研究者データベース

小林 由子(コバヤシ ヨシコ)
高等教育推進機構 国際教育研究部
教授

基本情報

所属

  • 高等教育推進機構 国際教育研究部

職名

  • 教授

学位

  • 文学修士

J-Global ID

研究キーワード

  • ポピュラーカルチャー   動機づけ   批判的思考   メタ認知   教育心理学   日本語教育   

研究分野

  • 人文・社会 / 科学教育

職歴

  • 2018年07月 - 現在 北海道大学 高等教育推進機構国際教育研究部 教授
  • 2012年04月 - 現在 北海道大学 大学院国際広報メディア・観光学院 教授
  • 2012年04月 - 2018年06月 北海道大学 国際本部留学生センター 教授
  • 2010年07月 - 2012年03月 北海道大学 国際本部留学生センター 准教授
  • 2007年04月 - 2012年03月 北海道大学 大学院国際広報メディア・観光学院 准教授
  • 2007年04月 - 2010年06月 北海道大学 留学生センター 准教授
  • 2000年04月 - 2007年03月 北海道大学大学院国際広報メディア研究科 助教授
  • 1997年04月 - 2007年03月 北海道大学留学生センター 助教授
  • 1995年06月 - 1997年03月 北海道大学 留学生センター 専任講師

学歴

  • 1986年04月 - 1989年03月   北海道大学   文学研究科   行動科学専攻
  • 1984年04月 - 1986年03月   北海道大学   文学部   行動科学科
  • 1980年04月 - 1984年03月   小樽商科大学   商学部

所属学協会

  • 日本教育心理学会   日本語教育学会   日本マンガ学会   専門日本語教育研究学会   日本語教育方法研究会   

研究活動情報

論文

  • 北海道大学における日本語・日本文化研修コースの変遷と展望
    小林由子
    日本語・国際教育研究紀要 23 37 - 57 2020年03月 [査読有り]
  • 課題遂行型授業における語彙・文法学習の位置づけ : 中級理解(基礎)3Aの実践から
    小林由子
    日本語・国際教育研究紀要 22 28 - 45 2019年03月 [査読有り]
  • 『東アジア圏の複言語主義共同体の構築ー多言語社会香港からの示唆』平成27〜29年度科学研究費補助金研究成果報告書 79 - 97 2018年03月
  • 小林由子
    北海道大学国際教育研究センター紀要 20 20 81 - 92 北海道大学国際本部留学生センター = Hokkaido University, Office of International Affairs, International Student Center 2016年12月 [査読有り]
     
    Motivation plays an important role in the autonomous learning ofstudents. Previously, various empirical research and theoreticalexaminations in the field of educational psychology have been conducted.Recently, "self-determination theory", which is developed from intrinsicand extrinsic motivation theories, is often used, although greater focus isplaced on intrinsic motivation.The framework of the motivation theory in educational psychologyand second language acquisition study differ. The educationalpsychological view of motivation is an older view and incorporated as asingle part of second language acquisition research.In Japanese language educational studies, the greater number ofmotivational studies are based on second language acquisition whileeducational psychological approaches are much fewer.This paper aims to 1) provide an overview of learners' motivationalstudies in the field of Japanese language teaching study, 2) introduceintrinsic motivation theory from the viewpoint of educational psychology,and 3) discuss the application of the theory to support Japanese languagelearners. The intrinsic motivation study in educational psychology willlargely aid learners who are motivated by their own interest in thesubject matter.
  • 多文化交流科目「クリティカル・シンキング」
    小林由子
    北海道大学留学生センター紀要 18 61 - 68 2014年12月
  • 多文化交流科目「北海道再発見ー博物館で北海道を知る」
    小林由子
    北海道大学留学生センター紀要 18 50 - 60 2014年12月
  • 小林由子
    高等教育ジャーナル : 高等教育と生涯学習 15 15 67 - 74 北海道大学高等教育機能開発総合センター 2007年12月 [査読有り]
     
    Japanese students need to learn how to write papers. This is an especially serious problem for students in the first year. But current measures are not sufficient and discussion about how to support the students is needed. This paper aims to report the application of Japanese lessons for foreign students to Japanese students in the freshman seminar and examine the validity of the application. In the 'Report Writing' class, Japanese students need knowledge and skill to write objective papers in the appropriate style in the same way as foreign students. The teaching method for foreign students is also effective for Japanese students but how to construct a 'logical text' is still a problem that needs to be solved.
  • 小林由子
    北海道大学留学生センター紀要 8 88 - 98 北海道大学留学生センター = Hokkaido University International Student Center 2004年12月 
    Metacognition is cognition of one's own cognition and consists of Lwo parts knowledge of cognition and regulation of cognition. Many researches have shown that metacognition promotes learning but there are few 'metacognitive' studies in Japanese learning / teaching, especially kanji learning. For speakers of character-languages metacognition is important because they must be aware of differences between kanji in Japanese andl characters in their mother language, and control their own kanji learning. The aims of this paper are: 1) to introduce metacognitive studies, 2) to show the importance of metacognition in language learning, 3) to classify metacoginition into two categories: 'metacognition for task processing' and 'metacognition for learning control', 4) to describe metacognition needed for kanji learning by speakers of character-languages, and 5) to discuss how to support these learners from the viewpoint of metacognitison.
  • 小林由子
    北海道大学留学生センター紀要 7 69 - 77 北海道大学留学生センター = Hokkaido University International Student Center 2003年12月 
    "How to Teach Kanji" is both an old and a new issue in the field of teaching Japanese. On the other hand, "How Kanji are Processed" has been studied in cognitive science. While such cognitive studies are applicable to kanji teaching, cooperation between cognitive studies and kanji teaching is not yet sufficient. In this paper, "Kanji Teaching" is reframed as "Support for Kanji Learning", and the aims of the paper are: 1) to introduce cognitive studies of kanji processing of non-Japanese native speakers in educational psychology, 2) to point out problems connoted in the term "Kanji Teaching", and 3) to discuss how cognitive study of kanji processing can be applied to "Support for Kanji Learning". "Kanji Teaching" gives rise to confusion between teaching kanji to Japanese native speakers and Japanese non-native speakers because the purpose of teaching is implicit. Kanji cognitive studies in educational psychology can contribute to clarifying the purpose, syllabus design and activity design of "Support for Kanji Learning".
  • 阿部 和厚, 西森 敏之, 小笠原 正明 [ほか]
    高等教育ジャーナル 6 156 - 158 北海道大学 1999年 [査読有り]
  • 小林 由子
    北海道大学留学生センター紀要 3 3 135 - 151 北海道大学留学生センター = Hokkaido University International Student Center 1999年 [査読無し][通常論文]
     
    留学生センターの日本語補講コースは、どのような役割を持つべきであろうか。北海道大学留学生センターでは、全学の研究留学生を対象に「全学日本語」という日本語補講コースを開講しているが、学生の専門領域とどのように関わっていくべきかはまだ議論されていない。1996年に行われた指導教官への意見調査では留学生の日本語に対して多様なニーズがあることが示唆されている。本稿では、全学向け補講コースの方向性を明確にするための基礎資料を提供することを目的とし、学生の「全学日本語」受講状況と、1996年の調査を裏付けるための教官に対するインタビュー調査から考察を行う。「全学日本語」受講歴を見ると、受講期間は大半が1年以内であり、初級のみを学習する者と中級を学習する者が分化している。この結果は、学習者の日本語学習期間が限られていること、学習者はそれぞれの日本語能力に合ったレベルを選択し参加できる期間内で必要な技能を学習していることを示唆している。一方、理系の指導教官によると、研究のための専門的な日本語の教育は同一学部内でも専門によるばらつきが大きいため、講座の作業を通じて行われることが多い。また、発表・論文は英語でもよいことが多いため、留学生には主に日常的な場面でコミュニケーションがとれる日本語が要求されている。学習者の専門のばらつきや専門教官のニーズを考えると、現行の全学補講コースでは専門別の日本語よりも、ある程度広いレベルの専門に共通する日本語技能を養成していくのが適当であろう。'The Open Japanese Course at Hokkaido University' is supplementary Japanese language course for post-graduate foreign students. The nature of such a course is a central issue in the Open Japanese Course curriculum. A survey by Hokkaido University student Exchange Committee (1996) suggests that foreign students have a variety of Japanese language needs, but no further research has been carried out in this question. This paper aims to discuss the role of the Open Japanese Course based on interviews with teachers and on students' learning history in the course over the last two and a half years. Japanese language training in specific academic areas occurs through work in their particular departments and the teachers in these department look for Japanese language for communication in everyday life not in academic areas. On the other hand, most students can take the Japanese language course for less than one year, and students who take elementary level and intermediate level are almost separated. This suggests that students should take appropriate level classes for a limited period as their situation allows and that some students who need higher ability take many units for long period. Based on these results the Open Japanese Course should provide units where students can gain general Japanese ability in a short period of less than one year as well as units which allow them to continue studying to gain high level Japanese for general purposes if they want.
  • 小林 由子
    日本語教育方法研究会誌 5 2 14 - 15 日本語教育方法研究会 1998年 
    How should teachers design "composition" classes for intermediate to advanced learners? Recently many models, methods and materials have been proposed for them. However it is not very clear how the teacher should choose them depending on the learners' condition. According to psychological models of writing, division of learners' attention is important. Through composition classes, learners learn to control dividing their limited attention resource to their weak points in the writing process. Teachers should consciously design classwork to assist them to resolve this problem. Learners' experience of writing papers in their first language and their knowledge about sentence-paragraph writing may be the points of teacher's decision making.
  • 小林 由子
    北海道大学留学生センター紀要 2 2 88 - 102 北海道大学留学生センター = Hokkaido University International Student Center 1998年 [査読無し][通常論文]
     
    漢字教育は日本語教育における古くからの課題であるが、授業においてどのような学習活動が行われるべきかについては、あまり検討されていない。また、漢字教材が想定している学習活動や教師が授業で行っている活動も、ばらつきが大きい。本稿では、漢字教材が想定している学習活動を概観した後、漢字学習活動を学習者の情報処理の面から分析し、学習者にとって漢字授業で必要な学習活動は何かを検討する。漢字は、形・音・意味からなっているが、授業でよく行われる「漢字についての説明」や「漢字にひらがなで読み方を書く」練習、「ひらがなを見て漢字を書く」活動だけでは、この3つをむすびつけ実際の運用をはかることは難しい。学習者が漢字を学ぶのは主に「読む」ためであるが、読解過程で、漢字知識を効果的に使うためには、導入時に深いレベルの情報処理を行い、読解場面で検索を容易にするような学習活動を設計する必要がある。また、学習段階に応じた活動の選択も行われなければならない。What activities should be used in kanji classes? Although kanji learning has been a major issue in Japanese language education, there have been few discussions about learning activities in class. Explanations about kanji, rendering kanji words from hiragana and vice versa form the main parts of most teaching materials. This paper aim to analyze and discuss kanji learning activities from the viewpoint of learner's information processing. Kanji are composed of three parts, shape, sound and meaning "Explanations about kanji", "writing kanji words in hiragana" and "writing hiragana words in kanji" are insufficient to tie shape - sound - meaning together, and to permit students to memorize and to utilize kanji knowledge. Learners must do "deep" information processing at the stage of memorization and practice in order to retrieve kanji knowledge in class, and kanji activities should be designed to achieve this. Activities should also be chosen according to learner's level taking into account differences in attention focus.
  • 阿部, 和厚, 小笠原, 正明, 西森, 敏之, 細川, 敏幸, 高橋, 伸幸, 高橋, 宣勝, 大, 雄二, 小林, 由子, 山舗, 直子, 大滝, 純司, 和田, 大輔, 佐藤, 公治, 佐々木, 市夫, 寺沢, 浩一
    高等教育ジャーナル 4 45 - 65 北海道大学 1998年 [査読有り][通常論文]
  • 日本語・日本文化研修コースにおけるカリキュラム-"上級日本語"科目を中心に-
    北海道大学留学生センター紀要 1 128 - 144 1997年 [査読無し][通常論文]

書籍

  • 異文化理解と心理
    アルク 2002年
  • 日本語教育学を学ぶ人のために(共著)
    世界思想社 2001年
  • 外国人留学生受入れと教育・指導に関する意見調査報告書(共著)
    北海道大学学務部 1996年
  • ひろがる日本語教育ネットワーク(共著)
    大蔵省印刷局 1995年
  • 日本語初歩 練習帳 改訂第3版(共著)
    凡人社 1993年

講演・口頭発表等

作品等

  • 北海道地区国立大学学部・大学院入学前留学生教育プログラムe-learning教材「レポートの文体」
    2017年03月 - 現在
  • 日本語教育の学習環境と学習手段に関する調査研究
    2003年

その他活動・業績

  • 多文化交流科目「文化としての日本マンガ」で留学生は何を学ぶのか
    小林由子 日本語教育方法研究会誌 24 (2) 46 -47 2018年09月
  • 中国語母語話者の日本語学習観 ― 質的分析によるケース・スタディの試み―
    小林由子 日本語教育方法研究会誌 22 (1) 108 -109 2015年03月
  • 批判的思考力を養うための授業実践 ―留学生と日本人学生の混成クラスを対象として―
    小林由子 日本語教育方法研究会誌 21 (2) 42 -43 2014年09月
  • 「オタク」は日本語学習とどのように結びつきうるか ―日本語・日本文化研修生を対象に―
    日本語教育方法研究会誌 20 (2) 78 -79 2013年09月
  • 小林由子, 大西由美, 佐藤梓, 阿部啓子 日本教育心理学会第53回発表論文集 53 684 -685 2011年07月
  • 日本語教育分野における心理学教育の可能性
    小林由子 日本語教育方法研究会誌 17 (1) 82 -83 2010年03月
  • 漢字・語彙学習における「語彙リスト」の役割
    日本語教育方法研究会誌 15 (2) 42 -43 2008年09月
  • 小林由子 日本語教育方法研究会誌 15 (1) 24 -25 2008年03月 
    Intermediate-Advanced Japanese learners can process shapes and sounds of individual kanji, and can read simple sentences without attention resources. Beyond this, they need to process kanji "deeply" in real contexts to utilize their kanji knowledge. Various reading materials for kanji learning exist, but they do not give sufficient consideration to these requirements. This paper discusses what is needed in reading materials for kanji based on cognitive learning science and on the author's practice. Topic, style, and activities of the materials should promote the elaboration of learners' knowledge.
  • 小林由子 日本語教育方法研究会誌 14 (1) 58 -59 2007年03月 
    Japanese learners need to learn "written language" for academic writing. "Written language" includes wide-ranging concepts such as genre (e.g. newspaper, academic paper)", rhetoric, and form. Japanese learners especially need to acquire specific vocabulary and expressions for academic papers and to distinguish them from "spoken language" that they have already learned. However, there are few materials and exercises for learning and distinguishing specific vocabulary and expressions for academic papers. This paper defines specific vocabulary and expressions for academic papers as "written language" in a narrow sense and discusses the needs of a "written language syllabus".
  • 日本語学習支援にメタ認知を活かす
    柏崎 秀子, 小林 由子, 舘岡 洋子, 小河原 義朗, 谷口 篤, 森 敏昭 日本教育心理学会第47回総会発表論文集 S22 -S23 2005年07月
  • 漢字学習・教育におけるメタ認知研究の役割
    小林由子 日本語教育方法研究会誌 9 (2) 14 -15 2002年09月 [査読無し][通常論文]
  • 日本語教育と教育心理学の接点2 : メタ認知を高め自律学習を促すために
    柏崎 秀子, 小林 由子, 舘岡 洋子, 臼杵 美由紀, 森 敏昭, 楠見 孝 日本教育心理学会第43回総会発表論文集 S40 -S41 2001年09月
  • 漢字教材における漢字読み練習の分析-入門期における教材の検討-
    日本語教育方法研究会誌 6 (1) 16 -17 1999年 [査読無し][通常論文]
  • 中上級者を対象にした文章表現クラスの授業設計
    日本語教育方法研究会誌 5 (2) 12 -13 1998年 [査読無し][通常論文]
  • 視聴覚クラスにおけるイントネーション意識化の試み-日本語日本文化研修コース上級クラスの場合-(共著)
    北海道大学留学生センター紀要 (2) 185 -200 1998年 [査読無し][通常論文]
  • 「中上級学習者に対する受け身表現の指導-説明的文章における視点の統一-」(共著)
    日本語教育学会平成9年度第13回研究集会 1998年 [査読無し][通常論文]
  • 小林 由子 日本語教育方法研究会誌 5 (1) 12 -13 1998年 [査読無し][通常論文]
     
    Kanji reading activity is widely used in kanji class and test. This paper aims to analyze misreading of kanji at the word level. When one reads kanji words, kanji sound is retrieved from the form. There are two retrieve processes, the information of the form tied the sound directly, and through the medium of the meaning. Kanji misreading is the result of failure of the retrieve. In order to success reading, reader must succeed in the retrieve. The result of the analysis shows the misreading has various kinds and it depends on various factors. It is necessary for improvement of kanji learning activities to clarify the factors.
  • 小林 由子 日本語教育方法研究会誌 4 (2) 4 -5 1997年 [査読無し][通常論文]
     
    In Kobayashi (1996) kanji learning activities are classified but analysis of each activities is not enough. This paper aim to analyze kanji writing activities because the role of writing activities has not been discussed. The writeing activities are classified in to recall task and cued recall task. The recall task requires to recall kanji form perfectly. The cued recall task require to read the target kanjis and copy the form. These two kinds activities have different roles. The cued recall task make the learner not only recall the kanji form but also do other information processing, and may contribute to reading skill.
  • 小林由子 日本語教育方法研究会誌 4 (1) 6 -7 1997年 [査読無し][通常論文]
  • 小林 由子 日本語教育方法研究会誌 3 (2) 34 -35 1996年 [査読無し][通常論文]
     
    What is "Autonomy" in Kanji class ? How to retain Kanjis in learners' memory ? These are the problems that shoud be discussed. In this paper class-works for advanced-level students in 15 weeks are reported. This class is designed to put leaners' Kanji knowledge in order and to make learners do "autonomous" activity. The features of this class are 1) putting leaners' Kanji knowledge in order by radicals, 2) looking up vocabulary that learners need in dictionary by themselves, 3) sharing the vocabulary that leaners looked up. This study aim to discuss the role of class-works to make sutdents "memorize" Kanji and "autonomy" in advanced-level Kanji class.
  • 漢字学習活動の分類
    日本語教育方法研究会誌 3 (1) 16 -17 1996年 [査読無し][通常論文]
  • 教室における漢字学習活動
    日本語教育方法研究会誌 2 (1) 8 1995年 [査読無し][通常論文]
  • 漢字学習における教室活動の役割
    日本語教育方法研究会誌 1 (3) 2 1994年 [査読無し][通常論文]
  • 初級補習コースにおける授業の役割
    北海道大学留学生センター年報 (2) 111 1994年 [査読無し][通常論文]
  • 心理学から見た教授法
    北海道大学留学生センター年報 1 (1) 65 1993年 [査読無し][通常論文]
  • 『日本語映像教材中級』を用いた授業 文末における省略-その機能と形式
    映像教材モニター報告(国立国語研究所日本語教育センター) 118 1992年 [査読無し][通常論文]
  • 日本語研修コースにおける双方向コース評価の試み
    北大日本語教育 1 (1) 62 1992年 [査読無し][通常論文]
  • 日本語研修コースにおける双方向コース評価の試み(共著)
    平成3年度 日本語教育学会秋季大会予稿集 1 1991年 [査読無し][通常論文]

共同研究・競争的資金等の研究課題

  • 日本学術振興会:科学研究費助成事業 基盤研究(B)
    研究期間 : 2019年04月 -2024年03月 
    代表者 : 河合 靖, 大友 瑠璃子, 佐野 愛子, 小林 由子, 酒井 優子, 飯田 真紀, 三ツ木 真実, 山田 智久, 杉江 聡子, 横山 吉樹
  • 日本学術振興会:科学研究費助成事業 基盤研究(B)
    研究期間 : 2015年04月 -2018年03月 
    代表者 : 河合 靖, 佐野 愛子, 小林 由子, 飯田 真紀, 横山 吉樹, 河合 剛, 山田 智久, 杉江 聡子, 三ツ木 真実, 今泉 智子, 萬 美保
     
    本研究の目的は,東アジア圏における多層言語環境での複言語主義的な言語政策や人材育成の必要性の考察である。香港では多層言語環境が人々に日本と異なる影響を与えている。言語とコミュニケーション,言語教育政策と学習者,教育と技術の三つの視点からその影響を見ることで,多層言語環境化する日本が考えるべき問題を洞察した。日本がモノリンガル社会の心的制約を克服して,複言語主義的社会モデルに移行し,複数言語を行き来する態度と能力を持つトランスランゲージング的人材を育成するための知見が得られた。本研究の研究成果は,研究成果報告書(250頁)として編集・印刷された。
  • 日本学術振興会:科学研究費助成事業 基盤研究(C)
    研究期間 : 2000年 -2002年 
    代表者 : 小林 由子
     
    本研究は、漢字の学習活動の記述的分析を行い、これからの漢字学習支援に資することを目指したものである。漢字学習は日本語教育における古くからの問題であるが、どのような学習活動が必要か・行われているかについての知見はなかった。くわえて、日本語教育における現在の漢字学習研究の問題点は、1)認知科学的研究と現場との橋渡し、2)学習者のストラテジー調査はあるが教師の側からの調査がない、3)学習方法について体系的な分析がない、ことである。そこで、本研究では、認知研究から演繹的に「漢字学習活動上を導き出すと同時に、漢字学習を支援する側が、意識的・無意識的に漢字学習活動をどう捉えているかを明らかにし認知研究からの知見と比較することを主眼とした。教師側のデータについては、当初、質問紙を用いた数量的分析を考えたが、ベースラインとなるデータが存在しないため、質問紙を作成するためのカテゴリを抽出するために、グラウンデッド・セオリーによる質的分析を行った。非日本語母語話者の漢字認知研究からは母語圏による学習活動の違いを導き出すことができた。また学習研究・メタ認知研究からは、学習者の認知過程を視野に入れた学習活動の設計についての知見を得ることができた。教師の側からのアプローチでは、質的分析のリソースによって異なった観点の学習活動カテゴリが見出された。特に、教える側の漢字学習についての考え方は、ボトムアップ的であり、目的志向的なトップダウン志向は見られないことは、現在のアプローチは、学習者のメタ認知能力を育成し自律学習を育てるためには不十分であることを示す大きな成果である。また、従来の教育心理学的研究法では、教師の自由記述から質問カテゴリを生成し質問紙調査を行っていたが、漢字学習活動の調査に当たっては、教師の自由記述だけでは不十分であるという知見も得られた。

教育活動情報

主要な担当授業

  • 言語とコミュニケーション
    開講年度 : 2021年
    課程区分 : 修士課程
    開講学部 : 国際広報メディア・観光学院
    キーワード : 言語能力、生物学的基盤、音声・音韻、第二言語習得、日本語文法、言語学習、意味論・語用論
  • 特別演習(言語研究実践)
    開講年度 : 2021年
    課程区分 : 修士課程
    開講学部 : 国際広報メディア・観光学院
    キーワード : 言語学、言語教育学、英語教育、日本語教育
  • 日本語学習論演習
    開講年度 : 2021年
    課程区分 : 修士課程
    開講学部 : 国際広報メディア・観光学院
    キーワード : 言語学習 認知心理学 学習科学 心理学的研究法
  • 一般教育演習(フレッシュマンセミナー)
    開講年度 : 2021年
    課程区分 : 学士課程
    開講学部 : 全学教育
    キーワード : クリティカル・シンキング、メタ認知、情報リテラシー 
  • 上級日本語
    開講年度 : 2021年
    課程区分 : 学士課程
    開講学部 : 国際本部
    キーワード : 心理学 学習 ふりかえり 四技能の養成
  • 上級日本語B
    開講年度 : 2021年
    課程区分 : 学士課程
    開講学部 : 全学教育
    キーワード : 心理学 学習 ふりかえり 四技能の養成
  • 中級日本語ⅢA
    開講年度 : 2021年
    課程区分 : 学士課程
    開講学部 : 全学教育
  • 多文化交流セミナー
    開講年度 : 2021年
    課程区分 : 学士課程
    開講学部 : 総合教育部
    キーワード : クリティカル・シンキング、メタ認知、情報リテラシー 
  • 多文化交流セミナー
    開講年度 : 2021年
    課程区分 : 学士課程
    開講学部 : 現代日本学プログラム課程
    キーワード : クリティカル・シンキング、メタ認知、情報リテラシー 
  • 日本語演習
    開講年度 : 2021年
    課程区分 : 学士課程
    開講学部 : 全学教育
    キーワード : 心理学 学習 ふりかえり 四技能の養成
  • 異文化研究
    開講年度 : 2021年
    課程区分 : 学士課程
    開講学部 : 国際本部
    キーワード : クリティカル・シンキング、メタ認知、情報リテラシー 

大学運営

委員歴

  • 2020年04月 - 現在   国立大学日本語教育研究協議会   理事
  • 2016年06月 - 現在   日本語教育学会   審査・運営協力委員
  • 2009年07月 - 2011年06月   日本語教育学会   学会誌委員会 委員

社会貢献活動

  • 北海道日本語教育ネットワーク運営委員
    期間 : 1994年06月 - 2002年03月
    役割 : 講師
  • 北海道日本語教育ネットワーク発起人
    期間 : 1994年06月
    役割 : 講師

学術貢献活動

  • 査読協力者
    期間 : 2002年02月 - 2009年06月
    役割 : 査読
    種別 : 学会・研究会等
    主催者・責任者 : 日本語教育学会


Copyright © MEDIA FUSION Co.,Ltd. All rights reserved.