研究者データベース

綿貫 豊(ワタヌキ ユタカ)
水産科学研究院 海洋生物資源科学部門 資源生物学分野
教授

基本情報

所属

  • 水産科学研究院 海洋生物資源科学部門 資源生物学分野

職名

    教授

学位

  • 農学博士 (北海道大学)

ホームページURL

プロフィール

  • 1959年長野生まれ。1987年北海道大学農学博士(カモメ属2種の食性の種間・コロニー間および個体間変異)。1988年より1993年まで国立極地研究所助手。南極昭和基地でアデリーペンギンの調査。1994年北海道大学農学研究科助手、助教授をへて、2003年より同大学水産科学研究院准教授。北海道天売島で長期的海鳥モニタリングを継続するほか、英国、米国、オーストラリアの研究者と共同して、バイオロギング技術を使って海鳥の海上での行動を調べている。海鳥は、餌が豊富な場所をもとめて高速で広範囲を移動し、様々な海洋環境を利用しています。彼等の海洋における行動・生態を探ることで、いままでの方法ではとらえきれない、海洋環境変動と海洋生物の相互作用のメカニズム、漁業や海洋汚染などの人間による海洋生態系へのインパクトを理解することを目指しています。そのため、1)海鳥の採食範囲や採食時間、餌や繁殖成績の変化から気候変化が海洋生態系に与えている影響、2)移動履歴のわかった海鳥個体の体組織中の汚染物質を使った汚染度のマップ化、3)海鳥に装着したカメラの画像から見る漁船と海鳥の相互作用、を調べています。近年、風力発電施設の海鳥に対するリスク評価、マイクロプラスチックを含め海洋汚染が海洋生態系に与えるインパクトを、海鳥を通して探る研究なども展開しています。

研究キーワード

  • バイオロギング   海洋保全   海洋汚染モニタリング   海洋生態学   動物生態学   

研究分野

  • 資源保全学 / 資源保全学
  • 基礎生物学 / 生態・環境

職歴

  • 2014年04月 - 現在  北海道大学大学院水産科学研究院 教授
  • 2007年04月 - 2014年03月  北海道大学大学院水産科学研究院 准教授
  • 2003年04月 - 2007年03月  北海道大学大学院水産科学院助教授
  • 1997年04月 - 2003年03月  北海道大学農学研究科助教授
  • 1993年10月 - 1997年03月  北海道大学農学研究院助手
  • 1987年12月 - 1993年09月  国立極地研究所寒冷生物部門助手
  • 1987年04月 - 1987年11月  日本学術振興会特別研究員

学歴

  • 1977年04月 - 1978年03月   北海道大学   理類
  • 1978年04月 - 1981年03月   北海道大学   農学部   農業生物学科
  • 1981年04月 - 1983年03月   北海道大学大学院   農学研究科修士課程
  • 1983年04月 - 1987年09月   北海道大学大学院   農学研究科博士課程

所属学協会

  • 日本水産海洋学会   日本海洋学会   野生生物保護学会   日本鳥学会   動物行動学会   北大平洋海洋科学機構   アメリカ鳥学会   日本生態学会   太平洋海鳥グループ   

研究活動情報

論文

書籍

  • 汚染物質の源を求めて海鳥をトラッキングする バイオロギング2 日本バイオロギング研究会編 動物たちの知られざる世界を探る
    綿貫 豊 (担当:共著範囲:97-100)
    京都通信社 2016年
  • 海鳥のモニタリング法 生態学フィールド調査法シリーズ 占部城太郎・日浦 勉・辻 和希(編)
    綿貫豊・高橋晃周 (担当:共著範囲:全て(1-136))
    共立出版 2016年
  • ペンギンはなぜ飛ばないのか?海を選んだ鳥たちの姿
    綿貫 豊 (担当:単著)
    恒星社厚生閣 2013年
  • 海鳥の行動と生態:その海洋生活への適応
    綿貫豊 (担当:単著)
    生物研究社 2010年
  • 鳥との共存を目指して(日本鳥類保護連盟編)
    綿貫豊 (担当:分担執筆範囲:3章 3節 漁業)
    中央法規 2010年
  • 動物たちの不思議に迫るバイオロギング(日本バイオロギング研究会編)
    綿貫豊 (担当:分担執筆範囲:潜水能力の秘密は「はばたき調節」)
    京都通信社 2009年
  • 地球と生命の進化学:新・自然史科学I(沢田健・綿貫豊・西弘嗣・栃内新・馬渡俊輔(編著))
    綿貫豊 (担当:共編者範囲:ジュラ紀=白亜紀温室世界とその終焉—恐竜から鳥類へ)
    北海道大学図書出版会 2008年
  • これからの鳥類学 山岸哲、樋口広芳(編)
    綿貫 豊 (担当:分担執筆範囲:オオセグロカモメはなぜ3卵しか産まないのか:生活史戦略研究の生理的基盤)
    裳華房 2002年
  • The Status, Ecology, and Conservation of Marine Birds of the North Pacific In: K Vermeer, KT Briggs, KH Morgan, D. Siegel-Causey (eds),
    Vermeer K, Irons DB, Velarde E, Watanuki Y (担当:分担執筆範囲:Status, conservation, and management of nesting Larus gulls in the North Pacific.)
    Canadian Wildlife Service Special Publication, Ottawa. 1993年
  • 生態学からみた北海道 東正剛、阿部永、辻井達一(編)
    綿貫 豊 (担当:分担執筆範囲:コシジロウミツバメはなぜ月明りをさけるのか)
    北大図書刊行会 1993年
  • 鳥類の繁殖戦略 (下)山岸哲(編)
    綿貫豊 (担当:分担執筆範囲:海鳥における捕食被食者相互関係)
    東海大学出版 1986年

作品等

  • 小笠原におけるクロアシアホウドリ採食行動
    2008年
  • アラスカプリビロフ島におけるハシブトウミガラスの採食行動の研究
    2004年 -2007年
  • スコットランドメイ島における潜水性海鳥の潜水中の推進に関する研究
    2003年 -2006年
  • ルイパスツール大1ヶ月客員教授
    2004年
  • オオミズナギドリの採食繁殖生態
    2002年
  • スピッツベルゲン島におけるハシブトウミガラスの潜水生理生態に関する研究
    1998年 -2001年
  • 海氷とペンギンの採食生態繁殖生態に関する研究:日本南極地域観測隊40次夏隊
    1999年 -2000年
  • 海氷とペンギンの採食生態繁殖生態に関する研究:日本南極地域観測隊36次夏隊
    1995年 -1996年
  • 海氷とペンギンの採食生態繁殖生態に関する研究:オーストラリア南極観測隊92/93
    1992年 -1993年
  • 海氷とペンギンの採食生態繁殖生態に関する研究:日本南極地域観測隊31次越冬隊
    1989年 -1990年
  • 海氷とペンギンの採食生態繁殖生態に関する研究:日本南極地域観測隊30次夏隊
    1988年 -1989年
  • アラスカ州ノームにおけるウミガラス、ミツユビカモメの研究
    1988年
  • 天売島における海鳥の採食生態と繁殖成績に関する研究
    1980年

その他活動・業績

  • アホウドリ保全の新たな展開
    綿貫 豊 生物の科学:遺伝 総説・解説(商業誌) 72 165 -170 2018年 [査読無し][招待論文]
  • 海洋汚染の生体影響を海鳥で測る
    綿貫 豊 エブオブ 総説・解説(その他) 66 2 -5 2017年 [査読無し][招待論文]
  • 海鳥をつかった海洋プラスチックのモニタリングと生体影響評価
    綿貫 豊 月刊海洋 総説・解説(商業誌) 49 654 -661 2017年 [査読無し][通常論文]
  • Spatial ecology of marine top predators in the North Pacific: Tools for integrating across data sets and identifying high use areas.
    Watanuki Y, Suryan RM, Sasaki H, Yamamoto T, Hazen EL, Renner M, Santra JA, O’Hara PD, Sydeman WJ PICES Sci Rep  総説・解説(学術雑誌) (50) 1 -55 2017年 [査読無し][通常論文]
  • 海鳥にとっての津軽海峡:オオミズナギドリの分布
    綿貫豊・西沢文吾 水産海洋研究 研究発表要旨(全国大会,その他学術会議) 80 247 -248 2016年 [査読無し][通常論文]
  • オオミズナギドリをつかった海洋汚染モニタリング
    山下麗・高田秀重・綿貫豊 月刊海洋 総説・解説(商業誌) 48 439 -447 2016年 [査読無し][通常論文]
  • ウミスズメ科の多様性
    綿貫 豊 Strix 総説・解説(学術雑誌) 32 3 -16 2016年 [査読無し][通常論文]
  • 生態系における汚染
    綿貫豊・関島恒夫 生態学会誌 総説・解説(学術雑誌) 66 31 -35 2016年 [査読無し][通常論文]
  • 天売島のウトウの餌と繁殖成績の変化から見た日本海:2014年の激変
    綿貫 豊 水産海洋研究 研究発表要旨(全国大会,その他学術会議) 79 333 -351 2015年 [査読無し][招待論文]
  • 海鳥によるプラスチックの飲み込みとその影響
    綿貫 豊 海洋と生物 総説・解説(商業誌) 215 596 -605 2014年 [査読無し][通常論文]
  • チャクチ海、底性生物の変化:おしょろ丸トロール調査から見えてきたこと
    中野翼・綿貫豊 北極通信 機関テクニカルレポート,プレプリント等 04 4 -4 2014年 [査読無し][通常論文]
  • Hazen E, Suryan R, Santra JA, Bograd SJ, Watanuki Y, Wilson R Mar Ecol Prog Ser 総説・解説(学術雑誌) 487 177 -183 2013年 [査読無し][通常論文]
  • バイオロギング技術を使った海鳥の海外共同研究
    綿貫豊、佐藤克文、高橋晃周 日本鳥学会誌 日本鳥学会100周年記念特別号 総説・解説(その他) 61 61 -63 2012年 [査読無し][通常論文]
  • 環境変化と海鳥:気候と人間の影響
    綿貫豊 モーリー 総説・解説(商業誌) 29 22 -24 2012年 [査読無し][通常論文]
  • 羽ばたき潜水で漁をする
    綿貫豊 バーダー 総説・解説(商業誌) 26 30 -37 2012年 [査読無し][通常論文]
  • 日本でなぜ今海鳥を研究するのか
    綿貫豊 海洋と生物 総説・解説(商業誌) 194 195 -198 2011年 [査読無し][通常論文]
  • 気候変化と海鳥の繁殖タイミングおよび生産
    綿貫豊 北大水産紀要 研究論文 53 19 -26 2011年 [査読無し][通常論文]
  • 「カンムリウミスズメと上関(瀬戸内海)の生物多様性」国際シンポジウムの意義
    綿貫豊 科学 総説・解説(商業誌) 81 503 -505 2011年 [査読無し][通常論文]
  • ヨーロッパヒメウの潜水と飛行:海鳥もニュートン力学には逆らえない
    綿貫豊 遺伝 総説・解説(商業誌) 64 36 -41 2010年 [査読無し][通常論文]
  • Wilson RP, Watanuki Y, Miyazaki N, Stewart BS Aquatic Biology 総説・解説(国際会議プロシーディングズ) 8 191 -192 2010年 [査読無し][通常論文]
  • 海氷の減少とペンギン
    綿貫豊 私たちの自然 総説・解説(商業誌) 150 18 -19 2009年 [査読無し][通常論文]
  • 海水温および気温の年変化に対するウトウの反応とその将来予測
    綿貫豊 月刊海洋科学 総説・解説(商業誌) 39 331 -335 2007年 [査読無し][通常論文]
  • Climate and marine birds and mammals in the North Pacific.
    Watanuki Y, Minobe S, Sydeman B PICES Press 速報,短報,研究ノート等(学術雑誌) 15 18 -19 2007年 [査読無し][通常論文]
  • Tsushima current affects the diet and breeding of seabirds
    Watanuki Y International Newsletter 速報,短報,研究ノート等(学術雑誌) October 2006 40 -41 2007年 [査読無し][通常論文]
  • 気候変動と人間活動が海洋生態系に与える影響を海鳥の目で探る
    綿貫 豊 月刊海洋科学 総説・解説(商業誌) 37 608 -613 2005年 [査読無し][通常論文]
  • 海鳥の高い運動能力を解き明かす:海中と空中を飛行するハシブトウミガラスの採食行動
    綿貫豊 科学 総説・解説(商業誌) 73 39 -44 2003年 [査読無し][通常論文]
  • アデリーペンギンの採餌および繁殖生態への海氷変動の影響
    加藤明子、内藤靖彦、綿貫豊 月刊海洋  総説・解説(商業誌) 31 809 -813 1999年 [査読無し][通常論文]
  • 水中を飛ぶ鳥の不思議
    綿貫豊 野鳥 総説・解説(商業誌) 622 6 -10 1999年 [査読無し][通常論文]
  • 魚資源とウトウの採食生態/多様な時スケールにおける反応
    綿貫豊 月刊海洋  総説・解説(学術雑誌) 30 249 -254 1998年 [査読無し][通常論文]
  • ニホンザルにおけるエネルギー収支の性年齢間の差:秋と冬の比較
    綿貫豊、中山裕理 ワイルドライフフオーラム 総説・解説(学術雑誌) 3 51 -55 1997年 [査読無し][通常論文]
  • 海鳥たちの現状とヒューマンインパクトの排除
    綿貫豊 野鳥 総説・解説(商業誌) 29 174 -180 1997年 [査読無し][通常論文]
  • 類における潜水時間の体重依存性と潜水中の体温低下
    綿貫豊、加藤明子、内藤靖彦 月刊海洋科学 総説・解説(学術雑誌) 29 174 -180 1997年 [査読無し][通常論文]
  • 海氷とアデリーペンギンの生活
    綿貫豊 極地 総説・解説(商業誌) 63 39 -42 1996年 [査読無し][通常論文]
  • 環境変動モニターとしてペンギンの生活を調べる
    綿貫豊、一井太郎 遺伝 総説・解説(商業誌) 48 23 -27 1994年 [査読無し][通常論文]
  • 肺呼吸する潜水動物のジレンマ
    綿貫豊 どうぶつと動物園 総説・解説(商業誌) 44 4 -7 1992年 [査読無し][通常論文]
  • ダイバーとしてのペンギン
    綿貫豊 日経サイエンス 総説・解説(商業誌) 22 29 1992年 [査読無し][通常論文]
  • ユルリ、モユルリ両島における鳥類相の変化
    近藤憲久、橋本正雄、綿貫豊 根室市博物館準備室紀要 速報,短報,研究ノート等(大学,研究機関紀要) 1 33 -46 1986年 [査読無し][通常論文]
  • 北海道の海岸で繁殖する鳥たち
    綿貫 豊 野鳥 総説・解説(商業誌) 468 18 -19 1985年 [査読無し][通常論文]
  • 北海道周辺におけるオオセグロカモメの繁殖期の食性
    綿貫 豊 月刊海洋科学 総説・解説(学術雑誌) 16 212 -216 1984年 [査読無し][通常論文]
  • 海鳥における捕食と餌の略奪
    綿貫 豊 個体群生態学会会報 総説・解説(学術雑誌) 37 67 -76 1983年 [査読無し][通常論文]
  • コロニーでのアデリーペンギンのカウント:季節変化と年変化
    綿貫豊、内藤靖彦 南極資料 速報,短報,研究ノート等(大学,研究機関紀要) 36 279 -284 [査読無し][通常論文]
  • バイオテレメトリー技術によって海でのペンギンの潜水生理と採食行動を研究する
    綿貫豊 海洋と生物 総説・解説(商業誌) 116 190 -196 [査読無し][通常論文]
  • ハシブトウミガラスの潜水行動を探る
    綿貫豊 バーダー 総説・解説(商業誌) 122 (3) 71 -73 [査読無し][通常論文]

受賞

  • 2009年02月 PacificSeabird Group Special Achievement Award
  • 2009年03月 日本生態学会 大島賞
     日本

競争的資金等の研究課題

  • 洋上風力発電の建設から主要な海鳥繁殖地を守るセンシテイビテイマップの開発
    環境省:環境省環境研究総合推進費
    研究期間 : 2018年04月 -2021年03月 
    代表者 : 関島恒夫
  • 海洋プラスチックごみ及びその含有化学物質による生態影響評価
    環境省:環境省環境研究総合推進費
    研究期間 : 2018年04月 -2021年03月 
    代表者 : 高田秀重
  • 風力発電施設の建設による鳥衝突のリスク低減を目指した高精度鳥感度Mapの開発
    環境省:環境省環境研究総合推進費
    研究期間 : 2016年04月 -2018年03月 
    代表者 : 関島恒夫
  • 渡りと遺伝的分化に着目したアホウドリの保全単位の解析
    文部科学省(日本学術振興会):科学研究費補助金(挑戦的萌芽)
    研究期間 : 2015年04月 -2018年03月 
    代表者 : 綿貫 豊
  • 動物装着ビデオを用いた漁船と海鳥の個体レベルでの相互作用の研究
    文部科学省(日本学術振興会):科学研究費補助金(基盤B海外)
    研究期間 : 2014年04月 -2017年03月 
    代表者 : 綿貫 豊
  • 隠れた沿岸海洋ホットスポットを発見する技術の開発
    文部科学省(日本学術振興会):科学研究費補助金(挑戦的萌芽研究)
    研究期間 : 2013年04月 -2015年03月 
    代表者 : 綿貫 豊
  • 海鳥類の食性・分布特性の解明
    水産庁:国際資源評価など推進事業
    研究期間 : 2010年04月 -2014年03月 
    代表者 : 綿貫 豊
  • 海鳥を食物網と汚染のトレーサーとした海洋生態系モニタリング
    文部科学省(日本学術振興会):科学研究補助金(基盤A)
    研究期間 : 2007年04月 -2013年03月 
    代表者 : 綿貫 豊
  • 外洋性アホウドリ類の混穫軽減を目的としたGPS及び映像を使った行動研究
    文部科学省(日本学術振興会):科学研究費補助金(挑戦的萌芽研究)
    研究期間 : 2006年04月 -2009年03月 
    代表者 : 綿貫 豊
  • 加速度のマイクロ計測による潜水性海鳥の最適採食行動の研究
    文部科学省(日本学術振興会):基盤研究(B)
    研究期間 : 2005年04月 -2008年03月 
    代表者 : 綿貫 豊
  • 野生動物とペット・家畜の土地利用管理のための超小型GPSロガーによる動物行動研究
    双葉電子記念財団:双葉電子記念財団研究助成
    研究期間 : 2004年04月 -2005年03月 
    代表者 : 綿貫 豊
  • 高速で3次元的に海洋環境を利用する高次捕食者の方位と水温測定による索餌経路の解析
    文部科学省(日本学術振興会):科学研究費補助金(萌芽研究)
    研究期間 : 2002年04月 -2004年03月 
    代表者 : 綿貫 豊
  • 短期的体温低下が活動中の内温性動物のエネルギー節約に果たす適応的意義
    文部科学省(日本学術振興会):科学研究費補助金(基盤C)
    研究期間 : 1999年04月 -2001年03月 
    代表者 : 綿貫 豊
  • 高次捕食者をプラットフォームとした海洋環境変動のモニタリング
    文部科学省(日本学術振興会):科学研究費補助金(基盤C)
    研究期間 : 1997年04月 -1999年03月 
    代表者 : 綿貫 豊
  • 海鳥をデバイスとした海洋環境変動のモニタリング
    文部科学省(学術振興会):科学研究費補助金(奨励A)
    研究期間 : 1995年04月 -1996年03月 
    代表者 : 綿貫 豊
  • ウ類の潜水捕食戦略
    住友財団:住友財団基礎科学研究助成金
    研究期間 : 1992年04月 -1994年03月 
    代表者 : 綿貫 豊

教育活動情報

主要な担当授業

  • 環境アセスメント入門
    開講年度 : 2017年
    課程区分 : 学士課程
    開講学部 : 水産学部
  • 大学院共通授業科目(一般科目):自然科学・応用科学
    開講年度 : 2017年
    課程区分 : 修士課程
    開講学部 : 大学院共通科目
    キーワード : ボトムアップ、高次捕食者、海鳥、食物連鎖、気候変動
  • 空間統計学入門
    開講年度 : 2017年
    課程区分 : 学士課程
    開講学部 : 水産学部
  • 大学院共通授業科目(一般科目):自然科学・応用科学
    開講年度 : 2017年
    課程区分 : 修士課程
    開講学部 : 大学院共通科目
    キーワード : ウトウ 餌 繁殖成績 ひなの成長 野外調査法
  • 個体群生態学
    開講年度 : 2017年
    課程区分 : 学士課程
    開講学部 : 水産学部
  • 海洋保全学
    開講年度 : 2017年
    課程区分 : 学士課程
    開講学部 : 水産学部
    キーワード : (中谷) 生物の定義・基礎生物学・類似性・環境保全活動 (綿貫) 最大持続生産・保全生物学 (東条) 持続可能性・バリューチェーン (藤森) 水産資源・生物多様性保全・漁業管理・持続的漁業・順応的管理・生態系アプローチ・混獲 (ジョン・バウア) 国際海洋生物管理・国際洋生物資源管理
  • 資源生物学実験
    開講年度 : 2017年
    課程区分 : 学士課程
    開講学部 : 水産学部
  • 環境と人間
    開講年度 : 2017年
    課程区分 : 学士課程
    開講学部 : 全学教育
    キーワード : 海洋環境,海洋生態系,環境変化,プランクトン,ベントス,魚類,イカ・タコ類,鯨類,海鳥類,海獣類,海藻,衛星海洋学,生態系モデル,人間活動,地球温暖化,海洋動物の保全・保護
  • 生態学
    開講年度 : 2017年
    課程区分 : 学士課程
    開講学部 : 水産学部
  • 海洋生物科学実験Ⅳ
    開講年度 : 2017年
    課程区分 : 学士課程
    開講学部 : 水産学部
    キーワード : 海生哺乳類 海鳥 多様性 形態
  • 海洋生態学
    開講年度 : 2017年
    課程区分 : 学士課程
    開講学部 : 水産学部
    キーワード : 海洋生態系,資源変動,人間活動,気候変化,高次捕食者,食物連鎖,空間スケール,再生産機構,レジームシフト,保全,水産資源の持続的利用,順応的漁業(資源)管理

大学運営

委員歴

  • 2015年04月 - 現在   北海道大学   北極域研究センター運営委員会委員
  • 2014年04月 - 現在   北海道   希少野生動植物保護対策検討委員会鳥類専門部会委員
  • 2014年04月 - 現在   東京大学   大気海洋研究所協議会委員
  • 2011年01月 - 現在   日本鳥学会   評議員
  • 2011年01月 -2013年12月   日本鳥学会   基金運営委員(委員長)
  • 2011年01月 -2013年12月   Pacific Seabird Group   Regional Representative /EXCO member
  • 2010年01月 - 現在   日本鳥学会   英文誌編集委員
  • 2009年01月 - 現在   山階鳥類研究所   鳥学研究編集委員
  • 2008年04月 - 現在   環境省   重要生態系監視地域モニタリング推進事業検討会委員(委員長)
  • 2003年04月 - 現在   環境省   野生生物保護対策検討会ウミガラス保護増殖分科会委員
  • 2003年04月 - 現在   函館市   環境影審議委員
  • 1999年01月 - 現在   PICES   Marine Birds and Mammals Advisory Panel
  • 2011年01月 -2013年12月   日本生態学会   各賞選考委員
  • 2009年01月 -2012年12月   日本鳥学会   目録編集委員
  • 2010年01月 -2011年12月   日本生態学会   全国委員
  • 2003年04月 -2007年03月   環境省   絶滅のおそれのある野生生物の選定・評価検討会鳥類分科会委員
  • 1995年01月 -2006年12月   日本鳥学会   和文誌編集委員(編集幹事)
  • 1997年04月 -2002年03月   北海道   環境影響評価審議委員


Copyright c MEDIA FUSION Co.,Ltd. All rights reserved.