高周波域聴力におよぼす影響  [通常講演]
    音響学会騒音研究会資料 1990年 口頭発表(一般)
  • 高速道路特殊区間における L50 の予測方法  [通常講演]
    音響学会春季講演論文集 1990年 口頭発表(一般)
  • 低周波音暴露の高周波域聴力におよぼす影響  [通常講演]
    日本衛生学雑誌 1990年 口頭発表(一般)
  • 生活環境音の主観評価と分類 ―うるささとやかましさの比較を含めて―  [通常講演]
    音響学会秋季講演論文集 1988年 口頭発表(一般)
  • 道路騒音の伝搬における障壁と法面の反射の影響について  [通常講演]
    音響学会秋季講演論文集 1988年 口頭発表(一般)
  • 音源の大きさを考慮した騒音伝搬の予測式について  [通常講演]
    土木学会学術講演会論文集 1988年 口頭発表(一般)
  • 屋外での騒音伝搬に及ぼす音源の大きさの影響  [通常講演]
    京都大学環境衛生工学研究会講演論文集 1988年 口頭発表(一般)
  • 音源の大きさを考慮した騒音伝搬の予測式  [通常講演]
    電気音響研究会資料 1988年 口頭発表(一般)
  • 音源の大きさを考慮した屋外での騒音伝搬予測方法  [通常講演]
    音響学会春季講演論文集 1988年 口頭発表(一般)
  • 吸音性ウェッジ上での音波の伝搬  [通常講演]
    音響学会秋季講演論文集 1987年 口頭発表(一般)
  • 騒音の伝搬に関する地形と地表面性状の影響  [通常講演]
    京都大学環境衛生工学研究会講演論文集 1987年 口頭発表(一般)
  • 騒音の伝搬に対する地形とその表面性状の影響を予測する方法について  [通常講演]
    土木学会学術講演会論文集 1987年 口頭発表(一般)
  • 過剰減衰(1台の車両の走行による騒音レベルの変動特性より推定)を考慮した道路騒音の予測方法について  [通常講演]
    土木学会学術講演会論文集 1986年 口頭発表(一般)
  • 1台走行レベルパターンから L50 を予測する方法について  [通常講演]
    音響学会春季講演論文集 1986年 口頭発表(一般)
  • 有限長道路にも適用可能なアーラン分布モデルの L50 を与える式について  [通常講演]
    土木学会学術講演会論文集 1985年 口頭発表(一般)
  • 有限長道路にも適用可能なアーラン分布モデルに基づく道路騒音の予測式について  [通常講演]
    京都大学環境衛生工学研究会講演論文集 1985年 口頭発表(一般)
  • 道路交通騒音の予測計算における αi に関する考察 ―平坦道路および高架道路(中分閉)について―  [通常講演]
    音響学会春季講演論文集 1985年 口頭発表(一般)
  • 有限長道路にも適用しうる, アーラン分布モデルに基づく道路騒音の L50 を与える式について  [通常講演]
    日本衛生学雑誌 1985年 口頭発表(一般)
  • アーラン分布モデルに基づく L50 について ―有限長道路および無限長道路の場合―  [通常講演]
    音響学会秋季講演論文集 1984年 口頭発表(一般)
  • 有限長道路にも適用しうる道路騒音の L50 を与える式 ―指数分布モデルおよび等間隔モデルの場合―  [通常講演]
    騒音制御工学会講演論文集 1984年 口頭発表(一般)
  • 有限長道路からの騒音の L50 を与える式について  [通常講演]
    音響学会春季講演論文集 1984年 口頭発表(一般)

その他活動・業績

  • K Hiramatsu, T Matsui, A Ito, T Miyakita, Y Osada, T Yamamoto JOURNAL OF SOUND AND VIBRATION 277 (3) 617 -625 2004年10月 [査読無し][通常論文]
     
    Aircraft noise measurements were recorded at the residential areas in the vicinity of Kadena Air Base, Okinawa in 1968 and 1972 at the time of the Vietnam war. The estimated equivalent continuous A-weighted sound pressure level L-Aeq for 24h was 85dB. The time history of sound level during 24h was estimated from the measurement conducted in 1968, and the sound level was converted into the spectrum level at the centre frequency of the critical band of temporary threshold shift (TTS) using the results of spectrum analysis of aircraft noise operated at the airfield. With the information of spectrum level and its time history, TTS was calculated as a function of time and level change. The permanent threshold shift was also calculated by means of Robinson's method and ISO's method. The results indicate the noise exposure around Kadena Air Base was hazardous to hearing and is likely to have caused hearing loss to people living in its vicinity. (C) 2004 Elsevier Ltd. All rights reserved.
  • T Matsui, T Uehara, T Miyakita, K Hiramatsu, Y Osada, T Yamamoto JOURNAL OF SOUND AND VIBRATION 277 (3) 469 -470 2004年10月 [査読無し][通常論文]
  • Children's cognition and aircraft noise exposure at home - the West London Schools Study
    Noise & Health 7 (25) 49-58 2004年 [査読無し][通常論文]
  • K Hiramatsu, T Matsui, T Miyakita, A Ito, T Tokuyama, Y Osada, T Yamamoto JOURNAL OF SOUND AND VIBRATION 250 (1) 139 -144 2002年02月 [査読無し][通常論文]
     
    Discriminant function values of psychosomatics and neurosis are calculated using the 12 scale scores of the Todai Health Index, a general health questionnaire, obtained in the survey done around the Kadena and Futenma U.S. airfields in Okinawa, Japan. The total number of answers available for the analysis is 6301. Factor analysis is applied to the 12 scale scores by means of the principal factor method, and Oblimin rotation is done because the factors extracted are considered likely to correlate with each other to a greater or lesser extent. The logistic regression analysis is made with the independent variables of discriminant function (DF) values and factor scores and with the dependent variables of L-dn, age (six levels), sex, occupation (four categories) and the interaction of age and sex. Results indicate that the odds ratio of the DF values regarding psychosomatic disorder and of the score of somatic factor have clear dose-response relationship. The odds ratios of the DF value of neurosis and of the score of the mental factor increase in the area where noise exposure is very intense. (C) 2002 Academic Press.
  • T Miyakita, T Matsui, A Ito, T Tokuyama, K Hiramatsu, Y Osada, T Yamamoto JOURNAL OF SOUND AND VIBRATION 250 (1) 129 -137 2002年02月 [査読無し][通常論文]
     
    A questionnaire survey was made of health effects of aircraft noise on residents living around Kadena and Futenma airfields using the Todai Health Index. Aircraft noise exposure expressed by L-dn ranged from under 55 to over 70 in the surveyed area. The number of valid answers was 7095, including 848 among the control group. Twelve scale scores were converted to dichotomous variables based on scale scores of the 90 percentile value or the 10 percentile value in the control group. Multiple logistic regression analysis was done taking 12 scale scores converted into the dependent variable and L-dn, age (six levels), sex, occupation (four categories) and the interaction of age and sex as the independent variables. Significant dose-response relationships were found in the scale scores for vague complaints, respiratory, digestive, mental instability, depression and nervousness. The results suggest that the residents living around Kadena and Futenma airfields may suffer both physical and mental effects as a result of exposure to military aircraft noise and that such responses increase with the level of noise exposure (L-dn). (C) 2002 Academic Press.
  • An electrophysiological study of the effects of acute methylmercury chloride exposure on the function of the guinea pig cochlea
    Acta Otolaryngol 117, 675-680 1997年 [査読無し][通常論文]
  • Combined effects of acute lead acetate exposure and tone exposure of the guinea pig cochlea
    Eur. Arch. Otorhinolaryngol. 253, 488-493 1996年 [査読無し][通常論文]
  • Effects of Low-Frequency Ultrasound on the Inner Ear : an Electrophysiological study Using the Guinea Pig Cochlea
    Eur Arch Otorhinolaryngol 250, 22-26 1993年 [査読無し][通常論文]
  • Effects of High-Frequency Sound on Electrochemical Potential Using the Single-Barrel Method in Guinea Pigs
    J. Oto-Rhino-Laryngology 55, 84-88 1993年 [査読無し][通常論文]
  • Study of the effect of 350-Hz tone exposure on electrophysiological fanction of the inner ear of Guinea pigs
    Journal for Oto-Rhino-Laryngology 54, 10-14 1992年 [査読無し][通常論文]
  • Febrile convulsions in northern Japan : a quantitative and qualitative analysis of EEG and clinical findings
    Acta Neurol Scand 83, 411--417 1991年 [査読無し][通常論文]
  • Effects of 250 and 500 Hz tone Exposure on the Inner Ear of Guinea Pigs as Determined by Electrophysiological Techniques
    J. Oto-Rhino-Laryngology 53, 147-152 1991年 [査読無し][通常論文]

特許

  • 特許5145417:信号測定法,信号判定装置,プログラム,信号判定システム    2012年11月30日
    森尾謙一, 忠平好生, 山下晃一, 大橋心耳, 松井利仁

受賞

  • 2011年 京都大学環境衛生工学研究会 優秀プロジェクト賞
     
    受賞者: 松井 利仁
  • 2008年 日本騒音制御工学会 守田栄論文賞
     
    受賞者: 松井 利仁
  • 2004年 日本衛生学会 最優秀論文賞
  • 1994年 日本騒音制御工学会 技術発表会奨励賞
  • 1992年 北海道公衆衛生協会賞

共同研究・競争的資金等の研究課題

  • 全国交通騒音マップの作成とDALYに基づく健康損失評価
    公益財団法人住友財団:住友財団研究助成
    研究期間 : 2013年 -2015年 
    代表者 : 松井 利仁
  • 文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(C))
    研究期間 : 2013年 -2015年 
    代表者 : 松井 利仁
  • 音環境に対する住民反応の評価方法の開発―地域に存在する種々の音源に対する評価に基づいた解析―
    文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(C))
    研究期間 : 2011年 -2015年 
    代表者 : 土田義郎
  • 文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(B))
    研究期間 : 2009年 -2011年 
    代表者 : 平松 幸三, 松井 利仁, 松井 利仁
     
    研究代表者が変更したことに伴い,ラオス国立大学の研究者および前研究代表者を交え,ビエンチャンにおいて今後の研究計画に関する引継ぎを行った。ルアンパバン市内のサウンドスケープを調査するために,音環境の物理的な特性の計測(質的特性を含む)を行った。主として市内中心部の2地域を対象に,複数の地点で昼夜にわたって音の集録を行い,騒音レベルの測定および音源識別を行った。また,各々の測定結果に基づいて,<音源×騒音レベル>時間構成マトリックス(TMチャート)の作成を行った。ラオス国立大学の研究者とともに,ルアンパバン市内中心部の主要な道路沿いにおいて1日の交通量・騒音レベルの変動特性を調査した。あわせて,自動二輪車,乗用車,トゥクトゥク等の走行音の集録および騒音レベルの周波数分析,走行速度の計測を行うことで,各種車両の走行速度と周波数特性との関係の資料を得た。なお,電動トゥクトゥク,電動バイクについても同様な計測を別途行い,資料を得た。上記の結果に基づいて,ルアンパバン中心部において電動車両を導入することによる音環境の変化を,シミュレーション計算により推定した。その結果,シミュレーション計算で得られた予測値と実測値との間に十分な整合性のあることが確認できた。また,トゥクトゥクおよび自動二輪車に電動車両を導入することで,中心部(特に観光スポット周辺)における物理的音環境を大きく改善できるこ...
  • 神経生理学に基づく騒音評価指標の開発と健康リスクの評価―覚醒反応と低周波音の知覚
    環境省:環境研究・技術開発推進費
    研究期間 : 2009年 -2010年 
    代表者 : 松井利仁
  • 音環境に対する住民反応の評価方法の開発―地域に存在する種々の音源に対する評価に基づいた解析―
    公益信託小野音響学研究助成基金:公益信託小野音響学研究助成基金
    研究期間 : 2005年 -2006年 
    代表者 : 宮川雅充
  • 骨粗鬆症予防を目的とした若年者の生活習慣と骨密度の関連についての研究
    文部科学省:科学研究費補助金(萌芽研究)
    研究期間 : 2003年 -2006年 
    代表者 : 吉田貴彦
  • 騒音感受性の評価手法の開発―唾液中CgAを指標としたストレス反応に基づく検討―
    サウンド振興財団:研究助成
    研究期間 : 2004年 -2005年 
    代表者 : 松井 利仁
  • 文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(C))
    研究期間 : 2003年 -2004年 
    代表者 : 松井 利仁
     
    実験室内における心理実験,および,幹線道路沿道における質問紙調査の結果に基づいて,騒音感受性を評価するための各種質問群の妥当性を検討した。心理実験では,被験者に様々なレベルのピンクノイズを曝露し,その「うるささ」を評価させることで,騒音レベルとの量反応関係を検出し,各被験者の騒音感受性を評価した。曝露実験で得られた騒音感受性と各種感受性評価尺度との関係を検討したところ,広く用いられているWeinstein尺度を構成する質問には,騒音感受性を評価する上で必ずしも適切でない質問が含まれており,4つの質問を除くことで,より妥当な感受性評価が可能となるいることを明らかとした。さらに,回答者が大げさあるいは控えめに回答することによる影響を低減するために,回答のコーディング方法の改良を行った。幹線道路沿道での質問紙調査では,各種騒音感受性尺度と各住居の騒音曝露レベルとの関係を分析した。その結果,Weinstein尺度の中に不適切な質問が含まれていること,また,改良されたWeinstein尺度によって,より妥当な騒音感受性評価が可能となることを再確認できた。道路交通騒音による影響として,GHQ質問票に基づいた神経症の有病率や,生活満足感,道路交通騒音のうるささなどを指標とし,騒音曝露量との間の量反応関係に及ぼす騒音感受性の影響を解析した。その結果,神経症の有病率について,騒音感受性を考慮せ...
  • 生活環境汚染物質による小児での毒性評価のための免疫指標の開発に関する研究
    厚生労働省:厚生労働科学研究費補助金
    研究期間 : 2001年 -2004年 
    代表者 : 吉田貴彦
  • 在宅ケアにおける在宅支援通信システムの有効性に関する研究
    日本訪問看護財団:訪問看護等在宅ケア研究助成
    研究期間 : 2000年 -2001年 
    代表者 : 安川緑
  • 文部科学省:科学研究費補助金(奨励研究(A))
    研究期間 : 1998年 -1999年 
    代表者 : 松井 利仁
     
    本研究では,騒音による聴力損失に関して,内耳有毛細胞の配列とその音への反応,騒音による損傷の程度を数学的にモデル化し,任意の騒音曝露による聴力損失をリアルタイムで表示可能な,聴力損失メータの開発を試みた。1.内耳有毛細胞の音に対する反応に関してモデル化を行った。内耳には各種の反応閾値レベルを持つ細胞が存在し,閾値を超える音刺激に対して,常に反応閾値レベルの音響エネルギーと等価な出力を上位神経系に出力するとした。また,最終的な聴感レベルは全細胞からの出力の和に比例するとした。2.音による有毛細胞の損傷および回復を微分方程式で表した。反応閾値の等しい細胞ごとに,一定の値を超える音によって,単位時間あたり一定の比率で損傷を受け,曝露音のレベル上昇に伴ってその比率が高くなるとした。また,それ以下の曝露音では,損傷を受けた細胞が一定の比率で回復すると仮定した。3.最終的なモデルは,定常音による曝露など簡単な条件下においては,NITTS(一時的な騒音性聴力損失)を陽表示可能である。モデル中の各パラメータについては,既存の実験結果などに基づいて,非線形回復分析により,その値を決定した。4.任意の変動騒音によるNITTSを推定することのできる,聴力損失メータのソフトウエアを試作した。各種変動騒音を用いた既存の実験結果との対応を検討したところ,実用上十分な精度が得られた。従来のNITTSの推定...
  • 文部科学省:科学研究費補助金(奨励研究(A))
    研究期間 : 1996年 -1996年 
    代表者 : 松井 利仁
     
    ディスコ,ライブハウスなど,音そのものを楽しむ娯楽の中には,比較的高レベルの音を長時間にわたって聴取することがある。筆者らは,その危険性について,これらの音により,実際に一時的な聴力損失が生じることを明らかにしている。しかし,このような音楽を聴取する娯楽においては,音のレベルを下げることには抵抗があることや,法的な規制がないことなどの理由から,聴力への影響を少なくするための手段は講じられていないのが現状である。そこで本研究では,聴力への影響がより少なくなるような音響システムの開発を試みた。1.騒音性の難聴に特有な4kHz付近に生じる聴力損失(c^5 dip)が,外耳道による音波の共鳴に関連していると考え,既報の文献資料からその周波数レスポンスを推定した。2.外耳道による周波数レスポンスを簡略化した上で,これを逆特性としたフィルタを作成した。各種音源を用い,フィルタを通すことによる変化を複数の被験者に判断させたところ,両者の間には聴感上の違いのあることが分かった。しかし,ディスコ等で流れる音楽を想定した場合,その差は無視できると推察された。3.フィルタを通した場合とフィルタを通さない場合について,複数の被験者を対象に1時間の暴露を行った。暴露終了後,2,3,4,6,8kHzのテスト周波数について,一時的な聴力損失(TTS)を測定し,聴力への影響に対するフィルタの効果を検討した。...
  • 文部科学省:科学研究費補助金(奨励研究(A))
    研究期間 : 1994年 -1994年 
    代表者 : 松井 利仁
     
    本研究では,道路交通騒音に対する能動制御防音壁の効果を,計算機上での数値シミュレーションによって検討した。数値シミュレーションでは,音源は点音源とし,半無限障壁による解折解を利用して音波の伝搬を計算した。また,音源から発生する音は定常であるとし,実測データから得られた自動車騒音の周波数特性を仮定した。2次音源及びサンプリング用マイク,Cancel Pointは防音壁に沿って20cmまたは100cm間隔で設置した。Cancel Pointは防音壁の頂点である。自動車騒音を能動的に制御する際に問題となる点は,音源が移動することである。高速で移動する音源に対して,時々刻々と能動制御装置のフィルター係数を変化させることは困難であると考えられるため,各制御装置のフィルター係数は音源の位置とは無関係に定まる定数とした。具体的には,等間隔に設置した各制御装置は独立とし,1台の車両が走行した時に,各Cancel Pointでのピーク値に対して最も効果が得られるように係数を定めた。数値計算の結果,1台の車両が走行したときの受音点でのレベル変動パターンにおいて,ピーク値については数dBの効果が得られることが分かった。しかし,ピーク値以外の部分では効果が少なく,L_に関しては効果がほとんど見られなかった。また,オールパス値での騒音レベルを低減するには,制御対象とする周波数が最低1000H...
  • 高周波音の内耳に及ぼす影響
    上原記念生命科学財団:研究奨励金
    研究期間 : 1993年 -1994年 
    代表者 : 松井 利仁
  • 文部科学省:科学研究費補助金(奨励研究(A))
    研究期間 : 1993年 -1993年 
    代表者 : 松井 利仁
     
    高速道路など定常的な交通流を仮定できる場合を対象に,道路交通騒音の騒音レベル変動の中央値L_<50>を予測するための予測手法を開発した。従来の予測式は,直線的な道路を対象としており,料金所や分岐箇所などの特殊区間での予測を行うには,計算機上で車両の流れをシミュレートし,受音点でのレベル変動を求める必要があった。本研究で開発した予測手法は直線以外の任意の道路にも適用可能であり,比較的簡便にL_<50>を計算することができる。また,地表面による吸収や障壁による減衰,風の影響など,過剰減衰を考慮して計算を行うことも可能である。開発した予測手法は,L_<50>の特性を簡単なモデルで近似したもので,道路上の車両群に対し,線音源的な扱いを行っている。道路上からの騒音伝搬特性がなんらかの予測手法で求められていれば,複数の車両が道路上を走行している場合のL_<50>を,レベル分布全体を予測することなく,直接予測することができる。なお,導いた予測手法による計算値は,特定の条件下において,交通流として指数分布モデルを仮定した場合の理論値に一致するようになっている。予測式の精度に関しては,直線道路だけでなく,料金所,分岐,交差箇所など,複雑な道路区間を対象とし,地表面による吸収や風の影響などを考慮したシミュレーション計算を行い,対応を検討した。その結果,導いた予測手法による計算値との差は最大でも1...
  • 境界要素法による屋外騒音の予測手法に関する研究
    文部科学省:科学研究費補助金(奨学研究(A))
    研究期間 : 1991年 -1992年 
    代表者 : 松井 利仁
  • Soundscape study
  • Health ettects of community noise

教育活動情報

主要な担当授業

  • 環境衛生学特論
    開講年度 : 2019年
    課程区分 : 修士課程
    開講学部 : 工学院
    キーワード : 環境問題,科学,社会,健康影響,疫学,統計学
  • 環境衛生学特論
    開講年度 : 2019年
    課程区分 : 博士後期課程
    開講学部 : 工学院
    キーワード : 環境問題,科学,社会,健康影響,疫学,統計学
  • 環境工学
    開講年度 : 2019年
    課程区分 : 学士課程
    開講学部 : 工学部
    キーワード : 都市環境、水質汚濁、上下水道、水質保全、大気保全、廃棄物、エネルギー、騒音・振動
  • 物理学Ⅰ
    開講年度 : 2019年
    課程区分 : 学士課程
    開講学部 : 全学教育
    キーワード : 運動、力、運動の法則、仕事、エネルギー、運動量、保存則、剛体、流体、単振動、音と光、干渉、回折
  • 環境工学序論
    開講年度 : 2019年
    課程区分 : 学士課程
    開講学部 : 工学部
    キーワード : 環境問題の歴史,SDGs,上下?道,?環境保全,室内環境,廃棄物処分,?気環境保全,騒音・低周波音,循環計画システム
  • 環境物理
    開講年度 : 2019年
    課程区分 : 学士課程
    開講学部 : 工学部
    キーワード : 騒音,低周波音,振動,放射性物質,健康影響,生活環境
  • 大気保全工学
    開講年度 : 2019年
    課程区分 : 学士課程
    開講学部 : 工学部
    キーワード : 大気汚染、大気環境基準、大気汚染物質の排出、発生源対策

大学運営

委員歴

  • 2016年 - 2018年   北海道   廃棄物処理施設検討会
  • 2014年 - 2018年   札幌市   環境影響評価審議会委員
  • 2011年 - 2017年   International Commission on Biological Effects of Noise   Chairperson on Non-auditory effects of noise
  • 2014年 - 2016年   北海道   廃棄物処理施設専門委員会
  • 2013年 - 2016年   北海道   環境影響評価審議会
  • 2012年 - 2016年   国立環境研究所 子どもの健康と環境に関する全国調査パイロット調査専門委員会   委員
  • 2012年 - 2013年   環境省 先行実施モデル事業検討会   委員
  • 2011年 - 2013年   京都市環境審議会   委員
  • 2011年 - 2013年   京都市環境影響評価審査会   委員
  • 2010年 - 2013年   和歌山県環境影響評価審査会   委員
  • 2009年 - 2013年   京都市大規模店舗立地審議会   副会長
  • 2008年 - 2013年   大津市廃棄物処理施設生活環境調査審査会   委員
  • 2008年 - 2013年   尼崎市公害紛争調整委員会   委員
  • 2008年 - 2013年   滋賀県廃棄物処理施設生活環境影響調査審査会   委員
  • 2008年 - 2013年   神戸市環境影響評価審査会   委員
  • 2008年 - 2013年   尼崎市産業廃棄物処理施設専門委員会   委員
  • 2008年 - 2013年   京都市廃棄物処理施設設置等検討委員会   委員
  • 2007年 - 2013年   京都府環境審議会   委員
  • 2007年 - 2013年   滋賀県環境影響評価審査会   委員
  • 2007年 - 2013年   京都府環境影響評価専門委員会   委員
  • 2007年 - 2013年   滋賀県大規模店舗立地審議会   委員
  • 2006年 - 2013年   尼崎市環境影響評価審議会   委員
  • 2006年 - 2013年   尼崎市環境審議会   委員
  • 2006年 - 2013年   伊丹市環境審議会   委員
  • 2006年 - 2013年   滋賀県環境審議会   委員
  • 2012年 - 2012年   東京国際空港航空機騒音影響の実態調査検討委員会   委員
  • 2011年 - 2012年   環境省 風力発電施設に係る環境影響評価先行事例調査検討委員会   委員
  • 2011年 - 2012年   環境省 環境影響評価法に基づく基本的事項に関する技術検討委員会   委員
  • 2010年 - 2011年   環境省 風力発電施設に係る環境影響評価の基本的考え方に関する検討会   委員
  • 2007年 - 2011年   関西国際空港環境アセスメント委員会   委員
  • 2003年 - 2009年   大津市環境影響評価専門委員会   委員
  • 2003年 - 2009年   京都市大規模店舗立地審議会   委員
  • 2000年 - 2002年   旭川市廃棄物処理施設専門委員会   委員
  • 1996年 - 1999年   航空機騒音による健康への影響に関する調査委員会   委員
  • 1997年 - 1998年   旭川ウェルフェアハウス展開方策検討会   委員


Copyright © MEDIA FUSION Co.,Ltd. All rights reserved.