研究者データベース

上野 洋路(ウエノ ヒロミチ)
水産科学研究院 海洋生物資源科学部門 海洋環境科学分野
准教授

基本情報

所属

  • 水産科学研究院 海洋生物資源科学部門 海洋環境科学分野

職名

    准教授

学位

  • 博士(理学) (東京大学)

メールアドレス

    eメール:    ueno@fish.hokudai.ac.jp

ホームページURL

科研費研究者番号

  • 90421875

研究キーワード

  • アラスカンストリーム   海洋生物生産   船舶   北太平洋亜寒帯域   海洋中規模渦   Argo   衛星   海洋観測   群集構造   海洋物理   高次捕食者   食物網   生態系   

研究分野

  • 地球惑星科学 / 気象・海洋物理・陸水学

職歴

  • 2014年04月 - 現在  北海道大学大学院水産科学研究院准教授
  • 2009年04月 - 2014年03月  北海道大学大学院水産科学研究院助教
  • 2007年04月 - 2009年03月  独立行政法人海洋研究開発機構研究員
  • 2004年04月 - 2007年03月  独立行政法人海洋研究開発機構ポスドク研究員
  • 2003年04月 - 2004年03月  東京大学日本学術振興会特別研究員

学歴

  • 2000年04月 - 2003年03月   東京大学   大学院理学系研究科   地球惑星科学専攻 博士課程
  • 1998年04月 - 2000年03月   東京大学   大学院理学系研究科   地球惑星物理学専攻 修士課程
  • 1994年04月 - 1998年03月   東京大学   理学部   地球惑星物理学科

所属学協会

  • 日本海洋学会   

研究活動情報

論文

書籍

  • 図説地球環境の事典
    上野洋路 (担当:分担執筆範囲:北太平洋亜寒帯循環)
    朝倉書店 2013年09月

講演・口頭発表等

その他活動・業績

受賞

  • 2010年度日本海洋学会岡田賞
     北太平洋亜寒帯の海洋構造と動態の解析研究 
    受賞者: 上野洋路

競争的資金等の研究課題

  • 文部科学省:科学研究費補助金(若手研究(B), 若手研究(B))
    研究期間 : 2010年 -2013年 
    代表者 : 上野 洋路
     
    昨年度に引き続き、衛星海面高度データ、北海道大学水産学部附属練習船おしょろ丸・学術研究船白鳳丸による海洋観測データ、Argoフロートデータを用いて、キーナイ渦の伝播特性および変質過程を調べた。キーナイ渦は、北太平洋東部亜寒帯域北岸に位置するキーナイ半島南方で形成され、アラスカンストリームに沿って西方に伝播する海洋中規模高気圧性渦のことである。本年度は、解析結果を国際学術誌Journal of Geophysical Researchに投稿、レビュアーからの指摘に沿って衛星海面高度データ・Argoデータを用いた追加解析を行い、以下の結果を得た。キーナイ渦は形成2年後に2つに分裂することはすでに明らかになっていたが、3年後に両者が互いに近づいた際に渦中心付近の水塊が大きく変質したことが新たに分かった。さらに、この接近の際に渦の片方が外洋域へ放出されており、渦・渦相互作用が、渦の経路、水塊変質に大きな影響を与えたことが示された。また、解析期間を延長することにより、キーナイ渦の形成から消滅までの特性の変化を明らかにすることに成功した。本年度はさらに、衛星海面高度計データ・衛星クロロフィルデータを用いることにより、北太平洋亜寒帯域海洋中規模渦の生物生産に与える影響を統計的に評価した。その結果、大陸棚端から200km程度までの海域で特に渦によるクロロフィル濃度の増大が見られることが明らか...
  • 文部科学省:科学研究費補助金(若手研究(B))
    研究期間 : 2008年 -2009年 
    代表者 : 上野 洋路
     
    衛星観測データ等を用いて、アリューシャン列島南岸で形成された高気圧性渦(アラスカンストリーム渦)の形成・伝播および北太平洋亜寒帯外洋域の生物生産場に与える影響を調べた。その結果、形成・伝播には、形成域の風応力場、海底地形が効いていること、また栄養塩に富む海水をアリューシャン列島海域から外洋域への輸送すること等により、アラスカンストリーム渦が亜寒帯外洋域のクロロフィルa濃度分布に大きく寄与することが示唆された。

教育活動情報

主要な担当授業

  • 応用数理学
    開講年度 : 2017年
    課程区分 : 学士課程
    開講学部 : 水産学部
  • 博物館実習
    開講年度 : 2017年
    課程区分 : 学士課程
    開講学部 : 文学部
    キーワード : 博物館、実務、実習
  • 海洋資源科学実験Ⅲ
    開講年度 : 2017年
    課程区分 : 学士課程
    開講学部 : 水産学部
  • 海洋学入門
    開講年度 : 2017年
    課程区分 : 学士課程
    開講学部 : 水産学部
    キーワード : 海底地形、海洋大循環、熱/物質循環、プランクトン、海底資源、海洋観測、海洋法、海洋生物資源の保全
  • 基礎物理学実験
    開講年度 : 2017年
    課程区分 : 学士課程
    開講学部 : 水産学部
  • 海洋資源科学実験Ⅲ
    開講年度 : 2017年
    課程区分 : 学士課程
    開講学部 : 水産学部
    キーワード : 行動生態計測、衛星データ解析-マイクロ波リモートセンシング、衛星データ解析-海色リモートセンシング、海洋観測データ解析、魚類遊泳力学,魚類行動計測、水産海洋工学、数値流体解析
  • 水圏環境学
    開講年度 : 2017年
    課程区分 : 学士課程
    開講学部 : 水産学部
  • 応用物理学
    開講年度 : 2017年
    課程区分 : 学士課程
    開講学部 : 水産学部
    キーワード : ニュートン力学,常微分方程式の解法,流体の力学,流れの解析,数値計算法
  • 海外留学
    開講年度 : 2017年
    課程区分 : 学士課程
    開講学部 : 国際
  • 環境と人間
    開講年度 : 2017年
    課程区分 : 学士課程
    開講学部 : 全学教育
    キーワード : 海洋環境,海洋生態系,環境変化,プランクトン,ベントス,魚類,イカ・タコ類,鯨類,海鳥類,海獣類,海藻,衛星海洋学,生態系モデル,人間活動,地球温暖化,海洋動物の保全・保護

大学運営

委員歴

  • 2018年 - 現在   日本海洋学会   論文賞受賞候補者選考委員会委員
  • 2018年 - 現在   日本学術会議   環境学委員会・地球惑星科学委員会合同FE・WCRP合同分科会CLIVAR小委員会委員
  • 2017年 - 現在   水産海洋学会   評議員
  • 2016年 - 現在   日本海洋学会   教育問題研究会 海の出前授業担当
  • 2013年04月 - 現在   日本海洋学会 教育問題研究会   サイエンスカフェ担当
  • 2015年04月 -2017年03月   日本海洋学会   広報委員会 委員


Copyright c MEDIA FUSION Co.,Ltd. All rights reserved.