研究者データベース

浦口 大輔(ウラグチ ダイスケ)
触媒科学研究所 分子触媒研究部門
教授

基本情報

所属

  • 触媒科学研究所 分子触媒研究部門

職名

  • 教授

学位

  • 博士(理学)(2002年03月 北海道大学)

ORCID ID

Researcher ID

  • I-6592-2014

J-Global ID

研究キーワード

  • 有機化学   

研究分野

  • ナノテク・材料 / 有機合成化学

職歴

  • 2020年11月 北海道大学 触媒科学研究所 教授
  • 2011年10月 - 2020年10月 名古屋大学大学院工学研究科化学・生物工学専攻 准教授
  • 2008年01月 - 2011年09月 名古屋大学大学院工学研究科化学・生物工学専攻 講師
  • 2007年04月 - 2007年12月 名古屋大学大学院工学研究科化学・生物工学専攻 助教
  • 2006年05月 - 2007年03月 名古屋大学大学院工学研究科化学・生物工学専攻助手
  • 2004年10月 - 2006年04月 財団法人相模中央化学研究所研究員
  • 2002年04月 - 2004年10月 日本学術振興会特別研究員(PD)
  • 2000年01月 - 2002年03月 日本学術振興会特別研究員(DC2)

所属学協会

  • 有機合成化学協会   アメリカ化学会   日本化学会   

研究活動情報

論文

書籍

  • 浦口 大輔, 大井 貴史 (担当:分担執筆範囲:光電子移動条件下での有機イオン対触媒による立体制御)
    化学同人 2022年03月 (ISBN: 9784759814033) v, 209p, 図版 [4] p
  • Supramolecular Catalysis: New Directions and Developments
    Kohsuke Ohmatsu, Daisuke Uraguchi, Takashi Ooi (P.W.N.M.van Leeuwen, Matthieu Rayna) (担当:分担執筆範囲:Assembled Ionic Molecular Catalysts and Ligands)
    Wiley-VCH 2022年01月 (ISBN: 9783527349029)
  • Molecular Technology: Synthesis Innovation, Volume 4, H. Yamamoto and T. Kato Eds.
    Daisuke Uraguchi, Kohsuke Ohmatsu, Takashi Ooi (担当:共著)
    Wiley-VCH 2019年 163-197
  • 「多機能型キラルオニウム塩の設計に基づく高選択的分子変換」“有機分子触媒の開発と工業利用”
    大松 亨介, 浦口 大輔, 大井 貴史 (担当:共著範囲:第4章)
    シーエムシー出版 2018年03月 Chap 4
  • CSJカレントレビュー「有機分子触媒の化学」
    浦口 大輔, 大井 貴史 (担当:共著範囲:「イオン対を中心とした不斉塩基触媒」)
    化学同人 2016年11月 (ISBN: 9784759813821) 244 -
  • Site-Selective Conjugate Addition Through Catalytic Generation of Ion- Pairing Intermediates (in Site Selective Catalysis (Topics in Current Chemistry))
    Daisuke Uraguchi, Takashi Ooi (担当:共著)
    Springer 2016年03月 (ISBN: 3319263315) -
  • Comprehensive Enantioselective Organocatalysis
    Uraguchi, Daisuke, Kohsuke, Ohmatsu, Ooi, Takashi (担当:共著)
    Wiley-VCH Verlag GmbH 2013年 in press
  • Comprehensive Chirality
    Daisuke Uraguchi, Takashi Ooi (担当:共著)
    Elsevier Science 2012年 00
  • Stereoselective Synthesis of Drugs and Natural Products
    Kohsuke Ohmatsu, Daisuke Uraguchi, Takashi Ooi (担当:共著)
    John Wiley & Sons Inc. 2012年 00
  • (3R,5R,8R)- 3,8-Bis(1-methylethyl)-2,2,7, 7-tetrakis(4-methylphenyl)-1,4,6,9- tetraaza-5λ5-phosphaspiro[4,4]non- 5-ene, Hydrochloride salt (1:1)
    Daisuke Uraguchi, Takashi Ooi (担当:共著)
    Wiley-VCH 2012年 RN01546

講演・口頭発表等

  • キラル有機イオン対の触媒化学  [招待講演]
    浦口 大輔
    2021年度有機合成化学協会九州山口支部講演会「合成有機化学のフロンティア」 2021年06月
  • 非求核的キラルアニオンの触媒化学: O,N,N,O型四座配位子をもつキラルボラートの創製と機能評価  [招待講演]
    浦口 大輔
    統合物質創製化学研究推進機構 第6回国内シンポジウム「物質創製化学の精密戦略」 2021年01月
  • 非求核的キラルアニオンの触媒化学: O,N,N,O型四座配位子をもつキラルボラートの創製と機能評価  [招待講演]
    浦口 大輔
    第13回有機触媒シンポジウム 2020年12月
  • 有機イオン対の触媒化学
    浦口 大輔
    第434回触媒科学研究所コロキウム 2020年12月
  • 形をもった「塩」は分子を操ることができるか  [招待講演]
    浦口 大輔
    第6回名古屋大学の卓越・先端・次世代研究シンポジウム 2020年01月
  • カチオンの制御を担う非求核的キラルアニオンの創製  [招待講演]
    浦口 大輔
    生産技術・商品開発ディビジョン講演会 2019年11月
  • 有機イオン対の触媒化学  [招待講演]
    浦口 大輔
    第一回 Central Science Symposium 2019年09月
  • 魔女の雑草をだます薬  [招待講演]
    浦口 大輔
    先端化学研究部 有機合成化学ミニシンポジウム 2019年09月
  • 有機イオン対の触媒化学  [招待講演]
    浦口 大輔
    先端化学研究部 有機合成化学ミニシンポジウム 2019年09月
  • 魔女の雑草をだます薬
    浦口 大輔
    第4回先端ケミカルバイオロジー研究会 2019年06月 口頭発表(招待・特別)
  • 魔女の雑草をだます薬ーセレンディピティが導いた融合研究  [招待講演]
    浦口大輔
    第22回農薬相模セミナー 2019年01月 口頭発表(招待・特別) 公財)相模中央化学研究所大会議室 公財)相模中央化学研究所
  • P-スピロ型キラルアミノホスホニウム骨格が拓く触媒化学  [招待講演]
    浦口大輔
    第45回有機典型元素化学討論会 2018年12月 口頭発表(基調) 朱鷺メッセ新潟コンベンションセンター
  • キラル有機カチオン触媒による多重選択性の同時制御  [招待講演]
    浦口大輔
    第13回プロセス化学ラウンジ 2018年11月 口頭発表(招待・特別) 富士フイルム和光純薬株式会社 湯河原研修所
  • 有機イオンペアが織りなす反応場を使った有機合成  [招待講演]
    浦口大輔
    CSJフェスタ2018 フェスタ企画 テーマ企画:これぞ日本が誇る有機合成化学!~多彩な反応から暮らしに役立つ製品開発まで~ 2018年10月 口頭発表(招待・特別) タワーホール船堀
  • Molecular Design, Synthesis, and Asymmetric Catalysis of a Hexacoordinated Chiral Phosphate Ion  [招待講演]
    Uraguchi Daisuke
    International Symposium on Main Group Chemistry Directed towards Organic Synthesis (MACOS) 2018年08月 口頭発表(招待・特別) Kyoto Univ.
  • 多官能性分子の合成戦略:P-スピロ型アミノホスホニウムイオンによる多重選択性制御  [招待講演]
    浦口 大輔
    第35回メディシナルケミストリーシンポジウム(MCS2017) 2017年10月 口頭発表(招待・特別) 名古屋大学 日本薬学会
  • キラル有機イオン対の触媒化学  [招待講演]
    浦口 大輔
    第2回分子性触媒若手セミナー 2017年10月 口頭発表(招待・特別) 東京農工大学
  • Betaine-Type Electron-Transfer Catalyst: Design and Application  [招待講演]
    Daisuke Uraguchi
    International Symposium on Pure & Applied Chemistry (ISPAC) 2017 2017年06月 口頭発表(招待・特別) Hotel Continental Saigon International Symposium on Pure & Applied Chemistry (ISPAC) 2017
  • デザイン型有機イオン対の触媒化学  [招待講演]
    浦口大輔
    有機合成2月セミナー 有機合成のニュートレンド2017 2017年02月 口頭発表(招待・特別) 大阪科学技術センター 有機合成化学協会関西支部
  • Highly Stereoselective Transformations under the Catalysis of P-Spiro Chiral Tetraaminophosphonium Salts  [招待講演]
    Daisuke Uraguchi
    21st International Conference on Organic Synthesis (ICOS21) 2016年12月 口頭発表(招待・特別) Indian Institute of Technology, Bombay (IIT, Bombay) 21st International Conference on Organic Synthesis (ICOS21)
  • デザイン型有機イオンの力を活かした触媒化学  [招待講演]
    浦口大輔
    CSJフェスタ2016 コラボレーション企画 文科省科研費 新学術領域研究「有機分子触媒」特別企画:有機分子触媒による未来型分子変換 2016年11月 口頭発表(招待・特別) タワーホール船堀 新学術領域研究「有機分子触媒」総括班
  • キラルアミノホスホニウム塩を用いる触媒的分子変換  [招待講演]
    浦口大輔
    分子研研究会 「若い世代が創る次世代型分子触媒の開発とその展望」 2016年11月 口頭発表(招待・特別) 分子化学研究所 分子化学研究所
  • キラルアミノホスホニウム塩/可視光増感剤の協働触媒作用による不斉ラジカル反応  [招待講演]
    浦口 大輔
    JST ACT-C 不斉 炭素-炭素結合形成反応・若手ワークショップ 2016年03月 シンポジウム・ワークショップパネル(指名) ホテルグランドヒ市ヶ谷
  • キラルアミノホスホニウム塩の構造制御を基盤とした高選択的分子変換  [招待講演]
    浦口 大輔
    Organic Seminar「有機合成化学の可能性:反応性と選択性をいかに制御するか」 2016年01月 口頭発表(招待・特別) ベンチャーホール・名古屋大学
  • Asymmetric catalysis of P-spiro chiral tetraaminophosphonium salts  [招待講演]
    Daisuke Uraguchi
    Pacifichem 2015 "Recent Trends in Organocatalysis" 2015年12月 口頭発表(招待・特別) Hilton Hawaiian Village
  • キラル有機イオン対の触媒化学  [招待講演]
    浦口大輔
    公益財団法人相模中央化学研究所「創立50周年記念講演会」 2015年10月 口頭発表(招待・特別) 一橋講堂 公益財団法人相模中央化学研究所
  • Catalysis of Chiral Aminophosphonium Salts  [通常講演]
    Daisuke Uraguchi
    Lectureship Award MBLA 10th Anniversary Special Lectures 2015年03月 口頭発表(招待・特別) 日本大学(船橋キャンパス) Banyu Life Science Foundation International
  • キラルアミノホスホニウム塩の構造制御に基づく高選択的分子変換法の開拓  [通常講演]
    浦口大輔
    第45回中部化学関係学協会支部連合秋季大会 特別討論会「創発する有機化学」 2014年11月 口頭発表(招待・特別) 中部大学(春日井キャンパス)
  • Catalysis of P-Spiro Chiral Aminophosphonium Salts  [通常講演]
    Daisuke Uraguchi
    Advanced Molecular Transformations by Organocatalysts 2nd International Conference & 7th Symposium on Organocatalysis 2014年11月 口頭発表(招待・特別) 東京大学 新学術領域「有機分子触媒による未来型分子変換」総括班
  • P-スピロ型アミノホスホニウム塩を用いる触媒的分子変換  [通常講演]
    浦口大輔
    理研シンポジウム: 第9回有機合成化学のフロンティア 2014年06月 口頭発表(招待・特別) 理化学研究所 和光研究所 鈴木梅太郎ホール
  • 水素結合供与型アミノホスホニウム塩を用いる触媒的不斉合成  [通常講演]
    浦口大輔
    「有機分子触媒による未来型分子変換」第4回公開シンポジウム(分子活性化-有機分子触媒合同シンポジウム) 2014年06月 口頭発表(招待・特別) 北海道大学学術交流会館 新学術領域「有機分子触媒による未来型分子変換」総括班
  • キラル有機イオン対触媒の創製と機能創出  [通常講演]
    浦口大輔
    第24回 万有福岡シンポジウム グリーンサスティナブルケミストリーを指向した有機合成-有機合成が世界を救う 2014年06月 口頭発表(招待・特別) 九州大学医学部百年講堂 万有福岡シンポジウム実行委員会
  • Catalysis of Chiral Aminophosphonium Salts  [通常講演]
    Daisuke Uraguchi
    Lectureship Award MBLA 10th Anniversary Special Lectures 2014年03月 口頭発表(招待・特別) 日本大学(船橋キャンパス)
  • アミノホスホニウム塩の構造制御に基づく触媒機能の創出  [通常講演]
    浦口 大輔
    合同シンポジウム- 日本プロセス化学会 2013 ウインターシンポジウム・新学術領域研究「有機分子触媒による未来型分子変換」第3回公開シンポジウム- 2013年11月 口頭発表(招待・特別) 仙台市民会館 新学術領域「有機分子触媒による未来型分子変換」総括班
  • キラルイミノホスホランを有機塩基触媒とする高選択的分子変換  [通常講演]
    浦口大輔
    薬学会年会シンポジウム「有機合成化学の若い力」 2013年03月 口頭発表(招待・特別) パシフィコ横浜 日本薬学会
  • キラルアミノホスホニウム塩を触媒とする高選択的分子変換  [通常講演]
    浦口大輔
    日本化学会春季年会「有機分子触媒の最先端」 2013年03月 口頭発表(招待・特別) 立命館大学草津キャンパス
  • Chiral Ionic Brønsted Acid-Achiral Brønsted Base Synergistic Catalysis for Asymmetric Sulfa-Michael Addition to Nitroolefins  [通常講演]
    Daisuke Uraguchi
    First Japan -USA Organocatalytic Symposium 2012年12月 口頭発表(招待・特別) Waikiki Prince Hotel, Hawaii
  • P-スピロ型キラルアミノホスホニウム塩の触媒作用  [通常講演]
    浦口大輔
    新学術領域研究「有機分子触媒による未来型分子変換」第1回全体会議 2012年06月 口頭発表(招待・特別) 京都大学 新学術領域研究「有機分子触媒による未来型分子変換」総括班
  • アニオン認識型キラルオニウム塩の創製と触媒的不斉合成への応用  [通常講演]
    浦口大輔
    日本化学会第92春季年会 2012年03月 口頭発表(招待・特別) 慶應義塾大学
  • 多機能型キラルオニウム塩の設計に基づく高選択的分子変換法の開拓  [通常講演]
    浦口大輔
    新学術領域研究「有機分子触媒による未来型分子変換」第1回公開シンポジウム 2012年01月 口頭発表(招待・特別) 新学術領域研究「有機分子触媒による未来型分子変換」総括班

その他活動・業績

  • スライムの進化先は有機触媒!?
    趙 強, 浦口 大輔 月刊化学 77 (2) 2022年02月 [査読無し][招待有り]
  • Daisuke Uraguchi Journal of Synthetic Organic Chemistry, Japan 79 (7) 696 -698 2021年07月01日
  • Daisuke Uraguchi, Takashi Ooi Journal of Synthetic Organic Chemistry, Japan 79 (5) 406 -416 2021年05月01日
  • 人工ストリゴラクトンの設計
    土屋 雄一朗, 浦口 大輔, 大井 貴史 植物の生長調節 54 (1) 49 -53 2019年06月 [査読有り]
  • Uraguchi, Daisuke, Ooi, Takashi J. Synth. Org. Chem. Jpn. 76 (11) 1144-1153 2018年11月09日 [査読有り][招待有り]
  • 有機イオン対の触媒化学:構造に由来する機能発現
    浦口 大輔, 大松 亨介, 大井 貴史 ケミカルタイムズ 2018 (2) 19-25 2018年04月 [査読無し][招待有り]
  • 有機分子触媒の化学-「輪」をもって尊しとなす-
    浦口 大輔, 大井 貴史 現代化学 558 (9) 52-56 2017年08月18日 [査読無し][招待有り]
  • 浦口 大輔, 大井 貴史 Wako Organic Square 59 (3) 2-5 2017年03月 [査読無し][招待有り]
  • Daisuke Uraguchi Journal of Synthetic Organic Chemistry, Japan 73 (6) 653 -662 2015年
  • 忘れられた反応剤Davis’オキサジリジン -不斉有機合成における最近の動向
    堤亮祐, 浦口大輔, 大井貴史 化学 63 (10) 72-73 2013年10月 [査読無し][招待有り]
  • Daisuke Uraguchi, Takashi Ooi JOURNAL OF SYNTHETIC ORGANIC CHEMISTRY JAPAN 68 (11) 1185 -1194 2010年11月 [査読有り][通常論文]
     
    A series of P-spiro chiral tetraaminophosphonium salts have been designed and synthesized as a new class of organic molecular catalysts, and their inherent abilities to exert four different, synthetically relevant asymmetric catalyses have been brought out through the unique molecular design on a single core structure, N4P+. Further, these catalyses have been applied to the development of various C-C, C-P, and C-N bond-forming reactions, in which the remarkably high catalytic performances and stereocontrolling abilities of the chiral tetraaminophosphonium salts have been successfully demonstrated.
  • D2対称型光学活性テトラアミノホスホニウム塩の創製と相間移動触媒反応への応用
    浦口 大輔, 大井 貴史 月刊ファインケミカル 39 42-48 2010年 [査読無し][招待有り]
  • 水素結合供与型キラルホスホニウム/有機アニオンが示す新たなイオン「対」触媒作用
    上木 佑介, 浦口 大輔, 大井 貴史 触媒 52 509-514 2010年 [査読有り][招待有り]
  • P-スピロ型テトラアミノホスホニウム塩の創製と有機分子触媒としての機能発現
    浦口大輔 触媒 50 683-687 2008年 [査読無し][招待有り]
  • 光学活性な炭素の三角形を作る―Corey-Chaykovsky反応と親電子剤活性化法の組み合わせ
    浦口 大輔, 大井 貴史 化学 63 66-67 2008年 [査読無し][通常論文]
  • 「キレート型高配位ホウ素、アルミニウムの化学:選択的有機合成への活用」
    浦口 大輔, 大井 貴史, 丸岡 啓二 有機合成化学協会誌 58 (1) 14-22 2000年01月 [査読有り][招待有り]

特許

  • JP 2017014149 A 20170119:ストライガ発芽調節剤  2016年07月01日
    Tsuchiya, Yuichiro, Uraguchi, Daisuke, Sathiyanarayanan, A. M, Kinoshita, Toshinori, Oi, Takashi  名古屋大学
  • WO 2017002898 A1 20170105:Striga germination regulating agent and a stria germination control method using the same  2016年06月30日
    Tsuchiya, Yuichiro, Uraguchi, Daisuke, Sathiyanarayanan, Arumugam Murugan, Hagihara, Shinya, Yoshimura, Masahiko, Kinoshita, Toshinori, Ooi, Takashi, Itami, Kenichiro  名古屋大学
  • 5757022:光学活性アルキルアミノスルホンアミド誘導体の製造方法及び光学活性β-アミノアルコール誘導体    2015年06月12日
    Ooi, Takashi, Uraguchi, Daisuke  名古屋大学,三井化学(株)
  • 5527923:パーフルオロアルキル基を有する複素環化合物およびその製造方法    2014年04月25日
    Yamakawa, Tetsu, Yamamoto, Kyoko, Uraguchi, Daisuke, Tokuhisa, Kenji  (財)相模中央化学研究所,東ソー・エフテック(株),東ソー(株)
  • 5478095:アリールピリジン類の製造方法    2014年02月21日
    Yamakawa, Tetsu, Kobayashi, Osamu, Uraguchi, Daisuke  (財)相模中央化学研究所,東ソー(株)
  • 5458303:光学活性アリールアミノホスホニウム塩、不斉合成反応用触媒、及び光学活性化合物の製造方法    2014年01月24日
    Ooi, Takashi, Uraguchi, Daisuke  三井化学(株),名古屋大学
  • 5424283:パーフルオロアルキル基を有するα,β-不飽和カルボニル化合物の製造方法    2013年12月06日
    Yamakawa, Tetsu, Yamamoto, Kyoko, Otsuka, Yuki, Uraguchi, Daisuke, Tokuhisa, Kenji  (財)相模中央化学研究所,東ソー・エフテック(株),東ソー(株)
  • 5396578:光学活性テトラアミノホスホニウム塩、不斉合成反応用触媒、及び光学活性β-ニトロアルコールの製造方法    2013年11月01日
    Ooi, Takashi, Uraguchi, Daisuke  三井化学(株),名古屋大学
  • 5266485:光学活性テトラアミノホスホニウム塩、不斉合成反応用触媒、不斉合成反応、及び四置換α-アミノ酸含有ペプチドの不斉合成方法    2013年05月17日
    Ooi, Takashi, Uraguchi, Daisuke  三井化学(株),名古屋大学
  • 5238172:パーフルオロアルキル基を有する含窒素六員環化合物およびその製造方法    2013年04月05日
    Yamakawa, Tetsu, Yamamoto, Kyoko, Uraguchi, Daisuke, Tokuhisa, Kenji  (財)相模中央化学研究所,東ソー・エフテック(株),東ソー(株)
  • 5203144:スチレン類の製造方法    2013年02月22日
    Yamakawa, Tetsu, Yamamoto, Tetsuya, Uraguchi, Daisuke  (財)相模中央化学研究所,東ソー(株)
  • 5198780:アミド化合物およびその製造方法    2013年02月15日
    Yamakawa, Tetsu, Yamamoto, Kyoko, Uraguchi, Daisuke, Tokuhisa, Kenji  (財)相模中央化学研究所,東ソー・エフテック(株),東ソー(株)
  • 5189345:トリフルオロメチル化用反応試剤    2013年02月01日
    Yamakawa, Tetsu, Yamamoto, Kyoko, Uraguchi, Daisuke, Tokuhisa, Kenji  (財)相模中央化学研究所,東ソー・エフテック(株),東ソー(株)
  • 5173335:(1-パーフルオロアルキル)ビニルアリール類の製造方法    2013年01月11日
    Yamakawa, Tetsu, Kobayashi, Osamu, Uraguchi, Daisuke  (財)相模中央化学研究所,東ソー・エフテック(株)
  • 5106048:パーフルオロアルキル基を有するベンゼン類の製造方法    2012年10月12日
    Yamakawa, Tetsu, Yamamoto, Kyoko, Uraguchi, Daisuke, Tokuhisa, Kenji  (財)相模中央化学研究所,東ソー・エフテック(株),東ソー(株)
  • 5093798:パーフルオロアルキル基を有するα,β-不飽和カルボニル化合物およびその製造方法    2012年09月28日
    Yamakawa, Tetsu, Yamamoto, Kyoko, Otsuka, Yuki, Uraguchi, Daisuke, Tokuhisa, Kenji  (財)相模中央化学研究所,東ソー・エフテック(株),東ソー(株)
  • 5090711:2,6-ジアミノ-8,8-ビス(パーフルオロアルキル)-8H-プリン類およびその製造方法    2012年09月21日
    Yamakawa, Tetsu, Yamamoto, Kyoko, Uraguchi, Daisuke, Tokuhisa, Kenji  (財)相模中央化学研究所,東ソー・エフテック(株),東ソー(株)
  • 5067780:パーフルオロアルキル基を有するキノリン類の製造方法    2012年08月24日
    Yamakawa, Tetsu, Yamamoto, Kyoko, Uraguchi, Daisuke, Tokuhisa, Kenji  (財)相模中央化学研究所,東ソー・エフテック(株),東ソー(株)
  • 5053622:パーフルオロアルキル基を有する核酸塩基類およびその製造方法    2012年08月03日
    Yamakawa, Tetsu, Yamamoto, Kyoko, Uraguchi, Daisuke, Tokuhisa, Kenji  (財)相模中央化学研究所,東ソー・エフテック(株),東ソー(株)
  • JP-A- JP-2011190181:Method for the preparation of optically active compound using chiral ammonium betaine  2011年09月29日
    Ooi, Takashi, Uraguchi, Daisuke  名古屋大学
  • US-A1-2009131716:Chiral tetraaminophosphonium salts, catalyst for asymmetric synthesis and method for producing chiral β-nitroalcohol  2009年05月21日
    Ooi, Takashi, Uraguchi, Daisuke  三井化学(株),名古屋大学
  • WO-A1-2007055170-2007-05-18:Process for the preparation of nucleic acid base having perfluoroalkyl group  2006年05月18日
    Yamakawa, Tetsu, Yamamoto, Kyoko, Uraguchi, Daisuke, Tokuhisa, Kenji  (財)相模中央化学研究所,東ソー・エフテック(株),東ソー(株)
  • WO-A1-2007056667-2008-05-15:Reaction reagent for trifluoromethylation of benzene and heterocyclic ring  2006年05月15日
    Yamakawa, Tetsu, Yamamoto, Kyoko, Uraguchi, Daisuke, Tokuhisa, Kenji  (財)相模中央化学研究所,東ソー・エフテック(株)
  • WO-A1-2005070875-2005-08-04:Process for production of optically active amines by stereoselective nucleophilic addition reaction of imines with C nucleophiles using chiral phosphoric acid derivative  2005年08月04日
    Terada, Masahiro, Uraguchi, Daisuke, Sorimachi, Keiichi, Shimizu, Hideo  高砂香料工業株式会社

共同研究・競争的資金等の研究課題

  • ラジカルの直接制御を志向した典型元素カチオン触媒の創製
    日本学術振興会:科学研究費助成事業 基盤研究(B)
    研究期間 : 2022年04月 -2025年03月 
    代表者 : 浦口 大輔
  • 高反応性カチオン種の制御を志向した非配位性キラルアニオンの化学
    日本学術振興会:科学研究費助成事業
    研究期間 : 2019年04月 -2022年03月
  • 有機分子触媒による未来型分子変換「多機能型キラルオニウム塩の設計に基づく高選択的分子変換法の開拓」
    科学研究費助成事業
    研究期間 : 2011年07月 -2016年03月 
    代表者 : 浦口大輔
  • キラル有機イオン対の構造制御を基盤とした触媒的分子変換プロセスの開発
    日本学術振興会:科学研究費助成事業
    研究期間 : 2011年11月 -2015年03月
  • 水素結合供与型テトラアミノホスホニウム-過オキソ酸の創製と精密合成反応への応用
    日本学術振興会:科学研究費助成事業
    研究期間 : 2011年04月 -2013年03月
  • 新規カチオン型光学活性ブレンステッド酸触媒の創製と応用
    日本学術振興会:科学研究費助成事業
    研究期間 : 2009年04月 -2011年03月 
    代表者 : 浦口大輔
  • 水素結合型トリアミノイミノホスホラン骨格を有する不斉有機強塩基触媒の創製
    科学研究費助成事業
    研究期間 : 2007年04月 -2009年03月 
    代表者 : 浦口 大輔
  • 水素結合受容型有機リン触媒の創製と不斉合成反応への利用
    文部科学省:科学研究費助成事業
    研究期間 : 2006年04月 -2007年03月 
    代表者 : 浦口 大輔

教育活動情報

主要な担当授業

  • 環境と人間
    開講年度 : 2021年
    課程区分 : 学士課程
    開講学部 : 全学教育
    キーワード : 触媒、化学物質、環境とエネルギー、持続的な社会発展
  • 化学Ⅱ
    開講年度 : 2021年
    課程区分 : 学士課程
    開講学部 : 全学教育
    キーワード : エントロピー、自由エネルギー、相平衡、化学平衡、化学反応、有機化学反応,官能基と有機化合物,高分子・生体関連有機物,鈴木-宮浦カップリング,
  • 有機化学Ⅰ
    開講年度 : 2021年
    課程区分 : 学士課程
    開講学部 : 薬学部
    キーワード : 有機化学, 軌道, 酸/塩基, 配座, 化学結合


Copyright © MEDIA FUSION Co.,Ltd. All rights reserved.