藤井 修治フジイ シユウジresearchmap個人ページ

更新日 : 2018/11/08

基本情報

プロフィール

所属部署名
工学研究院 応用物理学部門 凝縮系物理工学分野
職名准教授 
学位
博士(理学)(北海道大学)
メールアドレス
ホームページURLhttp://www.eng.hokudai.ac.jp/labo/MOLPHY/home/
科研費研究者番号40401781
  • メソ構造を持つソフトマターのレオロジー挙動を調べています。特に、構造欠陥が関与するレオロジー現象を系統的に整理することを目指しています。欠陥の構造観察と分光計測を行うため、レオメーターに特殊な顕微鏡を組み込んだ装置開発も行います。
    最近は、力学メタマテリアルのレオロジーと、生きている細胞核内部のレオロジー研究にも取り組んでいます。
    生物からメタマテリアルまで、構造形成と機能の創発、欠陥の関係に興味があります。

研究キーワード

テンセグリティ・レオロジー, メカニカル・メタマテリアル, 細胞核, ソフトマター, 液晶, レオロジー

研究分野

物理学 / 生物物理・化学物理・ソフトマターの物理
研究分野を全て表示する
研究分野閉じる
物理学 / 生物物理・化学物理・ソフトマターの物理

職歴

2016年07月
-
現在
北海道大学大学院(准教授)
2018年11月
-
2019年01月
ワイツマン科学研究所 客員研究員
2005年04月
-
2016年06月
長岡技術科学大学(助教)
2014年05月
-
2015年03月
ワイツマン科学研究所(客員研究員)
2003年10月
-
2005年03月
アーヘン工科大学(博士研究員)
2002年04月
-
2003年09月
バイロイト大学(博士研究員)
職歴を全て表示する
職歴閉じる
2016年07月
-
現在
北海道大学大学院(准教授)
2018年11月
-
2019年01月
ワイツマン科学研究所 客員研究員
2005年04月
-
2016年06月
長岡技術科学大学(助教)
2014年05月
-
2015年03月
ワイツマン科学研究所(客員研究員)
2003年10月
-
2005年03月
アーヘン工科大学(博士研究員)
2002年04月
-
2003年09月
バイロイト大学(博士研究員)

学歴

-
2002年
北海道大学大学院 生物科学専攻
学歴を全て表示する
学歴閉じる
-
2002年
北海道大学大学院 生物科学専攻

所属学協会

日本バイオレオロジー学会
ソフトマター研究会
日本物理学会
日本レオロジー学会
所属学協会を全て表示する
所属学協会閉じる
日本バイオレオロジー学会
ソフトマター研究会
日本物理学会
日本レオロジー学会

研究活動

論文

Nonlinear Rheology and Fracture of Disclination Network in Cholesteric Blue Phase III
S. Fujii, Y. Sasaki, H. Orihara
Fluids 3 34 2018年05月
Anomalous Diffusion of Particles Dispersed in Xanthan Solutions Subjected to Shear Flow
Y. Takikawa, M. Yasuta, S. Fujii, H. Orihara, Y. Tanaka, and K. Nishinari
J. Phys. Soc. Jpn., 87 054005 2018年04月
Notes on the slow dynamics in dilute lyotropic lamellar phase
S. Fujii, Y. Sasaki, H. Orihara
Journal of Biorheology (accepted) -(-) --- 2018年
Shear-enhanced elasticity in the cubic blue phase I
S. Fujii, O. Henrich
投稿中 2018年
Random migration of induced pluripotent stem cell-derived human gastrulation-stage mesendoderm
Y. Yamamoto, S. Miyazaki, K. Maruyama, R. Kobayashi, M. N. T. Le, A. Kano, A. Kondow, S. Fujii, K. Ohnuma
Plos One 2018年
Rheological characterization of thermal phase behavior of anionic lipid DMPG dispersions
Shuji Fujii
Journal of Biorheology 31 6-11 2017年
Study on Shear-Thinning Characteristics of Nematic Liquid Crystals doped with Nanoparticles
M. Kimura, Z. A. B. Hanafi, T. Takagi, R. Sawara and S. Fujii
Crystals 6 145 2016年11月
Preparation of nanocrystalline zinc-substituted hydroxyapatite films and their biological properties
T. G. P. Galindo, T. Kataoka, S. Fujii, M. Okuda, M. Tagaya
Colloids and Interface Science Communications 10-11 15-19 2016年03月
Kinetics of the orientation transition in the lyotropic lamellar phase
Shuji Fujii, Yuki Yamamoto
Journal of Biorheology 30 27-33 2016年
Transient Behavior of Stress in A Wormlike Micellar Solution Under Oscillatory Shear
Shuji Fujii, Hiromi Morikawa, Masatoshi Ito, Tsutomu Takahashi
Colloid and Polymer Science 293 3237-3248 2015年11月
論文を全て表示する
論文閉じる
Nonlinear Rheology and Fracture of Disclination Network in Cholesteric Blue Phase III
S. Fujii, Y. Sasaki, H. Orihara
Fluids 3 34 2018年05月
Anomalous Diffusion of Particles Dispersed in Xanthan Solutions Subjected to Shear Flow
Y. Takikawa, M. Yasuta, S. Fujii, H. Orihara, Y. Tanaka, and K. Nishinari
J. Phys. Soc. Jpn., 87 054005 2018年04月
Notes on the slow dynamics in dilute lyotropic lamellar phase
S. Fujii, Y. Sasaki, H. Orihara
Journal of Biorheology (accepted) -(-) --- 2018年
Shear-enhanced elasticity in the cubic blue phase I
S. Fujii, O. Henrich
投稿中 2018年
Random migration of induced pluripotent stem cell-derived human gastrulation-stage mesendoderm
Y. Yamamoto, S. Miyazaki, K. Maruyama, R. Kobayashi, M. N. T. Le, A. Kano, A. Kondow, S. Fujii, K. Ohnuma
Plos One 2018年
Rheological characterization of thermal phase behavior of anionic lipid DMPG dispersions
Shuji Fujii
Journal of Biorheology 31 6-11 2017年
Study on Shear-Thinning Characteristics of Nematic Liquid Crystals doped with Nanoparticles
M. Kimura, Z. A. B. Hanafi, T. Takagi, R. Sawara and S. Fujii
Crystals 6 145 2016年11月
Preparation of nanocrystalline zinc-substituted hydroxyapatite films and their biological properties
T. G. P. Galindo, T. Kataoka, S. Fujii, M. Okuda, M. Tagaya
Colloids and Interface Science Communications 10-11 15-19 2016年03月
Kinetics of the orientation transition in the lyotropic lamellar phase
Shuji Fujii, Yuki Yamamoto
Journal of Biorheology 30 27-33 2016年
Transient Behavior of Stress in A Wormlike Micellar Solution Under Oscillatory Shear
Shuji Fujii, Hiromi Morikawa, Masatoshi Ito, Tsutomu Takahashi
Colloid and Polymer Science 293 3237-3248 2015年11月
Dynamic orientation transition of the lyotropic lamellar phase at high shear rate
Shuji Fujii, Yuki Yamamoto
Soft Matter 11 9330-9341 2015年
Structural Rheology of Composite Onion Phase
Shuji Fujii
Journal of Biorheology 29 28-35 2015年
大振幅せん断振動によるひも状ミセル水溶液の非線形レオロジー
伊藤雅利、吉武裕美子、藤井修治、高橋勉、相川徹
 81 14-00615 2015年
Structural rheology of focal conic domains: a stress-quench experiment
S. Fujii, S. Komura, C.-Y. D. Lu
Soft Matter 10 5289-5295 2014年
Structural rheology of smectic A phase
S. Fujii, S. Komura, C.-Y. D. Lu
Materials 7 5146-5168 2014年
Orientation transition of defective lyotropic triblock copolymer lamellar phase,
S. Fujii, Y. Yamamoto
Journal of Biorheology 28 55-60 2014年
Shear quench-induced disintegration of nonionic surfactant C10E3 onion phase
S. Fujii, W. Richtering
Soft Matter 9 5391-5340 2013年
Shear-induced onion formation of triblock copolymer-embedded surfactant lamellar phase
S. Fujii, D. Mitsumasu, Y. Isono
Journal of the society of rheology in Japan 41 29-34 2013年
Shear-induced onion formation of polymer-grafted lamellar phase
S. Fujii, D. Mitsumasu, Y. Isono, W. Richtering
Soft Matter 8 5381-5390 2012年
Elasticity of smectic phase with focal conic domains
S. Fujii, S. Komura, Y. Ishii, C.-Y. D. Lu
Journal of Physics, Condensed Matter 23 235105 2011年
Smectic rheology close to the smectic-nematic transition
S. Fujii, Y. Ishii, S. Komura, C.-Y. D. Lu
EPL 90 64001 2010年

書籍

Nano/Micro Science and Technology in Biorheolgy: Principles, Methods, and Applications
Shuji Fujii
Springer 2015年 ISBN : 978-4-431-54886-7
書籍を全て表示する
書籍閉じる
Nano/Micro Science and Technology in Biorheolgy: Principles, Methods, and Applications
Shuji Fujii
Springer 2015年 ISBN : 978-4-431-54886-7

講演・口頭発表等

Nuclear dynamics revealed by bio-tracers
藤井 修治
International Symposium on Hydrodynamic Flows in/of Cells 2016年11月 
講演・口頭発表等を全て表示する
講演・口頭発表等閉じる
Nuclear dynamics revealed by bio-tracers
藤井 修治
International Symposium on Hydrodynamic Flows in/of Cells 2016年11月 

受賞

2012年05月
日本レオロジー学会 奨励賞 スメクチック液晶相のレオロジーに関する研究 
2010年10月
日本レオロジー学会 ポスター賞 複合二分子膜系のずり誘起ラメラ/オニオン構造転移 :高分子鎖長効果 
2010年05月
高分子学会 高分子研究奨励賞 高分子/界面活性剤複合ラメラ相の ずり誘起ラメラ-多層膜ベシクル転移機構の解明 
2008年10月
日本MRS学術会議 Award for Encouragement of Research of Materials Science Viscoelasticity of Onion Phase Composed of Complex Surfactant Bilayers 
受賞を全て表示する
受賞閉じる
2012年05月
日本レオロジー学会 奨励賞 スメクチック液晶相のレオロジーに関する研究 
2010年10月
日本レオロジー学会 ポスター賞 複合二分子膜系のずり誘起ラメラ/オニオン構造転移 :高分子鎖長効果 
2010年05月
高分子学会 高分子研究奨励賞 高分子/界面活性剤複合ラメラ相の ずり誘起ラメラ-多層膜ベシクル転移機構の解明 
2008年10月
日本MRS学術会議 Award for Encouragement of Research of Materials Science Viscoelasticity of Onion Phase Composed of Complex Surfactant Bilayers 

競争的資金等の研究課題

高速ナノセンシングによる液晶の位相欠陥ネットワーク組換えダイナミクスとレオロジー
科学研究費補助金 新学術領域研究:次世代物質探索のための離散幾何学
研究期間 : 2018年04月 - 2020年03月 代表者 : 藤井 修治
バイオプローブが切り拓く細胞核マイクロレオロジー
日本学術振興会:二国間交流事業
研究期間 : 2017年04月 - 2019年03月 代表者 : 藤井 修治
二分子膜系ソフトマターの構造レオロジー
:科学研究費補助金 基盤研究(B)
研究期間 : 2013年04月 - 2016年03月 代表者 : 藤井 修治
二分子膜共連結構造の非線形レオロジー
:科学研究費補助金 若手研究(B)
研究期間 : 2011年04月 - 2013年03月 代表者 : 藤井 修治
ラメラ相とスメクチック相の非線形レオロジー
研究期間 : 2009年04月 - 2011年03月 代表者 : 好村 滋行
ラメラ液晶相の流動誘起構造転移・構造破壊のダイナミクスと粘弾性
:科学研究費補助金 特定領域研究
研究期間 : 2008年04月 - 2011年03月 代表者 : 藤井 修治
複合空間拘束を利用したオニオン構造制御とソフトマター微空間レオロジー
:科学研究費補助金 若手研究(B)
研究期間 : 2007年04月 - 2009年03月 代表者 : 藤井 修治
空間拘束効果を利用したソフトマターの微空間レオロジー
:科学研究費補助金 特定領域研究
研究期間 : 2007年04月 - 2009年03月 代表者 : 藤井 修治
競争的資金等の研究課題を全て表示する
競争的資金等の研究課題閉じる
高速ナノセンシングによる液晶の位相欠陥ネットワーク組換えダイナミクスとレオロジー
科学研究費補助金 新学術領域研究:次世代物質探索のための離散幾何学
研究期間 : 2018年04月 - 2020年03月 代表者 : 藤井 修治
バイオプローブが切り拓く細胞核マイクロレオロジー
日本学術振興会:二国間交流事業
研究期間 : 2017年04月 - 2019年03月 代表者 : 藤井 修治
二分子膜系ソフトマターの構造レオロジー
:科学研究費補助金 基盤研究(B)
研究期間 : 2013年04月 - 2016年03月 代表者 : 藤井 修治
二分子膜共連結構造の非線形レオロジー
:科学研究費補助金 若手研究(B)
研究期間 : 2011年04月 - 2013年03月 代表者 : 藤井 修治
ラメラ相とスメクチック相の非線形レオロジー
研究期間 : 2009年04月 - 2011年03月 代表者 : 好村 滋行
ラメラ液晶相の流動誘起構造転移・構造破壊のダイナミクスと粘弾性
:科学研究費補助金 特定領域研究
研究期間 : 2008年04月 - 2011年03月 代表者 : 藤井 修治
複合空間拘束を利用したオニオン構造制御とソフトマター微空間レオロジー
:科学研究費補助金 若手研究(B)
研究期間 : 2007年04月 - 2009年03月 代表者 : 藤井 修治
空間拘束効果を利用したソフトマターの微空間レオロジー
:科学研究費補助金 特定領域研究
研究期間 : 2007年04月 - 2009年03月 代表者 : 藤井 修治

社会貢献

委員歴

2012年04月
-
現在
日本レオロジー学会 セッション・オーガナイザー
2010年05月
-
現在
日本バイオレオロジー学会 評議員
2013年10月
-
2013年10月
高分子学会 北陸支部若手幹事
2011年05月
-
2012年03月
日本物理学会 領域12世話人(ソフトマター物理)
2010年08月
-
2010年08月
International Workshop on Soft Matter Physics Chair
2010年08月
-
2010年08月
5th Pacific Rim Rheology Conference Organizing Committee
委員歴を全て表示する
委員歴閉じる
2012年04月
-
現在
日本レオロジー学会 セッション・オーガナイザー
2010年05月
-
現在
日本バイオレオロジー学会 評議員
2013年10月
-
2013年10月
高分子学会 北陸支部若手幹事
2011年05月
-
2012年03月
日本物理学会 領域12世話人(ソフトマター物理)
2010年08月
-
2010年08月
International Workshop on Soft Matter Physics Chair
2010年08月
-
2010年08月
5th Pacific Rim Rheology Conference Organizing Committee

ページトップへ